SNS

2020年5月21日 (木)

コロナウィルスの感染の危機において、米国人は、どのようなことに、支出しているのだろう?(7)'20.05.21

【コロナウィルスの感染の危機において、米国人は、どのようなことに、支出しているのだろう?(7)】'20.05.21

 コロナウィルスの感染が広がっている状況において、米国人は、どのようなことに、支出しているのだろう? 2020年4月11日

 By Lauren LeatherbとDavid Gelle、NY Times

 米国の大人は、2020年1月21日から、2020年3月19日まで、どのようなことに、支出しているのだろうか?

    (続き)

 「乗り物への支出」は、全体的に、減少している。

グラフ8)2019年の4月1日までの1週間における、「乗り物への支出」と比べ、2020年の4月1日までの1週間における、「乗り物への支出」は、減少している。

「乗り物の分野」         増加率

スクータへの支出         -99%

タクシーへの支出         -98%

バスや電車への支出       -97%

駐車場への支出          -92%

ライドシェアへの支出       -86%

有料道路への支出        -60%

コンビニやガソリンへの支出   -55%

車への支出             -30%

車の部品への支出        -29%

Cnn2h


 多くの人にとって、在宅勤務は、通勤が減少することを意味している。

 その結果、タクシー、UberやLyftなどの配車サービス会社、公共交通機関、駐車場サービスは、すべて、売上が急激に減少した。

 活況を呈していた、LimeやBirdのような、スクーターのレンタル会社は、致命的な打撃を受ける可能性がある。

 車そのものへの支出や、車の部品への支出も減少している。

 健康(特に、フィットネスと美容)への支出も、減少している。

グラフ9)2019年の4月1日までの1週間における、「健康への支出」と比べ、2020年の4月1日までの1週間における、「健康への支出」は、減少している。

「健康の分野」        増加率

フィットネスへの支出     -73%

美容への支出         -53%

パーソナルケアへの支出    -40%

ヘルスケアへの支出      -22%

薬局への支出         -22%

医薬品への支出        -20%

ラボテストへの支出      -18%

健康保険への支出       -14%

Cnn2i_20200521170001


 最近、ジムに行く人や、美容室に行く人は、ほとんどいないので、フィットネスや美容への支出は、減少している。

 コロナウイルスへの感染のテストや対応以外の、医療業界全体で支出は大幅に減少している。

 これは、コロナウイルスへの感染を恐れて、治療をキャンセルする人が増えていることにより、コロナウイルスに関係していない、医療機関が、収入の低下に直面しているためである。

デル株式会社

2019年5月 2日 (木)

Googleから、Amazonに、広告を切り換える、広告主が、以前よりも増えてきた。19.05.02

【Googleから、Amazonに、広告を切り換える、広告主が、以前よりも増えてきた。】'19.05.02

 米国のデジタル広告プラットフォームを提供する、Googleは、消費者が、商品を購入する場所として、人気がある、Amazonのオンライン販売サイトに広告を出すことを好む、広告主が増えたので、広告ビジネスで、Amazonが、Googleの競争相手になってきた。2019年5月1日

Reu2_2

 By Sheila Dang、Reuters

 Amazonのオンライン販売サイトに、広告を出すことで、消費者が、自分たちの商品を、より効果的にアピールし、購入しやすくなると考えたり、YouTubeのような、不快なコンテンツのあるサイトに、広告を出すより、安全だと考えたりしている、広告主が増えてきたので、広告ビジネスにおいて、Amazonが、Googleの競争相手になってきた。

 2019年1Qの、四半期に、これまでの3年間の中で、最も売上の増加が、緩やかになった、Alphabetの株価は、今週、7.5%下がった。

 Alphabetの売上の、約85%は、Googleのデジタル広告プラットフォームの、広告の売上からもたらされている。

 広告代理店、Initiativeの役員、Mat Baxter氏によると、Amazonのオンライン販売サイトに、広告を出す、広告主が増えているという。

 Bazter氏によると、消費者が、欲しい製品を検索して、見つける場所になっている、優れた検索エンジンを特徴にしている、Googleのデジタル広告プラットフォームに、広告を出していた、広告主が、消費者が、製品を購入する場所である、Amazonのオンライン買い物プラットフォームに、広告を出すようになってきたという。

・Googleの検索プラットフォームに広告を出す、広告主は、検索により、消費者が、好みや関心に基づいた、広告、自社のWebサイト、オンライン販売サイト、商品に関連した情報などを、見つけやすくなると考えている。

 消費者は、Google検索を使用することで、欲しい商品に関連した情報や、商品を販売している店舗の、Webサイトへのリンクを、たどることができる。

・Amazonのオンライン販売プラットフォームに広告を出す、広告主は、消費者が、Amazonで販売している、商品の広告や、商品に関連した情報(評価やコメントなど)を、見つけやすくなると考えている。

 消費者は、Amazonの他のユーザの、商品に関する、評価やコメントを参考にすることができる。

・FacebookのSNSプラットフォームに広告を出す、広告主は、消費者が、好みや関心に基づいた、広告、自社のページやWebサイト、商品に関連した情報(評価やコメントなど)を、見つけやすくなると考えている。

 Facebookのユーザは、友達や家族の、商品やサービスに関する、評価やコメントを聞いて、参考にすることができる。

グラフ1) 2018年と2020年の、米国のデジタル広告の売上のシェアの、実績と予測

Reu2b


 調査会社、eMarketerのディレクタ、Monica Peart氏によると、Amazonのオンライン買い物プラットフォームに、広告を出すための予算を増やしている、広告主が増えているのは、事実であるが、Googleの広告の売上に、大きな影響は、与えていないという。

 2019年1Qに、Googleの広告の売り上げの増加が、緩やかになったが、売上は、363億ドルと、極めて多かった。

 これに対し、2019年1Qに、Amazonの広告の売り上げは、27億ドルであり、Googleの広告の売上の、8%よりも少ない。

 Googleの広告の売上の増加が、緩やかになったのは、世界の経済が、停滞してきたので、世界のデジタル広告の予算の伸びが減少したことも要因になっている。

 Googleのストリーミング・ビデオ・プラットフォームである、YouTubeは、アダルト・コンテンツのような、攻撃的なコンテンツの横に、広告が表示される可能性があるため、AT&Tに、広告の掲載をやめるよう促したという。

 Googleは、YouTubeでの、広告掲載アルゴリズムを、ブランドの安全に配慮して、改善を続けるだろう。

 広告代理店、Universal McCannによると、YouTubeに、広告を出すのをやめ、HuluやRokuといった、よりブランドの安全に配慮した、ストリーミング・ビデオ・プラットフォームに、広告を、YouTubeから移した、広告主が増えたことも、Googleの広告の売上の伸びが減少した、要因になっている。

デル株式会社

 

2015年7月 3日 (金)

地域ポータル・サイトと地域SNSサイトの融合 '15.07.03

【地域ポータル・サイトと地域SNSサイトの融合】 '15.07.03

 優れたデザインとコンセプトの掛川観光協会のサイトに、観光客や一般の消費者が、訪問先、お店、食事、お土産、商品、サービスの感想などを投稿でき、互いに、コミュニケートできる、地域SNS的な機能の一部を、シームレスにリンクし、統合できれば、顧客関係管理(CRM)や広告マーケティングに役立つと思いました。

 Facebookの地域SNS研究会のグループには、「地域SNSを通じて地域のお店や農家さん、たくさんの広告費を出せないところと、地域SNSの発信力を活用してCMをつくるなど、これから取り組もうとしています。CM制作は地域SNSが行って些少の広告費としていただき、運営費にあてることを検討しています。」という投稿もありますので、掛川観光情報サイトで、広告代理店的に、手間賃だけで、お店などのページをアップデートすることもできると思います。

 また、掛川観光情報サイトは、FacebookなどのSNSサイトともうまく連携されていますので、広告代理店などで、お店用のFacebookやGoogleマイビジネスなどのページの作成を代行し、顧客が、お店や商品やサービスなどの感想や要望や質問などをしたり、顧客同士が会話したりすることも支援できると思います。

Nexus4
 FacebookやGoogleマイビジネスに作成した、お店のページならば、お店の方も、気軽に、季節の商品を紹介したり、顧客の感想を見たり、質問に対応したりできるようになると思います。

 Googleマイビジネスの紹介ビデオ

2015年6月27日 (土)

自治会のブログ構築プラットフォーム '15.06.27

【自治会のブログ構築プラットフォーム】 '15.06.27

 自治会のブログには、Facebookやココログを使っているところもありました。

Facebook:

東長沼自治会

ココログ:

菅生台自治会
森が丘自治会
南林間西南自治会

 Googleマイビジネスで、地域SNS「e-じゃん掛川」を試験的に構築してみました。

 地域SNSサイト「e-じゃん掛川」の移行の実験

 ベストセラーのアプライアンス

2015年6月26日 (金)

Googleマイビジネスへ、地域SNSサイトを移行する実験 '15.06.26

【Googleマイビジネスへ、地域SNSサイトを移行する実験】 '15.06.26

 Googleマイビジネスへ、地域SNSサイト「e-じゃん掛川」を移行する(1時間でできた範囲の)実験です。

 Googleマイビジネス版の地域SNSサイト「e-じゃん掛川」の試作です。

 京都山城地域SNS「お茶っ人」などで、地域SNSサイトの基盤の移行が検討されているようです。

 運営資金が十分に得られず、地域SNSサイトの基盤の維持ができなくなったことも、基盤を移行せざるを得なくなった要因の1つだと、Facebookの地域SNS研究会で紹介されています。

 このため、地域SNSサイトの基盤を、無料で利用できる、GoogleマイビジネスFacebookココログなどに移行すれば、手間賃だけで運用でき、店舗、商品、サービス、産物、および、会社や学校などの紹介も、無料で掲載できますので、サイトを運営管理する組織は、紹介コンテンツを作成して掲載する手間賃を徴収できると思います。

 また、必要な機能やサービスがあれば、GoogleやFacebookに依頼することも可能だと思います。

 見栄えも、使いやすさも、機能など、あまり良くないかもしれませんが、中学や高校の授業で、学校SNSやクラスSNSなどを構築してみるのに、Googleマイビジネスは、よい教材にもなると思います。

 ココログで構築し、運営されている、自治会用のSNSサイト(専用のブログ)もあります。

菅生台自治会
森が丘自治会
南林間西南自治会

 Facebookで構築し、運営されている、自治会のグループの例です。

西仲自治会:神奈川県厚木
西都自治会:福岡市
和泉自治会

 Facebookで構築し、運営されている、地域おこし協力隊のグループの例です。

秩父市 地域おこし協力隊
赤平市地域おこし協力隊
鹿屋市地域おこし協力隊

 Googleマイビジネスの紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

2015年6月 3日 (水)

地域SNSプラットフォームへのFacebookの利用 '15.06.03

【地域SNSプラットフォームへのFacebookの利用】 '15.06.03

 通常、地域SNSサイトは、市や地方の新聞社などが、運営者やスポンサーになり、地域のコミュニケーションを円滑にし、活性化に貢献していますが、地域SNSサイトの運営費の確保に苦労しているようです。

 このため、地域SNSサイトの運営費を確保できない地域は、Facebookのような無料の地域SNSプラットフォームを利用して、店や商品やイベントを紹介したり、バザーで販売する、自分たちの作品を紹介したりでき、スポンサーの継続的な支援を期待することなく、地域の活性化に貢献できると思います。

 Twitterの方法で、地域SNSサイトの利用者の合意の範囲で、利用者の情報(デモグラフィクスや振舞いなど)を収集、分析し、その結果を、マーケッタに売ったり、効果的な広告を掲載したりできるようにし、広告の作成料や掲載料などの手間賃として、広告料を貰ってはどうでしょう。

 これにより、個人、店舗、中小企業、学校などは、新聞、チラシ、ポスターなどで宣伝するよりも、遥かに安く(広告を作成し、掲載する手間賃を支払うだけで)、市民に、自分たちの商品、サービス、作品などを、効果的に紹介でき、互いのコミュニケーションを円滑にでき、顧客の質問に答えたり、要求に対応したりして、顧客の満足度を向上できると思います。

 Facebook for Businessや、Googleマイビジネスは、通常の記事の投稿として、広告を投稿することが許可されており、運営者は、広告の作成や掲載などの手間賃を徴収できると思いますし、チラシやダイレクトメールなどのように、紙も使用しません。

 また、salesforceのChatterは、SNSの機能やサービスが豊富で、グループウェア的で、マーケティングにも利用できるので、自分たちの地域SNSのプラットフォームとして向いているか、調べてみるのもいいと思います。

 この社内SNSプラットフォームを、地域SNS用に使用するのは無理があるかも知れませんがを、安く運営でき、運営者の負担を軽減できると思います。

 参考:

 【Facebookでの地域SNS構築】 '15.04.17

 【2015年における、世界のソーシアル・ネットワーク広告への支出】 '15.04.17

 【Facebookで構築した、地域SNSサイトの紹介】 '15.05.10

 ベストセラーのアプライアンス

2015年5月 7日 (木)

手嶋屋のピーネクラブ(PNE.club)の紹介 '15.05.07

【手嶋屋のピーネクラブ(PNE.club)の紹介】 '15.05.07

 ピーネクラブ(PNE.club)は、地域SNSや社内SNSなどを構築するための、SNSエンジン(プラットフォーム)を提供する、(株)手嶋屋が提供する、サービスの1つです。

 ピーネクラブ(PNE.club)を使用すれば、クレジット・カードを使った、月会費制のクラブの集金や管理を自動化できます。

 ピーネクラブ(PNE.club)を使えば、クラブのリーダは、面倒なクラブの会員管理や毎月の集金作業を自動化することができます。

 このピーネクラブ(PNE.club)サービスの利用料金は、集めた会費の10%です。

 他のサービスやサポートには、以下のものがあります。

・pne.jpサービス:ネット上で、コミュニティ活動を支えるためのWebサービス

・OpenPNE技術サポート:自分たちに合った、SNSサイトを構築するための、OpenPNEを使用するための技術サポート

・OpenPNEプロジェクト:オープンソース・ソフトウェア、OpenPNEのリリース報告やダウンロードやプラグイン、テーマについての情報を提供

・サポート・コミュニティ:自分たちのSNSサイトの開発者や運営者をサポートするためのSNSサイト

 参考:

 【2015年における、世界のソーシアル・ネットワーク広告への支出】 '15.04.17

 ベストセラーのアプライアンス

OpenPNEで構築された、地域SNSサイトの紹介 '15.05.07

【OpenPNEで構築された、地域SNSサイトの紹介】 '15.05.07

 株式会社手嶋屋の手嶋氏が、オープンソース・ソフトウェアのSNS構築プラットフォーム、OpenPNEで構築された、以下の地域SNSサイトを教えてくれましたので紹介します。

・「ひびのコミュニティ」は、佐賀新聞社が運営する無料会員制のコミュニティサイトです。

・「松戸ラブマツ(Matsudo Communication Site)」は、松戸市の招待制の地域SNSサイトです。

・「みかん」とは、和歌山県田辺市に本社を置く、地方新聞社、紀伊民報が運営する会員制の地域SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。地域のコミュニケーション・ツールとして開設しました。登録は無料です。

 手嶋氏によると、現在は、地域SNSも、Facebookやその他のツールで済ませようとする動きが強くなっているようです。

 また、コミュニティの一番の悩みは運営資金を集めることだと述べています。

 やはり、新鮮で、市民の暮らしに役立つニュースやイベント情報や話題を提供できる、地域のメディアが、地域SNSサイトの運営に向いているのかも知れません。

 例えば、不動産に関するフォーラムで、ターゲットに効果的に、不動産会社や建築会社などの広告を提供でき、献立や料理に関するフォーラムで、スーパーや食料品などの広告を掲載できると思います。

 運営資金を集めるのが難しいことも、FacebookのようなSNSに流れ、地域SNSが減少している理由の1つのようです。

 用語は適切かどうか分かりませんが、時系列的なブログ(フォーラム)と掲示板グループで、ユーザの訪問頻度を向上させ、広告やマーケティングに活用でき、CRMにも利用できるようになれば、何らかの方法で、広告料を徴収できると思います。

・コミュニケーション系のオープンなブログとクローズドなブログ(フォーラム):

 ブログ(フォーラム)で、ユーザを、地域の他のユーザ、商店や商店街、サービス業、他の企業、学校、サークル、NPO、役所などと結び、訪問者も、時系列で、投稿したり、コメントしたり、質問したり、回答したりできる。

 例えば、中町商店街用ブログや東小学校用ブログ(フォーラム)など

・ビジネス系のオープンな掲示板グループとクローズドな掲示板グループ:

 掲示板グループで、商店や商店街、サービス業、他の企業、学校、サークル、NPO、役所などが、ユーザにアピールしたり、商品やサービスを宣伝したり、求人広告したり、問合せフォームで、質問や要望を聞いて、メールで回答したりできる。

 掲示板グループには、商店の商品やサービスの広告、バーゲンの広告、会社案内、求人広告などを掲載でき、キーワードでも検索できる。

 ユーザは、掲示板グループの問合せフォームで、質問や要望を問合せて、メールで回答をもらったりできる。

 また、商店や他の企業などは、掲示板グループを、広告やマーケティング、あるいは、顧客サポート(CRM)などに利用できる。

 例えば、スーパー用、不動産会社用、観光協会用などの掲示板グループ

 このような機能やサービスも、地域SNS構築サービスで、容易に、組み込めればいいと思いました。

 Facebookで、地域SNSサイトを構築する場合、もし、本当に必要な、機能やサービスが、Facebookになければ、欲しい機能やサービスの仕様、必要性、使用方法などが明確になっていれば、Facebookに、追加を依頼できると思います。

 Facebookには、Facebookのセキュリティをさらに強化し、企業や組織内のユーザだけが、利用できる、「Facebook at Work」という、社内SNS用のFacebookがあるようです。

 Facebookは、ユーザ数をさらに増やすため、社内SNSや地域SNSだけでなく、業界や業種など、専門分野に特化し、その分野の要件や事情に合った、業界SNSや学校SNSなどを展開していくかもしれません。

 参考:

 【Facebookでの地域SNS構築】 '15.04.17

 【2015年における、世界のソーシアル・ネットワーク広告への支出】 '15.04.17

 ベストセラーのアプライアンス

2015年5月 6日 (水)

オープンソースのSNSプラットフォーム、OpenPNEの紹介 '15.05.06

【オープンソースのSNSプラットフォーム、OpenPNEの紹介】 '15.05.06

 OpenPNEは、株式会社手嶋屋が中心になって開発された、社内やサークルなどが、自分たちのSNSサイトを構築できるようにする、オープンソースのソフトウェア・プラットフォーム(SNSエンジン)です。

 OpenPNEには、以下のような機能があります。

・日記:ニュースや普段の出来事、日報や質問などを書き込めます。
・メッセージ:他のメンバーと個人的なメッセージを送りあうことができます。
・あしあと:自分のページにアクセスしたメンバーをチェックできます。
・フレンドリンク:お気に入りのメンバーとフレンドリンクを結ぶと最新日記などが表示されます。
・コミュニティ:SNS内で趣味やサークル、プロジェクトなどのコミュニティを立ち上げることができます。

 社内SNSだけでなく、「学校・団体・地域のコミュニケーション・ツール」としても利用されています。

 構築した、SNSサイトは、PCだけでなく、スマートフォンやタブレットでも利用できます。

 また、さまざまなドキュメントや開発ツールを提供しており、開発者コミュニティがあり、技術サポートを提供しています。

 OpenPNEについては、ホームページの「OpenPNEとは」の機能紹介を見たぐらいの知識しかありませんが、キーワード検索でき、分野や目的別に分類できる、掲示板(例えば、小売店、サービス業、医療機関、求人、バーゲン、イベントなど)を作成でき、自分の店や会社をアピールしたり、商品やサービスを宣伝したり、バーゲンやイベントを紹介したり、求人活動や就職活動したり、顧客の質問に答えたり、顧客の要望を聞いたりできれば、関心のある顧客への到達度や、顧客の訪問頻度を向上でき、無料で、効率的に、広告できると思いました。

 素人考えですが、関心のあるユーザをターゲットに宣伝やアピールでき、ユーザの質問に答えられる、分類された掲示板があればいいと思いました。

 メッセージやチャットで、ユーザと会話できるだけでなく、掲示板に、容易に、問合せフォームを付加でき、ユーザが質問しやすくする、CRM的な機能があればいいとも思いました。

 ベストセラーのアプライアンス

2015年5月 3日 (日)

地域SNSサイト、「おのみち」と「ひよこむ」の紹介 '15.05.03

【地域SNSサイト、「おのみち」と「ひよこむ」の紹介】 '15.05.03

 地域SNSサイト、「おのみち(onomic-chi)」と「ひよこむ」には、コミュニティ、イベント、マップ、ムービー、ブログ、グループなど、従来のグループウェア的な機能が揃っていて、よい地域SNSサイトだと思いました。

 市民は、ブログで、興味のある分野や話題でコミュニケートしたり、興味のある、コミュニティやグループで、必要な情報を得たり、コメントしたり、発言したり、評価したり、質問したりできます。

 商店や企業や協会やNPO団体などが、商品やサービスや産物や観光や活動などのアピール、バーゲン情報、求人活動、会社案内などに、活用できると思います。

 ビジネスや地方自治体や学校は、市民に情報や話題を提供し、互いにコミュニケーションをはかれ、効率的に、興味を持つ人たちに到達できそうです。

 「おのみち地域SNS」サイトは、OpenSNP Project(オープン・ソーシアル・ネットワーク・プラットフォーム)を使用して、構築されているようです。

 また、同じ、OpenSNP Projectを使用して構築された、地域SNSサイトには、兵庫県姫路市の「ひよこむ」、神奈川県横浜市の「ハマっち!SNS」、栃木県の「e-とちぎどっとこむ」などの地域SNSサイトがありました。

 しかし、OpenSNP Projectを使用して構築された地域SNSサイトには、閉鎖されたサイトも多いです。

 参考:【さまざまな業界向けにカスタマイズできる地域SNS構築サービス】 '15.04.12

 参考:【Facebookでの地域SNS構築】 '15.04.17

 ベストセラーのアプライアンス

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2