IT関連のブログの紹介

2020年11月28日 (土)

Microsoftは、「Microsoft Teams」を、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用の、ネーティブなWindowsアプリに移植した。'20.11.28

【Microsoftは、「Microsoft Teams」を、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用の、ネーティブなWindowsアプリに移植した。】'20.11.28

 Microsoftは、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのマシン用の、コラボレーション&コミュニケーション・プラットフォーム、「Microsoft Teams」を、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのマシン用の、ネーティブなWindowsアプリに移植した。2020年10月16日

Dt1_20201128113301


 By tomtalks

 MicrosoftのシニアPMである、Bill Weidenborner氏により、導かれたチームが、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのマシン用の、コラボレーション&コミュニケーション・プラットフォーム、「Microsoft Teams」を、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用の、ネーティブなWindowsアプリに移植した。

Dt1b_20201128113401


 Microsoftは、この、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用の、ネーティブなWindowsアプリとして、移植された、「Microsoft Teams」を、「Microsoftリリースした。

Microsoftは、2019年に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、マシン用のオペレーティング・システムである、「Windows 10 on ARM」をリリースしている。

 RISCタイプの、ARMアーキテクチャのプロセッサは、低消費電力で、軽くて、コンパクトな、マシンを構築可能にし、さらに、移動通信サービスのサポート機能を、組み込んでいるので、Microsoftは、「Surface Pro X」のような、モバイル・ユーザ向けの、Windowsベースの、ラップトップのような市場を狙っている。

 「Windows 10 on ARM」を搭載した、PCは、現在、「Microsoftストア」で提供されている、「32ビットx86」、「32ビットARM」、および、「64ビットARM」ベースの、Windowsアプリを実行することができる。

 「Windows 10 on ARM」上で、「32ビットARM」と「64ビットARM」ベースのネーティブなWindowsアプリを、エミュレータなしで実行できるが、現在、「32ビットx86」ベースのWindowsアプリだけ、エミュレータで実行でき、「64ビットのx86」ベースのWindowsアプリは、現在、性能や互換性の問題があり、エミュレータで実行させることができない。

 Microsoftは、2021年に、提供する予定で、「64ビットのx86」ベースのWindowsアプリを、エミュレータで実行させることができるよう、ARMアーキテクチャのプロセッサを供給している、Qualcommと連携し、継続して、エミュレータを改善しているようだ。

 また、ARMを買収した、Nvidiaとの、Microsoftの関係も、注目されている。

 当初、Microsoftは、「Windows 10 on ARM」向けに、「32ビットのx86」ベースの「Microsoft Teams」を提供し、エミュレータで、実行させて、ユーザに利用して貰っていたが、今回、Microsoftは、「64ビットのARM」ベースの「Microsoft Teams」を提供し、ネーティブなWindowsアプリとして、エミュレータなしで、実行させて、利用できるようにした。

 ネーティブなWindowsアプリとして、「64ビットのARM」ベースの「Microsoft Teams」を、「Windows 10 on ARM」上で、実行させて、利用できるようにすることで、Microsoftは、性能と信頼性を向上させ、かつ、低消費電力のため、バッテリーの寿命を大幅に向上させることができた。

 「64ビットのARM」ベースの「Microsoft Teams」は、「MicrosoftのWebサイト」で、提供されている。

デル株式会社

2020年11月25日 (水)

ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場する。(5)'20.11.25

【ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場する。(5)】'20.11.25

 Microsoftのブログによると、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。2020年10月1日

Arm0_20201125094901

 By Joel Hruska、extremetech

 この数年間に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC(主に、ラップトップ)を購入できるようになったが、低消費電力で、軽くて、コンパクトでも、Windowsアプリの互換性や性能に、課題があり、特に、普及することはなかた。

 64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPC上で、次のことが可能になる。

・32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「32ビットのx86エミュレータ」上で実行する。

・64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「64ビットのx86エミュレータ]上で実行する。

・32ビットのARMアーキテクチャ用のWindowsアプリを、ネーティブで実行する。

・64ビットのARMアーキテクチャのWindows用アプリを、ネーティブで実行する。

 ただし、2012年に提供された、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、「Windows RT」ベースのラップトップPC上では、32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、あまり問題なく、エミュレータ上で実行できたが、64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、サポートされておらず、実行させることは、できなかった。

   (続き)

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載したPC用の、Windowsの次版での、Microsoftの最大の目標の1つは、可能な限り、多くの低レベルの障害や「落とし穴」を排除することである。

 Microsoftは、クリントン政権の後に書かれた、OpenGLの版に、ゲーム・サポートを拡張する方法を見つける必要があるだろう。

 Microsoftは、ソフトウェアを改善するだけでなく、システムのハードウェア(例えば、CPU、GPU、メモリ、ストレージ、ネットワーク)の性能も、改善する必要があるだろう。

 しかし、「64ビットのx86エミュレータ」の性能を向上させることは、極めて困難だろう。

 このため、より多くの、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサ用の、ネイティブ・アプリと、ドライバー、および、APIサポートが利用可能になるにつれて、このプレッシャーは軽減されるだろう。

 例えば、筆者らの「Surface Pro X」のレビューにおいて、x86をエミュレートすると、動きが途切れたり、不規則に動作したりすることが、よくあった。

 Microsoftによると、これらの問題を解決するには、より高速な、ARMアーキテクチャのプロセッサ(SoC)が、役に立つという。

 Microsoftは、「Surface Pro X」向けに、Qualcommと共同で、「Microsoft SQ1」と呼ばれる、ARMアーキテクチャのSnapdragon 8cxベースの、Microsoftブランドの、カスタムSoCを開発した。

Dt0b_20201126091901


 Microsoftは、ソフトウェアの全体的な可用性の観点から、ARMを完全なパートナーにすることに、積極的に取り組み始め、特に、モバイル・ユーザ向けに、いつでも、どこでも、利用できる、携帯性に優れた、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップを提供している。

 DirectXのサポート、および、将来のゲームのリリースで、ソフトウェアとハードウェアの両方をアップグレードすることで、x86アーキテクチャとARMアーキテクチャが、直接競合するようになるかも知れない。

 これは、「Nvidia」が、「Microsoft」と提携して、ARMの知的所有権(IP)を使用して、IntelやAMDに挑戦することを目的とした、ARMアーキテクチャのプロセッサを構築するなら、可能性があるだろう。

 「Microsoft」が、「ARM」を、どのように扱うかによって、x86とARMの競争の展開が、変わると思う。

 また、新しい知的所有権(IP)を最大限に活用する方法に関する、ARMを買収した、Nvidiaの決定も、x86とARMの競争の展開に影響するだろう。

 このため、RISC(縮小命令セットコンピュータ)の原則に基づいた、オープンな標準のISA(命令セットアーキテクチャ)である、「RISC-V」の知的所有権(IP)は、使用料がかからないので、「RISC-V」アーキテクチャの採用は、勢いを増す、可能性もある。

 また、「Windows on ARM」システムに関して、Microsoftは、Acer、HP、Lenovo、Samsung、および、自社のSurface部門と協力して、「Windows 10 on ARM」を、顧客に提供していく意向を表明した。

デル株式会社

ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場する。(4)'20.11.25

【ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場する。(4)】'20.11.25

 Microsoftのブログによると、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。2020年10月1日

Arm0_20201125094901

 By Joel Hruska、extremetech

 この数年間に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC(主に、ラップトップ)を購入できるようになったが、低消費電力で、軽くて、コンパクトでも、Windowsアプリの互換性や性能に、課題があり、特に、普及することはなかた。

 64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPC上で、次のことが可能になる。

・32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「32ビットのx86エミュレータ」上で実行する。

・64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「64ビットのx86エミュレータ」上で実行する。

・32ビットのARMアーキテクチャ用のWindowsアプリを、ネーティブで実行する。

・64ビットのARMアーキテクチャのWindows用アプリを、ネーティブで実行する。

 ただし、2012年に提供された、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、「Windows RT」ベースのラップトップPC上では、32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、あまり問題なく、エミュレータ上で実行できたが、64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、サポートされておらず、実行させることは、できなかった。

   (続き)

 Microsoftには、現在の、「64ビットのx86エミュレータ」の制限に関する、完全なリストが、あるようだ。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、「64ビットのx86エミュレータ」を実用化するために、Microsoftは、4つの特定のものを提供する必要があるだろう。

 「64ビットのx86エミュレータ」の、互換性の問題が、解消されれば、性能の問題が、若干あっても、特定のモバイル・ユーザに、受け入れられるだろう。

 特定のモバイル・ユーザを、安心させるには、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC(特に、ラップトップ)を、より魅力的にするために、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、Windowsアプリを、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、Windowsアプリ(ARMのネイティブ・アプリ)に、再コンパイルして移植し、動作確認してくれるよう、3rdパーティのアプリ・ベンダに依頼し、ネーティブ・アプリの数を増やし、エコシステムを拡大させる必要がある。

 そうすれば、特定のモバイル・ユーザが、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップで、自分が使用する、Windowsアプリが、ネーティブ・アプリとして、「Microsoftストア」で提供されており、性能に満足すれば、薄くて、軽く、コンパクトで、移動通信機能を持つ、低消費電力の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップを利用するようになるだろう。

 ただし、「x86のネイティブ・アプリ」の総数に関して、x86アーキテクチャは、ARMアーキテクチャよりも、40年ものリードを持っており、「ARMのネーティブ・アプリ」を増やすには、アプリのベンダに投資する必要があるだろう。

 また、周辺機器やアクセサリのメーカは、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用に、ドライバーやAPIを提供する必要があるだろう。

   (続く)

デル株式会社

2020年11月24日 (火)

ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。(3)'20.11.24

【ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。(3)】'20.11.24

 Microsoftのブログによると、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。2020年10月1日

Arm0

 By Joel Hruska、extremetech

 この数年間に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC(主に、ラップトップ)を購入できるようになったが、低消費電力で、軽くて、コンパクトでも、Windowsアプリの互換性や性能に、課題があり、特に、普及することはなかた。

 64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPC上で、次のことが可能になる。

・32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「32ビットのx86エミュレータ」上で実行する。

・64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「64ビットのx86エミュレータ」上で実行する。

・32ビットのARMアーキテクチャ用のWindowsアプリを、ネーティブで実行する。

・64ビットのARMアーキテクチャのWindows用アプリを、ネーティブで実行する。

 ただし、2012年に提供された、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、「Windows RT」ベースのラップトップPC上では、32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、あまり問題なく、エミュレータ上で実行できたが、64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、サポートされておらず、実行させることは、できなかった。

    (続き)

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、「64ビットのx86エミュレータ」を実用化するために、Microsoftは、4つの特定のものを提供する必要があるだろう。

 「64ビットのx86エミュレータ」の、互換性の問題が、解消されれば、性能の問題が、若干あっても、特定のモバイル・ユーザに、受け入れられるだろう。

 特定のモバイル・ユーザを、安心させるには、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC(特に、ラップトップ)を、より魅力的にするために、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、Windowsアプリを、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、Windowsアプリ(ARMのネイティブ・アプリ)に、再コンパイルして移植し、動作確認してくれるよう、3rdパーティのアプリ・ベンダに依頼し、ネーティブ・アプリの数を増やし、エコシステムを拡大させる必要がある。

 そうすれば、特定のモバイル・ユーザが、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップで、自分が使用する、Windowsアプリが、ネーティブ・アプリとして、「Microsoftストア」で提供されており、性能に満足すれば、薄くて、軽く、コンパクトで、移動通信機能を持つ、低消費電力の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップを利用するようになるかも知れない。

 ただし、「x86のネイティブ・アプリ」の総数に関して、x86アーキテクチャは、ARMアーキテクチャよりも、40年ものリードを保っており、「ARMのネーティブ・アプリ」を増やすには、アプリのベンダに投資する必要があるだろう。

 また、周辺機器やアクセサリのメーカは、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用に、ドライバーやAPIを提供する必要があるだろう。

    (続く)

デル株式会社

ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。(2)'20.11.24

【ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。(2)】'20.11.24

 Microsoftのブログによると、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。2020年10月1日

Arm0

 By Joel Hruska、extremetech

 この数年間に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC(主に、ラップトップ)を購入できるようになったが、低消費電力で、軽くて、コンパクトでも、Windowsアプリの互換性や性能に、課題があり、特に、普及することはなかた。

 64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPC上で、次のことが可能になる。

・32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「32ビットのx86エミュレータ」上で実行する。

・64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「64ビットのx86エミュレータ]上で実行する。

・32ビットのARMアーキテクチャ用のWindowsアプリを、ネーティブで実行する。

・64ビットのARMアーキテクチャのWindows用アプリを、ネーティブで実行する。

 ただし、2012年に提供された、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、「Windows RT」ベースのラップトップPC上では、32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、あまり問題なく、エミュレータ上で実行できたが、64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、サポートされておらず、実行させることは、できなかった。

   (続く)

 64ビットのx86アプリは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPCの、「64ビットのx86エミュレータ」で、どれぐらい、効果的に実行できるかは、まだ、明確になっていない。

 Surface Pro Xのレビューを確認すると、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPCの、「64ビットのx86エミュレータ」について、非常に良いことを言っている人は、いないことに気付くだろう。

 うまく動作する、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、ネイティブ・アプリは、いくつかあり、以前から、既に「Microsoftストア」で提供されている。

 当初、「32ビットのx86エミュレータ」で、実行する、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、32ビットのアプリには、性能と互換性に課題があり、動作確認してから、利用する必要があった。

 エミュレータのサポートは、OGL 1.1に限定されているので、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の多くのゲームは、正しく機能していなかった。

 ただし、現在、「32ビットのx86エミュレータ」で実行する、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、「32ビットのアプリ」は、問題なく動作している。

 それでは、現在、「64ビットのx86エミュレータ」で実行する、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、「64ビットのアプリ」は、どうだろう?

 Microsoftには、現在の、「64ビットのx86エミュレータ」の 制限に関する、完全なリストが、あるようだ。

    (続く)

デル株式会社

2020年11月23日 (月)

ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。(1)'20.11.23

【ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。(1)】'20.11.23

 Microsoftのブログによると、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。2020年10月1日

Arm0

 By Joel Hruska、extremetech

 この数年間に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC(主に、ラップトップ)を購入できるようになったが、低消費電力で、軽くて、コンパクトでも、Windowsアプリの互換性や性能に、課題があり、特に、普及することはなかた。

 平均的なユーザ経験は、PCで、Windowsベースのアプリを使用して、行う必要のある作業の種類に応じて、「許容できる」から「許容できない」まで、さまざまである。

 64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPC上で、次のことが可能になる。

・32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「32ビットのx86エミュレータ」上で実行する。

・64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「64ビットのx86エミュレータ]上で実行する。

・32ビットのARMアーキテクチャ用のWindowsアプリを、ネーティブで実行する。

・64ビットのARMアーキテクチャのWindows用アプリを、ネーティブで実行する。

 ただし、2012年に提供された、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、「Windows RT」ベースのラップトップPC上では、32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、あまり問題なく、エミュレータ上で実行できたが、64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、サポートされておらず、実行させることは、できなかった。

 また、2012年に提供された、「Windows RT」ベースのラップトップでは、32ビットのx86アーキテクチャのWindows用アプリは、「Microsoftストア」で、提供されている、Windowsアプリだけ、実行させることができ、互換性と性能に、まだ、若干の課題があった。

 また、64ビットのx86アーキテクチャのWindows用アプリを実行できる、「64ビットのx86エミュレータ]は、性能と互換性の問題があり、実装されていなかった。

 また、「Windows RT」ベースのラップトップでは、「Microsoftストア」で、提供されている、32ビットと、64ビットのARMアーキテクチャ用のWindowsアプリを実行させることができた。

 ARMアーキテクチャのプロセッサ用の、Windows 10が、今日取り組んでいる、問題のいくつかは、「Windows RT」が、2012年に苦しんだのと同じ問題である。

 2020年の「Windowson ARM」には、2012年の「Windows RT」にはなかった、「x86エミュレーション機能」があるが、この機能には、ソフトウェア・サポートに関する、特定の制限がある。

 32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリのみが、サポートされていたが、現在、これらの制限の、いくつかは、解除されているようだ。

 最近のブログ投稿で、Microsoftは、Microsoft Edgeブラウザの将来のバージョンでは、バッテリーの使用量が少なくなり、ARMアーキテクチャ向けのWindows用に最適化された、64ビットのARMアーキテクチャ用のWindowsで実行できる、64ビットのネイティブの「Teams」アプリを構築していると述べていた。

 最後に、Microsoftは、ブログで、「x64アプリの実行のサポートも拡張し、2020年11月に、x64エミュレータが、Windows Insider Programに展開を開始する。」と書いていた。

 ARMアーキテクチャのプロセッサが、「64ビットのx86エミュレータ」を処理できるなら、大したことである。

 「64ビットのx86エミュレータ」を、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップPCなどに組み込むことは、依然として、課題が多いと思う。

 顧客は、実行する必要のある、ソフトウェアが、「64ビットのx86エミュレータ」で、問題なく、利用できるかどうか、明確にならなければ、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップを、購入することはないだろう。

 低消費電力で、コンパクトで、軽い、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップの購入を、検討している、ユーザは、64ビットのARMベースのネーティブなアプリが、利用できるようになるまで、待つ方がよいかも知れない。

   (続く)

デル株式会社

2020年11月 5日 (木)

フロント・オフィス用の、オートメーションの適用事例(3) '20.11.05

【フロント・オフィス用の、オートメーションの適用事例(3)】'20.11.05

 フロント・オフィスは、営業、顧客サービス、フィールド・マーケティング、および、アドバイス・サービス係といった、顧客に直接、対応する、役割を演じている。2020年7月13日

 By Ritu Kapoor、automationanywhere

 営業や顧客サービスなどの、フロント・オフィスのチームは、顧客の需要、売上の増加、マーケティング、および、アフター・マーケット・サービスに、責任を持っている。

 例えば、投資銀行において、フロント・オフィス部門は、営業、投資バンキング、投資銀行、プライベート・イクイティ、イクイティ・リサーチ、および、ウェルス管理などから成る。

 病院において、フロント・オフィスにおける、仕事は、職場や施設の規模で、変わるだろう。

 一般的に、診察の予約サービス、診察などの行先を案内する、受付サービス、および、必要に応じて、セキュリティといった部門のスタッフが、患者さんや訪問者に、直接対応する。

 ホテル業界の、営業、マーケティングといった、フロント・オフィスは、管理、飲料、ハウスキーピング、人事、保守、セキュリティといった、バック・オフィスの、すべての部門への連絡窓口として機能する。

Bio1a_20201105130101


 ロボット・プロセス自動化(RPA)は、フロント・オフィスとバックオフィス間の、リアルタイムのやり取りを促し、フロント・オフィスの平均通話処理時間(AHT)、と顧客満足度(CSAT)のスコアを向上させ、効率を改善させることが可能になる。

    (続き)

 フロント・オフィスにおける、5つの代表的な自動化の適用事例を紹介する。

2.顧客とのコミュニケーション

 フロント・オフィスのスタッフは、自動化技術を使用して、顧客とのタイムリーなコミュニケーションを促すことができるようになる。

 自動アラート、または、通知を使用して、ワークフロー内に、顧客とのコミュニケーションを展開できるようにすることで、企業は、従業員が、顧客に、フォローアップする必要がある時、または、会社と顧客の間の、新しいコミュニケーションについて、警告する必要がある時に、リマインダー、または、通知をスケジュールすることが可能になる。

 顧客の要件や関心事に合わせて、自動化されたメッセージを送信することにより、企業は、新しい製品やサービス、新しい取引、または、既存の製品やサービスのオファーなどに関する情報を、顧客に通知することもできるようになる。

 このような情報を、顧客に通知することで、フロント・オフィスのスタッフは、顧客のニーズ、望み、欲求、および、顧客を満足させるために、オファーを、どのように位置づけるか、といったことに関する理解を深めることができるようになる。

 コミュニケーションが、より容易で、より深く、より一貫している場合、企業の、フロント・オフィスのスタッフは、企業内の、個人、または、部門間の、コラボレーションの機会を増やすことが可能になり、顧客に関する、より良い洞察を得ることができるようになる。

    (続く)

デル株式会社

フロント・オフィス用の、オートメーションの適用事例(2) '20.11.05

【フロント・オフィス用の、オートメーションの適用事例(2)】'20.11.05

 フロント・オフィスは、営業、顧客サービス、フィールド・マーケティング、および、アドバイス・サービス係といった、顧客に直接、対応する、役割を演じている。2020年7月13日

 By Ritu Kapoor、automationanywhere

 営業や顧客サービスなどの、フロント・オフィスのチームは、顧客の需要、売上の増加、マーケティング、および、アフター・マーケット・サービスに、責任を持っている。

 例えば、投資銀行において、フロント・オフィス部門は、営業、投資バンキング、投資銀行、プライベート・イクイティ、イクイティ・リサーチ、および、ウェルス管理などから成る。

 病院において、フロント・オフィスにおける、仕事は、職場や施設の規模で、変わるだろう。

 一般的に、診察の予約サービス、診察などの行先を案内する、受付サービス、および、必要に応じて、セキュリティといった部門のスタッフが、患者さんや訪問者に、直接対応する。

 ホテル業界の、営業、マーケティングといった、フロント・オフィスは、管理、飲料、ハウスキーピング、人事、保守、セキュリティといった、バック・オフィスの、すべての部門への連絡窓口として機能する。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)は、フロント・オフィスとバックオフィス間の、リアルタイムのやり取りを促し、フロント・オフィスの平均通話処理時間(AHT)、と顧客満足度(CSAT)のスコアを向上させ、効率を改善させることが可能になる。

Bio1a_20201105130101

    (続き)

 フロント・オフィスにおける、5つの代表的な自動化の適用事例を紹介する。

1.顧客サービス

 顧客サービスの成功は、競争力を維持するために不可欠である。

 すべてのデジタル・チャネルと音声チャネルに渡り、シームレスな顧客サービスを提供することは、顧客満足度を向上させ、競争力を維持するために、不可欠である。

 顧客は、迅速な対応と、適切なソリューションの提供を期待している。

 世界が、よりデジタル化されるにつれて、顧客は、即座の満足を期待している。

 フロント・オフィスの自動化により、企業は、顧客が望む結果を提供することが可能になり、最終的に、高い顧客満足度を達成できるようになる。

 あらゆるモノへの、即時ソリューションの提供が必要になり、企業は、顧客ケア・システムを自動化して、人間のスタッフと顧客の対話を改善することが可能になる。

 フロント・オフィス部門は、データの入力、検証、抽出といった、反復的な作業を自動化できるようになる。

これにより、人間のスタッフは、データ入力などの、反復的な作業や、単調な作業を、機械に任せ、顧客との対話を通して、顧客との絆の育成に集中できるようになり、顧客を満足させることが可能になるが、データに基づいた、適切な判断力が必要になる。

 例えば、顧客ケアのスタッフが、過去のやり取りに基づいて、顧客との会話のトーンを設定する、銀行では、自動化によって、コンタクト・センターが変革され、顧客が、最適な経験を確実に体験できるようになる。

 フロント・オフィスの自動化により、企業は、顧客経験を改善し、生産性を向上させ、運用コストを削減させ、人的なエラーを低減させ、顧客の問合せに対し、迅速に対応できるようになる。

    (続く)

デル株式会社

2020年11月 4日 (水)

フロント・オフィス用の、オートメーションの適用事例(1)'20.11.04

【フロント・オフィス用の、オートメーションの適用事例(1)】'20.11.04

 フロント・オフィスのスタッフには、営業、顧客サービス、フィールド・マーケティング、および、アドバイス・サービス係といった、顧客に直接対応する、役割がある。2020年7月13日

 By Ritu Kapoor、automationanywhere

 営業や顧客サービスなどの、フロント・オフィスのチームは、顧客の要求への対応、売上の拡大、マーケティング、および、アフター・マーケット・サービスなどに、責任を持っている。

 例えば、投資銀行において、フロント・オフィス部門は、営業、投資バンキング、投資銀行、プライベート資産、資産リサーチ、および、財産管理などから成る。

 医療機関における、フロント・オフィスの仕事は、職場や施設の規模により、異なるだろう。

 一般的に、診察の予約サービス、診察などの行先を案内する、受付サービス、および、必要に応じて、セキュリティといった部門のスタッフが、患者さんや訪問者に、直接対応する。

 ホテル業界の、営業、マーケティングといった、フロント・オフィスは、施設や設備の維持管理、ハウスキーピング、人事、セキュリティといった、バック・オフィス部門への連絡窓口として機能する。

 バック・オフィスの各部門は、顧客サービスを提供している、フロント・オフィス・チームと接続される。

 例えば、ホテルの、営業、マーケティングといった、フロント・オフィスは、連絡先情報、顧客の訪問頻度、予約状況、顧客の特別なニーズ、および、顧客の履歴といった、各顧客に関するデータを収集するための窓口として、機能している。

 収集した、顧客のデータの分析結果は、ターゲットのマーケティング・メッセージを提供したり、プロモーションやキャンペーンを開発したり、自分たちの顧客に到達するために、適切な広告媒体を選択したりするのに、使用されている。

 他方、バンケット・マネージャは、セミナー、宴会、会議、展示会といった目的で、ホテルの部屋を予約する、顧客の要求に関する、情報を得るために、フロント・オフィスに頼っている。

 ハウスキーピング・スタッフは、ホテルの部屋の利用状況、部屋の清掃点検、備品のチェック、顧客の要求への対応などを担当しており、フロント・オフィスと連携しながら、顧客に対応している。

 フロント・オフィスは、自律的に、運用しているが、会計、人事、インターネット技術サポート部門といった、バック・オフィスのサポートを受けている。

 なぜ、フロント・オフィスの自動化か?

Bio1a


 Gartnerによると、営業、顧客サポート、顧客サービスといった、フロント・オフィスの機能の自動化のために、2023年までに、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の利用が、30%増加するという。

 フロント・オフィスの自動化は、企業と顧客間の対話を円滑にすると共に、効率的な営業や、効果的な顧客サービスを、提供することにより、顧客の満足度を、向上させることを意味している。

 顧客のデータの収集、顧客の問い合わせの更新、登録、および、セキュリティのチェックといった機能は、フロント・オフィスのスタッフが、関与している。

 スピードと正確さは、顧客サービスを提供するために、重要であるが、これらの運用は、以前として、手作業で行われている。

 フロント・オフィスのスタッフは、繰り返し作業や、単調な作業が多く、飽きることがあり、高額で、費用のかかる、レベルの売上とエラーが発生する。

 フロント・オフィスの作業を自動化することには、エラーを減らす、処理の時間を短縮する、応答時間を、より速くし、顧客経験を改善するといった、利点があり、スタッフは、顧客の対応に専念できるようになるが、スタッフの仕事のシフトを、さらに、促す要因になる。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)は、フロント・オフィスとバック・オフィス間の、リアルタイムのやり取りを促し、フロント・オフィスの平均通話処理時間(AHT)や、顧客満足度(CSAT)のスコアを向上させ、作業効率を改善できるようにする。

   (続く)

デル株式会社

2020年10月31日 (土)

Microsoftは、CES 2021の、デジタル変革を可能にする。 '20.10.31

【Microsoftは、CES 2021の、デジタル変革を可能にする。】'20.10.31

 Consumer Technology Association(CTA)は、Microsoftが、2021年1月11日から14日に開催される、オール・デジタル・イベントである、CES 2021の技術パートナーになると発表した。2020年10月19日

Ces2021a


 By Microsoft

 世界で最も影響力のある、技術イベントである、CESのCTAの技術パートナーとして、Microsoftが選ばれたことは、同社にとって、極めて光栄なことである。

 グローバルな技術コミュニティと、CES 2021経験をもたらす、すべてのデジタル・イベント用の、技術プラットフォームを作成するために、「Microsoft Azure」、「Microsoft Teams」、「Microsoft Power Platform」を含む、「Microsoft Cloud」ソリューションを、もたらしていると聞いても、驚くことではない。

 Microsoftは、CTAのチームと一緒に仕事ができることに、興奮している。

 世界のコロナウィルスのパンデミックの状況により、Microsoftは、「主要なイベントを主催する方法について、知っていると思っていた、すべてのことを再考する必要がある」ことを認識していた。

 また、Microsoftは、過去、数ヶ月に渡って、デジタル・イベントについて学んだことを、すべて共有できる機会が、与えられることに、感謝している。

 2020年の3月初めに、企業や機関は、2020年に計画していたイベントを、中止することにした。

 従来の、「Microsoft Build」のようなイベントの準備には、多くの準備と作業が必要になる。

Ces2021b


 「Microsoft Build」のようなイベントでは、毎年、世界中からシアトルに、参加者が訪れ、数日間、基調講演や分科会が行われる。

 Microsoftは、デジタル・イベントを、開催するための道を歩み始めていた。

 これは難しいことであったが、Microsoftのチームは、間違いなく、挑戦している。

 「Microsoft Buildが、デジタル・イベントになる。」紹介ビデオ

 Microsoftは、参加者が、リアルに感じる経験を、体験できるようにする、デジタル・イベントを、新たに再発明することに焦点を移していた。

 数ヶ月の間に、Microsoftの、デジタル・イベント・チームは、おそらく何年にも渡る、変革と成長を経験していた。

 Microsoftのデジタル・イベント・チームは、6つの主要なグローバル会議を含む、12の主要な、デジタル・イベントを作成してきた。

 同時に、Microsoftは、NBA、NFL、iHeartMediaなどの顧客と協力して、何ヶ月もの間、切断されていると感じていた世界に、新しいレベルの接続をもたらすことを支援してきた。

 Microsoftは、説得力のある、高度に対話的な経験を作成するためのアイデアと新しいアプローチを実験し、成功する、デジタル・イベントの要素を定義する上で、大きな進歩を遂げた。

 この新しい方向性には、コラボレーション、ハードワーク、そして、多くの謙虚さが必要であった。

 デジタル・イベントは、世界への到達度と、包括性の面で、多大な影響を与えている。

 ちなみに、2019年の「Microsoft Build」イベントには、世界から、6,200人が、参加するために、シアトルを訪れていた。

 2020年の仮想「Microsoft Build」イベントには、世界から、197,000人の、オンライン参加者がいた。

 ちなみに、2019年の、「Microsoft Build」イベントでは、参加者の80%が、米国内から、シアトルを訪れていた。

 2020年の仮想「Microsoft Build」イベントの、参加者の68%は、米国以外の国から来ていた。

 2019年に、アフリカ大陸から、28人の開発者が、「Microsoft Build」イベントの、に参加できた。

 2020年には、アフリカ大陸から、6,044人の開発者が、「Microsoft Build」に参加した。

 2020年に、参加者の68%が、米国以外の国から来ていた。

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2