IT関連のブログの紹介

2018年7月13日 (金)

Google Marketing Platformの紹介 '18.07.13

【Google Marketing Platformの紹介】 '18.07.13

 Google Marketing Platformが、紹介される。 2018年6月27日

Googlemkt2b
 By Brad Bender、Google

 2018年6月27日に、Googleは、約18年間使用してきた、広告サービス、「AdWords」の名称を「Google Ads」に、「DoubleClick」関連の広告サービスの名称を「Google Marketing Platform」に変更することを発表した。

 2007年に、Googleにより買収された、ダブルクリック広告を提供する、米国のインターネット広告配信基盤のプロバイダ、「DoubleClick」が、1996年に設立された当時の、オンラインの世界は、現在とは、極めて異なったいた。

 1996年には、ブロドバンド・ネットワークは、普及しておらず、一般ユーザが、インターネットをアクセスするために使用する、ネットワークには、低速な電話回線が利用されていた。

 グラフィカル・ユーザ・インタフェース(GUI)は、急速に普及を開始していたが、スマートフォンは、存在しておらず、携帯電話の時代で、インターネットの利用は、PCやMacが主であった。

 その後、ブロードバンド・ネットワークが普及し、クラウド・サービスが、広く利用されるようになり、PCも高性能になり、ストリーミング・コンテンツが利用できるようになり、スマートフォンやタブレットが普及し、モバイル・ファーストの時代になった。

 テキストを絵文字にしたり、面白い、YouTubeのビデオを共有したり、スマートフォンのカメラで、自撮りしたりといった、今日のユーザの行動は、何年か前からあった。

 技術が進化し、高速なブロードバンド・ネットワークや、モバイル・デバイス、および、クラウド・サービスが、一般的になった、何年か前から、マーケッターは、従来のマーケティング・ツールやチャネルから、オンライン・デジタル・マーケティングへとシストしていた。

 何年か前から、マーケティングのチャンネル、データ形式、データが、爆発的に増加している。

 また、何年か前から、オンラインで、情報を収集し、他のユーザの評価やコメントなどを参考にして、オンラインで買い物をする、ユーザが、増えてきた。

 一般のユーザは、個人データが、どのように使用されているのかを、より意識しており、より制御したいと思っている。

 現実に対応するために、マーケッターは、ユーザのプライバシーの保護を最優先にしながら、マーケティングの結果を、より効率的に得るための、マーケティング・ツールを必要としている。

 これが、「Google Marketing Platform」を発表する理由である。

 「Google Marketing Platform」は、「DoubleClick Digital Marketing」と「Google Analytics 360 Suite」を組み合わせ、デジタル・メディアとユーザ経験を、1ヶ所で、計画、購入、測定、および、最適化するのに役立つ。

Googlemkt2
 Google Marketing Platformは、マーケッターが、顧客のプライバシーを尊重しながら、データを管理できるようにし、より適切で、効果的なマーケティングを提供できるようにする。

 「Google Marketing Platformの紹介」ビデオ

 グローバル・マーケティング機関の、最近の調査で、世界のマーケッターにとって、第1の優先事項は、顧客をよりよく理解することだということが分かった。

 コラボレーションや洞察力の共有を容易にする、マーケティング・ツールを提供することで、Google Marketing Platformは、マーケッターが、顧客ファーストのアプローチを達成するのを支援する。

 「Google Marketing Platformの顧客の事例」紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年7月 7日 (土)

MicrosoftのAzure IoTクラウド・サービスと、QualcommのLTE IoT SDKが、統合される。 '18.07.07

【MicrosoftのAzure IoTクラウド・サービスと、QualcommのLTE IoT SDKが、統合される。】 '18.07.07

 セルラー通信対応のIoTデバイスの構築を考えている、IoTメーカや開発者に、よいニュースがある。 2018年6月28日

 By Qualcomm

 MicrosoftのAzue IoTクラウド・サービスと、QualcommのLTE IoTソフトウェア開発者キット(SDK)が、統合される。

 今週、発表された、QualcommのLTE IoT SDKは、開発者とメーカが、セルラー通信モデム、Qualcomm MDM9206 LTE IoTモデムの能力を利用できるようにするよう、設計されている。

 IoTメーカや開発者は、アプリ・プロセッサ、ローカルな無線の接続性、Wi-Fi無線の接続性、グローバル・ナビゲーション衛星システム(GNSS)の能力、および、QualcommのMDM9206 LTE IoTモデムに統合された、周辺装置機器インタフェースのパワーをアクセスできるようになるだけでなく、Microsoft Azure IoT Hub C SDKをダウンロードして、インストールするとにより、MicrosoftのAzure IoTクラウド・サービスに接続する、選択肢を持っている。

 IoTメーカやIoTソリューション・プロバイダは、Microsoft Azure IoTクラウド・サービス対応、LTEセルラー・モデル・プロバイダの、さまざまな選択肢へアクセスできるようになる。

 QualcommのLTE IoT SDKは、外部的なアプリ・プロセッサの追加的なコストと、ニーズを排除するために使用される。

 QualcommのLTE IoT SDKは、MicrosoftのAzure IoTクラウド・サービス・ベースの製品を構築するための、コストと時間を低減させるのを支援できる。

 QualcommのLTE IoT SDKは、開発者が、同社の「MDM9206 LTE IoTモデム」内に、搭載された、1.3GHz Cortex A7 CPU上で、カスタム・ソフトウェアを実行しながら、開発者をサポートするよう、設計されている。
Msiot1
 Qualcommの「MDM9206 LTE IoTモデム」用の、同社のLTE IoT SDKは、バッテリーの寿命が、従来のLTEモデムと比較して、長く、より広範囲をカバーできることを特徴にしており、コスト効果的であり、低電力のIoTデバイスの開発を促すよう、設計されている。

 90種類以上のデザインは、eMTC(Cat M1)、NB-IoT(Cat NB-1)、および、2G/E-GPRSに対する、グローバルなマルチ・モードをサポートし、「MDM9206 LTE IoTモデム」を使用している。

 QualcommのLTE IoT SDKは、シンプルなアプリ・インタフェース(QAPI)を通して、「MDM9206 LTE IoTモデム」の、プラットフォーム能力のリストを公開する。

 QualcommのLTE IoT SDKは、アプリの開発を、極めて簡単にする。

 開発者は、アプリを開発し、テストするために、QualcommのLTE IoT SDKを、開発用のPCにインストールし、アプリを作成して、LTE IoT開発ボードにアプリをロードし、テストのために、MicrosoftのAzure IoTクラウド・サービスに接続する。

 QualcommのLTE IoT SDKのツールには、アプリのデバッグ・ツールや、アプリと構成のフラッシング・ツールなどがある。

 Qualcommの「MDM9206 LTE IoTモデム」、LTE IoT SDK、および、無線エッジ・サービスのセットは、IoT分野における、課題への、同社の主な取り組みの一部である。

 Qualcomm LTE IoT SDKと、Microsoft Azure IoTクラウド・サービスとのプレ統合のニュースは、セルラー通信ベースのIoT開発や、Microsoft Azureクラウド・サービスを利用する、開発者に対する、重要なマイルストーンである。

 Qualcomm LTE IoT SDKにおいて、サポートされた、MicrosoftのAzure IoTクラウド・サービス以外の、他のIoTクラウド・プラットフォームのリストを以下に示す。

・Alibaba Cloud Link One

・Ayla Networks IoT Platform

・China Mobile OneNET

・DTSTON DTCloud

・Ericsson IoT Accelerator

・Gizwits IoT Clolud

・Verizon ThingSpace

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年5月18日 (金)

Google Duplexとは?(3) '18.05.18

【Google Duplexとは?(3)】 '18.05.18

 Google Duplexは、Assistantデジタル・アシスタントを、より人間的なアシスタントにするための、新たな方法を提供する、AIシステムである。2018年5月16日

 By Jerry Hildenbrand、androidcentral

D1
 Google I/O 2018で、Googleの最新のAIシステム、Duplexのデモが披露された。

 このデモでは、Duplexは、美容院に電話をかけ、予約を取っていたが、このDuplexと呼ばれる、AIシステムが、電話をかけた、美容院のスタップは、コンピュータと会話しているとは、気づいていないようだった。

 このデモは、驚異的であるが、実社会ではどうだろう?

    (続き)

 Duplexの、セキュリティやプライバシーに関して、どうだろう?

 オンデバイスのマシン・インテリジェンスは、本当のことだが、制約があり、比較的新しい技術である。

 Googleは、機械学習(ML)キットを開発して、開発者が、デバイスそのものについて、より多くのことを、行うことができるよう、支援している。

 Duplexのような、AI技術は、コンピューティング・パワーを必要とする。

 例えば、Duplexを組み込んだ、Assistantデジタル・アシスタントと会話して、美容院を予約したり、予定表を作成したりすることは、膨大なコンピューティング・パワーを必要としているので、スマートフォンや、Google Homeのようなスマート・デバイスで、実行することができない。

 Googleは、Assistantデジタル・アシスタントが、現在できる、特別なことを行うために、個人データの多くを利用する必要があり、Duplexにおいても、多くの個人データが、必要とされる。

 確かなことは、Googleに、会話を聞くための、許可を与えなかった、関係者がいることである。

 Duplexが、誰でも利用できる、実際の消費者製品になる場合、Duplexは、裁判所で裁判されることが予想される。

 「Google Duplexの、倫理に関して話す必要があることを紹介する、ニュース」のビデオ

 いつ、Duplexが、Assistantデジタル・アシスタントに、組み込まれるのだろう?

D5
 2018年の後半に、Assistantデジタル・アシスタントに、いくつかの大きな変更が、行われることが、期待されているが、正確なことは、誰も知らない。

 Assistantデジタル・アシスタントへの、大きな変更は、起こらないかもしれない。

 Googleは、さまざまな素晴らしい技術を、世界と共有したいと考えていることは、エキサイティングであるが、それが成功するか、あるいは、実際の製品やサービスになることを意味している訳ではない。

 Duplexは、現在、閉じた、管理された環境において、テストされ、評価されている。

 すべてがうまくいけば、ユーザは、スマートフォンで、Duplexが組み込まれた、Assistantデジタル・アシスタントを使用して、電話で、レストランや美容室などを予約したり、休暇を取得したり、するような、実験的な評価テストが、実施される予定である。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年5月17日 (木)

AI技術は、Google製品の変換を支援すると、GoogleのCEO、Sundar Pichai氏が述べた。 '18.05.17

【AI技術は、Google製品の変換を支援すると、GoogleのCEO、Sundar Pichai氏が述べた。】 '18.05.17

Eweek8
 AI技術は、Gmail、フォト、および、マップといった、Googleオンライン・サービス製品のスイートや、技術を改善するのを支援している。 2018年5月10日

 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 GoogleのCEO、Sundar Pichai氏は、今週、同社が、AIや、機械学習技術を、製品やサービスのスイートを改善するために使用している、いくつかの事例を紹介した。

 カリフォルニア州、Mountain Viewの本社において、開催された、Google I/O開発者コンファレンスでの講演で、2018年5月8日の、Pichai氏は、AI技術が、多くの分野を、大きく変換する、大きな機会を提供すると説明した。

 Pichai氏によると、Googleが、既に、AI技術で、大きく前進させることができた分野の1つは、ヘルスケアの分野であるという。

 Googleが、2年前に開発した、ニューラル・ネットワークは、眼の画像だけを使用して、糖尿病性網膜症を検出することができた。

 Pichai氏によると、眼の画像を、かなりの正確さで、心臓病や脳卒中のリスクを予測するためにも、使用することができるという。

 Googleは、このAIモデルを、患者が病院に再入院する必要があることを、正確に予測するために、特定された患者の、膨大なデータセットを使用する。

 Googleは、現在、ヘルスケア分野の、取り組みにおける、研究や調査で分かったことを、さまざまなことに適用する方法を見つけ出すために、医療のコミュニティのメンバーと協調している。

 Googleは、ユーザが、Gmailメール、Googleフォト、および、Google Assistantデジタル・アシスタントの技術を含む、同社の製品と対話するのを容易にするために、AI技術を使用してきた。

 Pichai氏によると、最近の例の1つには、Gmailにおける、いわゆる、Smart Compose機能があるという。

 このSmart Compose機能は、メールのメッセージを理解したり、ユーザとの会話の内容の前後の意味を解釈したりすることにより、簡単な応答を手助けするために、AI技術を使用している。

 同様に、Googleフォトにおける、スマート・インライン画像の示唆は、ユーザが、容易に、写真を即座に共有できるようにしたり、写真の明るさ、色合い、モノクロ写真といった、さまざまな効果で、画像を編集できるようにする。

 ユーザが、あらゆることの時間を節約できるようにする機能の1つは、2年前の、I/Oコンファレンスで発表した、Google Assistantデジタル・アシスタントである。

 Googleは、Assistantデジタル・アシスタントを、より人間的なアシスタントにするための、新たな、AI技術、Duplexを紹介した。

 Googleは、このAI技術、Duplexを、可能な限り、多くの製品に、組み込ことで、ユーザが、音声コマンドを使用して、製品やサービスと、より自然に会話できるようにする。

 過去2年間に、Googleは、Assistantデジタル・アシスタントを、Google Homeスピーカを含む、さまざまな製品に組み込んだ。

 文脈を理解する、自然言語処理技術における、Googleの技術の進歩のおかげで、ユーザは、Assistantデジタル・アシスタントと、極めて自然な、前後関係を持つ、会話を行うことができるようになる。

 この技術の、計画された、アップデートの一部として、Googleは、現在、Assistantデジタル・アシスタントを、より視覚的に補助することに取り組んでいる。

 例えば、ユーザは、スマートフォンで、Assistantデジタル・アシスタントを使用して、位置ベース、時間ベース、および、対話ベースの行動に関する、示唆を受けることができるようになる。

 Googleは、Assistantデジタル・アシスタントを、Googleマップと統合することにより、ドライバーは、音声コマンドで、より容易に、地図をナビゲートできるようになる。

 Googleは、ユーザが、Assistantデジタル・アシスタントを使用して、美容院の予約や、予定表の作成といったことを、可能にすることに取り組んでいる。

 Googleが、Duplexを組み込んだ、Assistantデジタル・アシスタントは、店舗や小さな会社のスタッフが、多くの時間を節約しながら、大きな価値を得られるようにする。

 例えば、Duplexを組み込んだ、Assistantデジタル・アシスタントは、美容院のスタッフの代わりに、顧客の電話を受けて、予約を受け付けることができるようになる。

 反対に、顧客は、美容院を予約するよう、Duplexを組み込んだ、Assistantデジタル・アシスタントに依頼することで、顧客の代わりに、電話をかけて、美容院の人間のスタッフと会話し、予約することもできるようになる。

 Googleが、同社のサービスを改善するために、DuplexのAI技術を使用している、他の分野には、Googleニュースがある。

 Duplexを組み込んだ、Googleニュースは、世界中のジャーナリストからもたらされる、話題のなかで、ユーザの関心に、最も合ったニュースを示唆し、目立つようにして、見つけやすく表示する。

 「Duplexで、Assistantは、実際に、電話をかけることができるようになる。」を紹介するビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Google Duplexとは?(2) '18.05.17

【Google Duplexとは?(2)】 '18.05.17

 Google Duplexは、Assistantデジタル・アシスタントを、より人間的なアシスタントにするための、新たな方法を提供する、AIシステムである。 2018年5月16日

 By Jerry Hildenbrand、androidcentral

D1_3
 Google I/O 2018で、Googleの最新のAIシステム、Duplexのデモが披露された。

 このデモでは、Duplexは、美容院に電話をかけ、予約を取っていたが、このDuplexと呼ばれる、AIシステムが、電話をかけた、美容院のスタップは、コンピュータと会話しているとは、気づいていないようだった。

 このデモは、驚異的であるが、実社会ではどうだろう?

     (続き)

 Duplexは、どのように機能するのだろう?

 Duplexを使用するのは、エンドユーザ側から見れば、Google Assistantデジタル・アシスタントに何かをさせるのと同じくらい簡単のようだ。

 現時点で、Duplexの機能は、予約をしたり、予定を作成したりすることに、限定されているので、例えば、ユーザが、「Google!、火曜日の朝に、Joeのガレージでの、オイル交換の予定を作成して」と言うことにより、Duplexは、Joeのガレージに電話をかけて、カレンダーに、予定を追加する。

D4
 継続的な会話には、Duplexと同じ技術の多くが使用される。

 Duplexは、リカレント・ニューラル・ネットワークと呼ばれる技術を使用している。

 この技術は、GoogleのTensorFlow Extendedを使用して、構築される。

 Googleは、匿名化された、ボイスメールや、電話サービスを提供する、Google Voiceでの会話上で、Duplexのリカレント・ニューラル・ネットワーク技術を訓練する。

 ユーザは、音声認識ソフトウェアの組み合わせと、会話の履歴や、両者の、時間や場所などの詳細を考慮する能力を選択した場合、それを聞くことに同意したことになる。

 実質的には、高性能コンピュータのネットワーク全体が、クラウドにおいて、データを処理しており、ユーザは、Google Assistantデジタル・アシスタントが、組み込まれている、スマートフォンなどのデバイスで、Assistantの機能を通して通話している。

 このように、Duplexは、Google Voiceの電話サービスや、Google Assistantの音声対応デジタル・アシスタント機能などと連携して、予約をしたり、予定を作成したりする機能を提供する。

 Duplexは、予約をする、ユーザ側でも、予約を受ける、店舗側でも、利用できるだろう。

 Duplexは、店舗や企業の、コールセンターや、顧客サポート・センターにおいて、サポート・スタップをアシストするためにも、利用されるようだ。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Google Duplexとは?(1) '18.05.17

【Google Duplexとは?(1)】 '18.05.17

 Google Duplexは、Assistantデジタル・アシスタントを、より人間的なアシスタントにするための、新たな方法を提供する、AIシステムである。2018年5月16日

 By Jerry Hildenbrand、androidcentral

D1
 Google I/O 2018で、Googleの最新のAIシステム、Duplexのデモが披露された。

 このデモでは、Duplexは、美容院に電話をかけ、予約を取っていたが、このDuplexと呼ばれる、AIシステムが、電話をかけた、美容院のスタップは、コンピュータと会話しているとは、気づいていないようだった。

 このデモは、驚異的であるが、実社会ではどうだろう?

 Duplexとは何で、どのように、機能するのだろう?

 GoogleのAI研究者や開発者によると、Duplexは、電話で、実世界の作業を完了させるために、AI技術を使用する、Googleの新たなツールだという。

 今の所、Googleは、Duplexを、予約を取るといった、日常的な作業を代行できるような、人間的なアシスタントにすることに取り組んでいるが、このAIツールを、さらに、人間に近づけ、実用的にした、他の分野にも、展開していく意向のようだ。

 美容院やレストランの予約をするための、新たなツールを開発するために、何10億ドルも費やしているのは、Google的であるように聞こえるが、これが、開発に、時間や資金を費やす、本来の目的ではないだろう。

D2
 Googleは、Duplexの技術を、より人間的にし、より必要性が、感じられる、コールセンターや、顧客サポート・センターのような、実用的な用途に適用し、展開していくだろう。

 人間のように、自然に会話し、適切に、応答して、対応できるようにすることは、極めて難しいことであり、これには、膨大なデータと、極めて強力なコンピュータが必要になるようだ。

 Duplexは、単なる、スピーチ・ツー・テキスト・システムではない。.

 Duplexは、電話などを通して、コンピュータと会話する方法を変えるよう、設計されている。

 Duplexの目標は、Assistantデジタル・アシスタントと連携して、より、人間に近い、デジタル・アシスタントを実現することのように見える。

 Googleは、Duplexを、人間の言葉を理解し、その意味を適切に理解して、依頼されたことに、確実に対応し、応答できるようにすることを目指している。

 現時点で、Duplexの機能は、予約をしたり、予定を作成したりすることに、限定されているので、例えば、ユーザが、「Google!、火曜日の朝に、Joeのガレージでの、オイル交換の予定を作成して」と言うことにより、Duplexは、Joeのガレージに電話をかけて、カレンダーに、予定を追加する。

 この予約の時間を決める上で、Duplexは、交通状況などを考慮して、到着まで、車で、40分かかることを予測し、「11時15分が良いでしょう。」と、予約の時間の推奨を提案する。

 Googleは、Duplexを、あたかも、人間のように、会話し、考え、適切に応答し、対応できるようにすることが、重要だと考えているようだ。

 Googleは、電話に出た人が、コンピュータに話しかけられていることが、分からないようにしたいと述べているが、最終的に、コンピュータであることを知らせるのが最善だと判断した。

 電話に出た人は、話している相手が、コンピュータだと知れば、より分かりやすく、会話してくれるのではないだろうか?

 Duplexは、このことを理解し、応答時に、これを考慮して、会話を再構成する必要があるかも知れない。

D3
 最も印象的なのは、Duplexが、文脈を理解しなければならないことである。

 例えば、「先週の金曜日」、「今週の金曜日」、「来週の金曜日」は、関係する人たちだけが、理解できる、用語である。

 Duplexも、これらの用語の意味を、文脈的に、理解する必要がある。

 Duplexは、ユーザが、喋ったことを、内部的に、テキストに変換し、編集して、意味を理解し、さらに、文脈を理解するようだ。

  「Googleの新AIシステム、Duplexのデモの紹介」ビデオ

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年3月20日 (火)

Atheerは、東芝のスマート・グラス、dynaEdge ARに、エンタープライズARプラットフォームをもたらす。 '18.03.20

【Atheerは、東芝のスマート・グラス、dynaEdge ARに、エンタープライズARプラットフォームをもたらす。】 '18.03.20

 Atheerは、東芝のスマート・グラス、dynaEdge ARに、エンタープライズARプラットフォームをもたらす。2018年3月19日

Int1
 By Nicholas Fearn、internetofbusiness

 東芝は、同社のスマート・グラス、dynaEdge ARが、Atheerのエンタープライズ拡張現実(AR)プラットフォームで、利用できるようになると発表した。

 東芝は、カリフォルニアを拠点とする、拡張現実(AR)会社、Atheerと、戦略的なパートナシップを結んだ。

 これにより、初めて、AtheerのAiRプラットフォームが、Windows 10ユーザに、もたらされる。

 Atheerは、同社のエンタープライズAR技術が、2018年2Qに、dynaEdge ARグラスのユーザに、利用できるようにする。

 dynaEdge ARスマート・グラス・パッケージを購入すると、AR100ヘッドマウント・ディスプレイと、Windows 10を搭載した、dynaEdge DE-100 Mobile Mini PCが、同梱されている。

Int1b
 AtheerのエンタープライズARプラットフォームで、東芝のスマート・グラス、dynaEdge ARのユーザは、製造・組み立て、自動車などの保守・修理、倉庫などの管理、技術トレーニングといった分野の、産業アプリで、このスマート・グラスを利用できるようになる。

 東芝のスマート・グラス、dynaEdge ARのユーザは、AtheerのエンタープライズARプラットフォームで、解説付きの写真やビデオを対話的に見たり、バーコードをスキャンしたり、デジタル・ドキュメントを対話的に参照したりすることができるようになる。

 「Toshiba dynaEdgeの紹介」ビデオ

 また、AtheerのエンタープライズARプラットフォームは、エンタープライズ・システムや、ビジネス・セキュリティと統合することができる。

 AtheerのエンタープライズARプラットフォームで利用できる、AiR Enterpriseアプリは、東芝のdynaEdge ARスマート・グラスに、最適化されており、Windows 10を搭載した、dynaEdge DE-100 Mobile Mini PCで動作する。

Int1d
 dynaEdge ARスマート・グラス・パッケージには、AR100ヘッドマウント・ディスプレイと、dynaEdge DE-100 Mobile Mini PCが、同梱されている。

Int1c
 Atheerは、AiR Enterpriseアプリで、ユーザは、ユニークなタッチレスで、スマート・グラスと、ジェスチャー・ベースの対話を行うことができるようになる。

 「Toshiba dynaEDge ARスマート・グラスの紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年3月17日 (土)

Volkswagenは、電気自動車メーカとして、再改革する。 '18.03.17

【Volkswagenは、電気自動車メーカとして、再改革する。】 '18.03.17

 Volkswagen Groupは、2022年末までに、電気自動車を生産するために、世界の16カ所に製造工場を展開する、電気自動車や自動運転車の開発ロードマップを紹介した。2018年3月16日

Int3
 By Andrew Hobbs、internetofbusiness

 Volkswagenは、現在の3カ所にある、電気自動車(EV)製造工場の場所を、さらに増やすことを計画している。

 VolkswagenのCEOは、ベルリンで開催された、コンファレンスで、電気自動車(EV)の生産に対する、同社の投資を発表した。

 Volkswagenは、次の2年間に、電気自動車を生産する工場を、さらに、9カ所増やす計画である。

 Volkswagenは、既に、ヨーロッパと中国にある、バッテリーのメーカと、契約を交わしている。

 これらのバッテリーのメーカは、Volkswagenのバッテリーの容量の需要を満たすように、生産量を増やす。

 北米のバッテリーのサプライヤも、バッテリーの生産量を増やすことが期待されている。

 ターボチャージの計画は、昨年の秋の、Volkswagenのロードマップの戦略の開始に従う。

 Volkswagenは、2025年までに、80モデルから成る、合計最大300万台の、電気自動車を生産する意向を表明した。

 Volkswagenは、2018年に、3種類の新しい電気自動車と、6種類のハイブリッド自動車の販売を開始する。

 Volkswagenは、2019年に、毎月、新たな電気自動車を増やすことを計画している。

 進化か革新か?

 Volkswagenの電気自動車の計画は、同社の歴史における、分水嶺の瞬間のように見える。

 Volkswagenは、Audi、Porsche、Bentley、および、Lamborghiniを所有しているので、同社内でさえ、このシフトには、大きな波及効果があるだろう。

 Volkswagenは、電気自動車を、より手頃な価格にし、バッテリーの充電時間を短縮することで、Tesla、Uber、および、Alphabetといった、挑戦者に対抗している。

 しかし、これは、Volkswagenは、燃焼エンジンの自動車が、少なくなっていくと考えていることを意味している。

 Volkswagenは、将来の移動手段として、電気自動車に、大きな投資をしている。

 Volkswagenは、2018年に、従来の燃焼エンジンの自動車に、200億ユーロを、電気自動車に、900億ユーロを投資する。

 デジタル化する、近未来の車

 電気自動車に焦点を合わせることが増え、Volkswagenも、車のデジタル化に移行している。

 2017年秋に、Volkswagenは、電気自動車の完全自動運転の、戦略的なコンセプト・カー、「Volkswagen I.D.」を発表した。

 Volkswagenは、最初のレベル5(完全自動運転車)のコンセプト・カーを発表した。

 Volkswagenのコンセプト・カーは、ハンドル、ブレーキやアクセルのペダル、さらに、コックピットさえも無い。

 「Volkswagenのコンセプト・カーの紹介」ビデオ

 2022年までに、Volkswagenは、自動運転車に、合計で、340億ユーロの投資を実施することを計画している。

 Volkswagenは、都会の移動手段を再構築したいと思っている。

 最近、Volkwagenは、車に充電する、自律ロボット、CarLaを発表している。

 「充電ロボット、CarLaの紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年8月13日 (日)

Facebookが、新たなビデオ・プラットフォーム、Watchを紹介した。 '17.08.13

【Facebookが、新たなビデオ・プラットフォーム、Watchを紹介した。】 '17.08.13

 Facebookが、新たなビデオ・プラットフォーム、Watchを紹介した。2017年8月9日

 By Daniel Danker、Facebook

Fb1
 Facebookで、ビデオを見ることは、人をつなぎ、会話を誘発し、コミュニティを育てる力を持っている。

 現在、Facebookにおいて、ビデオは、ニュースフィードや、友達とのコミュニケーションを通して、発見され、コミュニティを形成する可能性を持っている。

 Facebookのユーザは、ニュースフィードで、興味深いビデオを見つけやすく、視聴しながら、友達と会話することができる、専用の場を望んでいる。

 このため、Facebookは、2016年に、米国において、Facebookで、見たいビデオを、容易に発見するための場を提供する、Videoタブを開始した。

1.Watchプラットフォームの紹介

 Facebookは、Facebookで、ビデオを見るための、新たなプラットフォーム、Watchを紹介する。

 Watchプラットフォームは、モバイル・デバイス、デスクトップPC、ノートPC、および、FacebookのTVアプリで利用できるようになる。

 Watchプラットフォームは、パーソナライズされており、友達やコミュニティが、見ているものを中心にして編成された、新しいビデオ番組を発見するために、役に立つだろう。

 例えば、ユーザは、Watchプラットフォームの、「最も話題の」といったセクションで、興味深いビデオ番組を見つけ、このビデオ番組に関する話題の会話に参加できるようになる。

 また、Watchプラットフォームには、「何のビデオが、多くの人を、笑わせているか?」や「友達は、何のビデオを見ているか?」といったセクションもある。

 Facebookは、Facebook Liveにおける、ビデオに対する、ユーザのコメントやリアクションから、さまざまなことを学んできた。

 ユーザは、ビデオ番組を見ているときに、コメントを見たり、コメントしたり、推奨したり、友達と意見を交わしたりすることができる。

 また、ユーザは、ビデオ番組専用のFacebookのグループに参加し、番組や出演者などに関する情報を取得したり、同じビデオ番組に関心のある、友達や、他のユーザと会話したりすることもできる。

 Watchは、ビデオ制作者や放送局が、自分たちのビデオ番組を、Facebookユーザに、見つけやすくし、視聴者を集め、視聴者と対話できるようにするための、プラットフォームでもある。

 Watchプラットフォームは、熱心なファンのコミュニティを構築し、ビデオ番組の視聴者を増やし、番組を改善していくことにも貢献できるだろう。

 「Facebookの、新たなビデオ・プラットフォーム、Watchの紹介」ビデオ

2.Watchプラットフォームを使用する、ビデオ番組の制作者や放送局

・Nas Dailyは、世界中のファンと一緒に、ビデオを制作し、毎日のショー番組を配信するために、Watchプラットフォームを使用する。

・New York Timesのベストセラー作家、Gabby Bernstein氏は、ファンとつながり、リアルタイムに質問に答えるために、Watchプラットフォームで、録画されたエピソードと、ライブのエピソードの組み合わせを使用する。

・Watchプラットフォームで、メジャー・リーグのプロ野球の試合が、1週間に1試合、放送され、Facebookユーザは、友達や他のファンと会話しながら、試合を見ることができるようになる。

 Watchは、ドキュメンタリー番組から、コメディ、スポーツの試合のライブ中継まで、さまざまな、ビデオ番組のプラットフォームになるだろう。

 ビデオ番組の制作者や放送局は、ファンやコミュニティと接続するために、Watchプラットフォームを使用することも可能になる。

 Facebookは、Watchプラットフォームを、米国のユーザの、限定されたグループに紹介し、フィードバックしながら、徐々に、他のユーザに、利用できるようにしていく計画である。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月15日 (土)

NVIDIAとBoschが、DRIVE PXと呼ばれる、AI自動運転車のコンピュータを発表した。(2) '17.07.15

【NVIDIAとBoschが、DRIVE PXと呼ばれる、AI自動運転車のコンピュータを発表した。(2)】 '17.07.15

 NVIDIAとBoschが、DRIVE PXと呼ばれる、自動運転車用の、新しいAIプラットフォームを紹介した。 2017年3月16日

 By NVIDIA

  世界の最大手の自動車部品サプライヤ、Boschは、ベルリンで開催された、Bosch Connected Worldコンファレンスの参加者に、DRIVE PXと呼ばれる、自動運転車用の、新しいAIプラットフォームを紹介した。

Denso2
 Bosch Connected Worldコンファレンスで、NVIDIAのCEO、Jen-Hsun Huang氏は、自動車産業において、深層学習が、どうように、AI革新を促すかを解説した。

 DRIVE PXと呼ばれる、小さなAI車載スーパーコンピュータが、BoschのCEO、Volkmar Denner博士の基調講演において、発表された。

   (続き)

 Xavier技術を、初めて、採用した、新しいAIプラットフォーム、DRIVE PXの特徴

1)AIパイプラインを高速化する。

 深層学習は、自動運転車の、コンピュテーショナル・パイプライン全体を通して、重要な役割を果たし、自動運転車は、経験に基づいて、学習することで、ますます賢くなっていく。

・検出:車の周囲の世界を理解する。

・地域化:詳細なローカルマップを作成するために、知覚されるものを使用する。

・占有グリッド:車の周囲に、リアルタイムな3D環境を構築する。

・経路計画:マップされたルートに沿って、進行する方法を決定する。

・車載力学:スムースに運転する方法を計算する。

 カメラ、レーダー、ライダー、超音波など、さまざまなセンサーから収集される、膨大なデータを、リアルタイムに分析し、理解するために必要な、車載コンピュータの処理能力を考えてみよう。

 NVIDIA DRIVE PXシステムは、データセンターにおいて、深層ニューラル・ネットワークを最初に開発し、訓練することで、車の周りで起こっている、すべてのことを、リアルタイムで、理解できるようになる。

2)クラウドから車へ

 NVIDIAとBoschは、クラウドのGPUのパワーも使用している。

 NVIDIA HGX-1は、新しいAIスーパーコンピュータ標準であり、データセンターでの、深層学習、および、すべての主な業界で、使用するために設計されています。

3)AIカーの革新

・現在の、多くの車は、高度運転補助システム(ADAS)として知られる、基本的な安全機能を持っている。

 高度運転補助システム(ADAS)は、しばしば、スマート・カメラをベースにしており、障害物の基本的な検出や、車線標識の識別といった機能を提供する。

 高度運転補助システム(ADAS)の機能は、自動車メーカが、車の評価プログラムの安全性を向上させるのを支援できる。

 高度運転補助システム(ADAS)は、車をより安全にする、足がかりになるが、自動運転車を実現するには、遠い道のりがある。

 自動運転車に必要な、カメラや他のセンサーで収集する、データの処理量は、桁違いに多い。

・将来の、NVIDIA AIコックピット技術は、車内のAIアシスタントとしての役割を果たすだけでなく、車外の潜在的な危険性を警告する。

 NVIDIA AIコックピットは、運転手と車の周囲を、360度完全に監視することにより、車の乗員を安全な状態に保つ。

 NVIDIA AIコックピットは、深層学習によって、運転手の顔を認識し、車の特定の機能を、自動的に設定することができる。

 NVIDIA AIコックピットは、運転手が見ている場所を見て、運転者の心の状態を理解するために、運転手の顔の表情を検出することもできる。

 これらの情報を、車の周囲で発生しているものと組み合わせることにより、NVIDIA AIコックピットは、目に見えない潜在的な危険を、運転者に警告することができる。

 さらに、NVIDIA AIコックピットは、音声コマンドだけでなく、読唇能力も持っているので、運転手の指示を理解することができる。

 「NVIDIA AIカーのデモ」紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2