IT関連のブログの紹介

2021年1月 7日 (木)

企業が、チャットボットを必要とする理由(1)'21.01.07

【企業が、チャットボットを必要とする理由(1)】'21.01.07

Chat10


 By freshdesk

 さまざまな規模の企業が、チャットボットを必要とする理由を紹介する。

Fn203a


 2021年に、米国の企業の80%近くが、顧客サポートやマーケティングなどに、さまざまな形態で、チャットボットを使用することが、予想されている。

 現在、チャットボットは、さまざまな企業の成長に、重要になってきた。

 AI技術を組み込んだ、チャットボットに対するニーズは、今後、増加していくだろう。

 ビジネスに、チャットボットを採用するかどうかを検討しているなら、現在、チャットボットを採用している企業が、どのようなことに、どのように、チャットボットを採用しているか、調べてみよう。

1.企業や店舗は、常に、顧客に対応したいと思うだろう。

 特に、中小企業や店舗が、年中無休で、顧客に対応するのは、難しいだろう。

 企業や店舗を、年中無休で、顧客に対応することで、顧客の満足度を向上させることができるようになる。

 TechradarやTechigemのような、技術ブログでは、企業や店舗が、チャットボットを必要としている理由を調査した結果が、紹介されている。

 TechradarやTechigemの調査によると、顧客は、企業や店舗の窓口の担当者のスマートフォンやPCなどに、メールを送信したり、音声メールを残したりできるが、企業や店舗は、翌日の朝に、会社や店舗が、営業を開始するまで、顧客からの問合せや要求に、回答することができないという。

 顧客の問合せや要求に、できるだけ早く、回答できるようになることが、チャットボット導入の利点である。

 さまざまな形態で、チャットボットが、人間の担当者の代わりに、年中無休で、顧客の問合せや要求に、回答できるようなる。

 事実、現在のチャットボットは、顧客の質問や要求に、回答し、できる限り対応し、必要に応じて、人間のスタッフにエスカレーションできるようになっている。

 例えば、顧客は、チャットボットと会話することで、レストランを予約したり、メニューに関して質問したり、ビジネスに関する詳細を得たりできるようになる。

 例えば、Pizza Hutは、顧客が、パーソナライズした特別なピザを注文できるようにする、チャットボットを作成した。

Chat1


 チャットボットは、記憶することが得意なので、企業や店舗が、よく質問されるような情報を追加していくことで、より適切に、顧客の質問に回答し、対応できるようになり、必要に応じて、適切な人間のスタッフに、エスカレーションできるようになる。

2.企業や店舗は、質問や要求に応えることで、顧客の信頼を築くことができるようになるだろう。

 顧客は、企業や店舗に、質問や要求をしたい時に、即座に、回答を得たいと思うだろう。

 しかし、チャットボットが、人間の顧客サポート担当者の代わりに、顧客からの、あらゆる質問や要求へ、即座に、回答し、対応することは、極めて難しいが、チャットボットは、年中無休で、顧客からの問合せや要求に、即座に、何らかの回答をし、対応するを持っている。

 また、チャットボットは、顧客から、頻繁に尋ねられる、質問や要求などを記憶することで、より適切に回答し、対応できるようになる、学習能力を持っている。

 チャットボットが、学習することで、顧客に、より適切な回答や対応を行うことが、できるようになれば、企業や店舗は、既存の顧客や、見込み顧客との信頼を築くことができるようになる。

3.企業や店舗は、事業を拡大させたいと思っている。

 チャットボットは、企業や店舗が、以前より多くの、顧客の問合せを処理できるようにする、自動化ソリューションである。

 例えば、すべて人間のスタッフが、顧客サポートを行っている場合よりも、前処理の段階に、補助として、チャットボットのスタッフを導入することで、企業や店舗は、より多くの顧客に、対応できるようになる。

 チャットボットは、インドで、最も人気のある、クリケットの試合のサイトの観客の動員数を、30倍、増やすのに役に立っていた。

 インドで、最も人気のある、クリケットの試合の中継サイト、「Dream11」は、観客の動員数が、6年間で、4万人から、4000万人に増加し、その結果、観客からの問合せの数が、急増した。

 このため、Dream11は、チャットボットを導入して、増え続ける問合せに、より適切で、迅速に回答できるようにした。

    (続く)

デル株式会社

2020年12月26日 (土)

FacebookのPortalは、ビデオ通話などを行うための、よりスマートな方法を提供する。(2)'20.12.26

【FacebookのPortalは、ビデオ通話などを行うための、よりスマートな方法を提供する。(2)】'20.12.26

 Facebookの、スマート・ディスプレイ、Portalは、ビデオ通話などを行うための、よりスマートな方法を提供する。

 By Facebook

 ユーザは、Amazonの「Alexa」デジタル・アシスタントが組み込まれた、Facebookのスマート・ディスプレイ、「Portal」を使用して、音楽を聴いたり、玄関のドアをチェックしたり、自分の気に入った写真を表示したり、拡張現実(AR)効果を利用して、物語を、子供に読んで聞かせたり、できるようになる。

   (続き)

 拡張現実(AR)を使用して、他のユーザと、一緒に体験する。

 Facebook Portalスマート・ディスプレイを使用して、「Story Time」で、ユーザは、幼児に、音楽、アニメ、および、拡張現実(AR)効果を使用して、子供が気に入っている、物語を、より効果的に、読んで聞かせることができるようになる。

 また、ユーザは、Facebook Portalを使用して、拡張現実(AR)マスクや、ゲームを活用して、ビデオ通話を、より面白く体験できるようになる。

5.物語を、単に読むだけではなく、物語の登場人物になろう。

Fbp1a_20201226211301


 ユーザは、「Story Time」で、音楽、アニメ、AR効果を持たせて、例えば、Oge Moraさんの、心温まる物語を、子供に、読んで聞かせることができる。


Fbp1x


 このOge Moraさんの、多くの物語の1つを、Facebookの「ストーリー・ライブラリ」で見つけよう。

 「FacebookのPortalの、Story Timeの事例の紹介」ビデオ

6.拡張現実(AR)経験を体験しよう。

 常に、増加する、Facebook Portalスマート・ディスプレイの、AR体験ライブラリを探索しよう。

 面白いARマスクと、さまざまな効果で、相手の人と、ビデオ通話を楽しくしよう。

Fbp1g


7.フォト・ブースで、AR効果を持たせた、写真を送ろう。

 フォト・ブースを使用して、面白い、テーマのカードを作成して、送ろう。

 写真やビデオを撮影して、Messengerで、共有しよう。

8.Portal TVのNetflix

 Portal TVで、好みのショーや映画を、大きなスクリーンで、容易に視聴することができる。

 ただし、ユーザは、Netfliのビデオ・ストリーミング・サービスのアカウントを取得し、メンバーになる必要がある。

9.家庭で、働くことができるようになる。

 ユーザは、好みの仕事用のアプリで、Portalで、活用することができるようになる。

10.家族や友だちと、「Facebook Watch」を一緒に、視聴しよう。

 「Facebook Watch」は、プレミアム・コンテンツで、ビデオ共有機能の、側面を結合する、Facebookのビデオ・オン・デマンド・サービスである。

11.Facebook Watchを、一緒に、視聴しよう。

 家族や友だちと、「Facebook Watch」ビデオ・オン・デマンド・サービスを、同じ部屋で、一緒に楽しもう。

 Facebook Portalスマート・ディスプレイには、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントが、組み込まれているので、音声コマンドで、操作することもできる。

 例えば、「ヘイ、Portal」と呼んで、ハンズフリーで、ビデオ通話を開始することができる。

 また、「ヘイ、Portal、おはよう」というだけで、ハンズフリーで、朝のニュースを確認できるようになる。

12.Messenger Roomsで、ビデオ通話を開始しよう。

 「Messenger Room」は、家族や友だちと、最大、50人で、ビデオ・チャットする、新しい方法である。

 ユーザは、Portalを使用して、「Messenger Room」に参加して、最大50人の人たちと、ビデオ・チャットすることができるようになる。

 「Messenger Roomの紹介」ビデオ

13.Portalで、ノートを取ろう。

 ユーザは、Noteを使用して、家族全体で、備忘録やビデオ・メッセージを、最新に、維持できるようになる。

14.仮想リモコン

 Portal TVを、Portalのモバイル・アプリを使用して、仮想リモコンを使用して、操作することができる。

15.写真を転送し、共有する。

 ユーザのPortalに、写真を転送するために、Portalモバイル・アプリを使用する。

 ユーザは、ビデオ通話中に、写真を共有することができるようになる。

16.Instagramフォト

 ユーザは、Portalモバイル・アプリを使用して、Instagramフォトを、直接、Portalに、転送することができる。

17.更新された、Portalモバイル・アプリ

 更新された、Portalモバイル・アプリには、写真の共有、写真の転送、および、仮想リモコン機能がある。

18.サウンド

 Portal、Portal Mini、および、Portal+は、ハイファイ・サウンドを提供するための、前面、ステレオ・スピーカ、および、背面のウーファーを持っている。

デル株式会社

2020年12月23日 (水)

「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(5) '20.12.23

【「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(5)】'20.12.23

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析した。

 By StartUs-Insights

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析し、5社の有望なスタートアップを紹介した。

 これら、Agroapps、Ekylibre、iDrone Services、Farmlyplace、Ninjacartは、注目すべき、5つの「農業技術(AgriTech)」ソリューションを開発している。

 「Global Startup Heat Map!」作成し、提供している、Innovation Analystsは、最近、「農業界技術(AgriTech)」ソリューションの提供に取り組んでいる、新進気鋭のスタートアップを調査した。

 この調査では、195件の「農業技術(AgriTech)」に関連する、ソリューションを特定した結果を分析し、今回は、5社の有望な、「サービスとしての農業(FaaS)」のスタートアップを紹介する。

   (続き)

6)Ninjacart:新鮮な食品のサプライ・チェーン・ソリューション

Faas2h3


 従来、世界中の多くの人たちが、近所の、小さなスーパーや小売店で、生鮮食品(野菜や魚や肉など)を、毎日のように買っていた。

 現在は、大手のスーパーや、デパートのような、大型店舗が、増えてきたにも関わらず、多くの消費者は、近所の小さなスーパーや小売店で、生鮮食品などを、購入することを好んでいる。

 しかし、地元の小さなスーパや小売店は、高品質の農産物を入手することは難しいので、近所で、買い物をしたい、従来の消費者は、品質のよい、生鮮食品を、手にいれることが難しくなった。

 このため、地元の農家が、その地域の小さなスーパーや小売店に、新鮮な、農産物や海産物などを、販売することを支援するための、Webベースや、スマートフォン・ベースのソリューションを開発している、Ninjacartといった、スタートアップが出現した。

 インドの農業サプライ・チェーンのスタートアップ、Ninjacartは、農家や酪農家といった、食品の生産者が、地元の、小さなスーパーや小売店、レストラン、および、地元の消費者などに、直接、生鮮食品を、販売し、配達することで、生産者、小売店、消費者をつなげる。

 現在、Ninjacartは、農家や酪農家などから、毎日、特に、地元のスーパーや小売店に、農産物や畜産物を、何1000トンも、流通させる能力を持っている。

Faas2h4


 Ninjacartは、分析を使用して、サプライ・チェーンの仲介業者を排除し、農家や酪農家などが、より新鮮な食品を、より良い価格で、販売できるようにするのを支援することで、地元の生産者と小売店と消費者を、直接、つなげる。

 同時に、農家や酪農家などの生産者は、生鮮食品を、競争力のある価格で、地元の小売店や、小さなスーパーに、販売し、直接、配達できるようになる。

 これにより、地域の消費者は、近所の小売店や、小さなスーパーで、質の良い、地元の農家や酪農家が、生産する、生鮮食品を、適正価格で、購入できるようになる。

「Ninjacartが、地方のビジネスをサポートする。」紹介ビデオ

デル株式会社

「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(4)'20.12.23

【「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(4)】'20.12.23

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析した。

 By StartUs-Insights

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析し、5社の有望なスタートアップを紹介した。

 これら、Agroapps、Ekylibre、iDrone Services、Farmlyplace、Ninjacartは、注目すべき、5つの「農業技術(AgriTech)」ソリューションを開発している。

 「Global Startup Heat Map!」作成し、提供している、Innovation Analystsは、最近、「農業界技術(AgriTech)」ソリューションの提供に取り組んでいる、新進気鋭のスタートアップを調査した。

 この調査では、195件の「農業技術(AgriTech)」に関連する、ソリューションを特定した結果を分析し、今回は、5社の有望な、「サービスとしての農業(FaaS)」のスタートアップを紹介する。

   (続き)

5)Farmlyplace:都市型のコンテナ農業

Faas2h


 世界中の都市が、拡大し続けるにつれて、都市部での、新鮮な農産物の需要は、さらに増加している。

 世界の大都市では、土地の価格が、上昇しているが、地元のスーパーや小売店に、新鮮な農産物が、届くよう、都市型の農業も、必要だろう。

 大都市には、新鮮な農産物の需要があるので、「都市型農家」には、地元のスーパーなどへ、すぐに、新鮮な農産物を供給できると共に、農産物の輸送コストを下げることができるという、利点がある。

 ただし、都市部の土地の値段は、高いので、「都市型農家」には、建物の中で、作物を栽培している、農家もあり、できる限り、効率的に、農作物を生産する必要がある。

 ドイツのスタートアップ、「Farmlyplace」は、モジュール化された、農場システムの運用と共に、概念設計、計画、建設、マーケティング、および、営業販売、において、企業間取引(B2B)パートナーを指導している。

 このスタートアップ、「Farmlyplace」自体も、自社の技術を使用した、ロジスティクス用のコンテナを利用して、新鮮な農産物を生産し、地元で、流通&販売している。

 「Farmlyplaceの都市型農業の紹介」ビデオ

 Farmlyplaceは、自社の技術を使用して、建物やコンテナの中で、土壌ではなく、水耕栽培で、1年を通して、野菜を栽培している。

Faas2h2


 さらに、Farmlyplaceは、生産した農作物を、地元のスーパーなどに出荷するので、長距離輸送する必要がなく、流通における、二酸化炭素の排出量を削減することにも、貢献している。

 Farmlyplaceのロジスティクス用コンテナは、学校、流通倉庫、大手スーパーなどにも、簡単に設置することができる。

   (続く)

デル株式会社

2020年12月22日 (火)

「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(3)'20.12.22

【「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(3)】'20.12.22

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析した。

 By StartUs-Insights

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析し、5社の有望なスタートアップを紹介した。

 これら、Agroapps、Ekylibre、iDrone Services、Farmlyplace、Ninjacartは、注目すべき、5つの「農業技術(AgriTech)」ソリューションを開発している。


Faas2a_20201222104601


 「Global Startup Heat Map!」作成し、提供している、Innovation Analystsは、最近、「農業界技術(AgriTech)」ソリューションの提供に取り組んでいる、新進気鋭のスタートアップを調査した。

 この調査では、195件の「農業技術(AgriTech)」に関連する、ソリューションを特定した結果を分析し、今回は、5社の有望な、「サービスとしての農業(FaaS)」のスタートアップを紹介する。

   (続き)

3)Ekylibre:「農場管理ソフトウェア」
Faas2g


 「農業技術(AgriTech)」ソリューションが、着実に増加しているのは、人工知能(AI)と機械学習(ML)アルゴリズムを組み合わせた、「モノのインターネット(IoT)」の進歩の結果である。

 「家畜の状態監視」や「作物のトレーサビリティ」や「農作業のトレーサビリティ」などのための、「無線周波数識別(RFID)」タグは、農家が、「見える化」を推進し、生産性や利益を向上させるのに役立つ、いくつかの、新しいIoTベースのソリューションである。

 フランスの「農業技術(AgriTech)」のスタートアップ、「Ekylibre」は、いくつかの農業ソリューションを組み合わせて、農家が、農場の管理を改善できるよう、支援している。

 スタートアップの名を冠した、「Ekylibre」プラットフォームは、作物や家畜の生産性を最大化するための運営情報を、農家に提供する。

 「Ekylibreの農業技術ソリューションの紹介」ビデオ

 Ekylibreは、在庫管理、会計、販売、購入のほか、農場のマッピングや、地図作成サービスも提供している。

4)iDrone Services:「Aerial Farm Mapping(空中農場マッピング)」

Faas2g3


 ドローンを使用した、航空測量とマッピングにより、農家は、自分たちの農地を、よりよく理解し、農地の利用率を向上できるようになる。

 「空中マッピング」には、肥沃度の低い土地を特定したり、効率的に、種子を蒔いたり、肥料や農薬を散布したりして、生産量を最大化したり、散布する、肥料や農薬の量を、最小にしたりするといった、いくつかの利点がある。

 ドローンはまた、作物の遠隔検査を可能にし、害虫や雑草を、早期段階に検出して、排除できるようにする。

 東アフリカの「Zambia」を拠点とする、ドローンのスタートアップ、「iDrone Services」は、農場が、作物のマッピングと、航空測量を実施できるようにし、ドローンを操作できるようにするためのトレーニングも提供する。

 「Zambia」を拠点とする、このスタートアップは、「マルチスペクトル・センサー」を利用して、2次元(2D)、および、3次元(3D)の「作物マッピング」サービスと、正確な施肥のための、「正規化植生指数(NDVI)」を提供する。

 このスタートアップ、「iDrone Services」は、ドローンに搭載された、4Kカメラを使用して、農家向けの、「フィールド・マッピング」や「資産検査サービス」を実施している。

 これにより、ドローンのスタートアップ、「iDrone Services」は、畑の害虫や雑草を、早期段階に検出したり、農地に水や肥料や農薬を散布する、適切な場所や量を決めるためのデータを収集したり、できるようにする。

 「iDrone Servicesの空中農場マッピングの紹介」ビデオ

     (続く)

デル株式会社

「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(2)'20.12.22

【「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(2)】'20.12.22

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析した。

 By StartUs-Insights

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析し、5社の有望なスタートアップを紹介した。

Faas2a_20201222104601


 これら、Agroapps、Ekylibre、iDrone Services、Farmlyplace、Ninjacartは、注目すべき、5つの「農業技術(AgriTech)」ソリューションを開発している。

 「Global Startup Heat Map!」作成し、提供している、Innovation Analystsは、最近、「農業界技術(AgriTech)」ソリューションの提供に取り組んでいる、新進気鋭のスタートアップを調査した。

 世界中で、137万9000社以上のスタートアップをカバーする、「StartUs Insights Discovery Platform」を使用して、筆者らは、「農業技術(AgriTech)」分野における革新を検討した。

 この調査では、195件の「農業技術(AgriTech)」に関連する、ソリューションを特定した結果を分析し、今回は、5社の有望な、「サービスとしての農業(FaaS)」のスタートアップを紹介する。

1)Agroapps:「農業情報通信技術(Agricultural ICT)」

Faas2b_20201222104901


 農業は、無線技術や、カスタマイズされた農場ソリューションの進歩により、急速な変化を遂げている。

 人工衛星からの電波で、地球上の現在位置を測定するためのシステムである、「全地球測位システム(GPS)」や、「スマート・センサー」といった技術を含む、情報通信技術(ICT)は、スマート農業を実装する、機会を提供する。

 ギリシャのスタートアップ、「Agroapps」は、農業に、ICTを活用して、さまざまな「サービスとしての農業(FaaS)」ソリューションに取り組んでいる。

 ギリシャのスタートアップ、「Agroapps」は、農家が、農作業を改善し、管理するのに役立つ、サービスのスイートを提供している。

 Agroappsは、農家が、最も理想的な、農業サイクルをスケジュールするのに役立つ、アドバイザリー・サービスを提供する。

 Agroappsは、また、季節的な気候予報や、正確な天気予報といった、サービスを提供している。

 Agroappsは、さらに、「mylocalfarm」や「Turn2bio」といった、サプライ・チェーン・ツールを提供して、農家同士が、互いにつながり、自分たちの農産物を、オンラインで販売できるようにする。

  「myAgoroAppの紹介」ビデオ

      (続く)

デル株式会社

2020年12月21日 (月)

「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(1)'20.12.21

【「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(1)】'20.12.21

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析した。

 By StartUs-Insights

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析し、5社の有望なスタートアップを紹介した。

 これら、Agroapps、Ekylibre、iDrone Services、Farmlyplace、Ninjacartは、注目すべき、5つの「農業技術(AgriTech)」ソリューションを開発している。

 「Global Startup Heat Map!」作成し、提供している、Innovation Analystsは、最近、「農業界技術(AgriTech)」ソリューションの提供に取り組んでいる、新進気鋭のスタートアップを調査した。

 さまざまな「農業技術(AgriTech)」ソリューションに取り組んでいる、スタートアップが多数いるため、我々は、読者と、洞察を共有することにした。

 今回は、5社の有望な、「サービスとしての農業(FaaS)」のスタートアップを紹介する。

図1)ヒートマップ:「サービスとしての農業(FaaS)」関連のスタートアップのトップ5

Faas2a_20201221163701


 世界中で、137万9000社以上のスタートアップをカバーする、「StartUs Insights Discovery Platform」を使用して、筆者らは、「農業技術(AgriTech)」分野における革新を検討した。

 この調査では、195件の「農業技術(AgriTech)」に関連する、ソリューションを特定した結果を分析し、以下に示す、5社を選択した。

 これらのスタートアップは、場所、設立年、技術の関連性などの要素を考慮して、データ主導のスタートアップ・スカウト・アプローチに基づいて選択された。

 以下の「世界のスタートアップのヒート・マップ(Global Startup Heat Map)」は、革新的な「サービスとしての農業(FaaS)」ソリューションを開発している、5社のスタートアップを強調している。

 「ヒートマップ」は、高いスタートアップの活動を観察する地域を明らかにし、この特定のトピックについて分析した、195社すべての地理的分布を示している。

    (続く)

デル株式会社

2020年11月28日 (土)

Microsoftは、「Microsoft Teams」を、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用の、ネーティブなWindowsアプリに移植した。'20.11.28

【Microsoftは、「Microsoft Teams」を、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用の、ネーティブなWindowsアプリに移植した。】'20.11.28

 Microsoftは、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのマシン用の、コラボレーション&コミュニケーション・プラットフォーム、「Microsoft Teams」を、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのマシン用の、ネーティブなWindowsアプリに移植した。2020年10月16日

Dt1_20201128113301


 By tomtalks

 MicrosoftのシニアPMである、Bill Weidenborner氏により、導かれたチームが、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのマシン用の、コラボレーション&コミュニケーション・プラットフォーム、「Microsoft Teams」を、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用の、ネーティブなWindowsアプリに移植した。

Dt1b_20201128113401


 Microsoftは、この、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用の、ネーティブなWindowsアプリとして、移植された、「Microsoft Teams」を、「Microsoftリリースした。

Microsoftは、2019年に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、マシン用のオペレーティング・システムである、「Windows 10 on ARM」をリリースしている。

 RISCタイプの、ARMアーキテクチャのプロセッサは、低消費電力で、軽くて、コンパクトな、マシンを構築可能にし、さらに、移動通信サービスのサポート機能を、組み込んでいるので、Microsoftは、「Surface Pro X」のような、モバイル・ユーザ向けの、Windowsベースの、ラップトップのような市場を狙っている。

 「Windows 10 on ARM」を搭載した、PCは、現在、「Microsoftストア」で提供されている、「32ビットx86」、「32ビットARM」、および、「64ビットARM」ベースの、Windowsアプリを実行することができる。

 「Windows 10 on ARM」上で、「32ビットARM」と「64ビットARM」ベースのネーティブなWindowsアプリを、エミュレータなしで実行できるが、現在、「32ビットx86」ベースのWindowsアプリだけ、エミュレータで実行でき、「64ビットのx86」ベースのWindowsアプリは、現在、性能や互換性の問題があり、エミュレータで実行させることができない。

 Microsoftは、2021年に、提供する予定で、「64ビットのx86」ベースのWindowsアプリを、エミュレータで実行させることができるよう、ARMアーキテクチャのプロセッサを供給している、Qualcommと連携し、継続して、エミュレータを改善しているようだ。

 また、ARMを買収した、Nvidiaとの、Microsoftの関係も、注目されている。

 当初、Microsoftは、「Windows 10 on ARM」向けに、「32ビットのx86」ベースの「Microsoft Teams」を提供し、エミュレータで、実行させて、ユーザに利用して貰っていたが、今回、Microsoftは、「64ビットのARM」ベースの「Microsoft Teams」を提供し、ネーティブなWindowsアプリとして、エミュレータなしで、実行させて、利用できるようにした。

 ネーティブなWindowsアプリとして、「64ビットのARM」ベースの「Microsoft Teams」を、「Windows 10 on ARM」上で、実行させて、利用できるようにすることで、Microsoftは、性能と信頼性を向上させ、かつ、低消費電力のため、バッテリーの寿命を大幅に向上させることができた。

 「64ビットのARM」ベースの「Microsoft Teams」は、「MicrosoftのWebサイト」で、提供されている。

デル株式会社

2020年11月25日 (水)

ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場する。(5)'20.11.25

【ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場する。(5)】'20.11.25

 Microsoftのブログによると、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。2020年10月1日

Arm0_20201125094901

 By Joel Hruska、extremetech

 この数年間に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC(主に、ラップトップ)を購入できるようになったが、低消費電力で、軽くて、コンパクトでも、Windowsアプリの互換性や性能に、課題があり、特に、普及することはなかた。

 64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPC上で、次のことが可能になる。

・32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「32ビットのx86エミュレータ」上で実行する。

・64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「64ビットのx86エミュレータ]上で実行する。

・32ビットのARMアーキテクチャ用のWindowsアプリを、ネーティブで実行する。

・64ビットのARMアーキテクチャのWindows用アプリを、ネーティブで実行する。

 ただし、2012年に提供された、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、「Windows RT」ベースのラップトップPC上では、32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、あまり問題なく、エミュレータ上で実行できたが、64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、サポートされておらず、実行させることは、できなかった。

   (続き)

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載したPC用の、Windowsの次版での、Microsoftの最大の目標の1つは、可能な限り、多くの低レベルの障害や「落とし穴」を排除することである。

 Microsoftは、クリントン政権の後に書かれた、OpenGLの版に、ゲーム・サポートを拡張する方法を見つける必要があるだろう。

 Microsoftは、ソフトウェアを改善するだけでなく、システムのハードウェア(例えば、CPU、GPU、メモリ、ストレージ、ネットワーク)の性能も、改善する必要があるだろう。

 しかし、「64ビットのx86エミュレータ」の性能を向上させることは、極めて困難だろう。

 このため、より多くの、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサ用の、ネイティブ・アプリと、ドライバー、および、APIサポートが利用可能になるにつれて、このプレッシャーは軽減されるだろう。

 例えば、筆者らの「Surface Pro X」のレビューにおいて、x86をエミュレートすると、動きが途切れたり、不規則に動作したりすることが、よくあった。

 Microsoftによると、これらの問題を解決するには、より高速な、ARMアーキテクチャのプロセッサ(SoC)が、役に立つという。

 Microsoftは、「Surface Pro X」向けに、Qualcommと共同で、「Microsoft SQ1」と呼ばれる、ARMアーキテクチャのSnapdragon 8cxベースの、Microsoftブランドの、カスタムSoCを開発した。

Dt0b_20201126091901


 Microsoftは、ソフトウェアの全体的な可用性の観点から、ARMを完全なパートナーにすることに、積極的に取り組み始め、特に、モバイル・ユーザ向けに、いつでも、どこでも、利用できる、携帯性に優れた、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップを提供している。

 DirectXのサポート、および、将来のゲームのリリースで、ソフトウェアとハードウェアの両方をアップグレードすることで、x86アーキテクチャとARMアーキテクチャが、直接競合するようになるかも知れない。

 これは、「Nvidia」が、「Microsoft」と提携して、ARMの知的所有権(IP)を使用して、IntelやAMDに挑戦することを目的とした、ARMアーキテクチャのプロセッサを構築するなら、可能性があるだろう。

 「Microsoft」が、「ARM」を、どのように扱うかによって、x86とARMの競争の展開が、変わると思う。

 また、新しい知的所有権(IP)を最大限に活用する方法に関する、ARMを買収した、Nvidiaの決定も、x86とARMの競争の展開に影響するだろう。

 このため、RISC(縮小命令セットコンピュータ)の原則に基づいた、オープンな標準のISA(命令セットアーキテクチャ)である、「RISC-V」の知的所有権(IP)は、使用料がかからないので、「RISC-V」アーキテクチャの採用は、勢いを増す、可能性もある。

 また、「Windows on ARM」システムに関して、Microsoftは、Acer、HP、Lenovo、Samsung、および、自社のSurface部門と協力して、「Windows 10 on ARM」を、顧客に提供していく意向を表明した。

デル株式会社

ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場する。(4)'20.11.25

【ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場する。(4)】'20.11.25

 Microsoftのブログによると、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。2020年10月1日

Arm0_20201125094901

 By Joel Hruska、extremetech

 この数年間に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC(主に、ラップトップ)を購入できるようになったが、低消費電力で、軽くて、コンパクトでも、Windowsアプリの互換性や性能に、課題があり、特に、普及することはなかた。

 64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPC上で、次のことが可能になる。

・32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「32ビットのx86エミュレータ」上で実行する。

・64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「64ビットのx86エミュレータ」上で実行する。

・32ビットのARMアーキテクチャ用のWindowsアプリを、ネーティブで実行する。

・64ビットのARMアーキテクチャのWindows用アプリを、ネーティブで実行する。

 ただし、2012年に提供された、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、「Windows RT」ベースのラップトップPC上では、32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、あまり問題なく、エミュレータ上で実行できたが、64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、サポートされておらず、実行させることは、できなかった。

   (続き)

 Microsoftには、現在の、「64ビットのx86エミュレータ」の制限に関する、完全なリストが、あるようだ。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、「64ビットのx86エミュレータ」を実用化するために、Microsoftは、4つの特定のものを提供する必要があるだろう。

 「64ビットのx86エミュレータ」の、互換性の問題が、解消されれば、性能の問題が、若干あっても、特定のモバイル・ユーザに、受け入れられるだろう。

 特定のモバイル・ユーザを、安心させるには、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC(特に、ラップトップ)を、より魅力的にするために、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、Windowsアプリを、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、Windowsアプリ(ARMのネイティブ・アプリ)に、再コンパイルして移植し、動作確認してくれるよう、3rdパーティのアプリ・ベンダに依頼し、ネーティブ・アプリの数を増やし、エコシステムを拡大させる必要がある。

 そうすれば、特定のモバイル・ユーザが、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップで、自分が使用する、Windowsアプリが、ネーティブ・アプリとして、「Microsoftストア」で提供されており、性能に満足すれば、薄くて、軽く、コンパクトで、移動通信機能を持つ、低消費電力の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップを利用するようになるだろう。

 ただし、「x86のネイティブ・アプリ」の総数に関して、x86アーキテクチャは、ARMアーキテクチャよりも、40年ものリードを持っており、「ARMのネーティブ・アプリ」を増やすには、アプリのベンダに投資する必要があるだろう。

 また、周辺機器やアクセサリのメーカは、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用に、ドライバーやAPIを提供する必要があるだろう。

   (続く)

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2