IT関連の記事

2017年11月21日 (火)

Google Daydreamのリリース日、ニュース、機能などの紹介(1) '17.11.21

【Google Daydreamのリリース日、ニュース、機能などの紹介(1)】 '17.11.21

 Moto Z2 ForcwとSamsung Galaxy S8を含む、Daydream View対応のスマートフォンのリストは、最近、増えている。2017年11月15日

 By Cameron Faulkner、techradar

 Daydream Viewは、VRをモバイル・デバイスにもたらす、Google Cardboardとは、まったく異なる、Googleの最新の試みである。

Day1a
 低コストで、手軽に、VR経験を体験したい、ユーザ向けの、Cardboardビューアとは異なり、Daydreamヘッドセットは、Android Nougatユーザに、高品質な、VR経験を提供する、より強固なビジョンである。

 Googleは、スタンドアローンの、Daydreamヘッドセットを開発するために、Qualcommや、Lenovoと、パートナーを組んでいる。

 Daydreamヘッドセットは、HTC ViveやOculus Riftよりも、手頃な価格で、エキサイティングで、吸収力のあるVR体験をもたらすだろう。

1.Daydream Viewヘッドセット

Day1b
 Googleには、Daydream対応のスマートフォンを装着して使用できる、Daydream Viewと呼ばれる、独自のヘッドセットがある。

 Daydream Viewヘッドセットは、前面に、Daydream対応のスマートフォンを装着して使用する。

 また、Daydream Viewヘッドセットには、コントローラも付いている。

 2016年に、Googleは、Daydream Viewヘッドセットを作成するために、他のデバイス・メーカを招待した。

 2017年に、Googleは、Google IO 2017において、スタンドアローンのDaydreamヘッドセットを、HTCやLenovoと、パートナーを組んで、開発する意向を示したが、特に、進展はない。

 HTCは、今の所、スタンドアロンのDaydreamヘッドセットをリリースする予定はないようだ。

 主な、Daydream対応アプリには、次のものがある。

・Netflix、HBO、および、Huluは、Daydream対応のアプリを提供している。

・York Timesは、VRビデオ用の、Daydream対応アプリを提供している。

・Googleは、Daydreamプラットフォームと互換性のある、Playムービー、フォト、マップ、YouTubeといった、独自のアプリを提供している。

Day1c
 Google IO 2017において、Googleは、ハードウェア・ベンダのパートナーと提携して、スタンドアローンのDaydream対応ヘッドセットを提供する、意向を表明していた。

 スタンドアローンのDaydream対応ヘッドセットには、Daydream経験を体験するために必要な、あらゆる部品が、組み込まれており、スマートフォンやPCやゲーム機などを、必要としていない。

 Googleは、Daydream対応ヘッドセットの、参照設計を開発するために、Qualcommと、パートナーを組んでいた。

 Googleによると、HTCとLenovoが、このDaydream対応ヘッドセットの、参照設計に基づいて、スタンドアローンのDaydreamヘッドセットを開発していることに、興味を示していた。

 HTCとLenovoのヘッドセットは、Googleの新しい、WorldSenseトラッキング技術を使用して、実現される。

 「WorldSenseの紹介」ビデオ

 WorldSenseトラッキング技術は、動きを追跡し、存在を認識できるようにする、センサーである。

 Daydream Viewヘッドセットは、「VR用に最適化された、スマートフォン」、60フレーム/秒の再生を維持するための、「高品質のシステムオンチップ(SoC)」、ゴーストやラグをなくすための、「低パーシステンス・ディスプレイ」、および、最小限の遅延で動作し、存在感を高める、「トップ・ノッチ・センサー」で構成されている。

 Daydream Viewヘッドセットの性能は、このVRヘッドセットに装着する、スマートフォンの性能に依存している。

Day1d
 Daydream Viewヘッドセットに装着して使用できる、Googleの新しいPixelとPiel XLスマートフォンは、Qualcomm Snapdragon 821プロセッサ、4GBのRAM、FHD(1080p)スクリーン(Pixel)と、QHD(2K)スクリーン(Piexl XL)を搭載している。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月18日 (土)

Amazonは、中国の厳しい規制に対応し、中国のクラウド・コンピューティング基盤のハードウェア資産を売却する。 '17.11.18

【Amazonは、中国の厳しい規制に対応し、中国のクラウド・コンピューティング基盤のハードウェア資産を売却する。】 '17.11.18

 Amazon.comは、中国の厳しい規制に対応し、中国のパブリック・クラウド・コンピューティング基盤のハードウェア資産を、Sinnetに売却する。2017年11月15日

 By disruptive

 中国における、オンライン・データに関する、規制が厳しくなり、中国に、クラウド・サービスを提供する、ITベンダのハードルが、さらに、高くなっている。

 Amazonの中国のパートナー、Beijing Sinnet Technologyは、中国のAmazon Web Services(AWS)のパブリック・クラウド・コンピューティング事業部のハードウェア資産を、20億元(3億120万ドル)で買収することを明らかにした。(1ドルは、6.6405元)

 中国の法律に従うために、AWSは、クラウド・コンピューティング基盤の資産を、Sinnetに売却する。

 中国人の規制者は、例えば、外国のデータやクラウド・サービスに対する、規制を強化し、新たな監視措置を実施し、国境を超えた、データ転送の、詳細な調査を強化している。

 AWSは、中国北西部のNingxia州政府と、パートナーを組み、別のクラウド・コンピューティング基盤のハードウェア・ベンチャーを持っている。

 Amazonによると、AWSのパブリック・クラウド・サービスは、独占的に、中国のパートナー、Sinnetによって、管理されるという。

 中国において、AWSのパブリック・クラウド・サービスが、Sinnetによって、独占的に管理されると、AWSは、同社のWebサイトで述べている。

 中国における、AmazonのAWSのクラウド・サービス事業は、中国の厳しいインターネット規制のために、厳しいルールに直面していた。

 2017年8月に、Sinnetは、ユーザが、中国の「ファイアウォール検閲」を回避できるようにする、VPNや、ネットワーク上の、他のサービスを、シャットダウンすると、述べていた。

 中国に、クラウド・サービスを提供している、Microsoft、Oracle、IBMといった、ITベンダは、データ・ストレージ・ユニットの、ローカライズにおける、厳しい、新たな規制上の課題に、直面している。

 Appleを含む、グローバルな、ITベンダは、2017年に、地元当局が監督する、中国のベンチャーに、データを転送している。

 Microsoftは、中国の21Vianet Groupと、パートナーを組んで、Azureクラウド・サービスを運営している。

 中国に、パブリック・クラウド・サービスを提供したければ、クラウド・サービス・プロバイダは、中国当局の規制への準拠を確保する必要があるが、中国に、クラウド・サービスを提供する、プロバイダは、増加しており、競争も激化している。

 中国の大手ITベンダのAlibabaのクラウド事業部は、2016年以来、海外の10カ所以上に、クラウド・サービス提供用の、データセンターを開設している。

 Synergy Research Groupによると、2017年に、中国に、クラウド・サービスを提供している、中国のITベンダの、クラウド・サービスに売上は、中国における、クラウド・サービスの売上の、約80%を占めているという。

 これは、AWSのように、AWSのパブリック・クラウド・コンピューティング基盤のハードウェアや、管理する権限を、Sinnetに売却することで、中国のITベンダの、クラウド・サービスの売上が増加していることも、要因になっている。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Teslaが、電気の自動運転リグトラックの試作車、Tesla Semiを発表する。 '17.11.18

【Teslaが、電気の自動運転リグトラックの試作車、Tesla Semiを発表する。】 '17.11.18

 Teslaが、自動運転できる、電気の大型リグトラックのプロトタイプ、Tesla Semiを発表する。 2017年11月16日

Reu1
 By Alexandria Sage、Reuters

 セダンの電気自動運転車の展開に苦労している、Teslaは、自動運転できる、電気の大型リグトラックのプロトタイプを発表し、新たな市場の展開に取り組んでいる。 2017年11月16日

 この自動運転できる、「Tesla Semi」と呼ばれる、大型リグトラックの試作車は、ソーラー発電用のパネルを、トラックの屋根に取り付け、大容量の充電バッテリーを搭載した、電気自動車である。

 また、Teslaは、3万5000ドルの、電気自動運転車、Mpdel 3セダンの生産を開始するようだ。

 アナリストによると、バッテリの容量、重量、および、コストは、トラックの能力を制限するという。

 Teslaが、電気自動運転車の開発を開始した時点よりも、電気自動運転車市場は、はるかに混雑している。

 Daimler、Navistar International、および、Volkswagenといった、自動車メーカが、CO2や排気ガスの汚染の規制に対応するために、このスタートアップのレースに参加している。

 Teslaは、現在、電気の自動運転トラック分野にも、取り組んでいる。

 また、何社かの、シリコンバレーの企業は、一定の速度で、200~300マイル(320~480 Km)の範囲を移動できる、長距離運送用の自動運転のトラックの開発に取り組んでいる。

 ちなみに、ディーゼル・トラックは、単一の燃料タンクで、1000マイル(1600 Km)ぐらい、走行することができる。

 Teslaは、これらのトラック用の工場を建設するために、大きな投資をする必要があるだろう。

 Teslaは、現在、Model 3の工場を建設するために、四半期ごとに、約10億ドルを費やしており、中国に自動車工場を建設することを検討している。

 全国を横断できるよう、電気の自動運転トラックの、バッテリーを充電し、維持することは、高価で複雑なものになるだろう。

 300~450マイルの範囲を移動できれば、Teslaの電気の自動運転トラックは、セミトラック市場全体の、約半分に対応することができるだろう。

 「Teslaの電気自動運転セミトラック、Tesla Semiの発表」の紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月17日 (金)

日経によると、東芝が、PC事業を、ASUSに売却する意向だという。 '17.11.17

【日経によると、東芝が、PC事業を、ASUSに売却する意向だという。】 '17.11.17

 日経によると、東芝は、PC事業を、台湾のASUSに売却する交渉を開始する意向だという。 2017年11月17日

Toshiba
 By Reuters

 東芝は、PC事業を、台湾のASUSに売却するための交渉を開始するようだ。

 中国のLenovo Groupも、東芝のPC事業に関心を示していた。

 このPC事業の売却の動きは、東芝の大規模な再編成計画の一部であり、現在、破産している、米国の原子力発電所、Westinghouseから発生した、数10億ドルの負債をカバーするための資金を調達するためのようだ。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月16日 (木)

Forresterの、2018年における、10のクラウド・コンピューティングの予測 '17.11.16

【Forresterの、2018年における、10のクラウド・コンピューティングの予測】 '17.11.16

 Forresterが、2018年における、10のクラウド・コンピューティングの予測を紹介した。 2017年11月7日
Forrester1a
 By Louis Columbus、forbes

1)Amazon Web Services(AWS)、Google、および、Microsoftは、2018年に、世界のクラウド・コンピューティング・プラットフォームの全売上の、76%を占め、2020年までに、3社のクラウド・コンピューティング・プラットフォームの売上の合計が、80%増加するだろう。

2)Microsoft Azure Stackは、2018年に、プライベートとハイブリッドのクラウド・コンピューティングの世界の支出を、大幅に増やすだろう。

3)2018年の世界のパブリック・クラウド市場の売上の合計は、2017年の、1460億ドルから、2018年には、1780億ドルに増えるだろう。

4)2018年以降、世界のパブリック・クラウド市場の売上の合計は、22%の年間平均増加率(CAGR)で成長するだろう。

5)2018年に、世界の企業の、50%以上は、デジタルな変革を促すために、少なくとも、1つのパブリック・クラウド・プラットフォームに頼るだろう。

6)2018年に、Kubernetesは、コンテナの編成の支配に対する、戦争に勝つだろう。

7)2018年に、企業は、バックボーン・ネットワークのキャリアのから、他のプロバイダ、および、AT&TとVerizonのような、通信プロバイダへ、自分たちのトラフィックの10%をシフトするだろう。

 Forresterの「Predictions 2018: Cloud Computing Accelerates Enterprise Transformation Everywhere」レポートからの、興味深い洞察もある。

 Forresterの予測は、クラウド・アプリや、開発プラットフォーム、企業に渡る、新たなビジネス・モデルを革新する役割の、増加する支配を反映している。

 Forresterによると、同社の顧客が、どれぐらいの時間をかけて、どのように、クラウドに移行するか、クラウドが、自分たちのビジネスに、適しているかどうか、最早疑問を持っていないという。

 Forresterの、2018年における、クラウド・プラットフォームの、他の予測を以下に示す。

8)最も速く成長する、セグメントである、パブリック・クラウド・プラットフォームの売上は、2018年に、440億ドルになるだろう。

9)AWS、Google、および、Microsoftの3社の、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」の売上の合計は、2018年に、世界のあらゆる、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」の売上全体の、76%を占め、2020年には、80%を占めるようになるだろう。

10)Microsoft、Oracle、および、Salesforceの3社の、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」の売上の合計は、2018年に、世界のあらゆる、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」の売上全体の、70%を占め、自動化と顧客サービス契約の売上を強いるだろう。

 「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」の殆どは、Amazon AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)、あるいは、Oracle Cloudのクラウド・プラットフォーム(PaaS)上で実行するようになるだろう。

 Salesforceは、AI、Lightningプラットフォームの先進的な開発、クラウド、および、急速に進化する、Einsteinソリューションを可能にするよう、同社のクラウド・プラットフォームの能力を強化している。

 Salesforceと同様に、Workdayは、機能の大きな深さを持つ、プラットフォームに投資している。

 SalesforceとWorkdayの両社は、主な要因の1つである、グローバルな展開をサポートするために、スケーリングの能力を持つ、さまざまなパブリック・クラウド・プラットフォームを必要としている。

 Forresterの、2018年における、クラウド・プラットフォームの使用や支出を促す要因の予測をリストする。

1)新たな世界のメガクラウドや、ロックインの計画を期待してはいけない。

2)SaaSベンダは、クラウド・プラットフォームへ、変化し、展開オプションを拡張する。

3)北米先駆者以外のクラウドの断片化は、よりソリューションに焦点を合わせる。

4)Kubernetesは、コンテナの編成で優位に立つための、戦争に勝つだろう。

5)クラウド・セキュリティは、クラウド・プラットフォームと統合される。

6)Azure Stackは、プライベートとハイブリッドのクラウドの売上が、急増するだろう。

7)プライベート・クラウドは、アプリの作成と近代化プラットフォームとして、新たな生命を得るだろう。

8)ハイブリッド・クラウド管理ソリューションは、部分的に、あるいは、無料で販売されるだろう。

9)企業は、バックボーン・ネットワークのキャリアから、他のプロバイダへ、自分たちのトラフィックの10%シフトさせるだろう。

10)イマーシブな訓練プログラムは、急速に、文化的な変化を促すだろう。

Forrester1b
 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年における、モノのインターネット(IoT)の、10の予測(2) '17.11.16

【2018年における、モノのインターネット(IoT)の、10の予測(2)】 '17.11.16

 Forrester Researchは、IoTが、将来の顧客価値のバックボーンになると予測した、「Predictions 2018: IoT Moves From Experimentation To Business Scale」レポートを発行した。2017年11月9日
Forbs1a By forbes

 Forrester Researchは、2018年に、IoTが、将来の顧客価値のバックボーンになり、IoT基盤が、エッジや特別なIoTプラットフォームへシフトし、開発者が、IoTのプラットフォームやイニシアティブの影響を与え、セキュリティが、IoTの展開における、主な関心事になると予測した、調査レポート「Predictions 2018: IoT Moves From Experimentation To Business Scale」を発行した。

 2018年に、IoTの分野において、発生することの予測を概説する。

   (続き)

6.IoTプラットフォームは、デザインと運用のシナリオにおいて、特化を開始する。

 製品やユーザ経験に、IoT技術を使用する、製品のデザイナーは、遠隔からの製品の管理、監視、および、制御といった能力を必要とする。

 IoTビジネスの運用者は、自分たちの、さまざまな、IoT対応ビジネス資産を、ビジネスの実行に集中できる、ビジネス・プロセスに統合する、オーケストレーション・ソフトウェアを必要とする。

 IoTビジネスの運用者は、必要に応じて構築された、IoTプラットフォームを選択する。

7.開発者は、ネットワークのエッジへの、IoTプラットフォームの統合を促進する。

 より多くの企業は、データの処理や分析を、データの取得コストを削減し、ネットワークの遅延を低減させるために、ネットワークのエッジにプッシュする。

 IoTプラットフォームが、ネットワーク指向のサービスしか持たないことは、ますます受け入れられなくなる。

 一貫性のあるプログラミングと分析モデルで、エッジとコアの両方をサポートする費用は、IoTプラットフォーム・プロバイダの、コミットメントを犠牲にし、今後、3年間で、IoT市場への野望を減らすか、IoT市場を離れるように圧力をかける。

 (ページ2

8.開発者は、パブリック・クラウドのIoTプラットフォームを介して、デバイスの統合を追求する。

 導入コストの低減、プロトタイプ作成のための迅速な展開、グローバルなリーチ度、記録やエンゲージメントの、システムとの容易な統合、および、保守費用の低減や保守時間の短縮に対する、開発者の需要の増加は、パブリック・クラウド・プロバイダによる、IoTプラットフォームの採用を促す。

9.IoTは、より広範囲で、より有害な、サイバー攻撃の中心になる。

 IoTのセキュリティ意識は高まっているが、顧客経験、コスト、市場投入までの時間の短縮は、引き続き、セキュリティ要件よりも優先される。

 これにより、強力なセキュリティ管理を実装することが、難しくなる。

 ハッカーが、機密データを抽出するために、システムを侵害しようとするため、エンドポイント・デバイスと、クラウド・バックプレーンの両方で、IoT関連の攻撃が、さらに増えるだろう。

10.ブロックチェーン・ベースの、IoT導入率は、5%に上昇する。

 信頼性、安定性、および、既存の技術基盤との、シームレスな統合を必要とする、IoTの大規模な展開では、ブロックチェーンが、まだ準備されていない。

 しかし、有望な実験プロジェクトが出始めており、IoTとブロックチェーン技術と製品の成熟が、2018年のブロックチェーンの採用を促すだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月15日 (水)

Googleは、クラウド・プラットフォーム上における、Andromeda SDNの性能を促す。 '17.11.15

【Googleは、クラウド・プラットフォーム上における、Andromeda SDNの性能を促す。】 '17.11.15

 Googleは、クラウド・プラットフォーム上における、Andromedaソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の性能を促す。2017年11月02日

Eweek7
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 Googleによると、Andromedaソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の新版が、企業のクラウド・プラットフォーム上における遅延を、序々に、低減させるという。

 Googleは、顧客のクラウド・コンピューティング・サービスの顧客向けに、ネットワーク性能を、大幅に、向上させる、同社のAndromedaソフトウェア定義ネットワーク(SDN)スタックの新版をリリースした。

 Andromeda 2.1スタックは、以前のAndromeda 2.0スタックと比較し、最大で40%、Googleのクラウド・プラットフォーム上の仮想マシン間の遅延を低減させる。

 Googleによると、Andromeda 2.1スタックは、2014年に紹介された、本来の版の、Andromedaスタックよりも、大幅に、遅延を短縮して、8倍も高速にした。

 多くの企業は、一般的に、アプリの性能の、重要な測定としての、帯域幅に焦点を合わせながら、ネットワークの遅延は、より重要な影響を持っている。

 小売、広告、ゲーム、および、高性能なコンピューティングといった、分野における、財務アプリは、クラウドにおける、より低い遅延から、あらゆる利益を得ることができる。

 インメモリ・データベース、および、HTTPベースのマイクロ・サービスは、同様に、遅延を低減させることから、利益を得るべきである。

 GoogleのAndromedaは、企業のクラウド・ネットワーク仮想能力に、基本的な、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)技術である。

 企業は、内部的に、仮想ネットワークの構成や提供を管理するために、何年間も、SDN技術を使用した。

 この技術は、スイッチ、ルータ、ネットワーク・インタフェース・カード、仮想マシン、オペレーティング・システム、および、ハイパーバイザーを含む、Googleのクラウド・ネットワーク・スタックの、さまざまなコンポーネントに対する、ソフトウェア定義の制御を可能にする。

 Googleは、分散サービス拒否攻撃(DDoS)、ロード・バランシング、および、アクセス制御リスト(ACL)に対する、より良い反発力を含む、いくつかの重要なクラウド管理能力を可能にするとして、Andromedaを説明した。

 Andromeda SDNは、新たなネットワーク・クラウド・サービスや、セキュリティのパッチの展開を、より容易にする。

 技術の最新版における、遅延の改善は、Andromedaソフトウェア・スイッチと、直接、コミュニケートするために、Googleのクラウド上で、仮想マシンを可能にする、ハイパーバイザーのバイパス機能から、主に、もたらされる。

 以前、仮想マシン(VM)と、ソフトウェア・スイッチ間の、このコミュニケーションは、よりゆっくりと処理される、ハイパーバイザー経由で発生していた。

 ハイパーバイザーのバイパス機能は、仮想マシン(VM)とVMネットワークの遅延を低減させ、VM間を、移動している、パケット用の、ラウンドトリップ時間を高速化する。

 Andromedaは、根底にある、ネットワークから、最大の生の性能を抽出するよう設計されている。

 結果として、殆どの企業は、クラウドに持っている、アプリ関わらず、VMからVMへの遅延の改善を実現し、イントラゾーンを見るべきである。

 Andromedaは、さまざまなGoogleのソフトウェア定義ネットワーク(SDN)戦略の、1つのコンポーネントを表現している。

 2017年初めに、Googleは、ネットワークのエッジで、直接的なトラフィック用に使用する、Espressoと呼ばれる、SDN技術を明かにした。

 インターネットへの、Googleのトラフィックの、20%以上は、既に、Espressoにより、処理されている。

 Googleのクラウド上で実行する、他のコアSDNには、Googleのデータセンター、広域ネットワーク、および、データセンター・ネットワークキング向けのJupiterを動かす、B4が含まれている。

 Googleは、Andromedaソフトウェア定義ネットワーク(SDN)スタック、Jupiterネットワーク、SDNネットワーク、B4、および、SDN技術、Espressoを、同社のSDNスタックの柱として説明した。

 「Googleが、Andromedaのアップデートで、クラウドの遅延を低減させる。」紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年における、モノのインターネット(IoT)の、10の予測(1) '17.11.15

【2018年における、モノのインターネット(IoT)の、10の予測(1)】'17.11.15

 Forrester Researchは、IoTが、将来の顧客価値のバックボーンになると予測した、「Predictions 2018: IoT Moves From Experimentation To Business Scale」レポートを発行した。 2017年11月9日
Forbs1a By forbes

 Forrester Researchは、2018年に、IoTが、将来の顧客価値のバックボーンになり、IoT基盤が、エッジや特別なIoTプラットフォームへシフトし、開発者が、IoTのプラットフォームやイニシアティブの影響を与え、セキュリティが、IoTの展開における、主な関心事になると予測した、調査レポート「Predictions 2018: IoT Moves From Experimentation To Business Scale」を発行した。

 2018年に、IoTの分野において、発生することの予測を概説する。

1.企業は、音声対応デジタル・アシスタント技術を使用した、顧客サービスを、試験的に提供し、顧客の満足度や忠誠度を向上させることに取り組むだろう。

・Fortune 500社から提供される、音声ベースの顧客サービスの品質は、2018年に、倍近く、向上するだろう。

2.欧州委員会(EC)の、新たなガイドラインは、IoTデータの商用化を促すだろう。

・米国の企業の、データ分析、意志決定者の45%が、既に、自分たちのデータを商用化している。

・フランスの企業の、データ分析、意志決定者の35%が、既に、自分たちのデータを商用化している。

・ドイツの企業の、データ分析、意志決定者の38%が、既に、自分たちのデータを商用化している。

 欧州委員会(EC)は、この遅れを認識し、先進の技術の使用を促す、ガイドラインを発行する。

3.新たな顧客経験を提供するために、音声対応デジタル・アシスタント技術を組み込んだ、スマート・デバイスを使用する、マーケッタが増えるが、ウェアラブル・デバイス市場は、ニッチなままだろう。

・顧客と対話するための、新たな方法や、顧客経験を提供するために、AmazonのAlexa、GoogleのAssistant、MicrosoftのCortanaといった、音声対応デジタル・アシスタント技術を採用する、マーケッタが増えるだろう。

・より親密なブランド経験を構築するために、顧客が、スマート・ホーム・スピーカや、スマートウォッチといった、新たなデバイスで、音声対応デジタル・アシスタントと、対話して、オンライン・ショッピングをしたり、顧客サポートを利用したり、できるようにし、新たなユーザ経験を提供する、マーケッタが増えるだろう。

 Forresterは、2018年末までに、スマート・ウォッチが販売台数が、米国だけで、1200万台以上に達するにも、関わらず、ウェアラブル・デバイスの市場は、ニッチなままであると予測している。

4.主な使用事例が、エッジ・ソリューションの展開において、急増するだろう。

 現在、IoT対応の、ビジネス・プロセスは、主に、オンプレミスのデータセンターや、クラウドにおいて、発生している。

 2018年には、これらのプロセスを可能にする、コネクティッド・デバイスに近い、ローカルなデータ分析を必要とする、ビジネス・プロセスを展開する企業の間で、大きな動きが見られるだろう。

 エッジIoTデバイスは、生成する、データに基づいて、ローカルで動作できるだけでなく、セキュリティ、スケーラビリティ、構成、展開、および、管理のために、クラウドを利用することができる。

5.産業用のIoTプラットフォームの構築者は、「サービスとしての基盤(IaaS)」ビジネスを終了する。

 過去12ヶ月に、主な産業IoTプラットフォームのすべては、AWS、IBM、Microsoftなどの、超大規模なクラウド・プロバイダを通して、業界やIoT固有の機能の、少なくとも一部を利用できるようすることに取り組んできた。

 これらの超大規模なのクラウド・プロバイダが、地理的なサービスの提供範囲を広げ、厳格な規制環境への準拠に関する、さらなる証拠を得て、独自のIoT機能を強化することで、この傾向は加速するだろう。

     (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月11日 (土)

Waymoが、無人運転のタクシー・サービスを開始する意向を示した。 '17.11.11

【Waymoが、無人運転のタクシー・サービスを開始する意向を示した。】 '17.11.11

 Waymoが、米国のアリゾナ州で、無人運転のタクシー・サービスを開始する意向を表明した。2017年11月9日
Dis1 by disruptive

 AlphabetのWaymoは、無人運転のタクシー・サービスを開始するために、アリゾナ州の公道で、完全自動運転車の走行テストを実施した。

 運転座席に、人がいないという、完全自動運転車の走行テストは、米国では初めてである。

 自動運転車のメーカは、公道で、走行テストを実施しているが、万が一の自体が発生した場合、運転を引き継ぐために、運転席に、人間を常駐させている。

 Waymoは、Fiat Chrysler Pacificaミニバンを使用して、アリゾナ州のフェニックス地区で、数ヶ月後に、無人運転のタクシー・サービスの運用を開始する予定である。

 Waymoは、まだ雪や大雨の中での、自動運転車の性能改善に取り組んでいる。

 アリゾナ州での、無人運転のタクシー・サービスの試験運用において、最初に、Waymoは、同社の従業員を、後部座席に、同乗させるが、最終的には、乗客だけを載せて移動するようだ。

 乗客は、不測の事態が発生したら、緊急ボタンを押すことで、車を、安全に停止させることができる。

 この無人運転のタクシー・サービスは、初めは無料であるが、Waymoは、ある時点で、乗車料金を請求することを予定している。

 アリゾナ州は、カリフォルニア州や他の州とは異なり、自動運転車に、制限を課していない。

 Waymoは、8年以上、さまざまなテストを実施している、自動運転車技術のパイオニアであり、既に、米国の6州の公道で、自動運転車の走行テストを実施している。

 先週、米国の自動車販売代理店のAutoNationは、Waymoの自動運転車向けに、車両の保守と修理のサービスを提供することで、Waymoと、数年間に渡る、契約を結んだと発表した。

 Cruise Automationを買収した、General Motorsは、近い将来、ロボット・タクシー・サービスの、試験運用を開始する意向を表明している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月 8日 (水)

AlphabetのWaymoは、運転席に、人が乗っていない、ロボタクシー・サービスの試験運用を開始する。 '17.11.08

【AlphabetのWaymoは、運転席に、人が乗っていない、ロボタクシー・サービスの試験運用を開始する。】 '17.11.08

 AlphabetのWaymoは、完全自動運転車を使用して、運転席に、人が乗っていない、ロボタクシー・サービスの試験運用を開始する。2017年11月8日

Dis2
 By reuters

 Waymoは、ミシガン州のデトロイトで、2017年1月8日に開催された、North American International Auto Showで、自動運転車、Chrysler Pacificaミニバンを発表した。

 AlphabetのWaymoは、アリゾナ州の公道で、完全自動運転車を使用して、運転席に、人が乗っていない、ロボタクシー・サービスの試験運用を開始する。

 Waymoによると、同社は、アリゾナ州、フェニックス地区の公道で、数ヶ月以内に、このロボタクシー・サービスの試験運用を開始するという。

 Waymoは、まだ雪や大雨の中で車の性能の確認に取り組んでいる。

 最初は、不測の事態が発生した時に、対応するために、Waymoのスタッフが、同乗するようだ。

 Waymoのスタッフは、何らかの事故が発生したら、緊急ボタンを押して、安全に、車を停止させ、適切に対処する。

 Waymoは、まだ、このロボタクシー・サービスの正式な運用を、何時開始するかは、明確にしていない。

 このロボタクシー・サービスは、最初は、無料にするが、何時、いくらぐらいの価格設定にし、何時から有料にするかも、明らかにしていない。

 現在、アリゾナ州には、カリフォルニア州や他の州とは異なり、自動運転車に、制限はない。

 Waymoは、自動運転車技術のパイオニアであり、これまで、米国の6州の公道で、自動運転車の走行テストを実施してきた。

 先週、米国の自動車販売代理店、AutoNationは、Waymoの自動運転車の、保守や修理を行うことで、Waymoとパートナーシップを組むことを発表した。

 自動運転技術のスタートアップ、Cruise Automationを、2016年に、10億ドルで買収した、General Motorsは、近い将来、ロボタクシー・サービスを、郊外ではなく、都市の密集地帯で、開始する意向を表明した。

 「Waymoの自動運転車の紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2