IT関連の記事

2020年11月30日 (月)

2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(4)'20.11.30

【2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(4)】'20.11.30

 ロボット・プロセス自動化(RPA:Robotic Process Automation)は、いつまでも、自動化の未来になるだろう。2020年11月24日

 by Preetipadma、analytics insight

 経営幹部の間で、興味深い課題である、ロボット・プロセス自動化(RPA)は、製造、小売、電気通信、BFSI(銀行、金融サービス、保険)、および、医療など、いくつかの業界で、急速に進歩している。

Rpa0a_20201130103401

 ロボット・プロセス自動化(RPA)とは、バックオフィスなどの業務を、ソフトウェア・ロボットを使用して、自動化する取り組み、および、その概念のことである。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)の進歩は、まだ、開始されたばかリである。

 ビジネスの運営を簡単にするための、高度な進歩の1つは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」である。

 ビジネスの運営の効率について、継続的にストレスを感じている場合、企業にとって、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を検討し、導入することは、理想的な決定となる可能性がある。

   (続き)

3)ソフトウェア・ロボットとデジタル・ワーカを、明確に分離する。

 企業は、現在、市場に出回っている、さまざまなソフトウェア・ロボットと、その機能や特徴の違いを、より明確に理解しよう。

 さまざまなソフトウェア・ロボットの、機能や特徴の違いを、理解することは、企業のデジタル変革(DX)を促す上で、極めて重要である。

 現在、記録されたプロセス・ステップに依存して、戦術的な作業を完了する、ソフトウェア・ロボットは、存在するが、自発的に、変化に順応することはできまない。

 これに対し、現在、人間のように動作する、「デジタル・ワーカ」の開発が、さらに続けられている。

 これらの、「デジタル・ワーカ」は、人と同様のITフレーム・ワークやシステムを使用して、作業を行い、予め構築された、スマートで生産性が高く、自己編成された、人間のように動作する、さまざまな他のソフトウェア・ロボットとは、まったく異なっている。

4)従業員経験(EX)が、さらに重要になるだろう。

 ここ数年に、顧客経験(CX)が、スポットライトを浴びてきたが、企業は、今後、従業員経験(EX)に対し、同様のアプローチを取ることが、予想されている。

 2020年における、コロナウィルスの感染拡大の状況において、なぜ、従業員経験(EX)が、注目されるようになるのだろうか?

 このような状況において、多くの従業員が、不況と戦い、不安と懸念の高まりに耐えている。

 これに対し、例えば、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用した、コールセンターで、顧客経験(CX)を向上させてきた、企業は、「ロボット・プロセス自動化(RPA)技術」を使用した、ヘルプデスクで、従業員経験(EX)を向上させて、従業員を支援し、士気、エンゲージメント、および、生産性を向上できることを期待している。

デル株式会社

2020年11月29日 (日)

2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(3)'20.11.29

【2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(3)】'20.11.29

 ロボット・プロセス自動化(RPA:Robotic Process Automation)は、いつまでも、自動化の未来になるだろう。2020年11月24日

Rpa0a

 by Preetipadma、analytics insight

 経営幹部の間で、興味深い課題である、ロボット・プロセス自動化(RPA)は、製造、小売、電気通信、BFSI(銀行、金融サービス、保険)、および、医療など、いくつかの業界で、急速に進歩している。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)とは、バックオフィスなどの業務を、ソフトウェア・ロボットを使用して、自動化する取り組み、および、その概念のことである。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)の進歩は、まだ、開始されたばかリである。

 ビジネスの運営を簡単にするための、高度な進歩の1つは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」だろう。

 ビジネスの運営の効率について、継続的にストレスを感じている場合、企業にとって、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を検討し、導入することは、理想的な決定となる可能性がある。

   (続き)

3.代表的な「ロボット・プロセス自動化(RPA:Robotic Process Automation)」ベンダは、どのように差別化しているか?

 大手の企業は、現在、150社を超える、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ブランドの、さまざまな製品の選択に、直面している。

 各RPAソリューションを提供している、ブランドの、収益性、設計品質、信頼性、および、アプローチは、さまざまである。

 従って、これらの重要な技術的ニュアンスを理解するには、自分たちの、RPAに対する、要件を明確に整理し、評価項目や評価基準を、決める必要がある。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」製品の、より明確な概要は、2021年に登場し始めるだろう。

 RPAソリューション・プロバイダは、2つの一般的なクラス(デスクトップ環境全体で、迅速な戦略的利点をもたらす、RPAソリューション・プロバイダと、大手の企業全体で、より戦略的な変革をもたらす、RPAソリューション・プロバイダ)に、分類される。

1)事務処理(ペーパー・ワーク)を排除する。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、データ駆動型の自動化プロセスであり、企業が、単調な作業、演習、および、人間が処理する、日常的な時間のかかる作業の監視を中心に実施するのに、役立つだろう。

 「自動化」が急速に発展しているため、「ソフトウェア・ロボット」は、生産的かつ強力な方法で、作業に必要な知識やノウハウなどを学習して、作業の仕方を、人間のように、学習し、再スキル化して、作業できるようすることが、可能になる。

 2025年までに、「自動化市場」は、企業の、さまざまな「事務処理を自動化」するために、予め構築された機能を備え、容易に導入できる、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」モデルにより、圧倒されるだろう。

2)雇用者は、ソフトウェア・ロボットに、依存するようになる。

 現在のような状況において、在宅勤務やリモート・ワークへのシフトは、フルタイムの雇用から、パートタイムや単発的な働き方への変化を促している。

 また、大手の企業は、雇用者、各人に、ソフトウェア・ロボット(例えば、業務に最適なデジタル・アシスタント)を、所有させることを、構想している。

 このビジョンは、近い将来、各人が、独自のソフトウェア・ロボットを所有するようになる、可能性を示している。

 このように、在宅勤務やリモート・ワークへの継続的なシフトを支援する、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」市場は、新たな雇用形態にも適応するよう、変化していくことが予想される。

    (続く)

デル株式会社

2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(2)'20.11.29

【2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(2)】'20.11.29

 ロボット・プロセス自動化(RPA:Robotic Process Automation)は、いつまでも、自動化の未来になるだろう。2020年11月24日

Rpa1

 by Preetipadma、analytics insight

 経営幹部の間で、興味深い課題である、ロボット・プロセス自動化(RPA)は、製造、小売、電気通信、BFSI(銀行、金融サービス、保険)、および、医療など、いくつかの業界で、急速に進歩している。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)とは、バックオフィスなどの業務を、ソフトウェア・ロボットを使用して、自動化する取り組み、および、その概念のことである。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)の進歩は、まだ、開始されたばかリである。

 ビジネスの運営を簡単にするための、高度な進歩の1つは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」だろう。

 ビジネスの運営の効率について、継続的にストレスを感じている場合、企業にとって、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を検討し、導入することは、理想的な決定となる可能性がある。

     (続き)

2.「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の分野には、次のような動向がある。

1)「ロボット・プロセス自動化(RPA)」が、新しい「基幹業務システム(ERP)」になる。

 「グローバル・システム・インテグレータ(GSI)」と、「監査ベース」のカウンセリング組織のコミュニティは、自動化を採用するために、膨大な数の労働者を動機付けし、訓練するようになる。

 さらに、「グローバル・システム・インテグレータ(GSI)」は、1990年代に、「基幹業務システム(ERP)」ソフトウェアで行ったのと同じように、さまざまな業界の、さまざまな業務に、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ソフトウェアを、適応させていく、ビジネスを展開していくだろう。

2)「スマート・プロセス自動化(SPA)」が台頭する。

 「スマート・プロセス自動化(SPA)」は、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の拡張である。

 前世代の「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、構造化データを自動化するために、事前に特性化された、一連のルールを備えていた。

 「スマート・プロセス自動化(SPA)」では、「機械学習-SPAボット」の単純な組み込みで、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の「If-Then」ルールとステートメントの代わりに、「機械学習-SPAボット」で入力される。

 「スマート・プロセス自動化(SPA)」は、基本的に、「RPAボット」が、人工知能、膨大な情報、ビッグデータ、機械学習などを含む、自動化サークル全体の能力によって、利益を得られるようにする。

3)「手動」と「自動化」の取り組みが、混在するようになる。

 ソフトウェア・ロボットは、予測不可能で、退屈で、単調な作業を実行することにより、ほとんどの人の作業を自動化できるようになるだろう。

 これにより、人間による、「手動」と「自動化」の両方の取り組みが、混在する可能性がある。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の最終的な運命は、高度なデータ、分析的なビジネス・プロセス自動化、人工知能、ブロックチェーン、あるいは、光学式文字認識(OCR)といった技術と、RPAを組み合わせて使用することで、強力な自動化を提供できるようになる。

 また、ロボット・プロセス自動化ソリューションのプロバイダによる、開発の拡大も期待される。

     (続く)

デル株式会社

2020年11月28日 (土)

2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(1)'20.11.28

【2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(1)】'20.11.28

 ロボット・プロセス自動化(RPA:Robotic Process Automation)は、いつまでも、自動化の未来になるだろう。2020年11月24日

 by Preetipadma、analytics insight

 経営幹部の間で、興味深い課題である、ロボット・プロセス自動化(RPA)は、製造、小売、電気通信、BFSI(銀行、金融サービス、保険)、および、医療など、いくつかの業界で、急速に進歩している。

Gartner_20201128172401


 ロボット・プロセス自動化(RPA)とは、バックオフィスなどの業務を、ソフトウェア・ロボットを使用して、自動化する取り組み、および、その概念のことである。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)の進歩は、まだ、開始されたばかリである。

 革新への要求は、過去数年間に、急速に満たされてきたが、自動化や人工知能など、他の関連する画期的な進歩を含めた議論もある。

 自動化ツールと、自動化技術やAI技術が、どのように密接に絡み合っているかを、考えて見ると、自動化ツールを理解しやすいかも知れない。

1.ロボット・プロセス自動化(RPA)は、いつまでも、自動化の未来になり、進化を続けていくだろう。

 IDCのレポートによると、世界中の大手の企業は、2023年以内に、ITの活用を通して、ビジネス・モデルや組織を変革する、「デジタル変革(DX)」に、約2.3兆ドルもの、投資を行うことが、予想されている。

 長年に渡り、世界は、既に、デジタル化されている。

 ビジネスの運営を、効率化し、信頼性や正確さを向上させるための、高度な進歩の1つは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」だろう。

 ビジネスの運営の効率について、継続的にストレスを感じている場合、企業にとって、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を検討し、導入することは、理想的な決定となる可能性がある。

    (続く)

デル株式会社

2020年11月27日 (金)

Microsoftは、ARMベースの、Windowsマシン用の「64ビットx86」エミュレータを開発している。'20.11.27

【Microsoftは、ARMベースの、Windowsマシン用の「64ビットx86」エミュレータを開発している。】'20.11.27

 Microsoftは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsマシン用の、「64ビットx86」エミュレータを開発している。2020年10月02日

 By Sean、gizmochina

 現在の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsマシン用の、x86エミュレータは、「32ビットのx86ベースのWindowsアプリ」を実行できるが、「64ビットのx86ベースのWindowsアプリ」は、まだ、性能や互換性に課題があり、実行できない。

 このため、薄くて、軽く、コンパクトで、低消費電力で、携帯性に優れ、移動通信サービスのサポートを組み込んだ、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Microsoftの「Surface Pro X」のような、Windowsラップトップは、特に、モバイル・ユーザに向いている。

Dt0a_20201127140101


 ただし、現在のところ、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsマシン「Microsoftストア」で提供されている、「32ビットのx86ベースのWindowsアプリ」、および、「32ビットと64ビットの、ARMベースのネーティブなWindowsアプリ」を実行できるが、「64ビットのx86ベースのWindowsアプリ」を実行できない。

 「64ビットのx86ベースのWindowsアプリ」を、問題なく、実行できるようにするには、リファインしたエミュレータと、より高性能な、マシンが、必要になるようだ。

 このため、Microsoftは、Windowsアプリの開発者に、アプリのソースコードを再コンパイルして、ARMベースの、ネーティブなWindowsアプリに移植し、動作確認してくれるよう、依頼している。

 移植作業を促すために、Microsoftは、移植に必要なツール、ライブラリ、移行環境、ドキュメントなどを、Windowsアプリ開発者に提供している。

 しかし、ARMベースのネーティブなWindowsアプリに、移植することは、開発者にとって、多くの時間と作業とコストがかかり、リスクも伴うので、移行は、あまり進んでいない。

 このため、Microsoftは、継続して、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows上で、「32ビットと64ビットの、x86ベースのWindowsアプリ」を、問題なく、実行できる、エミュレータの開発にも取り組んでいる。

・ネーティブなWindowsアプリへの移植には、Windowsアプリの開発者に、負担(時間、労力、コスト)がかかり、リスクを伴う。

 このため、Microsoftは、Windowsアプリの開発者を、全面的(環境、リソース、技術サポート、資金など)に、支援する必要がある。

・「64ビットのx86ベースのWindowsアプリ」を、問題なく、実行できるようにする、エミュレータの開発には、Microsoftに、負担(時間、労力、コスト)がかかり、リスクを伴う。

 このため、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップは、モバイル・ユーザに取って、理論的に、優れたソリューションを提供できるが、まだ完全に実用的なソリューションにはなっていない。

 Microsoftは、実用的なソリューションにするための手段の1つとして、「64ビットx86」エミュレータを実行するのに、必要な性能を持つ、ARMアーキテクチャのプロセッサ、「Qualcomm Snapdragon 8cx Gen 2(5G対応)」をベースにした、カスタムSoCである、「Microsoft SQ2」を、Qualcommと共に開発した。
Dt3a_20201127140001

 Microsoftは、ユーザが、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsマシンで、「64ビットのx86ベースのWindowsアプリ」を実行できるようにする、エミュレータを完成させ、モバイル・ユーザ向けの市場に、新たな選択肢を提供することを模索していくようだ。

 新しいARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsの版は、まもなく公開され、インサイダー・テストは、2020年11月から開始され、安定したビルドは、2021年中に、リリースされる予定である。

 さらに、Microsoftは、新しいEdgeブラウザを、ネーティブなWindowsアプリとして、最適化し、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、低消費電力なWindowsマシンで、さらに高速に動作できるようにする意向を表明している。

デル株式会社

2020年11月25日 (水)

Windows on ARMは、新しいx64エミュレータのおかげで、多くのアプリを、実行して、利用できるようになった。'20.11.25

【Windows on ARMは、新しいx64エミュレータのおかげで、多くのアプリを、実行して、利用できるようになった。】'20.11.25

 Microsoftは、Windows on ARMに、モバイル・ユーザのニーズに合った、機能や特徴を持たせることを模索している。2020年9月30日

Arm0_20201125094901

 By Tom Warren@tomwarren、theverge

 Microsoftは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップなど用の、Windowsである、「Windows on ARM」をサポートする、64ビットのx86アーキテクチャのプロセッサ用のアプリをエミュレートする、エミュレータを提供することに取り組んでいる。

 現在、Surface Pro Xのような、「Windows on ARM」を搭載したデバイスは、32ビットのx86アーキテクチャ用のアプリをエミュレートすると共に、32ビットのARMアーキテクチャ用のネーティブなアプリと、64ビットのARMアーキテクチャ用の、ネーティブなアプリを、実行できるようになっている。

 しかし、まだ、64ビットのx86アーキテクチャ用のアプリをエミュレートできないので、64ビットのx86アーキテクチャ用のアプリに移行した、Adobeの「Creative Sute」を含む、クリエーティブなアプリを、エミュレートできない。

 このため、64ビットのx86アーキテクチャ用のアプリを、使用したいユーザは、「Windows on ARM」を搭載した、Surface Pro Xのような、ラップトップに移行することができない。

 このような、64ビットのx86アーキテクチャ用のアプリを使用したいユーザ向けに、Microsoftは、アプリのベンダに、64ビットのx86アーキテクチャ用のアプリを、再コンパイルして、64ビットのARMアーキテクチャ用のアプリに移植するよう、依頼している。

 しかし、x86用のアプリを、ARMようのアプリに、移植して、動作を確認するには、コストがかかり、すべてを移植することは、不可能に近いので、Microsoftは、64ビットのx86アーキテクチャのWindows用の、アプリをエミュレートする、エミュレータを作成し、評価のために、提供する意向を表明した。

 Microsoftの新しい、エミュレータで、「Windows on ARM」を搭載した、Surface Pro Xのような、ラップトップは、「64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリ」を実行して、利用できるようになる。

 これまで、「64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリ」を実行するための、エミュレータは、互換性と性能の問題があり、「32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリ」しか、エミュレートできなかった。

 新しいエミュレータは、2020年11月に、「Windows Insider」のテスターに提供され、評価される。

 テスターや、アプリ開発者により、評価された、新しい「64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリ」を実行するための、エミュレータは、2021年に、次版の「Windows on ARM」が、提供されるときに、組み込まれるようだ。

 Microsoftは、今日の、ブログの投稿で、この新しいエミュレータで、「64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリ」を、サポートする意向を示した。

 ただし、新しいエミュレータは、「Windows on ARM」上で、「64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリ」を実行する上での、互換性の問題と性能の問題が、実用的なレベルで、解決されているかに関しては、明確になっていないようだ。

 また、Microsoftは、この性能の問題から、代表的な、64ビットのx86アーキテクチャ用の、Windowsアプリを、64ビットのARMアーキテクチャ用の、Windowsアプリに移植することを促している。

 例えば、Microsoftは、「Microsoft Office」などの生産性ツールだけでなく、「Microsoft Edge」ブラウザや「Microsoft Teams」コラボレーション・プラットフォームといった、64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、再コンパイルして、64ビットのARMアーキテクチャ用の、ネーティブなWindowsアプリに移植している。

 移植された、あるいは、新たに構築された、64ビットのARMアーキテクチャ用の、ネーティブなWindowsアプリは、「Microsoftストア」で、「Windows on ARM」を搭載した、マシン向けに提供される。

 64ビットのARMアーキテクチャ用の、ネーティブなWindowsアプリに移植することで、性能の問題は、解決するので、モバイル・ユーザは、薄くて、軽く、コンパクトで、携帯性に優れた、低消費電力で、バッテリーの寿命が長く、移動通信サービスをサポートした、ラップトップを利用できるようになり、いつ、どこにいても、ラップトップを使用できるようなる。

 「Visual Studio Code」も、ARMアーキテクチャ用の、ネーティブなWindowsアプリに移植され、最適化された。

 MicrosoftのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、デバイス向けの、「Windows on ARM」を搭載した、Surface Pro Xラップトップは、2020年秋に、提供が開始される。

 「Microsoft Surface Pro Xの紹介」ビデオ

 Surface Pro Xには、Microsoftのアップデートされた、ARMアーキテクチャの、「SQ2」と呼ばれる、カスタム・プロセッサが搭載されている。

Dt0b_20201125210101

 この「SQ2」は、Microsoftが、Qualcommと共同で、作成した、QualcommのSnapdragon 8cx Gen 2 5Gをベースにし、第2世代の5Gをサポートした、ARMアーキテクチャのカスタム、プロセッサである。

デル株式会社

2020年11月24日 (火)

2020年における、最良のスマート・ディスプレイを紹介する。(4)'20.11.24

【2020年における、最良のスマート・ディスプレイを紹介する。(4)】'20.11.24

 2020年における、最良のスマート・ディスプレイのベンダには、Amazon、Google、Lenovoなどがある。

 by cNET

 Amazon、Google、Lenovoなどの、スマート・ディスプレイが、このホリデー・シーズンに、最良のスマート・ディスプレイである。

 コロナウィルスによる、ロックダウンのおかげで、音声アシスタントは、以前よりも、頻繁に使用されるようになり、学習して、より使いやすくなってきた。

 今秋に、AmazonやGoogleから、新製品が、発表され、AmazonのAlexaや、Google Assistantといった、エキサイティングな、新機能が、紹介された。

 両社のスマート・ディスプレイには、ビデオ・チャット、タッチ制御、ストリーミング・ビデオやオーディオなど、さまざまな機能があり、音声コマンドや、タッチ操作で、できるようにしている。

 それでは、どちらのスマート・ディスプレイが、良いのだろう。

      (続き)

2)Amazon Echo Show 8

Ama

 最良のAlexa搭載ディスプレイ

価格:100ドル(米国でのみ販売される)

スクリーンのサイズ:8インチ(203.2㎜)

スクリーンの解像度:720p(1280dpi x 800dpi)

サイズ(WxHxD):7.9 x 5.4 x 3.9インチ、(200.7 x 137.2 x 99.1 mm)

重さ:2.29ポンド(1038グラム)

無線接続:Wi-Fi(802.11b/g/n/ac, 2.4GHzと5GHz)、Bluetooth

音声対応デジタル・アシスタント:Amazon Alexa

通話とメッセージ:Alexa Messaging、Skype、直通ダイヤル(米国とメキシコ)

スマート・キッチン:Food Network GO、レシピ・アシスタンス、Amazon Meal Kits統合

タッチ・スクリーンでの、スマート・ホームの制御:可能

内臓カメラ:有り、(1MP)

プライバシー・シャッター:有り

マイク:4台のマイク(前面2台、背面2台)

プライバシー・シャッター:有り

スピーカ:1.75-/2-インチ、10Wフルレンジのスピーカ、2台のツィータ

ストリーミング音楽サービス:iHeartRadio、Pandora、Spotify、YouTube Music

ストリーミング・ビデオ・サービス:YouTube、YouTube TV、Google Play Movies、CBS All Access、HBO Now

互換性のある、スマート・ホーム・カメラ:D-Link、EZVIZ、Nest Cam、Netgear Arlo、 Skybell Video Doorbell、Smartcam、Swann、TP-Link Kasa Cam、Vivitar

 他の主な特徴:

YouTube TVで、ライブTVを視聴できる。

スマートフォンに直接、送信できる。

スマートフォンからレシピを選択し、ディスプレイに表示する。

親が、子供の見る、TV番組や映画やビデオを制限する。

保証:1年間

3)Lenovo Smart Display

価格:250ドル(米国でのみ販売される)

スクリーンのサイズ:10.1インチ(256.5 mm)

解像度:1080p(1920 dpi x 1200 dpi)

サイズ:(WxHxD) 6.8x12.3x0.5~5.4 インチ(173.87x311.37x12.5~136.02 mm)

重さ:2.6ポンド(1,200グラム)

無線接続:Wi-Fi(802.11ac、2.4GHz、および、5GHz)、Bluetooth

音声デジタル・アシスタント:Google Assistantを組み込んでいる。

通話とメッセージ:直通ダイヤル(米国、英国、および、カナダ)呼び出しのみ

Google Duoで、ビデオ通話可能

スマート・キッチン機能:YouTubeチュートリアルでの、レシピ・アシスタンス

オンスクリーンのスマート・ホーム制御機能:有り

内臓カメラ:有り(5MP)

プライベート・シャッター:有り

マイク:4マイク・アレイ(前面2台、背面2台)

スピーカ:1.75-/2インチ、10Wフルレンジのスピーカ、2台のツィータ

ストリーミング音楽サービス:HeartRadio、Pandora、Spotify、YouTube Music

ストリーミング・ビデオ・サービス、YouTube、YouTube TV、Google Play Movies、CBS All Access、HBO Now

互換性のある、スマート・ホーム・カメラ:D-Link、EZVIZ、Nest Cam、Netgear Arlo、 Skybell Video Doorbell、Smartcam、Swann、TP-Link Kasa Cam、Vivitar

カラー・オプション:竹

保証:1年間

 その他のスマート・ディスプレイ

・Google Nest Hub Max:

 229ドルで、Nest Hub Maxは、Google Assistantのスクリーン・サイズを、前機種の7インチから10インチに広げ、サウンドの音質を改善した。

 実際、 Nest Hub Maxには、動きを追跡したり、ジェスチャーを認識したり、顔を認識したりできるように、高機能のカメラが、追加されており、これにより、パーソナライズされた情報が、スクリーンに表示されるようになる。

 ハードウェアとソフトウェアの組み合わせを使用して、プライバシーに関連することを改善する。

 Amazon Echo Show 5は、Amazonのスマート・ディスプレイの、最も安い機種であるが、Amazon Echo Show 8と、同じような機能を持っている。

 Show 5の解像度は、Show 8の解像度よりも低く、スクリーンは、より小さい。

 Amazon Echo Show 5は、ベッドの近くに置く、目覚まし時計のように、スヌーズ機能を持っているので、目覚まし時計として、使用できるようになる。

 Amazon Echo Show(第2世代)

 本来のEcho Showは、2017年に、スマート・ディスプレイ分野の市場を広げることに、貢献した。

 また、現在の、第2世代の、Echo Showは、デザイン、音質、および、より有用なスクリーンが、改善されている。

 第2世代のEcho Showは、より良い音質と、10インチのスクリーンを持っている。

 第2世代のEcho Showのタッチ・スクリーンは、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、同等のモデルのスマート・ディスプレイ程、有用ではない。

デル株式会社

2020年11月23日 (月)

2020年における、最良のスマート・ディスプレイを紹介する。(3)'20.11.23

【2020年における、最良のスマート・ディスプレイを紹介する。(3)】'20.11.23

 2020年における、最良のスマート・ディスプレイのベンダには、Amazon、Google、Lenovoなどがある。

 by cNET

 Amazon、Google、Lenovoなどの、スマート・ディスプレイが、このホリデー・シーズンに、最良のスマート・ディスプレイである。

 コロナウィルスによる、ロックダウンのおかげで、音声アシスタントは、以前よりも、頻繁に使用されるようになり、学習して、より使いやすくなってきた。

 今秋に、AmazonやGoogleから、新製品が、発表され、AmazonのAlexaや、Google Assistantといった、エキサイティングな、新機能が、紹介された。

 両社のスマート・ディスプレイには、ビデオ・チャット、タッチ制御、ストリーミング・ビデオやオーディオなど、さまざまな機能があり、音声コマンドや、タッチ操作で、できるようにしている。

 それでは、どちらのスマート・ディスプレイが、良いのだろう。

      (続き)

「スマート・ディスプレイの比較」

 全体的に、最も良い、スマート・ディスプレイ

1)Google Nest Hub

価格:129ドル

スクリーンのサイズ:7インチ(177.8 mm)

解像度:リストされていない

サイズ(幅x高さx 厚さ):7.02x4.65x2.65インチ(178.5x118x67.3 mm)

重さ:1.1ポンド、(480 グラム)

無線接続:Wi-Fi(802.11b/g/n/ac、2.4GHz、5GHz)、Bluetooth 5.0

音声対応デジタル・アシスタント:Google Assistant

通話とメッセージ:直通ダイヤル(米国、英国、カナダ)電話をかけるだけ

ビデオ通話:Google Duo

タッチスクリーンでのスマート・ホーム・デバイスの制御:可能

内臓カメラ:なし

プライバシー・シャッター:なし

マイク:2マイク・アレイ

スピーカ;フルレンジのスピーカ(80 dB SPL)

ストリーミング音楽サービス:iHeartRadio、Pandora、Spotify、YouTube Music

ストリーミング・ビデオ・サービス:YouTube、YouTube TV、Google Play Movies、CBS All Access、HBO Now

互換性のある、スマート・ホーム・カメラ:D-Link、EZVIZ、Nest Cam、Netgear Arlo、Skybell Video Doorbell、Smartcam、Swann、TP-Link Kasa Cam、Vivitar

 「他の注目すべき特徴」

・Ambient EQで、自動的に、画面の明るさを調節できる。

・Live Albumを持つ、Googleフォト経由で、デジタル写真フレームを表示する。

・YouTube TVで、ライブのTVを見る。

・スマートフォンから、レシピを選択して、ディスプレイに表示する。

・親が、子供が見る、ビデオなどのコンテンツを制限できる。

・カラー・オプション:チャコール、アクア、チョーク、サンド

・利用できる国:米国、英国、オーストラリア、および、他の12か国

・予定出荷日:直ぐに利用できる。

・保証:1年間

      (続く)

デル株式会社

2020年11月19日 (木)

Samsung Galaxy Z Fold2 5Gを、3週間レビューした。(3)'20.11.19

【Samsung Galaxy Z Fold2 5Gを、3週間レビューした。(3)】'20.11.19

 2020年10月の初めに、Samsung Galaxy Z Fold2 5Gスマートフォンが、購入できるようになった。2020年10月5日
Dt0a_20201119112401

 By Patrick MoorheadSenior Contributor

 第2世代の、Samsung Galaxy Z Fold2 5Gは、Samsungの第1世代の、Galaxy Foldと比較して、いくつかのデザインが、改善されている。

 Samsungは、いくつかの課題を改善した、スクリーンを折り畳むことのできる、フォルダブルな、斬新なデザインの、第2世代のダブル・スクリーン・デバイスを、スマートフォン市場に投入した。

 筆者は、第2世代のGalaxy  Z Fold2 5Gを試用して、企業ユーザ向けの、生産性デバイスだと感じている。

 筆者は、Galaxy Z Fold2 5Gを、1週間試用して、プライマリ・モバイル・デバイスとして、使用できそうだと思った。

    (続き)

 バッテリー寿命

 Galaxy Z Fold 2 5Gには、4,500mAhのバッテリーが、搭載されており、バッテリーを大量に消費する、120Hzディスプレイと5Gを使用しているにも関わらず、筆者は、1回の充電で、通常使用で、1日使用することができた。

 筆者は、Galaxy Z Fold 2 5Gのバッテリーを完全に使い切ってから、完全に充電するのに約1時間半かかった。

 また、Galaxy Z Fold 2 5Gは、USB-C(USBの次世代規格「USB 3.1」で制定された、新しいコネクタ規格)をサポートしている。

 まとめ

 Galaxy Z Fold2 5Gは、第1世代のGalaxy Z Foldよりも、優れた蝶番を持ち、応答性の高い、メイン・ディスプレイ、優れたフロント・ディスプレイなど、フォルダブル・デバイスに必要とされる、蝶番やスクリーンの耐久性の向上といった、改善がなされている。

・軽くて、コンパクトで、携帯性に優れている。
・構成のなプロセッサを搭載している。
・開閉できる、大きくて、見やすく、応答性のよい、タッチ・スクリーンを装備している。
・スタイラスペンをサポートしている。
・比較的入力しやすい、キーボードが添付されている。
・高速な5G通信サービスをサポートしている。

 このため、モバイル・ユーザは、スマートフォンのように、片手で操作することは、難しいが、Galaxy Z Fold2 5Gで、メール、Webナビゲーション、チャット(テキスト、音声、ビデオ)、ビデオ会議、生産性ツール、クリエーティブなアプリなどを、必要に応じて、デジタル・アシスタントを介して、比較的、大きなスクリーンで、あまりストレスなく、利用できるようになることが期待される。

 スマートフォンが提供できる、最高の生産性とエンターテインメント体験を探している、モバイル・ユーザにとって、Galaxy Z Fold2 5Gを試用してみる価値はあるだろう。

 しかし、1999ドルという高価格に設定され、Galaxy Z Fold2 5Gは、市場で最も高価なスマートフォンの1つになった。

 筆者は、5G接続をサポートした、Galaxy Z Fold2 5Gを、あらゆる作業に対応できるデバイスのように感じられた。

 <コメント>

 スクリーンを開閉できる、折り畳み式のスマートフォンは、手頃な価格になれば、新しい分野のモバイル・デバイス(フォルダブレット?)として、新たな市場を形成するのかも知れない。

デル株式会社

2020年11月18日 (水)

Samsung Galaxy Z Fold2 5Gを、3週間レビューした。(2)'20.11.18

【Samsung Galaxy Z Fold2 5Gを、3週間レビューした。(2)】'20.11.18

 2020年10月の初めに、Samsung Galaxy Z Fold2 5Gスマートフォンが、購入できるようになった。2020年10月5日

Dt0a_20201118165601

 By Patrick MoorheadSenior Contributor

 第2世代の、Samsung Galaxy Z Fold2 5Gは、Samsungの第1世代の、Galaxy Foldと比較して、いくつかのデザインが、改善されている。

 Samsungは、いくつかの課題を改善した、スクリーンを折り畳むことのできる、フォルダブルな、斬新なデザインの、第2世代のダブル・スクリーン・デバイスを、スマートフォン市場に投入した。

 筆者は、第2世代のGalaxy  Z Fold2 5Gを試用して、企業ユーザ向けの、生産性デバイスだと感じている。

 筆者は、Galaxy Z Fold2 5Gを、1週間試用して、プライマリ・モバイル・デバイスとして、使用できそうだと思った。

   (続き)

 筆者は、生産性を最大化するために、アプリとマルチタスクを分割し、スクリーンの領域を十分に確保して、一度に、複数のタスクを実行してみた。

 筆者が、最もよく使用するアプリの組み合わせの1つは、「Microsoft Outlook」と「Google Chrome」を、同時に実行することである。

 メイン・ディスプレイは、一度に分割される、3つの異なるアプリをサポートする。

 3つのアプリを同時に使用すると、Z Fold2の外部ディスプレイに表示された、アプリは、筆者には、少し押しつぶされたように見えた。

 筆者は、DocuSignのようなアプリには、スタイラスペンがあれば良かったと思った。

Dt0c_20201118165501

「Samsung Galaxy Z Fold2 5Gの主な仕様」

・Android 10オペレーティング・システム

・Qualcomm Snapdragon 865+プロセッサ

・12GBのRAM

・256GBのストレージ

 ただし、Galaxy Z Fold2 5Gでは、MicroSDカードは、サポートされていないかった。

 このため、筆者は、最低でも、512GBのストレージが、搭載されているとよいと思った。

 筆者は、T-Mobileの5G接続を利用しているが、Samsungは、AT&TとVerizonの5G接続も、利用できるようにしている。

 YouTubeとNetflixから、コンテンツをストリーミングしている場合、筆者は、5G接続で使用した方が、4G接続で使用したときよりも、著しく速いと感じた。

 Galaxy Z Fold 2 5Gには、デバイス上に、5つの異なるカメラがある。

 1つは、外部ディスプレイにある、自撮りカメラで、もう1つは、メイン・ディスプレイにある、前面カメラであり、両方とも、10MPの解像度で、ビデオ通話にも利用できる。

 このGalaxy Z Fold 2 5Gには、3台の背面カメラ(12MPのプライマリ・カメラ、12MPの超広角カメラ、および、12MPの望遠カメラ)もある。

 筆者は、鮮明な画像で、家族やペットや風景(夕日)の写真を撮ることができた。

 ただし、Galaxy Z Fold 2 5Gには、5倍の光学ズームと、50倍のデジタル・ズームといった、高度な機能はなく、2倍の光学ズームと、50倍のデジタル・ズーム機能を提供している。

    (続く)

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2