IT関連の記事

2018年2月25日 (日)

AmazonのAlexaデジタル・アシスタントが、さらに、多くの車載システムに搭載される。 '18.02.25

【AmazonのAlexaデジタル・アシスタントが、さらに、多くの車載システムに搭載される。】 '18.02.25

 AmazonのAlexaデジタル・アシスタントが、さらに、多くの自動車メーカや、自動車部品メーカなどの、車載システムに搭載される。 2018年1月10日

Car1
 By David Kiley、Forbes

 トヨタ自動車は、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを、自社の車載システムに搭載する、最も新しい、自動車メーカである。

 Amazonは、車載システム業界に参入し、自動車メーカと提携し、同社のAlexa音声対応デジタル・アシスタントを、自動車メーカや自動車部品メーカなどの、車載システムに組み込み、音声コマンドで、Alexaを通して、さまざまな機能、サービス、コンテンツを、安全で、容易に、利用できるようにすることで協調していく。

 トヨタは、AmazonのAlexa デジタル・アシスタントを、自社の車載システムに組み込むことを開始した、最新の自動車メーカである。

 ドライバーや乗客は、Alexaデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドで、カーナビを使用したり、音楽を再生したり、知りたいニュースや話題をチェックしたり、予定を確認したり、さらに、スマート・ホーム・システムと連携し、サーモスタットや照明などを制御したりできるようになる。

 自動車メーカが、Alexaデジタル・アシスタントを、自分たちの車載システムに組み込む、理由の1つは、音声認識能力が優れていることである。

 また、自動車メーカの顧客は、車載システムに組み込まれた、Alexaデジタル・アシスタントを通して、AmazonのEchoスピーカなどで利用できる、メッセージやニュースのチェック、ボイス・チャット、音楽の再生、スマート・ホーム・デバイスの制御といった、機能、サービス、コンテンツを利用できるようになる。

 トヨタ自動車の他に、Amazonと提携し、Alexaデジタル・アシスタントを、自社の車載システムに組み込み、サポートする、自動車メーカには、Fiat Chrysler、Ford、Hyundai、BMW、Mercedes-Benz、および、日産自動車がいる。

 トヨタとレクサの顧客は、車載システムに組み込まれた、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドで、さまざまな機能、サービス、コンテンツを、安全で、容易に、利用できるようになる。

 Amazonによると、Alexaデジタル・アシスタントのビジョンは、ユーザが、家でも、オフィスでも、移動中に、スマートフォンでも、車でも、どこでも、Alexaと会話して、さまざまな機能やサービスやコンテンツを利用できるようにすることであるという。

 CAN(Controller Area Network)で接続され、相互に連携する、車の、通信制御ユニット(CCU)、パワートレイン制御(PTC)、シャーシーや安全の制御(CSC)、車体の電子モジュール(BEM)、ヘッド・ユニット(HU)などの基盤レイアは、自動車メーカや自動車部品メーカが、長年のノウハウで、得意な分野であり、この車載システムの基盤上に構築される、ユーザ・インタフェース、アプリ、サービス、コンテンツは、AIやデジタル・アシスタント技術などで先行している、Amazon、Google、Apple、Microsoftといった、ITベンダが得意な分野である。

Car1d
 このため、自動車メーカは、部品メーカと協調して、独自の車載システムを開発する、従来の方針から、ITベンダと提携し、使い易く、外部の機能、サービス、コンテンツを利用できるようにする方針に、シフトしている。

 自動車メーカと、音声対応デジタル・アシスタントを提供する、ITベンダの間を、システム・インテグレータ(SI)的に仲介すると共に、プロセッサ、センサー、カメラ、無線技術、画像処理技術などを提供するようなビジネスは、ないだろうか?

 IntelやCiscoが、このタイプのビジネスを模索している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年2月24日 (土)

英国のファッション業界の買い物客は、AI、VR、および、オンラインの、ショッピングへの適用を望んでいる。 '18.02.24

【英国のファッション業界の買い物客は、AI、VR、および、オンラインの、ショッピングへの適用を望んでいる。】 '18.02.24

 Future of Retailの新しい調査によると、ファッション業界の買い物客は、オンライン・ショッピング体験と店内ショッピング体験との密接な統合を望んでいるという。2018年2月20日

Int2
 By Chris Middleton、internetofbusiness

 Future of Retailは、2000人以上の英国のファッション業界の買い物客の行動を調査した。

 この調査は、オンライン店舗チャネルと、実店舗チャネル間の統合の必要性を明らかにしている。

 また、この調査では、ショッピング体験だけでなく、オンライン店舗チャネルと、実店舗チャネルの、それぞれの場所で収集された、データも分析されている。

 この調査結果は、IoTアプリと、コネクティッド経験が、多くのオムニチャネルの小売業者(特に、ファッション業界)の投資家にとって、賢明な投資に成り得ることを示している。

 2000人以上の英国のファッション業界の小売店の、買い物客に対する、アンケート調査の結果を紹介する。

・英国の買い物客の48%は、小売業者が、オンライン店舗であろうと、実店舗であろうと、衣服を着た自分が、どのように見えるかを、実際に見ることができるようになることを望んでいると回答した。

・英国の買い物客の約25%は、オンライン店舗が、仮想現実(VR)、または、拡張現実(AR)システムを介して、利用できる場合、より多くの商品を購入すると回答した。

・英国の買い物客の25%は、小売業者のWebサイトに、自分の写真をアップロードする意志があると回答した。

・英国の買い物客の23%は、オンライン店舗において、デジタル・ミラー、あるいは、仮想試着室を使用したいと回答した。

 「ショッピングの未来」のCiscoの紹介ビデオ

 このレポートは、英国のファッション・ブランドの、MangoやNieman Marcusを含む、いくつかの、ファッション業界の小売業者が、AR、デジタル・ミラー、仮想試着室、サプライ・チェーンや店舗管理プロセスにリンクする、スマートウォッチのアプリなど、さまざまな新しいIoT技術の導入を検討していることを明らかにした。

 デジタル・ミラーや仮想試着室といった技術は、買い物客が、アクセサリーや、他の装飾品を、納得して、購入できるようにする。

 買い物客が、理想的な衣服を、オンライン店舗で見つけることを支援する、AIやマシン学習技術に、投資している、デザイナーのJohn Varvatosといった、他のファッション・ブランドもある。

・英国の買い物客の6%だけが、顧客の以前の購入に基づいて、商品を推薦することにより、オンライン・ショッピングが改善されると思っていると回答した。

・英国の買い物客の94%は、小売店により、推奨された事柄に、納得していないと回答した。

 この事実に対し、小売店は、AIとマシン学習技術で、常に、サプライヤや顧客との関係を深めることに取り組んでいる。

・英国の買い物客の28%は、別の方法で、サプライヤやブランドとの関係を深める意思があると回答した。

 このような買い物客は、気に入ったブランドに、ソーシャル・メディアのプロフィールへのフルアクセスを許可しているという。

・英国の買い物客の30%は、店内での購入に関する情報を、自分たちのオンライン・プロフィールに追加し、ショッピング習慣に対する、単一の視野を作成したいと考えていると回答した。

 この調査は、英国、米国、および、ヨーロッパの、ファッション業界の、多くの小売店が、苦しんでいることを明らかにしている。

 これは、主に、衣服の、見た目や、着心地など体験できるようにすることによる、ビジネス機会を得るためである。

 ファッションを意識した、多くの買い物客は、小売店が、試着した時の、全体的な見た目を確認できるようにするのが、より良いアイデアだと思うと回答した。

 「AlibabaのTmall仮想試着室」の紹介ビデオ

・英国の買い物客の93%は、先月、いくつかの種類のオンライン店舗の製品を注文したと回答した。

・英国の買い物客の43%は、自分たちの衣服のすべてを、実店舗で購入していると回答した。

 この調査は、小売店に、買い物客の興味をそそり、価値のある洞察を提供する。

 多くの英国の買い物客は、実店舗で、衣服を試着するよりも、よりプライベートで、冒険的なので、オンライン小売店で、衣服を試着して購入することを好んでいる。

・英国の買い物客の20%は、公共の場で、衣服を着替えることを、快く感じていないと回答した。

・英国の買い物客の10%は、店舗のスタッフによる、判断や示唆を好んでいると回答した。

 このレポートは、InternetRetailing EXPOにより、発行された。.

 この調査レポートは、買い物行動の有用なスナップショットを提供し、事業の戦略家により、考えられている、コネクティッド技術を明らかにしている。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

MicrosoftのCortanaは、IFTTTを統合し、より多くのデバイスのサポートを追加する。 '18.02.24

【MicrosoftのCortanaは、IFTTTを統合し、より多くのデバイスのサポートを追加する。】 '18.02.24

 MicrosoftのCortanaデジタル・アシスタントは、IFTTTを統合し、より多くのデバイスのサポートを追加する。 2018年2月20日

Int1
 Microsoftは、Cortanaデジタル・アシスタントを、Webアプリ/デバイス・サービス、IFTTT(Webサービス同士が、連携できるようにする、Webサービス)を統合し、より多くのデバイスのサポートを追加する。

 By Rene Millman、internetofbusiness

 Microsoftは、AmazonのAlexa、GoogleのAssistant、AppleのSiriといった、代表的なデジタル・アシスタントとの、激しい競争に直面し、Cortanaのスキルを着実に改善してきた。

 IFTTT(If This Then That)は、2015年に、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントで、2016年に、GoogleのAssistantデジタル・アシスタントで、それぞれ、利用できるようになった。

 IFTTTを統合し、MicrosoftのCortanaデジタル・アシスタントは、さまざまな分野に渡る、プロバイダからの、600以上の、Webサービスを利用できるようになった。

Int1b
 Microsoftによると、IFTTTを使用することで、ユーザは、IFTTTのWebサービスを使用するための、独自のフレーズを作成することにより、ユーザ経験をカスタマイズできるようになる。

 IFTTT経由で、ユーザは、単一のCortanaの音声コマンドから、複数のアクションをトリガーするための、アプレットを使用することができる。

 「Microsoftが、Cortanaで、IFTTTをサポートできるようにした。」 ニュースの紹介ビデオ

 Microsoftによると、ユーザは、例えば、Cortanaデジタル・アシスタントを搭載した、スマート・デバイスに、「Cortana、映画の時間だよ」と語りかけることで、Cortanaが、Hueの照明を暗くし、HarmonyのTVのスイッチをオンにし、Nestのサーモスタットを適切な温度に設定するよう、ユーザ経験をカスタマイズできるようになるという。

 MicrosoftのCortanaデジタル・アシスタントは、Honeywell Lyric、Honeywell Total Connect Comfort、LIFX、TP-Link Kasa、および、Geeniの製品といった、多くの新たなデバイスを制御することができるようになる。

 これらの新たなデバイスは、Windows 10ベース、iOSベース、あるいは、Androidベースのデバイス、および、Harman KardonのInvokeスピーカに組み込まれた、Cortanaデジタル・アシスタントを通して制御される。

 Cortanaデジタル・アシスタントは、既に、Samsung SmartThings、Nest、Philips Hue、Wink、および、Insteonの、多くのデバイスと互換性がある。

 例えば、ユーザは、スマート・デバイスに組み込まれた、Cortanaデジタル・アシスタントに、「Cortana、居間のサーモスタットを、72度に設定して」ということで、Honeywell Lyricや、Honeywell Total Connect Comfortサーモスタットを制御することができるようになる。

 また、ユーザは、LIFX Wi-Fiに接続された、スマート照明の、色や明るさを、調節することができるようになる。

 Windows 10ベースのPCか、Androidベース、または、iOSベースのスマートフォンの、Cortanaアプリで、ユーザは、スマート・デバイスを、容易にセットアップできるようになる。

 ただし、ユーザが、Cortanaデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドで、新たなWebサービスを利用できる、言語は、現在、英語だけである。

 Microsoftは、他の言語や地域のサポートを提供する、時期については、明確にしていない。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年2月23日 (金)

デジタル・ウォレットの比較の紹介(3) '18.02.23

【デジタル・ウォレットの比較の紹介(3)】 '18.02.23

 デジタル・ウォレットの比較の紹介 2018年1月28日

 By Christian de Looper、digitaltrends

 ユーザは、料金を支払ったり、友人や家族に、借りたお金を返したりする場合、スマートフォンのデジタル・ウォレット・アプリを使用して、決済や送金を行うことができる。
 現在、ユーザには、スマートフォンから、決済や送金できるようにする、いくつかのデジタル・ウォレット・アプリの選択肢がある。

Digmone2a_3
 PayPalが、最も良く知られてた、デジタル・ウォレット・アプリであるが、他に、Google Pay(Android PayとGoogle Walletを統合し、再編成する)や、Venmoなどがある。

 また、Square Cash、Apple Pay Cashも、人気のある、デジタル・ウォレット・アプリである。

 「Apple Pay、Google Wallet、Pay Palの比較」紹介ビデオ

 代表的なデジタル・ウォレット・アプリ

    (続き)

3.Venmo
Digmone2d
 Venmoは、過去数年間に、よりポピュラーになり、家族や友達に、送金するための、簡単で、安全で、確実な、送金や決済方法を提供する。

 ユーザは、Venmoの口座を作成した後に、友達リストに、友達を追加するよう、Venmoに依頼することができる。

 これにより、ユーザは、友達に、容易に、送金できるようになる。

 しかし、Venmoの送金や決済サービスを使用する際に、注意すべきことがいくつかある。

 例えば、そのVenmoのチームは、サービスを非常に社会的にしようとした。

 送金する場合、ユーザには、トランザクションを公開にするための、オプションがあるが、このトランザクションの公開を望まない、または、公開する必要がないときに、誤って、間違ったオプションを選択しないよう、注意する必要がある。

 他の送金サービスのように、友達や家族は、ユーザのVermoの口座に送金することも、「チェックアウト」することで、ユーザの銀行の口座に振込むこともできる。

 デビット・カードで、Venmoの口座に送金する時の、手数料は、無料であり、クレジットの場合には、2.9%の手数料がかかる。

4.Square Cash
Digmone2e
 Square Cashは、iPadやiPhne用の、POSシステムで、有名な、Squareにより、構築されれた中で、恐らく、最もよく知られている、送金と決済サービスである。

 一見すると、Square Cash決済サービスを選択する理由は、あまりないが、セールス・ポイントは、口座を設定する必要がないことだろう。

 また、Square Cash決済サービスは、メールと統合されている。

 ユーザは、現金を要求するために、お金の借り手に、どれぐらい貸しているかを、件名に示したメールを送信し、このメールを、request@square.com にCCする。

 メールが、いったん、お金の借り手に、受け取られるようになると、お金の貸し手と借り手の双方は、自分の銀行口座の情報を入力する必要はあるが、Square Cashに、口座を持つ必要はない。

 この送金と決済サービスは、クレジットとデビット・カードでのみ使用でき、ユーザは、Square Cashで、銀行の口座を使用しない。

5.Apple Pay Cash
Digmone2f
 最良のお金の決済アプリは、現金の支払いに適用できる。

 このリストの、他の決済や振込サービスと異なり、ユーザは、iOS 11.2を搭載した、iPhoneスマートフォンを持っていれば、既に、Apple Pay Cashの決済や振込サービスを利用できる。

 これは、ユーザが、仲間のiPhoneスマートフォンの所有者から、あるいは、所有者へ、お金を振り込むために、他のアプリをダウンロードする必要がないことを意味する。

 Apple Pay Cash決済サービスに関して、最良のモノの1つは、iOSとの統合である。

 Apple Payアプリをセットアップすることで、クレジット、あるいは、デビット・カードを使用して、ユーザは、手早く、容易に、Messagesアプリを通して、お金を送金することができる。

 お金を送ったり、受けたりするために、Messagesアプリのスレッドを開き、Apple Payアイコンをクリックすることで、送金する金額を選択して、「リクエスト」、あるいは、「決済」ボタンをクリックする。

 Apple Pay Cash決済サービスの、決済の手数料、送金時間、および、送金金額の制限は、極めて標準的である。

 ユーザは、最大、3000ドルを送金することができ、クレジット・カードを使用するときの、送金手数料は、3%である。

 Apple Pay Cash決済サービスには、少し、欠点がある。

 最も、大きな欠点は、iOSを搭載した、デバイスとのみ、互換性を持っていることであり、Andoidを搭載した、デバイスや、Windowsを搭載した、PCなどとは、互換性がなく、利用できないことである。

 ユーザは、どの決済サービスを使用すべきだろうか?

 ユーザは、自分が必要とするものに依存した、どの決済サービスを使用すべきか?

 ユーザは、オンライン・ショッピング用に、オールインワンのサービスを望むのなら、PayPal決済と送金は、ユーザにとって、明らかに、適切な選択肢である。

 AndroidユーザとGoogleファンは、Googleが、2018年2月に、Google Payを作成するために、Android Payと統合する、Googel Walletを使用することを勧める。

 友達に、お金を、手早く送金したい、ユーザ向けに、Venmo決済と送金サービスは、人気のある、優れたオプションである。

 ユーザは、口座を作成したり、あるいは、余分な手順を踏むことに、煩わされたくないと思ったら、Square Cash決済サービスは、素晴らしいソリューションになるだろう。

 ユーザが、iPhoneユーザで、他のiPhoneユーザから、お金を、互いに、送金したいなら、Apple Pay Cash決済と送金サービスは、最良の選択肢になるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

デジタル・ウォレットの比較の紹介(2) '18.02.23

【デジタル・ウォレットの比較の紹介(2)】 '18.02.23

 デジタル・ウォレットの比較の紹介 2018年1月28日

 By Christian de Looper、digitaltrends

 ユーザは、料金を支払ったり、友人や家族に、借りたお金を返したりする場合、スマートフォンのデジタル・ウォレット・アプリを使用して、決済や送金を行うことができる。
 現在、ユーザには、スマートフォンから、決済や送金できるようにする、いくつかのデジタル・ウォレット・アプリの選択肢がある。

Digmone2a_2
 PayPalが、最も良く知られてた、デジタル・ウォレット・アプリであるが、他に、Google Pay(Android PayとGoogle Walletを統合し、再編成する)や、Venmoなどがある。

 また、Square Cash、Apple Pay Cashも、人気のある、デジタル・ウォレット・アプリである。

 代表的なデジタル・ウォレット・アプリ

     (続き)

1.PayPal
Digmone2b

 PayPalは、最もよく知られた、デジタル・ウォレット・サービスであり、オンライン・ショッピングでも、以前から、利用されており、家族や友人との間で、送金するのに使用できる。

 PayPalのユーザ・インタフェースは、再デザインされたおかげで、極めて使い易くなっている。

 ユーザは、PayPal口座を開き、単に、「送金」ボタンを押し、指示に従って操作するだけで、数秒で、送金することができる。

 PayPalは、このデジタル・ウォレット・サービスを、銀行の口座に接続したくない場合は、手数料が、最も高価な選択肢になるので、PayPalを利用する場合は、銀行の口座に接続することが、推奨される。

 ただし、ユーザは、1トランザクションで、最高、1万ドルまで、送金することができる。

 PayPalクレジットのユーザは、余分な口座を持つ必要がないので、PayPalを好むだろう。

2.Google Wallet
Digmone2c
 Googleは、2種類の決済アプリ、Android PayとGoogel Walletを、Google Payに統合するが、どのように統合されるかは、あまり明確ではない。

・Android Payは、ユーザが、小売店で、非接触決済を行うことも、オンラインで決済することもできるようにする、決済アプリである。

・Google Walletは、家族や友人などに、送金できるようにする、ピアツーピアの送金アプリである。

 Google Walletで、ユーザは、1トランザクションで、最高、9999ドルまで、決済することができる。

 Google Walletの特徴には、他のGoogleサービスとの統合がある。

 例えば、Gmailでは、メッセージの下にあるツールバーの、小さなドル記号を押すだけで、送金を依頼することもできる。

 ユーザは、殆どのAndroidスマートフォン上の、デフォルトのテキスト処理サービス、Android Messagesを通して、送金することもできる。

 実際に、Google Walletアプリを使用することを選択した場合、ユーザは、オプションを押して、受信者のメール・アドレス、または、電話番号を入力するだけで、送金することができる。

 ユーザは、指紋センサー、または、Face IDを使用して、このGoogle Walletアプリを、アンロックすることができる。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

デジタル・ウォレットの比較の紹介(1) '18.02.23

【デジタル・ウォレットの比較の紹介(1)】 '18.02.23

 デジタル・ウォレットの比較の紹介 2018年1月28日

 By Christian de Looper、digitaltrends

 ユーザは、料金を支払ったり、友人や家族に、借りたお金を返したりする場合、スマートフォンのデジタル・ウォレット・アプリを使用して、決済や送金を行うことができる。
 現在、ユーザには、スマートフォンから、決済や送金できるようにする、いくつかのデジタル・ウォレット・アプリの選択肢がある。

Digmone2a
 PayPalが、最も良く知られてた、デジタル・ウォレット・アプリであるが、他に、Google Pay(Android PayとGoogle Walletを統合し、再編成する)や、Venmoなどがある。

 また、Square Cash、Apple Pay Cashも、人気のある、デジタル・ウォレット・アプリである。

 代表的なデジタル・ウォレット・アプリの比較表

1.Paypal

互換性       :Android, iOS, Web

決済方法     :クレジット、デビット、銀行の振込

クレジット料    :2.9%

デビット料      :2.9%

銀行の振込料 :無料

出金スピード   :1~2日

最高振込金額 :10000ドル

特別な機能   :PayPal.meとリンクを共有できる。

2.Google Wallet

互換性       :Android, iOS, Web

決済方法     :クレジット、デビット、銀行の振込

クレジット料     :2.9%

デビット料      :無料

銀行の振込料 :無料

出金スピード   :1~3日

最高振込金額 :9999ドル

特別な機能   :他のGoogleサービスと統合できる。

3.Venmo

互換性       :Android, iOS, Web

決済方法     :クレジット、デビット、銀行の振込

クレジット料     :2.9%

デビット料      :無料(インスタント送金は25セント)

銀行の振込料  :無料

出金スピード    :1日

最高振込金額  :3000ドル

特別な機能    :銀行に手早く送金できる。

4.Square Cash

互換性        :Android, iOS, Web

決済方法      :クレジット、デビット・カード

クレジット料     :3%

デビット料      :3%

銀行の振込料 :利用不可

出金スピード   :1~2日

最高振込金額 :2500ドル

特別な機能    :アカウントをセットアップする必要がない。

5.Apple Pay Cash

互換性       :iOS

決済方法     :クレジット、デビット・カード

クレジット料    :3%

デビット料      :無料

銀行の振込料 :利用不可

出金スピード   :1~3日

最高振込金額 :10000ドル

特別な機能 iOSで自動的に利用できる。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年2月21日 (水)

トヨタ自動車は、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを、車の車載システムに組み込む。 '18.02.21

【トヨタ自動車は、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを、車の車載システムに組み込む。】 '18.02.21

 トヨタ自動車は、これまで、AmazonのEchoスピーカなどに搭載されていた、Alexaデジタル・アシスタントを、2018年内に、トヨタやレクサの車の車載システムに組み込むことで、Amazonと提携すると発表した。2018年1月10日

Bi1
 By Cork Gaines、Business Insider

 トヨタは、Echoスピーカの製品ラインに組み込まれた、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを、トヨタやレクサの車の車載システムに組み込むと発表した。

Toyotaalexa
 これは、現在、トヨタの該当する車を持っているユーザや、これから購入する予定のユーザ、および、AmazonのEcho Dotスピーカなどで、Alexaデジタル・アシスタントを使用している、ユーザにとって、良いニュースである。

 これまで、6ヶ月間、筆者は、Echo Dotスピーカを、車に持ち込んで、音声コマンドで、車載システムを制御していたが、将来は、車載システムに、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントが、組み込まれ、Echo Dotスピーカやスマートフォンなどがなくても、Alexaデジタル・アシスタントを通して、車載システムを制御できるようになる。

 これにより、ユーザは、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを、何時でも、何処でも、さまざまなデバイスで、利用できるようになり、相互に連携させることが可能になる。

 「AmazonのEcho Dotスピーカが、素晴らしい車にする。」記事のビデオ

 車に、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを搭載した、Echo Dotスピーカを持ち込んで、ライター・ソッケットに差し込み、Wi-FiやBluetoothで、車載システムと接続することで、Alexaデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドで、車載システムを操作できるようになる。

 これにより、例えば、ユーザは、音声コマンドで、気に入った音楽を再生したり、最寄りのレストランまで、ナビゲートして貰ったり、オーディオ書籍を聴いたり、メールや予定を確認したり、知りたい分野のニュースや話題をチェックしたり、さらに、家のサーモスタットや照明などを制御したり、できるようになる。

 筆者は、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドで使用する、車載システムが、今までに使用した中で、最高の車載システムであると感じている。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Amazon Alexaデジタル・アシスタントが、トヨタとレクサの車に搭載される。 '18.02.21

【Amazon Alexaデジタル・アシスタントが、トヨタとレクサの車に搭載される。】 '18.02.21

 トヨタ自動車は、AmazonのAlexa音声対応デジタル・アシスタントが、2018年に、米国において、トヨタとレクサの車の車載システムに組み込まれるようになると発表した。2018年1月9日

Cnet1
 by Ben Fox Rubin、cnet

 トヨタ自動車は、2018年に、米国で、トヨタとレクサスの車の車載システムに、AmazonのAlexa音声対応デジタル・アシスタントを組み込むと発表した。

 音声は、特に、車の中において、自然で、安全な、コミュニケーションの方法である。

 自動車は、Alexaや他の音声対応デジタル・アシスタントが、新たに適用された分野である。

 Alexaデジタル・アシスタントは、音声コマンドで、音楽を再生したり、ドライバーをナビゲートしたり、ニュースを確認したり、便利な機能やサービスを利用できるようにする。

 音声コマンドは、ドライバーが、ハンズフリーで、さまざまな機能やサービスを利用できるようにすることで、視点を前方に、維持できるようにし、安全運転を支援する。

 Amazonは、Alexaデジタル・アシスタントを、最初に、家庭にもたらし、次に、職場にもたらした。

 Amazonは、ユーザが、さまざまな場所で、何時でも、Alexaデジタル・アシスタントを利用できるようにした。

 今回、Amazonは、Alexaデジタル・アシスタントを、車で利用できるようにした。

 ユーザは、家を出るときに、車のカギを開けたり、エンジンをかけたりすることもできるようになる。

 ユーザは、音声コマンドで、音楽を再生したり、最寄のレストランを見つけて、推奨したり、行き方を案内して貰ったりできるようになる。

 さらに、ユーザは、車上から、家のサーモスタットや、照明を、Alexaデジタル・アシスタントを通して、家に着く前に、制御できるようになる。

 Alexaデジタル・アシスタントを使用した、トヨタのモデルは、2019年に、利用できるようになる。

 Amazonは、2017年に、Fordと提携し、Alexaデジタル・アシスタントを、同社のいくつかのモデルの車載システムに組み込んだ。

 CES 2018で、Amazonは、中国の電気自動車メーカ、Byton、日本の電気メーカ、パナソニック、および、米国の電子部品メーカ、Ankerとパートナーを組んだと発表した。

 Amazonによると、同社のe-Paletteと呼ばれる、自動運転シャトルで、トヨタと提携したという。

Cnet1b
 「トヨタのe-Palette自動運転シャトルのコンセプト」紹介ビデオ

 トヨタのe-Palette自動運転シャトルは、シャトル・バスだけでなく、配車サービスや配達サービスなどの分野で、利用できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

AmazonのAlexa音声アシスタントが、2018年に、トヨタ自動車の車に搭載される。 '18.02.21

【AmazonのAlexa音声アシスタントが、2018年に、トヨタ自動車の車に搭載される。】 '18.02.21

 2018年に、AmazonのAlexa音声対応デジタル・アシスタントが、何種類かのトヨタとレクサスの車に搭載される。 2018年1月10日

Dis1
 By japantimes

 CES 2018において、Amazonは、ドライバーや乗客が、Alexa音声対応デジタル・アシスタントを通して、音声コマンドによる、ハンズフリー操作で、カーナビ機能、音楽の再生、ニュースなどの確認を行うことができるようになることを紹介した。

 トヨタとレクサの車の車載システムに搭載された、AmazonのAlexa音声対応デジタル・アシスタントは、スマート・ホーム・デバイスと同期され、ドライバーや乗客が、車の中から、移動中に、家の照明やサーモスタットといった、スマート・ホーム・デバイスを制御できるようにする。

 Amazonは、Alexa音声対応デジタル・アシスタント・プラットフォームを搭載した、Echoスピーカといった、スマート・デバイスを普及させ、顧客が、Alexaデジタル・アシスタントとの会話を通して、オンライン・ショッピングで、容易に、気に入った商品を見つけて、購入したり、ストリーミング音楽を再生したり、ニュースや天気予報などを確認したり、メッセージや予定を確認したり、できるようにしている。

 今回、トヨタ自動車は、AmazonのAlexa音声対応デジタル・アシスタントを搭載した、車載システムを提供している、あるいは、提供を表明している、他の自動車メーカに加わる。

 ちなみに、既に、AmazonのAlexa音声対応デジタル・アシスタントを搭載している、あるいは、搭載する計画を表明している、自動車メーカには、Fiat Chrysler Automobiles NV、日産自動車、Hyundai Motor、Daimler AG、BMW AG、および、Ford Motorがいる。

 また、パナソニックなどの車載システムに、AmazonのAlexa音声対応デジタル・アシスタントが組み込まれる。

 「CES 2018でのパナソニックのハイライト」紹介ビデオ

参考 : 【Panasonicが、CES 2018で、車載システムに、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを統合すると発表した。】 '18.02.18

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Googleは、IoTのリーダとして、Samsungの元CTOのInjong Rhee氏を雇用した。 '18.02.21

【Googleは、IoTのリーダとして、Samsungの元CTOのInjong Rhee氏を雇用した。】 '18.02.21

 Googleは、IoT分野のリーダとして、Samsungで、ソフトウェアやサービスのR&Dの責任者であった、Samsungの元CTOのInjong Rhee氏を雇用した。 2018年2月16日

Dis2
 By Sooraj、internetofbusiness

 Googleは、IoT分野のリーダとして、Samsungで、ソフトウェアやサービスのR&Dの責任者であった、Samsungの元CTOのInjong Rhee氏を雇用した。

 2017年12月に、Samsungを離れた、Injong Rhee氏は、スマート・ホーム分野の起業家として、Googleに雇用され、IoTビジネスをリードしていく。

 GoogleとAlphabetは、この数年間に、多くのIoT関連製品をリリースした。

 例えば、2016年に、Googleは、IoT対応デバイス向けの、IoTプラットフォームとして、軽量なオペレーティング・システム、「Android Thing」の提供を開始している。

Dis2c
 また、Googleは、管理された、IoTサービス、「Cloud IoT Core」の提供を開始した。

Dis2b
 Googleは、スマート・ホーム・デバイス向けの、オープン・ソースのIoT基盤を確立することにも、取り組んでいる。

Dis2c_2
 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2