IT関連の記事

2021年2月27日 (土)

Samsungのスマート・グラスのコンセプト・ビデオのリークが、明らかにされた。'.21.2.27

【Samsungのスマート・グラスのコンセプト・ビデオのリークが、明らかにされた。】'.21.2.27

 WalkingCatという名前のリーカーによる、Samsungのスマート・グラスのコンセプト・ビデオのリークで、「Samsung Glasses Lite」が紹介された。2021年2月22日

Dt0a_20210227204901

 By Alex Blake、digital trends

 「Samsung Glasses Lite」という、Samsungのスマート・グラスのコンセプト製品のビデオが、WalkingCatという名前のリーカーによって、リークされた。

 最近、WalkingCat氏は、Samsungの、コンセプト製品の公式ビデオを、Twitterで共有した。

・最初のビデオは、「Samsung Glasses Lite」と呼ばれる、スマート・グラスのコンセプトを紹介している。

 このコンセプト・ビデオによると、「Samsung Glasses Lite」という、スマート・グラスは、普通のメガネの形をしている。

 このコンセプト・ビデオでは、ユーザが、「Samsung Glasses Lite」と呼ばれる、スマート・グラスをかけて、映画を見たり、メールを読んだり、メールを作成したりしている様子が、紹介されていた。

 コンセプト・ビデオでは、このスマート・グラスをかけた、ユーザの目の前に、フローティング・スクリーンが現れ、コンテンツが表示されていた。

 このスマート・グラスをかけた、ユーザが、自分の位置を変えても、目の前に、フローティング・スクリーンが現れ、コンテンツが、表示される。

 このスマート・グラス「Samsung Glasses Lite」には、「サングラス・モード」があり、このメガネのレンズに色が付く。

 WalkingCat氏により、共有された、2番目のビデオは、「Samsung AR Glasses」と呼ばれる、「Samsung Glasses Lite」の、より高度な版が、紹介されていた。

 これらのコンセプト・ビデオによると、これら2種類の、スマート・グラスの違いは、「Samsung Glasses Lite」は白く、「Samsung AR Glasses」は黒いことである。

 機能的な違いは、「Samsung AR Glasses」には、より高度な拡張現実(AR)機能を持っていることである。

 この「Samsung AR Glasses」をかけると、ユーザは、自分の目の前に表示される、拡張現実(AR)スクリーンと、対話できるようになる。

 このコンセプト・ビデオで、この「Samsung AR Glasses」をかけた、ユーザが、ジェスチャーで、コンテンツの一部を拡大していた。

 このジェスチャーは、コンテンツの一部を拡大するための、スマートフォンのユーザに、馴染みのある、動作である。

 このコンセプト・ビデオで、ユーザは、通話を受けるために、「着信許可」ボタンをタップしていた。

 次に、「Holoコール」の一部として、ユーザの目の前に、2人の人が現れた。

 3番目のジェスチャーは、「Samsung AR Glasses」をかけたユーザが、家のモデルを、フルサイズのレプリカに、拡張できるようにした。

 コンセプト・ビデオによると、ユーザは、拡張した、フルサイズのレプリカの中を、歩き回ることができていた。

 2つのコンセプト・ビデオは、Samsungが、2つの異なった、ユーザを対象にした、拡張現実(AR)機能を持つ、スマート・グラスを対象にしていた。

 これらのビデオでは、これら2つの、スマート・グラスの価格を提示していないが、より高度な機能を持つ、「Samsung AR Glasses」の価格は、一般のユーザでは、購入できない程、高価になるだろう。

Dt0d_20210227210801


 「Samsung AR GlassesとGlasses Liteの紹介」ビデオ


 これに対し、それ程、高度でない、スマート・グラス、「AR Glasses Lite」の価格は、一般のユーザでも、購入できる、価格に設定するだろう。

Dt0b_20210227210901


 「Samsung Glasses Lite」の紹介ビデオ

 Samsungは、過去に、拡張現実(AR)ヘッドセットの特許を取得していた。

 この特許は、Samsungが、拡張現実(AR)スマート・グラスの分野に参入することを、考慮していることを示している。

 これらの特許は、実際の製品として、実現されるかどうか不明であるが、最新のコンセプト・ビデオで、Samsungが、拡張現実(AR)スマート・グラスの製品化に取り組んでいるのは、確かなようだ。

デル株式会社

2021年2月15日 (月)

2021年に、注目すべき、e-ラーニングのトレンド(2)'21.02.15

【2021年に、注目すべき、e-ラーニングのトレンド(2)】'21.02.15

 コロナウィルスの感染の拡大で、世界の企業は、ビジネスの運営方法を再考して、従業員を再教育することを強いられている。2020年12月16日

 By trainingzone

 コロナウィルスの感染の拡大で、世界の企業は、混乱し、ビジネスを変革することを模索しており、ビジネスの運営方法を再考し、従業員を再教育することを強いられている。

 企業は、ビジネスの変革において、今年は、従業員のスキルを向上させ、再スキルさせることに取り組んでいる。

 筆者らは、今後、2~3年は、企業が学習の景観を、再形成することが、主なトレンドになると見ている。

 コロナウィルスの感染拡大は、予測できない、課題を作成した。

 コロナウィルスの感染拡大の課題で、企業は、家で仕事をしたり、リモート作業したり、代替の作業方法を模索しており、オンラインで、仮想トレーニングを実施している。

 従業員の仮想的なトレーニングは、リモート作業や、在宅学習のために、使用されている。

 家で、仕事や学習をすることは、新たな常識(ニューノーマル)になってきた。

 いくつかの調査によると、家で仕事をすることで、従業員が、自分たちの仕事の生産性を向上させることができたという。

 コロナウィルスの感染拡大は、企業の混乱を強いてきた。

 家で仕事をすることは、今後、数年間に、トレンドになると理解することは、重要である。

 2021年における、企業が、ビジネスを変革するために採用する、技術のトレンドを見てみよう。

1.技術のトレンド

    (続き)

3)パーソナライズされた学習

 パーソナライズされた学習は、性能と共に、学習者の選択に基づいて、学習コンテンツとアクティビティを提供することを意味する。

 学習者が、自分たちが選択した、学習モジュールを取得するのを支援するために、以前の選択に基づいて、予め査定されるか、推奨された、学習パスと共に使用される。

 筆者らは、パーソナライズされた学習が、2021年に、トップのトレンドになり続けるだろう。

 筆者らは、人工知能(AI)、評価エンジン、および、他のツールと共に、パーソナライズされた学習が、使用されているのを見た。

 パーソナライズされた学習は、L&Dチームに、必須になってきた。

 パーソナライズされた学習は、学習の基本的な形態として、2022年にも、新たな波になる可能性がある。

4)アダプティブ学習

 アダプティブ学習において、学習のパーソナライズは、アルゴリズム、信頼ベースの評価、および、トレーニングへの、コンピタンス・マッピングを使用して、発生する。

 アダプティブ学習で、従業員は、柔軟な学習スケジュールを持っている。

 学習者は、アダプティブ学習で、自分たちの学習パスを選択することができる。

 学習者は、アダプティブ学習を使用して、自分たちのペースで、コンテンツから、学ぶことができる。

 従業員は、アダプティブ学習のトレーニングを、作業としてではなく、機会として、認識している。

 アダプティブな学習は、学習者が、適切な間隔と学習量において提供される、正しい知識を、確実に得られるようにするだろう。

 アダプティブ学習は、2021年以降、主なトレンドになるだろう。

5)学習経験プラットフォーム

 学習経験プラットフォーム(LXP)は、従業員のスケールが、次のレベルになるのを支援するために、パーソナライズされた、対話型の経験を提供するのに、以前よりも多く使用される。

 LXPの実装の目的は、学習者が、専門知識を交換するための、プラットフォームを提供することであり、この学習経験プラットフォームは、容易で、オープンである。

 LXPは、学習者主導ではなく、管理者主導の、従来の学習管理システム(LMS)の、良い代替として、見られている。

 LXPは、今後、数年間に、より多くの、学習者に優しい機能を追加していくだろう。

6)マイクロ学習プラットフォーム

 マイクロ学習プラットフォームは、2020年に、成長してきた。

 今後、マイクロ学習プラットフォームは、インパクトのある、学習をアクセスするために、学習者向けの、強力なツールとして、成長を続けるだろう。

 学習者が、手早く、効果的に、学ぶことを支援することを目的にした、いくつかのマイクロ学習プラットフォームがある。

 自分たちのコア戦略として、いくつかの評価を使用するものもあれば、コースやゲームを使用して、学習を定着させるものもある。

 マイクロ学習プラットフォームは、性能に重点が置かれており、組織が豊富な報酬を獲得するのに役立っている。

 「Tesseract Learning」は、強力な、マイクロ学習プラットフォームの提供を開始した。

 「KREDO」は、組織が、数分で、マイクロ学習コースを作成し、発行して、学習者が、直感的な分析で、学習者の性能を追跡するのを支援する。

 「KREDO」は、組織が、学習介入の、すべてのタイプに対する、継続的な学習パラダイムを使用するのに役立つ。

 学習介入のタイプの学習パラダイムには、正式の仮想教室や、デジタル学習授業などがある。

 2021年以降、支配する、学習コンテンツのトレンドを紹介する。

   (続く)

デル株式会社

2021年における、教育用のリモート学習ツールへのガイド(2)'21.02.15

【2021年における、教育用のリモート学習ツールへのガイド(2)】'21.02.15

 技術ソリューションは、リモート学習を成功に導くことができるようにする。

 By teamtreysta

 リモート学習を促すために、教師や生徒は、どのツールを、使用したらいいのだろう?

 教育機関は、リモート学習を成功させる、ツールとコツを発見しよう。

 この記事を読んでいるのなら、リモート学習を促すための、ツールを見つけたいと思うだろう。

 コロナウィルスの感染拡大が、多くの組織に影響を与えた。

 教育機関は、コロナウィルスの感染拡大の状況に、対応しなければならない。

 リモート学習は、教育機関が、教師や生徒に、仮想的に授業を行えるようにしたり、生徒が、自分のペースで学習したり、できるようにする、対応方法の1つである。

     (続き)

2.学習管理とコラボレーション・ソリューションとは何だろう?

 学習管理とコラボレーション・ソリューションは、学生、教育者、および、管理者の間での情報の共有を容易にする。

 学習管理とコラボレーション・ソリューションには、「Bisk」、「Microsoft Teams」、および、「Raftr」などがある。

・Microsoft Teamsは、課題の割り当て、会議のスケジュール、および、重要なファイルでのコラボレーションを簡素化する。

 例えば、学生は、Microsoft Teamsを使用して、自宅にいるときでもグループで作業できます。

・Raftrは、プライベートとパブリックのチャット・チャネルを提供し、Biskは、戦略的な学習計画をサポートします。

 これらの学習管理とコラボレーション・ソリューションは、さまざまな規模の仮想教室機能をサポートする。

 教育者と管理者は、これらのソリューションを使用して、会議をスケジュールし、基盤として機能することにより、長期的なテストと課題の、戦略的な学習計画をサポートする。

 教室の教師は、これらのソリューションを使用して、オンラインの授業計画を調整することができる。

 ただし、これらのソリューションにアクセスできる人を規制することは、不可欠である。

 これらのソリューションは、誰が、チャネルを作成でき、コンテンツを監視でき、コラボレーション・ファイル間で、学習者をリンクできるかを、定義することができる。

 アクセスを積極的にゲーティングすることで、きめ細かい制御が可能になる。

 広範なアクセス許可は、全体的なリスクを高め、事後対応型の環境を作成する。

 プロアクティブに、ゲートされたアクセスで、リスクを回避する必要がある。

 スタッフと学生の2要素認証で、セキュリティを強化し、アカウントが侵害される可能性を減らすことができる。

   (続く)

デル株式会社

Surface Pro 7+ for Businessは、より優れた性能と便利さを追加する。'21.02.15

【Surface Pro 7+ for Businessは、より優れた性能と便利さを追加する。】'21.02.15

 Surface Pro 7+ for Businessは、より優れた性能と、便利な機能(取り外し可能なSSDやオプションのLTEサポートなど)を、デタッチャブル、2-in-1ラップトップに追加する。2021年2月13日

Ces0a_20210215112301

 By PCmag

 Surface Pro 7+ for Businessは、Windows 10 Proを搭載した、ビジネス・ユーザや、モバイル・ユーザの、デタッチャブル・タイプの、2-in-1ラップトップである。

Ces0b_20210215112401


「Surface Pro 7+ for Business」の特徴

利点:

・第11世代のIntel「TigerLake」プロセッサによる、性能の向上
・長寿命バッテリー
・適切に実装された、キックスタンドと高品質のデザイン
・1080ピクセルのWebカメラ
・USB-Cポート

欠点:

・高価なキーボードは別売
・Thunderboltはサポートされていない

価格:

・Microsoftストアで、899.99ドル

 2019年に発売された、Surface Pro 7は、Microsoftの、取り外し可能な、2-in-1製品ラインの最初の製品である。

 Surface Pro 7+ for Businessは、より優れた性能(主に、第11世代Intel「TigerLake」プロセッサ)と、便利な機能(取り外し可能なSSDやLTEサポート・オプションなど)を、デタッチャブル、2-in-1ラップトップ、Surface Pro 7に追加する。

Ces0c_20210215112501


仕様

・オペレーティング・システム:Windows 10 Pro

・ディスプレイ:12.3インチPixelSense、3:2アスペクト比、解像度(2736 x 1824 dpi)

・プロセッサ

11th Gen Intel Core i3-1115G4 (Wi-Fi)
11th Gen Intel Core i5-1135G7 (Wi-Fi or LTE)
11th Gen Intel Core i7-1165G7 (Wi-Fi)

・グラフィクス

Intel UHD Graphics (i3)
Intel Iris Xe Graphics (i5, i7)

・メモリ

8GB or 16GB LPDDR4x (Wi-Fi or LTE)
32GB LPDDR4x (Wi-Fi)

・ストレージ

128GB SSD or 256GB SSD (Wi-Fi or LTE)
512GB SSD or 1TB SSD (Wi-Fi)

・背面カメラ

8MP オートフォカス(1080p)

・前面カメラ

5MP (1080p)

・セキュリティ

TPM 2.0
Windows Hello顔認証カメラ

・接続性

Bluetooth 5.0
Wi-Fi 6 802.11ax
4G Snapdragon X20 LTEモデム(オプション)

・ポート

USB-C x 1
USB-A x 1
microSDXC x1
Surface Connect+ x1
Surface Keyboardコネクタ x1
3.5mmヘッドフォンジャック

・バッテリー

最大15時間 (Wi-Fi)
最大13.5時間 (LTE Advanced)

・サイズ

11.5" x 7.9" x 0.33" (292 mm x 201 mm x 8.5 mm)

・重さ

i3、i5:1.70 lb (775 g)
i7:1.74 lb (790 g)

・カラー:

プラチナ
ブラック

・価格

899ドルから

・販売開始

2021年1月中旬

Ces0d_20210215112701


 Surface Pro 7+ for Businessは、技術的には、Windowsタブレットになるが、その性能と機能により、真の競争相手は、13インチのコンバーチブル・タイプの、2-in-1ラップトップである。

Ces0e_20210215131101

デル株式会社

2021年2月14日 (日)

2021年に、知らなければならない、e-ラーニングの傾向(6)'21.02.14

【2021年に、知らなければならない、e-ラーニングの傾向(6)】'21.02.14

 e-ラーニングの世界は、コロナウィルスの感染拡大の状況で、着実に発展してきた。

 By daninstitute

 このため、e-ラーニング市場は、世界的な封鎖のため、急速に成長してきた。

 教師と学習者は、2021年に、教育や学習が、どのように変化するのかや、e-ラーニングのトレンドを、心配している。

 2021年における、e-ラーニングの需要とトレンドは、オンラインの遠隔教育に、さらに、シフトしていった。

 2021年における、いくつかのe-ラーニングのトレンドを紹介する。

    (続き)

8)人工知能(AI)
Dr1d


 学習者、または、ユーザ向けの、カスタム・トレーニング・パスのニーズは、人工知能(AI)のインストラクターにより、満されることが可能になる。

 AIは、既に、文脈的な学習に影響を与えている。

 AIは、学習者の行動を分析し、観察し、そこから洞察を得て、データに基づいて、カスタマイズされた学習パスを提供する。

 この兆候は有望であり、2021年には、AIが、よりポピュラーになることが、予想されている。

9)アダプティブ・ラーニング

Dr1e


 アダプティブ・ラーニングは、新しい分野ではなく、しばらく前から存在しているが、新たな技術の開発により、次のレベルにシフトしている。

 人工知能(AI)や、拡張現実(AR)などの技術は、アダプティブ・ラーニングを大幅に強化し、学習プロセスを、よりパーソナライズした。

 パーソナライズの傾向は、「Generation Z」としても知られる、新世代から始まり、パーソナライズされた学習経験が、組織にとって有益であることが観察されている。

 アダプティブ・ラーニングは、学習者に固有のアダプティブで、パーソナライズされた、フィードバックを提供する、アルゴリズムを使用することで、企業のトレーニングを完全に変えた。

 これにより、学習者は、自分に合った方法やペースで、学習やトレーニングを進めていくことができるようになる。

 いくつかの利点があるため、2021年に、AIやARで強化された、アダプティブ・ラーニングの採用が、さらに増えるだろう。

デル株式会社

2021年2月13日 (土)

2021年における、教育用のリモート学習ツールへのガイド(1)'21.02.13

【2021年における、教育用のリモート学習ツールへのガイド(1)】'21.02.13

 技術ソリューションは、リモート学習を成功に導くことができるようにする。

 By teamtreysta

 リモート学習を促すために、教師や生徒は、どのツールを、使用したらいいのだろう?

 教育機関は、リモート学習を成功させる、ツールとコツを発見しよう。

 この記事を読んでいるのなら、リモート学習を促すための、ツールを見つけたいと思うだろう。

 コロナウィルスの感染拡大が、多くの組織に影響を与えた。

 教育機関は、コロナウィルスの感染拡大の状況に、対応しなければならない。

 リモート学習は、教育機関が、教師や生徒に、仮想的に授業を行えるようにしたり、生徒が、自分のペースで学習したり、できるようにする、対応方法の1つである。

 世界中で、コロナウィルスの感染拡大の問題が、続いているので、家で学習できるようにする、リモート学習が、重要になる。

 何社かの学校は、実際のクラスと仮想的なクラスの両方を、教師と生徒に提供している。

 今後、生徒が、実際のクラスに、戻るかどうかは、明確ではない。

 教師や生徒は、家から、オンラインで、仮想的な教室に参加するなら、コロナウィルスに感染するリスクなく、授業を続けることが可能になる。

 適切なツールで、教師や生徒は、リモート学習を楽しむことができる。

 多くの開発者が、仮想学習をサポートするために、ステップアップしてきたので、多くのリモート学習ツールが、提供されるようになってきた。

 これらのプログラムは、異なった能力や機能を提供する。

 適切なプログラムを選択することは、難しいかも知れない。

 適切でないオプションを選択すると、教師や生徒は、リモート学習に、不満を持つようになる。

 顧客は、しばしば、自分たちを支援することのできる、リモート学習ツールに関して、「TREYSTA Technology Management」に、聞くことができる。

「TREYSTA Technology Management」は、ITソリューションを、顧客に提供する。

 この記事は、教育用の、仮想的な学習ツールへのガイドを提供する。

 学習管理プログラムは、教師と生徒が、家にいながら、楽しく学習できるようにする。

1.学習管理ソリューションとは何だろう?

Dr1c


 学習管理ソリューションには、Google Classroom、Kahoot、および、Top Hatなどがある。

 これらの学習管理ソリューションは、教師が、オンラインで、生徒たちと議論したり、スライドを見せたり、課題を作成したり、Pear DeckやClasscraftといった、3rdパーティの学習プログラムを統合したり、できるよう支援する。

 学習管理ソリューションは、レッスンの計画、課題、および、プロジェクトの作成と展開を効率化した。

 学習管理ソリューションは、仮想的な学習に、教室経験をもたらす。

 学習管理ソリューションは、ユーザが、ソフトウェアをダウンロードしたり、新たなハードウェアを設置したりする、必要のない、クラウド・ベースのソリューションである。

 「Google Classroomの紹介」ビデオ

 教師は、仮想的な教室に、生徒を招待するために、これらのツールを使用する。

 教師は、これらのツールを使用して、クイズを共有したり、課題を投稿したり、仮想的なオフィス・アワー(教師が、担当している授業についての、質問や勉強方法等についての相談に応じる時間)を、設定したりできるようになる。

 これらのソリューションは、学校が、強固な仮想学習経験を開発するのに役立つだろう。

 ただし、これらのツールの公開性は、個人を特定できる情報を保護するために、生徒のデータを監視する必要があるだろう。

 学習管理とコラボレーション・ソリューションは、チームワークを改善し、コミュニケーションを円滑にする。

     (続く)

デル株式会社

2021年2月11日 (木)

Charlotte市の女性が、電動バイクで、配達サービスを開始した。'21.02.11

【Charlotte市の女性が、電動バイクで、配達サービスを開始した。】'21.02.11

 7th Street Public Marketで、Janelle Doyleさんは、かなり忙しくなってきた。2020年11月22日

 By Maranda Whittington、Charlotte

 Charlotte市の女性が、電動バイクを使用した、配達サービスのビジネスを開始した。

Cnet2e_20210211212701


 Charlotte市の女性、Janelle Doyleさんは、この3年間、フード・ホールで、グルメケトル・コーンを販売してきた。

 しかし、コロナウィルスの感染拡大で、フード・ホールが閉鎖され、Janelle Doyleさんは、他のビジネスに変えることが必要になった。

 Janelle Doyleさんは、電動バイクで、さまざまなものを配達する、「Intown E-Delivery Service」と呼ばれる、新しい配達サービスを開始することに決めた、Ward氏に出会った。

 これにより、Doyleさんは、7th Street Public Marketで、低コストで、食事や食品を中心とした、配達サービスを提供することになった。

 Ward氏によると、電動バイクを使用することで、配達コストを下げることができ、スタッフを維持できるようになるという。

 Ward氏は、このビジネスを展開する上で、Charlotte City Centerの助成金を獲得した。

 この助成金で、Janelle Doyleさんは、電動バイクを購入し、地元のレストランの食事を配達するサービスのビジネスを開始した。

 Ward氏は、食品や食事の配達サービスを、Plaza Midwood地区とUptown地区で開始し、South End地区とNoDA地区に広げていく。

 Charlotte市の女性、Janelle Doyleさんは、既に、Doyle氏の事業を含む、16カ所に、事業を展開している。

 Doyleさんは、タブレットを持ってきて、オンラインで、アプリをセットアップして、レストランのメニューを表示した。

 Doyleさんは、開始したIntown Delivery事業に、エキサイトしている。

 Doyleさんは、コロナウィルスの感染の拡大の状況において、この配達サービスが、地域の他のビジネスを助けることを、理解していた。

 Doyleさんは、地元のレストランの食事や、スーパーの食品などを配達するために、電動バイクを使用することは、コストを下げるのに、よい考えだと思っていると述べた。

 Doyleさんの、「Intown E-Delivery Service」と呼ばれる、配達サービスは、2020年11月24日に、正式に開始される。

 Ward氏によると、顧客は、AppleストアやGoogle Playストアで、「Intown E-Delivery Service」と呼ばれる、配達サービス・アプリを、ダウンロードして、使用することができるという。

 この配達サービス・アプリで、顧客は、自分の好みのレストランから、食事を注文することができる。


Cnet2a_20210211212101
Cnet2b_20210211212401
Cnet2d_20210211212401

 Charlotte市の女性、Doyleさんの、「Intown E-Delivery Service」は、都会で、レストランの食事などを配達するサービスである。

 顧客は、「Intown E-Delivery Service」と呼ばれる、配達サービス・アプリで、食事の配達時間をスケジュールすることができる。

 また、顧客は、リアルタイムな追跡機能で、食事の配達状況を追跡することもできる。

 Intown CLTは、レストランをサポートするために、配達サービスを作成するのに、Honeywellから、助成金を受けた。

 電動バイクや電動スクータは、CO2を排出しないので、環境にやさしく、レストランのオーナーは、配達サービスを、専門の会社に委託することができ、配達コストを削減できるようになる。

デル株式会社

モバイル作業空間が特徴の、2021年式のFord F-150ピックアップ・トラックの紹介 '21.02.11

【モバイル作業空間が特徴の、2021年式のFord F-150ピックアップ・トラックの紹介】'21.02.11

 2021年式のFord F-150の新機能には、オンボード発電機、拡張された標準接続性、および、運転支援機能に加え、収納クローゼット、オフィス、さらには、ベッドにもなる、インテリア構成がある。2020年6月30日

Op1a


 by John Hitch、fleetowner

 Fordによると、2021年式のFord F-150は、けん引、積載量、トルク、馬力の点で、この分野で、「最も強力な、小型でフルサイズのピックアップ・トラック」になるという。

 最大の特徴は、XLからLimitedモデルまで利用可能な、3.5リッターの「Power Boost」フルハイブリッドV6パワートレインであり、満タンで、700マイル走行することができる。

 「Eco Boost」エンジンをベースにした、「Power Boost」は、10速の「Select Shift」オートマチック・トランスミッションと、35kWの電気モーターを搭載し、12,000ポンド以上の牽引力がある。

 2021年式のFord F-150は、再設計されたパネル、アクティブ・グリルシャッター、自動的に展開される、アクティブ・エアダムといった、空力の改善などが、更新された。

 ヘッドランプは、Cクランプ設計で、パワー・ドームフード、ラップアラウンド・バンパーなどを備えている。

 Fordによると、2021年式のFord F-150には、使いやすさ、快適さ、および、安全性を向上させる、機能や技術が満載されているという。

 また、2021年式のFord F-150には、10種類の新しい運転支援機能が、Ford Co-Pilot 360 2.0を通して提供されている。

 2021年式のFord F-150 XLには、自動緊急ブレーキ機能や歩行者検知機能を備えた、衝突回避支援機能などが、標準で装備されており、交差点支援機能や駐車支援機能の2.0版などが、オプションとして提供されている。

 また、高速な無線通信ネットワークにより、常時、インターネットに接続され、車載システムの無線アップデートで、システムのアップグレード機能も改善された。

 車載システムは、処理能力が2倍になっており、標準のSYNC 4は、音声制御、マッピング、および、アプリへの無線接続機能を提供する。

 また、車載システムには、12インチのディスプレイが、標準装備されている。

 ユーザは、スマートフォンの「FordPass」アプリで、車内の照明を制御したり、セキュリティの警告メッセージを受けたりすることができる。

 仕事に、デジタル・ツールと電動ツールの両方を使用する必要がある、作業者は、車内の、フラットな作業空間の広さを、高く評価するかもしれない。

Op1b


 コンソールを使用しない時は、収納することで、ユーザは、必要な作業空間を確保することもできる。

 また、ユーザは、作業空間に、カップホルダーやペンホルダーなどを設置することも可能である。

 バックエンドには、電源コンセントがあり、ノートPCなどのデジタル・デバイスや、さまざまな電動工具、および、他の電化製品に、最大で7.2kWの電力を供給することができるようになっている。

Op1c


 統合型発電機である、「Pro Power Onboard」と呼ばれる機能には、2kWの発電能力がある。

 チョップソー、電動ドリル、エアコンプレッサーなどを使用する、ユーザは、7.2kWの発電能力を持つ、発電機を選択することもできるが、発電機は、高価で、重いという。

 リクライニングシートの背もたれを、180度近くまで倒すことができるので、運転席と助手席で、ユーザは、無理なく、横になることができる。

 「新しい、Ford F-150ピックアップ・トラックの紹介」ビデオ

 

デル株式会社

2021年2月 9日 (火)

遠隔学習のための、トップ5のソフトウェア・ツール '21.02.09

【遠隔学習のための、トップ5のソフトウェア・ツール】'21.02.09

 遠隔学習で、生徒や教師に、適切なツールを与えることは、重要である。

Dr2a


 By splashtop

 遠隔学習に、最適なツールで、生徒、教師、および、レッスンのコンテンツが、相互に接続される。

 遠隔学習を強化する、学校用や大学用の、トップのソフトウェア・ソリューションがある。

 コロナウィルスの感染拡大が、僅かに改善した状況でも、多くの大学や、小中高で、従来の実際の教室で、授業を受ける代わりに、今後は、遠隔学習の機会が増えるだろう。

 遠隔学習は、場所や時間や、現在のような社会の状況に、制約を受けることなく、教育を続けるための、効果的な方法である。

 コロナウィルスの感染拡大の状況は、今後、どのようになるかは、分からないが、教育を続けるには、適切なソフトウェアを取得することが、重要である。

 適切なソフトウェアを提供することで、生徒は、最良の学習経験を体験することが可能になる。

 この記事は、5つのタイプのソフトウェア・ツールを、カバーしている。

 教育機関は、遠隔学習の計画を立てるとき、これら、5つのタイプのソフトウェア・ツールを、考慮しよう。

1)学習監視システム(LMS)
2)ビデオ会議
3)コラボレーション
4)チームの監視&管理
5)リモート・アクセス

1)学習管理システム(LMS)

 現在、生徒は、実際の教室や教科書を、あまり利用できないので、教師は、生徒たちに、授業の教材を、効果的に、配布する必要があるが、現在、配布するする方法が、あまり整備されていない。

 学習管理システム(LMS)は、教師に、教育コンテンツや教材を、管理、配布、追跡するのを、自動化する方法を提供する。

 この遠隔学習市場における、ポピュラーな学習管理システム(LMS)には、Schoology Learning、Canvas、および、Blackboard Learnがある。

2)ビデオ会議

 より対話的な学習を促すために、教師や管理者は、授業中に、生徒たちと、リアルタイムに対話できることを望んでいる。

 ビデオ会議は、生徒の、授業への関心を維持するためだけでなく、教師が、自分の授業中に、生徒からの質問に、答えられるようにする。

 ビデオ会議用のツールは、教師や生徒が、仮想的な教室において、リアルタイムに、相互につながり、会話しながら、協調できるようにする。

 大学、学校、および、塾の教師や家庭教師などにより、使用されている、ポピュラーなビデオ会議ツールには、Google EDU、Zoom、および、Wyzantなどがある。

3)コラボレーション

 遠隔学習するときに、複数の生徒と教師の間で、作業を調整することは、殆ど不可能である。

 コラボレーション・ソフトウェアは、生徒と教師が、互いに、協調できるようにし、実践的な指導を促す。

 最も、一般的に使用されている、コラボレーション・ソフトウェア・ツールには、MURAL、Drawp for School、および、Loopがある。

4)リモート・アクセス・ソフトウェア

 生徒が、家のPCやタブレットで、遠隔学習に必要なアプリを、利用できるようにする必要がある。

 このため、リモート・アクセス・ソフトウェアは、生徒が、自分たちのデバイス(ChromeベースのChromebookや、WindowsベースのPCや、Androidベースのタブレットなど)から、学校にあるPCなどに、リモートにアクセスして、必要なアプリを実行し、利用できるようにする。

 教育分野向けの、リモート・アクセス・ソフトウェアには、Splashtopがある。

 Splashtopで、生徒は、自分たちのPCやタブレットなどから、学校にあるPCなどで、遠隔学習に必要なアプリを実行し、利用できるようになる。

5)リモート支援ソフトウェア

 リモート支援ソフトウェアは、遠隔学習に使用しているデバイスやアプリに、技術的な問題が発生したときに、教師や生徒が、学校のIT担当者から、問題を解決するための、支援を受けられるようにする。

 リモート支援ソフトウェアは、学校のIT担当者が、教師や生徒の、デバイスに、技術的な問題が発生したときに、支援できるようにし、教師や生徒が、継続して学習できるようにする。

 教育分野向けの、リモート支援ソフトウェアには、Splashtop SOSがある。

デル株式会社

2021年2月 8日 (月)

Cadilacは、トースターの形をした、パーティ・バスを紹介する。'21.02.08

【Cadilacが、トースター型の完全自動運転パーティ・バスを紹介する。】'21.02.08

 GMのトースター型の完全自動運転パーティ・バス、Cadillac PAVポットの概念が、CES 2021ショーで、明らかにされた。2021年1月12日

 By ROBERTO BALDWIN、caranddriver

 GMのトースター型の完全自動運転パーティ・バス、Cadillac PAVポット(PAV:personal autonomous vehicle)は、GMの未来の車の概念を表す、CadillacのHaloポートフォリオの一部である。

 GMは、オンラインで開催された、CES 2021で、トースター型の完全自動運転パーティ・バス、Casillac PAVポッドの概念を発表した。

Cnet0a_20210209093001


 このCadillac PAVポッドは、乗客をリラックスさせ、快適に、移動できるようにする。

 Cadillac PAVポッドは、社内のシートなどに、バイオ・センサーを装備し、乗客を、心地よくするために、車内の温度や湿度を最適にしたり、アロマセラピーを使用したりする。

 また、GMは、CES 2021で、一人乗りの、ドローンに似た、空飛ぶ車の概念も、紹介している。

 GMが、CES 2021で紹介した、この豪華な、Cadillac PAV(PAV:personal autonomous vehicle)ポットは、家族や友達のための、社交空間を提供する。

 このため、GMは、このコンセプト車を、トースター型の完全自動運転パーティ・バスと呼んでいる。

・トースター型の完全自動運転パーティ・バス、Cadillac PAVポットの概念

Cnet2g_20210208211601


 このCasillac PAVポッドは、シートに取り付けた、バイオメトリクスのセンサーで、乗客を検知して、室温、湿度、照明、アロマセラピーなどを調節する。

 乗客は、音声コマンドや、手のジェスチャーを使用して、自分たちのユーザ経験や環境を制御することができる。

 また、車内に、カメラを設置することもでき、ビデオ通話やビデオ会議をすることもできる。

 このCasillac PAVポッドの前後と天井には、大きなガラスの窓があるが、側面には、窓が付いていない。

 GMの説明によると、シート部分に、スクリーンが埋め込まれており、ルートを表示したり、乗客のバイオメトリクスを表示したり、行先まで、どれぐらいの時間が、かかるかを、示したりするという。

 また、GMは、オンラインで開催された、CES 2021で、ドローンに似た、空飛ぶ車の概念を紹介した。

 GMの副社長、Michael Simcoe氏によると、電気垂直離着陸(EVTOL:electric vertical take-off and landing)エアクラフトである、ドローンに似た、空飛ぶ車は、まだ、いつ、製品化するか、決まっていないという。

Cnet1a_20210208212201

 Michael Simcoe氏は、電気と自律技術における、進歩は、パーソナルな空の旅を可能にすると述べた。

 Michael Simcoe氏によると、このドローンに似た、空飛ぶ車、EVTOLエアクラフトは、90.0kWhの容量のバッテリーを搭載し、EVモータで、8つのプロペラを回して、最高速度、90mphで飛行するという。

「ドローンに似た、空飛ぶ車、EVTOLエアクラフトの紹介」ビデオ

 Cadillacによると、このドローンに似た、空飛ぶ車は、豪華な2シートのデザインになっており、カップルで、ちょっとした空の旅を楽しむこともできるという。

 ただし、このEVTOLエアクラフトは、実際の製品ではなく、コンセプト機であり、pie-in-the-sky(実現しそうもない夢や計画)だという。

 Sadly氏によると、この豪華なCadillac PAVポッドの概念は、未来のリムジンになる可能性があるという。

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2