IT関連の記事

2018年7月22日 (日)

スマート・サプライ・チェーン:JDA Softwareが、AI技術ベンダ、Blue Yonderを買収する。 '18.07.22

【スマート・サプライ・チェーン:JDA Softwareが、AI技術ベンダ、Blue Yonderを買収する。】 '18.07.22

 サプライ・チェーン、および、エンタープライズ・アプリ・プロバイダ、JDA Softwareは、ドイツの小売向けの人工知能(AI)技術ベンダ、Blue Yonderを買収すると発表した。 2018年7月2日
Int4
 By Chris Middleton、internet of business

 JDA Softwareは、ドイツの小売向けのAI技術ベンダ、Blue Yonderを買収すると発表した。

 JDA Softwareによると、この買収は、インテリジェントなデータと洞察を結合し、より収益性の高い、自律的なサプライ・チェーンの意思決定をもたらすことの、重要性を反映しているという。

 JDA Softwareによると、Blue Yonderの買収条件は、明らかにされていないが、当局の承認を条件として、8月に買収が完了する予定である。

 Blue Yonderは、複雑な意思決定を自動化するための、AIと機械学習アルゴリズムを設計した。

 この買収により、JDA Softwareは、小売やサプライ・チェーンの計画から、実行、従業員の管理、および、オムニチャネル配信まで、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」ポートフォリオの、あらゆる分野に、「新たなレベルの実用的な知性」を組み込むことができるようになる。

 特に、JDA Softwareは、ビジネスの意思決定を自動化するために、Blue Yonderの実証された認知能力と、深層学習技術から、利益を得ることを期待している。

 また、JDA Softwareによると、サプライ・チェーンの主要なデジタル変換が進行あり、ビジネスの意思決定を自動化するために、知的で、実用的なデータに、迅速にアクセスし、洞察を発揮することが期待されているという。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Alphabetが、2019年に、ケニアで、気球による、インターネット接続サービスを提供する。 '18.07.22

【Alphabetが、2019年に、ケニアで、気球による、インターネット接続サービスを提供する。】 '18.07.22
Dis2
 Alphabetが、2019年に、ケニアの農村部や郊外に、気球による、インターネット接続サービスを提供する予定である。 2018年7月19日

 By Duncan Miriri、reuters

 Alphabetは、2019年から、ケニアの通信会社、Telkom Kenyaと共同で、ケニアの農村部や郊外に、空中から、高速インターネット接続サービスを提供するための、気球システムを展開すると発表した。

 「Project Loon」として知られる、この気球による、インターネット接続サービス技術は、AlphabetのX研究所により、開発された。

 この気球による、インターネット接続サービス技術は、米国の通信会社が、2017年に、ハリケーンによる被害を経験した、Puerto Ricoの、25万人以上の人たちに、インターネット接続サービスを提供するために、使用されている。

 ケニア政府は、この気球による、インターネット接続サービス技術が、ケニアの農村部や郊外に住む人たちに、インターネット接続サービスを利用できるようにするのに、役立つことを望んでいる。

 Alphabetと、気球による、インターネット接続サービスで提携する、ケニアの通信会社、Telkom Kenyaは、SafaricomとBharti Airtelに次ぎ、ケニアで3番目に大きいな通信会社である。

 Telkom Kenyaは、Alphabetと提携し、Loonの、気球による、インターネット接続サービス技術を使用して、4Gインターネット接続サービスを、ケニアの農村部や郊外に提供することに取り組んでいる。

 Loonは、ケニアの通信会社、Telkom Kenyaと共同で、2019年に、ケニアの人口密度の低い地域に、第4世代(4G)セルラー通信ネットワークを提供するための気球で、4Gインターネット接続サービスを提供する予定である。

 ケニアの、海抜6万フィート上空に浮かべられる、この気球は、搭載した、太陽光発電パネルにより発電された電力を使用して、地上に、4Gインターネット接続サービスを提供する。

 「AlphabetのLoonが、ケニアで、気球による、インターネット接続サービスを提供する、ニュース」の紹介ビデオ

 ちなみに、現在、ケニアの主要都市や町に住む、4500万人以上の市民が、インターネット接続サービスを利用しているが、ケニアの農村部や郊外では、インターネット接続サービスを利用できない、状況にある。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年7月21日 (土)

購入できるようになった、最良の、Huaweiスマートフォンがある。 '18.07.21

【購入できるようになった、最良の、Huaweiスマートフォンがある。】 '18.07.21

 中国を拠点にする、Huaweiは、多くの異なったスマートフォンを開発し、販売している。2018年7月9日

 by John Callaham、androidauthority

Huaweii1a_2
 中国を拠点にする、Huaweiは、多くの異なったスマートフォンを開発することで、スマートフォンを購入したい、消費者に、混乱をもたらしている。

 高級スマートフォンを購入したい、消費者に対し、Huaweiは、いくつかの最新のスマートフォンの選択肢を提供している。

 手頃な価格のミッドレンジのカテゴリの、スマートフォンの提供に焦点を合わせている、Huaweiには、ある程度高価であるが、優れたハイエンドのスマートフォンもある。

 Huaweiは、消費者が、ある程度高くても、購入したくなるような、高級スマートフォンの、いくつかのモデルを提供することにも、取り組んでいる。

 消費者は、Huaweiの、多くのスマートフォンのモデルから、自分に最も適した、スマートフォンを見つけることができるようになるが、Huaweiは、セカンド・スマートフォンを探している、消費者の、選択肢になる、いくつかのスマートフォンのモデルも提供している。

 この記事は、Huaweiブランドのスマートフォン(Honourブランドは除く)に焦点を合わせて紹介する。

1.Huawei P20とP20 Plusスマートフォン

Huaweii1b
 Huawei P20とP20 Plusスマートフォンは、米国では、販売されないかも知れないが、世界の他の地域では、まもなく提供されるだろう。

・Huawei P20は、5.8インチのLCDディスプレイを装備している。

・Huawei P20 Plusは、6.1インチのOLEDディスプレイを装備している。

 これらのスマートフォンは、トップにノッチを持っているが、これを好まないユーザは、従来のスマートフォンのように見えるよう、ノッチをオフにすることもできる。

・Huawei P20は、12MP RGBと、20MPモノクロ・センサーの、Leicaデュアル・レンズの背面カメラを装備している。

・Huawei P20 Proは、世界初という、Leicaの、トリプル・レンズの背面カメラを装備した、最初のスマートフォンである。

 Huawei P20 Proには、20MPのモノクロ・レンズに加え、40MPのRGBレンズを持っており、さらに、3番目のレンズとして、8MPの望遠レンズが追加されている。

 Huawei P20 Proスマートフォンのカメラは、5倍のハイブリッド・ズーム機能を持っている。

・両スマートフォン(Huawei P20とHuawei P20 Pro)は、AI機能を追加した、NPUチップと、HauweiのKirin 970プロセッサを装備している。

 このNPUチップは、カメラで撮影した写真を、より印象的な映像に修正するのを支援できる、機能を提供している。

・Huawei P20スマートフォンは、ヨーロッパにおいて、650ユーロ(800ドル)で、販売されるようになる。

・Huawei P20 Proスマートフォンは、ヨーロッパにおいて、900ユーロで、販売されるようになる。

 「Huawei P20とP20 Plusスマートフォンの紹介」ビデオ

 また、6インチのスクリーン画面内に、指紋センサーを組み込んだ、P20 Proの派生スマートフォンである、ポルシェデザインの「Huawei Mate RS」もある。

Huaweii1c
 最高級のHuaweiスマートフォン、Huawei Mate RSの価格は、2095ユーロ(2600ドル)で、512GBのオンボード・ストレージが装備されている。

 「Huawei Mate RSスマートフォンの紹介」ビデオ

2.Huawei P20とP20 Plusスマートフォン仕様

1)Huawei P20スマートフォン
Dis2a
・5.8インチのHuawei FullView IPS LCDディスプレイのアスペクト比は、18.7:9で、解像度は、2244 x 1080dpiである。

・オクタコアHuawei Kirin 970プロセッサ

・4GBのRAM

・128GBのオンボード・ストレージ

・デュアル・レンズの20MPと12MPの背面カメラ

・8MPの前面カメラ

・固定3400 mAhバッテリー

・Android 8.0 Oreoオペレーティング・システム搭載

・サイズ:149.1 mm x 70.8 mm x 7.65 mm

・重量:165 g

2)Huawei P20 Pro
Dis2b
・6.1インチのHuawei FullView OLEDディスプレイのアスペクト比は、18.7:9で、解像度は、2244 x 1080dpiである。

・オクタコアHuawei Kirin 970プロセッサ

・6GBのRAM.

・128GBのオンボード・ストレージ、microSDの拡張なし

・Leicaのトリプル・レンズ、8.12、および、40 MPの背面カメラ

・8MP前面カメラ

・固定4000mAhバッテリー

・Android 8.0 Oreoオペレーティング・システム搭載

・サイズ:155.0 mm x 73.9 mm x 7.8 mm

・重さ:180 g

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年7月19日 (木)

小売IoT:NFC対応POS端末の普及が開始された。 '18.07.19

【小売IoT:NFC対応POS端末の普及が開始された。】 '18.07.19

 2022年までに、世界の小売店に設置された、10台のPOS端末の内8台が、NFC対応の非接触決済ができるようになると、Berg Insightのレポートで、Jessica Twentyman氏が述べた。2018年7月17日

Int7
 By Jessica Twentyman、Internet of Business

 Carrefourは、売上で、世界第2位の、フランスの小売業者である。

 このCarrefourは、買い物客が、決済カードか、モバイル決済用アプリを搭載した、スマートフォンを、NFS対応の非接触決済可能なPOS端末にかざすことで、支払いができるようになる、モバイル決済システム、Carrefour Payを構築し、決済サービスを開始した。

 「Carrefour Payモバイル決済システムの紹介」ビデオ

 このモバイル決済システムは、フランスの小売業者、Carrefourの3000店舗で、利用できるようになった。

 現在、PASS MastercardかC-Zam決済カードを携帯した、Androidベースのスマートフォンのユーザのみが、Carrefourのモバイル決済システムを利用できるようになった。

Intcard
 さらに、Carrefourは、2018年末までに、すべての銀行のキャッシュカードと互換性を持たせることを目標にしている。

 Carrefour Payモバイル決済システムは、Apple Pay、Samsung Pay、Android Payなどにより、使用されている、近距離無線通信(NFC)技術を使用して、構築されている。

 これにより、買い物客は、店舗内に設置された、NFC対応のPOS端末に、決済カードやモバイル決済用アプリを搭載した、スマートフォンをかざすことで、代金を支払うことが可能になる。

 「Carrefour Payモバイル決済システムのチュトリアル」紹介ビデオ

 このモバイル決済システムを利用できない顧客も多いので、従来の決済方法も提供する必要があり、多くの小売業者にとって、モバイル決済への移行の障害になっている。

 このため、自分たちの既存のPOS端末のハードウェアを、顧客が、モバイル決済できるようにする、NFC対応の新しいPOS端末に、買い換えたいと思う、小売店は、ほとんどないだろう。

 より古いシステムが、買い換え時期に近づくと、新しいモバイル決済システムもサポートした、NFC対応のPOS端末に買い換える、小売店が増え、NFC対応のPOS端末を提供する、ベンダも増えるだろう。

 NFS対応の非接触決済可能な、モバイル決済システムは、買い物客にとって、従来よりも、便利で安全になるので、スマートフォンを使用している、顧客は、非接触決済を利用することが、多くなるだろう。

 また、小売店は、レジのスタッフを減らし、顧客サポートのスタッフを増やすことで、商品に関する顧客の質問などに、対応できるようになる。

 小売店には、買い物客の不満を取り除き、利便性や安全性を向上させることが、顧客の忠実度を維持し、顧客満足度を向上させる上で重要である。

・昨年、世界のPOS端末の、約50%が、NFC対応のPOS端末に、買い換えていた。

・Berg Insightの市場調査レポートは、2022年までに、世界のPOS端末の、78%が、NFC対応のPOS端末になると予測している。

・小売業者の、POS端末の買い換え需要により促され、2017年に、世界で出荷される、POS端末の、5台に3台が、NFC対応のPOS端末になっていた。

・2017年には、ヨーロッパにおいて、出荷される、POS端末の90%、および、北米において、出荷される、POS端末の88%が、NFC対応のPOS端末になっていた。

・2017年の末までに、世界で、約3000万台のPOS端末が、Visa PayWave、MasterCard PayPass、および、UnionPay Quickpassといった、支払いカードや、スマートフォンの決済アプリを使用した、非接触の決済システムに置き換わっていた。

・Berg Insightのレポートは、世界のNFC対応のモバイルPOS(mPOS)端末の出荷台数は、2017年から、年間平均増加率、29%で増加し、2022年には、3450万台に達すると予測している。

・Fagerbergによると、このNFC対応のモバイルPOS端末の、年間出荷台数は、2016年の、1830万台から、2022年には、4070万台に増加する見込みだという。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

欧州委員会(EC)は、独占禁止法違反の罰金を課して、Googleを批判している。 '18.07.19

【欧州委員会(EC)は、独占禁止法違反の罰金を課して、Googleを批判している。】 '18.07.19

 欧州委員会(EC)は、Androidモバイル・オペレーティング・システムに関する、独占禁止法違反に対し、これまで最大の、43億ユーロ(50億ドル)の罰金を、Googleに課した。 2018年6月18日

Int1
 By Chris Middleton、Internet of Business

 欧州委員会(EC)は、「Googleが、Google検索とChromeブラウザの両方を、プリインストールするよう、スマートフォンのメーカに強制することにより、ライバルを妨害し、消費者の選択に影響を与え、消費者が、GoogleのWebサービスやツールを、優先的に使用するようにすることで、検索ビジネスでの優位性を不当に強化するために、世界で最も人気のあるモバイルOSである、Androidを使用した。」と述べた。

 欧州委員会(EC)の委員長、Margrethe Vestager氏は、「Googleの行動は、欧州の消費者の、モバイル市場における、効果的な競争の恩恵を、阻害しており、EUの独占禁止法に違反している。」と述べた。

 Googleの地位は、長い間、同社のビジネスが、世界のデジタル経済を好転させ、消費者のハードウェアのコストを削減してきたことにより、確立されてきており、Googleは、検索広告や、ビデオ広告といった、デジタル広告サービスの分野で、利益を上げてきた。

 「Googleにとっての問題は、Androidを使用した場合の条件である。」と、以前、欧州委員会(EC)と独占禁止法違反の戦いで、ブリュッセル法律事務所を担当していた、Euclid Law法律事務所のパートナーである、Damien Geradin氏は述べ、「Googleは、Androidは、オープンソースだと主張しているが、実際は、そうではない。」と主張していた。

 Googleは、欧州委員会(EC)の判決に対して、控訴したいと述べた。

 今日の記録的な罰金の要求は、EC当局とGoogleの、長期間に渡る戦いにおける、最新の一斉攻撃に過ぎないが、Googleは、AppleやMicrosoftなど、他の米国のIT業界の大物とは、性質が異なっているだろう。

 昨年、欧州委員会(EC)は、Googleが、同社の検索サービスで、ライバルの価格比較サービスと比較して、自社の価格比較サービスを、ユーザに見つけ易くしているとして、Googleに対し、24ユーロ(28億ドル)の罰金を課していた。

 Googleは、現在、昨年の欧州委員会(EC)の判決に対し、控訴している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年7月18日 (水)

ドイツのSiemensと中国のAlibabaが、産業IoTでチームを組む。 '18.07.18

【ドイツのSiemensと中国のAlibabaが、産業IoTでチームを組む。】 '18.07.18

 ドイツのSiemensと中国のAlibabaが、産業IoTでチームを組む。 2018年7月10日

Int7
 By Rene Millman、Internet of Business

 ドイツの総合電気メーカ、Siemensは、中国のITベンダ、Alibabaのクラウド・コンピューティング事業部と、中国において、産業モノのインターネット(IIoT)といった分野の技術を共有し、協調していくために、覚書(MoU)を交わした。

 この覚書において、ドイツの総合電機メーカ、Siemenceと、中国の大手ITベンダ、Alibabaは、クラウド・コンピューティング・サービス、AI、産業IoTといった分野の技術を共有し、協調していく。

 「Siemenceの、MindSphereクラウド・プラットフォームの紹介」ビデオ

 中国のAlibabaとの提携で、ドイツのSiemensは、同社の「MindSphereクラウド・プラットフォーム」や、「産業IoTオペレーティング・システム」を、中国のIoT市場に展開していくための、足がかりを得る。

 Siemensの「産業IoTオペレーティング・システム」は、さまざまな、IoTデバイス、エンタープライズ接続オプション、アプリ、および、分析サービスを利用できるようにする。

 以前、Amazon Web Services(AWS)や、Microsoft Azureクラウド・コンピューティング基盤でのみ、利用可能であった、Siemenceの「MindSphereクラウド・プラットフォーム」は、2019年に、Alibaba Cloudクラウド・コンピューティング基盤向けに、リリースされる予定である。

 また、Alibabaは、コネクティッド産業プロセスや、産業IoTプラットフォームを構築したい、中国の顧客に、同社のAlibaba Cloud、クラウド・コンピューティング基盤上で、利用できるようになる、Siemenceの「MindSphereクラウド・プラットフォーム」において、Siemenceの「産業IoTオペレーティング・システム」を利用できるようにする。

 「Alibaba CloudのIoT Solutionsの紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

UNICEF、英国の研究者は、マラリアと戦うために、ドローンを使用している。 '18.07.18

【UNICEF、英国の研究者は、マラリアと戦うために、ドローンを使用している。】 '18.07.18

 UNICEF、英国の研究者は、マラリアの感染源になる、蚊の繁殖地になる、水域を特定するために、ドローンを使用することを試みている。2018年7月6日

Int3
 By Malek Murison、Internet of Business

 蚊のように飛ぶ、ドローンが、MalawiのUNICEFプロジェクトの一部として、マラリアと戦うために、使用されている。

 昨年、Malawi政府とUNICEFは、いくつかの人道的な適用のために、ドローンを使用することを試み、テストしていた。

 当時、世界のいくつかの空域で、ドローンを使用した、人道的な技術の開発が、実施されていたが、アフリカでは、Malawiの空域が、初めてであった。

 Malawi地域では、医療品を空輸したり、コレラの流行地域をマッピングしたりするために、いくつかのドローン・プロジェクトが開発されている。

 MalawiのUNICEFプロジェクトの、次の目標は、毎年、100万人以上の人々を殺し、多くの、5歳未満の幼児を殺す、蚊を媒介とした伝染病である、マラリアと戦うことである。

 マラリアと水の関係は、極めて重要である。

 メスの蚊が、繁殖地として使用する、水域を探して、見つけることは、環境管理技術によって、蚊の数を減らし、マラリアの感染を減らすために、重要なことである。

 Lancaster大学のフェロー、Michelle Stanton氏の、「The Conversation」の記事によると、蚊が繁殖地として使用する、水域をマッピングすることが、蚊の数を減らすための、重要なステップになる可能性があるという。

 蚊の繁殖水域をマッピングすることで、マラリアの感染の原因となる、水域を特定できるだけでなく、環境管理を通じて、水域の蚊の数を減らすための情報を提供することもできるようになる。

 UNICEFと共同で、研究者たちは、ドローンによって撮影された、空中画像が、蚊の繁殖地の探索を簡素化できるかどうかを研究してきた。

 ドローンは、広範囲の空域をカバーでき、1回の飛行で、蚊の繁殖地になりそうな、水域に関する、大量のデータを収集できることは、ある程度、実証されている。

 「UNICEFが、マラリアと戦うために、ドローンを使用していることを紹介するビデオ」

 今日まで、チームは、人間の目で、このデータを分析していたが、効果的ではあるものの、時間がかかり、訓練を必要としていた。

 結果として、AIを使用して、このプロセスを自動化する、可能性があるが、地上調査は、依然として重要である。

 潜在的な蚊の繁殖水域を認識し、特定するように訓練された、機械学習アルゴリズムは、このプログラムの次の論理的なステップになり、地上のチームが、より迅速に行動を起こすことができるようにする。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年7月17日 (火)

Amazonが、スマートTVや、エンタープライズ・クラウド・ハードウェアに注力する。 '18.07.17

【Amazonが、スマートTVや、エンタープライズ・クラウド・ハードウェアに注力する。】 '18.07.17

 週末のAmazonのいくつかの発表は、企業と家庭の両方で、Amazonの野望が、展開されることを明らかにした。2018年6月16日

Eweek1
 By Chris Middleton、Internet of Business

 The Informationによると、Amazonは、今回、スマートTVと、エンタープライズ・クラウド・ハードウェアに注力し、ビジネスのポートフォリオを、さらに拡張させていくことを模索しているという。

1)Amazon Web Services(AWS)は、データセンター向けの、ネットワークのスイッチを含む、140億ドル規模の、エンタープライズ・クラウド・ハードウェアに目を向けている。

 AWSは、ネットワーク・デバイスが、互いに通信できるようにする、ハードウェア・コントローラ(ネットワークのスイッチ)を、企業顧客に販売することを検討しているようだ。

 スイッチやルータなどの、エンタープライズ・クラウド・ハードウェアのビジネスへのより広範な展開により、Amazonは、Cisco、Juniper Networks、Arista、HPE、Avaya、Netgear、Dellなどが、支配している、ネットワーキング・ハードウェア市場に参入するのだろうか?

 Amazonは、エンタープライズ・クラウド・ハードウェアのビジネスに、低コストのルータや、契約ベースのサービスといった、消費者に対するのと、同様の手法を採用する可能性もある。

 統合されたエンタープライズ・クラウド・ハードウェアと、Webサービス・モデルは、ビジネスとして、説得力のある組み合わせだろう。

2)Amazonは、消費者向けに開発してきた、Alexa音声対応デジタル・アシスタント・プラットフォームや、Alexaデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・デバイスの技術を、企業の顧客向けに提供することにも、取り組んで行くようだ。

 Echoスピーカや、Echo Dotスピーカ、および、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、他のスマート・デバイスを通して、Amazonは、同社の小売、Webサービス、コンテンツ、および、フルフィルメントといったビジネスを、より効果的に、家庭、オフィス、および、提携パートナーにもたらすことを模索している。

3)Amazonは、NetflixやBBCのiPlayerといった、コンテンツ・プロバイダと提携し、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、スマートTVや、拡張TVサービスを提供することも計画している。

 Telegraphによると、中国で、(Huaweiなどにより)製造された、Amazonのスマート・セットトップ・ボックスは、現在、デジタル放送のローカルな技術的標準を維持している、英国のDigital TV Group(DTG)によって、テストされているという。

4)Amazonは、2018年内に、Alexaデジタル・アシスタントを、米国で、アップグレードすることにより、ユーザが、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、スマート・デバイスと、より自然に会話できるようにすると発表した。

5)Amazonは、ファッションに敏感な消費者と、ヒューマン・スタイル・アドバイザーを結びつける、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、スマート・カメラ、「Echo Look」をデビューした。

 この「Echo Look」カメラは、スマートフォンなどと連携し、例えば、スタイル・アドバイザーのように、ユーザに、外出先、外出目的、季節などに応じて、現在、ユーザが所有している、衣服から、適切な衣服を推奨してくれるようだ。

Int2b_2
 「Echo Lookカメラの紹介」ビデオ

6)最近、数ヶ月に、Amazonは、商品の配信、コンテンツ制作、プレミアム加入サービス、ハイストリート・ショッピングなど、ビジネスを、さらに多角化し、銀行や保険の分野にも目を向けていることを表明している。

7)2018年5月に、Internet of Businessは、Amazonが、Alexa事業部に、ヘルスケア・ビジネスの担当チームを結成していると報告した。

8)Amazonのロードマップには、煙、一酸化炭素、過剰な熱、および、大きな騒音などを検出することができる、監視カメラやセンサーを装備し、ホーム・セキュリティ・デバイスとして利用できる、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、「Vesta」家庭用ロボットを提供する計画も含まれていることが、噂されている。

 例えば、自動運転車の、自動車保険料の設定のように、評価方法が難しいと思うが、Amazonが、火災保険のビジネスに進出すると、Amazonが、提供し、サポートする、スマート・ホーム・ソリューションや、「Vesta」家庭用ロボットを導入した、ユーザは、火災保険料が、安くなるのかもしれない。

 「Vesta」は、留守番ロボットとして、家の状況を監視したり、留守中に配達された、商品を受け取ったり、ユーザが、家に戻る前に、照明や空調を付けたり、できるようになるだろう。

 このような、家庭用ロボットは、Amazonのコンテンツ配信サービス、小売、および、スマート・ホーム・サービスなどへリンクされ、同社のエコシステムを拡大させていくことことに貢献するだろう。

 この「Vesta」家庭用ロボットのコンセプト・モデルは、2019年に、リリースできる可能性を評価するために、2018年に、同社の従業員の家でテストされていると伝えられている。

 The Informationが、英国の消費者1,000人を対象としたアンケートでは、Amazonプライムデーの間に、Alexaデジタル・アシスタント搭載デバイスをまだ所有していない、英国の消費者の49%が、Alexaデジタル・アシスタント搭載デバイスを購入する予定であると回答していた。

 しかし、購入していない、英国の消費者の主な理由には、セキュリティとプライバシーに関する懸念があり、英国の消費者の20%は、Alexaデジタル・アシスタント搭載デバイスのセキュリティやプライバシーに関して、心配していると回答していた。

 また、セキュリティに関する、Thales eSecurityの調査によると、英国の消費者の57%が、Alexaデジタル・アシスタント搭載デバイスの、デフォルト設定を変更していないと回答していたという。

 また、英国の消費者40%未満が、Alexaデジタル・アシスタント搭載デバイスの、セキュリティ設定をパーソナライズする方法を知っていたと回答していた。

 小売、配達サービス、コンテンツ(電子書籍、音楽、映画、ビデオ、TVなど)、ゲーム、Alexaデジタル・アシスタントを搭載、スマート・デバイス(スマートフォン、タブレット、PC、セットトップ・ボックス、スマート・スピーカ、家庭用カメラなど)、クラウド・サービス、Webサービス、スマート・ホーム・ハブ、スマート・ホーム・デバイスなどと、Amazonが、3rdパーティのベンダや、コンテンツ・プロバイダと連携し、提供している、商品、サービス、コンテンツなど、枚挙に、いとまがないが、今回、Amazonは、スマートTVと、ネットワーキング・クラウド・ハードウェアに注力するようだ。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年7月16日 (月)

スマート・ディスプレイで、Google Assistantデジタル・アシスタントのサポートが開始される。 '18.07.16

【スマート・ディスプレイで、Google Assistantデジタル・アシスタントのサポートが開始される。】 '18.07.16

 2018年1月のCES 2018で紹介され、2018年5月のGoogle I/Oで、製品の提供予定が発表された、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、スマート・ディスプレイは、2018年7月中に、販売が開始される見込みである。 2018年6月13日

Sd1
 By  Abner Li

 スマート・ディスプレイの出荷に先立って、Googleは、同社の音声対応デジタル・アシスタント、Google Assistantが、これらの新しいデバイスのカテゴリに、最適化された、ユーザ経験や、ユーザ・インタフェースを提供するためのプラットフォームになるよう、基礎を築き始めている。

 最近、いくつかのGoogleデジタル・アシスタント・サービスの「利用可能性」セクションで、スマート・ディスプレイのサポートが開始された。

 Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、スマート・ディスプレイでサポートされた、サービスには、音楽、ホーム・コントロール、ニュース、ルーチン、TVとスピーカ、スピーカでの通話、ビデオと写真、および、カレンダーがある。

 カレンダーの予定の表示、ストリーミング・コンテンツの再生、音楽の再生、写真の表示、スマート・ホーム・デバイスの制御など、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、スマート・ディスプレイの機能やサービスの一部は、既に、Googleによって、説明されている。

 ただし、スマート・デバイスを、電話として使用できるようにする、Google Voiceサービス(現在、米国でのみ、使用できる)を利用できるのは、今の所、Google Homeスピーカや、Anroidベースのスマートフォンなど、特定のデバイスに制限されている。

 スマート・ディスプレイの、他のサービスには、Duoビデオ電話、レシピ、道順案内などがある。

 現時点では、スマート・ディスプレイで利用できる、これらのサービスのデバイス・アイコンはなく、リストの最後に、テキストとして、追加されているだけだ。

 Googleは、I/O 2018で、最初のスマート・ディスプレイが、2018年7月に、出荷されると発表した。

 2018年7月に、出荷される予定の、最初のスマート・ディスプレイには、JBL、Lenovo、および、LGから提供される、3つのモデルがある。

 ただし、CES 2018で、スマート・ディスプレイの提供の可能性が紹介されていた、もう1社である、Sonyは、まだ、2018年初夏の、スマート・ディスプレイの提供に関して、まだ、明らかにしていない。

 出荷予定リストに、最後に、追加されていたのは、Lenovoのスマート・ディスプレイであり、8インチのスクリーン画面を持つモデルは、150ドルで、10インチのスクリーン画面を持つモデルは、230ドルからの価格設定になっている。

Idc2_2

 「Google Assistant搭載、スマート・ディスプレイの紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年7月15日 (日)

Google Assistantを組み込んだ、ベスト・デバイス(4) '18.07.15

【Google Assistantを組み込んだ、ベスト・デバイス(4)】 '18.07.15

 Google Assistant音声対応デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・ホーム・デバイスの紹介 2018年6月14日

 By Sophie Charara、the-ambient

 Google Assistant音声デジタル・アシスタントで制御できる、スマート・ホームを構築したいユーザが、このデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・デバイスを選択する時に、参考になる情報を提供する。

 遠くの音を拾うことのできる、マイクを持つ、スマート・スピーカが、Googleや、同社のパートナー・ベンダから提供された。

 これらのベンダから提供された、集音マイクを搭載した、スマート・スピーカ、スマート・ディスプレイ、あるいは、Android TVを紹介する。

 ユーザは、スマート・デバイスに組み込まれた、音声対応デジタル・アシスタントを通して、インターネットにアクセスし、ストリーミング音楽を聴いたり、簡単な問合せをしたり、レストランや映画などを予約したり、音声チャットしたり、ビデオ・チャット(スクリーン画面を持つデバイスの場合)したり、できるようになる。

 また、ユーザは、「スマート・ホーム・ハブ」を内蔵した、スマート・デバイスに組み込まれた、音声対応デジタル・アシスタントを通して、他の互換性のある、スマート・ホーム・デバイスを制御することも可能になる。

 「スマート・ホーム・ハブ」とは、近距離無線通信規格、ZibeeやZ-Waveをサポートし、スマート・ホーム・ネットワーク上の、スマート・ホーム・デバイスを接続し、それらの間の通信を制御するデバイスのことである。

 「スマート・ホーム・バブ」を内臓し、音声対応デジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・デバイスは、ユーザが、音声コマンドでも、スマート・ホーム・デバイスを制御できるようになる。

 これらのスマート・デバイスには、本体とは別に、語りかけることのできる、音声対応コントローラが添付されている製品もある。

 Google Assistantデジタル・アシスタントで制御できる、スマート・ホームを構築したいユーザは、音声対応デジタル・アシスタントを組み込んだ、デバイスを選択する時の参考になるだろう。

   (続き)

5.Android TV

 Android TVオペレーティング・システム・ベースの、TV、セットトップ・ボックス、および、Google Assistantデジタル・アシスタントで、ユーザは、Google Assistantデジタル・アシスタントを通して、このスマートTVや、他のスマート・ホーム・デバイスを操作できるようになる。

 ユーザは、リモコンのマイクのボタンを押すことにより、あるいは、Android TV OSで、スクリーン画面上に表示される、音声ボタンへナビゲートすることにより、このAndroid TVに組み込まれた、Google Assistant音声対応デジタル・アシスタントを起動させることができる。

 2018年に、より多くのTVに、Google Assistantデジタル・アシスタントが、組み込まれるようになることが期待されている。

 例えば、LGは、既に、同社のスマートTVに、Google Assistantデジタル・アシスタントを組み込んで、提供を開始している。

 「LGのAndroid TVの紹介」ビデオ

1)Sony Bravia

Ga15sony2_2
 SonyのBravia TVは、2015年以来、Android TVオペレーティング・システムを採用している。

 Sonyは、同社のスマートTVが、Amazon Alexa音声対応デジタル・アシスタントを組み込んだ、Android TVオペレーティング・システムを搭載するようになるという。

 ユーザは、SonyのAndroid TV、Sony Braviaをセットアップした後、Googleのアカウントを追加し、Google Assistantデジタル・アシスタントを通して、TV番組や映画を検索し、好みのTV番組や映画のタイトルを見つけて、視聴することができる。

 ユーザは、SonyのAndroid TVを、Google Homeスピーカを通して、操作することも可能になる。

 また、ユーザは、Google Assistantデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドで、インターネットに問合せをしたり、情報を検索したり、ナビゲートしたり、ビデオ・チャットしたり、あるいは、スマート・ホーム・デバイスを制御したり、できるようになる。

 「Sony Bravia TV」紹介ビデオ

2)Philips OLED

Ga16
 最近の、7000、8000、9000シリーズを含む、Philips OLED TVには、このスマートTVのユーザ向けに、画面に映し出される映像の色合いをセンサーが感知し、本体の外周に配置されたランプの色と明るさを調節して映像のコントラストを高めるという、Ambilightと呼ばれる技術が、使用されている。

 ユーザが、ハンディなフルキーボードを持つ、リモコンや、スマートフォンで、音声コマンドを使用したいなら、Philips TV Remoteアプリをダウンロードする必要がある。

 Android TVは、Google Castを組み込んでいるので、ユーザは、Netflix、Spotify、BBC、および、Google Play Movies + TVのような、ストリーミング映像を視聴するためのアプリで、スマートフォンや、タブレットだけでなく、このスマートTVでも、これらのストリーミング・ビデオ映像を楽しむことができるようになる。

 「Philips 9002 OLED TVのレビュー」の紹介ビデオ

3)Sharp Aquos

Ga17shap
 Android TVを販売している、最新の主なTVメーカは、Sharpである。

 SharpのAquosは、45インチのディスプレイから、最大、80インチのディスプレイまであり、Google Assistant音声対応デジタル・アシスタントを搭載し、ユーザは、音声コマンドで、このAndroid TVを操作したり、インターネットに問合せをしたり、情報を検索したり、ナビゲートしたり、あるいは、他のスマート・ホーム・デバイスを制御したりできるようになる。

 SharpのAquosも、Google Castを組み込んでおり、通常のGoogleアプリ(例えば、YouTube、Play Moviesのような)で、ストリーミング・ビデオの映像を視聴することもできる。

 さらに、最大4台の無線コントローラを使用でき、最大4人のユーザが、Androidベースのゲームをプレーできるようになる。

4)Nvidia Shield TV
Ga18
 Nvidia Shield TVは、4K HDRビデオを、ストリーミングしたり、ユーザが、Google Assittant音声対応デジタル・アシスタントで、Android TVを操作したり、ビデオやTV番組や映画を検索したり、インターネットに問合せしたり、ナビゲートしたり、さらに、オプションのShieldコントローラで、Androidベースのゲームをプレーしたり、できるようになる。

 このAndroid TVの価格は、179ポンドである。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2