IT関連の記事

2017年7月24日 (月)

IBMとSalesforceが、AI技術で提携する。 '17.07.24

【IBMとSalesforceが、AI技術で提携する。】 '17.07.24

 IBMとSalesforceが、AI技術で提携する。 2017年3月9日

Dis1
 By disruptive

 SalesforceとIBMは、両社のAI技術(SalesforceのEinsteinとIBMのWatson)を結合するが、2つのブランド下で、組み合わせ製品を引き続き販売する予定である。

 同時に、IBMは、CRMビジネスを、Salesforceに移行すると発表した。

 IBMとSalesforceは、既に、約5000社の同じ顧客を共有しているが、クロス販売の機会は、それ程、多いとはいえない。

 IBMとSalesforceが、両AI技術を結合する、主な理由は、今日、AI技術が、多くの時間と多くのデータを必要とし、両社が、互いに助け合うことのできる、分野だと考えていることである。

 IBMのAI技術、Watsonは、何年も前から、改善されてきており、かなり洗練されている。

 Salesforceは、AI分野に、比較的、新しく、参入しているが、SalesforceのAI技術、Einsteinは、多くの顧客などのデータを生成し、CRM、販売、マーケティングといった分野を得意としている。

 従って、IBMのWatsonの頭脳と、SalesforceのEinsteinが生成する、顧客などのデータを使用することで、より効果的なAIが、はるかに短期間で、効率的に訓練されるようになる可能性がある。

 エンタープライズAIでは、各企業が、AI技術に、異なるものを求めているため、各企業にとって、極めて扱いにくく、データセットは、極めて特殊になる。

 従って、サプライヤによって訓練されている、より一般的なアルゴリズムが、特定の顧客企業の要件と、特定のデータセットで、カスタマイズされるようになる。

 結果として、IBMとSalesforceの提携において、両社の得意な分野で、互いのAI技術やデータを組み合わせて使用することで、両社は、互いのAI技術の利点を、有効に活用できるようになるだろう。

 同様に、Microsoftは、Facebookと、AI技術において、同様の提携をしていることには、何らかの意味があるかもしれない。

 Facebookは、ソーシアル・ネットワークで、ユーザの膨大なデータを持っており、Microsoftは、AI技術に、いくつかの歴史を持っている。

 このため、FacebookとMicrosoftのAI技術における協力は、両社に、大きな利益をもたらす可能性があるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月22日 (土)

センサーは、より良いデータを必要としている、AIの目や耳になる。(2) '17.07.22

【センサーは、より良いデータを必要としている、AIの目や耳になる。(2)】'17.07.22

 センサーは、より良いデータを必要としている、AIの目や耳になる。 2017年7月4日

Dis2_2
 By disruptive

 データは、人工知能(AI)の知識になるので、そのデータを収集するセンサーは、信頼性が高く、正確であることが、ますます重要になっていく。

 これは、不正確なデータは、役に立たず、逆に、eHealthなどにおいて、最悪の場合、致命的な結果をもたらすからである。

   (続き)

2.センサーで得られたデータの品質を改善する、知的なソフトウェアを作成する。

 センサーで得られたデータの品質を改善するために、使用されている、ソフトウェアのアルゴリズムは、さまざまである。

 例えば、自動車の分野では、タイヤ、車輪、ショックアブソーバ、ブレーキ、および、ステアリング・ホイールの状態を追跡するために、さまざまなセンサーが使用されているが、これまで、優れたセンサーのハードウェアが、発明されてきただけでなく、センサーの分野では、ソフトウェアで、どれがノイズであるかを考え、データをどのように分析し、データの品質を、どのように改善するかが、検討されている。

 Phillipsは、センサー技術の分野で、リードしており、同社のヘルス・ウォッチは、優れた品質のデータを生成していることが、認識されている。

 より優れたハードウェア・センサーと、ノイズを除去し、信号を解釈するための、より優れたソフトウェアを組み合わせ、ハードウェアとソフトウェアの両方から、データの品質の問題を低減させることによって、正確なデータを導いていく、必要がある。

 センサー技術は、モノのインターネット(IoT)の時代において、医療、環境管理、自動運転、スマート・シティ、スマート・グリッド、スマート・ハウス、生産システム、ウェアラブル・デバイス、交通システム、資源探索、航空宇宙、ロボット、など、あらゆる分野で、これまで以上に重要になる。

 センサーの種類は、位置、形状、圧力、重量、ひずみ、速度、加速度、回転数、音、振動、熱、温度、湿度、光、電磁気、ガスなど、多岐に渡る。

 さらに、センサー技術の分野では、カメラで撮影した画像を分析し、顔や、他のオブジェクトを認識したり、指紋や虹彩や音声を認識したりすることにも、AI技術が利用されている。

 例えば、スマートフォンのカメラで撮影した、オブジェクトを認識し、関連する情報を検索したり、顔の表情を分析し、感情を認識したり、出かけるときに着て行く洋服を推奨したりすることにも、AI技術が使用されている。

 センサーは、世界が、ますます依存している、マシンの目や耳になるため、重要である。

 このため、筆者は、センサー技術が、激しい投資の対象分野として、残ると考えている。

 実際の見通しを持った、センサー・ソリューションと、誇大宣伝、および、安易な投資の波に乗った、センサー・ソリューションとを、分離することが重要になる。

 ベストセラーのアプライアンス

センサーは、より良いデータを必要としている、AIの目や耳になる。(1) '17.07.22

【センサーは、より良いデータを必要としている、AIの目や耳になる。(1)】 '17.07.22

 センサーは、より良いデータを必要としている、AIの目や耳になる。 2017年7月4日

Dis2
 By disruptive

 データは、人工知能(AI)の知識になるので、そのデータを収集するセンサーは、信頼性が高く、正確であることが、ますます重要になっていく。

 これは、不正確なデータは、役に立たず、逆に、eHealthなどにおいて、最悪の場合、致命的な結果をもたらすからである。

 Fitbit、Apple、Xiaomi、Garminの、ウェアラブル・デバイスのようなものが生成するデータは、実際には、レクリエーション・フィットネスにしか使用できないような低品質であるため、医療用に使用するには、問題があるだろう。

 このため、極めて、正確で、信頼性の高い、極めて高価な医療用モニタリング装置の市場は、まだ、これから大きくなっていくだろう。

 医療用モニタリング・デバイスのセンサーが生成するデータを改善するための、2つの方法がある。

1.医療用モニタリング・デバイスのセンサー自体の品質を向上させる。

 光心拍センサーが、ECGと同じくらい正確に、データを収集できるならば、心臓薬に大きな影響を及ぼすだろう。

 光心拍センサーは、装置のコストを削減できるだけでなく、高リスクの患者を継続的に、かつ、適切に監視することができ、心臓病の事象の発生を予測できるようにする。

 センサー業界は、より正確で、信頼性の高い、詳細な情報を提供することを約束した、最新の製品を提供することに、熱狂的に取り組んでいる。

 ただし、筆者は、FDAの認定を受けることができるような、品質を達成したと主張している、心臓のセンサー会社に、まだ、出会ったことがない。

 小さなスタートアップ、Leman Micro Devicesが、専門としている、血圧の分野でも、同様に、精度や、信頼性の高い、情報を提供することが必要である。

 Leman Micro Devicesは、FDAの承認を得て、医療グレードで血圧を測定するのに、十分近い、精度や、信頼性を備えている、スマートフォンにフィットする、正確で、小さな血圧センサーを開発した。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月21日 (金)

Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。(3) '17.07.21

【Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。(3)】 '17.07.21

 Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。 2017年5月22日

 By disruptive

 「モバイル・ファーストから、AIファーストへ」

Dis3_2
 Googleは、I/O年次開発者コンファレンスの基調講演で、できるだけ多くのデータを収集して、分類しながら、ユーザへの関与を維持するために、エコシステムを確立し、ビジュアル検索機能を改善していくことを強調した。

 Googleは、この基調講演において、現在、行われている、あらゆることに、同社の優れた専門知識を実装していくことを紹介した。

   (続き)

3.Android O

 Googleは、Androidオペレーティング・システムの次版である、Android Oを含む、現在の製品やサービスの、アップデートを提供する。

1)Androidのアップデート

 多くのユーザが、スマートフォンなど、複数のモバイル・デバイスを所有しており、世界には、アクティブなAndroidベースのモバイル・デバイスは、現在、20億台以上あるといわれている。

 これは、ブラジルなどの、多くの新興市場でも見られる傾向である。

 しかし、Googleのアプリやサービスを利用する、ユーザ数が多い程、Googleに、広告料、サービスやコンテンツの使用料などの、収益が増えるため、ユーザ数を増やすことが、Googleにとって重要である。

 現在、モバイル・デバイスの、世界のユーザ数は、AppleのiOSベースのモバイル・デバイスのユーザを含め、10億人近いようだ。

 AndroidのOSシェアは、65%近くあるので、Androidベースのモバイル・デバイスの世界のユーザ数は、6億5000万人近くあるだろう。

 世界のモバイル・デバイスにおける、iOSのOSシェアは、33%であり、Windows PhoneのOSシェアは、1%である。

2)Android Go

 Android Goは、手頃な価格の、ローエンドのスマートフォンを、より多くのユーザに、普及させることに取り組んで失敗した、Android Oneプロジェクトの再展開である。

 Android Goは、512MBのRAMを搭載した、ローエンドのモバイル・デバイス向けに、最適化された方法で実行する、Android Oのスモール・フットプリント版のOSのようだ。

 重要なのは、Android Goに、モバイル・デバイスで、使用するデータを、完全に制御できるだけでなく、データの使用量を節約できることに、重点を置いた機能が、追加されていることである。

 低所得層のユーザにとっても、モバイル・デバイスで使用するデータは、通貨のように、重要な存在になっており、ユーザは、使用するデータを、セキュアに制御できるなることを望んでいる。

 Android Goは、モバイル・デバイスのメーカにとって、極めて制限的だった、Android Oneよりも、遥かに良い提案のように見える。

4.AI技術の展開

 今回の、I/Oイベントは、最もエキサイティングなものではないが、Googleの見通しに、最も大きな影響を与えるのはAI技術の展開だろう。

 Googleは、同社のAI技術を、文脈に依存した、テキスト検索サービス、画像認識、画像検索サービス、デジタル・アシスタント、自動運転、音声認識、自然言語処理、自動翻訳、顔認識、表情認識など、あらゆる分野に組み込み、より直感的なサービスを提供している。

 Googleは、これにより、ユーザを増やし、広告料、サービスやコンテンツの使用料などで、売上が伸びることを期待している。

 ベストセラーのアプライアンス

Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。(2) '17.07.21

【Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。(2)】'17.07.21

 Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。 2017年5月22


 モバイル・ファーストから、AIファーストへ

Dis3
 By disruptive

 Googleは、I/O年次開発者コンファレンスの基調講演で、できるだけ多くのデータを収集して、分類しながら、ユーザへの関与を維持するために、エコシステムを確立し、ビジュアル検索機能を改善していくことを強調した。

 Googleは、この基調講演において、現在、行われている、あらゆることに、同社の優れた専門知識を実装していくことを紹介した。

   (続き)

2.AutoML:

 AutoMLは、Google.aiイニシアティブ内の、研究プロジェクトであり、すべてが特定の作業のために訓練されている、大きなグループのニューラル・ネットワークから、最良のものを選択することができる、ニューラル・ネットワークである。

 Googleは、AutoMLの詳細を、ほとんど、明らかにしていないが、これまでの成果が奨励されていると述べた。

 AutoMLは、Googleが、マシンが独自に、AIモデルを構築できるようにするための、第1歩になる、同社にとって、極めて重要な開発である。

 今日の、AIモデルを構築することは、大量の時間とプロセシング能力を必要とする作業であるが、これは主に、手作業で行われ、非常に高価である。

 マシンが、独自のAIモデルを構築して、学習し、訓練できるなら、開発のスピードだけでなく、AIに実行を依頼できる、スコープ作業に関して、全く新しい可能性が開かれてくる。

 顧客の過去の購買履歴を分析する手法である、RFM(Recency、Frequency、Monetary)分析は、AIの主要な課題の1つとして、自動モデルの構築を強調している。

 RFM分析における、Googleの進歩は、同社の競合他社との差別化を意味している。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月20日 (木)

Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。(1) '17.07.20

【Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。(1)】 '17.07.20

 Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。2017年5月22日

 By disruptive

 モバイル・ファーストから、AIファーストへ
Dis3
 Googleは、I/O年次開発者コンファレンスの基調講演で、できるだけ多くのデータを収集して、分類しながら、ユーザへの関与を維持するために、エコシステムを確立し、ビジュアル検索機能を改善していくことを強調した。

 Googleは、この基調講演で、現在、行われている、あらゆることに、同社の優れた専門知識を実装していくことを紹介した。

1.Google Lens:

 他にも、Google Lensのような、スマートフォンのカメラで捉えた映像のなかにある物体を認識し、それに関する情報を検索し、ユーザに提示する、ビジュアル検索技術を発表している、ベンダもいるが、GoogleのGoogle Lensビジュル検索技術は、より適切に動作すると思われる。

 Google Lensビジュアル検索技術は、スマートフォンのカメラで捉えた映像のなかにある物体を認識し、関連する情報を検索するして、ユーザに提示する。

 ユーザは、興味のあるオブジェクトを、スマートフォンのカメラで撮影することにより、自分たちの周囲にあるオブジェクトに関連した情報を取得でき、適切な行動を取れるようになる。

 例えば、特定のレストランや、ショーのチケットなどの、価格に関するレビューを探しているユーザは、スマートフォンのカメラを使用して、レストランの看板や、イベントのポスターなどを撮影することで、それらに関連した情報を取得できるようになる。

 Google Lensビジュアル検索技術は、ある場所の歴史や背景から、他のユーザが、レストランやお店に与えた評価まで、さまざまな情報を検索し、ユーザに提示する。

 他ベンダのビジュアル検索技術は、オブジェクトを識別する能力だけでなく、そのオブジェクトに関する関連情報を、検索して、掘り出す能力にも欠けている。

 これは、他ベンダが使用している、AI技術が、ビジュアル検索技術に供給する能力が、GoogleのAI技術ほど、進んでいないからである。

 このGoogle Lensビジュアル検索機能は、Googleのすべてのプロパティと、関連づけられ、写真アプリや、地図サービス、拡張現実(AR)アプリなど、Googleの、他のさまざまなアプリやサービスに組み込まれていくようだ。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月17日 (月)

MicrosoftのCortanaとSkype for Businessが、Volvoのダッシュボードに、組み込まれる。 '17.07.17

【MicrosoftのCortanaとSkype for Businessが、Volvoのダッシュボードに、組み込まれる。】 '17.07.17

 MicrosoftのCortanaとSkype for Businessが、Volvoのダッシュボードに、組み込まれる。2017年5月

Wsj3
 By Rebekah Carter、commstrader

 MicrosoftのCortanaとSkype for Businessが、Volvoの最新の90シリーズ(S90、XC90、V90)の、ダッシュボードに、組み込まれる。

 これにより、Volvoの最新の90シリーズの、乗客は、Skype for Businessを使用して、電話をかけたり、音声会議に参加したりできるようになる。

 Volvoは、2017年1月に、ラスベガスで開催された、Customer Electronics Show(CES)で、ビジネス・ドライバー向けに、Volvo車のダッシュボードに組み込まれる、Skype for Businessアプリを提供することを明らかにした。

 Microsoftによると、Skype for Businessアプリは、あらゆる車載システムに実装され、VolvoのV90 Country WagonとXC90 SUVと共に、高級S90セダンのダッシュボードに組み込まれるという。

 ドライバーや乗客は、車内で、Office 365ライセンスで提供された、Skype for Businessアカウントを利用できるようになる。

 ドライバーや乗客は、車で移動しながら、ダッシュボードから、Skype for Businessアプリを起動し、会議に参加したり、電話を受けたり、スケジュールをアクセスしたり、できるようになる。

 Skype for Businessアプリを、ダッシュボードに組み込むことにより、Volvoは、ドライバーが、運転中に、Skype for Businessを使用して、電話を受けたり、音声で会議に参加したりするための、操作上の問題を、効果的に取り除くことができる。

 電話が終わると、ドライバーは、車から、電話の完全な記録を含む、ノートを送ることもできるようになる。

 MicrosoftのSkype for Businessアプリで、ドライバーは、UK PSTN(英国の固定電話の公衆交換電話網)コールを利用できるようになる。

 Volvoは、車で移動中に、ドライバーや乗客が、生産性や柔軟性を向上させることができるよう、ダッシュボードに、Skype for Businessを組み込む。

 VolvoのVP、Anders Tylman-Mikiewicz氏によると、これにより、さまざまな業界の人たちが、オフィスにおいて費やす、多くの時間を低減できるようになり、オフィス以外の場所での、仕事の効率を向上させることができるようになるという。

 これは、ドライバーや乗客が、車で移動中に費やす時間を、有効に利用できるようにする、Volvoの、新しい洞察の始まりである。

 Volvoは、車で移動している時の、ユーザ経験を改善するための取り組みにおいて、Microsoftとの提携を開始した、自動車メーカの1社である。

 1年以上前に、Volvoは、車の設計、開発、製造、マーケティング、保守などに、HoloLens拡張現実(AR)ヘッドセットを利用することで、Microsoftと協調していた。

 「Microsoft HoloLensで、MicrosoftとVolvoが提携した。」紹介ビデオ

 HoloLens拡張現実(AR)ヘッドセットで、Microsoftと協調している、他の自動車メーカには、トヨタ、BMW、および、日産がいる。

 未来の車

 最近、Microsoftは、BMWと提携し、車上において、ネーティブなモバイル・アプリや、革新的なダッシュボードのディスプレイで体験できる、ユーザ経験や、ユーザの、企業や製品、ブランドなどへの愛着心を促すようにデザインされた、ソフトウェアを披露した。

 BMWは、Azure IoTを使用して、最新の能力と、データ分析用のAzureサービスを作成した。

 Volvoのスポークスマンによると、2017年に、MicrosoftのSkype for Businessアプリは、90シリーズのモデルにおいてのみ、利用できるようになるという。

 Volvoは、音声コマンドを可能にするために、車載システムに、MicrosoftのCortanaデジタル・アシスタントを組み込む、可能性を模索している。

 Microsoft Band 2において、MicrosoftとVolvoは、ドライバーが、Volvo on Callアプリを使用して、音声コマンドで、車のエアコン、カーナビ、ドアのカギ、警笛、ライトなどを制御できるようにする能力を紹介していた。

 「Volvo On Callの紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月16日 (日)

GMは、Uberとチームを組み、Mavenプログラムを、オーストラリアに拡大させる。 '17.07.16

【GMは、Uberとチームを組み、Mavenプログラムを、オーストラリアに拡大させる。】 '17.07.16

 GMは、Uberとチームを組み、Mavenプログラムを、オーストラリアに拡大させる。 2017年7月15日
R1
 By reuters

 General Motors(GM)は、配車サービスを提供する、Uber Technologiesと提携し、オーストラリアで、カー・シェアリング実験プログラム、Mavenをテストしていることを紹介した。

 GMによると、このリース契約により、Uberの運転手は、GMのオーストラリアでの製造会社である、GM Holdenにより生産された、車を借りることができるようになるという。

 GMのMaven Gigプログラムは、荷物の配達、食料品の配達、乗合サービスのような、独立した車の仕事を、フリーランスの人が、行えるよう、手軽に、車を借りられるようにすることを目的としている。

 GMによると、このMavenプログラムは、現在、San Diegoで、運営されており、2017年の後半に、San FranciscoとLos Angelesに、展開される予定であるという。

 GMは、2016年11月に、このMavenプログラムで、Uberと、北米において、パートナーを組んだと発表している。

 ベストセラーのアプライアンス

Intelは、AIアプリをサポートする、データセンターのサーバを助ける、新たなXeon Scalable Processorチップを発表した。 '17.07.16

【Intelは、AIアプリをサポートする、データセンターのサーバを助ける、新たなXeon Scalable Processorチップを発表した。】 '17.07.16

 Intelは、AIアプリをサポートする、データセンターのサーバ用の、マイクロプロセッサの新ライン、Xeon Scalable Processorを発表した。 2017年6月12日

Dis4
 By News Centre、disruptive

 Intelは、AIアプリをサポートする、クラウド・コンピューティング・サービスを提供する、データセンターのサーバ用の、マイクロプロセッサの新ライン、Xeon Scalable Processorを発表した。
Dis4a
 Xeon Scalable Processorチップは、人工知能(AI)や、ビッグデータ&分析といった、コンピューティング・パワーを必要とする、次世代のソフトウェアのサポートを提供する。

 このXeon Scalable Processorチップは、クラウド・コンピューティング・サービスを提供するために、何千台ものサーバを持つ、データセンターを運営している、Google、Microsoft、Amazon Web Services(AWS)といった、最大手のクラウド・サービス・プロバイダをターゲットにしている。

 これら最大手のクラウド・サービス・プロバイダは、自分で、コンピュータ・システムを所有し、維持・管理したくない、顧客に、コンピューティング基盤や、プラットフォームを提供する、「サービスとしての基盤(IaaS)」や、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」といった、クラウド・サービスを提供している。

 また、これら最大手のクラウド・サービス・プロバイダは、顧客に、ストレージ・サービス、コンピューティング・サービス、データベース・サービス、ビックデータ&分析といった、ある程度、汎用的な、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」も提供している。

 さらに、顧客は、これらのクラウド・サービス・プロバイダが提供する、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」の上で実行する、ソフトウェアを作成し、クラウド・サービスとして、利用することもできる。

 3rdパーティのソフトウェア・ベンダは、これらのクラウド・サービス・プロバイダが提供する、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」の上で実行する、業務ソフトウェアなどを作成し、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」として、自分たちの顧客に、提供することもできる。

 Googleは、Google Cloud Platformを提供する、データセンターのサーバに、IntelのXeon Scalable Processorチップを採用した、最初のクラウド・サービス・プロバイダの1社である。

 「Intel Xeon Scalable Processorファミリ」の紹介ビデオ

 Intelのライバルには、同じアーキテクチャのチップを製造し、提供している、AMDがいる。

 また、大手のサーバ・ベンダには、ARMアーキテクチャのRISCチップを搭載した、サーバを開発し、提供しているベンダもいる。

 Gartnerのアナリスト、Martin Reynolds氏によると、IntelのXeon Scalable Processorは、以前の世代のチップよりも、消費電力が少なく、人工知能(AI)や、ビッグデータ&分析といった、コンピューティング・パワーを必要とする、ソフトウェアを実行する負荷が改善されているという。

 Gartnerのアナリスト、Martin Reynolds氏は、ただし、最大手のクラウド・サービス・プロバイダ以外の、クラウド・サービス・プロバイダや大企業の、データセンターのサーバに、IntelのXeon Scalable Processorチップを搭載したサーバの需要があるかどうかは、不明確であり、これは、Intelにとって、大きなリスクであるとも述べている。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月13日 (木)

Samsungは、韓国において、自動運転車をテストすることを許可された。 '17.07.13

【Samsungは、韓国において、自動運転車をテストすることを許可された。】 '17.07.13

 Samsungは、韓国政府から、同社の電子部品やソフトウェアを搭載した、自動運転車を、国内でテストすることを許可された。2017年5月3日

Dis4
 By disruptive

 自動運転車の分野に力を入れようとしている、Samsungは、韓国政府から、国内において、同社の電子部品や、車載システムのソフトウェアを搭載した、自動運転車をテストすることを許可された。

 韓国政府が、テストを許可する、自動運転車は、Samsungの、カメラや、各種センサーなどの、電子部品と、同社車載システムのソフトウェアを使用して、韓国の自動車メーカにより作成された車を改造した、版に対してである。

 Samsungは、電子部品を搭載した、自動運転車の、自動運転アルゴリズムを開発するために、走行テストを繰り返していくことを計画している。

 Samsungは、同社の電子部品を使用して作成した、車載システムで使用するための、自動運転車用の、深層学習アルゴリズムを開発するために、車を改造し、韓国の公道で、走行テストを実施するが、車を製造するビジネスに、参入する計画は持っていない。

 Samsungは、自動運転車用の車載システムなどの製品を拡大させるための、新たな源として、自動車産業を特定している。

 Samsungは、2017年初めに、自動車部品メーカ、Harman International Industriesを、80億ドルで買収した。

 しかし、Samsungは、まだ、自動車メーカと、主要な供給契約を締結していないので、自動運転車ビジネスが、同社の主力のメモリチップやスマートフォンのビジネスに匹敵するほど、大きなビジネスになるには、数年かかるかもしれない。

 ベストセラーのアプライアンス

より以前の記事一覧

ウェブページ