Gartner

2017年9月16日 (土)

Gartnerは、2017年2Qに、世界のサーバの出荷台数が、前年同期から、2.4%増加したという。 '17.09.16

【Gartnerは、2017年2Qに、世界のサーバの出荷台数が、前年同期から、2.4%増加したという。】 '17.09.16

 Gartnerによると、2017年2Qに、世界のサーバの出荷台数が、前年同期から、2.4%増加し、世界のサーバの売上が、前年同期から、2.8%増加したという。 2017年9月12日

・2017年2Qに、世界のx86サーバの出荷台数は、前年同期から、2.5%増加し、世界のx86サーバの売上は、前年同期から、6.9%増加した。

・2017年2Qに、世界のRISC/Itanium Unixサーバの出荷台数は、前年同期から、21.4%減少し、世界のRISC/Itanium Unixサーバの売上は、前年同期から、24.9%減少した。

・2017年2Qに、HPEは、世界のサーバの売上が、前年同期から、9.4%減少したにも関わらず、32億ドルの売上を上げ、23%の売上シェアを占め、1位を維持した。

・2017年2Qに、Dell EMCは、世界のサーバの売上が、前年同期から、7%増加し、19.9%の売上シェアを占め、1位を維持した。

・2017年2Qに、Huaweiは、世界のサーバの売上が、前年同期から、57.8%も増加した。

表1)2017年2Qにおける、世界のサーバ・ベンダの売上見積り

  (単位:ドル)

ベンダ    2017年2Q    2017年2Q   2016年2Q    2016年2Q   年間
            売上         シェア        売上         シェア     増加率

HPE    3,204,569,547    23.0%    3,536,530,453       26.1%        -9.4%
Dell      2,776,347,626    19.9%    2,594,180,873      19.1%            7.0%
IBM          963,279,264        6.9%      1,226,947,968           9.1%         -21.5%
Cisco        866,450,000        6.2%        858,924,000           6.3%            0.9%
Huawei      845,543,611        6.1%        535,946,936           4.0%          57.8%
その他   5,281,754,345    37.9%   4,801,420,134       35.4%        10.0%

合計   13,937,944,394  100.0%  13,553,950,355     100.0%        2.8%

ソース:Gartner、2017年9月

 2017年2Qにおける、世界のサーバ・ベンダの出荷台数

・Dell EMCは、世界のサーバの出荷台数において、2017年2Qに、17.5%の市場シェアを確保し、1位を維持した。

・HPEは、世界のサーバの出荷台数において、2017年2Qに、17.1%の市場シェアを確保し、2位を維持した。

表2)2017年2Qにおける、世界のサーバ・ベンダの出荷台数の見積り

  (単位:台)

ベンダ     2017年2Q   2017年2Q   2016年2Q   2016年2Q    年間
           出荷台数      シェア     出荷台数      シェア     増加率

Dell EMC      492,854          17.5%           529,135         19.2%           -6.9%
HPE            483,203           17.1%           529,488         19.2%           -8.7%
Huawei        176,426            6.2%            139,866          5.1%           26.1%
Inspur          158,373           5.6%            120,417          4.4%            31.5%
Lenovo        145,655            5.2%            235,267          8.5%          -38.1%
その他    1,367,176          48.4%          1,203,525         43.6%           13.6%

合計     2,823,688     100.0%          2,757,698       100.0%            2.4%

 ソース:Gartner、2017年9月

 ベストセラーのアプライアンス

2017年9月11日 (月)

コンシューマ・デバイス用の人工知能(AI)には、どういう意味があるか? '17.09.11

【コンシューマ・デバイス用の人工知能(AI)には、どういう意味があるか?】 '17.09.11

 ドイツのベルリンで開催される、IFA 2017では、最新の製品や革新が紹介される。

Gartner1
 By Gartner

 企業が、自分たちのプロセス、製品、および、サービスを革新し、伝達する方法を変える、AI技術は、IFA 2017で紹介される製品の多くの、要素になるとことが予想される。

 IFA 2017で紹介される、AI技術を使用したデバイスに関連した発表に対する、Gartnerの副社長、Annette Zimmermann氏の考えを紹介する。

質問1)AI技術やデジタル・アシスタントの人気が高まるにつれ、特に、スマート・スピーカのような、スマート・デバイスやスマートフォンにとって、AIはどういう意味を持つのか?

回答1)毎月、新しいAI技術を使用した、デバイスやサービスが、発売されており、AIが、テクノロジー製品のマーケティング用語になったように感じている。

 どのマシン学習方法が、AI技術の背景にあるのかを理解するために「AI技術を使用した」製品を詳しく見ていく必要があると考えている。

 多くの異なった、マシン学習技法があり、マシンを訓練するために使用される、データが、AI製品の品質に、直接、影響を持つことを認識している。

 現在、デジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・デバイスが、徐々に増えており、今後、2~3年で、さらに進化していくだろうう。

 例えば、パーソナル・コーチング・システムは、高度に、パーソナライズされた、ユーザ経験を可能にするために、マシン学習アルゴリズムを使用する。

 スマートフォンと連携して、ユーザを補助する、Xperia Ear、Samsung Gear IconX、および、Apple AirPodsといった、耳につける、スマートなウェアラブル・デバイスも登場している。

 将来的な、疑問は、AIが、デバイスやスマートフォンをエンハンスできるかどうかではなく、AI技術を使用した、スマートフォンが、価値のあるユーザ経験を提供できるようにするために、これらのシステムで、共有すべき、情報量は、どれぐらいあるかということだろう。

 情報を結合し、健康を全体的に把握するために、パーソナル・ヘルス・アプリと、フィットネス・アプリで、情報を共有できるようになるだろう。

 また、ユーザが、収集され、結合された情報を、コーチと共有することで、コーチは、適切なフィットネス計画を推奨できるようになるだろう。

 最終的に、感情の状態、嗜好、位置データ、および、行動といった、異なったデータを結合することで、トレーニング・マシンに、豊富なデータを提供することで、トレーニング・マシンが、提供できるサービスを改善できるようになるだろう。

質問2)IFA 2017では、AIに関連した、どのような発表があると思うか?

回答2)昨年のIFA 2016と同様、AIに関連した、多くの製品が、発表されることを期待している。

 AI関連では、デジタル・アシスタントを、スマート・デバイス製品に統合することと、デジタル・アシスタントをエンハンスすることが、話題になるだろう。

 AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを統合し、組み込んだ、いくつかのスマート・スピーカなどの、スマート・デバイスや、スマートフォンが、紹介されることが期待される。

 また、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントをサポートした、スマート・ホーム・デバイスも紹介されるだろう。

 例えば、HuaweiのMate 9スマートフォンに、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントが搭載され、サポートされる。

 これに対し、PanasonicのGA10スピーカや、SonyのLF-S50Gスピーカ、および、SamsungやHuaweiなどのスマートフォンなどに、GoogleのAssistantデジタル・アシスタントが搭載され、サポートされる。

 現在、スマート・スピーカに搭載された、デジタル・アシスタントでは、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントが、支配的であるが、スマートフォンに搭載された、デジタル・アシスタントでは、GoogleのAssistantとAppleのSiriが、支配的である。

 また、Samsungは、同社のスマートフォンに、Bixbyと呼ばれる、独自のデジタル・アシスタントを搭載すると共に、GoogleのAssistantデジタル・アシスタントも搭載し、サポートする。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年9月 2日 (土)

Gartnerによると、世界のウェアラブル・デバイスの売上が、2017年に、前年から16.7%増加する。 '17.09.02

【Gartnerによると、世界のウェアラブル・デバイスの売上が、2017年に、前年から16.7%増加する。】 '17.09.02

 Gartnerによると、2017年に、世界のスマート・ウォッチの出荷台数は、4150万台になるという。2017年8月24日

Gartnerwearables
 Gartnerは、2017年に、世界で販売される、ウェアラブル・デバイスの出荷台数は、前年から16.7%増加し、3億1040万台になることが期待されている。

 2017年に、4150万台のスマートウォッチが、販売される見込みである。

 2021年までに、スマートウォッチの出荷台数は、8100万台近くになり、ウェアラブル・デバイスの合計出荷台数、約5万台の16%を占めるようになることが期待される。

 スマートウォッチ分野の平均小売価格は、2017年の234.25ドルから、2021年には、214.99ドルに下がる見込みである。

表1)世界のウェアラブル・デバイスの出荷台数の実績と予測(2016年~2018年と2021年)
  (単位:100万台)

デバイスの分野        2016年  2017年  2018年  2021年

スマートウォッチ         34.80      41.50     48.20   80.96

ヘッドマウントDP        16.09     22.01     28.28   67.17

ウェアラブル・カメラ        0.17      1.05       1.59     5.62

Bluetoothヘッドセット    128.50   150.00   168.00   206.00

リストバンド           34.97     44.10     48.84   63.86

スポーツ・ウォッチ      21.23     21.43     21.65   22.31

他のフィットネス・モニタ   55.46      55.7    56.23   58.73

ウェアラブルの合計     265.88    310.37   347.53   504.65

ソース:Gartner、2017年8月

 Appleは、スマートウォッチ分野における、出荷台数で、最大の市場シェアを持ち続けているが、スマートウォッチ分野に参入する、ベンダが増えたので、Appleの市場シェアは、減少していくだろう。

 2017年9月に、発表が予定されている、新たなApple Watchは、Siriとの対話、メッセージ処理、センサー・データの転送などのために、Wi-Fi環境になくても、直接、セルラー接続できるようになるようだ。

 Gartnerは、スマートウォッチを提供している、他のベンダには、Asus、Huawei、LG、Samsung、および、Sonyなどがいるが、2021年に、これらのベンダから提供される、スマートウォッチの出荷台数の合計は、スマートウォッチ市場の15%しか占めないと見積っている。

 Gartnerによると、今後、好調になるのは、「子供向けのスマートウォッチ」と、「従来の時計ブランドのスマートウォッチ」だろうという。

・「子供向けのスマートウォッチ」の出荷台数は、2021年に、全スマートウォッチの出荷台数の、30%を占めるようになる見込みである。

 「子供向けのスマートウォッチ」は、2才から13才の子供を、ターゲットにしている、スマートウォッチの分野である。

・「ファッションや、従来の時計ブランドのスマートウォッチ」の出荷台数は、2021年に、全スマートウォッチの出荷台数の、25%を占めるようになる見込みである。

・「スタートアップやホワイトレーベル・ブランド(Archos、Cogito、Compal、Martian、Omate、あるいは、Quanta)のスマートウォッチ」は、2021年における、スマートウォッチの全出荷台数の、5%を占めるようになる見込みである。

・「Bluetoothヘッドセット」の出荷台数は、2017年に、すべてのウェアラブル・デバイスの48%を占める見込みである。

 2017年に、2016年から、16.7%増加し、1億5000万台の「Bluetoothヘッドセット」が、出荷され、2021年には、2億600万台に増加する見込みである。

・「ヘッドマウント・ディスプレー(HMD)」の出荷台数は、2017年に、すべてのウェアラブル・デバイスの7%しか占めないだろう。

 Gartnerの顧客は、「Forecast: Wearable Electronic Devices, Worldwide, 2017.」レポートで、ウェアラブル・デバイス市場の予測の詳細を見ることができる。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月31日 (木)

Gartnerによると、世界のデジタル・アシスタント対応スマート・スピーカの売上は、2021年までに、35億ドルに達するという。 '17.08.31

【Gartnerによると、世界のデジタル・アシスタント対応スマート・スピーカの売上は、2021年までに、35億ドルに達するという。】 '17.08.31

 Gartnerによると、世界のデジタル・アシスタント対応スマート・スピーカの売上は、2021年までに、35億2000万ドルに達するという。

 企業は、2019年までに、医療、コミュニケーション、および、リモート・ヘルスケア・アプリの採用を開始するだろう。

 Gartnerによると、世界のデジタル・アシスタント対応スマート・スピーカの売上は、2016年における、7200万ドルから、大幅に増加し、2021年には、35億2000万ドルに達するという。

 Amazon Echoデバイスや、Google Homeといった、デジタル・アシスタント対応スマート・スピーカの市場には、より多くのベンダが参入し、適用範囲やエコシステムが、拡大されていくだろう。

 このスマート・スピーカの市場では、2018年には、スマート・ハウスの分野において、スマート照明、デバイス・ハブ、Wi-Fiメッシュ・デバイスといった、他のデバイスが、デジタル・アシスタント機能を、徐々に採用するようになるだろう。

 2019年には、クラウドではなく、デバイスで、いくつかの人工知能(AI)機能を実行する、第3世代のスマート・スピーカ製品の出荷が、開始されるだろう。

 Gartnerは、遅延を改善し、プライバシーやセキュリティの問題を緩和し、帯域幅をより効率的に活用するために、デジタル・アシスタント対応スマート・スピーカが、エッジ・デバイスや、マシン学習能力を使用するようになると期待している。

・企業における、デジタル・アシスタント

 現在、デジタル・アシスタント対応スマート・スピーカは、消費者向けのデバイスとして考えられているが、Gartnerは、2019年には、医療や遠隔医療、ヘルスケア、および、企業において、各分野の要件に適合し、細分化された、デジタル・アシスタント対応製品の採用が開始されると予測している。

 例えば、ヘルスケア分野では、遠隔診断やお年寄りのケア用の、デジタル・アシスタント対応スマート・スピーカが出現し、ハードウェアやサービスのコストが、部分的に、医療機関により補助され、徐々に、普及していくだろう。

 2020年には、小売分野において、実店舗や、e-コマースのショッピング環境において、セルフサービスの、音声対応ショッピングや支払い経験が可能になるだろう。

 Gartnerの顧客は、「Forecast Snapshot: VPA-Enabled Wireless Speakers, Worldwide, 2016-2021」レポートで、詳細な分析を、利用できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月25日 (金)

Gartnerが、デジタル職場の8つの重要なコンポーネントを強調する。 '17.08.25

【Gartnerが、デジタル職場の8つの重要なコンポーネントを強調する。】 '17.08.25

 ロンドンで開催された、GartnerのDigital Workplace Summitで、アナリストは、デジタル職場のベストプラクティスを議論する。 2017年8月22日

Gartner0_3
 By Gartner

 デジタル職場プログラムは、ビジネス戦略に対する、断片化されたアプローチのため、しばしば、失敗している。

 デジタル職場プログラムを成功させるために、デジタル職場プログラムに責任のある、リーダは、デジタル職場の8つの重要なコンポーネントのすべてに、確実に、対応するための、フレームワークを採用する必要がある。

 Gartnerは、デジタル職場の、8つの重要なコンポーネントを特定した。

図1)デジタル職場の8つの重要なコンポーネント

・ビジネスの連帯

1.ビジョン:デジタル職場に対する、価値の命題

2.戦略:効果的な実行に対する、青写真

3.指標:結果、ベンチマーク、価値、投資利益率(RoI)

・人の連帯

4.従業員の経験(複数のアプローチ、ユーザビリティ、対話とフィードバック、参加と貢献、スマート職場)

5.組織的な変化(文化と構造、スキルと器量、奨励と認識、統治、自由、責任、パートナーシップ)

6.プロセス(動的な増加、創造、非ルーチン作業)

・ITの連帯

7.情報(コンテキストにおいて、配信される、データやコンテンツ)

8.技術(モバイル、クラウド、分析、AI、コンテンツ、および、コラボレーション・サービス)

Gartner1
 ソース:Gartner、2017年8月

「デジタル職場の8つの重要なコンポーネント」

1.ビジョン:どのようなデジタル職場の成功が、どのようになるかを表している。

 ビジョンは、デジタル職場の将来の状態や、どのように、ステークホルダーに、利益をもたらすかを表している。

2.戦略:目的を達成するための、ロードマップを作成する。

 戦略は、組織が、ビジョンを達成し、デジタル的に、権限を与えられた労働力を創出するために使用する、アプローチを表しており、組織のビジネス目標を達成するために、戦略的なロードマップを、明確に定義している。

3.指標:性能や価値を測定する。

 デジタル職場プログラムに責任のある、リーダは、自分たちのイニシアティブの価値を、どのように測定するかは、組織の現在のアプローチの延長線上にあるべきである。

 各イニシアティブは、職場の効果、従業員の俊敏性、従業員の満足度、従業員の持続性といった、ビジネス価値の指標に、プラスの影響を与えるよう、設計する必要がある。

 効果的な指標は、デジタル職場プログラムの、戦略と戦術の、継続的な開発のための、フィードバック機構も提供する。

4.従業員の経験:従業員の対話を改善するための設計

 優れた従業員経験を生成することは、デジタル職場の重要な側面である。

 創造的で、精力的な労働力は、サービスの提供や、製品の設計などの面における競争で、優位に立てるようにする。

5.組織的な変化:小さく開始して、大きく育てる。

 デジタル職場プログラムの成果が、成熟するにつれて、組織の内部プロセス、部門構造、インセンティブ、スキル、文化、行動に大きな変化が必要になる。

 最終的には、デジタル職場の取り組みが、組織内のすべてのシステム、プロセス、役割に影響を与える。

6.プロセス:ハイインパクトの仕事が、どのように行われたかを、リエンジニアリングする。

 デジタル職場プログラムは、インパクトの高い仕事をしている人の効果を高めることを目的にする場合、特に強力である。

 デジタル職場プログラムは、より機敏で、反応性があり、コラボレーティブな作業プロセスから、メリットをもたらす。

 リエンジニアリング・ビジネス・プロセスでは、従業員が、現在、どのように作業しているかを、注意深く観察する必要がある。

7.情報:従業員は、情報や分析を必要としている。

 従業員は、状況に応じた、情報や分析を必要としており、情報を検索、共有、消費するための、エンタープライズ・ツールを、個人的な生活の中で使用できるよう、スマートで、魅力的なものにすることを期待している。

8.技術:職場の投資へ、プラットフォーム・アプローチを取る。

 デジタル職場プログラムに責任のある、リーダは、顧客、コネクティッド・デバイス、および、エコシステムに到達するための技術を使用する方法を工夫しなければならない。

 また、デジタル職場プログラムに責任のある、リーダは、人工知能(AI)や、モノのインターネット(IoT)などの、新しい技術が、より効果的な作業方法を可能にする方法や、常に革新的な設計をすることなく、次の技術革新の波を利用する方法を決定する必要がある。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月23日 (水)

Gartnerによると、2017年2Qに、新興市場において、4Gスマートフォンの需要があるという。 '17.08.23

【Gartnerによると、2017年2Qに、新興市場において、4Gスマートフォンの需要があるという。】 '17.08.23

 Gartnerによると、2017年2Qに、新興市場において、4Gスマートフォンに対する、需要があるという。

 部品の不足は、2017年2Qにおける、高級スマートフォンの販売に影響するだろう。

 世界のエンドユーザへの、スマートフォンの販売台数は、2016年2Qから、6.7%増加し、2017年2Qに、3億6620万台に達した。

 このスマートフォンのオペレーティング・システムの市場において、Androidは、87.7%のシェアで、リードしていた。

 これに対し、スマートフォンのオペレーティング・システムの市場において、iOSは、12.1%のシェアを占めていた。

 ユーティリティ・スマートフォンの需要は、好調を維持しているが、新興市場では、4Gスマートフォンの需要が増加している。

 この4Gスマートフォンの需要は、150ドルから200ドルのスマートフォンが、好調である。

 あらゆるタイプのスマートフォンの販売台数は、2016年2Qと比較し、2017年2Qに、増加している。

 しかし、スマートフォンの主な部品の供給が減少し、部品のコストが上がり、スマートフォンの価格が増加することを心配している。

 フラッシュ・メモリやOLEDディスプレーなどの部品の供給が減少し、これらの部品の価格が増加することで、2017年2Qにおける、高級スマートフォンの価格が上がり、販売台数が、減少する。

 Samsungのスマートフォンの販売台数は、2017年2Qに、前年同期から、7.5%増加する。

 Samsungは、Galaxy Note 7スマートフォンのバッテリーの出火による、リコールで、販売台数が減少したが、Galaxy S8とS8+スマートフォンの販売が好調で、販売台数を回復した。

表1)2017年2Qに、世界のスマートフォンの、エンドユーザへの、販売台数

  (単位:1000台)

        2017年2Q  2017年2Q   2016年2Q  2016年2Q
ベンダ   販売台数    シェア     販売台数     シェア

Samsung     82,535.1       22.5%           76,743.5         22.4%
Apple         44,314.8       12.1%           44,395.0         12.9%
Huawei        35,964.3        9.8%           30,670.7          8.9%
Oppo          26,092.5        7.1%            18,112.6          5.3%
Vivo           24,324.6        6.6%            14,240.5          4.1%
その他      153,003.1      41.8%           159,190.3        46.4%

合計       366,234.4     100.0%          343,352.5       100.0%

 ソース: Gartner、2017年8月

 西欧における、スマートフォンの販売台数は、HuaweiとSamsungのスマートフォンの販売が好調で、前年から増加した。

表2)2017年2Qにおける、エンドユーザへの、スマートフォンの販売台数の、世界のトップ5地域

  (単位:1000台)

世界の        2017年2Q   2017年2Q   2016年2Q  2016年2Q
地域           販売台数    シェア     販売台数     シェア

中国            101,524.5    27.7%     114,170.9       33.3%
アジア/パシフィック  78,243.1    21.4%      59,429.7          17.3%
北米             40,438.0       11.0%           38,121.5         11.1%
西欧                        35,790.5        9.8%       31,523.6          9.2%
ラテンアメリカ            32,867.2        9.0%           33,050.3          9.6%
その他            77,371.1    21.1%      67,056.5       19.5%

合計                      366,234.4     100.0%          343,352.5        100.0%

ソース:Gartner、2017年8月

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月 5日 (土)

2020年まで、デジタルな変革とIoTは、IT運用管理ツールにおける投資を促す。 '17.08.05

【2020年まで、デジタルな変革とIoTは、IT運用管理ツールにおける投資を促す。】 '17.08.05

 Gartnerによると、2020年まで、デジタルな変革とIoTは、IT運用管理(ITOM)ツールにおける投資を促すという。2017年7月26日

 ロンドンとラスベガスで開催された、Gartner IT Infrastructure, Operations Management & Data Center Conferencesにおいて、IT運用管理(ITOM)のトレンドが、議論される。

 Gartnerによると、デジタル・ビジネスとモノのインターネット(IoT)市場の成長は、2020年まで、IT運用管理(ITOM)ツールにおける、大きな投資を促すという。

 企業が、IT運用管理(ITOM)オープンソース・ソフトウェア(OSS)に移行する、主な要因は、所有コストの削減である。

 オープンソース・ソフトウェア(OSS)IT運用管理(ITOM)ソフトウェアの受け入れが進んでいるが、従来のクローズド・ソースのITOMソフトウェアでは、今日、最も大きな、予算の割り当てが行われている。

 それ以上に、OSS ITOMツールのユーザが直面する、複雑さやガバナンスの問題は、無視できない。

 これらの問題は、ITOMベンダーに、ビジネス機会をもたらす。

 ITOM機能を市場に出すのに遅れている、ベンダーでも、この分野で競争することができるだろう。

 Gartnerは、多くの企業が、オープンソース技術によって可能になる、3rdパーティによって提供される、ITOM、または、「サービスとしてのITOM」(ITOMaaS)に、目を向けるだろうと信じている。

 オープンソース・ソフトウェア(OSS)で、ベンダは、クラウドを通して、より費用対効果が高く、容易に利用可能な、IT運用管理(ITOM)機能を、スケーラブルな方法で、提供することができる。

 2020年までに、パブリック・クラウドとマネージド・サービスは、ITOMツールで、より頻繁に利用されるようになることが期待されている。

 ITOMツールは、クラウドとオンプレミスのITOMツールの両方の、契約ビジネス・モデルの成長を促すだろう。

 ただし、引き続き、オンプレミスの展開は、ITOMツールの、最も一般的な配信方法になるだろう。

 これは、ITOMベンダに、複数の課題を課すことになる。

 第1に、クラウド配信モデルを提供していないベンダは、クラウドとオンプレミスの両方を介して、ITOMツールを配信できる、ITOMベンダからの継続的な食い違いに直面するだろう。

第2に、Microsoft AzureやAmazon Web Services(AWS)などのクラウド・サービス・プロバイダは、パブリック・クラウドに、いくつかのネイティブなITOM機能を提供している。

 これらのクラウド・サービス・プラットフォームでのみ、ワークロードを実行している顧客は、これらのネイティブな機能を好むかも知れない。

 ITOMツールには、クラウド環境と、オンプレミス環境の両方を、シームレスに管理できる「ハイブリッド」の要件もある。

 クラウド(SaaS製品)と商用OSS(無料ライセンスと有償サポートの両方)からの競争圧力により、ITOMプロバイダは、クラウドとオンプレミスの両方の展開で、契約ベースのビジネス・モデルに移行するようになるだろう。

 従来のITOMベンダは、自分たちの製品が、どのように適合するかを変えることによって、対応すると共に、自分たちのソリューションの販売方法を変更する必要があるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月28日 (金)

Gartnerによると、AI技術は、2020年までに、ほぼすべての、新しいソフトウェア製品に、組み込まれるようになるという。 '17.07.28

【Gartnerによると、AI技術は、2020年までに、ほぼすべての、新しいソフトウェア製品に、組み込まれるようになるという。】 '17.07.28

 Gartnerによると、AI技術は、2020年までに、ほぼすべての、新しいソフトウェア製品やサービスに、組み込まれるようになるという。 2017年7月18日

 Gartnerによると、AI技術への関心が高まり、ソフトウェア・ベンダが、製品戦略に、AI技術を導入すること促しており、この過程で、かなりの混乱を招いているという。

Gartnerのアナリストは、2020年までに、AI技術が、ほぼすべての、新しいソフトウェア製品とサービスに、組み込まれるようになると予測している。

 2016年1月には、"artificial intelligence"という用語を、gartner.comサイトにおける、検索のキーワードとして指定された回数は、トップ10に入っていなかった。

 これに対し、2017年5月には、"artificial intelligence"という用語を、gartner.comサイトにおける、検索のキーワードとして指定された回数は、7位にランクされた。

 これは、Gartnerの顧客は、自分たちのデジタル・ビジネス戦略の一部に、AIを、どのように使用すべきかを理解することに、興味を持っていることを示している。

 Gartnerは、2020年までに、AIが、CIOの30%以上の、投資の優先順位の、トップ5になると予測している。

 AI技術の利用分野は、自然言語処理、音声認識、画像認識、文字認識、感情認識、翻訳などから、音声対応デジタル・アシスタント、運転手補助、医療支援、資源探査といった、応用分野まで、多岐に渡る。

 また、AIのプラットフォームも、クラウド、パーソナル・デバイス、モバイル・デバイス、スマート・ホーム・デバイス、自動運転車、ロボット、医療機器など、さまざまである。

 このため、多くのソフトウェア・ベンダは、AI技術に関連した、ビジネスが、近年における、最大のコールド・ラッシュになると考えている。

 AIは、素晴らしい可能性を秘めているが、残念なことに、多くのベンダは、AIのニーズ、潜在的な用途、および、顧客にとってのビジネス価値を特定することに、あまり焦点を合わせていない。

 AIは、収集し、分析したデータに基づいて、明示的に、プログラムされることなく、自律的に、振舞いを変更する、システムのことである。

 AIが、人間に取って代わる、分野があることは、広く認識されているが、実際には、AIやマシン学習技術は、人間の能力を大きく拡大させることができる。

 マシンは、訓練されれば、人間よりも素早く、いくつかのことを行うことができる。

 マシンと人間の組み合わせで、さらに、多くことを達成することが可能になる。

 AIの機会を、うまく利用するために、技術プロバイダは、3つの重要な問題に、どのように対応するかを、理解する必要がある。

1)差別化できないことは、混乱を招き、顧客による、購入の決定を遅らせる、要因になる。

 実際に、差別化することなく、AI製品を提供すると主張している、スタートアップやベンダーの増加が、購入者の混乱を招いている。

 現在、何らかの分野の、AIアプリや、プラットフォームを持つ、1,000社以上のベンダが、「自分たちは、AIベンダーである」と説明している。

2)実証された、あまり複雑でない、マシン学習機能は、多くのエンドユーザーのニーズに対応できる。

 深層学習といった、AIにおける進歩は、多くの話題を呼んでいるが、より現実的で、実績のある、アプローチの価値を難解にしている。

 Gartnerは、ベンダが、最先端のAI技術で仕事をすることができる、最もシンプルなアプローチを使用することを、推奨している。

3)組織は、AIソリューションを評価、構築、および、展開するための、スキルが不足している。

 Gartnerが、実施した、2017年にける、AI開発戦略の調査において、企業のCIOの50%以上が、必要なスタッフのAI技術に関する、スキルが不足していることが、組織に、AI技術を導入する上での、最大の課題であると回答していた。

 このAI開発戦略の調査で、企業のCIOが、意思決定とプロセスの自動化を改善できる、AIソリューションを、探し求めていることが判明した。

 また、この調査で、殆どの組織は、カスタム・ソリューションを構築することを試みことではなく、組み込み型か、パッケージ化された、AIソリューションを購入することを好んでいることも分かった。

 ソフトウェア・ベンダは、最先端の技術でなく、むしろ、ビジネス上の問題に対する、ソリューションを提供することに、専念する必要があるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月18日 (火)

Gartnerによると、2017年2Qに、世界のPCの出荷台数は、4.3%減少したという。 '17.07.18

【Gartnerによると、2017年2Qに、世界のPCの出荷台数は、4.3%減少したという。】  '17.07.18

 Gartnerによると、2017年2Qに、世界のPCの出荷台数は、前年同期から、4.3%減少し、6110万台になったという。 2017年7月12日

 世界のPCの出荷台数は、11四半期、連続して、緩やかに減少している。

 この要因の1つには、DRAM、半導体ドライブ(SSD)、および、LCDパネルといった、部品が不足し、値上がりしたことによる、PCの価格の上昇がある。

 消費者市場では、PCの価格設定は、PCの購入に、大きな影響を持っており、買い控えの要因になっている。

 2017年2Qに、HPIは、世界のPCの出荷台数で、Lenovoを抜いて、1位に復帰した。

 2017年2Qに、HPIは、世界の殆どの地域で、PCの出荷台数を増加させたが、米国市場において、PCの出荷台数が、前年同期から、6.5%も増加した。

表1)2017年2Qと、2016年2Qにおける、世界のPCベンダの出荷台数

 (単位:1000台)

          2017年2Q  2017年2Q  2016年2Q  2016年2Q   年間
ベンダ     出荷台数   シェア     出荷台数      シェア   増加率

HPI         12,690     20.8%      12,285       19.2%        3.3%
Lenovo      12,188     19.9%      13,305       20.8%      -8.4%
Dell          9,557     15.6%         9,421       14.7%        1.4%
Apple         4,236       6.9%        4,252        6.7%      -0.4%
Asus        4,036       6.6%       4,501          7.0%      -10.3%
Acer Group       3,850          6.3%           4,402              6.9%        -12.5%
その他      14,546     23.8%     15,710         24.6%      -7.4%

合計        61,105    100.0%      63,876       100.0%       4.3%

注)PCには、デスクトップPC、ノートブックPC、ウルトラモバイル・プレミアム(Microsoft Surfaceなど)が、含まれるが、ChromebooksとApple iPadsは、含まれない。

 ソース:Gartner、2017年7月

・2017年2Qにおける、LenovoのPCの出荷台数は、前年同期から、8.4%減少し、1218万8000台になった。

・DellのPCの出荷台数は、5四半期、連続して増加している。

・2017年2Qにおける、米国での、PCの出荷台数は、前年同期から、5.7%減少し、合計1400万台であった。

・2017年2Qにおける、教育市場では、Chromebookに対する需要が強く、教育市場への、PCの出荷台数は、減少している。

 2016年に、世界のPCの出荷台数は、前年から、6%減少したが、世界のChrombookの出荷台数は、38%も増加した。

表2)2017年2Qと、2016年2Qにおける、米国のPCベンダの出荷台数

 (単位:1000台)

         2017年2Q  2017年2Q  2016年2Q  2016年2Q   年間
ベンダ     出荷台数   シェア      出荷台数     シェア   増加率

HPI        4,270     30.5%        4,008      27.0%       6.5%
Dell         3,874     27.7%        3,801      25.6%       1.9%
Lenovo      1,848     13.2%        2,207       14.9%     -16.3%
Apple      1,649     11.8%        1,825       12.3%       -9.6%
Asus         447       3.2%          754         5.1%     -40.7%
その他      1,921       13.7%        2,257       15.2%     -14.9%

合計      14,009     100.0%        14,852      100.0%       -5.7%

注)PCには、デスクトップPC、ノートブックPC、ウルトラモバイル・プレミアム(Microsoft Surfaceなど)が、含まれるが、ChromebooksとApple iPadsは、含まれない。

 ソース:Gartner、2017年7月

・EMEA地域における、PCの出荷台数は、2017年2Qに、前年同期から、3.5%減少し、1700万台になった。

・ドイツにおける、PCの出荷台数は、企業における、Windows 10ベースのPCへの買い換えにより促されて増加した。

・ロシアにおける、PCの出荷台数は、経済の安定により促され、緩やかに増加を続けている。

・2017年2Qに、アジア/パシフィック市場において、PCの出荷台数は、前年同期から、5.1%減少し、2150万台になった。

・2017年2Qに、中国市場において、PCの電子部品の供給不足で、PCの価格が上がり、PCの出荷台数は、大きく減少した。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月 7日 (金)

Gartnerによると、世界のパーソナル・デバイスの出荷台数が、2017年に、前年から、0.3%減少するという。 '17.07.07

【Gartnerによると、世界のパーソナル・デバイスの出荷台数が、2017年に、前年から、0.3%減少するという。】 '17.07.07

 パーソナル・デバイスの購入者は、品質、機能性、性能に、重点を置いている。

 Gartnerによると、世界のPC、タブレット、および、スマートフォンの出荷台数は、2016年から、0.3%減少するが、2017年も、23億台を超える見込みであるという。

 世界のパーソナル・デバイス市場において、2018年に、出荷台数が回復し、2017年から、1.6%増加すると予測されている。

表1)2016年から、2019年までの、世界のパーソナル・デバイス市場における、デバイスのタイプごとの、出荷台数の実績と予測 (単位:100万台)

デバイスのタイプ      2016年  2017年  2018年  2019年

従来のPC            220      203     195      191

ウルトラモバイル        50       59       72      82
プレミアム

PC市場合計         270      262      267      272

ウルトラモバイル       169     160      159       158
基本とユーティリティ

デバイス市場の合計     439     424       427       432
(スマートフォン以外)

スマートフォン          1,893     1,904     1,936     1,934

合計デバイス市場      2,332     2,326    2,362      2,363

・従来のPCには、デスクトップとノートPCが含まれる。

・ウルトラモバイル(プレミアム)のカテゴリには、Microsoft Windows 10 Intel x86製品やApple MacBook Airといった、デバイスが含まれる。

・ウルトラモバイル(基本とユーティリティ)カテゴリには、Apple iPadとiPad mini、 Samsung Galaxy Tab S2、Amazon Fire HD、Lenovo Yoga Tab 3、および、Acer Iconia Oneが含まれる。

 ソース:Gartner、2017年7月

 世界のPCの出荷台数は、毎年、緩やかに、減少していく。

 世界のPCの出荷台数は、2017年に、Windows 10の買い換えにより緩和され、3%だけ減少したが、増加率は、近年、緩やかに減少してきた。

 世界のPC市場において、DRAMメモリやSSDハード・ドライブといった、PCの部品の価格が、継続して、上昇を続けており、このため、PCの価格が上昇し、ユーザの買い控えを招いている。

 世界のスマートフォンの出荷台数は、2017年に、大幅に増加する。

 世界のスマートフォンの出荷台数は、2017年に、前年から、5%増加し、16億台に達する見込みである。

 ユーザは、継続して、ローエンドの、ユーティリティ・スマートフォンから、より価格の高い、基本とプレミアムのスマートフォンにシフトしている。

 スマートフォン市場は、ユーザが、購入サイクルを伸ばしているので、新しいデバイスの登場に、依存している。

 基本スマートフォン市場は、2016年から、6.8%増加し、2017年に、6億8600万台に達する見込みである。

 ユーティリティ・スマートフォンや、基本スマートフォンから、より高い価値のプレミアム・スマートフォンに、買い換えている、ユーザが、増えている。

 現在、実際に、使用されている、世界のスマートフォンの台数の合計は、約70億台である。

 ベンダは、継続して、スマートフォンに、新たな機能や能力を追加するための方法を、模索している。

 予測期間を通して、人工知能(AI)やデジタル・アシスタントといった、多くの新技術の、スマートフォンへの採用が、増加している。

 より詳細は、Forecast: PCs, Ultramobiles and Mobile Phones, Worldwide, 2016-2021, 2Q17 Updateで提供されている。

 ベストセラーのアプライアンス

より以前の記事一覧

最近の記事

ウェブページ

広告2