Gartner

2018年2月22日 (木)

Gartnerによると、2020年までに、顧客サービス&サポートの25%が、仮想顧客アシスタント(VCA)を使用するようになるという。 '18.02.22

【Gartnerによると、2020年までに、顧客サービス&サポートの25%が、仮想顧客アシスタント(VCA)を使用するようになるという。】 '18.02.22

Gartner1 By Gartner

 Gartnerによると、顧客サービス&サポートの25%が、2020年までに、顧客対応チャネルで、仮想顧客アシスタント(VCA)やチャットボット技術を使用するようになるという。2018年2月19日

 Gartnerによると、企業の半分以上が、既に、顧客サービス&サポートのための、仮想顧客アシスタント(VCA)やチャットボットに投資しているという。

 仮想顧客アシスタント(VCA)は、自動化されたセルフサービスの利点を理解し、複雑な状況で、人間のエージェントに、顧客の質問や要求を、エスカレーションする機能を備えている。

 より多くの顧客が、デジタル・チャネルを利用するにつれて、仮想顧客アシスタント(VCA)は、Webサイト、モバイル・アプリ、メッセージング・アプリ、および、SNSサイト上の、顧客の質問や要求を処理するよう、実装されている。

 Gartnerによると、企業は、仮想顧客アシスタント(VCA)を導入した後に、電話、チャット、メール、Webフォームの処理コストが、最大、70%も削減されると共に、顧客満足度を向上させたという。

 2017年のGartnerの調査によると、84%の企業が、今後1年間で、顧客経験(CX)技術に対する投資を増やすことを、予定しているという。

 顧客経験(CX)リーダが、顧客戦略を開発する際に、知るべきことの、Gartnerの予測を、以下に示す。

 2019年までに、ブランドの20%が、モバイル・アプリを放棄するだろう。

 多くのブランドは、モバイル・アプリが、期待した、採用と顧客関与のレベルを提供していないことを、認識している。

 オリジナルの投資利益率(ROI)の計算は、サポート、保守、アップグレード、顧客ケア、マーケティングによる、ダウンロードのコストが原因で、的を外している。

・ブランドは、現在、「Facebook Messenger」や「WeChat」といった、メッセージング・アプリに、プレゼンスを確立することに、投資している。

 2022年までに、消費者経験プロジェクトの約2/3は、ITの活用を、2017年から、50%増やす見込みである・

 デジタル・チャンネルの数が増えるので、セルフ・サービスや、デジタル・コマース・インタラクションが、増大し、顧客との対面は、減少する。

 顧客経験を改善するために、ITを使用するプロジェクトの割合は、着実に増加する。

 2020年までに、B2B企業の30%は、主な販売プロセスの、少なくとも1つを強化するために、人工知能(AI)を採用することとが予想されている。

・営業における、AIの利用は、ビジネス・プロセスにおける、効率化や効果を向上させることを可能にする。

 2020年までに、あらゆるデータ分析プロジェクトの、40%以上が、顧客経験の分野に関係する。

 データと分析は、既に、マーケティング、営業、デジタル・コマース、顧客サービス、ソーシアル・メディア管理、および、フィールド・サービス部門に渡り、顕著である。

 ただし、企業に対する顧客の態度の、全体的な状態を理解することは、大多数の企業において、欠落している。

・重要なのは、店舗、部門、プロセス、または、製品に関する、顧客の態度ではなく、顧客の、企業に対する、信頼のレベルや、忠誠心のレベルである。

 2020年までに、拡張現実、仮想現実、および、混合現実などの、イマーシブなソリューションは、デジタル変換戦略の一環として、大企業の20%で、評価され、採用される、見込みである。

・企業は、従業員、顧客、および、サプライヤに、リアルタイムな情報を得たり、仮想環境を経験したり、対面による、ソーシアル・コラボレーションを行ったりするための方法を提供する、能力を持つようになるだろう。

・企業は、既に、Snapchatフィルタ、360度ビデオ、Facebookの写真といった、いくつかの、イマーシブな技術の形態を使用して、顧客経験を改善している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年2月 3日 (土)

Gartnerによると、2018年に、世界のパーソナル・デバイスの出荷台数が、2.1%増加するという。 '18.02.03

【Gartnerによると、2018年に、世界のパーソナル・デバイスの出荷台数が、2.1%増加するという。】 '18.02.03

 Gartnerによると、2018年に、世界のパーソナル・デバイスの出荷台数が、2.1%増加するという。 2018年1月29日

 By Gartner

 Gartnerは、2021年には、世界で販売される、スマートフォンの9%が、5Gをサポートするようになると予測している。

 Gartnerによると、2017年における、世界のパーソナル・デバイス(PC、タブレット、および、携帯電話)の出荷台数は、22億8000万台であったという。

 また、2018年には、世界のパーソナル・デバイス(PC、タブレット、および、携帯電話)の出荷台数は、23億2000万台になる見込みである。

 2018年に、携帯電話(スマートフォンを含む)市場は、ハイエンドのスマートフォンのセグメントにより、導かれるだろう。

 また、2018年には、プレミアム・ウルトラモバイルPCのセグメントは、薄くて、軽い、Appleのデバイスと、Microsoft Windows 10搭載デバイスの需要を刺激するだろう。

 PC市場全体の出荷台数は、2018年に、フラットに推移するだろう。

 Gartnerは、2018年に、世界の、従来のPCの出荷台数が、前年から、5.4%減少すると予測している。

 また、Gartnerは、世界の、ノートPCの出荷台数が、前年から、6.8%減少すると予測している。

 2018年に、プレミアム・ウルトラモバイルPCは、唯一、出荷台数が、増加する、PCのセグメントになるだろう。

 DRAMのコストは、2016年以来、2倍になり、2017年1Q以来、PCベンダは、PCの価格を上げている。

 DRAMのコストが、戻るまで、PCの価格の上昇傾向は、続くだろう。

表1)2016年から2019年までの、世界の、パーソナル・デバイスのタイプごとの、出荷台数の実績と予測

  (単位:100万台)

デバイスのタイプ       2016年  2017年  2018年  2019年

従来のPC              220        204        193          187
(デスクトップとノート)

ウルトラモバイルPC        50      59      70        80
(プレミアム)

従来のPCの合計         270        262         264          267

ウルトラモバイルPC       169        160         159          156
(基本とユーティリティ)

コンピューティング・         439        423         423          423
デバイスの合計

携帯電話                          1,893      1,855       1,903        1,924
(スマートフォンを含む)

パーソナル・デバイス      2,332      2,278       2,326        2,347
の総計

 ソース:Gartner、2018年1月

 2021年までに、販売される、スマートフォンの、9%は、5G通信サービスをサポートする見込みである。

 Gartnerは、携帯電話(スマートフォンを含む)の出荷台数が、2018年に、前年から、2.6%増加し、19億台になると予測している。

 2018年に、スマートフォンのベンダは、AI、デジタル・アシスタント、および、より自然なユーザ・インタフェースを通して、パーソナライズされた、ユーザ経験を提供することに、焦点を合わせるだろう。

 また、2018年も、引き続き、スマートフォンの、バイオ認証による、セキュリティの強化や、ディスプレイやカメラの機能や画質の向上も、実施されるだろう。

 モバイル・デバイスに関しては、バルセロナで開催される、Mobile World Congress 2018で、多くの発表があるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年1月30日 (火)

Gartnerによると、世界のIT支出は、2018年に、3兆70000億ドルに達するという。 '18.01.30

【Gartnerによると、世界のIT支出は、2018年に、3兆70000億ドルに達するという。】 '18.01.30

 Gartnerによると、世界のIT支出は、2018年に、2017年から、4.5%増加し、3兆70000億ドルに達するという。

 2018年に、世界のエンタープライズ・ソフトウェアへの支出は、堅調に増加を続け、前年から、9.5%増加することが期待される。

 また、2019年における、世界のエンタープライズ・ソフトウェアへの支出は、2018年から、8.4%増加し、4210億ドルになることが予測される。

 2018年に、多くの予算は、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」へ、さらにシフトしていき、特に、財務管理システム(FMS)、人的資本管理(HCM)、および、分析アプリといった、SaaSのサブカテゴリに渡り、支出されるようになるだろう。

表1) 世界のIT支出の予測

     (単位:10億ドル)

カテゴリ         2017年  2017年  2018年    2018年   2019年   2019年
                支出    増加率    支出    増加率    支出   増加率

データセンター      178         4.4%          179         0.6%         179        -0.2%
システム

エンタープライズ      355         8.9%          389         9.5%          421        8.4%
ソフトウェア

デバイス           667         5.7%          704         5.6%          710        0.9%
ハードウェア

ITサービス              933         4.3%          985         5.5%         1030       4.6%

通信           1393         1.3%         1427         2.4%         1443       1.1%
サービス

合計           3527         3.8%          3683         4.5%         3784       2.7%

 ソース:Gartner、2018年1月

 2018年に、世界のPCの出荷台数は、Windows 10への移行が続くが、フラットに推移していく見込みである。

 ただし、Windows 10への移行が続いている、中国、ラテンアメリカ、および、東欧市場における、2018年の、PCの出荷台数は、プラス成長することが期待されている。

 2017年における、AppleのiPhone 8とiPhone Xのインパクトは、最小であったが、2018年に、iOS搭載スマートフォンへの支出は、9.1%増加することが期待されている。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年1月22日 (月)

Gartnerによると、2017年4Qに、世界のPCの出荷台数は、前年同期から、2%減少したという '18.01.22

【Gartnerによると、2017年4Qに、世界のPCの出荷台数は、前年同期から、2%減少したという】 '18.01.22

 Gartnerによると、世界のPCの出荷台数は、2017年4Qに、前年同期から、2%減少し、7160万台になったという。 2018年1月11日

・2017年の1年間に、トップ4PCベンダの、PCの出荷台数が、全体の64.4%を占めていた。

・2017年の1年間の、PCの出荷台数は、2016年から、2.8%減少し、2億6253万7000台であった。

・HPは、2017年4Qに、出荷台数が、前年同期から、6.6%増加し、全体の22.5%のシェアを占めた。

・Lenovoは、2017年4Qに、EMEAとアジア太平洋地域において、PCの出荷台数が、緩やかに増加したが、北米では、PCの出荷台数が、減少した。

表1)2017年4Qと、2016年4Qにおける、世界のPCベンダの、PCの出荷台数

  (単位:1000台)

            2017年4Q  2017年4Q  2016年4Q  2016年4Q   年間
PCベンダ    出荷台数    シェア    出荷台数      シェア   成長率

HP Inc.       16,076      22.5%       15,084       20.7%      6.6%
Lenovo       15,742      22.0%       15,857       21.7%    -0.7%
Dell           10,841       15.2%       10,767        14.7%      0.7%
Apple          5,449       7.6%        5,374       7.4%       1.4%
Asus           4,731       6.6%        5,336       7.3%     -11.3%
Acer Group     4,726       6.6%        4,998        6.8%     -5.4%
その他       13,990       19.6%        15,599       21.4%     -10.3%

合計         71,556      100.0%        73,015     100.0%      -2.0%

注)PCには、デスクトップPC、ノートブックPC、ウルトラモバイル・プレミアム(Microsoft Surfaceといった)が含まれ、ChromebookやiPadは、含まれない。

 ソース:Gartner、2018年1月

・米国における、2017年4Qの、PCの出荷台数は、前年同期から、8%減少し、1520万台であった。

・米国において、2017年4Qに、HP Inc.を除く、PCの出荷台数の、トップ5ベンダは、前年同期から、出荷台数の減少を経験した。

表2)2017年4Qと、2016年4Qにおける、米国のPCベンダの、PCの出荷台数

  (単位:1000台)

            2017年4Q  2017年4Q  2016年4Q   2016年4Q   年間
PCベンダ    出荷台数    シェア     出荷台数     シェア    成長率

HP Inc.         5,130      33.7%        5,049       30.5%       1.6%
Dell             3,691     24.3%        4,209        25.4%     -12.3%
Apple           1,972      13.0%        2,003        12.1%     -1.6%
Lenovo         1,792      11.8%       2,344         14.2%    -23.6%
Acer Group       587      3.9%          661          4.0%    -11.2%
その他          2,042     13.4%        2,276        13.8%     -10.3%

合計          15,214    100.0%        16,543       100.0%     -8.0%

注)PCには、デスクトップPC、ノートブックPC、ウルトラモバイル・プレミアム(Microsoft Surfaceといった)が含まれ、ChromebookやiPadは、含まれない。

 ソース:Gartner、2018年1月

・EMEA地域における、2017年4Qの、PC出荷台数は、前年同期から、1.4%減少した。

・アジア太平洋地域における、2017年4Qの、PC出荷台数は、前年同期から、0.6%増加し、2500万台になった。

表3)2017年と、2016年における、世界のPCベンダの、PCの出荷台数

  (単位:1000台)

               2017年   2017年     2016年    2016年     年間
PCベンダ    出荷台数  シェア    出荷台数   シェア   成長率

HP Inc.        55,162     21.0%      52,734      19.5%      4.6%
Lenovo        54,714     20.8%     55,951    20.7%     -2.2%
Dell            39,871     15.2%     39,421    14.6%      1.1%
Apple          19,299       7.4%      18,546      6.9%      4.1%
Asus          17,967         6.8%     20,496      7.6%    -12.3%
Acer Group    17,088      6.5%     18,274      6.8%    -6.5%
その他        58,435      22.3%     64,683    23.9%    -9.7%

合計         262,537    100.0%     270,106   100.0%   -2.8%

注)PCには、デスクトップPC、ノートブックPC、ウルトラモバイル・プレミアム(Microsoft Surfaceといった)が含まれ、ChromebookやiPadは、含まれない。

 ソース:Gartner、2018年1月

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年1月 9日 (火)

Gartnerが、AI搭載スマートフォンの用途を紹介した。 (3) '18.01.09

【Gartnerが、AI搭載スマートフォンの用途を紹介した。(3)】 '18.01.09

 Gartnerは、2022年には、出荷される、スマートフォンの80%に、AI能力が内臓されるようになると予想している。 2018年1月4日

Gartner1_2
 Gartnerによると、AI機能は、スマートフォン・ベンダの、重要な製品の差別化要因になり、ユーザの忠実度を向上させるだろうという。

 AI搭載スマートフォンの用途を紹介する。

 スマートフォンは、複数のAI能力を結合し、より先進的なユーザ経験を提供するようになるだろう。

   (続き)

8.コンテンツの検閲/検出

 禁止された、コンテンツや、不愉快なコンテンツが、自動的に検出され、警告されるようになる。

 認識ソフトウェアを使用して、法律やポリシーに違反する、コンテンツを検出できるようになり、禁止された、あるいは、不快な画像、ビデオ、あるいは、テキストに、フラグを付けたり、さまざまな通知アラームを有効にしたり、できるようになる。

 認識ソフトウェアを使用して、法律やポリシーに違反する、コンテンツを検出できるようになる。

 例えば、高度なセキュリティが装備された施設で、写真を撮影したり、企業が所有する、スマートフォンに、高度に分類されたデータが、保存されたりすると、IT部門に通知されるようになる。

9.個人的な写真

 ユーザは、自分の好みを学習し、自分の好みに基づいて、画像を、容易に編集できるよう、支援する、画像編集ツールを使用して、スマートフォンのカメラで撮影した、個人的な写真を、自分の好みに基づいた、美しく、気に入った写真に、加工できるようになる。

 例えば、東洋人と西洋人の間には、美的好みが、異なっているようであり、中国人が、青白い顔色を好む傾向があるのに対し、西洋人は、黄褐色の肌色を好む傾向がある。

10.オーディオ分析

 スマートフォンのマイクは、実際の音を、連続して、収集することができる。

 スマートフォンのAI能力は、スマートフォンのマイクで収集した、実際の音を、ユーザに、伝えたり、指示を与えたり、イベントのトリガにしたり、できるようにするような、アプリを作成できるようにする。

 例えば、このような、スマートフォンのアプリは、ユーザの「いびき」を聞くと、ユーザが、身に付けている、リストバンドに、睡眠位置の変化を促すような、トリガーを送ることができる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Gartnerが、AI搭載スマートフォンの用途を紹介した。(2) '18.01.09

【Gartnerが、AI搭載スマートフォンの用途を紹介した。(2)】 '18.01.09

 Gartnerは、2022年には、出荷される、スマートフォンの80%に、AI能力が内臓されるようになると予想している。2018年1月4日

Gartner1
 Gartnerによると、AI機能は、スマートフォン・ベンダの、重要な製品の差別化要因になり、ユーザの忠実度を向上させるだろうという。

 AI搭載スマートフォンの用途を紹介する。

 スマートフォンは、複数のAI能力を結合し、より先進的なユーザ経験を提供するようになるだろう。

   (続き)

5.拡張現実(AR)とAIビジョン

 Appleは、iOS 11のリリースに、開発者が、拡張現実(AR)を、アプリへ、より容易に付加できるようにする、新たなツールを提供する、ARKit機能を含めた。

 同様に、Googleは、開発者が、現在、使用されている、約1億台のAndroidベースのデバイスで、利用できる、拡張現実(AR)対応アプリを作成できるようにする、ARCore AR開発者ツールを発表した。

 Googleは、これから提供される、殆どの、Androidスマートフォンが、AR対応になることを期待している。

 ARの使用例には、ユーザのデータを収集し、皮膚癌や膵臓癌などの病気を検出するのに役立つアプリがある。

6.デバイス管理

 マシン学習は、デバイスの性能や、待機時間を改善するだろう。

 例えば、多くのセンサーで、スマートフォンは、ユーザが、どのアプリを、何時、使用するかといった、ユーザの行動を、より良く理解し、学習することができるようになる。

 マシン学習機能を持つ、スマートフォンは、頻繁に使用されるアプリを、バックグラウンドで実行し続けることで、すぐに再起動したり、メモリやバッテリーを節約するために、未使用のアプリを終了させたりすることができる。

7.個人のプロフィール

 スマートフォンは、ユーザの行動や、個人的のプロフィール用のデータを収集できるようになる。

 ユーザは、実行されている行動や、場所(家、乗り物、オフィスなど)に応じて、保護と補助を、動的に得ることができる。

 保険会社といった、サービス・プロバイダは、資産ではなく、ユーザに、焦点を合わせることができるようになる。

 例えば、保険会社は、ユーザに運転行動に基づいて、自動車の保険料を調整することができるようになる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年1月 8日 (月)

Gartnerが、AI搭載スマートフォンの用途を紹介した。(1) '18.01.08

【Gartnerが、AI搭載スマートフォンの用途を紹介した。(1)】 '18.01.08

 Gartnerは、2022年には、出荷される、スマートフォンの80%に、AI能力が内臓されるようになると予想している。 2018年1月4日

Gartner1
 Gartnerによると、AI機能は、スマートフォン・ベンダの、重要な製品の差別化要因になり、ユーザの忠実度を向上させるという。

 スマートフォン市場は、ユーザに、パーソバライズされた経験や、AIソリューションをもたらす方向に、シフトするだろう。

 Gartnerは、2022年に出荷される、スマートフォンの80%が、AI能力を持つようになると予測している。

 ちなみに、2017年には、出荷される、スマートフォンの10%だけが、AI能力を内臓していた。

 Gartnerによると、現在、プレミアム・スマートフォンに限定され、内臓されている、AI能力は、データをローカルに処理し、ローカルに保存するので、完全にクラウド・ベースのAIよりも、優れたデータ保護や、電力管理機能を提供するという。

 スマートフォンの、機能や性能が向上し、より手頃な価格になり、日常的なデバイスとして、普及してきたので、メーカは、自分たちのスマートフォンを差別化する方法を模索している。

 将来のスマートフォンのAI能力は、スマートフォンが、自ら学習し、ユーザの嗜好や要件に合わせて、示唆したり、ユーザの問題を解決したり、できるようになるだろう。

 ただし、現在の、プレミアム・スマートフォンに内臓されている、AI能力は、まだ、極めて初期の段階にある。

 AI搭載スマートフォンの用途を紹介する。

 スマートフォンは、複数のAI能力を結合し、より先進的なユーザ経験を提供するようになるだろう。

1.スマートフォンは、動きなどを認識したり、予測したりするための能力で、ユーザを拡張するだろう。

 スマートフォンは、ユーザを認識し、望んでいることを理解し、どのような作業を実行するかを理解するようになるだろう。

 スマートフォンは、ユーザの思考を追跡して、学習し、計画して、問題を解決するだろう。

 スマートフォンは、センサー、カメラ、および、取得したデータを活用し、自動的に、作業を完了するようになるだろう。

2.ユーザ認証

 パスワード・ベースのシンプルな認証は、複雑な割に、効果的でなくなり、セキュリティが脆弱になり、ユーザ経験が低下し、所有コストが高くなるだろう。

 マシン学習、バイオメトリクス、および、ユーザの行動と結合された、セキュリティ技術は、ユーザビリティや、セルフ・サービス能力を改善するだろう。

 例えば、スマートフォンは、歩く、スワイプする、スクロールする、タイプ入力するといった時の、パターンといった、ユーザの振舞いを捕獲して、学習することができる。

3.感情の認識

 感情感知システムや、感情コンピューティングは、スマートフォンが、人々の感情の状態や気分を検知し、分析して、処理し、応答できるようにする。

 会話的なシステム用の、デジタル・アシスタントや、他のAIベースの技術の増殖は、より良い文脈や、エンハンスされた、サービス経験、あるいは、感情的な知性を付加するための、ニーズを促している。

 自動車メーカは、運転手の物理的な状態を理解し、安全性を高めるために、疲労レベルを測定したり、目の動きを追跡したりするために、スマートフォンのフロント・カメラを使用することができるようになる。

4.自然言語の理解

 継続的なトレーニングと、スマートフォンの深い学習は、ユーザの具体的な意図を、よりよく理解しながら、音声認識の精度を向上させるだろう。

 例えば、ユーザが、「寒くなった。」というと、音声対応デジタル・アシスタントは、文脈に応じて、「新しい、冬用のジャケットを探して」とか、あるいは、「エアコンの温度設定を上げて」などと、認識するようになるだろう。

 また、ユーザは、スマートフォンの自然言語の理解や、ほぼリアルタイムな、音声翻訳機能を、海外旅行時の、通訳として、使用できるようになるだろう。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年12月15日 (金)

Gartnerによると、2020年までに、AIは、より多くの雇用を創出するという。'17.12.15

【Gartnerによると、2020年までに、AIは、より多くの雇用を創出するという。】'17.12.15

 Gartnerによると、2020年までに、AIは、排除する雇用よりも、より多くの雇用を創出するという。2017年12月13日

 Gartnerによると、AIは、2020年に、180万の雇用を排除し、230万の雇用を創出するという。

 Gartnerは、2020年には、AIが、積極的な仕事の動機付けになると見ている。

 2019年に、AIにより、影響される、仕事の数は、産業により異なり、医療、公共部門、教育などの分野では、AIにより、雇用の需要の増加が見込まれるが、製造業は、最も厳しい打撃を受けるだろう。

 2020年以降、AI関連の雇用の創出は、プラス成長していき、2025年には、AIにより、200万人の新規雇用が創出されることが期待される。

 2020年には、AIで、多くの作業の生産性が改善され、比較的単純な作業の、180万の雇用が喪失され、高いスキルを必要とする、230万の雇用が創出されるだろう。

 企業のリーダは、AIにより、どのような仕事が、喪失され、どのような仕事が、創出されるかを考慮して、AI技術に投資する必要がある。

 また、企業のリーダは、AI技術に投資することにより、失われる雇用や、創出される雇用、従業員同士のコラボレーションやコミュニケーションの変化、意思決定方法や作業の進め方の改善などを、考慮する必要がある。

 企業のリーダは、AIを活用して、従業員が、必要な情報を容易に見つけられるようにしたりして、従業員の仕事を支援し、生産性を向上できるようにしたり、より創造的にしたり、あるいは、従業員同士が、互いに協調できるようにしたり、することも必要だろう。

 例えば、AI技術の自然言語処理や翻訳機能で、従業員は、言葉が違う、他の従業員やパートナーと、コミュニケートしたり、外国語のマニュアルなどを、読めるようにしたり、できるようになるだろう。

 Gartnerは、職場における、AIの影響に関連する、予測を特定した。

 繰り返し的な仕事に、既に適用されている、AI技術は、大量の観測データやパターンの分析結果が、入手可能である。

 変化が少なく、繰り返し的な仕事に適用される、AI技術は、すぐに効果が得られがちである。

 非繰り返し的な仕事に適用される、AI技術は、人間のエキスパートや、AI駆動のマシンだけで作業するよりも、人間とマシンが、能力を補い合いながら、協調的に作業することで、組み合せの効果的が、得られがちである。

 2022年までに、主に非ルーテインな仕事に従事する、5人に1人が、AI技術を活用して、仕事の効率を上げるようになるだろう。

 企業は、汎用的なツールに、AI技術を適用することにより、非繰り返し的な仕事を改善するための、チャンスをつかむだろう。

 知識ワーカは、デジタル秘書や、デジタル・インターンとして、仕事で、AI技術やロボットを使用するようになるだろう。

 小売業者は、物流センターや店舗などにおける、繰り返し的な仕事に、AIやロボットといった技術を活用して、人件費を低減させるだろう。

 多くの小売業者は、既に、店舗のチェックアウトのプロセスを改善するために、AI技術を使用している。

 しかし、調査によると、多くの消費者は、薬局、化粧品店、衣料品店、スポーツ用品店などでは、専門知識のある、販売員と会話しながら、商品を決めることを望みがちであるという。

 小売業者は、従来の販売アドバイザーを、AIやロボットに変えることは、難しく、補助的に利用するようになるだろう。

 小売業者は、極めて繰り返し的な仕事が、トランザクション的な仕事に、AIやロボット技術を使用し、従業員を削減するだろう。

 小売業者は、各プロセスから、人間を排除するよりも、顧客経験を拡張し、改善するための方法として、AI技術を見ていがちである。

 小売業者は、自動化で、価値の連鎖における、摩擦を取り除き、コストを削減させ、サプライ・チェーンや消費者の行動を最適化し、さらに売り上げを上げる。

 2021年に、AI技術で、企業は、合計で、2兆9000億ドルのビジネスの価値をもたらし、ワーカの生産性を62億時間も改善する。

 しかし、アウトソーシングといった、産業は、自分たちのモデルにおける、根本的な変化を見ている。

 Gartnerの顧客は、「Predicts 2018: AI and the Future of Work.」レポートで、詳細を知ることができる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年12月13日 (水)

Gartnerは、世界のサーバの売上は、2017年3Qに、前年同期から、16%成長するという。 '17.12.13

【Gartnerは、世界のサーバの売上は、2017年3Qに、前年同期から、16%成長するという。】 '17.12.13

 Gartnerによると、2017年3Qに、世界のサーバの売上を、前年同期から、16%増加させ、出荷台数を、5.1%増加させたという。

 2017年3Qに、x86サーバは、出荷台数を、前年同期から、5.1%増加させ、売上を、16.7%増加させた。

 2017年3Qに、RISC/Itanium Unixサーバは、世界的に、出荷台数を、前年同期から、23.5%減少させ。売上を18.3%減少させた。

・HPEは、世界のサーバ市場における、売上で、リードを続けた。

 HPEは、2017年3Qに、前年同期から、サーバの売上を3.2%減少させたが、31憶ドルの売上を達成し、21%のシェアを占めた。

・Dell EMCは、2017年3Qに、前年同期から、サーバの売上を37.9%増加させ、20.8%のシェアを占めた。

・Inspur Electronicsは、2017年3Qに、中国のクラウド・プロバイダへの販売が好調で、116.6%と、サーバの売上を、最も増加させた。

表1)2017年3Qと2016年3Qにおける、世界のサーバ・ベンダの売上の見積りと実績

  (単位:ドル)

            2017年3Q     2017年3Q  2016年3Q    2016年3Q     年間
ベンダ         売上          シェア     売上        シェア        成長率

HPE       3,144,197,027     21.3%       3,247,173,253        25.5%           -3.2%

Dell EMC      3,070,405,586      20.8%      2,227,185,685        17.5%            37.9%

IBM              1,130,618,441       7.7%        889,723,595         7.0%             27.1%

Inspur          1,085,706,835     7.4%         501,144,279          3.9%           116.6%

Cisco             996,248,000        6.8%        929,440,000           7.3%              7.2%

その他         5,317,865,262      36.1%      4,920,169,892          38.7%             8.1%

合計           14,745,041,151   100.0%     12,714,836,704         100.0%           16.0%

ソース:Gartner、2017年12月

 サーバの出荷において、Dell EMCは、2017年3Qに、前年同期から、17.8%市場シェアを占め、1位を維持した。

 HPEは、サーバ市場で、16.4%のシェアを占め、2位を維持した。

表2)2017年3Qと2016年3Qにおける、世界のサーバ・ベンダの出荷台数の見積りと実績

  (単位:台)

          2017年3Q    2017年3Q   2016年3Q     2016年3Q   年間
ベンダ    出荷台数      シェア       出荷台数      シェア       成長率

Dell EMC    502,845       17.8%        452,383      16.8%       11.2%

HPE        462,777            16.4%           492,273          18.3%           -6.2%

Inspur           203,306             7.2%            119,943            4.5%           69.5%

Lenovo         151,575              5.4%            228,097            8.5%          -33.5%

Huawei          145,441             5.1%            163,355            6.1%          -11.0%

その他    1,362,727        48.2%          1,234,567           45.9%          10.4%

合計            2,828,617         100.0%          2,691,618         100.0%            5.1%

ソース:Gartner、2017年11月

 他の情報は、Gartner Servers Quarterly Statistics Worldwideプログラムの契約者に提供される。

 このプログラムは、市場の規模、ベンダによる、データの共有、売上、出荷台数などを提供する。

 セグメントには、地域、ベンダ、ブランド、サブブランド、CPUのタイプ、CPUのグループ、最高CPU、プラットフォーム、価格帯、オペレーティング・システム、および、流通チャンネルが含まれる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年12月11日 (月)

Gartnerによると、2018年に、世界のセキュリティへの支出は、960億ドルに達する見込みだという。 '17.12.11

【Gartnerによると、2018年に、世界のセキュリティへの支出は、960億ドルに達する見込みだという。】 '17.12.11

 Gartnerによると、2018年に、世界のセキュリティへの支出は、2017年の支出から、8%増加し、960億ドルに達する見込みだという。 2017年12月7日

 Gartnerは、2018年に、世界のセキュリティへの支出は、2017年の支出から、8%増加し、960億ドルに達すると予測している。

 企業は、規制の結果として、新たな脅威に対する意識を向上させ、デジタル・ビジネス戦略を展開するために、よりセキュリティへの支出を増やしている。

 世界のセキュリティへの支出は、セキュリティのテスト、ITアウトソーシング、セキュリティ情報&事象管理(SIEM)の分野が、最も速く増加している。

表1)2016年から2018年における、分野ごとの、世界のセキュリティへの支出

  (単位:100万ドル)

分野                    2016年  2017年   2018年

アイデンティティ・アクセス管理      3,911    4,279     4,695

基盤保護                     15,156  16,217    17,467

ネットワーク・セキュリティ装置       9,789   10,934   11,669

セキュリティ・サービス            48,796   53,065   57,719

消費者用セキュリティ・ソフト         4,573    4,637     4,746

合計                         82,225  89,133    96,296

ソース:Gartner、2017年12月

 Gartnerのアナリストによると、セキュリティの支出を促している要素は、他にもあるという。

 Gartnerは、データ損失防止、暗号化、データ集約的な監査や保護ツールといった、複数のデータ・セキュリティ・ツールに投資する、企業の割合は、2017年の約35%から、2020年には、60%以上になると見ている。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2