Gartner

2021年2月 4日 (木)

Gartnerによると、2021年に、世界のスマートフォンの売上は、前年から、35%増加するという。'21.02.04

【Gartnerによると、2021年に、世界のスマートフォンの売上は、前年から、35%増加するという。】'21.02.04

 Gartnerによると、2021年に、世界のスマートフォンの売上は、前年から、35%増加する見込みだという。2021年2月3日

 By Gartner

 Gartnerは、5G対応のスマートフォンは、2021年における、スマートフォンの売上全体の、35%を占めると予想している。

 Gartnerによると、エンドユーザへの、スマートフォンの世界の販売台数は、前年から、11.4%増加し、2021年には、合計で15億台になる見込みだという。

 Gartnerによると、2020年に、消費者は、スマートフォンへの支出を減らしたが、新しい製品が、2021年に発売されると、需要を促すという。

 Gartnerのアナリストは、2020年に減少した、スマートフォンの販売台数が、2021年に、需要が増え、リバウンドして、2019年の販売台数のレベル近くに戻ると予想している。

 コロナウィルスの感染拡大の影響で、2020年に、スマートフォンの販売台数が、前年から、10.5%減少した後、2021年に、スマートフォンの販売台数が、リバウンドすると予測されている。

 アジア・パシフィックの先進諸国、西欧、ラテンアメリカは、2020年から2021年の間に、スマートフォンの販売台数が、強力に増加することが期待されている。(表1参照)

表1)2019年から2021年における、世界のスマートフォンの販売台数(単位:1000台)

地域          2019年 2020年 2021年

東欧          47,358 42,960 49,364

アジア・パシフィック
の新興諸国       369,359 336,897 365,891

ユーラシア       48,341 43,473 47,261

中国          407,449 368,016 409,968

ラテンアメリカ     131,954 116,301 134,349

アジア・パシフィック
の先進諸国       31,085 26,311 30,457

中東と北アフリカ    75,208 71,477 79,112

北米          159,974 136,257 151,750

サハラ以南アフリカ   91,537 84,440 94,293

西欧          146,747 125,430 142,796

日本          31,643  27,159   30,118

総合計        1,540,655 1,378,719 1,535,358

 ソース:Gartner、2021年2月

 5G移動通信サービスは、スマートフォンの販売台数の増加の、次の要因の1つになる。

 基本価格が200ドルの、エントリ・レベルのスマートフォンで、5Gがサポートされるようになると、中国や成熟市場において、特に、このような手頃な価格の、5G対応スマートフォンの販売台数が、大きく増えるだろう。

 新興諸国における、需要は、より良い仕様で、オプションとして、5Gをサポートした、スマートフォンを探している、ユーザにより促されるだろう。

 Gartnerは、2021年に、世界で、5Gをサポートした、スマートフォンの販売台数は、合計で、5億3900万台になると予測している。

 また、Gartnerは、2021年における、世界のスマートフォンの販売台数の、35%が、5Gをサポートした、スマートフォンになると見積もっている。(表2参照)

表2)2019年から2021年における、世界の5G対応スマートフォンの販売台数の見積り(単位:1000台)

            2019年 2020年 2021年

5Gスマートフォン 16,705 213,260 538,530

 ソース:Gartner、2021年2月

 5Gは、現在、特に、米国、中国、日本、および、韓国において、高級スマートフォンの標準機能に成っている。

 より低コストのモデルにより、促され、5G対応スマートフォンの需要が、最も多いのは、中国であり、2021年に、中国で販売された、スマートフォンの台数の、59.5%は、5G対応スマートフォンになる見込みである。

 さらに、エントリレベルの、5G対応スマートフォンは、中国以外の国でも、人気が出るようになり、2021年に、世界の代表的な地域における、5G対応スマートフォンの販売台数が、増えるだろう。

 Gartnerの顧客は、「Forecast:Mobile Phones, Worldwide, 2018-2024, 4Q20 Update」レポートを読むことができる。

デル株式会社

2021年1月28日 (木)

Gartnerは、世界のウェアラブル・デバイスへの支出が、2021年に、合計で、815億ドルに達すると予測している。'21.01.28

【Gartnerは、世界のウェアラブル・デバイスへの支出が、2021年に、合計で、815億ドルに達すると予測している。】'21.01.28

 リモート作業や在宅勤務や在宅学習が増加しており、家にいてもできる、健康管理への関心が高まっている。2021年1月


Gartner1a_20210128204601


 By Gartner

 Gartnerによると、世界のエンドユーザが、支出する、ウェアラブル・デバイスの合計金額は、2020年における、690億ドルから、2021年には、815億ドルに増加するる見込みであるという。

 コロナウィルスの感染が拡大している最中に、リモート作業や在宅勤務や在宅学習が増え、健康を管理することへの関心が高まっており、ウェアラブル・デバイスの市場拡大を促している。

 2020年に、イヤウェア・デバイスへの支出は、前年から、124%増加し、合計で、327億ドルになった。

 2021年に、イヤウェア・デバイスへの支出は、392億ドルに達することが予測されている。

グラフ1)2018年と2021年における、世界のエンドユーザの、ウェアラブル・デバイスへの支出の実績と予測 (単位:10億ドル)

ウェアラブル・    2018年  2021年
デバイスの種類   支出   支出

スマートウォッチ  $12.8   $27.4

ヘッドマウント・   $5.4   $15.5
ディスプレイ

イアウェア      $6.8   $9.9

スマートウォッチ  $3.6   $4.9

リストバンド     $3.4   $3.1

スマート衣服    $2.8   $7.2

合計        $12.5   $53.0
  

Gartner1b_20210128205001


 このイヤウェア・デバイスへの支出の増加は、リモート・ワーカが、スマートフォンやタブレットなどに、ヘッドフォンを接続して、ビデオ通話をすることが多くなったことも、要因になっている。

 実際、多くの消費者は、スマートフォンに、ヘッドフォンを接続して、音楽を聴いたり、ストリーミング・ビデオを見たりするために、ヘッドフォンを購入している。

表1)2019年から、2022年における、デバイス・タイプごとの、世界のウェアラブル・デバイスを使用している、エンドユーザの、ウェアラブル・デバイスへの支出 (単位:100万ドル)

デバイス・タイプ   2019年 2020年 2021年 2022年

スマート・ウォッチ  18,501 21,758 25,827  31,337

リストバンド     5,101  4,987   4,906   4,477

イヤーウェア    14,583  32,724  39,220  44,160

ヘッドマウント・
ディスプレイ     2,777  3,414   4,054   4,573

スマート衣服     1,333  1,411   1,529   2,160

スマート・パッチ  3,900   4,690   5,963   7,150

合計        46,194  68,985   81,499   93,858

 ソース:Gartner、2021年1月

 スマート・ウォッチのエンドユーザの、2020年における、支出は、前年から、17.6%増加して、218億ドルに達した。

 このスマート・ウォッチを、身に着けるようになる、新しいユーザが増えたことにより、促される、スマートウォッチの支出の増加は、2021年も続くだろう。

 2021年も、スマートウォッチに搭載される、プロセッサの技術が向上し、バッテリーの性能も改善され、バッテリーの寿命が増加し、充電時間も短縮される。

 スマート・パッチは、最新のGartnerの予測において、新しいカテゴリとして、追加された。

 Gartnerは、スマート・パッチへの支出が、2021年に、ウェアラブル・デバイスとして、大きく増加すると予測している。

 スマート・パッチは、皮膚の表面に張ることで、他のウェアラブル・デバイス技術よりも、効果的に、体温、心拍数、血糖値などの、データを収集して、より正確で、効果的に、測定できるようになる。

 スマート・パッチは、糖尿病者が、インシュリンといった、薬を、病院などから、遠隔投与できるようにする。

 センサーの革新と小型化が、ウェアラブル・デバイス市場を促す。

 デバイス・メーカが、センサーの正確さを改善することに、焦点を合わせているので、医療グレードのウェアラブル・デバイスと、非医療グレードのウェアラブル・デバイス間の性能のギャップが、狭まっている。

 Gartnerの、Atwal氏によると、組み込まれている、センサーの能力は、しばしば、ウェアラブル製品の、信頼性や有用性における、決定要因になるという。

 この7年間に見られた、センサーの改善トレンドを考慮すると、ウェアラブル・デバイスに組み込まれた、センサーは、次の3~5年間に、成長する、ウェアラブル・デバイスの、能力を向上させる。

 Oura Ring、Spire Health Tag、または、Proteus Discoverといった、デバイス・メーカが、センサーを、ウェアラブル・デバイスに統合できるようにしたことで、ウェアラブル市場に、影響を与える要因になった。

 Gartnerによると、2024年までに、あらゆるウェアラブル・デバイスの、10%が、小型化機能で、身に着けても、邪魔にならないようになるという。

 Gartnerの顧客は、「Forecast Analysis: Wearable Electronic Devices, Worldwide.」レポートを読むことができる。

デル株式会社

2021年1月27日 (水)

Gartnerは、2021年に、世界のIT支出が、6.2%増加すると予測している。'21.01.27

【Gartnerは、2021年に、世界のIT支出が、6.2%増加すると予測している。】'21.01.27

 Gartnerは、2021年に、世界のIT支出が、前年から、6.2%増加することを予測している。2021年1月25日

 By Gartner

 加速された、デジタル変革(DT)で、IT支出に対する、コロナウィルスの感染の悪影響を軽減した。

 Gartnerは、世界のIT支出が、2020年から、1年間に、6.2%増加し、2021年に、合計で、3兆9000億ドルになること、予測している。

 世界のIT支出は、コロナウィルスの感染拡大の、初期の段階において、CIOが、技術やサービスへの支出に、優先順位を付けたので、2020年に、前年から、1年間で、技術やサービスへの支出が、3.2%減少した。

 遠隔作業、在宅勤務、在宅学習、および、新たな社会の生活を満足させるために、2020年に、デジタル変革(DT)スピードが向上し、仕事や学習の効率が改善されたが、デジタル変革により、社会や、我々の生活に、混乱ももたらされた。

 すべてのITへの支出の分野は、2021年に、減少から、増加に変わることが期待されている。

 企業のソフトウェアは、リモート作業の環境が、拡張され、改善されたので、最も強く、(8.8%)リバウンドした。

 2021年に、デバイスの分野への支出が、2番目に高い成長(8%)し、ITへの支出は、7054億ドルに達することが、予想されている。

表1)世界のITへの支出の予想(単位:100万ドル)

ITの分野    2020年  2020年  2021年  2021年  2022年  2022年
          支出   増加    支出    増加   支出    増加

データセンター 214,985  0.0%   228,360  6.2%   236,043  3.4%
システム

企業向け    465,023  -2.4%  505,724  8.8%   557,406  10.2%
ソフトウェア

デバイス    653,172  -8.2%  705,423  8.0%   714,762  1.3%

ITサービス  1,011,795  -2.7%  1,072,581 6.0%  1,140,057  6.3%

通信     1,349,891   -1.7%  1,410,745 4.5%  1,456,637  3.3%
サービス

IT支出    3,694,867  -3.2%  3,922,833 6.2%  4,104,906  4.6%
の合計

 ソース:Gartner、2021年1月

 2024年を通して、企業は、コロナウィルスのパンデミックの問題が発生している最中に、リモート作業や在宅勤務が、恒久的に、採用され、コロナウィルスの問題が、収束した後の世界において、生き残るために、少なくとも5年間は、デジタルなビジネス変革プランを加速させることを強いられるだろう。

 Gartnerは、リモート作業や在宅勤務に関連した、世界のITへの支出は、2020年から4.9%増加し、2021年に、合計で、3329億ドルになるだろう。

 このコロナウィルスの問題は、2021年を通して、政府の健康への介入を要求し続けるだろう。

 全体として、2019年における、世界のITへの支出率に戻ることは、2022年まで、ないだろうが、多くの先進国で、より早く回復する可能性がある。

 レストラン、旅行代理店、ホテル、娯楽施設などの、人が集まる、業界は、ITへの支出が、低迷するだろうが、デジタル変革する必要があるだろう。

 世界のIT支出に対する、展望における、詳細な分析は、Gartnerのウェビナー、「IT Spending Forecast, 4Q20 Update: Recovery in 2021 but Recovered in 2022」において、利用できるようになる。

 新たに出現したトレンド、期待される挑戦、および、CIOやITリーダの、次のステップに関して、学習するには、Gartnerの電子書籍、「Top Priorities for IT: Leadership Vision for 2021.」を読もう。

 Gartnerは、ハードウェア、ソフトウェア、ITサービス、および、通信サービスのセグメントに渡り、IT支出における、ユニークな視点を提供する。

デル株式会社

2021年1月15日 (金)

CES 2021のトレンド:オンラインの仮想ショーで、見ることが期待されているモノ(1)'21.01.15

【CES 2021のトレンド:オンラインの仮想ショーで、見ることが期待されているモノ(1)】'21.01.15

 電気自動車(EV)や第5世代の移動通信システム(5G)関連技術から、透明なスクリーンや、コロナウィルスのパンデミック対応技術まで、オンラインで開催される、CES 2021では、エレクトロニクス業界における、さまざまな革新的な技術、製品、サービス、アイデアなどが紹介される。2021年1月13日

 By CNET

 今回、世界のユーザが、オンラインで開催される、CES 2021を、パーソナル・デバイスを使用して訪問し、世界のどこからでも、世界の企業が紹介する、製品、サービス、技術、アイデアを、対話的に、オンデマンドで、見たり、質問したりできるようになる。

 CES 2021では、革新的な技術やアイデアや製品やサービスが、披露される。

 訪問者は、CES 2021で披露される、製品、サービス、技術、アイデアなどを見て、今後、世界で起きる革新を、予想することもできるだろう。

 CNETは、あらゆるカテゴリの製品、サービス、技術、アイデアを取材して、最も重要な話題を整理して、報告する。

1.筆者らは、ノイズを減らし、分かりやすく、読者に伝える。

 今年、オンラインで開催される、仮想的なCES 2021では、世界の約2000社のベンダが、自分たちの製品、サービス、技術、アイデアを披露する。

 ちなみに、昨年、Las Vegasで開催された、CES 2020には、世界の4500社のベンダが、自分たちの製品、サービス、技術、アイデアを披露していた。

 CNETのスタッフは、CES 2021で披露される、さまざまな製品、サービス、技術や、アイデアなどのトレンドを、分類して、整理された情報にして、読者に、フィルタリングして、分かりやすく報告する。

 CES 2021は、すべてオンラインで、デジタルで、インタラクティブに開催されるので、企業が、製品、サービス、技術、アイデアなどを、仮想的に展示するだけでは、訪問者が、自分の知りたい情報が、どこにあるのか見つけるのが大変だろう。

 自社の製品や技術やサービスを、仮想的なCES 2021で紹介する場合、実際の人間のスタッフが、訪問者の質問に答えることができるよう、既に、主催者の拠点に、ホテルを予約している。

2.コロナウィルスのパンデミックの状況に役立つ、製品、サービス、技術、アイデアなどが紹介される。

 多くの企業が、世界のコロナウィルスのパンデミックの状況において、人々が、家で、仕事をしたり、学習したりするのを、支援するための、多くの技術や製品やサービスを、今年の仮想的なCES 2021で披露する。

 CES 2021で、「ヘルスケア」や「スマート・ホーム」の分野において、筆者らは、「ハイテク・マスク」、「スマート空気清浄機」、「ハンドフリーで操作できるデバイス」、「ウィルスを殺菌する、紫外線ライト」などを見て、整理して、報告する。

 コンピュータ・メーカは、家庭で働く、米国の従業員をターゲットにした、デバイスやアクセサリを紹介するだろう。

 家電メーカは、TV、サウンドバー、ストリーミング・デバイス、ストリーミング・サービスなどを、CES 2021で披露する。

3.透明なOLED製のディスプレイは、ディスプレイの分野で、注目されるだろう。

Ces1a_20210116083701

 家庭にいる、一般のユーザには、さまざまなTVに関する、需要がある。

 これが、筆者らが、CES 2021において、TVの次の、興味を引くものに、常に、注意を払っている理由である。

 CESでは、「極めて巨大な、ディスプレイ」、「曲げることのできる、ディスプレイ」、あるいは、「透明な、ディスプレイ」といった、特徴のある、OLEDディスプレイが紹介される。

Ces1b_20210116084501


 今回の、CES 2021では、LGの「透明な、OLEDディスプレイ」が、注目されるだろう。

 OLEDディスプレイの透明度が、10%から、40%に改善され、この透明なOLEDディスプレイは、さまざまな、クリエーティブなことに利用されるだろう。

 LGは、CES 2021で、「透明な、OLEDディスプレイ」の特徴を紹介する、デモを披露するだろう。

 透明なOLEDディスプレイは、地図やスケジュールを表示する、スマートな窓に使用することができる。

 また、この透明なOLEDディスプレイは、レストランなどのブース間の、パーティションにも利用でき、メニュー、料理の説明、料理方法などを表示することもできる。

 「LGのOLEDスクリーン画面の紹介」ビデオ

4.最も大きなガジェットが、センター・ステージに立つだろう。

Ces1d_20210116084701


 自動車メーカは、CESを使用して、この10年、デジタル化、電気自動車化、自動運転技術などについて、紹介してきた。

 CES 2021で、電気自動車を披露する、自動車メーカには、Mustang、Ford F-150、および、Hummerがいる。

 Teslaによると、同社は、2020年に、50万台の、電気自動車を販売したという。

 今回のショーで、最も大きなガジェットは、John Deere社のAIやロボットを搭載した、トラクターになり、今年の「CES Innovation賞」の1つになる。

 「John DeereのAI技術搭載トラクター」の紹介ビデオ

     (続く)

デル株式会社

2020年12月 2日 (水)

Gartnerによると、2020年の3Qに、世界のスマートフォンの売上が、前年同期よりも、5.7%減少したという。'20.12.02

【Gartnerによると、2020年の3Qに、世界のスマートフォンの売上が、前年同期よりも、5.7%減少したという。】'20.12.02

 2020年の3Qに、中国のXiaomiは、世界のスマートフォンの販売台数で、Appleを抜いて、世界のスマートフォンのベンダで、3位になった。

 By Gartner

 Gartnerによると、世界のスマートフォンの、エンドユーザへの、販売台数の合計は、2020年3Qに、前年同期から、5.7%減少して、3億6600万台になったという。

 世界のスマートフォンの販売台数は、前年から、1年間で、8.7%減少して、合計で、4億100万台になった。

2四半期連続して、世界のスマートフォンの販売台数が、20%減少した後に、序々に、販売台数が、増加してきた。

 しかし、2020年3Qにおける、世界のスマートフォンの販売台数は、何種類かの、5G対応のスマートフォンが、何社かのベンダから紹介されたが、5Gに対する需要が伸びていないので、前年同期と比較して、世界のスマートフォンの販売台数は、あまり増加していない。

 Gartnerによると、消費者は、ロックダウンの状況が改善されてき始めた後に、スマートフォンへの支出を制限しているという。

 世界のスマートフォの販売台数は、2020年2Qから、2020年3Qに、緩やかな増加を経験した。

 これは、2020年2Qから、消費者の、スマートフォンに対する、需要が伸びていないためである。

 経済の不確実性と、パンデミックの次の波が、続いているので、2020年の末まで、消費者は、不要な支出を控えるだろう。

 消費者の、5G対応スマートフォンへの、アップグレードの需要が、伸びていないので、スマートフォン・ベンダの機会が、制限されていた。

 スマートフォンの販売台数の、トップ5のスマートフォンのベンダの間で、Samsungは、スマートフォンの販売台数で、22%のシェアを占めて、1位を維持した。

 2020年3Qに、Xiaomiは、Appleのスマートフォンの、販売台数を抜いて、初めて、3位になった。

 2020年3Qに、Xiaomiは、スマートフォンの販売台数が、4440万台になり、Appleは、スマートフォンの販売台数が、4050万台になった。

表1)2020年3Qに、世界のトップ5の、スマートフォンの、エンドユーザへの、販売台数

(単位:1000台)

      2020年3Q  2020年3Q  2019年3Q  2019年3Q  年間
ベンダ   販売台数   シェア   販売台数    シェア    増加率

Samsung   80,816.0   22.0%   79,056.7   20.3%    2.2%

Huawei    51,830.9   14.1%   65,822.0   16.9%   -21.3%

Xiaomi    44,405.4  12.1%    32,927.9     8.5%    34.9%

Apple     40,598.4  11.1%    40,833.0    10.5%    -0.6%

OPPO     29,890.4   8.2%    30,581.4     7.9%    -2.3%

その他    119,117.4  32.5%    139,586.7   35.9%    -14.7%

合計     366,658.6  100.0%   388,807.7   100.0%    -5.7%

 ソース:Gartner、2020年11月

 成熟した、アジア・パシフィックとラテンアメリカの一部の市場において、スマートフォンの販売台数が、回復する、兆しがあった。

 スマートフォンの販売台数は、2020年に、インド、インドネシア、および、ブラジルにおいて、それぞれ、9.3%、8.5%、3.3%増加した。

 SamsungとXiaomiは、2020年に、初めて、スマートフォンの販売台数が、増加を記録した。

 2020年3Qに、SamsungとXiaomiだけが、それぞれ、2.2%と34.9%、スマートフォンの販売台数を増加させていた。

 Samsungは、スマートフォンの販売台数が、808万台を記録し、依然として、トップを維持している。

 Xiaomiは、2020年3Qに、34.9%も、スマートフォンの販売台数が増加し、12.1%のシェアを獲得した。

 Xiaomiは、2020年3Qに、Appleを抜いて、3位になった。

 Xiaomiは、中国において、Huaweiから、スマートフォンの販売台数を奪った。

 Appleは、スマートフォンの販売台数が、2020年3Qに、前年同期から、0.6%減少して、4050万台になった。

デル株式会社

2020年11月28日 (土)

Gartnerによると、組織の49%だけ、マーケティング運営のリーダを持っているという。'20.11.28

【Gartnerによると、組織の49%だけ、マーケティング運営のリーダを持っているという。】'20.11.28

 Gartnerの新しい調査レポートは、マーケティング運営リーダを持っている、組織は、マーケティング運営のリーダを持っていない、組織よりも、効果的であることを明らかにした。2020年9月2日

 By Gartner

 Gartnerによる、最近の調査によると、マーケティングの組織の、49%だけが、専用のマーケティング運営のリーダを持っているという。

 また、Gartnerによると、マーケティング運営のリーダがいる、組織は、マーケティング技術(マーテック)を含む、自分たちの投資を、より効果的に、より適切に、使用しているという。

 「Gartner Marketing Operations Survey 2020」のレポートによると、マーケティング運営のリーダがいるという、組織の52%だけが、作業の効果や効率に、焦点を合わせているという。

 2020年5月から、2020年6月を通して、Gartnerは、調査の429人の回答者が、マーケティングの予算、リソース、プロセス、および、マーケティングの運営などに関連する、決定における要件を、要求していることが分かった。

 Gartnerが調査した、大手企業の回答者の91%は、「マーケティングの運営や、マーケティング技術に、1年間に、10億ドルの支出をしている。」という。

 マーケティング運営のリーダは、多くの、大きな組織における、ゲーム・チェンジャーになる。

 マーケティング運営のリーダの役割は、効率と効果の間における、トレードオフを減らすことである。

 マーケティング運営のリーダは、マーケティング技術を使用して、作業の効率を上げながら、効果や、作業の質も向上させることに、取り組んでいる。

 Gartnerの調査によると、マーケティング運営のリーダのいない、マーケティングの組織の81%が、「効率化に、努めるときに、自分たちのイニシアティブの影響を、完全に最大化することは、できないと思っていた。」という。

 Gartnerによると、マーケティング技術への投資が、マーケティングの予算の、26%を占める、世界において、マーケッターは、自分たちのマーケティング技術スタックの可能性の、58%を使用しているという。

 大手企業のマーケティング部門において、マーケティング運営のリーダの役割は、これまで以上に、差し迫っていた。

 マーケティング運営のリーダがいる、マーケティング部門は、マーケティングの効果を上げることを、試みながら、自分たちのイニシアティブの影響を、継続して、最大にすることに、取り組み続けるだろう。

 マーケティング運営のリーダの役割を確立する時に、Gartnerは、マーケティング運営のリーダが、次のフレームワークのステップに、焦点を合わせることを、推奨している。

 マーケティング運営のリーダは、マーケティング部門の、効率と有効性の、優先順位の重み付けを中心に、マーケティングの業務を構築する。

 マーケティング部門の弱点である、コミュニケーションやコラボレーションの欠如といった、最大の運営上の弱点を修正する。

 マーケティング部門の、マーケッターは、影響を計測し、目標や戦略に照準を合わせている。

 マーケティング作業の管理や、マーケティング技術を、組織のニーズに適合させ、時代遅れの手作業を、統合され、自動化された、システムやプラットフォームと置き換える。

デル株式会社

2020年11月26日 (木)

Gartnerによると、ロボット・プロセス自動化(RPA)ソフトウェアの売上が、2021年に、20億ドル近くになるという。'20.11.26

【Gartnerによると、ロボット・プロセス自動化(RPA)ソフトウェアの売上が、2021年に、20億ドル近くになるという。】'20.11.26

 ロボット・プロセス自動化(RPA)市場の売上は、コロナウィルスのパンデミックによる、経済の停滞にも関わらず、2024年までに、2桁増加して、2021年に、20億ドル近くに増える見込みである。2020年9月21日


Gartner

 By Gartner

 Gartnerによると、世界のロボット・プロセス自動化(RPA)ソフトウェアの売上は、2021年に、前年から、19.5%増加して、18.9億ドルに達すると予測されているという。

 コロナウィルスのパンデミックによる、経済的なプレッシャーにも関わらず、RPA市場の売上は、2024年まで、2桁増加する。

 大企業における、RPAプロジェクトの、主な推進者は、プロセスの品質、スピード、および、生産性を改善することができる。

 コロナウィルスのパンデミック中に、企業が、コストを削減する、自分たちのニーズに合うよう、取り組むことの、重要性が増加している。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)には、コールセンター、データの移行、顧客関係管理、ヘルプデスクなどの、ソフトウェアによる、自動化がある。

 世界のRPAソフトウェアの売上は、2019年から、11.9%増加して、2020年に、15億8000万ドルに達することが、期待されている。

 平均RPAの価格は、2021年と2022年に、年間平均、5%から10%減少し、2024年を通して、10%から15%減少することが、期待されている。

表1)世界のRPAソフトウェアの売上(単位:100ドル)


        2019年  2020年   2021年

売上     1,411.1  1,579.5  1,888.1

増加率   62.93%   11.94%   19.53%

ソース:Gartner、2020年9月

 コロナウィルスのパンデミックの危機的な状況において、多くの大企業が、RPAへの興味を増した。

 Gartnerは、世界の大企業の、90%が、2022年までに、いくつかの形態で、RPAを採用すると、予測している。

 世界の大企業が、人間の労働力や、手作業の努力を再調整しながら、スケーラビリティを向上させることを通して、重要なビジネス・プロセスに、デジタル技術を採用するように見える。

 ルーチン、デジタル・プロセスに、人間の労働力への依存が、増えることで、エンドユーザが、コストを削減する利便性だけでなく、このコロナウィルスのパンデミックのような、将来の影響に対し、自分たちのビジネスを保証できるようになる。

 大企業は、自分たちのRPAの採用が増加することが、予想され、ビジネス・ユーザ間で、RPAに対する、認識が高まるだろう。

 事実、2024年までに、Gartnerは、新たなRPAの顧客の、半分近くが、IT部門以外の、ビジネス・バイヤーから、もたらされることが、予測される。

 代表的な、RPAソフトウェアのベンダは、IT部門だけでなく、最高財務責任者(CFO)と最高執行責任者(COO)を、ターゲットにした。

 これらの人たちは、低コードと、コーディングを必要としない、RPAの、手早い展開を好んでいる。

 Gartnerの顧客は、「Forecast Analysis: Robotic Process Automation, Worldwide」で、より詳細を読むことができる。

デル株式会社

2020年11月19日 (木)

Gartnerは、2021年に、世界のエンドユーザの、パブリック・クラウド・サービスへの支出は、18%増加すると予測している。'20.11.19

【Gartnerは、2021年に、世界のエンドユーザの、パブリック・クラウド・サービスへの支出は、18.4%増加すると予測している。】'20.11.19

 Gartnerによると、2021年における、世界のエンドユーザの、パブリック・クラウド・サービスへの支出は、3049億ドルに増加する見込みだという。2020年11月17日

 By Gartner

 Gartnerは、世界のエンドユーザの、パブリック・クラウド・サービスへの支出が、2021年に、前年から、18.4%増加して、2020年の2575億ドルから、2021年には、3049億ドルになると予測している。

 コスト効果や、ビジネスの持続性を達成するために、オンデマンドと、スケーラブルなクラウド・モデルを使用する能力は、自分たちのデジタル・ビジネスの変革計画を、加速させるために、組織に、推進力を提供している。

 クラウド・サービスの使用が、COVID-19の危機で加速され、クラウド・サービスへの支出の割合は、2024年に、世界のエンタープライズITへの支出全体の、14.2%を占めるようになる見込みである。

 ちなみに、2020年に、世界のエンタープライズITへの支出全体における、クラウド・サービスへの支出が、占める割合は、9.1%であった。

 2021年の世界のクラウド・サービス市場において、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」の売上は、前年の1014億ドルから、1177億ドルに増加して、最も大きな市場セグメントになることが、予想される。

 2021年に、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」の売上は、クラウド・サービス市場全体の中で、最も増加し、前年の438億ドルから、26.6%増加して、554億ドルになることが、予想される。

 「PaaS」への支出の増加は、ビデオ・ストリームのような、データ量の多い、コンテンツや、スケーラブルな基盤へ、アクセスする必要のある、リモート・ワーカの、ニーズにより、促されている。

 スケーラブルな基盤(オペレーティング・システム、ストレージ、ネットワーク、および、開発環境やツールなど)は、新しく作成された、クラウド・ネーティブな、「PaaS」の形態で、提供される。

表1)世界のパブリック・クラウド・サービスへの、エンドユーザの支出(単位:100ドル)の、実績と予測

分類    2019年  2020年  2021年  2022年

BPaaS   45,212  44,741  47,521   50,336
PaaS    37,512  43,823   55,486  68,964
SaaS   102,064  101,480 117,773  138,261
SECaaS   12,836  14,880  17,001   19,934
IaaS     44,457  51,421  65,264   82,225
DaaS     616    1,204    1,945   2,542

合計   242,696  257,549 304,990  362,263

BPaaS:サービスとしてのビジネス・プロセス
PaaS  :サービスとしてのプラットフォーム
SaaS  :サービスとしてのソフトウェア
SECaaS:サービスとしてのセキュリティ
IaaS   :サービスとしての基盤
DaaS  :サービスとしてのデスクトップ

 ソース:Gartner、2020年11月

 事実、最近のGartnerの調査データによると、COVID-19が要因になっている、混乱の状況において、クラウド・サービスを使用している、組織の約70%は、自分たちのクラウドへの支出を増加させることを、計画しているという。

 移動性、協調、および、他のリモート・ワーキング技術と基盤における、投資が増加しているので、Gartnerは、2024年まで、継続される、パブリック・クラウドにおける、成長を期待している。

 通信サービス会社との、パートナー関係で、クラウド・サービス・プロバイダは、エッジへのリーチを拡張し、ハイブリッドな労働力をサポートする、傾向が高まっていることも、さらなる成長につながる。

デル株式会社

2020年11月15日 (日)

Gartnerによると、2021年に、世界のデータセンターの基盤への支出が、6%増加するという。'20.11.15

【Gartnerによると、2021年に、世界のデータセンターの基盤への支出が、6%増加するという。】'20.11.15

 2020年に、データセンターの基盤への支出が、10%減少しているにも関わらず、データセンターの基盤への支出は、次の4年間に、リバウンドする見込みである。2020年10月7日

 By Gartner

 Gartnerの最新の予測によると、世界のデータセンターの基盤への、エンドユーザの支出は、2020年から、6%増加し、2021年に、2000億ドルに達することが予測されている。

 2020年における、データセンターへの支出が、パンデミック中のキャッシュ・フローの制限のために、前年から、10.3%減少したにも関わらず、データセンターの基盤への支出は、2024年まで、増加することが期待されている。

 COVID-19からの、ロックダウンで、会社のオフィスで、仕事をすることが減り、データセンターの利用が減少するので、2020年に、企業は、新しいデータセンターの基盤への投資を、これまで計画していた、データセンターの基盤への投資の60%以上、減らす見込みである。

 このため、エンドユーザの、世界のデータセンターの基盤への支出は、2020年に、前年から、10.3%減少することが予測される。(表1を参照)

 エンドユーザの、世界のデータセンターの基盤への支出は、2021年に、前年から、6.2%と、一桁増加することが、予測されている。

表1)2019年から2021年における、世界のデータセンターの基盤への支出

               2019年   2020年   2021年

エンドユーザの支出  2100億ドル 1880億ドル  2000億ドル

成長率(%)                0.7%    -10.3%    6.2%

 ソース:Gartner、2020年10月

 Mishra氏によると、2020年に、減少した、世界のデータセンターの基盤に対する、需要の多くは、来年、スタッフが、企業のオフィスに、実際に、戻ることが、できるようになったときに、需要が戻ることが期待されているという。

 すべての、データセンターの基盤の分野は、コスト抑制の対象になり、企業のIT部門の管理者は、データセンターの基盤への支出を減らすために、現在、使用している、データセンターの基盤の設備(サーバ、ストレージ、ネットワークなど)の、ライフ・サイクルを長くすることに取り組むことが、期待されている。

 データセンターの基盤への支出が回復する、3つの行動

 コロナウィルスのパンデミックにより、停滞した経済の成長が、緩やかに、改善され、データセンターの基盤を担当している、管理者は、既存の顧客や、新規の顧客の選択された、セットに、優先順位を付けるよう、努める必要があるだろう。

 特別な、Gartnerの推奨

 企業は、営業スタッフを、トレーニングして、最高財務責任者(CFO)や最高調達責任者(CPO)と連携して、ITの契約を再交渉し、クラウドのコストを最適化し、ITを統合する必要があるだろう。

 技術のプロバイダが、COVID-19の、異なった業界への影響を理解するのを助ける、業界プレイブックを作成し、各業界による、プロバイダ向けの、中長期的な、アクション・アイテムを推奨する。

 革新を促すために、デジタル・ネーティブ(学生時代から、インターネットやパソコンのある生活環境の中で育ってきた世代)向けの、新たな市場モデルに投資する。

 デジタル・ネーティブの、マインドシェア(どの程度、好ましい地位を得ているかを、比率の形で示したもの)を向上させるために、ハイブリッドIT(クラウドとオンプレミスのハイブリッドな利用環境に向けた、新たなITサービス群)と、消費ベースの価格設定モデル(顧客が、使用したリソースに応じて、料金を支払う、サービス提供方式)を中心に、ビジネスを展開する。

 Gartnerのクライアントは、「General Manager Insight: Data Center Infrastructure Spending Downturn and 3 Actions for Recovery」レポートで、詳細を読むことができる。

デル株式会社

2020年8月28日 (金)

Gartnerによると、2020年2Qに、世界のスマートフォンの売上が、前年同期から、20%減少したという。'20.08.28

【Gartnerによると、2020年2Qに、世界のスマートフォンの売上が、前年同期から、20%減少したという。】'20.08.28

 Gartnerによると、2020年2Qに、世界のスマートフォンの売上が、前年同期から、20%減少して、合計で、2億9500万台になったという。2020年8月25日

 By Gartner

 Gartnerによると、2020年2Qに、世界のスマートフォンの売上で、SamsungとHuaweiは、統計的に、タイの1位であった。

 Gartnerによると、コロナウィルスのパンデミックの継続で、世界の携帯電話業界が、影響を与えられ、2020年2Qにおける、エンドユーザへの、世界のスマートフォンの販売台数は、前年同期から、20.4%減少して、合計で、2億9500万台になったという。

 2020年2Qに、トップ5のスマートフォン・ベンダ間で、前年同期から、Samsungは、販売台数を、大きく、減少させたが、Appleは、フラットに推移し、販売台数は、ほぼ同じであった。

 Huaweiは、2020年2Qに、世界のスマートフォンの販売台数を、前年同期から、27.4%も減少させたが、中国での販売が、比較的、好調で、販売台数で、Samsungと、統計的タイで、1位であった。

 中国を除く、あらゆる主な市場において、2020年2Qに、コロナウィルスのパンデミックの状況において、スマートフォンの需要は、減少を続けていた。

 中国において、スマートフォンの需要は、2020年2Qに、増加したが、スマートフォンの販売台数は、前年同期から、7%減少し、9400万台になった。

 コロナウィルスのパンデミックの状況において、インドでは、スマートフォンの販売台数が、46%も減少した。

 Samsungは、2020年2Qに、世界のスマートフォン・ベンダの、トップ5の中で、スマートフォンの販売台数が、前年同期から、27.1%と、最も減少し、5500万台近くになった。

表1)2019年と2020年の2Qにおける、世界のスマートフォンの販売台数、シェア、年間増加率

  (単位:1000台)

       2019年2Q  2019年2Q  2020年2Q   2020年2Q   年間
ベンダ    販売台数   シェア    販売台数    シェア    増加率

Samsung   54,759.4  18.6%     75,111.8    20.3%    -27.1%

Huawei     54,125.0  18.4%     58,055.7    15.7%    -6.8%

Apple     38,386.1  13.0%     38,522.9    10.4%     -0.4%

Xiaomi     26,095.2   8.9%     33,250.7      9.0%    -21.5%

OPPO     23,612.1   8.0%     28,070.2      7.6%     -15.9%

その他     97,692.1    33.2%      137,282.5   37.1%      -28.8%

合計    294,669.9   100.0%     370,293.9   100.0%     -20.4%

 ソース:Gartner、2020年8月

 Huaweiのスマートフォンの、販売台数は、2020年2Qに、前年同期から、6.8%減少して、合計で、5400万台になった。

 Huaweiは、2020年2Qに、中国のスマートフォン市場に於いて、スマートフォンの販売台数を伸ばし、42.6%のシェアを占めていた。

 Huaweiは、特に、中国において、積極的に、スマートフォンの新製品を紹介し、販売のプロモーション活動をした。

 Huaweiは、5Gスマートフォン向けの、移動通信サービス・プロバイダのサポートから、利益を得た。

 Appleは、2020年2Qに、iPhoneスマートフォンの販売台数が、前年同期から、0.4%だけ減少し、3800万台になった。

 Gartnerの顧客は、「Market Share: PCs, Ultramobiles and Mobile Phones」レポートで、詳細を知ることができる。

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2