Gartner

2020年12月 2日 (水)

Gartnerによると、2020年の3Qに、世界のスマートフォンの売上が、前年同期よりも、5.7%減少したという。'20.12.02

【Gartnerによると、2020年の3Qに、世界のスマートフォンの売上が、前年同期よりも、5.7%減少したという。】'20.12.02

 2020年の3Qに、中国のXiaomiは、世界のスマートフォンの販売台数で、Appleを抜いて、世界のスマートフォンのベンダで、3位になった。

 By Gartner

 Gartnerによると、世界のスマートフォンの、エンドユーザへの、販売台数の合計は、2020年3Qに、前年同期から、5.7%減少して、3億6600万台になったという。

 世界のスマートフォンの販売台数は、前年から、1年間で、8.7%減少して、合計で、4億100万台になった。

2四半期連続して、世界のスマートフォンの販売台数が、20%減少した後に、序々に、販売台数が、増加してきた。

 しかし、2020年3Qにおける、世界のスマートフォンの販売台数は、何種類かの、5G対応のスマートフォンが、何社かのベンダから紹介されたが、5Gに対する需要が伸びていないので、前年同期と比較して、世界のスマートフォンの販売台数は、あまり増加していない。

 Gartnerによると、消費者は、ロックダウンの状況が改善されてき始めた後に、スマートフォンへの支出を制限しているという。

 世界のスマートフォの販売台数は、2020年2Qから、2020年3Qに、緩やかな増加を経験した。

 これは、2020年2Qから、消費者の、スマートフォンに対する、需要が伸びていないためである。

 経済の不確実性と、パンデミックの次の波が、続いているので、2020年の末まで、消費者は、不要な支出を控えるだろう。

 消費者の、5G対応スマートフォンへの、アップグレードの需要が、伸びていないので、スマートフォン・ベンダの機会が、制限されていた。

 スマートフォンの販売台数の、トップ5のスマートフォンのベンダの間で、Samsungは、スマートフォンの販売台数で、22%のシェアを占めて、1位を維持した。

 2020年3Qに、Xiaomiは、Appleのスマートフォンの、販売台数を抜いて、初めて、3位になった。

 2020年3Qに、Xiaomiは、スマートフォンの販売台数が、4440万台になり、Appleは、スマートフォンの販売台数が、4050万台になった。

表1)2020年3Qに、世界のトップ5の、スマートフォンの、エンドユーザへの、販売台数

(単位:1000台)

      2020年3Q  2020年3Q  2019年3Q  2019年3Q  年間
ベンダ   販売台数   シェア   販売台数    シェア    増加率

Samsung   80,816.0   22.0%   79,056.7   20.3%    2.2%

Huawei    51,830.9   14.1%   65,822.0   16.9%   -21.3%

Xiaomi    44,405.4  12.1%    32,927.9     8.5%    34.9%

Apple     40,598.4  11.1%    40,833.0    10.5%    -0.6%

OPPO     29,890.4   8.2%    30,581.4     7.9%    -2.3%

その他    119,117.4  32.5%    139,586.7   35.9%    -14.7%

合計     366,658.6  100.0%   388,807.7   100.0%    -5.7%

 ソース:Gartner、2020年11月

 成熟した、アジア・パシフィックとラテンアメリカの一部の市場において、スマートフォンの販売台数が、回復する、兆しがあった。

 スマートフォンの販売台数は、2020年に、インド、インドネシア、および、ブラジルにおいて、それぞれ、9.3%、8.5%、3.3%増加した。

 SamsungとXiaomiは、2020年に、初めて、スマートフォンの販売台数が、増加を記録した。

 2020年3Qに、SamsungとXiaomiだけが、それぞれ、2.2%と34.9%、スマートフォンの販売台数を増加させていた。

 Samsungは、スマートフォンの販売台数が、808万台を記録し、依然として、トップを維持している。

 Xiaomiは、2020年3Qに、34.9%も、スマートフォンの販売台数が増加し、12.1%のシェアを獲得した。

 Xiaomiは、2020年3Qに、Appleを抜いて、3位になった。

 Xiaomiは、中国において、Huaweiから、スマートフォンの販売台数を奪った。

 Appleは、スマートフォンの販売台数が、2020年3Qに、前年同期から、0.6%減少して、4050万台になった。

デル株式会社

2020年11月28日 (土)

Gartnerによると、組織の49%だけ、マーケティング運営のリーダを持っているという。'20.11.28

【Gartnerによると、組織の49%だけ、マーケティング運営のリーダを持っているという。】'20.11.28

 Gartnerの新しい調査レポートは、マーケティング運営リーダを持っている、組織は、マーケティング運営のリーダを持っていない、組織よりも、効果的であることを明らかにした。2020年9月2日

 By Gartner

 Gartnerによる、最近の調査によると、マーケティングの組織の、49%だけが、専用のマーケティング運営のリーダを持っているという。

 また、Gartnerによると、マーケティング運営のリーダがいる、組織は、マーケティング技術(マーテック)を含む、自分たちの投資を、より効果的に、より適切に、使用しているという。

 「Gartner Marketing Operations Survey 2020」のレポートによると、マーケティング運営のリーダがいるという、組織の52%だけが、作業の効果や効率に、焦点を合わせているという。

 2020年5月から、2020年6月を通して、Gartnerは、調査の429人の回答者が、マーケティングの予算、リソース、プロセス、および、マーケティングの運営などに関連する、決定における要件を、要求していることが分かった。

 Gartnerが調査した、大手企業の回答者の91%は、「マーケティングの運営や、マーケティング技術に、1年間に、10億ドルの支出をしている。」という。

 マーケティング運営のリーダは、多くの、大きな組織における、ゲーム・チェンジャーになる。

 マーケティング運営のリーダの役割は、効率と効果の間における、トレードオフを減らすことである。

 マーケティング運営のリーダは、マーケティング技術を使用して、作業の効率を上げながら、効果や、作業の質も向上させることに、取り組んでいる。

 Gartnerの調査によると、マーケティング運営のリーダのいない、マーケティングの組織の81%が、「効率化に、努めるときに、自分たちのイニシアティブの影響を、完全に最大化することは、できないと思っていた。」という。

 Gartnerによると、マーケティング技術への投資が、マーケティングの予算の、26%を占める、世界において、マーケッターは、自分たちのマーケティング技術スタックの可能性の、58%を使用しているという。

 大手企業のマーケティング部門において、マーケティング運営のリーダの役割は、これまで以上に、差し迫っていた。

 マーケティング運営のリーダがいる、マーケティング部門は、マーケティングの効果を上げることを、試みながら、自分たちのイニシアティブの影響を、継続して、最大にすることに、取り組み続けるだろう。

 マーケティング運営のリーダの役割を確立する時に、Gartnerは、マーケティング運営のリーダが、次のフレームワークのステップに、焦点を合わせることを、推奨している。

 マーケティング運営のリーダは、マーケティング部門の、効率と有効性の、優先順位の重み付けを中心に、マーケティングの業務を構築する。

 マーケティング部門の弱点である、コミュニケーションやコラボレーションの欠如といった、最大の運営上の弱点を修正する。

 マーケティング部門の、マーケッターは、影響を計測し、目標や戦略に照準を合わせている。

 マーケティング作業の管理や、マーケティング技術を、組織のニーズに適合させ、時代遅れの手作業を、統合され、自動化された、システムやプラットフォームと置き換える。

デル株式会社

2020年11月26日 (木)

Gartnerによると、ロボット・プロセス自動化(RPA)ソフトウェアの売上が、2021年に、20億ドル近くになるという。'20.11.26

【Gartnerによると、ロボット・プロセス自動化(RPA)ソフトウェアの売上が、2021年に、20億ドル近くになるという。】'20.11.26

 ロボット・プロセス自動化(RPA)市場の売上は、コロナウィルスのパンデミックによる、経済の停滞にも関わらず、2024年までに、2桁増加して、2021年に、20億ドル近くに増える見込みである。2020年9月21日


Gartner

 By Gartner

 Gartnerによると、世界のロボット・プロセス自動化(RPA)ソフトウェアの売上は、2021年に、前年から、19.5%増加して、18.9億ドルに達すると予測されているという。

 コロナウィルスのパンデミックによる、経済的なプレッシャーにも関わらず、RPA市場の売上は、2024年まで、2桁増加する。

 大企業における、RPAプロジェクトの、主な推進者は、プロセスの品質、スピード、および、生産性を改善することができる。

 コロナウィルスのパンデミック中に、企業が、コストを削減する、自分たちのニーズに合うよう、取り組むことの、重要性が増加している。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)には、コールセンター、データの移行、顧客関係管理、ヘルプデスクなどの、ソフトウェアによる、自動化がある。

 世界のRPAソフトウェアの売上は、2019年から、11.9%増加して、2020年に、15億8000万ドルに達することが、期待されている。

 平均RPAの価格は、2021年と2022年に、年間平均、5%から10%減少し、2024年を通して、10%から15%減少することが、期待されている。

表1)世界のRPAソフトウェアの売上(単位:100ドル)


        2019年  2020年   2021年

売上     1,411.1  1,579.5  1,888.1

増加率   62.93%   11.94%   19.53%

ソース:Gartner、2020年9月

 コロナウィルスのパンデミックの危機的な状況において、多くの大企業が、RPAへの興味を増した。

 Gartnerは、世界の大企業の、90%が、2022年までに、いくつかの形態で、RPAを採用すると、予測している。

 世界の大企業が、人間の労働力や、手作業の努力を再調整しながら、スケーラビリティを向上させることを通して、重要なビジネス・プロセスに、デジタル技術を採用するように見える。

 ルーチン、デジタル・プロセスに、人間の労働力への依存が、増えることで、エンドユーザが、コストを削減する利便性だけでなく、このコロナウィルスのパンデミックのような、将来の影響に対し、自分たちのビジネスを保証できるようになる。

 大企業は、自分たちのRPAの採用が増加することが、予想され、ビジネス・ユーザ間で、RPAに対する、認識が高まるだろう。

 事実、2024年までに、Gartnerは、新たなRPAの顧客の、半分近くが、IT部門以外の、ビジネス・バイヤーから、もたらされることが、予測される。

 代表的な、RPAソフトウェアのベンダは、IT部門だけでなく、最高財務責任者(CFO)と最高執行責任者(COO)を、ターゲットにした。

 これらの人たちは、低コードと、コーディングを必要としない、RPAの、手早い展開を好んでいる。

 Gartnerの顧客は、「Forecast Analysis: Robotic Process Automation, Worldwide」で、より詳細を読むことができる。

デル株式会社

2020年11月19日 (木)

Gartnerは、2021年に、世界のエンドユーザの、パブリック・クラウド・サービスへの支出は、18%増加すると予測している。'20.11.19

【Gartnerは、2021年に、世界のエンドユーザの、パブリック・クラウド・サービスへの支出は、18.4%増加すると予測している。】'20.11.19

 Gartnerによると、2021年における、世界のエンドユーザの、パブリック・クラウド・サービスへの支出は、3049億ドルに増加する見込みだという。2020年11月17日

 By Gartner

 Gartnerは、世界のエンドユーザの、パブリック・クラウド・サービスへの支出が、2021年に、前年から、18.4%増加して、2020年の2575億ドルから、2021年には、3049億ドルになると予測している。

 コスト効果や、ビジネスの持続性を達成するために、オンデマンドと、スケーラブルなクラウド・モデルを使用する能力は、自分たちのデジタル・ビジネスの変革計画を、加速させるために、組織に、推進力を提供している。

 クラウド・サービスの使用が、COVID-19の危機で加速され、クラウド・サービスへの支出の割合は、2024年に、世界のエンタープライズITへの支出全体の、14.2%を占めるようになる見込みである。

 ちなみに、2020年に、世界のエンタープライズITへの支出全体における、クラウド・サービスへの支出が、占める割合は、9.1%であった。

 2021年の世界のクラウド・サービス市場において、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」の売上は、前年の1014億ドルから、1177億ドルに増加して、最も大きな市場セグメントになることが、予想される。

 2021年に、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」の売上は、クラウド・サービス市場全体の中で、最も増加し、前年の438億ドルから、26.6%増加して、554億ドルになることが、予想される。

 「PaaS」への支出の増加は、ビデオ・ストリームのような、データ量の多い、コンテンツや、スケーラブルな基盤へ、アクセスする必要のある、リモート・ワーカの、ニーズにより、促されている。

 スケーラブルな基盤(オペレーティング・システム、ストレージ、ネットワーク、および、開発環境やツールなど)は、新しく作成された、クラウド・ネーティブな、「PaaS」の形態で、提供される。

表1)世界のパブリック・クラウド・サービスへの、エンドユーザの支出(単位:100ドル)の、実績と予測

分類    2019年  2020年  2021年  2022年

BPaaS   45,212  44,741  47,521   50,336
PaaS    37,512  43,823   55,486  68,964
SaaS   102,064  101,480 117,773  138,261
SECaaS   12,836  14,880  17,001   19,934
IaaS     44,457  51,421  65,264   82,225
DaaS     616    1,204    1,945   2,542

合計   242,696  257,549 304,990  362,263

BPaaS:サービスとしてのビジネス・プロセス
PaaS  :サービスとしてのプラットフォーム
SaaS  :サービスとしてのソフトウェア
SECaaS:サービスとしてのセキュリティ
IaaS   :サービスとしての基盤
DaaS  :サービスとしてのデスクトップ

 ソース:Gartner、2020年11月

 事実、最近のGartnerの調査データによると、COVID-19が要因になっている、混乱の状況において、クラウド・サービスを使用している、組織の約70%は、自分たちのクラウドへの支出を増加させることを、計画しているという。

 移動性、協調、および、他のリモート・ワーキング技術と基盤における、投資が増加しているので、Gartnerは、2024年まで、継続される、パブリック・クラウドにおける、成長を期待している。

 通信サービス会社との、パートナー関係で、クラウド・サービス・プロバイダは、エッジへのリーチを拡張し、ハイブリッドな労働力をサポートする、傾向が高まっていることも、さらなる成長につながる。

デル株式会社

2020年11月15日 (日)

Gartnerによると、2021年に、世界のデータセンターの基盤への支出が、6%増加するという。'20.11.15

【Gartnerによると、2021年に、世界のデータセンターの基盤への支出が、6%増加するという。】'20.11.15

 2020年に、データセンターの基盤への支出が、10%減少しているにも関わらず、データセンターの基盤への支出は、次の4年間に、リバウンドする見込みである。2020年10月7日

 By Gartner

 Gartnerの最新の予測によると、世界のデータセンターの基盤への、エンドユーザの支出は、2020年から、6%増加し、2021年に、2000億ドルに達することが予測されている。

 2020年における、データセンターへの支出が、パンデミック中のキャッシュ・フローの制限のために、前年から、10.3%減少したにも関わらず、データセンターの基盤への支出は、2024年まで、増加することが期待されている。

 COVID-19からの、ロックダウンで、会社のオフィスで、仕事をすることが減り、データセンターの利用が減少するので、2020年に、企業は、新しいデータセンターの基盤への投資を、これまで計画していた、データセンターの基盤への投資の60%以上、減らす見込みである。

 このため、エンドユーザの、世界のデータセンターの基盤への支出は、2020年に、前年から、10.3%減少することが予測される。(表1を参照)

 エンドユーザの、世界のデータセンターの基盤への支出は、2021年に、前年から、6.2%と、一桁増加することが、予測されている。

表1)2019年から2021年における、世界のデータセンターの基盤への支出

               2019年   2020年   2021年

エンドユーザの支出  2100億ドル 1880億ドル  2000億ドル

成長率(%)                0.7%    -10.3%    6.2%

 ソース:Gartner、2020年10月

 Mishra氏によると、2020年に、減少した、世界のデータセンターの基盤に対する、需要の多くは、来年、スタッフが、企業のオフィスに、実際に、戻ることが、できるようになったときに、需要が戻ることが期待されているという。

 すべての、データセンターの基盤の分野は、コスト抑制の対象になり、企業のIT部門の管理者は、データセンターの基盤への支出を減らすために、現在、使用している、データセンターの基盤の設備(サーバ、ストレージ、ネットワークなど)の、ライフ・サイクルを長くすることに取り組むことが、期待されている。

 データセンターの基盤への支出が回復する、3つの行動

 コロナウィルスのパンデミックにより、停滞した経済の成長が、緩やかに、改善され、データセンターの基盤を担当している、管理者は、既存の顧客や、新規の顧客の選択された、セットに、優先順位を付けるよう、努める必要があるだろう。

 特別な、Gartnerの推奨

 企業は、営業スタッフを、トレーニングして、最高財務責任者(CFO)や最高調達責任者(CPO)と連携して、ITの契約を再交渉し、クラウドのコストを最適化し、ITを統合する必要があるだろう。

 技術のプロバイダが、COVID-19の、異なった業界への影響を理解するのを助ける、業界プレイブックを作成し、各業界による、プロバイダ向けの、中長期的な、アクション・アイテムを推奨する。

 革新を促すために、デジタル・ネーティブ(学生時代から、インターネットやパソコンのある生活環境の中で育ってきた世代)向けの、新たな市場モデルに投資する。

 デジタル・ネーティブの、マインドシェア(どの程度、好ましい地位を得ているかを、比率の形で示したもの)を向上させるために、ハイブリッドIT(クラウドとオンプレミスのハイブリッドな利用環境に向けた、新たなITサービス群)と、消費ベースの価格設定モデル(顧客が、使用したリソースに応じて、料金を支払う、サービス提供方式)を中心に、ビジネスを展開する。

 Gartnerのクライアントは、「General Manager Insight: Data Center Infrastructure Spending Downturn and 3 Actions for Recovery」レポートで、詳細を読むことができる。

デル株式会社

2020年8月28日 (金)

Gartnerによると、2020年2Qに、世界のスマートフォンの売上が、前年同期から、20%減少したという。'20.08.28

【Gartnerによると、2020年2Qに、世界のスマートフォンの売上が、前年同期から、20%減少したという。】'20.08.28

 Gartnerによると、2020年2Qに、世界のスマートフォンの売上が、前年同期から、20%減少して、合計で、2億9500万台になったという。2020年8月25日

 By Gartner

 Gartnerによると、2020年2Qに、世界のスマートフォンの売上で、SamsungとHuaweiは、統計的に、タイの1位であった。

 Gartnerによると、コロナウィルスのパンデミックの継続で、世界の携帯電話業界が、影響を与えられ、2020年2Qにおける、エンドユーザへの、世界のスマートフォンの販売台数は、前年同期から、20.4%減少して、合計で、2億9500万台になったという。

 2020年2Qに、トップ5のスマートフォン・ベンダ間で、前年同期から、Samsungは、販売台数を、大きく、減少させたが、Appleは、フラットに推移し、販売台数は、ほぼ同じであった。

 Huaweiは、2020年2Qに、世界のスマートフォンの販売台数を、前年同期から、27.4%も減少させたが、中国での販売が、比較的、好調で、販売台数で、Samsungと、統計的タイで、1位であった。

 中国を除く、あらゆる主な市場において、2020年2Qに、コロナウィルスのパンデミックの状況において、スマートフォンの需要は、減少を続けていた。

 中国において、スマートフォンの需要は、2020年2Qに、増加したが、スマートフォンの販売台数は、前年同期から、7%減少し、9400万台になった。

 コロナウィルスのパンデミックの状況において、インドでは、スマートフォンの販売台数が、46%も減少した。

 Samsungは、2020年2Qに、世界のスマートフォン・ベンダの、トップ5の中で、スマートフォンの販売台数が、前年同期から、27.1%と、最も減少し、5500万台近くになった。

表1)2019年と2020年の2Qにおける、世界のスマートフォンの販売台数、シェア、年間増加率

  (単位:1000台)

       2019年2Q  2019年2Q  2020年2Q   2020年2Q   年間
ベンダ    販売台数   シェア    販売台数    シェア    増加率

Samsung   54,759.4  18.6%     75,111.8    20.3%    -27.1%

Huawei     54,125.0  18.4%     58,055.7    15.7%    -6.8%

Apple     38,386.1  13.0%     38,522.9    10.4%     -0.4%

Xiaomi     26,095.2   8.9%     33,250.7      9.0%    -21.5%

OPPO     23,612.1   8.0%     28,070.2      7.6%     -15.9%

その他     97,692.1    33.2%      137,282.5   37.1%      -28.8%

合計    294,669.9   100.0%     370,293.9   100.0%     -20.4%

 ソース:Gartner、2020年8月

 Huaweiのスマートフォンの、販売台数は、2020年2Qに、前年同期から、6.8%減少して、合計で、5400万台になった。

 Huaweiは、2020年2Qに、中国のスマートフォン市場に於いて、スマートフォンの販売台数を伸ばし、42.6%のシェアを占めていた。

 Huaweiは、特に、中国において、積極的に、スマートフォンの新製品を紹介し、販売のプロモーション活動をした。

 Huaweiは、5Gスマートフォン向けの、移動通信サービス・プロバイダのサポートから、利益を得た。

 Appleは、2020年2Qに、iPhoneスマートフォンの販売台数が、前年同期から、0.4%だけ減少し、3800万台になった。

 Gartnerの顧客は、「Market Share: PCs, Ultramobiles and Mobile Phones」レポートで、詳細を知ることができる。

デル株式会社

2020年8月21日 (金)

Gartnerは、営業のリーダが、営業部門をサポートするために、明確な、オンライン販売戦略を実現しなければならない。'20.08.21

【Gartnerは、営業のリーダが、営業部門をサポートするために、明確な、オンライン販売戦略を実現しなければならない。】'20.08.21

 Gartnerによると、営業のリーダーは、営業部門をサポートするために、明確な、オンライン販売戦略を実現しなければならないという。2020年8月17日

 By Gartner

 顧客サポート担当役員(CSO)は、実店舗での販売を、オンラインでの、仮想店舗での販売の役割に、継続的に、シフトさせるための計画への、3つのイニシアティブを実現できる。

 Gartnerによると、販売支援リーダーにとって、オンライン販売戦略を実現することは、オンライン販売に移行する、フィールド販売の役割と共に、重要であるという。

 積極的な販売のリーダーは、少なくとも、パンデミック当初に、期待されていたよりも、より多くのオンライン販売を行うための、販売チームを準備している。

 長期的な、オンライン販売を開始し、将来的な計画をするために、Gartnerは、販売リーダーに、次のことを推奨する。

 仮想的な、顧客エンゲージメントを計画し、準備する。

 殆どの売り手は、顧客との、限られた時間で、最高の利益を得るための、ステップを踏む。

 しかし、現在の環境は、新たな課題を表しており、顧客が、オンラインの、仮想店舗で購入する能力を阻害し、売り手に、他のパートナーと、リモートで、協調するよう促している。

 売り手は、オンラインでの、顧客との対話を円滑にし、顧客をサポートすることで、顧客満足度を向上させる、必要がある。

 また、オンライン販売では、売り手は、顧客の表情、ボディー・ランゲージ、および、他の手がかりは、追跡したり、観察したりするのが難しい。

 販売リーダーは、売り手が、ビデオ会議プラットフォームを介して、顧客と、ビデオ・チャットできるようにすることで、オンライン販売を促している。

 販売支援は、オンライン販売の準備をし、計画し、提供できるようにするだけでなく、売り手の可能性を、オンラインでの、仮想店舗の環境に適合させることにおいても、重要な役割を果たしている。

 これは、販売部門の殆どが、リモートで働くのに、重要である。

 今日、オンライン販売を成功させるのために、リーダーは、自分たちの既存の投資を調整し、人々、プロセス、および、技術間での、リソースを再割り当てしなければならない。

 それ以上に、オンラインでの、仮想店舗での販売への、より多くの永久的なシフトは、販売戦略、内部組織の設計、市場展開戦略、および、主要な性能メトリクスを調整するために、販売組織を強制する。

 長期的な、オンラインでの、仮想店舗での販売を、効果的にできるようにするための、フレームワークに関する、より詳細な情報を得るためには、Gartnerの「Build an Infrastructure that Supports Long-Term Virtual Selling」ウェビナーに参加しよう。

 また、販売リーダーは、「Framework to Enable Effective Virtual Selling」レポートで、オンライン仮想店舗での販売環境の構築に関して、学習することができる。

デル株式会社

2020年8月17日 (月)

2019年に、世界の「サービスとしての基盤(IaaS)」の売上は、前年から、37.3%増加した。'20.08.17

【2019年に、世界の「サービスとしての基盤(IaaS)」の売上は、前年から、37.3%増加した。】'20.08.17

 Gartnerによると、2019年に、パブリック・クラウド・サービス市場において、世界の「サービスとしての基盤(IaaS)」の売上は、前年から、37.3%増加したという。2020年8月10日

 By eWeek

 クラウド・サービスと、ソフトウェア・ビジネス全体が、急速に成長していることは、よく知られているが、企業の意思決定者にとって、より明確にするために、市場分析の専門家は、パブリック・クラウド・サービス市場を、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」、「サービスとしての基盤(IaaS)」、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」などに、分類している。

 Gartnerによると、2019年に、パブリック・クラウド・サービス市場において、世界の「サービスとしての基盤(IaaS)」の売上は、2018年の324億ドルから、37.3%増加し、2019年には、445億ドルになったという。

 2019年における、世界のパブリック・クラウド・サービス市場において、「サービスとしての基盤(IaaS)」の売上で、Amazonは、トップを維持し、Microsoft、Alibaba、Google、および、Tencentが、続いた。

 業界アナリストのGartnerによると、2020年8月10日に、世界の「サービスとしての基盤(IaaS)」の売上が、2019年に、37.3%増加し、2018年の324億ドルから、445億ドルに増加したという。

 Amazonは、引き続き、2019年に、推定200億ドルの売上を上げ、世界の「サービスとしての基盤(IaaS)」市場全体の売上の45%を占め、世界のIaaS市場をリードし続けた。

 Microsoftは、世界のIaaSの売上で、2位を維持したが、売上の約80億ドルの内、半分以上は、北米からの売上であった。

 中国の主要なIaaSプロバイダである、Alibaba Cloudは、2019年に、IaaSの売上が、前年から、62.4%増加し、40億ドル以上に達成した。

 中国を拠点とする、Tencentは、2019年に、IaaSのサービスを、100%以上拡大させた。

 Tencentは、Alibaba Cloudに次いで、中国で、2番目に大きな、クラウド・サービス・プロバイダである。

 GoogleのIaaSの売上は、2018年の13億ドルから、2019年に、80.1%も増加し、24億ドルになった。

 Gartnerは、将来的に、「サービスとしての基盤(IaaS)」と「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」の、両セグメントを、「クラウド基盤とプラットフォーム・サービス(CIPS)」に統合するようだ。

 Gartnerによると、2019年の世界の「クラウド基盤とプラットフォーム・サービス(CIPS)」市場の売上は、2018年における、446億ドルから、42.3%増加し、634億ドルになったという。

 Amazon、Microsoft、Alibabaは、2019年に、CIPSの売上で、トップ3になり、TencentとOracleが、続いた。

 より詳細は、「Market Share: Enterprise Public Cloud Services, Worldwide, 2019」レポートで提供される。

デル株式会社

2020年8月12日 (水)

Gartnerによると、2019年に、世界のパブリック・クラウド・サービスの売上は、前年から、37.3%増加したという。'20.08.12

【Gartnerによると、2019年に、世界のパブリック・クラウド・サービスの売上は、前年から、37.3%増加したという。】'20.08.12

 仮想的な、Gartnerの「IT基盤、オペレーション&クラウド戦略」コンファレンスにおいて、アナリストは、最新のクラウドのトレンドを調査した。2020年8月10日

 By Gartner

 Gartnerによると、世界の「サービスとしての基盤(IaaS)」の売上は、2019年に、前年から、37.3%増加し、324億ドルから、445億ドルになったという。

 Amazonは、2019年に、世界の「サービスとしての基盤(IaaS)」の売上において、1位を維持しており、Microsoft、Alibaba, Google、および、Tencentが、続いた。

 このIaaSは、エッジ、AI、マシン学習、および、5Gといった、技術を可能にする。

 これらの技術は、スケーラブルで、柔軟性があり、高容量の、パブリック・クラウド、IaaSのような、基盤プロセッサを要求する。

 トップ5のIaaSプロバイダの売上は、2019年に、世界のIaaSの売上全体の、80%を占めており、2018年に、世界のIaaSの売上全体の、77%を占めている。

 すべての、IaaSプロバイダの約3/4は、2018年に、成長を示していた。

 Amazonは、2019年に、IaaSの分野において、200億ドルの売上を上げ、世界のIaaS市場で、リードを続けており、世界のIaaSの売上全体の、45%を占めていた。

 Amazonは、2019年に、クラウド・サービスの、IaaS分野の売上で、トップを維持している。

表1)2018年と2019年における、世界のIaaSの売上(単位:100万ドル)と市場シェア(%)

IaaS       2019年  2019年  2018年  2018年   年間
プロバイダ    売上   シェア  売上   シェア   増加率

Amazon     19,990.4  45.0%  15,495.0  47.9%   29.0%

Microsoft    7,949.6  17.9%   5,037.8  15.6%   57.8%

Alibaba     4,060.0   9.1%   2,499.3   7.7%   62.4%

Google      2,365.5   5.3%   1,313.8   4.1%   80.1%

Tencent     1,232.9   2.8%    611.8   1.9%   101.5%

その他      8,858.0  19.9%   7,425.0  22.9%   19.3%

合計      44,456.6  100.0  32,382.2  100.0   37.3%

 ソース:Gartner、2020年8月

 Microsoftは、2019年の、世界のIaaS市場において、IaaSの売上が、80億ドルになり、2位に残った。

 また、Microsoftは、2019年における、IaaSの売上で、2位を維持し、同社の売上、80億ドルの内、半分以上が、北米からの売上であった。

 MicrosoftのIaaSの売上は、2019年に、57.8%増加した。

 Microsoftは、他のMicrosoft製品やサービスと、Azureクラウド・サービスを共同で販売することで、2019年に、IaaSの売上が、前年から、57.8%増加した。

 中国の、支配的な、IaaSプロバイダである、Alibaba Cloudは、IaaSの売上において、2018年の25億ドルから、62.4%増加し、40億ドルを超えた。

 Alibaba Groupは、今後、数年間で、同社のクラウド基盤の事業を拡張し続けるだろう。

 Alibaba Groupは、自分たちのデジタル変革プロセスをサポートするために、顧客に、クラウド・ベースの知的なソリューションを提供することを、模索している。

中国ベースの、Tencentは、2019年に、IaaSの売上が、前年から、100%以上増加した。

 Tencentは、中国において、クラウド・サービスの売上が、Alibabaについで、2番目に、多いプロバイダである。

 GoogleのIaaSの売上は、2018年における、13億ドルから、約80%増加し、2019年に、24億ドルになった。

 Googleのクラウド・サービスは、強固な、コンピューティング基盤における、業界特有のソリューションを提供することに、焦点を合わせている。

 北米は、GoogleのIaaSの売上の、約半分近くを、占めてていた。

 Gartnerは、「サービスとしての基盤(IaaS)」と「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」分野を、単一の、補完的なプラットフォームの提供、「クラウド基盤&プラットフォーム・サービス(CIPS)」に結合する。

 世界のCIPSの売上は、2018年における、446億ドルから、増加し、合計で、63.4ドルに増加する。

 Amazon、Microsoft、および、Alibabaは、2019年の、CIPS市場における、トップ3である。

 TencentとOracleが、このCIPSの売上において、このCIPS市場の、それぞれ、2.8%を占めで、統計的タイの、5位であった。

 Gartnerの顧客は、「Market Share: Enterprise Public Cloud Services, Worldwide, 2019」レポートで、詳細な情報を取得できる。

デル株式会社

Gartnerによると、世界の「5Gネットワーク基盤」への支出が、2020年に、約倍増するという。'20.08.12

【Gartnerによると、世界の「5Gネットワーク基盤」への支出が、2020年に、約倍増するという。】'20.08.12

 Gartnerによると、世界の「5Gネットワーク基盤」への支出は、全無線ネットワーク基盤への支出の合計の、21.3%に達する見込みだという。2020年7月28日

 By Gartner

 また、Gartnerによると、世界の「5Gネットワーク基盤」の売上は、2020年に、前年同期から、約倍増し、81億ドルに達するという。

 無線ネットワーク基盤の売上の合計は、2020年に、前年同期から、4.4%減少し、381億ドルになった。

 世界の通信サービス・プロバイダ(CSP)の、「5Gネットワーク基盤」への支出は、2019年に、「無線ネットワーク基盤」の売上の合計の、10.4%を占めていた。

 また、CSPの、「5Gネットワーク基盤」への支出は、2020年には、「無線ネットワーク基盤」の売上の合計の、21.3%を占める見込みである。

 5Gプロジェクトを優先させる、CSPの数が増えているので、「無線ネットワーク基盤」への支出が、増大し続けている。

 Gartnerによると、他の無線ネットワーク基盤における、投資には、無線スペクトル帯域幅、基地局、コア・ネットワークとトランスポート・ネットワーク、および、LTE/4G基盤と保守業務への支出が含まれるという。

 初期の5G採用者は、通信サービス・プロバイダ(CSP)間の競争を促している。

 さらに、政府と規制当局は、モバイル・ネットワークの開発を促している。

 CSP間の競争の激化により、5Gの採用ペースが加速している。

 新しいO-RAN(オープン・ラジオ・アクセス・ネットワーク)とvRAN(仮想化RAN)エコシステムは、現在のベンダのロックインを混乱させ、将来的に、コスト効率の高い、俊敏な5G製品を提供することで、5Gの採用を促す、可能性がある。

 Gartnerは、中華圏(中国、台湾、香港)、成熟したアジア太平洋地域、北米、および、日本において、CSPは、2023年までに、全人口の95%に渡り、5Gに到達すると予測している。

表1)2019年から2020年までの、世界の無線ネットワーク基盤への支出の見積り

  (単位:100万ドル)

セグメント    2019年  2019年増加率   2020年  2020年増加率

5G        4,146.6    576.6%    8,127.3     96.0%

LTE&4G    20,693.2     1.2%    16,402.0    -20.8%

3G        4,146.6     -25.7%    2,608.4    -37.1%

2G          797.4     -46.9%      472.2    -40.8%

スモールシェル 5,342.7     11.6%    5,736.6      7.4%

モバイル・コア 4,744.7      3.2%     4,780.3     0.3%

合計       39,871.2      6.2%    38,126.7     -4.4%

ソース:Gartner、2020年7月

 5Gの投資増加率は、COVID-19の危機で、2020年には、やや低くなっているにも関わらず、すべての地域のCSPは、5Gネットワークと、プラットフォームとしての5Gを構築するために、新たな支出を、急速にもたらしている。

 短期的には、中華圏が、5G開発で世界をリードし、2020年の世界の投資の49.4%は、この地域に起因する見込みである。

 Gartnerは、2021年に、5Gへの投資が、穏やかに回復すると予想しており、2022年に、5Gへの支出は、LTE&4Gへの支出を超えと予想している。

 Gartnerの顧客は、「Forecast: Communications Service Provider Operational Technology, 2Q20 Update」と「Forecast Analysis: Communications Service Provider Operational Technology, Worldwide.」を参照して、詳細情報を得ることができる。

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2