eWEEK

2018年7月21日 (土)

音声対応デジタル・アシスタントが、家庭やオフィスに、セキュリティの脅威をもたらす、5つの方法 '18.07.21

【音声対応デジタル・アシスタントが、家庭やオフィスに、セキュリティの脅威をもたらす、5つの方法】 '18.07.21

Eweek1
 音声対応デジタル・アシスタント、AmazonのAlexa、GoogleのAssistant、MicrosoftのCortana、および、AppleのSiriは、さまざまなタイプの脆弱性を公開している。2018年7月2日

 By Robert Lemos、eWEEK

 音声対応デジタル・アシスタント、AmazonのAlexa、GoogleのAssistant、MicrosoftのCortana、および、AppleのSiriは、人間には認識できない、コマンドを発行したり、デジタル・アシスタントによって起動される、アクセシビリティの設定を活用したりすることなど、さまざまなタイプの脆弱性を公開している。

 音声対応デジタル・アシスタントには、盗聴の脅威がある。

 AmazonのAlexa、GoogleのAssistant、MicrosoftのCortana、および、AppleのSiriといった、音声対応デジタル・アシスタントは、使い易い、音声インタフェースを提供するが、常に、ユーザの声を聴いており、サイバー攻撃に対して脆弱性があり、サイバー攻撃者が、ユーザに関する情報を収集しやすくしているようだ。

 今月開催された、Black Hatカンファレンスでは、例えば、4人の研究者が、MicrosoftのCortanaを使用して、ロックされたWindows PCなどのデバイスの、セキュリティをバイパスする方法を紹介していた。

 このグループは、「Open Sesame」と呼ばれる、特定の脆弱性を悪用し、セキュリティをバイパスさせたようだ。

 PCのすべてを利用できるようにして、企業環境で、音声インタフェースを使用することは、決してスマートな方法ではない。

 この調査は、セキュリティ上の利便性を優先する、音声デジタル・アシスタントを標的した、最新のサイバー攻撃だけを対象にしている。

 音声対応デジタル・アシスタントは、デバイスとのやり取りの便利な、新しい方法として、PC、タブレット、スマートフォン、スマート・スピーカなどに組み込まれてきた。

 米国の大人の、6人に1人は、Amazon EchoやGoogle Homeといった、音声対応デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・スピーカを所有している。

 音声対応デジタル・アシスタントの、セキュリティの問題は、多くのセキュリティ制御をバイパスすることに加え、音声デジタル・アシスタントが、潜在的な音声コマンドを、常時、聴いている、センサーであり、プライバシーの問題の原因になっていることを示している。

 音声デジタル・アシスタントを標的にして攻撃する、5つの方法を紹介する。

1)オーディオに、コマンドを隠す。

 機械学習(ML)システムや人工知能(AI)システムに対する、阻害攻撃には、視覚システムの画像と、音声システムの音声クリップの入力を変更しようとする、クラスがあるため、マシンは、クラスを、まったく異なるものとして認識する。

 UCBerkeleyのCarliniは、1つのフレーズに転記する、オーディオ・クリップを、まったく異なるフレーズに転記する、99.9%の類似クリップに変更することで、このような技法を研究に使用した。

 この技法は、音楽の中に、コマンドを隠すことも、できるようにする。

2)機械は、人の声を聞くことができる。

 音声デジタル・アシスタントのセキュリティの脆弱性を利用し、秘密の方法を作成する方法は、オーディオの中にコマンドを隠す方法だけではない。

 2017年に発表された、サイバー攻撃では、Zhejiang大学の、6人の研究者が、人に聞こえない音を使って、AppleのSiriを呼び出して、命令したり、他の行動を取ったりできることを示した。

 DolphinAttackと呼ばれる、このサイバー攻撃は、音声デジタル・アシスタントが、悪意のある、Webサイトにアクセスしたり、ユーザを偵察したり、偽の情報を送信したり、DoS攻撃を行ったりするよう、指示するために、音声デジタル・アシスタントのセキュリティの脆弱性が使用されることを示している 。

3)音声デジタル・アシスタントは、常に、ユーザの声を聴いている。

 音声デジタル・アシスタントは、ユーザが、行動を取っていないときでも、ユーザの声を聞き続けている。

 スマートフォンと同様に、何時でも、ユーザの声を聴いている、家庭の音声デジタル・アシスタントは、スマートフォンと同様に、ユーザについて、多くのことを学習している。

 このため、音声デジタル・アシスタントのユーザは、サイバー攻撃者にとって、理想的なターゲットになる。

 悪意のある攻撃に加えて、音声デジタル・アシスタントを搭載したデバイスは、不注意で、プライバシーが、公開されてしまう、可能性がある。

4)システム・セキュリティを破る。

 PCやスマートフォンなど、多くの汎用デバイスにおける、コード・ベースの複数の部分が、ハッカーによって、悪用される可能性もある。

 研究者のBe'ery氏によると、この「攻撃対象領域」は、音声デジタル・アシスタントを組み込み、セキュリティよりも利便性を重視する場合、システムは、より脆弱になっているという。

 Be'ery氏は、イスラエル工科大学の2人の研究者や、セキュリティ会社、Impervaの前CTOと共に、Black Hatカンファレンスで、MicrosoftのCortana音声対応デジタル・アシスタントが、Windows搭載デバイスに追加した、脆弱性を紹介する。

5)デバイスからデバイスへのジャンプする。

 サイバー攻撃者は、ルータや、セキュリティで保護されていない、無線ネットワークを通して、家庭に侵入することがある。

 音声デジタル・アシスタントは、TVやカー・ラジオなどの、オーディオ・デバイスを使用して、攻撃を橋渡しするための、別のベクターを追加して、デバイスにコマンドを発行する。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年7月20日 (金)

Walmartが、次世代の小売のために、Microsoftのクラウドを活用する。 '18.07.20

【Walmartが、次世代の小売のために、Microsoftのクラウドを活用する。】 '18.07.20

 Walmartは、同社が利用している、何100種類もの業務アプリを、MicrosoftのAzureクラウド・サービスに移行し、運用を近代化させることを計画している。 2018年7月17日

Eweek5
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 Walmartは、小売店のデジタル化を推進し、電子商取引ビジネスを揺るがすことを目指し、Microsoftの、クラウドITやアプリのエコシステムに必要なものを見つけたようだ。

 Walmartは、2018年7月18日に、Microsoftの「クラウド」、「人工知能(AI)」、および、「モノのインターネット(IoT)」を含む、Microsoftとの、5年間の戦略的なパートナーシップを発表した。

 「MicrosoftとWalmartのパートナーシップの発表に関するニュース」の紹介ビデオ

 この目的は、Walmartが、買い物客が、商品の支払いを、より迅速に完了できるようにすると共に、Microsoftのコラボレーション・ソリューションを使用して、店舗のコミュニケーションやコラボレーションを円滑にするのに役立せ、Amazonに対抗することである。

 Walmartは、顧客が、買い物をするための、極めて便利で、安全な方法を提供することに取り組んでいる。

 他の大手IT企業と同様、Microsoftは、ワークフローを自動化し、ビジネス・プロセスに知的な意思決定機能を追加することで効率を向上させる、AI技術に、多額の投資を行っている。

 Microsoftは、2018年6月20日に、カリフォルニア州のBerkeleyを拠点とする、自律システム用のAI技術を開発する、スタートアップ、Bonsaiを買収したと発表した。

 Microsoftは、企業が、データをクラウドや、オンプレミスのデータセンターへ転送することなく、エッジ・デバイスで、AIや、データ分析ワークロードを実行できるようにするサービス、「Azure IoT Edge」の一般提供を発表した。

 Walmartは、MicrosoftのAzureクラウド・サービスが提供する、グローバルなIoTプラットフォームを使用して、トラックでの商品の運搬、倉庫の管理、在庫管理、商品のピックアップ作業、商品を梱包し、配達する作業、あるいは、冷蔵ユニットやHVAC(暖房、換気、および空調)システムのエネルギなどの、効率を改善する。

 Walmartは、事務作業の効率化に、Microsoft Azureクラウド・サービス、Microsoft 365(Windows 10 Enterprise、Office 365、および、EMS(Enterprise Mobility + Security)の、3つのサービスをパッケージにした商品)を活用し、生産性やセキュリティを向上させ、Microsoft Workplace Analytic、OneDriveなどの、コラボレーション・ツールや生産性アプリの提供が、促進されることが予想される。

 このように、Walmartは、Microsoftとパートナーを組み、Microsoft Azureクラウド・サービスや、Microsoft 365サービス・パッケージ、コラボレーション・ツールなどを活用し、Amazonに対抗するための、ソリューションを構築し、展開していく。

 Walmartは、同社の電子商取引業務の「重要な部分である」、Walmart.comとSamsclub.comを、Microsoft Azureクラウド基盤で提供される、電子商取引ソリューションに移行する予定である。

 Walmartの電子商取引分野における、取り組みには、急速に成長している、インドの電子商取引ソリューションのプロバイダである、Flipkartの、160億ドルでの買収もある。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年7月19日 (木)

AWSは、人工知能(AI)、コンピュート・サービスを、同社のクラウド・コンピューティング・サービスのラインアップに追加する。 '18.07.19

【AWSは、人工知能(AI)、コンピュート・サービスを、同社のクラウド・コンピューティング・サービスのラインアップに追加する。】 '18.07.19

 ニューヨークで開催された、AWS Summit 2018で、Amazon Web Services(AWS)は、同社のクラウド・コンピューティング・サービスに、新たな人工知能(AI)、機械学習(ML)、および、コンピュート・サービスを追加すると発表した。 2018年7月17日

Eweek3
 By Scot Petersen、eWEEK

 Amazonは、今週のAWS NYC Summit 2018の開催場所である、Javitsコンベンション・センターの内外にいる、抗議者、欧州のストライキ中のワーカ、および、Amszon Prime Dayのセール・イベント中のサイトの混乱に対応している。

 AWSの役員は、AWS NYC Summit 2018において、AWSクラウド・コンピューティング・サービスの、AI、機械学習サービス、コンピュート・サービスといった、新たな能力を発表した。

 AIや機械学習サービスの需要が増え、AWSは、ユーザが、クラウドに、モデルを構築し、展開できるようにする、SageMakerサービスを改善した。

 「AWS NYC Summit 2018での、Amazon SageMakerサービスの紹介」ビデオ

 AWSは、「SageMaker Streaming Algorithms」と、「SageMaker Batch Transform」の、2つのサービスを高速化するのを支援するための、2つのアップデートを発表した。

 「SageMaker Streaming Algorithms」サービスは、ユーザが、S3ストレージ・サービスから、SageMakerへ、大量のトレーニング・データを流せるようにする。

・Tensor Flowベースのモデルでは、開発者が、カスタム機械学習アプリを、より迅速に構築し、訓練するのに役立つ、ストリーミング・サポートが、すぐに利用できるようになる。

・Batch Transformサービスは、ユーザが、大規模なファイルや、ファイル・セットを、テストや訓練のために、SageMakerにダンプできるようにする。

・AWSのAIサービス、「Amazon Translate(翻訳)」と「Amazon Transcribe(音声認識)」も、改善された。

 例えば、今回、AWSは、「Amazon Translate(翻訳)」サービスで、日本語、ロシア語、イタリア語、中国語、トルコ語、および、チェコ語をサポートする。

 また、近い将来、AWSは、「Amazon Translate(翻訳)」サービスで、ドイツ語、スウェーデン語、ポーランド語、デンマーク語、ヘブライ語、および、フィンランド語もサポートする予定である。

 「Amazon Transcribe(音声認識)」サービスは、開発者が、「Speech to Text」機能を、アプリに追加できるようにする、「自動音声認識 (ASR)」サービスを提供する。

 「Amazon Transcribe(音声認識)」サービスは、今回、複数チャネルのオーディオ・ストリームを、音声認識し、テキストを生成できるようにする、「Channel Synthesis」機能をサポートする。

・コンピュート・サービスでは、AWSは、メモリ最適化R5とターボ・チャージZ1の、2つの新しいインスタンス・タイプを発表した。

 メモリ最適化R5は、高性能コンピューティング、並列処理、および、インメモリ・データベース・アプリ向けに、Skylake Xeonプロセッサ上に構築された、第5世代のインスタンスである。

 メモリ最適化R5サービスは、開発者が、最大3.6TBのNVMeベースのフラッシュ・ストレージも利用できるようにする。

・Z1インスタンス・タイプには、計算処理集約的なワークロードで、最大4.0GHzの処理速度で動作する、カスタムXeonスケーラブル・プロセッサが組み込まれている。

・AWS Snowball Edgeのアップデートの一環として、AWSは、データ転送デバイスとして始まり、エッジ・コンピューティング・プラットフォームに進化した、強化されたデバイスの、新しい第3の「SBE1」インスタンス・タイプを発表した。

 AWSは、1.8GHzで、Xeon Dプロセッサを実行する、新しい第3の「SBE1」インスタンス・タイプに基づいて、完全なElastic Compute 2インスタンスを実行する、能力を持つよう、インスタンスを更新した。

 AWSのクラウド・サービスの利用状況は、2016年の2億7500万件/月のリクエスト件数から、2017年には、7億8000万件/月に増加し、データの保存量は、2016年の1.5TBから、2017年には、20TBに増加した。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年7月18日 (水)

GEのPredixプラットフォームと、Microsoftのクラウド・ベースに、産業IoTソリューションで協調する。 '18.07.18

【GEのPredixプラットフォームと、Microsoftのクラウド・ベースに、産業IoTソリューションで協調する。】 '18.07.18

 GEとMicrosoftは、GEのPredixプラットフォームとMicrosoftのクラウドをベースにした、産業IoTソリューションで協調する。2018年7月16日

Eweek4
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 MicrosoftとGEは、企業に、クラウド・ベースの産業モノのインターネット(産業IoT)製品とサービスを提供するために、チームを組んでいる。

 GEとMicrosoftは、2018年6月16日に、GEのPredixクラウド・ベースの産業インターネット・プラットフォームの周囲に、産業IoTソリューションを、既存のパートナシップ上に構築すると発表した。

 GEとMicrosoftは、MicrosoftのAzureクラウド・コンピューティングを使用して、両社の、産業IoTソリューションでの提携関係を深めている。

 GEのPredixプラットフォームは、企業や開発者向けの、IoTアプリ、分析、および、製品やサービスのエコシステムである。

 「GEのPredixプラットフォーム・アーキテクチャの紹介」ビデオ

 2017年10月に、GEのPredixプラットフォームを、iOSデバイスにもたらすことで、Appleと、契約を交わしている。

 GEは、Microsoftと契約を交わし、産業IoTソリューションの展開に、焦点を合わせて、協調していく。

 家庭から、企業向けの産業IoTビジネスを展開している、GE Digitalは、Microsoft Azureクラウド・サービス上に、GEのPredixプラットフォームを標準化したと発表した。

 これにより、GEは、自分たちのPredixクラウド・ベースの産業インターネット・プラットフォームを拡張し、サイバー・セキュリティのリスクを回避するのを支援できるようにする。

 現在、Microsoftは、世界中の、42カ所のAzureクラウド・サービス地域を運営しており、さらに、多くのクラウド用のデータセンターを追加し、合計で、世界の54ヶ所のAzureクラウド・サービス地域を運営することを計画する。

 GEは、PredixプラットフォームとMicrosoft Azure Analytics、Azure IoT、および、Microsoftからの、他のクラウド・サービス間で、より密な統合に取り組んでいる。

 さらに、MicrosoftとGEは、産業IoTソリューションでの提携関係を深め、Predixプラットフォーム・ベースのIoTソリューションを販売する。

 MicrosoftとGEは、ビジネス・アプリや、ハイブリッド・クラウド・システムへ、Predixデータを提供する、方法を探索する。

 ありがちな候補には、Microsoft Power BI、クラウド・ベースのビジネス・インテリジェンス、データ分析プラットフォーム、および、PowerApps、コードなしアプリ・ビルダーが含まれる。

 ハイブリッド実装の観点で、MicrosoftとGEは、Microsoftと、特定のハードウェア・パートナーから、Azure Stack、ハイブリッド・クラウド・サーバ、および、ソフトウェア・バンドルと、統合を調査している。

 GEのBill Ruh氏によると、このシフトは、GEとMicrosoft間を、より深い関係にするための、顧客からの望みを反映している。

 この拡張された、パートナーシップを通して、MicrosoftやGEは、世界中の顧客が、Predix資産性能管理(APM)含む、Predixプラットフォームのポートオリオの力を利用できるようにする。

 Predix資産性能管理(APM)は、企業が、IoT対応デバイスの信頼性と有用性を改善するのを支援するよう、設計されている、ソフトウェアとサービスの性能の最適化のセットである。

 Predix資産性能管理(APM)で、企業は、オペレーショナルなリスク、保守コスト、産業IoT展開の、全体的な所有コストを、さらに低減できるようになった。

 このパートナーシップは、IoT開発者に対する、利便性が、期待されていた。

 Microsoftのコーダー・フレンドリな、エンタープライズ・クラウドの組み合わせと、Predixアプリ開発プラットフォームの組み合わせを使用して、GEとMicrosoftは、クラウド内と、エッジの両方で、産業IoTアプリを、構築、展開、実行する、プロセスを加速させることを望んでいる。

 クラウド・セキュリティとコンプライアンスにおける、Microsoftの投資は、Predixプラットフォームのセキュリティ層をエンハンスにより、GEに有用になることが期待されている。

 Microsoftの投資は、厳格な規制の要件で、顧客が、IoTソリューションを展開できるようにする。

 内部的に、GEは、独自のPredixベースの展開用に、Azureクラウド・サービスを使用するようになるという。

 GEは、Microsoftのクラウド・ベースのITワークロードと、ビジネスに渡る、生産性ソリューションの使用を拡張することを計画している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年7月17日 (火)

ビジネスの需要が、2012年以来、最もPC市場を促す。 '18.07.17

【ビジネスの需要が、2012年以来、最もPC市場を促す。】 '18.07.17

 IDCとGartnerによると、世界のトップ5のPCベンダは、2018年2Qに、Windows 10へのアプグレードが進み、PCの出荷台数を増加させたという。2018年7月13日

Eweek3
 By Jeffrey Burt、eWEEK

 IDCとGartnerによると、世界のトップ5のPCベンダは、PCシステムの出荷台数が、Windows 10へのアップグレードにより、商用のPCの出荷が促され、増加したという。

 IDCとGartnerによると、世界のPC市場は、この6年以上、あまり好調ではなかった。

 世界の企業は、2018年2Qに、PCを、Windows 10へ、アップグレードを続けており、これにより、2012年1Q以来、PCの出荷台数の増加を促していた。

 IDCによると、富士通と、合弁会社を設立した、Lenovoを含む、世界の5社のトップPCベンダは、PC市場を支配しており、世界全体のPC市場の出荷台数の、78%を占めているという。

 IDCのアナリストによると、デスクトップPC、ノートPC、および、ワークステーションを含む、従来のPCの出荷台数が、2018年2Qに、前年同期から、2.7%増加し、6230万台になったという。

 Gartnerのアナリストは、この6年間、従来のPCの出荷台数が、増加してきたが、2018年1Qには、6210万台のPCが、販売されたという。

 スマートフォンを使用しているユーザ数が、2012年に、PCを使用するユーザ数よりも増え、PCの出荷台数が、徐々にに、減少していた。

 2007年に、AppleのiPhoneスマートフォンが、初めて出荷されて以来、スマートフォンの出荷台数が、増加してきた。

 iPhoneスマートフォンは、Appleが、iPadタブレットを出荷する、2年前に、提供が開始されていた。

 より多くの機能が、AppleのiPhoneスマートフォンに追加され、スマートフォンのユーザは、PCの代わりに、スマートフォンで、Webブラウザを利用できるようになった。

 消費者と企業のユーザは、PCを、より長く使用するようになり、買い換え周期が長くなり、出荷台数の増加が、緩やかになる要因にもなってきた。

 Gartnerによると、この傾向は、Windows 7から、Windows 10に移行した時に、企業は、新たなPCを採用することを継続しながら、消費者向けの販売が減少した。

 2018年2Qにおいて、PCの出荷台数の増加は、ビジネス市場における、需要により、促された。

 消費者分野において、PCユーザの行動における、変化のため、基本的な市場構成は、市場の成長に、影響を与え続けてきた。

 消費者は、ソーシアル・メディアのチェック、予定表の利用、バンキング、ショッピングといった、より日常的な作業を、スマートフォンを使用して、行うようになった。

 このため、消費者は、PCを使用する必要が、減少してきている。

 しかし、企業が、PCの利用を続けながら、Windows 10への移行が、ピークになった後、企業における、PCの出荷台数が、減少してきた。

 PCベンダは、Windows 10へのアップグレードが、ピークを越えて、次第に、少なくなると、ビジネス市場における、PCの出荷台数の増加を維持するための、方法を探すべきである。

 世界市場の安定した、減少にも関わらず、トップのPCベンダや、コンポーネントのベンダのオフィシャルは、PCの出荷台数の増加が、緩やかになると思っている。

 スマートフォンとタブレットは、継続して、能力を得ながら、コンピューティング・パワーを必要とする、ビジネス・アプリを実行したり、コンテンツを作成したり、する場合に、ユーザは、継続して、PCに切り換えるだろう。

 チップ・ベンダや、PCメーカは、これまでの数年間に、仮想現実と拡張現実、データ分析と人工知能、および、従来のPCやタブレットの両方が、販売を促すのを支援し、コンバーチブルや、2-in-1タブレットといった、新たなフォームファクタとして、新たに出現した、ワークロードを処理するために、システムやコンポーネントを提供した。

 OEMは、この結果を見てきた。

 HPは、2018年2Qに、PCの出荷台数が、前年同期から、7%増加し、売上を14%増加させ、88億ドルになった。

 2018年4Qに、Lenovoは、同社のPCとスマート・デバイス事業部の売上が、16%増加を記録した。

 2018年4Qに、Dellは、同社のPC事業が、継続して好調であった。

 IDCとGartnerの両社のアナリストは、PCメーカのトップ5社、HP、Lenovo、Dell、Apple、および、Acerは、2018年2Qに、PCの出荷台数が、増加したという。

 PCの出荷台数における、トップ5ベンダ以外の、PCベンダのPCの出荷台数の占める割合は、7.3%から減少した。

 Lenovoのオフィシャルは、2017年9月に、同社が、富士通のPC事業部との間で設立した、富士通クライアント・コンピューティングと呼ばれる、合弁会社の株の51%を、Lenovoが、5%を日本政策投資銀行が買収したと発表した。

 これにより、LenovoのPCの出荷台数は、2018年2Qに、富士通のPCの出荷台数と合計して、1360万台になり、HPのPCの出荷台数は、1359万で、統計的にタイ(出荷台数のシェアは、21.9%)の、トップPCベンダになった。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年7月11日 (水)

Microsoftは、Surface Go 10インチの、2-in-1タブレットを紹介した。 '17.07.11

【Microsoftは、Surface Go 10インチの、2-in-1タブレットを紹介した。】 '17.07.11

 新学期が始まる前の、買い物シーズンに、Microsoftは、10インチの、タッチ・スクリーン画面を持つ、2-in-1タブレット、Surface Goを、399ドルで販売開始する。 2018年7月10日

Eweek3
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 Microsoftは、2018年7月9日に、Suface Proラップトップの、よりポータブルな版であり、より低価格の、Windows 10搭載、2-in-1タブレット、Surface Goで、Suface製品ラインを拡張した。

 Surface Goは、より小さな、10インチのタッチ・スクリーン画面を持つ、2-in-1タブレットであり、より大きな、Surface Proは、12.3インチのタッチ・スクリーン画面を持つ、ラップトップである。

 「Surface Go、2-in-1タブレットの紹介」ビデオ

 Microsoftの製品担当役員、Panos Panay氏によると、Surfaceは、学校の教室で使用するのに適したサイズのラップトップであるという。

 Surfaceのスクリーン画面は、殆どの学校の教科書の大きさであり、画面のページに、指やスタイラス・ペンで、文字や図形を描けるように設計されている。

 Surfaceのスクリーン画面は、横向きの、ランドスケープ・モードで利用でき、ソフトカバーの書籍のように、ページを開いて、並べて表示し、文字や図形を描くことができる。

 「OneNoteで、ノートを取る。」紹介ビデオ

 Surface Go、2-in-1タブレットのタッチ・スクリーン画面は、1800 x 1200ピクセルの解像度を持っている。

 Microsoftによると他のSerfaceデバイスのように、Surface Go、2-in-1タブレットのタッチ・スクリーン画面は、書籍や文書を読んだり、書いたりしながら、より直感的なユーザ経験を提供する、2対3のアスペクト比を特徴にしているという。

 Microsoftによると、Surface Go、2-in-1タブレットは、学校の生徒をターゲットにしているという。

・2017年5月に、ニューヨークで開催された、教育をテーマにしたイベント中に、Microsoftは、Surface Proラップトップを紹介していた。

 13.5インチのタッチ・スクリーン画面を持つ、Surface Proラップトップの、最も差別化できる特徴は、キーボードを取り外しできることであった。

 Surface Proラップトップのキーボードは、高級車の内装に使用されている、イタリアのスウェードのような合成繊維、Alcantaraで、覆われている。

 Surface Proラップトップには、Intel Pentium Goldプロセッサ、4415Yが搭載され、4GBか8GBのRAM、eMMCの64GB、または、128GBか256GBの容量を持つ、半導体ドライバーを含む、ストレージ・オプションが装備されている。

 ネットワーク接続の観点では、このSurface Proラップトップは、Wi-Fi無線ネットワーク接続(802.11 a/b/g/n/a)と、LTEセルラー通信ネットワークをサポートしている。

・縦6.9インチ、横9.6インチ、および、薄さ1/3インチのサイズの、Surface Go、2-in-1タブレットは、ポータビリティの観点で、10.5インチのiPad Proに、良く似ている。

 Microsoftによると、Surface Go、2-in-1タブレットは、重さが、1.15ポンドで、1回の充電で、9時間使用できるという。

 ユーザは、Microsoftの独自の、Surface Connect技術の他に、USB-Cポートを使用して、データを転送したり、充電したり、できるようになる。

 Type Coverと呼ばれる、Microsoftのキーボード・カバー・コンボは、Surface Go、2-in-1タブレット用に、仕上げられている。

 Microsoftは、Surfaceモバイル・マウスや、Surfaceペン・スタイラスを含む、他のアクセサリも提供する。

 Microsoftは、新学期が始まる前の買い物シーズンに、Surface Go、2-in-1タブレットの、販売を開始するが、企業のユーザにも、魅力的な製品になることを期待している。

 ユーザは、Surface Go、2-in-1タブレットで、Microsoft Officeアプリを使用することもできる。

 Surface Go、2-in-1タブレットは、柔軟性があり、ユーザは、Windows用のアプリや、クラウド・サービス、Webサービスなどを、いつでも、どこにいても利用できるようになり、Netflix や、Huluのストリーミング・ビデオを視聴したり、対話型のグラフィカルなゲームを楽しんだりできるようになる。

 Surface Proラップトップは、現在、799ドルで販売されている。

 Microsoftは、Surface Go、2-in-1タブレットの、予約注文を開始しており、2018年8月2日に、米国、カナダ、オーストラリア、英国、および、ヨーロッパの一部で、399ドルで、販売を開始する。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年7月 8日 (日)

Microsoft Azure IoT Centralアップデートは、よりデバイスに視覚性を提供する。 '18.07.08

【Microsoft Azure IoT Centralアップデートは、よりデバイスに視覚性を提供する。】 '18.07.08

 SaaSベースのIoT展開や管理プラットフォームは、ユーザが、より多くのデバイス情報を参照したり、「モノ」を登録したりできるようにする。2018年6月6日

Eweek3
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 MicrosoftのAzure IoT Centralは、企業のIoT展開への、よりよい視覚性を提供する、新たなトリックを学習した。

 完全に管理された「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」ツールキットは、企業が、Azureクラウド・サービスを構成したり、プログラムのコードを書いたりすることなく、IoTデバイスを接続したり、管理したりできるようにする。

 最新のアップデートにおいて、Microsoftは、コネクティッド・デバイスや、他のコンポーネントにおける、付加的なオペレーショナルな洞察を提供するために、設定、プロパティ、および、測定データを超えて、構成可能なデバイスの状態の測定を含む、機能を追加する。

 Microsoftは、ブログにおいて、Azure IoT Central Program Manager Cameron Greeneを発表した。

 「Azure IoT Centralの紹介」ビデオ

 新たなことは、ユーザが、重要な事象が発生したときに、警告を通知する、ルールを設定できるようにする、事象監視テンプレートである。

 地理的に分散された、IoTデバイス群を持つ、企業に対し、Azure IoT Centralは、与えられた領域に、自分たちの装置の位置を示すために使用できる、Azure Maps統合を特徴にしている。

 Azure Mapsは、デバイスの状態を示す情報や、このサービスにより、追跡される、他の測定と共に、デバイスのダッシュボードに表示される。

 企業は、業務アプリ(ERP)により、生成される、CSVファイルを使用している、これらのデバイスを登録できる、多くのIoTデバイスを、展開することを考慮している。

 ユーザは、他のアプリにおいて、使用するために、CSVファイルへ、デバイス情報を抽出できる。

 Azure IoT Centralテスト・ドライブを利用したい、非Azureユーザは、Azureアカウントがなくても、メールのアドレスを提供するだけで、このクラウド・サービスを使用することができるようになる。

 ユーザは、契約料を支払ったり、顧客サポートを契約することなく、アップグレードを含む、自分たちのトライアルを管理できるようにもなる。

 Microsoftは、企業や産業IoTソリューションの市場が拡大する中で、積極的に、市場の機会を追求してきた。

 2018年6月に、IDCは、個別製造と運輸業界が、2022年までに、IoTへの支出が、1500億ドル以上になると予測していた。

 KPMGの最近の調査によると、人工知能(AI)とロボット工学の前に、IoTが、ビジネス変革に対する、最大の成功要因になったという。

 Microsoftは、Azure IoT Edgeのような、クラウド・サービス製品で、この需要に応えている。

 2018年6月27日以来、一般的に利用できるようになる、このクラウド・サービスは、企業が、IoTデバイスや、エッジ・システムにおいて、AI、分析、および、他の知的なサービスを展開できるようにする。

 ユーザが、構成作業を自動化できるようにし、IoTデバイスを、よりきめ細かに制御できるようにする、新たなAzure IoT Hub device管理機能を、よりスマートにすることにより、Azure IoT Edgeに追加された。

 Microsoftのライバルたちは、IoTやAI技術を活用した、新たな波を作っている。

・2018年4月に、IBMとIFTTTは、開発者が、AI対応能力を、IoTシステムにもたらすことを支援するために提携した。

 IBMのWatson AssistantとIFTTTの自動化プラットフォームを使用して、両社は、家族の行動パターンを分析できる、スマート・ホーム・システムの様な、洗練された、適用事例を想定しており、潜在的な安全のリスクを警告している。

・AmazonのAWSは、2018年6月に、機械学習カメラ、AWS DeepLensの出荷を開始し、開発者が、AIやIoTを利用して、適用事例を構築できるようにした。

 re:Invent 2017において、AWSは、249ドルの、機械学習カメラ、AWS DeepLensが、コンピュータ・ビジョンや機械学習モデルを、ローカルに実行できるよう、十分なコンピューティング・パワーやRAMを搭載していると、紹介していた。

Eweek3b
 「AWS DeepLensカメラの紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年7月 1日 (日)

Samsungは、2018年8月9日に、最新のNote 9プレミアム・スマートフォンを発表した。 '18.07.01

【Samsungは、2018年8月9日に、最新のNote 9プレミアム・スマートフォンを発表した。】 '18.07.01

 Samsungは、スタイラス・ペンのアップグレードを含む、最新のプレミアム・スマートフォンを発表すると、eWEEKに語った。2018年6月28日

Eweek1
 Samsungは、最新、Galaxy Note 9プレミアム・ビジネス・ファーブレットを、2018年8月9日に、ニューヨークで開催される、同社のSamsung Galaxy Unpacked 2018のイベントにおいて発表する。

 By Todd R. Weiss、eWEEK

 Samsungは、いくつかの同社のWebサイトにおいて、ストリーミング・ビデオで、Galaxy Note 9ファーブレットを紹介する。

 このイベントで、Samsungは、実際に、Note 9ファーブレットとして、同社の最新モデルを紹介する。

 このイベントの招待状の画像には、最新のNoteモデルの特徴を曖昧に示す、Noteのアイコンが付いた、内臓スタイラスの一部の写真が示されている。

 Samsungは、2018年8月9日に開催される、Samsung Galaxy Unpackedイベントで、プレミアムGalaxyファミリの、新たなメンバーとして、Note 9ファーブレットを発表する。

 このイベントのライブのストリーミング・ビデオは、SamsungのWebサイトで提供する。

 近い将来出荷される、Note 9ファーブレットに関して、Samsungは、性能、機能、アップグレード以外、正式に、詳細を示していない。

 噂では、このNote 9ファーブレットに、指紋センサーを、ディスプレイ画面のガラスの下に、埋め込むといった、改善がなされ、カスタム・アドオンを持つ、Samsungソフトウェア「オーバーレイ」機能が提供されるという。

 他の噂には、長いバッテリーの寿命、アップグレードされた、S-Penスタイラス・ペン、より優れた機能を持つカメラ、正確さを向上させた、Bixby AIアシスタント・ソフトウェアといった改善がある。

 Noteシリーズは、Samsungのスマートフォンの中で、人気があり、良く売れている。

 2016年に、バッテリーからの出火が原因で、リコールされた、Note 7スマートフォンの後に、2017年に発売された、Note 8スマートフォンの販売台数が好調で、Noteシリーズの売上が回復した。

 930ドルで発売された、現在のNote 8スマートフォンには、次の特徴がある。

・2,960 x 1,440ピクセルの解像度を持つ、6.3インチのHD AMOLEDディスプレイ

・64ビットのオクタコアQualcomm Snapdragon 835プロセッサ

・6GBのメモリ

 「Samsung Galaxy Note8スマートフォンの公式な紹介」ビデオ

 「Samsung Galaxy Note 9の推測仕様の紹介」ビデオ

 何人かのITアナリストは、eWEEKに、Noteシリーズの成功が、次のモデルも続くと語った。

 Samsungは、Note 7のバッテリーからの出火による、リコール以来、より良いバッテリーのテストと製造プロセスで、信頼性を向上させた。

 Note 9は、既存のスマートフォンを買い換えるよう、ユーザを説得する、革新的な機能を提供する。

 Appleユーザが、Samsungのスマートフォンに買い換えることないだろうが、この数ヶ月、スマートフォン市場において、Appleユーザは、同社のスマートフォンの品質制御、バッテリーやキーボードの問題への対応に、不満を感じている。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月29日 (金)

MicrosoftのエンタープライズIoTは、知的なエッジに移行する。 '18.06.29

【MicrosoftのエンタープライズIoTは、知的なエッジに移行する。】 '18.06.29

 顧客は、Microsoftの新たな、「Azure IoT Edge」サービスを使用して、エッジにおいて、AI、分析、および、他の知的なサービスを展開できるようになる。 2018年6月28日

Eweek1
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 Microsoftの、企業向けの、モノのインターネット(IoT)製品戦略は、大きな転換期を迎えている。

 Microsoftが、2018年6月27日に発表した、一般に利用できる、「Azure IoT Edge」サービスは、知的なエッジを可能にする、IoTデバイスの展開に要求された、保証をサポートする。

 クラウド・ベースのサービスは、企業が、エッジIoTデバイスやシステムにおいて、AIとデータ分析ワークロードを展開し、セキュアにし、実行するために、使用できるようにする。

 知的なエッジは、IoTデータが処理され、どこで生成されたかを分析する、コンピューティング・モデルを表しており、それらの機能を処理するために、使用されている、オンプレミス、あるいは、データセンターに、転送され、戻される。

 これは、低遅延や、高度に採用可能な、IoTシステムを構築している、安全な方法を模索している、企業に、アピールしている。

 これは、ほぼリアルタイムに、状態が変化することに、応答できる、工場にある、産業機器、あるいは、故障する前に、警告する、予測的な保守システムに似ている。

 IoTやセンサー・データのストレージや、大量の処理のために、クラウド・プロバイダに支払う代わりに、企業は、さらに分析を望む、データのサブセットのみを、アップロードするために選択できる。

 このサービスを試してみることができるので、企業は、β段階のため、Azure IoT Edgeを使用するのを差し控えるようになる。

 このサービスが、さまざまな展開オプションと使用事例に対応できるようにする、新たなアップデートを完了した。

 これらのサービスには、Modyコンテナ管理システムのサポートが含まれる。

 Microsoftによると、Modyは、クラウドから、エッジにある、IoTデバイスまで、コンテナ化し、隔離し、管理する概念を拡張できるようにする、オープンソースのプラットフォーム、Dockerであるという。

 Microsoftは、企業のIoTエコシステムと互換性のある製品用の、同社のAzure Certified for IoTプログラムを拡張していると発表した。

 デバイスに焦点を合わせ、このプログラムは、エッジで、セキュリティやデバイス管理能力を提供する、ハードウェアやソフトウェアのソリューションを歓迎している。

 開発者に対し、このサービスは、C#、C、Node.js、Python、および、Javaといったプログラミング言語をサポートしている。

 このサービスは、プログラマーに、自分たちが、最も気に入っている、プログラミング言語を使用して、エッジ・ソフトウェア・モジュールを構築するための、能力を提供する。

 このサービスにおいて、サポートされているのは、Visual Studio Team Servicesの、CI/CDパイプラインである。

 このサービスは、開発者が、アプリのライフサイクル全体を通して、自分たちのエッジ・ソリューションをガイドするのを支援する。

 2018年のBuild開発者コンファレンス中に、Microsoftにより、約束されたように、同社は、Azure IoT Edgeランタイムを、オープンソースにした。

 この動向は、より優れた柔軟性と、知的なエッジ・アプリを制御できるようにする能力を、開発者に提供できることである。

 Azure IoT Edgeは、Visual Studio Code用に、開発者が、無償で利用できる、Microsoftの、エッジ・モジュールをテストし、デバッグし、展開できるようにする、新たなツールを提供する。

 一般に利用できるようになる、Azure IoT Edgeへの参加は、MicrosoftのIoTデバイス管理サービス、Azure IoT Hubへの、新たな追加である。

 新しい自動デバイス管理、モジュールの特定、モジュールの複製といった機能は、Microsoftにより、正式にサポートされており、ユーザが、多くの構成作業を自動化できるようにする。

 Microsoftによると、これらの機能は、開発者が、IoTデバイスを、よりきめ細かく制御できるようにする。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月28日 (木)

Microsoftは、混合現実を、学校や公共の図書館にもたらしている。 '18.06.28

【Microsoftは、混合現実を、学校や公共の図書館にもたらしている。】 '18.06.28

 Microsoftは、ヘッドセットとPCを提供する、新たなMicrosoftのプログラムで、学校や公共の図書館に、混合現実をもたらすことを模索している。 2018年6月26日

Eweek1
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 2018年6月24日から27日に開催された、International Society for Technology in Education(STE)コンファレンスで、Microsoftは、公共や学校の図書館に、混合現実をもたらす事例を紹介した。

 拡張現実と仮想現実において、MicrosoftのWindowsベースで利用する、混合現実は、既に、企業に浸透している。

 新たな無制限の図書館のグラント・プログラムを通して、Microsoftは、学習環境を提供し、没入的な環境に、生徒を置くことを目指している。

 Microsoftは、米国の中学や高校(6学年から12学年)の図書館や、公共の図書館に、学習環境を提供する。

 応募者である、学校や図書館は、Microsoftから、技術的なトレーニングを受けたスタッフと共に、2台の混合現実ヘッドセットと、2台のコンピュータを受け取る。

 2018年6月25日の発表によると、承認された応募者は、メールのサポートを受けたり、新たなコンテンツを更新したり、他の助成金を利用したり、できるようになるという。

 Microsoftは、2018年6月9日まで、応募者の申し込みを受け付けた。

 Microsoftの学習環境の導入を望んでいる、応募者は、STEM(理科、技術、工学、数学)を促すことに、焦点を当てており、恵まれない子供たちを援助する、学校は、優先されて承認されている。

 Microsoftは、学校の教師や管理者が、ビジネス向けの生産性ツール、Office 365を、今日の学校で、どのように活用できるかを、理解できるようにするために、このイベントを使用した。

 1つの例は、Microsoftが、2017年5月に、学校向けに提供する、チャット・ベースのコラボレーション・アプリ、Microsoft Teamである。

 「Microsoft Teams」の紹介ビデオ

 このMicrosoft Teamは、教師に、割り当ての管理と格付けの、新たな方法を提供する。

 Office 365教育プランにおいて、利用できる、最近の更新において、Microsoft Teamは、学習到達度の格付けをサポートする。

 Microsoftの教育チームの担当者によると、学習到達度の格付けと、スキル・ベースの格付けを使用することで、生徒への、フィードバックの提供を、より容易にするという。

 生徒は、割り当ての作業を開始する前に、先験的に評価されたかどうかを、知ることができるようになる。

 教師は、一度に、複数の割り当てを、容易に適用される、格付けツールを使用することで、多くの時間を節約できるようになる。

 Microsoftによると、Wordや、他のOfficeアプリにおける、AI補助ソフトウェア・ヘルパーである、Microsoftの「Learning Tools」は、既に、1300万人以上のユーザにより使用されているという。

 MicrosoftのLearning Toolsは、ユーザが、名詞、動詞、および、その他の品詞を表す、Immersive Readerシンボルを表示するよう、構成できるようにする。

 このシンボル表示は、色分けされたテキストを表示を見ることが、難しい、色弱者にとって便利である。

 教師のフィードバックに応え、Microsoftは、Immersive Readerが、10種類以上の言語における、ハイライトである、スピーチの一部として、副詞を追加した。

 他の新たな追加には、OneNote Onlineにおける、新たな「数学アシスタント」の機能が、含まれている。

 デジタルな数学の教師としての役割を演じる、スタイラス・ペンに対応した、「数学アシスタント」機能は、生徒が、ステップ・バイ・ステップの手順を使用して、正確な答えに導くのを支援する。

 教師は、数学の練習問題、クイズ、アンケートなどを、作成したり、配布したりするために、「Microsoft Form」を使用することができる。

 「Microsoft Formsのチュートリアル」の紹介ビデオ

 生徒が、地球について学習するのを支援するために、Microsofは、BBC EarthとOCEANXからのフィルム、「Oceans: Our Blue Planet」と関連付けられた、新たなSTEM(理科、技術、工学、数学)学習計画において、BBC Learningと、パートナーを組んだ。

 「Blue Planet II」紹介ビデオ

 Microsoftは、教室において使用される、人気のある、舞台となる、世界を自由に動き回って、探索し、攻略できるよう設計された、「サンドボックス」と呼ばれる、ビデオ・ゲームの版である、「Minecraft: Education Edition」を得た。

 「Minecraft: Education Edition」の紹介ビデオ

 このビデオ・ゲームには、生徒が、他の水中での活動の中で、サンゴ礁の維持や、漁業に関して学習するのを支援するための、更新が成されている。

 「Blue Planet II」紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2