eWEEK

2018年2月25日 (日)

Samsung、LG、Sonyは、MWC 2018で、新たなスマートフォンを紹介する。(2) '18.02.25

【Samsung、LG、Sonyは、MWC 2018で、新たなスマートフォンを紹介する。(2)】 '18.02.25

 Samsung、LG、Sonyは、MWC 2018で、新たなスマートフォンを紹介する。 2018年2月21日
Eweek50
 By Don Reisinger、eWEEK

 Samsung、LG、Sonyは、MWC 2018で、さまざまな、新たなスマートフォンを紹介する。

 2018年の最大のモバイル技術コンファレンスである、MWC 2018は、2018年2月26日に、バルセロナで開催される。

 Samsungは、このコンファレンスで、さまざまな、モバイル・デバイスを紹介する。

 Samsungは、このコンファレンスが開催される前に、新しいGalaxy S9とGalaxy S9+スマートフォンを、LGは、ハイエンドのG7スマートフォンを紹介していた。

 大手のチップ・メーカ、モバイル・サービス・プロバイダ。および、5G無線ネットワークの接続性は、バルセロナにおいて、ニュースのネタになった。

   (続く)

5.5G無線技術に関する、最新情報が紹介される。

Eweek55
 Qualcomm、Ericsson、および、Huaweiが、Mobile World Congress(MWC)で、5G無線システムの開発の進展を議論する。

 MWCでは、無線業界が、いくつかの5G無線技術の標準を採用することに、合意することを決定して以来、開発している、デバイスや技術に関する、最新情報が提供されている。

 より広く普及した、5G無線サービスの有用性は、この2年間に、期待されていなかった。

6.TCLは、新たなBlackBerryスマートフォンを製造する。

Eweek56
 中国のスマートフォン・メーカ、TCLは、BlackBerryスマートフォンをライセンスし、同社のスマートフォンを製造しており、2018年に、少なくとも、2種類の新たなスマートフォンをリリースすることを確認した。

 殆どの業界ウォッチャーは、これらのスマートフォンの、少なくとも、1つが、MWCで紹介されることを期待している。

 期待された、発表の中で、主なものは、2017年のBlackBerry KEYOneスマートフォンの新版である。

7.Google Assistantデジタル・アシスタントの能力が、紹介される。

Eweek57
 Googleは、Mobile World Congressで、新たなハイエンドのスマートフォンを発表しないだろう。

 Googleは、重要なAI技術で、Google Homeスピーカに組み込んだ、Google Assistantデバイス・アシスタントの能力を向上させる。

8.HMD Globalが、Nokia 9スマートフォンを紹介する。

Eweek58
 Mobile World Congressで、Nokiaブランドのスマートフォンを、ライセンスして、製造している、フィンランドの会社、HMD Globalから、提供される、Nokia 9スマートフォンを製造していることが、噂されていた。

 Nokia 9スマートフォンは、薄いベゼルを特徴とし、Qualcom Snapdragon 845を搭載し、直接、Galaxy S9スマートフォンと競合する。

9.スマートウォッチのメーカは、Android Wearを搭載した、スマートウォッチを紹介するだろう。
Eweek59
 Android Wearは、Mobile World Congressで、さまざまなスマートウォッチに組み込まれる。

 従来の時計メーカと、モバイル・デバイスのメーカの両方が、Andrid Wearを搭載した、さまざまな、新スマートウォッチを発表する予定である。

 殆どのレポートは、スマートウォッチが、丸い形のデザインを持つようになり、スマートウォッチよりも、クラッシックなウォッチで、ベルやホイッスルを持ようになると見ている。

10.Samsung Galaxy Xスマートフォンのプレビュー

Eweek510
 Samsungは、折り畳み式のGalaxy Xスマートフォンを、2018年内に、リリースすると、2017年1月における、収支報告で、投資家に紹介した。

 Samsungが、スマートフォンを出荷するときを、正式に発表していないが、何人かの業界ウォッチャーは、同社が、MWCで、Galaxy Xスマートフォンのプレビューを提供できることを疑っている。

 Samsungの、2018年2月25日の、公開イベントで、Galaxy S9とGalaxy S9+スマートフォンが発表される。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年2月24日 (土)

Samsung、LG、Sonyは、MWC 2018で、新たなスマートフォンを紹介する。(1) '18.02.24

【Samsung、LG、Sonyは、MWC 2018で、新たなスマートフォンを紹介する。(1)】 '18.02.24

 Samsung、LG、Sonyは、MWC 2018で、新たなスマートフォンを紹介する。 2018年2月21日
Eweek50
 By Don Reisinger、eWEEK

 Samsung、LG、Sonyは、MWC 2018で、さまざまな、新たなスマートフォンを紹介する。

 2018年の最大のモバイル技術コンファレンスである、MWC 2018は、2018年2月26日に、バルセロナで開催される。

 Samsungは、このコンファレンスで、さまざまな、モバイル・デバイスを紹介する。

 Samsungは、このコンファレンスが開催される前に、新しいGalaxy S9とGalaxy S9+スマートフォンを、LGは、ハイエンドのG7スマートフォンを紹介していた。

 大手のチップ・メーカ、モバイル・サービス・プロバイダ。および、5G無線ネットワークの接続性は、バルセロナにおいて、ニュースのネタになった。

1.Samsungは、新たなGalaxy S9スマートフォンの出荷の準備ができている。

Eweek51
 Samsungは、MWC 2018で、2台のハイエンドのスマートフォンを、発表することを確認した。

 これら2台のスマートフォン、Galaxy S9とGalaxy S9+は、2017年のGalaxy S8ラインのデザインと、良く似ており、Qualcomm Snapdragon 845プロセッサを搭載することが期待されている。

 Samsungは、これらのスマートフォンに、ユーザに要求される、洞察力のある情報を提供するための、新たなカメラや、AI機能を持つ、モバイル・アプリを搭載する。

2.LGは、MWC 2018で、G7スマートフォンを発表する。

Eweek52
 LGは、MWC 2018で、G7スマートフォンを発表するはずであった。

 G7スマートフォンは、Galaxy S9スマートフォンへの挑戦者として、設計された、G6スマートフォンの次世代機である。

 しかし、LGの役員によると、オリジナルのデザインでは、SamsungのGalaxy S9スマートフォンに比べて、売れないことを恐れ、新たなG7スマートフォンのデザインを、最初から、を開発したという。

3.LGは、新たなLG V30を探している。

Eweek53
 MWC 2018で、LGは、極めてハイエンドなスマートフォンを紹介しないだろうが、同社は、新たなスマートフォンの版である、LG V30スマートフォンを発表するようだ。

 この新版、LG V30スマートフォンは、写真の品質を最適化する、設定を示唆する、AI制御カメラを搭載している。

 LG V30スマートフォンのデザインは、前版と、あまり変わらないことが、期待されている。

4.Sonyは、新たなハイエンドのスマートフォンを計画している。

Eweek54
 Sonyは、2018年2月26日に、プレスコンファレンスを行い、ハイエンドのスマートフォン、Xperia XZ Proの発表を行うことを確認した。

 詳細は、不明であるが、このXperia XZ Proスマートフォンは、現在のデザインのトレンドである、ベゼルのない、広いスクリーン画面のデザインに従うだろう。

 SonyのXperia XZ Proスマートフォンは、QualcomnのSnapdragon 845プロセッサを搭載することが期待されている。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年2月22日 (木)

J.D.Powerは、消費者が、モバイル購入に、スマートフォンに頼っていることを見つけた。 '18.02.22

【J.D.Powerは、消費者が、モバイル購入に、スマートフォンに頼っていることを見つけた。】 '18.02.22

 J.D.Powerは、消費者が、モバイル購入に、スマートフォンに頼っていることを見つけた。2018年2月20日

Eweek10
 By Don Reisinger、eWEEK

 米国のモバイル購入経験の調査において、J.D. Powerの調査員は、2017年のこの6ヶ月間に、消費者が、モバイル購入に、スマートフォンに頼っていることを見つけた。

 通常の消費者の購買経験は、タブレット、あるいは、PCで、同様の購入を行うのと比較して、無線サービス・プロバイダを通して、モバイル・デバイスを購入する、ユーザ間で、考慮されている。

 このモバイル市場は、モバイル・デバイスの購入から、顧客のサポートまで、ユーザ経験の、あらゆる観点において、自己完結型のエコシステムに、急速に、展開されている。

 J.D.Powerが、2017年末に、無線通信サービス・プロバイダから、何かを購入する、1万3000人以上の消費者を対象にした、調査の結果を紹介する。

1.消費者は、スマートフォンでの、モバイル購入に、より満足している。

Eweek11
 J.D.Powerにより、収集されたデータによると、消費者は、一般的に、PCやタブレットの代わりに、スマートフォンで、モバイル購入することに、より満足しているという。

 スマートフォンによる、モバイル購入に満足する消費者は、この調査において、Webベースの購入を、1000点満点の857点に評価していた。

2.消費者は、スマートフォンでの、モバイル購入が、より速いと、回答している。

Eweek12
 消費者は、新たなスマートフォンやタブレットで、モバイル購入を完了するのに、平均、10.6分かかっていると回答した。

 消費者は、デスクトップPCで、同じものを購入する時に、平均、13.7分かかっていた。

 消費者は、モバイル・デバイスで、製品を購入すると、より良い「Webサイト属性」で、より容易なナビゲーションが、提供されることを発見した。

3.モバイル購入のコストが上がる。

Eweek13
 消費者は、一般的に、モバイル購入経験に満足しているように見えるが、モバイル購入のコストが上がることも見つけた。

J.D. Powerによると、平均的な米国のモバイル・ユーザは、スマートフォンに、2017年初めに、308ドルを支払っていたのに対し、現在、364ドルを支払っているという。

 この平均的な月間サービス料は、2017年初めの149ドルから、現在、157ドルになった。

4.T-Mobileは、モバイル購入における、ユーザ経験で、トップに評価される。

Eweek14
 T-Mobileは、最良のフル・サービスの無線サービス・プロバイダのモバイル購入における、ユーザ経験の、J.D. Powerの調査において、トップに評価される。

 T-Mobileは、J.D. Powerの調査において、モバイル購入における、ユーザ経験で、1000点満点の855点に評価された。

 T-Mobileは、J.D. Powerから、5パワー・サークルを稼せぎ、他のフル・サービスのキャリアは、3「パワー・サークル」を稼いだ。

 J.D. Powerによると、「パワー・サークル」とは、実際にその商品やサービスを使用した消費者の代表性のあるサンプルによる、偏りのない評価を元に算出されている、の消費者評価の1つだという。

5.AT&Tは、モバイル購入における、ユーザ経験の評価で、2番目に位置付けた。

Eweek15
 AT&Tは、モバイル購入経験のJ.D. Powerの分析において、フル・サービスを提供する、無線通信サービス・プロバイダの内、1000点満点の839点に評価され、2番目に位置付けられた。

 無線通信サービス業界の平均は、838点であった。

6.Verizonは、モバイル購入における、ユーザ経験の評価が、業界の標準を下回った。

Eweek16
 Verizonは、J.D. Powerの調査において、モバイル購入における、ユーザ経験の評価で、3位に位置づけた。

 Verizonは、3パワー・サークルを稼ぎ、1000点満点で、833点の評価を獲得した。

 Verizonは、モバイル購入における、ユーザ経験の評価で、僅かに、業界の平均、838点を下回った。

7.Sprintは、フル・サービスの無線通信サービス・プロバイダの中で、4位に位置づけた。

Eweek17
 J.D. Powerの調査において、Sprintは、フル・サービスの無線通信サービス・プロバイダの中で、最悪の評価パフォーマンスであった。

 他の3社の無線通信サービス・プロバイダと競争することに取り組んでいる、Sprintは、J.D. Powerの調査において、1000点満点で、819点の評価を得た。

 この評価で、Sprintは、他の非契約の無線通信サービス・プロバイダの評価を下回り、4位になった。

8.トップの非契約のフル・サービスの無線通信サービス・プロバイダ

Eweek18
 スマートフォンや無線通信サービスを提供する、非契約のフル・サービスの無線通信サービス・プロバイダのJ.D. Powerの分析において、MetroPCSは、1000点満点で、858点の評価を得ていた。

 MetroPCSは、非契約のフル・サービスの無線通信サービス・プロバイダの、J.D. Powerの分析における、評価のトップである、T-Mobileの855点を上回る、858点の評価を得ていた。

9.トップの非契約の価値サービス・プロバイダ

Eweek19
 低コストの無線通信サービスを提供する、非契約の価値サービス・プロバイダの分析において、Consumer Cellularは、モバイル購入経験で、最も高い、1000点満点で、866点の評価を得た。

 Consumer Cellularの評価は、T-MobileやMetroPCSを含む、業界における、あらゆる他の無線通信サービス・プロバイダを上回った。
おけ

10.他の非契約の無線通信サービス・プロバイダ

Eweek110
 非契約の無線通信サービス・プロバイダは、従来の契約型の無線サービス・プロバイダ、よりも多くの消費者のモバイル購入経験を提供するように見える。

 この平均的な、非契約のフル・サービスの無線通信サービス・プロバイダは、AT&T、 Verizon、および、Sprintよりも、高い、851点の評価を得た。

 この最も悪いパフォーマの、非契約の無線通信サービス・プロバイダ、Virgin Mobileは、J.D. Powerの分析において、833点に評価されていた。

 このカテゴリにおける、最も悪い、パフォーマ、Straight Talkは、Sprintを上回る、826点の評価を得ていた。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年2月20日 (火)

Googleは、クラウド顧客に、高性能なVMオプションを紹介する。 '18.02.20

【Googleは、クラウド顧客に、高性能なVMオプションを紹介する。】 '18.02.20

 Googleは、新しいクラウド仮想マシン(VM)が、96個の仮想CPUと、最大、624GBのメモリをサポートし、重たいアプリを実行する。 2018年2月15日

Eweek1
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

・新たなGoogle VMタイプの構成

 Googleは、今週、クラウド・プラットフォーム上で、大きなワークロードを実行する、企業向けに、高性能な仮想マシン(VM)タイプの構成オプションの、一般提供を発表した。

 新たなVMタイプの構成は、最大で、96仮想CPUと、最大624ギガバイトのメモリをサポートする。

 このVMタイプの構成は、GoogleのIntel Xeon Skylakeプロセッサを搭載した、クラウド・サーバにより、提供される、実質的な性能を利用するために、最適化される。

 企業は、重たいアプリを実行するために要求される、多くの仮想マシン(VM)を統合するために、新たなVMにより提供される、より大きなヘッドルームを利用することができる。

 例えば、垂直に、スケールできる、アプリ用に、企業は、他のVMを減らし、排除するために、すべて96個の仮想CPUを利用することができる。

 Googleによると、VMを減らすことで、クラウドにおいて、大きなアプリを実行するための、総所有コストを低減させるのを支援できるという。

 96個のvCPUマシン・タイプは、Intel Xeon Scalable Processor(Skylake)を通して、実現される、性能の改善を利用できるようにする。

 Googleのパートナーは、高性能コンピューティング・ワークロードを実行する、企業が、新たなVMタイプを使用して、性能を最大1.8倍まで向上させる方法を実証した。

 初期の顧客は、SAP HANAといった、インメモリ・データベースを実行したり、人工衛星の画像を分析したり、特定のタイプのメディアを再生したり、アプリを作成したりするために、新たなVMタイプを使用している。

 Googleの新たなVMタイプは、3種類の予め定義された、マシン・タイプで、利用できる。

 Googleによると、マシン・タイプは、基本的に、仮想CPUの数、メモリ・サイズ、および、ディスク・ストレージ容量といった、仮想的なハードウェア資源が、VM環境で利用できるようになると説明している。

 予め定義された、マシン・タイプには、リソースの固定セットが用意されており、Googleにより、管理される。

 予め定義された、構成は、特別に、異なったワークロードを処理するために、設計されている。

 予め定義された、標準的なマシン・タイプには、96個の仮想CPU、360GBのメモリ、および、最大で、64TBのディスク・ストレージのサポートが提供される。

 高CPU構成は、プロセシング・パワーを多く使用するアプリ向けに設計されており、96個の仮想CPUを持ち、86.4GBのメモリを持っているが、新たなVMのハイメモリ・オプションでは、96個の仮想CPU、624GBのメモリ、および、64TBのディスク・ストレージが提供される。

 予め定義された、マシン・タイプに加え、企業は、依然として、新しいVMタイプの、カスタム構成の使用を開始する、オプションを利用できる。

 Googleのカスタム・マシンのタイプは、企業が、少なくとも、1つのCPUで、仮想マシンを開始できるようにし、次に、アプリの要件に応じて、VMをカスタマイズする、オプションを利用できるようにする。

 Googleによると、このオプションは、自分たちのニーズ向けの、正しい構成の選択における、いくつかの柔軟性を望んでいる、企業向けに、設計されており、いくつかのケースにおいて、予め定義された、オプションを、最大、50%節約することができたという。

 新たなマシン・タイプは、世界中の、Googleクラウド地域にいる、ユーザが利用できるようになる。

 北米、ヨーロッパ、アジア、および、東南アジアの顧客は、現在、96個の仮想CPU構成を開始することができる。

 新たなVMは、クラウドにおける、企業グレードの製品に拡張する、Googleの最新の試みを表している。

 Googleのクラウド・ビジネスは、近年、急速に成長してきた。

 エンタープライズ・クラウド・セグメントにおける、市場シェアによる、世界のトップのクラウド・サービス・プロバイダの中で、Googleは、Amazon(AWS)やMicrosoftの後塵を排しているが、地位を確立している。

Cloud
 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年2月17日 (土)

Android PとiOS 12で、提供される、新たな機能 '18.02.17

【Android PとiOS 12で、提供される、新たな機能】 '18.02.17

 Android PとiOS 12で、提供される、新たな機能を紹介する。2018年2月15日

Eweek40
 By Don Reisinger、eWEEK

 AppleとGoogleは、自分たちのモバイル・オペレーティング・システムの最新版の提供に取り組んでいる。

 両社が、モバイル・オペレーティング・システムで提供することを計画している、新たな機能を紹介する。

 レポートによると、Appleは、オペレーティング・システムの性能を改善させ、デジタル・アシスタント、Siriの能力に焦点を合わせていくという。

 Googleは、Android Pオペレーティング・システムが、最新のスマートフォンを含む、さまざまなタイプのデバイスに渡り、搭載されるよう、取り組んでいる。

 eWEEKは、iOS 12とAndroidを取り巻く、噂を紹介する。

1.iOS 12オペレーティング・システムにおいて、Appleは、性能に、焦点を合わせる。

Eweek41
 Axiosからの、最新のレポートによると、Appleの計画の知識を持っているという。

 Appleのソフトウェア部門を担当する、Craig Federighi氏によると、2018年のiOS 12オペレーティング・システムのアップデートが、安定性と性能に、焦点を合わせていると、技術者に説明した。

 Appleは、明らかに、バッテリの性能などに関する、問題と、最近の悪い評判に関して、心配している。

2.Anroid Pオペレーティング・システムにおいて、Googleは、ノッチ・フレンドリなデザインに取り組んでいる。

Eweek42
 Bloombergの、レポートによると、Googleは、スマートフォンのメーカが、iPhone Xスマートフォンと、同じ、ノッチのデザインを使用した、ハードウェアを開発することを期待している。

 このノッチは、iPhone Xスマートフォンのスクリーンの中央の最上部にある、黒いストライプであり、前面カメラが設置されている。

 Googleは、さらに多くのユーザを、Androidベースのスマートフォンに、引き付けることを望んでいる。

 Googleは、2018年に、Androidスマートフォンに、ノッチのデザインを利用した、機能を開発したいと思っているようだ。

 しかし、多くのiPhone Xスマートフォンの購入者は、ソフトウェアのユーザ経験が、貧弱であると感じたので、iOS 11で、サポートされている、Appleのノッチのデザインを、批判した。

 殆どのiOSアプリが、ノッチを持つ、スクリーン画面に最適化されておらず、アプリの画面の表示が不十分だった。

3.Appleは、iOS 12に、拡張現実(AR)機能を追加している。

Eweek43
 同じAxiosレポートにおいて、ソースは、Appleが、2018年に、拡張現実(AR)に対し、大きな投資を計画していると述べた。

 Appleは、明らかに、現実の世界と、仮想の要素を結合する、アプリと、iOS 12の互換性を改善したいと思っている。

 このレポートによると、Appleは、拡張現実(AR)機能を持つ、スマートフォンを開発することに取り組んでいたという。

4.Googleは、Assistantデジタル・アシスタントを、Android Pを搭載した、さまざまなデバイスに統合する。

Eweek44
 Bloombergによると、Googleは、同社のGoogle Assistantデジタル・アシスタントを、Android Pオペレーティング・システムに組み込み、深く統合させることを計画しているという。

 Google Assistantデジタル・アシスタントは、より多くの作業を実行できるようになり、ユーザからの問い合わせに、より適切に応答するようになるようだ。

5.Appleは、Siriデジタル・アシスタントの、ユーザへの到達を広げるだろう。

Eweek45
 いくつかのレポートによると、Appleは、性能を向上させ、さまざまなデバイスやアプリのユーザに、Siriデジタル・アシスタントを利用できるようにすることを計画しているという。

 Google Assistantデジタル・アシスタントの統合と同様に、Appleは、これらの拡張機能を、あまり明確にしていないが、このレポートは、Appleが、より多くのアプリと、Siriデジタル・アシスタントを連携させ、3rdパーティのスマート・ホーム・デバイスと、より深く、統合できるようにしたいと、示唆している。

6.Googleは、最新のデザインのデバイスで、性能を改善する。

Eweek46
 最近のニュースのレポートは、Android Pオペレーティング・システムが、最新のデザインのデバイスで、より効果的に、ソフトウェアが、動作するよう、支援することを、示唆している。

 このレポートによると、特別、Googleは、折りたたみ式のスクリーン画面を持つ、スマートフォンや、2つのスクリーン画面を持つ、スマートフォン向けに、Android Pオペレーティング・システムを最適化しているという。

 Samsungは、Galaxy Xスマートフォンとして知られる、折りたたみ式のスクリーン画面を持つ、デバイスを開発しているという。

7.Appleは、静かに、スマートフォンを更新する、オプションを拡張する。

Eweek47
 いくつかの、レポートによると、Appleは、ユーザのじゃまをしない、スマートフォンの更新を可能にするという。

 レポートによると、この機能は、ユーザが、特定の時間に、通知を無視できるようにする、「Do Not Disturb」機能を追加することを計画しているという。

 このアップデートは、ユーザに、電話を拒否したり、無通知にしたりできる、オプションを提供する。

8.Googleは、タブレットのサポートを改善した。

Eweek48
 Googleは、近年、タブレットよりも、スマートフォンの、オペレーティング・システムの性能を強化することに、焦点を合わせていると批評されていた。

 しかし、いくつかのレポートによると、Googleは、2018年に、Androidベースのタブレットに、重要な更新を提供するという。

 重要な更新には、Androidタブレットでの、マルチタスクの改善が含まれ、ユーザが、より大きなタブレットの画面上で、より多くの情報と会話できるようにする。

 このタブレットの追加は、タブレットのユーザに、ユニークな、いくつかの付加的な、Google Assistantデジタル・アシスタント機能も含むかも知れない。

9.Appleは、ヘルスケア・アプリを改善した。

Eweek49
 いくつかの、インタビューによると、Appleは、ヘルスケア市場において、同社の存在感を拡大させたいと思っているという。

 この方法の1つとして、Appleは、iOS 12オペレーティング・システムにおいて、改善された、健康の追跡機能を提供することにより、ヘルスケア市場において、この機能を改善することを計画している。

10.Googleは、電力の消費効率を向上させる。

Eweek410
 Googleは、Android Pオペレーティング・システムで、電力の消費効率を向上させることを望んでいる。

 CPUとGPUの効率化は、バッテリの寿命に、大きな影響を持っているが、このオペレーティング・システムは、消費電力の低減において、大きな役割を演じるだろう。

 Googleは、Android Pオペレーティング・システムを実行する、すべてのスマートフォンのモデルに渡り、バッテリの寿命を向上させ、より効率的にしたいと思っている。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

新たなARMチップが、モバイル・デバイスにおける、マシン学習ワークロードを処理する。 '18.02.17

【新たなARMチップが、モバイル・デバイスにおける、マシン学習ワークロードを処理する。】 '18.02.17

 By Jeffrey Burt、eWEEK

 ARMの新Project Trilliumプラットフォームには、より効果的に、マシン学習、人工知能(AI)、および、オブジェクト検出ワークロードを実行できるようにするための、モバイル・デバイス用の、特別なプロセッサが含まれる。2018年2月14日

Eweek6
 ARMアーキテクチャのプロセッサは、殆どのスマートフォン、および、ビジネス・ユーザや消費者が、毎日の仕事や、家庭での生活で、使用している、他の多くのデバイスに、搭載されている。

 現在、ARMは、高度にスケーラブルなプロセッサ、これらのデバイスが要求する、低消費電力の人工知能(AI)オペレーションの計算能力を提供するように設計された、他のコンポーネントを含む、新しいプラットフォームを通して、これらのデバイスにおける、マシン学習機能を向上させたいと考えている。

 ARMのオフォシャルは、今週、マシン学習(ML)や、ニューラル・ネットワークのワークロードを実行するために作成された、プロセッサや、GoogleのTensorFlow、Caffe、および、Androidといった、ニューラル・ネットワーク・フレームワークを活用するための、ソフトウェアを含む、「Project Trilliumプラットフォーム」を紹介した。

 このProject Trilliumプラットフォームは、モバイル・デバイス・ユーザが、4兆6000万オペレーション/秒以上を実行できるようにする。

 「モノのインターネット(IoT)」や「クラウド」の増加で、コンピューティングが、行われている、方法や場所が、急速に変化している。

 IoTを構成する、数100億もの、コネクティッド・デバイス、システム、センサーは、企業、政府、研究者が、収集、保管、処理、分析を、できるだけリアルタイムで行う必要がある、膨大なデータを生成している。

 同時に、すべてのデータを、処理のために、中央のデータセンターに戻そうとすると、コストと、時間がかかり過ぎる。

 このため、計算、ストレージ、および、分析の多くは、データが生成されている場所に近い、ネットワーク・エッジで実行されている。

 ARMは、低消費電力の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、モバイル・デバイスの普及により、ネットワーク・エッジとIoTにおける、主要なプレーヤーになることを目指しています。

 このARMの傾向は、2016年に、同社が、ソフトバンクに、300億ドルで買収されて以来、さらに顕著になっている。

 モバイル・デバイス分野における、低電力のARMアーキテクチャや、支配的な存在と共に、ARMは、ネットワーク・エッジにおいて、IoTの分野において、重要な役割を演じるようになるだろう。

 ARMのProject Trilliumプラットフォームの目標は、さまざまなデバイスに、マシン学習オペレーションを実行するための、優れた計算パワーと、電力消費効率を与えることである。

 Project Trilliumプラットフォームにおける、初期の技術には、モバイル・デバイスや、スマートIPカメラなどに、最適化されるが、センサー、スマート・スピーカ、ホーム・エンターテイメント、スマート・ホーム・デバイスなどがあり、さまざまなデバイスを処理するために、スケール・アップしたり、ダウンしたりできるようになる。

・ARMのマシン学習プロセッサは、1秒間に、1ワット当り、3兆回以上のオペレーションを実行することができるようになり、デバイスに、ワークロードを実行するための、パワーと効率の両方を提供する。

・オブジェクト検出プロセッサは、60フレーム/秒で処理できる、フルHDでの、リアルタイムな検出を含んでおり、従来のデジタル信号プロセッサ(DSP)の、最大で80倍の性能を提供する。

 これら2つの組み合わせは、ユーザに、ハイエンドな、人や顔などの、検出能力と認識能力を提供するだろう。

 Project Trilliumプラットフォームは、プレビュー版が、2018年4月に提供され、正式版は、2018年中旬に提供される予定である。

 ARMが、Project Trilliumプラットフォームを紹介したのと、同じ週に、Googleは、Google Cloud Platform上で、β版の、マシン学習用の独自プロセッサを開発していると発表した。

 GoogleのTensor Processing Units(TPUs)は、Tensorflowベースのワークロード用に、高性能なマシン学習能力を提供するよう、設計されている。

 TPUsで、ユーザは、GPUアクセラレータを持つ、システムよりも、高速な、TensorFlowソフトウェア・ライブラリを持つ、プログラムされた、AIワークロードを、訓練し、実行できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年2月13日 (火)

MicrosoftとGoogleが、エンタープライズ・クラウド戦争を展開する。'18.02.13

【MicrosoftとGoogleが、エンタープライズ・クラウド戦争を展開する。】 '18.02.13

 MicrosoftとGoogleが、エンタープライズ・クラウド戦争を展開している。 2018年2月7日

Eweek3
 By Wayne Rash、eWEEK

 Microsoftは、ビジネス顧客が、クラウド・ストレージ・サービス、OneDriveを、無料で、利用できるようにする意向である。

 Microsoftによると、同社は、Box、Dropbox、または、Google Driveの、既存のビジネス顧客が、OneDriveへ移行する場合、OneDriveを、無料で、利用できるようにする意向であるという。

 無料で、クラウド・ストレージ・サービス、OneDriveを利用できるようにするために、ビジネス顧客は、まだ、OneDrive、あるいは、Office 365の顧客になっていないことが、条件になる。

 また、Microsoftは、契約の一環として、FastTrackサービスを通じて、移行とオンボーディングのサポートを提供している。

 Microsoftのセールスポイントの1つは、Office 365が、モバイル・デバイス、PC、Macなどの、すべてのプラットフォーム上で、ユーザが、Officeドキュメントを、共同で、オーサリングできるようにする、代表的なクラウド・ベースの生産性スイートであるということだ。

 Microsoftが、ビジネス顧客を、OneDriveに移行させることを促した後に、Googleは、Google Driveで、Microsoft Officeドキュメントをマークアップする機能を発表した。

 新しい共同で、オーサリングできる、クラウド・ベースの生産性スイート、Office 365のユーザは、Google Driveで使用しているときだけでなく、MicrosoftのOneDriveで使用しているときにも、Google Drive Previewモードで、マークアップを作成することができる。

 例えば、ユーザは、Googleのコメント・ツールで、コメントを入力できるようになる。
 これらのコメントは、ドキュメントが、Microsoft Officeにおいて、通常のコメントとして表示されるように保存されると、Microsoft Office形式に移出される。

 Googleのコメント・ツールで、ユーザは、作業の割り当て、対話的なコメント、返信のサポートが可能になる。

 Googleのコメント・ツールは、Microsoftの変更追跡機能とコメント機能もサポートしている、Office 365で、対話的な編集を行える程、完全ではないが、多くの企業のニーズを満たしている。

 しかし、Googleは、Microsoftのクラウド顧客に対し、Office 365に匹敵する、Googleのクラウド・サービスである、G-Suiteに移行することを、促してはいない。

 MicrosoftのCEO、Satya Nadella氏は、PCの販売が落ち込んでいる、現在、同社が、得意とする、オフィス・スイートや、生産性ツールの、クラウド・サービスの市場シェアを獲得するために、フリーミアムといった、戦略を取っている。

 Microsoftは、現在、同社のクラウド・サービスを使用していると言われる、35万社以上の企業を超えて、顧客ベースを拡大する必要がある。

 Microsoftによると、ファイル・ストレージと同期の使用が、2017年に、3倍に増えたという。

 ビジネス顧客は、Microsoft SharePointを、長期的に使用したい、コラボレーション・ツールとして、位置づけてきた。

 Microsoftは、ビジネス・ユーザに、ストレージ・ユーザとコンピューティング・サービスの両方を提供する、クラウド・サービス、Azureも提供している。

 Microsoftは、OneDriveを、個人用のストレージ機能として提供しており、ユーザは、ファイルやフォルダを、他のユーザと共有することができる。

 ビジネス・ユーザーにとっての質問は、ビジネス向けのOneDriveについて考えるべきかどうかです。

 何らかの形で、SharePointとOneDriveを連携させる方法は、あるはずである。

 Google Cloud、Microsoft Azure、および、Amazon Web Servicesの、3つのクラウド・サービスは、すべて、クラウド・ストレージと、クラウド・コンピューティング・サービスへのアクセスを提供しているが、AmazonもGoogleも、SharePointと実際に競合することはない。

 現時点では、オフィス・スイートの一部である、Microsoft Office 365とOneDriveは、主に、ドキュメントとファイルの格納を目的としています。

 同様に、Googleのオフィス・スイート、G-Suiteと、Google Driveも、主に、ドキュメントやファイルの保存を目的にしている。

 ただし、コラボレーションには、ドキュメントを保管する場所よりも、多くのストレージ容量が必要になりがちである。

 ユーザは、OneDriveを、ドキュメントやファイルのストレージ以外に、使用することもできるのだろうか?

 結局のところ、いくつかの例外を除き、ほとんどの企業は、適切なアクセス権を持つ、適切なリポジトリが見つかった場合、クラウド内に保持することができる多くを持っている。

 企業が、顧客データといった、リアルタイムな記録を維持するための、場所として、OneDriveを使用できるのなら、OneDriveへの移行が、より有用になるだろう。

 Microsoftのクラウド・ストレージ・サービス、OneDriveは、個人のユーザが、写真やドキュメントなどのファイルを、エクスプローラで、ローカルなストレージにアクセス(保存、一覧、読出しなど)するのと同じ方法で、クラウド・ストレージへ、容易にアクセスできるようにする。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年2月12日 (月)

ハッカーが、古いソフトウェア、信頼されたWebサイト、Menloセキュリティ・レポートを利用する。 '18.02.12

【ハッカーが、古いソフトウェア、信頼されたWebサイト、Menloセキュリティ・レポートを利用する。】 '18.02.12

 ハッカーが、古いソフトウェア、信頼されたWebサイト、Menloセキュリティ・レポートを利用する。2018年2月9日

 Menlo Security 2017 State of the Webレポートは、組織が、古いソフトウェアを使用し続けることを明らかにした。

Eweek20
 By Sean Michael Kerner、eWEEK

 ソフトウェアは、有限の寿命を持っており、古いアプリは、最早、セキュリティやバグの修正更新を受け取らない。

 しかし、これは、そのようなアプリが、まだ、使用されていないことを意味していない。

 Menlo Security 2017 State of the Webレポートによると、2009年に、リリースされた、MicrosoftのInternet Information Services (IIS) 7.5は、まだ、広く利用されており、企業の組織を、脆弱性やリスクにさらしている。

 18ページのMenlo Securityレポートは、2018年2月5日に、リリースされ、トップ10万のWebサイトの分析に基づいた、洞察を提供する。

 Menlo Securityによると、マルウェアを提供する、あるいは、攻撃を行うために、使用される、知られた悪いWebサイトの、トップ・カテゴリは、アダルト・サイトや、ポルノ・サイトであるという。

 しかし、最も脆弱なサイトは、ビジネスや経済のカテゴリにある。

 Menlo Security 2017 State of the Webレポートのハイライトを紹介する。

1.古いソフトウェアは、広く、使用されている。

 最も使用されている、脆弱性のあるソフトウェア

ソフトウェア         ユーザ数

microsoft-lis/7.5 (2009)     32,649
php/5.4.45 (2015)             26,796
apache/2.2.15 (2010)        18,379
php/5.5.3 (2010)               17,500
nginx/5.3.29 (2015)           15,272
php/5.3.29 (2014)             15,173
php/5.6.30 (2014)             15,085
nginx/1.6.2 (2014)            14,016
php/5.59 (2014)               12,841
nginx/1.10.1 (2016)           12,662

Eweek21
 Menlo Securityは、古い、脆弱性のある、ソフトウェアが、トップのインターネットWebサイト間で、広く使用され続けていることを見つけた。

 最悪の攻撃者は、2009年に、初めてリリースされ、今でも、広く利用されている、Microsoft Internet Information Services (IIS) version 7.5である。

2.アダルトWebサイトは、マルウェアを配信するために、しばしば、使用されている。

・知られた、マルウェアの配信に使われたサイト

サイトの種類     サイト数

アダルトとポルノ     41,072
分類されない           14,696
パークト・サイト      13,114
ビジネス&経済    12,307
ショッピング          7,002
ギャンブル                6,013
ソサエティ          5,570
個人サイト         5,504
娯楽&芸術       4,377
ニュース&メディア   4,091

Eweek22
 マルウェアは、さまざまなWebサイトのカテゴリから、もたらされるが、Menlo Securityは、悪いWebサイトの、最も悪いカテゴリは、アダルトとポルノのWebサイトであった。

3.ビジネスのWebサイトは、しばしば、最も脆弱性がある。

・脆弱性のあるサイトの、トップのカテゴリ

脆弱性のある、サイトのカテゴリ

カテゴリ           サイト数

ビジネス&経済     51,045
ソサエティ          25,977
個人サイト         20,675
ニュース&メディア   17,083
アダルトとポルノ     16,929
娯楽&芸術        15,815
ショッピング         13,998
IT関連情報              13,541
旅行                11,077
教育機関                  9,452

Eweek23
 アダルトWebサイトは、マルウェアを配信する、最も多く、悪いWebサイトであり、最も脆弱性のあるカテゴリのWebサイトは、ビジネスと経済のWebサイトである。

4.ビジネスWebサイトは、最もハッキングされる。

・2017年に、脅威の履歴を持つ、トップ・カテゴリ

脅威の履歴を持つ、トップ・カテゴリ

カテゴリ            サイト数

ビジネス&経済      23,819
ソサエティ           12,669
ショッピング           9,540
IT関連情報                9,124
ニュース&メディア     7,520
個人サイトやブログ    6,916
娯楽&芸術          6,306
旅行                   5,418
アダルトとポルノ        3,356
スポーツ              3,270

Eweek24_3
 Menlo Securityによる、最も脆弱性なことが、発見された、Webサイトが、ビジネスと経済であることは、驚くことではなく、これらのWebサイトは、最も攻撃される分野のWebサイトであるという。

5.正規のホスティング・サービスからのフィッシング

・フィッシング・サイトは、正当なホスティング・サービスをカバーする。

Eweek25_2
 Menlo Securityが、発見した、4600ヶ所のフィッシング・サイトは、運用の基盤として、正規のホスティング・サービスを使用していた。

6.タイポスクワッティングは、信頼された、Webサイトを狙っていた。

・タイポスクワッティングは、信頼された、Webサイトに似た、名前のWebサイトに導く。

Eweek26_2
 信頼されたカテゴリのWebサイトのドメイン名によく似たドメイン名を取得し、タイプミスしたユーザを、不本意なWebページへ導く、タイポスクワッティングは、能動的な攻撃の形態として残っている。

 Menlo Securityは、タイポスクワッティン・ドメインの19%は、金融サービス会社などの、信頼された、カテゴリのWebサイトのドメイン名に、よく似たドメイン名を取得した、Webサイトであったことを見つけた。

7.バックグラウンド開始要求は、リスクを導く。

・バックグラウンド開始要求

Eweek27
 Menlo Securityは、殆どのWebサイトが、ユーザのリクエストを実行するために、他の外部のWebサイトへ、バックグラウンド開始要求を行っていたという。

 Menlo Securityによると、ユーザは、Webサイトを訪問する、たびごとに、平均25回、コンテンツに対する、バックグラウンド開始要求が行われるという。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年2月11日 (日)

2018年に見られる、小企業の、8つのIT関連のトレンド '18.02.11

【2018年に見られる、小企業の、8つのIT関連のトレンド】 '18.02.11

 2018年に見られる、小企業の、8つのIT関連のトレンドを紹介する。2018年2月7日

Eweek7
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 中規模企業の市場は、世界で、最も大きく、技術会社は、中規模企業向けに、特別に設計された、新しく、改善された製品やサービスを、提供し続けるだろう。

 新たな世代の情報技術は、中小企業に、より効果をもたらし続け、2018年には、新たなツールやサービスへの投資を続ける。

 小企業おいて、顕著な、トップの技術の傾向は何だろう?

 大企業が、必要とするものは、基本的に何でも、使用し、中規模な企業にも、必要になるだろう。

 これは、トリクルダウン(富める者が富めば、貧しい者にも自然に富がもたらされる)の過程ではない。

 中規模企業市場は、世界で、最も大きく、技術会社は、中規模企業向けに、特別に、設計された、改善された製品やサービスをもたらし続ける。

 これらの製品やサービスは、Fortune 2000の企業向けに、作成されたものかも知れない。

 これらの製品やサービスの多くは、より小さな事例向けに、再構成された。

 インターネットは、さらに、民主化されている。

 顧客のオンライン経験が、一巻して、優れており、品質の良い製品やサービスが、時間通り、提供されるようになるなら、企業の規模に依存しないだろう。

 新たな世代のITは、小さな店舗や、サービス・プロバイダが、必要に応じて、事業の規模を大きくし、より大きな企業と競うようになるだろう。

 同時に、株を所有する、役員は、自分たちの市場内で、競争的な優位を維持し、利用し続けることができるよう、ツールや技術を認識する必要がある。

 eWEEKは、Xeroのエコシステムのマネージャ、Nick Houldsworth氏に、パートナーのコミュニティに、自分たちの予測を共有するよう依頼した。

 広告やマーケティングから、人工知能や公開銀行規制まで、Nick Houldsworth氏の洞察を紹介する。

1.Facebookの広告の費用は、顧客経験をパーソナライズする必要性と共に、増加するだろう。

 より多くの中小企業は、Facebookの広告を使用したいと思うが、広告の空間は、限定されているので、広告の費用は、増加するだろう。

 2018年に、Facebookの広告は、顧客経験を、改善し、パーソナライズさせたい、中小企業にとって、さらに重要になるだろう。

 ローカルなSEO(検索エンジン最適化)、メールの分類、顧客の分類、および、パーソナライズされた、顧客サービスも、中小企業にとって、重要になるだろう。

2.中小企業は、より効果的に、自分たちの情報や、災害時の情報を安全にする、必要がある。

 書類を、安全に、クラウド・プラットフォームに移行することにより、中小企業は、監査記録を維持でき、2段階の検証を持つ、セキュリティの層を追加する。

3.オープン・バンキングは、企業が支払いを受けるための強力な方法になるだろう。

 2018年に、オープン・バンキングは、銀行間の支払いの新時代をもたらすだろう。

 これまで、銀行は、口座の残高、あるいは、支払い履歴のような、金融データの所有者であった。

 オープン・バンキングで、中小企業は、適切なデータを、アプリ・プロバイダと共有することで、キャッシュ・フローが改善され、現金支払いに費やす時間を短縮することができる。

4.マシン学習は、中小企業の間接部門の自動化を支援する。

 マシン学習は、中小企業の間接部門が、自動化するのを支援するだろう。

 マシン学習は、中小企業の間接部門を自動化し、財務管理に関係した重労働の多くを処理する。

 マシン学習は、財務レポート処理における、正確さや、効率を向上させ、金融業界を、リアルタイムな金融に移行させるだろう。

 中小企業には、リアルタイムに、ビジネスの意思決定を行う能力を持つことが、必要になるだろう。

5.中小企業も、ビッグデータを、利用できるようになるだろう。

 2018年に、中小企業は、クラウド環境で、ビッグデータを、利用できるようになるだろう。

 クラウド・サービスのコストは、低下しており、データの拡張と品質は、急速に向上している。

 ビッグデータは、クラウド環境で、民主化され、手頃な価格で、容易に利用できるようになるだろう。

6.中小企業は、大企業よりも、働くにの最良の場所になるだろう。

 2018年に、技術は、より一般的に利用できるようになるので、中小企業は、従業員に、包括的な利便性を提供するために、技術を使用するようになるだろう。

 近代的なソフトウェアを使用することで、中小企業は、従業員に、健康保険を提供すると共に、確定拠出年金(401K)や529といった、貯蓄制度を利用できるようなり、容易に、管理できるようになる。

7.AIの能力の向上は、より良い意思決定を支援するだろう。

 2018年に、中小企業は、ロボット(考えるチャットボット)を、利用するようになるだろう。

 チャットボットは、中小企業が、洞察を得て、より賢く意思決定できるよう、支援するようになる。

 より多くのAIは、企業の間接部門に、統合されて行くことで、企業に、リアルタイムなコツと、現在の販売データや行動に基づいた、アドバイスを提供するようになるだろう。

8.データは、最も重要な資産である。

 データは、中小企業にとって、最も重要な資産になっている。

 2018年に、中小企業は、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」で、データを収集、分析、管理できるようになり、データを、有効に活用できるようになるだろう。

 プロセス・ワーカは、システムにより、置き換えられ、中小企業は、インターネットに接続されたシステムの、主な採用者になるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年2月10日 (土)

Amazonが、ロサンゼルスで、商品の配達をテストする。 '18.02.10

【Amazonが、ロサンゼルスで、商品の配達をテストする。】 '18.02.10

 Amazonは、売り手の商品を配達するための、プログラムをテストしている。2018年2月10日

 By Jeffrey Dastin, Eric M. Johnson、eWEEK

 Amazonは、売り手に、商品を配達するための、プログラムをテストしており、FedEXとUPSの株価を引き下げ、世界的な宅配業者に、脅威をいだかせた。

 Amazonは、ロサンジェルスで、「Amazonが配達する」プログラムを試行している。

 このAmazonの配達プログラムのテストで、同社が、宅配市場でも利益を上げる可能性を感じて、投資家を活気づけた。

 Amazonの配達プログラムのテストの発表により、FedExとUPSの株価は、午後に、4%以上も下がった。

 「Amazonの配達プログラムのテストの影響に関するニュース」の紹介ビデオ

 FedExとUPSとアナリストは、Amazonの配達プログラムの試行による、宅配ビジネスへの短期的な脅威を見くびっていた。

 Cowen and Coのアナリストは、Amazonが、輸送飛行機やトラックを含む、世界的な配達ネットワークを構築するために、1000億ドルを投資しなければならないだろうと見ている。

Reu1
 今回の配達プログラムのテストにおいて、Amazonは、売り手の商品を、トラックに乗せて運んだ。

 また、Amazonは、同社のフルフィルメント・センターで、売り手の商品の在庫管理も実施すると共に、最も安い、配達方法(UPSやFedEx)を使用して、配達料を下げることに取り組んでいる。

 Amazonは、顧客が多い、ロサンジェルスで、多くの配達プログラムを実施している。

 Amazonは、「Amazonが配達する」プログラムのテストで、現在、3rdパーティの販売者を選択する意向である。

 Amazonは、同社の売り手に、広く、このプログラムを展開する準備が、まだできていない。

 FedExとUPSの顧客である、商品の売り手は、オンライン販売や、在庫管理だけでなく、商品の配達まで、Amazonに依頼できるようになることを期待すべきではない。

 Amazonは、概念レベルで、宅配業者から、仕事を奪うことを検討していたが、宅配業者との競争を激化させる計画はない。

 Amazonは、常に、買い手だけでなく、商品の売り手のために、配達方法などを革新する、実験をしており、より速く、より安く、商品を配達することに取り組んでいる。

 UPSとFedExは、急増している、電子商取引量を処理するために、自分たちの流通ネットワークを改善し、拡張するために、何10億ドルもの投資をしている。

 UPSは、先週、自分たちの流通ネットワークを改善するために、70億ドルを投資することを計画していると述べた。

 UPSやFedExは、Amazonも、重要な顧客であると考えている。

 調査会社、Wolfe ResearchのScott Groupによると、Amazonは、UPSの合計売上の、10%未満を占めており、FedExの合計売上の、4%を占めているという。

 UPSとFedExは、独自の配達サービス方法を使用するという、Amazonの特定の戦略や意思決定へのコメントを避けた。

 UPSによると、売り手と買い手の市場には、大きな機会があるという。

 Amazonの初期のレポートによると、世界の輸送業界の本格的な規模を、基本的な理解が欠乏しているのを示すことを計画しているという。

 Amazonの配達プログラムのテストのニュースで、世界の最大の小売業者である、Amazonは、商品の配達ビジネスを展開することに関して、投資家の関心を呼び起こしていた。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2