eWEEK

2017年11月22日 (水)

Galaxy S9で、Samsungは、どの様に、スマートフォンのラインを改善するか? '17.11.22

【Galaxy S9で、Samsungは、どの様に、スマートフォンのラインを改善するか?】 '17.11.22

 Galaxy S9で、Samsungは、どの様に、スマートフォンの主力ラインを改善するか?2017年11月21日

Eweek31
 By Don Reisinger、eWEEK

 Samsungは、Galaxy S8、Galaxy S8+、および、Galaxy Note 8の出荷を開始し、成功したあと、Galaxy S9のリリースの準備をしている。

 Samsungは、2018年3月と4月に、Galaxy S8とGalaxy S8+スマートフォンへのアップデートをリリースする。

 Galaxy S9ラインには、改善されたプロセッサが搭載され、設計が修正された、重要な調整が実施されており、スマートフォンを、より魅力的にしている。

 Samsungは、Galaxy S9ラインを、以前に、出荷された、スマートフォンを、より優れたものに改善する。

 Samsungが実施する、Galaxy S9ラインの改善項目を紹介する。

1.設計のマイナー・チェンジが期待される。

Eweek32
 Samsungは、Galaxy S9の設計に、大きな変更を加える計画はしていない。

 その代わり、スマートフォンのスクリーンの上部と下部の、ベゼルのサイズを狭くすることが期待される。

 他のボタンの場所は、変えないようだ。

2.第3のスマートフォンのラインは、Galaxy S9だろうか?

Eweek33
 いくつかのレポートでは、Samsungが、2種類でなく、3種類の、新しいGalaxy S9スマートフォンを提供する予定だという。

 最初の2種類、Galaxy S9とGalaxy S9+は、2016年のGalaxy S8とGalaxy S8+の、マイナー・チェンジになるようだ。

 3番目のGalaxy S9 Miniは、小さな4インチのスクリーン画面を特徴にしているが、他の機能は、Galaxy S9やGalaxy S9+と同じである。

3.第3のスマートフォンのラインは、デュアル・レンズのカメラを持っている。

Eweek34
 Galaxy S8ラインは、デュアル・レンズのカメラを搭載していないが、Galaxy Note 8ラインは、デュアル・レンズのカメラを搭載している。

 Samsungは、Galaxy S9ラインで、デュアル・レンズのカメラを搭載することが期待されている。

 Galaxy S9ラインの、カメラの仕様に関する情報は、まだ、分かっていない。

 Samsungは、新たなスマートフォンに、高画質の画像をもたらすだろう。

4.指紋センサーが、第3のスマートフォンのラインに、搭載される。

Eweek35
 Samsungは、物理的な指紋センサーを、Galaxy S9に搭載する計画だという。

 Samsungは、指紋センサーを、背面カメラの横に設置するのではなく、デュアル・カメラの下に移動させる。

 レポートによると、デュアル・カメラは、垂直に並べられることは、注目する価値があるという。

5.Qualcommのプロセッサが、第3のスマートフォンのラインに、搭載される。

Eweek36
 Samsungは、Galaxy S9スマートフォンで、Qualcommと、再度、パートナーを組んだ。

 レポートによると、Samsungのスマートフォンの、新たなラインは、Qualcomm Snapdragon 845プロセッサを搭載して、出荷されるようだ。

6.真のFace IDの競合は、Galaxyになる。

Eweek37
 SamsungのGalaxy S9ラインは、3次元の正面のカメラと、AppleのiPhone Xスマートフォンにおいて提供される、Face ID機能に似た、センサー・システムを搭載して、出荷される。

 スマートフォンの顔スキャナーは、人の顔を認識することができ、可能な限り偽装を見抜くことができるようになる。

7.高速充電でき、バッテリーの寿命が長いことが、ある程度、保証されるだろう。

Eweek38
 Galaxy S9スマートフォンには、高速充電バッテリーが搭載されることが予想される。

 Galaxy S9スマートフォンの、バッテリーは、1回の充電で、1日使用できるようになるだろう。

 Galaxy S8スマートフォンは、Galaxy S9スマートフォンに、追加されることが、ある程度、保証される、機能を提供していた。

8.高速なLTEモデムの接続性は、Galaxy S9スマートフォンに、利益を与える。

Eweek39
 Galaxy Note 8スマートフォンのように、SamsungのGalaxy S9スマートフォンは、高速なLTEモデムを搭載して、出荷される可能性がある。

 Samsungの最高級スマートフォンは、高速なLTEモデムを搭載し、高速にネットワークに接続される。

9.ディスプレイへの、大きな変更を、期待してはいけない。

Eweek310
 Samsungは、Galaxy S9ラインに、18.5:9のアスペクト比を持つ、Infinity Displayを、維持しているという。

 Samsungは、同じOELD技術、クワドHD解像度、および、スクリーン・サイズ(Galaxy S9用は、5.8インチで、Galaxy S9+用は、6.2インチ)を維持するだろう。

10.Galaxy S9ラインは、Galaxy S8ラインと、同じ価格になるだろう。

Eweek311
 Samsungは、既存のコスト構造を維持する代わりに、Galaxy S9ラインの価格を変えないだろう。

 しかし、Samsungは、2018年2月に、Mobile World Congressにおいて、このGalaxy S9ラインを発表することが期待されており、2018年3月初めか、4月末には、店の店頭に並ぶだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月21日 (火)

HPとLenovoが、2017年3Qにおいて、最も人気のある、ノートPCのブランドである。 '17.11.21

【HPとLenovoが、2017年3Qにおいて、最も人気のある、ノートPCのブランドである。】  '17.11.21

 TrendForceによると、HPとLenovoが、2017年3Qにおいて、最も人気のある、ノートPCのブランドであるという。 2017年11月20日

Eweek31
By Don Reisinger、eWEEK

 TrendForceによると、HPとLenovoが、2017年3Qにおいて、最も人気のある、ノートPCのブランドであるという。

 実際のPCの売上は、ここ数年に、減少してきたと、市場調査会社の、TrendForceは、2017年3Qにおける、ノートPCの売上を見積もった。

 最終的に、ノートPC市場の、売上や出荷台数を伸ばす、良い時期であった。

 買い手は、HPのノートPCのラインアップにおける、価値を見つけ、Lenovoの製品に、興味を持った。

 TrendForceは、HPが、代表的なノートPCベンダとして、再度、トップの地位を維持し、Lenovo、Dell、および、Appleが続いた。

 ノートPCの売上は、2017年4Qに、これまでの減少のペースが、緩やかになり、少し回復したように見える。

 eWEEKは、TrendForceの、ノートPCのメーカが、なぜ、2017年3Qに、売上や出荷台数を回復させたかの解説を紹介する。

1.HPは、依然として、世界のノートPCの出荷台数で、トップを維持している。

Eweek32
 HPは、2017年3Qに、1100万台を出荷し、世界のノートPCの出荷台数の、25.8%を獲得し、世界のノートPC市場のトップになった。

 TrendForceによると、HPは、ノートPCの出荷台数が、前四半期から、17.6%も増えたという。

2.Lenovoは、世界のノートPCの出荷台数で、2位になった。

Eweek33
 Lenovoは、世界のノートPCの出荷台数で、世界市場の、20.1%を占めた。

 Lenovoは、2017年3Qに、2番目に、最も人気のある、ノートPCベンダであった。

 Lenovoは、2017年3Qに、前年同期から、出荷台数を、6.5%増加させ、合計で、860万台のノートPCを出荷した。

3.Dellは、世界のノートPCの出荷台数で、3位を維持した。

Eweek34
 TrendForceの調査において、Dellは、2017年3Qに、出荷台数で、670万台近くになり、15.6%のシェアを確保し、堅実に、3位を維持していた。

 しかし、Dellは、2017年3Qに、前年同期から、出荷台数を、1.4%だけ伸ばしたが、出荷台数のシェアを、2017年2Qにおける、16.4%から、落としていた。

4.Appleの出荷台数は、増加を続けていた。

Eweek35
 Appleは、2017年3Qに、ノートPCの出荷台数を、前年同期から、11.3%伸ばし、440万台になった。

 2017年3Qに、Appleの市場シェアは、10.4%で、2017年2Qにおける、市場シェアは、10%であった。

5.Asusは、上位のベンダを追っている。

Eweek36_2
 Asusは、ノートPC市場において、出荷台数を、前年同期から、4.3%減少させたにも関わらず、380万台になり、8.9%の市場シェアを獲得し、上位のベンダを追っている。

6.Acerは、やっと、6位を維持していた。

Eweek37_2
 Acerは、2017年3Qに、7.7%の市場シェアを上げ、やっと、6位を維持していた。

 Acerは、330万台のノートPCを出荷し、2017年2Qに比べて、2.8%だけ、出荷台数を増やした。

7.ノートPC市場は、増加する。

Eweek38_2
 TrendForceは、ベンダの性能に加え、さまざまなノートPC市場が、2017年3Qに、どのように変化したかを検証した。

 TrendForceは、2017年2Qにおける、4000万台の出荷台数と比較して、6.8%増え、2017年3Q中に、4270万台のノートPCが、出荷されたことを見つけた。

8.HPは、記録を破る。

Eweek39_2
 TrendForceは、HPが、2017年3Qに、初めて、1100万台のノートPCを出荷したことを、見つけた。

 HPは、2017年4Qに、閾値を超えることが期待されており、2017年に、4000万台以上の、ノートPCを出荷できた。

9.ヨーロッパ経済は、Lenovoの成長を支援する。

Eweek310
 Lenovoは、2017年の後半に、堅調に、ノートPCの出荷台数を伸ばした。

 Lenovoは、ノートPCの、既存のラインに、顧客を、惹きつけ、ヨーロッパ経済の回復から、利益を得た。

 Lenovoは、2017年4Qに、前年同期から、3%だけ、ノートPCの出荷台数を増加させた。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月20日 (月)

McKinseyは、クラウド・サービスの支配を予測する。 '17.11.20

【McKinseyは、クラウド・サービスの支配を予測する。】 '17.11.20

 McKinseyは、2020年までに、ソフトウェア開発手法、DevOpsの使用で、クラウド・サービスの支配を予測する。2017年11月14日

 McKinseyは、DevOpsやオープンソース技術の採用の増加で、クラウドへの投資が、さらに増加すると予測している。

Eweek81
 By Dennis McCafferty、eWEEK

 コンサルティング会社、McKinseyのレポートによると、増加している、オペレーショナルな柔軟性、「サービスとしての基盤(IaaS)」、および、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」は、2018年における、IT投資を支配するよう、位置づけられているという。

 この「Ten Trends Redefining Enterprise IT Infrastructure」という、題のレポートは、さまざまな技術の話題に関する、予測を提供するために、研究と予測を結合する。

 例えば、このレポートは、Amazon、Microsoft、Google、および、IBMのパブリック・クラウド・サービスが、2020年までに、IT基盤を変革する。

 この期間中に、企業は、より多くのオープンソースや、ソフトウェア開発手法、DevOpsを、さらに利用するようになるだろう。

1.企業は、「サービスとしての、すべてのもの」投資モデルを採用するだろう。

Eweek82
 企業は、クラウド・サービスを、自分たちのIT技術向けにし、資本を解放し、運用の柔軟性を促しながら、リスクを低減させる、必要がある。

 2015年から、2016年までに、「サービスとしての基盤(IaaS)」、および、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」により、生成される、売上は、53%、増加している。

2.パブリック・クラウド・サービスは、より大きな利益を得るだろう。

Eweek83
 AWS、Microsoft、Google、および、IBMの「サービスとしての基盤(IaaS)」の売上の合計は、IaaS市場の65%を占めている。

 Amazonは、IaaS市場のシェアの、40%を占めて、リードしている。

 オンプレミスのデータセンターの減少で、McKinseyは、4社(AWS、Microsoft、Google、および、IBM)が、2020年までに、「サービスとしての基盤(IaaS)」の売上の、半分近くを占めるようになると予測している。

3.企業は、オープンソースのソフトウェアの採用を増やすだろう。

Eweek84
 2015年から、2016年までに、企業の2/3近くは、オープンソースのソフトウェアの使用を増加させている。

 このオープンソースのソフトウェアの採用の増加は、企業のデータセンターにおける、オープンソースへの移行の影響を拡張した、FacebookのOpen Compute Projectといった、イニシアティブにより、促される。

4.企業は、クラウド・セキュリティ・サービスから、サイバー脅威を抑えるようになる。

Eweek85
 5人の技術担当役員の内、4人は、サイバー脅威から、保護することに、取り組んでいると報告している。

 クラウド・ベースのセキュリティは、可能な回答として、出現した。

 McKinseyは、クラウド・ベースのセキュリティの売上は、セキュリティ製品の売上全体の、2015年には、10%を占めていたが、2020年には、60%を占めるようになるだろうと予測している。

5.企業は、カスタマイズされた、データセンターを選択する。

Eweek86
 メーカは、カスタマイズされた、データセンター構成用の、サーバの仕様を持つ、相手先ブランドで設計し、製造する、ODMになっていくる。

 2020までに、「自己構築型」サーバは、超大規模なサーバ市場の、約半分を占めるようになると、McKinseyは、予測している。

6.IoTビジネス・アプリの提供が、開始されるだろう。

Eweek87
 McKinseyは、企業の96%が、次の3年間に、IoTへの支出を増加させることが期待されると、報告している。

 B2Bアプリは、次の10年間に、IoT投資の価値の、70%近くを促すだろう。

7.アジアにおける、ハードウェア基盤市場は、急上昇するだろう。

Eweek88
 アジアの2社のメーカ(データセンター用の機器に対する、90億ドルの研究&開発予算の内、10億ドルを費やす、Huaweiと、IBMのx86サーバ事業を2014年に買収した、Lenovo)が、データセンターのハードウェア市場を支配している。

8.ITチームは、ソフトウェア開発手法、DevOpsの採用が増えるだろう。

Eweek89

 企業の5社に1社は、DevOpsを、いくつかの形態で、採用した。

 さらに、今日、企業の37%が、DevOpsを採用しているのに対し、2020年には、企業の53%が、DevOpsを採用するようになるだろう。

9.ソフトウェアの専門家は、「コンテナ」を採用することを考えるようになる。

Eweek810
 最早、ニッチな技術ではない、コンテナは、クラウド・アプリの展開の主要手段として、仮想マシンを追い越す、位置にいる。

 現在、ソフトウェア専門家の1/3は、開発の目的で、コンテナ化を採用している。

10.革新は、AIオートメーションを促すだろう。

Eweek811
 最先端の人工知能やマシン学習を使用して、仕事の約半分が、自動化できるようになる。

 仕事の半分が、自動化されると、賃金の、15兆ドル近くを占めるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Googleが、Dialogflow Chatbot APIのエンタープライズ版を発表した。 '17.11.20

【Googleが、Dialogflow Chatbot APIのエンタープライズ版を発表した。】 '17.11.20

 Googleが、Dialogflow Chatbot APIのエンタープライズ版を発表した。2017年11月17日

Eweek3
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 Googleは、開発者が、ユーザが、自分たちアプリと会話できるようにする、インタフェースを構築できるようにする、Dialogflow Chatbot APIのエンタープライズ版を発表した。

 開発者は、このDialogflow Chatbot APIのエンタープライズ版を使用して、ユーザが、自分たちのアプリと会話できるように、アプリに、音声認識や会話能力のサポートを組み込むことが、できるようになる。

 Googleによると、現在、β版で利用できる、このDialogflow Chatbot APIを使用して、顧客サービスや顧客サポート、e-コマース、企業の生産性、モノのインターネット(IoT)といった、分野で、何社かの企業により使用されているという。

 Dialogflowの会話能力は、マシン学習により、強化される。

 Dialogflowは、自然言語処理機能を使用して、ユーザが、話すことを聞き、どのような行動を取るべきか、あるいは、何のデータを抽出すべきかを、学習するための、モデルを構築する。

 Googleは、開発者が、天候、気温、通貨の換算などに関する、音声による、ユーザの質問にに、迅速に対応できるよう、30種類のエージェントを提供している。

 「Small Talk(世間話)」と呼ばれる、エージェントは、企業が、ブランディングや、製品特有の情報を含む、方法で、応じることができるようにする。

 エンタープライズ・ソフトウェアの開発者は、会話的なアプリを構築し、自分のWebサイト、Google Assistantを含む、32種類の異なったソフトウェア・プラットフォーム、および、メッセージング・サービスに、Dialogflow APIを使用できるようにする。

 Dialogflowは、複数の言語をサポートするので、開発者は、Dialogflow APIを使用して、世界中で使用されることのできる、会話的なアプリを開発することができる。

 Dialogflowのエンタープライズ版は、先進のフルフィルメント能力をサポートする。

 開発者は、Dialogflow APIを使用して、さまざまな音声コマンドに対応できる、アプリを構築することができる。

 例えば、開発者は、小売店などが、顧客サポート用のWebサイトで、音声チャット、ビデオ・チャット、テキスト・チャットなどを通して、ユーザからの、問合せに、応答したり、商品の注文を受けて、処理したり、できるようにする、会話的なアプリを構築できるようにする。

 Dialogflowのエンタープライズ版は、無料の標準版よりも、高い、使用割当てをサポートし、テキストや音声の対話機能を提供する、GoogleのCloud Platformの1部として、利用できる。

 メールとコミュニティ・フォーラム経由でのみ、利用できる、Dialogflowの標準版とは異なり、Dialogflowのエンタープライズ版は、Google Cloudを、フルにサポートしている。

 現在、いくつかの企業が、Dialogflow APIを使用して、会話能力を持つアプリの開発を開始している。

 例えば、日本のユニクロは、Dialogflow APIを使用して、同社のアプリに、チャットボットを統合する。

 ユニクロは、Dialogflow APIを使用して、同社のアプリに、チャットボットを組み込み、顧客の、店舗内か、オンラインで、テキストか音声での質問に対し、適切に応答できるようにしている。

 また、インドのオンライン保険会社、PolicyBazaarは、Dialogflow APIを使用して、潜在的な保険契約者からの質問に答える、同社のアプリに、チャットボットを組み込んで、統合した。

 PolicyBazaarは、Dialogflow APIのロギング機能を利用して、顧客の要求を追跡し、フルフィルメント機能を改善している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月19日 (日)

Googleの仕事検索の結果には、給料のデータか、見積りが含まれる。 '17.11.19

【Googleの仕事検索の結果には、給料のデータか、見積りが含まれる。】 '17.11.19

 Googleの仕事検索の結果には、給料のデータか、見積りが含まれる。 2017年11月15日

Eweek9
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 求人リストに、従業員の給料に関するデータが、含まれていない場合、Googleの仕事検索には、仕事の説明に、給料の見積りが付加される。

 Googleは、新たな給料情報機能を、Google検索の、仕事検索ツールに追加した。

 米国において、Google検索で、仕事を探している人は、仕事の検索結果として、求人情報と共に、参考として、給料の見積りも、得られるようになる。

 雇用者により、提供される、給料の情報が含まれていない、求人情報に対し、Googleは、複数のオンライン・パートナーから所得した、給料の見積もりを提供する。

 Googleの製品マネージャ、Nick Zakrasek氏は、給料の見積り情報を提供する、この新たな、Google検索の機能が、仕事を探す人に、利益をもたらすという。

 GoogleのNick Zakrasek氏によると、給料情報は、仕事を探している人から、最も必要とされている、参考情報の1つであるという。

 給料情報を付加した、求人情報で、求職者は、仕事が、自分の希望に合っているかどうかを、より容易に評価できるようになる。

 新機能は、ブランド認知度を向上させ、サイトへの訪問者を増やすために、見積りの給料情報を持つ、仕事のWebサイトと、雇用者サイトに対して、機会を提供する。

 求職者は、給料の見積りが、表示されると、求人サイトや、雇用者のサイトの給料の見積りページにリンクされた、ロゴをクリックできるようになる。

 Googleは、求職者が、Google検索サービスで、求人情報を、見つけやすくするために、求人サイトのオペレータが、給料情報を掲載するための方法を説明する情報をリリースした。

 2017年6月に、Googleは、Google検索に、求人情報を検索する能力を追加したことを、発表していた。

 この求人情報を検索する能力は、求職者が、Google検索を使用して、「市内の会社の求人情報を知りたい。」、あるいは、「求人している、仕事の内容を知りたい。」といった、問い合わせをすることで、求人情報を検索できるようにする。

 Google検索結果として、リストされる、仕事の多くに対して、Googleは、求職者が、信頼できる、パートナーの求人情報サイトから、仕事の内容、雇用者のレビューや評価、給料の見積り、通勤時間などを、取得できるようにする。

 これにより、Googleアカウントにサインインした、求職者は、採用の機会を追求するかどうかを、効率的に判断することできる。

 この取り組みの一貫として、Googleは、Monster、CareerBuilder、Glassdoor、および、LinkedInといった、求人情報を提供する、サイトと提携している。

 Googleによると、この目的は、パートナーの求人情報サイトに掲載する、求人情報を、求職者が、Google検索経由で、見つけ易くすることであるという。

 このため、Googleは、求人者が、求職者から、Google検索を使用して、より見つけ易くするように、自分たちの求人情報を、掲載できるようにする方法の説明をリリースした。

 2016年11月に、Googleは、企業の求人用の掲示板で、使用されるよう設計された、Google Cloud Jobs APIをリリースした。

 このGoogle Cloud Jobs APIは、求職者が、自分の経験や希望に、よりマッチした、求人情報を、見つけ易くするために、マシン学習技術を活用している。

 Google検索の結果リストに表示される、求人中の企業の数は、Googleが、新たな求人情報検索機能の追加を開始した、2017年の夏以来、60%増加している。

 Google検索の結果リストに表示される、求人情報は、求職者の要件にマッチした、仕事の内容、給料、通勤時間、勤務時間などの情報を持ち、数千万人の求職者を、求人者と結びつける。

 「Google検索に追加された、仕事検索機能の紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月18日 (土)

Microsoftは、小規模な企業向けに、Skype Profession Accountsをプレビューする。 '17.11.18

【Microsoftは、小規模な企業向けに、Skype Profession Accountsをプレビューする。】 '17.11.18

Eweek3
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 Microsoftは、小規模な企業向けに、Skype Profession Accountsをプレビューする。2017年11月15日

 現在、限定されたプレビュー・リリースの、Skype Profession Accountsは、Skypeベースのビジネスを実行させる、さまざまな部分を統合する。

 Skype Professional Accounts

 Microsoftは、Skypeを再調整しており、新たなデスクトップ経験を、オンライン・コミュニティ上で、自分たちのサービスを提供している、小規模なビジネス・ユーザ向けに、プレビューしている。

 多くの起業家と、小規模なオンライン・ビジネスの所有者は、自分たちの経験を共有したり、指示を提供したり、財務的な助言を提供したりするために、Skypeを使用する。

 ビデオ、音声、および、テキスト・チャット機能を持つ、MicrosoftのSkypeを使用して、ユーザは、音声やテキストを、リアルタイムに翻訳して貰うことができるようになる。

 このため、Microsoftは、リアルタイムな翻訳機能を持つ、Skypeを、言語が異なる、世界の人たちと、オンライン会議をしたり、ビデオ電話をしたり、テキストでチャットしたり、できるようにし、実際の会議の、代替手段として、利用できるようにする。

 これにより、ユーザは、移動の時間を減少させたり、移動の費用を低減させたり、できるようになる。

 Microsoftは、このリアルタイムな翻訳サービスを持つ、Skypeを、ユーザが、遠隔会議するためのツールとして、売り込む。

 Microsoftは、ユーザが、Skype Professional Accountと呼ばれる、新しいデスクトップ・クライアントを使用して、通信プラットフォーム上で、対話を、追跡したり、収益化したりするのを支援しながら、ビジネス・クライアントの関係を定式化する、

 Microsoftは、メール・クライアント、カレンダー、および、決済処理を含む、Skypeセッションを管理するために使用される、ソフトウェアのツールやサービスの混乱を少なくすることを狙っている。

 フランス語の教師から、ヨガのインストラクターまで、ユーザは、レッスンを予約したり、支払いを受け入れたり、ビデオ・チャットや、ビデオ会議機能などを使用して、1つの場所から、フランス会話や、ヨガなど、あらゆるレッスンを受けることができるようになる。

 Microsoftは、ユーザのオンライン・プレゼンスや、店舗などの、専用のWebサイトを改善するのを支援するために、拡張された、プロファイル・ページを追加した。

 ユーザは、Skype Professional Accountsに、既存の契約を移入することができる。

 見込み顧客は、自分のニーズに適合した、ビジネスを検索するために、Skypeの検索機能を使用できるようになる。

 2017年11月13日に、一般提供されるまで、Skype Professional Accountは、限定されたプレビュー・プログラムの一部として、無償で利用できるようになる。

 Skypeのエコシステムには、いくつかの大きな変更が加えられる。

 2017年9月に、フロリダ州のOrlandoで開催された、Microsoft Igniteコンファレンス中に、Microsoftは、Skype for Businessが、Teamsに、置き換わるだろうと発表した。

 MicrosoftのTeamsは、Office 365のすべてをまとめ、チームワークを遂行する上で、チャットベースのハブを提供する。

 「Microsoft Teamsの紹介」ビデオ

 ビジネス用のOffice 365生産性スイートの一部で、Slackに対する、Microsoftの回答、および、他のチャット・ベースのグループ・コラボレーション・ツールである、Teamsは、Skypeのビジネス向けの版で、現在、利用できる、仮想会議、ビデオ会議、音声コミュニケーション機能などを、継承するだろう。

 2017年11月6日に、Microsoftは、iOS用のSWNGアプリの背後の技術や才能を、買収したと発表した。

 アプリの「日常の写真」機能を担当する、SWNGチームは、MicrosoftのSkypeグループに参加しており、Skypeのメッセージングや電話機能に、画質を改善する技術を組み込んだ。

 他のオンライン・ビジネス・コミュニケーションのベンダは、新たな波を作った。

 2017年10月に、コンピュータ・ネットワーク・ベンダ、Cisco Systemsは、BroadSoftを、19億ドルで買収する計画を発表した。

 BroadSoftは、中小企業に焦点を合わせた、クラウド・ベースの統合コミュニケーションとコラボレーション会社である。

 CiscoとBroadSoftは、2018年の1Qに、買収取引を確認するだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月17日 (金)

GartnerのMagic Quadrantにおける、トップのエンタープライズ・モビリティ・スイート(2) '17.11.17

【GartnerのMagic Quadrantにおける、トップのエンタープライズ・モビリティ・スイート(2)】 '17.11.17

 GartnerのMagic Quadrantにおける、トップのエンタープライズ・モビリティ・スイート  2017年11月14日

 By Don Reisinger、eWEEK

 従業員が、移動することが多くなるにつれて、組織は、社員がオフィスの外で使用する、スマートフォンやタブレットなどの、モバイル・デバイスを管理するための、ツールの必要性を認識している。

 これらのツールには、エンタープライズ・モビリティ管理(EMM)スイートが含まれる。

 単一のツールセットを使用して、企業は、スマートフォンなどの、モバイル・デバイスを、適切にパッチし、セキュリティを維持し、管理することができる。

 GartnerのMagic Quadrantレポートは、プロバイダを、エンタープライズ・モビリティ管理ツール(EMM)に焦点を合わせた、「リーダ」、「挑戦者」、「ニッチ・プレーヤ」、あるいは、「ビジョナリ」としてランク付けしている。

 Gartnerが選択した、トップ10のエンタープライズ・モビリティ管理ツール(EMM)プロバイダを紹介する。

   (続く)

5.Microsoft

Eweek26
 Microsoftは、業界の「ビジョナリー」カテゴリーで、1位であることが分かった。

 事実、Microsoftは、「実行能力」が、中位に位置付けられ、「リーダ」のカテゴリーにおいては、5位であった。

 Microsoftは、「ビジョンの完全性」のカテゴリでは、2位であった。

6.Citrix

Eweek27
 Citrixは、「ビジョナリー」のカテゴリーにおいて、トップに僅差の2位であった。

 Citrixは、「リーダ」のカテゴリーでは、6位であった。

 Citrixのエンタープライズ・モビリティ管理ソリューションでは、Microsoftの「実行能力」と「ビジョンの完全性」の両方のカテゴリにおいて、Microsoftよりも、下位の3位にいた。

 Citrixは、「ビジョンの完全性」カテゴリにおいて、「リーダ」のカテゴリで、2位のMobileIronと、3位のIBMとを含む、「リーダ」よりも、順位を上げ、3位であった。

7.Sophos

Eweek28
 Sophosは、「ビジョナリー」カテゴリにおいて、3位であった。

 Sophosの、強力な「実行能力」で、「リーダ」のカテゴリでは、7位であった。

 「ビジョンの完全性」のカテゴリでは、MicrosoftとCitrixの後の、4位であったが、「リーダ」の、MobileIronよりも、上であった。

8.SOTI

Eweek29
 SOTIは、「ビジョナリー」カテゴリにおいて、4位であった。

 SOTIは、やや強い「ビジョンの完全性」を持っており、「実行能力」で、Microsoft、Citrix、および、Sophosに次いで、4位になった。

9.Ivanti

Eweek210
 Ivantiは、「ビジョナリー」カテゴリにおいて、5位であった。

 Ivantiは、「ビジョンの完全性」カテゴリにおいて、5位であった。

10.Matrix42

Eweek211
 Matrix42は、「ニッチなプレーヤ」カテゴリで、リーダの1社であった。

 Matrix42は、「ビジョンの完全性」カテゴリにおいて、Ivantの次の、6位であった。

 Matrix42は、「ニッチなプレーヤ」カテゴリにおいて、「実行能力」で、NationSkyの次の、2位であった。

 Snow SoftwareとCiscoは、「ニッチなプレーヤ」カテゴリにおいて、「実行能力」で、Matrix42に次ぎ、3位と4位になった。

表1)EMM市場の、「ビジョナリー」カテゴリにおけるランク

プロバイダ    「ビジョナリー」 「ビジョンの完全性」 「実行能力」

Microsoft         1位          2位         1位

Citrix             2位          3位          2位

Sophos         3位          4位           3位

SOTI           4位         1位           4位

Ivanti                        5位

Matrix42                     6位

 ニッチなプレーヤのカテゴリにおいて、NationSkyは1位、Matrix42は2位、Snow Softwareは3位、Ciscoは4位であった。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

GartnerのMagic Quadrantにおける、トップのエンタープライズ・モビリティ・スイート(1) '17.11.17

【GartnerのMagic Quadrantにおける、トップのエンタープライズ・モビリティ・スイート(1)】 '17.11.17

Eweek21
 GartnerのMagic Quadrantにおける、トップのエンタープライズ・モビリティ・スイート  2017年11月14日

 By Don Reisinger、eWEEK

 従業員が、移動することが多くなるにつれて、組織は、社員がオフィスの外で使用する、スマートフォンやタブレットなどの、モバイル・デバイスを管理するための、ツールの必要性を認識している。

 これらのツールには、エンタープライズ・モビリティ管理(EMM)スイートが含まれる。

 単一のツールセットを使用して、企業は、スマートフォンなどの、モバイル・デバイスを、適切にパッチし、セキュリティを維持し、管理することができる。

 GartnerのMagic Quadrantレポートは、プロバイダを、エンタープライズ・モビリティ管理ツール(EMM)に焦点を合わせた、「リーダ」、「挑戦者」、「ニッチ・プレーヤ」、あるいは、「ビジョナリ」としてランク付けしている。

 Gartnerが選択した、トップ10のエンタープライズ・モビリティ管理ツール(EMM)プロバイダを紹介する。

1.VMware
Eweek22
 Gartnerは、EMM市場において、優れた「ビジョンの完全性」と、強力な「実行能力」を持つ、VMwareを、トップの「リーダ」としてランクした。

2.MobileIron
Eweek23
 MobileIronは、EMM市場において、「リーダ」としてランクされている、4ベンダの内の1社である。

 現在、MobileIronは、EMM市場において、「実行能力」を持つ、「リーダ」として、VMwareに次いで、2位にランクされているが、「ビジョンの完全性」では、「リーダ」の中で、最も低い、4位である。

3.IBM
Eweek24
 IBMは、EMM市場において、「実行能力」を持つ、「リーダ」として、MobileIronに次いで、3位にランクされているが、「ビジョンの完全性」では、MobileIronを上回っている。

 ただし、IBMは、「ビジョンの完全性」では、BlackBerryに次いで、3位であった。

4.BlackBerry
Eweek25
 BlackBerryは、EMM市場において、「実行能力」を持つ、「リーダ」として、IBMに次いで、4位にランクされているが、「ビジョンの完全性」では、IBMを上回り、2位である。

表1)EMM市場における、「リーダ」のランク

プロバイダ    「実行能力」  「ビジョンの完全性」

VMware        1位         1位
MobileIron      2位         4位
IBM           3位         3位
BlackBerry      4位         2位

     (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月16日 (木)

AWSは、AWS Endpointsで、プライベート・クラウド・サービスを拡張する。 '17.11.16

【AWSは、AWS Endpointsで、プライベート・クラウド・サービスを拡張する。】 '17.11.16

 AWS Endpointsは、Endpointsを作成するための、ユーザ間で、ポピュラーな方法である。2017年11月09日
Eweek4
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 AWS Endpointsは、インターネット・ゲートウェイを必要とすることなく、Amazonの仮想プライベート・クラウド(VPC)から、S3、および、DynamoDBに、安全にアクセスするための、一般的な方法である。

 Amazon Web Services(AWS)は、AWS PrivateLinkサービスの提供開始で、プライベートな、クラウド・オプションを拡張している。

 AWS PrivateLinkは、顧客が、アベーラブルで、スケーラブルな方法で、クラウド・サービスを利用したい、顧客向けに、設計されている、新たなエンドポイント・サービスである。

 2017年11月9日に提供が開始された、Kinesis、Service Catalog、Amazon EC2、EC2 Systems Manager、および、Elastic Load Balancing APIは、AWSプライベート・クラウド内で、使用できるようになる。

 Amazonによると、AWSは、Key Management ServiceやAmazon Cloudwatchを含む、より多くのサービスをサポートするという。

 VPC Endpointsが、2015年に、提供が開始されて以来、Endpointsの作成は、インターネット・ゲートウェイ、NAT(ネットワーク・アドレス変換)ゲートウェイ、および、ファイアウォール・プロキシを必要とすることなく、AmazonのAESプライベート・クラウドから、S3やDynamoDBを、安全にアクセスするための、一般的な方法になっている。

 仮想プライベート・クラウド(VPC)と、AWSのサービス間のルーティングは、VPC Endpointで、AWSネットワークによって処理され、IAM(識別とアクセス管理)ポリシーは、サービス・リソースへのアクセスを制御するために使用できる。

 PrivateLinkで、VPCのサブネット内のエラスティック・ネットワーク・インターフェイス(ENI)と、IPアドレスを使用して、エンドポイントが、VPCの内側に直接作成される。

 このサービスは、現在、VPCにあり、プライベートIPアドレス経由で、AWSサービスへの接続性を可能にする。

 これは、VPC Security Groupが、エンドポイントへのアクセスを管理するために使用され、PrivateLinkエンドポイントが、AWS Direct Connect経由で、プレミスからアクセスされることを意味する。

 PrivateLinkにより、動かされる、サービスを使用して、顧客は、インスタンスを管理したり、ITサービスのカタログを作成して、管理したり、データを保存して、処理したりできるようになる。

 テストや、先進の攻勢をサポートするために、各エンドポイントは、エンドポイントに、ユニークな、DNS名のセットを得る。

 プライマリ名は、オンプレミスを乗り越える、DNSを使用する必要なく、Direct Connect経由で、エンドポイントをアクセスするために、特に、有用である。

 プライマリ名は、VPCの内側で使用されることができる。

 AWS PrivateLinkは、AWSのクラウド・サービスを利用できる、世界の各地域(中国を除く)で、2017年11月9日に、利用できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月14日 (火)

調査によると、モノのインターネットは、2018年に、急速に、成長を続ける。'17.11.14

【調査によると、モノのインターネットは、2018年に、急速に、成長を続ける。】 '17.11.14

 調査によると、モノのインターネットは、2018年に、急速に、成長を続ける。 2017年11月13日

Eweek31
 By Don Reisinger、eWEEK

 セキュリティとネットワークのハードウェア会社、Cradlepointと、ITサービス会社、Spiceworksの調査によると、モノのインターネット(IoT)は、2018年以降に、急速に成長を続けるだろうという。

 400名のIT専門家を対象に調査した、2社は、企業の1/3近くが、現在、IoTシステムを展開しており、さらに、多くの企業が、セキュリティの心配にも関わらず、2018年に、IoTの展開を開始することを計画している。

 この調査において、Cradlepointは、何社かの企業が、セキュリティと効果を犠牲にすることなく、IoTから、利益を得るための方法を見つけた述べた。

 Cradlepointは、IoTへの移行を、より容易にするための、事例のいくつかも提案した。

 IoTが、急速に成長を続けていることを紹介する。

1.ビジネスは、IoTから逃げていない。

Eweek32
 IoTは、最早、揺籃期の産業ではない。

 Cradlepointのレポートによると、ビジネスの32%は、既に、自分たちのオフィスにおいて、複数のIoTを実装しているという。

 ITサービスと、小売業界は、トップのIoTユーザである。

 次に、IoTのトップ・ユーザとして、教育とヘルスケア産業が続いている。

2.IoTの採用は、速いペースで、続くだろう。

Eweek33
 将来的に、IoT市場は、より堅調に成長するように見える。

 この調査によると、企業の69%は、既に、IoTシステムを、2018年内に、採用することを計画するか、あるいは、採用している。

3.セキュリティは、展開される、IoTアプリのリストのトップになる。

Eweek34
・IoTに投資している、企業の77%は、IoTセキュリティ・サービスを採用していると回答した。

・IoTに投資している、企業の71%は、セキュリティ・コンポーネントを構築する、予定であると回答した。

・IoTに投資している、企業の66%は、IoT分析を使用していると回答した。

 コネクティッド・ヘルスや、コネクティッド・カーの分野も、IoT技術を採用している。

4.IoT技術の採用において、クラウド・サービスは、最も優先順位が高い。

Eweek35
・IoTに投資している、企業の51%は、「クラウド・サービス」は、2018年に、最も優先順位が高いと回答した。

・IoTに投資している、企業の47%は、「セキュリティ」が、2018年に、次に、優先順位が高いと回答したという。

・IoTに投資している、企業の27%が、2018年に、「ITの自動化」が、次に優先順位が高いと回答した。

5.セキュリティとコストは、トップのIoTの関心事である。

Eweek36
・IoTに投資している、企業の41%は、IoTの展開において、「セキュリティ」が、最も大きな、関心事であると回答した。

・IoTに投資している、企業の35%は、IoTの展開において、「コスト」が、最も大きな、関心事であると回答した。

・IoTの展開における、企業の、主な関心事は、「セキュリティ機能」、「投資利益り率(ROI)」、および、「信頼性」であった。

6.何が、IoTの採用を促しているか?

Eweek37

・IoTに投資している、企業において、IoTの採用を促している、トップは、「セキュリティ技術」であった。

 「セキュリティ技術」に次いで、IoTの採用を促しているのは、IoTの展開における、「改善された運用プロセス」と、「コストの低減」であった。

 次に、IoTの採用を促しているのは、IoTの展開における、「柔軟性」であった。

7.内部と外部のリソースを理解する。

Eweek38
 異なったIoTソリューションを採用する場合、企業は、内部の従業員と、外部の請負人の両方を使用している。

 しかし、内部の従業員と、外部の請負者の両方の混合は、仕事に依存している。

 例えば、IoTベースの小売トランザクションのケースにおいて、企業の22%は、「外部の請負人」に頼っていると回答していた。

 また、企業の40%は、「内部の従業員」に頼っていると回答していた。

 自動車の編隊の管理で、企業の15%は、「外部の請負人」を使用しており、企業の41%は、「内部の従業員」を使用していると回答していた。

 IoTセキュリティ・イニシアティブは、内部の従業員を使用することを、最も要求しがちである。

8.IoT用に、既存、あるいは、別々のネットワークを使用すべきか?

Eweek39

・IoTに投資している、企業の50%近くは、自分たちの「コアになる、企業規模のネットワーク」へ、IoTソリューションを追加すると述べた。

・IoTに投資している、 企業の40%は、IoT用に、「別々のネットワークを使用する」と回答した。

・IoTに投資している、 企業の他の10%は、「どのように、IoTを実装するかは、まだ、確かではない」と回答した。

9.誰が、実際に、IoTの採用を促しているか?

Eweek310
 誰が、IoTの採用の背後にいるか?

・IoTに投資している、企業の41%は、「ITディレクタ」が、IoTの採用の背後にいると回答した。

・IoTに投資している、企業の30%は、「ITマネージャ」が、IoTの採用の背後にいると回答した。

・IoTに投資している、企業の20%は、「オーナーとCEO」が、IoTの採用において、意思決定をしていると回答した。

・IoTに投資している、企業の18%は、「理事会」が、IoTの採用において、意思決定をしていると回答した。

10.IoTの実装における、3つの考慮を、心に留めておこう。

Eweek311
 Cradlepointは、オフィスにおける、IoTの実装で成功した、3つの考慮を特定した。

・IoTに投資する企業は、IoTの実装において、ネットワーク・セキュリティを、考慮している。

・IoTに投資する企業は、IoTの実装を支援してくれる、外部の専門家を探して、採用している。

・IoTに投資する企業は、古いネットワーク基盤が、IoTの需要に応えることができるかどうかを、評価している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2