eWEEK

2017年7月24日 (月)

富士通とHuaweiが、AIチップの開発を計画しているという。 '17.07.24

【富士通とHuaweiが、AIチップの開発を計画しているという。】 '17.07.24

 By Jeffrey Burt、eWEEK

 富士通とHuaweiは、Intel、Nvidia、Advanced Micro Devicesといった、半導体メーカと協調して、深層学習ワークロードのために、AIチップの開発を計画している。 2017年7月18日

Eweek8
 システム・メーカ、富士通とHuaweiは、AIワークロードに、最適化された、プロセッサを開発する計画があるようだ。

 技術ベンダは、ビッグデータの分析から、自動自動車まで、さまざまなワークロードによって、もたらされる需要の増加に対応するために、自分たちのポートフォリオに、人工知能(AI)と、深層学習能力をもたらすことを、推進している。

 Microsoft、Google、IBMといった、技術ベンダは、AIビジネスの事業部を設立し、AI技術を活用した、製品やサービスを構築している。

 また、チップメーカも、AIと深層学習に焦点を合わせ、AIチップのエコシステムを拡大させることに取り組んでいる。

・Intelは、先週、最新世代のXeonサーバ・チップを発表した。

 Intelは、他の改善として、深層学習の訓練と、推論の作業の性能を、従来チップの性能の、2.2倍に引き上げた。

 Intelは、AIの将来における、役割を増加させる、フィールド・プログラマブル・ゲートアレイ(FPGA)も提供する。

 また、Intelは、ディープ・ラーニング・コードを目指した、次期プロセッサである 、「Lake Crest」の計画もある。

 過去数年間、Nvidiaは、AIと深層学習に、同社のビジネスの焦点の多くを移した。

・AMDは、AIワークロード用のRadeon GPUの開発者を探している。

・Googleは、AIワークロード用に、特別に設計された、テンソル処理ユニット(TCU)を持っている。

・スタートアップのGraphcoreは、インテリジェント処理ユニット(IPU)と呼ばれるものを開発している。

 Gartnerのアナリストは、2020年までに、基本的に、あらゆるソフトウェアとサービスに、AI技術が含まれると予測しているが、すべてが、実際のAI技術ではないので、AI市場に、混乱をもたらす要因になると見ている。

 富士通とHuaweiは、AI専用のプロセッサで協調している。

 富士通の技術者は、この数年間、深層学習ユニット(DLU)と呼ばれる、プロセッサ技術の開発に取り組んできた。

 同社は、先月、International Supercomputingショーにおいて、この深層学習ユニット(DLU)の詳細を発表した。

 富士通のDLUチップは、性能とエネルギー効率の両方を向上させるために、低精度フォーマットを当てにしている。

 このDLUチップには、16の深層学習処理要素が含まれ、各要素には、8つの単一命令、複数データ実行ユニットが収容されているという。

 富士通は、このDLUチップが、競合他社製品の、ワット当たり、10倍の性能を提供すると期待している。

 同社関係者によると、この計画は、来年、最初に、従来のCPUのコプロセッサとしてリリースし、次に、DLUをCPUに統合することを計画しているという。

 DLUチップは、急速に成長するAI分野において、プレゼンスを確立するための、富士通の大きな取り組みの一部である。

 昨年秋に、富士通は、Human Centric AI Zinraiプラットフォーム用に、新たなAIサービスを発表している。

 2017 China Internet Conference1で、HuaweiのCEO、Yu Chengdong氏は、AIに焦点を合わせた、プロセッサを構築していると発表したが、チップの詳細は、説明していない。

 HuaweiのHiSIliconチップは、シリコンの上に、CPU、GPU、および、AI機能を統合する。

 このチップは、今年、ARMにより、設計された、新たなAIに焦点を合わせた、チップをベースにしている。

 Cortex-A75とCortex-A55システム・オン・チップ(SoC)は、ARMの新たなDynamIQアーキテクチャをベースにしており、AI特有の命令や拡張セキュリティ機能を持っている。

 Huaweiの新たなチップは、2017年後半に、紹介される。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月23日 (日)

ソーシアル・メディア駆動のマーケティング技術が、販売プロセスに使用される。 '17.07.23

【ソーシアル・メディア駆動のマーケティング技術が、販売プロセスに使用される。】 '17.07.23

 新たなLinkedInスポンサーのState of Sales調査によると、ソーシアル・メディアが、ミレニアル世代が主な、購買者と販売者の両方に対する、販売プロセスに、使用される技術になっているという。 2017年7月19日

Eweek5
 By David Needle、eWEEK

 ソーシアル・メディア販売の調査

 Censuswideによる、LinkedInが、スポンサーになった、調査によると、販売プロセスおける、顧客関係管理(CRM)システム、生産性アプリ、および、ソーシアル・メディア・サイトといった、マーケティング技術の使用が、昨年から、急速に増加しているという。

 このCensuswideによる調査で、販売担当者の91%が、販売サイクルを短縮したり、より大きな取引を締結したり、売上を増加させたりするために、顧客関係管理(CRM)システム、生産性アプリ、および、ソーシアル・メディア・サイトといった、マーケティング技術を使用していることが分かった。

 より興味深いことの1つは、購買者、特に、ミレニアル世代が、販売担当者と関わるかどうかの意思決定プロセスの一部として、ソーシアル・メディアを使用していることである。

 この調査において、ミレニアル世代の購買者の62%、より古い、ジェネレーションX世代の購買者の54%、ベビーブーマの購買者の33%が、ソーシャル・メディアで、販売担当者を探して、関わっていると回答していた。

 この調査において、ミレニアル世代の購買者の69%が、ソーシアル・メディアにプレゼンスを持つ、販売担当者と会話しがちであると回答していた。

 この調査において、ジェネレーションX世代の購買者の58%が、ベビーブーマの購買者の33%が、ソーシアル・メディアにプレゼンスを持つ、販売担当者と会話しがちであると回答していた。

 アナリストのJeff Kaplan氏によると、この世代による違いが、購買者の観点から、意味を成すという。

 また、この調査で、どれぐらい多くの販売担当者が、自分たちの会社の、マーケティング技術への投資が増えることを期待していることが分かった。

 2016年の調査において、販売担当者の36%は、2017年に、自分たちの会社が、マーケティング技術への投資を増大させることを期待していると回答していた。

 2017年4月に実施された、最新の調査において、販売担当者の55%は、自分たちの会社が、マーケティング技術への投資を増やすことを期待していると回答した。

 この調査において、Box、Google Docs、Microsoft Office、および、Dropboxといった、確立された、コラボレーション・ツールが、ミレニアル世代の販売担当者の59%により、使用されていることが分かった。

 また、Box、Google Docs、Microsoft Office、および、Dropboxといった、確立された、コラボレーション・ツールが、ベビーブーマの販売担当者の40%により、使用されていることも分かった。

 しかし、より若い世代の販売担当者は、より効率的な生産性アプリを使用しがちである。

 この調査で、Asana、Smartsheet、および、Trelloのようなツールが、より頻繁に、ミレニアル世代の販売担当者の40%により、使用されていることが分かった。

 また、この調査で、Asana、Smartsheet、および、Trelloのようなツールは、ジェネレーションX世代の販売担当者の24%により、ベビーブーマの販売担当者の17%により、使用されていることも分かった。

 この調査で、ミレニアル世代の販売担当者の39%が、Salesforce ChatteやSlackといった、エンタープライズ・コミュニケーション・ツールを使用しており、ベビーブーマの販売担当者の15%が、エンタープライズ・コミュニケーション・ツールを使用していることも分かった。

 Censuswideは、B2B販売に従事している、米国の1086人の販売担当者と、購買の決定に影響を与える、米国の1015人の購買の意思決定者を対象に、調査を実施している。

 2016年に、Microsoftは、LinkedInと、同社の専門家向けのソーシアル・ネットワークを260億ドルで買収している。

 ベストセラーのアプライアンス

Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。(4) '17.07.23

【Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。(4)】 '17.07.23

 Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。2017年7月19日

 By Don Reisinge、eWEEK

 Google Glassは、かつては、消費者向けに、新たなユーザ経験を提供することを目的とした、技術であったが、いわゆる「Explorers」により装着された、スマート・グラスは、人々の生活を変える技術として、一般消費者には、やっかいな製品であることが判明した。

 しかし、現在、Google Glassは、企業のワーカの作業効率を、劇的に改善することが期待される、ウェアラブル・デバイス製品として、見直されている。

 Google Glass Enterprise Editionを装着した、ユーザは、フリーハンドで、必要な情報を検索し、スマート・グラスの仮想スクリーンに表示させたり、上司や同僚と会話したり、メールや予定などをチェックしたり、できるようになる。

 Google Glass Enterprise Editionと、企業向けに設計された機能の詳細を紹介する。

     (続き)

8.Google Glass Enterprise Editionのユーザ同士の、ライブのビデオのコラボレーションは、リアルタイムな支援に対応する。

Eweek37_2
 Google Glass Enterprise Editionは、ワーカが、誰もいなくても、他のワーカを支援できるようにする。

 アシスタントの必要なワーカは、他のワーカが見ている、ライブのビデオ・ストリームを共有することができる。

 「他のユーザが、見ているものを見る」機能は、問題を修正したり、リアルタイムに、見ているもので、コラボレートしたりする方法を、ユーザに、告げることができるようにする。

9.企業は、作業効率を改善するために、既に、Google Glass Enterprise Editionを、使用している。

Eweek39
 Googleは、さまざまな企業の顧客に、Google Glass Enterprise Editionを公開している。

 企業の顧客は、既に、Google Glass Enterprise Editionをテストし、使用している。

・General Electric(GE)は、製造の効率を改善するために、Google Glass Enterprise Editionの技術を使用している。

・Sutter Healthは、医師の診察時間を低減させるために、Google Glass Enterprise Editionを採用している。

・Even AGCは、農業機械の生産の効率を改善するために、Google Glass Enterprise Editionを使用している。

10.Googleは、Google Glass Enterprise Editionで、顧客企業と、パートナーを組んでいる。

Eweek310
 Googleは、Google Glass Enterprise Editionを生産しているが、個々の顧客のニーズに合った、ソリューションを提供する、多くの顧客企業と提携している。

 Googleは、カスタマイズされた、ソリューションを開発するのを支援するために、企業において、働く、パートナーに、Google Glass Enterprise Editionを提供する。

 ベストセラーのアプライアンス

Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。(3) '17.07.23

【Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。(3)】 '17.07.23

 Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。2017年7月19日

 By Don Reisinge、eWEEK

 Google Glassは、かつては、消費者向けに、新たなユーザ経験を提供することを目的とした、技術であったが、いわゆる「Explorers」により装着された、スマート・グラスは、人々の生活を変える技術として、一般消費者には、やっかいな製品であることが判明した。

 しかし、現在、Google Glassは、企業のワーカの作業効率を、劇的に改善することが期待される、ウェアラブル・デバイス製品として、見直されている。

 Google Glass Enterprise Editionを装着した、ユーザは、フリーハンドで、必要な情報を検索し、スマート・グラスの仮想スクリーンに表示させたり、上司や同僚と会話したり、メールや予定などをチェックしたり、できるようになる。

 Google Glass Enterprise Editionと、企業向けに設計された機能の詳細を紹介する。

   (続き)

5.Google Glass Enterprise Editionで、カスタマイズされた、ソフトウェアが、利用できる。

Eweek35
 Googleは、Google Glass Enterprise Editionを採用する企業と、パートナーを組み、カスタマイズされたソフトウェアへのアクセスを持つ。

 Google Glass Enterprise Editionを使用するために、サインアップする企業は、自分たちのオペレーションに適切なパートナーと、ソフトウェアを開発できる。

 例えば、Google Glass Enterprise Editionの採用で、Googleとパートナーを組んだ、物流会社のDHLは、パッケージ・ピッカー用のソフトウェアを作成し、小包がある、ボックスの場所を、容易に見つけられるようにした。

6.Google Glass Enterprise Editionのユーザは、音声コマンドで、アプリを起動できる。

Eweek36
 Googleによると、ユーザは、単純な音声コマンドで、Google Glass Enterprise Editionの機能を起動し、利用できるようになるという。

 このスマート・グラスを装着しながら、ユーザは、単に、「OK Glass」と言い、アクセスしたい、アプリの名前を呼ぶだけで、アプリを起動し、利用できるようになる。

 ユーザは、音声コマンドを使用して、いつでも、このスマート・グラスのアプリや機能を、切り換えることができる。

7.Google Glass Enterprise Editionで、ユーザは、ビデオを再生できる。

Eweek37
 Google Glass Enterprise Editionのユーザは、作業中に、トレーニング用などの、ビデオや写真をアクセスし、参照することができる。

 このスマート・グラスは、ユーザが、参照したい、ドキュメント、ビデオ、写真などの、コンテンツを、目の前に表示される、仮想的なスクリーン画面で見ることができるようにする。

 Googleによると、Google Glass Enterprise Editionのユーザは、この機能で、作業効率や、作業品質レベルを向上させることができるようになるという。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。(2) '17.07.23

【Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。(2)】 '17.07.23

 Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。 2017年7月19日

 By Don Reisinge、eWEEK

 Google Glassは、かつては、消費者向けに、新たなユーザ経験を提供することを目的とした、技術であったが、いわゆる「Explorers」により装着された、スマート・グラスは、人々の生活を変える技術として、一般消費者には、やっかいな製品であることが判明した。

 しかし、現在、Google Glassは、企業のワーカの作業効率を、劇的に改善することが期待される、ウェアラブル・デバイス製品として、見直されている。

 Google Glass Enterprise Editionを装着した、ユーザは、フリーハンドで、必要な情報を検索し、スマート・グラスの仮想スクリーンに表示させたり、上司や同僚と会話したり、メールや予定などをチェックしたり、できるようになる。

 Google Glass Enterprise Editionと、企業向けに設計された機能の詳細を紹介する。

   (続き)

3.Google Glass Enterprise Editionは、より優れたカメラを装備している。

Eweek33
 Google Glass Enterprise Editionのカメラで、ユーザは、静止画像を撮影することも、ビデオ映像を録画することもできる。

 オリジナルのGoogle Glassとは異なり、Google Glass Enterprise Editionは、周囲にいる人たちに、現在、スマート・グラスのカメラで、ビデオを録画中であることを知らせるために、赤いライトを点灯する。

 消費者向けの、オリジナル版のGoogle Glassが、5メガピクセルの解像度のカメラを搭載していたのに対し、Google Glass Enterprise Editionは、8メガピクセルの解像度のカメラを搭載している。

4.Google Glass Enterprise Editionの、バッテリーの寿命は、十分である。

Eweek34
 Googleは、Google Glass Enterprise Editionを発表したときに、このスマート・グラスのバッテリーを、フル充電することで、ユーザは、このスマート・グラスをかけて、8時間以上、通常に使用できるようになると述べていた。

 就業時間中に、バッテリーを、再充電することなく、ワーカが、このスマート・グラスをかけて、作業を継続できるようにすることで、企業は、生産性を向上させることが可能になる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。(1) '17.07.23

【Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。(1)】 '17.07.23

 Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。 2017年7月19日

 By Don Reisinge、eWEEK

 eWEEKは、企業が、ワーカの作業を効率化するために、Google Glass Enterprise Editionを、どの様に利用できるかを紹介する。

Eweek30
 Google Glassは、かつては、消費者向けに、新たなユーザ経験を提供することを目的とした、技術であったが、いわゆる「Explorers」により着用された、スマート・グラスは、人々の生活を変える技術として、一般消費者には、やっかいな製品であることが判明した。

 しかし、現在、Google Glassは、企業のワーカの作業効率を、劇的に改善することが期待される、ウェアラブル・デバイス製品として、見直されている。

 Google Glass Enterprise Editionと呼ばれる、新たなウェアラブル・デバイスは、限られたテストであるが、さまざまな規模の企業で、利用できるようになった。

 Google Glass Enterprise Editionは、最初のスマート・グラスと同じ、アイウェアである。

 このGoogle Glass Enterprise Editionは、企業に焦点を合わせ、ワーカが、より効果的に、効率よく、仕事ができるように、フリーハンドで、必要な情報を、スマート・グラスで見られるようにする。

 Google Glass Enterprise Editionを装着した、ユーザは、フリーハンドで、必要な情報を検索し、スマート・グラスの仮想スクリーンに表示させたり、上司や同僚と会話したり、メールや予定などをチェックしたり、できるようになる。

 「企業向けに、カムバックした、Google Glass Enterprise Editionの紹介」ビデオ

 Google Glass Enterprise Editionと、企業向けに設計された機能の詳細を紹介する。

1.Google Glass Enterprise Editionは、オリジナルのGoogle Glassと、同様の、基本的なユーザ経験を提供する。

Eweek31
 Google Glass Enterprise Editionは、ユーザの目の前に現れる、仮想スクリーンに、デジタル情報を表示する、スマート・グラスである。

 拡張現実(AR)のように、物理的な世界の上に、仮想的な要素が、オーバーレイ表示されるため、ワーカは、作業中に、必要な情報(例えば、マニュアルや関連資料など)を検索し、参照することができる。

2.Google Glass Enterprise Editionは、作業を支援し、安全ゴーグルとして使用できる。

Eweek32
 Google Glass Enterprise Editionは、作業指示と安全ゴーグルの両方の役割をサポートした、スマート・グラスである。

 Google Glass Enterprise Editionは、基本的に、ユーザの眼鏡に、クリップして使用するため、ユーザは、このスマート・グラスと対話しながら、目を保護でき、はっきりと見ることができる。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月22日 (土)

IICコンソーシアムが、Journal of Innovationのスマート・シティ版を発行する。 '17.07.22

【IICコンソーシアムが、Journal of Innovationのスマート・シティ版を発行する。】 '17.07.22

 IICコンソーシアムが、Journal of Innovationのスマート・シティ版を発行する。 2017年7月19日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 Journal of Innovationは、産業インターネットにおいて出現している、革新的なアイデア、アプローチ、製品、および、サービスを紹介している。

 Industrial Internet Consortium(IIC)は、スマート・シティの背景にある、主な技術の推進団体の1つである。

 Industrial Internet Consortium

Eweek4_2
 将来のスマート・シティが、どのように運用されるかに関する、書籍や記事を検索し、ブックマークに追加し、この話題へリンクした。

 Industrial Internet of Things(IIoT)を専門とする、世界の支持団体、Industrial Internet Consortium(IIC)は、スマート・シティに焦点を合わせた、Journal of Innovationの第4版を発行した。

 スマート・シティは、市の資産を管理するために、情報と通信技術(ICT)、および、モノのインターネット(IoT)技術を、安全に統合した、都市開発モデルである。

 スマート・シティには、地方自治体の情報システム、学校、図書館、輸送システム、病院、発電施設、法執行機関、および、他のコミュニティ・サービスが含まれる。

 Journal of Innovationは、産業インターネット内で出現している、革新的なアイデア、アプローチ、製品、および、サービスを強調する。

 IICは、スマート・シティの背景になる、主な技術の推進団体の1つになった。

 IIoTアプリは、スマート・シティに、利便性をもたらしながら、異なった技術、プロセス、ビジネス、社会、および、規制領域を統合する、複雑なセキュリティ、プライバシー、および、相互運用性の取り組みを示している。

 昨年、IICは、世界の産業オペレーションで実行する、さまざまな、産業モノのインターネット(IIoT)、コネクティッド・システム、および、相互接続システムに対応するためにデザインされた、青写真である、「Industrial Internet Security Framework」を発行した。

 「産業インターネットの青写真」紹介ビデオ

 Journal of Innovationのスマート・シティ版には、IICのメンバーである、Bosch、Deloitte、富士通、Huawei、InterDigital、NEC、SAP SE、および、TCSといった、貢献ベンダの記事が掲載されている。

 Journal of Innovationのスマート・シティ版の記事のリスト

1)Intelligent Transport Solutions for Smart Cities and Regions: Lessons Learned from an 18-month Trial

・Rafael Cepeda、InterDigital Europe

・Ken Figueredo、InterDigital Solutions

2)How IoT Can Significantly Improve Healthcare in the Context of Smart City

・Nitin Gupta、TATA Consultancy Services

3)Spotlight on the Business Strategy & Solution Lifecycle Working Group

4)Neuromarketing - The Art and Science of Marketing and Neurosciences Enabled by IoT Technologies

・Christopher Arthmann、NEC Innovation Division

・I-Ping Li, Deloitte Consulting

5)Outcomes,Insights and Best Practices from IIC Testbeds: Track and Trace Testbed

・Michael Dietz, SAP SE

・Andreas Mueller, Bosch

・Dirk Slama, Bosch Software Innovations

・Joseph Fontaine, Industrial Internet Consortium

6)What's New at the Industrial Internet Consortium

 Journal of Innovationの現在と過去の版は、ダウンロードすることができる。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月21日 (金)

ビジネス・アプリのベンダは、人工知能(AI)プラットフォームを提供する。 '17.07.21

【ビジネス・アプリのベンダは、人工知能(AI)プラットフォームを提供する。】 '17.07.21

 Inforの「Coleman」は、他の大手のクラウド・サービス・プロバイダのサービスと共に、最新のAIプラットフォームである、IBMのWatsonや、SalesforceのEinsteinといった、AIプラットフォームに加わる。 2017年7月14日

 By Scot Petersen、eWEEK

・IBM Bluemiガレージ
Eweek2_2
 このAIメタファーは、Inforum 2017、ERPベンダ、Inforのユーザ・コンファレンスで、紹介される。

 InforのDuncan Angove社長によると、AIは、新たな蒸気エンジン、新たな電力であり、あらゆるものを変えるという。

 AIは、新たなユーザ・インタフェース(UI)である。

 Inforの「Coleman」人工知能(AI)プラットフォームは、NASAで、宇宙プログラムで働いていた、数学者、Katherine Coleman Johnsonの賞に選ばれた。

 Coleman賞を受賞することにより、上昇した知名度は、今日の、SalesforceのEinsteinや、IBMのWatsonを含む、他のAIブランドの知名度と同様になった。

 しかし、Amazon Web Services(AWS)、Microsof、および、Googleといった、クラウド・サービス・プロバイダから利用できる、数十種類もの、他のクラウド・サービスや、Oracleのような、ビジネス・アプリ・プロバイダからの、同様のプラットフォームがある。

 ベンダは、AIが、デジタルな変革の、次の波をもたらすことのできる、方法を取り巻く、マインドシェアのために戦う。

・InforのColeman

 これまで何年か、計画中であった、InforのColeman AIは、最後に、リリースされた。

 Inforは、2014年以来、クラウド・サービス・プロバイダ、Amazon Web Services(AWS)、の、主なパートナーであった。

 AWSは、Inforが、業務アプリのCloudSuiteプラットフォームを構築した、クラウド・サービス基盤(IaaS)を提供している。

 AWSとの契約で、Inforは、マサチューセッツ州、CambridgeのMITの直ぐ近くに、Dynamic Science Labsを設立した。

 この研究所は、MITのデータ・サイエンティストにより、導かれた。

 Ziad Nejmeldeen氏は、資産予測保守や、資産のスケジュール最適化といった、自動化プロセスを支援するために、ERP特有の、AIサービスに取り組んでいる。

 他は、Inforの人事管理、小売、ヘルスケア、および、資産管理アプリのために働いている。

 AWSとの関係は、重要であるが、AWSは、Inforに、AWSのAIサービスを使用するための方法を提供し、CloudSuiteとともに、AWSのIaaSで、Inforのアプリを実行する。

 また、Inforは、Coleman内でも、「会話的なユーザ経験」を作成している。

 AWS Polly音声認識サービスを使用している、音声コマンドは、Outlookの管理、あるいは、顧客情報のアクセスといった、機能を実行するために、AWS Lexボットに中継されている。

 Inforは、AWS Rekognitionベースの、資産追跡といった、アプリに、画像認識サービスを統合することを計画した。

・IBMのWatson

 明らかに、Watsonは、映画「2001: A Space Odyssey」に登場する、AIコンピュータ、HALではない。

 IBMは、ビデオで、Watsonについて、やさしく説明することを試みている。

 IBMのBluemixクラウド・サービス基盤(IaaS)上に構築された、Watsonの成功のカギは、APIを、開発者に、利用できるようにすることである。

 これが、IBMのBluemix Garageプロジェクトが、成長している理由である。

 IBMのBluemixクラウド・サービス基盤(IaaS)は、開発者により、利用される、クラウド・サービスや、APIの集合である。

 最新のBluemix Garageは、今週、New Yorkで開催される。

 Bluemix Garagesで、スタートアップは、Watsonサービスの周りに、新たなアイデアで、業務を開始する。

 投資会社や銀行といった、会社は、ポートフォリオ分析を自動化するのを支援する、新たな金融サービス、Watson Financial Servicesのテストを開始する。

 「IBM Bluemixの概要」紹介ビデオ

・SalesforceのEinstein

 Salesforceは、2013年から、2016年に、AI技術やベンダの買収に力を入れており、10億ドル以上を支出し、Einsteinとして知られる、AIプラットフォームとソリューションを確立した。

 最も大きな買収は、データ・リカバリのBeyondCore、深層学習のMetaMind、マシン学習のPredictionIOの3社である。

 Salesforceは、昨年、さまざまなクラウド・プラットフォームに、Einsteinサービスを提供してきた。

 これらには、Lead Scoring(Sales Cloud)、Social Insights(Marketing Cloud)、および、Discovery(Analytics Cloud)といった、ソリューションが含まれる。

 画像認識や感情分析を、任意のアプリに追加するための、プラットフォーム・サービスもある。

・OracleのAIA

 Oracleは、昨年、Einsteinに似た、クラウド・プラットフォーム、Adaptive Intelligent Apps(AIA)を発表した。

 AIAは、既存のOracle ERP、CRM、マーケティング、人事管理アプリに、価値を付加することを支援することができる。

 Oracleは、Crosswise、Datalogix、Bluekai、および、AddThisを買収し、Data Cloud上に、AIAの多くの基礎を築いた。

 これらのベンダは、Oracle ERP内で分析法を増大させるために、数10億の顧客データ・ポイントへのアクセスを、Oracleのユーザに与えている。

・AWS、Google、および、Microsoft

 ビジネス・アプリ・ベンダ間の活動が激しくなっているにも関わらず、主なクラウド・プロバイダにより構築されている、AIプラットフォームは、企業が、AIサービスで。長期的に生き残る上でのカギになる。

 AWS、Google、および、Microsoftと、IBMは、すべて、画像認識といった、AIサービスを提供しているが、より重要なものは、データ・サイエンティストや開発者が、カスタム・アプリのための、マシン学習モデルを作成するのに利用できる、エンジンである。

 クラウド・ベンダからの、AIサービス消費の主な利点は、AIトレーニングを実行するために、コンピュート・パワーを持ち、クラウドにおける、大量のデータへのアクセスを持つことである。

 ITサービスに関して、覚えておくべき最後のことは、人間のような推論と対話を伴う、真のAIはないということである。

 これらは、既存のプロセスを最適化し、自動化できる、ヘルパー・アプリである。

 AIが、ベンダと、その顧客のボトムラインに有意義な影響を及ぼすためには、時間と、多くの革新的なユースケースが必要になる。

 ベストセラーのアプライアンス

Alexaをサポートした、Amazonにより、作成されていない、多機能デバイス(3) '17.07.21

【Alexaをサポートした、Amazonにより、作成されていない、多機能デバイス(3)】 '17.07.21

 Alexaをサポートした、Amazonにより、作成されていない、10種類の多機能デバイス 2017年7月19日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Alexaデジタル・アシスタントをサポートした、Amazon以外のベンダにより、作成された、10種類の多機能デバイスを紹介する。

   (続き)

7.Logitech ZeroTouchと呼ばれる、車載用スマートフォン・ホルダーが、Alexaデジタル・アシスタントをサポートした。

Eweek17
 Alexaデジタル・アシスタントをサポートした、Logitech ZeroTouchと呼ばれる、車載用スマートフォン・ホルダーは、Android 5.0以降を搭載した、スマートフォンをセットして使用することができる。

 Logitech ZeroTouchと呼ばれる、車載用スマートフォン・ホルダーにセットした、スマートフォンで、ZeroTouchアプリを起動することにより、ドライバーや乗客は、車で移動中に、Alexaデバイス・アシスタントを通して、音声コマンドで、カーナビに問い合わせたり、電話を受けたり、予定を確認したり、ニュースをチェックしたり、できるようになる。

 このスマートフォンをセットして使用するタイプの、Logitech ZeroTouchと呼ばれる、車載用スマートフォン・ホルダーは、現在、音楽ストリーミングや、Alexaのコーリングとメッセージングをサポートしていない。

 「車載用スマートフォン・ホルダー、Logitech ZeroTouchの紹介」ビデオ

8.Fabriqは、Bluetoothスピーカで、Alexaデジタル・アシスタントをサポートした。

Eweek18
 Fabriqは、ハイエンドで、高価格のSonosスピーカの代替である。

 このBluetoothスピーカは、 BluetoothかWiFi経由で、音楽ソースに接続し、部屋に置いて、音楽を楽しむことができる。

 各Bluetoothスピーカで、各部屋のユーザは、Alexaデバイス・アシスタントを通して、音声コマンドで、それぞれ、異なった音楽を再生したり、サウンド・トラックを同期させたり、することができる。

 Alexaデジタル・アシスタントをサポートした、FabriqのBluetoothスピーカは、ユーザが、音声コマンドで、異なった音楽サービスを要求したり、スマート・ホーム・デバイスを制御したり、できるようにする。

9.DiminutiveのJam Voiceスピーカが、Alexaデジタル・アシスタントをサポートした。

Eweek19
 Jam Voiceスピーカは、Alexaデジタル・アシスタントをサポートした、小さなデバイス製品の1つである。

 この小型のポータブル・スピーカは、側面にコントローラがあり、ユーザは、音楽の再生を管理したり、Bluetooth経由で、他のデバイスへ接続したり、することができる。

 競合する、AmazonのEchoスピーカと同様に、ユーザは、Jam Voiceスピーカでサポートされた、Alexaデバイス・アシスタントを通して、音声コマンドで、他のスマート・ホーム・デバイスを制御したり、音楽を再生したり、Webを検索したり、することができる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月20日 (木)

Alexaをサポートした、Amazonにより、作成されていない、多機能デバイス(2) '17.07.20

【Alexaをサポートした、Amazonにより、作成されていない、多機能デバイス(2)】 '17.07.20

 Alexaをサポートした、Amazonにより、作成されていない、10種類の多機能デバイス 2017年7月19日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Alexaデジタル・アシスタントをサポートした、Amazon以外のベンダにより、作成された、10種類の多機能デバイスを紹介する。

   (続き)

4.Vobotは、Alexaデジタル・アシスタントを、目覚まし時計にもたらす。

Eweek14
 Vobotと呼ばれる、小さなベンダは、スマートな目覚まし時計で、Alexaデジタル・アシスタントをサポートした。

 ユーザは、起床する時に、アラーム音を出す、目覚まし時計を、Alexaデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドで、セットすることができる。

 この目覚まし時計は、ユーザが、起床するときに、アラームの代わりに、ニュースを流すこともできる。

 ユーザは、この目覚まし時計でサポートした、Alexaデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドで、照明を制御したり、他のスマート・ホーム・デバイスを管理したりできるようになる。

5.Guessは、スマート・ウォッチで、Alexaデジタル・アシスタントをサポートした。

Eweek15
 Guessは、Alexaデジタル・アシスタントをサポートし、統合した、数少ない、スマート・ウォッチ・メーカの1社である。

 ユーザは、Connectスマート・ウォッチをタップすることで、Alexaデジタル・アシスタントを起動し、Alexaデジタル・アシスタントを通した、音声コマンドで、ニュースを聞いたり、3rdパーティのアプリやスキルを使用したり、カレンダーに予定を記入したり、できるようになる。

6.InvoxiaのAlexaデジタル・アシスタントをサポートした、Bluetoothスピーカは、昔のラジオのように見える。

Eweek16
 Invoxiaは、Amazon Alexaデジタル・アシスタントをサポートした、昔のラジオのようなデザインの、ポータブルな、Bluetoothスピーカを提供する。

 Alexaデジタル・アシスタントを通して、ユーザは、音声コマンドで、SpotifyやAmazon Musicといった、聴きたい、音楽サービスを選択し、利用することができる。

 また、ユーザは、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドで、質問をしたり、他のスマート・ホーム・デバイスを制御したり、できるようになる。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

より以前の記事一覧

ウェブページ