eWEEK

2017年9月23日 (土)

Googleが、自然言語のサポートを、クラウド検索ツールに追加する。 '17.09.23

【Googleが、自然言語のサポートを、クラウド検索ツールに追加する。】 '17.09.23

 Googleが、自然言語のサポートを、エンタープライズ・クラウド検索ツールに追加する。2017年9月20日
Eweek2
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 エンタープライズ・クラウド検索ツールで、ユーザは、データベース、ドキュメント、および、自然言語を使用する、他のリソースに渡り、散在する、エンタープライズ・コンテンツを検索することができるようになる。

・Googleクラウド検索

 Googleは、クラウドでホストされた、生産性アプリのG-Suiteコレクションの顧客用の、クラウド検索ツールに、自然言語処理のサポートを追加した。

 クラウド検索ツールにおける、新たな機能は、オフィス・ワーカが、自分たちの組織の、ドキュメント、ファイル、および、他のコンテンツを検索するために、直感的な、自然言語コマンドを使用できるようにする。

 ユーザは、「Maryにより、共有される、ドキュメント」、あるいは、「何のドキュメントに、注意が必要か?」といった、シンプルな、自然言語による、問い合わせを、タイプ入力することで、クラウド検索できるようになる。

 また、ユーザは、クラウド検索で、適切な情報を含む、いわゆる、回答カードを得ることができるようになる。

 2017年2月に、紹介された、Googleクラウド検索は、基本的に、企業内で、ユーザが使用するために、特別にリリースされた、Google検索の軽量版である。

 このクラウド検索ツールは、企業のユーザが、メール、データベース、ドキュメント、スプレッドシート、フォーム、スライド、写真、および、社内のWebサイトに渡り、散在する、企業のコンテンツを、自然言語で、より容易に、見つけることを支援するよう、設計されている。

 このような、企業内における、検索能力に対する、ニーズは、オンプレミス、クラウド、および、ハイブリッドな環境に渡り、散在する、エンタープライズ・データの増加で、近年、高まってきた。

 事実、平均的な知識ワーカは、自分たちの作業時間の、最大20%を、自分たちに必要な情報を、検索したり、統合したりするために使用している。

 Googleは、2017年初めに、このクラウド検索ツールの提供を開始している。

 Googleは、検索能力を改善するためと、ユーザに、より最適化された、検索経験を提供するために、クラウド検索に、マシン学習技術を使用していると説明している。

 例えば、クラウド検索は、ユーザに、必要なファイルを示唆したり、カレンダや、他のアプリの情報を使用したり、あるいは、次の会議に必要な情報を収集したりすることに役に立つ。

 クラウド検索は、ユーザが、自社のディレクトリを通して、検索したり、連絡先の詳細を取得したり、他のユーザが、同じイベントに参加したり、同じファイルを共有したりするのを知ることを支援したりすることを可能にする。

 今日、Googleは、クラウド検索で、自然言語処理(NLP)技術を使用できるようにすると共に、ドキュメント、プレゼンテーション、あるいは、会議の詳細を追跡できるようにしている。

 調査会社、Gartnerの調査によると、企業のデータに対する、検索問い合わせの、約30%は、「いつ」、「どこで」、「誰が」、「何を」、あるいは、「どのように」で始まっているという。

 自然言語処理(NLP)能力は、企業のユーザが、このような、5W1Hで始まるフレーズを使用して、検索を実施するのを容易にする。

 エンタープライズ検索ツールを提供する、他のベンダも、人工知能(AI)駆動の認識検索機能を、自分たちの検索ツールに統合することを開始している。

 Forrester Researchのアナリストによると、従来のキーワード・ベースの、エンタープライズ検索エンジンは、時代遅れであるという。

 認識検索は、ユーザに、より適切な結果を返すために、人工知能(AI)技術を使用する、新世代のエンタープライズ検索である。

 Forresterによると、多くの検索ツール・ベンダが、複数のデータ・ソースから、デジタル・コンテンツを理解し、編成し、問い合わせるために、認識エンタープライズ検索ツールに、マシン学習や自然言語処理(NLP)能力を統合しているという。

 Forresterによると、認識エンタープライズ検索ツール分野のリーダには、Coveo、Attivio、HPE、IBM、および、Squirroがいるという。

 Googleクラウド検索は、現在、G Suite EnterpriseとG Suite Business版を使用している、企業向けに、世界で利用できる。

 Googleは、今後、数ヶ月で、クラウド検索に、より多くの機能を追加するという。

 追加される機能には、企業のユーザが、他のアプリ環境と共に、G Suite内の情報を検索できるようにする、3rdパーティのアプリとの統合が含まれる。

 「Googleクラウド検索の紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

MotorolaのMoto X4スマートフォンは、Project Fiの無線接続サービスと、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを結合する。(3) '17.09.23

【MotorolaのMoto X4スマートフォンは、Project Fiの無線接続サービスと、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを結合する。(3)】 '17.09.23

 MotorolaのMoto X4スマートフォンは、Project Fiの無線接続サービスと、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを結合する。 2017年9月21日

 Motorolaは、ミッドレンジの性能を持つ、手頃な価格のAndroidスマートフォン、Moto X4を提供する。

Eweek11_2
 By Don Reisinger、eWEEK

 Motorolaは、高質で、手頃な価格のスマートフォンを提供することで有名である。

 Motorolaは、他のスマートフォン・メーカが提供できない、機能や性能を提供したり、新たなことに取り組んだりしている。

 このMotorolaのMoto X4スマートフォンを購入する前に、知っておくべきことを紹介する。

   (続き)

8.ほとんどのニーズに対応できる、データ・ストレージを持つことができる。

Eweek19
 Moto X 4スマートフォンは、標準で、32GBのストレージを持っているが、データ・ストレージを増やすための、microSDカード用の拡張メモリ・スロットも持っている。

 Motorolaによると、Moto X4スマートフォンは、最大で、2TBのストレージ容量を持つ、microSDカードを利用できるという。

9.ケースは、防塵と耐水性がある。

Eweek110
 Motorolaが、2016年に発表した、他のスマートフォンと同様に、Moto X4スマートフォンは、IP68防塵・防水規格に準拠した、水と埃からの保護を提供する。

10.価格について分かっていること。

Eweek111
 Motorolaは、今秋、アジアにおいて、Moto X4スマートフォンを出荷を開始する。

 Motorolaは、北米で、何時、販売されるか、明らかにしていないが、米国では、399ドルで販売を開始する予定のようだ。

 ベストセラーのアプライアンス

MotorolaのMoto X4スマートフォンは、Project Fiの無線接続サービスと、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを結合する。(2) '17.09.23

【MotorolaのMoto X4スマートフォンは、Project Fiの無線接続サービスと、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを結合する。(2)】 '17.09.23

 MotorolaのMoto X4スマートフォンは、Project Fiの無線接続サービスと、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを結合する。 2017年9月21日

Eweek11
 Motorolaは、ミッドレンジの性能を持つ、手頃な価格のAndroidスマートフォン、Moto X4を提供する。

 By Don Reisinger、eWEEK

 Motorolaは、高質で、手頃な価格のスマートフォンを提供することで有名である。

 Motorolaは、他のスマートフォン・メーカが提供できない、機能や性能を提供したり、新たなことに取り組んだりしている。

 このMotorolaのMoto X4スマートフォンを購入する前に、知っておくべきことを紹介する。

   (続き)

5.デュアル・カメラを装備している。

Eweek16
 MotorolaのMoto X4スマートフォンは、手頃な価格の、ミッドレンジのスマートフォンであるが、デュアル・カメラを装備している。

 デュアル・カメラの、一方のカメラは、12メガピクセルのデュアル自動センサーを持っており、片方は、8メガピクセルの超広角レンズを持っている。

 前面カメラは、16メガピクセルのセンサーを持っており、暗い場所でも、自撮り撮影ができる。

6.バッテリー・パックは、TurboPower高速充電をサポートしている。

Eweek17
 MotorolaのMoto X4スマートフォンには、1回の充電で、1日使用できる、3000mAhのバッテリー・パックを装備されている。

 Moto X4スマートフォンのバッテリー・パックは、TurboPower高速充電をサポートし、15分の充電で、約6時間使用することもできる。

7.Moto X4スマートフォンの、ディスプレーのデザインは、あまり先進的ではない。

Eweek18
 Moto X4スマートフォンは、伝統的なフラット・ディスプレイと、大きなベゼルを全周に持っており、従来のスマートフォンのデザインを採用しており、新時代のデザインは、あまり見当たらない。

 また、Moto X4スマートフォンは、Samsung Galaxy Note 8、Essential Phone、iPhone Xなどの、ハイエンドのスマートフォンで、廃止された、物理的なホーム・ボタンを持っている。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年9月22日 (金)

MotorolaのMoto X4スマートフォンは、Project Fiの無線接続サービスと、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを結合する。(1) '17.09.22

【MotorolaのMoto X4スマートフォンは、Project Fiの無線接続サービスと、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを結合する。】 '17.09.22

 MotorolaのMoto X4スマートフォンは、Project Fiの無線接続サービスと、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを結合する。 2017年9月21日

 Motorolaは、ミッドレンジの性能を持つ、手頃な価格のAndroidスマートフォン、Moto X4を提供する。

Eweek11
 By Don Reisinger、eWEEK

 Motorolaは、高質で、手頃な価格のスマートフォンを提供することで有名である。

 Motorolaは、他のスマートフォン・メーカが提供できない、機能や性能を提供したり、新たなことに取り組んだりしている。

 Motorolaは、GoogleのProject Fi無線接続サービスや、Androidの新版のサポートといった、いくつかの特徴、実用的な機能と性能を持つ、399ドルという、手頃な価格のスマートフォン、Moto X4を提供する。

 ただし、MotorolaのMoto X4スマートフォンを購入する前に、注意しなければならないことには、パワーや機能性に関することがある。

 このMotorolaのMoto X4スマートフォンを購入する前に、知っておくべきことを紹介する。

1.Moto X4スマートフォンはミッドレンジのパワーと性能を提供する。

Eweek12
 Moto X4は、膨大なコンピューティング・パワーを消費する、モバイル・アプリを、ストレスなく、実行できるような、ハイエンドのスマートフォンではない。

 Moto X4スマートフォンは、ハイエンドのプロセッサではなく、ミッドレンジのQualcomm Snapdragon 630プロセッサを搭載している。

 Qualcomm Snapdragon 630プロセッサは、ほとんどのゲームやアプリを実行できる、Adreno 508、GPUと共に、2.2GHzのオクタ・コア、CPUを持っている。

2.Motorolaは、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを、Moto X4スマートフォンにもたらす。
Eweek13
 MotorolaのMoto X4スマートフォンのユーザは、Amazonのサイトに、サインオンし、Moto X4に、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントをダウンロードして、インストールし、利用できるようになる。

 これにより、Moto X4スマートフォンのユーザは、予定を立てるために、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを呼び出すことができるようになる。

3.Android 7.1 Nougatは、特殊化されたGUIではマスクされない。

Eweek14
 Moto X4スマートフォンは、Android 7.1 Nougatを搭載して出荷される。

 しかし、殆どの他のAndroidデバイスとは、異なり、Moto X4スマートフォンは、Motorolaにより、開発され、特殊化された、ユーザ・インタフェース・スキンを持っていない。

 Moto X4スマートフォンは、Chrome、YouTube、および、Google Playを含む、Googleのサービスのすべてを、ユーザが、完全に利用できるようにする、標準のNougat版を搭載している。

4.Moto X4スマートフォンは、Googleの無線接続サービス、Project Fiをサポートする。

Eweek15
 Moto X4スマートフォンは、ユーザが、何処にいても、ユーザに、最良の無線通信サービスを提供できる、Googleの無線接続サービス、Project Fiをサポートする。

 Project Fi無線接続サービスのサポートで、Moto X4スマートフォンの売上が、増えるかどうかは、不明である。

参考 : 【Googleが、Project Fi無線通信サービス・イニシアティブで、U.S. Cellularとパートナーを組んだ。】 '16.06.15

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年9月17日 (日)

Mobile World Congress Americasコンファレンスで、新たなモバイル・デバイスが紹介された。(4) '17.09.17

【Mobile World Congress Americasコンファレンスで、新たなモバイル・デバイスが紹介された。(4)】 '17.09.17

 携帯電話関連展示会、Mobile World Congress Americasコンファレンスで、新たなモバイル・デバイスが紹介された。2017年9月13日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 サンフランシスコのMoscone Centerで開催された、Mobile World Congress Americasコンファレンスで、新たなモバイル・デバイスのプレビューが紹介された。

Eweek31_4
 このコンファレンスで紹介された、モバイル・デバイスには、AndroidやiOSベースのスマートフォンと連携して使用できる、スマート・ウォッチ、iPhone用のバックアップ・ディスク、360度カメラなどがある。

    (続き)

7.VPai360度カメラとアプリ

Eweek38
 VPai360度カメラのハードウェア・プラットフォームと、リアルタイムな撮影を統合し、ユーザ・フレンドリーな、Androidスマートフォン・アプリと結合する。

 また、VPai360度カメラと、Androidスマートフォン・アプリは、ビデオのライブ・ストリーミング、レンダリング、および、録画機能を共有する。

 VPai360度カメラは、最大5MPの解像度をサポートし、USB-Type C/Micro USB 2.0コネクタを使用して、Androidスマートフォンに接続することができる。

 このVPai360度カメラは、TwitterかFacebookに、ライブで、360度ストリーミング・ビデオを流せるよう、設計されている。

 「VPai360度カメラと、Androidアプリの2.0版」の紹介ビデオ

6.Gogoの機内Wi-Fiの新たな航空機アンテナ

Eweek39
 機内インターネット・サービス・プロバイダ、Gogoの機内Wi-Fiサービスは、世界中の航空機で使用されている。

 機内インターネット・サービスは、19年間で、ビジネスになった。

 Gogoの機内Wi-Fiサービスは、地上に設置された、ネットワーク・タワーと通信衛星を使用して、提供されている。

 Gogoは、航空機の屋根に、通信衛星からの信号を取り込むための、新たな航空機アンテナを設置することを積極的に推進している。

 この航空機アンテナは、、今後、2年間で、あらゆる航空機に展開されていくだろう。

7.Kenuの自動車用のスマートフォン・ホルダー

Eweek310
 サンフランシスコを拠点とする、Kenuは、磁石付きの、スマートフォン・フォルダーを提供している。

 Kenuのスマートフォン・フォルダーは、車の通気孔に取り付けることができ、さまざまなサイズのスマートフォンをセットすることができる。

 Kenuのスマートフォン・フォルダー、300万人のドライバーに使用されており、運転を、より安全、便利にしている。

 MWCで、Kenuは、4種類の自動車用のスマートフォン・ホルダー(Airframe Pro、Airframe Magnetic、Airbase Pro、および、Airbase Magnetic)を紹介した。

 ベストセラーのアプライアンス

Mobile World Congress Americasコンファレンスで、新たなモバイル・デバイスが紹介された。(3) '17.09.17

【Mobile World Congress Americasコンファレンスで、新たなモバイル・デバイスが紹介された。(3)】 '17.09.17

 携帯電話関連展示会、Mobile World Congress Americasコンファレンスで、新たなモバイル・デバイスが紹介された。 2017年9月13日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 サンフランシスコのMoscone Centerで開催された、Mobile World Congress Americasコンファレンスで、新たなモバイル・デバイスのプレビューが紹介された。

Eweek31_3
 このコンファレンスで紹介された、モバイル・デバイスには、AndroidやiOSベースのスマートフォンと連携して使用できる、スマート・ウォッチ、iPhone用のバックアップ・ディスク、360度カメラなどがある。

    (続き)

5.iPhoneまたはiPad用のKingston Boltストレージ・プラグイン

Eweek36_2
 KingstonのBoltストレージ・プラグインは、AppleのiPhoneかiPadで撮影した写真やビデオを、ローカルに保存するための、ストレージ・デバイスである。

 ユーザは、Boltストレージ・プラグイン(容量、32GB、64GB、128GB)の1つを購入し、Appストアから、アプリをダウンロードすることで、iPhone、または、iPad用のローカル・ストレージとして利用できるようになる。

 Boltストレージ・プラグインの容量(32GB、64GB、128GB)は、スマートフォンのストレージとして、十分であり、価格は、30ドルから150ドルである。

6.PhotoSpring対話型デジタル写真フレーム表示デバイス

Eweek37
 PhotoSpringは、デジタル写真フレームと写真のアルバムの両方として機能する、単一のデバイスである。

 このPhotoSpringデジタル写真フレーム・デバイスは、USBドライブから、取り込んだ画像を回転する、シンプルな写真フレームよりも、はるかに多くの機能を提供する。

 このPhotoSpringデジタル写真フレーム・デバイスは、モバイル・デバイス(iOS、Android、Windows、Mac)から、USBドライブを経由して、ユーザが気に入ったコンテンツに、構成することもできる。

 ユーザは、このPhotoSpringデジタル写真フレーム・デバイスのスクリーン画面に、同じ、スライド・ショーで、写真やビデオを表示することができる。

 このPhotoSpringデジタル写真フレーム・デバイスは、タッチ・スクリーンのインタフェースを持ち、容易にナビゲートすることができる。

 このPhotoSpringデジタル写真フレーム・デバイスは、10.1インチのスクリーン画面を持ち、最大32Kの画像を保存することができる。

 このPhotoSpringデジタル写真フレーム・デバイスは、贈り物にするのにいいだろう。

 このPhotoSpringデジタル写真フレーム・デバイスの価格は、約150ドルである。

 「PhotoSpringデジタル写真フレーム・デバイスの紹介ビデオ」

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Mobile World Congress Americasコンファレンスで、新たなモバイル・デバイスが紹介された。(2) '17.09.17

【Mobile World Congress Americasコンファレンスで、新たなモバイル・デバイスが紹介された。(2)】 '17.09.17

 携帯電話関連展示会、Mobile World Congress Americasコンファレンスで、新たなモバイル・デバイスが紹介された。2017年9月13日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 サンフランシスコのMoscone Centerで開催された、Mobile World Congress Americasコンファレンスで、新たなモバイル・デバイスのプレビューが紹介された。

Eweek31_2
 このコンファレンスで紹介された、モバイル・デバイスには、AndroidやiOSベースのスマートフォンと連携して使用できる、スマート・ウォッチ、iPhone用のバックアップ・ディスク、360度カメラなどがある。

   (続き)

3.AutoGravityの自動車のローン・アプリ

Eweek34
 自動車分野のファイナンシャル技術会社、AutoGravityは、自動車の販売代理店、Fletcher Jones Auto Groupと提携し、顧客が、スマートフォンで、自動車のローンを組むのを支援できる、モバイル・アプリ「FJ Drive」を発売した。

 AutoGravity、フィンテックのパイオニアであり、独自のデジタル体験で、自動車の資金調達のプロセスを変革するという使命を果たしている。

 フィンテックのAutoGravityと、自動車の販売代理店のFletcher Jones Auto Groupは、リアルタイムな在庫機能で、自動車の販売代理店のロットにある、特定の車を購入できるようにすることで、パートナーシップを拡大する。

 顧客は、Fletcher Jonesが抱えている、車から、年式、ボディタイプ、色を含む、フィルタで、気に入った車を容易に見つけることができる。

 顧客は、Fletcher Jonesのショールームで、車を決定する前に、自動車のローン・アプリ、FJ Driveで、リースやローンを組んで、確認することができる。

4.Lonovoが買収した、Motorolaのスマートフォンの知的所有権(IP)をベースに、開発された、MotoX4スマートフォン

Eweek35
 Motorolaのスマートフォンの知的所有権(IP)を買収した、中国のLenovoは、米国で、Appleのスマートフォン、iPhoneに追い付くために、スマートフォンに、多くの開発投資を実施してきた。

 このMotoX4スマートフォンは、モジュール式のため、プロジェクター、音楽プレーヤ、あるいは、他の周辺機器に、直接接続することができる。

 また、Lonovoは、Mirage ARヘッドセット、Explorer Mixed Realityヘッドセット、Tab 4 Home Assistantタブレット、および、Yoga 920コンバーチブル・タブレットも紹介した。

 「Tab 4 Home Assistantタブレットとスピーカ・ドックの紹介」ビデオ

 ちなみに、Tab 4 Home Assistantタブレットは、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを組み込んでいる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Mobile World Congress Americasコンファレンスで、新たなモバイル・デバイスが紹介された。 (1) '17.09.17

【Mobile World Congress Americasコンファレンスで、新たなモバイル・デバイスが紹介された。 (1)】 '17.09.17

 携帯電話関連展示会、Mobile World Congress Americasコンファレンスで、さまざまな特徴を持つ、新たなモバイル・デバイスが紹介された。 2017年9月13日

Eweek31
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 サンフランシスコのMoscone Centerで開催された、Mobile World Congress Americasコンファレンスで、新たなモバイル・デバイスのプレビューが紹介された。

 このコンファレンスで紹介された、モバイル・デバイスには、AndroidやiOSベースのスマートフォンと連携して使用できる、スマート・ウォッチ、iPhone用のバックアップ・ディスク、360度カメラなどがある。

1.MyKronozのZeTimeスマート・ウォッチ

Eweek32
 創立4年の、新世代のスイスの時計会社、MyKronozは、ハイブリッド(iOSかAndroidベースのスマートフォンと連携できる)スマート・ウォッチ、ZeTimeを紹介した。

 TFTカラーのタッチ・スクリーン画面を持つ、ハイブリッド・スマートウォッチ、ZeTimeは、伝統的なスイス時計のデザインと、スマート・ウォッチの高度な機能を融合させている。

 MyKronozの独自の技術で、ハイブリッド・スマートウォッチ、ZeTimeは、一回の充電で、最大30日間、機能することができる。

 このハイブリッド・スマートウォッチには、44㎜のサイズと39㎜のサイズの、2モデルがあり、価格は、199.9ドルからである。

2.カーバイザーに取り付けることができる、VerizonのHumxスピーカ

Eweek33
 カーバイザーに取り付けることができる、VerizonのHumxスピーカは、従来の車を、コネクティッド・カーにし、運転手が、インターネットに接続できるようにする。

 このHumxスピーカのパッケージには、4G LTE OBD-IIデバイスと、ステンレス製のBluetooth対応スピーカが、組み込まれている。

 運転手は、このBluetoothに対応した、Humxスピーカを、カーバイザーに取り付けることができる。

 このHumxスピーカには、高品位なオーディオ品質をサポートし、メカニックのホットラインや、緊急支援といった、顧客サポート機能用の、LEDタッチ・アイコンが付いている。

 HumXスピーカのWi-Fiホットスポット機能は、Verizon 4G LTEネットワーク上で、最大10台のデバイスが、コンテンツをストリーミングできるようにする。

 HumXスピーカは、1996年以降に製造され、現在、使用されている、1億5000万台以上の乗用車のカーバイザーと互換性があるようだ。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年9月15日 (金)

Microsoftは、自動化された、IoTデバイスの構成サービスを提供する。 '17.09.15

【Microsoftは、自動化された、IoTデバイスの構成サービスを提供する。】 '17.09.15

 Microsoftは、自動化された、IoTデバイスの構成サービスを提供する。2017年9月8日

Eweek2
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 Microsoftは、何100万台もの、モノのインターネット(IoT)デバイスを構成するために使用できる、自動化されたサービスを使用することで、手作業で、IoTデバイスを構成する、大変さをなくしている。

 Microsoftは、顧客が、IoTデバイスを、プラグ&プレイで、接続できるようにしたいと考えている。

 Microsoftは、顧客のために、Azure IoT Hub Device Provisioning Serviceと呼ばれる、新たなクラウド・サービスで、IoTデバイスの構築や展開を、効率化にしたいと思っている。

 この新たなクラウド・サービスは、何100万ものIoTデバイスを、自動的に、接続できるようにする。

 Microsoftによると、このクラウド・サービスは、IoTデバイスを登録し、構成できるようにする上で、ユーザの介在を最小にするという。

 Microsoftによると、多くのセンサーやスマート・デバイスを、Azure IoT Hubにリンクすることで、MicrosoftのIoTデバイスの接続と管理サービスは、手作業で、行えるようになるという。

 各IoTデバイスは、管理者が、接続資格情報を設定することを要求する、危険にさらされたユニットへのアクセスを呼び出すことができるよう、オペレータやIoTデバイスのメーカにより、ユニークに特定される。

 企業のIoT展開における、膨大な数のIoTデバイスで、ソフトウェア構成のプロセスの管理をでき、手作業により、ファームウェアのアップデートを適用できるようになる。

 新たな提供は、顧客が、多くの時間を節約でき、IoTハブへの登録中は、自動的に構成される、デバイスが得られるよう支援できるようにする。

 Device Provisioning Serviceは、IoTデバイスを提供するために、必要とされる、あらゆる情報を含んでおり、IoTデバイスのファームウェアをリセットする必要なく、サプライ・チェーンにおいて、後で、容易にアップデートされるようになる。

 Azure IoT Hub Device Provisioning Serviceのプレビューは、米国、西欧、および、東南アジアにおける、同じAzure地域において、利用できようになり、続いて、世界中で利用できるようになる。

 Microsoftは、2017年9月6日に、Azure App Serviceが、ASP.NET Core、Node.js、PHP、および、Rubyをサポートする、コンテナ・イメージを提供する、新たなWeb App for Containers機能と共に、Linux Lalongで、一般的に、利用できるようになったと発表した。

 開発者は、Go、Java、Python、および、他のプログラミング言語をサポートする、自分たちの独自のDockerコンテナ・イメージも使用できる。

 Azure App Serviceは、開発者が、Webやモバイル・アプリを構築し、展開できるようにする、Microsoftのクラウド・ベースのアプリ・ホスティング・ソリューションである。

 MicrosoftのAzure App Serviceの、ディレクター、Nir Mashkowski氏によると、この最新リリースにおいて、開発者は、Web App for Containersの自動化された、展開と基盤提供能力を使用して、コンテナ化されたアプリを、製品に、配信できるようになるという。

 Microsoftは、顧客が、フリースピン用の、Cosmos DBクラウド・データベースを、無料で試用できるようにする。

 以前、Azure DocumentDB NoSQLと呼ばれていた、Cosmos DBは、複数のデータ・モデルや、問い合わせAPIをサポートする、グローバルな、分散クラウド・データベースである。

 Microsoftは、開発者が、コストをかけることなく、Azure Cosmos DBを、容易に、評価し、Azure Cosmos DBを使用した、自分たちのアプリをテストできるようにするという。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年9月14日 (木)

Oracleが、AI、仮想現実で、IoTクラウド・ポートフォリオを強化する。 '17.09.14

【Oracleが、AI、仮想現実で、IoTクラウド・ポートフォリオを強化する。】 '17.09.14

 Oracleは、最新の動向が、企業が、IoTデバイスから収集している、あらゆるデータから、より多くの洞察と価値を得るのを支援すると述べた。 2017年8月31日

Eweek8
 By David Needle、eWEEK

 IoTデバイスは、多くのデータを収集するが、IoTデバイスを展開する企業は、IoTデバイスやアーカイブされたデータにおける、自分たちの投資への、十分な見返りを見ていない。

 これが、Oracleが、本社で、今週、紹介したことの、主なテーマであった。

 Oracleは、企業が、展開した、あらゆるセンサーや、IoTデバイスから、より多くの価値を得るのを支援するよう、設計されている、新機能を詳説した。

 IoTは、ハイプ・サイクルのトップにある。

 数10億のデバイスが、インターネットに、接続されるようになるが、これらのデバイスは、今日、あまり多くのデータを収集していない。

 Oracleの最新のクラウド・サービスは、このデータの欠乏に対応することを意味している。

 Oracle IoT Cloudは、顧客に、IoTの運用(例えば、工場の生産ライン)への、視覚性を、顧客に提供するよう、設計された、人工知能(AI)とマシン学習機能が含まれている。

 Oracle IoT Cloudは、工場に設置されている、装置や、組み立てる部品などへの、予測的な洞察を得るために使用される。

 「IoTクラウド・サービスで、資産を監視する。」紹介ビデオ

 このシステムのオペレーショナルな分析は、工場の生産ラインの異常を検出したり、装置が故障するのを予測したり、適切な処置を推奨したりする。

 Oracleは、知的な遠隔モニタ、故障の予測、無線を使用した修理、および、動的な技術者の派遣といった特徴を持つ、産業アプリ、Digital Field Serviceを発表した。

 このシステムは、装置の修理で、技術者をガイドするのを助けるために、拡張現実(AR)を利用している。

 他のシステム、Digital Fleet Managementは、リアルタイムな出荷の追跡、リスク管理、および、物流の同期を提供する。

 Oracleは、IT向けに設計された、他のサービスやデータベースの技術で、よく知られているが、同社は、IoTへの取り組みが、業種向けに設計されていることを強調している。

 Oracleは、業務への洞察を得るために、データ科学者を必要としないで、アプリを容易にしたり、ワークフローを自動化したりするのを支援していく。

 OracleのIoTクラウドは、同社が、他のビジネス・システムと統合する、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」プラットフォームである。

 今年の初めに、Oracleは、4種類のアプリ(IoT Asset Monitoring Cloud、IoT Connected Worker Cloud、IoT Fleet Monitoring Cloud、および、IoT Production Monitoring Cloud)を発表した。

 出荷されたばかりの、Connected Workerは、安全とコンプライアンスへの順守のために、現場の従業員を追跡する。

 現場の修理のために、OracleのDigital Twin機能は、企業が、使い過ぎて、部品がオーバーヒートするといった時に、潜在的な故障を予測するために、テストできるようにする、資産の仮想的なコピーを作成できるようにする。

 デモにおいて、Oracleは、ある企業が、現場のスタップを訓練し、支援するために、Digital Twinを使用する方法を紹介した。

 Digital Twinは、企業が、ビジネスにおける、資産の仮想的なコピーを作成し、資産の現在の状態への多面的な視野を提供できるようにする。

 企業は、物理的なデバイスを使用したり、設備投資を削減したりすることなく、何らかの状況を仮定したシナリオを実行し、対話することがきる。

 他のデモにおいて、Oracleは、作業現場で、資産を管理するのを支援するために、仮想現実(VR)を使用する、Smart Connected Factoryという方法を紹介した。

 Oculus VRヘッドセットを使用して、管理者は、世界各地の施設を、仮想的に、巡回し、点検することができる。

 架空の風車製造施設のデモにおいて、管理者が、例えば、製品ラインの83%が、稼働しており、10%が、使用されておらず、残りは停止していることを知ることができることを紹介した。      

 管理者は、生産ラインの稼働状況を、先週の稼働状況と比較し、分析を実施し、遠隔システムと、直接、コミュニケートすることで、生産ラインを最適化することができるようになる。

 Oracleは、ヨーロッパに、仮想現実(VR)能力を使用することを開始している、企業顧客を持っているというが、現時点では、この企業顧客の名前を明らかにしていない。

 仮想現実(VR)環境は、離れた場所にある施設へ、物理的に行く必要なく、遠隔地にいる人を訓練できるようにための方法を提供する。

 ベストセラーのアプライアンス

より以前の記事一覧

最近の記事

ウェブページ

広告2