eWEEK

2021年1月21日 (木)

Qualcommの最も興味のある、新しいスマートフォン関連の技術(2)'21.01.21

【Qualcommの最も興味のある、新しいスマートフォン関連の技術(2)】'21.01.21

 2021年には、ネットワーク基盤と、5G対応のスマートフォンの両方が、大幅に改善されるだろう。2020年12月10日

 By Rob Enderle、eWEEK

 2021年には、5Gのネットワーク基盤が、さらに改善され、5Gをサポートした、スマートフォンの販売が増えるだろう。

 2021年における、スマートフォンのコンセプトを見るため、筆者らは、オンラインで開催された、Qualcommの、アナリスト向けのイベントに参加した。

 Qualcommによると、2021年のプレミアム・スマートフォンが、これまで以上に、大きく進歩するという。

 他の製品よりも際立っている、製品の1つには、「Qualcomm Sensing Hub」がある。

 Qualcomm Sensing Hubは、さまざまなセンサーからのデータを統合して処理するのに役立つ、マイクロ・コントローラー・ユニット/コプロセッサー/DSPである。

 Qualcommによると、Qualcomm Sensing Hubの技術は、センサーからのデータを統合して処理する作業を、CPUからオフロードするのに役立ち、バッテリーの消費を節約し、性能を向上させるという。

 「Qualcomm Sensing Hub」は、私たちの多くが望んでいたことに気づかなかった、いくつかの機能を提供する。

    (続き)

・「Qualcomm Sensing Hub」

 Qualcomm Sensing Hubは、さまざまなセンサーからのデータを統合して処理するのに役立つ、マイクロ・コントローラー・ユニット/コプロセッサー/DSPである。

 Qualcommによると、Snapdragon 888のような、ハイエンド・チップを搭載した、スマートフォンで、AIアルゴリズムを実行するには、従来のCPUとは、まったく異なるハードウェアが必要になるという。

 そのため、同社は、Snapdragon 888で、スマートフォンに搭載された、さまざまなセンサーで収集される、データを処理するのに役に立つ、第2世代の「Qualcomm Sensing Hub」を実装した。

 これにより、スマートフォンのAI性能が、大幅に向上し、AIアルゴリズムを、高速、かつ、低消費電力で実行できるようになり、スマートフォンは、よりスマートになる。

Eweek0a_20210121114901


 スマートフォンには、GPS、磁気、加速度、ジャイロ、環境光、近接、指紋といった、さまざまなセンサーが、搭載されている。

 スマートフォンのセンサーは、ユーザの周囲を認識するために、動き、位置、環境といった、さまざまな情報を収集のに使用されている。

 例えば、スマートフォンは、センサーとアプリを使用して、ユーザの動きを追跡したり、歩数をカウントしたり、ユーザを認証したりすることができる。

 センサーを利用する、代表的なアプリには、カーナビ、乗り物の乗り換え案内、非接触決済、指紋認証や顔認証、対話型ゲームなどがある。

 スマートフォンは、コミュニケーション&コラボレーション・ツール、Webブラウザ、生産性アプリ、ストリーミング・メディアの再生、ゲームなどだけでなく、スマートなコンパニオンとしても、利用できるようになる。

 例えば、ユーザは、大きな駐車場で、車を置いた場所を記憶しなければならない場合もあるだろう。

 このような場合、スマートフォンは、ユーザに、車の位置を、教えてくれるようになる。

・まとめ

 Qualcommは、高性能なSnapdragon 888プロセッサが、2021年に、プレミアム・スマートフォンの改善にとって、有用になることを示唆している。

 Qualcommによると、高性能なSnapdragon 888プロセッサ、さまざまなセンサー、「Qualcomm Sensing Hub」、および、AI技術で、スマートフォン・メーカやソフトウェア・ベンダは、デジタル・アシスタントのような、スマートフォンの代表的なアプリの機能や性能を、大幅に改善できるようになるという。

 Qualcommによると、中でも、さまざまなセンサーからのデータを統合して、処理するのに役立つ、「Qualcomm Sensing Hub」が、最も重要な役割を果たすようになるという。

デル株式会社

2021年1月20日 (水)

Qualcommの最も興味のある、新しいスマートフォン関連の技術(1)'21.01.20

【Qualcommの最も興味のある、新しいスマートフォン関連の技術(1)】'21.01.20

 2021年には、ネットワーク基盤と、5G対応のスマートフォンの両方が、大幅に改善されるだろう。2020年12月10日

 By Rob Enderle、eWEEK

 2021年には、5Gのネットワーク基盤が、さらに改善され、5Gをサポートした、スマートフォンの販売が増えるだろう。

 2021年における、スマートフォンのコンセプトを見るため、筆者らは、オンラインで開催された、Qualcommの、アナリスト向けのイベントに参加した。

グラフ1)2019年3Qと2020年3Qにおける、世界のスマートフォン用チップセットの市場シェア

ベンダ      2019年3Q 2020年3Q

MediaTek      26%    31%
Qualcomm      31%    29%
Hisil Icon      12%    12%
Samsung       16%    12%
Apple         11%    12%
Unisioc         3%      4%

Eweek0e

 ソース:Counterpoint

 Qualcommによると、2021年のプレミアム・スマートフォンが、これまで以上に、大きく進歩するという。

 他の製品よりも際立っている、製品の1つには、「Qualcomm Sensing Hub」がある。

Eweek0a_20210120133001


 「Qualcomm Sensing Hub」は、さまざまなセンサーからのデータを統合して処理するのに役立つ、マイクロ・コントローラー・ユニット/コプロセッサー/DSPである。

 Qualcommによると、「Qualcomm Sensing Hub」は、センサーからのデータを統合して処理する作業を、CPUからオフロードするのに役立ち、バッテリーの消費を節約し、性能を向上させるという。

 「Qualcomm Sensing Hub」は、私たちの多くが望んでいたことに気づかなかった、いくつかの機能を提供する。

Eweek0c_20210120133801


 2021年における、スマートフォン関連の進歩の簡単な概要

 2021年に、5Gのネットワーク基盤と5Gをサポートしたスマートフォンの両方が、大幅に改善されるだろう。

 Qualcommは、スマートフォンを使用して、1秒間に、最大120枚のハイダイナミック・レンジの写真を鮮明に撮影できる機能と、これまでにないレベルの、自動フレーミング機能や自動編集機能を、AI技術で、大幅に改善することに取り組んでいる。

 プロトタイプのスマートフォンを使用して撮影した写真は、プロ向けのカメラを使用して撮ったショットと、同等のレベルであり、薄暗い場所でも、ハッキリとした写真を撮ることができる。

 これは、スマートフォンのカメラの性能だけでなく、AI技術が、貢献しているようだ。

 ゲームの分野は、スマートフォンでも進歩しており、性能レベルは、既存のゲーム機に匹敵し、非常に低い遅延と、4Kで、毎秒90フレームを超える性能が、実現されている。

 Qualcommは、既に、AI技術を使用して、GPUの負荷を最大40%削減することで、実験レベルで、毎秒144フレームを達成している。

 これにより、ユーザは、Qualcommの技術を組み込んだ、ハイエンドのスマートフォンで、動くターゲットを、ハッキリと撮影できるようになるようだ。

 ちなみに、Qualcommは、専用のAIプロセッサを使用して、AIの性能を、15TOPS(1秒間に15兆回の演算が可能)から、26TOPS(1秒間に26兆回の演算が可能)に移行している。

 これで、スマートフォンは、さらにスマートになり、写真やビデオやグラフィクスの画質や音質が、大幅に向上し、負荷の高いアプリも、あまりストレスなく、利用できるようになる。

 「第6世代のQualcommの、AIエンジンの紹介」ビデオ

      (続く)

デル株式会社

2021年1月 4日 (月)

2020年に、有り方が、定義された、ラップトップと、代表的なメーカ(3)'21.01.04

【2020年に、有り方が、定義された、ラップトップと、代表的なメーカ(3)】'21.01.04

 代表的なメーカが、2020年における、ラップトップの有り方を定義した。2020年12月22日

 By Rob Enderle、eWEEK

 2020年は、コロナウィルスのパンデミックにより、社会の状況が、激変した結果、家庭で仕事をしたり、学習をしたりすることが、ニューノーマル(新たな、日常のこと)になった。

 例えば、在宅学習や在宅勤務が増えてきて、新たな生活が、定義され、それに対応して、ラップトップの有り方も、新たに定義されてきた。

 このような状況で、人々は、多くの時間を、自分の家で過ごし、必要に応じて、会社や学校などにいくようになってきたので、特に、モバイル・ユーザ向けの、会社や学校でも、利用できる、携帯性が良く、移動中にも、どこでも使える、ラップトップの、有り方が定義されてきた。

 2020年における、最良なラップトップPCのリストを紹介する。

      (続き)

5.Dell XPS 17

Eweek1g


 時々、出社する必要がある、在宅勤務者である、筆者が、レビューした製品の中で、Dell XPS 17は、最も気に入った、ラップトップであった。

 例えば、ユーザは、Dell XPS 17を使用して、出勤日に、オフィスから、家にいる、子供やペットを、時々、監視することができる。

 薄くて、軽く、大きなバッグに入れて、持ち運ぶこともできるが、17インチの大きなディスプレイを持ち、グラフィックス性能を向上させている、Dell XPS 17で、ユーザは、あまりストレスを感じることなく、作業でき、同僚などと、ビデオ会議やチャットをしたり、ストリーミング・コンテツやゲームなどを楽しんだり、することもできる。

 この大画面のディスプレイの、Dell XPS 17ラップトップは、ユーザの在宅環境のニーズを、より適切に満たすよう、設計されている。

 Dell XPS 17は、私が使用した、持ち運びできる、すべてのラップトップ製品の中で、17インチと、ディスプレイが、最も大きかった。

 筆者の経験によると、Dell XPS 17は、持ち運びに十分な軽量で、1回充電すれば、通常的な使用で、1日中使用できる、バッテリー寿命があったので、外出先で、電源プラグを探す必要はなかった。

 筆者は、Dell XPS 17の、入力しやすい、カーボンファイバー製のキーボードが、気に入っていた。

 筆者は、現在のような状況において、Dell XPS 17は、持ち運びができ、高性能で、ディスプレイが大きく、使いやすい、ラップトップの新しい基準の1つだと思った。

 「Dell XPS 17のレビュー」紹介ビデオ

デル株式会社

2021年1月 3日 (日)

2020年に、有り方が、定義された、ラップトップと、代表的なメーカ(2)'21.01.03

【2020年に、有り方が、定義された、ラップトップと、代表的なメーカ(2)】'21.01.03

 代表的なメーカが、2020年における、ラップトップの有り方を定義した。2020年12月22日

 By Rob Enderle、eWEEK

 2020年は、コロナウィルスのパンデミックにより、社会の状況が、激変した結果、家庭で仕事をしたり、学習をしたりすることが、ニューノーマル(新たな、日常のこと)になった。

 例えば、在宅学習や在宅勤務が増えてきて、新たな生活が、定義され、それに対応して、ラップトップの有り方も、新たに定義されてきた。

 このような状況で、人々は、多くの時間を、自分の家で過ごし、必要に応じて、会社や学校などにいくようになってきたので、特に、モバイル・ユーザ向けの、会社や学校でも、利用できる、携帯性が良く、移動中にも、どこでも使える、ラップトップの、有り方が定義されてきた。

 2020年における、最良なラップトップPCのリストを紹介する。

     (続き)

3.Microsoft Surface Pro X
Eweek1s


 ARMアーキテクチャのプロセッサーを生産している、Qualcommと、Windowsオペレーティング・システムを提供している、Microsoftは、「Always Connected PC(常時、インターネットに接続されたPC)」と呼ばれる、イニシアティブを開始した。

 この「Always Connected PC」イニシアティブで作成した、参照デザインに準拠した、ラップトップ製品は、Microsoftの「Surface Pro X」が最初であった。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Surface Pro Xは、特に、同様に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Appleの、iPod Proに対抗するために、作成された。

 Microsoftの従来のSurface Proは、Intelのx86アーキテクチャのプロセッサを搭載していたので、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Appleの、iPad Proよりも、性能は良いが、消費電力が多く、バッテリーの寿命は、短かった。

 今回、Microsoftは、従来の、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Surface Proよりも、軽く、消費電力が少なく、バッテリー寿命が長い、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Surface Pro Xを開発した。

 このSurface Pro Xは、「Always Connected PC」イニシアティブで、作成した、参照デザインに準拠した、最初のラップトップ製品であったが、性能は、従来のIntelのx86アーキテクチャを搭載した、Surface Proほどではなく、Microsoftストアで提供されている、Windowsアプリしか、利用できない。

 このSurface Pro Xは、いつでも、どこでも、インターネットに接続でき、常に、利用できる、モバイル・ユーザ向けの、「Always Connected PC」準拠の製品である。

 このSurface Pro Xを使用して、ユーザは、家庭でも、オフォスでも、仕事ができ、例えば、外出中にも、子供やペットを見ることもできる。

 この製品は、タブレットとしても、使用したい、ユーザのニーズに合った、2-in-1仕様のラップトップである。

Eweek1t

 結果として、Microsoftは、モバイル・ユーザ向けに、カスタムARMアーキテクチャのプロセッサ・チップを搭載した、2-in-1仕様のラップトップPC、Surface Pro Xを設計した。

 このSurface Pro Xは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、AppleのMacBookの設計コンセプトと似ている。

  「最新の、Microsoft Surface Pro Xの紹介」ビデオ

4.Lenovo ThinkPad X1 Fold

Eweek1f_20210104083801


 このラップトップは、間違いなく、2020年に、市場に投入するために、最も革新的なデザインである。

 Lenovoは、デュアル・ディスプレイを開閉できる、フォルダブルな、2-in-1ラップトップ、ThinkPad X1 Foldで、この分野で、革新的なリーダになった。

 Lenovo ThinkPad X1 Foldは、間違いなく、フォルダブルなスクリーンを持つ、現在、最良のラップトップである。

 「Lenovo ThinkPad X1 Fold」の紹介ビデオ

 このLenovo ThinkPad X1 Foldは、よりモジュール化された方法で、作成されている、モバイル・ユーザ向けの、ラップトップ製品である。

 この開閉できる、ディスプレイを持ち、モジュール化された、Lenovo ThinkPad X1 Foldは、ユーザが、さまざまな形にして、自分の目的に合った方法で、利用できるようにしている。

 例えば、ユーザは、ThinkPad X1 Foldの、キーボードを取り外して、ミニ・デスクトップとして、利用したり、折り畳み可能なディスプレイを、上下に開いて、ノートPCとして利用したり、左右に開いて、本のように利用したり、フラットに開いて、タブレットとして利用したり、できるようになる。



Eweek1v_20210104083101
 
Eweek1u_20210104083101

 また、ユーザは、テント型やスタンド型にして、ストリーミング・ビデオを見たり、ビデオ・チャットしたり、することもできるようになる。


Eweek1e_20210104082801
 
Eweek1d


 このLenovo ThinkPad X1 Foldは、折り畳むことができるので、小さなバッグに入れて、持ち運ぶこともできる。

 筆者が、レビューした中で、Lenovo ThinkPad X1 Foldは、最も、素晴らしい製品であった。

 このLenovo ThinkPad X1 Foldは、ユーザの必要に応じて、開閉して、利用できる、将来のラップトップの、最もよい参考になる。

 Lenovo ThinkPad X1 Foldは、携帯性を改善しながら、拡張性のある、柔軟性を向上させる。

 ちなみに、Lenovoは、ビジネス向けの業界標準のPCを開発した、IBMのPC部門を、2005年に買収している。

 「Lenovo ThinkPad X1 Foldのレビュー」ビデオ

      (続く)

デル株式会社

2020年12月15日 (火)

2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンド(4)'20.12.15

【2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンド(4)】'20.12.15

 2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンドを紹介する。2020年12月7日

 By eWeek Editors

 eWEEKは、2社のトレンディーな企業、EY AmericasとAlgorithmiaが示した、考察から、2021年に対する、洞察を提供する。

 2020年の、eWEEKの予測における、最新の洞察は、EY AmericasのDave Padmos氏と、AlgorithmiaのCEOの、Diego Oppenheimer氏からの、情報に基づいている。

 IBMに買収された、EYは、IBM Watson Discoveryにより、サポートされた、IBM Cloudに、ホストされた、人工知能(AI)プラットフォーム、EY Diligence Edgeを作成している。

 Algorithmiaは、組織のために、「MLOps」を自動化する、機械学習モデルの展開と管理ソリューションである。

 2社のトレンディな会社、EY AmericasとAlgorithmiaの考えに基づいて、2021年に対する、洞察を紹介する。

    (続き)

6.EY Americasの考える、トレンド:データ保護と廃棄は、重要性を増すだろう。

 ITセキュリティが、これまで以上に重要になった時代は、ないだろう。

 データのプライバシーとセキュリティに対する懸念は、2021年に、さらに、増加するだろう。

 EY Americasが調査した、米国の消費者の75%は、信頼できるWebサイトを使用している場合でも、個人情報や財務情報の開示に、慎重であると回答していた。

 ただし、米国の他の消費者は、最近のデータ・プライバシー規制と、その影響に、気づいていなかった。

 データの配置は、企業の全体的な、ガバナンスの取り組みにとって、ますます重要になるだろう。

 堅牢な、データ処理プログラムを構築するには、戦略的な意思決定と考慮、および、さまざまな主な利害関係者との入力と統合が、要求される。

 データの処分には、データの所有者、コンプライアンス、法務、IT、サイバー・セキュリティが、データの廃棄と保持の要件を同時に満たしながら、業務を行えるようにするための戦略を立案する必要がある。

7.EY Americasの考える、トレンド:データ処理プラットフォームが、中心になるだろう。

 すべての企業は、ビッグデータに取り組む必要があるだろう。

 ただし、ビッグデータは、1980年代に造られた用語で、今では、あまり使われていない。

 現在、データの維持と保存のためのコストは、クラウド・ストレージ・サービスが、一般的になってきたので、他のコストと比較して、取るに足らないものになりつつある。

 ただし、データを理解して、利用しようとするときに生じる、複雑さは、デジタル変革ンを成功させる上で、最大の障害となることがよくある。

 単純明快で、ほとんどの企業は、データを無視しているため、複雑さが生じており、データ自体を管理し、理解するだけでなく、データを処理するために構築された基盤となる、多面的なシステムに、複雑さが、もたらされる。

 レガシー・ビジネスにおける、データの価値は、数10億ドル規模のエンティティとして、出現している、最近のスタートアップによって、さらに明白にされている。

 皮肉なことに、これらのスタートアップは、レガシー・ビジネスに代わって、複雑なセット、プール、データのレイクへの洞察を得るための、基盤、アプリ、および、ツールを提供している。

 今後、企業は、データ、ビジネス・プロセス、および、システム間の関係を、より明確に理解する必要があるだろう。

 エコシステムを実現し、分析と洞察を導き出し、さらに、自動化と新しい技術(機械学習やブロックチェーンなど)を提供するための、費用効果が高く、効率的なソリューションを提供する、データ固有のプラットフォームの必要性は、効率的なデータ処理プラットフォームとソリューションを設計することによって達成されるだろう。

 「2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンドのリスト」

1.EY Americasの考える、トレンド:消費ビジネス・モデルの使用が、増加するだろう。

2.EY Americasの考える、トレンド:販売とマーケティングは、新たな営業モデルをサポートするために、変革するだろう。

3.EY Americasの考える、トレンド:信頼できる、より多くの「サービスとしての、ソフトウェア(SaaS)」製品が開発され、クラウドで提供される。

4.EY Americasの考える、トレンド:クラウドへの投資が、さらに加速し、クラウドが、さらに進化するだろう。

5.EY Americasの考える、トレンド:サプライチェーンの迅速な対応が、より重要になるだろ。

6.EY Americasの考える、トレンド:データ保護と廃棄は、重要性を増すだろう。

7.EY Americasの考える、トレンド:データ処理プラットフォームが、中心になるだろう。

デル株式会社

2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンド(3)'20.12.15

【2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンド(3)】'20.12.15

 2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンドを紹介する。2020年12月7日

 By eWeek Editors

 eWEEKは、2社のトレンディーな企業、EY AmericasとAlgorithmiaが示した、考察から、2021年に対する、洞察を提供する。

 2020年の、eWEEKの予測における、最新の洞察は、EY AmericasのDave Padmos氏と、AlgorithmiaのCEOの、Diego Oppenheimer氏からの、情報に基づいている。

 IBMに買収された、EYは、「IBM Watson Discovery」により、サポートされた、IBM Cloudに、ホストされた、人工知能(AI)プラットフォーム、「EY Diligence Edge」を作成している。

 Algorithmiaは、組織のために、「MLOps」を自動化する、機械学習モデルの展開と管理ソリューションである。

 2社のトレンディな会社、EY AmericasとAlgorithmiaの考えに基づいて、2021年に対する、洞察を紹介する。

    (続き)

5.EY Americasの考える、トレンド:サプライチェーンの迅速な対応が、より重要になるだろ。

 サプライチェーンとは、製品の原材料・部品の調達から、製造、在庫管理、物流、販売までの、一連の流れのことである。

 コロナウィルスのパンデミックは、サプライチェーンに、可能な限り、回復力のあることが、重要なことを教えてくれた。

 完全に変革された、サプライチェーンが、どのように見えるか、サポートするために必要な技術は何か、を理解するために、企業は、サプライチェーンの「迅速対応チーム(RRT)」を結成するだろう。

 「迅速対応チーム(RRT)」は、製造、運輸、部品やコンポーネントの混乱、および、需要の減少、あるいは、増加に備えるために、複数のシナリオを想定しよう。

 サプライチェーンのコストを削減しなければならないことが、2021年の企業にとって、おそらく、最も差し迫った課題になるだろう。

 サプライチェーンのコストを削減するために、企業は、調達戦略、製造と物流のフットプリントを、合理化し、最適化して、サプライチェーンを、機敏で、ネットワーク化されたエコシステムに変換するようになるだろう。

 高度にスケーラブルなシナリオ・プランニングは、サプライチェーンのオペレータにとって、不可欠になるだろう。

 また、5G移動通信ネットワークは、設備や装置などの、保守や維持管理、品質管理、在庫管理といった、さまざまな業務を、より効率化し、スマート工場ソリューションを可能にするのに、有効だろう。

 例えば、企業は、各種センサーから、インターネットを介して収集した、データを活用して、生産プロセスから、物流、販売まで、各項目を監視し、管理者が、隠れたダウンタイム・リスクを、より確実に理解し、歩留まり、在庫、および、物流などの効率を、さらに向上させることが、可能になる。

    (続く)

デル株式会社

2020年12月14日 (月)

2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンド(2)'20.12.14

【2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンド(2)】'20.12.14

 2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンドを紹介する。2020年12月7日

 By eWeek Editors

 eWEEKは、2社のトレンディーな企業、EY AmericasとAlgorithmiaが示した、考察から、2021年に対する、洞察を提供する。

 2020年の、eWEEKの予測における、最新の洞察は、EY AmericasのDave Padmos氏と、AlgorithmiaのCEOの、Diego Oppenheimer氏からの、情報に基づいている。

 IBMに買収された、EYは、IBM Watson Discoveryにより、サポートされた、IBM Cloudに、ホストされた、人工知能(AI)プラットフォーム、EY Diligence Edgeを作成している。

 Algorithmiaは、組織のために、「MLOps」を自動化する、機械学習モデルの展開と管理ソリューションである。

 2社のトレンディな会社、EY AmericasとAlgorithmiaの考えに基づいて、2021年に対する、洞察を紹介する。

   (続き)

3.EY Americasの考える、トレンド:信頼できる、「サービスとしての、ソフトウェア(SaaS)」製品を開発して、クラウドで提供する。

 「サービスとしての、ソフトウェア(SaaS)」製品と営業のリーダにとって、重要なことは、ソフトウェアの開発と、同様の厳密さで、SaaS製品のパッケージを開発し、クラウドで提供することである。

 代表的な、700社の技術企業を対象とした、最近のEY Americasのグローバルな調査によると、より良いパッケージを作成することが急務になっていることが分かった。

 ソフトウェア・ベンダの回答者は、購読ベースの販売へ移行し、SaaSとして提供する上での、上位3つの課題は、価格設定モデルの適応、ソリューション、または、統合サービスの定義、および、顧客への説得力のある価値の提案であると述べた。

 これら3つの課題は、すべて、売り手のニーズを満たすために、顧客への説得力のある、価値の提案が、できるようにする、SaaSパッケージをデザインすることを中心に、展開される。

 2021年には、ソフトウェア・ベンダは、SaaSパッケージ市場に適合させるための、準備をすることにより、収益を改善する機会を、より適切に特定できるようになる。

 これらのSaaSパッケージ製品は、引き続き改善されているため、営業チームの再トレーニングが、引き続き必要になる。

4.EY Americasの考える、トレンド:クラウドへの投資が、さらに加速し、クラウドが、さらに進化する。

 COVID-19の危機以前のEYの調査によると、企業の60%が、2018年と2019年に、技術への投資の、最も大きな割合を、クラウドへの投資が占めていると回答し、企業の53%が、今後、2年間に、最も大きな割合を、クラウドへの投資が、占める可能性が高いと回答している。

 COVID-19の危機が続き、在宅勤務が、一般的になり、遠隔地での作業をサポートする、技術への支出と、クラウドへの投資が急増している。

 クラウド・サービスは、進化を続けるので、成熟したデジタル企業でさえ、コストを最適化し続けながら、クラウドへの支出を効率的に管理しなければならない、という課題を持っている。

 クラウドは、もはや最先端の技術の実験ではない。

 実際、クラウドは、ビジネス要件であり、より優れた経済性と、さらなる革新を促している。

 次に、企業は、データ分析、人工知能(AI)、ソフトウェア・ロボットといった、クラウド対応機能を利用して、コストを削減したり、新しいクラウド・サービスから収益を生み出したりすることに、取り組んでいる。

   (続く)

デル株式会社

2020年12月10日 (木)

2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンド(1)20.12.10

【2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンド(1)】'20.12.10

 2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンドを紹介する。2020年12月7日

 By eWeek Editors

 eWEEKは、2社のトレンディーな企業、EY AmericasとAlgorithmiaが示した、考察から、2021年に対する、洞察を提供する。

 2020年の、eWEEKの予測における、最新の洞察は、EY AmericasのDave Padmos氏と、AlgorithmiaのCEOの、Diego Oppenheimer氏からの、情報に基づいている。

 IBMに買収された、EYは、IBM Watson Discoveryにより、サポートされた、IBM Cloudに、ホストされた、人工知能(AI)プラットフォーム、EY Diligence Edgeを作成している。

 Algorithmiaは、組織のために、「MLOps」を自動化する、機械学習モデルの展開と管理ソリューションである。

 2社のトレンディな会社、EY AmericasとAlgorithmiaの考えに基づいて、2021年に対する、洞察を紹介する。

1.EY Americasの考える、トレンド:消費ビジネス・モデルの使用が、増加するだろう。

 技術会社のための、「従来の販売モデル」から、「消費ベースの販売モデル」への、業界の移行は、加速を続けるだろう。

 「消費ベースの販売モデル」への移行は、顧客と技術会社の両方が、利益を得られる、「ウィン・ウィン」の関係にあることを意味する。

 「消費ベースの販売モデル」への移行には、顧客は、消費した分だけ、対価を支払うだけでよく、初期の導入コストや、移行コストや、維持管理コストは、ほとんどかからず、最新の技術を維持することもできるという、利点がある。

 技術会社は、新たな製品に投資するために、キャッシュ・フローを生む、継続的な売上の流れと、持続可能性を、得ることができる。

 「消費ベースのビジネス・モデル」は、使用した量や、使用した時間だけ、対価を支払う、「ペイパーユース・モデル」に基づいている。

 「消費ベースのビジネス・モデル」市場は、2021年にも、進化を続けるだろう。

2.EY Americasの考える、トレンド:販売とマーケティングは、新たな営業モデルをサポートするために、変革するだろう。

 消費者ベースのビジネス・モデルは、データ駆動型の見込み顧客(リード・ジェネレーション)を獲得する上で、より強力な役割を持つため、営業、マーケティング、外部のパートナー、および、バックオフィス間に、より強力なコラボレーションが要求される。

 EY Americasの調査によると、殆どの企業は、消費モデルに、移行しているが、マーケッターの56%だけが、「マーケティング部門は、デジタル市場へ参入する準備をしている。」と回答していた。

 消費者ベースのビジネス・モデルを、効果的に採用するために、企業は、自分たちの販売とマーケティング機能、財務計画と分析、売上の認識、および、デジタル・サプライ・チェーンといった、変革プロセスを、再調整するだろう。

 筆者らは、企業が、トランザクション販売モデルから、長期的な顧客の成功、継続的な採用、および、新たなパートナーシップに、焦点を合わせられる、継続的な関係管理に、移行するのを見るだろう。

 技術会社の成功は、顧客が、製品を使用することによる成功と、これまで以上に、密接に関係するだろう。

 言い換えると、顧客が、製品を使用して、便利になったり、利益を出したりして、製品に満足すると、技術会社の評価が上がり、成功する可能性がある。

   (続く)

デル株式会社

2020年12月 9日 (水)

さまざまな規模の企業のための、9種類の仮想イベント・プラットフォーム(4)'20.12.09

【さまざまな規模の企業のための、9種類の仮想イベント・プラットフォーム(4)】'20.12.09

 さまざまな規模の企業向けの、9種類の仮想イベント・プラットフォームを紹介する。2020年11月25日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 世界的なCOVID-19パンデミックで、多くのイベントやコンファレンスが、中止され、仮想的なオンライン・イベントやオンライン会議が、開催された。

 企業が、仮想的なイベントを主催することを考慮していれば、これから紹介する、9種類のイベント・プラットフォームの採用を考慮しよう。

 仮想イベント、あるいは、仮想会議を主催することは、楽しく、興味深い顧客経験を提供できるようにする方法を提供する、優れたプラットフォームになる。

 しかし、これから紹介する、9種類のプラットフォームは、自分たちのイベントを、スムーズに運営する方法が、すべて異なっている。

 仮想的なイベントや会議を運営する、担当者は、要件を整理して、以下の仮想イベント・プラットフォームの採用を検討しよう。

    (続き)

7.SpotMe

Eweek07


 SpotMeは、仮想イベントで、参加者の興味や期待を向上させる方法を探している、企業の担当者に対する、選択肢の1つになる、仮想イベント・プラットフォームである。

 このSpotMe仮想イベント・プラットフォームは、ライブのQ&A、会議室、評価、および、調査のような、参加者の興味を引くための、エンゲージメント・ツールを提供する。

 参加者は、仮想ブースで、さまざまなベンダと会話したり、他の参加者と、デジタルな名刺を交換したり、できるようになる。

 また、SpotMeは、参加者に、個人的な、アラートを送るので、アラートを受け取った参加者は、再度、SpotMeのブースに戻ってくる可能性が高くなる。

 SpotMeは、個人化された、ブランディング・オプションで、企業の製品やサービスを、よく理解し、アピールできるような、イベントを作成できるようにする。

 仮想イベントの、さまざまなタイプの、テンプレートが用意されているので、ユーザは、最初から、仮想イベントを作成する必要はない。

 「SpotMeの仮想イベントのデモの紹介」ビデオ

8.Communique Conferencing

Eweek08


 Communique Conferencingは、仮想イベントの主催者が、仮想ブースで、参加者が、気に入るような、3次元(3D)のユーザ経験を提供できるようにする。

 参加者は、仮想ブースを訪問して、デモを見たり、対話的なライブのセッションに参加したり、することができる。

 Communique Conferencingは、信じられないほど、リアルに、ディスプレイに、仮想ブースに展示された、製品などを表示できるようにして、実際のトレード・ショーと、同じように、仮想ブースで、製品などを展示して、デモを披露したり、解説したり、質問に答えたり、できるようにする。

 このCommunique Conferencingは、仮想イベントで、参加者が、展示されている製品の解説を聞いたり、製品に関する質問をしたり、仮想ブースのスタッフと会話したり、できるようにして、参加者の関心を引くための、エンゲージメント・ツールを提供する。

 参加者は、仮想イベントの基調講演やセミナーを、リアルタイムに、ライブで視聴できるだけでなく、ポッドキャスト、あるいは、ウェビナーを通して、録画された、基調講演やセミナーを、都合に良い時に、視聴することもできる。

 ただし、ライブで、リアルタイムに、仮想イベントの基調講演とセミナーを視聴する場合、参加者は、質問することができるが、ポッドキャストやウェビナーを通して、録画された、仮想イベントの基調講演とセミナーを視聴する場合、参加者は、リアルタイムに質問することは、できず、質問は、適切な人(例えば、セミナーの講師など)に、エスカレーションされる。

 Communique Conferencingは、24時間365日、仮想イベントを作成する、ユーザをサポートすることができる。

 また、Communique Conferencingは、仮想イベントを作成するために必要な、ツールやリソースを、ユーザに提供する。

 ただし、仮想イベントを作成するユーザは、価格の見積りなど、具体的なことを知るために、仮契約を交わす必要がある。

 「Communique Conferencingの仮想イベント・プラットフォームの紹介」ビデオ

9.BigMarker

 Web会議やウェビナーを通して、学習したり、共有したりするための、Webブラウザ・ベースのオンライン・プラットフォーム、BigMarkerは、今後、仮想イベント、または、仮想コンファレンスを作成する、ユーザにとって、優れた選択肢になる。

 BigMarkerは、仮想イベントの分野における、リーダとして、知られている。

 BigMarkerは、仮想イベントを作成する、ユーザが、1日だけでなく、数日間の仮想イベントを開催できるようにする。

 このBigMarkerは、Google、McDonald’s、および、SoFiのような、よく知られたブランドと連携している。

 このBigMarkerは、HubspotやSalesforceのような、ポピュラーな顧客関係管理(CRM)などの業務ソフトと、統合されているので、ユーザは、シームレスに、利用できるようになる。

 このBigMarkerは、マーケティング・ツール、自動化機能、および、対話的なビデオを含む、さまざまな機能を持っている。

 BigMarkerは、顧客の満足度や、顧客のサポートに関して、高い評価を得ている。

 「BigMarkerのウェビナー・ソフトウェアの紹介」ビデオ

デル株式会社

さまざまな規模の企業のための、9種類の仮想イベント・プラットフォーム(3)'20.12.09

【さまざまな規模の企業のための、9種類の仮想イベント・プラットフォーム(3)】'20.12.09

 さまざまな規模の企業向けの、9種類の仮想イベント・プラットフォームを紹介する。2020年11月25日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 世界的なCOVID-19パンデミックで、多くのイベントや、コンファレンスが、中止され、仮想的なオンライン・イベントや、オンライン会議が開催された。

 企業が、仮想的なイベントを主催することを考慮していれば、これから紹介する、9種類のイベント・プラットフォームの採用を考慮しよう。

 仮想イベント、あるいは、仮想会議を主催することは、楽しく、興味深い顧客経験を提供できるようにする、方法を提供する、優れたプラットフォームになる。

 しかし、これから紹介する、9種類のプラットフォームは、自分たちのイベントを、スムーズに運営する方法が、すべて異なっている。

 仮想的なイベントや会議を運営する、担当者は、以下の仮想イベント・プラットフォームの採用を考慮しよう。

     (続き)

5.Whova
Eweek05


 Whovaは、「オンラインの仮想イベント」を、高度に対話的にすることに焦点を当てた、「仮想イベント」プラットフォームである。

 Whovaで、「仮想イベント」への参加者は、「ライブQ&A」、「ディスカッション掲示板」、「仮想交流会」、および、「セッション・フィードバック」といった機能を、利用できるようになる。

 「仮想イベント」への参加者は、どのデバイスからでも、仮想的なセッションに、参加できるようになる。

 「仮想イベント」の参加者間の、より深いつながりを育むための、コミュニティ・ボードや、参加者同士のチャット機能もある。

 これにより、「仮想イベント」の主催者や参加者は、この「仮想イベント」プラットフォームで優れた、投資利益率(ROI)を得られるようになる。

 「仮想コンファレンスと仮想イベント用のWhovaの紹介」ビデオ

6.6Connex

Eweek06


 6Connexは、2009年から存在している、「仮想環境」プラットフォームの、代表的な、プロバイダであり、最近では、「音声会議」、「Webキャスティング」、および、「仮想イベント」分野へと、機能を拡大させている。

 6Connexの「仮想環境」プラットフォームにより、企業は、世界中の顧客、パートナー、および、社内の従業員のコミュニティに、到達できるようになる。

 6Connexは、堅牢なトレードルームのショーフロアを提供し、参加者がブースをカスタマイズできるようにしている。

 6Connexは、参加者が、事前に、「仮想イベント」に登録できるようにしており、「仮想イベント」終了後に、主催者や、他の参加者と、容易にコミュニケートできるようにしている。

 また、6Connexは、「仮想イベント」が終了したときに、主催者が、「仮想イベント」の性能を追跡した結果、得られたデータを、分析できるようにしている。

 これにより、「仮想イベント」の主催者は、何がうまくいったかを評価し、改善する上で、役立てることが、できるようにする。

  参加者は、「仮想ブース」にアクセスし、デモを表示し、対話的なライブ・セッションに参加できるようになる。

 「仮想環境ソフトウェア、6Connexの紹介」ビデオ

    (続く)

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2