eMarketer

2020年11月16日 (月)

消費者は、メールから、何を望んでいるのだろう? '20.11.16

【消費者は、メールから、何を望んでいるのだろう?】'20.11.16

 ブランドが、消費者に、メールを送る場合、どのようなことに、気を付けたら良いのだろう?2020年10月12日

 by eMarketer Editors

 ブランドのマーケッターは、メールを受け取る、顧客が、欲しい情報を持つ、メッセージを考慮して、メールを送ることを考えるべきである。

 顧客指向のメールは、顧客の信頼を得て、顧客の満足度を向上させるために、最も適切である。

 2020年8月に、メール製品のプラットフォームのプロバイダ、DyspatchとSurveyMonkeyからの調査によると、米国の消費者は、マーケティングから送られてきたメールを参考にして、何かを購入する時に、適切な、新しい商品に関する情報を参考にすることが分かった。

マーケティングからのメールで、説明された製品を購入する、米国の大人が、回答した結果を紹介する。

メール製品のプラットフォームのプロバイダ、Dyspatch and SurveyMonkeyは、企業のマーケッターが、顧客に、マーケティングのメールを送ったときの、米国の大人の、回答した結果を分析した。

 米国の企業のマーケッターが、推奨した製品のタイプは、何かを尋ねた時に、

・米国の大人の59.4%が、自分の購入履歴に基づいた、情報を期待していると回答した。

・米国の大人の22.7%が、新たに出荷された製品に関する情報を期待していると回答した。

グラフ1)マーケティング・メールで紹介されている、製品を購入する、米国の大人は、どのような情報を期待しているか?

 2020年6月における、「マーケティング・メールに期待している情報は何か?」に関する質問に対する、マーケティング・メールで紹介されている、製品を購入する、米国の大人の回答の割合(%)

・購入履歴に基づいて、示唆した情報を要求している。59.4%

・新たに出荷された製品に関する情報を要求している。22.7%

・ランダムに選択された、製品に関して、まとめた情報を要求している。17.9%

Em1a_20201116213501


 ソース:Dyspatch、2020年8月7日

 消費者にとって、最も重要なのは、自分に関連した製品などの情報、個人的な利益(例えば、割引やクーポンなど)、および、何らかの行動を取る機会である傾向がある。

 マーケティング・メールを送る、企業のマーケッタが、すべて正しく行ったとしても、消費者は、しばしば、行動を起こすことを控える、傾向がある。

 2020年9月の、市場調査会社、Fluentの調査によると、米国の消費者の45%が、過去6ヶ月間に、プロモーショナルなメールを受け取ることはないと回答した。

グラフ2)プロモーショナルなメールを受け取った後に、米国の消費者が、取る行動は何か?

 2020年9月における、「プロモーショナルなメールを受け取った後に、米国の消費者が、取る行動は何か?」の質問に対する回答の割合(%)

取った行動と割合(%)

メールを送った、店舗や企業のWebサイトを訪問した。:20%

メールを送った、店舗の商品やサービス、企業の製品やサービスを購入した。:12%

メールを送った、店舗や企業を訪問した。:12%

プロモーションを共有した。:10%

何もしていない。:45%

Em1b_20201116213601

 ソース:Fluent,2020年9月16日

 米国の消費者が、マーケティングのメールを受け取ったときの行動に関する、Fluentの調査によると、

・米国の消費者の42%は、マーケティング用のメールは、時には有用、あるいは、常に有用である、と考えていると回答した。

・米国の消費者の33%は、これらのメールが、決して有用ではなかったと回答した。

・米国の消費者の64%は、メールの主題に、プロモーションと書かれている時に、そのメールを開くと回答した。

・米国の消費者の33%は、製品のレビューに関する、メールを受け取りたいと回答した。

 これは、消費者が、明確に定義された目的を持つ、メールを探している、事実により、信じられていると、Jeremy Goldman氏は述べた。

 詳細は、eMarketerのアナリストの、Insider Intelligenceでの、最新のレポート、「Email Marketing 2020」を参照のこと。

 ブランドは、メールで、コミュニケートすることについて、賢明でなければならない。

 米国の消費者の19%だけが、新しい製品に関する、情報を取得するために、「企業のマーケッタからの歓迎メール」を使用していると回答した。

 SparkPost and SurveyMonkeyによると、米国の消費者の60%が、新しい製品に関する、情報を取得するために、「Google検索」を使用しているという。

 ただし、Google検索で、見つけてもらう確率は、極めて低いので、マーケッタにとって、メールは、依然として重要である。

 米国の消費者は、ブランドから送られる、主要な製品の変更に関する通知に、期待している。

 米国の消費者の36%は、メールが、製品の変更について、知るための主要な方法であると述べている。

 これに対し、米国の消費者の約50%が、メールには、有用な情報や、興味のある情報が含まれていないので、メールの購読を解約したと回答した。

 ブランドは、マーケティング・メールで送る、自分たちのコンテンツに、注意しなければならない。

 ユーザは、マーケティング・メールに対し、質問や要望などに関するメールを返信したり、マーケッターに、質問や要望などに関する、メールを送信したり、できるようにする、対話的なメールを望んでいる。

 メールで、やりとりする、メッセージの長さは、通常、チャットで、やりとりする、メッセージの長さよりも、長いので、応答に時間がかかるが、メールの方が、マーケッターとの間で、詳細な情報をやり取りできるという、利点がある。

 これに対し、チャットには、すぐに、応答があるという、利点があるので、ユーザは、メールとチャットを、うまく使い分ける、必要がある。

 また、チャットには、テキスト・チャットの他に、音声チャットや、ビデオ・チャットがあるので、ユーザは、さまざまな方法で、マーケッターと対話できるようになってきた。

 さらに、AIマーケッター(チャットボット)が、ユーザと会話して、必要に応じて、適切な担当者に、エスカレーションするようにも、なってくるのだろう。

デル株式会社

2020年10月25日 (日)

米国の業界ごとの、デジタル広告への支出 '20.10.25

【米国の業界ごとの、デジタル広告への支出】'20.10.25

 米国のデジタル広告への総支出は、近年の急速な拡大から、停滞している、経済の状況において、急激に減少し、2020年は、前年から、わずか1.7%だけ増加する見込みである。2020年10月13日

 By eMarketer

 eMarketerによると、米国のデジタル広告の総支出は、コロナウィルスのパンデミックの危機的な状況で、経済が停滞しており、近年の急速な拡大から、急激に減少し、2020年は、前年から、わずか1.7%だけ増加する見込みだという。

 ただし、この一般的に、停滞している経済の状況には、業界ごとに、さまざまなレベルがある。

 eMarketerが、追跡している、米国の、いくつかの垂直市場は、依然として、比較的顕著な、デジタル広告への支出の増加をもたらすが、他の垂直市場は、前例のない速度で、減少している。

表1)2017年~2021年における、米国の業界ごとの、デジタル広告支出の増加率(%)

業界        2017年  2018年  2019年  2020年  2021年

情報家電      29.6%  29.1%   24.3%  18.0%   28.2%

医薬品        21.4%  21.7%    15.4%  14.2%   18.0%

通信サービス    24.7%  32.7%   26.4%  12.0%   23.0%

金融サービス    24.0%  29.4%   27.4%   9.7%   20.1%

日用消耗品     24.2%  22.7%   14.5%   5.2%   16.4%

小売         24.7%  23.8%   16.3%   3.1%   25.7%

娯楽         25.7%  36.1%   28.2%  -6.9%   20.7%

メディア       17.4%   21.5%   14.9%  -9.3%   14.2%

自動車       15.1%   17.0%   14.2%  -18.2%   21.4%

旅行         26.3%   29.1%   17.1%  -41.0%   15.3%

その他        27.0%  25.8%   17.8%   1.1%    14.0%

合計         23.2%   25.3%   19.4%   1.7%    21.1%

Em1_20201025130501

 ソース:eMarket、2020年8月

 米国の、ほぼすべての業界で、2020年は、デジタル広告への支出が鈍化するが、「小売業界」は、eコマースの採用が加速しているため、デジタル広告への支出は、3.1%だけ増加するし、282億3000万ドルになる見込みである。

デル株式会社

2020年10月19日 (月)

コロナウィルスのパンデミックの後に、米国のオフィス・ワーカが、オフィスに行く、最も主な理由は、何だろう? '20.10.19

【コロナウィルスのパンデミックの後に、米国のオフィス・ワーカが、オフィスに行く、最も主な理由は、何だろう?】'20.10.19

 Genslerが、2020年5月26日に、米国のオフィス・ワーカを対象に実施した、「コロナウィルスのパンデミックの後に、オフィスに行く、最も主な理由は何か?」という、アンケート調査の結果を、グラフで示す。

 By eMarketer

グラフ1)コロナウィルスのパンデミックの後に、米国のオフィス・ワーカが、オフィスに行く、最も主な理由は、何だろう?

理由                        回答の割合

フェイス・ツー・フェイスの対話          54%

同僚との、スケジュールされた会議      54%

同僚との、付き合い                54%

コミュニティの一部になるため          45%

技術にアクセスするため             44%

顧客との、スケジュールされた会議       40%

仕事に集中するため                40%

専門的な開発・指導のため            33%

快適に、仕事をしたいため             29%

Em8

 ソース:Gensler、2020年5月26日

デル株式会社

2020年10月14日 (水)

コロナウィルスの感染に関する、危機的な状況において、スマートフォンで、より時間を費やしている、特定の国の、大人の割合 '20.10.14

【コロナウィルスの感染に関する、危機的な状況において、スマートフォンで、より時間を費やしている、特定の国の、大人の割合】'20.10.14

 Global Web indexは、2020年3月に実施した、世界の代表的な国の大人(16才から、64才)を対象にした、「スマートフォンに、より時間を費やしているか?」の質問に対して、「Yes」と答えた、回答者の割合(%)を、グラフで紹介する。

 By eMarketer

グラフ1)世界の代表的な国の大人(16才から、64才)で、「スマートフォンに、より時間を費やしているか?」の質問に対して、「Yes」と答えた、回答者の割合(%)

国           回答者の割合

中国            86%
フィリピン         86%
ブラジル          77%
イタリア          72%
南アフリカ         72%
シンガポール       64%
スペイン          64%
日本            47%
フランス          41%
米国            40%
英国            38%
ドイツ            33%
オーストラリア       30%

世界全体          70%

Em7_20201014161901

 ソース:Global Web index、2020年3月23日

デル株式会社

2020年10月13日 (火)

2019年における、米国のデジタル小売業者の、ユニークな訪問者数 '20.10.13

【2019年における、米国のデジタル小売業者の、ユニークな訪問者数】'20.10.13

グラフ1)2019年12月における、米国のデジタル小売業者の、ユニークな訪問者数(単位:100万人)と、前年同期からの増加率

 By eMarketer Editors

米国のデジタル小売業者 ユニークな訪問者数  増加率

1.Amazon              214.8         4%
2.Walmart              138.3         5%
3.eBay                106.9        -2%
4.Target                88.7        12%
5.Kohl's                65.2        10%
6.Apple                64.2        -12%
7.Etsy                 61.2          9%
8.Best Buy              58.0         5%
9.Macy's                49.0         6%
10.The Home Depot         48.4        10%

ソース:Comscore、2020年1月16日

デル株式会社

2020年9月18日 (金)

今日の状況において、マーケッタが、直面している、最大の課題 '20.09.18

【今日の、コロナウィルスの感染拡大の状況において、マーケッタが、直面している、最大の課題は、何だろう?】'20.09.18

 今日の、コロナウィルスの感染拡大の状況において、米国のビジネスと技術の意思決定者を対象に実施した、「ワーカの課題は、何か?」に関する、アンケート調査の結果

 By emarketer

 TEKsystemsは、現在のような、コロナウィルスの感染拡大の状況において、2020年6月に、米国のビジネスと技術の意思決定者を対象に、「ワーカの課題は、何か?」に関する、アンケート調査を実施した。

グラフ1)2020年6月における、現在のような、コロナウィルスの感染拡大の状況において、米国のビジネスと技術の意思決定者が、「ワーカの課題は、何か?」の質問に対して回答した、回答の割合(%)

ワーカの課題                   回答の割合

ワーカのトレーニングと能力開発         61%

企業やチームの文化の維持            53%

新たな従業員の雇用                39%

ワーカの生産性の維持               34%

リモート作業の拡大                 31%

顧客への到達度の維持               31%

革新と創造性の育成                28%

運用・技術・プロセスのボトルネック解消    25%

複数のビデオ会議ツールの編成と維持     22%

Em2_20200918204501

 ソース:TEKsystems、2020年7月22日

デル株式会社

コロナウィルスの感染拡大の状況で、広告や、企業とのコミュニケーションのために、米国の大人が好む、チャンネルは何か? '20.09.18

【コロナウィルス感染拡大の状況で、広告や、企業とのコミュニケーションのために、米国の大人が好む、チャンネルは何か?】'20.09.18

 2020年3月に、コロナウィルスの感染拡大の状況において、広告や、企業とのコミュニケーションのために、米国の大人が好む、チャンネルは、何だろう? 2020年9月2日

 By emarketer

グラフ1)2020年3月に、コロナウィルスの感染拡大の状況において、広告や、企業とのコミュニケーションのために、米国の大人が好む、チャンネルの割合(%)

米国の大人が好むチャンネル    回答の割合

メール                     37%

TV広告                    37%

ソーシアル・メディアへの投稿       20%

テキスト・メッセージ             17%

デジタル広告                 16%

ソーシアル・メディア広告          14%

電話                      11%

ポッドキャスト広告              4%

ポッドキャスト・コンテンツ          4%

 米国の18才以上の大人のインターネット・ユーザを対象にした、アンケート調査の結果

Em1_20200918193901

 ソース:Opnium、2020年3月27日

デル株式会社

2020年9月 7日 (月)

小売メディアで、将来、より利益を上げる。'20.09.07

【小売メディアで、将来、より利益を上げる】'20.09.07

 この記事は、Googleにより、貢献され、スポンサーになっている。2020年9月4日

 By Sarah Travis、Google

 小売業界は、コロナウィルスのパンデミックにより、さらに変化してきた。

 小売業者は、e-コマースで、爆発的に、成長しているが、オンライン注文に関連した、コストを、低減させることを、模索している。

 現在の状況は、e-コマースに取り組む、小売業者が、新しい、革新的な方法で、クリエイティブな収入源を得ることを促している。

 筆者らが、今日、見ている、より説得力のある戦術の1つは、人気のある製品の販売と、利益を促すために、小売メディア・プログラムの成長である。

 小売業者は、未開拓の、自社の情報を活用することにより、高利益の売上を、促している。

 小売業者は、購入する場所に近い、極めて関連した、メディアを、ブランドに、提供している。

 Googleは、現在のような状況で、行き詰まった、小売業者が、方向転換や路線変更するのを支援している。

1)洞察

 小売店は、何百、何千もの、ブランドと連携している。

 メディアを、ブランドに、提供する機会を発見することは、容易な作業ではない。

 小売店は、Google検索コマンドの傾向に基づいて、メディアを、ブランドに提供する機会が、どこにあるか、どのブランドを優先するかを、発見することができる。

 これらのことは、小売業者が、次のことを可能にする。

・最大のブランドとカテゴリーの機会を、発見する。

・特定の地域において、需要の高い、ブランドの店舗への、トラフィックを促す。

・さまざまな買い物客の要求に合わせ、ショッピング経験を、パーソナライズする。

・地元の機会を活用する。

2)メディア

 販売を増やすために、新しい製品を発売することを、より多くの、消費者に、気付かせることを促す。

 ブランドは、明確な目標を念頭に置いて、小売業者に提供される。

 歴史的に、小売業者は、実店舗での、プロモーションと、従来のメディアで、ブランドの成果を高めてきた。

 小売業者には、デジタル化で、ブランドの認知度、考慮、および、購入を促すことが、重要になる。

 Googleは、ブランドの目的を達成するために、YouTubeの広告、ディスプレイ広告、および、検索広告を含む、広告メディア・プランを提供する上で、小売業者と、パートナーを組んでいる。

3)データ

 小売業者は、ブランドが、買い物客を、より良く、理解するのを支援する上で、貴重な、買い物客の情報に、頼っている。

 買い物客は、パーソナライズされた広告とコンテンツの経験から、利益を得ると、同時に、デジタルな店舗において、パーソナライズされた広告を参考にして、購入を決定する。

 事実、買い物経験が、高度に、パーソナライズされると、買い物客は、ショッピング・カートに商品を追加する可能性が、2倍以上高くなり、買い物客の、40%が、予定以上に、買い物をする可能性が高くなっている。

 Googleマーケティング・プラットフォームのような、ツールは、小売業者とブランドを、より良い買い物客と接続する。

デル株式会社

2020年8月20日 (木)

米国のビジネスと技術の、意思決定者の10人に6人は、従業員のトレーニングに困難を感じている。'20.08.20

【米国のビジネスと技術の、意思決定者の10人に6人は、従業員のトレーニングに困難を感じている。】'20.08.20

 By eMarketer

 従業員が、遠隔地で作業を続けるようになるにつれ、役員は、日常業務に関連する、特定の仕事を実行するのが難しいことに気づいている。

 TEKsystemsの、2020年6月の調査データによると、調査した米国のビジネス、および、技術の意思決定者の内、61%が、現在のコロナウィルスの感染拡大の状況における、ワーカの課題として、トレーニングと開発を挙げている。

 2020年6月に、TEKsystemsは、米国のビジネス、および、技術の意思決定者に、「コロナウイルスの感染拡大の状況における、ワーカの課題は何か?」を尋ねた。

 調査の対象になった、意思決定者の53%が、「企業やチームの文化の維持」が課題であると回答しており、意思決定者の39%が、「新たな従業員の採用」が課題であると回答していた。

表1)米国のビジネスと技術の意思決定者の、コロナウィルスの感染の状況における、ワーカの課題

 米国のビジネスと技術の意思決定者が、ワーカの課題として、回答した割合

課題                    割合


ワーカのトレーニングと開発      61%

企業やチームの文化の維持     53%

新たな従業員の採用          39%

作業に渡る生産性の維持       34%

リモート作業の主導           31%

顧客への到達              31%

革新/創造性の育成           28%

 ソース:TEKSystems、2020年7月22日

Em1a_20200820212601

デル株式会社

2020年4月24日 (金)

家庭で働くときに、企業は、従業員をどのように成功に導くか?(2)'20.04.24

【家庭で働くときに、企業は、従業員をどのように成功に導くか?(2)】'20.04.24

 家庭で働くときに、企業は、従業員に何を要求するか?2020年3月27日

 by Jillian Ryan、eMarketer

 コロナウイルス(COVID-19)の感染の拡大の危機で、政府が、市民に、社会的な距離の制約を課し、企業は、従業員に、家庭で働くことを要求している。

 コミュニケーション・プラットフォーム、Fishowlにより調査された、米国の専門家の、52.2%は、コロナウイルスの問題で、会社から、出張を制限し、家庭で働くことを求められたと回答した。

員同士を、仮想的につなぎ、相互に、コミュニケートし、コラボレートできるようにする。

   (続く)

1)コミュニケーション

 企業は、自分たちの顧客が、コロナウイルスの感染が、拡大している、現在の状況を心配していることを、理解しなければならない。

 従業員も、コロナウイルスの影響に関して、長期的に、心配している、重要なステークスフォルダーになる。

 今回の、コロナウイルスの感染の拡大による、仕事のセキュリティに関する、不安を除去するために、コミュニケーションが、重要である。

 これは、従業員が、遠隔地で、作業をしている時に、アップデートするための、時間を取ることを意味する。

 今回のような状況において、コミュニケーションは、より大切になる。

 2019年11月に、YPOにより実施された、アンケート調査によると、事実、世界のCEOの、42%が、従業員の信頼を得るために、コミュニケーションの維持が、重要であると述べている。

 世界のCEOの、35%が、企業の透明性と誠実さも、重要であると回答した。

グラフ1)2019年11月に、「世界のCEOが、従業員の信頼を得ために、何を行うことが、最も重要か?」に関する、アンケート調査が実施された。

従業員の信頼を得るために
CEOが行う、重要なこと            回答の割合

定期的なコミュニケーションを取ること      42%

企業の透明性と誠実さを維持すること       35%

フィードバックを得ること            22%

コミットメントに従うこと            21%

従業員を理解し、個人的に従事すること      18%

企業の価値や文化で。信頼を得ること       15%

良い手本を示し、良い性質を持つこと       15%

従業員の成長に、投資すること           7%

明確な使命、目的を持つこと            7%

従業員を平等に扱うこと              3%

その他                      7%

Em5b_20200424211301

 ソース:YPO、2020年1月14日

グラフ2)2019年11月に「企業が評判を得るために、貢献する、マーケティングとコミュニケーションの要因は何か?」に関する、アンケート調査が、実施された。

2)マーケティングとコミュニケーションの要因

・企業の、使命。ビジョン、価値を提供し、コミュニケートするための、企業の能力が重要であると回答した割合:58%

・企業は、危機や問題に、責任を持ち、対応することが、重要であると回答した割合:58%

・企業の、一般ユーザとのコミュニケーションが、重要であると回答した割合:57%

・企業の、従業員とのコミュニケーションが、重要であると回答した割合:56%

・企業の評判や評価のリストの上位にランクされることが、重要であると回答した割合:54%

・企業のソーシアル・メディア・コミュニケーションが、重要であると回答した割合:53%

・企業のWebサイトや、ソーシアル・メディアにおける、リーダの存在が、重要であると回答した割合:51%

・ビジネス・フォーラムや、コンファレンスや、業界のイベントへの、企業のリーダの参加が、重要であると回答した割合:51%

Em5c2

 ソース:Weber Shandvick、2020年1月14日

    (続く)

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2