eMarketer

2018年7月 9日 (月)

GoogleとFacebookの広告業界における支配は、それほど強力ではないかもしれないが、世界の広告業界の専門家は、まだ心配している。 '18.07.09

【GoogleとFacebookの広告業界における支配は、それほど強力ではないかもしれないが、世界の広告業界の専門家は、まだ心配している。】 '18.07.09

 By eMarketer

 Marin Softwareにより、世界の広告業界の専門家、500名以上を対象に、2018年4月に実施された、アンケート調査において、広告業界の専門家の42%は、「GoogleとFacebookの、広告業界における支配が、2018年に、世界の広告業界に、最も影響を与える、トレンドの1つである。」と回答していたという。

 GoogleとFacebookの、広告業界における、独占に対する懸念は、ビデオ広告の増加、広告のブロッキング、Amazonの広告ビジネスの売上の増加といった、広告業界における、他の動向に対する懸念を凌駕していた。

グラフ1) Marin Softwareが実施した、アンケート調査における、世界の広告業界の専門家に、「広告業界のビジネスに、最も影響を与える、動向と課題は何か?」という質問に対する、世界の広告業界の専門家の回答と、その割合

 2018年に、世界の広告業界のビジネスに、最も影響を与える、動向と課題 (回答者の割合(%))

世界の広告業界のビジネスに、最も影響を与える、動向と課題      割合

広告業界における、GoogleとFacebookの支配が増す。         42%

Amazonの広告の売上が増加する。                            33%

プライバシー/制約の追跡/広告のブロック                      33%

音声検索/スマート・スピーカ(Amazon Echo、Google Home)        33%

ビデオ広告                                                32%

ビジュアルな検索(Pinterest、CamFind)                          27%

オフライン/店舗内測定の改善                               26%

属性/クロスチャンネル、デバイスの測定                       22%

メッセージング・アプリやチャットボット                             13%

これらの動向は、自分たちのビジネスに影響を与えないと思う。       2%

Em1
 ソース : Marin Software、2018年6月

 検索広告の予算における、Googleの優位や、Facebookのソーシャル・メディア広告の予算における、Facebookの優位に、広告業界の専門家は、恐れを抱いている。

 eMarketerによると、2018年に、GoogleとFacebookの、米国における、デジタル広告の売上シェアは、競合他社の成長に伴い、若干低下するという。

 eMarketerは、2018年に、GoogleとFacebookの広告の売上の合計が、米国における、デジタル広告の売上の、56.8%を占めるようになると予測している。

 ちなみに、2017年には、GoogleとFacebookの広告の売上は、米国における、デジタル広告へ売上の、58.8%を占めていた。

 一方、eMarketerは、2018年に、Amazonの広告の売上が、前年から、63.5%増加し、Snapchatの広告の売上が、前年から、81.7%増加すると見ている。

 しかし、AmazonとSnapchatの広告の売上は、まだ、GoogleとFacebookの広告の売上には、ほど遠い。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月16日 (土)

AIは、一部の企業で、雇用を削減している。 '18.06.16

【AIは、一部の企業で、雇用を削減している。】 '18.06.16

 AIは、あらゆる人間の仕事を奪うことはないが、一部の人間に取って代わる。2018年3月2日

 By eMarketer

 Infosysは、2018年1月に、世界の企業のIT意思決定者を対象に、「職場において、AIの影響に対応するために、企業は、どのような行動を取っているか?」に関する、アンケート調査を実施した。

 Infosysが、2018年1月に、世界の企業の、IT意思決定者を対象に実施した、調査によると、IT意思決定者の約40%は、「AI採用後に、冗長になった仕事を排除した。」と回答している。

 また、IT意思決定者の約70%は、「自社の従業員は、AIに置き換えられると懸念している。」と回答している。

グラフ1)Infosysが、2018年1月に、世界の企業の、IT意思決定者を対象に実施した調査における、「職場において、AIの影響に対応するために、どのような行動を取っているか?」という質問に対する、回答の割合

IT意思決定者が取った行動                                    回答の割合

AI展開により、最も影響される、機能における、トレーニングを増やす。     53%

より創造的な分野へ、従業員を再配置する。                         50%

異なったスキルのセットを持つ、新たな従業員を雇用する。              49%

冗長になったポストを排除する。                                     37%

Em1
 ソース:Infosys、2018年1月23日

・IT意思決定者の約半数は、「AIが、人々の仕事を、より効率的にしている。」と回答した。

・IT意思決定者の、ほぼ半数は、「AIが、機械的な作業を自動化することで、人の時間を解放している。」と回答した。

・ほとんどのIT意思決定者は、「AIを、作業に適用すると、AIは、人間よりも、効率よく作業を行い、生産性を向上させる。」と回答した。

・IT意思決定者の45%は、「AIツールは、同じ仕事を行う上で、人間よりも、正確に作業する。」と回答した。

 ちなみに、インドのIT意思決定者は、AIの導入に関して、最も強気であった。

グラフ2)2018年1月のアンケート調査において、「AIの導入で、特定の作業の効率が、従来よりも、向上していると考えている。」と回答した、主な国ごとの、IT意思決定者の割合(%)

国            回答の割合

インド            74%
米国            58%
中国            50%
オーストラリア     47%
英国            39%
フランス          26%
ドイツ            18%

Em1b
 ソース : Infosys

 ただし、AIが、過大評価されている、可能性は、極めて高い。

 従業員は、自分たちの仕事が、AIやロボットに取って代わられるのを見ることに、不安を感じている。

 最近、Gallupが実施した調査では、米国の大人の73%は、「AIは、新たな雇用を創出するよりも、より多くの雇用を排除すると予想している。」と回答した。

 Gartnerのレポートは、「2020年までに、AIは、230万人の雇用を創出し、180万人の雇用を排除する。」と予測している。

 2017年8月に実施された、Dynatraceによる、従業員数が1000名を超える企業のCIOを対象に実施した調査によると、CIOの83%が、「2018年に、AIを導入、または、使用する予定である。」と回答していた。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月13日 (水)

GDPRは、マーケッタに、どのように影響を与えるか?(4) '18.06.13

【GDPRは、マーケッタに、どのように影響を与えるか?(4)】 '18.06.13

 欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、マーケッタに影響を与える可能性があると言う、業界アナリストもいる。 2018年5月25日

 By eMarketer

 マーケッタは、新しい規制、GDPRを順守することに奮闘するだろう。

 業界アナリストによると、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、広告業界に影響を与える可能性があると言う。

 マーケッタにも、個人情報保護のフレームワークであり、ルールを定めた、EUの一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)の、規制事項を順守することが求められるようになる。

 GDPRは、個人が、会社に、明示的な許可を与える場合にのみ、個人データを使用できるよう規定している。

      (続き)

4.GDPRは、企業に、個人データの使用方法を説明できることを要求する。

 The7starsが、2018年2月に、英国のインターネット・ユーザ、1050人を対象に実施した、アンケート調査の結果の概要を紹介する。

グラフ4)英国のインターネット・ユーザが、GDPRに対する、姿勢に関する質問への回答と、回答者(英国のインターネット・ユーザ)の割合

1)政府は、「GDPRとは、何か?」や、「GDPRは、どのように、企業やユーザに、影響を与えるか?」を明確にする、必要があると思うか?、の質問に対する回答と、その割合

・「必要があると思う」と回答した割合             :75%

・「必要があるとは、思わない。」と回答した割合    : 8%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合    :17%

2)GDPRにおいて、企業やユーザが、「どれぐらい、他人のデータを保持しているか?」と質問されることに関して、どう思うか?、の質問に対する回答と、その割合

・「適切だと思う」と回答した割合                :58%

・「適切とは、思わない」と回答した割合          :11%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合   :31%

3)GDPRが、データのプライバシーや保護の世界において、適切なステップであると思うか?、の質問に対する回答と、その割合

・「適切なステップだと思う」と回答した割合             :58%

・「適切なステップとは、思わない」と回答した割合    : 9%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合    :33%

4)一旦GDPRが施行されると、忘れる権利を行使すると思うか?、の質問に対する、回答と、その割合

・「行使すると思う」と回答した割合                        :34%

・「適切とは、思わない」と回答した割合                  :14%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合    :52%

5)GDPRは、個人データを、どのように使用するか?、に関して、ブランドを、より信頼できるものにすると思うか?、の質問に対する、回答と、その割合

・「より信頼できるものにすると思う」と回答した割合              :32%

・「より信頼できるものにするとは、思わない」と回答した割合 :26%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合                 :41%

6)GDPRとは何んで、どのように影響を及ぼすかを、理解していると思うか?、の質問に対する、回答と、その割合

・「理解していると思う」と回答した割合                  :27%

・「理解しているとは、思わない」と回答した割合      :45%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合    :28%

7)個人データが、アクセスする人により、最良の方法で、使用されていることに、自信を持っているか?、の質問に対する、回答と、その割合

・「最良の方法で、使用されていると思う」と回答した割合               :19%

・「最良の方法で、使用されているとは、思わない」と回答した割合  :55%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合                         :26%

Em2d
 ソース:The7stars、2018年2月16日

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(3) '18.06.13

【GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(3)】'18.06.13

 欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、マーケッタに影響を与える可能性があると言う、業界アナリストもいる。2018年5月25日

 By eMarketer

 マーケッタは、新しい規制、GDPRを順守することに奮闘するだろう。

 業界アナリストによると、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、広告業界に影響を与える可能性があると言う。

 マーケッタにも、個人情報保護のフレームワークであり、ルールを定めた、EUの一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)の、規制事項を順守することが求められるようになる。

 GDPRは、個人が、会社に、明示的な許可を与える場合にのみ、個人データを使用できるよう規定している。

 GDPRに違反していると判明した企業には、2000万ユーロ(2210万ドル)、または、世界的な売上の4%(いずれか大きい方)の罰金が課せられるので、マーケッタは、個人データを適切に管理しなければならない。

    (続き)

3.GDPRの準備作業を困難にする、多くの問題がある。

 Veritasが、世界の900人のビジネス意思決定者を対象として、2017年の春に実施した、アンケート調査では、GDPRの準備段階で、「企業が、GDPRに備える上での、懸念は、何か?」の質問に対し、「リアルタイムに、データを監視するための、適切なツールがないこと。」と回答した、ビジネス意思決定者の割合は、32%であった。

 ビジネス意思決定者の約40%は、どのデータを、保存すべきか、削除すべきか、決定する方法がないと回答した。

グラフ3)企業のビジネス意思決定者への、「企業が、GDPRに備えることに関する、懸念は、何か?」の質問に対する、回答の割合

 ビジネス意思決定者懸念と、その割合

・データの価値に基づいて、どのデータを保存し、どのデータを削除すべきかを、決定するための方法を持っていないこと。: 42%

・将来的に有用であるかも知れないデータを、システムから削除してしまうこと。          :  39%

・内部検索中に、個人データを、正確に、特定、位置付け、管理するのができないこと。 : 39%

・リアルタイムに、データを監視するための、適切なツールを持っていないこと。            : 32%

・違反、損失、ダメージから、個人的なデータを保護するための準備がされていないこと。: 30%

Em2c
 ソース:Veritas、「2017 Veritas GDPR Report」、2017年4月25日

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月12日 (火)

GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(2) '18.06.12

【GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(2)】 '18.06.12

 欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、マーケッタに影響を与える可能性があると言う、業界アナリストもいる。2018年5月25日

 By eMarketer

 マーケッタは、新しい規制、GDPRを順守することに奮闘するだろう。

 業界アナリストによると、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、広告業界に影響を与える可能性があると言う。

 マーケッタにも、個人情報保護のフレームワークであり、ルールを定めた、EUの一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)の、規制事項を順守することが求められるようになる。

 GDPRは、個人が、会社に、明示的な許可を与える場合にのみ、個人データを使用できるよう規定している。

 GDPRに違反していると判明した企業には、2000万ユーロ(2210万ドル)、または、世界的な売上の4%(いずれか大きい方)の罰金が課せられるので、企業のマーケッタは、個人データを適切に管理しなければならない。

   (続き)

2.北米の企業のマーケッタは、GDPRに、どれぐらい備えているか?

 企業のマーケッタは、個人データを厳重に管理することが、奨励されているが、どれぐらい厳格に、管理するかについての、法律の漠然とした不確実性は、企業が、GDPRに備えることに、あまり関心を持たないような環境を作り出した。

 Erwinによる、北米の企業のマーケッタ(ITスキルを持つ)を対象に実施した、2017年11月のアンケート調査によると、北米の企業の、6%だけが、GDPRに完全に備えているという。

図2)2017年11月における、一般データ保護規則(GDPR)に備えている、北米の企業のマーケッタ(ITスキルを持つ)の、回答の割合

回答                         回答の割合

GDPRに対し、完全な準備をしている。              6%

GDPRに対し、何らかの準備をしている。          39%

GDPRに対する、準備を開始している。            27%

GDPRに対し、何の準備もしていない。             11%

GDPRが、我々に、影響を与えないと思う。        17%

 従業員が、1000名以上の、北米の企業のマーケッタ(ITスキルを持つ)からの回答

Em2b
 ソース:Erwin、2018年2月12日

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(1) '18.06.12

【GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(1)】 '18.06.12

 欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、マーケッタに影響を与える可能性があると言う、業界アナリストもいる。 2018年5月25日

 By eMarketer

 マーケッタは、新しい規制、GDPRを順守することに奮闘するだろう。

 業界アナリストによると、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、マーケッタに影響を与える可能性があると言う。

 マーケッタにも、個人情報保護のフレームワークであり、ルールを定めた、EUの一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)の、規制事項を順守することが求められるようになる。

 GDPRは、個人が、会社に、明示的な許可を与える場合にのみ、個人データを使用できるよう規定している。

 GDPRに違反していると判明した企業には、2000万ユーロ(2210万ドル)、または、世界的な売上の4%(いずれか大きい方)の罰金が課せられるので、マーケッタは、個人データを適切に管理し、利用しなければならない。

 しかし、新しい規則、GDPRを順守する能力に、自信を持っていないと感じている、マーケッタもいる。

1.米国の企業のマーケッタは、データ管理能力を、どのように評価しているか?

 Openpriseが実施した、201人の米国の企業のマーケッタを対象にした、2018年3月に実施した調査において、マーケッタは、データ管理能力において、GDPRの順守を、5段階で、3.10と評価していた。

 これは、質問された、データ管理能力に割り当てられた、最低の評価であった。

グラフ1)2018年3月における、米国の企業のマーケッタによる、自分たちの企業の、データ管理能力の評価

Em2a
データ管理能力                評価

データの浄化                  3.82

アカウント・ベースのマーケティング        3.53

リード・ルーティング                         3.51

アカウントのマッチング                      3.42

データ・エンリッチメント                     3.39

リード・スコアリング                          3.37

先進のセグメンテーション                    3.36

データの重複排除                            3.35

アカウント・スコアリング                    3.25

GDPRの順守                                  3.10

 評価は、1~5で、5が「最も評価している」である。

 ソース:Openprise、2018年4月24日

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月 8日 (金)

米国の消費者は、スマートフォンで、音声対応デジタル・アシスタントを使用しがちである。 '18.06.08

【米国の消費者は、スマートフォンで、音声対応デジタル・アシスタントを使用しがちである。】 '18.06.08

 スマートフォンは、スマート・スピーカと同様、米国の消費者に、急速に普及している、音声対応デジタル・アシスタント搭載デバイスである。

 By eMarketer

 最新の予測によると、米国のスマート・スピーカのユーザ数は、2016年と2020年の間に、47.9%の年間平均増加率(CAGR)で増加し、2016年の1600万人から、2020年には、7650万人になるという。

 2018年に、米国のスマート・スピーカのユーザ数は、ウェアラブル・デバイスのユーザ数を、上回るだろう。

 平均的なスマート・スピーカの、米国のユーザは、より古い、ミレニアルの男性である。

 音声対応デジタル・アシスタント、Alexaを搭載した、AmazonのEchoスピーカは、米国で、最も人気のある、スマート・スピーカであるが、米国において、2番目に人気のある、Google Homeスピーカの出現で、AmazonのEchoスピーカは、出荷台数シェアを減少させた。

 Google Homeスピーカは、2017年に、より低価格のモデルを出荷し、Amazonから、出荷台数シェアを奪い、米国において、2番目のスマート・スピーカになった。

 AppleのHomePodスピーカは、米国のスマート・スピーカ市場において、価格が高いため、出荷台数シェアを伸ばすことはできなかった。

図1)2018年と2020年における、ブランドごとの、米国のスマート・スピーカのユーザの割合(%)の予測

スマート・スピーカ       2018年         2020年
のブランド        ユーザの割合    ユーザの割合

Amazon              66.6%            60.8%

Google               29.5%             32.9%

その他                8.3%             14.0%

Em1_2
 ソース:eMarketer、2018年4月

 スマート・スピーカは、2020年まで、米国の音声対応デジタル・アシスタント市場において、最も成長する、スマート・デバイスになるだろう。

 消費者は、スマート・スピーカだけでなく、スマートフォンで、音声対応デジタル・アシスタントを使用しがちであるが、この技術は、PC、タブレット、他のスマート・ホーム・デバイス、車載システム、スマート・グラスといった、ウェアラブル・デバイス、医療用デバイスなど、さまざまなスマート・デバイスに、組み込まれ、統合される。

 例えば、ユーザは、さまざまなスマート・デバイスに組み込まれた、デジタル・アシスタントとの会話を通して、音声で、Webを検索したり、オンライン・ショッピングしたり、カーナビや地図アプリを操作したり、マニュアルなどの資料を確認したり、電子カルテにデータを入力したりできるようになる。

 eMarketerは、2018年に、米国の人口の27.6%に相当する、約9000万人が、音声対応デジタル・アシスタントを通して、スマート・デバイスを、1ヶ月に、少なくとも1回以上、使用するようになると予測している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月 7日 (木)

Amazonは、プライベート・ラベルの販売を支配していない。 '18.06.07

【Amazonは、プライベート・ラベルの販売を支配していない。】 '18.06.07

 Amazonが、ほとんどのオンライン小売業のカテゴリを支配しているように見えるのには、理由がある。2018年6月5日

 By Krista Garcia、eMarketer

マーケティング分析プラットフォーム、Jumpshotによる、2018年1Qの新たな市場調査によると、Amazonのプライベート・ラベルは、いくつかの平均的なカテゴリで、80%以上の売上シェアを獲得している。

Em1
 カテゴリ別で、Amazonのプライベート・ラベルは、電池が97%、工具が93%、清掃用品が88%の売上シェアを占めている。

Em1b
 消費者は、これらのカテゴリの商品の、価格よりも、ブランドや評判を気にしており、Amazonプライベート・ラベルを信頼しがちである。

 Amazonの最も売上シェアの大きなプライベート・ラベルのカテゴリは、エレクトロニクスので、このカテゴリのトータル売上の45%を占めている。

 Amazonのプライベート・ラベルの、他のカテゴリの売上シェアは、家庭用品が16%、事務用品が14%、ペット用品が5%である。

 Amazonのプライベート・ラベルを、Macy's、Target、Walmartと比べると、Amazonは、61%で、他の小売業者の3社を合わせて、39%のシェアを占めている。

Em1b_2
 しかし、エレクトロニクスのカテゴリを外すと、Amazonのプライベート・ラベルの売上シェアは、26%に縮小する。

 Amazonのプライベート・ラベルは、公式には記録されていないが、2018年3月における、L2の市場調査によると、Amazonには、80種類のプライベート・ラベルがあり、その内の86%がアパレル、シューズ、ジュエリーのカテゴリであったという。

 これに対し、Amazonの、80種類のプライベート・ラベルの内、5%が健康と家事用品が5%で、家庭と台所用品が4%しかなかったという。

グラフ)2018年3月における、Amazonプライベート・ラベル・ブランドの、製品カテゴリごとのシェア

製品カテゴリ       シェア

衣類、靴、宝石      86%

健康と家事用品     5%

家庭と台所用品     4%

食料品と雑貨        3%

庭とアウトドア         1%

クロスカテゴリ         1%

 Amazonの80プライベート・ラベル・ブランド

Em1
 ソース:Gartner、2018年4月

 Coresight ResearchのAmazon Fashionの、2018年2月に実施した調査によると、Amazonのプライベート・ラベルのアパレルは、同社のサイトで販売されている、衣服の0.1%しか占めていないという。

 Amazonサイトに、最も多く掲載されているプライベート・ラベルは、Lark & Roで、Amazonのプライベート・ラベルのリストの54%を占めている。

Em1a
 Coresight Researchの調査によると、昨年、購入した、トップのアパレルとシューズのプライベート・ブランドは、Nikeが16.8%、Under Armourが13.8%、Hanesが12.9%であったという。

・米国のインターネット・ユーザの11%は、Amazonで、プライベート・ラベルのアパレルを購入している。

・米国のインターネット・ユーザの18.8%は、Amazonで、プライベート・ラベルのアパレルを購入することに、関心を持っている。

・米国の18才から29才のインターネット・ユーザの25.2%は、Amazonで、プライベート・ラベルのアパレルを購入することに、より大きな関心を持っている。

 SunTrustは、Amazonのプライベート・ラベルが、2018年に、75億ドルの売上をもたらし、2022年までに、250億ドルの売上をもたらすと見積もっている。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年5月 9日 (水)

米国において、成功を収めた、モバイル・ウォレットは、まだない。 '18.05.09

【米国において、成功を収めた、モバイル・ウォレットは、まだない。】 '18.05.09

 米国において、モバイル・ウォレットの採用は、増えているが、実際に、モバイル・ウォレットで、実際に、モバイル決済を行うユーザは、あまり増えていない。2018年5月7日

 By eMarketer

 米国のモバイル・ウォレットのユーザは、AndroidやAppleのiOSなどを搭載した、モバイル・デバイスで、決済サービス会社、PayPal Holdingsの「PayPal」、大手銀行、Chase の「Chase Pay」、小売業者、WalMartの「WalMart Pay」、Appleの「Apple Pay」、Googleの「Android Pay」、あるいは、Samsungの「Samsung Pay」といった、モバイル・ウォレットを使用している。

 2017年12月に、Pymnts.comとInfoScouは、モバイル・ウォレットを、少なくとも、1回利用している、米国のスマートフォンのユーザを対象に、アンケート調査を実施した。

 モバイル・ウォレットを使用したことのある、米国のスマートフォン・ユーザを対象にした、このアンケート調査によると、「Walmart Pay」を使用している、ユーザの割合は、24.8%、「Apple Pay」を使用している、ユーザの割合は、12.8%、「Android Pay」を使用している、ユーザの割合は、5.3%、および、「Samsung Pay」を使用している、ユーザの割合は、5.1%であった。

 February 2018 Auriemma Consulting Group(ACG)の調査によると、米国のスマートフォン・ユーザの内、モバイル・ウォレットを使用しているユーザの割合は、2016年1Qにおける、27%から、2018年1Qには、34%に増加していたという。

 この調査によると、米国のスマートフォン・ユーザの内、Apple Payを使用しているユーザの割合は、34%、Android Payを使用しているユーザの割合は、31%、および、Samsung Payを使用しているユーザの割合は、22%であったという。

 Samsung Payは、あまりユーザを持っていないが、Samsung Payユーザの30%が、「極めて積極的な、モバイル決済ユーザである。」と回答していた。

 これに対し、Android Payユーザの9%、および、Apple Payユーザの8%が、「極めて積極的な、モバイル決済ユーザである。」と回答していた。

・Samsung Payユーザは、モバイル・ウォレットを使用して、この1週間に、平均で、119ドルを支出したと回答した。

・Android Payユーザは、モバイル・ウォレットを使用して、この1週間に、平均で、101ドルを支出したと回答した。

・Apple Payユーザは、モバイル・ウォレットを使用して、この1週間に、平均で、74ドルを支出したと回答した。

 Samsung Payユーザの57%は、Samsung のモバイル決済プラットフォームを、「気に入っている」と回答していた。

グラフ1)2018年2月における、米国のモバイル決済サービスに対する、満足度の割合

1)Samsung Pay

・「大いに気に入っている」と回答した、ユーザの割合    :26%

・「ある程度気に入っている」と回答した、ユーザの割合 :31%

・「あまり気に入っていない」と回答した、ユーザの割合  :23%

・「まったく気に入っていない」と回答した、ユーザの割合 :20%

2)Android Pay

・「大いに気に入っている」と回答した、ユーザの割合     :12%

・「ある程度気に入っている」と回答した、ユーザの割合  :28%

・「あまり気に入っていない」と回答した、ユーザの割合   :36%

・「まったく気に入っていない」と回答した、ユーザの割合  :24%

3)Apple Pay

・「大いに気に入っている」と回答した、ユーザの割合      :10%

・「ある程度気に入っている」と回答した、ユーザの割合   :33%

・「あまり気に入っていない」と回答した、ユーザの割合    :34%

・「まったく気に入っていない」と回答した、ユーザの割合  :23%

Em2
 ソース:Auriemma Consulting Group (ACG)

 February 2018 CivicScienceのデータによると、米国のインターネット・ユーザの、1%だけが、モバイル・ウォレットを、主な支払い方式と考えていた。

 米国のモバイル決済ユーザの人数は、2018年に、合計で、5500万人になり、これは、スマートフォンのユーザの25.3%に相当する。

・25才から34才のスマートフォン・ユーザは、米国のモバイル決済ユーザの44.2%を占めている。

・18才から24才のスマートフォン・ユーザは、米国のモバイル決済ユーザの39%を占めている。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年5月 2日 (水)

2018年に、Amazon Echoスピーカのユーザ・シェアが減少する。'18.05.02

【2018年に、Amazon Echoスピーカのユーザ・シェアが減少する。】 '18.05.02

 eMarketerによると、2018年に、AmazonのEchoスピーカのユーザ・シェアが、減少すると予測している。2018年5月2日

 By eMarketer

 eMarketerによると、Amazon Echoスピーカは、音声対応デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・スピーカ市場を支配しているが、Google Homeスピーカや、他のベンダのスピーカの出荷台数が増えており、Amazonのユーザ・シェアが、緩やかに減少しているという。

 2018年に、米国の4070万人のユーザが、少なくとも、1ヶ月に1回以上、Amazon Echoスピーカを使用するだろうと回答した。

 これは、米国のスマート・スピーカ・ユーザ数の、2/3に相当する。

 しかし、eMarketerは、Amazon Echoスピーカのユーザ・シェアは、2020年には、60.8%に減少すると予測している。

 ただし、eMarketerの定義では、音声対応デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・スピーカを、少なくとも、1ヶ月に、1回以上、使用するユーザが、スピーカの所有者である必要はないので、複数のブランドのスピーカを使用する、ユーザも、調査に、含められている。

 複数のブランドのスピーカを使用するユーザも、カウントされているので、ブランドの使用は、オーバーラップしている。

 eMarketerは、2018年に、Google Homeスピーカの、米国のユーザ数が、1800万人になり、ユーザ・シェアが、29.5%になると予測している。

グラフ)2018年&2020年における、米国のスマート・スピーカのユーザの、ブランドごとの、ユーザ・シェア

ブランド      2018年    2020年

Amazon             66.6%            60.8%

Google               29.5%            32.9%

その他                8.3%            14.0%

Em1
ソース:eMarketer、2018年4月

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2