Business Insider

2020年11月26日 (木)

ユーザは、任意のデバイスで、「Facebook Messenger Rooms」を使用して、友人や家族とビデオ・チャットすることができる。 '20.11.26

【ユーザは、任意のデバイスで、「Facebook Messenger Rooms」を使用して、友人や家族とビデオ・チャットすることができる。】'20.11.26

 ユーザは、任意のデバイスで、「Facebook Messenger Rooms」を使用して、友人や家族とビデオ・チャットすることができる。2020年10月24日

 By Business Insider

Bi1


 ユーザは、モバイル用か、デスクトップ用の、Messengerアプリ、または、Webブラウザで、FacebookのWebサイトから、「Facebook Messenger Rooms」を使用して、一度に、最大50人と、ビデオ・チャットすることができるようになる。

 ユーザは、Facebook(SNS)を使用しているか、否かに関わらず、「Facebook Messenger Rooms」のビデオ・チャットに、友人や家族などを、招待することができる。

 ユーザは、PCでも、タブレットでも、スマートフォンでも、任意のパーソナル・デバイスで、「Facebook Messenger Rooms」を使用して、「部屋」を作成したり、「部屋」をスケジュールしたり、することができる。

 ユーザは、スマートフォンなどの、パーソナル・デバイスを使用して、家族や友人と、連絡を取り合うときに、相手の顔を見ながら、会話したいと思う場合もあるだろう。

 このようなユーザの要件を満たすために、現在、さまざまなビデオ・チャット・アプリが登場している。

 この1つが、FacebookのMessengerプラットフォームの拡張である、「Facebook Messenger Rooms」である。

 「Facebook Messenger Rooms」を使用すると、ユーザは、一度に最大50人と、特定の「部屋」で、「ビデオ・チャット」することができるようになる。

 「Facebook Messenger Rooms」は、モバイル・アプリ、デスクトップ・アプリ、または、デスクトップのWebブラウザから、利用することができる。

 「Mark Zuckerberg氏が、Facebook Messenger Roomsを紹介した。」ビデオ

デル株式会社

2020年11月 9日 (月)

小さな電気タクシーのメーカは、同社の電気タクシーで、5年間に、交通量を半分にすることに貢献できるという。'20.11.09

【小さな電気タクシーのメーカは、同社の電気タクシーで、5年間に、交通量を半分にすることに貢献できるという。】'20.11.09

 (EAV:Electric Assisted Vehicles)は、同社が、5年間に、交通量を半分にすることができるという、排気ガスを排出しない、小さな電気タクシーを発表した。2020年11月7日

 By Brittany Chang、Business Insider

Bi2a_20201109210201


 この小さな電気タクシーは、自動車の走行レーンと、自転車の走行レーンの両方を走行できるよう、改善された、電動自転車の一種である。

 EAVの会長、Nigel Gordon-Stewart氏によると、同社は、ハイブリッド車のタクシーを、EAVの電気タクシーに、置き換えることで、CO2の排出量を、約10.14トン減量させることができるという。

 EAVタクシーは、ニューヨークの、従来のイエロー・キャブとは違う。

 この小さな、EAVタクシーは、軽量で、電動自転車を、アップグレードしている。

 EAVのWebサイトによると、このEAVタクシーは、自動車のレーンと、自転車のレーンの両方を走行できるようになるという。

 英国を拠点にしている、EAV(Electric Assisted Vehicles)は、自転車よりも、大きく、バンよりも、小さく作られた、「マイクロ・モビリティ貨物配達車」と呼ばれる、省エネで、CO2を排出しない、エコカーをベースにした、タクシー用の乗り物を開発している。

 「マイクロ・モビリティ貨物配達車」には、新しいEAVタクシー用のベースとして、役割を果たす、ラストマイルの電気貨物配達車、「EAV 2cubed」が、含まれる。

 EAVによると、すべてのタクシーと、自家用車の、約65%は、英国において、乗客を乗せて、1回の走行に、約8キロ未満しか移動していないという。

 EAVの創設者で、CEOの、Adam Barmby氏によると、EAVタクシーは、電気自動車、バン、タクシーに関連した問題(渋滞やCO2の排気など)を解決できるようになるという。

 現在の電気自動車は、大きくて、重く、多くのエネルギーを消費するので、バッテリーをすぐに使い果たし、走行距離が、あまり長くならない。

 EAVによると、都会の環境において、EAVタクシーは、タクシーと自家用車の両方と同様に、より効果的で、クリーンで、快適になる可能性があることが判明したという。

 EAVタクシーの導入で、乗合タクシーが増えるので、1度に、複数の乗客を、移動させることができ、結果として、渋滞を減らすことができるようになる。

 新たなEAVタクシーは、従来のバンや自動車よりも、エネルギー効率が、良いので、利用されるようになる。

 電動自転車を進化させ、大きくした、EAVタクシーは、ハイブリッド車や、従来の電気自動車よりも、90%も軽いので、消費エネルギーも、極めて少なくなる。

Bi2c


 EAVの会長の、Nigel Gordon-Stewart氏によると、極めて軽くできたので、エネルギーの消費が少なく、CO2を排出しないので、CO2の排出量を、約10.14トン抑えることができるようになるという。

 EAVによると、将来の「Fisker Ocean SUV」に似て、EAVタクシーには、屋根の上に、ソーラーパネルが、取り付けられているという。

 EAVのGordon-Stewart氏によると、EAVタクシーは、乗客を、従来のタクシーや乗用車のように、早くて、安全で、快適に、目的地まで、運ぶことができるようになるという。

 「EAV第2世代車プラットフォーム」の紹介ビデオ

運ぶことができるようになるという。

 現在のタクシーや自家用車の多くは、CO2の排出規制で、英国において、まもなく、運行できなくなるかも知れない。

 「EAV(Electric Assisted Vehicles)」は、一時的に、「EAVGo!」と命名された。

 最初のプロトタイプは、今月に、構築され、試験的に、荷物の配達車として、2021年の春に、運用が開始される予定である。

 このプロトタイプのEAV(電動アシスト車)は、重さが、837.8ポンド、全長9フィート、幅3.4フィート、高さ6.4フィートである。

 このプロトタイプのEAVは、バッテリーのサイズに依存するが、18マイルから60マイル移動でき、15.5マイル/時(約25キロ/時)で、走行することができる。

 このEAV(電動アシスト車)は、荷物の運搬に利用できるだけでなく、低反発シートや、クッションを敷いて、最大、2名の乗客を運ぶこともできる。

 乗客のキャビンには、車椅子対応のスロープがあり、乗客を、より快適に、移動できるよう、室内の温度を調節することもできる。

Bi2b


 このEAV(電動アシスト)には、情報を表示する、大きなスクリーンがあり、シートの下には、荷物を収納できる空間がある。

 また、このEAVは、ラストマイルの配達にも、最適である。

 <参考>

1)交通手段に、重要になること

・排気ガスの低減(電動車の利用)
・省エネ
・バッテリー容量の拡大
・安全性や信頼性
・ライドシェアや交通制御の最適化

2)交通手段のエネルギーの生成に、重要になること

・効率のよい発電
・クリーンな発電(水力、風力、太陽光など)
・化石燃料の代替になる、安全な人工燃料

3)発電に使用されている、燃料の割合(2019年日本)

 石炭(27.8%)、LNG(36.0%)、石油(2.6%)、その他火力(8.7%)、原子力(6.5%)、水力(7.4%)、太陽光(7.4%)、風力(0.8%)、地熱(0.2%)、バイオマス(2.7%)

 

Bi1d_20201110090001

デル株式会社

トヨタの豊田章男社長が、先週のプレゼンテーションで、Elon MuskとTeslaを直撃した。'20.11.09

【トヨタの豊田章男社長が、先週のプレゼンテーションで、Elon MuskとTeslaを直撃した。】'20.11.09

 祖父が、伝説的な日本の自動車メーカ、「トヨタ」を設立した、豊田章男社長は、「Teslaは、レシピを持ったシェフのようなものだ。」と言った。2020年11月08日

 By business insider

Bi0a_20201109150901


 豊田章男社長によると、Teslaは、まだ、現実のビジネスや現実の世界を作っていないという。

 「自動車会社を運営することが、レストランを運営するようなものであるなら、トヨタは、完全なビジネスを持っているのに対し、Teslaは、いくつかのレシピを持った、単なるシェフである。」とトヨタの豊田社長は述べた。

 豊田章男社長は、金曜日のトヨタの第2四半期の財務プレゼンテーションで、ラインナップ全体を電化する計画について話し合いながら、比較を行った。

 豊田社長は、「私たちが持っているものと、Teslaが持っていないものは、稼働中のユニットだろうか?」と、料理の配達サービスの直喩を紹介する前に語った。

 豊田社長によると、「Teslaは、まだ、実際のビジネスや現実の世界を作り上げていないが、レシピを交換しようとしている。」という。

 そして、シェフ(Tesla)は、「Teslaのレシピは、将来的に、世界の標準になるだろう。」と言っている。

 豊田社長は、「このレシピ(ノウハウ)を売ることが、Teslaのビジネスだと思う。」と述べた。

 一方、豊田社長は、「トヨタには、本物のキッチンがあり、本物のシェフがいる。」と語り、通年の利益見通しが倍増したと、主張していた。

 比較のために、Teslaは、今年、50万台の自動車を生産すると述べているが、トヨタの年間生産台数は、2019年に、世界全体で、1000万台を超えていた。

 Teslaは、2019年に、ビジネスの規模は、まったく異なるが、トヨタのほぼ2倍の市場価値を獲得していた。

 豊田社長は、「現在の株価を見ると、Teslaの方が、トヨタよりも、高く評価されているが、実際の製品に関しては、顧客の選択肢は、極めて多い。」と語った。

 トヨタは、ハイブリッドカーでは、Teslaよりも、優位に立っているが、実際に、多くのレガシー自動車メーカが、ゆっくりと電気自動車の開発を、全面的に推進し始めている。

<コメント>

 素人的には、ハイブリッド車の方が、燃費、性能、価格、維持費、および、設備費用などで、電気自動車よりも、将来的に、優位に立っているような気がする。

 電気は、現在、どのようなエネルギー(火力(石炭、ガス、石油)、原子力、水力、太陽光、風力、地熱、バイオマスなど)で、発電されているのだろう?

 発電に使用されている、燃料の割合(2019年日本)

 石炭(27.8%)、LNG(36.0%)、石油(2.6%)、その他火力(8.7%)、原子力(6.5%)、水力(7.4%)、太陽光(7.4%)、風力(0.8%)、地熱(0.2%)、バイオマス(2.7%)

Bi0c_20201109151001


 遠い将来、石炭、ガス、石油のような、化石燃料が、人工的に生成できるようにならないのだろうか?

デル株式会社

2020年10月22日 (木)

ユーザのPCか、モバイル・デバイスで、ライブ・ビデオを撮影する方法 '20.10.22

【ユーザのPCか、モバイル・デバイスで、ライブ・ビデオを撮影する方法】'20.10.22

  ユーザは、自分のPCか、モバイル・デバイスで、YouTube上において、ライブ・ビデオを撮影できるが、モバイル・デバイスで、ライブ・ストリームを撮影するには、1000人のサブスクライバーを必要としている。

 By businessinsider

 YouTubeで、ライブ・ビデオを撮影するには、ユーザは、確認された、アカウントを持ち、24時間、撮影する機能を、オンにする必要がある。

 ユーザは、自分のPC、または、モバイル・アプリを使用して、YouTubeで、ライブ・ビデオを撮影することができるが、少なくとも、1000人のサブスクライバーが、ライブ・ストリームのモバイル版を使用することができる。

 ユーザが、YouTubeで、ライブ・ストリームを使用するために、知る必要のあること。

 詳細は、Business Insiderの技術参照ライブラリに、保存されている。

 YouTube上の、ライブ・ストリーミングは、ビデオの制作者が、聴衆と、よりパーソナルな接続を行うことができるよう、支援することができるが、ユーザは、この機能を利用できるようにする前に、少し準備が必要になる。

 最初に、ユーザは、YouTubeのアカウントを、確認すべきである。

 次に、ユーザは、自分の「Creator Studio Tools」ページに行き、スクリーンの左側のカラムに位置付けられた、「ライブ・ストリーミング」タブを選択する。

1.Youtubeで、ライブ・ストリーミング用のビデオを撮る方法

Bi1b_20201022213101


 スクリーンの左側にある、「Live Streaming」を選択する。

 PCで、Webカメラを使用している場合と、モバイル・アプリを使用している場合、YouTubeで、ライブ・ストリーミングする方法を紹介する。

 ユーザのPC上で、YouTube上で、ライブ・ストリーミング・ビデオを配信する方法は、次の通りである。

 Webカメラを使用して、ライブ・ストリームを配信する場合、Chrome 60+、または、Firefox 53+を使用することを推奨する。

1)YouTubeに行き、自分のアカウントに、サインインする。

2)トップ・ツールバーにおいて、カメラのアイコンをクリックし、「Go live」を選択する。

3)スクリーンの最上部にある、Webカメラを選択する。

4)ビデオのタイトルや説明を入力し、プライバシーの設定を確認する。

 ユーザは、このスクリーンから、ライブ・ストリーミングを、スケジュールできるようになる。

5)「保存」をクリックし、Webカメラが、ライブ・ストリーム用に、サムネイルを取得できるようになる。

6)「Go Live」をクリックする。

 撮影が終了したら、単に、スクリーンの下にある、「エンド・ストリーム」をクリックする。

 ユーザが、12時間を、超えない限り、ライブストリーム・ビデオは、アーカイブされる。

 モバイル・アプリ上の、YouTubeで、ライブ・ビデを探す方法

 ライブ・ビデオを探す能力は、少なくとも、1000人のサブスクライバーを持つ、ビデオ制作者にのみ利用できるようになる。

1)スマートフォン上で、YouTubeアプリを開き、必要に応じて、自分のアカウントに、ログインする。

2)カメラのアイコンである、キャプチャー・ボタンをタップし、「Go Live」を選択する。

Bi1a_20201022213301


3)必要に応じて、YouTubeが、スマートフォンで、オーディオを録音できるようにする。

 ビデオ制作者は、カメラ、マイク、および、位置のようなものへ、アクセスできるようになる。

4)ライブで、ビデオを録画するために、カメラを使用するのに、「カメラ」アイコンを選択するか、「電話」アイコンを選択して、スクリーン画面に表示されている、ものを、すべてキャプチャーする。

5)タイトルを入力し、プライベートな設定を確立する。

6)望むなら、ユーザは、スケジュール、ライブ・チャット、および、視聴者の年齢制限といった、ものを付加することにより、自分のライブ・ストリームをカスタマイズするために、より多くのオプションを選択できるようになる。

7)サムネイルの写真を撮るには、「次」をタップする。

8)ライブ・ストリームを開始するために、「共有」を選択し、次に、「Go Live」を選択する。


Bi1c_20201023085601


 ライブ・ストリームを終了するには、「終了」をタップし、次に、「Ok」をタップする。

デル株式会社

2020年10月18日 (日)

ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」の比較(4)'20.10.18

【ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」の比較(4)】'20.10.18

 Business Insiderは、ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」を比較して、どちらが、リモート・ワーク、在宅勤務、在宅学習に適しているかを、レビューした。2020年7月31日

Bi0a_20201018113701

 By Business Insider

 Business Insiderで、筆者らが、「Google Meet」と「Zoom」を比較して、どちらが、リモート・ワーク、在宅勤務、在宅学習に適しているかを、レビューした結果、「Zoom」の方が、「Google Meet」よりも、包括的なビデオ会議ツールだと思った。

 特に、コロナウイルスの蔓延と闘うために、講じられている継続的な対策に対応して、ますます多くの人たちが、在宅勤務をしている。

 その結果、優れた「ビデオ会議プラットフォーム」を利用することが、必要になる可能性がある。

 代表的な、ビデオ会議プラットフォームには、「Google Meet」と「Zoom」がある。

 どちらのビデオ会議プラットフォームにも、利点があるが、「Zoom」は、より包括的なビデオ会議ソリューションである。

     (続き)

3.Google Meetビデオ会議プラットフォームの特徴

Bi0e


 Googleは、Zoomの「Gallery View」に似た、大規模なビデオ通話用のタイル・レイアウトなど、Zoomにあるようなオプションを、Google Meetに追加することで、過去数ヶ月に渡って、いくつかの改善を行った。

 ちなみに、「Google Meet」のタイル・レイアウトは、最大16人であるが、「Zoom」の「Gallery View」は、最大49人をサポートする(CPUの性能によって異なる)。

 一般に、「Gスイート」で利用できる、他の「Googleサービス」とは別に、Google Meet自体は、Zoomが提供していない、ビデオ会議向けの機能を、あまり多く提供していない。

4.Google Meetと、他のサービスとの統合

Bi0f


 おそらく、考慮すべき最も重要なことの1つは、各ビデオ会議プラットフォームが、他のサービスと、どのように統合されるかである。

 特に、「Google Meet」を使用すると、ユーザは、「Skype for Business」を使用して、他のチームのビデオ会議と、統合したり、SIP、および、H.323標準に基づく、他のビデオ会議システムと統合したり、できるようになる。

 「Google Meet」は、「Googleカレンダー」といった、他の「Googleアプリ」を含む、追加のアプリとも統合される。

 これに対し、Zoomは、一部の「Googleアプリ」を含む、いくつかの統合も、可能にしている。

 例えば、「Zoom」は、「Facebook Workplace」、「Skype for Business」、「Salesforce」、「Microsoft Outlook」、「Googleドライブ」、「Googleカレンダー」などとの統合も、可能にしている。

 最終的に、Zoomは、より包括的な、ビデオ会議プラットフォームであるが、それが、必ずしも、すべての人にとって、適切なオプションであることを意味するわけではない。

 単に、優れたビデオ会議プラットフォームが必要な、ユーザには、Zoomを推奨する。

 とはいえ、「Zoom」が提供する、すべての機能を必要とせず、代わりに、「Gスイート」購読に含まれる、他の「Googleアプリ」との統合や連携が必要な、ユーザには、「Google Meet」を推奨する。

 「Google Meet」は、リモート・ワーク、在宅勤務、在宅学習のニーズに、十分対応できる。

デル株式会社

ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」の比較(3)'20.10.18

【ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」の比較(3)】'20.10.18

 Business Insiderは、ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」を比較して、どちらが、リモート・ワーク、在宅勤務、在宅学習に適しているかを、レビューした。2020年7月31日

Bi0a_20201018113701

 By Business Insider

 Business Insiderで、筆者らが、「Google Meet」と「Zoom」を比較して、どちらが、リモート・ワーク、在宅勤務、在宅学習に適しているかを、レビューした結果、「Zoom」の方が、「Google Meet」よりも、包括的なビデオ会議ツールだと思った。

 特に、コロナウイルスの蔓延と闘うために、講じられている継続的な対策に対応して、ますます多くの人たちが、在宅勤務をしている。

 その結果、優れた「ビデオ会議プラットフォーム」を利用することが、必要になる可能性がある。

 代表的な、ビデオ会議プラットフォームには、「Google Meet」と「Zoom」がある。

 どちらのビデオ会議プラットフォームにも、利点があるが、「Zoom」は、より包括的なビデオ会議ソリューションである。

     (続き)

2.Zoomビデオ会議プラットフォーム

Bi0c_20201018113801


 Zoomは、さまざまな先進的な、機能やサービスを提供する、ビデオ会議プラットフォームである。

Bi0g


 Zoomは、ビデオ会議サービスの提供に、主に焦点を当てている会社によって構築された、ビデオ会議プラットフォームである。

 このビデオ会議プラットフォーム、Zoomは、Google Meetよりも、少し包括的である。

 Googleアプリとの、シームレスな統合は、実現されていないが、純粋に、ビデオ会議プラットフォームだけを探しているのであれば、Zoomを推奨する。

 Zoomには、ビデオ会議の生産性を高めるのに役立つ可能性のあるものが含まれいる。

 例えば、投票を実施する機能、参加者が、共同で作業できる、「ホワイトボード」を共有する機能、追加料金で、最大1000人の参加者のサポートを追加する、オプションなどがある。

 Google MeetとZoomは、どちらも、通話の暗号化、最大720p HDビデオのサポート、他の参加者とのスクリーン画面の共有を可能にする、プレゼンテーション・モードなど、ビデオ会議に期待されている、いくつかの機能を提供している。

   (続く)

デル株式会社

2020年10月17日 (土)

ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」の比較(2)'20.10.17

【ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」の比較(2)】'20.10.17

 Business Insiderは、ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」を比較して、どちらが、リモート・ワーク、在宅勤務、在宅学習に適しているかを、レビューした。2020年7月31日

 By Business Insider

 Business Insiderで、筆者らが、「Google Meet」と「Zoom」を比較して、どちらが、リモート・ワーク、在宅勤務、在宅学習に適しているかを、レビューした結果、「Zoom」の方が、「Google Meet」よりも、包括的なビデオ会議ツールだと思った。

Bi0a_20201017151001

 特に、コロナウイルスの蔓延と闘うために、講じられている継続的な対策に対応して、ますます多くの人たちが、在宅勤務をしている。

 その結果、優れた「ビデオ会議プラットフォーム」を利用することが、必要になる可能性がある。

 代表的な、ビデオ会議プラットフォームには、「Google Meet」と「Zoom」がある。

 どちらのビデオ会議プラットフォームにも、利点があるが、「Zoom」は、より包括的なビデオ会議ソリューションである。

     (続き)

1.Google MeetとZoomで、どちらが、より良いか?

 Google MeetとZoomは、どちらも、ビデオ会議サービスを提供する、プラットフォームであり、基本的に、似たような機能を提供する。

 各プラットフォームは、それぞれ、長所と、短所を持っているが、筆者は、使用する予定の、他のアプリや、チームの規模のニーズに、より良く、適合した方の、ビデオ会議サービスを採用することを薦める。

 純粋に、基本的なビデオ会議の機能を比較すると、Zoomは、Google Meetよりも、優れており、さまざまな価格で、オプションの機能を提供し、より包括的な、ビデオ会議サービスと、プラットフォームを提供する。

 Zoomには、より多くの、ビデオ会議への参加者をサポートする、最も高価なプランだけでなく、より小さなチームに、ビデオ会議の参加者を限定し、有用な基本機能だけを提供する、無料のプランもある。

Bi0b_20201017152901

 使用したい、アプリと、統合され、連携できる、ビデオ会議プラットフォームを、探している、ユーザには、Google Meetの方が、適しているだろう。

 以前、Google Hangouts Meetと呼ばれていた、ビデオ会議プラットフォームのGoogle Meetは、同社のG Suite購読の一部として、Googleサービスと、バンドルされる。

 また、新しい無料のオプションは、すべてのGoogleユーザに、利用できるようになる。

 Google MeetとZoomは、異なった月額料金の、さまざまなプランで、利用できるようになる。

 Zoomの、最も基本的な版は、無料で、利用できるようになるが、このオプションには、いくつかの限定がある。

 Zoomで、ユーザは、最大100人の、ビデオ会議を主催でき、最長、40分間の、グループ会議を行うことができる。

 ただし、より小さなチームには、これらの制限は、あまり問題にならないだろう。

 Zoomの価格付けは、少し、複雑であり、無料版で、不十分な、機能を追加したり、会議の時間を延長したりして、その分だけ、料金を支払うことができるようになっている。

 基本プランからの、ステップアップは、「Pro」プランで、14.99ドル/月で、ビデオ会議を、最長、24時間、行うことができるようになる。

 次のステップアップは、「Business」プランで、19.99ドル/月で、最低、10時間、ビデオ会議を行うことができるようになる。

 このオプションは、最大、300名の参加者を可能にし、必要に応じて、いくつかの先進的な管理機能を追加できるようになる。

 次のステップアップは、「Enterprise」プランで、会議の主催者は、19.99ドル/会議で、ビデオ会議を、100会議まで、行うことができる。

 「Enterprise」プランは、最大で、500名の、会議の参加者へのサポートを提供し、より先進的な機能が、含まれている。

 「Enterprise Plus」アップグレードは、最大、1000名の参加者への、サポートを提供できるようにする。

 「企業の職場の以外」プランで、Zoomは、教育分野向けに、特定のソリューションを用意している。

 「Education」プランは、教育機関の会議の主催者は、最低、20会議を開催できるようにする。

 「Education」プランは、最低、20会議を、最高、149会議を主催することができる。

 ビデオ会議の主催は、最大、300名の参加者をサポートできる、ビデオ会議を開催することができる。

 Google Meetでは、ビデオ会議の主催者が、選択できる、若干異なった、オプションを持っている。

Bi0c

 Meetの無料版は、オリジナルに、利用できなかったが、Googleは、サービスの、限定された版への、無料アクセスを提供している。

 Google Meetの無料版は、60分間のビデオ会議中に、最大、100名の参加者をサポートすることができる。

 より多くの機能を使えるようにするために、ビデオ会議の主催者は、サービスの、GoogleのG Suiteの購読の一部として、支払う必要があるだろう。

 G Suiteは、6ドル/ユーザで、利用することができ、「Enterprise」プランの一部として、25ドル/ユーザで、利用することもできる。

 G Suiteの基本版は、6ドル/月で、利用でき、最大、100名の会議の参加者が、ビデオ通話できるようにする。

 「Business」プランは、最大、150名の会議の参加者が、ビデオ通話できるようになる。

 「Enterprise」プランは、ビデオ会議の録画や、ライブ中継の様に、他の先進的な機能に対する、サポートを提供する。

 Googleは、コロナウィルスの感染の危機に、対応して、特別なプロモーションを提供している。

 企業や教育機関のユーザが、緊急事態中に、互いに、コミュニケートするのを支援するために、Googleは、G Suiteの購読者に、追加のコストなしに、Google Meetの「Enterprise」版へのアクセスを提供する。

 追加機能は、2020年9月30日までに、利用できるようになる。

   (続く)

デル株式会社

ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」の比較(1)'20.10.17

【ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」の比較(1)】'20.10.17

 Business Insiderは、ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」を比較して、どちらが、リモート・ワーク、在宅勤務、在宅学習に適しているかを、レビューした。2020年7月31日

 By Business Insider

 Business Insiderで、筆者らが、「Google Meet」と「Zoom」を比較して、どちらが、リモート・ワーク、在宅勤務、在宅学習に適しているかを、レビューした結果、「Zoom」の方が、「Google Meet」よりも、包括的なビデオ会議ツールだと思った。

 特に、コロナウイルスの蔓延と闘うために、講じられている継続的な対策に対応して、ますます多くの人たちが、在宅勤務をしている。

 その結果、優れた「ビデオ会議プラットフォーム」を利用することが、必要になる可能性がある。

 代表的な、ビデオ会議プラットフォームには、「Google Meet」と「Zoom」がある。

 どちらのビデオ会議プラットフォームにも、利点があるが、「Zoom」は、より包括的なビデオ会議ソリューションである。

Bi0a_20201017151001


 ますます多くの学生が、仮想的な教室に参加しして、在宅学習をしたり、多くの人が、ビデオ会議や、ビデオ通話しながら、仮想的な、家の仮想的なオフィスで、在宅勤務したり、しているので、同僚、教師、あるいは、クラスメートと、コミュニケーションを取るのに最適な方法は何か、疑問に思うかもしれない。

 Webベースの、これら、ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」で、利用できる、コミュニケーション・ツールのおかげで、ユーザは、オンラインで通信するための、多くのオプションが利用でき、比較的容易に、在宅学習したり、在宅勤務したり、できるようになった。

 最も人気のある、オンライン・コミュニケーション・ツールには、世界中の職場や教室で使用されている、「Google Meet」と「Zoom」がある。

 どちらのオンライン・コミュニケーション・ツールも、ビデオ会議を通して、他の参加者と対話する機能を提供し、企業や学校が、さまざまなデバイスを介して、ビデオ会議や、仮想教室での授業を実施できるようにする。

Bi0b_20201017152901


 しかし、これらのオンライン・コミュニケーション・ツール、「Google Meet」と「Zoom」の、どちらが、優れているのだろう?

「Google Meet」と「Zoom」の比較

1)「Google Meet」

項目            有無

無料オプション       有り

価格レンジ         6~25ドル/月

最大参加者数        250人

サポートOS         Windows、Mac、Android、iOS

通話の録音                  有り

スクリーンの共有            有り

グループ・メッセージ        有り

統合                        他のGoogleサービス、Skype、Pexip Infinity

他の特徴          暗号化された通話

2)「Zoom」

項目            有無

無料オプション       有り

価格レンジ         14.99~19.99ドル/主催者

最大参加者数        1000人

サポートOS         Windows、Mac、Android、iOS

通話の録音                  有り

スクリーンの共有            有り

グループ・メッセージ        有り

統合                        Workplace、Salesforce、Googleサービス

他の特徴          ポール、ホワイトボード、暗号化された通話


Bi0
 また、「Google Meet」と「Zoom」の、どちらのオンライン・コミュニケーション・ツールが、ユーザのニーズに最適なのだろう?

 筆者らは、これらのオンライン・コミュニケーション・ツール、「Google Meet」と「Zoom」を、直接比較して調べており、この記事は、両ビデオ会議プラットフォームの、新機能の詳細を含むように、改訂されている。

     (続く)

デル株式会社

2020年9月30日 (水)

折り畳むことのできる、スクリーンを持つ、最初のPCである、ThinkPad X1 Foldを、Lenovoが、2499ドルで販売する。'28.09.30

【折り畳むことのできる、スクリーンを持つ、最初のPCである、ThinkPad X1 Foldを、Lenovoが、2499ドルで販売する。】'28.09.30

 折り畳み可能な、スクリーンを持つ、最初のPCである、ThinkPad X1 Foldが、Lenovoから、2499ドルで、販売される。2020年9月29日

  By Luke Larsen、digital trends

Dt3a


 Lenovoは、実験的なPC、「ThinkPad X1 Fold」の提供を発表した。

 現在、ユーザは、このフォルダブルなPCを、2499ドルで、購入することができる。

 フォルダブルな、OLEDスクリーンと、磁石で取り付けることのできる、キーボードを特徴にした、ThinkPad X1 Foldは、Lenovoの、折り畳み可能な、2つのスクリーンを持つ、新世代の、Windowsラップトップである。

 このフォルダブルな、ラップトップは、2020年1月に開催された、CES 2020で、最初に紹介されていた。

 Lenovoは、ハードウェアとソフトウェアの両方において、このフォルダブルな、ラップトップ、ThinkPad X1 Foldの、使いやすさを改善している。

 Lenovoによると、ハードウェア的には、このフォルダブルな、ラップトップには、より深い角度で、折り曲げることのできる、革製のキックスタンドが付いている。

 このフォルダブルな、ラップトップ、ThinkPad X1 Foldには、Bluetoothで、無線接続できる、キーボードが付いており、磁石で、ラップトップの本体に接続して、ノートPCのように使用することも、本体から切り離して、デスクトップのように、使用することもできる。

 このThinkPad X1 Foldの、名前が示すように、このラップトップは、スクリーンを、折り畳むことができ、柔軟性がある。

 ThinkPad X1 Foldの、折り畳むことのできる、13.3インチのOLEDスクリーンは、次のようにして、さまざまな形で、利用することができる。

・半分に、折り畳んで、一方のスクリーンに、アプリを表示し、もう片方のスクリーンには、仮想キーボードを表示し、ノートPC的に使用することができる。
L1a

・2つのスクリーンを、書籍のように、折り畳んで、タブレット的に、使用することができる。

L1c

・2つのスクリーンを、フラットに広げて、物理キーボードを、磁石で取り付けて、ノートPC的に、使用することもできる。

L1d

・2つのスクリーンを、フラットに広げて、革製のキックスタンドで、本体を立てかけて、物理キーボードを、本体から、切り離して、机の上に置き、デスクトップPCのように、使用することもできる。

L1b_20201001082601


 Lenovoは、折り畳むことのできる、スクリーンを開閉するための蝶番と、折り曲げることのできる、スクリーンの耐久性を改善した。

 スクリーンを折り畳むことのできる、他のデバイスには、Samsung Galaxy Z Fold 2、Motorola Razrがある。

 ただし、Lenovoは、スクリーンや蝶番の耐久性に関して、具体的に、約束は、していない。

 柔軟性のある、2つのスクリーンを、フラットに広げると、標準的な、ラップトップの大きさの、13.3インチのサイズの、スクリーンになる。

 標準の13.3インチのラップトップの、半分のサイズに、折り曲げることで、コンパクトになり、鞄に入れて、持ち歩くことができるようになる。

 ThinkPad X1 Foldは、フラットに開くと、0.45インチの厚さになり、折り畳むと、1.09インチの厚さになる。

 ちなみに、iPad Proの厚さは、0.23インチであり、Surface Pro 7の厚さは、0.33インチである。

 このSamsung Galaxy Z Fold 2の重さは、本体と、磁石で取り付けることのできる、キーボードの両方を合わせて、2.2ポンドである。

 Lenovoによると、ThinkPad X1 Foldは、Windows 10 Home、または、Windows 10 Proを搭載するという。

 このThinkPad X1 Foldが、最初に、発表された時に、Lenovoは、このデバイスに、Microsoftが、開発中の、フォルダブルな、デバイス向けのオペレーティング・システム、「Windows 10X」を搭載することを検討していたが、Windows 10Xのリリースは、2021年まで、延期された。

 これに対し、Lenovoは、将来、Windows 10Xを、サポートするかどうかについて、コメントしていない。

 Lenovoは、柔軟なスクリーンに、より適した、「モード・スイッチング」と呼ばれる、Windows 10用の、ソフトウェアの機能を開発した。

 この「モード・スイッチング」は、「Windows Snap Assist」スプリット・スクリーン・モードの変形である。

 ThinkPad X1 Foldは、「Lakefield」プロセッサとして、知られている、Intel Hybrid技術を使用した、「Intel Core」プロセッサを特徴にしている。

 ThinkPad X1 Foldは、これらの新プロセッサを使用するために、最初のラップトップの1つになる。

 Lakefieldチップは、10nmの5コア・プロセッサであり、4つの(Atomデザインをベースにした)低電力の「Tremont」コアを、結合している。

 Intelは、Core i3とCore i5 Lakefieldプロセッサの両方を持っており、ThinkPad X1 Foldは、Core i5だけをサポートする。

 Intel Hybrid技術は、冷却ファンのないデザインと、より長いバッテリー寿命を、可能にするが、従来の、PCワークフローにおける、性能を犠牲にしている。

 Volvoは、ThinkPad X1 Foldの、50ワット/時のバッテリーには、1回の充電で、最大、10時間の、バッテリー寿命がある。

 ThinkPad X1 Foldは、2499ドルで、販売が開始される。

 ThinkPad X1 Foldの基本的な構成には、8GBのRAMと256GBのSSDが搭載されている。

デル株式会社

2020年9月26日 (土)

Business Insiderによると、Googleのフォルダブルな、Pixelスマートフォンが、2021年に、リリースされるという。'20.09.26

【Business Insiderによると、Googleのフォルダブルな、Pixelスマートフォンが、2021年に、リリースされるという。】'20.09.26

 リークされた、内部的な、ドキュメントによると、Googleの、最初の、フォルダブルな、Pixelスマートフォンは、2021年に、リリースされると、報告されている。2020年8月6日

 By headtopics(ソース:Business Insider

 Business Insiderは、2007年から、金融、メディア、技術、および、他の分野の業界の、内部情報に詳しい、ビジネス・ニュースを配信する、Webサイトで提供している。

 Business InsiderのHollis Johnson氏は、「9to5Google」からのレポートによると、2021年4Qに、最初の、フォルダブルな、Pixelスマートフォンを、リリースすると計画している、と報告した。

 このフォルダブルなデバイスのコードネームは、「passport」のようだ。

 Samsung、Huawei、および、Motorolaのような、メーカの後に、Googleは、フォルダブルな、スマートフォンを提供する。

 Googleは、以前、フォルダブルなスマートフォンについて、考えていたが、同社は、フォルダブルな、スマートフォンのような製品を、開発し、リリースする計画を、まだ、明確にしていない。

 9to5Googleのレポートによると、Googleの内部ドキュメントには、「2021年の4Qに、Googleが、フォルダブルな、Pixelスマートフォンを、リリースすることを計画していること」や、「Googleの既存のスマートフォンの、まだ、リリースされていないモデルの、すべてに搭載される、モバイル・オペレーティング・システムの版数」が、記載されているという。

 また、このレポートによると、Googleの、フォルダブルな、スマートフォンの、コードネームは、「passport」だという。

 ただし、「9to5Google」によると、この内部ドキュメントは、Androidオペレーティング・システムの開発チームを対象としているため、Googleのハードウェア・チームの計画を示していない可能性があるという。

 「Google Pixel 5とPixel FOLDの紹介」ビデオ

 Googleは、Business Insiderの質問に対し、すぐに、回答していなかった。

 2019年に、Samsung、Motorola、および、Huaweiのような、メーカは、2019年に、最初の、フォルダブルな、スマートフォンのモデルを紹介したが、2019年に、最初の、フォルダブルな、スマートフォンのモデルが、どれぐらい、販売されたか、明確にしていない。

 Samsungは、3番目の、フォルダブルな、スマートフォン、「Galaxy Z Fold 2」を、水曜日に発表した。

 Googleによると、Samsungのフォルダブルな、スマートフォンのラインナップは、まだ、開発の初期の段階にあるという。

 Samsungの、最初の、フォルダブルな、スマートフォン、「Galaxy Fold」は、レビュアーの何人かが、このスマートフォンをテストしていて、2日間で、蝶番で結合された、2つのスクリーンの、防塵や強度に、問題が発生したと指摘した。

 また、何人かの、レビュアーは、オリジナルの「Galaxy Fold」を、高価過ぎると批判した。

Bl0a


 また、何人かの、レビュアーは、Samsungのフォルダブルな、スマートフォン、「Galaxy Fold」のデザインで、カバー・スクリーンが、小さ過ぎるといった、問題があると指摘した。

 Samsungは、2番目に開発した、フォルダブルな、スマートフォン、「Galaxy Z Flip」のデザインは、最初に開発した、オリジナルの「Galaxy Fold」とは、大きく、変わっていた。

 2番目の「Galaxy Z Flip」の見た目は、従来の、折り畳みタイプの携帯電話のように見える。


Bl0b


 3番目の、最新のフォルダブルな、スマートフォン、「Galaxy Z Fold 2」は、Galaxy FoldとZ Flipの、両方の要素を結合している。

Bl0c


 Galaxy Z Fold 2は、Galaxy Foldに似た、タブレットのような、デザインになっており、Galaxy Z Flipのように、複数の角度に、開くことのできる、蝶番を持っている。

 以前のGoogleの役員、Mario Queiroz氏によると、このGalaxy Z Flipフォルダブルなスマートフォンは、特に、革新的であるとは、思っていないと、2019年5月に、Business Insiderに語った。

 Mario Queiroz氏によると、スクリーンを、開閉することができ、スクリーンをフラットに開くことで、タブレットになる、スマートフォンは、いくつかの利点があるが、特に、画期的なことではないという。

デル株式会社

ウェブページ

広告2