reuters

2020年10月27日 (火)

2020年に、中小企業に、ベストなタブレット(1)'20.10.27

【2020年に、中小企業に、ベストなタブレット(1)】'20.10.27

 新たな、Samsung Galaxy Tab S6タブレットのレビュー、2020年10月1日

Dt7a_20201027213701

 

 By Jackie Dove and Paula Beaton、digitaltrends

 タブレットは、中小企業向けに、強力なツールになり得る。

 タブレットの大きなスクリーンは、デモ、グラフ、イメージ向けに、理想的であり、また、持ち運び易いことが、タブレットを、ラップトップよりも、便利にする。

 また、他の従業員、あるいは、顧客と、情報を共有するために、ユーザは、しばしば、大きなスクリーン画面を必要にしているのなら、タブレットは、理想的な選択である。

 タブレットに投資する前に、ビジネスに必要な、機能を提供するかどうか、確認してみよう。

 中小企業に、ベストなタブレットは、接続性と携帯性を強化すべきであり、作業をするために、十分な性能を持ち、手頃な価格であることが要求される。

 タブレットをどのように、選択するか?

 自分や自分のチームのために、タブレットを、購入するときに、派手な製品を購入すべきではない。

 購入する、タブレットを探す場合、いくつかのパラメータを設定すると、選択するときの役に立つ。

 ユーザは、タブレットを購入する前に、そのデバイスの、主な使用方法を明確にしよう。

 また、タブレットを購入する、ユーザは、いくらぐらいのタブレットを購入するか、どのようなアプリを利用するか、それには、どのような仕様で、どのような機能を持ち、どのオペレーティング・システムが、適しているかを明確にしよう。

 企業は、タブレットを、支払い処理、フィールドワーク、および、メディアの消費を含む、あらゆる種類に適した、タブレットを使用することができる。

 ユーザは、企業における、異なった役割のために、異なったタイプのタブレットを必要としている、役員や従業員間の、要求の違いを明確にしよう。

 ユーザは、タブレットの、サイズ、バッテリーの寿命、プロセッサの性能、ストレージの容量、および、アクセサリー用の外部ポートを考慮しよう。

 企業は、タブレットを、さまざまな、アプリを使用して、さまざまな目的に、使用することができる。

 企業は、タブレットで、使用する、アプリや、目的に応じて、どのような仕様のタブレットが必要か、明確にしよう。

1)ストレージ

 ユーザの作業が、ドキュメント、写真、ビデオ、および、マルチメディアの資産の多くを、生成するなら、ユーザは、大容量のストレージを持ち、容量を拡張できる、タブレットを購入しよう。

 ストレージを、16GBから、最大、1TBまで、拡張して、利用できる、タブレットを購入しよう。

2)バッテリーの寿命

 バッテリーの容量は、デバイスのサイズに、少し、依存しているが、一般的に、6,000mAhと8,000mAhの間である。

 また、より小さなデバイスは、3,000mAhの容量の、ストレージで、十分である。

 バッテリーの寿命が、重要なら、いくつかのレビューを読んで、容量が、実際の世界の使用時間に、どのように変換されるかを理解しよう。

3)カメラ

 タブレットのカメラは、多機能であることよりも、便利な機能を持つことが、一般的に、望まれている。

 それにも関わらず、殆どのタブレットは、ユーザのニーズに基づいて、有用な、前面カメラと、背面カメラを装備している。

 タブレットの前面にある、正面のカメラは、Skype、FaceTime、および、他のサービスを経由して、ビデオ会議や、ビデオ・チャットで利用できるよう、便利にできている。

4)Wi-Fi

 従来の標準規格のWi-Fiは、あらゆるタブレット用に、標準で、サポートされており、さらに、より高速な、新しい標準規格の、802.11acが、サポートされている。

5)プロセッサ

 タブレット用の、プロセッサは、機種により、大きく異なり、Appleの、iPad A12Xチップといった、メーカに、固有の場合がある。

 ユーザは、プロセッサが、どれぐらい高速かを、仕様やレビューを見て、確認しよう。

6)スピーカ

 タブレットのスピーカは、ユーザが、音楽を聴いたり、映画を観たりする場合は、より音質のよいものが、装備されているかを、確認しよう。

 ユーザは、Best Buyなどの、実店舗で、実際に、タブレットのスピーカの音を聴いて、音質や音量を、確認することができる。

7)スタイラスペン

 スタイラスペンとタブレットは、一緒に使用され、特定のタブレットには、ハードウェアとソフトウェアの機能を利用するために、作成された、スタイラスペンがある。

 ユーザは、スタイラスペンを使用したいなら、自分のタブレット用に、カスタム・デザインされた、スタイラスを使用しよう。

 ユーザが、画像編集や、画像の描画を行う場合、ペンの細さ、太さ、筆圧、ペンの種類(ブラシ、鉛筆、クレヨン、毛筆、マーカーなど)を、変えることができる、多機能なスタイラスペンを購入しよう。

 ユーザが、ポインティング・デバイスとして、スタイラスペンを使用したり、あるいは、手書きで、メモを書いたり、手書き文字認識を利用したり、するために、スタイラスペンを使用したいなら、機能が限定された、より手頃な価格の、スタイラスペンで、十分だろう。

8)拡張可能なメモリ

 いくつかのタブレットには、ストレージ容量を拡張できるようにするための、SDカード・スロットが付いている。、

9)LTE接続

 ユーザが、屋外で、仕事をする場合、オンラインの通信のために、Wi-Fiを利用できない場合、LTE接続を使用する必要がある。

 LTE接続は、オンラインで、どこでも、タブレットを利用できるようにする。

 ユーザは、移動通信サービス・プロバイダーからの、モバイル・データ購読プランに、タブレットを、加える必要があるだろう。

    (続く)

デル株式会社

2020年6月16日 (火)

ロボタクシーの市場が、立ち上がらないので、Nvidiaは、より現実的な、運転手補助技術の分野に目を向ける。'20.06.16

【ロボタクシーの市場が、立ち上がらないので、Nvidiaは、より現実的な、運転手補助技術の分野に目を向ける。】'20.06.16

 GPUチップを得意とする、半導体メーカ、Nvidiaは、ロボタクシーの市場が、立ち上がらないので、同社の自動運転車技術を、より現実的で、実用的な、運転手補助技術にもたらす。2020年5月14日

 By Reuters

 Nvidiaは、同社のGPUチップで、車載コンピューティング・システムだけでなく、データセンター向けの、仮想コンピューティング・サーバ (vCompute Server)を構築し、サーバの仮想マシン(VM)を高速化することにも、取り組んでいる。

Reu2a_20200616170901


 これにより、Nvidiaは、人工知能(AI)、深層学習(DL)、高性能コンピューティング(HPC)といった技術を、高速に、仮想マシン(VM)で、実行できるようにする。

 Nvidiaは、データセンターのサーバ (vCompute Server)、自動運転車、自律ロボットなどの分野に、同社のGPUチップを、もたらし、これらの応用技術に、AIやDLといった、技術を組み込み、VMで高速に実行できるようにすることを模索している。

 Nvidiaは、同社のAI&DL技術、グラフィクス処理や画像処理技術を応用した、自動レーン維持、クルーズ制御、および、他の運転手補助機能を開発し、同社のGPUチップを搭載した、車載コンピューティング・システムを構築して、これらの技術を組み込めるようにした、「運転手補助システム」の分野に参入する。

 現在、自動運転車や自律ロボット(例えば、ロボタクシー)の市場は、まだ、立ち上がっていないので、Nvidiaは、運転手補助技術や安全運転技術といった、より現実的な分野向けに、同社のGPUチップを搭載した、車載コンピューティング・システムを活用できるようにすることに、焦点を合わせていくようだ。

 Nvidiaは、自動車部品のメーカが、同社のGPUチップを搭載した、車載コンピューティング・システムに、同社のAI&DL技術、および、画像処理やグラフィクス処理技術を、容易に、組み込むことが、できるようにする。

 これまで、Nvidiaは、同社のGPUチップを搭載した、遥かに高度なコンピューティング・システムを必要とする、自動運転車を作ることを目的とした、重要な技術を提供してきた。

 コロナウイルスの感染の拡大が、世界に打撃を与える前でさえも、General MotorsやFord Motorといった、最大手の自動車メーカは、自動運転車への期待が、打ち砕かれつつあった。

 新しいNvidiaのGPUを搭載した、車載コンピューティング・システムで可能になる、運転手補助機能の多くは、Intelが所有する、イスラエルの会社である、Mobileyeの技術を搭載した、ハイエンド車で、既に利用できるようになっている。

 新しいNvidiaのGPU(「Orin」プロセッサ・チップ)を搭載した、車載コンピューティング・システムで、同社の自動運転技術を使用して、自動車メーカは、エンジニアリングの労力を節約し、運転手補助機能を改善できるようになる。

Reu2b_20200616171001


 Nvidiaによると、この車載コンピューティング・システムを採用した、自動車は、2023年初頭に、生産が開始される、見込みだという。

 Nvidiaは、価格や自動車メーカの潜在顧客に関する、コメントを避けた。

 Nvidiaによると、同社のGPU(「Orin」プロセッサ・チップ)を搭載した、カメラや各種センサーを含む、車載コンピューティング・システムは、Continental AG、ZF Friedrichshafen AG、Robert Boschといった、従来の自動車部品メーカによって製造される可能性が高いという。

デル株式会社

2020年6月14日 (日)

米国の2つの州が、Amazonの商習慣を調査している。'20.06.14

【米国の2つの州が、Amazonの商習慣を調査している。】'20.06.14

 カリフォルニア州とワシントン州の調査官が、Amazonの商習慣を調査していると、新聞が報じた。2020年6月13日

 By Reuters

 Wall Street JournalとNew York Timesの、2紙によると、カリフォルニア州とワシントン州の調査官が、Amazonが、オンライン市場において、売り手を、どのように、扱っているかを、調査しているという。

 Amazonは、カリフォルニア州の調査官による、調査の報告について、コメントするのを断った。

 2紙の報告によると、カリフォルニア州の調査官が、3rdパーティの売り手と競合する、自社ブランドの製品の販売に関する、Amazonの商習慣を、調査しているという。

 Amazonによると、自社ブランドの製品は、同社の、1年間のオンライン販売の売上全体の、約1%しか占めていないという。

 New York Times紙によると、ワシントン州の調査官は、Amazonが、売り手が、他のオンライン販売サイトで、自社の製品を掲載することを、難しくしているかどうかに関しても、調査しているという。

 米下院司法委員会は、2020年5月に、「Amazonが、自社の3rdパーティの売り手から得られた、データを使用して、競合製品を作成している。」という主張に関して、証言するよう、AmazonのCEO、Jeff Bezos氏に要請していた。

 Amazonは、オンライン販売を請け負っている、3rdパーティの売り手と、同様な商品のライバルとしての、2つの役割に関して、トレーダーからの苦情を受けた、欧州委員会(EC)によって、すでに調査されている。

 Reutersは、外部の情報筋を引用して、Amazonが、オンライン販売プラットフォーム上で競合する、同社の3rdパーティの売り手から得られた、データの使用について、数週間の内に、欧州連合(EU)の独占禁止法の違反の罪に問われる可能性があると語った。

デル株式会社

2020年6月 9日 (火)

Googleが、Android 11の発表を延期する。'20.06.09

【Googleが、Android 11の発表を延期する。】'20.06.09

 Alphabetは、土曜日に、米国での抗議と不安を考慮して、来週予定されていた、最新の「Android 11」モバイル・オペレーティング・システムのベータ版の発表を延期すると発表した。2020年5月30日

 By reuters

 「Android 11について、より詳細を伝えることができることに、エキサイトしているが、今は、祝う時ではないと判断した。」と、Googleは、Android開発者のWebサイトに投稿した。

 Android開発者のWebサイトによると、Android 11の発表イベントは、当初、水曜日に開催される予定だったという。

 今回、 Googleは、Android 11の詳細の発表時期については、日時を指定せずに、単に、「間もなく発表する。」と述べていた。

デル株式会社

2020年5月21日 (木)

Amazonは、発熱している、スタッフを見つけるために、配送センターに、サーマル・カメラを展開する。'20.05.21

【Amazonは、発熱している、スタッフを見つけるために、配送センターに、サーマル・カメラを展開する。】'20.05.21

 Amazonは、コロナウイルスに感染した可能性のある、発熱している、配送センターのスタッフを見つけるために、サーマル・カメラを使用して、スキャンすることで、より速く、適切に、検出できるようにすることに取り組んでいる。2020年4月18日

 By Jeffrey Dastin、Krystal Hu、reuters

 Amazonは、コロナウイルスに感染した可能性のある、スタッフが、発している、熱が、どれぐらいあるかを、接触することなく、より速く、正確に測定するために、サーマル・カメラを、配送センターに設置し、スタッフをスキャンしている。

 Amazonのスタッフによると、このサーマル・カメラは、額に、サーモメータを接触して、スタッフの体温を測定するよりも、あまり時間をかけず、接触することなく、より正確に、スタッフの体温を測定できるという。

Reu1a_20200521215301


 Amazonは、米国の50ヵ所にある、配送センターで、サーマル・カメラを使用した、非接触の体温測定を、スタッフを対象に実施している。

 何人かの、Amazonの配送センターのスタッフが、コロナウイルスの感染を心配して、安全のために、仕事をやめたこともあり、Amazonの労働組合のスタッフと、地元の政治家は、Amazonに、配送センターを閉鎖するよう、依頼しているようだ。

 これに対し、Amazonは、配送センターを閉鎖することなく、コロナウイルスの感染の広がりを、封じ込めるための方法として、サーマル・カメラを使用して、検温することを模索している。

 米国政府は、コロナウイルスの感染を防ぐために、外出しないよう、要請している状況において、Amazonに、家まで、商品を配達することを許可した。

 スタッフが、コロナウイルスに感染の問題に関して、混乱しないよう、Amazonは、フランスの、6カ所にある、商品の配送センターを、一時的に、封鎖した。

 米国のAmazonの配送センターのように、サーマル・カメラ技術を使用している、他の企業には、Tyson FoodsとIntelがいる。

 2003年に、SARS伝染病の感染が心配されあと、アジアの空港などで、5000ドルから2万ドルの費用がかかる、サーマル・カメラ・システムの技術が導入されていた。

 今週、Amazonは、同社が、拠点としている、Los AngelesとSeattleの郊外にある、6カ所の配送センターに、スタッフを検温するための、サーマル・カメラ・システムを設置したと、ソーシアル・メディアに投稿した。

 Reutersによると、サーマル・カメラは、AmazonのWhole Foodsストアの多くの、店舗において、スタッフの発熱を測定するために、サーモメータの代わりの、より速くて、正確な方法として。使用されるという。

 Amazonは、配送センターのスタッフの額に、サーモメータを接触させて、発熱をチェックする代わりに、接触することなく、より正確に、スタッフの発熱を測定できる、サーマル・カメラを採用することにした。

 「Amazonが、配送センターで、サーマル・カメラを採用したことを紹介する」ビデオ

 Amazonは、接触することなく、人の発熱を測定できる、サーマル・カメラの技術を、どれぐらい、広く採用するかは、まだ、決定していない。

 Whole Foodsによると、数週間前に、注文した、サーマル・カメラは、到着し始めているという。

 Amazonは、何カ所かの配送センターに、スタッフの発熱をチェックするための、サーマル・カメラ・システムを実装した。

 Amazonは、配送センターのスタッフの、健康と安全をサポートするために、サーマル・カメラ・システムを採用する。

 2020年5月初旬に、Amazonは、米国と西欧にある、配送センターで、数10万人のスタッフに、マスクを提供し、サーマル・カメラでスタッフの発熱の監視を開始した。

 このサーマル・カメラは、インターネットに接続されているので、遠隔地からでも、スタッフの発熱を監視することができる。

デル株式会社

2020年4月20日 (月)

Googleは、コロナウイルス感染の危機が続く間、コロナウイルス関連の記事を発行した、ニュース出版社の、広告掲載手数料を免除する。'29.04.20

【Googleは、コロナウイルス感染の危機が続く間、コロナウイルス関連の記事を発行した、ニュース出版社の、広告掲載手数料を免除する。】'29.04.20

Reu2a_20200420095701


 Googleは、Google検索結果リストなどに、広告を掲載するために、ニュース出版社に請求する、少額の手数料を、今後、5ヶ月間は、徴収しないと述べた。2020年4月18日

 By Ayanti Bera、Paresh Dave、Reuters

 コロナウイルス感染の危機に関連した、世界的な、経済の不確実性のために、多くの広告主が、特に、出版物に掲載する、広告の予算を減らしているので、ニュース出版社、特に印刷メディアは、広告収入が減少した。

 このため、Googleは、検索結果リストなどに、報道機関の広告を掲載するために、報道機関(ニュース出版社)に請求する、少額の手数料を、今後、5ヶ月間は、徴収しないと述べた。

 今回、報道機関の広告掲載手数料を免除する、広告掲載サービスである、「Google Ad Manager」は、Google検索した、ユーザの、検索結果リストに表示される、1000件の広告ごとの、広告掲載手数料が低いので、報道機関(ニュース出版社)の間で、最も使用されている、広告配信ツールである。

 また、2020年3月に、Facebookは、コロナウイルスの感染の危機が続いている間、報道機関を支援するために、1億ドルの資金を提供する意向を表明している。

 このように、GoogleやFacebookは、報道機関(特に、印刷メディア)が、コロナウイルスに関連した、ニュースや情報を提供するのを支援していくようだ。

 Googleは、誰でも、コロナウイルスに関連した、あらゆる情報を、適切に、収集したり、必要な情報を見つけやすくしたりすることで、現在の状態が、改善されるのを、支援することに取り組んでいる。

 コロナウイルスへの感染の問題に関連した、ニュースや情報については、「世界保健機関(WHO)」のWebサイトを訪問のこと。

デル株式会社

2020年4月19日 (日)

コロナウイルスの問題で、ロボットが、レストランの食事を、家まで配達することを試みる。'20.04.19

【コロナウイルスの問題で、ロボットが、レストランの食事を、家まで配達することを試みる。】'20.04.19

 コロンビアのスタートアップ、Rappiが作成した、配達ロボットは、2020年4月から、コロンビアのMedellin市街の通りを移動して、コロナウイルスの感染を防ぐために、外出しない、家に、レストランの食事を配達する。2020年4月18日

 By David Estrada、Reuters

 コロンビアのスタートアップ、Rappiは、コロナウイルスの問題のため、家庭に居る人たちに、レストランの食事を、安全な方法で、ロボットが、試験的に、配達している。

 今週、コロンビアで、2番目に大きな都市である、Medellinで、レストランの食事を配達する、実験が開始された。

 4輪で、箱型のロボットは、取り付けられたアンテナに、オレンジ色の旗を立て、歩行者の注意を引き、歩道を、できるだけ安全に、移動できるようにしている。

Reu3a2


 この配達ロボットは、最大で、35立方センチの大きさの荷物を運ぶことができ、例えば、レストランから、オンラインで注文された食事を配達することができる。

 「Raddiの配達ロボットの紹介」ビデオ

 この配達ロボットは、最後のマイルの、食事の配達を完了した後、次に配達する前に、消毒される。

 この配達ロボットは、Raddiと、米国のKimBotが、共同で運用する、配達サービス事業で、レストランに、貸し出される。

 両社は、レストランから、オンライン注文から、ロボットによる、配達サービスの運用やロボットの保守を請け負う。

 RaddiのMatias Laks氏によると、同社は、人々の暮らしを、容易で、安全にするために、他の技術ベンダとパートナーを組んで、配達サービスを提供するという。

 Raddiは、食事の配達サービスの試験的な運用を実施する、地域において、15体のロボットで、毎日、約120回、顧客の家に、食事を配達する。

 Raddiは、2020年7月まで、ロボットを使用した、この配達サービスの試験運用を行う、意向である。

 Raddiは、ロボットを使用した、配達サービスを、米国の他の都市に、展開していく。

 9か国の、ラテンアメリカ諸国に渡り、約20万人の配達人がいる、配達サービス会社である、Rappiは、コロナウイルスの感染を防ぐために、封鎖が開始される前の、2020年の最初の2カ月間に、配達サービスが、前年よりも、30%増加したと報告した。

 家庭への配達サービスのビジネスは、競争が激しい。

 ブラジルのiFoodは、先週、Rappiのコロンビアのライバル、Domicilios.comの株を、購入し、配達ビジネスの地域を拡大すると発表した。

デル株式会社

2020年4月17日 (金)

Googleのビデオ会議ツール、Meetが、Zoomのようなレイアウトを真似る。'20.04.17

【Googleのビデオ会議ツール、Meetが、Zoomのようなレイアウトを真似る。】'20.04.17

 ビジネスで使える、安全性の高い、Googleのビデオ会議ツール、Meetは、Gmailをリンクして、Zoomのようなレイアウトを真似る。2020年4月16日

 By Paresh Dave、reuters

 Googleは、企業、教育機関、公共団体のユーザが、Gmailと統合された、同社のビデオ会議ツール、「Meet」を使用して、直接、ビデオ通話やビデオ会議などに参加できるようにする。

Reu1a_20200417205701


 Googleのビデオ会議ツールである、Meetと、メール・ソフトである、Gmailとの統合は、コロナウイルスの感染を防ぐため、ビデオ会議の需要が増えているので、いくつかの機能を追加して、スケジュールよりも速く、出荷を開始すると、Googleの副社長、Javier Soltero氏は、Reutersに述べた。

 学校、企業、および、政府機関や地方自治体に対してのみ、利用できるようになる、ビデオ会議ツールのMeetは、コロナウイルスの感染が問題になった、2020年1月以来、消費者向けのビデオ・チャット・ツール、Hangoutsや、他のGoogleの生産性スイート(G Suite)よりも、速く、ユーザを増やしている。

 数100万の教育機関、企業、政府機関は、コロナウイルスの感染に関連した、封鎖のため、Googleのビデオ会議ツールである、Meetに頼っている。

 他の機能は、2020年4月に、追加されると、Javier Soltero氏は、述べた。

 Meetは、ライバルのビデオ会議ツール、Zoomの、人気のある、オプションに似た、最大、16人のビデオ会議参加者が、ディスプレイ画面に、同時に表示できるような、レイアウトを提供する。

 さらに、Meetには、薄暗い所でも、見えるよう、ビデオの映像品質を改善し、キーボードのクリックや、ドアの開け閉めといった、周囲の雑音をフィルタリングする、機能が追加されている。

 Soltero氏は、Meetのユーザ数の増加率を明確にしていないが、最近のピークは、1日で、ユーザ数が、60%の増加だったという。

 Googleによると、Webブラウザ、または、モバイル・アプリで利用できる、Meetは、現在、1日当たり、200万人の新規のユーザ数を増やしているという。

 Googleによると、同社には、世界150ヵ国に、1億人以上の教育分野のユーザがいるという。

 Googleによると、2020年4月から9月までの、6カ月間、Meetへの、アップグレードに対して、顧客から料金を徴収しないという。

 顧客から、長期間をかけて、利益を得ることを狙っている、この方針は、広告販売事業が好調な時に、Googleの利益に、負担をかける可能性がある。

 Microsoft、Zoom、および、Ciscoから販売される、代表的なビデオ・チャット・ツールの数は、コロナウイルスの感染の感染を防ぐために、封鎖が開始されて以来、記録的に増加している。

 しかし、何社かの企業や学校は、セキュリティの問題が発生した、Zoomの導入を見送っている。

 MicrosoftとCiscoサービスは、初めて、利用するユーザにとって、利用するのが、難しい場合がある

 Soltero氏は、Googleが、先月に、新たな機能を提供することから、利益を得てきたという。

 Soltero氏は、ニューヨークの公立学校が、Zoomから、Meetに、ビデオ会議ツールを、切り換えたと述べた。

 Googleは、先月に、教育者が、ビデオ通話やビデオ会議への参加者を、制御できるようにした。

 将来提供される、Meetのオプションは、ユーザが、Google Chromeブラウザ上の特定のタブを表示できるようにし、Zoomよりも、きめ細かなスクリーンの共有オプションを、提供できるようにする。

 Zoomは、予想外に広く使用されていることによる、Googleの無償版のビデオ通話やビデオ会議ツール、Meetにある、セキュリティの問題のいくつかを指摘した。

デル株式会社

2020年3月26日 (木)

Alphabetによると、全国的なコロナウイルスの感染の危機に対処できるよう支援するための、Webサイトを開発しているという。'20.03.26

【Alphabetによると、全国的なコロナウイルスの感染の危機に対処できるよう支援するための、Webサイトを開発しているという。】'20.03.26

 Alphabetは、土曜日に、米国政府と、コロナウイルスの症状、リスク要因、および、テストについての質問に対し、市民を助ける、全米的なWebサイトを開発するために、米国政府と連携していると述べた。2020年3月15日

 By Reuters

 Alphabetのライフサイエンス事業部の、Verilyは、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しているか否かの、ふるい分けとテストをサポートするための、「Project Baseline」と呼ばれる、Webサイトを、地域ごとに構築することで、米国政府と引き続き連携している。

 Googleと同様に、同社のライフサイエンス事業部のVerilyは、カリフォルニア州マウンテンビューに拠点を置く、Alphabetの子会社である。

 この「Project Baseline」と呼ばれる、Webサイトは、新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延を抑制し、市民の健康を保護するために、市民に、コロナウイルス関連の情報や、ウイルスに感染しているかどうかを、市民が判断するのを支援する。

 「Project Baseline」は、市民が、健康のマップの作成に貢献し、臨床研究に、容易に参加できるようにする、イニシアチブである。
Reu3a_20200326094301

 「Project Baseline 2019の紹介」ビデオ

 Donald Trump大統領は、金曜日に、コロナウイルス検査が必要かどうかを、市民が判断するのに役立つことを目的にした、Webサイトを開発してくれている、Googleに感謝し、「Googleの、1700人の技術者が、Webサイトの構築に取り組んでいる。」と述べた。

 Googleによると、同社のライフサイエンス事業部のVerilyは、コロナウイルスの検査を必要とする可能性のある市民が、検査が必要かどうかの判断を支援するツールの開発の、初期段階にあるという。

 また、Googleは、「Project Baseline」と呼ばれる、Webサイトが、支援の対象とする地域を、Bay Areaから、他の地域へ拡大させていく。

 Donald Trump大統領の金曜日の発表後、Alphabetの株価は、9%以上、上昇した。

 コロナウイルスの感染が、ほぼすべての米国の州に広がってきたので、米国当局は、ウイルスの広がりを阻止するために、学校を閉鎖し、数千のスポーツ・イベント、会議、コンサートなどの中止を余儀なくすると共に、ウイルスのテストを増やし、改善するよう、圧力をかけている。

 Trump政権との連携は、AlphabetのGoogleが、とりわけ、検索とデジタル広告ビジネスに関する、連邦政府と州政府による、独占禁止法の調査に直面しているためのようだ。

 ちなみに、Trump大統領は、AlphabetのGoogleを、「検索結果を歪曲し、自分を否定的に表現している。」と非難していた。

 また、AlphabetのGoogleは、軍用ドローン・プログラムに、人工知能技術を提供する契約を更新しないことに対し、米国政府の怒りをかっていた。

デル株式会社

2020年3月24日 (火)

トヨタとNTTが、スマート・シティ向けのデータ・プラットフォームを開発することで、チームを組む。'20.03.24

【トヨタとNTTが、スマート・シティ向けのデータ・プラットフォームを開発することで、チームを組む。】'20.03.24

 トヨタとNTTは、スマート・シティ向けのデータ・プラットフォームを開発することで、パートナーを組み、連携していくことに合意した。2020年3月24日

Reu2a_20200324211501

 By Reuters

 トヨタとNTTは、提携関係を強化するために、それぞれ、2000億円(18億ドル)を投資するようだ。

 トヨタとNTTは、共同で、家庭、車、および、公共機関などから得られる、情報を分析するための、スマート・シティ向けの、データ・プラットフォームを開発する。

 このデータ・プラットフォームは、輸送、健康、クリーン・エネルギーに焦点を合わせた、新しいサービスを作成するために、使用される。

 この契約下で、トヨタは、日本の最大手の通信会社、NTTの株の、2.07%を取得し、NTTは、日本で最大の自動車メーカ、トヨタの株の、0.9%を取得する。

 この家庭や車などから得られる、情報を分析するための、データ・プラットフォームは、富士山のふもとの東富士に、実験的に構築される、スマート・シティ向けに提供される。

Reu2b_20200324211401


 トヨタが、実験的に構築する、スマート・シティには、スマート・ホーム、ロボット、自動運転車、および、AI技術が、組み込まれ、結合され、相互に接続され、連携する。

 「トヨタの織り込まれた実験都市の紹介」ビデオ

 トヨタは、数10年間に渡り、車を生産し、販売することに、焦点を合わせてきた後に、技術会社と、パートナーを組んで、コストのかかる、自動運転車技術の開発を支援していく。

 さらに、トヨタは、「サービスとしての移動(MaaS)」関連のビジネスに、移行することを模索している。

 トヨタとNTTは、それぞれのプロジェクトに従事するだけでなく、スマート・シティのプラットフォームを、共同で、構築し、運用していく。

 「トヨタとNTTの、スマート・シティでの提携」記者会見のビデオ

 中国のTencent Holdingsが、江蘇省に、米国のAlphabetが、トロントに、および、パナソニックが、吹田市に、スマート・シティを構築することを計画している。

 他にも、Samsungを含む、世界の技術の巨人は、まだ、計画の段階であるが、インターネットを介して、さまざまなコンポーネントが、相互に接続された、スマート・シティを構築することを模索している。

 トヨタとNTT間のパートナーシップは、インターネットに接続された、「コネクティッド・カー」向けの技術を、共同で、開発している、既存のコラボレーションの上に構築される。

 トヨタは、NTT以外の、ソフトバンクを含む、他の通信会社とも、提携している。

 トヨタは、既に、オンデマンドの、自動運転サービス・プラットフォームを設計し、構築することで、ソフトバンクとパートナーを組んでいる。

 このオンデマンドの自動運転サービス・プラットフォームは、トヨタの実験的なスマート・シティ(Toyota Woven City:織り込まれた都市)において、使用される。

 NTTは、家庭向けの電話サービスの使用量が、横ばいになってきたので、スマート・シティ関連のソリューションを、今後、成長が期待される、分野と見ている。

 NTTは、車の流れや、車の渋滞情報を、リアルタイムに分析するための、データ・プラットフォーム技術を使用して、ラスベガス市と提携して、スマート・シティにおける、交通の安全を向上させる。

 「NTTのスマート・シティ技術の紹介」ビデオ

デル株式会社

ウェブページ

広告2