CNET

2020年11月21日 (土)

2020年における、最良のスマート・ディスプレイを紹介する。(1)'20.11.21

【2020年における、最良のスマート・ディスプレイを紹介する。(1)】'20.11.21

 2020年における、最良のスマート・ディスプレイのベンダには、Amazon、Google、Lenovoなどがある。

 by cNET

 Amazon、Google、Lenovoなどの、スマート・ディスプレイが、このホリデー・シーズンに、最良のスマート・ディスプレイである。

 コロナウィルスによる、ロックダウンのおかげで、音声アシスタントは、以前よりも、頻繁に使用されるようになり、学習して、より使いやすくなってきた。

 今秋に、AmazonやGoogleから、新製品が、発表され、AmazonのAlexaや、Google Assistantといった、エキサイティングな、新機能が、紹介された。

Cnet0_20201121203401


 両社のスマート・ディスプレイには、ビデオ・チャット、タッチ制御、ストリーミング・ビデオやオーディオなど、さまざまな機能があり、音声コマンドや、タッチ操作で、できるようにしている。

Cnet0b_20201121203701


 それでは、どちらのスマート・ディスプレイが、良いのだろう。

 このスマート・ディスプレイ市場は、Amazon Echo Show 8やGoogle Nest Hub(以前のGoogle Home Hub)などで、近年、繁栄していた。

 さらに、Amazonの新Echo Show 10は、このスマート・ディスプレイ市場における、新しい候補になるだろう。

 現在、この市場には、何十種類もの、スマート・ディスプレイがある。

 スマート・ディスプレイは、音声コマンドで、デジタル・アシスタントと会話することができると共に、タッチスクリーンで、タッチ操作することもでき、ビデオなどを見ることができるようになる。

 また、ユーザは、音声コマンドや、タッチ操作で、スマート・ホーム・デバイスを制御することや、ストリーミング・コンテンツを再生したり、Webをナビゲートしたり、できるようになる。

 Google Nest Hub Maxは、カメラを持っており、ユーザの顔を追跡して、認識し、ディスプレイに表示する情報を、パーソナライズすることができる。

 また、ユーザが、デバイスを離れるときに、デバイスをロックし、ユーザが、戻ると、顔を認証して、デバイスのロックを解除したり、することができる。

 AmazonやGoogleなどの、代表的な、スマート・ディスプレイは、同様の、高度な機能を持っており、さまざまなことができると共に、それぞれ、特徴のある機能を持っている。

 それでは、どのスマート・ディスプレイが、ユーザに、最良なのだろう?

 スマート・ディスプレイを、購入したい、ユーザが、考慮すべきことを、次に示す。

1)ビデオ・チャットや、ビデオ通話を利用したいか、ビデオ会議に利用したいか?

2)AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを使用しているか、Googl Assistantデジタル・アシスタントを使用しているか?

3)音声コマンドやタッチ操作で、どのようなアプリ(例えば、メール、マップ、カレンダーなど)を利用したいか?

4)Amazonで買い物をしたり、コンテンツを利用したり、することが多いか、YouTubeを利用することが多いか?

5)AmazonのEcho Showなどの、Fire OS用のアプリを使用したいか、GoogleのGoogle Nest Hubなどの、Android OS用のアプリの、どちらを使用したいか?

6)AmazonのEcho Showなどの、スマート・ディスプレイで、制御できる、スマート・ホーム・デバイスを持っているか、GoogleのNest Hubなどの、スマート・ディスプレイで、制御できる、スマート・ホーム・デバイスを持っているか?

7)大きな音量を持つ、ダンス・パーティなどにも使用できる、オーディオ機能を持つているか?

 ユーザは、スマート・ディスプレイを購入する前に、自分の状況を、明確にしよう。

1)現在のスマート・ディスプレイを、アップグレードしたいか?

2)現在のスマート・スピーカを、アップグレードしたいか?

3)スマート・ディスプレイで、スマート・ホームを制御することを開始したいか?

 このようなことを考慮して、ユーザのやりたいことに、最良のスマート・ディスプレイを見つけるための、情報を紹介する。

    (続く)

デル株式会社

2020年11月20日 (金)

Dell Latitude 9510レビュー '20.11.20

【Dell Latitude 9510レビュー】'20.11.20

 筆者は、Dellの、大きなスクリーンを持ち、移動性に優れた、ラップトップをレビューした。2020年11月11日

Cnet4a_20201120205001

 By Joshua Goldm、cNET

 Intelの支援を受けて、デザインされた、DellのLatitude 9510は、スリムで、軽く、モバイル・ユーザが、何時でも、どこでも、ラップトップで、さまざまなことができるようになる。

 Dell Latitude 9510は、今後、1年以上、仕事のニーズに合うような、ビジネス・ラップトップになるよう、設計されている。

 家庭でも、オフィスでも、出先でも、移動中にも仕事をしている、ビジネス・ユーザは、ビジネス・ラップトップに、さまざまなデバイスとの接続性、高音質のオーディオ、明確な音質のビデオ会議、および、メールやカレンダーや通知などを含む、アプリのバックグラウンド・アップデート、大きなディスプレイ、高度なセキュリティ機能といった、特徴があることを望んでいる。

 また、よく移動する、ビジネス・ユーザは、バッテリの寿命が長いことや、4Gか5G移動通信サービスに接続できること、および、頑丈で、信頼性が高く、性能は良いことも、望んでいる。

 ビジネス・ユーザが、Latitude 9510で、得るものは、現在でも、将来でも、利用できる、ラップトップを望んでいる。

 完全なモバイル・オフィス

 Latitude 9510は、IntelのProject Athenaの1部として、モバイル・ユーザの要求に合うような、ラップトップ・デバイスとして、共同で、作成された、プログラムを使用して開発された。

 Intelと、共同で、Project Athenaの1部として、ラップトップを開発していた、他のメーカは、13インチと14インチのラップトップを作成することに、焦点を合わせていた。

 これに対し、Intelと共同で、.Dellは、サイズを、より小さくしながら、ディスプレイのサイズを、大きくすることに、取り組んでいた。

 Dellの目標は、ビジネス・ユーザに、15インチのディスプレイを装備した、より小さな、ラップトップのモデルを、提供することである。

 移動の多い、モバイル・ユーザは、机の上、公園のベンチ、飛行機のトレイ・テーブルといった、どこでも使用できる、比較的ディスプレイの大きな、ラップトップを望んでいる。

 Dell Latitude 9510 2-in-1ラップトップの特徴

価格設定:2749ドル

ディスプレイ:15インチ、1,920x1,080ピクセルのタッチ・ディスプレイ

プロセッサ:1.1GHz Intel Core I7-10810U vPro

メモリ:16GB LPDDR3 2,133MHz(デュアル・チャンネル)

グラフィクス:Intel UHDグラフィクス

ストレージ:512GB NVMe PCIe SSD

ポート:USB-C x 2、USB-A、HDMI 2.0、オーディオ・マイク・ジャック、microSDカード・スロット、オプションの、SmartCardリーダ

ネットワークキング:Intel Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1

オペレーティング・システム:Windows 10 Pro

重さ:3.5ポンド(1.6Kg)

 しかし、Dellは、Latitude 9510を、プレミアムな経験を体験できる、ビジネス・ユーザにアピールできる、ラップトップにしたいと思っていた。

 Dellは、CES 2020で、アップデートされた、XPS 13を発表していた。

 Latitude 9510のプレミアムな経験は、1849ドルという、プレミアムな価格で、提供される。

 ちなみに、筆者がテストした、従来のクラムシェルか、2-in-1として、利用できる、DellのLatitude 9510の価格は、2749ドルであった。

 このビジネス・ユーザ向けに作成された、DellのLatitude 9510は、全体的なセキュリティ管理するために、企業のIT部門により、サポートされる必要がある。

 Latitude 9510には、サインインを安全にするための、セキュリティ機能用の、小さな指紋認証センサーを、電源ボタンの位置に持っている。

 DellのLatitude 9510は、顔認証と、近接センサーで、サインインできるようにする、IRカメラを装備しているので、ユーザが、このLatitude 9510を離れる時に、自動的に、ロック状態になり、戻ると、ユーザの顔を認証し、自動的に、アンロック状態になる。

  デル株式会社

2020年11月 4日 (水)

2020年における、最良のラップトップ(3)'20.11.04

【2020年における、最良のラップトップ(3)】'20.11.04

 クリエータ、ゲーマ、および、予算にやさしい、手頃な価格の、ラップトップを探している、一般的なユーザなど、それぞれの要件に合った、2020年における、最良のラップトップを購入する上で、参考になることを紹介する。2020年11月1日

 By Joshua Goldman、cnet

 クリエータ、ゲーマ、ビジネスマン、学生、および、一般のユーザなどの、それぞれに、最良のラップトップを探している人が、参考になる、情報を紹介する。

 ブラックフライデーやサイバーマンデーには、手頃な価格で、十分な機能や性能を持つ、自分たちの要求に合った、ラップトップが、さらに、安くなるので、それまでに、購入に必要な情報を集めよう。

 筆者らは、自分たちの要求に合った、ラップトップを決めるための、リストを提供する。

     (続き)

8.スタイラス・ペンを持つ、最良の、2-in-1ラップトップ

Cnet1e_20201104154101

 Lenovo Yoga C940

 HPとDellは、13.3インチと13.4インチの、タッチスクリーンを搭載した、プレミアム、2-in-1、コンバーチブル・ラップトップを提供している。

 仕事や娯楽のために、もう少し広い、スクリーン画面が必要な場合は、14インチの、タッチスクリーンを搭載した、2-in-1ラップトップ、「Lenovo Yoga C940」が、最良である。

  Intelの「Project Athena」ラップトップの1つである、「Lenovo Yoga C940」は、応答性が高く、バッテリー寿命が長くなるよう、調整されている。

 2-in-1ラップトップ、「Lenovo Yoga C940」(Best Buyで、1000ドル)には、「スタイラスペン」が、添付されており、本体に格納され、充電される。

9.ビジネス用に最良のラップトップ

Cnet1f_20201104154201

 Dell Latitude 9510(Dellで、2119ドル)

 AsusとLenovoは、今年、ビジネス用に最良の、ラップトップを発表したが、現時点では、この「Dell Latitude 9510」が、筆者らが、選択した、ビジネス用に最良のラップトップである。

 Dellが、Intelと共同で設計した、「Dell Latitude 9510」は、14インチの本体に、15インチのタッチスクリーンを搭載し、20時間以上のバッテリー寿命を実現し、セキュリティとリモート管理のための、「vPro」を備えた、強力な「Corei 7」プロセッサを搭載している。

 「Dell Latitude 9510」は、4G、または、5Gモバイル接続で利用でき、バッテリーを使用しているか否かに関わらず、最高の性能を提供するために、ユーザが、どのように作業しているかを学習するのに、AI技術を使用している。

 また、「Dell Latitude 9510」は、従来のクラムシェル型のラップトップ、または、2-in-1ラップトップのいずれかとして利用できる。

デル株式会社

2020年における、最良のラップトップ(2) '20.11.04

【2020年における、最良のラップトップ(2)】'20.11.04

 クリエータ、ゲーマ、および、予算にやさしい、手頃な価格の、ラップトップを探している、一般的なユーザなど、それぞれの要件に合った、2020年における、最良のラップトップを購入する上で、参考になることを紹介する。2020年11月1日

 By Joshua Goldman、cnet

 クリエータ、ゲーマ、ビジネスマン、学生、および、一般のユーザなどの、それぞれに、最良のラップトップを探している人が、参考になる、情報を紹介する。

 ブラックフライデーやサイバーマンデーには、手頃な価格で、十分な機能や性能を持つ、自分たちの要求に合った、ラップトップが、さらに、安くなるので、それまでに、購入に必要な情報を集めよう。

 筆者らは、自分たちの要求に合った、ラップトップを決めるための、リストを提供する。

    (続き)

6.最良の、比較的安い、ゲーミング・ラップトップ

Cnet1dell


 Dell G5 15(Dellで、900ドルから)

 DellのGシリーズ・ゲーミング・ラップトップは、Alienware部門のラップトップよりも安いが、それでも最新のAAAタイトルを再生することができる。

 15インチと17インチのサイズで利用可能な、3つのモデル(G3、G5、G7)がある。

 15インチのスクリーンを持つ、ミッドレンジの、ゲーム用ラップトップ、「Dell G5 15」は、優れた価格性能比、ビルド品質、および、デザインで、注目を集めている。

 「Dell G5 15」の最新版は、900ドルからで、AMDの「Ryzen 54600H」プロセッサを搭載した、特別版のモデルも、用意されている。

7.大きなスクリーンで、軽量、かつ、コンパクトで、バッテリー寿命が長く、高性能なラップトップ

Cnet1dell2


 LG Gram 17(Amazonで、1660ドルから)

 LG Gram 17のような、薄くて、コンパクトで、軽く、バッテリー寿命が長く、17インチと、スクリーンの大きな、ラップトップは、他に、あまりないだろう。

 筆者らのテストで、LG Gram 17の新モデルは、ストリーミング・ビデオのテストで、13時間、ビデオを再生することができ、同じテストで、2019年のモデルは、47分、短かった。

 2020年のモデルは、第10世代、「Intel Core i7」プロセッサを搭載し、プロセッサの性能を、いくらか向上させている。

 LGは、Intelの「Iris Plus Graphics」を採用しており、写真やビデオの編集や、カジュアルなゲームの実行性能を、「UHD Graphics 620」などと比べて、向上させている。

 薄くて、軽く(1350グラム)、コンパクトで、スクリーンが、17インチと大きく、高性能なプロセッサを搭載している、「LG Gram 17」のような、ラップトップを探している、モバイル・ユーザも多いだろう。

 「LG Gramラップトップの紹介」ビデオ

     (続く)

デル株式会社

2020年11月 3日 (火)

2020年における、最良のラップトップ(1)'20.11.03

【2020年における、最良のラップトップ(1)】'20.11.03

 クリエータ、ゲーマ、および、予算にやさしい、手頃な価格の、ラップトップを探している、一般的なユーザなど、それぞれの要件に合った、2020年における、最良のラップトップを購入する上で、参考になることを紹介する。2020年11月1日

 By Joshua Goldman、cnet

 クリエータ、ゲーマ、ビジネスマン、学生、および、一般のユーザなどの、それぞれに、最良のラップトップを探している人が、参考になる、情報を紹介する。

 ブラックフライデーやサイバーマンデーには、手頃な価格で、十分な機能や性能を持つ、自分たちの要求に合った、ラップトップが、さらに、安くなるので、それまでに、購入に必要な情報を集めよう。

 筆者らは、自分たちの要求に合った、ラップトップを決めるための、リストを提供する。

 筆者らの、リストには、Dell、HP、Apple、Microsoft、Acer、Asus、Lenovoといった、最良のラップトップのブランドが提供している、仕事、学校、ゲーム、あるいは、娯楽向けの、ラップトップのトップ・モデルが、掲載されている。

 筆者らのように、多くのユーザが、家庭などで、在宅学習や、在宅勤務を行っているなら、このリストは、ユーザが、自分のニーズに合った、最良のラップトップを見つけることを、支援できるだろう。

 筆者らが、レビューした、すべてのラップトップを、ここに紹介する。

 ユーザは、最良のゲーム用ラップトップ、2-in-1ラップトップ、15インチのラップトップ、あるいは、Chromebookに関する、情報を取得することができる。

 さらに、クリエータ用のラップトップ、大学生用のラップトップ、あるいは、MacBook Proの代わりになる、Windowsラップトップなどに関する、情報も読むことができる。

 また、ユーザは、純粋な性能、機能、バッテリーの寿命、サイズ、重さ、耐久性、防水性などといった、他の特徴に関する、情報を読むこともできる。

1)最良の、小さなラップトップ

Eweek1a_20201103213601
 「Dell XPS 13 2020」

 Dell XPS 13は、モバイル・ユーザの、好みに合った、サイズ、重さ、および、性能と、全体的な見た目を特徴にしている。

 2020年に、Dellは、スクリーンが大きく、CPUとグラフィクスの性能が良く、さらに、全体的に、より小さいサイズのラップトップ、Dell XPS 13を作成した。

 最新のIntelプロセッサを望む、ユーザ用の、Dell XPS 13 2-in-1には、Intelの、11世代のCoreプロセッサが搭載されている。

 Dell XPS 13の価格は、Dellで、1000ドルである。

2)ウルトラポータブルな、ラップトップ

Eweek2b


 HP Spectre x360 13(2019年後半版)

 HPは、2019年後半に、最新のウルトラポータブルな、プレミアム、2-in-1ラップトップ、HP Spectre x360 13を提供した。

 HPは、このHP Spectre x360 13の、プロセッサに、第10世代のIntel CPUを採用して、性能を向上させると共に、ラップトップのサイズを、より小さくした。

 HPは、他のプライバシーや、セキュリティを向上させるために、マイクのミュートボタン、赤外線(IR)カメラ、および、指紋認証用リーダー、Webカメラを無効にするスイッチ、といった機能を実装した。

 また、HP Spectre x360 13は、4G LTE無線サービスをサポートし、利用できるようにしたので、モバイル・ユーザは、何時でも、どこでも、仕事をすることが、可能になる。

3)最良のSurfaceラップトップ
Eweek2c_20201103220101


 「Microsoft Surface Pro 7」

 ユーザが、Windowsラップトップを兼ねる、Windowsタブレットを探しているのなら、このSurface Pro 7は、Surfaceラップトップではないが、より大きな、ノートPCとしての特徴を持っている。

 この強力なラップトップは、第10世代のIntel Coreプロセッサ、高速なWi-Fi 6無線、および、長いバッテリー寿命を特徴にしている。

 このMicrosoft Surface Pro 7は、USB-Cポートを採用していることも、特徴にしている。

4)最良の、予算にやさしい、ラップトップ

Eweekd

 「Acer Swift 3」

 メールや、ワープロなどの、シンプルな作業を行うなら、AMD Ryzen 5やRyzen 7プロセッサを搭載した、Acer Swift 3の性能で、十分だろう。

 この手頃な価格の、ラップトップは、バックライト付きのキーボード、指紋認証用リーダー、および、USB Type-Cポートを持っている。

 このラップトップは、重さが、3ポンド(約1400グラム)未満で、700ドル未満である。

 筆者らは、より大きな、15.6インチのディスプレイを持つ、Acer Aspire 5を、気に入っている。

 Acer Swift 3は、400ドル未満で、さまざまな構成で、利用できるが、基本的なゲームと、コンテンツの作成用に、エントリ・レベルのディスクリート・グラフィクスを望むなら、最大で、830ドルになる可能性がある。

 このAcer Swift 3は、Amazonで、678ドル、Best Buyで、601ドル、Walmartで、759ドルである。

5)最良のChromebook
Dt1g_20201104071901


 「LenovoのIdeaPad Duet Chromebook」

 これは、基本的に、最初のMicrosoft Surface Goの、Chrome版である。

 Surface Goのように、Duetは、取り外し可能な、キーボードや、10インチのタッチスクリーンを持つ、タブレットである。

 MicrosoftのSurface Goとは、異なり、LenovoのIdeaPad Duet Chromebookには、取り外し可能な、キーボードが付いている。

 このLenovoのIdeaPad Duet Chromebookのコストは、Surface Goよりも、かなり安く、64GBのストレージ付きで、279ドル、128GBのストレージ付きで、299ドルである。

 このIdeaPad Duet Chromebookは、基本的に、より小さく、プロセッサの性能は、あまり強力ではないが、軽量のオペレーティング・システム、Chrome OSを搭載しており、ほとんどのアプリは、クラウドで実行するので、プロセッサの性能が低くても、ユーザは、アプリを、ストレスなく、利用することができる。

 このIdeaPad Duet Chromebookは、小さな、10インチのスクリーンを持っているが、机の上で、使用するときは、外付けのモニタを、USB-Cポートに接続することで、デスクトップのように、使用することができる。

 ユーザは、無線のキーボードとマウスを、「IdeaPad Duet Chromebook」に接続するこができる。

 ユーザが、従来のラップトップ経験を望むなら、「Lenovo Chromebook Flex 5」は、適切な選択肢に成り得るだろう。

     (続く)

デル株式会社

2020年10月29日 (木)

500ドル未満のベスト・スマートフォンの紹介 '20.10.29

【500ドル未満のベスト・スマートフォンの紹介】'20.10.29

 500ドル未満の、ベスト・スマートフォン、iPhone SE、Pixel 4A 5G、Galaxy A51などの紹介、2020年10月16日

 ユーザが、予算に合った、スマートフォンを探しているなら、CNETの記事をチェックしよう。

 By Lynn La、CNET

 今年の、iPhone 12ラインナップの出荷で、Appleは、より古いモデルのiPhoneスマートフォン、2019 iPhone XRを値引きして、500ドルで販売した。

 500ドル未満の価格のスマートフォンは、最近、人気がでてきており、この価格帯の、新しいスマートフォンの提供が増えてきた。

 最近の、500ドル未満のスマートフォンには、2020年8月に、出荷された、Pixel 4Aに、新たに加わった、新たなPixel 4A 5Gがある。

 今まで以上に、予算が少ない、人々は、500ドル未満のスマートフォンの、より多くの選択肢を持つようになる。

 これらの新しいスマートフォンに加えて、2019年以降、他のベンダからも、500ドル未満のスマートフォンの提供が、開始されていた。

 低い価格に関わらず、手頃な価格のスマートフォンは、プレミアムなスマートフォンと同じような、より先進な機能、高機能のカメラ、高速なプロセッサ、および、最近の高度なソフトウェア機能を持っている。

 500ドル未満の、最良の、スマートフォンを、探している、ユーザは、CNETのレビューを、チェックしよう。

1.Apple iPhone SE(2020)

Cnet1a_20201029212301


 2020 iPhone SEと、以前のiPhone SEの間の、4年間のギャップの後、Appleは、同社の、手頃な価格のスマートフォンの、ハードウェアとソフトウェアの機能を、アップグレードした。

 2020 iPhone SEには、無線充電、より良いカメラ、および、防水といった、特徴がある。

 ただし、ユーザが、有線のヘッドフォンや、イアフォンを望むならば、iPhone SEには、ヘッドフォン・ジャックが付いていないので、無線のヘッドフォンしか、利用することはできない。

 ユーザが、新しい、iPhoneを探しているなら、399ドルで、購入できる、iPhone SEが良いだろう。

 手頃な価格の、5G対応のスマートフォン

2.Google Pixel 4A 5G

Cnet1b_20201029212401


 ユーザが、あまり高くない、5G対応のスマートフォンを探しているのなら、Google Pixel 4A 5Gが、良いだろう。

 2019年11月19日に、499ドルで、出荷された、スマートフォン、Google Pixel 4Aは、長いバッテリー寿命、優れたデュアル・背面カメラ、および、Googleアプリのサポートを持っている。

 90Hzのディスプレイを持つ、699ドルのPixel 5がある。

3.Samsung Galaxy A51

Cnet1c_20201029212701


 メインのGalaxy S20スマートフォンに加え、Samsungは、よりコスト意識の高い、Aシリーズのスマートフォンを提供している。

 今年、Samsungは、Galaxy A51 5Gスマートフォンを出荷した。

 このGalaxy A51 5Gスマートフォンは、自撮りカメラ、内臓の指紋センサー、拡張可能なメモリを装備している。

 CNETは、本来、399ドルで、販売されている、非5G版の、Galaxy A51スマートフォンをレビューした。

4.Motorola One 5G

Cnet1d_20201029212801


 米国で、445ドルで、購入することができる、Motorola One 5Gは、最も、手頃な価格の、5G対応にスマートフォンである。

 この安いスマートフォン、Motorola One 5Gは、6つのカメラ、90Hzのハイフレッシュ・レートの、ディスプレイと、高速チャージ、技術を持っている。

5.Google Pixel 4A

Cnet1e_20201029213901

 2020年8月に、リリースされた、GoogleのPixel 4Aスマートフォンの価格は、349ドルである。

 5.81インチの、Google Pixelスマートフォンは、ヘッドフォン・ジャックを持っており、わずかに大きなスクリーン画面と、より大きな容量の、バッテリーを特徴にしている。

デル株式会社

ベストの料理の配達サービスを提供する、DoorDash、Grubhub、Uber Eatsの比較(5)'20.10.29

【ベストの料理の配達サービスを提供する、DoorDash、Grubhub、Uber Eatsの比較(5)】'20.10.29

 料理を配達する、サービスを提供する会社である、DoorDash、Grubhub、Uber Eatsの比較を紹介する。2020年5月13日


Cnet1a_20201029113301

 By cNET

 近くのレストランから、料理を注文するために、ユーザは、スマートフォンを使用して、これらの配達サービス会社から、料理を配達して貰うことができる。

 コロナウィルスのパンデミックの状況において、レストランが、テイクアウト以外、閉店し、注文された料理を配達する、サービスを、iOSやAndroidを搭載した、スマートフォンなどで、顧客が、利用できるようにする、事例が、急速に増加している。

 パンデミックの状況での、ロックダウン中に、料理を、注文して、安全に、配達できるようにすることが、模索されている。

 「料理の配達サービス」会社は、顧客が、注文したレストランから、料理を受け取り、顧客に配達することとで、「料理の配達サービス」を代行する。

 顧客は、スマートフォンを、数回、タップするだけで、自分の好みや、希望に合った、レストランで、料理を注文し、「料理の配達サービス」会社に、配達して貰うことができるようになる。

     (続き)

5.Delivery.com

Cnet1f_20201029152801


 Delivery.comは、米国の1800以上の都市で、料理の配達サービスを提供しており、料理の配達を代行できる、1万5000以上のレストランがある。

 他の料理の配達サービス会社とは異なり、Delivery.comは、他の料理の配達会社と異なり、食料品やアルコールを配達したり、宅配の洗濯代行サービスを提供したり、地元のクリーニング店から、クリーニングの注文、クリーニングするものの受取り、クリーニングしたものの配達を代行している。

 また、ユーザは、Delivery.comのアプリを使用して、オンラインで、気に入った、販売店、あるいは、地元のデパートや専門店で、ギフトを注文し、相手の家に、届けて貰うこともでる。

 Delivery.comのアプリで、ユーザは、レストラン、料理、または、料理の種類で検索し、評価(Delivery.comとYelpに表示される評価)、推定配達時間、価格帯、あるいは、配達料でフィルタリングできる。

 Delivery.comのアプリで、ユーザは、特別オファーのみ、無料配達のみ、新しいレストランのみ、あるいは、グループのみの商品などを表示するよう、切り替えることもできる。

 筆者は、地元のタイ料理店に、2つのメイン・ディッシュを、29ドルで注文し、5ドルの配達料、1ドルの手数料、2ドルの消費税で、合計8ドルの追加料金(配達料+手数料+消費税)とドライバーのチップが請求されました。

<筆者らが、実際に、「Delivery.com」の配達サービスを利用したときの例>

 筆者は、木曜の夜に、料理を注文し、配達を依頼した。

・期待した、配達時間:45分から60分

・実際に、配達に要した時間:65分

・2人分のメイン・ディシュ:29ドル

・配達料:5ドル

・手数料:1ドル

・消費税:2ドル

・割引:なし

・追加料金の合計(配達料+手数料+消費税-割引):8ドル

・ドライバーへのチップ:6ドル

・料理と追加料金とドライバーへのチップの合計:43ドル

 レストランで食事をした場合、2つのメイン・ディッシュの費用は、22ドルになり、20%のチップがあり、他に何も注文していなければ、合計で、約26ドルを支払うことになる。

デル株式会社

ベストの料理の配達サービスを提供する、DoorDash、Grubhub、Uber Eatsの比較(4)'20.10.29

【ベストの料理の配達サービスを提供する、DoorDash、Grubhub、Uber Eatsの比較(4)】'20.10.29

 料理を配達する、サービスを提供する会社である、DoorDash、Grubhub、Uber Eatsの比較を紹介する。2020年5月13日

Cnet1a_20201029113301

 By cNET

 近くのレストランから、料理を注文するために、ユーザは、スマートフォンを使用して、これらの配達サービス会社から、料理を配達して貰うことができる。

 コロナウィルスのパンデミックの状況において、レストランが、テイクアウト以外、閉店し、注文された料理を配達する、サービスを、iOSやAndroidを搭載した、スマートフォンなどで、顧客が、利用できるようにする、事例が、急速に増加している。

 パンデミックの状況での、ロックダウン中に、料理を、注文して、安全に、配達できるようにすることが、模索されている。

 「料理の配達サービス」会社は、顧客が、注文したレストランから、料理を受け取り、顧客に配達することとで、「料理の配達サービス」を代行する。

 顧客は、スマートフォンを、数回、タップするだけで、自分の好みや、希望に合った、レストランで、料理を注文し、「料理の配達サービス」会社に、配達して貰うことができるようになる。

     (続き)

4.Grubhub

Cnet1e_20201029115001


 Grubhub(Seamlessも所有)は、米国の2700の都市で、料理の配達サービスを提供しており、料理の配達を代行できる、14万以上のレストランがある。

 料理の配達サービスを提供する、Grubhubは、顧客が、料理の種類で検索し、価格、評価、距離、配達時間、配送料などで、検索結果を並べ替えることができるようにする、アプリを利用できるようにしている。

 このアプリの「My Grubhub」オプションをタップすると、毎日の取引と過去の注文が表示される。

 筆者が、地元のメキシコ料理のレストランに、前菜と2つのメイン・ディッシュを注文してみたら、合計で33ドルであった。

 6ドルの配達料と9ドルの税金と手数料に加えて、ドライバーのチップが請求された。

 ただし、10ドルの割引があったので、筆者は、最終的に、5ドルの追加料金(配達料+手数料+消費税-割引)を支払った。

 GrubhubとSeamlessは、クレジット・カード情報を、直接共有したくない場合、PayPal、Apple Pay、Google Payなど、ほぼすべての支払い方法を、利用できるようにしている。

<筆者らが、実際に、「Postmates」の配達サービスを利用したときの例>

 筆者は、金曜の夜に、料理を注文し、配達を依頼した。

・期待した、配達時間:60分から70分

・実際に、配達に要した時間:70分

・2人分のメイン・ディシュと、前菜:33ドル

・配達料:6ドル

・手数料+消費税:9ドル

・割引:10ドル

・合計の配達サービス料(配達料+手数料+消費税-割引):5ドル

・ドライバーへのチップ:10ドル

・料理と配達サービスとチップの合計:48ドル

 ちなみに、筆者が、料理を注文した、レストランで、食事をしたときの値段は、34ドルであった。

 Postmatesの配達サービスを利用して、家で食事をしたときの、支払いの合計は、48ドルで、レストランで、食事をしたときの価格(2つのメイン・ディッシュが34ドルで、チップが7ドルの、合計41ドル)よりも、わずかに高くなっていた。

     (続く)

デル株式会社

2020年10月27日 (火)

ベストの料理の配達サービスを提供する、DoorDash、Grubhub、Uber Eatsの比較(3)'20.10.27

【ベストの料理の配達サービスを提供する、DoorDash、Grubhub、Uber Eatsの比較(3)】'20.10.27

 料理を配達する、サービスを提供する会社である、DoorDash、Grubhub、Uber Eatsの比較を紹介する。2020年5月13日

Cnet1a_20201027113001


 By cNET

 近くのレストランから、料理を注文するために、ユーザは、スマートフォンを使用して、これらの配達サービス会社から、料理を配達して貰うことができる。

 コロナウィルスのパンデミックの状況において、レストランが、テイクアウト以外、閉店し、注文された料理を配達する、サービスを、iOSやAndroidを搭載した、スマートフォンなどで、顧客が、利用できるようにする、事例が、急速に増加している。

 パンデミックの状況での、ロックダウン中に、料理を、注文して、安全に、配達できるようにすることが、模索されている。

 このようなパンデミックの状況において、コンタクトレスの決済を選択し、容器から、料理を取り出し、手を洗うことなどが、必要になる。

 「料理の配達サービス」会社は、顧客が、注文したレストランから、料理を受け取り、顧客に配達することとで、「料理の配達サービス」を代行する。

 顧客は、スマートフォンを、数回、タップするだけで、自分の好みや、希望に合った、レストランで、料理を注文し、「料理の配達サービス」会社に、配達して貰うことができるようになる。

 「料理の配達サービス」会社は、顧客の、好みのレストランや、要求に合ったレストランから、料理の配達サービスを代行する。

 顧客は、スマートフォンを、数回、タップするだけで、自分の好みや、希望に合った、レストランで、料理を注文し、「料理の配達サービス」会社に、料理を配達して貰うことができるようになる。

     (続き)

3.Postmates

Cnet1d_20201027113201


 Postmatesは、米国の、4200以上の都市で、料理の配達サービスを提供しており、料理を配達できる、5万以上のレストランがある。

 この料理の配達サービスを提供する、Postmatesは、料理を注文する上で、さまざまな、オプションを持ち、分かりやすく、シンプルなインタフェースを、提供している。

 ユーザは、推奨や評価のレベル、配達の速さ、人気度、あるいは、料理のタイプで、ソートすることができる。

 料理の配達が、忙しい時に、Postmatesは、配達サービスの料金を、1ドルと10ドルの間で、変えている。

 この料理の配達サービス、Postmatesは、通常、メールで、お得な情報を提供する。

 または、同じ地域に住んでいる、複数の人が、同じレストランから、同じ時刻に、料理を注文すると、一緒に運ぶことができるので、1人あたりの配達料が安くなる。

 ドライバーは、テキスト・メッセージで、自分の場所や問題を、顧客に、通知することができる。

 ユーザは、CVSやWalgreensなどの、ドラッグストアからでも、レストランに、料理を注文することができる。

 Postmatesは、注文しているレストランや店舗が、まだ営業している限り、24時間年中無休の、配達サービスも提供している。

 筆者らは、試しに、より高級な地元のレストランに、夕食を注文してみた。

 配達時間は、40分と見積もられていたが、今回は、50分であった。

 ただし、料理は、まだ、温かかった。

 筆者らは、2つのメイン・ディッシュを、37ドルで注文し、手数料と消費税で8ドル、配達料で4ドル請求されたが、2ドルの割引を受けた。

 また、筆者は、これ以外に、10ドルの追加料金(配達料+手数料+消費税-割引)と、ドライバーへのチップを支払った。

 Postmatesには、DoorDashのような、頻繁に注文する人のための、購読オプションもある。

 Postmatesの購読オプションは、月額10ドルか、年間100ドルであり、15ドルを超える、注文で、無料の配達が可能になる。

<筆者らが、実際に、「Postmates」の配達サービスを利用したときの例>

 筆者は、金曜の夜に、料理を注文し、配達を依頼した。

・期待した、配達時間:40分

・実際に、配達に要した時間:50分

・2人分のメイン・ディシュ(料理):37ドル

・消費税とサービス料:8ドル

・配達料:4ドル

・割引:2ドル

・配達サービス料の合計、配達料+サービス料-割引+消費税:10ドル

・ドライバーへのチップ:9ドル

・料理とチップの合計(料理+配達料+サービス料-割引+消費税+チップ):56ドル

 ちなみに、筆者が、料理を注文した、レストランで、食事をしたときの値段は、34ドルであった。

 Postmatesの配達サービスを利用した時の、料理の価格は、レストランで、食事をしたときの価格(2つのメイン・ディッシュが34ドルで、チップが7ドルの、合計41ドル)よりも、わずかに高くなっていた。

    (続く)

デル株式会社

2020年10月25日 (日)

ベストの料理の配達サービスを提供する、DoorDash、Grubhub、Uber Eatsの比較(1) '20.10.25

【ベストの料理の配達サービスを提供する、DoorDash、Grubhub、Uber Eatsの比較(1)】'20.10.25

 料理を配達する、サービスを提供する会社である、DoorDash、Grubhub、Uber Eatsの比較を紹介する。2020年5月13日

Cnet1b_20201025215401


 By cNET 

 近くのレストランから、料理を注文するために、ユーザは、スマートフォンを使用して、これらの配達サービス会社から、料理を配達して貰うことができる。

 コロナウィルスのパンデミックの状況において、レストランが、テイクアウト以外、閉店し、注文された料理を配達する、サービスを、iOSやAndroidを搭載した、スマートフォンなどで、顧客が、利用できるようにする、事例が、急速に増加している。

 パンデミックの状況での、ロックダウン中に、料理を、注文して、安全に、配達できるようにすることが、模索されている。

 このようなパンデミックの状況において、コンタクトレスの決済を選択し、容器から、料理を取り出し、手を洗うことなどが、必要になる。

 「料理の配達サービス」会社は、顧客が、注文したレストランから、料理を受け取り、顧客に配達することとで、「料理の配達サービス」を代行する。

 顧客は、スマートフォンを、数回、タップするだけで、自分の好みや、希望に合った、レストランで、料理を注文し、配達して貰うことができるようになる。

 筆者が、試しに、この配達サービスを利用してみたところ、配達時間が、従来のピザ屋の配達時間と、大体、同じであった。

 顧客が、料理の配達を希望する、レストランの基準には、次のものがある。

・ファースト・フード店(例えば、McDonald、Burger Kingや、Taco Bell)
・人気のある、チェーン店(例えば、California Pizza Kitchenや、TGI Fridays)
・料理がおいしく、評判がよい
・比較的、近くにあり、配達が速くて、確実で、安全
・料理が安い
・配達サービス料が安い

 筆者らが、推奨する、料理の配達サービスを試してみよう。

 顧客は、料理の配達サービス会社の、Webサイトに、サインアップ(通常は、メール・アドレスとパスワードを設定)すると、顧客には、配達サービスを無料にしたり、割り引いたりする、特典が、与えられる。

 iOSやAndroidを搭載した、スマートフォンで利用できる、2020年に、ベストな、料理の配達サービス会社を紹介する。

 Kentucky州、Louisvilleに住んでいる、筆者は、代表的な、料理の配達サービス会社を、いくつか、試してみた。

 顧客の経験は、住んでいる場所、料理を注文して、配達サービスを利用する時間、および、現在、プロモーションが利用できる、といったことに依存する。

 料理の配達サービス会社は、どれも、サービスの内容が似ており、顧客は、殆どが、同じような、レストランを選択して、利用できる。

 ただし、多くの料理の配達サービス会社は、ドライバーへのチップの問題や、配達サービス会社による、偽りの電話による注文のため、一般的に、レストランの利益を下げるといった、問題について、批判されていることに注意しよう。

 筆者は、レストランのオーナーが、できる限り、レストランから、直接、注文し、料理を作って、箱に入れ、自分たちで、配達サービスを提供することを薦める。

 読者は、筆者が、推奨する、料理の配達サービス会社を、試してみるとよいだろう。

1.DoorDash
Cnet1a_20201025215601


 最も人気のある、料理の配達サービス会社、DoorDashは、世界の4000都市に、31万店のレストランを持っており、その80%が、米国にある。

 ユーザは、スマートフォンのスクリーンのトップにある、メニューから、次のような、選択をすることができる。

・料理のタイプ(バーガ、メキシコ料理、サンドイッチなど)
・レストランの評判
・料理の評判
・料理の価格
・料理の割引クーポン
・比較的、近くて、料理の配達時間が速い
・ベジタリアン用オプション

 ユーザは、レストランの名前(The Cheesecake Factoryや、Chipotle)のリストを見ることができる。

 ユーザは、次のような、配達サービスに関する、情報を確認をすることもできる。

・配達サービスの料金
・配達時間
・配達サービスの評判

 ユーザは、特定のレストランを、容易に検索することができる。

 ユーザが、レストランをタップすると、ユーザは、レストランの評判、料理の評判、割引クーポン、配達時間などを見ることができる。

 メニューは、人気のある料理や、ユーザの好みの料理を、検索しやすく、優先して、リストする。

 ユーザは、料理をタップして、カスタマイズし、注文に追加することができる。

 筆者が、料理の配達サービス会社、DoorDashから、レストランを選択し、料理を注文した時に、配達時間を、28分から38分になると、期待していたが、実際に、料理は36分間で到着した。

 レストランが、車で、15分の距離にあることを考慮すると、温かい料理が、36分間で、配達されたことは、評価すべきである。

 筆者らは、2食を注文して、27ドルであり、その内、消費税が、2ドル、配達料金が、3ドル、および、サービス料が、3ドルであった。

 また、筆者らは、5ドル割引を利用できた。

 このため、配達サービスに、支払った金額は、3ドルであり、さらに、25%の割引クーポンを得ることもできた。

 ユーザが、配達サービスを、頻繁に利用するなら、DoorDashの購読サービスに、サインアップすることができる。

 1カ月、10ドルで、ユーザは、全米にある、数1000店のレストランの、無料の配達サービスや、より安い、配達サービスを、利用することができるようになる。

 ユーザは、購読することを望まない場合でも、プロモーションの通知を、オンにすることで、通知を表示することができる。

<筆者らが、実際に、DoorDashのサービスを利用したときの例>

・夜の配達:月曜日

・配達予定時間:28分から38分
・実際の配達時間:36分

(サービスの利用費用の内訳)

・2食:27ドル

・消費税:2ドル
・配達料:3ドル
・サービス料:3ドル

・割引:5ドル
・実際に払った、サービス料:3ドル

・運転手のチップ:6ドル

・総計:食事+消費税+配達料+サービス料-割引+運転手のチップ:36ドル

 オンラインのメニューによると、レストランで食事をした場合、2つのメインディッシュは、27ドルではなく、24ドルだった。

     (続く)

 <コメント>

 代表的な、ラストマイルの配達サービス会社は、電動配達ロボットとして、配達サービスと共に、レストランなどに、貸し出すことができるよう、自動運転の配達ロボットの実用化テストを取り組んでいる。

 無人化、あるいは、配達ロボットに、顧客対応スタッフを、同行させることにより、ラストマイルの配達サービス会社は、従来ほど、スキルを必要としない、人間のスタッフの人件費を、下げるのではないだろうか?

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2