CNET

2021年2月14日 (日)

Armプロセッサを搭載した、MicrosoftのSurface Pro X、WindowsベースのラップトップPCを、799ドルで、入手した。21.02.14

【Armプロセッサを搭載した、MicrosoftのSurface Pro X、WindowsベースのラップトップPCを、799ドルで、入手した。】21.02.14

 クラス最高のキーボードと、優れたスタイラスペンを備えた、MicrosoftのSurface Pro X、WindowsベースのラップトップPCが、現在、Microsoftストアで、基本価格、799.99ドルで販売されている。2021年2月10日

Cnet1a_20210214165601

 By Dave Johnson、cNET

 Surface Pro Xは、Armアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Microsoftの、Windowsベースの、コンバーチブル・タイプのラップトップPCである。

 Surface Pro Xの最新版は、より優れた性能(アップグレードされた、SQ2プロセッサを搭載)、より長いバッテリー寿命、および、クラス最高のキーボードを提供する。

 現在、Microsoftは、Surface Pro Xを、最大200ドル割引しており、基本価格は、799.99ドルからである。

 Armベースのプロセッサを搭載した、Surface Pro Xには、次のような、長所と短所がある。

 アップグレードされた、Armアーキテクチャのプロセッサ(SQ2)は、低消費電力なので、バッテリーの寿命が伸びると共に、良好な性能が得られるが、以前として、互換性の問題がある。

 現在、ユーザは、Armプロセッサを搭載した、Surface Pro Xで、Windowsストアで提供されている、Armアーキテクチャのプロセッサ用に作成された、ネーティブのWindowsアプリと、x86アーキテクチャのプロセッサ用に作成された、32ビットのWindowsアプリを、ダウンロードして、インストールし、(32ビットx86用はエミュレータを通して)利用できるが、まだ、64ビットのWindowsアプリ用の、正式なエミュレータは、提供されていないので、Windowsストアで提供されている、x86アーキテクチャのプロセッサ用に作成された、64ビットのWindowsアプリを、ダウンロードして、インストールし、エミュレータを通して、利用することはできない。

 Armアーキテクチャのプロセッサ用に作成された、ネーティブな、64ビットのWindowsアプリは、増えているので、x86アーキテクチャのプロセッサ用に作成された、64ビットのWindowsアプリしかない、Windowsアプリを利用することがなければ、クラウド・ベースのアプリも増えており、WebブラウザベースのWebサービスも、ストレスなく、利用できるので、x86アーキテクチャのプロセッサ用に作成された、64ビットのWindowsアプリが、利用できなくても、それほど問題にはならない。

 例えば、現在、Armプロセッサを搭載した、Surface Pro Xラップトップで、ダウンロードして、利用できない、主な、x86アーキテクチャのプロセッサ用に作成された、64ビットのWindowsアプリには、PhotoshopとDropboxがある。

 このため、ユーザは、自分が利用したい、Windowsアプリが、Armプロセッサを搭載した、Surface Pro Xラップトップで、利用できるかどうかを確認してから、購入を検討しよう。

 薄くて、軽く、携帯性に優れ、低消費電力で、バッテリー寿命が長く、4G + LTEをサポートした、Windowsベースのラップトップを探している、モバイル・ユーザには、Armプロセッサを搭載した、Surface Pro Xラップトップの購入を検討する価値があるだろう。

 Armプロセッサを搭載した、Surface Pro Xをレビューした、CNETのDanAckerman氏によると、Surface Pro Xラップトップは、2021年2月15日まで、Microsoftストアで、基本価格、799.99ドルで販売されているという。

デル株式会社

2021年2月10日 (水)

日産は、Office Podというコンセプト・カーで、自宅で仕事をする、新たな方法を提示した。'21.02.10

【日産は、Office Podというコンセプト・カーで、自宅で仕事をする、新たな方法を提示した。】'21.02.10

 日産は、自宅で仕事をする場合、大型バンを、自分のオフィスにするという、新たな方法を可能にする、「NV350 Office Pod」という、コンセプト・カーを紹介した。 2021年1月15日

Ccar1a

 By Sean Szymkowski、cNET

 日産は、自宅で仕事をする場合、例えば、地域の自然な環境に、大型バンを置き、自分のオフィスにするという、新たな方法を可能にする、「NV350 Office Pod」というコンセプト・カーを紹介した。

 日産は、「2021 Tokyo Auto Salon」ショーに持ち込む予定だった、この極めて、風変わりな、コンセプト・カー、「NV350 Office Pod」を発表した。

 文字通り、このコンセプト・カー、「NV350 Office Pod」には、机、椅子、大型モニタを置く、スペースがあり、小さいながらも、機能的なオフィスになる。

 ユーザは、例えば、この大型バンを、自然な環境に駐車し、仕事を続けながら、自然や観光を楽しむこともできる。

 ユーザは、このバンの屋根の上の「バルコニー」でリラックスすることもできる。

Ccar1b


 ラウンジチェアとパラソルを完備しており、仕事の休憩の時間になるだろう。

デル株式会社

スズキは、2022年に、世界最速の、スポーツ・バイク(新型ハヤブサ「Hayabusa」)を提供することを目指している。'21.02.10

【スズキは、2022年に、世界最速の、スポーツ・バイク(新型ハヤブサ「Hayabusa」)を提供することを目指している。】'21.02.10

 By Kyle Hyatt、cNET

 スズキは、2022年に、世界最速の、スポーツ・バイク(第3世代の新型ハヤブサ「Hayabusa」)を提供する計画である。2021年2月5日

 スズキによると、このスポーツ・バイク(新型ハヤブサ「Hayabusa」)は、電子的に制御され、最高速度、時速186マイルで走行できるようになるという。

 スズキのフラグシップ、「ハヤブサ」は、世界的に有名なバイクのひとつである。

 スズキのハヤブサは、極めて速く、200馬力以上の、信じられないほど強力なパワーを持っている。

 この第3世代の新型ハヤブサ「Hayabusa」は、昔の(ブサ「Busa」)によく似ているようだ。

Cnet8a


 スズキによると、2022年の新型(ハヤブサ「Hayabusa」)は、電子的に制限され、時速186マイルで走行でき、非常に厳しい、「Euro 5」排出ガス規制と騒音規制の条件を満たし、さらに乗りやすくなるという。

 1.3リッターの直列4気筒エンジンは、かなり大幅にオーバーホールされ、特に低中速域における、出力やトルクが、改善されたようだ。

 スズキによると、「トルク」が上がっており、同社の「インテリジェント・ライド・システム(SIRS:Suzuki's Intelligent Ride System)が搭載されているので、安全性も向上するという。

 「(SIRS:Suzuki's Intelligent Ride System)」には、リーンセンシティブ・アンチロック・ブレーキ、ウィリー・コントロール、トラクション・コントロール、および、ライド・モードが含まれている。

 2022年の新型(ハヤブサ「Hayabusa」)には、バイク向けの電子制御サスペンション・システムを作成したいる、「KYB」のセミ・エレクトロニック・サスペンションと共に、クイック・シフターが、標準として装備されるようだ。

 スズキは、新型(ハヤブサ「Hayabusa」)を、2021年の末頃に、欧州をはじめ、北米、日本などで、基本価格、18,599ドルで販売を開始する予定である。

 「2022年スズキの新型(ハヤブサ「Hayabusa」)の紹介」ビデオ

デル株式会社

2021年2月 9日 (火)

GMは、CES 2021で、Cadillac eVTOL、空飛ぶタクシーのコンセプトを披露した。'21.02.09

【GMは、CES 2021で、Cadillac eVTOL、空飛ぶタクシーのコンセプトを披露した。】'21.02.09

 GMは、ドローンに似た、近距離空輸用のエアクラフトに、電気自動車のEV技術を利用して、空中飛行できるようにすることを計画している。2021年1月12日

Cnet1a_20210209144401

 By Chris Paukert、cNET

 General Motors(GM)は、CES 2021で、ドローンに似た、近距離空輸用の電動エアクラフト、「GM Cadillac eVTOL」を試験的に構築し、空飛ぶタクシーの概念を紹介した。

 GMは、eVTOL(電動の垂直離着陸機)での、空飛ぶタクシー事業の将来性を調査する、最新の自動車メーカである。

 GMは、eVTOLで、空飛ぶタクシー事業、ラストマイルの配達サービス事業、宅配サービス事業などの発展を促すことを模索している。

 GMは、CES 2021での、「GM Exhibit Zero」の一環として、Cadillacブランドの個人用のエアクラフト、「GM Cadillac eVTOL(電動の垂直離着陸機)」のレンダリングとアニメを公開した。

 GMによれば、このドローンに似た、個人用のエアクラフト、「GM Cadillac eVTOL(電動の垂直離着陸機)」は、90 kWhのバッテリーで駆動され、最高時速56マイルで飛行することができるという。

 CES 2021で、公開されたビデオ映像によると、この「GM Cadillac eVTOL」は、シングル・シートの、大きなドローンのように見える、個人用のエアクラフトである。

 GMは、オンデマンドで利用できる、空飛ぶタクシー事業などに、「Cadillac eVTOL」が、適用されることを期待している。

 「GMのCadillac eVTOL(電動の垂直離着陸機)のコンセプト紹介」ビデオ

 実際、GMのライバルである、「Fiat Chrysler Automobiles(FCA)」は、eVTOLの空飛ぶタクシーのようなビジネスの発展を促すために、空飛ぶタクシーのスタートアップ、「Archer」とのパートナーシップを発表した。

 HyundaiやAston Martinのような、他の自動車メーカも、空飛ぶタクシーや配達サービスのような、近距離空輸用のエアクラフトを構築することを、模索している。

 「Cadillac eVTOL」のような、近距離空輸用の電動エアクラフトを構築するには、高性能な電気モーター、大容量のバッテリー、車載システム、各種センサー、追跡や制御のための、ソフトウェアやクラウド・サービスなどが、必要になる。

 また、有人か無人かに関わらず、近距離空輸用のエアクラフトは、安全性、信頼性、騒音、飛行距離、飛行ルールの改正といった、課題に対応する必要がある。

 「GMの、近距離空輸用の電動エアクラフト・ビジネスの展開における、次のステップは何か?」は、まだ、明らかになっていない。

デル株式会社

2021年2月 7日 (日)

Amazonは、AIを搭載したカメラを、配達サービス車に設置することを計画している。'21.02.07

【Amazonは、AIを搭載したカメラを、配達サービス車に設置することを計画している。】'21.02.07

 Amazonは、安全性のために、AIを搭載したカメラを、配達サービス車に設置することを計画している。2021年2月3日

Cnet0_20210207111401

 By Steven Musil、cnet

 Amazonは、ドライバーの安全性を向上させるために、人工知能(AI)を搭載したカメラを、配達サービス車に装備する予定であると語った。

 Amazonは、最近、配達サービス車のフリート全体に、輸送管理技術を展開し始めたと述べ、「The Information」によって報告された、Amazonの教育ビデオで提示された計画を確認した。

 Amazonは、輸送管理技術のスタートアップである、「Netradyne」により開発された、AIカメラが、潜在的な安全上の問題について警告を発していると、ビデオで述べた。

 「この警告は、衝突を減らし、ドライバーの行動を改善することが示されている。」と、ラストワンマイルの安全を担当する、Karolina Haraldsdottir氏が、ビデオで述べていた。

 「この輸送管理技術の目的は、配達サービス車の、公道走行での安全性を高め、事故が発生した場合、ドライバーが、それに対処するのを、支援することである。」とHaraldsdottir氏はビデオで述べている。

 しかし、何人かのAmazonのドライバーは、カメラをプライバシーへの脅威と呼んでいる。

 「Driveri」と呼ばれる、「Netradyne」のカメラは、異なる方向を指す、4つのHDレンズを備えている。

Cnet0b_20210207111801


 1つはドライバー、1つは前方の道路、2つは車両の両側にある。

 Haraldsdottir氏によると、この車載システムは、ドライバーの行動を認識するという。

 例えば、この車載システムは、一時停止無視、脇見運転、スピード違反など、16の行動のいずれかを認識し、ドライバーに警告するようだ。

デル株式会社

2021年1月27日 (水)

「スマートな食料品カート」が、買い物の仕方を変えようとしている。'21.01.27

【「スマートな食料品カート」が、買い物の仕方を変えようとしている。】'21.01.27

 米国の大手スーパーマーケット・チェーン、Krogerは、スタートアップのCaperと連携して、従来のチェックアウト・ラインをスキップできるようにする、「スマートな食料品カート」を開発している。2021年1月23日

Cnet0b_20210127161901

 By Molly Price、cNET

 Amazonは、2016年に、買い物客が、スマートフォンのカメラとQRコードリーダーを使用して、商品をテイクアウトできる、最初のコンビニ、「Amazon Go」をオープンし、さらに、2018年に、最初の食料品スーパー、「Amazon Go Grocery」をオープンして、新たな波を起こした。

Cnet0a_20210127162101


 その後、2020年に、Amazonは、「Amazon Go」の買い物経験を再現するように設計された、ショッピング・カート、「Dash Cart」を発表した。

Cnet0k_20210127163701


 「Amazonの、スマートな食料品カート、「Dash Cart」の紹介」ビデオ

 現在、食料品チェーンの「Kroger」は、スタートアップの「Caper」と連携して作成した、「スマートな食料品カート」を、食料品スーパーの店舗に置いている。

 KrogerとCaperは、オハイオ州マデイラにある、Krogerの店舗で、「スマートな食料品カート」の実験プログラムを実施している。

 「スマートな食料品カート」の実験プログラムは、「KroGO」と呼ばれ、Caperの技術やツールを使用して、買い物客を、チェックアウト・ラインの外に案内する。

 また、Krogerは、アリゾナで、自律型の「自動運転配達車」の運用テストを実施している。

 さらに、Krogerは、Microsoftと連携して、「デジタル棚ラベリング・ツール」を開発した。

 Krogerの「スマートな食料品カート」の前面には、大きなタッチスクリーンが装備されており、ショッピングリストの推奨事項、プロモーション・オファー、さらには、経路探索機能を、買い物客が、利用できるようにする。

 また、買い物客は、Krogerの「スマートな食料品カート」に組み込まれている、スケールや、コンピュータ・ビジョン付きのカメラを使用して、食品のQRコードをスキャンしたり、食品を計量したり、金額を集計したり、できるようになる。

 チェックアウトする場合、買い物客は、ロイヤルティ・リワード・カードをスキャンすることで、「スマートな食料品カート」のカード・リーダーから、直接、商品の代金を支払うことができる。

 「Krogerのスマートな食品カートの紹介」ビデオ

 少なくとも、「Madeira」ストアの実験プログラムでは、Krogerの「KroGO」システムを使用するための、いくつかの基本ルールがある。

・買い物客は、再利用可能なバッグを持参するか、店頭で、再利用可能なバッグを購入する必要がある。

・現在、ハードリキュール、ギフトカード、市販の医薬品といった、この実験プログラムで、購入できない商品もある。

・支払いには、デビット・カードか、クレジット・カードを使用する必要があり、「スマートな食料品カート」から、現金で支払うことはできない。

・Krogerの実験プログラムでの、セルフ・チェック・アウトレーンには、「スマートな食料品カート」専用の出口エリアがある。

 Caperのようなスマート・カートは、Amazon Goのようなシステムと同様に、何10台ものカメラと、コード・リーダーを、食料品店全体に装備する必要がある。

 Caper CEOのLindon Gao氏によると、コロナウィルスの感染拡大に対応して、自律型のチェックアウト技術の需要があり、スーパーなどの小売業者は、買い物客の安全を維持し、チェックアウトを合理化するための、新しい技術革新を採用するようになってきたという。

 Lindon Gao氏は、「この実験プログラムで、Krogerと提携できることをうれしく思っており、買い物客や、小売店のスタッフから、貴重なフィードバックを得るのを楽しみにしている。」と述べた。

デル株式会社

Lenovo Yoga 9i(14インチ)ラップトップのレビュー(2)'21.01.27

【Lenovo Yoga 9i(14インチ)ラップトップのレビュー(2)】'21.01.27

 第11世代のIntelプロセッサを搭載した、Lenovo Yoga 9iラップトップは、前機種より優れた性能と、バッテリ寿命をもたらす。2020年12月17日

 By cNET

 筆者は、14インチのディスプレイを持つ、2-in-1ラップトップ、Lenovo Yoga 9iのレビューを実施した。

Cnet1a_20210127112201

 筆者が、2020年の初めに、前機種である、14インチの「Lenovo Yoga C940」を、レビューしたとき、デザインや機能に優れ、この分野において、最良の2-in-1ラップトップの1つだと思った。

 筆者が、2020年初めに、前機種の「Lenovo Yoga C940」をレビューした時に、Lenovoが、将来、次機種に、どのような機能を持たせるのだろうと思っていた。

 筆者は、今回、新しい、「Lenovo Yoga 9i」をレビューした時に、このラップトップは、他の、2-in-1ラップトップと、競争力を持ってきたと思った。

 Lenovoは、このLenovo Yoga 9iに、Intelの第11世代のCoreプロセッサと、改善された、Iris Xe統合グラフィクス、および、より高速なメモリを搭載した。

 また、Lenovoは、このYoga 9iで、「Thunderbolt 4」ポートをサポートし、キーボードと、スタイラスペンを改善した。

 このYoga 9iは、従来よりも、性能と、バッテリ寿命を向上させ、よりユーザ経験を提供できるようになったので、筆者は、このラップトップを、最良の、2-in-1の1つに選択した。

     (続き)

 Lenovo Yoga 9iのすべてのポートは、左側にある。

 Lenovo Yoga 9iの、フルHDのディスプレイは、見やすく、平均的な写真やビデオの編集に、要求される、十分な色を備えている。

 ユーザが、ストリーミング・ビデオ、ストリーミング音楽、ゲーム、および、読書などを、楽しむ場合、失望することはないだろう。

 また、前機種から引き継がれたのは、Webカメラの物理的なプライバシー・シャッターである。

 Dolby Atmosの処理をオンにすると、他のラップトップよりも音が良くなる。

 低音を気にする、ユーザには、優れたヘッドフォンか、外部スピーカが必要になるかも知れないが、気軽に、音楽を聴いたりビデオを見たりする場合、この設定は、非常にうまく機能すると感じた。

 Lenovo Yoga 9iの本体の右後部には、スタイラスペンを収納して、充電できる、場所がある。

 Lenovoは、Lenovo Yoga 9iに、より高速なCore i7-1185G7プロセッサを採用した。

 Lenovo Yoga 9iの第11世代Intel Core i7プロセッサは、Lenovo Yoga C940の第10世代チップよりも、性能が大幅に向上している。

 Lenovo Yoga 9iに搭載された、Core i7-1185G7プロセッサは、Dell XPS 132-in-1に搭載された、Core i7-1165G7よりも、わずかに優れている。

 Lenovo Yoga 9iは、バッテリーの寿命も長く、ストリーミング・ビデオのテストでは、ビデオを、14時間25分再生できた。

 筆者は、このLenovo Yoga 9iラップトップを使用して、平均8時間の仕事を、問題なく、こなすことができた。

 ただし、オプションのUHD解像度のディスプレイに、アップグレードする場合、バッテリー寿命が、短くなるが、これは、現状では、4KノートPCにとって避けられないことである。

 ユーザは、左側にある、2つのUSB-C Thunderbolt 4ポートの、どちらかを介して、素早く充電することができる。

 冒頭で述べたように、少なくとも、筆者がテストした、Lenovo Yoga 9iのMica版は、昨年のLenovo Yoga C940から、あまり変わっていない。

 筆者が、Lenovo Yoga 9iのMica版を、使用してみた感じでは、性能とバッテリー寿命が向上し、タイプ入力経験が向上し、付属のスタイラスペンを使用して、手書き入力も、簡単な描画も、あまり違和感のない、ユーザ経験を体験できた。

デル株式会社

2021年1月26日 (火)

Lenovo Yoga 9i(14インチ)ラップトップのレビュー(1)'21.01.26

【Lenovo Yoga 9i(14インチ)ラップトップのレビュー(1)】'21.01.26

 第11世代のIntelプロセッサを搭載した、Lenovo Yoga 9iラップトップは、前機種より優れた性能と、バッテリ寿命をもたらす。2020年12月17日

 By cNET

 筆者は、14インチのディスプレイを持つ、2-in-1ラップトップ、Lenovo Yoga 9iのレビューを実施した。

Cnet1a_20210126211601

 筆者が、2020年の初めに、前機種である、14インチの「Lenovo Yoga C940」を、レビューしたとき、デザインや機能に優れ、この分野において、最良の2-in-1ラップトップの1つだと思った。

 筆者が、2020年初めに、前機種の「Lenovo Yoga C940」をレビューした時に、Lenovoが、将来、次機種に、どのような機能を持たせるのだろうと思っていた。

 筆者は、今回、新しい「Lenovo Yoga 9i」をレビューした時に、このラップトップは、他の、2-in-1ラップトップと、競争力を持ってきたと思った。

 Lenovoは、この「Lenovo Yoga 9i」に、Intelの第11世代のCoreプロセッサと、改善された、Iris Xe統合グラフィクス、および、より高速なメモリを搭載した。

 また、Lenovoは、このYoga 9iで、Thunderbolt 4をサポートし、キーボードと、スタイラスペンを改善した。

 このYoga 9iは、従来よりも、性能と、バッテリ寿命を向上させ、よりユーザ経験を提供できるようになったので、筆者は、このラップトップを、最良の、2-in-1の1つに選択した。

 LenovoのYoga 9iには、ハイエンドの「Shadow Black版」と、仕様を落とした「Mica版」がある。

 「Lenovo Yoga 9iの特徴と仕様」

・14インチのタッチ・ディスプレイ

・価格は、Shadow Black版が、1400ドルからで、Mica版は、1100ドルからである。

・前機種よりも、高速な性能、より長寿命のバッテリー

・書き味を改善した、スタイラスペンを、本体に格納可能

 このLenovo Yoga 9iには、14インチのモデルだけでなく、15.6インチのモデルも用意されている。

 よりハイエンドのLenovo Yoga 9i(Shadow Black版)は、アルミ製のシャーシーに、黒の革が、接着されている。

 また、ハイエンドのLenovo Yoga 9i(Shadow Black版)には、タッチパッド付きの、ガラスのパームレストが、装備されている。

 ハイエンドのLenovo Yoga 9i(Shadow Black版)には、超音波の指紋認証リーダーも、装備されている。

 これらの機能のすべてを得るために、ユーザは、Intel Core i7-1185G7プロセッサを搭載した、Yoga 9iの「Shadow Black版」を購入する必要がある。

 Yoga 9iの「Mica版」には、Glass Senseタッチパッドを持つ、ガラス製のパーム・レストは、装備されていない。

 より高性能で、Glass Senseタッチパッドを持つ、ハイエンドのYoga 9iの「Shadow Black版」には、Core i7プロセッサが搭載されている。

 ユーザが、組み込むタッチパッドを持つ、ガラスのパームトップや、超音波指紋認証リーダーを装備した、高性能な、ハイエンドのラップトップが、欲しいなら、Yoga 9iの、Micaではなく、Shadow Black版を購入する必要がある。

 「Core i5」を搭載した、「Mica版」の価格は、1100ドルからで、「Core i7」を搭載した、「Shadow Black版」の価格は、1400ドルからである。

 英国において、14インチのYoga 9iの価格は、1470ポンドからであり、オーストラリアでは、まだ、販売されていない。

 Lenovoの、Yoga 9iの「Shadow Black版」の仕様(価格は、1400ドルから)

・14インチのサイズの、タッチ・ディスプレイ

・タッチ・ディスプレイの解像度は、1,920x1,080 dpi

・CPUは、3GHzのIntel  Core i7-1185G7

・メモリは、16GBで、4267MHzの「LPDDR4x(低電力ダブルデータレート)」

・グラフィクスは、Intel Iris Xe

・ストレージは、512GB PCIe NVMe SSD

・ネットワーキングは、Intel Wi-Fi 6 AX201と、Bluetooth 5.1

・接続インタフェースは、USB-C(Thunderbolt 4)x2、USB-A(3.2 Gen 2)x1、ヘッドセット用やイヤフォン用のジャック

・オペレーティング・システムは、Windows 10 Home 64-bit

 筆者は、プレミアム・ラップトップの、新たな機能のアイデアを気に入っている。

 Mica版のラップトップには、タッチパッドと指紋認識リーダが、装備されている。

 タッチパッドは、感度が良く、ユーザが、正確で、スムーズに利用できるようになる。

 指紋認識リーダは、ユーザが、手早く、Windowsを、アンロックできるようにする。

 改善された、バックライト付きのキーボードは、移動中でも、訪問先でも、あまりストレスなく、利用でき、筆者は、使いやすいと思った。

 「新しい、Lenovo Yoga 9iの紹介」ビデオ

     (続く)

デル株式会社

Motorolaの最新の、400ドル未満のスマートフォンを紹介する。(2)'21.01.26

【Motorolaの最新の、400ドル未満のスマートフォンを紹介する。(2)】'21.01.26

 Motorola One 5G ACEと共に、Moto G Stylus、Moto G Power、および、Moto G Playの、2021年版の、最初の印象を紹介する。2021年1月23日

Cnet2i_20210126151901

 By Patrick Holland、cNET

 Motorolaの、予算に優しい、400ドル未満のスマートフォンの製品ライン、「Moto G Play」、「Moto G Power」、「Moto G Stylus」、および、「Motorola One 5G ACE」について紹介する。

 Motorolaは、既に、5Gをサポートした、最も手頃な価格の400ドルの、予算にやさしい、「Motorola One 5G ACE」スマートフォンを発表している。

 また、5Gをサポートしていない、3種類のMoto Gスマートフォン(170ドルのMoto G Playから、200ドルのMoto G Power、および、300ドルのMoto G Stylus)がある。

 Motorolaは、多くの機能を持つ、予算に優しい、手頃な価格の、5Gをサポートしていない、3モデルのスマートフォンと、5Gをサポートした、1つのモデルのスマートフォンを提供する。
Cnet2a_20210126152001

       (続き)

1.Motorola One 5G ACE

 最も目立つ、Motorolaのスマートフォンには、「Motorola One 5G ACE」がある。

 2020年から提供されている、MotorolaのOne 5G ACEは、AT&TとVerizonを通して、販売されている。

 名前が示すように、One 5G ACEは、5G、特に、サブ6スペクトルをサポートし、すべての主要な米国の通信事業者の、まだ初期段階にある、5Gネットワークと互換性がある。

 途方もなく、高速で、超広帯域の5Gネットワークで動作する、One 5G ACEのミリ波版があるかどうかついて、Motorolaは、明確にしていない。

 筆者が、試してみたのは、フロスティシルバーと呼ばれる、カジュアルなシルバーの斑点模様のある、One 5G ACE、スマートフォンである。

 Motorolaによると、One 5G ACEは、頑丈で、5,000 mAhのバッテリーを搭載しており、1回の充電で、通常的な使用で、2日間、使用できるという。

 One 5G ACEには、より一般的な、60Hzのリフレッシュ・レート表示がある。

 One 5G ACEの背面には、メイン・カメラ、超広角カメラ、マクロ・カメラの、3台のカメラを収納する、切手サイズのカメラ・バンプがある。

 One 5G ACEの背面にある、メイン・カメラには、「ピクセル・ビニング」と呼ばれる手法を使用して、4つのピクセルを、1つに結合する、48メガピクセルのセンサーが搭載されている。

 これにより、画像のノイズが減少し、明るさが増す。

 One 5G ACEには、専用の深度カメラと、昨年のOne 5Gのマクロ・レンズに組み込まれた、リングライト・フラッシュが、装備されていない。

 One 5G ACEには、自撮りカメラが付いた、6.7インチのHDR10ディスプレイがある。

 One 5G ACEには、Snapdragon 750G 5Gプロセッサと、6GBのRAMが、搭載されている。

 Moto G Stylus、Moto G Power、および、Moto G Playは、2020年に、出荷が開始された、スマートフォンの新版である。

 2020年に、Motorolaは、命名規則を変え、Moto G Fastという、スマートフォンの名前を、「Moto G Play」に変えた。

 Moto G Play、Moto G Power、および、Moto G Stylusは、デザイン的には、よく似ている。

 「Moto G Play」と「Moto G Power」には、どちらも中央に、正方形のカメラ・バンプがあり、「Moto G Stylus」には、左側に長方形のカメラ・バンプがある。

 「Moto G Stylus」と「Moto G Power」の指紋リーダーは、電源ボタンの横にある。

 「Moto G Play」の指紋リーダーは、背面にある、Motorolaのロゴに組み込まれている。

 Motorola One 5G ACEと同様、これら3つのスマートフォンのすべてに、ヘッドフォン・ジャックが付いている。

 2020年版の、これら3つのスマートフォンのディスプレイは、すべて、6.4インチであった。

2021年版の、Moto G Playには、6.5インチのディスプレイが、Moto G Powerには、6.6インチのディスプレイが、および、Moto G Stylusには、6.8インチのディスプレイが、装備されている。

 ただし、これら3モデルの「スマートフォン全体のサイズ」は、ほぼ、同じである。

 Moto G Stylusには、広角、超広角、および、マクロの、3つのリアカメラがある。

 また、ポートレート・モードの写真用の深度センサーも備えている。

 「Moto G Power」には、2台のリアカメラと、専用の深度センサーがあり、「Moto G Play」には1台のリアカメラと、専用の深度センサーがある。

 その名前が示すように、「Moto G Stylus」には、写真の編集、メモの書き留め、スクリーン・ショットのマークアップなどを行うときに、ピンポイントで制御するための、「スタイラス・ペン」が付いており、スマートフォンの本体に、格納できるようになっている。

 「Motorolaの新Gシリーズの紹介」ビデオ

デル株式会社

2021年1月25日 (月)

Motorolaの最新の、400ドル未満のスマートフォンを紹介する。(1) '21.01.25

【Motorolaの最新の、400ドル未満のスマートフォンを紹介する。(1)】'21.01.25

 Motorola One 5G ACEと共に、Moto G Stylus、Moto G Power、および、Moto G Playの、2021年版の、最初の印象を紹介する。2021年1月23日

 By Patrick Holland、cNET

 Motorolaの、予算に優しい、400ドル未満のスマートフォンの製品ライン、「Moto G Play」、「Moto G Power」、「Moto G Stylus」、および、「Motorola One 5G ACE」について紹介する。

 Motorolaは、既に、5Gをサポートした、最も手頃な価格の400ドルの、予算にやさしい、Motorola One 5G ACEスマートフォンを発表している。

 また、5Gをサポートしていない、3種類のMoto Gスマートフォン(170ドルのMoto G Playから、200ドルのMoto G Power、および、300ドルのMoto G Stylus)がある。

 Motorolaは、多くの機能を持つ、予算に優しい、手頃な価格の、5Gをサポートしていない、3モデルのスマートフォンと、5Gをサポートした、1つのモデルのスマートフォンを提供する。

 2013年以来、Motorolaは、1億台以上の、Moto Gスマートフォンを販売している。

 米国において、販売される、手頃な価格の、Motorolaのローエンドのスマートフォンを紹介する。

 Motorolaは、Moto G Power、Moto G Play、および、Motorola One 5G ACEを、カナダで販売する計画であるが、正式な発売日を発表していない。

Cnet2i


 Moto Gスマートフォンは、北米以外では、すぐには、販売されないだろうが、400米ドルで販売される、Motorola One 5Gは、英国では約295ポンド、あるいは、オーストラリアでは、515豪ドルになるようだ。

 MotorolaのMoto Gスマートフォンの価格とモデル

スマートフォン       価格  RAM容量  ストレージ容量 5Gサポート

Motorola One 5G ACE   $400     6GB      128GB      有り
Moto G Stylus       $300    4GB       128GB      無し
Moto G Power      $250    4GB      64GB       無し
Moto G Power      $200    3GB       32GB       無し
Moto G Play        $170     3GB       32GB       無し

 さまざまな予算に対応して、170ドル、200ドル、250ドル、300ドルの、4モデルのスマートフォンがある。

 これら4モデルのスマートフォンは、価格と比較して、優れた価値を提供し、さまざまな予算に適合し、昨年のMoto Gスマートフォンのラインナップから、アップフレードされている。

 Motorola One 5G ACEは、Moto Gスマートフォンのモデルの中で、唯一、5Gをサポートした、手頃な価格の、ローエンドのスマートフォンである。

 また、5Gをサポートした、手頃な価格の、他のベンダのスマートフォンには、400ドルの、「TCL 10 5G」、500ドルの、「Galaxy A51 5G」がある。

 ただし、Samsungは、現在、300ドルに値下げして、「Galaxy A51 5G」を販売している。

 今月、ユーザは、300ドルで、OnePlus Nord 10 5Gを購入できるようになる。

 CNETのモバイル担当者の、最新のニュースやベストなレビューを紹介する。

 これら、4種類のスマートフォンのすべてに、Motorolaの、ショートカットとカスタマイズ可能な、Android 10が搭載されている。

 これら、4種類のスマートフォン、Moto G Play、Moto G Power、Moto G Stylus、および、Motorola One 5G ACEには、Android 11は、搭載されない。

 Motorolaは、これら4種類のスマートフォンのモデルと、メジャーなOSのアップデートと、セキュリティのアップデートを約束している。

 「Motorola G Stylusの紹介」ビデオ

 MotorolaのMoto Gスマートフォンの競合スマートフォンには、349ドルのGoogle Pixel 4Aと、499ドルのGoogle Pixel 4A 5Gがある。

Cnet2o

 Motorola One 5G ACEは、Frosty Silverと呼ばれる、シルバーのまだら模様の仕上げになっている。

    (続く)

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2