Digital Trends

2021年2月24日 (水)

HPが、高性能なミニPCを、790ドルに、大幅に値下げした。'21.02.24

【HPが、高性能なミニPCを、790ドルに、大幅に値下げした。】'21.02.24

 HPは、同社の高性能なミニPC、HP EliteDesk Mini PCを、通常価格、1437ドルから、647ドル値下げし、790ドルで販売している。2021年2月20日

Dt1a_20210224111201

 By Nishka Dhawan、Digital Trends

 HPは、同社の高性能なミニPC、HP EliteDesk Mini PCを、通常価格、1437ドルから、647ドル値下げし、790ドルで販売している。

 理由は、分からないが、このように大きな値引きは、滅多にない。

 筆者は、家で仕事に使う、PC用に、高性能なミニPCの購入を検討していたユーザに、このHP EliteDesk Mini PCを推奨する。

 この「HP EliteDesk Mini PC」には、強力な「AMD Ryzen Pro Series」プロセッサと「Windows 10 Pro」オペレーティング・システムが搭載されている。

 このHP EliteDesk Mini PCは、高性能、かつ、高度なセキュリティで、信頼性が高く、サイズは、17.7 x 17.5 x 3.4 cmとコンパクトで、場所を取ることなく、ユーザが、Windowsアプリを、安全で、快適に利用できるようにする。

 このミニPCには、高性能なグラフィクス処理プロセッサ、AMD Radeonが、搭載されており、ユーザは、対話型の3Dグラフィクス・アプリを、あまりストレスなく、利用できる。

 ビデオやTV番組などの、ストリーミング・コンテンツを視聴する場合でも、ビデオ会議やビデオ・チャットをする場合、対話型3Dグラフィクスでゲームをする場合でも、このミニPCは、常に、最もバランスの取れた、高性能で、ビジュアルな能力を提供する。

 また、画像や映像の編集といった、クリエイティブな分野の作業にも適している。

 HP EliteDesk Mini PCは、イノベータやクリエータにとって、最も適した、高性能なミニPCであり、コンパクトで、場所を取らない。

 HP EliteDesk Mini PCには、スマートな冷却システムも、装備されており、ユーザは、長時間、使用することができる。

 すべてのデータは、常に保護され、安全に管理される。

 HP EliteDesk Mini PCには、USBポートやHDMIポートなど、便利なポートが、多数用意されており、大画面ディスプレイ、高速プリンタやスキャナーなどを接続でき、ホーム・オフィスに適している。

Dt1b_20210224111701

 HPが、このHP EliteDesk Mini PC(通常価格、1437ドルから)を、790ドルの割引価格で販売することは、滅多にないので、今が、購入のチャンスかも知れない。

デル株式会社

2021年2月21日 (日)

2021年における、500ドル以下の、ベストな、2-in-1ラップトップ(4)`21.02.21

【2021年における、500ドル以下の、ベストな、2-in-1ラップトップ(4)】`21.02.21

 2021年に、500ドル以下で、購入できる、ベストな、2-in-1ラップトップを紹介する。2021年1月25日

 by Freedom 251 Staff、freedom251

 2-in-1ラップトップは、タブレットにも、ノートブックにもなる、モバイル・ユーザ向けのパーソナル・デバイスである。

 スクリーン画面を、360度開閉できる、コンバーティブル型、あるいは、キーボードを取り外すことのできる、デタッチャブル型の、2-in-1ラップトップで、500ドル以下で購入できる、代表的な製品を紹介する。

 2-in-1ラップトップには、薄くて、軽く、コンパクトという、モバイル・ユーザ向けの特徴があるが、スクリーン画面のサイズは、15インチ以上ないと、長く利用していると、目が疲れるかも知れない。

 2021年に、500ドル以下で購入できる、ベストな、2-in-1ラップトップ

 さまざまなブランドの、ラップトップのオプションの間で、最も適した、製品を紹介する。

    (続き) 

5.ベストな、小さなラップトップ:Microsoft Surface Go

Laptop1a_20210221205801

 Microsoft Surface Go(基本価格:515ドル)

 Microsoftは、コンパクトで、持ち運びやすい、ユーザ経験を提供する、小さなラップトップ、Microsoft Surface Goの出荷を開始した。

 このMicrosoft Surface Goは、Intelの1.66Hzの、Premium Goldプロセッサを採用しており、Windows 10Sオペレーティング・システムを搭載している。

 このMicrosoft Surface Goは、キーボードを取り外して、タブレットとして利用できる、デタッチャブル型の、2-in-1ラップトップで、500ドルと、手頃な価格である。

Laptop1b_20210221205901

 このIntelのプロセッサを搭載した、Microsoft Surface Goは、Armアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Microsoft Surface Pro Xのような、ソフトウェアの互換性の問題はない。

 このMicrosoft Surface Goラップトップの重さは、1.15ポンドであり、Armアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Microsoft Surface Pro Xの様に、軽量であり、しっかりした、キックスタンドが、付いている。

 このMicrosoft Surface Goは、角が丸い、デザインになっており、従来の、手頃な価格の、Microsoft Surfaceシリーズの中で、際立っている。

 しかし、このMicrosoft Surface Goは、学生や、モバイル・ワーカなどが好む、2-in-1ラップトップであり、テキスト、グラフィック、グラフ、画像、ビデオなどのコンテンツを含む、レポートを書くのに適している。

 このSurface Goは、テキスト、グラフィクス、グラフ、画像や映像などを含む、マルチメディアのレポートを、作成しやすくするよう、設計されている。

 このSurface Goには、USB-Cポートと、microSDポートが付いており、AppleのiPadなどのタブレットと、競合するタブレットになっている。

 このSurface Goには、8GB RAM、128GBの拡張可能なストレージ、および、Surface Connectポートが付いている。

 このSurface Goのキーボードは、フルサイズで、ガラス製のトラックパッドが付いている。

 しかし、キーボードの、キーの間隔が、少し狭いので、手が大きなユーザには、若干、入力しにくい。

 解像度が、1800 x 1200ピクセルの、Surface Goの10インチのディスプレイは、鮮やかな色で、見やすいが、小さいので、長く使用していると、目が疲れる。

 スクリーンの回りの、大きなベゼルは、ラップトップを持ち上げるときに、役に立つ。

 スピーカは、スクリーンの周囲の、左右のベゼルに、組み込まれている。

 これらのスピーカは、高音質なサウンドを提供する。

 このSurface Goの、バッテリー寿命は、最長、9時間である。

 このSurface Go、2-in-1ラップトップは、手頃な価格で、日常的に使用する、アプリを、ユーザが、あまりストレスなく、利用できるようにする。

 Microsoft Surface Goは、満足できる性能で、手頃な価格の、エントリー・レベルの、他の、2-in-1ラップトップと競合する。

 Microsoft Surface Goの、8GB/128GB版とは異なり、4GB/128GBと4GB/64GB版は、Amazonで、購入することができるが、販売価格は、変化している。

「Microsoft Surface Goの仕様」

・CPU:1.6GHz Intel Pentium Gold 4415Y
・RAM:8GB
・ストレージ:128GB SSD
・タッチ・ディスプレイ:10インチのPixel Sense (1800 x 1200)
・GPU:Integrated Intel HD 615
・バッテリー寿命:最大時間9時間
・価格:515ドル
・入力しやすい、キーボード
・機能的なWebカメラ

・HDMI出力
・Type-Cポート x 1
・Type-Aポート x 2

利点

・コンパクトで、持ち運びやすい。
・拡張可能なストレージを搭載している。
・優れたディスプレイ画質
・軽量で、大きなベゼルを持っているので、つかんで持ち上げやすい。
・改善された、ガラス製のトラックパッドのデザイン

欠点

・キーボードのキーの間隔が、狭いので、手が大きな人には、入力しにくい。
・スタイラスペンやマウスなどの、アクセサリーは、基本価格に含まれない。

 「新たなSurface Goラップトップの紹介」ビデオ

デル株式会社

筆者らが、Microsoftの、次の主力製品である、2-in-1ラップトップ、「Surface Pro 8」について、知っていること。 '21.02.21

【筆者らが、Microsoftの、次の主力製品である、2-in-1ラップトップ、「Surface Pro 8」について、知っていること。】'21.02.21

Dt1a_20210221170701


 Microsoftは、通常、毎年10月に、Surfaceハードウェアを更新しているが、2021年は、状況が大きく異なっていた。2021年2月19日

 By Arif Bacchus、Digital Trends

 2021年から、Microsoftは、教育、ビジネス、および、企業ユーザ向に、2019年の「Surface Pro 7」ラップトップの更新版である、「Surface Pro 7+」を発表した。

 「Surface Pro 7+」ラップトップは、LTEをサポートし、リムーバブルSSDや、Intelの最新の第11世代プロセッサを、搭載している。

 正式には、発表されていないが、「Surface Pro 7+」ラップトップの次は、「Surface Pro 8」ラップトップになるようだ。

Dt1b_20210221170701


 Microsoftは、コロナウィルスの感染拡大のため、プレスイベントを、オールオンライン形式に移行している。

 代わりに、オンライン、ライブストリーミング・ビデオ、あるいは、事前にビデオ録画されたイベントや、ブログの投稿がある。

 以前は、「Surface Pro 8」ラップトップのリリースが、噂されていたが、Microsoftは、その代わりに、「Surface Pro 7+」ラップトップをリリースすることになった。

 「Surface Pro 7+」ラップトップの価格は、公式には分からないが、900ドル前後から始まることが、想定される。

 恐らく、オプションの、Surface Pen(推定価格99ドル)とタイプカバー・キーボード(推定価格129ドル)に、追加料金がかかるだろう。

 より安価な、Microsoft製のタブレットを購入したい場合は、「Surface Go 2」または「Surface Laptop Go」の方が適しているだろう。

 Microsoft Surface製品ラインの、タッチ・ディスプレイには、厚いベゼルがあり、特徴的なマグネシウム仕上げで包まれており、背面には、キックスタンドが付いている。

 Microsoftは、既に、「Surface Pro X」でデザインを改善するためのテンプレートを持っているが、まだ、「Surface Pro 8」に移行するようには見えない。

 Microsoftは、リムーバブルSSDと、新しいLTEアンテナの追加を除いて、「Surface Pro 7+」の設計を変更しなかったため、「Surface Pro 8」でも同じことが期待される。

 Intelの「Tiger Lake」プロセッサ、または、「Alder Lake」プロセッサが、搭載されることが、期待される。

 Microsoftは、SurfacePro 7で、Intelの最新かつ最高の「Ice Lake」プロセッサで、「Surface Pro」のラインナップを更新した。

 「Surface Pro 8」には、Intelの最新の第11世代「Tiger Lake」プロセッサが搭載されることが、期待されている。

 これらは、2020年1月に、CESで発表され、その後、「Surface Pro 7+」に搭載された。

 Intelの次の第12世代「Alder Lake」プロセッサが、2021年後半に噂されており、Microsoftが、「Surface Pro 8」で、これらのプロセッサを採用することも、理にかなっている。

 「Tiger Lake」プロセッサは、グラフィックスの性能を2倍にすることが、確認されている。

 また、「Alder Lake」プロセッサには、大幅な性能の向上が伴う可能性があるという、噂もある。

 2020年に、「Surface Pro 7」には、公式に、USB-Cを含む、大きな変更が、もたらされた。

 その後、「Surface Pro 8」は、「Thunderbolt」技術にジャンプアップするのだろうか?

 「Thunderbolt 4」は、Intelの「Tiger Lake」プラットフォームでリリースされ、デスクトップPCの代替として機能する、Surface Proの機能を拡張する。

 残念ながら、現時点ではそうは思われない。

 Microsoftは、Surface Book 3などの、より強力な、ラップトップでの「Thunderbolt」の使用を延期したが、これについて、具体的な声明を、特に発表していない。

 最新版のUSBは、「Thunderbolt」から着想を得ており、単一のUSB-Cポートを介したデータ転送、表示、および、電力供給を可能にする。

 「Thunderbolt 4」ほど強力ではないが、正しい方向への一歩だろう。

 タイプカバー・キーボードとSurface Pen

 次に、タイプカバー・キーボードは、新しい色で提供され、独自のpogoコネクタで、Surface Proに接続されるようだ。

 これは、「Surface Pro」ラインの、要素の1つになるようだ。

 「Surface Pro X」は、「Surface Slim Pen」をミックスに導入した。

 「Surface Slim Pen」は、非常に軽くて細い、スタイラス・ペンであるが、非常に小さいため、「Surface Pro X」の再設計された、タイプ・カバーのスロットに、実際に収まる。

 「Surface Slim Pen」は、元の「Surface Pen」ほど快適ではないかもしれないが、パッケージ全体に、スタイラス・ペンを直感的に、格納する方法を提供する。

 「Surface Pro 8」が、「Surface Pro X」からどれだけのインスピレーションを得ているか、または、Microsoftが、「Surface Pro 8」専用の新しい設計変更を行っているかどうかを、確認する必要があるだろう。

Dt1c_20210221170801


 「Microsoft Surface Pro 8の紹介」ビデオ

デル株式会社

2021年2月12日 (金)

Alexaが、Ringドアベルに組み込まれ、訪問者に挨拶する。'21.02.12

【Alexaが、Ringドアベルに組み込まれた、訪問者に挨拶する。】'21.02.12

 Amazonのデジタル・アシスタントが、Ringドアベルに、組み込まれ、訪問者に挨拶する。2021年2月10日

 By Patrick Hearn、digitaltrends

 スマート・ビデオ・ドアベルの利点は、さまざまである。

Db1a


 ユーザが、家庭にいなければ、訪問者に応答することはできす、宅配業者のような配達サービスのスタッフに、荷物の対応を指示することができない。

 ただし、ユーザが、Ringドアベルを、玄関に設置していれば、外出中でも、スマートフォンで、訪問者に対応できるようになる。

Db1b


 しかし、ユーザは、必要に応じて、スマートフォンを近くに持っていなければならない。

 ただし、ユーザが、スマートフォンを持っていても、車を運転していたり、仕事をしていたりする時は、スマートフォンに出ることができないので、Ringドアベルに、組み込まれた、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントが、ユーザの代わりに、音声で、訪問者に対応してくれる。

 このAlexaの「スマート応答」という、新機能で、Alexaは、ユーザの代わりに、玄関の訪問者に、音声で対応してくれる。

 Alexaは、Amazon Echoスマート・スピーカや、スマート・ディスプレイに組み込まれており、音声で、応答することができる。

 その後、Amazonは、Alexaデジタル・アシスタントが、PCやスマートフォンといった、パーソナル・デバイスだけでなく、ドアベルや冷蔵庫などに組み込まれ、音声コマンドで応答できるようになってきた。

 代表的な、スマート応答機能には、「クイック応答」、「Alexa挨拶」、「動きの警告」がある。

 「Alaxa挨拶」機能は、Alexaが、訪問者に、直接対応する、スマート応答機能である。

 「クイック応答」は、ユーザが、留守で、対応できないか、忙しくて対応できない時に、誰かが、ドアの前に現れた場合、直ぐに応答できる、ドアベルのソリューションである。

 誰かが、ドアの前に現れた場合、ユーザは、6つの応答方法から、選択することができる。

 例えば、「小包を、ドアの前に、置いて行ってください。」、「直ぐに、出ます。」、「必要ならば、メッセージを残してください。」などがある。

 この機能は、Ring Video Doorbell Wiredを除いて、既に、Ring Video Doorbellモデルで、提供されている。

 「Alexa挨拶」機能で、ユーザの家のドアベルは、スマートに接客できるようになる。

 「Alaxa挨拶」機能は、スマート・ドアベルに組み込まれた、Alexaが、訪問者の呼びかけに対し、意味を理解して、応答できるようにする。

 例えば、Alexaは、「メッセージを残しますか?」とか「訪問の目的な何ですか?」などを、訪問者に尋ねることができるようになる。

 応答に、「小包み」という単語が含まれている場合、Alexaは、「サインが必要ですか?」とか、「小包みを玄関の前に置いてください。」とか、会話の内容に応じて、答えることができる。

 このスマート・ドアは、ユーザが、外出中の時に、有用なツールであり、訪問者に応じて、適切な情報を残したいと思うだろう。

 「スマート応答」の1つ、「動き警告」は、誰が、訪問したかを決定する。

 ドアベルは、人の動きを検出するや否や、「警告」メッセージと共に、チャイムを鳴らす。

 ユーザは、Ringドアベルで、訪問者を監視したり、訪問者を録画したり、することもできる。

 訪問者は、泥棒の可能性がある場合、Ringドアベルが、自分を録画していると思えば、直ぐに立ち去るだろう。

 Alexaの能力に、インテリジェンスの層を追加することで、新しい「スマート応答」が、ドアベルのRingラインナップを、より有用にする。

 「Alexa搭載Ringドアベルの紹介」ビデオ

デル株式会社

2021年1月24日 (日)

CES 2021において、期待されていることを紹介する。(3)'21.01.24

【CES 2021において、期待されていることを紹介する。(3)】'21.01.24

 Digital Trendsは、CES 2021において、期待されていることを紹介する。 2021年1月8日

 By Nick Mokey、Digital Trends

 Digital Trendsは、オプションで開催される、CES 2021において、紹介されることが、期待されている、最新のTV、ラップトップ、スマートフォン、スマート・ホーム・デバイスなどを中心に紹介していく。

 CES 2021で紹介される、代表的な製品には、SamsungのTV、ラップトップ、および、Galaxy S21スマートフォンなどがある。

 CES 2021では、コンセプト製品が、紹介され、オンラインの訪問者は、それらの製品や技術が、有用であると思うことで、決して、失望することはないだろう。

 現在のような状況において、一般の企業や一般のユーザも、デジタル技術を採用し、デジタル変革(DX)することが重要になってきた。

 企業や消費者が、デジタル変革(DX)し、デジタルな技術やサービスを採用する上で、信頼できるのは、デジタル業界である。

 Digital Trendsは、オンラインで開催される、CES 2021を、全体的に紹介していく。

   (続き)

4.スマートフォン、タブレット、および、アクセサリのアップグレード

 CESは、この数年間、大きなモバイル・ショーではなかったが、今回、オンラインで開催される、CES 2021では、新しい、Motorola Gシリーズを含む、高機能で、比較的、手頃な価格のスマートフォンが紹介される。

 CES 2021で、モバイル・デバイスに期待されることは何だろう?

 オンラインで開催される、CES 2021では、次世代の、スマートフォン、タブレット、および、スクリーンを開閉できる、フォルダブル・デバイスに、カメラ、スクリーン、および、センサーのような、新たなコンポーネントの革新が、見られるだろう。

 特に、新しい、手頃な価格の、よりローエンドで、価値を付加することに、焦点を合わせた、スマートフォンが、紹介されることが期待される。

 Samsungは、同社の主力スマートフォンである、近く、リリースされる、Galaxy S21シリーズを、CES 2021で紹介する。

 CES 2021で、Samsungは、Galaxy A01(100ドル)、Galaxy S20 FE(600ドル)、Galaxy S20(1000ドル)、および、Galaxy Z Fold 2(2000ドル)が、紹介される。

 特に、インド、中国、中南米などでは、従来から、価格性能比に優れた、ローエンドから、ミッドレンジの、手頃な価格のスマートフォンに、人気がある。

 ただし、今回の、CES 2021では、従来のスマートフォンよりも、ウェアラブル・デバイスが、紹介され、話題になるだろう。

 CES 2021では、ヘルスケアやフィットネスといった分野の、機能を持つ、ウェアラブル・デバイスが、スマートフォンよりも、注目されるようになるだろう。

 新たなスマートウォッチ、あらゆる種類のフィットネス・バンド、および、変わったコンセプトの、スマート・グラスも、披露されるようになるだろう。

5.自動運転車や電気自動車

 今回のCES 2021は、オンラインで開催されるので、自動車メーカは、自動運転車や電気自動車を、披露するための場所を、予約する必要はなくなった。

 自動車メーカは、電気自動車やハイブリッド・カーを、既に、全国のショールームで、展示している。

 ただし、自動運転車は、まだ、数年後まで、普及することはないだろう。

 自動運転車は、多くの自動車メーカにとって、次のフロンティアであり、CES 2021中に、話題になることが期待されている。

 この自動運転車技術は、以前よりも、向上してきており、自動運転車には、疲れを知らず、居眠り運転することはなく、長距離運転に適しているという利点もあるが、完全自動運転車を実用化するには、まだ、公道で、さまざまな環境で、走行テストして、改善していく必要があるだろう。

 また、自動運転車が、普及するには、安全に、走行できるようにする上での、技術的な問題だけでなく、規制や交通ルール、および、価格といった、課題がある。

 自動運転車の運転手(緊急事態に対応する)や乗客は、2020年に、大きく進化し、車と対話できるようになる。

 インフォテインメント・システムは、車内で、オンラインで買い物をしたり、ゲームをしたり、ストリーミング・ビデオを視聴したり、ストリーミング・オーディオを聴いたり、最寄の駐車場やレストランなどを探したり、できるようにする。

 今後、5年から10年で、運転手や乗客は、自動運転車のインフォテインメント・システムのタッチスクリーン操作と、音声コマンドで、スマートフォンと同じような機能を、利用できるようになる。

 2021年に、自動運転車に期待することは、今回の、CES 2021で、紹介されるだろう。

 2020年1月に、筆者は、例えば、レーザー光線で、蚊を退治する装置や、電動自転車、器用な手を持つ、ロボットなどを、CES 2020で、披露されていた。

 今年のオンラインで開催される、CES 2021でも、例年通り、いくつかの奇妙な機能や特徴を持つ、製品が発表されるだろうが、昨年、実際に、デモを披露されていた、奇妙なガジェットの数よりも、今回、紹介される、奇妙な機能や特徴を持つ、ガジェットの数は、昨年よりも、少なくなるだろう。

 今年のCES 2021で、製品やサービスを紹介する、オンライン出展会社の数は、CES 2020よりも、少なくなるにも関わらず、今回、デビューする、奇妙な機能や特徴を持つ、ガジェットの数は、まだ、以前として、多いだろう。

 筆者らは、キッチン・ロボット、仮想現実(VR)ワークステーション、および、ドローンのリモコンのような、奇妙な製品を紹介する。

デル株式会社

CES 2021において、期待されていることを紹介する。(2)'21.01.24

【CES 2021において、期待されていることを紹介する。(2)】'21.01.24

 Digital Trendsは、CES 2021において、期待されていることを紹介する。 2021年1月8日

 By Nick Mokey、Digital Trends

 Digital Trendsは、オプションで開催される、CES 2021において、紹介されることが、期待されている、最新のTV、ラップトップ、スマートフォン、スマート・ホーム・デバイスなどを中心に紹介していく。

 CES 2021で紹介される、代表的な製品には、SamsungのTV、ラップトップ、および、Galaxy S21スマートフォンなどがある。

 CES 2021では、コンセプト製品が、紹介され、オンラインの訪問者は、それらの製品や技術が、有用であると思うことで、決して、失望することはないだろう。

 現在のような状況において、一般の企業や一般のユーザも、デジタル技術を採用し、デジタル変革(DX)することが重要になってきた。

 企業や消費者が、デジタル変革(DX)し、デジタルな技術やサービスを採用する上で、信頼できるのは、デジタル業界である。

 Digital Trendsは、オンラインで開催される、CES 2021を、全体的に紹介していく。

    (続き)

3.ロボット掃除機や、ホーム・セキュリティ

Ces2d


 スマート・ホーム市場は、コロナウィルスの感染拡大で、主に個人や家族が、在宅勤務や在宅学習を余儀なくされ、在宅がニュー・ノーマルになってきたことにより、2020年に、驚異的な成長を遂げた。

 CES 2021は、現在の状況に適応する、さらに具体的な、スマート・ホーム・ソリューションを、生み出すだろう。

 コロナウィルスの感染拡大の問題が発生している状況において、スマート・スピーカー、空気清浄機、ロボット掃除機などの販売が、急増しており、メーカには、人々の生活における、安全と快適さを維持することに、引き続き注力することが期待されている。

 最近では、ロボット掃除機「Samsung Jetbot90」や、LGのスマート冷蔵庫「LG Instaview Refrigerator」で、革新が見られた。

 「Samsungのロボット掃除機の紹介」ビデオ

 「LGのスマート冷蔵庫の紹介」ビデオ

 オンラインで開催される、CES 2021では、ホーム・セキュリティ・システム、ロボット掃除機、小型家電製品、充電ソリューション、および、スマート照明の革新に期待しよう。

 現在のような状況で、2020年にも、細菌を殺菌する、紫外線などの技術が、多くの家庭用ガジェットに実装されてきた。

 多くの人にとって、家を安全に保つことは、子供やお年寄りの状況を把握したり、不法侵入者や火災などから守ったりするだけではなく、現在のような状況では、家を衛生的に保つことを意味し、また、ハンズフリー(例えば、音声コマンドやジェスチャーで利用できること)を意味することもある。

 例えば、家庭用の監視カメラで、ユーザは、外出先きから、家にいる、お年寄りや、ペットや、家の様子を確認できるようになる。

 例えば、Alexa対応トイレという、ハンズフリーで利用できる、家庭用のガジェットも、出現した。

     (続く)

デル株式会社

2021年1月22日 (金)

CES 2021において、期待されていることを紹介する。(1)'21.01.22

【CES 2021において、期待されていることを紹介する。(1)】'21.01.22

 Digital Trendsは、CES 2021において、期待されていることを紹介する。 2021年1月8日

Ces1a_20210122211601


 By Nick Mokey、Digital Trends

 Digital Trendsは、オプションで開催される、CES 2021において、紹介されることが、期待されている、最新のTV、ラップトップ、スマートフォン、スマート・ホーム・デバイスなどを中心に紹介していく。

 CES 2021で紹介される、代表的な製品には、SamsungのTV、ラップトップ、および、Galaxy S21スマートフォンなどがある。

 CES 2021では、コンセプト製品が紹介され、オンラインの訪問者は、それらの製品や技術が、有用であると思うことで、決して、失望することはないだろう。

 現在のような状況において、一般の企業やユーザも、「デジタル変革(DX)」(デジタル技術を活用して、企業のビジネス・モデルやビジネス・プロセスを変革)していくことが重要になってきた。

 企業や消費者が、デジタル変革(DX)し、デジタルな技術やサービスを採用する上で、信頼できるのは、デジタル業界であるが、さまざまな業界の企業が連携して、変革を進めていく必要があるだろう。

 Digital Trendsは、オンラインで開催される、CES 2021を、全体的に紹介していく。

1.ハイエンドのTVが、Samsung、Sony、LGから紹介される。

 TVは、歴史的に、CESにおいて、センター・ステージに立っていた。

 今年のオンラインで開催される、CES 2021の仮想ステージでも、例外なく、TVの人気が高いだろう。

 Samsungは、既に、110インチの大画面の、MicroLED TVと、新しいQLED NEO TVのラインナップを発表しており、今回、さらに新しいTVのモデルを披露するだろう。

 他の代表的なTVの技術には、「Mini-LED」がある。

 TCLだけでなく、他の大手のTVブランドも、コントラスト比を向上させる、「Mini-LED」技術を採用した、TVを開発し、生産している。

 より高解像度の映像を高速に伝送する、HDMI 2.1は、2020年に、特定のハイエンドTVに採用されたあと、序々に普及していった。

 このHDMI 2.1は、より低い価格のTVで、対話的なグラフィクス・ゲームを快適にプレーできるようにする。

 このHDMO 2.1は、展開の初期の段階にあるが、ATSC 3.0(別名NextGenTV)チューナーを内蔵したTVが発表されるにつれて、その存在が知られるようになった。

 2021年のCES 2021のテーマは、ハイエンドのTV技術を、メインストリームに絞り込むことである。

 LGは、QNED TVを発表し、Sonyは、2021 TVラインナップを発表した。

2.ラップトップ、Chromebook、および、デスクトップPC

 PCの分野は、現在のような状況において、特に、ラップトップの人気が、大幅に上昇することが期待されている。

 Dell、Lenovo、HP、Asus、および、Acerのような、メーカは、新たなラップトップを、CES 2021で紹介するだろう。

 ゲーム機から、商用のPCまで、CES 2021では、さまざまなPCが、デビューするだろうが、最も多いのは、現在の状況において、必要とされている、ラップトップだろう。。

 事実、筆者らは、既に、LG Gramラップトップや、Smansung Galaxy Chromebook 2に関する発表を見ている。

 オンラインで開催される、CES 2021の訪問者は、ラップトップだけでなく、関連する、ガジェット、アクセサリ、および、オプション・デバイスが、紹介されることを、期待しているだろう。

 家で仕事をしたり、オフィスで仕事をしたりすることは、すぐになくなることはないので、多くの企業は、デジタル変革するようになってきた。

 PC用のプロセッサの分野では、IntelとAMDが、競争しており、Nvidiaは、ゲーミングPC用の、グラフィクス処理プロセッサ(GPU)を、CES 2021で紹介する。

 また、CES 2021では、ゲーミングPC向けの、高速プロセッサ、AMD Ryzenに関する、AMDの基調講演が、スポットライトを浴びている。

 「AMDのCES 2021での基調講演」のビデオ

    (続く)

デル株式会社

2021年1月14日 (木)

CES 2021に期待すること:自動運転車、電気自動車(EV)、そして、心を読むバイク?(2)'21.01.14

【CES 2021に期待すること:自動運転車、電気自動車(EV)、そして、心を読むバイク?(2)】'21.01.14

 自動車の世界は、世界的に有名な自動車ショーの影が薄くなり、CESで、新しい自動運転車や電気自動車(EV)が、披露されるようになってきた。2020年12月30日。

 By Jeremy Kaplan、digital trends

 世界最大のガジェット・ショーである、CES(Consumer Electronics Show)は、世界最大の自動車ショーの1つになり、数10社の自動車メーカや、アクセサリー・メーカが、最新の製品を披露するようになった。

 過去数年間、CESでは、自動運転車、自律型トラクター、未来的な自律型バスなどのデモに驚かされてきた。

 また、大手技術企業の、何社かが、自動車の世界に、暫定的に、足を踏み入れてるのを見てきた。

 今回、オンラインで開催される、CES 2021では、自動車関連の、どの様な話題が紹介されるのだろう?

    (続き)

2.電気自動車

 昨年、筆者は、Faraday Future FF91のハンドルを握ってことがあった。

 Faraday Future FF91は、停止状態から時速60マイルまで、2.3秒で加速できる、1000馬力を超える、全電気式のスポーツカーである。

 昨年のCES 2020で、話題になったのは、Sonyの電気コンセプト・カー、「Vision-S」に関するものもあった。

 2020年8月に、Sonyが、実際に、この電気コンセプト・カー、「Vision-S」の、ロードテストを実施していることが明らかになった。

 「Sonyの電気自動車のコンセプト・カー「Vision-S」の公道での走行テスト」の紹介ビデオ

 今回の、オンラインで開催される、CES 2021では、Sonyから、電気自動車ビジネスに関する、何らかの発表があることが期待される。

 「Sonyの電気自動車、VISOON-Sの進捗状況の紹介」ビデオ

 2021年の初めに、筆者らは、ゼロから設計された、Hyundaiの電気自動車の、「E-GMP」プラットフォームについて記事を書いた。

 Hyundaiは、以前、2021年の「E-GMP」プラットフォームの発売に先立ち、最終的に、いくつかの具体的な詳細を提供した。

 また、筆者らは、2020年8月に、「loniq」と呼ばれる、新しいEVブランドの、Hyundaiの計画について学んだ。

 GMのMary Barra氏は、CES 2021で、基調講演を行い、トラックにおける、電気自動車(EV)技術を紹介する予定のようだ。

3.心を読むバイク

  筆者は、オンラインで開催される、CES 2021において、ホンダが、心を読むバイクに取り組んでいるという、話題に期待している。

デル株式会社

2021年1月13日 (水)

CES 2021に期待すること:自動運転車、電気自動車(EV)、そして、心を読むバイク?(1)'21.01.13

【CES 2021に期待すること:自動運転車、電気自動車(EV)、そして、心を読むバイク?(1)】'21.01.13

 自動車の世界は、世界的に有名な自動車ショーの影が薄くなり、CESで、新しい自動運転車や電気自動車(EV)が、披露されるようになってきた。2020年12月30日。

 By Jeremy Kaplan、digital trends

 世界最大のガジェット・ショーである、CES(Consumer Electronics Show)は、世界最大の自動車ショーの1つになり、数10社の自動車メーカや、アクセサリー・メーカが、最新の製品を披露するようになった。

 過去数年間、CESでは、自動運転車、自律型トラクター、未来的な自律型バスなどのデモに驚かされてきた。

 また、大手技術企業の、何社かが、自動車の世界に、暫定的に、足を踏み入れてるのを見てきた。

 CES 2021では、何が紹介されるのだろう?

1.自動運転車

 過去数年間、筆者らは、多くの企業の自動運転車技術をテストしてきた。

 昨年のCES 2020で、筆者は、バックパックよりも小さなボックスに収まる、いくつかのチップ、QualcommのSnapdragon Rideを搭載し、カメラ、通信システム、および、ナビゲーション・システムを結合し、ソフトウェア・スタックを組み込んだ、自動運転のカスタム「Lincoln MKZ」車で、ラスベガスを周回していた。

 2018年に、筆者らは、Aptivを搭載した、Lyftに乗ったが、極めて退屈な経験だった。

 筆者が、把握している範囲で、2018年に、自動運転車の開発に取り組んでいた企業は、20社以上あった。

 この自動運転技術の背後にある、大手技術ブランド、特に、「Nvidia」と「Qualcomm」、および、自動車メーカ自身からの発表に注目しよう。

 「Nvidia」は、Armを買収したことで、ARMアーキテクチャのプロセッサの知的所有権を管理できるようになる、GPU(グラフィクス処理ユニット)を得意とする、半導体メーカであり、「Qualcomm」は、特に、スマートフォン、タブレット、車載システム、および、IoT対応デバイスなど向けの、ARMアーキテクチャのプロセッサを開発し、製造している、半導体メーカである。

 CES 2021では、電気自動車(EV)のスタートアップに関する、追加的な情報にも、期待している。

 「Mercedes」は、「hyperscreen」と呼ばれる、コックピット用ディスプレイを紹介するようだ。

Dt1a_20210113144701


 この「hyperscreen」は、コックピット用のラップアラウンド・デジタル・ディスプレイであり、Mercedesによると、このディスプレイは、高い学習能力を備えているという。

 「MBUX-Hyperscreenディスプレイの紹介」ビデオ

 自動運転車の車載システムに搭載される、プロセッサ、オペレーティング・システム、組み込まれる、音声対応デジタル・アシスタント、および、カメラや各種センサーなどの部品を供給する、パートナーのベンダも、自分たちの製品や技術を披露するだろう。

    (続く)

 <コメント>

 CES 2021で紹介される、自動運転の技術レベル(レベル0の運転自動化なし、レベル1の運転支援、レベル2の部分運転自動化、レベル3の条件付運転自動化、レベル4の高度運転自動化、レベル5の完全運転自動化)は、どのようだろう?

デル株式会社

2021年1月 8日 (金)

CES 2021と、その前後に、紹介されることが、期待されている、モバイル分野の製品や技術には、Galaxy S21、フォルダブル、および、5Gがある。(2)'20.01.08

【CES 2021と、その前後に、紹介されることが、期待されている、モバイル分野の製品や技術には、Galaxy S21、フォルダブル、および、5Gがある。(2)】'20.01.08

 オンラインで開催される、CES 2021ショーと、その前後に、紹介されることが、期待されている、主なモバイル分野の製品や技術には、「Galaxy S21スマートフォン」、「フォルダブル・デバイス」、および、「5G移動通信システム」がある。2021年1月4日

 By Andrew Martonik、digital trends

 CES 2021のオンラインでの開催が、近づいている。

 コンベンション・センターで開催された、2020年の、CES 2020は、来場して、実際の展示を見る、エレクトロニクスや情報機器などの新製品を紹介する、ショーであった。

 今回のCES 2021は、オンラインで、仮想的に開催され、代表的なベンダが、多くの新製品やコンセプトを紹介する。

 通常のCESでも、最大のヘッドラインや、注目を集める発表は、ショーの開催期間ではなく、ショーの前後に行われている。

 しかし、すべてのショーが、オンラインで、仮想的に開催される、CES 2021では、さらに、重要な発表は、このショーの前後に行われるだろう。

 代表的なベンダは、コンベンション・センターのブースを借りて、製品やコンセプトを披露する、実際のショーと比較して、公式なCES仮想プラットフォームに、製品やコンセプトを紹介することに、あまり魅力を感じていない可能性がある。

     (続き)

3)最新のウェアラブル・デバイス

 CESでは、通常、新しいウェアラブル・デバイスは、新しいスマートフォンよりも、沢山、紹介されているが、2021年は、オンラインの仮想イベントに、切り換えられられ、どれぐらいの数のウェアラブル・ブランドが、CES 2021で、新製品を発表するかどうかは不明である。

・「Fossil」は、CESで、数年間大きなプレーヤであるが、Kate Spade Scallop 2から、Diesel On Fadelite X Mad DogJonesの特別版の、スマートウォッチまで、すべてをLas Vegasで紹介するようだ。

Dt0d_20210108140401


 Fossilは、CES 2021の公式参加者リストに含まれていないので、LTEを搭載した、このブランドのスマートウォッチの噂にも関わらず、あまり注目されないかも知れない。

・「Amazfit」は、CES 2021の公式参加者リストに登録されており、昨年は、T-Rexスマートウォッチを含む、多くのことが明らかになった。

 Amazfitは、最近、GTR 2とGTS 2を発売しているので、他の主要な発表には、時期尚早かもしれない。

・「Garmin」も、CES 2021に、公式に参加しており、スポーツに焦点を当てた、新しいウェアラブル・デバイスを発売する可能性がある。

 CES 2020で、ScanWatchを紹介した、Withingsは、CES 2021の公式参加者として登録されておらず、FitbitやMobvoiも、CES 2021の公式参加者として登録されていない。

 CES 2021に、公式参加者として登録していない、ウェアラブル・デバイス・ベンダは、CES 2021が終了するまで、自分たちで、新しいウェアラブル関連製品を披露するのを待つ可能性もある。

4)5G移動通信システム

 5G移動通信システムについて言及していない製品を、CES 2021のコーナーで、見つけることは、難しいだろうが、その議論は、明らかに、モバイル分野に焦点を当てている。

 2021年に、小売価格が、200ドルを超える、ほとんどのスマートフォンは、次世代の5Gの接続性を備えるだろう。

 筆者らは、移動通信ネットワーク基盤と通信事業者側からの5Gの展開、および、スマートフォン以外の業界の他の部分への影響についても、注目している。

Dt0e_20210108135801


 米国と、世界中の通信事業者は、Sub-6スペクトルの有用性のおかげで、強固な5Gのフットプリントを持っているが、それでも、5Gが、普及するのには、まだ、時間がかかるだろう。

 通信事業者と、通信基盤とデバイス・コンポーネントの両方における、パートナーは、5Gを展開し、一般のユーザが、ユビキタスな方法で、利用できるようにするために連携している。

 これは、動的なスペクトル共有、新しいタワー・コンポーネント、および、セル・サイト展開のマイルストーンを備えた、ネットワーク側での、新技術の継続的な展開を意味する。

 5G市場の成長は、最新版の5G移動通信技術を搭載した、デバイスが増えたことによるものでもあり、これらのデバイスは、さらに効率的で、クロスネットワーク互換になり、以前よりも、低価格で利用できるようになる。

 これらはすべて、パズルのピースの、小さなアナウンスの形で、オンラインで開催される、CES 2021ショーに登場するが、2021年には、5Gが、より魅力的なものになることが、期待される。

 オンラインで開催される、CES 2021ショーでは、5G関連技術における、さまざまな改善が、見られるだろう。

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2