Digital Trends

2020年12月 3日 (木)

Echo Show 5が、たった45ドルで販売されている。'20.12.03

【Echo Show 5が、たった45ドルで販売されている。】'20.12.03

 Amazonのサイバー・マンデーの、大幅値引きで、スマート・ディスプレイ、Echo Show 5が、45ドルで販売される。2020年12月1日

Dt1a_20201203204401

 By Nishka Dhawan、digitaltrends

 Amazonは、サイバー・マンデーに、いくつかの製品を、大幅に値引きして、販売する。

 消費者は、現在、Amazonのスマート・ディスプレイ、「Echo Show 5」を、本来の90ドルから、45ドル値引きして、45ドルで購入することができるようになる。

 今回、45ドルで購入できるように、値引きされた、AmazonのEcho Show 5は、スマート・ホーム・デバイス用のハブとして、利用できる、初めて、スマート・ホーム・デバイスを使用する、ユーザ向けの、エントリー・デバイスとして最適である。

 ただし、45ドルで、今年中に購入できる、消費者の数は、限定されており、来年にならないと、入手できないかも知れない。

 Echoデバイス・シリーズは、現在のスマート・ホーム・デバイス市場で、最良のスマート・ホーム・ガジェットである。

 今回のサイバー・マンデーは、今年、AmazonのEchoデバイスを、最も安く、購入できる、最後の機会の1つである。

 今回、Echo Show 5は、50%オフで販売されており、2021年の1月までに、入手できるようになる。

 50%オフで、早めに、Echo Show 5を手に入れたい、消費者は、直ぐに、注文しよう。

 Echo Show 5は、あらゆることに利用できる、エンターテインメント・バブになる、5.5インチの画面を持つ、スマート・ディスプレイである。

 ユーザは、Echo Show 5を使用して、家族や友達とつながったり、毎日の予定表を管理したり、ストリーミング・ビデオを見たり、できるようになる。

 ユーザは、Echo Show 5に、自分の気に入ったデザインの時計を表示して、時計として、使うこともできるので、通常の時計を必要としない。

 他のEchoデバイスと同様に、Echo Show 5には、Amazon Alexaデジタル・アシスタントが、組み込まれており、ユーザは、ハンズフリーで、音声コマンドでも、Alexa対応スマート・ホーム・デバイスを操作できるようになる。

 例えば、ユーザは、Alexaデジタル・アシスタントに、スマート照明を、オンオフしたり、好みのラジオ放送局を選局したり、友人や家族とビデオ通話したり、できるようになる。

 ユーザは、スマート・ディスプレイのスクリーンに、気に入った写真やビデオを表示して、例えば、フォト・フレームとして、使うこともできる。

 また、ユーザは、スマート・ディスプレイで、自分の友達や家族と、気に入った思い出を共有することができるようになる。

 Echo Show 5デバイスには、カメラやマイクも付いているので、ビデオ・チャットや、家庭用の監視カメラとしても、利用できるが、Amazonは、プライバシー制御機能を、このデバイスに持たせているので、誤って、家庭の状況をスパイされることはない。

 また、Amazonは、Echo Show 5デバイスのセキュリティも、強化しているので、共有されたくない、コンテンツやデータが、外部に漏れる、心配もない。

 初めて、スマート・ホーム・デバイスを、スマート・ディスプレイで、操作したいユーザは、この機会に、45ドル値引きされ、45ドルになった、Echo Show 5を、購入しよう。

 ユーザは、友だちや、家族用にも、Echo Show 5を、まとめて購入することもできる。

 ユーザは、コロナウィルスのパンデミックの状況において、社会的距離のガイドラインに従って、友だちや家族と、ビデオ・チャットや、ビデオ会議といったアプリで、つながりを維持することができる。

 ユーザは、このEcho Show 5デバイスを使用して、Alexaデジタル・アシスタント対応のスマート・ホーム・デバイスに接続して、音声コマンドで、操作することもできるようになる。

 初めての、スマート・ホーム・デバイスのユーザでも、比較的容易に、セットアップできるので、すぐに、Alexa対応スマート・ホーム・デバイスを、音声コマンドで、ハンズフリーでも、操作できるようになる。

 「AmazonのEcho Show 5の紹介」ビデオ

デル株式会社

2020年11月18日 (水)

2020版のHP Spectre x360 15のレビュー '20.11.18

【2020版のHP Spectre x360 15のレビュー】'20.11.18

 2020年版のHP Spectre x360 15は、強力なパワーを持ち、より小さな筐体に、より大きく、鮮明に見える、ディスプレイを特徴にしている。2020年10月8日

 By Mark Coppock、digital trends

 筆者は、2020年版のHP Spectre x360 15をレビューした。

Dt4a_20201118205101


 2020年版のHP Spectre x360 15は、多くのパワーを持ち、より小さな筐体に、より大きく、鮮明に見える、ディスプレイを特徴にしている。

・15インチの小さな、2-in-1
・洗練されたデザイン
・入力しやすい、キーボード
・見やすいOLEDディスプレイ
・クリエーティブなアプリの利用に適した性能

・平均小売価格:14万ドル

 2020年版のHP Spectre x360 15は、以前の機種よりも、小さくした、蝶番を360度回転できる、2-in-1ラップトップである。

 また、この2-in-1ラップトップは、強力なコンポーネントや、OLEDディスプレイの、オプションを持っている。

 筆者は、次の仕様を持つ、ハイエンド・モデルのレビューを実施した。

・第10世代の、6コアの、Intel Core i7-10750H CPU
・16GBのRAM
・1TBのソリッド・ステイト・ドライブ(SSD)
・Nvidia GeForce GTX 1650 Ti Max-Q
・4K OLEDディスプレイ

 この構成の、2020年版の、HP Spectre x360 15は、HP.comで、1850ドルで、販売されている。

 このHP Spectre x360 15は、15インチのスクリーンを持つ、柔軟で、高性能で、軽い、2-in-1ラップトップを望んでいる、クリエーティブな専門家向けに、作成されている。

 HP Spectre x360 15のデザイン

 HPは、2019年に、提供されていた、Spectre x360 13の、余分な部品を、削ったり、小さな部品を使用したりして、より軽くて、より小さくした。

 また、HPは、Spectre x360 13のベゼルを狭くして、スクリーンの割合を、全体の90%にした。

 2020年初旬に、HPは、2019 Spectre x360 15と同様に、15インチの2-in-1を、より軽くし、より小さくした。

 HPは、スクリーンの、本体に対する比率を、90%にすることで、前機種よりも、小さくした。

 筆者は、2020年版の、Spectre x360 15のサイズのスクリーンを持つ、この小さな、2-in-1を気に入っている。

 ただし、2020年版のSpectre x360 15の厚みは、0.79インチであり、2019年版のSpectre x360 15の厚みは、0.75インチであり、Dell XPS 15の厚みは、0.71インチであり、2020年版のSpectre x360 15が、この中では、最も、厚みがある。

 15インチのサイズのスクリーンを持つ、2-in-1ラップトップが欲しい、ユーザは、薄いタブレットとして、使用できることを、特に、望んでいる訳ではなく、持ち歩くことができるよう、軽くて、頑丈に作られていることを、望んでいる。

 HPは、2020年版のSpectre x360 15の、2-in-1ラップトップを、より軽くて、頑丈にできるよう、部品を減らしたり、より小さな部品を使用したりすると共に、アルミ製の筐体でを採用した。

 Spectre x360 15、2-in-1ラップトップの筐体は、頑丈な、アルミで出来ており、たわんだり、曲がったり、ねじれたりすることはないようだ。

 Spectre x360 15、2-in-1ラップトップは、現在、存在する、2-in-1ラップトップの中で、最も、堅牢なラップトップの1つである。

 このSpectre x360 15、2-in-1ラップトップの蝶番は、硬いので、蝶番を開閉する時に、少し力が必要で、両手を使用するだろう。

 ただし、極めて、頑丈にできており、何回開閉しても、十分な耐久性がある。

 ユーザは、このSpectre x360 15、2-in-1ラップトップは、360度回転できる、蝶番を持ち、スクリーンを開閉することで、目的に応じて、ノートPC、テント、スタンド、タブレットといった、さまざまな型にして、使用することができるようになる。

 例えば、ユーザは、メールを書いたり、メモを取ったり、キーボードを使用する時は、ノートPC型にしたり、ストリーミング・ビデオを見るときは、テント型にしたり、スタイラスペンで、描画したりする時は、タブレット型にしたりすることができる。

 Spectre x360 15、2-in-1ラップトップは、さまざまなデバイスとの接続性も強みである。

 Spectre x360 15、2-in-1ラップトップの、左側にはフルサイズのHDMI2.0ポートと3.5mmオーディオ・ジャックがあり、右側に、Thunderbolt 3を搭載した、USB-Cポート、USB-A 3.1ポート、microSDカード・リーダがある。

 無線接続は、Wi-Fi 6とBluetooth 5.0を介して行われる。

 性能

 Spectre x360 15は、クリエイティブな専門家をターゲットとして、提供されている、もう1つのラップトップであるが、他の15インチのノートPCほど、クリエイティブな性能を重視していない。

 DellのXPS15や、HPのEnvy15は、より高速なCPU(および、Envy 15の場合はGPU)、より多くのRAM、および、より多くのストレージを提供する。

 基本的に、Spectre x360 15は、高性能の2-in-1であるが、今日の最速の15インチのクラムシェル・ノートPCと同じクラスではなく、携帯性を重視した、モバイル・ユーザ向けの、2-in-1ラップトップであり、コンパクトだが、見やすい、15インチの、大きなディスプレイ、頑丈さ、軽さを特徴にしている。 

デル株式会社

2020年11月 8日 (日)

2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(5)'20.11.08

【2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(5)】'20.11.08

 インフォテインメント・システムは、新しい車の心臓部である。2020年10月1日

Dt2a_20201108161201

 By Stephen Edelstein、digital trends

 ブランド固有の、ユーザ経験を提供するために、最良のインフォテインメント・システムを作成するのに、各メーカの、インフォテインメント・システムは、少しづつ異なっている。

 どの自動車メーカが、最良の、インフォテインメント・システムを持っているのだろう?

 現在、完璧なユーザ経験の提供に期待するのは、まだ早いだろう。

 インフォテインメント・システムは、自動車メーカの、ニューフロンティアである。

      (続き)

9)Tesla Model 3

Dt2f_20201108154101


 Tesla Model SとModel Xのインフォテインメントのセットアップは、マッスルカーのボンネットの下に、巨大なV8エンジンを詰め込むのと同じであり、理論的には、大きいほど良いということである。

 すべての機能が、大画面のスクリーンを必要とするわけではないが、どちらの車も、ほぼすべての制御機能を、17インチのタッチスクリーンに依存している。

 Teslaは、インフォテインメント・システムのオーディオに、高度なノイズ除去技術を使用し、音声による、システムの操作の精度も、向上させている。

 Tesla Model 3で、テスラは、従来のゲージ・クラスターも排除し、すべてに、中央スクリーンを使用した。

 Teslaは、また、無線ソフトウェア・アップデートを可能に、必要に応じて、ソフトウェアを、最新の状態に、維持できるようにしている。

10)Volvo Sensus

Dt2g_20201108154201


 Volvo Sensusを使用すると、通話とそのすべてのメディア・システムを、完全に制御できるようになる。

 このインフォテインメント・システムの最新世代は、ほとんどの車載システムとは異なり、ポートレート・モードで方向付けられた、タブレットのようなタッチスクリーンを使用している。

 鮮明で高品質のグラフィックを搭載し、設置されている、Volvoのダッシュボードに、シームレスに溶け込む。

 また、高機能にも関わらず、Volvo Sensusは、理解しやすく、習得するのが、さらに快適である。

 タッチパッドには、ドアをロックしたり、車のヒーターを始動したり、車の目的地を計画したりする機能があり、スマートフォンからでも、操作することもできる。

 Volvoは、Apple CarPlayとAndroid Autoを統合した、最初の自動車メーカの1社であり、その新しい車には、組み込みのWiFiホットスポットのメリットがある。

 Volvoは、今後、数年間で、インフォテインメント・システムを、大幅にオーバーホールする予定であり、新しいデザインは、Androidベースになるようだ。

 また、Volvoの子会社である、Polestarも、同じ新しいシステムを使用するという。

デル株式会社

2020年11月 3日 (火)

2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(4)'20.11.03

【2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(4)】'20.11.03

 インフォテインメント・システムは、新しい車の心臓部である。2020年10月1日

 By Stephen Edelstein、digital trends

 ブランド固有の、ユーザ経験を提供するために、最良のインフォテインメント・システムを作成するのに、各メーカの、インフォテインメント・システムは、少しづつ異なっている。

 どの自動車メーカが、最良の、インフォテインメント・システムを持っているのだろう?

 現在、完璧なユーザ経験の提供に期待するのは、まだ早いだろう。

 インフォテインメント・システムは、自動車メーカの、ニューフロンティアである。

    (続き)

7)Kia UVO

Dt2f_20201103154501


 親会社のHyundaiのように、Kiaは、インフォテインメント・システムに、賢明なアプローチを取っている。

 自動車メーカ、Kiaの「UVO」システムは、タッチ・スクリーンと、アナログ・コントロールのバランスが取れているため、どのような技術的なスキルのレベルのドライバーでも、簡単に、操作することができる。

 一部のモデルでは、「Apple CarPlay」と「Android Auto」が利用可能であり、「Amazon Alexa」との互換性もある。

8)Mercedes-Benz MBUX

Dt2g_20201103154601


 Mercedes-Benzという名前は、限りない贅沢のイメージを呼び起こすかもしれないが、自動車メーカ、Mercedes-Benzの、最高のインフォテインメント・システムは、より質素なエントリー・レベルのモデルに端を発しています。

 Mercedes-Benzは、「MBUX(Mercedes-Benz User eXperience)」と呼ばれる、対話型インフォテインメント・システムを、関連するCLAおよびGLBコンパクト、および、より高価なモデルに移行する前に、Aクラスでデビューさせた。

 Mercedes-Benzの対話型インフォテインメント・システム、「MBUX(Mercedes-Benz User eXperience)」は、かつてないほどの使いやすさを、実現させていた。

 「MBUX(Mercedes-Benz User eXperience)」は、自動車アプリにおいて、自然言語での会話に、実際に確実に応答できる、音声対応デジタル・アシスタントを採用している。

 エントリー・レベルのモデルの1つであろうと、より洗練されたモデルであろうと、スクリーンのグラフィックは、適切に設計されており、シャープで個性的である。

 Mercedesは、Apple CarPlayとAndroid Autoの両方との、互換性を提供する。

    (続く)

デル株式会社

2020年11月 2日 (月)

2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(2)'20.11.02

【2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(2)】'20.11.02

 インフォテインメント・システムは、新しい車の心臓部である。2020年10月1日

 By Stephen Edelstein、digital trends

 ブランド固有の、ユーザ経験を提供するために、最良のインフォテインメント・システムを作成するのに、各メーカの、インフォテインメント・システムは、少しづつ異なっている。

 どの自動車メーカが、最良の、インフォテインメント・システムを持っているのだろう?

 現在、完璧なユーザ経験の提供に期待するのは、まだ早いだろう。

 インフォテインメント・システムは、自動車メーカの、ニューフロンティアである。

   (続き)

3)Chevrolet MyLink

Dt2c_20201102115101


 「Chevrolet」の「MyLink」は、大きくて読みやすいアイコンとテキスト、および、適切な量のアナログ・コントロールを備えている。

 同じ基本設定が、「General Motors(GM)」の仲間のブランドである、BuickとGMCの、IntelliLinkシステムで使用される。

 直感的なユーザ・インターフェイスは、GMの主力ブランドである、「Cadillac」が、より複雑なCUE(Cadillac User Experience)システムとのマッチングに苦労している。

 「Apple CarPlay」と「Android Auto」は、すべてのブランドで利用でき、事実上、すべてのGM車は、最大7台のデバイスをサポートすることができる、Wi-Fiホットスポットが組み込まれている。

 GMは、最近、「Amazon Alexa」デジタル・アシスタントとの互換性を、車に追加し始めた。

 MyLinkを搭載した車は、ダッシュボードから、レストランを予約したり、最寄りのガソリン・スタンドを見つけたり、GMマーケットプレイスを使用したり、することもできる。

4)Chrysler Uconnect

Dt2d_20201102115101


 「Chrysler」の「Uconnect」は、非高級車で利用できる、最高のシステムの1つであるが、最高の経験を得るには、トップ・バージョンを入手する必要がある。

 ChryslerのUconnectには、通常、8.4インチのタッチスクリーンが搭載されるが、Ramピックアップ・トラックには、12.0インチの縦向きのスクリーンが搭載される。

 Uconnectは、読みやすいグラフィック、論理的な音声コントロール、および、応答性の高いタッチスクリーンを特徴とし、Apple CarPlayかAndroid Autoを搭載することができる。

 しかし、Chryslerは、Dodgeマッスルカーの「パフォーマンス・ページ」アプリや、「Chrysler Pacifica」ミニバンの、後部座席のエンターテインメント・システムを統合する機能など、モデル固有の機能も、利用できるようにする。

    (続く)

デル株式会社

2020年11月 1日 (日)

2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(1)'20.11.01

【2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(1)】'20.11.01

 インフォテインメント・システムは、新しい車の心臓部である。2020年10月1日

 By Stephen Edelstein、digital trends

 ブランド固有の、ユーザ経験を提供するために、最良のインフォテインメント・システムを作成するのに、各メーカの、インフォテインメント・システムは、少しづつ異なっている。

 どの自動車メーカが、最良の、インフォテインメント・システムを持っているのだろう?

 現在、完璧なユーザ経験の提供に期待するのは、まだ早いだろう。

 インフォテインメント・システムは、自動車メーカの、ニューフロンティアである。

 車を運転するときの、ドライバーは、車の前方に、注意を集中する必要があるため、インフォテインメント・システムの、ユーザ・インタフェースを、極めて、シンプルにする必要がある。

 ドライバーは、視点を、前方に集中させ、ハンドルに載せた手を、操縦に、最優先させる必要がある。

 しかし、現在のインフォテインメント・システムは、ドライバーが、運転中に、操作するのに、まだ、手間がかかる。

 筆者は、さまざまな自動車メーカの、さまざまな価格の、代表的な、インフォテインメント・システムを紹介する。

 インフォテインメント・システムの、あらゆる機能は、標準ではないことを、覚えておこう。

 ユーザは、次の車を購入する場合、これらの代表的な、インフォテインメント・システムをチェックしよう。

1)Audi MMI

Dt2b_20201101212201

 Audiの車に、搭載される、インフォテインメント・システムの、マンマシン・インタフェース(MMI)は、うまく設計されていて、使いやすい。

Dt2a_20201101211401


 AudiのMMIは、ロータリー・コントローラを特徴にしている。

Dt2b2


 また、AudiのMMIには、手書きを認識できる、タッチパッドも、含まれる。

 Audiは、MMIとして、タッチパッドや、タッチスクリーンで、できた、「仮想コックピット・ディスプレイ」を提供している。

 この「仮想コックピット・ディスプレイ」は、デジタル・スピード・メータから、「Google Map」の衛星画像まで、すべての、モノを表示できる、インストルメント・クラスタに代わるものである。

 「Apple CarPlay」と「Android Auto」は、新しい、Audiモデルの殆どで、利用できるようになる。

 最近、Q8や、すべて電子化された、E-Tronのような、モデルで、Audiは、殆どのアナログ制御に加え、デュアル・タッチ・スクリーンを採用した。

 「AUDI MMI Android Autoの紹介」ビデオ

2)BMW iDrive

 BMWは、包括的な、インフォテインメント・システムを提供する、最初の自動車メーカの1社である。

 iDriveシステムは、最良の、インフォテインメント・システムの一つである。

 BMWは、ドライバーが、さまざまなメニュー、および、サブメニューをナビゲートするのを支援する。

 あらゆる、All BMWモデルは、各モデルの標準ではないが、「Apple CarPlay」を提供する。

自動車のメーカは、2016年以来、最初の年間使用料で、無線で、「Apple CarPlay」を提供してきた。

 BMWは、Android Autoを採用せず、新しい「iDrive 7」インフォテインメント・システムを採用した、2021年モデルの無線版を、利用できるようにした。

 いくつかのBMWのモデルは、ドライバーが、手のジェスチャーで、オーディオのボリュームを調節したり、電話にでたり、できるようにしている。

 BMWのインフォテインメント・システムは、2021年に、5G接続を、サポートすることが、計画されている。

  (続く)

デル株式会社

2020年10月30日 (金)

Teslaが、完全自動運転車のベータ版を紹介した。 '20.10.30

【Teslaが、完全自動運転車のベータ版を紹介した。】'20.10.30

 Teslaは、完全自動運転車のベータ版を紹介したが、同乗した、人間のドライバーに、車の動きを監視するよう、警告している。2020年10月25日

Dt3a_20201030211701

 By Georgina Torbet、digital trends

 Teslaは、特定のTeslaの所有者が、「Autopilot」ソフトウェアの、次のフェーズを経験できるようにする、ベータ版の「完全自動運転(FSD:Full Self-Driving)」機能をデビューさせた。

 ただし、「完全自動運転(FSD)」機能を組み込んだ、Teslaの車載システムは、自動運転車に同乗した、人間のドライバーが、自動運転車の動きを、監視していない場合、ドライバーに車の動きを監視するよう警告する。

 例えば、人間のドライバーは、自動運転中にも、ハンドルから手を放したり、注意を怠ったりすると、Teslaの車載システムから警告される。

 Teslaは、自動運転車のシステムを、アップデートし、以前の自動運転支援機能を拡張したが、完全自動運転の完成度は、まだ、十分ではないようで、既存の車と同様に、車の品質は、メーカが、責任を持ち、運転は、ドライバーが、責任を持つようになるようだ。

 「The Drive」と呼ばれる、Teslaの自動運転車の車載システムは、高速道路を運転するための、「自動運転のナビゲート」機能を、組み込んでいるという。

 このTeslaの自動運転車の車載システムは、曲がったり、交通信号に従って停止したり、他の車、歩行者、障害物などに、衝突しないようにしたりすることを含み、2点間の、予め定義された、ルートに従うといった、複雑な、自動操作を実行できるようだ。

 Teslaのオーナーの、Silicon Valley Twitterアカウントにより、共有された、ソフトウェアのインターフェースのイメージは、システムや警告の、より詳細を提供する。

 共有される、ソフトウェアのインタフェースのイメージは、システムと警告の詳細を提供する。

 Teslaによると、この「完全自動運転」システムは、まだ、ベータ版の段階にあり、さらに、注意して、使用する必要があるという。

 この「完全自動運転」システムは、最悪の場合、誤動作する可能性があるので、人間のドライバーは、ハンドルから手を離したり、車の、特に、前方に、注意を払うことを、怠ったりしてはいけない。

 今日、人間のドライバーが、同乗することなく、完全に自律して、自動運転できる、実用車は、まだない。

 今日、購入できる、最も先進的な、自動運転車の技術は、ドライバーに補助機能を提供し、人間のドライバーに、注意を払うよう、要求する。

 また、自動運転車は、車の周囲の状況を監視して、ドライバーを支援する。

 「Teslaの完全自動運転車の紹介」ビデオ

 米国の、すべての州は、従来の車と同様に、自動運転車の、安全な運転において、ドライバーに責任を持たせ、車の品質において、メーカに責任を持たせている。

 Teslaのドライバーは、以前、自動運転車で、自動運転のテスト中に、車の前方や周囲ではなく、自分のスマートフォンに、注意を集中していた時に、車をクラッシュに導き、致命的な事故を起こしていた。

  デル株式会社

2020年10月28日 (水)

2020年に、中小企業に、ベストなタブレット(2)'20.10.28

【2020年に、中小企業に、ベストなタブレット(2)】'20.10.28

 新たな、Samsung Galaxy Tab S6タブレットのレビュー、2020年10月1日

Dt7a_20201028211701

 By Jackie Dove and Paula Beaton、digitaltrends

 タブレットは、中小企業向けに、強力なツールになり得る。

 タブレットの大きなスクリーンは、デモ、グラフ、イメージ向けに、理想的であり、また、持ち運び易いことが、タブレットを、ラップトップよりも、便利にする。

 また、他の従業員、あるいは、顧客と、情報を共有するために、ユーザは、しばしば、大きなスクリーン画面を必要にしているのなら、タブレットは、理想的な選択である。

 タブレットに投資する前に、ビジネスに必要な、機能を提供するかどうか、確認してみよう。

    (続き)

 ユーザは、自分たちの、コンピューティングの要件のリストを作成して、自分たちの会社のニーズに適合する、さまざまな、タブレットのモデルを評価しよう。

 ユーザは、自分たちの会社の作業に、最も適した、タブレットを購入する前に、筆者らが作成した、今日の市場における、最良のタブレットのリストや、推奨のリストをチェックしよう。

1.Samsung Galaxy Tab S7

Dt7b_20201028211801


 SamsungのGalaxy Tab S6タブレットは、10.5インチのスーパーAMOLEDスクリーンや、Qualcomm Snapdragon 855プロセッサを搭載しているが、筆者らは、Galaxy Tab S7タブレットの方を好んでいる。

 Super AMOLEDではないが、より大きな、11インチのスクリーン画面を持つ、Galaxy Tab S7に、Samsungのキーボード・カバーを取り付けて、ラップトップのような形にして、本格的な仕事を行えるようにする。

 Galaxy Tab S7は、前機種と同じ、プロセッサを搭載し、2560 x 1600 dpiの解像度を持つ、スクリーン画面と、6GBのRAMと、128GBのストレージ、あるいは、8GBのRAMと、256GBか512GBのストレージを搭載している。

 また、Galaxy Tab S7には、手書きで、容易に、ノートを作成し、編集できるようにする、S Pen(スタイラスペン)が、添付されている。

 このGalaxy Tab S7は、5G移動通信サービスをサポートし、8000mAhの容量を持ち、高速充電できる、バッテリーを搭載し、ユーザが、移動中にも、外出先でも、ビデオ通話をしたり、仕事のアプリを使用したり、できるようにする。

 このGalaxy Tab S7タブレットは、Amazonで、641ドル、Best Buyで、650ドルで販売されている。

2.Lenovo Chromebook Duet

Dt7c


 Lenovo Chromebook Duet、キーボードを取り外すことのできる、デタッチャブル・タブレットは、MediaTek Helio P60Tプロセッサ、4GBのRAM、および、64GBのストレージを搭載している。

 筆者は、デュアル・トーンの、アイス・ブルーと、アイアン・グレイのデザインを採用し、布地で覆われた、スタンドにもなる、カバーが付いている、Lenovo Chromebook Duetタブレットを気に入っている。

Dt7b2


 このLenovo Chromebook Duetは、8メガピクセルの背面カメラと、2メガピクセルの前面カメラ、および、10.1インチで、1920 x 12000 dpiの解像度のディスプレイを装備している。

 このLenovo Chromebook Duetの、バッテリーの寿命は、一般的な使用方法で、1回の充電で、約10時間である。

 筆者にとって、本体から、取り外すことのできる、デタッチャブル・キーボードは、タイプ入力しやすいと感じた。

 Lenovo Chromebook Duetには、スタイラスペン(USIペン)が、無料で、添付されておらず、約40ドルで、別売されている。

 ユーザが、ラップトップ、または、タブレットとして、利用できる、デバイスを探しているのなら、このLenovo Chromebook Duetは、良い選択肢である。

 このLenovo Chromebook Duetは、Googleアプリのスイートを使用して、仕事をしている、ユーザに、理想的なタブレットである。

 ユーザは、100GBのストレージを利用できるようにする、12カ月の、Google Oneメンバーシップを、無料で得ることができるようになる。

 Lenovo Chromebook Duetは、Amazonで、275ドルで、販売されており、Best Buyで、299ドルで、販売されている。

3.Apple iPad Pro

 ユーザが、Macユーザならば、Apple iPad Proは、現在、利用できる、ベストなタブレットである。

 Appleの、ラインナップは、12.9インチと11インチの、2つの、iPad Proタブレット・スイートのモデルを含む、iPadの選択肢を提供する。

 iPad Pro 11インチのモデルは、Liquid Retina IPSスクリーンを持ち、16681dpiの解像度を持つ、我々の選択肢である。

 ビデオを見るために、理想的な、iOSは、マルチタスクを特徴にしており、バッテリーの寿命は、最大、10時間になる。

 この生産性アプリは、iPadOS 13.4をインストールした場合、iPad Proタブレットを、理想的な、ビジネス・コンパニオンにする。

 これにより、iPad Proタブレットは、ラップトップの代替になる。

 両モデルは、比較可能な仕様を持っており、64GB、256GB、512GB、および、1TBのストレージを持っている。

 殆どのラップトップより、強力な、11インチのモデルは、471グラムの重さがあり、A127 Bionicチップを特徴にしており、8コアの、グラフィクス・プロセッサを搭載している。

 このiPad Proタブレットには、デュアル・カメラ、12メガピクセルのメイン・センサー、および、10メガバイトの広角レンズが、装備されている。

 ユーザは、Smart HDR、最大、60fpsの4Kビデオ録画、5つのマイク、および、Iidarセンサーを得ることができる。

 Face Unlock、Wi-Fi(802.11ax Wi-Fi 6)、Bluetooth 5.0、Face ID、および、Apple Payを持つ、7メガピクセルのTrueDepthの、フロント・カメラがある。

 ユーザは、移動通信サービス接続の、オプションを持つことができる。

 オプションで提供されている、Appleのコンパニオン・ハードウェアには、キーボード(Magic Keyboard)、スタイラスペン(Apple Pemcil)、イヤホン(AirPods)などがある。

 ユーザは、約800ドルの、11インチのiPad Proを、購入できるようになるが、移動通信サービスを利用したいなら、150ドルの、追加料金を払う必要がある。

     (続く)

デル株式会社

2020年10月24日 (土)

CTAは、デジタル・イベント、「CES 2021」を、Microsoftのクラウド・ツールと、プラットフォームを使用して、構築することを計画している。'20.10.24

【CTAは、デジタル・イベント、「CES 2021」を、Microsoftのクラウド・ツールと、プラットフォームを使用して、構築することを計画している。】'20.10.24

 全米家電協会(CTA)は、米国最大の、消費者向けのガジェット・ショーである、「CES 2021」を、オンライン仮想化する。2020年10月19日

Dt3


 By Jeremy Kaplan、digital trends

 Microsoftのクラウドツールとプラットフォームを使用して、全米家電協会(CTA)は、出展者のショーケース、メディア・イベント、会議プログラミング、ネットワーキング・イベントなど、CESに参加する、実際の体験を、よりリアルに体験できるようにする、仮想経験を構築することを計画している。

 CTAは、次回の「CES 2021」のイベントには、「Microsoft Teams」コラボレーション環境、「Azure」クラウド・コンピューティング・サービス、および、アプリ、データ・ダッシュボードなどを構築するために使用できる、データ分析や操作システムである、「Microsoft Power Platform」が、搭載されると発表した。

Dt3a_20201024143801


 CESは、真にグローバルなイベントであり、その規模と視聴者の多様性において、ユニークである。

 CESは、デジタルCESを開催するために、世界中の参加者が、簡単かつ安全に参加できる、プラットフォームを探した。

 Microsoftは、4,000人を超える参加者を対象とした、パートナーサミットを含む、15以上の、大規模な仮想イベントを、既に実施している。

 Appleは、仮想イベントが、いかに洗練されているかを、世界に示してきました。

 Web Summit and Collision会議の背後にいる人々は、これを「技術会議の素晴らしい未来」と呼んでいた。

 全体として、技術の世界は、伝統的に、それを定義するイベントやミートアップを再現することに、取り組んでいた。

 これらの仮想イベントでも、新製品が発売され、新機能が共有され、あらゆる形の商取引が、可能になる。

 「Show Stoppers」や「Pepcom」など、小規模ながらも、重要なショーで、オンライン・プラットフォームが構築されており、最近の「Tech fluence」イベントのように、新しいプラットフォームが、出現した。

 仮想イベントの、いくつかは、他よりも成功している。

 全米家電協会(CTA)は、Microsoftの専門知識が、他よりも、役に立つと考えている。

 「Microsoft Power Platformとは?」紹介ビデオ

 「厳密な評価プロセスの後、技術的な専門知識、グローバルな規模、魅力的なデジタル・イベントの作成経験から、Microsoftを選択した。」とCTAの社長兼CEO、Gary Shapiro氏は述べている。

 Gary Shapiro氏によると、「Microsoftは、グローバルな革新のリーダーであり、CESの長年のサポータであり、全米家電協会(CTA)は、Microsoftと連携して、オンラインの、デジタル・イベント、CES 2021を、世界にもたらすことを楽しみにしている。」

 オンライン対話型の、デジタル・イベント、CES 2021は、2021年1月11日~14日に、開催される。

 2021年1月11日(月)は、メディアのみの独占日となり、1月12~14日は、出展者のショーケースと、会議のプログラムが含まれる。

 登録の受付は、2020年12月1日に開始される。

デル株式会社

2020年10月21日 (水)

Amazonの、新しい仮想教室や、観光旅行が、招待者のみに、提供を開始されてきた。'20.10.21

Amazonの、新しい仮想教室や、観光旅行が、招待者のみに、提供を開始されてきた。】'20.10.21

 Amazonは、Amazon Exploreと呼ばれる、仮想現実プラットフォームに、仮想教室や、観光旅行を、招待者に対して、提供できるようにする。2020年10月3日

Bi1b_20201021214901


  By Business Insider

 Amazonは、Amazon Exploreと呼ばれる、仮想現実プラットフォームに、仮想的な、教室や、観光旅行や、ショッピング経験を、招待者に対して、体験できるようにする。2020年10月3日

 仮想的な、教室、観光旅行、ショッピングといった、体験の提供者は、独自の価格を、設定することができるようになる。

 Amazon Exploreと呼ばれる、プラットフォームは、現在、招待されている人たちを対象に、セッションに参加できるようにする。

 Amazonは、米国の顧客が、インストラクターのいる、仮想教室から、ツアーガイドのいる、仮想ランドマークまで、探索して、選択できるようにする。

 Vergeによると、Amazon Exploreとして知られている、オンライン・プラットフォームは、人々が、特定の話題のビデオを見たり、仮想的な小売店で、オンラインで買い物したりできる場所だという。

Bi0a_20201021215301


 ユーザは、仮想教室や、仮想ランドマークなどの主催者の、インストラクターや、ツアーガイドの顔を、カメラを通して、見ることができ、ラップトップPCやデスクトップPCのマイクを通して、質問したり、答えたり、会話することができるが、主催者は、ユーザの顔を見ることができない。

 主催者は、自分たち独自の価格を設定することができるようになる。

 Amazonによると、仮想観光旅行や、仮想ランドマークなどを主催している会社には、ベルリンのツアーガイド会社の、「Essence of Berli」や「Intrepid Urban Adventures」などがいる。

 仮想的な店舗を運営している、小売店は、顧客が、Amazonの決済システムを通して、商品を購入できるようにする。

 TechCrunchによると、Amazon Exploreプラットフォームには、86種類の、仮想的な、店舗、観光地、教室などが、提供されている。

Bi0e_20201022075601

 参加することを選択した、ユーザは、経験を選択することにより、Amazon Exploreプラットフォームで、日付と時刻を指定して、予約することができる。

 Amazonが、オンラインの仮想経験プラットフォームを提供している、最初の企業ではない。

 宿泊施設を貸し出す人向けのWebサイトであり、世界の、さまざまな都市で、宿泊施設を紹介している、Airbnbも、オンラインの仮想経験プラットフォームを提供している。

 Airbnbは、宿泊施設だけでなく、仮想的な教室も、紹介することを開始した。

 コロナウィルスのパンデミックの状況において、いくつかの会社や大学は、オンラインで、教育コースを提供することを、開始している。

 米国の、多くの大学は、仮想的な授業を、家庭で、受けることができるようにしている。

 また、米国の多くの企業は、仮想的なオフィスを、家庭で、利用できるようにしている。

 これにより、学生は、継続して、家庭で講義を受けられるようになり、会社員は、家庭で、仕事を続けられるようになる。

 このプログラムは、8週間、提供され、学生や会社員は、「キャリア・アップの計画」といった、セッションを特徴にしている、ワークショップに登録することができる。

 仮想的な学校は、模擬インタビューや、履歴書のフィードバックに対し、リソースを提供することができる。

 Princeton大学やHarvard大学といった、国の代表的な教育機関は、無料、あるいは、低価格で、オンラインのコースを提供することができるようになる。

 これらのコースは、edXCourseraのような、オンライン・コースのプロバイダを通して提供される。

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2