Digital Trend

2020年11月 3日 (火)

2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(3)'20.11.03

【2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(3)】'20.11.03

 インフォテインメント・システムは、新しい車の心臓部である。2020年10月1日

 By Stephen Edelstein、digital trends

 ブランド固有の、ユーザ経験を提供するために、最良のインフォテインメント・システムを作成するのに、各メーカの、インフォテインメント・システムは、少しづつ異なっている。

 どの自動車メーカが、最良の、インフォテインメント・システムを持っているのだろう?

 現在、完璧なユーザ経験の提供に期待するのは、まだ早いだろう。

 インフォテインメント・システムは、自動車メーカの、ニューフロンティアである。

       (続き)

5)Ford Sync 3
Dt2b3


 インフォテインメントに関して、Fordのシステムは、「最も改善されている」と思う。

 これまでの、「MyFord Touch」システムは、伝説的に、あまり良くなかったが、現在の「Ford Sync 3」システムは、それらの欠点を改善している。

 「Ford Sync 3」システムは、「応答性の高いタッチスクリーン」、「直感的なメニュー」、および、「ユーザが、より自然に話すことを可能にする、音声コマンド・システム」を特徴にしている。

 これら強固な基盤の上に、Fordは、「Apple CarPlay」、「Android Auto」、「Wi-Fiホットスポット」、および、特定の車用の「Amazon Alexa」スキルを追加している。

 「Ford Sync 3」は、まもなく、「Ford Sync 4」に置き換えられ、「Apple CarPlay」と「Android Auto」の無線バージョン、および、無線ソフトウェア・アップデートが、追加される。

 Fordのインフォテインメント・システム、「Ford Sync 4」は、電気自動車、「Mustang Mach-E」の、大きなタッチスクリーンで、デビューする。

6)Hyundai BlueLink

Dt2d_20201103093101


 Hyundaiのインフォテインメント・システム、「BlueLink」は、最も洗練されたものではないが、基本的な機能は、装備されている。

 「BlueLink」は、高速プロセッサ、メニュー・レイアウト、および、適切なバックアップ・アナログ・コントロールを備えている。

 「BlueLink」の小さなスクリーンは、それほど印象的ではないが、より大きなタッチスクリーンは、優れた解像度を提供する。

 Hyundaiは、また、新技術の早期採用者としての評判もある。

 「BlueLink」は、「Apple CarPlay」、「Android Auto」、または、「Amazon Alexa」と互換性があり、ドライバーがドアをロックしたり、解除したり、エンジンを始動したりできる、モバイル・アプリを展開した、最初の自動車メーカの1社であった。

     (続く)

デル株式会社

2020年10月14日 (水)

Intelは、第11世代のデスクトップPC用のCPUを、2021年初頭に、提供することを明らかにした。'20.10.14

【Intelは、第11世代のデスクトップPC用のCPUを、2021年初頭に、提供することを明らかにした。】'20.10.14

 Intelは、第11世代のデスクトップPC用のプロセッサ、「Intel Core」を、2021年初頭に、提供することを発表した。2020年10月7日

Dt3a_20201014093901

 By Chuong Nguyen、digital trends

 Intelは、次世代のデスクトップPC用プロセッサ、「Intel Core」を、2021年初頭に、提供すると発表した。

 Intelの第11世代の、デスクトップPC用プロセッサは、コードネーム、「Rocket Lake」で知られており、より高速な、無線接続の「Wi-Fi 6」や、「PCIe 4.0」仕様のサポートといった、特徴があり、Intelが、第11世代のラップトップPC用のプロセッサ、「Tiger Lake」に導入した、主要な技術の、いくつかを含んでいる。

 Intelの第11世代の、デスクトップPC用プロセッサ、「Intel Core」は、AMDの噂の「Ryzen 5000」プロセッサと同じスペースで、競争する必要があるだろう。

 Intelは、第11世代のプロセッサに、何を期待するかについて、具体的には述べていないが、同社は、第10世代ラインナップのプロセッサ周波数を強調しているため、次世代プロセッサは、技術サポートと共に、より高速なベース速度とクロック速度を提供し、ゲーマーやクリエーティブにアピールするようだ。

 AMDは、コアの数を増して、性能を上げることに、焦点を合わせ、ハードウェアの生産性を向上させることを模索しているのに対し、Intelは、クロック当りの性能を向上させることに、焦点を合わせ、ハイエンドのゲーミングやクリエーティブの分野でリードしている。

 Intelによると、第11世代のデスクトップPC用プロセッサ、「Intel Core」の発売スケジュールを明らかにすることに加え、「世界クラスのPCベンダ、および、ゲーム・クリエータ」とのパートナーシップを強化し、技術サポートを提供していくという。

 Intelによると、PCベンダや、ゲーム・クリエータとのパートナーシップは、ゲームの性能を最適化するのに役立ち、ゲーム・クリエータは、タイトルのリリースに先立って、新機能を組み込むことができるようになるという。

デル株式会社

2020年2月17日 (月)

スマートフォンは、2025年に、どのように見えるのだろう?(2)'20.02.17

【スマートフォンは、2025年に、どのように見えるのだろう?(2)】'20.02.17

 SamsungのGalaxy Foldスマートフォンは、折り畳みできる、スクリーン画面の欠陥が修正され、再度、販売されるようになる。2020年2月3日

 By Simon Hill、digital trend

 スマートフォンは、我々の日常生活において、重要な役割を演じ続けているが、折り畳むことのできる、スクリーン画面を持つ、スマートフォンのように、従来のデザインから、大きく変化している。

 おそらく、スマートフォンのデザインや機能の進化は、スマートフォンの潜在能力を、最大限に発揮できるようにし、さらに、使いやすくした。

 スマートフォンの、いくつかのトレンドは、2020年に、頂点に達するかも知れない。

 スマートフォンは、今後、5年間で、どのように変化していくのだろう?

    (続き)

5)「ボタンの無い」スマートフォンのデザインが、トレンドの1つになるかも知れない。

 HTC U12 Plusスマートフォンを使用した人は、「ボタンの無い」、スマートフォンの利点について議論できるが、この「ボタンレス経験」を提供するデザインは、急速に採用されている技術の1つである。

 Sentonsは、HTCのU12 Plusスマートフォンの「ボタンレス経験」技術を提供した、ベンダであり、わずか6ヶ月後に、ASUS ROG Phone 2スマートフォンの、「ボタンレス経験」を提供する、タッチ・センシティブ技術を提供していた。

Dt7d_20200217135501


 圧電センサーと超音波、および、ひずみゲージを組み合わせることにより、指の位置を検出し、表面のひずみに基づいて、力を測定できるようにする技術が、利用できるようになったので、スマートフォンの本体から、物理的な「ボタン」(電源ボタンや音量ボタンなど)を、なくすことが、今後の、スマートフォンのデザインの傾向の1つになるかも知れない。

 これにより、スマートフォン・メーカは、従来の「物理的なボタン」の機能を持つ、「仮想的なボタン」を、スマートフォンの周囲に、ソフトウェアで定義し、配置できるようになる。

 CES 2020で、Sentonsのデモを試してみると、「ボタンレス経験」技術は驚くほど、きめ細かく制御できることが分かったが、常に、完全に機能している訳ではなかった。

 「Sentonsのソフトウェア定義ボタン技術の紹介」ビデオ

 ただし、「ボタンのない未来」を、CES 2020で語っているのは、Sentonsだけではなかった。 

6)折り畳むことのできる、スクリーン画面を持ち、タブレット的にも、クラムシェル的にも、スマートフォン的にも、利用できるようになる。

Dt1z


 将来のスマートフォンの、形態の1つには、折り畳むことのできる、スクリーン画面を持ち、タブレット的にも、クラムシェル的にも、スマートフォン的にも、利用できるようになり、さまざまな目的で、利用できる、フォルダブルなスマートフォンがある。

 ユーザは、タッチ操作、スタイラスペン、キーボード、マウス、あるいは、音声コマンドといった、さまざまな入力方法で、折り畳むことのできる、スクリーン画面を持つ、スマートフォンを、さまざまな目的に、利用できるようになる。

デル株式会社

2020年2月16日 (日)

Microsoftは、今春、開催されるイベントで、Surface Book 3とSurface Go 2を発表した。'20.02.16

【Microsoftは、今春、開催されるイベントで、Surface Book 3とSurface Go 2を発表した。】'20.02.16

 Microsoftは、今春、開催されるイベントで、Surface Book 3とSurface Go 2を発表した。2020年2月14日

 By Arif Bacchus、digital trends

 Microsoftは、2019年の秋に、発売する予定であった、Surface Pro 7、Surface Laptop 3、および、Surface Pro Xを、数カ月、遅らせて、発売すると発表した。

 Petri.comのBrad Sams氏によると、Microsoftは、今春、ニューヨークで開催される、イベントで、新しいSurfaceラップトップのシリーズを発表した。

 このシリーズで、新たに発売される、モデルには、Surface Book 3とSurface Go 2がある。

 Brad Sams氏のレポートによると、Surface Book 3とSurface Goが、主なデザインのオーバーホールは、特徴としていないが、Surface Book 3には、新たな内部的な変更が、行われているという。

Dt1a_20200216204501


 この変更には、バッテリーの充電方法も、含まれるという。

 このSurface Book 3には、第10世代の、Intelプロセッサと、Nvidiaの16シリーズのGTXグラフィクス・カードが、搭載されている。

 現在、Surface Book 2からSurface Book 3への、大きなアップグレードは、第8世代の、クアッド・コア、Intelプロセッサを採用したことである。

 Microsoftは、2019年4月に、このSurface Book 3を、発売する予定である。

 これは、強力なSurface Book 3モデルの発売の、以前の噂の、確認である。

 Sams氏によると、Surface Book 3ラップトップは、Intelの第10世代のプロセッサと、Nvidia Quadroシリーズのグラフィクスを搭載し、ハイエンドの、15インチのスクリーン画面を持っているという。

 このSurface Book 3ラップトップには、ソリッド・ステート・ドライブのストレージ(最大、1TB)が、RAM(16GBから、32GB)が、装備されている。

 このSurface Book 3ラップトップの価格は、13.5インチのディスプレイを持つ、モデルが、1400ドルからになる見込みである。

 Sams氏によると、より小さな、Surface Go 2には、Intelの、Pentium Goldプロセッサ、または、Intel Core Mシリーズのプロセッサが、搭載される予定だという。

 ただし、Surface Go 2の、最新モデルの価格は、400ドルからであるが、このモデルのデザインは、前世代のモデルと、同じである。

Dt1b_20200216204701


 Sams氏によると、Surface Go 2ラップトップには、ARMアーキテクチャに基づいた、カスタム・プロセッサである、QualcommのSoCが、搭載されているという。

 Surface Go 2ラップトップには、Qualcommの、7cチップセットが、使用されている。

 発売のタイミングは、明らかにされていないが、Microsoftは、2019年4月に、Surface Book 2ラップトップを、リフレッシュした。

 オリジナルの、Surface Book 2ラップトップは、2017年11月に発売され、Surface Goラップトップは、2018年7月に発売された。

 これらの、Surface Book 2と、Surface Go 2の、ラップトップには、より古い世代の、Intelプロセッサが搭載されている。

 Surface Book 2と、Surface Go 2のアップグレードは、長い間、延期されている。

 Surface Book 3と、Surface Go 2に加え、Sams氏は、Microsoftが、今春の、ハードウェア・イベントを使用して、新たなラップトップだけでなく、Surface Earbuds、無線イヤフォンなど、他のデバイスを紹介すると報告した。

 本来、2019年10月に、発売される予定であった、Surface Book 3の発売は、遅れており、発売日は、発表されていない。

 Microsoftは、Surface Book 3の発売に続いて、Surface Headphoneを発売する。

デル株式会社

ウェブページ

広告2