IT関連のWebサイト

2020年11月19日 (木)

「デジタル・ビジネスモデル研究所」の紹介 '20.11.19

【「デジタル・ビジネスモデル研究所」の紹介】'20.11.19

 新たなサービスを検討する際には、ビジネスモデルをどう構築するかを考える必要があるようです。

 このために、独自の方法論で、ビジネスモデルの構築を支援する、「デジタル・ビジネスモデル研究所」を紹介します。

デル株式会社

2020年11月15日 (日)

Lenovo Smart Displayとは何か?(2) '20.11.15

【Lenovo Smart Displayとは何か?(2)】'20.11.15

 Lenovo Smart Displayは、デジタル・アシスタントと、音声コマンドで、会話できる、スマート・スピーカの特徴と、タッチスクリーンを持たせ、タッチ操作と、結果の視覚的な表示を可能にする特徴の、両方の特徴を、備えている。

Gartner3a
 By Lenovo

 2018年に、出荷が、開始された、Lenovo Smart Displayは、Google Assistantデジタル・アシスタントを組み込んだ、最初のスマート・ディスプレイである。

 Lenovo Smart Displayは、GoogleのAndroidオペレーティング・システムを搭載し、Alexaデジタル・アシスタントを組み込んだ、Amazon Echo Show、スマート・ディスプレイと競合する、スマート・ディスプレイである。

 Lenovoは、スマート・スピーカに、ディスプレイを持たせ、どのような部屋にも、置けるようなデザインにし、Androidを搭載し、Google Assistantデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・ディスプレイを最初に作成した、メーカである。

 家庭の、どの部屋にも、合うようデザインされた、Lenovo Smart Displayで、Googleは、AmazonのEcho Showスマート・ディスプレイに対抗し、この市場に参入した。

   (続き)

 Lenovo Smart Displayの違いは何だろう?

 Lenovo Smart Displayは、Google Assistantデジタル・アシスタントを、スマート・ディスプレイ市場に、もたらしただけでなく、その独特の寸法や、外装のデザインも、注目された。

 Lenovo Smart Displayは、以前の、より「箱型」のスマート・ディスプレイにはなかった洗練された、デザインになっており、ファミリールーム、キッチン、さらには、オフィスにも収まるように、設計されていた。

Len2a_20201116141501


 Lenovo Smart Displayの仕様:

・ディスプレイ:8インチHD、または、10インチ・フルHDのタッチスクリーン

・外装:ほとんどの家庭やオフィスの装飾に適した、竹、または、ソフトグレーの布地

・適応性:10インチのモデルは、デュアル・スタンディング・ポジション(横向きにも、縦向きにも置ける)なので、どこにでもフィットする。

・プライバシー:カメラをブロックするプライバシー・シャッターと、マイクをミュートするトグル設定(10インチのモデル)

・サウンド:2つのツイーターとマルチルームのオーディオ・サポートを備えた、フルレンジのスピーカ

 より視覚的で、魅力的なデザインへの、このシフトは、新世代の、音声対応機能と、デジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・デバイスと自動化ツールを、日常の家庭やオフィスに統合するための、大きな一歩として、説明されている。

デル株式会社

2020年11月11日 (水)

Lenovo Smart Displayとは何か?(1)'20.11.11

【Lenovo Smart Displayとは何か?(1)】'20.11.11

 Lenovo Smart Displayは、デジタル・アシスタントと、音声コマンドで、会話できる、スマート・スピーカの特徴と、タッチスクリーンを持たせ、タッチ操作と、結果の視覚的な表示を可能にする特徴の、両方の特徴を、備えている。

Len2a

 By lenovo

 2018年に、出荷が、開始された、Lenovo Smart Displayは、Google Assistantデジタル・アシスタントを組み込んだ、最初のスマート・ディスプレイである。

 Lenovo Smart Displayは、GoogleのAndroidオペレーティング・システムを搭載し、Alexaデジタル・アシスタントを組み込んだ、Amazon Echo Show、スマート・ディスプレイと競合する、スマート・ディスプレイである。

 Lenovoは、スマート・スピーカに、ディスプレイを持たせ、どのような部屋にも、置けるようなデザインにし、Androidを搭載し、Google Assistantデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・ディスプレイを最初に作成した、メーカである。

 家庭の、どの部屋にも、合うようデザインされた、Lenovo Smart Displayで、Googleは、AmazonのEcho Showスマート・ディスプレイに対抗し、この市場に参入した。

 「Lenovo Smart Display」の利点

 スマート・ディスプレイとは、Google Nest、あるいは、Amazon Echoといった、スマート・スピーカに、ディスプレイを装備し、デジタル・アシスタントを組み込んだ、Google Home、あるいは、Amazon Echoといった、音声コマンド、タッチ操作、および、視覚的に表示される、ディスプレイを持つ、デバイスのことである。

 オーディオの音と、ディスプレイの視覚性の、利点を結合した、Lenovo Smart Displayは、家庭でも、オフィスでも、使用することのできる、機能とデザインを持っている。

 ユーザは、Lenovo Smart Displayを使用して、Webを検索したり、交通情報を確認したり、プレイリストから、楽曲を選択したり、さまざまなことを、音声コマンドや、タッチ操作で、操作して、結果を、視覚的に、見ることができる。

 これまで、スマート・スピーカを使用してきたユーザによると、音声だけで操作するよりも、タッチ操作でも、操作でき、視覚的に、利用できる、スマート・ディスプレイの方が、利用しやすいという。

 ただし、Webの検索結果のリストを、リファインしたり、旅行のルートの代替を調べるために、マップと対話したりするとき、タッチ操作よりも、音声コマンドの方が、使いやすいという、ユーザもいる。

 このため、音声コマンドとタッチ操作の両方を利用できる、スマート・ディスプレイを、好むユーザが、増えている。

 ちなみに、Lenovo Smart Displayスマート・ディスプレイの価格は、59.99ドルからであり、Google Homeスマート・スピーカの価格は、99ドルであり、Google Nest Hubスマート・ディスプレイの価格は、90ドルである。

 Lenovo Smart Displayスマート・ディスプレイが、デビューした時に、スマート・スピーカよりも、いくつかの利点を持っていた。

 Lenovo Smart Display「対」他のスマート・スピーカ

・音楽:楽曲を選択するときに、プレイリストを見ることができる。
・通話:音声通話だけでなく、ビデオ通話ができる。
・検索:検索結果を視覚的に、確認することができる。
・カレンダー:自分のスケジュールを、聞くだけでなく、見ることもできる。

 Google Assistantを搭載した、Lenovo Smart Display「対」Google Assistantを搭載していない、他のスマート・ディスプレイ

・写真:よく利用されている、Google Photosサービスと、統合されている。
・ビデオ:YouTubeの大きなビデオ・ライブラリをアクセスし、視聴することができる。
・ビデオ通話:Google Duoビデオ通話アプリと、統合されている。

 2018年に、出荷されたときに、Lenovo Smart Displayは、Google Assistantデジタル・アシスタントを、初めて、組み込んだ、スマート・ディスプレイであった。

 「Lenovo Smart Displayの紹介」ビデオ

   (続く)

デル株式会社

2020年11月10日 (火)

LenovoのSmart Tabとは何か? '20.11.10

【LenovoのSmart Tabとは何か?】'20.11.10

 Amazon Alexaデジタル・アシスタントを組み込んだ、LenovoのSmart Tabは、2-in-1スマート・タブレットの新たな種類である。

 By lenovo

 LenovoのSmart Tabタブレットは、音声対応デジタル・アシスタントを組み込んだ、ポータブルな、Androidベースのタブレットを、Lenovo Smart Dockドッキング・ステーションに組み込んで、スマート・スクリーンとして使用し、他のスマート・ホーム・デバイスを制御することもできる。

 Lenovo Smart Tabタブレットを、Lenovo Smart Dockドッキング・ステーションに取り付けて、スマート・ホーム・ハブとして、使用することができ、取り外すと、通常のタブレットとして、使用することができるようになる。

Len1a

 ユーザは、このLenovo Smart Tabタブレットを、Lenovo Smart Dockドッキング・ステーションに取り付けて、音声対応、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを起動し、「Showモード」にすることで、Amazon Echo Showデバイスのように使用して、ドアベルや、照明を制御できるようになる。

 Lenovo Smart Dockに取り付けた、Lenovo Smart Tabで、ユーザは、自分の家に設置した、スマート・ホーム・デバイスを制御できるようになり、レシピを表示したり、カレンダーを確認したり、できるようになる。

 Lenovo Smart Displayや、Lenovo Smart Plug、Lenovo Smart Bulb、および、Lenovo Smart Clockといった、スマート・アクセサリーのリストを紹介する。

 Lenovo Smart Tabコンポーネント

 Lenovo Smart Tabは、プレミアムな、Androidベースのタブレットであり、Alexaデジタル・アシスタントが、組み込まれており、スマート・ディスプレイとして、他のスマート・ホーム・デバイスを、音声コマンドで、操作できるようになる。

 例えば、ドアベルが鳴ったら、訪問者と会話したり、部屋の照明や空調などを調節したり、家庭用の監視カメラを制御したり、できるようになる。

 Lenovo Smart Tabは、3種類の強力なコンポーネントの、ユニークな組み合わせである。

 Lenovo Smart Tab 10.1インチの、Androidベースのタブレット

 このタブレットで、ユーザは、映画を観たり、アプリを実行したり、メールを読んだり、ゲームをしたり、できるようになる。

 このタブレットに組み込まれた、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを通して、Alexa「スキル」を実行し、ユーザは、ドアベルに出たり、食料品を注文したり、渋滞情報を確認したり、できるようになる。

 Lenovo Smart Dockドッキング・ステーションのチャージャ

 タブレットを、Lenovo Smart Dockドッキング・ステーションに、取り付けて、Alexaデジタル・アシスタントを起動し、「Showモード」にすることで、ユーザは、さまざまなことができるようになる。

 また、ユーザは、低音に強い、スピーカと、高感度マイクを取り付けることで、広い場所でも、高質な音で、音楽を聴いたり、高感度のマイクを使用して、他のユーザと、ビデオ通話したり、できるようになる。

 ユーザは、Lenovo Smart Tabを、新たな、2-in-1のアプローチとった、タブレットとしても、スマート・ホーム・タブとしても、利用できるようになる。

 Lenovo Smart Tabで、ユーザは、何ができるようになるか?

 新たなLenovo Smart Tabは、ユーザに、オプションを提供する。

 ユーザは、新たなLenovo Smart Tabを、パーソナル・エンターテインメント・デバイスとして、あるいは、Amazon Alexa搭載、スマート・ディスプレイとして、使用することができる。

 ユーザは、スタンドアロンの、Androidタブレットとして、Lenovo Smart Tabを、以下のように使用することができる。

・メールをチェックしたり、Facebookをフィードしたりできる。

・ソーシアル・メディア・メッセージを、読んだり、投稿したりできる。

・気に入ったアプリやゲームを実行して、使用することができる。

・写真を撮ったり、ビデオを撮影したりできる。

・映画などの、ストリーミング・コンテンツを、再生することができる。

・フル機能の、Androidベースのタブレットとして、利用できる。

・Amazon Alexaを組み込んだ、スマート・スクリーンとして、使用することができる。

・ビデオ・ドアベルに、応答し、訪問者と会話することができる。

・照明や、カメラ・フィードを、オン・オフできる。

・レシピや、ハウツー・ビデオを見つけたり、参照したりできる。

・ニュース、天気予報、渋滞情報などをチェックできる。

・友だちや家族と、ビデオ通話を行うことができる。

・新たなAlexaスキルを使用することができる。

 Lenovo Smart Tabの仕様の詳細

 Lenovoは、Lenovo Smart Dockを含む、2つの版の、新しいLenovo Smart Tabを提供した。

 Lenovo Smart Tab M10は、標準のSmart Tab機能の、フルセットを提供する。

 このLenovo Smart Tab P10には、プレミアムな本体のデザイン、外部メモリ、ストレージ、強化された、オーディオ、および、特別なセキュリティ機能が、追加されている。

 いくつかのLenovo Smart Tabの仕様

1)Lenovo Smart Tab P10

・ディスプレイ:10.1インチの、FHD (1920 x 1200) LCD IPS

・サイズ:242 x 167 x 7mm

・重さ:440グラム

・プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 450

・オペレーティング・システム:Android Oreo

・バッテリーの寿命:10時間以上

・デジタル・アシスタント:Amazon Alexa

・ストレージ: 最大64 GB

・メモリ:4 GB

・オーディオ:前面、Dolby Atmosスピーカ x 4

・カメラ:前面 5MP固定、背面 8MP自動

・スピーカ:3ワットのフルレンジのスピーカ x 2

・マイク:高感度マイク

・特別な機能:I/O、ボリューム、ミュート・ボタン、Bluetoothペアリング・ボタン

2)Lenovo Smart Tab M10

・ディスプレイ:10.1インチの、FHD (1920 x 1200) LCD IPS:

・サイズ:243 x 168 x 8 mm

・重さ:480グラム

・プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 450

・オペレーティング・システム:Android Oreo

・バッテリーの寿命:8時間以上

・デジタル・アシスタント:Amazon Alexa

・ストレージ: 最大32GB

・メモリ:3GB

・オーディオ:前面、Dolby Atmosスピーカ x 2

・カメラ:前面 2MP固定、背面 5MP自動

・他の特徴:デュアル・ガラス・デザイン

・スピーカ:3ワットのフルレンジのスピーカ x 2

・マイク:高感度マイク

・特別な機能:I/O、ボリューム、ミュート・ボタン、Bluetoothペアリング・ボタン

デル株式会社

2020年11月 8日 (日)

「Lenovo Smart Tab」対「Lenovo Smart Display」の違いは何だろう? '20.11.08

【「Lenovo Smart Tab」対「Lenovo Smart Display」の違いは何だろう?】'20.11.08

 「Lenovo Smart Tab」と「Lenovo Smart Display」は、どのように違うのだろう?

 By lenovo

 「Lenovo Smart Tab」と「Lenovo Smart Display」は、家庭を運用し、生活を管理し、娯楽を楽しむことを助ける、音声対応デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・ホーム・デバイスである。

 これらの新しいスマート・ホーム・ハブは、ユーザの特定のニーズに適合するために、基本的に、異なったユーザ経験を提供する。

 「Lenovo Smart Tab」タブレットには、「Amazon Alexa」デジタル・アシスタントが、「Lenovo Smart Display」スマート・ディスプレイには、「Google Assistant」デジタル・アシスタントが、組み込まれている。

 「Lenovo Smart Display」は、ユーザの家庭の、どの部屋にもフィットする、スタンドアロンのデバイスとして、構築されている。


Len0b_20201109081301


 「Lenovo Smart Tab」は、Androidベースのタブレットとしても、「Lenovo Smart Dock」ドッキングステーションに取り付けることで、スマート・ディスプレイとしても、利用できる、多機能デバイスとして、構築されている。

Len0a_20201109081401


 同じ部屋にいる、ユーザの要求や質問などを、聞くために、これらのデバイス(「Lenovo Smart Display」と「Lenovo Smart Tab」)は、複数の高感度なマイクを持っている。

 「Lenovo Smart Tab」には、10ワットのスピーカが、1つ搭載されており、「Lenovo Smart Display」には、3ワットのスピーカが、2つ搭載されており、部屋を、高音質なサウンドで満たすこともできる。

 ユーザは、これらのスマート・デバイスに組み込まれた、デジタル・アシスタントを介して、スマート・プラグ、スマート電球、スマート・ライト・スイッチ、スマート・クロック、スマート監視カメラといった、スマート・ホーム・デバイスを、音声コマンドでも、操作できるようになる。

 音声対応デジタル・アシスタンが組み込まれた、「スマート・ホーム・ハブ」として、利用できる、「Lenovo Smart Display」と「Lenovo Smart Tab」を比較する。

 ユーザは、自分が好んでいる、音声対応デジタル・アシスタントと、部屋のテーブルの上に置くデバイスが欲しいか、テーブルの上にも置け、タブレットとして、持ち歩くことのできる、デバイスが欲しいかで、どちらを購入したらよいかを決めることができる。

1)「Google Assistant」デジタル・アシスタントを組み込んだ、「Lenovo Smart Display」スマート・ディスプレイ

 「Google Assistant」デジタル・アシスタントを組み込んだ、「Lenovo Smart Display」は、タッチスクリーンを装備した、スマート・ディスプレイである。

 ユーザは、「Lenovo Smart Display」スマート・ディスプレイを、テーブルの上に置いて、タッチ操作、あるいは、音声コマンドで、料理のレシピを見たり、ビデオ通話をしたり、部屋の照明を調節したり、ストーミング・ビデオを視聴したり、Webを閲覧したり、さまざまなことが、できるようになる。

 「Google Assistant」デジタル・アシスタントは、既に、何100万台もの、スマートフォンにも組み込まれており、ユーザは、既に、Google Assistantを使うことに慣れている。

 「Lenovo Smart Display」のなめらかなデザインは、どのような部屋にもフィットするだろう。

Len0b


 また、この「Lenovo Smart Display」は、プライバシーのために、カメラやマイクに、シャッターが付いている。

2)「Amazon Alexa」デジタル・アシスタントを組み込んだ、「Lenovo Smart Tab」+「Lenovo Smart Dock」

 「Amazon Alexa」デジタル・アシスタントを組み込んだ、「Lenovo Smart Tab」は、タブレットにも、「Lenovo Smart Dock」ドックキング・ステーションに取り付けることで、スマート・ディスプレイにもなる、Androidベースのタブレットであり、スマート・ホーム・ハブとして、利用することもできる。

 この「Lenovo Smart Dock」ドックキング・ステーションには、Amazon Alexaデジタル・アシスタントに、聞かれないようにするための、マイクのミュート・ボタンが付いている。

 ユーザは、メールをチェックしたり、Webを閲覧したり、Androidアプリを利用したり、ストリーミング・ビデオを視聴したり、するための、タブレットとして、「Lenovo Smart Tab」を使用することができる。

 ユーザは、「Lenovo Smart Dock」ドッキング・ステーションに、「Lenovo Smart Tab」タブレットを取り付けて、「Showモード」にすることで、スマート・ディスプレイとして、利用することができる。

 また、「Lenovo Smart Dock」ドックキング・ステーションに、「Lenovo Smart Tab」タブレットを取り付けることで、タブレットを充電することもできる。

 「Lenovo Smart Tab」の紹介ビデオ

デル株式会社

2020年11月 6日 (金)

「サービスとしてのファンクション」(Faas:Function-as-a-Service)とは? '20.11.06

【「サービスとしてのファンクション」(Faas:Function-as-a-Service)とは?】'20.11.06

 「サービスとしてのファンクション」(FaaS:Function-as-a-Service)とは何だろう? 2019年6月30日

 By IBM Cloud Education

 IBMによると、「サービスとしてのファンクション」(FaaS:Function-as-a-Service)とは、クラウド・ベースのアプリの開発者が、「マイクロ・サービス」アプリを、実行したり、管理したり、できるようにする、「クラウド・コンピューティング・サービス」の一種だという。

Faas0b


 IBMによると、「マイクロ・サービス」とは、ソフトウェア開発の技法の1つであり、1つのアプリを、ビジネス機能に沿った、複数の小さいサービスのコンポーネントの、疎結合された集合体として構成する、「サービス指向アーキテクチャ」の一種だという。

図1)FaaSの構成要素
Faas0a


 FaaSは、「マイクロ・サービス」、「実行した分だけ、料金を支払う(pay-per-execution)」、「イベント駆動」、「自動スケーリング」、「エコシステム」で構成される。

 「マイクロ・サービス」アーキテクチャにおいて、各サービスは、小さなコンポーネントから成り、軽量なプロトコルを用いて、コミュニケーションを行う。

 通常、「FaaS(Function-as-a-Service)」は、アプリの開発や起動に関連する、基盤の構築や、保守を行う必要なく、アプリ開発者が、アプリを開発、実行、管理できるようにする、プログラミング・プラットフォームを提供する。

 IBMによると、複雑な基盤なしに、「FaaS(Function-as-a-Service)」は、「マイクロ・サービス」アプリの構築や起動と関連する、イベントに応答して、コードを実行できるようにする、クラウド・コンピューティング・サービスの一種だという。

 例えば、「Functions-as-a-Service(FaaS)」プログラミング・プラットフォームである、「IBM Cloud Functions」は、「Apache OpenWhisk」をベースにし、多言語対応の、オンデマンドで、スケーラブルに実行される、軽量のコード開発を目的としている。

 インターネット上で、アプリをホストするには、通常、仮想サーバ、または、物理サーバのプロビジョニングと管理、および、オペレーティング・システム(OS)とWebサーバのホスティング・プロセスの管理が要求される。

 FaaSで、物理ハードウェア、仮想マシン、オペレーティング・システム、および、Webサーバ・ソフトウェアの管理は、すべて、クラウド・サービス・プロバイダによって、自動的に行われる。

 IBMによると、これにより、アプリ開発者は、アプリのコードにおける、個々のファンクションに、集中できるようになるという。

 「IBM Cloud、FaaSで、アプリを作成する方法」紹介ビデオ

デル株式会社

2020年9月26日 (土)

Microsoft Teames for Educationを紹介する。(2)'20.09.26

【Microsoft Teames for Educationを紹介する。(2)】'20.09.26

 英国における、現在の、コロナウィルスの感染の心配の状況において、全国の学校が、閉鎖されたので、多くの学校は、すべての生徒が、リモート学習プラットフォームの、いくつかの形態を提供するための課題に、直面している。

Mt1a_20200926161701

 By infinitygroup

 しかし、すべての学校が、リモート学習プラットフォームや、コラボレーション・プラットフォームを提供するための、基盤やシステムを持っている訳けではない。

 コラボレーション・プラットフォーム、Microsoft Teams for Educationは、教育機関が、手早く、容易に、コラボレーション・プラットフォームを展開できるようにする。

    (続き)

 Microsoft Teams for Educationの実装に関して、Microsoftは、コンサルティング・サービスを提供する。

 Microsoft Teamsの実装を検討し、教育機関内の仮想教室のセットアップに移行することを検討している場合、Microsoft Teamsのコンサルタントは、展開方法、必要なトレーニング、および、ベストプラクティスや、ガバナンスに関する、コンサルティングを提供する。

 また、Microsoftは、以下のサービスも提供している。

・実装要件、計画での考慮事項、アクセス許可、Microsoft Teams Installationとセットアップを含む、エンドツーエンドの展開と、移行サービス

・教育機関内の教師と生徒の両方を対象とした、特注のユーザ採用トレーニング

・ドキュメント・ストレージ、Exchange Online、および、Microsoft Business VoiceShare用の、Point Onlineとの統合コンサルティング

・バックアップと、ドキュメント管理ソリューション

 Office 365 for Educationパッケージには、無料版の、コラボレーション・プラットフォーム、Teams for Educationが含まれている。

 米国の多くの学校は、既に、MicrosoftのOffice365 for Educationパッケージを持っているので、無料で、Teams for Educationを、利用することができる。

 Office 365 for Educationパッケージには、Microsoft Word、Power Point、Excel、OneNote、SharePoint(ドキュメント・ストレージ)、Flow、Form、Sway、およびMicrosoft Teamsが含まれている。

デル株式会社

2020年9月23日 (水)

Microsoft Teames for Educationを紹介する。(1)'20.09.22

【Microsoft Teames for Educationを紹介する。(1)】'20.09.22

 英国における、現在の、コロナウィルスの感染の心配の状況において、全国の学校が、閉鎖されたので、多くの学校は、すべての生徒が、リモート学習プラットフォームの、いくつかの形態を提供するための課題に、直面している。

Mt1a

 By infinitygroup

 しかし、すべての学校が、リモート学習プラットフォームや、コラボレーション・プラットフォームを提供するための、基盤やシステムを持っている訳けではない。

 コラボレーション・プラットフォーム、Microsoft Teams for Educationは、教育機関が、手早く、容易に、コラボレーション・プラットフォームを展開できるようにする。

 このMicrosoft Teams for Educationは、Microsoft Office 365 for Educationパッケージを、既に使用している、学校などの、教育機関に、無料で、利用できるようにする。

 Microsoft Teams for Educationは、教師が、通常の教室の環境にように、仮想的な教室で、生徒の学習を促すことができるようにする。

 Microsoft Teams for Educationで、教師は、生徒と、容易に、コミュニケートすることができるようになる。

 学校は、Team Meetingを使用して、何人もの生徒と、Team Meetingで、ホームルームを開いたり、教材やファイルを共有したり、できるようになる。

 教師は、生徒と離れていても、あたかも、同じ教室にいるかのような感覚になることを可能にするために、生徒と、コラボレートしたり、学習したり、できるようになる。

 Microsoft Teamsアプリは、生徒が、使用している、Word、Excel、PowerPointといった、アプリを、完全に統合する。

 これらのアプリは、スマートフォンでも、タブレットでも、PCでも、利用することができる。

 また、Webブラウザで、利用できる、Webベースのアプリもある。

 Microsoft Teamsアプリは、生徒が、使用している、一般的なアプリを、完全に統合するので、生徒と教師は、いつでも、どこにいても、アプリを使用することができるようになる。

 「Microsoft Teams for Educationの紹介」ビデオ

 Microsoft Teamsは、どのようにして、学校で、利用できるようになるのだろう?

 Microsoft Teamsは、各Office 365 for Educationをライセンスしていれば、無料版も含め、利用できるようになる。

 Microsoft Teamsは、すべての学校や、教育機関で、無料で、利用できるようになる。

 Office 365 for Educationには、Sharepoint(ドキュメントのストレージ)、Flow、Stream(ビデオ)、Forms(調査)アプリと共に、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、および、Microsoft Teamsが、含まれる。

 Microsoft Teams for Educationの利点は、何だろう?

 Microsoft Teamsは、デジタル技術に馴染んでいる、生徒が、使い慣れた、対話環境を提供する。

 このMicrosoft Teamsは、リアルタイムな、テキスト・チャット、ビデオ・チャット、音声チャット、絵文字、ステッカーなどを使用して、教師と生徒、あるいは、生徒同士が、コミュニケートできるようにする。

 教師は、Teams内に、容易に、課題を設定できるようになる。、

 Microsoft Teamsは、より使いやすくするために、継続的に、新たな機能が、追加されたり、アップグレードされたりする。

 教師は、Microsoft Teamsで、コミュニケーションを、完全に、制御できるようにすることで、オンライン学習環境を、安全で、効率的で、楽しいものにする。

 Microsoft Teamsには、教師が、特定のグループや、特定の生徒と、教材などのコンテンツを共有できるようにする能力がある。

 教師は、例えば、仮想的な教室で、授業中に、クラス全体か、特定の生徒が、メールが、できないよう、制御することもできる。

 Microsoft Teamsの、教師に対する、利点は何か?

 Microsoft Teamsを使用して、教師は、容易に、Teams Liveイベントを、クラス全体に、流すことができるようになる。

 Microsoft Teamsを使用して、生徒は、プレゼンテーションや、適切な教材の記録を、共有することができ、教師に、質問することができる。

 Teamsは、教師が、生徒が、他の生徒と、何について、チャットしているか、生徒が、何を学習しているかなどを、視覚的に、確認できるようにする。

 チャット機能のため、Teams for Educationを使用している、教師は、通常の教室の環境よりも、仮想的な教室の環境で、生徒と、一対一で、より会話したり、教えたり、することも、可能になる。

 Teamsで、ある生徒により、尋ねられた、主な質問は、他の生徒でも、即座に、答えることも、可能になるので、これにより、学習が、より深いレベルになる。

 生徒は、Teams内で、完了した、課題を、教師に送ることができる。

 生徒が、いくつかの追加のガイダンスを要求するなら、教師は、即座に、フィードバックを提供することができるようになる。

   (続く)

デル株式会社

2020年9月 1日 (火)

デジタル変革を、理解したいと思っている、ビジネス・リーダは、多いだろう。(7)'20.09.01

【デジタル変革を、理解したいと思っている、ビジネス・リーダは、多いだろう。(7)】'20.09.01

 自分たちの業界における、デジタル変革を、理解したいと思っている、ビジネス・リーダは、多いだろう。

 By Enterprisers Project

 デジタル変革(DX)は、デジタル技術を、ビジネスの、あらゆる領域に統合し、業務の運用方法を根本的に変え、顧客に価値を提供する。

 デジタル変革(DX)は、より働き易くすると共に、環境を改善したり、顧客に利便性をもたらしたりするために、企業が、実験を重ね、現状に挑戦し続けていくことでもある。

Dx2b_20200901103801


 デジタル変革への道程の、さまざまな位置にいる、企業へのアドバイスを、もう少し詳しく、紹介する。

   (続き)

7.デジタル変革の投資収益率(ROI)を、どのように測定できるか?

 デジタル変革への取り組みの成功を証明するには、ビジネス・リーダは、投資収益率(ROI)を数値化する必要がある。

 これには、企業は、機能やビジネスの境界を越え、市場への進出方法を変え、顧客や従業員とのやり取りを、根本的に変える必要があるだろう。

 モバイル・アプリの改良などのプロジェクトは、短期的な見返りがあるかも知れないが、他のプロジェクトは、長期的なビジネス価値を追求している。

 デジタル変換の取り組みは、継続的に、進化しており、従来のビジネス価値計算や、財務統治アプローチの効果が、低下する可能性がある。

 ビジネス・リーダに、十分なリスクを負っているかどうかを尋ねる。

 これは、特定のプロジェクトの性能の低下が、ITの包括的な取り組みに、悪影響を与えないようにする上で、特に重要である。

 また、真のデジタル変革を実現するために必要な、リスクに対する、許容度を高めることが、要求される。

 次に、デジタル変換の指標に関する、ベストプラクティス(最も適切な技法や活動など)を検討し、事前に、初期の指標を設定する。

 「ビジネスの成果」(例えば、売上の伸び、生涯顧客価値、市場投入までの時間)を、定量的に測定し、「運用への影響」(例えば、生産性の向上、規模、運用効率)、および、「コストへの影響」を検討する。

デル株式会社

デジタル変革を、理解したいと思っている、ビジネス・リーダは、多いだろう。(6)'20.09.01

【デジタル変革を、理解したいと思っている、ビジネス・リーダは、多いだろう。(6)】'20.09.01

 自分たちの業界における、デジタル変革を、理解したいと思っている、ビジネス・リーダは、多いだろう。

 By Enterprisers Project

 デジタル変革(DX)は、デジタル技術を、ビジネスの、あらゆる領域に統合し、業務の運用方法を根本的に変え、顧客に価値を提供する。

 デジタル変革(DX)は、より働き易くすると共に、環境を改善したり、顧客に利便性をもたらしたりするために、企業が、実験を重ね、現状に挑戦し続けていくことでもある。

Dx2b_20200901103801


 デジタル変革への道程の、さまざまな位置にいる、企業へのアドバイスを、もう少し詳しく、紹介する。

   (続き)

6.「2020年のデジタル変革の主な傾向は何だろう?」

 EnterprisersのStephanie Overby氏が、最近報告したように、2019年には、業界を超えた、継続的な、デジタル変革が当たり前になっていたが、さらに、見直す必要もあった。

 2020年は、「デジタル・イニシアチブ」が考慮される年になるだろう。

 ここでは、ビジネスとITのリーダーが、2020年に認識しておくべき、8つの主要なデジタル変革のトレンドを示す。

1)統合された、複数部門に渡るチームを含む、「デジタル運用モデル」を、迅速に採用する。

2)「ビッグデータの統治と分析」に投資した企業が、ビジネスを合理化する。

3)「AIや機械学習」を、よりうまく、活用する。

4)「ITアウトソーシング業界」において、継続的な、合併や買収活動が行われる。

5)企業は、コンサルタントと、新たな「デジタル・パートナーシップ」を形成する。

6)「パブリック・クラウド」の採用が、さらに拡大する。

7)「新しいデジタル変革」の成功指標を参考にする。

8)「デジタル・イニシアチブ」の長期的な価値に、より多くの注意を向ける。

    (続く)

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2