IT関連のWebサイト

2018年7月20日 (金)

Amazon Echo ShowとAmazon Fire HD 10タブレットの比較 '18.07.20

【Amazon Echo ShowとAmazon Fire HD 10タブレットの比較】 '18.07.20

 Amazon Alexa音声対応デジタル・アシスタントを搭載した、Amazon Echo Showスクリーン画面付きスピーカとAmazon Fire HD 10タブレットは、消費者から見て、何が違うのだろう。

 Amazon Echo Showスピーカ(229.99ドル)も、Amazon Fire HDタブレット(149.99ドル)も、どちらも、タッチスクリーン画面、マイク、スピーカ、カメラを装備し、Amazon Alexa音声対応デジタル・アシスタントを搭載しているように見える。

 また、どちらも、ハンズフリーの音声コマンドで、音楽、映画、ビデオといった、ストリーミング・コンテンツ(AmazonビデオやNetflixなど)を再生したり、簡単な問合せ(ニュース、天気予報、試合のスコアなど)をしたり、オンライン・ショッピングをしたり、ビデオ・チャットや音声チャットをしたり、写真を表示したり、ソーシアル・ネットワークを利用したりできるようだ。

・Amazon Echo Showスピーカは、他の互換性のある、「スマート・ホーム・デバイス(照明、サーモスタット、スマートTVなど)」を、音声コマンドで制御したり、カメラで、幼児やペットや家などの状況を、リモートから、スマートフォンで確認したり、することを得意としているようだ。

 また、Alexaスキルを追加することで、特定の配車サービス、配達サービス、予約サービスなどを利用できるようにすることも特徴としているようだ。

・Amazon Fire HDタブレットは、Kindle電子書籍を、屋外でも、薄暗い場所でも、見やすく表示したり、Audibleオーディオ書籍を聴いたり、対話型のグラフィカルなゲームをプレーしたりすることを得意としているようだ。

 どちらかというと、Amazon Fire HDタブレットは、Kindle電子書籍、Audibleオーディオ書籍、Amazonビデオ、Netflix、HBO NOW、Sling TVなどの映画、ビデオ、TV番組、あるいは、グラフィカルな対話型ゲームを楽しむことに、焦点を合わせているように見える。

 自分に、どちらが適しているかを確認できる、Amazon Echo ShowスピーカとAmazon Fire HDタブレットの機能や特徴、利用できるサービスやアプリなどの比較表、説明、レビューのビデオなどがあると、消費者が、購入する商品を決めるときの参考になると思う。

1)Echo Showスピーカの特徴

Echoshow
・価格 : 229.99ドル

・AmazonのEcho Showスピーカには、Alexaデジタル・アシスタントが搭載されており、ユーザの簡単な質問や、要求に応えてくれる。

・ユーザは、Echo Showスピーカで、Amazonビデオ・コンテンツや、ビデオ・フラッシュを視聴したり、音楽の歌詞を見たり、家庭の監視カメラ、天気予報、予定表、買い物リストなどを確認したり、Audibleオーディオ書籍を聴いたり、Prime Photoで写真を表示したりできるようになる。

 ユーザは、このようなことを、音声により、ハンズフリーで行うことができる。

・ユーザは、ハンズフリーで、電話をかけたり、スクリーン画面を持つ、Echo SpotやEcho Showスピーカ、あるいは、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、スマートフォンを持っている、家族や友達と、ビデオ・チャットしたり、音声チャットしたりすることができる。

・ユーザは、Amazon Musicで、スクリーン画面に、歌詞を表示させることができる。

 ユーザは、楽曲、アーティスト、ジャンルで、聞きたい楽曲を探して、再生するよう、Alexaデジタル・アシスタントに依頼することができる。

 Wi-Fiをサポートしているので、Pandora、Spotify、TuneIn、iHeartRadioなどの, ストリーミング・オーディオを聴くこともできる。

・鮮明なボーカルや、低音応答を特徴とする、Dolby処理能力を持つ、強力なスピーカで、優れた音質を提供する。

 ユーザは、音楽を、家の他の部屋に置かれた、複数のEchoスピーカに、同時に再生させることもできる。

・ユーザは、Alexaデジタル・アシスタントと互換性のある、Amazon製か、他のベンダの家庭用の監視カメラで、他の部屋にいる、幼児の様子を確認したり、玄関の外に設置されている、監視カメラで、訪問者を確認したり、することもできる。

・ユーザは、Alexaデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドで。照明やTVを付けたり、サーモスタットをセットしたり、Fire TV、Amazonビデオを制御したり、WeMo、Philips Hue、Sony、ecobee、および、他の互換性のある、スマート・ホーム・デバイスを、制御することもできる。

・8つのマイク、ビームフォーミング技術、および、ノイズの除去機能で、Echo Showスピーカは、音楽を再生している時にも、人間の声を聴いて、認識することができる。

・ユーザは、Uber、Allrecipes、CNNなど、さまざまな「Alexaスキル」を使用して、このEcho Showスピーカに、新たな機能やサービスを追加し、カスタマイズすることができる。

 例えば、ユーザは、Uberの配車サービス、Allrecipesの食事の配達サービス、および、CNNのTV番組を利用したりできるようになる。

・ユーザは、Echo Showスピーカに、「Alexa」と呼びかけることで、Alexaデジタル・アシスタントと会話できるようになる。

 「Amazon Echo Showスピーカの紹介」ビデオ

2)Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、Fire HD 10タブレットの特徴

Firehd
・価格:149.99ドル

・明るい、10.1インチの、1080pのフルHDディスプレイ(1920 x 1200)、最大で、1.8GHzのクアドコア・プロセッサ、2GBのRAM、および、最大10時間の寿命を持つバッテリーを装備している。

・10.1インチのディスプレイ(200万ピクセル以上の解像度)、ステレオ・スピーカ、Dolbyオーディオ、802.11ac Wi-Fi、フルHDビデオを装備している。

・ユーザは、グラフィカルな対話型ゲームをプレーできる。

・ユーザは、Kindle電子書籍や雑誌を読むことができる。

・ユーザは、Audibleオーディオ書籍を聴くことができる。

・ユーザは、オーディオやビデオのストリーミング・コンテンツを視聴できる。

・ユーザは、Alexaデジタル・アシスタントを通して、音声コマンド(フリーハンド)で、ビデオを再生したり、音楽を再生したり、アプリを起動したり、することができる。

・ユーザは、Alexaデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドで、スポーツの試合のスコア、天気予報、知りたいニュースなどを表示するよう、Alexaデジタル・アシスタントに依頼することもできる。

・ユーザは、Alexaデジタル・アシスタントを通して、ハンズフリーで、電話をかけたり、Fireタブレット、Echo Spotスピーカ、Echo Showスピーカ、あるいは、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、スマートフォンを持っている、家族や友達と、メッセージを交換したり、ビデオ・チャットしたり、音声チャットしたり、することもできる。

・32GBか64GBの内部ストレージ(最大256GBまで拡張可能)を搭載できる。microSDスロットを使用

・Primeメンバーなら、Amazonストリーミング・ビデオ・コンテンツを視聴することができる。

・Netflixの映画やShowtimeのTV番組を、契約することで、視聴することができる。

・ユーザは、数100万タイトルの映画、TV番組を視聴したり、楽曲を聴いたり、Kindle電子書籍や雑誌を読んだり、Androidアプリを利用したりできる。

・ユーザは、Netflix映画配信サービス、Facebookソーシアル・ネットワーク、HBOのTV番組配信サービス、Spotifyデジタル音楽配信サービスを利用することができる。

・Primeメンバーは、何千種類もの書籍や雑誌、何100万曲もの楽曲、何1000タイトルもの、映画やTV番組を、追加料金なく、無制限にアクセスすることができる。

・ユーザは、Amazonビデオ、Netflix、HBO NOW、Sling TVなどの映画やTV番組を楽しむことができる。

・ユーザは、Second Screanを使用して、何1000タイトルもの、TV番組や映画と、Amazonビデオ・コンテンツを、検索して、好みのタイトルを見つけて、Fire TVで、視聴することができる。

・ユーザは、ビデオを、どこでも視聴できる、On Deckを含む、Amazonの機能や、ビデオ・ストリーミング用のASAP、および、好みの映画やTV番組の舞台裏を視聴できるようにする、X-Rayで、ビデオ経験を拡張することができる。

・Primeメンバーは、ビデオを、ダウンロードして、視聴することができる。

・NetflixやShowtimeの契約者は、車などで、移動中にも、映画やTV番組を楽しむことができる。

・ユーザは、何100万冊もの、Kindle電子書籍や雑誌のタイトルから選択して、読むことができる。

 この内、100万以上のタイトルは、2.99ドル未満の価格である。

 9.99ドル/月で、Kindle書籍を、無制限で、読むことができる。

・Fire OSの特徴である、Blue Shadeで、バックライトの明るさを、自動的に、調節して、最適化することで、夜でも、読みやすく、スクリーン画面に、電子書籍を表示することができる。

・ユーザは、何千ものアーティストの、何100万もの楽曲を持つ、Amazon Digital Music Storeで、好みの音楽を見つけて、聴くことができる。

・ユーザは、Fireタブレットで購入した楽曲を、自分のMusic Libraryに、無料で、保存することができる。

・Primeメンバーは、7.99ドル/月で、Amazon Musicにおいて、無制限に、楽曲を利用することができる。

・ユーザは、ベスト・セラー、ロマンス、スリルなどの分野の、オーディオ書籍を、18万タイトル以上提供している、Audibleの、オーディオ書籍を聴くことができる。

・Fireタブレットは、ユーザが、最もポピュラーな、60万以上のゲーム、ソーシアル・メディア、プライムTV、映画プロバイダアプリなどを、アクセスできるようにする。

・Fireタブレットの、ユーザは、Candy Crush Saga、Township、Mobile Strikeを含む、トップ・タイトルから、選択できるようになる。

 「Amazon Fire HDの紹介」ビデオ

 消費者から見ると、Amazon Alexa音声対応デジタル・アシスタントを搭載した、Amazon Echo ShowスピーカとAmazon Fire HD 10タブレットは、極めて似た、機能を持ち、Webサービスを利用でき、同じように見えるような気がする。

 Amazon Echo ShowスピーカとAmazon Fire HD 10タブレットの、どちらを購入するか、悩んでいる、ユーザも多いだろう。

 多分、Amazon Echo Showスピーカの主な特徴は、スマート・ホーム・デバイスを、音声コマンドで、制御できることや、Alexaスキルを追加して、さまざまなサービスを利用できるよう、カスタマイズ可能なことだろう。

 これに対し、Amazon Fire HD 10タブレットの特徴は、Kindle電子書籍を読んだり、さまざまなストリーミング・コンテンツを視聴したり、グラフィカルな対話型のゲームを楽しんだりするのに、焦点を合わせた機能を持っていることだろう。

 消費者は、これら2種類のデバイスの、機能的な違いや、特徴をよく理解して、自分の目的にあった、デバイスを選択すべきだろう。

 ただし、2018年7月から、英語版のAlexaが、Fire HDタブレットで利用できるようになったようですが、日本語版のAlaxaが、Fire HDタブレットで提供開始される時期は、まだ発表されていません。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年7月 9日 (月)

SpotCam Ringビデオ・ドアベル '18.07.09

【SpotCam Ringビデオ・ドアベル】 '18.07.09

 By Touch of Modern
Spotcam1
 ユーザは、SpotCam Ringビデオ・ドアベルを玄関に設置することで、スマートフォン、タブレット、または、PCのコンパニオン・アプリを使用して、どこにいても、家の玄関にいる、誰かを確認したり、会話したりできるようになる。

 「SpotCam Ringビデオ・ドアベルの紹介」ビデオ

 HD高解像度ビデオと、双方向のオーディオ機能を備えた、SpotCam Ringを、玄関などに設置することで、ユーザは、外出中でも、オフィスで仕事をしていても、どこにいても、スマートフォンなどで、コンパニオン・アプリを使用して、あたかも、自宅にいるかのように、訪問者を確認したり、会話したり、対応したりできるようになる。
Spotcam1b
「SpotCam Ringビデオ・ドアベルの仕様」

・サイズ:高さ2.13インチ、幅5.83インチ

・モデル:SpotCam RingとSpotCam Ring Pro

・必要条件:ドアベルの有無に関わらず、Wi-Fiがあれば使用できる。

・電源:単三電池 x 4

・ビデオ解像度:SpotCam Ringが、720P HD、SpotCam Ring Proが、1080P Full HD

・視野角:SpotCam Ringが、130度、SpotCam Ring Proが、180度
130 Degree 180 Degree

・コンパニオン・アプリを使用して、ライブ・ビデオを見ることができる。

・コンパニオン・アプリを使用して、クラウド・ストレージに録画した、ビデオを再生することができる。

・イベント通知:訪問者、ローバッテリ、ケース取り外し、オフラインを、スマートフォンなどに、通知できる。

・薄暗くても、夜間でも、撮影できる、赤外線カメラを装備している。

・マイクとスピーカを持ち、スマートフォンなどの、コンパニオン・アプリで、双方向の会話ができる。

・温度の条件:摂氏、-30度から50度

・iOS用とAndroid用の、コンパニオン・アプリで利用できる。

・WEBブラウザでも、利用できる。

・無料のWi-Fi対応チャイム・スピーカが、同梱されている。

・1年間の保証

・台湾製

・価格(Amazon) : 1万6590円

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月25日 (月)

スマート・ウォータ '18.06.25

【スマート・ウォータ】 '18.06.25

 ptc

 ThingWorxとパートナーを組み、以下のような、ソリューションを構築することにより、水と廃水の処理、および、配水システムの、全体的な性能、品質、信頼性を向上させることができる。 2018年6月25日

Iot1a
・水道のパイプの監視&水漏れの検出

・水道のポンプステーションの遠隔監視と管理

・集中ネットワーク・インテリジェンス、監視と制御

・雨水の管理

・グレイウォーター(生活廃水)のリサイクル

 Thingworxとのパートナーから、スマート・ウォータ・ソリューション

・Aquamatixは、水と廃水の処理と、資産管理のための、リアルタイム・センサーと、システム・データを統合する、ソリューションを開発した。

・ThingFarmは、リアルタイムの水質と化学物質を監視するための、ソリューションを開発した。

 スマート・ウォータ - スマート・シティ : クリーンテック・イベント

・住民のために、十分な新鮮で、清潔な水を生産するためには、都市が、水道システムの基本的コンポーネントを改善することが重要である。

・専門家は、地下の水道のパイプの位置を特定し、地図を描く方法から、水漏れを追跡して、分析する計器まで、あらゆることを議論している。

 「スマート・ウォータ - スマート・シティ : クリーンテック・イベント」紹介ビデオ

 IoTプラットフォームは、スマート・ウォータ・ソリューションを可能にする。

 ThingWorxは、先進の分析と、データの視覚化を通して、より良い、エネルギーと資産管理を可能にする。

 「IoTプラットフォーム上に開発する理由」紹介ビデオ

 スマート・ウォーター・ソリューションを、以下に示す。

・DNP3のような、代表的な業界標準プロトコルで、機器を制御するための、リアルタイムなアクセスと接続性

・配水ラインの流量や水圧の監視

・水漏れや、水の盗難を検出するための分析

・予測、予防的な保守、および、異常検出

・資産監視とサプライ・チェーンの最適化

・運用データと資産の健全性を、より良く視覚化するための、拡張現実(AR)機能

 ThingWorxは、上水と下水の管理における、専門知識と応用に注力できるようにする、必要なIoTプラットフォームのコンポーネントの、すべてを提供する。

 また、ThingWorxは、都市、ユーティリティ、水道サービス、産業に、最も強固で、コスト効果的なソリューションを提供する。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年4月19日 (木)

機械学習エンジニアを目指す人~初中級者のための技術情報サイト、「Deep Insider」を紹介します。 '18.04.19

【機械学習エンジニアを目指す人~初中級者のための技術情報サイト、「Deep Insider」を紹介します。】 '18.04.19

Deepinsiderlogowithicon_black
 By (株)デジタルアドバンテージ(Digital Advantage)

 機械学習エンジニアを目指す人~初中級者のための技術情報サイト、「Deep Insider」では、現在、マナブ&AI博士と学ぶ、深層学習のチュートリアルとして、「Deep Learnig 概要」と「TensorFlow 入門」が、提供されています。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年3月28日 (水)

チーム・コラボレーション・ソリューション、IBM Watson Workspace '18.03.28

【チーム・コラボレーション・ソリューション、IBM Watson Workspace】 '18.03.28

 IBM Watson Workspaceは、Watsonの認知能力を組み込んだ、チーム・コラボレーション・ソリューションである。

 現在、45ヵ国の、20種類の産業において、ユーザは、ワークフローに知性を組み込んだ、IBMのWatsonと協調し、専門知識を拡大させ、コミュニケーションを円滑にすることが、できるようになっている。

 Watsonは、特定のビジネス用語を含んだ、ユーザの会話を理解し、ユーザが、作業場所や作業内容などのコンテキストに基づいて、適切に意志決定するのを支援する。

 また、Watsonは、ユーザとの対話を学習し、毎日の作業を合理化し、ノイズを除去し、会話の優先付けを行い、ユーザが、生産性を向上できるようにする。

 Watsonは、起こっていることの、すべて要約し、最も重要なことを強調することで、ユーザが、チームの状況を、すぐに把握できるようにし、チームと協調して作業できるようにする。

1.チームのメンバーが、あらゆるデバイスで、直接、メッセージを交換できるようになる。

Ibm21
 Watson Workspaceは、ユーザが、チームと会話したり、パートナーと仕事をしたり、イベントを調整したりするための場を作成できるようにする。

 Watson Workspaceは、ユーザが、直接メッセージを送信したり、チームのメンバーや、パートナーなどと、1対1で、音声、ビデオ、テキストで、チャットしたり、できるようにする。

 Watson Workspaceは、誰と仕事をしていても、ユーザが、チームのメンバーなどと、シームレスにコミュニケートできるよう支援する。

2.情報を、容易に見つけて、共有できるようにする。

Ibm22
 メッセージングだけでなく、ユーザは、Watson Workspaceを使用して、プレゼンテーション、スクリーン画面のキャプチャ、または、アニメーションGIFなども、共有することができるようにする。

 また、Watson Workspaceは、ユーザが、Watsonの検索機能を使用して、会話全体の任意のメッセージやファイルを検索できるようにする。

3.ユーザが、チームに追い付けるよう支援する。

Ibm23
 スマートな要約機能、Momentsを使用して、Watsonは、会話を要約し、重要な行動、質問、話題、および、人々を強調し、ユーザが、チームに追い付くのを支援する。

4.会話を行動に変えられるよう支援する。

Ibm23b
 Watson Workspaceの会話から、ユーザが、他のツールを使用して、容易に行動が取れるようにする。

 Watsonは、ユーザが、Watsonを活用して、ビジネス会話における、重要な言語を特定したり、迅速な行動を推奨したりするための、カスタム・アプリを構築したり、できるよう支援する。

5.摩擦のない、ビデオ会議ができるようにする。
Ibm24_2
 ユーザは、Watson Workspace内から、代表的で、ポピュラーなビデオ会議アプリ、Zoomを起動することで、あらゆる場所にいる、企業のチームに、最良の、生産性とコミュニケーション能力をもたらすことができるようになる。

6.業務のニーズに合ったアプリを構築できるよう支援する。

 Watson Workspaceを使用して、ユーザは、業務の特定のニーズを満たす、アプリを構築できるようになる。

 使い易いAPIを使用して、ユーザは、協調的な能力を拡張でき、AI機能を組み込んだ、アプリを構築できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月30日 (木)

AmazonのEcho Dot 2スピーカとEcho Spotスピーカの紹介 '17.11.30

【AmazonのEcho Dot 2スピーカとEcho Spotスピーカの紹介】 '17.11.30

 AmazonのEcho Dot 2スピーカとEcho Spotスピーカの紹介

1.Echo Dot 2(第2世代)スピーカ
Echo1a_2・色 : 黒と白

・価格 : 49.99ドル

・Echo Dot 2(第2世代)スピーカは、Alexaデジタル・アシスタントを搭載しており、ユーザは、ハンスフリーの音声コマンドで、音楽を再生したり、スマート・ホーム・デバイスを制御したり、メッセージを確認したり、メッセージを送受信したり、情報を提供したり、ニュースや天気予報などを確認したり、アラームをセットしたり、Audibleのオーディオブックを聴いたり、Fire TVのAmazonビデオを制御したりすることができる。

・ユーザは、Echo Dot 2スピーカを、Bluetoothかステレオ・ケーブルで、スピーカかヘッドフォンに接続し、Amazon Music、Spotify、Pandora、iHeartRadio、および、TuneInから、音楽を再生することができる。

・SpotifyやSirius XMのサポートで、ユーザは、音楽を、Echoスピーカや通常のスピーカで、同時に再生することができる。

・ユーザは、ハンズフリーで、他のEchoスピーカのユーザとオンラインで会話をしたり、メッセージを確認したり、送受信したりすることができる。

・ユーザは、AmazonのFire TVを、音声コマンドで、制御することができる。

・ユーザは、Echoスピーカと互換性がある、WeMo、Philips Hue、Sony、Samsung SmartThings、Nestといったベンダの、照明、ファン、TV、スイッチ、サーモスタット、ガレージのドア、スプリンクラー、ドアの鍵などを、音声コマンドで、制御することができる。

・Echo Dot 2スピーカは、7つのマイクを装備しており、ユーザは、部屋のどこに居ても、音楽を再生中でも、音声コマンドを聞き、解釈して、処理し、応答することができる。

・ユーザは、Echo Dot 2スピーカを、音声コマンドで操作できる、スマートな目覚まし時計や、台所のアシスタントなどにして、利用することができる。

・ユーザは、Echo Dot 2スピーカで、Uber、Domino's、DISHのような、さまざまなスキルで、新たな機能を追加することで、音声コマンドで、Uberの配車サービスを利用したり、Dominoのピザを注文したり、AmazonのDISHでオンライン・ショッピングしたりできるようになり、よりスマートになる。

2.Echo Spotスピーカ

Echo1b
・色 : 黒と白

・価格 : 129.99ドル

 予約注文中(日本への出荷は不可)

・Echo Spotスピーカは、家のどこにでも置けるようなデザインである。

・ユーザは、Echo Spotスピーカの、Alexaデジタル・アシスタントの、第2世代の音声認識機能と、タッチ・スクリーン操作を使用して、ビデオ・フラッシュ・ブルーフィングを観たり、歌の歌詞、天気予報、予定表や買い物リストなどを見たり、することができる。

・ユーザは、Echo Spotスピーカの、Alexaデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドや、タッチ・スクリーン操作で、音楽を再生したり、スマート・ホーム・デバイスを制御したり、メッセージを確認したり、メッセージを送受信したり、情報を提供したり、ニュースや天気予報などを確認したり、アラームをセットしたり、Audibleのオーディオブックを聴いたり、することができる。

・ユーザは、Echo Spotスピーカの、Alexaデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドや、タッチ・スクリーン操作で、音楽を再生したり、ニュースを読んだり、スマート・ホーム・デバイスを制御したり、することができる。

・ユーザは、音声コマンドや、タッチ・スクリーン操作で、Amazon Musicで、題名、作曲家、作詞家、ジャンルなどで、聴きたい楽曲を検索したり、歌詞を見たり、楽曲を再生するよう依頼したり、することができる。

・ユーザは、音声コマンドや、タッチ・スクリーン操作で、Pandora、Spotify、TuneIn、iHeartRadio、および、Audibleで、ストリーミング音楽やオーディオブックを利用することができる。

・ユーザは、Echo Spotスピーカを、Bluetoothかステレオ・ケーブルで、スピーカかヘッドフォンに接続し、複数の部屋で、Amazon Music、Spotify、Pandora、iHeartRadio、および、TuneInから、音楽を再生することができる。

・ユーザは、Echoスピーカと互換性がある、WeMo、Philips Hue、Sony、Samsung SmartThings、Nestといったベンダの、照明、監視カメラ、サーモスタット、ドアの鍵などを、音声コマンドや、タッチ・スクリーン操作で、制御することができる。

 例えば、ユーザは、音声コマンドや、タッチ・スクリーン操作で、家の照明を制御したり、ベビー・モニタで、幼児の状況を確認したり、玄関のドアの監視カメラで、訪問者を確認したり、することができる。

 また、ユーザは、音声コマンドや、タッチ・スクリーン操作で、サーモスタット、ガレージのドア、スプリンクラーなどを制御することもできる。

・ユーザは、Echo Spotスピーカ、Echo Showスピーカ、あるいは、PCやスマートフォンのユーザと、Alexaアプリを使用して、ハンズフリーの音声コマンドで、ビデオ電話をすることができる。

・ユーザは、Echo Spotスピーカに、Uber、Domino's、DISHのような、さまざまなスキルで、新たな機能を追加することで、音声コマンドや、タッチ・スクリーン操作で、Uberの配車サービスを利用したり、Dominoのピザを注文したり、AmazonのDISHでオンライン・ショッピングしたりできるようになり、よりスマートになる。

 「Amazon Echo Spotスピーカの紹介ビデオ」

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月27日 (月)

Bingマップにおいて、利用できるようになった、「バードアイ」画像区域の紹介 '17.11.28

【Bingマップにおいて、利用できるようになった、「バードアイ」画像区域の紹介】 '17.11.28

 Bingブログ 2017年11月21日

 このホリデー・シーズンの年末休暇に向かう前に、ユーザは、Bingマップの「バードアイ」画像機能を使用して、Bingマップ上の、特別に場所を、プレビューできるようになる。

 ユーザは、旅行する前に、大都市圏を下見するために、「バードアイ」画像と共に、より高い解像度の航空写真の「斜め画像」と、地図を利用することができる。

 ユーザは、Bingマップで、「バードアイ」画像を見ることができる。

 新しい「バードアイ」画像は、より高画質の画像と、より良い総合的なユーザ経験を提供する。

 Bingマップの「バードアイ」は、極めて高解像度の、「斜め画像」を提供する。

 「斜め画像」は、航空写真の2次元画像を補完する。

 今回のリリースで、Bingマップにおいて、「バードアイ」経験を体験できる、区域は、450ヶ所を超えた。

  「バードアイ」画像の視野は、建物の外観を、ランドマークとして使用できるので、ユーザに、より良いナビゲーション経験を提供する。

 開発者は、Bingマップの「バードアイ」製品を、「Bing Maps SDK」において利用できる。

 航空機に搭載した、UltraCam Ospreyカメラを使用して、撮影された、Bingマップ用の高解像度画像は、世界の15ヵ国で利用可能である。

 新たな「バードアイ」画像の区域の紹介

1)Ferryビル、San Francisco、CA

B1
2)Sculpture Park、Denver、CO

B2
3)Wrigley Field、Chicago, IL

B3
4)The Strip、Las Vegas, NV

B4

5)The Gateway Arch、St. Louis, MO

B5
6)Disney Worldの魔法の王国、Orlando, F

B6
8)Charters Street, New Orleans, LA

B7_2

9)The Pantheon、イタリア

B8

10)Graceland、Memphis、TN

B9
 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年10月14日 (土)

Facebook Spacesの紹介 '17.10.14

【Facebook Spacesの紹介】 '17.10.14

 Facebook Spacesと呼ばれる、Webサービスは、ユーザが、Oculus Riftや、Samsung Gear VRといった、VRヘッドセットを使用して、仮想の世界に入り、自分を表現し、友達とつながり、思い出を共有し、創造的になり、瞬間を捕え、友達と、360度の仮想的な空間を体験できるようにする。

 「Facebook Spacesの紹介ビデオ」

 「Facebook Spaces」をサポートした、VRヘッドセットを使用して、「Facebook Spaces」サービスで体験できること

1.仮想現実(VR)の世界に入る。
Reu1_3
 ユーザは、Facebookに登録した写真を使用して、自分の外見を作成し、カスタマイズできるようになる。

2.自分自身を表現する。
Reu2_2 ユーザは、仮想現実(VR)の世界から、現実の世界に行き、自分自身を表現できるようになり、友達は、リアルタイムに、Facebookで、フォローできるようになる。

3.友達とつながる。

Reu3
 ユーザは、友達と、仮想現実(VR)の世界で、Messengerビデオで通話したり、現実の世界でも、ビデオ通話をしたりできるようになる。

4.思い出を共有する。
Reu5
 ユーザは、仮想現実(VR)の世界で、友達と出会い、友達に、Facebookの写真やビデオを見せることができるようになる。

5.創造的になる。
Reu6
 ユーザは、3次元のオブジェクトを描き、新たなレベルで、自分の創造性を表現できるようになる。

6.瞬間を捕える。
Reu7
 ユーザは、気に入った写真や、自撮り写真など、さまざまな瞬間の思い出を作成し、仮想現実(VR)の世界で、Facebookの友達と共有できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年9月30日 (土)

Amazonの新たなEchoスピーカと、Echoスピーカと連動し、ゲームをしたり、電話をしたりできるようにする、新たなデバイスの紹介(1) '17.09.30

【Amazonの新たなEchoスピーカと、Echoスピーカと連動し、ゲームをしたり、電話をしたりできるようにする、新たなデバイスの紹介(1)】 '17.09.30

 Amazonは、新たなEchoスピーカと、Echoスピーカと連動し、ゲームをしたり、電話をしたりできるようにする、新たなデバイスを紹介した。

1.第2世代のEchoスピーカ

E1_2
1)価格:99.99ドル

2)色: チャコール織り、ヘザーグレー織り、オーク仕上げ、サンドストーン織り、シルバー仕上げ、ウォールナット仕上げ

3)機能

・音声コマンドで、音楽を再生したり、音声チャットしたり、アラームや予定を設定したり、予定を確認したり、天気や渋滞状況などを確認したり、スポーツの試合のスコアをチェックしたり、買い物リストを管理したり、スマート・ホーム・デバイスを制御したりすることができる。

・Amazon Music、Spotify、Pandoraなどから、タイトル、アーティスト、ジャンルで、楽曲を探し出して、再生することができる。

・オーディオ書籍やラジオ放送のニュースなどを聴くことができる。

・ハンズフリーで、電話をしたり、メッセージを送信したりできる。

・Dolbyを搭載した、Echoスピーカで、室内を、360度無指向性のオーディオで、満たし、鮮明なボーカルとダイナミックな、低音レスポンスを実現している。

・7つのマイク、ビームフォーミング技術、ノイズ・キャンセラーを持ち、Echoスピーカは、音楽を再生中でも、任意の方向から、ユーザの声を拾うことができる。

・音声コマンドで、互換性のある、スマート照明、サーモスタット、ガレージのドア、スプリンクラーなどを制御するよう、Alexaに依頼することができる。

・Alexaデジタル・アシスタントは、常に、学習し、新たな機能やスキルを追加しており、ユーザの嗜好や要求に、さらに適合するようになる。

・Alexaデジタル・アシスタントに、TVの制御、Uberの配送車の予約、ピザの注文などを、依頼することができる。

2.Echo Plusスピーカ
E2_2
1)価格:149.99ドル(定価:164.98ドル)

2)色: シルバー

3)機能

・音声コマンドで、音楽を再生したり、音声チャットしたり、アラームや予定を設定したり、予定を確認したり、天気や渋滞状況などを確認したり、スポーツの試合のスコアをチェックしたり、買い物リストを管理したり、スマート・ホーム・デバイスを制御したりすることができる。

・音声コマンドで、互換性のある、スマート照明、サーモスタット、ガレージのドア、スプリンクラーなどを制御するよう、Alexaに依頼することができる。

・別のハブを必要とすることなく、Philips Hue、GE、Kwiksetなどの、デバイスをセットアップできる。

・コネクティッド・デバイスを発見するよう、Alexaに、依頼できる。

・Amazon Music、Spotify、Pandoraなどから、タイトル、アーティスト、ジャンルで、楽曲を探し出して、再生することができる。

・オーディオ書籍やラジオ放送のニュースなどを聴くことができる。

・ハンズフリーで、電話をしたり、メッセージを送信したりできる。

・Dolbyを搭載した、Echoスピーカで、室内を、360度無指向性のオーディオで、満たし、鮮明なボーカルとダイナミックな、低音レスポンスを実現している。

・7つのマイク、ビームフォーミング技術、ノイズ・キャンセラーを持ち、Echoスピーカは、音楽を再生中でも、任意の方向から、ユーザの声を拾うことができる。

・Alexaデジタル・アシスタントは、常に、学習し、新たな機能やスキルを追加しており、ユーザの嗜好や要求に、さらに適合するようになる。

・Alexaデジタル・アシスタントに、TVの制御、Uberの配送車の予約、ピザの注文などを、依頼することができる。

3.Echo Spotスピーカ(2017年12月19日にリリース予定)

E3_3
1)価格:129.99ドル

2)色:黒、白

3)機能

・家の何処にでも、フィットする、デザインである。

・第2世代の音声認識機能を使用して、音声コマンドで、ビデオ・フラッシュ・ブリーフィングを見たり、歌詞、天気予報、予定表、買い物リストなどを確認したりできる。

・ハンズフリーで、Audibleオーディオ書籍などを、ブラウズし、聞くことができる。

・音声コマンドで、音楽を再生したり、ニュースを読んだり、スマート・ホーム・デバイスを制御したりすることができる。

・音声チャットしたり、アラームや予定を設定したり、予定を確認したり、天気や渋滞状況などを確認したり、スポーツの試合のスコアをチェックしたり、買い物リストを管理したり、スマート・ホーム・デバイスを制御したりすることができる。

・Amazon Music、Spotify、Pandoraなどから、タイトル、アーティスト、ジャンルで、楽曲を探し出して、再生することができる。

・Bluetoothか、3.5㎜のステレオ・ケーブルを通して、他のスピーカに、接続することができる。

・音声コマンドで、監視カメラを通して、幼児やお年寄り、あるいは、玄関の様子を確認することができる。

・音声コマンドで、互換性のある、スマート照明、サーモスタット、ガレージのドア、スプリンクラーなどを制御するよう、Alexaに依頼することができる。

・Echo Spot、Echo Show、あるいは、Alexaアプリを使用して、にハンズフリーで、家族や友人などと、ビデオ電話をすることができる。

・Alexaデジタル・アシスタントは、常に、学習し、新たな機能やスキルを追加しており、ユーザの嗜好や要求に、さらに適合するようになる。

・Alexaデジタル・アシスタントに、TVの制御、Uberの配送車の予約、ピザの注文などを、依頼することができる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年9月20日 (水)

Z-Waveとは '17.09.20

【Z-Waveとは】 '17.09.20

 Z-Waveは、スマート・ホームで使用される、デバイス間の無線通信用プロトコルである。

 Z-Waveネットワークは、シグナリングと制御に、高周波(RF)を使用する。

Zwave1
 Z-Waveプロトコルは、デンマークを拠点とする、スタートアップ、Zensysにより開発され、2004年にリリースされた。

 Zigbeeプロトコルのコンセプトに基づいている、Z-Waveプロトコルは、Zigbeeプロトコルよりも、シンプルで、安価なデバイスを構築することに努力している。

 カリフォルニア州ミルピタスのSigma Designsは、2009年に、ZensysとZwaveを買収した。

 現在、何10社かの、メーカが、照明制御などの分野において、Z-Waveプロトコル互換のデバイス製品を作成している。

 Z-Waveネットワークは、メッシュ・ネットワーキング技術を使用して、米国では、908.42MHzで、ヨーロッパでは、868.42MHzで動作する。

 Z-Waveネットワークは、複数のプロファイルを使用して運用されるが、メーカは、相互運用性を主張している。

 特定のメーカの一部の製品が、他のメーカの製品と互換性がないため、ユーザは、製品を選択する際に、注意が必要である。

 Z-Waveネットワークは、GFSK変調とマンチェスター・チャネル・エンコーディングを利用している。

 セントラル、ネットワーク・コントローラ、デバイスは、Z-Waveネットワークをセットアップし、管理する必要がある。

 スマート・ホームの、各デバイス製品は、Z-Waveプロトコルで、制御される前に、Z-Waveネットワークに、接続する必要がある。

 各Z-Waveネットワークは、「Network ID」により特定され、各デバイス製品は、「Node ID」により特定される。

 「Network ID」は、論理的なZ-Waveネットワークに属する、あらゆるノードの、共通識別である。

 異なった「Network ID」を持つ、ノード同士は、相互に通信できない。

 「Node ID」は、ネットワーク内で、既存のデバイス/ノードに対応する。

 「Node ID」の長さは、1バイトである。

 Z-Waveネットワークは、ソースルートのメッシュ・ネットワーク・トポロジを使用し、1つの主コントローラを持っている。

 副コントローラは、存在できるが、オプションである。

 デバイスは、中間ノードを使用して、障害物を回避することによって、相互に、通信できる。

 障害の修復プロセス中には、遅延が観測される。

 ノードAからノードCへのメッセージは、2つのノードが、範囲内にない場合でも、第3のノードBが、ノードAおよびCと通信できることを条件として、正常に配信される。

 優先ルートが利用できない場合、メッセージ発信者は、ノードCへのパスが見つかるまで、他のルートを試みる。

 このため、Z-Waveネットワークは、単一のユニットの無線範囲よりも、遥かに広がることができる。

 しかし、これらのホップのいくつかでは、制御コマンドと、望ましい結果との間に、わずかな遅延が発生することがある。

 Z-Waveネットワークには、最大232個のデバイスを構成できる。

 さらに、多くのデバイスが必要な場合は、ネットワークをブリッジする、オプションが用意されている。

 Z-Waveプロトコルは、Z-Waveネットワーク内のすべてのデバイスが、本来の検出された位置に留まり、移動しないことを前提としている。

 このため、リモコンなどの、モバイル・デバイスは、ルーティングから除外される。

 Z-Waveは、移動、または、削除されたデバイスによって、引き起こされた、壊れたルートを修復するために、「explorer frame」使用できる、ネットワーク発見メカニズムを追加した、最新版のZ-Waveプロトコルをリリースした。

 「Z-Wave無線通信プロトコルの紹介ビデオ」

 ベストセラーのアプライアンス

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2