IT関連のWebサイト

2021年1月23日 (土)

Project Connected Home over IP(CHIP)」の紹介 '21.01.23

【Project Connected Home over IP(CHIP)」の紹介 '21.01.23

 By connectedhomeip

1.CHIPとは何だろう?

 「Project Connected Home over IP(CHIP)」は、Zigbee Alliance内における、新たなワーキング・グループである。

 このワーキング・グループは、基本的なデザインとして、セキュリティを強化した、スマート・ホーム製品間で、互換性を向上させている、新たな、ロイヤリティ・フリーの接続性の標準仕様である、「Connected Home over IP(CHIP)」を開発し、標準化を促している。

 CHIP規格を標準化することで、さまざまなメーカの、さまざまなデバイス同士が、相互に接続され、相互に連携できるようになる。

2.「Connected Home over IP(CHIP)」プロジェクトの目的は、何だろう?

 Amazon、Apple、Google、および、Zigbee Allianceは、ワーキング・グループの形成を推進し、接続性の標準仕様を開発し、標準化することに取り組んでいく。

 Zigbee Allianceの役員会のメンバー企業である、IKEA、Legrand、NXP Semiconductors、Resideo、Samsung SmartThings、Schneider Electric、Signify(以前のPhilips Lighting)、Silicon Labs、Somfy、および、Wulianも、「Project Connected Home over IP(CHIP)」ワーキング・グループに、役員会のメンバーとして参加する。

Chip0d


 「Connected Home over IP(CHIP)」プロジェクトの目標は、主に、メーカのために、デバイス同士が接続し、相互連携できるようにするためのプロトコルを開発し、標準化することである。

 これにより、消費者は、さまざまなメーカのデバイスを購入し、相互に接続して、相互運用できるようになる。

 例えば、あるメーカの、家庭用の監視カメラが、何かの動きを検知したり、煙検知機が、煙を検知したりすると、別のメーカの、スマートフォンや、スマート・ディスプレイなどのユーザに、通知してくれるようになる。

 CHIPプロトコルは、どのメーカのスマート・ホーム・デバイスでも、安全で、信頼性があり、相互に接続して、相互に連携できるようにする、共通の信念に基づいて、構築されている。


図1)「Connected Home over IP(CHIP)プロトコル」のレイヤ

 アプリケーション層
 トランスポート層 (TCP、UDP)
 インターネット層 (IPv6)
 ネットワーク・インタフェース層 (イーサネット、Wi-Fiなど)

Ces2b_20210124084601


 Internet Protocol(IP)上に構築することにより、このCHIPプロジェクトは、スマート・ホーム・デバイス、モバイル・アプリ、および、クラウド・サービスに渡る、コミュニケーションを可能にすることを狙っている。

 また、このCHIPプロジェクトは、デバイスの認証用に、IPベースのネットワーキング技術の特別のセットを定義することも、目的にしている。

 CHIPプロジェクトのワーキング・グループは、新たな、統一された接続性プロトコルの、開発と実装に対し、オープンソースのアプローチを取るだろう。

 このCHIPプロジェクトは、Amazon、Apple、Google、Zigbee Alliance、および、他のベンダからの、スマート・ホーム技術が、相互接続標準化プロトコル、CHIPで相互に接続し、相互に運用できるようにすることに貢献している。

 この相互接続標準化プロトコルを使用して、さまざまなベンダのデバイスや技術を活用するために、これらのCHIPプロジェクトの、メンバーが、CHIPプロトコルの標準仕様の開発を加速させることが、期待されている。

 CHIPプロトコルの標準化により、さまざまなメーカのデバイス同士を接続し、相互連携できるようにすることで、消費者は、どのメーカのデバイスでも、利用できるようになる。

 また、このCHIPプロジェクトは、デバイスのメーカが、スマート・ホームや、AmazonのAlexa、AppleのSiri、GoogleのAssistantといった、代表的な音声対応デジタル・アシスタントと互換性のある、デバイスを構築できるようにすることにも、取り組んでいる。

 このCHIPプロトコルの、最初の仕様のリリースは、Wi-Fi、Thread、BLEといった、既存の技術を補完するだろう。

 「Connected Home over IP(CHIP)」ワーキング・グループのメンバーは、今日、利用できる、デバイスのメーカが、標準化された、CHIPプロトコルを使用して、革新を続けることを促している。
 
3.オープン・ソース

 新たな標準の参照実装と、サポート・ツールは、この仕様のあらゆる観点に対し、GitHubオープン・ソース・プラットフォーム上に、開発され、維持されるようになる。

 より多くの情報は、GitHubリポジトリを訪問のこと。

デル株式会社

2020年12月27日 (日)

Facebookのスマート・ディスプレイのPortalシリーズ '20.12.27

【Facebookのスマート・ディスプレイのPortalシリーズ】'20.12.27

 Facebookのスマート・ディスプレイのPortalシリーズには、Portal、Portal Mini、Portal TV、および、Portal+がある。

Fbp1z

 By Facebook

 Facebookのスマート・ディスプレイ、「Portal」には、Amazonの「Alexa」デジタル・アシスタントが組み込まれており、ユーザは、音楽を聴いたり、玄関のドアをチェックしたり、自分の気に入った写真を表示したり、拡張現実(AR)効果を利用して、物語を、子供に読んで聞かせたり、できるようになる。

 Facebookの、スマート・ディスプレイ、Portalは、ビデオ通話などを行うための、よりスマートな方法を提供する。

1.Portal TV

Fbp1x_20201227151001


1)特徴:通常の大画面TVで、Facebook Portalの機能を利用できるようにする。

 例えば、ユーザは、スマート・ビデオ通話機能を、通常のTVで、利用可能になる。

2)価格:149ドル

3)機能(通常の大画面TVで、利用できる)

・スマート・ビデオ通話で、例えば、人の動きを検出し、自動的に、被写体を追跡することが可能になる。

・Story Timeで、ユーザは、音楽、アニメ、拡張現実(AR)効果を持たせて、物語を、朗読することが可能になる。

・拡張現実(AR)体験で、ユーザは、映像に、ARマスクなどの効果を付けたり、さまざまな情報を付加したり、できるようになる。

・Facebook Watchで、ユーザは、プロや企業や団体が作成した、「Facebookページ」の動画を、まとめてチェックできるようになる。

4)利用できるビデオ通話アプリ

・Messenger
・WhatsApp

・@workplace

5)スマート・カメラ

・12.5 MP
・120度の視野

6)サイズ:1.25” h x 7.5” w x 2.25” d

2.Portal
Fbpa1b2


1)特徴:10インチのHDディスプレイで、Facebook Portalの機能を利用することができる。

2)価格:179ドル

3)機能

・スマート・ビデオ通話で、例えば、人の動きを検出し、自動的に、被写体を追跡することが可能になる。

・Story Timeで、ユーザは、音楽、アニメ、拡張現実(AR)効果を持たせて、物語を、朗読することが可能になる。

・拡張現実(AR)体験で、ユーザは、映像に、ARマスクなどの効果を付けたり、さまざまな情報を付加したり、できるようになる。

・Facebook Watchで、ユーザは、プロや企業や団体が作成した、「Facebookページ」の動画を、まとめてチェックできるようになる。

 部屋の照明と色に、マッチする、10インチHDアダプティブ・ディスプレイに加え、前面のポーティング・ステレオ・スピーカと、背面のウーファが、装備されている。

4)利用できるビデオ通話アプリ

・Messenger
・WhatsApp

・Zoom
・@workplace
・BlueJeans
・GoToMeeting

5)スマート・カメラ

・13 MP
・114度の視野

6)サイズ:7.03” h x 10.23” w x 5.56” d (landscape)

3.Portal+

Fbpa1c


1)特徴:15.6インチの、比較的大きな、HDディスプレイで、Facebook Portalの機能を利用することができる。

2)価格:279ドル

3)機能

・スマート・ビデオ通話で、例えば、人の動きを検出し、自動的に、被写体を追跡することが可能になる。

・Story Timeで、ユーザは、音楽、アニメ、拡張現実(AR)効果を持たせて、物語を、朗読することが可能になる。

・拡張現実(AR)体験で、ユーザは、映像に、ARマスクなどの効果を付けたり、さまざまな情報を付加したり、できるようになる。

・Facebook Watchで、ユーザは、プロや企業や団体が作成した、「Facebookページ」の動画を、まとめてチェックできるようになる。

15.6インチで、HDの回転スクリーンに加え、4インチのウーファが、部屋を、重低音と豊かなサウンドで満たす。

4)利用できるビデオ通話アプリ

・Messenger
・WhatsApp

・Zoom
・@workplace
・BlueJeans
・GoToMeeting

5)スマート・カメラ

・12.5 MP
・114度の視野

6)サイズ:17.71” h x 5.73” w x 8.78” d (portrait)

4.Portal Mini
Fbpa1d


1)特徴:8インチの、小さなHDディスプレイで、Facebook Portalの機能を利用することができる。

2)価格:179ドル

3)機能

・スマート・ビデオ通話で、例えば、人の動きを検出し、自動的に、被写体を追跡することが可能になる。

・Story Timeで、ユーザは、音楽、アニメ、拡張現実(AR)効果を持たせて、物語を、朗読することが可能になる。

・拡張現実(AR)体験で、ユーザは、映像に、ARマスクなどの効果を付けたり、さまざまな情報を付加したり、できるようになる。

・Facebook Watchで、ユーザは、プロや企業や団体が作成した、「Facebookページ」の動画を、まとめてチェックできるようになる。

 部屋の照明と色に、マッチする、8インチHDアダプティブ・ディスプレイに加え、前面のポーティング・ステレオ・スピーカと、背面のウーファが、装備されている。

4)利用できるビデオ通話アプリ

・Messenger
・WhatsApp

・Zoom
・@workplace
・BlueJeans
・GoToMeeting

5)スマート・カメラ

・13 MP
・120度の視野

6)サイズ:5.91” h x 8.45” w x 5.0” d (landscape)

デル株式会社

2020年12月25日 (金)

FacebookのPortalは、ビデオ通話などを行うための、よりスマートな方法を提供する。(1)'20.12.25

【FacebookのPortalは、ビデオ通話などを行うための、よりスマートな方法を提供する。(1)】'20.12.25

 Facebookの、スマート・ディスプレイ、Portalは、ビデオ通話などを行うための、よりスマートな方法を提供する。

 By Facebook

 ユーザは、Amazonの「Alexa」デジタル・アシスタントを組み込んだ、Facebookのスマート・ディスプレイ、「Portal」を使用して、音楽を聴いたり、玄関のドアをチェックしたり、自分の気に入った写真を表示したり、拡張現実(AR)効果を利用して、物語を、子供に読んで聞かせたり、できるようになる。

1.Facebook Portalのスマート・カメラとスマート・サウンドの機能

 スマート・カメラは、パンとズームをして、人の動きを捉え、誰もが写るように、自動的に調整する。

 スマート・サウンドは、バックグラウンドの雑音を、最小限にして、人が話している声を、良く聞こえるようにする。

 スマート・カメラは、「チョット、あなたが見えないけど」と、言われる前に、自動的に、カメラの前にいる人の動きを検知し、パンやズームして、見えるように調節する。

 スマート・カメラは、自動的に、人の動き(例えば、キッチンを動き回ったり、居間で、幼児を追いかけたりする)に合わせて、ちゃんと写るように調節する。

 このため、ユーザは、室内で自由に動き回っても、常に、フレーム内に、留まるようになる。

 スマート・カメラは、誰かが、部屋に入ると、スマート・カメラは、自動的に、誰もが、被写体に収まるよう、パンやズームして、調節する。

 スマート・サウンドで、ユーザは、他のユーザや、Alexaと、自由に会話できるようになる。

 スマート・サウンドは、バックグラウンドの雑音を最小限にして、誰かが話す声を、よく聞こえるようにする。

 ユーザは、FacebookのPortalの、スクリーンをタップしたり、スライド・スイッチを切り換えたりすることで、カメラとマイクを、オン/オフすることができる。

 カメラとマイクが、オフになっていることは、レンズの横の、ライトが赤く点灯することで、確認できる。

Fbp1a

2.MessengerとWhatsAppで、ビデオ通話を行う。

 FacebookのPortalユーザは、Portalを持っていない、家族や友達とも、スマートフォンやタブレットで、MessengerやWhatsAppを使用して、容易に、ビデオ通話できるようになる。

 FacebookのPortalユーザは、最新の「Messenger Rooms」機能を使用して、最大50人の人たちと、ビデオ通話を開始できるようになる。

Fbp1b


3.FacebookのPortalには、Amazonの「Alexa」デジタル・アシスタントが、組み込まれている。

 FacebookのPortalには、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントが、組み込まれているので、Portalユーザは、音声コマンドを使用して、玄関のドアを確認したり、スマート・ホームを制御したり、気に入った音楽を聴いたり、気になるニュースや天気予報を確認したり、タイマーをセットしたり、できるようになる。

 FacebookのPortalで、Amazonの「Alexa」デジタル・アシスタントと会話しよう。

 ユーザは、Alexaデジタル・アシスタントを使用すると、1日の生活が、より容易になる。

 Facebookの「Portal」に組み込まれた、「Alexa」との対話を通して、ユーザは、スマート・ホームを制御したり、自分の生活を管理したり、できるようになる。

 Portalに組み込まれた、Alexaデジタル・アシスタントとの対話を通して、ユーザは、スケジュールを確認するために、カレンダーをチェックしたり、交通情報を確認したり、Ringドアベルを玄関に設置して、ドアの前にいる、来訪者を確認したりできるようになる。

 「Facebook Portalの紹介」ビデオ

 スマート・ディスプレイを購入する人が、知っておくべきこと。

 FacebookのPortalに組み込まれた、Alexaを通して、ユーザは、最新の天気予報やニュースを確認したり、スポーツの試合のスコアや株価をチェックしたり、することができる。

 また、FacebookのPortalユーザは、Alexaデジタル・アシスタントに、質問することもできる。

 Alexaを搭載した、FacebookのPortalを使用して、気に入った、Spotify、Pandora、および、IHeartRadioの音楽、ポッドキャスト、オーディオ書籍を聴くこともできる。

 Amazon Musicで、歌詞や歌のアルバムを見ることもできる。

 また、ユーザは、旅行のスキルをテストしたり、レシピを見つけたり、眠りにつく、音楽を聞いたりすることもできる。

Fbp1c


4.FacebookのPortalは、写真をきれいに表示する、フォト・フレームにもなる。

 ユーザは、ビデオ通話したり、Alexaを使用したり、していない時に、Portalを、FacebookやInstagramの写真を表示する、フォト・フレームとして使うことも、できるようになる。

 また、ユーザは、誕生日のリマインダーを確認したり、友だちが、いつ、ビデオ通話できるかを確認したり、することもできるようになる。

5.Facebook Liveで、Portalから、配信する。

 ユーザは、Portalのスマート・カメラを使用して撮影した、ライブ映像を、「Facebook Live」を使用して、家族や友だちに、Portalから、配信できるようになる。

  「Facebook Liveのストリーミング・チュートリアルの紹介」ビデオ

     (続く)

デル株式会社

2020年12月18日 (金)

スマートフォンで、操作を制御できる、スマート農業(2)'20.12.18

【スマートフォンで、操作を制御できる、スマート農業(2)】'20.12.18

 多くの人にとって、スマートフォンの重要性は、専門的な分野だけでなく、日常生活においても、絶えず高まっている。2020年3月17日

 By 365farmnet

 デジタル技術は、これまで以上に、作業のプロセスや日常生活に、大きな影響を与えている。

 「スマートホーム」の概念は、現在、米国の多くの家庭で使用されている。

 ユーザは、家の窓の開閉、暖房の調整、照明のオン/オフなどを、スマートフォン、スマート・ディスプレイ、スマート・スピーカなどで、デジタル・アシスタントを介して、制御できるようになる。

 農業でも、農作業の記録や管理に、スマートフォンを使用する機会が、増えている。

 スマート農業は、農家が、より持続可能な方法で、資源を節約し、収穫量を増やし、農地の管理を、より適切で、容易にする。

Faas2a


 スマート農業向けの、スマートフォン用アプリ

1)365Cropアプリ
Faas2b


 作物の生産活動を、素早く、簡単に、スマートフォン用のアプリで、文書化することができる。

2)365Cattleアプリ

Faas2c


 家畜に関連する、すべての行動を、それらが、発生した場所、例えば、ストールや牧草地で、スマートフォン用のアプリで、文書化することができる。

3)365Pocketアプリ
Faas2d


 スマートフォン用のアプリで、付加的な、エクスポート機能を備えた、すべての操作手順に関する、独立した、フリーの文書化が可能である。

 365Pocketアプリの新機能には、事前にフォーマットされた、Excelのエクスポート機能がある。

 農家のスタッフは、農作業中に、これらのスマートフォン用のアプリを使用して、畑や作物や家畜などの状況や行動などを、文書化し、クラウド・ストレージに保存できるようになる。

デル株式会社

スマートフォンで、操作を制御できる、スマート農業(1)'20.12.18

【スマートフォンで、操作を制御できる、スマート農業(1)】'20.12.18

 多くの人にとって、スマートフォンの重要性は、専門的な分野だけでなく、日常生活においても、絶えず高まっている。2020年3月17日

 By 365farmnet

 デジタル技術は、これまで以上に、作業のプロセスや日常生活に、大きな影響を与えている。

 「スマートホーム」の概念は、現在、米国の多くの家庭で使用されている。

Faas2a


 ユーザは、家の窓の開閉、暖房の調整、照明のオン/オフなどを、スマートフォン、スマート・ディスプレイ、スマート・スピーカなどで、デジタル・アシスタントを介して、制御できるようになる。

 農業でも、農作業の記録や管理に、スマートフォンを使用する機会が、増えている。

 スマート農業は、農家が、より持続可能な方法で、資源を節約し、収穫量を増やし、農地の管理を、より適切で、容易にする。

 スマート農業において、農家は、肥料の供給に関して、結論を出すために、クロロフィルの含有量の測定、GPS制御のマシン、スマートフォンのアプリ・マップ、および、センサーといった、技術を使用する。

 肥料、水、家畜の餌などの、適切な供給を可能にすることで、農家は、より資源(肥料、水、家畜の餌など)を節約できるようにする。

 例えば、農家は、実用的なアプリ・マップを作成して、適切な肥料を、適切な箇所に、適切な量だけ、正確に、施肥できるようになり、資源(肥料や水など)を節約できるようになる。

 スマート農業において、情報通信技術にも、焦点が当てられる。

 スマート農業では、独立したデバイス間で、標準化された通信手段を通して、データ交換できるようになり、スマートフォンのアプリを介して、表示できるようになる。

 農家は、さまざまなセンサーで、収集されたデータの分析結果を参考にして、例えば、最も適切な、施肥する時期、施肥する肥料、施肥する場所、および、肥料の量などを、決定できるようになり、より精密な農業が可能になる。

 例えば、農家は、収集された情報で、土壌や作物の状態(水分やpHなど)を把握でき、適切に散水したり、施肥したり、できるようになる。

      (続く)

デル株式会社

2020年12月14日 (月)

2019年から2024年までの、世界の高性能コンピューティング(HPC)サーバで使用するために販売された、あるいは、販売される、Armアーキテクチャのプロセッサの数 '20.12.14

【2019年から2024年までの、世界の高性能コンピューティング(HPC)サーバで使用するために販売された、あるいは、販売される、Armアーキテクチャのプロセッサの数】'20.12.14

 2019年から2024年までの、世界の高性能コンピューティング(HPC)サーバで使用するために販売された、Armアーキテクチャのプロセッサの個数の実績と見積りを紹介する。2020年7月7日

 by Thomas Alsop、Statista

表1)2019年から2024年までの、世界の高性能コンピューティング(HPC)サーバで使用するために販売された、Armアーキテクチャのプロセッサの個数の実績と見積り

年     販売個数

2019年  50万個
2020年  23万3000個
2021年  35万1000個
2022年  54万4000個
2023年  50万6000個
2024年  61万個

 ソース:Statista、2020年7月

 Statistaは、世界中のHPCサーバで使用するために販売された、Armアーキテクチャのプロセッサの個数は、2019年後半の時点で、2024年には、約61万個になると、見積もっている。

 ちなみに、2024年に、世界中のHPCサーバで使用するために販売される、Armアーキテクチャのプロセッサの個数は、前年の2023年よりも、10万個以上多くなる、見込みである。

 Statistaは、2019年から2024年までの、世界中のHPCサーバで使用するために販売される、Armアーキテクチャのプロセッサの個数の、年間増加率(CAGR)は、64.7%になると予測している。

<参考>

 スーパーコンピュータ「富岳」に採用された、高性能プロセッサ、「FUJITSU Processor A64FX」は、Armv8.2-A命令セットアーキテクチャーを、実装しているようだ。

デル株式会社

2020年11月19日 (木)

「デジタル・ビジネスモデル研究所」の紹介 '20.11.19

【「デジタル・ビジネスモデル研究所」の紹介】'20.11.19

 新たなサービスを検討する際には、ビジネスモデルをどう構築するかを考える必要があるようです。

 このために、独自の方法論で、ビジネスモデルの構築を支援する、「デジタル・ビジネスモデル研究所」を紹介します。

デル株式会社

2020年11月15日 (日)

Lenovo Smart Displayとは何か?(2) '20.11.15

【Lenovo Smart Displayとは何か?(2)】'20.11.15

 Lenovo Smart Displayは、デジタル・アシスタントと、音声コマンドで、会話できる、スマート・スピーカの特徴と、タッチスクリーンを持たせ、タッチ操作と、結果の視覚的な表示を可能にする特徴の、両方の特徴を、備えている。

Gartner3a
 By Lenovo

 2018年に、出荷が、開始された、Lenovo Smart Displayは、Google Assistantデジタル・アシスタントを組み込んだ、最初のスマート・ディスプレイである。

 Lenovo Smart Displayは、GoogleのAndroidオペレーティング・システムを搭載し、Alexaデジタル・アシスタントを組み込んだ、Amazon Echo Show、スマート・ディスプレイと競合する、スマート・ディスプレイである。

 Lenovoは、スマート・スピーカに、ディスプレイを持たせ、どのような部屋にも、置けるようなデザインにし、Androidを搭載し、Google Assistantデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・ディスプレイを最初に作成した、メーカである。

 家庭の、どの部屋にも、合うようデザインされた、Lenovo Smart Displayで、Googleは、AmazonのEcho Showスマート・ディスプレイに対抗し、この市場に参入した。

   (続き)

 Lenovo Smart Displayの違いは何だろう?

 Lenovo Smart Displayは、Google Assistantデジタル・アシスタントを、スマート・ディスプレイ市場に、もたらしただけでなく、その独特の寸法や、外装のデザインも、注目された。

 Lenovo Smart Displayは、以前の、より「箱型」のスマート・ディスプレイにはなかった洗練された、デザインになっており、ファミリールーム、キッチン、さらには、オフィスにも収まるように、設計されていた。

Len2a_20201116141501


 Lenovo Smart Displayの仕様:

・ディスプレイ:8インチHD、または、10インチ・フルHDのタッチスクリーン

・外装:ほとんどの家庭やオフィスの装飾に適した、竹、または、ソフトグレーの布地

・適応性:10インチのモデルは、デュアル・スタンディング・ポジション(横向きにも、縦向きにも置ける)なので、どこにでもフィットする。

・プライバシー:カメラをブロックするプライバシー・シャッターと、マイクをミュートするトグル設定(10インチのモデル)

・サウンド:2つのツイーターとマルチルームのオーディオ・サポートを備えた、フルレンジのスピーカ

 より視覚的で、魅力的なデザインへの、このシフトは、新世代の、音声対応機能と、デジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・デバイスと自動化ツールを、日常の家庭やオフィスに統合するための、大きな一歩として、説明されている。

デル株式会社

2020年11月11日 (水)

Lenovo Smart Displayとは何か?(1)'20.11.11

【Lenovo Smart Displayとは何か?(1)】'20.11.11

 Lenovo Smart Displayは、デジタル・アシスタントと、音声コマンドで、会話できる、スマート・スピーカの特徴と、タッチスクリーンを持たせ、タッチ操作と、結果の視覚的な表示を可能にする特徴の、両方の特徴を、備えている。

Len2a

 By lenovo

 2018年に、出荷が、開始された、Lenovo Smart Displayは、Google Assistantデジタル・アシスタントを組み込んだ、最初のスマート・ディスプレイである。

 Lenovo Smart Displayは、GoogleのAndroidオペレーティング・システムを搭載し、Alexaデジタル・アシスタントを組み込んだ、Amazon Echo Show、スマート・ディスプレイと競合する、スマート・ディスプレイである。

 Lenovoは、スマート・スピーカに、ディスプレイを持たせ、どのような部屋にも、置けるようなデザインにし、Androidを搭載し、Google Assistantデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・ディスプレイを最初に作成した、メーカである。

 家庭の、どの部屋にも、合うようデザインされた、Lenovo Smart Displayで、Googleは、AmazonのEcho Showスマート・ディスプレイに対抗し、この市場に参入した。

 「Lenovo Smart Display」の利点

 スマート・ディスプレイとは、Google Nest、あるいは、Amazon Echoといった、スマート・スピーカに、ディスプレイを装備し、デジタル・アシスタントを組み込んだ、Google Home、あるいは、Amazon Echoといった、音声コマンド、タッチ操作、および、視覚的に表示される、ディスプレイを持つ、デバイスのことである。

 オーディオの音と、ディスプレイの視覚性の、利点を結合した、Lenovo Smart Displayは、家庭でも、オフィスでも、使用することのできる、機能とデザインを持っている。

 ユーザは、Lenovo Smart Displayを使用して、Webを検索したり、交通情報を確認したり、プレイリストから、楽曲を選択したり、さまざまなことを、音声コマンドや、タッチ操作で、操作して、結果を、視覚的に、見ることができる。

 これまで、スマート・スピーカを使用してきたユーザによると、音声だけで操作するよりも、タッチ操作でも、操作でき、視覚的に、利用できる、スマート・ディスプレイの方が、利用しやすいという。

 ただし、Webの検索結果のリストを、リファインしたり、旅行のルートの代替を調べるために、マップと対話したりするとき、タッチ操作よりも、音声コマンドの方が、使いやすいという、ユーザもいる。

 このため、音声コマンドとタッチ操作の両方を利用できる、スマート・ディスプレイを、好むユーザが、増えている。

 ちなみに、Lenovo Smart Displayスマート・ディスプレイの価格は、59.99ドルからであり、Google Homeスマート・スピーカの価格は、99ドルであり、Google Nest Hubスマート・ディスプレイの価格は、90ドルである。

 Lenovo Smart Displayスマート・ディスプレイが、デビューした時に、スマート・スピーカよりも、いくつかの利点を持っていた。

 Lenovo Smart Display「対」他のスマート・スピーカ

・音楽:楽曲を選択するときに、プレイリストを見ることができる。
・通話:音声通話だけでなく、ビデオ通話ができる。
・検索:検索結果を視覚的に、確認することができる。
・カレンダー:自分のスケジュールを、聞くだけでなく、見ることもできる。

 Google Assistantを搭載した、Lenovo Smart Display「対」Google Assistantを搭載していない、他のスマート・ディスプレイ

・写真:よく利用されている、Google Photosサービスと、統合されている。
・ビデオ:YouTubeの大きなビデオ・ライブラリをアクセスし、視聴することができる。
・ビデオ通話:Google Duoビデオ通話アプリと、統合されている。

 2018年に、出荷されたときに、Lenovo Smart Displayは、Google Assistantデジタル・アシスタントを、初めて、組み込んだ、スマート・ディスプレイであった。

 「Lenovo Smart Displayの紹介」ビデオ

   (続く)

デル株式会社

2020年11月10日 (火)

LenovoのSmart Tabとは何か? '20.11.10

【LenovoのSmart Tabとは何か?】'20.11.10

 Amazon Alexaデジタル・アシスタントを組み込んだ、LenovoのSmart Tabは、2-in-1スマート・タブレットの新たな種類である。

 By lenovo

 LenovoのSmart Tabタブレットは、音声対応デジタル・アシスタントを組み込んだ、ポータブルな、Androidベースのタブレットを、Lenovo Smart Dockドッキング・ステーションに組み込んで、スマート・スクリーンとして使用し、他のスマート・ホーム・デバイスを制御することもできる。

 Lenovo Smart Tabタブレットを、Lenovo Smart Dockドッキング・ステーションに取り付けて、スマート・ホーム・ハブとして、使用することができ、取り外すと、通常のタブレットとして、使用することができるようになる。

Len1a

 ユーザは、このLenovo Smart Tabタブレットを、Lenovo Smart Dockドッキング・ステーションに取り付けて、音声対応、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを起動し、「Showモード」にすることで、Amazon Echo Showデバイスのように使用して、ドアベルや、照明を制御できるようになる。

 Lenovo Smart Dockに取り付けた、Lenovo Smart Tabで、ユーザは、自分の家に設置した、スマート・ホーム・デバイスを制御できるようになり、レシピを表示したり、カレンダーを確認したり、できるようになる。

 Lenovo Smart Displayや、Lenovo Smart Plug、Lenovo Smart Bulb、および、Lenovo Smart Clockといった、スマート・アクセサリーのリストを紹介する。

 Lenovo Smart Tabコンポーネント

 Lenovo Smart Tabは、プレミアムな、Androidベースのタブレットであり、Alexaデジタル・アシスタントが、組み込まれており、スマート・ディスプレイとして、他のスマート・ホーム・デバイスを、音声コマンドで、操作できるようになる。

 例えば、ドアベルが鳴ったら、訪問者と会話したり、部屋の照明や空調などを調節したり、家庭用の監視カメラを制御したり、できるようになる。

 Lenovo Smart Tabは、3種類の強力なコンポーネントの、ユニークな組み合わせである。

 Lenovo Smart Tab 10.1インチの、Androidベースのタブレット

 このタブレットで、ユーザは、映画を観たり、アプリを実行したり、メールを読んだり、ゲームをしたり、できるようになる。

 このタブレットに組み込まれた、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを通して、Alexa「スキル」を実行し、ユーザは、ドアベルに出たり、食料品を注文したり、渋滞情報を確認したり、できるようになる。

 Lenovo Smart Dockドッキング・ステーションのチャージャ

 タブレットを、Lenovo Smart Dockドッキング・ステーションに、取り付けて、Alexaデジタル・アシスタントを起動し、「Showモード」にすることで、ユーザは、さまざまなことができるようになる。

 また、ユーザは、低音に強い、スピーカと、高感度マイクを取り付けることで、広い場所でも、高質な音で、音楽を聴いたり、高感度のマイクを使用して、他のユーザと、ビデオ通話したり、できるようになる。

 ユーザは、Lenovo Smart Tabを、新たな、2-in-1のアプローチとった、タブレットとしても、スマート・ホーム・タブとしても、利用できるようになる。

 Lenovo Smart Tabで、ユーザは、何ができるようになるか?

 新たなLenovo Smart Tabは、ユーザに、オプションを提供する。

 ユーザは、新たなLenovo Smart Tabを、パーソナル・エンターテインメント・デバイスとして、あるいは、Amazon Alexa搭載、スマート・ディスプレイとして、使用することができる。

 ユーザは、スタンドアロンの、Androidタブレットとして、Lenovo Smart Tabを、以下のように使用することができる。

・メールをチェックしたり、Facebookをフィードしたりできる。

・ソーシアル・メディア・メッセージを、読んだり、投稿したりできる。

・気に入ったアプリやゲームを実行して、使用することができる。

・写真を撮ったり、ビデオを撮影したりできる。

・映画などの、ストリーミング・コンテンツを、再生することができる。

・フル機能の、Androidベースのタブレットとして、利用できる。

・Amazon Alexaを組み込んだ、スマート・スクリーンとして、使用することができる。

・ビデオ・ドアベルに、応答し、訪問者と会話することができる。

・照明や、カメラ・フィードを、オン・オフできる。

・レシピや、ハウツー・ビデオを見つけたり、参照したりできる。

・ニュース、天気予報、渋滞情報などをチェックできる。

・友だちや家族と、ビデオ通話を行うことができる。

・新たなAlexaスキルを使用することができる。

 Lenovo Smart Tabの仕様の詳細

 Lenovoは、Lenovo Smart Dockを含む、2つの版の、新しいLenovo Smart Tabを提供した。

 Lenovo Smart Tab M10は、標準のSmart Tab機能の、フルセットを提供する。

 このLenovo Smart Tab P10には、プレミアムな本体のデザイン、外部メモリ、ストレージ、強化された、オーディオ、および、特別なセキュリティ機能が、追加されている。

 いくつかのLenovo Smart Tabの仕様

1)Lenovo Smart Tab P10

・ディスプレイ:10.1インチの、FHD (1920 x 1200) LCD IPS

・サイズ:242 x 167 x 7mm

・重さ:440グラム

・プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 450

・オペレーティング・システム:Android Oreo

・バッテリーの寿命:10時間以上

・デジタル・アシスタント:Amazon Alexa

・ストレージ: 最大64 GB

・メモリ:4 GB

・オーディオ:前面、Dolby Atmosスピーカ x 4

・カメラ:前面 5MP固定、背面 8MP自動

・スピーカ:3ワットのフルレンジのスピーカ x 2

・マイク:高感度マイク

・特別な機能:I/O、ボリューム、ミュート・ボタン、Bluetoothペアリング・ボタン

2)Lenovo Smart Tab M10

・ディスプレイ:10.1インチの、FHD (1920 x 1200) LCD IPS:

・サイズ:243 x 168 x 8 mm

・重さ:480グラム

・プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 450

・オペレーティング・システム:Android Oreo

・バッテリーの寿命:8時間以上

・デジタル・アシスタント:Amazon Alexa

・ストレージ: 最大32GB

・メモリ:3GB

・オーディオ:前面、Dolby Atmosスピーカ x 2

・カメラ:前面 2MP固定、背面 5MP自動

・他の特徴:デュアル・ガラス・デザイン

・スピーカ:3ワットのフルレンジのスピーカ x 2

・マイク:高感度マイク

・特別な機能:I/O、ボリューム、ミュート・ボタン、Bluetoothペアリング・ボタン

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2