IT関連のWebサイト

2017年7月24日 (月)

IBMとSalesforceが、新たなパートナーシップを発表した。 '17.07.24

【IBMとSalesforceが、新たなパートナーシップを発表した。】 '17.07.24

 IBMとSalesforceが、意思決定を迅速化し、顧客の成功を促すことで、新たなパートナーシップを発表した。 2107年3月21日

Dis2
 IBMとSalesforceは、人工知能(AI)技術を活用して、企業が、これまで以上に、迅速で、適切に、意思決定できるように設計された、共同ソリューションを提供する。

 このパートナーシップは、IBMのWatsonの洞察を、SalesforceのEinsteinの深い顧客からの洞察と、医療、金融サービス、小売り、および、天気予報などの、さまざまな産業に渡る、Watsonの構造化データと、非構造化データを結合する、Salesforce Intelligent Customer Success Platformにもたらすだろう。

 「SalesforceとIBMの、パートナーシップの発表」紹介ビデオ

1.IBMとSalesforceの統合

 Watsonは、自信を持って決定し、隠された洞察を発見し、新しい方法で取り組むことを可能にする、コンテンツと業界の専門知識が豊富で、強力な、AI技術のセットである。

2.IBMのWatsonとSalesforceのEinsteinの統合

 企業の内外の非構造化データから、予測的な洞察をもたらすために、SalesforceのEinsteinにより、提供される、顧客データから予測される洞察と共に、IBM Watson APIをSalesforceに統合し、販売、サービス、マーケティング、コマースなどを通じて、よりスマートで迅速な意思決定を可能にする。

3.Salesforce向け、IBMのThe Weather Companyの洞察

 Salesforce AppExchangeの、Lightningコンポーネントで、IBMのThe Weather Companyの気象データを、Salesforceにもたらし、顧客とのやりとりや、ビジネス・パフォーマンスを知らせる、天気予報を提供する。

4.Salesforce向け、IBM Application Integration Suite

 Salesforceの特化した統合製品を使用して、オンプレミスのエンタープライズ・データと、クラウド・データを統合し、Salesforce Intelligent Customer Success Platformで、直接、データの表面を仕上げる。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月 9日 (日)

HomePodサイト(4) '17.07.09

【HomePodサイト(4)】 '17.07.09

 ようこそ、HomePodサイト

 HomePodは、世界で最大の音楽カタログの1つである、Apple Musicと連携し、ユーザに合った音楽を、素晴らしいサウンドで、楽しむことのできる、AppleのSiriデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・スピーカである。

Homepad1_2
   (続き)

8.ユーザは、Siriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカに、音声コマンドで、さまざまなことを、問い合わせることもできる。

 Siriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカは、ユーザから、音楽以外の、ポピュラーなカテゴリ(時刻、測定、翻訳、ニュース、スポーツ、天気予報、公共の交通機関など)に関する、質問を受け、それに答えることもできる。

9.ユーザは、Siriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカに、音声コマンドで、エアコン、ガレージのドア、ドアフォン、監視カメラといった、Apple HomeKit対応のアクセサリー・デバイスを制御することができる。

 例えば、ユーザは、Siriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカに、「部屋の照明を点けて」、「部屋を涼しくして」、「部屋を薄暗くして」などと、依頼することができる。

 ユーザは、HomeKit対応のアクセサリーを追加して、Siriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカに、音声コマンドで、制御することができる。

10.Siriホーム・コマンドの例

 Siriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカは、ユーザの毎日の行動や、好みなどを学習し、音声コマンドで、Apple Musicサービスを使用して、音楽ストリーミング・コンテンツを楽しんだり、HomeKit対応のアクセサリーを制御したり、知りたいことを問い合わせたりすることができる。

「Siri、2階を涼しくして」

「Siri、Red Soxのサッカーの試合のスコアを教えて」

「Siri、5分間のタイマーを設定して」

「Siri、今日のニュースを教えて」

「Siri、部屋の照明を消して」

11.HomePodスピーカの主な仕様

・HomePodスピーカのサイズ:高さ:172mm、幅:142mm

・HomePodスピーカの重さ:2.5㎏

・HomePodスピーカの色:白か、スペース・グレー

・HomePodスピーカの無線ネットワークのサポート

・MIMOde、802.11a/b/g/n/ac Wi-Fiをサポート

・AirPlay 23で、複数の部屋のスピーカをサポート

・言語サポート:英語(米国、英国、オーストラリア)

 ベストセラーのアプライアンス

HomePodサイト(3) '17.07.09

【HomePodサイト(3)】'17.07.09

 ようこそ、HomePodサイトへ

 HomePodは、世界で最大の音楽カタログの1つである、Apple Musicと連携し、ユーザに合った音楽を、素晴らしいサウンドで、楽しむことのできる、AppleのSiriデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・スピーカである。

Homepad1
    (続き)

5.究極の音楽サービスを提供する。

Em3_2
 Apple Musicにおいて、最高の音質を引き出すために構築された、HomePodスピーカは、何処に置いても、深遠で、直感的な、音楽エコシステムの重要な部分になる。

 Siriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカは、世界のレコーディングへのアクセスを提供し、聞きたいと思う、すべての曲を発見するのに役に立つ、音楽家のような役割も演じる。

 Apple Musicには、200万人のアーティストの楽曲が、保存されており、これらの楽曲は、ストリーミング音楽として、Siriを組み込んだ、HomePodスピーカ、スマートフォン、タブレットなどで、聴くことができる。

6.HomePodスピーカで、どのように、Apple Musicを利用できるか?

 ユーザは、HomePodスピーカに組み込まれた、Siriデジタル・アシスタントに、「何か、別の曲を再生して」などと、依頼することができる。

 Apple Musicは、ユーザの、音楽の好みを学習し、適切な楽曲を探してくれる。

 Apple Musicは、クラウド・ベースのサービスなので、ユーザが、他のデバイスで、Apple Musicを利用する場合、ユーザのプレイリストや好みは、クラウドに保存され、引き継がれる。

 ユーザは、音声コマンドで、「DJやって」、「何か、別の曲を再生して」、次は、Moanaサウンドトラックを再生して」、「この楽曲のドラマーは、誰?」、「ヒップ・ホップ系の楽曲を再生して」といったことを、HomePodスピーカに組み込まれた、Siriデジタル・アシスタントに、依頼することができる。

 ユーザは、HomePodスピーカの上部をタップして、楽曲を再生したり、一時停止させたり、再生する、音量を調整したりすることもできる。

7.HomePodスピーカは、他に、スマート・ホーム・デバイス・ハブとして、使用することもできる。

 HomePodスピーカは、ユーザの音楽を、再生するだけではなく、ユーザの、日常の作業を補助したり、音楽以外の、さまざまな質問に答えたり、ホーム・アシスタントして、使用したりすることもできる。

 また、HomePodスピーカを、スマート・ホーム・デバイス・ハブとして使用し、ユーザは、音声コマンドで、スマート照明、エアコン、サーモスタット、ドアフォンといった、Apple HomeKit対応のアクセサリー・デバイス(スマート・ホーム・デバイス)を、制御することもできる。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

HomePodサイト(2) '17.07.09

【HomePodサイト(2)】'17.07.09

 ようこそ、HomePodサイト

 HomePodは、世界で最大の音楽カタログの1つである、Apple Musicと連携し、ユーザに合った音楽を、素晴らしいサウンドで、楽しむことのできる、AppleのSiriデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・スピーカである。

Woofer2
   (続き)

2.7つのツイータのスピーカのアレイ

 HomePodスピーカは、非常に狭いビームから、一貫性のある360度オーディオまで、正確に音の焦点を合わせる、7つのビームフォーミング・ツイータのアレイを持っており、さまざまな角度から、素晴らしいサウンドを提供する。

 HomePodスピーカは、部屋の、どこにでも置くことができ、サウンド・ビームを部屋全体に向けて狙うことで、ツイータは、没入感のある、空間の感覚を作り出す。

3.A8チップが、HomePodスピーカの頭脳になる。

Em4
 AppleのA8チップは、HomePodスピーカに、最も複雑なオーディオ技術革新をもたらし、これまでにない、素晴らしいサウンドを体験できるようにする。

・リアルタイムな、高速バッファリングが可能になる。

・直接の音声と周囲の音声の、両方のアップミキシングが可能になる。

・高度なエコーキャンセレーションを可能にする。

4.美しいデザイン

Em3
 HomePodスピーカは、美しいデザインと、音響的な性能を両立させることを目的とした、シームレスなメッシュの布(白か、スペース・グレー)に包まれている。

 HomePodスピーカの高さは、7インチで、どんな部屋にもフィットする、シンプルなデザインになっている。

 ユーザは、部屋の何処にいても、どんな音楽でも、あらゆる角度から、優れたオーディオ品質を体験できる。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月 8日 (土)

HomePodサイト(1) '17.07.08

【HomePodサイト(1)】 '17.07.08

 ようこそ、HomePodサイト

 HomePadは、世界で最大の音楽カタログの1つである、Apple Musicと連携し、ユーザに合った音楽を、素晴らしいサウンドで、楽しむことのできる、AppleのSiriデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・スピーカである。

Homepad1_2
 ユーザは、AppleのSiriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカと、自然言語の音声コマンドで、会話することができ、気に入った楽曲を見つけて、再生したりして、新たなレベルのリスニング経験を体験できるようになる。

 HomePodは、Appleのオーディオ技術と、先進のソフトウェアを結合し、ユーザ・フレンドリーで、豊かなサウンドを、室内で、体験できるようにする、コンパクトなスピーカである。

 HomePodスピーカの特徴を、以下に示す。

・AppleのA8チップを搭載している。

・シームレスなメッシュ・ファブリックで包まれている。

・ハイエクスカーション・ウーファーのスピーカを装備している。

・6個のマイクを装備し、部屋の何処にいても、ユーザの声を拾うことができる。

・7つのツイータのスピーカのアレイを装備している。

 「AppleのHomePodスピーカの紹介」ビデオ

1.ハイエクスカーション・ウーファー

Woofer
 Appleは、豊富な深みのある豊かな低音を演奏する、カスタム・アンプを搭載した、ハイエクスカーション・ウーファーのスピーカ(20mm)を作成した。

 HomePodスピーカは、音楽を継続的に分析し、低周波を動的に調整して滑らかで歪みのないサウンドを得る高度なアルゴリズムを使用している。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月29日 (木)

Project Jacquardサイトの紹介(5) '17.06.29

【Project Jacquardサイトの紹介(5)】 '17.06.29

 Project Jacquardサイト

 GoogleのProject Jacquardは、標準的な産業用織機を使用して、あらゆる織物に、タッチとジェスチャーの対話性を織り込むことを可能にする。

   (続き)

8.Levi's Commuter Truckerジャケットに、Jacquard技術を統合する。

Sw13
 GoogleのProject Jacquardは、Jacquard技術を、特に、都会の自転車通勤者向けにデザインされた、Levi'sのCommuter Truckerジャケットに統合する。

 Jacquardは、このLevi'sのCommuter Truckerジャケットを着た、自転車通勤者が、音楽や地図といった、さまざまなサービスに接続し、モバイル経験を制御できるようにする。

 これは、特に、通勤者が、自転車に乗っている時のように、スマートフォンを使用するのが困難な時に、有用である。

 Project Jacquardは、デザイナーや開発者が、自分たちの製品に、インターネットに接続され、タッチ・センシティブな衣服を作成できるようにする。

 ベストセラーのアプライアンス

Project Jacquardサイトの紹介(4) '17.06.29

【Project Jacquardサイトの紹介(4)】 '17.06.29

 Project Jacquardサイト

 GoogleのProject Jacquardは、標準的な産業用織機を使用して、あらゆる織物に、タッチとジェスチャーの対話性を織り込むことを可能にする。

   (続き)

6.対話的なデニムを作成する。

Sw11
 Levi'sのアパレルの心と魂は、1873年に、ブルージーンズに初めて導入されて以来、Levi'sブランドの基盤となっている、丈夫で、象徴的な織物、デニムである。

 Levi'sの革新チームと、Googleのチームは、対話的でありながら、本格的な、デニムの現代版を作成するために力を合わせ、100年前のデニム製造の伝統に忠実であった。

7.Jacquard糸の生地で、Levi'sブランドの衣服を作成する。

 Levi's革新チームは、Jacquard糸で織られた生地を使用して、Levi'sブランドの、従来の衣服と区別のつかない、対話的なデニムの衣服をデザインし、作成できるようにする。

Sw12
 Jacquard糸で織られた生地を使用した、対話的なデニムの衣服は、100年以上前から、愛用されている、象徴的な衣服のままであるが、デジタル機能で強化されている。

 デジタル接続は、すべての必要なエレクトロニクスを収容する、スマート・タグを介して提供される。

 Jacquard糸で織られた生地を使用した、対話的なデニムの衣服は、取り外し可能な、スマート・タグを外すことで、衣服全体を洗濯することができ、通常のデニムのように耐久性がある。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Project Jacquardサイトの紹介(3) '17.06.29

【Project Jacquardサイトの紹介(3)】 '17.06.29

 Project Jacquardサイト

 GoogleのProject Jacquardは、標準的な産業用織機を使用して、あらゆる織物に、タッチとジェスチャーの対話性を織り込むことを可能にする。

   (続き)

4.コネクティッド衣服を作成する。

Sw8
 衣服を知的にする。

 コネクティッド衣服は、サービス、デバイス、環境と、対話するための、新しい可能性を提供する。

 これらの対話は、いつでも再構成することができる。

 Jacquardは、ファッション業界向けの、何も描かれていないキャンバスである。

 ファッション・デザイナーは、Jacquard織物を、従来の織物と同じように使用でき、エレクトロニクスについて学ぶことなく、デザインに、新しい機能層を追加することができる。

 開発者は、既存のアプリやサービスを、Jacquard対応の衣服に接続し、このプラットフォーム向けに、新しい機能を作成することができる。

 GoogleのProject Jacquardは、カスタム・コネクタ、電子部品、通信プロトコル、および、シンプルなアプリや、クラウド・サービスのエコシステムも開発し、衣服を知的にしていく。

5.Levi'sとパートナーを組む。

Sw9
 Levi'sブランドは、GoogleのProject Jacquardの、最初のパートナーであり、対話的なJacquard衣服を作成し、消費者にもたらすことで協調してきた。

 ゴールドラッシュの時代に、ベイエリアに移り住んで以来、Levi'sは、ファッショナブルで、機能的な衣服のデザインとして知られている、商標になっている。

Levi
 Levi'sは、消費者のニーズに合った製品をデザインして、作成することにより、この150年間に渡り、ジーンズなどの、衣服のデザインの評判を確立してきた。

 今、この革新の伝統は、Jacquard衣服でも、続けられている。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Project Jacquardサイトの紹介(2) '17.06.29

【Project Jacquardサイトの紹介(2)】 '17.06.29

 Project Jacquardサイト

 GoogleのProject Jacquardは、標準的な産業用織機を使用して、あらゆる織物に、タッチとジェスチャーの対話性を織り込むことを可能にする。

   (続き)

2.エレクトロニクスを織り込む

 生地に、エレクトロニクスを織り込む。

Sw4
 補完的な、Jacquard糸のコンポーネントは、できるだけ控えめに設計されている。

Sw5
 Project Jacquardは、ジャケットのボタンよりも小さく、導電Jacquard糸を、コネクターや小型回路に取り付ける、革新的な技術を開発した。

 これらの小さなエレクトロニクスは、タッチ的な対話を可能にし、マシン学習アルゴリズムを使用して、様々なジェスチャを推論することができる。

 キャプチャされた、タッチや、ジェスチャのデータは、スマートフォンなどのデバイスに無線で転送され、ユーザを、オンライン・サービス、アプリ、あるいは、スマートフォンの機能に接続し、さまざまな機能を制御し、利用できるようにする。

 LED、センサー、および、他の組み込み出力は、ユーザに、フィードバックを提供し、デジタルな世界に、シームレスに接続する。

3.標準的な産業用織機で、大量生産できる。

 導電Jacquard糸
Sw6
 標準的な産業用織機

Sw7
 導電Jacquard糸は、コスト効果的に生産でき、世界中の紡績工場で使用されている、標準的な標準的な産業用織機を使用して、糸や布を製造することができる。

 導電Jacquard糸は、従来の糸と同様に、標準的な産業用織機を使用して、極めて多くの、異なったテキスタイル・デザインを編み出すことができる。

 また、導電Jacquard糸で、標準的な産業用織機を使用して、対話性のある生地を織ることもできる。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Project Jacquardサイトの紹介(1) '17.06.29

【Project Jacquardサイトの紹介(1)】'17.06.29

 Project Jacquardサイト

 GoogleのProject Jacquardは、標準的な産業用織機を使用して、あらゆる織物に、タッチとジェスチャーの対話性を織り込むことを可能にする。

 これにより、衣服や家具といった、あらゆるオブジェクトを、タッチやジェスチャーで、対話できる、表面を持つ、オブジェクトに変えることができるようになる。

 これは、Googleが、産業パートナーのLevi'sなどと、協力して作成した、新しい導電Jacquard糸(スピニング用導電糸)で、可能になった。

 「Project Jacquardへようこそ」ビデオ

 Jacquard糸構造は、薄い金属合金と、綿、ポリエステル、または、シルクなどの天然、および、合成糸とを組み合わせることで、標準的な産業用織機で織り上げるのに、十分な強度を備えている。

 Jacquard糸は、今日の生地製造に使用されている、従来の糸と区別がつかない。

1.対話的な織物

 対話的な織物用のJacquard糸

Sw1
 Jacquard糸を使用して織られた、対話的な織物

Sw2
 導電Jacquard糸を使用すると、特注で、タッチ、および、ジェスチャに敏感な部分を、織物のどこにでも、正確な位置に織り込むことができる。

 また、導電Jacquard糸を使用すると、センサー格子を、織物全体に織り込むことができ、生地に、大きな対話的な表面を形成することができる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

より以前の記事一覧

ウェブページ