オンライン学習

2015年3月 8日 (日)

2015年に、教育分野に影響する戦略技術 '15.03.08

【2015年に、教育分野に影響する戦略技術】 '15.03.08

 Gartnerが、2015年に、教育分野に影響する、戦略技術のトップ10を紹介した。 2015年2月27日

 Gartnerによると、2015年に、世界の教育分野のIT技術への投資は、678億ドルを超えるという。

 ビジネス・モデルを再考し、新技術を考慮するために、教育機関のリーダに、社会や経済的な圧力がかかるだろう。

 Gartnerによると、教育機関のリーダは、ビジネス・モデルのコストを低減させ、新たな技術を考慮するという。

 従来の教育ビジネス・モデルは、デジタル化により、基本的な課題になるだろう。

 Gartnerによると、世界の教育機関のIT投資は、2015年に、前年度から2.3%増え、678億ドルに達すると予測している。

 この世界の教育機関のIT投資予測には、小中学校や高校も含まれている。

 オーストラリアの教育機関のIT投資は、2015年に、2014年から4.9%増え、26億オーストラリア・ドルになる見込みである。

 ニュージーランドの教育機関のIT投資は、2015年に、2014年から1.9%増え、3億6200万ニュージーランド・ドルになる見込みである。

 Gartnerは、2015年における、教育業界の戦略的な技術のトップ10を特定し、教育担当CIOやITリーダへの推奨を提供する。

1.適応型学習

 適応型学習は、1950年に、さかのぼって追跡する概念であるが、オンライン学習を通して、学習者のデータを捕獲するための能力である。

 適応型学習は、クラウドソーシングやビッグデータ収集のタイプである。

 適応型学習の真の価値は、各学習に添付された、メタデータにある。

 適応型学習は、将来の教え方を設計する上で、極めて重要である。

2.適応型電子教科書

 従来の印刷教材とは異なり、電子教科書は、最新の情報を含むよう、編集でき、他のソースのコンテンツを含めることができる。

 適合型電子教科書は、テキストと生徒の対話を追跡するための要素を、学習スタイルに追加する。

 電子教科書は、アナログ教育から、デジタル教育への、最初の主なステップである。

3.CRM

 顧客関係管理(CRM)は、現在の生徒や親、同級生、同窓会などとの関係を管理し、追跡するためのツールとして、広く認識されている。

 しかし、教育機関は、CRMソリューションを達成するために、制度上のデータを標準化し、キャンパスでの意志決定を迅速にするために、統合することの困難さと戦っている。
4.ビッグデータ

 教育における、ビッグデータは、生徒、親、教育スタッフなどの、デジタル化された行動から、大量のデータを収集し、情報に変換し、行動を推奨することに関係している。

 より高等教育における、ビッグデータは、調査や研究に、主に焦点を当てている。

 教育のエコシステムを改善するために、可能性を持つことは、技術ベースの戦略的な能力である。

5.ソーシング戦略

 ソーシング戦略は、ホスティングからクラウドへ、独自ソースからオープン・ソースへ、ソフトウェアやハードウェアの購入モデルから契約モデルへ移行することを示す。

 ソーシング戦略は、ビジネスや教育の目的で、要求される、内部と外部のリソースやサービスを、動的に定義、統合、計画、指示、意志決定することである。

 戦略的なソーシングは、ITが、管理的なトランザクションに焦点を合わせることを支援する。

6.エクソシステム

 エクソシステム(親子関係、友人関係、教師と生徒の関係、学校や社会との関係など)戦略とは、相互の関係を改善するために、パートナーシップを増したり、教育のエコシステムにおいて、ツールやサービスを統合したり、相互運用の能力を取得したりすることである。

 エクソシステムのアプローチは、教育機関が、クラウドからサービスを活用できるようにする。

 教育機関が、エクソシステムを、より速く採用できるようにする。

 Gartnerは、教育のエコシステムにおける、相互依存性の増加で、次の10年間に、相互依存性が、重要性を増すと見ている。

7.オープンなマイクロクレデンシャル(ユーザ認証情報)

 さまざまなIT予算の形態における、オープンなマイクロクレデンシャル(ユーザ認証情報)は、一般的に、デジタルなソーシアル環境や、学習環境において存在した。

 主な問題は、これらの環境が、達成度を表示することを困難にする、独自環境なことである。

 オープンなマイクロクレデンシャルの狙いは、この問題を解決することである。

 教育機関にとって、オープンなマイクロクレデンシャルの問題は、生徒に、より高い価値とモチベーションを提供する、低コスト、高価値、および、技術ベースの能力である。

 オープンなマイクロクレデンシャルは、技術として、比較的、未成熟であるが、教育コミュニティにおいて、牽引力を得ている。

 Gartnerは、比較的小さな投資の、明確な戦略技術として、オープンなマイクロクレデンシャルを見ている。

8.デジタル評価

 教育の評価は、複雑な分野である。

 デジタル評価は、評価をデジタルに行うことで、物理的なつながりを必要とすることなく、テストやデータ分析の精度を改善する。

 デジタル評価の適用は、キーストロークの識別やクラウド・ベースの顔認識といった、認証機構を採用することにより、オンライン学習における信頼性を向上させる。

 デジタル評価は、明確な高いレベルの目標を持つ、極めてプラクティカルな技術であるが、良いデジタル評価は、信頼性を向上させるために必要である。

9.モバイル

 モバイルは、スマートフォンなどのデバイスで、インターネットのサービスやアプリケーションを利用することに関する、ポピュラーな用語である。

モバイルは、モバイル・デバイス、スマートフォン、あるいは、タブレットと同意語ではない。

 モバイルという用語は、教育分野における、管理、教育、および、研究のあらゆる場面で、モバイル・デバイスを活用する上での、さまざまな観点で使用されている、

 しかし、教育分野における、モバイルの概念は、驚くほどゆっくりと成熟している。

 2014年における、モバイル化を抑制した要因には、スマートフォンのコスト、使用できるモバイル・デバイスの制約、学習コースの教材やオンライン学習コンテンツを開発するスキルの欠如などが含まれる。

 教育機関のCIOは、何年か、戦略的な技術として、モバイルへの対応を必要としている。

10.ソーシアル学習

 ソーシアル学習は、コンテンツを作成、議論、共有、取得するために、自分たちの専門や興味を反映し、プレゼンスを確立するための能力を、学習者に提供する。

 また、ソーシアル学習は、さまざまなソースから、学習オブジェクトを編成し、見つける能力、ソーシアル・ネットワークで仲間と対話する能力、経験ベースの学習エクササイズを行う能力、あるいは、オンラインのサポートを受ける能力を提供する。

 MOOCs(Massive Open Online Courses)の経験は、学習プラットフォームにおける、ソーシアルの重要性を示し、ソーシアル学習プラットフォームの容認に影響を与える。

 しかし、多くの教授と学生は、学習プラットフォームに、ソーシアル機能を組み込むよりも、従来の学習管理システム(LMS)を補完するために、GoogleサイトかFacebookといった、オープンなソーシアル・プラットフォームを使用することを好んでいる。

 このため、ベンダや教育機関は、学習に、独自のソーシアル機能と、オープンなソーシアル・プラットフォームの両方をうまく組み合わせられる方法を見つけ出そうとしている。

 詳細は、Gartnerの「Top 10 Strategic Technologies Impacting Education in 2015」レポートを参照のこと。

 ベストセラーのアプライアンス

2014年10月 4日 (土)

位置情報と地理情報システム(3) '14.10.04

【位置情報と地理情報システム(3)】 '14.10.04

 位置情報と地理情報システム(GIS)の概要 2011年5月18日

 By Peter Folger氏、エネルギーと天然資源ポリシーの専門家

 Congressional Research Service

 (続き)

2)GISと地理データの基本

・GISは、緯度や経度、通りや建物の名前といた、位置参照情報を取得、保存、分析、および、表示する、コンピュータ・データ・システムの能力である。

・地理的に参照された情報は、位置情報とも呼ばれている。

・位置情報のタイプには、高速道路のインターチェンジ、オフィスのビル、河川、通りの名前のような位置情報が含まれる。

・特定の位置と関連する情報は、議会の地区の人口や人口の年間の増減といった、GISの用語に関することである。

・GISのパワーは、レイヤやテーマなど、ユニークな方法で、位置情報を結合するための能力にある。

 例えば、GIS分析には、高速道路のインターチェンジの位置や、インターチェンジを流れる車の平均台数を含めることもできる。

・このような特定の位置と関連する情報は、位置情報ビジネスに有用である。

・GISには、河川の位置や河川の水位といった情報も含まれる。

・GISは、開発の効果の分析を可能にする。

・GISは、分水嶺の流出への開発の効果を分析できるようにする。

・家庭、店舗、学校、郵便局といったタイプの地理データに、嵐や竜巻の通り道の情報をオーバーレイさせ、建築構造のタイプを分析するために使用できる。

 位置データのソースとタイプ

・位置データは、連邦政府、州政府、地方自治体、企業、大学機関、非営利団体などにより収集される。

・位置データの収集や管理は、GISの最も高価なコンポーネントになり、GISのトータル・コストの80%をデータの取得と考える専門家もいる。

・位置データは、さまざまな技術を使用して収集される。

・測量士、国勢調査員、航空写真家、警察、および、平均的な市民は、衛星測位システム(GPS)機能を搭載した、スマートフォンなどのモバイル・デバイスを使用して、位置データを収集したり、GISにストリート・アドレスを入力したりできる。

・デモグラフィックス、ランドスケープの特徴、事件現場の状況といった、GISの収集データの属性は、手作業で入力できる。

・測量図の場合、地図の形式から、電子スキャニングにより、デジタル形式に変換される。

・衛星からの、リモート・センシング・データは、デジタルに収集され、GISにおいて処理され、分析できるよう、中央コンピュータ施設に転送される。

 例えば、デジタル衛星画像は、地図を制作するために、GISにおいて分析される。

・GISは、異なったソースから、データを転送するために、地理マッピング技術と、コンピューティング・パワーを使用する。

 地方自治体、州政府、連邦政府、プライベート・セクターからの位置データ

・地方自治体や州政府は、洪水の地図を作成したり、国政調査をしたり、地震や津波や野火などの天災に備えたりするために、位置情報やGISのようなツールを使用することが多くなった。

・地方自治体や州政府は、土地の所有、地価、都市計画といった、さまざまな公共サービスに、GISで使用するためのデータを提供する。

・最新で、詳細な位置情報が、ユーザに、利用できるかどうかは、地方自治体の長年の懸案事項である。

 例えば、2005年のハリケーン・カトリーナといった、自然災害の余波において、連邦政府にとって、災害地域についての詳細な位置情報を取得することは重要だろう。

・データ共有の妨げに成っている問題には、システム間での相互運用性が欠けていることや、個人情報の漏えいといった、データのセキュリティの問題、あるいは、何のデータが、どこにあるのかに関することがある。

・連邦政府は、洪水の被害に関する地図に更新や、紙からデジタル形式への変換といった、ニーズのために、位置データを収集する。

・周期的な基礎の洪水被害の地図を更新するためのニーズの評価には、法律が要求される。

・連邦緊急事態管理庁(FEMA:Federal Emergency Management Agency)は、紙の洪水保険率マップを、デジタル洪水保険率マップに変換し、GISで利用できる形式にするために、2003年以来、14億ドル以上を支出した。

・デジタル形式に、紙の地図を変換することは、オリジナルのデータの解像度に依存する、地図の正確さを改善する必要はないことを意味する。

・より多くのデータを収集するための、レーザー画像検出と測距(LIDAR:Light Detection and Ranging)といった、新技術は、より正確な洪水マップを制作することを支援する。

・位置データは、プライベート・セクターにより、買収され、提供され、多くの会社や専門の機関は、プライベート・セクター・データのプロバイダの役割を促す。

Coalition of Geospatial Organizations(COGO)は、11の機関で構成され、位置データやポリシーの問題に対応する。

 位置データの異なったタイプの属性は、土地の所有、道路や橋、建物、湖や河川、郡などが、GISにおけるテーマやレイヤを構成できる。

 データ・ソース      データのレイヤ
・道路のデータ       道路のレイヤ
・建物のデータ       建物のレイヤ
・樹木や畑のデータ    樹木や畑のレイヤ
・統合データ         統合レーヤ

 GISは、いくつかの異なったデータのレイヤからの情報をリンクし統合するための、能力を持っている。

 例えば、GISは、データのレイヤから、境界として、主な道路を結合できる。

・第3レイアの降水量のデータは、小川や河川を示す、第4レイアと結合される。

・GISは、商業地域から、湿地帯に流れる、雨水の量を計算するために使用される。

・GIS解析のパワーは、視覚化や分析が、極めて難しい情報を解釈するための、新たな方法を作成するために使用できる。

 (続く)

ベストセラーのアプライアンス

2014年10月 3日 (金)

位置情報と地理情報システム(2) '14.10.03

【位置情報と地理情報システム(2)】 '14.10.03

 位置情報と地理情報システム(GIS)の概要 2011年5月18日

By Peter Folger氏、エネルギーと天然資源ポリシーの専門家

 Congressional Research Service

  (続き)

 位置情報とGISの用語

・属性:土地の所有権、地域人口、風速や方向などといった、位置に関連する情報を示す。

・バチスカーフ:水深や海底の深層などを計測し、図にする科学である。

・土地台帳: 所有権を記録し、税金の計算を助けるのに、しばしば使用された、土地の所有と境界の情報である。

・製図: 地図を作成する研究と、地図を実際に作成することである。

・基準線:表面(水平基準)か、表面の上下の高さ(垂直基準)における座標系、コーディネート・システムの原点、オリエンテーション、およびスケールの定義のことである。
・ジオコーディング:地理的に参照をつけられたデータへの英数字コードや座標を割り当て、地図上に表示することである。

 例えば、2文字の国名略号、住所から計算された居住区の座標などが含まれる。

・測地学の制御:他の調査の参照位置として機能することを、主な目的とした、水平あるは垂直な調査モニュメントであり、国の測地学の制御ネットワークを拡張するのに役立つ。

・地理情報システム(GIS):情報が、空間座標システムによって保存され、検索、管理、変換、分析、レポートされる、デジタル・データベース・システムである。

・位置データ:位置、自然の性質、構築された機能、地球の境界などを特定する情報である。

・衛星測位システム(GPS:Global Positioning System):米国国防総省(DoD:Department of Defense)により所有され、運用される、24個の人工衛星によりサポートされた、ナビゲーション・システムのことである。

 これらの衛星は、ハンドヘルド・デバイスやカーナビといった、GPS受信機能を持つデバイスに、マイクロ波信号を送る。

 カーナビは、GPSシステムにより、車の位置、スピード、進行方向などを知ることができる。

・水路学:水域を地図化したり、説明したりする。

・光検出と測距(LIDAR:Light Detection and Ranging):空中探査から、高精度で高度を測定するために、レーザ・パルスを使用する、リモートセンシング技術である。

・地図:地理データの2次元のビジュアルな描写で、位置データは持っていない。

・メタデータ:質、コンテンツ、状態、および、他のデータの性質に関する情報のことである。

 メタデータは、データが、どうように、いつ、誰により取集されたかを記述する。

・オルソ画像:航空写真から、カメラの傾きで生じるひずみを排除した、航空写真であり、目盛を付けて地図として利用できる。

・ポリゴン:領域(点や線ではなく)を表すために使用される、GISの機能である。

 ポリゴンは、境界を形成する、線によって定義される。

 地図上で、このポリゴン領域を表す、閉じた形状は、座標の連結シーケンスによって定義される。

・プロジェクション:地球の3次元の曲面から、2次元の地図やコンピュータの画面に投影するために、情報を変換する、数学的な方法である。

 ソース:Environmental Systems Research Institute (ESRI), GIS Dictionary

 (続く)

ベストセラーのアプライアンス

2014年10月 2日 (木)

位置情報と地理情報システム(1) '14.10.02

【位置情報と地理情報システム(1)】 '14.10.02

 位置情報と地理情報システム(GIS)の概要 2011年5月18日

 By Peter Folger氏、エネルギーと天然資源ポリシーの専門家

 Congressional Research Service

・位置情報は、場所に関連するデータ、リアルタイムに収集、操作、および、表示される、位置情報のセットである。

・地理情報システム(GIS)は、地理的に参照される情報を収集、保存、分析、表示する、コンピュータ・システムの能力である。

・連邦政府や政策立案者は、洪水の地図を作成したり、国政調査をしたり、地震や津波や野火などの天災に備えたりするために、位置情報やGISのようなツールを使用することが多くなった。

・政策立案者にとって、位置情報やGISのような、分析のタイプは、地方、州、および、連邦政府を含む、住宅地域や企業などの、複雑な問題を明確にする補助になる。

・GISとソーシアル・メディアの対話も急速に成長している。

・日本では、国勢調査、地図、および、地震や津波の被害などの情報を収集し、分析するのに、位置情報やGISのようなツールを使用している。

1)はじめに

・グラフィカルなディスプレイを操作するために、位置情報システム(GIS)といったツールや位置情報に対する、消費者の需要の増大は、GISを、米国の何百万人もの大人の日常生活にもたらす。

・Google Earth、ハンドヘルド・デバイス、または、車のダッシュボードのカーナビ・システムは、ポピュラーなGISアプリケーションの例であり、位置情報の提供を通して利用できるようになる。

・2005年における、Google Earthのリリースは、ユーザが、位置情報を把握する方法のパラダイム・シフトを示した。

 このレポートは、位置データや位置情報システム(GIS)の初歩と、いくつかの使用例を提供する。

・多くの位置データやGISの利用が、急速に広がっており、位置データを収集する方法が成長していることを認識すべきである。

・位置データが使用される方法が、地方自治体と州政府、および、連邦政府を通して、多角化している。

・位置データやユーティリティの世界を、連邦政府に示すことは、このレポートの範囲を超えている。

 しかし、連邦政府は、位置データに対する、全体のフレームワークにおいて、主な役割を持ち続け、連邦機関間、および、州や地方自治体と共有する。

・GISや位置情報の基本情報を提供することに加え、このレポートは、連邦政府の位置情報を解説する。

・連邦政府のさまざまなソースの位置データを管理、共有、および、使用する、一定の複雑さで、監視の役割における、第112回の議会は、連邦機関に属する、プログラムや位置情報資産に興味を持つだろう。

・第112回議会において、編成と管理、データ共有、コーディネーション、ステークホルダ、および、国のGIS用の提案、立法の例を含む、議会への興味の位置ポリシーの問題を探索する。

・CRS Report R41826, Issues and Challenges for Federal Geospatial Informationは、編成と管理、データ共有、コーディネーション、ステークホルダの役割、および、国のGISの例を含む、議会への興味の位置ポリシーの問題を探索する。

・CRS Report R40717, Issues Regarding a National Land Parcel Database,は、特定の連邦政府の責任を調査する。

 これらのレポートは、基本概念を紹介し、連邦政府の位置情報の、より複雑なポリシーの問題を議論する。

・地理情報や国のセキュリティの問題の議論は、このレポートの範囲を超えている。

 (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2014年8月10日 (日)

Googleを理解することにより、メディアを理解(2) '14.08.10

【Googleを理解することにより、メディアを理解(2)】 '14.08.10

 Medill、North Western大学

 Googleを理解することにより、メディアを理解する。  2014年7月30日

 セッション2

 By Owen R. Youngman教授:デジタル・メディア戦略

受講修了者に対するアンケート調査の結果を紹介する。

  (続き)

1)受講修了者(482名)が感じた、講座(セッション2)の難しさ

難易レベル      回答者の割合
少し難しい         11%
少し易しい         13%
ちょうどよい        75%
易しすぎる          1%

2)受講修了者が感じた、講座(セッション2)のペース

ペース         回答者の割合
極めて遅すぎる      0.4%
少し遅すぎる         6%
ちょうどよい         72%
少し速すぎる         20%
とても速すぎる        2%

3)受講修了者(482名)が、講座(セッション2)に、1週間に費やした時間

時間          回答者の割合
2時間以下          1%
2~4時間         32%
4~6時間         35%
6~8時間         20%
8時間以上         12%

4)受講修了者(482名)が、受講していた他の講座数

他の受講講座数    回答者の割合
なし               15%
1講座              13%
2~3講座           24%
4~5講座           18%
6~9講座           15%
10講座以上          14%

5)回答した受講修了者(479名)の母国語別の人数

母国語          人数
英語           227人
インドの言語       36人
スペイン語        32人
中国語           26人
イタリア語         18人
ドイツ語          16人
フランス語         14人
オランダ語        12人
ポルトガル語      10人

6)回答した受講修了者(473名)の年代

年代            割合
18才未満         2%
19~23才         13%
24~29才         18%
30~39才         26%
40~49才         19%
50~59才         15%
60才以上         6%

7)回答した受講修了者(473名)がいる地域

地域                割合
北米                37%
中南米                4%
アジア               21%
オーストラリア/オセアニア   3%
ヨーロッパ             32%
アフリカ               3%

8)回答した受講修了者(474名)の学歴

学歴         割合
高校          7%
短大          2%
学士          8%
専課          39%
修士          38%
博士          3%

ベストセラーのアプライアンス

2014年8月 3日 (日)

Googleを理解することにより、メディアを理解(1) '14.08.03

【Googleを理解することにより、メディアを理解(1)】 '14.08.03

Medill、North Western大学

 Googleを理解することにより、メディアを理解する。 2014年7月30日

 セッション2

 By Owen R. Youngman教授:デジタル・メディア戦略

 受講修了者に対するアンケート調査の結果を紹介する。

1)受講修了者(743名)が感じた、講座(セッション2)の全体的な満足度

・期待よりも極めて良い:43%(743人中、365人)
・期待よりも良い:50%(743人中、288人)
・期待通りである:6%(743人中、50人)
・期待したほどではない:1%

2)学生の学習

 回答した508人学生の内、各事項に、1(まったく同意しない)から5(完全に同意する)の5段階で、4か5で回答した割合

 質問事項                   4か5で回答した割合 平均同意レベル
・学習したことに満足を感じた。           96%           4.55
・教材に満足を感じた。                91%           4.40
・このコースに満足を感じた。            93%           4.44
・期待したことを学習した。              88%           4.32
・期待していなかったことを学習した。       86%           4.35
・自分の意見を変えたことを学習した。       85%           4.30
・他と共有したものを学習した。           85%            4.34

3)コースの要素

 回答した496人学生の内、各事項に、1(まったく興味がない)から5(極めて興味がある)の5段階で、4か5で回答した割合

 興味の対象                4か5で回答した割合 平均同意レベル
・ビデオの講義                    90%          4.43
・著者のインタビュー                78%           4.21
・読書の課題                     84%          4.23
・フォーラムの仲間との会話            44%          3.50
・フォーラムのスタッフとの会話          46%          3.73
・クイズ                         76%          3.96
・宿題の完了                     88%          4.38
・仲間の宿題を評価                 81%          4.21

4)コースのトピック

 回答した496人学生の内、各事項に、1(まったく興味がない)から5(極めて興味がある)の5段階で、4か5で回答した割合

最も興味のあるトピック         4か5で回答した割合 平均同意レベル
・検索                         96%          4.48
・ニュース                       88%          4.30
・書籍                         87%          4.32
・広告                         95%          4.56
・ビデオ                        92%          4.40
・モバイル                       90%          4.44
・ソーシアル・メディア                91%          4.40
・プライバシー                    91%          4.45

 何が、最も興味のあるトピックだったか?

最も興味のあるトピック           割合
・検索                      17%
・ニュース                     6%
・書籍                      11%
・広告                      24%
・ビデオ                      4%
・モバイル                   10%
・ソーシアル・メディア              6%
・プライバシー                 20%

  (続く)

ベストセラーのアプライアンス

2014年6月17日 (火)

Googleのデジタル・マーケティング・コースの紹介(8) '14.06.17

【Googleのデジタル・マーケティング・コースの紹介(8)】 '14.06.17

  (続き)

 ビデオ

 このコースで、学習者は、ビデオのランドスケープをレビューし、広告主の機会の規模を知る。

 このトレーニングの後、学習者は、ビデオ・エコシステムを理解し、独自のメディア戦略を作成することができる。

・YuoTubeのエコシステム:ビデオのランドスケープ

YouTubeの起源や歴史を含む、ビデオのランドスケープの概要を学ぶ。

・YouTubeの紹介:デモ・キャンペーンの構築を開始する方法を学ぶ。

・YouTubeの製品やソリューション:ビデオ・キャンペーンを構築するための製品やソリューションについて学ぶ。

・アクション実装ツールや広告形式やターゲティング能力:キャンペーンを構築する方法や、YouTubeで構築されるキャンペーンを実行するためのツールについて学ぶ。

・メディア戦略や実装:YouTubeで、ビデオ・キャンペーンを構築するための実装技術やターゲティング技術、広告形式について学ぶ。

・メディア戦略や実装:YouTubeビデオ・キャンペーン実装で、メディア戦略を最適化する方法を学ぶ。

・YouTube分析:ビデオの最適化をサポートするために、YouTube分析を使用する方法を学ぶ。

・最適化と拡張:最適化や拡張技術を含む、ビデオ・キャンペーンの性能を最大にする方法を学ぶ。

・事例:PCメーカのLenovoは、Google TV Adsで、米国における、ブランド・アウェアネスを向上させた。

ベストセラーのアプライアンス

2014年6月14日 (土)

Googleのデジタル・マーケティング・コースの紹介(7) '14.06.14

【Googleのデジタル・マーケティング・コースの紹介(7)】 '14.06.14

  (続き)

 Google分析

 このコースは、Google分析の概要をカバーしており、Google分析が、なぜ重要か、どう作用するか、および、どのように使用するかを学習する。

1)計測を通して作用するものを理解する。

 Google分析が、Webサイトのトラフィックを改善し、モバイル追跡やカスタマイズ可能なレポートの使用を通して、売上を増やす方法を学習する。

2)Google分析

 広告のクリックが、顧客が、Webサイトで見つけ、使用し、対話する方法の、Google分析データで、投資回収率をもたらしている。

 Google分析をセットアップする方法や、広告の効果を上げるために、洞察を使用する方法を学習する。

3)Google分析の紹介

 Google分析の概要には、以下の内容が含まれる。

・Google分析とは、
・Google分析がなぜ必要か
・Google分析の基本的な定義

4)Google分析がどう作用するか?

 クッキーに焦点を合わせ、分析に深く潜入する。

5)Google分析のナビゲーション:パート1

 アカウント・アクセス、アカウント階層、レポーティングの用語、レポーティング・ツールで、Google分析をナビゲートする方法を学習する。

6)Google分析のナビゲーション:パート2

 レポーティングの視覚化や目標を見るために、Google分析をナビゲートする上での詳細を学習する。

7)Google分析を開始する

・Google分析を開始する必要の基本を学習する。

・ビジネスの目標で、Google分析が、どのように支援するかを学ぶ。

・ビジネスの共通なタイプ(e-コマース、コンテンツ発行、および、リードジェネレーション)に対する分析レポートについて学ぶ。

・Google分析とAdWordsを統合する方法を学ぶ。

・マーケティング・キャンペーンをタグ付し、成功を計測するための目標を設定する方法を学ぶ。

8)Google Website Optimizer

 Google Website Optimizerで、A/B経験をセットアップする方法を学ぶ。

9)Google Website Optimizerで、多変量実験

 Google Website Optimizerを使用して、多変量実験をセットアップする方法を学ぶ。

10)事例:HelmetTown.com

 HelmetTown.comは、オンラインのモトクロスやスキーのヘルメットのストアで、30%以上注文を増やし、Webサイトのトラフィックを、400%以上向上させるために、Google AdWords、分析、および、チェックアウトを結合した。

11)リソース:分析スキルを開発する。

 Google分析は、多くの教育的なリソースを提供する。

 学習者は、Google分析に関連する、ビデオや記事を見つけて、分析やユーザ経験に関して学ぶことができる。

12)リソース:Google分析

 Google分析ホームページ

 ベストセラーのアプライアンス

2014年6月10日 (火)

Googleのデジタル・マーケティング・コースの紹介(6) '14.06.10

【Googleのデジタル・マーケティング・コースの紹介(6)】 '14.06.10

  (続き)

 デジタル・マーケティングは、急速に成長を続けており、マーケッタは、デジタル時代に、新たな挑戦や機会に直面している。

 ソーシアル

 このコースは、オンラインに接続、エンゲージ、構築するために、ソーシアル・ツールに焦点を合わせる。

 Googleは、ソーシアル・エンゲージの例として、Google+を使用する。

 このコースを完了したら、学習者は、Google+アカウントを作成でき、Google+の利点を持っている、ソーシアルな提供に馴染み深くなる。

 ソーシアル・エコシステム:ソーシアルな景観の概要を学ぶ。

・Google+とは何か?

 Googleの他のサービスと、どのようにフィットするか?

・ブランドにはどのような意味があるか?

・ソーシアル101:エンゲージメント

 Webを、さらに社会的な位置づけにする、トレンドやユーザの振舞いを解説する。

 このセッションにおいて、学習者は、Googleのソーシアルな提案の基本を学ぶ。

 学習者は、 段階的にセットアップ・プロセスを踏み、ブランドを育成するページを確立するのに、Googleの提案が、適していると感じるだろう。

・ソーシアル102:関連性

 顧客に、自分たちの製品やサービスを見つけてもらうために、多くに方法がある。

 このモジュールは、Google+を活用して、自分たちのWebサイトに組み込み、顧客を、自分たちのWebサイトに接続し、ソーシアルなコメントやソーシアルな拡張、および、Search +で、自分たちのブランドと対話しながら、顧客が、製品やサービスを見つけやすくするための、さまざまな方法を提供する。

・ソーシアル103:Hangouts

 Google+は、顧客が、実世界に接続するように、Webに接続できるようにする。

 Hangoutsは、異なったタイムゾーン、および、異なった場所で、同時に、顧客や同僚と個人的な会話を行う、優れた方法である。

 Hangoutsが、何であるかを注意深く確認し、自分たちのマーケティング・オブジェクトを達成するために、Hangoutsを使用する。

・Google+を使用する方法と、ソーシル・ワークを活用する方法

 Google+ Global Sales Leadsに加わり、Google+を使用して、ビジネスを立ち上げる、最良の方法を議論する。

 学習者のWebページをセットアップしたり、顧客と会話したり、Hangoutsをホストしたり、Google+で広告をエンハンスしたりする。

・ソーシアル301:責任能力

 このモジュールは、Google+でソーシアルな取り組みに対する影響を追跡するための方法もカバーしている。

 フォロアが結論に影響を与える方法を追跡するのは、難しい場合もあるが、Googleは、社会的な計測ツールを、Google+、AdWords、および、Google Analyticsに加えた。

 学習者は、社会的な影響を計測するために使用できる、このツールの機能を学ぶ。

・事例:H&M

 H&Mは、940,000人のユーザと接続し、独占的なコンテンツを提供するために、Google+を使用している。

ベストセラーのアプライアンス

Googleのデジタル・マーケティング・コースの紹介(5) '14.06.10

【Googleのデジタル・マーケティング・コースの紹介(5)】 '14.06.10

  (続き)

 デジタル・マーケティングは、急速に成長を続けており、マーケッタは、デジタル時代に、新たな挑戦や機会に直面している。

 モバイル

 このコースにおいて、Googleは、学習者に、モバイルやモバイル広告の重要性が、さらに増すことを紹介する。

・学習者は、検索、ディスプレイ、および、Googleモバイル・ビデオ広告形式を含む、モバイル広告の概要を学ぶ。

・学習者は、モバイル戦略やモバイル広告のベストプラクティスを学習し、モバイル用Webサイトを最適化する。

 このコースが終了したら、学習者は、Adwordsのモバイル広告キャンペーンのアカウントを作成し、キャンペーンを構築、レポート、および、最適化できる。

 モバイル・エコシステムとモバイル景観の概要

・モバイル101:モバイル広告、モバイル・デバイス、モバイル・サイト

 モバイル・デバイス、モバイル広告、および、モバイル・サイトの概要について学ぶ。

・モバイル102:モバイル検索広告の概要や広告形式

 WAP(Wireless Application Protocol)とハイエンド・デバイスで、モバイル検索キャンペーン用に利用できる、Googleモバイル広告形式について学ぶ。

・モバイル103:モバイル・ディスプレイとモバイル広告:広告形式

 モバイル・ディスプレイ・キャンペーン用に利用できる、広告形式について学ぶ。

・モバイル104:Googleモバイル・ビデオ広告の概要と広告形式

 Googleモバイル・ビデオ広告形式について学ぶ。

・ローカル:何を、なぜ、どのように

 ローカル・マーケティングは、学習者のエリアにおいて購入する用意のある顧客に知ってもらうことを支援できる。

 検索エンジン、レビュー・サイト、および、クーポン・サイトを使用する、自分たちのWebサイトを通して、ローカルなWebユーザに認知してもらうための戦略を開発する。

・スマートフォン経由で、顧客に対応する。

 顧客は、スマートフォンから、何時、どこにいても、製品やサービスを頻繁に検索するので、学習者は、顧客が、何時でも利用できる、使い易い、モバイルWebサイトを提供する必要がある。

 学習者は、従来のWebサイトのデザインとは異なる、スマートフォンでの利用に適した、モバイルWebサイトの構築方法を学習する必要がある。

 学習者は、モバイルWebサイトのプロモーションと分析方トラッキングを探査する。

・モバイル201:キャンペーンの設定、キャンペーンのセットアップの基本

 Googleモバイル検索キャンペーンをセットアップする方法を学ぶ。

・モバイル202:広告形式の実装:キャンペーンのセットアップ

 Googleモバイル広告拡張と形式を実装する方法を学ぶ。

・モバイル301:モバイル・キャンペーンの最適化

 Googleモバイル検索キャンペーンを最適化するために、ツールやレポートを使用する方法を学ぶ。

・モバイル302:ディスプレイ最適化ツール

 Googleモバイル・ディスプレイ・キャンペーンを最適化するために、ツールやレポートを使用する方法を学ぶ。

・モバイル303:レポーティング・ツール

 Googleモバイル・キャンペーンの性能を詳細に報告するレポートを効率的に作成する方法を学ぶ。

・事例:EasyJet

 航空会社、EasyJetは、ハイエンドのスマートフォンを持つ、英国のビジネス旅行者をターゲットにした、モバイル広告を使用した。

 このキャンペーンのクリックスルー率(CTR:Click Through Ratio)「広告がクリックされた回数を、広告が表示された回数で割ったもの」は、デスクトップのCTRよりも6倍速く、11対1の投資利益率(ROI:Return On Investment )をもたらした。

・リソース:Mobile Planet

 40ヶ国に渡る、スマートフォンの採用や使用について学ぶ。

 モバイル消費者の理解を深め、自分たちのモバイル戦略をガイドするために必要なデータを得るために、カスタム・チャートを作成する。

・リソース:スマートフォン最適化Webサイトの構築

 Google Developerは、スマートフォン最適化Webサイトの構築に導く。

  (続く)

ベストセラーのアプライアンス

より以前の記事一覧

最近の記事

ウェブページ

広告2