オンライン販売

2015年4月14日 (火)

Googleが、Plasoで、Apple Payにタックルする '15.04.14

【Googleが、Plasoで、Apple Payにタックルする】 '15.04.14

 Googleが、Plasoで、Apple Payにタックルする。 2015年2月11日

 By Michael Justin、Allen Sexton

 Apple Payモバイル決済サービスは、昨年に開始され、現在、最も成功している。

Images
 Apple Payモバイル決済サービスは、何社かの小売店で採用され、何とか世界で最大の銀行のサポートを得た。

 Googleは、Apple Payモバイル決済サービスに対抗し、Plasoと呼ばれるモバイル決済サービスを開発している。

 Plasoモバイル決済サービスは、Androidベースのモバイル・デバイスで、Apple Payモバイル決済サービスも利用できるようにする。

 Googleは、既に、Google Walletモバイル決済システムを持っているが、決して、大きな人気を得ている訳ではない。

 まだ、正式ではないが、Googleによると、Plasoモバイル決済サービスとGoogle Walletはモバイル決済システム、Plasoの基本フレームワークと、開発を効率化するのを助けるために、一緒に動作できるという。

 Googleの小さな問題は、近距離無線通信(NFC)技術だろう。

 Appleは、統合NFC技術を、パブリックなトランザクションを、より速く、さらに容易にするために、最新のiPhoneに統合した。

 さらに、Appleは、2015年の4月に出荷される予定のApple Watchにも、NFC技術を採用するという。

Images2
 いくつかのAndroidデバイスは、NFC技術を採用しているが、Googleが、すべてのAndroidデバイスで、NFC技術を採用するよう促している訳ではない。

 NFCWorld.comによると、Androidベースのスマートフォンを量産している、Google、LG、HTC、Motorola、Samsung、Sony、および、ZTEのAndroidデバイスの殆どは、NFC技術を採用しているという。

 このことは、Plasoモバイル決済サービスを、速やかに、普及させるには、都合のよいことである。

 クレジットカードを使用した決済を処理するための、カードリーダー・デバイスを提供しており、Paypal、Amazon、Cupertinoなどからの過酷な競争に直面している、デバイス・ベンダ、Squareは、失地の回復を試みている。

 例えば、Squareは、クレジットカードを使用した決済を処理するための、Apple Payモバイル決済サービスに対応した、スタンドアロンのタブレット用クレジットカード・リーダー・デバイスを開発している。

 Apple Payは、成長を続けており、他のベンダの新製品とサービスが、Apple Payモバイル決済サービスに追いつくことができるかどうか分からないが、モバイル決済サービス市場に、何らかの競争があることは、消費者にとっては良いことである。

 ベストセラーのアプライアンス

オンライン食料品注文サービスSeamless '15.04.14

【オンライン食料品注文サービスSeamless】 '15.04.14

 Seamlessは、メンバーや大手の企業が、12,000店以上のレストランから、80種類以上のタイプの食料品を選び、オンラインとモバイルで注文し、配達して貰えるようにする、オンライン食料品注文サービスである。

 Seamlessは、米国で最大の、オンライン食料品注文サービスであり、100万人以上のメンバーや大手の企業が、食料品を手軽で容易に注文できるようにしている。

 Seamlessサイトで、ユーザは、メニューをブラウズしたり、レーティングやレビューを見たり、食料品を配達できる最寄りのレストランを見つけたりすることができる。

 ユーザは、Apple iPhoneとiPad、Android、および、BlackBerryベースのモバイル・デバイス用のSeamless用のアプリケーションを使用して、配達してくれる食料品を、オンラインとモバイルで注文し、決済することができる。

Unnamed
 Seamlessは、New York、Washington DC、Boston、Chicago、San Francisco、Los Angeles、Philadelphia、London、および、他の都市の、レストランのネットワークのフルメニュー、レーティング、レビュー、および、割引サービスを提供している。

 ベストセラーのアプライアンス

2015年1月 4日 (日)

顧客の家や会社への配達サービス '15.01.04

【顧客の家や会社への配達サービス】 '15.01.04

 
 まったくの素人ですが、【Amazonが、商品を1時間以内に配達するサービスを発表】 '15.01.02に関連して、高齢者などのニーズに合わせた、商品(日用品、飲食品など)を、顧客の家や会社に配達するサービスを考えてみました。

 生産者、スーパー、卸業者、倉庫・運輸業者などが、協調し、各在庫データなどを共有して、その地域の需要に合わせて、商品の仕入れや配送コストを最適化する。

 スーパーが、商品を仕入れ、注文取り、配達を管理する。

 (顧客は、インターネット、注文用紙、来店、電話などで、商品を注文できる。)

 スーパーが、生産者に、商品を発注したり、卸業者に依頼したりする。

 スーパーが、倉庫・運輸業者に、商品の運搬、倉庫の管理、梱包、配達を依頼する。

 倉庫・運輸業者が、仕入れた商品を保管する場所(例えば、高速インターの近く)と、消費者に近い、商品を梱包し、配送する場所(例えば、主要駅の近く)を管理する。

 生産者や遠くの倉庫などから、仕入れ倉庫へは、トラックと貨物を使用する。

 仕入れ倉庫から、梱包、配送場所へは、トラックを使用する。

 配送する場所から、顧客の家や会社へは、小型トラックを使用する。

 この梱包し、顧客の家や会社に配達する場所(スーパーのような機能も持つ、地域の物流拠点)には、Amazonが模索している、デパートのようなビルも使われるようになるのかもしれない。

 通常は、デパートやスーパーが、地域の物流会社(倉庫や運送)とデータを連携させて、配達サービスを提供しているのだと思う。

 高齢者には、デパートやスーパーで買った商品が、重かったり、大きかったり、多かったりすれば、配達サービスを利用する顧客も多いだろう。

P1br550_amazon_m_20141009164736
 ベストセラーのアプライアンス

2014年11月28日 (金)

トリプルメディア・マーケティングとは '14.11.28

【トリプルメディア・マーケティングとは】 '14.11.28

・トリプルメディアとは、企業マーケティングにおいて核となる、3つのメディア「ペイドメディア(Paid Media:買うメディア)」、「オウンドメディア(Owned Media:所有するメディア)」、「アーンドメディア(Earned Media:信用や評判を得るメディア)」に分類した、フレームワークのことである。

・ペイドメディアとは、企業が費用を払って広告を掲載する従来型のメディアのことであり、主に、従来のテレビ・ラジオ・新聞・雑誌のマスメディアやWeb広告、イベントなどのスポンサーシップといったものがここに分類される。

 ペイドメディアの役割は、消費者に製品やサービスを認知させ、集客することである。

・アーンドメディアとは、信頼や評判を獲得するメディアのことで、商品やサービスを広告としてではなく、口コミ(word of mouth)で紹介するブログやSNSのことである。

 アーンドメディアの役割は、企業が、信頼や評判を広げることである。

・オウンドメディアとは、企業自らが管理・運営し、情報を発信するメディアのことであり、自社が所有するWebサイトや自社のブログ、メールマガジン、広報などのことである。

 オウンドメディアの役割は、企業が、顧客との関係を構築することである。

ベストセラーのアプライアンス

2014年11月11日 (火)

AmazonのFire HDビジネス '14.11.11

【AmazonのFire HDビジネス】 '14.11.11

 AmazonのFire HD 6を購入して、電子書籍や主なアプリをダウンロードし、使ってみました。

 Fire HDは、電子書籍、ニュースや地図やTVアプリ、Webナビ、Amazonでのオンライン・ショッピングがやりやすいです。

 Amazonは、Fire HDを、他の同レベルのタブレットよりも、半分以下の価格で販売し、Amazonで、コンテンツやアプリケーション、商品、あるいは、クラウド・サービスをオンライン販売し、さらに、広告や物流でも儲けています。

 オンライン・ショッピングが、Amazonのサイト内で、ほとんど間に合ってしまうと、広告の有りかたも変わって来ると思いますが、購入する商品やサービスなどに関する情報が、すべてAmazonサイト内で得られるわけではありませんので、顧客の共感を得るための、検索広告や口コミを紹介する、SNSサイトやブログ(アーンドメディア)の重要性は変わらないと思います。

 しかし、Amazonのサイト内で、いかに、自社の製品を購入してもらえるかが重要になり、Amazonのサイトでの広告やマーケティングも必要になりますので、Amazonは、広告やマーケティングのサポートでも収益を上げています。

 さらに、売り手は、倉庫管理、梱包、物流などを、Amazonに委託することもできますので、Amazonは、これらの使用料や手数料でも、収益を上げています。

 また、Amazonオンライン・ショップなどで購入した商品の顧客のロイアリティを向上させ、顧客の理解を得るために、自社のブログ、コールセンターや顧客関係管理(CRM)、メールマガジンなどの「オウンドメディア」やサービスで、顧客や見込み顧客をサポートすることも重要です。

 顧客の関心を得るために、会社が、費用を払って広告を掲載する、従来型の新聞、雑誌、TV、あるいは、Web広告(ペイドメディア)の重要性は、これまでよりも低くなると思います。

 Amazonなどのオンライン販売会社は、どこで、どのように儲けるかを考えており、Amazonなどで商品を販売する会社は、どのような広告で、どのような顧客サポートをすれば効率がいいか、倉庫の管理や物流も任せた方が安いのかなどを考える必要があると思いますが、判断が難しいですね。

 ベストセラーのアプライアンス

2014年10月18日 (土)

デジタル広告/マーケティング/オンライン販売関連の記事 '14.10.18

【デジタル広告/マーケティング/オンライン販売関連の記事】 '14.10.18

 デジタル広告/マーケティング/オンライン販売関連の記事です。

Atlas広告プラットフォーム(1) '14.10.10

 Atlas(Atlas Advertiser Suite)は、Facebookが、Microsoftから、昨年、買収した広告プラットフォームである。

・ショールーミング '14.06.20

買い物客が、小売店を訪れ、オンライン通販サイトの商品の価格と比較し、通常、安いオンライン・ベンダから商品を購入する、ショールーミングが、トレンドになった。

AmazonのFire Phoneは、ショールーミングの悪夢 '14.06.20

 このスマートフォンのFireflyと呼ばれる機能により、ユーザのショールーミング行動が促され、Amazonは、これまで以上に、ブリック&モルタルの小売業者にとって、大きな脅威になる。

PrestimediaのHTML5デジタル・カタログ '14.06.18

 顧客は、デジタル・カタログに、ソーシアル・メディアやe-コマース能力など、複数の機能を付加できることを望んでいる。

Fits.meの仮想試着室 '14.06.30

 Fits.meのオンライン仮想試着室ソリューションは、顧客の利便性を向上させ、衣服の返品を減らすために、顧客の試用を通して実証された。

Fits.meのフィット・アドバイザ '14.06.30

 Fits.meのフィット・アドバイザ(Fit Advisor)は、ドレスやズボン、ジーンズを含む衣服の、写真のない、推奨やフィット情報を提供する、Fits.meの仮想試着室を補完するソリューションである。

Glamorous、オンライン・ファッション・コーディネート・サイト

 衣服、靴、アクセサリを、トレンド、セール、用途、推奨などを参考にして、ファッションをコーディネートできるサイトです。

Motelrock、オンライン・ファッション・コーディネート・サイト

 衣服やアクセサリを、トレンド、用途、セール、用途、推奨などを参考にして、ファッションをコーディネートできるサイトです。

boohoo.com、オンライン・ファッション・コーディネート・サイト

 衣服、靴、アクセサリ、化粧品を、トレンド、セール、用途、推奨などを参考にして、ファッションをコーディネートできるサイトです。

 ベストセラーのアプライアンス

2014年7月 4日 (金)

PayPalのウェアラブル・デバイス用ウォレット・アプリケーション '14.07.04

【PayPalのウェアラブル・デバイス用ウォレット・アプリケーション】 '14.07.04

 PayPalが、Android Wear用のPayPalアプリケーションを紹介した。 2014年6月25日

 By Richard Mercille、Senior Software Engineer、PayPal

 PayPalは、ユーザが、パーソナル・デバイスと対話する方法を変える、シームレスな、コンテンツ主導の支払い経験を作成するための、大きな機会として、ウェアラブル・デバイスに注目している。

・PayPalは、Samsungのウェアラブル・デバイス、Gear 2とGear Fitで、最初の支払い経験を可能にする。

・アプリケーション開発の観点から、これは、PayPalが、ウェアラブル・デバイス用に設計された、新たなユーザ経験を提供することを意味する。

・ウェアラブル・デバイスの小さな画面は、アプリケーション開発者が、ユーザ・インタフェース(UI)を、再考することを要求する。

・ウェアラブル・デバイスに、最適化された、アプリケーションは、流動的で、効率的で、文脈的な経験を提供する必要がある。

 しかし、複数のメーカの新たなデバイスで、デバイス・アグノスティックな開発アプローチを使用することなく、アプリケーションを利用できるようにすることは、大きな課題である。

・アプリケーション開発者は、GoogleのAndroid Wear OS、ウェアラブル・デバイス・プラットフォームを利用して、デバイスに依存しない、アプリケーションを作成できるようになる。

・Android Wearは、シンプルで、ひとめで分かりやすく、マイクロ・インタラクション上に構築されるよう、設計されている。

・Android Wearは、アプリケーション開発者が、複数のベンダのウェアラブル・デバイスを手早くサポートできるよう、設計されている。

・Android Wearで、アプリケーション開発者は、スタック、ページ、および、シンプルな通知応答を活用するために、数行のコードを追加できる。

・アプリケーション開発者は、Android Wear SDKで、ユニークなAndroid Wear経験を作成できる。

・Android Wear SDKの正式なリリースで、アプリケーション開発者は、ウェアラブル・デバイス用のアプリケーションの開発ノウハウを共有できる。

・Android Wear OSとAndroid Wear SDKを利用して、PayPalは、Android Wear用のアプリケーションを開発し、βコミュニティにリリースする。

・PayPalのウォレト・アプリケーションは、Motorola Moto360やLGのG Watchを含む、最新のAndroid Wearで利用できるようになる。

・PayPalのウオレット・アプリケーションで、Android Wearの所有者は、店舗で買い物の代金を支払ったり、払い戻しをしたり、支払い通知を受けたりできるようになる。

Original
・PayPalは、Android Wearデバイス用のウォレット・アプリケーションで、ユーザに、新たなモバイル経験を提供する。

・Googleは、Google Playに、「Apps for Android Wear」のカテゴリを追加した。

ベストセラーのアプライアンス

2014年7月 1日 (火)

Miloのローカル・ショッピング・サイト '14.07.01

【Miloのローカル・ショッピング・サイト】 '14.07.01

 Miloのミッション:あらゆる製品、あらゆる棚、あらゆるローカルな店舗をサポート

About_mission
 Miloは、ユーザの、地元でのショッピングを容易にする。

・Miloは、ユーザが、ローカルな店舗の棚を、リアルタイムに検索して、最もベストな価格で入手できる商品を見つけるられるようにする。

・Miloは、その時点で、在庫があり、最も安い商品を見つけて、リアルタイムに、ユーザに提示することができる。

・Miloは、詳細な製品情報やユーザ・レビューを提供するので、ユーザは、最もニーズに合った製品を得ることができる。

・Miloは、ユーザが、オンラインとオフラインの両ショッピングに利用できる、最良な情報を、容易に見つけることができるようにする。

・オンライン・コマースとオフライン・コマース間の境界が、ぼやけ続けているので、Miloは、サポートする製品や小売店の数を増やし、カバーする範囲や機能を拡張し続けている。

・Miloは、モバイル・デバイスのサポートも追加し、ユーザが、モバイル・デバイスで、オンラインとオフラインの両ショッピングができるよう、最良な情報を、容易に見つけて利用できるようにする。

・Miloは、ユーザが、実際の店舗において、モバイル・デバイスで、ショッピングに必要な商品の情報を得たり、店内の商品の場所を見つけたりできるようにする。

・Miloは、新たなモバイル機能を提供し、ユーザが、オンラインとオフラインの世界に、シームレスに接続できるようにする。

・eBayの追加リソースを使用して、Miloは、消費者と、その地域の小売店の両方に役立つよう、これからのローカル・ショッピングの有り方を変えて行くことに取り組んでいる。

ベストセラーのアプライアンス

Fits.meのモバイル・ソリューション '14.07.01

【Fits.meのモバイル・ソリューション】 '14.07.01

 Fits.meは、モバイル・デバイス用の、オンライン仮想試着室やフィット・アドバイザー・ソリューションも提供している。

 Fits.meの仮想試着室(Virtual Fitting Room)とフィット・アドバイザー(Fit Advisor)アプリケーションは、既に、スマートフォンやタブレットといった、モバイル・デバイスで使用するために、最適化されている。

 これらのモバイル・アプリケーションは、価値のある顧客を獲得するために、新たな機能や、新たなビジネス機会の可能性をもたらす。

 スマートフォンやタブレット用に設計された、Fits.meのモバイル・ソリューションは、特に、モバイル・デバイスを所有しているアメリカの若者(18才~34才のアメリカの大人の41%)にポピュラーになるだろう。

 Fits.meの「ホワイト・ラベル」モバイル・アプリケーションは、顧客が、自分のスマートフォンのバーコード・リーダ・ソフトウェアで商品のバーコードをスキャンし、正確で容易に、商品を特定し、モバイル・デバイスで、商品を仮想的に試着し、購入できるようにする。

 Fits.meのモバイル仮想試着室とフィット・アドバイザー・アプリケーションは、顧客が、実際の店内で試着するのを減らし、どこにいても、スマートフォンやタブレットを使用して、オンラインで、衣服を仮想的に試着し、最も安い価格で購入できるようにする。

Mobile_solutions
ベストセラーのアプライアンス

2014年6月30日 (月)

Fits.meのフィット・アドバイザ '14.06.30

【Fits.meのフィット・アドバイザ】 '14.06.30

 Fits.meフィット・アドバイザ(Fit Advisor)は、ドレスやズボン、ジーンズを含む衣服の、写真のない、推奨やフィット情報を提供する、Fits.meの仮想試着室を補完するソリューションである。

・フィット・アドバイザは、衣服の種類が多くて、各衣服の在庫をあまり持たないで、頻繁に、ストックを追加したり、除去したりする、ストック・ポリシーを持つ、小売店のオンライン販売に、特に適している。

・フィット・アドバイザは、オンライン顧客に、体のサイズ測定を提供すると共に、タイトなのがいいか、普通がいいか、ルーズなのがいいかを尋ねる。

・オンライン顧客は、自分の体のサイズを知らなければ、自分の身長、体重、年齢、および、体型を入力できるようになっている。

Fa_demo_preference_dress2
・フィット・アドバイザの独自のアルゴリズムは、オンライン顧客が入力した、身長、体重、年齢、および、体型の情報を元に、顧客の体のサイズを算出し、推奨する。

・フィット・アドバイザは、オンライン顧客の好み(タイトか、普通か、ルーズかなど)を考慮に入れて、顧客に、衣服のサイズを推奨する。

・Fits.meにより開発された、オンライン顧客の体のサイズを算出する技術は、小売業者が、衣服の1つのサイズだけのための測定値を提供する必要があることを意味する。

・フィット・アドバイザは、衣服の種類が多く、各衣服の在庫をあまり持たず、頻繁に、ストックを追加したり、除去したりする、小売店のオンライン販売に特に適している。

3_preference_v31

ベストセラーのアプライアンス

ウェブページ