レポートの紹介

2021年2月27日 (土)

Chromebook対タブレット:どちらが、適しているのだろう?(5)'21.02.27

【Chromebook対タブレット:どちらが、適しているのだろう?(5)】'21.02.27

 Chromebookとタブレットの、どちらが、ユーザに、適しているのだろう? 2020年2月5日

Dt0c_20210227152901


 BY EMMA ROTH、makeuseof

 新たなラップトップ、Chromebookとタブレットのどちらが、ユーザに、適しているのだろう?

 ユーザは、インターネットをブラウズするための、新たなパーソナル・デバイスが、必要になるが、新しいWindowsベースのラップトップに、あまり支出したくないだろう。

 選択肢には、Chromebookとタブレットが、あるが、どちらの方が、自分のやりたいことに、適しているのだろう?

 購入するデバイスを決めるために、Chromebookと、Androidベースのタブレットの仕様や特徴を確認しよう。

    (続き)

 モデルにもよるが、一般的に、タブレットは、Chromebookよりも、バッテリーの寿命が長い。

7)性能

 エントリー・レベルの、タブレットやChromebookで、高い処理性能を要求する、対話型の3Dゲームをプレイしたり、画像を編集したりするのは、負荷が高過ぎて、あまり期待できない。

 ただし、Intel Core i3クラス以上のプロセッサを搭載していれば、アプリの起動時間が短縮され、アプリがスムーズに実行され、マルチタスクが改善され、複数の作業を、効率的に、処理できるようになるだろう。

 これに対し、Webブラウジング、メール、Webサービス、クラウド・ベースのアプリ、あるいは、オフラインで利用できる、あまり負荷のかからない、生産性アプリなどを利用する、ユーザには、エントリー・レベル(基本価格が、300ドル未満)の、Chromebookや、キーボード付きのタブレットで、十分だろう。

 エントリー・レベルの、Chromebookが、高性能だが、高価な、プロセッサを必要としない理由は、Chromeオペレーティング・システム(OS)が軽量で、プロセッサに、あまり負荷が、かからないことと、Webブラウザ、メーラー、Webサービス、クラウド・ベースのアプリといった、プロセッサに負荷がかからない、アプリを、ストレスなく、利用できるようにすることに焦点を合わせて、設計されているからである。

 このため、Chromebookのメーカは、Windowsベースのラップトップと比べて、性能を犠牲にすることなく、デバイスのハードウェアのコストを、大幅に低減させることができる。

 また、キーボードとマウスパッドが、標準で付いており、タッチスクリーンでなくても、利用できるので、より低コストな、Chromebookを提供することも可能になる。

 「Chromebook:Googleが目指した、使いやすさ」紹介ビデオ

 Chromeベースの、300ドル未満のChromebookで、あまりプロセシング・パワーを必要としない、軽量OSと、Webブラウザ、メーラー、Webサービス、クラウド・ベースのアプリ、生産性アプリなどを、快適に、利用できることは、Windowsベースの、500ドル以上のラップトップと比較した時の、Chromebookの優位点である。

Dt0b_20210227153101

 ちなみに、現在、販売されている、Chromebookの、最低価格は、159ドルである。

 タブレットには、Fire OS(Ansroidの派生OS)ベースのAmazon Fire 7のような、50ドルで販売されている、製品もあれば、iOSベースのAppleのiPad Proのような、800ドルで販売されている、製品もある。

 これに対し、Androidベースのタブレットは、200ドル未満の製品もあれば、500ドル以上の製品もある。

 500ドル未満の、Chromebookと、Adroidベースのタブレットの間に、明確な勝者はない。

8)どちらが、より適切かは、デバイスで、何をしたいかによって異なる。

 在宅学習やリモート学習、テキスト編集、ワープロ、メール、テキスト・チャット、ブログ、SNSといった、テキストを扱う作業主体のユーザで、手頃な価格の、パーソナル・デバイスが必要な場合は、キーボード入力主体の、200ドルから300ドルの、エントリー・レベルの「Chromebook」の購入を検討しよう。

 これに対し、ゲームをしたり、写真を見たり、ストリーミング・ビデオを視聴したり、電子書籍を読んだり、音楽を聴いたりするだけの場合は、エントリー・レベルの「タブレット」(例えば、200ドルのAmazonのFire HD 10)の方が適しているだろう。

Eweek2e

デル株式会社

2021年2月26日 (金)

Chromebook対タブレット:どちらが、適しているのだろう?(4)'21.02.26

【Chromebook対タブレット:どちらが、適しているのだろう?(4)】'21.02.26

 Chromebookとタブレットの、どちらが、ユーザに、適しているのだろう? 2020年2月5日

 BY EMMA ROTH、makeuseof

 新たなラップトップ、Chromebookとタブレットのどちらが、ユーザに、適しているのだろう?
  Dt0a_20210226114401


 ユーザは、インターネットをブラウズするための、新たなパーソナル・デバイスが、必要になった時に、新しいWindowsベースのラップトップに、あまり支出したくないと思うだろう。

 この選択肢には、Chromebookとタブレットがあるが、どちらの方が、自分のやりたいことに、適しているのだろう?

 購入するパーソナル・デバイスを決めるために、Chromebookと、Androidベースのタブレットの仕様や特徴を確認しよう。

    (続き)

6)Microsoftの、新しい、Surface Pro 7、ラップトップの紹介

 MicrosoftのSurface Pro 7は、ミッドレンジの、Windowsベースのラップトップ(12.3インチのタッチスクリーン、Intel Core i3搭載で、基本価格、750ドルから)であるが、エントリー・レベルの、Androidベースのタブレットや、Chromebookというよりも、AppleのiPadタブレットに対抗できるように作成されている。

 筆者の好みである、Surfaceラップトップは、MicrosoftのPC分野での強みを活かし、タブレット分野での弱みを克服するよう、設計されており、AppleのiPadタブレットに対抗するよう、構築されている。

Dt0g_20210227111001


 「Microsoft Surface Pro 7」の主な仕様

・12.3インチのタッチスクリーン
・CPU:Intel Core i3
・メモリ:4GB
・ソリッド・ステート・ドライブ:128GB

・基本価格:750ドルから

 筆者は、パンデミックの発生以前から、タブレットが、便利になってきたと、感じていた。

 このMicrosoft Surface Pro 7は、家で、快適に、働けるように、設計されている。

 筆者は、家でも、ホーム・オフィス、キッチン、居間などでも、仕事ができるようにしている。

 筆者らは、実際に、会議のために、会社に行くことはない。

 その代わり、Microsoft Teamsのような、オンライン会議ツールを使用して、他の場所にいる、同僚や、取引パートナーなどと、仮想的な環境で、会議ができるようになる。

 筆者らの多くは、オンライン会議を行うために、比較的大きく、見やすいディスプレイ、キーボード、マウス、カメラ、および、感度のよいマイクなどを持っている。

 ただし、今回は、逆に、外出する場合、ユーザは、スマートフォンなどの、モバイル・デバイスを携帯して、家庭用の監視カメラを通して、家や、ペットなどの状況を、必要に応じて確認することができる。

 筆者は、どこでも作業できるような、柔軟性があるので、比較的、大きなタッチ・ディスプレイを持つ、タブレットは、保守点検などの、作業用のデバイスとして、役に立っていると感じた。

 筆者は、クラムシェル型のラップトップを手に持って、立って作業するのは、難しいが、タブレットならば、手に持って、立って作業できるので、タブレットは、保守点検などの作業用のデバイスに、適していると思う。

 ユーザは、キックスタンドで、Microsoft Surface Proの、ディスプレイを立てて、デスクトップPCのように、使用できるようになる。

Dt0e_20210227085801


 Microsoft Surface Proのディスプレイは、大きいので、外部モニタとして、使用することもできる。

 ユーザは、ビデオを見たいと思ったら、小さなポータブルTVのようにして、ビデオを見ることが、可能になる。

Dt0f_20210227090301


 Microsoft Surface Proは、Dolbyオーディオ・プレミアムを搭載しており、ヘッドフォンを使用して、ビデオを視聴したり、音楽を聴いたりすることもできる。

 「Microsoft Surface Pro Xの紹介」ビデオ

 Microsoft Surface Pro 7は、4G LTEと、Wi-Fi 6をサポートしている。

     (続く)

デル株式会社

Chromebook対タブレット:どちらが、適しているのだろう?(3)'21.02.26

【Chromebook対タブレット:どちらが、適しているのだろう?(3)】'21.02.26

 Chromebookとタブレットの、どちらが、ユーザに、適しているのだろう? 2020年2月5日

 BY EMMA ROTH、makeuseof

 新たなラップトップ、Chromebookとタブレットのどちらが、ユーザに、適しているのだろう?

Dt0a_20210226114401


 ユーザは、インターネットをブラウズするための、新たなパーソナル・デバイスが、必要になるが、新しいWindowsベースのラップトップに、あまり支出したくないだろう。

 選択肢には、Chromebookとタブレットが、あるが、どちらの方が、自分のやりたいことに、適しているのだろう?

 購入するデバイスを決めるために、Chromebookと、Androidベースのタブレットの仕様や特徴を確認しよう。

    (続き)

4)バッテリーの寿命

 タブレットもChromebookも、バッテリーの寿命に関して、失望することはないだろう。

 代表的な、Chromebookは、通常使用で、フル充電で、最大12時間使用できる。

 フル充電で、例えば、AcerのChromebook 14は、12時間使用でき、Lenovo Chromebook S330は、10時間使用できる。

5)パンデミック発生後のラップトップの要件

 現在、市場に出回っている、殆どのラップトップは、コロナウィルスの感染拡大の前に設計されている。

 パンデミックが発生する前は、移動する必要のあるユーザが多く、ラップトップには、携帯性が、最も重要であり、バッテリー寿命が長く、移動中でも、手軽に、利用できることが、重要であった。

 しかし、パンデミック発生後は、在宅勤務やリモート作業、在宅学習やリモート学習に、必要なアプリ(例えば、ビデオ会議ツールや、仮想教室プラットフォームなど)を利用できることが、重要になってきた。

 現在のような状況において、我々は、あまり頻繁に、移動していないので、ほとんどの場合、電源が近くにあり、Webカメラを使用して、デスクトップPCやラップトップ(Chromebookやタブレットを含む)で、Zoomのような、ビデオ会議ツールを利用することが、必要になった。

Eweek2d_20210226171001


 筆者らは、Zoomのような、ビデオ会議ツールを利用しながら、メモを書いたり、資料を見つけて、参照したり、特定の同僚と、テキスト・チャットしたりするために、大きなディスプレイを持つ、デスクトップPCやラップトップを、キーボードとマウスで、使用している。

 現在のような状況において、ビデオ会議ツールなどを利用して、在宅勤務や、リモート作業、在宅学習などを行うための、ラップトップを開発するとしたら、どのようなものが適しているのだろう?

 筆者らは、数日前に、Microsoftの、新しいSurface Pro 7を受け取ったが、これは、現在のような状況に最適な構成の、ラップトップである可能性があると思った。

     (続く)

デル株式会社

Chromebook対タブレット:どちらが、適しているのだろう?(2)'21.02.26

【Chromebook対タブレット:どちらが、適しているのだろう?(2)】'21.02.26

 Chromebookとタブレットの、どちらが、ユーザに、適しているのだろう? 2020年2月5日

 BY EMMA ROTH、makeuseof

 新たなラップトップ、Chromebookとタブレットのどちらが、ユーザに、適しているのだろう?

Dt0a_20210226114401


 ユーザは、インターネットをブラウズするための、新たなパーソナル・デバイスが、必要になるが、新しいWindowsベースのラップトップに、あまり支出したくないだろう。

 選択肢には、Chromebookとタブレットが、あるが、どちらの方が、自分のやりたいことに、適しているのだろう?

 購入するデバイスを決めるために、Chromebookと、Androidベースのタブレットの仕様や特徴を確認しよう。

    (続き)

3)アプリ

 Chromebookとタブレットの両方に、アプリをインストールできる。

 ただし、インストールできる、アプリは、デバイスのオペレーティング・システム(OS)に依存する。

 Chromebookには、Googleドライブや、GoogleのChromeブラウザと、シームレスに統合するために、Googleが設計したOSである、Chromeが、搭載されている。

 Chromebookでは、ゲームやストリーミング・アプリに加えて、Microsoft OfficeやAdobe Light roomなどのChromebook用のアプリを、インストールして、利用できる。

 Androidベースのタブレットでは、Google Playストアで入手できる、何100万種類ものアプリにアクセスできる。

Dt0d3_20210226124901


 ChromebookのGoogle Playから、技術的にアプリをダウンロードできるが、その多くはChromebook用に最適化されていない。

 残念ながら、Chromebookは、Chrome OSと、ハードウェア(センサーや非タッチディスプレイなど)の制約で、ウェブストアのChromeアプリと、Google Playストアの一部のAndroidアプリに限定されている。


Dt0d2_20210226124601

 これは、Androidベースのタブレットの方が、引き続き、Chromebookよりも、多くのアプリにアクセスできることを意味する。

・キーボードやマウスを使用して、テキスト入力の多いアプリ(例えば、テキスト・エディタやメモ帳、ワープロなど)や、コラボレーション・アプリ(例えば、ビデオ会議、グループ・ウェアなど)、および、コミュニケーション・アプリ(例えば、SNS、メール、メッセンジャー、チャット(テキスト、ビデオ、音声)など)を、複数、同時に利用するユーザには、Chromebookの方が、適しているだろう。

 これが、現在のような状況において、在宅学習、リモート学習、仮想教室などの、アプリやツールを利用できる、Chromebookが、米国の学校で、設置台数や販売台数を伸ばしている理由のようだ。

 また、今後、Chromebookで利用できる、Android用のアプリの数が、増えることが期待される。

・スタイラスペンや指での入力を好む、ユーザで、テキスト入力の少ない、画像編集アプリや、描画アプリといった、オーサリング・ツールを利用したい場合は、Androidベースのタブレットの方が、適しているかも知れない。

 ただし、Androidベースのタブレットで、アプリを、複数、同時に利用するには、あまり向いていない。

 また、多くのテキストを入力したい、ユーザは、Androidベースのタブレットに、物理キーボードを接続して、利用するようになるだろう。

    (続く)

デル株式会社

2021年2月25日 (木)

Chromebook対タブレット:どちらが、適しているのだろう?(1)'21.02.25

  【Chromebook対タブレット:どちらが、適しているのだろう?(1)】'21.02.25

 Chromebookとタブレットの、どちらが、自分のやりたいことに、より適しているのだろう? 2020年2月5日

  Dt0d3

 BY EMMA ROTH、makeuseof

 新たにラップトップを購入する場合、Chromebookとタブレットのどちらが、自分のやりたいことに、適しているのだろう?

 ユーザは、インターネットをブラウズするための、新たなパーソナル・デバイスが、必要になったが、新しいWindowsベースのラップトップには、支出したくないと思うだろう。

 選択肢には、ChromeベースのChromebookと、Androidベースのタブレットがあるが、どちらの方が、自分のやりたいことに、より適しているのだろう?

 これらのパーソナル・デバイス(Chromebookとタブレット)は、ストリーミング・ビデオ、Webサーフィン、および、Webサービスを、手軽に利用でき、ChromeアプリやAndroidアプリを利用できるようにする。

 これらのパーソナル・デバイス(Chromebookとタブレット)は、互いに、補完的な関係もある。

 では、主な仕事を処理するのに、Chromebookとタブレットの、どちらのデバイスが、適しているのだろう?

 これらのデバイス(Chromebookとタブレット)で、異なっている特徴には、ディスプレイのサイズがある。

 通常、タブレットよりも、Chromebookの方が、平均的に、ディスプレイのサイズが、少し大きい。

 Chromebookは、11インチよりも、大きな、ディスプレイを装備している、傾向があるが、タッチディスプレイを採用していない、Chromebookもある。

 通常、Chromebookの、ディスプレイの解像度は、1366 x 768ピクセルである。

 Chromebookにも、性能を重視した、Chromebook Pixelのような、より高価な、デバイスもあり、より高解像度のディスプレイを装備している。

 勿論、これらのデバイスのディスプレイのサイズと、解像度は、ブランドに依存している。

 例えば、AppleのiPad Airタブレットの、10.5インチのディスプレイの解像度は、2224 x 1668ピクセルであり、MicrosoftのSurface Goタブレットの、10インチのディスプレイの解像度は、1800 x 1200ピクセルである。

 一般的に、タブレットのディスプレイの解像度は、Chromebookのディスプレイの解像度よりも、高解像度である。

 このことは、タブレットが、ビデオを見たり、ゲームをプレーしたり、アートワークを作成したりするのに、Chromebookよりも、適していることを示している。

 タッチスクリーンは、すべてのタブレットに、装備されているが、Chromebookには、タッチスクリーンを装備していない、モデルもある。

 これは、Chromebookには、標準で、キーボードが付いているので、入力手段が、タッチスクリーンである必要がないことと、コストを下げるためである。

 タッチスクリーンを装備した、Chromebookには、Google Pixelbook Go、Asus Chromebook Flip、および、Samsung Chromebook Proなどがある。

 購入するデバイスを決めるために、Chromebookやタブレットの仕様や特徴を確認しよう。

1)携帯性

 携帯性では、平均的に、軽量で、コンパクトな、タブレットの方が、優れている。

 タブレットの方が、軽量、かつ、コンパクトで、2ポンド以下の重さしかなく、バッグに入れて、持ち運びやすい。

 大きな、Pixel Slateタブレットでも、12.3インチのサイズのディスプレイを装備しながら、重さは、1.6ポンドしかない。

 よりコンパクトで、より軽い、タブレットもあるが、通常のタブレットの重さは、2ポンドから4ポンドである。

 これに対し、Chromebookは、少し重く、例えば、HP Chromebook 15の重さは、4ポンドである。

 ただし、軽い、Chromebookもあり、Google Pixelbook Goの重さは、2.3ポンドしかない。

 バックパックやバッグにいれて、持ち運ぶなら、よりコンパクトで、薄くて、軽い、タブレットの方が、適しており、Chromebookは、より大きくて、重いので、持ち運ぶのに、あまり適していない。

2)周辺機器

 Chromebook対タブレットの周辺機器

 Chromebookは、標準で、トラックパッドとキーボードを持っている。

 キーボードとマウス、あるいは、トラックパッドは、タイプ入力したり、Webをブラウジングしたりするのに適している。

 ユーザは、ラップトップのように、Chromebookを、折り畳んで、大きめのバッグに入れて、持ち運ぶことができる。

 これに対し、通常、タブレットには、標準で、タッチスクリーンが装備されているが、キーボードやマウスは、付いておらず、別売である。

 ユーザは、一般的に、タッチスクリーン上に表示された、仮想キーボードを使用して、テキストを入力する場合、物理キーボードを使用して、入力するよりも、遅く、ミスも多い。

 タブレットのユーザは、タッチスクリーンに表示された、仮想キーボードを使用して、タイプ入力する代わりに、Bluetoothで、キーボード、マウス、あるいは、スタイラスペンを接続して、タイプ入力することもできる。

Dt0c_20210226085401


 モバイル・ユーザは、Bluetoothキーボードを、タブレットに接続することで、テキストを、より速く、正確に、入力できるようになる。

 仕事、あるいは、学習のための、デバイスを使用する計画があるなら、Chromebookの購入を検討しよう。

    (続く)

デル株式会社

キーボードを持つ、Androidベースのタブレットの、ベスト5(3)'21.02.25

【キーボードを持つ、Androidベースのタブレットの、ベスト5(3)】'21.02.25

 キーボードを持つ、Androidベースのタブレットの、ベスト5を紹介する。'20年5月18日

 By Gratian、joyofandroid

 特に、Androidベースのタブレットで、キーボードを持っている、機種を紹介する。

 Androidベースのタブレットは、携帯性に優れているので、筆者らは、スマートフォンよりも、スクリーン画面が大きなタブレットを、好んで使用している。

 ただし、タブレットは、ラップトップほど、多くの機能を持っていない。

 また、筆者らが、ラップトップを好んで利用するのは、キーボードを持っており、複数のことを同時に処理できるからである。

 キーボードが標準で添付された、Androidベースのタブレットが、提供されるようになってきた。

 これまで、Androidベースのタブレットは、より大きなスクリーン画面を持つ、スマートフォンだと言われてきた。

 ただし、タブレットは、スマートフォンのように、電話をしたり、ポケットに入れたり、写真を撮ったりするのには、あまり向いていない。

 Androidベースのタブレットは、基本的に、スマートフォンと同じ機能を持っており、スクリーン画面が、大きいので、電子書籍を読んだり、ビデオを見たり、メッセージを書いたりするのに適している。

Dt0b2


 ただし、通常のAndroidベースのタブレットは、スマートフォンのように、物理キーボードは、標準で付いていない。

 スクリーンに表示される、仮想キーボードは、便利であるが、通常、実際の物理キーボードの方が、キー入力しやすい。

 特に、タブレットは、スマートフォンよりも、さまざまな生産性ツールなどで、仕事をするのに向いている。

 確かに、ユーザは、タブレット用に、ポータブルな、物理キーボードを、別途、購入することができる。

 もし、タブレットを使用して、多くのテキストを入力したいユーザは、物理キーボードが、標準で添付された、タブレットを購入しよう。

 筆者らは、物理キーボードを標準で持つ、ベストな、Androidベースのタブレットを紹介する。

     (続き)

5)RCA Viking Proタブレット

Dt0h_20210225143801


 Simbans TangoTabタブレットよりも安い、キーボード付きのタブレットには、RCA Viking Proタブレットがある。

 RCA Viking Proは、筆者が評価した、キーボード付き、タブレットの中で、最も安い、取り外し可能なキーボードを持つ、10.1インチのタブレットである。

 RCA Viking Proタブレットには、これまで紹介した、他のタブレット程、多くの機能が詰め込まれていないかも知れないが、Android 5.0 OSで提供される、基本的な機能は、殆ど提供されているので、ユーザは、自分がやりたいことに、十分利用できるか、検討してみる価値は、あるだろう。

 「RCA Viking Pro」タブレットの仕様と特徴

・最も安い、キーボード付き、タブレットである。
・取り外し可能(デタッチャブル)な、キーボードを持っている。

・OS:Android 5.0
・CPU:1.4GHz MediaTek MT8127 Quad Coreプロセッサ
・メモリ:32GB RAM
・ストレージ:1GB DDR SDRAM RAM
・10.1インチのIPS LCDタッチスクリーン

Dt0i

6)まとめ

 キーボード付きのAndroidベースのタブレットは、ラップトップの代替品として使用できそうだが、ラップトップに要求されている、すべての機能を持っている訳ではない。

 特に、キーボード付きのAndroidベースのタブレットは、Windowsベースのラップトップと、使い方や文化が違うので、Windowsベースのラップトップのユーザは、キーボード付きのAndroidベースのタブレットを、併用することはあっても、移行することは、あまりないだろう。

 また、キーボード付きのAndroidベースのタブレットは、Webブラウザ主体の、Chromeベースのラップトップと、使い方や文化が違うので、 Chromeベースのラップトップのユーザは、キーボード付きのAndroidベースのタブレットを、併用することはあっても、移行することは、あまりないだろう。

 ただし、逆に、Chromeベースのラップトップ、「Chromebook」でも、センサーなどの、ハードウェアが、装備されていれば、Androidベースのタブレット用のアプリを、Google Playストアから、ダウンロードして、利用することは可能になっている。

 <コメント>

 それでは、キーボード付きのAndroidベースのタブレットと、タッチスクリーンを装備し、必要なセンサーが搭載した、Chromeベースのラップトップ、Chromebookは、どのような違いがあるのだろう。

 Webブラウザ・ベースで、Webナビゲーション、Webサービス、および、クラウド・サービス主体のユーザは、価格や、これらのサービスを利用する上での、性能や使い勝手を比較するだろう。

 Androidアプリ主体のユーザで、テキストの入力が多く、大きなタッチスクリーンを必要としていれば、キーボード付きのAndroidベースのタブレットが、自分の要件に適合しているのだろうか?

 Androidアプリを使用したい、ユーザは、キーボード付きのAndroidベースのタブレットと、Androidアプリを実行して、利用できるようにした、Chromeベースのラップトップ、「Chromebook」と、どちらが、自分の目的に、より適しているのか、試用してから、購入を決定する必要があるだろう。

 Googleは、10インチ以上のタッチスクリーンを装備した、キーボード付きの、Androidベースのタブレットと、10インチ以上のタッチスクリーンを装備した、Chromeベースのラップトップ、「Chromebook」を、どのように、差別化するのだろう。

デル株式会社

2021年2月24日 (水)

キーボードを持つ、Androidベースのタブレットの、ベスト5(2)'21.02.24

【キーボードを持つ、Androidベースのタブレットの、ベスト5(2)】'21.02.24

 キーボードを持つ、Androidベースのタブレットの、ベスト5を紹介する。'20年5月18日

 By Gratian、joyofandroid

 Androidベースのタブレットで、物理キーボードを標準で持っている、機種を紹介する。

 筆者らが、ラップトップを好んで利用するのは、キーボードを持っており、複数のことを同時に処理できるからである。

 Androidベースのタブレットの分野でも、物理キーボードが標準で添付された機種も、提供されるようになってきた。

 これまで、Androidベースのタブレットは、より大きなスクリーン画面を持つ、スマートフォンだと言われてきたが、スマートフォンのように、電話をしたり、ポケットに入れたり、写真を撮ったりするのには、あまり向いていない。

 Androidベースのタブレットは、基本的に、スマートフォンと同じ機能を持っており、スクリーン画面が、大きいので、電子書籍を読んだり、ビデオを見たり、メッセージを見たり、文章を書いたりするのに適している。

 スクリーンに表示される、仮想キーボードは、便利であるが、通常、実際の物理キーボードの方が、キー入力しやすい。

 通常のAndroidベースのタブレットには、スマートフォンのように、物理キーボードが、標準で付いていないが、ユーザは、タブレット用に、物理キーボードを、別途、購入することができる。

 タブレットを使用して、多くのテキストを入力したいユーザは、物理キーボードが、標準で添付された、タブレットを購入しよう。

     (続き)

2)Lenovo Yoga Book

Dt0c_20210224204901


 Lenovo Yoga Bookは、最も軽くて、最も薄い、Androidベースの、2-in-1タブレットである。

 このLenovo Yoga Bookは、より生産性が高く、仕事の習熟度を向上させるように、設計されている。

 このリストに掲載されている、キーボード付きの、他のAndroidタブレットと異なり、Yoga Bookは、Haloキーボードを持っている。

 このLenovo Yoga Bookタブレットは、取り付け可能なキーボードではない。

 このLenovo Yoga Bookタブレットは、必要な時にのみ現れる。

 Lenovo Yoga Bookタブレットは、Real Penスタイラスペンを使用して、デジタルに、ノートを取ることができる。

 このタブレットは、4GBのRAMと、64GBのハードドライブを装備し、高性能に作成されている。

 このタブレットは、1回の充電で、通常的な使用方法で、12時間使用することができる。

 ユーザは、このLenovo Yoga Bookタブレットを、Haloキーボードを持つ、タブレットか、ラップトップとして、使用することができる。

 このタブレットの特徴

・Haloキーボード
・Real Penスタイラスペン
・10.1インチのHDタッチスクリーン画面
・Android 6.0 Marshmallowオペレーティング・システム搭載
・360度開閉できる、タッチスクリーン
・薄くて、軽く、コンパクトなデザイン

 このタブレットを使用する上での特徴

・ユーザが、仕事以外にも利用できる。
・ユーザが、映画館のような、シネマチックな経験を体験できるようにする。
・高品位でクリアなタッチスクリーンと、2台のスピーカを装備しており、映画などの視聴に適している。

3)Huawei MediaPad M5 Pro


Dt0b2


 Huawei MediaPad M5 Proタブレットは、曲面を持つデザインの、メタル製の本体を特徴にしている。

 このタブレットは、シンプルで、エレガントで、洗練されたデザインである。2560 x 1600ピクセルの高解像度の、タッチスクリーンを装備している。

 このHuawei MediaPad M5 Proタブレットのタッチスクリーンの面積が、本体を占めている割合は、82%である。

 この割合は、ビデオや映画を見るのに適している。

 また、このタブレットは、Harman/Kardonにより、最適化された、Quadステレオ・スピーカを持っている。

 安定した、Wi-Fiネットワーク接続と、オクタコア・チップセッチで、このタブレットは、仕事にも、娯楽にも使用することができる。

 しかし、このタブレットの容量を、完全に、最大にするために、M-Penスタイラスペン、または、公式のキーボードを持つ、デジタル・スケッチパッドに変換する。

 Huawei MediaPad M5 Proの公式のキーボードは、本体とは、別に販売されている。

 Huawei Matebookキーボード(公式のHuaeiのキーボード)

Dt0d_20210225072601


 Matebook Portfolioキーボードは、タブレットを、生産性の高い、ラップトップに変える。

 このキーボードは、「Scissor X」構成と、5.2mmの高さのキーで、心地よく、テキストを入力することができる。

4)キーボードを持つ、Simbans TangoTabタブレット

Dt0e_20210224210001


 Simbansは、このリストに掲載された、最初の3ブランドほど、ポピュラーではない。

 TangoTabタブレットは、ラップトップにもなる、2-in-1デバイスである。

 このTangoTabは、手頃な価格の、ラップトップにもなる、高品質な、キーボード取り外し可能なタブレットである。

 このタブレットに搭載された、高性能な、MediaTekクアドコア・プロセッサで、より生産性を高めるために、マルチタスキング能力を持っている。

 キーボードを持つ、Simbans TangoTabタブレット

Dt0d3

 このSimbans TangoTabタブレットは、Samsung、Lenovo、および、Huaweiタブレットよりも、比較的安い。

 このSimbans TangoTabタブレットは、他の2-in-1タブレット程、多くの機能を持っていないが、手頃な価格の割に、期待以上に、多くの機能を持っているので、予算の少ないユーザは、購入を検討しよう。

 Simbans TangoTabタブレットの特徴

・16対9のアスペクト比の、IPSタッチ・スクリーン
・2.0メガピクセルの前面カメラ
・5.0メガピクセルの背面カメラ
・Officeアプリが、予めインストールされている。
・高性能なMediaTekクワドコア・プロセッサを搭載
・Android 8.1 Oreoオペレーティング・システムを搭載

     (続く)

デル株式会社

2021年2月23日 (火)

キーボードを持つ、Androidベースのタブレットの、ベスト5(1)'21.02.23

【キーボードを持つ、Androidベースのタブレットの、ベスト5(1)】'21.02.23

 キーボードを持つ、Androidベースのタブレットの、ベスト5を紹介する。'20年5月18日

 By Gratian、joyofandroid

 Androidベースのタブレットで、標準で、物理キーボードを持っている、機種を紹介する。

 Androidベースのタブレットは、携帯性に優れているので、筆者らは、スマートフォンよりも、スクリーン画面が大きなタブレットを、好んで使用している。

 ただし、タブレットは、ラップトップほど、多くの機能を持っていない。

 筆者らが、ラップトップを好んで利用するのは、キーボードを持っており、複数のことを同時に処理できるからである。

 キーボードが標準で添付された、Androidベースのタブレットも、提供されるようになってきた。

 これまで、Androidベースのタブレットは、より大きなスクリーン画面を持つ、スマートフォンだと言われてきた。

 ただし、タブレットは、スマートフォンのように、電話をしたり、ポケットに入れたり、写真を撮ったりするのには、あまり向いていない。

 Androidベースのタブレットは、基本的に、スマートフォンと同じ機能を持っており、スクリーン画面が、大きいので、電子書籍を読んだり、ビデオを見たり、メッセージを見たり、文章を書いたりするのに適している。

 ただし、通常のAndroidベースのタブレットは、スマートフォンのように、物理キーボードは、標準で付いていない。

 スクリーンに表示される、仮想キーボードは、便利であるが、通常、実際の物理キーボードの方が、キー入力しやすい。

 このため、ユーザは、タブレット用に、ポータブルな、物理キーボードを、別途、購入することもできる。

 タブレットを使用して、多くのテキストを入力したいユーザは、以下のような、物理キーボードが、標準で添付された、タブレットを購入しよう。

1)カバー・キーボードを持つ、Samsung Galaxy Tab S4タブレット

Dt0a_20210223210001


 Samsung Galaxy Tab S4は、キーボードを持つ、ベストな、Androidベースのタブレットの1つである。

 Samsungの「DeX」モード(Androidのマルチ・ウィンドウ・モードの拡張)で、ブックカバー・キーボードを使用して、ユーザは、テキストの入力が多い仕事を、より効率的に行うことができる。
Dt0b_20210224140001


 習熟度を向上させるよう、デザインされた、Samsung Galaxy Tab S4タブレットで、ユーザは、ワークフローを、より良く管理することができる。

 Galaxy Tab S4タブレットのキーボードのキーは、適切な、ピッチとストロークを持ち、キー入力しやすい。

 Samsung Galaxy Tab S4タブレットは、10.5インチの、Super AMOLEDタッチ・ディスプレイを装備している。

 このSamsung Galaxy Tab S4タブレットは、携帯性に優れているが、10.5インチと、大きな、Super AMOLEDタッチ・ディスプレイを持っており、入力しやすい、キーボードも、標準で付いているので、ラップトップのように、使用することができる。

 通常のスマートフォンよりも、かなり大きなタッチ・ディスプレイ(10.5インチ)を持つ、Samsung Galaxy Tab S4タブレットは、ビデオを見たり、映画を見たりするのに適している。

 このSamsung Galaxy Tab S4タブレットには、256GBの内部メモリ、メモリカードに使用する、最大、400GBの、より大きなストレージ空間が、装備されている。

 より大きなストレージ容量を持つことで、ユーザは、このSamsung Galaxy Tab S4タブレットを、ラップトップPCの様に、使用できるようになる。

 このSamsung Galaxy Tab S4タブレットには、S Penスタイラスペンが、添付されており、ユーザが、手書き入力で、ノートを作成したり、簡単な絵を描いたりするのに、向いている。

 このSamsung Galaxy Tab S4タブレットに添付されている、ブックカバー・キーボードと、S Penスライラスペンは、充電する必要がない。

特徴

・ブックカバー・キーボード
・DeXモードのサポート
・256GBの内部メモリ
・最大、400GBのストレージ
・解像度、13MPの背面カメラ
・解像度、8MPの前面カメラ
・よりサイズの大きな、10.5インチのAMOLDEDタッチ・ディスップレイ
・最大、16時間、ビデオを再生可能
・Android O OS搭載

     (続き)

デル株式会社

移動ロボットは、2020年に急増し、陸、空、水をカバーしてきた。(5)'21.02.23

【移動ロボットは、2020年に急増し、陸、空、水をカバーしてきた。(5)】'21.02.23

 移動ロボットは、2020年に急増し、陸、空、水をカバーし、より自律的になってきた。2020年12月16日

 By John Blyler、designnews

    (続き)

6)ロボットが天井を歩く。

Ces1f_20210223162601


 未来の家に備えるために、豊田中央研究所(TRI)の技術者は、ロボット工学を、家に直接統合して、一般的な家事を行うというアイデアを調査している。

 TRIは、ロボットが、雑然とした床を移動する必要なく、代わりに、天井を移動し、住人の邪魔にならないようにすることに、取り組んでいる。

 このアイデアを探求するために、TRIの研究者は、現在のモバイル・マニピュレーターを、天井に吊るし、天井を移動できるようにする、プロトタイプのロボットを構築した。

 この家事用ロボットは、逆さまになり、天井に事前に取り付けられた、トラックの上を動き回る。

 TRIによると、天井に取り付けられた、この家事用ロボットは、家が狭く、家具や物が詰め込まれ、床のスペースが、少ない日本の家に向いており、住人のじゃまにならないよう、行動できるようにすることを狙っているという。

 「トヨタの家事用ロボットのプロトタイプの紹介」ビデオ

デル株式会社

移動ロボットは、2020年に急増し、陸、空、水をカバーしてきた。(4)'21.02.23

【移動ロボットは、2020年に急増し、陸、空、水をカバーしてきた。(4)】'21.02.23

 移動ロボットは、2020年に急増し、陸、空、水をカバーし、より自律的になってきた。2020年12月16日

 By John Blyler、designnews

    (続き)

5)ドローンを使用した、山火事への対応

 2020年に、米国の西部で発生した、大規模な山火事で、ドローン技術を使用して、そのような火災の発生を監視し、防止することに関心を呼び起こした。

 現在、カメラを搭載したドローンは、進行中の火災に関する重要な情報を収集するためにも、使用されている。

 このリアルタイムな情報を活用して、消防士は、差し迫った危険について学習し、より適切なことに、努力を集中できるようになる。

Ces1e_20210223140801


 山火事の監視に適用される、可能性のある、他のドローン対応技術には、従来の可視スペクトルの赤-緑-青(RGB)カメラ・システムよりも詳細な画像を提供する、「ハイパー・スペクトル技術」という技術があるようだ。

 この「ハイパー・スペクトル技術」を追加することにより、人間の視聴者、または、ドローンなどの、機械学習(ML)システムは、画像を構成する、素材に関する、より詳細を「見る」ことができるようになるという。

 「ハイパー・スペクトル・イメージング技術を利用できる、現在の適用分野には、医療や農業など向けの、リモート・センシングがある。

 「ドローンを利用した、リモート・センシングの適用事例の紹介」ビデオ

     (続く)

デル株式会社

 

 

 

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2