レポートの紹介

2017年11月 1日 (水)

モノのインターネット(IoT)の動き(3) '17.11.01

【モノのインターネット(IoT)の動き(3)】 '17.11.01

 モノのインターネット(IoT)は、市場ではなく、動きである。

Dis4a_3
 By IoT Strategy Analytics

 モノのインターネット(IoT)は、ビジネスや技術の将来に関する、最新のバズワードである。

 IoTは、毎日のビジネスの実践を変革し、ビジネスの機会を開いている。

 IoTの未来は、現在、起こっている。

    (続き)

6.IoT市場に関連する、ビジネスに対する洞察

 IHS Markitは、11の主な調査分野に渡り、IoTの動きの視野を提供し、洞察する。

 IHS Markitの、主な調査分野には、「コネクティッド・カー」、「ディスプレイ」、「企業IT」、「ヘルスケア技術」、「製造技術」、「メディア&広告」、「消費者向けコネクティッド・デバイス」、「モバイル通信」、「電力エネルギー技術」、「セキュリティ」、および、「半導体」がある。

7.ビジネスに対する、IoT洞察

・セルラーIoT分野の、新たなビジネス機会

1)5G:より安く、よりバッテリ寿命が長く、10万デバイス/セルをサポートし、より深いカバレッジを提供すると共に、数msの遅延しかなく、高信頼で、高アベーラビリティである。

2)スマート・シティ・プロジェクトの、タイプごとの割合

プロジェクトのタイプ         割合

エネルギー&リソース効率     24%

ガバナンス               10%

ヘルスケア                3%

移動&輸送               26%

物理的な基盤             26%

安全&セキュリティ          11%

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

モノのインターネット(IoT)の動き(2) '17.11.01

【モノのインターネット(IoT)の動き(2)】 '17.11.01

 モノのインターネット(IoT)は、市場ではなく、動きである。

Dis4a_2
 By IoT Strategy Analytics

 モノのインターネット(IoT)は、ビジネスや技術の将来に関する、最新のバズワードである。

 IoTは、毎日のビジネスの実践を変革し、ビジネスの機会を開いている。

 IoTの未来は、現在、起こっている。

    (続き)

4.なぜ、IoTか?

 IHS Markitは、このダイナミックな動きを通じて、企業が戦略を開発し、新たなビジネス機会を発見し、IoTをテストするのを支援する。

 比類のない、定量的、および、定性的なIoT分析と、ネットワークのテストを、IoTの価値の連鎖全体の、主要な研究と組み合わせることで、IHS Markitは、企業が、収束するIoTのエコシステム全体に渡って、新たな成長の機会を明らかにし、将来の戦略を開発するのに役立たせる。

表2)2017年における、各分野のIoT対応デバイス/コネクティッド・デバイスの設置台数と、2016年から2030年までの、年間平均増加率(CAGR)を、以下に示す。

分野            2017年設置台数   2013年から2030年のCAGR

スマート・ホーム       8億2260万台         13.96%

パーソナルIoT         4億740万台          15.33%

コネクティッド・カー         5650万台          13.62%

医療IoT              1億340万台          15.33%

産業               3億5650万台          23.24%

スマート・シティ        4億5000万台         18.00%

5.IoTの4本の基本的な柱

 IHS Markitは、IoTの動きのコアに、4本の基本的な柱を特定した。

 IoTの4本の基本的な柱には、接続、収集、分析(計算)、および、生成がある。

1)IoTデバイスや情報の、新たな接続

2)IoTデバイスから得られる、データの収集

3)収集されたデータを、可能性に変換する、先進の分析(計算)

4)新たな対話、ビジネス・モデル、および、ソリューションの生成

 IoT時代における、無線ネットワーク基盤、セキュリティ技術、クラウド・サービス、AI(音声対応デジタル・アシスタント)技術といった、他の話題

・2021年には、新たな5G&NB-IoT能力にシフトする。

・生体認証技術で、IoTのセキュリティが強化される。

・2016年に、サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)の売上は、107億ドルで、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)の売上は、548億ドルで、サービスとしての基盤(IaaS)の売上は、482億ドルであった。

・2017年に、デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・デバイスの台数の割合は、Amazon Alexa搭載デバイスが62%、Google Assistant搭載デバイスが25%、その他が13%になる見込みである。

・2020年に、デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・デバイスの台数の割合は、Amazon Alexa搭載デバイスが34%、Google Assistant搭載デバイスが43%、その他が23%になる見込みである。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年10月31日 (火)

モノのインターネット(IoT)の動き (1) '17.10.31

【モノのインターネット(IoT)の動き(1)】 '17.10.31

 モノのインターネット(IoT)は、市場ではなく、動きである。

Dis4a
 By IoT Strategy Analytics

 モノのインターネット(IoT)は、ビジネスや技術の将来に関する、最新のバズワード以上のものである。

1.IoTは、毎日のビジネスの実践を変革し、ビジネスの機会を開いている。

 IoTの未来は、現在、起こっている。

・世界のIoT対応デバイスの設置台数は、2017年における、270億台近くから、2030年には、1250億台に、年間平均増加率(CARG)、12%で増えていく見込みである。

・世界のデータ転送量は、今後、15年間に、年間平均、20%~25%の増加率から、年間平均増加率、50%に、急増していくことが期待される。

2.IoTは、市場ではなく、動きである。

・IoTの革新的な潜在能力にも関わらず、多くの企業は、一貫性のある、IoT戦略を特定することが、困難になってきた。

・IoTは、しばしば、理解できない概念のように見える理由は、IoTが、市場ではなく、動きであり、製品ではなく、プロセスであることに起因している。

3.なぜIoTが重要なのか?

・IoT対応デバイスの設置台数は、指数関数的に増大している。

・IoTは、人間とマシンと情報が、互いに対話する方法における、展開の動きを示している。

 IoTの動きは、産業のあらゆる段階と、あらゆる市場分野に、仮想的に、原材料から生産、流通、さらに、最終製品の消費にまで、影響を与えている。

・2017年における、IoT対応デバイスの設置台数は、270億台になる見込みである。

表1)2017年における、各分野のIoT対応デバイス/コネクティッド・デバイスの設置台数と、2013年から2030年までの、年間平均増加率(CAGR)を、以下に示す。

分野              2017年設置台数   2013年から2030年のCAGR

医療               3億3700万台           20.8%

産業エレクトロニクス     43億台               24.3%

自動車や輸送          7億8900万台           21.4%

消費者             52億台               13.8%

通信               146億台                7.8%

コンピュータ           17億台                -2%

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年9月25日 (月)

2017年におけるモノのインターネット(IoT)の市場状況(2) '17.09.25

【2017年におけるモノのインターネット(IoT)の市場状況(2)】 '17.09.25

Verizon1_2
 By Verizon

1.IoTは、デジタル革新のコアになる。

 IoTを導入することで、あらゆる産業で、インターネットに接続された、センサーから、膨大なデータを収集し、分析して、活用することで、品質、安全、流通、製品など、さまざまなものを、適切に管理できるようになる。

    (続き)

7.データの価値の連鎖が発生する。

 IoTデータ・ストリームを、コストの低減やビジネスの価値に変える。

 Verizonは、世界のIoTプラットフォームの売上が、1年間で、35%増加し、2020年には、11億6000万ドルになると予測している。

 IoTアプリ実行するための、クラウドベースの基盤、IoTアプリを構築できるようにするための、ツール群、ネットワーキング基盤などを提供する、代表的な、IoTプラットフォームには、AppleのHomeKit、VerizonのThingSpace、GoogleのCloud IoT Core、IBMのWatson IoT、CiscoのJasper、SalesforceのIoT Cloudなどがある。

 VerizonのThingSpaceプラットフォームは、顧客や開発者が、IoTソリューションを管理、開発、および、展開するための、管理コンソールになる、Webベースの、オープンな開発環境を提供する。

8.VerizonのThingSpace IoTプラットフォームのエコシステム

 エンドツーエンドの、IoTデバイスを統合し、管理する。

1)IoTデバイス

2)Verizonネットワーク

・LTE無線アクセス

・有線アクセス

3)ThingSpaceプラットフォーム

・ゼロタッチ・オンボード

・接続性管理
・IoTデバイス管理
・レポーティングと分析
・セキュリティとコンプライアンス

・APIと開発者ポータル

4)IoTアプリ

9.IoTで可能になること。

・IoTは、データを、新たな製品やサービス、および、ビジネスの価値に変換する、

・IoTは、スマートで、持続性のある、エネルギー・ソリューションを提供する。

・IoTは、スマート・コミュニティを実現し、市を、より安全で、健康的で、効率的にし、市民に、さまざまな情報を公開し、経済開発をサポートする。

 IoTソリューションの事例

事例1 : Columbus Yellow Cabは、オハイオ州で、タクシーの予約や支払プロセスを自動化し、効率化するために、Verizon Shareソリューションを使用している。

事例2 : 電力会社は、電気の供給停止の検出や、運用コストの制御などに、スマート・グリッド・クラウド・プラットフォームや、スマート・メータを使用している。

事例3 : Boston市では、道路の交通状況のデータを収集して、分析し、交通信号のタイミングを変えたり、バイク用のレーンを追加したりできるようにしている。

10.IoTサービスを提供するよう、IoTプラットフォームを拡張する。

 代表的な、IoTプラットフォームには、AppleのHomeKit、VerizonのThingSpace、GoogleのCloud IoT Core、IBMのWatson IoT、CiscoのJasper、SalesforceのIoT Cloudなどがある。

 これらのIoTプラットフォームは、セキュアな基盤や、開発者が、IoTアプリを構築できるようにするための、ツール群を提供し、膨大な数の、コネクティッド・デバイスを管理したり、制御したり、あるいは、センサーなどで得られる、膨大な量の、データを収集し、分析したりできるようにする。

参考 : 【Googleが、IoTデバイスを管理するための、クラウド・サービスを開始する。】 '17.05.17

参考 : 【IBM Watson モノのインターネット(IoT)とは?(1)】 '16.06.26

11.IoT関連のセキュリティとプライバシー

 IoTを取り巻く、企業の心配のトップは、セキュリティに関することである。

 センサーの展開や、膨大なデータは、セキュリティのリスクを増大させ、保険コスト、ブランドの評判、パートナーとの関係などに影響を与える。

 従来のコンピュータは、セキュリティ保護のために、アンチウイルス・プログラムを実行できるが、現在の、IoTデバイスは、アンチウィルス・プログラムを実行できない。

 2017年4月に、Verizonは、IoTデバイスに組み込まれる、Universal Integrated Circuit Cardのリモート監視と管理機能を通して、セキュリティ保護の外部レイアを追加した、IoTセキュリティ信用証明サービスの提供を開始した。

 このIoTセキュリティ信用証明サービスで、企業は、特定の従業員やデバイスに、暗号を通して、アプリやIoTデバイスへのアクセスを、提供できるようになる。

12.IoTの経済

 企業は、IoTが意味することを、知りたいと思っている。

 IDCは、世界のIoT関連の製品やサービスへの投資が、2017年に、1年間で、16.7%増加し、8000億ドル以上になると見積っている。

 2017年に、IoT関連の製品やサービスへの投資が多い、業界は、製造、運輸、ユーティリティになるだろう。

1)2017年における、IoTの投資額

・製造業     : 1830億ドル

・運輸業     :  850億ドル

・ユーティリティ :  660億ドル

 ベストセラーのアプライアンス

2017年におけるモノのインターネット(IoT)の市場状況 (1) '17.09.25

【2017年におけるモノのインターネット(IoT)の市場状況 (1)】 '17.09.25

Verizon1
 By Verizon

1.IoTは、デジタル革新のコアになる。

 IoTを導入することで、あらゆる産業で、インターネットに接続された、センサーから、膨大なデータを収集し、分析して、活用することで、品質、安全、流通、製品など、さまざまなものを、適切に管理できるようになる。

・ヘルスケア分野において、IoTは、医療スタッフは、緊急患者に対し、即座位に、適切な処置を実施できるよう支援する。

・地方自治体において、IoTは、市民へのサービスを改善し、生活や安全の質を向上させる。

・エネルギーや建設分野において、IoTは、ドローンなどの、インターネットに接続された、無人の乗り物で、資源を探査したり、施設を監視し、保全をサポートしたり、できるようにする。

・損害保険分野において、IoTは、ドローンなどで、被害や損害の状況を査定するために必要なデータを収集するのを支援できるようにする。

2.2016年から2017年における、分野ごとの、IoTネットワーク接続デバイスの年間増加率

・ヘルスケア/製薬          : 11%

・エネルギー/ユーティリティ   : 41%

・スマート・シティ/コミュニティ   : 19%

・製造                    : 84%

・輸送/流通              : 40%

3.IoTにおける、関心や心配のビッグ3

・単純さ(互換性)

・セキュリティ(安全性)

・スケーラビリティ(相互運用性)

4.IoTがエンタープライズ・グレードになる。

 企業における、IoT展開の目的

・顧客サービスの改善    : 33%

・資産管理の改善       : 26%

・生産や配送能力の工場 : 25%

5.商用ドローンの利用が増える。

 カメラやセンサーを搭載した、ドローンが、保守や管理などの作業を支援する。

・農作物や家畜の健康状態の監視や管理を支援する。

・石油やガスなどのパイプラインの監視や保守を支援する。

・通信タワー、電気の鉄塔、送電線などの監視や保守を支援する。

・資源の探査を支援する。

・危険な場所や、行きにくい場所にある施設や設備の監視や管理を支援する。

6.商用ドローンの、トップ5市場

・設備や施設の点検                   : 42%

・不動産や地理などの空中撮影         : 22%

・農作物や家畜の管理                : 19%

・損害保険の査定                     : 15%

・地方自治体により、施設などの保守管理 :  2%

     (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年9月 7日 (木)

バーコード・スキャナーが、リサイクルの役に立つ。'17.09.07

【バーコード・スキャナーが、リサイクルの役に立つ。】 '17.09.07

ドイツのベルリンで開催された、IFA技術フェアで、リサイクルを分類するのに役立つ、バーコード・スキャナが展示された。 2017年9月6日

 ベストセラーのアプライアンス

2017年3月22日 (水)

業界イニシアティブのデジタル変革の紹介(3) '17.03.22

【業界イニシアティブのデジタル変革の紹介(3)】 '17.03.22

 業界イニシアティブのデジタル変革の紹介 2016年1月

 By Weforum

 業界のデジタル変革は、業界と社会の両方に対する、価値を生成するために、莫大な機会をもたらしている。

   (続き)

 企業が、業界や社会に対する、デジタル化の価値を最大にできる方法を査定するために、我々は、業界に渡る、4つのテーマ(デジタル消費、デジタル企業、社会的な関係、および、プラットフォーム統治)を分析した。

 これらのテーマは、社会的な成果における、デジタル化の影響と、供給により、需要に応える方法における、劇的なシフトを表している。

図2)フィーズ1において、特定された、業界のデジタル変革

1)メディア業界

・デジタル化を通した成長(例えば、売上をもたらす):

パーソナライズされた広告

パーソナライズされたコンテンツ

データのプライバシーや透過的な変革

デジタル・メディアが、物理的になる、アドバイスを提供する広告

・デジタル化を通した効率(例えば、利益を生み出す):

共同制作やクラウドソーシング(不特定多数の人に、業務を委託する)

デジタル編成

柔軟で、正確なコンテンツ

・デジタル経験の変革(成長と効率の組み合わせ):

OTT(Over The Top):インターネットを通して、動画などのコンテンツを提供する事業者

コンテンツのコミュニティ

デジタル時代用のIPフレームワーク

2)ヘルス業界

・デジタル化を通した成長(例えば、売上をもたらす):

規模での患者のエンゲージメント

・デジタル化を通した効率(例えば、利益を生み出す):

正確な医薬品

ロボット工学

医療関連の印刷

アクセス可能なインテリジェンス

インターネットに接続された作業者

インテリジェントな医療デバイス

・デジタル経験の変革(成長と効率の組み合わせ):

仮想的なケア

インターネットに接続された、スマート・ホーム

3)ロジスティクス

・デジタル化を通した成長(例えば、売上をもたらす):

ロジスティクス制御タワー

サービスとしての分析

・デジタル化を通した効率(例えば、利益を生み出す):

ドローン

自動運転トラック

3D印刷

クラウドソーシング(不特定多数の人に、業務を委託する)

循環経済

共有輸送能力

共有倉庫能力

・デジタル経験の変革(成長と効率の組み合わせ):

デジタルに拡張され、境界を超えたプラットフォーム

都市のロジスティクス

商品の同日配達

4)自動運転車

・デジタル化を通した成長(例えば、売上をもたらす):

インフォテインメント

利用に基づく保険

マルチモードの統合

・デジタル化を通した効率(例えば、利益を生み出す):

インターネットに接続された、サプライ・チェーン、

デジタルな車の製造

デジタルな車の販売

インターネットに接続された、サービスや保守

デジタルなアフターマーケットにおける変革(商品の修理や技術サポートなど)

車のデータ市場

インターネットに接続された基盤

・デジタル経験(成長と効率の組み合わせ):

車載システムに、アシストされた運転や、自律的な完全自動運転

5)電力

・デジタル化を通した成長(例えば、売上をもたらす):

エネルギー・ストレージ統合

デジタルな顧客モデル

エネルギー・ソリューション統合

エネルギー管理

・デジタル化を通した効率(例えば、利益を生み出す):

資産性能管理

デジタルな現場の作業者

スマートな資産計画

エネルギー集約プラットフォーム

リアルタイムな供給プラットフォーム

リアルタイムなネットワーク制御

インターネットに接続された、相互運用可能なデバイス

・デジタル経験(成長と効率の組み合わせ):

生活サービス

6)消費者

・デジタル化を通した成長(例えば、売上をもたらす):

資産としてのデータ

データのプライバシーと透過性

経験を改善するためのデータ

・デジタル化を通した効率(例えば、利益を生み出す):

物理的な店舗の変革

e-コマース

共有経済

スマート・サプライ・チェーン

能力管理

スマート工場

・デジタル経験(成長と効率の組み合わせ):

商品における、超パーソナル化

サービスと経験への製品

健康や福利関連の商品やサービス

Wef1

 詳細は、World Economic Forumの「Digital Transformation of Industries (DTI)」イニシアティブの概要を参照のこと。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年3月21日 (火)

業界イニシアティブのデジタル変革の紹介(2) '17.03.21

【業界イニシアティブのデジタル変革の紹介(2)】'17.03.21

 業界イニシアティブのデジタル変革の紹介 2016年1月

 By Weforum

 業界のデジタル変革は、業界と社会の両方に対する、価値を生成するために、莫大な機会をもたらしている。

  (続き)

 企業は、業界と社会の両方に対する、利益を最大化するために、さまざまなデジタル技術の「結合された価値」を利用している。

 我々は、65種類以上のデジタル技術を分析し、複数の技術の組み合わせで、社会や業界にもたらされる、「結合された価値」を特定している。

グラフ1)デジタル変革における、「結合された価値」の、組合せ的な効果を通して、変化のペースが、加速している。

・メインフレーム : 1950年頃に出現し、1995年頃にピークを迎えている。

・クライアント・サーバとPC : 1966年頃に出現し、2005年頃にピークを迎えている。

・Web 1.0とe-コマース : 1971年頃に出現し、2007年頃にピークを迎えている。

・Web 2.0、クラウド、モバイル : 1987年頃に出現し、成長を続けている。

・ビッグデータ&分析、視覚化 : 1990年頃に出現し、成長を続けている。

・IoTとスマート・マシン : 1996年頃に出現し、成長を続けている。

・人口知能(AI) : 2008年頃に出現し、成長を続けている。

Wef3

 
 産業に渡る、デジタル変革において、複数の技術の組み合わせで、社会と業界にもたらされる、「結合された価値」で、10年後に、100兆ドルものビジネス機会が生み出されるだろう。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

業界イニシアティブのデジタル変革の紹介(1) '17.03.21

【業界イニシアティブのデジタル変革の紹介(1)】'17.03.21

 業界イニシアティブのデジタル変革の紹介 2016年1月

 By Weforum

 業界のデジタル変革は、業界と社会の両方に対する、価値を生成するために、莫大な機会をもたらしている。

 「業界のデジタル変革への紹介」ビデオ

 デジタル技術の急速な進歩は、我々の世界を再定義する。

 先進技術のコストは、急速に下がっており、例えば、2007年における、最高級のスマートフォンの価格が、約499ドルであったのに対し、2015年には、同様な仕様のスマートフォンの価格は、約10ドルにまでに下がった。

 先進技術のコストの、急速な低下は、ビジネスや社会に、変革をもたらしている。

 モバイル、クラウド、人工知能(AI)、センサー、モノのインターネット(IoT)、ビッグデータ&分析をいった、先進技術の、組合せ的な効果は、進歩を、さらに加速させている。

Idctransformation
 デジタル変革は、業界に、価値を生み出すための、これまでにない機会を提供する。

 デジタル変革は、フォーチュン500企業により、20年間で、数10億ドルもの価値を生み出すために使用される。

 デジタル技術は、顧客の期待を変革し、顧客のニーズに対応できるようにすることにより、新たな利益を生む。

 同時に、デジタル技術は、社会に利益をもららす。

 例えば、自動運転車の大規模な採用と、実績ベースの自動車保険の組み合わせは、2025年までに、100万人の命を救うかもしれない。

 現在、デジタル変革は、あまりよく理解されておらず、多くの神話は、価値を生成するための可能性を実現するためのパスを曖昧にしている。

 我々は、産業オートメーションが、雇用に与える影響といった、デジタル変革における、最も一般的な課題のいくつかを考察している。

 企業は、デジタル化された産業や社会における、課題や利益を理解する必要があるだろう。

 企業は、デジタル変革の、結合された価値を、誇張することなく、理解し、現在、直面している、デジタル変革における、課題に取り組むことが重要である。

 デジタル化の利益が、産業や社会に、自動的にもたらされるわけではなく、デジタル変革の約束が、満たされずに、消滅していくリスクもあるだろう。

 企業は、デジタル変革が、雇用から環境まで、産業や社会に与える影響を、常に、確実に理解しているわけでもないが、デジタル化の、予期せぬ結果に対し、責任を持つべきである。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年1月28日 (土)

日雇い仕事、オンライン販売、ホーム・シェアリング(4) '17.01.28

【日雇い仕事、オンライン販売、ホーム・シェアリング(4)】 '17.01.28

 米国の大人の24%は、この1年間に、オンライン・プラットフォーム経済から、お金を稼いでいる。

 By Aaron Smith、Pew Research Center

 雑役夫から、フリーのコンピュータ・プログラマまで、米国の大人には、伝統的な給与を得ている雇用に加え、日雇い的な、仕事を行う人も増えている。

   (続き)

 米国の大人は、収入のために、あまり、オンライン作業の仕事を行いがちではないが、配車サービスや、清掃や洗濯サービスといった仕事を行う人が増えている。

 また、米国の大人は、スケジュールを、自分でコントロールできる、仕事を選択しがちである。

 第4に、この調査で、米国の大人は、新たに出現した、オンライン・プラットフォーム経済において、仕事に対し、さまざまな見方をしていることが分かった。

 例えば、米国の大人の多く(68%)は、インターネット対応の日雇い仕事の利点は、柔軟性のある、作業スケジュールで働くことを望んでいる人に、適していることだと思っている。

グラフ4)米国の大人は、インターネット対応の日雇い仕事に、さまざまな見方をしている。

・インターネット対応の日雇い仕事は、柔軟な作業スケジュールを望んでいる人に、適していることだと思うか? : 「思わない」が6%、「思う」が68%、「分からない」が26%

・インターネット対応の日雇い仕事は、フルタイムで働いていない、より年を取った人に、適していると思うか? : 「思わない」が10%、「思う」が54%、「分からない」が36%

・インターネット対応の日雇い仕事は、新米の従業員用の、入門レベルの仕事に、適していると思うか? : 「思わない」が21%、「思う」が37%、「分からない」が41%

・インターネット対応の日雇い仕事の特徴は、会社が、労働者を利用できることだと思うか? : 「思わない」が32%、「思う」が23%、「分からない」が46%

・インターネット対応の日雇い仕事の特徴は、労働者に、多くの財務的な負担をかけることだと思うか? : 「思わない」が29%、「思う」が21%、「分からない」が50%

・インターネット対応の日雇い仕事の特徴は、人々が、キャリアを築き上げられるようにすることだと思うか? : 「思わない」が41%、「思う」が16%、「分からない」が43%

 ソース:Pew Research Center

Pew1e
 このレポートで、他に分かったことを以下に示す。

・オンライン「求職・求人」プラットフォームを使用する、米国の大人の23%は、学生であり、この内の、44%がフルタイムで、24%がパートタイムで、働いていると回答し、32%が雇用されていないと回答していた。

・オンライン「売ります・買います」プラットフォームで、何かを販売している、米国の大人の19%は、ソーシアル・メディアが、古着を売るのに、役に立っていると回答していた。

・オンライン「求職・求人」プラットフォームのユーザの、26%は、この求職サービスの従業員だと考えていると回答していた。

・日雇いワーカの29%は、給料を貰っていないが、オンライン求人サイトを使用して、仕事を行ったことがあると回答していた。

 ベストセラーのアプライアンス

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2