レポートの紹介

2020年12月 3日 (木)

さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(2)'20.12.03

【さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(2)】'20.12.03

Rpa1_20201203113701


  「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、さまざまな業界の企業が、効率的な運用を実現し、収益性を高めるための、頼りになるソリューションになっている。

 By nuummite

 反復的で時間や手間のかかる作業は、すべて「ソフトウェア・ロボット」によって処理されるようになるため、従業員は、他の重要な問題に集中するのに、より多くの時間を費やすことができる。

 ヘルスケア、小売、銀行といった、さまざまな業界の企業が、導入し、成功している、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の、代表的な適用事例のトップ12を紹介する。

   (続き)

2.銀行業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の導入例

Rpa3

1)口座の管理や取引明細書の処理

 銀行や保険業界は、取引明細書の処理に対し、多くの要求を受け取る。

 ソフトウェア・ロボットは、銀行の取引明細書の処理といった作業において、予め定義されたルールを使用して、要求を処理することができる。

 口座の管理や取引明細書の処理を自動化する利点には、次のようなものがある。

・重複決済の削減

・処理効率の向上

・プロセスの高速化

 これにより、人間のスタッフは、主要な買掛金業務に集中して、より多くの時間をかけることが可能になる。

2)クレジットカードの申し込み

 顧客から、必要な情報を取得したり、すべての重要なクレジットや、バックグラウンドをチェックするといった、手順を含む、「クレジットカードの申し込み手続き」を開始するよう、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用した、ソフトウェア・ロボットに委託できるようになる。

 申請者が、クレジットカードの資格があるかどうかを判断するように、ソフトウェア・ロボットを、プログラムすることもできる。

 「クレジットカードの申し込み手続き」を自動化する、他の利点を、次に示す。

・従業員の生産性の向上

・オンライン・ドキュメントへの即時アクセス

・ターンアラウンド・タイムの短縮

・顧客満足度の向上

3)銀行業務における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の導入例

 銀行業務における、最も一般的な「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の例の1つは、「例外処理」である。

 銀行、または、保険業界における「例外処理」は、予め定義された、一連のルールを使用して識別することができる。

 ソフトウェア・ロボットは、人間の介入なしに、例外を分類して処理することができる。

   (続く)

デル株式会社

2020年12月 2日 (水)

さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(1)'20.12.02

【さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(1)】'20.12.02

Rpa1_20201202133401


  「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、さまざまな業界の企業が、効率的な運用を実現し、収益性を高めるための、頼りになるソリューションになっている。

 By nuummite

 反復的で時間や手間のかかる作業は、すべて「ソフトウェア・ロボット」によって処理されるようになるため、従業員は、他の重要な問題に集中するのに、より多くの時間を費やすことができる。

 ヘルスケア、小売、銀行といった、さまざまな業界の企業が、導入し、成功している、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の、代表的な適用事例のトップ12を紹介する。

1.「小売業」における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の導入

Rpa2

1)注文処理における自動化

 「顧客の注文処理」に関連した、「データ入力プロセス」を自動化すると、多くの「eコマース」業界で、売上と、リピート・ビジネスが急増する可能性がある。

 顧客の注文処理における 「データ入力プロセスを自動化することの、主な利点」には、次のものがある。

・顧客経験を向上させる。

・データの制御を改善する。

・コストを削減し、投資利益率(ROI)を向上させる。

・より高い柔軟性を持たせる。

2)小売業における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例

 小売業において、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用して、「需要と供給の計画」を自動化することで、情報の収集と分析業務を、効率化することができる。

 これにより、生産性が向上し、資産管理が改善される。

 その他の主な利点には、次のものがある。

・正確な製品予測

・効率的なキャッシュフロー管理

・サプライチェーンのスケジューリングの増加

・労務管理の最適化

・ロジスティクスとサプライチェーン管理

3)ロジスティクスとサプライ・チェーン管理を自動化する。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用して、ロジスティクスとサプライ・チェーンの管理を自動化すると、サプライヤ、顧客、および、流通業者間の、コラボレーションを改善できるようになる。

 自動化できる、工程には、在庫レベルの監視、出荷、注文ステータスの追跡、顧客サポートなどが含まれる。

 ロジスティクスとサプライ・チェーン管理を自動化することの利点のいくつかを、次に示す。

・処理時間の短縮

・生産性の向上

・リアルタイムな視覚性

・顧客満足度の向上

     (続く)

デル株式会社

2020年12月 1日 (火)

「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例の紹介(2)'20.12.01

【「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例の紹介(2)】'20.12.01

Rpa0


 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例を紹介する。 2020年11月16日

 by TECHSLANG

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術は、「ロボット」または「人工知能(AI)」システムを構成する能力で、人間の従業員を支援し、「トランザクションの処理」、「データの操作と分析」、「レスポンスの自動化」、および、「他のシステムとのコミュニケーション」といったことを、簡単に行えるようにする。

 これにより、人間の従業員は、反復作業から解放され、自動化できない作業に集中できるようになる。

 この投稿では、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術について、説明すると共に、実際の適応事例を紹介する。

    (続き)

2.顧客サービス

 顧客サービスのチームは、問題に対して、解決策を提供する、必要がある。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)は、即座に、問題を認識する、自動化された、顧客ケア・システムを作成できるようにする。

 調査によると、顧客サービスにおける、顧客からの質問や要求などに対する、応答の80%以上は、ルール・ベースだという。

 例えば、企業は、顧客からの問い合わせをフィルタリングしたり、顧客からのメッセージを、適切な部門に、転送したり、するために、ロボット・プロセス自動化(RPA)対応のソフトウェアを使用することができる。

3.給与の計算処理

 給与の計算処理は、企業において、最も時間を費やす、作業の1つだろう。

 給与の計算処理の作業には、人事の担当者が、多くの時間を費やす、データ入力などの、繰り返し作業が含まれる。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)技術は、給与の計算処理機能を自動化したり、データの入力作業の正確さを、改善したり、できるようにする。

 例えば、ロボット・プロセス自動化(RPA)は、複数のシステムに渡り、データの一貫性を、チェックすることが、できるようになる。

 給与の計算処理において、ロボット・プロセス処理(RPA)は、タイムカードを確認したり、収入と控除を計算したり、給与の明細書を作成したり、する作業を自動化する。

 これにより、一連の給与の計算処理において、データの正当性、データ入力の正確さ、および、作業の効率が、向上することが期待される。

4.注文を受ける準備

 企業の営業の担当者が、行わなければならない、面倒な作業には、受注処理がある。

 営業の担当者は、顧客関係管理(CRM)や、統合業務ソフトウェア(ERM)システムに、大量のデータを入力する作業に、多くの時間を費やしている。

 ロボット・プロセス処理(RPA)技術で、ユーザは、受注伝票を作成するときの、データ入力作業を、自動化することができる。

 ロボット・プロセス処理(RPA)技術で、ユーザは、データベースの保守業務や管理業務を改善することができる。

 これにより、営業の担当者は、商品やサービスの売上や利益を向上させるために、調査に焦点を合わせることができるようになる。

5.顧客の情報ストレージ

 ロボット・プロセス処理(RPA)は、ユーザが、顧客情報を、容易にアクセスできることを確実にするために、顧客の情報を保存する上で、有用である。

 例えば、ロボット・プロセス処理(RPA)は、顧客の名前、連絡先の詳細、購入履歴、および、製品の好みなどによる、顧客データの、自動的な分類を、支援することができる。

6.請求書の処理

 多くの請求書を処理することは、その繰り返し作業の性質のため、データ入力のエラーが、発生しやすい。

 繰り返し作業のような退屈な作業は、精神的な疲労が、発生する要因になる。

 請求書には、間違いがあっては、ならない。

 ロボット・プロセス処理(RPA)は、データ入力や、ルール・ベースの意思決定などにおいて、営業スタッフを支援できるようになる。

 ロボット・プロセス処理(RPA)は、営業スタッフの、精神的な疲労を伴う作業を行う上での、ストレスを取り除くことができる。

 これにより、営業スタッフは、注意力が、必要な作業に、焦点を合わせることができるようになる。

 営業部門は、請求書の処理を自動化することで、処理コストを低減させ、正確さや、処理効率を向上させることができるようになる。

デル株式会社

「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例の紹介(1)'20.12.01

【「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例の紹介(1)】'20.12.01

Rpa0


 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例を紹介する。 2020年11月16日

 by TECHSLANG

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術は、「ロボット」または「人工知能(AI)」システムを構成する能力で、人間の従業員を支援し、「トランザクションの処理」、「データの操作と分析」、「レスポンスの自動化」、および、「他のシステムとのコミュニケーション」といったことを、簡単に行えるようにする。

 これにより、人間の従業員は、反復作業から解放され、自動化できない作業に集中できるようになる。

 この投稿では、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術について、説明すると共に、実際の適応事例を紹介する。

1.ロボット・プロセス自動化(RPA)のパワー:現在の適応事例

 ロボットが、製造業に、革命を起こしているのと同様に、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」も、「ビジネス・プロセス」を変革している。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術は、作業の精度が改善し、作業の処理時間を短縮し、作業の生産性を向上させる。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の、最も重要な機能の1つは、「プロセスを自動化」することである。

 これにより、人間の従業員は、退屈で反復的な作業を、AIシステム、あるいは、ロボットに委任できるようになる。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、「サプライ・チェーン管理(SCM)」、「調達」、「財務」、さらには、「人事(HR)」などに関連した、「バックオフィス」作業を自動化することもできる。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)の紹介」ビデオ

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」で、例えば、「プレゼンテーション層」を自動化することができる。

 「プレゼンテーション層」は、データを認識して、人間が解釈できる「モノ」に変換する。

 「プレゼンテーション層」とは、例えば、フォームに、データを入力するときに、名前、生年月日、および、その他のデータを認識して、それに対応した、適切なフィールドに、データを入力する層のことである。

 プレゼンテーション層を自動化するには、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術が役に立つ。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ロボットは、人間と同じように動作し、ソフトウェアのプレゼンテーション層とも対話することを目的としている。

 また、ソフトウェア開発者は、プレゼンテーション層を、手動で改善する必要がなくなったので、他の作業に集中することができる。

 プレゼンテーション層の自動化は、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の、以下のような、適応事例において、重要な役割を演じる。

    (続く)

デル株式会社

2020年11月30日 (月)

RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(3)'20.11.30

【RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(3)】'20.11.30

 私たちは、データ駆動の世界で、生活しており、Clive Humby氏は、「データは、新しい石油である。」と述べていた。2020年11月6日

 By silvertouch

 殆どの業界の大手の企業は、リアルタイムに、意思決定するための、洞察を得るために、データを収集して、分析することに、焦点を合わせている。

 これにより、大手の企業は、従来のプロセスを、デジタル変革させてきた。

 IDCのレポートによると、世界の大手企業は、2023年までに、デジタル変革に、約2兆3000万ドルを投資する予定だという。

 このような、先進的なITソリューションの1つが、ビジネス・プロセスを単純化し、自動化をもたらして、生産性を向上させる、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」である。

Rpa1_20201130211901

      (続き)

 ロボット・プロセス自動化(RPA)に対する、未来を予測する。

 先ずは、Gartnerの予測から、紹介を始めよう。

 Gartnerは、プロセス自動化(RPA)への支出が、2022年までに、世界全体で、24億ドルに達すると予測している。

 さまざまな企業は、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の開発者を雇用して、自分たちのシステムにおいて、適切な方法で、このプロセス自動化(RPA)技術を実装することを模索している。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)に関する、未来の予測のいくつかを紹介する。

1.スマート・プロセス自動化(SPA)の台頭

 ロボット・プロセス自動化(RPA)は、予め定義された、ルールのセットで、構造化されたデータを自動化するように、設計されている。

 しかし、技術が進歩すると、機械学習の要素、あるいは、機能で、「スマート・プロセス自動化(SPA)」ボット用の道が整備され、「プロセス自動化(RPA)」ソリューションに、統合される。

 「スマート・プロセス自動化(SPA)」は、「ロボット・ プロセス自動化(RPA)」が、人工知能(AI)やビッグデータを含む、他の新たに出現した技術や、能力から、利益を得られるようにする。

 コロナウィルスのパンデミックの状況において、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」に支出することで、自分たちのビジネスに、なぜ、利益がもたらされるのだろう?

2.ペーパーワークを排除する。

 ペーパーワークを排除することは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」実装における、最も大きな利益の1つである。

 ITサービ部門は、データ駆動型の技術として、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を提供し、企業が、反復的な作業や、手間や時間を費やす作業に、焦点を合わせることを支援する。

 「自動化」市場は、2025年までに、企業における、ペーパーワークの自動化を、容易に展開できる、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」モデルで、急成長することが、期待されている。

3.集中自動化プラットフォーム

 移動通信と固定通信サービス会社で、通信機器のメーカでもある、Ericssonは、すべての従業員に、個人用のソフトウェア・ロボット(ボット)を実装することにより、大規模に、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を展開した、パイオニアの1社である。

 YouTubeが、「ビデオ用のリポジトリ」としての役割を持っているように、将来、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、「自動化のリポジトリ」になることが、期待されている。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、このパンデミックの状況が収束した後でも、中央、あるいは、単体の、自動化プラットフォームになるだろう。

4.RPA 2.0の出現

 通常の「ロボット・プロセス自動化(RPA)」に、ソフトウェア・ロボット(ボット)、人工知能(AI)、機械学習(ML)、デジタル変革(DX)、および、リモート・ワークプレイスを含めた、 よりスマートなプロセス自動化である、「RPA 2.0」が出現した。

 今回のコロナウィルスのパンデミックを、触媒として、リモート・ワークへのシフトが、促されるだろう。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」開発者は、「スマート・プロセス自動化(SPA)」を通して、リモート・ワークや、デジタル変革の殆どを作成できるようになる。

 「RPA 2.0」は、あらゆる部門に渡り、生産性、革新、および、効果の観点において、ゲーム・チェンジャーになるだろう。

5.結論

 最近、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」や、「知的な自動化(IA)」ソリューションを、調査することが、必要になった。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、より良い、パーソナライズされた、顧客経験を提供するための、新たな潜在能力を、企業にもたらすだろう。

 「Silver Touch」は、最も複雑な、ビジネスの要件に適合するために、エンドツーエンドのITソリューションを提供する、ソフトウェア開発会社である。

 Silver Touchは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ソリューションのプロバイダとして、高品質な「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ソリューションを、世界の企業顧客に提供している。

デル株式会社

RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(2)'20.11.30

【RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(2)】'20.11.30

 私たちは、データ駆動の世界で、生活しており、Clive Humby氏は、「データは、新しい石油である。」と述べていた。2020年11月6日

 By silvertouch

 殆どの業界の大手の企業は、リアルタイムに、意思決定するための、洞察を得るために、データを収集して、分析することに、焦点を合わせている。

 これにより、大手の企業は、従来のプロセスを、デジタル変革させてきた。

 IDCのレポートによると、世界の大手企業は、2023年までに、デジタル変革に、約2兆3000万ドルを投資する予定だという。

 これは、大手の企業が、自分たちのシステムに、IT統合ソリューションを統合する、用意ができていることを意味する。

 このような、先進的なITソリューションの1つが、ビジネス・プロセスを単純化し、自動化をもたらして、生産性を向上させる、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」である。

Rpa0a_20201130103401

   (続き)

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の現在の傾向を紹介する、数字は、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の実装が、増加していることを示している。

 Grand View Researchの調査によると、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の年間売上は、現在、11億ドルと、見積もられており、2020年から2027年の間に、年間平均増加率(CAGR)、33.6%で、増加する見込みだという。

 中小企業(SME)、および、確立された企業は、ビジネス・プロセスを、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」および、他の自動化技術と整合させる傾向がある。

 これは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」が定着しているという事実を示しています。

 今日、COVID-19のパンデミックのおかげで、我々は、不況の危機に瀕しており、失業率は世界で、記録的なレベルに達している。

 このような状況において、企業が、ソフトウェア開発会社に相談して、従業員のスキルが、ソフトウェア・ロボットと同期して使用される、エコシステムを確立しても、驚くことはないだろう。

 企業は、ソフトウェア・ロボットで、自宅や遠隔地にいる、従業員の作業を支援することで、作業の効率や、作業の質を、向上できるようになるだろう。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を実装することで、COVID-19のパンデミックの状況にある時に、企業を運営し続けるだけでなく、競合他社よりも、優位に立つことができるようになる。

   (続く)

デル株式会社

2020年11月29日 (日)

RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(1)'20.11.29

【RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(1)】'20.11.29

 私たちは、データ駆動の世界で、生活しており、Clive Humby氏は、「データは、新しい石油である。」と述べていた。2020年11月6日

 By silvertouch

 殆どの業界の大手の企業は、リアルタイムに、意思決定するための、洞察を得るために、データを収集して、分析することに、焦点を合わせている。

 これにより、大手の企業は、従来のプロセスを、デジタル変革させてきた。

 IDCのレポートによると、世界の大手企業は、2023年までに、デジタル変革に、約2兆3000万ドルを投資する予定だという。

 これは、大手の企業が、自分たちのシステムに、IT統合ソリューションを統合する、用意ができていることを意味する。

 このような、先進的なITソリューションの1つが、ビジネス・プロセスを単純化し、自動化をもたらして、生産性を向上させる、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」である。

Rpa1


 それでは、さまざまな業界の大手企業における、重要で、最新の、RPA実装のトレンドを、少し詳しく見てみよう。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、複雑なビジネスの、反復的な作業に、自動化をもたらすだろう。

 この「ロボット・プロセス自動化(RPA)」における、ロボットは、実際の物理的なロボットとは違い、ソフトウェア的なロボットのことである。

 事実、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、繰り返しの多い作業、時間を費やす作業、24時間年中無休で行われる、および、構造化された作業を自動化する、ビジネス・クリティカルな、ソフトウェア・ボットである。

 ソフトウェア開発会社は、機械学習、コンピュータ・ビジョン、および、他の未来的な技術を結合することにより、RPAソリューションを開発することができる。

 コピー&ペースト作業や、大量のデータを入力するような作業は、人間が行うと、大分時間がかかるが、ソフトウェア・ボットは、数秒で、行うことができる。

 このコピー&ペーストや、データ入力のような、手間や時間のかかる作業を、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、短時間で、行うことができるので、RPAが、さまざまな業界において、需要が多い理由である。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)の紹介」ビデオ

 例えば、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の、適応事例には、ヘルプデスク、コールセンター、顧客関係管理などを、自動化することがある。

 自分たちのプロセスに、デジタル変革をもたらすことを望んでいる、大手企業は、RPAの実装を、先延ばしにすることはできない。

 この未来的な技術は、大手の企業が、手間や時間のかかる作業の、生産性を向上させ、コストを最小にすることにより、付加価値を付けることが可能になる。

 RPAが、自動化の未来であるというのは、誇張ではない。

 しかし、「RPAは、自動化の未来」であるが、「RPA自体の未来」は、どうだろう?

 この質問への回答を、見つけてみよう。

 その前に、企業における、RPAの現在の立場を見つけてみよう。

    (続く)

デル株式会社

2020年11月23日 (月)

IoTの将来:2021年の予測(6)'20.11.23

【IoTの将来:2021年の予測(6)】'20.11.23

 Forresterの調査では、大規模なネットワーク接続の混沌、ウェアラブルとセンサーを介した、ヘルスケア・エンゲージメント、および、オフィスに戻るための、スマート・オフィス・イニシアチブなどを予測している。2020年10月28日

Boia_20201123105301

 By N.F. Mendoza、Forrester

 コロナウイルスの感染拡大の間に、劇的に変化した、一般的なライフスタイルと共に、在宅勤務やリモート・ワークが標準になるかどうか、オフィスがいつ再開されるかどうかは、依然として不明である。

 Forresterは、仕事や生活が、どのように変化するかを見て、「Predictions 2021:Internet of Things(IoT)」レポートをリリースした。

 Forresterの調査によると、2021年には、IoT関連市場の成長は、ヘルスケア、スマート・オフィス、位置情報サービス、リモート資産の監視や管理、および、ネットワーキング基盤によって推進されるという。

 いくつかの分野における、IoTの将来を、紹介する。

    (続き)

5)位置データ(情報)

 どの分野でも、大量の、さまざまなデータ(例えば、位置情報など)を収集し、分析することは、極めてに重要である。

 Forresterによると、COVID-19のため、例えば、顧客や従業員の位置に関する情報(位置データ)は、顧客や従業員に、社会的距離を提供するために、重要になっているという。

 例えば、宅配業者の場合、自分が、現在いる位置に関するデータを、顧客に提供することで、顧客は、宅配業者の、現在の正確な位置を確認できるようになる。

 例えば、保守担当者に、修理する箇所(例えば、設備や施設の故障した箇所や、パイプの水漏れやガス漏れの箇所といった)に関する、適切な情報を、提供できるようになる。

 例えば、車載システムは、目的地に近い、駐車場の空き状況をチェックして、ドライバーを、適切な駐車場に、導いてくれるようになる。

 また、ドライバーは、車載システムで、目的地に近い、レストランを探して、予約できるようになったり、現在いる位置に、最も近い、ガソリンスタンドに、導いて貰ったり、できるようになる。

デル株式会社

2020年11月22日 (日)

IoTの将来:2021年の予測(5)'20.11.22

【IoTの将来:2021年の予測(5)】'20.11.22

 Forresterの調査では、大規模なネットワーク接続の混沌、ウェアラブルとセンサーを介した、ヘルスケア・エンゲージメント、および、オフィスに戻るための、スマート・オフィスイ・ニシアチブなどを予測している。2020年10月28日

Boia

 By N.F. Mendoza、Forrester

 コロナウイルスの感染拡大の間に、劇的に変化した、一般的なライフスタイルと共に、在宅勤務やリモート・ワークが標準になるかどうか、オフィスがいつ再開されるかどうかは、依然として不明である。

 Forresterは、仕事や生活が、どのように変化するかを見て、「Predictions 2021:Internet of Things(IoT)」レポートをリリースした。

 Forresterの調査によると、2021年には、IoT関連市場の成長は、ヘルスケア、スマート・オフィス、位置情報サービス、リモート資産の監視や管理、および、ネットワーキング基盤によって推進されるという。

 いくつかの分野における、IoTの将来を、紹介する。

    (続き)

4)オンライン診断と訪問修理

 インターネットに接続され、相互運用できる機械は、従来のビジネスを混乱させる、可能性がある。

 消費者は、産業用に、相手先ブランド供給(OEM)が販売している、接続可能なデバイスに接続することに消極的であるが、COVID-19で、状況が変わってきた。

 製造業者、流通業者、公益事業者、製薬会社などは、リモート運用に切り替えると、以前、接続されていなかった、資産を接続し始めた。

 OEMの技術者による、定期的な訪問保守が、必要だと感じていた、顧客は、リモートで、機械の状態を看視して貰うことが可能になるので、OEMの技術者は、オンライン診断で、修理の必要性を感じたときにだけ、訪問修理を行うことが、可能になる。

 これにより、OEMの技術者は、顧客の機械を、リモート看視することで、訪問保守作業を実施する回数を、減らすことが、できるようになる。

 また、顧客は、出張修理して貰う、回数を減らすことができ、修理を行う際の、長時間のダウンタイムを回避することもできる。

 2021年に、フィールド・サービス会社やOEMは、インターネットに、機械を接続して、リモートから看視し、オンライン診断することで、機械の異常を早期に発見し、訪問修理できるようになり、ダウンタイムを減らしたいという、顧客の要求に応えることができるようにすることに取り組むだろう。

     (続く)

デル株式会社

IoTの将来:2021年の予測(4)'20.11.22

【IoTの将来:2021年の予測(4)】'20.11.22

 Forresterの調査では、大規模なネットワーク接続の混沌、ウェアラブルとセンサーを介した、ヘルスケア・エンゲージメント、および、オフィスに戻るための、スマート・オフィスイ・ニシアチブなどを予測している。2020年10月28日

Boia

 By N.F. Mendoza、Forrester

 コロナウイルスの感染拡大の間に、劇的に変化した、一般的なライフスタイルと共に、在宅勤務やリモート・ワークが標準になるかどうか、オフィスがいつ再開されるかどうかは、依然として不明である。

 Forresterは、仕事や生活が、どのように変化するかを見て、「Predictions 2021:Internet of Things(IoT)」レポートをリリースした。

 Forresterの調査によると、2021年には、IoT関連市場の成長は、ヘルスケア、スマート・オフィス、位置情報サービス、リモート資産の監視や管理、および、ネットワーキング基盤によって推進されるという。

 いくつかの分野における、IoTの将来を、紹介する。

    (続き)

3)スマート・オフィス:

 現在のコロナウィスルの感染拡大の状況において、多くの従業員が、自宅で仕事をすることを、余儀なくされているが、先進的な企業は、従業員経験を変革するための、スマート・オフィス・イニシアチブを検討するようになるだろう。

 先進的な企業は、オフィスを分散させ、一極集中を解消するのでし、高価な企業不動産は、過去のものになるだろう。

 先進的な企業の意思決定者の48%は、コロナウィスルの感染拡大の結果として、在宅勤務や、リモート・ワーカーの割合が高くなると予想している。

 コロナウィスルの問題が、解消された後も、オンラインで、コラボレートしながら、仕事ができる職種の従業員は、在宅勤務か、各地域に分散された、リモート・オフィスに、勤務できるようになるかも知れない。

 Forresterによると、先進的な企業の少なくとも80%が、スマート・ビル管理、エネルギーや環境の監視、セキュリティ管理などを改善し、従業員の安全性を高め、資源の利用効率を向上させる、IoTアプリを含む、将来のスマート・オフィス向けの、包括的な戦略を開発することを計画しているという。

 スマート・オフィスは、オフィスを清潔に保ち、混雑したエリアを管理し、社会的距離を保つために、オフィスのレイアウトを最適化するようになる。

    (続く)

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2