プレスリリースの紹介

2021年2月 3日 (水)

Freight Farmsは、Herokuで、IoT農業を実行する。(2)'21.02.03

【Freight Farmsは、Herokuで、IoT農業を実行する。(2)】'21.02.03

 IoTネットワークは、再利用された、コンテナを使用して構築された、いくつかの水栽培の農場を接続する。

 By Heroku

 消費者は、地域の環境への影響を最小にして、地元で、持続性のある、食物の栽培を可能にし、新鮮な食物が、常に、供給されることを望んでいる。

 2010年に、「Freight Farms」の設立者は、これらの地元の消費者の基本的な質問や要件を念頭において、都会に、移動可能な、再利用した、コンテナを使用して作成した、水栽培の農場を作成し、運営している。

Iot1d_20210203154001


 Freight Farmsのコンテナを再利用して構築した、水栽培の農場は、都会のオープンスペースに設置される。

 Freight Farmsのコンテナを再利用して作った、水栽培の農場は、移動可能なので、必要に応じて、場所を変えることもでき、ホテルの近くや、大学の近くなどに、設置することも可能である。

 企業、非営利団体、レストランやホテル、あるいは、大学や学校の人たちが、この移動可能な、水栽培農場で、作業することもできる。

 Freight Farmsのコンテナ型の農場は、「The Leafy Green Machine」と呼ばれ、自己完結型で、移動可能である。

   (続き)

3.チームの最大の懸念の1つは、セキュリティに関するものであった。

 農場へのリモート制御アクセスで、ネットワークにおいての任意の場所で、脆弱性が発生する可能性がある。

 Freight Farmsは、HerokuおよびXivelyプラットフォームが、システムが整合性を維持するために必要なレベルのセキュリティを提供することを確信していた。

 Herokuのプラットフォームを使用すると、低レベルを気にすることなく、システムを、素早く構築できるようになる。

 これは、小さな開発チームにとって、大きな特典だった。

 Freight Farmsは、現在、4つのdynoを使用して、Herokuで、3つのフルスタックJava Scriptアプリを実装している。

 一般的に、Freight Farmsの開発チームは、他のシステムとうまく統合できるシステムを好んでいる。

 HerokuとXivelyが、農場ネットワークを運用しているため、Freight Farmsの開発チームは、すべての顧客のデータと農場のデータを保存するための、CRMプラットフォームとして、Salesforceを選択しており、年内に、Service CloudとMarketing Cloudを追加する予定である。

 Heroku Connectは、eコマース・ビジネスの出荷プロセスを合理化するのに役立った。

 「Farmhand」アプリとSalesforceの間で、顧客データとトランザクションデータを、簡単に同期させることが可能である。

4.データは作物の最適化を促す。

 Freight Farmsは、現在、100台以上の、コンテナを利用して作った、水栽培の農場を運営しており、規模を拡大し始めている。

 これらの、コンテナを利用して構築された、農場のほとんどは、IoT技術を使用して、インターネットに接続され、遠隔地から、オンラインで操作したり、管理したり、することが可能になってきた。

 Freight Farmsは、最近、「Farmhand」アプリの新機能である、「Track」の提供を開始した。

Iot1b_20210203154101


 「Track」は、農場全体のデータを、収集&分析し、追跡するための、システム・コンポーネントである。

 これにより、Freight Farmsは、各地域の特定の作物に、理想的な成長パラメーターを推奨し、条件が最適でない場合に、農家にアラートをトリガーできるようになる。

 「Freight FarmのFarmhandアプリの紹介」ビデオ

 Freight Farmsの農業への技術的アプローチは、収穫量を増やし、「地元」で、作物の生産を運営できるようにすることで、「地元」に貢献するのに役立つ。

 これにより、作物の種類は、限定されるが、都会でも、新鮮な作物を、安定して、地元に供給できるようになる。

 また、ホテルやレストランが、共同で、コンテナを使用して構築された、水栽培の農場で、作物を作成できるようになる。

デル株式会社

2021年2月 2日 (火)

Freight Farmsは、Herokuで、IoT農業を実行する。(1)'21.02.02

【Freight Farmsは、Herokuで、IoT農業を実行する。(1)】'21.02.02

 IoTネットワークは、再利用された、コンテナを使用して構築された、いくつかの水栽培の農場を接続する。

 By Heroku

 消費者は、地域の環境への影響を最小にして、地元で、持続性のある、食物の栽培を可能にし、新鮮な食物が、常に、供給されることを望んでいる。

 2010年に、「Freight Farms」の設立者は、これらの地元の消費者の基本的な質問や要件を念頭において、都会に、移動可能な、再利用した、コンテナを使用して作成した、水栽培の農場を作成し、運営している。

 Freight Farmsのコンテナを再利用して構築した、水栽培の農場は、都会のオープンスペースに設置される。

 Freight Farmsのコンテナを再利用して作った、水栽培の農場は、移動可能なので、必要に応じて、場所を変えることもでき、ホテルの近くや、大学の近くなどに、設置することも可能である。

 企業、非営利団体、レストランやホテル、あるいは、大学や学校の人たちが、この移動可能な、水栽培農場で、作業することもできる。

 Freight Farmsのコンテナ型の農場は、「The Leafy Green Machine」と呼ばれ、自己完結型で、移動可能である。

Iot1d

1.規模を調節できる、コンテナ型の農場

 Freight Farmsは、真に近代的な、農産物を作成する企業であるが、農業に、さまざまな技術を導入している。

 現在、同社が、展開している、100個以上ある、コンテナ型の農場は、それぞれ、「Freight Farms」のIoTネットワークに、接続されている。

 Freight Farmsのプラットフォーム、Farmhandは、コンテナ型の農場内に設置された、センサーや、自動コントローラからの、リアルタイムなデータへのアクセスを提供する。

 Farmhandは、農場のスタッフが、温度、湿度、栄養レベルといった、コンテナ型の農場内の水栽培の環境を、遠隔地から、監視し、制御できるようにする。

 コンテナ型の農場に設置された、センサーを使用して、何らかの変化が発生したことを検出すると、農場のスタッフに、そのことを通知するトリガーになる。

 このトリガーで、変化を通知された、農場のスタッフは、直ちに、コンテナ型の農場内で発生した問題を修正したり、コンテナ型の農場内の、装置や設備を管理したりできるよう、支援される。

 「都会型農業、The Leafy Green Machineの紹介」ビデオ

 「Farmhand's Shop」は、農場主が、農場で栽培した作物を販売するアプリである。

Iot1b

2.Herokuのスケーラブルな農業

 Freight Farmsが、開始した時に、農産物を作る企業である、自社を、ハードウェアの企業と見ていた。

 それ以来、自分たちの観点は、進化したので、今では、自分たちを、コネクティッド・ソフトウェア会社と考えている。

 構築された、サブシステム自身というよりも、むしろ、このチームは、コンテナ型の農場が、より経済的で、スケーラブルで、需要や季節などに応じて、コンテナの台数といった、規模を調節することもできる。

 Freight Farmsは、異なった分野の、さまざまな他の業界の企業や他の組織とパートナーを組んでいる。

 エンジニアリングのチームは、自分たちのネットワークを、「Salesforce Platform」の一部である、「Heroku」プラットフォームと「Xively by Logmein」プラットフォームの上に構築する。

 「Heroku」プラットフォームは、クラウド「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」である。

 開発者は、アプリを展開、管理、および、規模調節するために、「Heroku」を使用することができる。

 各農場には、「Xively MQTT」クライアントをローカルに実行する、ゲートウェイ・デバイスが、提供される。

 毎分、農場の装置と「Xively」を通した、気候センサーからのデータは、MongoDB とHeroku Postgresに格納され、処理されて、「Heroku」上で実行している、Parseサーバに流れる。

 ゲートウェイは、「Node.js」上で実行している、「MQTT」を使用して、農機具とサーバー間の通信を管理する。

   (続く)

デル株式会社

2021年2月 1日 (月)

CES 2021における、FCA:技術と製品の対話型ツアー(2)'21.02.01

【CES 2021における、FCA:技術と製品の対話型ツアー(2)】'21.02.01

 Fiat Chrysler Automobiles(FCA)は、CES 2021において、同社の技術と革新に関連した、3次元の製品ツアーやビデオを紹介する。2021年1月8日

 By prnewswire

・Fiat Chrysler Automobiles(FCA)は、オンラインで開催される、CES 2021において、同社の技術や革新に関連した、3次元の製品ツアーやビデオを紹介する。

・「仮想ブランド・アンバサダー(Virtual Brand Ambassador)」は、訪問者とコミュニケートしながら、視覚的で、対話的な、ユーザ経験を通して、視聴者をガイドする。

・訪問者は、企業のために、作成、エンジニアリング、設計する、革新的な、FCAの技術や製品に関して学習する。

・FCAは、Googleのクラウド・ストリーミング技術を活用して、フォト・リアリスティックな、「Jeep Wrangler 4xe」ジープの拡張現実(AR)モデルを含む、モバイル・アプリを提供する。

Ces02ajpg_20210201141301


     (続き)

 オンラインで開催された、CES 2021において、スマートフォンなどで体験できる、FCAが提供する、仮想的な製品ツアーには、同社の従業員により、配信される、FCAの技術開発、テスト、および、実装に関連する、ビデオも含まれている。

1)Uconnect 5

 Science Labs

・高度なドライブ・シミュレーター

・車両の電化システム

・車両の性能と能力

 オンラインで開催された、デジタルなCES 2021において、モバイルの観点から、「Fiat Chrysler Automobiles(FCA)」は、Googleと協力して、クラウド・ベースの、メディア・ストリーミング技術を利用して、Jeep Wrangler 4xeの、リアルな拡張現実(AR)モデルの映像を、視聴者のスマートフォンに配信した。

 オンラインで開催された、CES 2021の参加者は、スマートフォンで、FCAの仮想ショールームの「QRコード」を読み取ることで、「CES 2021での、FCAの仮想ショールーム」サイトで、拡張現実(AR)経験を体験することができる。

 CES 2021の参加者は、FCAの仮想ショールームのQRコードを介して、拡張AR体験にアクセスできます。これにより、ジープの3Dモデルを操作したり、色を変更したり、内部の詳細を調べたりすることができるようになる。

 CES 2021の参加者は、カスタマイズされた車両を、私道などの物理的な空間に配置して、ライフスタイルに、どのように適合するかを確認することもできる。

デル株式会社

2021年1月31日 (日)

CES 2021における、FCA:技術と製品の対話型ツアー(1)'21.01.31

【CES 2021における、FCA:技術と製品の対話型ツアー(1)】'21.01.31

 Fiat Chrysler Automobiles(FCA)は、CES 2021において、同社の技術と革新に関連した、3次元の製品ツアーやビデオを紹介する。2021年1月8日

 By prnewswire

・Fiat Chrysler Automobiles(FCA)は、オンラインで開催される、CES 2021において、同社の技術や革新に関連した、3次元の製品ツアーやビデオを紹介する。

・「仮想ブランド・アンバサダー(Virtual Brand Ambassador)」は、訪問者とコミュニケートしながら、視覚的で、対話的な、ユーザ経験を通して、視聴者をガイドする。

・訪問者は、企業のために、作成、エンジニアリング、設計する、革新的な、FCAの技術や製品に関して学習する。

・FCAは、Googleのクラウド・ストリーミング技術を活用して、フォト・リアリスティックな、「Jeep Wrangler 4xe」ジープの拡張現実(AR)モデルを含む、モバイル・アプリを提供する。

Ces02ajpg


 FCAは、1月11日から1月14日まで、実質的に、CES 2021に参加し、極めてリアルで、対話的な、仮想製品ツアーを通して、同社の最新技術を披露する。

 ユーザは、「仮想ブランド・アンバサダー(Virtual Brand Ambassador)」が、案内する、専門家による、ビデオを使用して提供する、コンピュータで生成された、視覚的で、没入的な、ユーザ経験を通して、FCAの技術や製品を、冒険を通して、学ぶことができる。

 FCAは、無限の環境を利用して、CES 2021の参加者が、FCAの革新への取り組みについて学ぶことのできる、仮想的な世界を構築した。

 FCAは、CES 2021の参加者が、乗り物関係の技術や製品やサービスと、FCAの、革新へのコミットメントに関して、仮想的な冒険を通して学習する上で、没入感を得られるようにする。

 CES 2021の参加者は、自分の好みに応じて、「仮想ブランド・アンバサダー(Virtual Brand Ambassador)」が主催する、ガイド付きツアーを選択することが、可能になる。

  専門家によるガイド付きの仮想製品ツアーで、CES 2021の参加者は、12台のFCA車両を含む、3D体験を通して、FCAの製品や技術を、より深く理解することができる。

 CES 2021の参加者は、3Dの立体映像で、Jeep Grand Wagoneer ConceptやAlfaRomeo Stelvio Quadrifoglioなどの車両を、さまざまな角度から見ることができる。

 「Jeep Wrangler 4xeの紹介」ビデオ

 さらに、参加者は、技術や製品アプリを深く掘り下げるために、気に入った、任意の車両を選択することができる。

 体験中のどの時点でも、CES 2021の参加者は、「セルフ・ガイド・ツアー」を選ぶこともできる。

 電気自動車、車載システム、自動運転車関連の技術、製品、サービスは、自動車業界で、注目されているトピックである。

 CES 2021での、FCAの感覚的なアプローチは、絶えず変化する、革新の時代への、同社の取り組みを示している。

 仮想製品ツアーには、従業員により、配信される、FCAの技術開発、テスト、および、実装に関連する、ビデオも含まれている。

     (続く)

デル株式会社

2021年1月15日 (金)

Lenovoは、スマート・グラス、ThinkReality A3を紹介した。(2)'21.01.15

【Lenovoは、スマート・グラス、ThinkReality A3を紹介した。(2)】'21.01.15

 殆どの多機能なスマート・グラスは、企業向けに、デザインされている。2021年1月10日

 By Lenovo

 新たなスマート・グラスは、オフィスの専門家や、中小企業の産業ワーカが、生産性を向上できるようにする。

 CES(Consumer Electronics Show)で、Lenovoは、より軽量なスマート・グラス、「ThinkReality A3」を紹介した。

 Lenovoは、最も先進的で、多機能な、企業向けの、スマート・グラスの1つを、ビジネス分野にもたらす。

     (続き)

2.複雑な作業環境での、意思決定を改善するための、ThinkReality A3産業版

Cnet6d


 ThinkReality A3の産業版は、複雑な作業環境における、ハンズフリーのARサポート業務用に、「Motorola smartphones1」を接続して、作業できるようになる。

 ThinkReality A3の産業版は、グローバルなサポートを受けて、企業顧客が、複合現実(MR)アプリとコンテンツを、世界規模で構築、展開、および、管理できるようにする、「ThinkReality」プラットフォームでサポートされている。

 工場のフロアや研究所から、小売店や医療機関まで、さまざまなシナリオで使用できるようにするために、「ThinkReality」プラットフォームの、認定された、ターンキー・アプリは、デジタル・アシスタンと、ガイド付きワークフロー、および、3D視覚化といった能力を向上させている。

 現在、日常業務における、ミスの発生率を減少させながら、生産性と安全性を向上させるために、軽量で、柔軟性、拡張性、および、カスタマイズ性のある、スマート・グラスのセットを利用している、産業ワーカもいる。

3.AR/VRソリューションの、ThinkRealityエコシステム

 Lenovoの「ThinkReality」プラットフォームは、次世代のウェアラブル・コンピューティングの採用を加速するのに役立つだろう。

・よりスマートなワーカを可能にするための、よりスマートな技術の提供

 ThinkRealityのクラウドにとらわれない、ハードウェアとソフトウェア・ソリューションの、エコシステムの成長に伴い、企業は、事業を改善するための、複合現実(MR)技術の構築と展開において、より多くの選択肢を持っている。

 LenovoのARデバイスには、「ThinkReality A3」スマートグラスと、「ThinkReality A6」ヘッドセットが含まれる。

 「ThinkReality A6」スマートグラスには、フル機能のセンサー・アレイ、拡張可能なメモリ、1080ピクセルの解像度の導波管光学系、および、長時間使用するための、取り外し可能な充電バッテリーをが、装備されている。

Cnet6c_20210115141701

 企業における、仮想現実(VR)技術の適用事例は、トレーニングやシミュレーションから、販売やマーケティング、および、他のアプリまで、没入型の経験へと、急速に増加している。

 「LenovoのThinkReality A6スマートグラスの利用シナリオの紹介」ビデオ

 Lenovoの「Mirage VR S3」オールインワン・ヘッドセットは、企業向けに特別に設計されており、グローバルな運用に対応でき、スキルのトレーニング・ソリューションを提供するのに最適である。

Cnet6b_20210115141801


 Lenovoの「ThinkReality A3」スマートグラスは、2021年半ばから、世界の先進市場で利用できるようになる。

Cnet6e

デル株式会社

2020年5月21日 (木)

Amazonが、次世代のFire HD 8タブレットのラインナップを発表した。(2)'20.05.21

【Amazonが、次世代のFire HD 8タブレットのラインナップを発表した。(2)】'20.05.21

 Amazonは、次世代のFire HD 8タブレットのラインナップとして、Fire HD 8、Fire HD 8 Plus、および、Fire HD 8 Kids Editionを発表した。2020年5月13日

Cnet1a_20200521135101


 By businesswire

     (続き)

 次世代の「Fire HD 8」タブレットのユーザは、Fireタブレットを、Wi-Fiに接続したら、Alexaデジタル・アシスタントを介して、友達や家族とチャットしたり、気に入った楽曲を見つけて、再生したり、読みたい、Audible書籍を見つけて、読んで貰ったり、雑学ゲームをしたり、お気に入りの映画を見つけて、再生したり、カレンダーで、予定を確認したりといった操作を、音声コマンドで、できるようになる。

 Fire HD 8は、プライバシーを保護するように設計されている。

 Amazon独自の機能には、For You、X-Ray、Family Library、Blue Shadeなどがある。

 3GBのRAMと、2.0 GHzクアドコア・プロセッサを搭載し、USB-Cチャージャーをサポートした、「Fire HD 8 Plus」は、「Fire HD 8」よりも、20ドル高いだけでなので、グラフィカルな対話型ゲームをプレイしたり、ストリーミング・ビデオを再生したり、ビデオ・チャットしたり、しがちなユーザには、「Fire HD 8 Plus」がよいだろう。

 互換性のあるワイヤレス充電ドックに取り付けると、「Fire HD 8 Plus」タブレットを、「Show」モードにして、「Echo Show 8」スマート・ディスプレイとしても、利用できるようになる。

 「Fire HD 8 Plus」のユーザは、6ヶ月間、Kindle電子書籍を、無制限で、無料で読むことが、できるようになり、それ以降は、9.99ドル/月になる。

 「Fire HD 8 Kids Edition」の特徴

・8インチのHDディスプレイ
・microSDで、32GBのストレージ(最大、1TB)を搭載
・12時間のバッテリー寿命
・子供向けの2万冊のKindle電子書籍を、1年間、無制限で利用可能
・Audibleオーディオ書籍、ビデオ、教育アプリとゲームを利用可能
・調節可能なスタンドを装備
・2年間の保証

 子供は、算数、理科、美術、音楽、仮想旅行といった、カリキュラムで編成されている、1500種類以上のタイトルを見つけて、限定期間、無料で体験することができる。

 無料期間以降は、「FreeTime Unlimited」契約を、Primeメンバーは、2.99ドル/月で、Primeメンバー以外は、4.99ドル/月で、継続することができる。

 「FreeTime Unlimited」契約は、他のデバイス(Fire HDタブレット、Fire TV、Kindle電子書籍リーダー、Echoスピーカ、Echo Showスマート・ディスプレイ、および、iOSベース、Chrome OSベース、Androidベースのデバイスでも、利用することができる。

    <コメント>

 Amazonは、従来から、Fire HDタブレット、Fire TV、Kindle電子書籍リーダー、Echoスピーカ、Echo Showスマート・ディスプレイといった、手頃な価格のデバイスを提供しており、他のデバイス(Android、iOS、Chrome OS、Windowsベース)でも、利用できる、Kindle電子書籍、ストリーミング・ビデオ、ストリーミング・オーディオといった、コンテンツ、Fireデバイス用アプリやゲーム、および、クラウド・サービスを提供している。

 また、Amazonは、最初は、無料で、あるいは、Primeメンバーには、割引価格で、Fire OSベースのデバイスやコンテンツ販売することで、コンテンツのユーザや、Primeメンバーを増やすことを模索しており、コンテンツやアプリの売上を増やすことに取り組んでいる。

 Amazonは、オンライン販売サイトやコンテンツの、デジタル広告や、オンライン販売業務や物流業務などの代行でも、収益を上げている。

 さらに、Amazonは、Alexaデジタル・アシスタントを提供し、暮らしを、より便利にしたり、スマート・ホーム・ハブを提供し、3rdパーティのスマート・ホーム・デバイスを、音声コマンドでも、制御できるようにし、エコシステムを拡大させたりすることにも取り組んでいる。

デル株式会社

2020年5月20日 (水)

Amazonが、次世代のFire HD 8タブレットのラインナップを発表した。(1)'20.05.20

【Amazonが、次世代のFire HD 8タブレットのラインナップを発表した。(1)】'20.05.20

 Amazonは、次世代のFire HD 8タブレットのラインナップとして、Fire HD 8、Fire HD 8 Plus、および、Fire HD 8 Kids Editionを発表した。2020年5月13日

Cnet2a_20200520211201


 By businesswire

1)新たな「Fire HD 8」タブレットの仕様

・8インチのHDディスプレイ
・2GBのRAMを搭載し、既存のFire HD 8よりも、30%高性能
・microSDカードで、既存のFire HD 8よりも、2倍のストレージ(最大1TBまで拡張可能)
・最大12時間のバッテリー寿命(USB-Cで充電可能)
・数100万タイトルの映画とTV番組、楽曲、電子書籍、雑誌を利用可能
・さまざまなゲーム、教育や娯楽のアプリを利用可能

 「Fire HD 8」の価格は、89.99ドルであり、2台で、159.99ドルである。

2)Fire HD 8の拡張として、「Fire HD 8 Plus」タブレットの仕様

・8インチのHDディスプレイ
・3GBのRAMを搭載
・microSDカードで、最大1TBまで拡張可能
・無線充電と、USB-Cチャージャーで、より高速な充電が可能
・数100万タイトルの映画とTV番組、楽曲、電子書籍、雑誌を利用可能
・Kindle電子書籍を、6カ月間、無制限で利用可能

 「Fire HD 8 Plus」の価格は、109.99ドルである。

3)Fire HD 8の拡張として、「Fire HD 8 Kids Edition」タブレットの仕様

・8インチのHDディスプレイ
・2万冊のKindle電子書籍を、1年間、無制限で利用可能
・Audibleオーディオ書籍、ビデオ、教育アプリとゲームを利用可能
・調節可能なスタンドを装備
・2年間の保証

 「Fire HD 8 Kids Edition」の価格は、139.99ドルである。

 すべての新しい、Fire HD 8の共通仕様

・8インチの、1280 x 800 dpiと高解像度の鮮明なディスプレイ
・2.0GHzのクワド・コア・プロセッサと、2GBのRAMを搭載
・映画を見たり、ゲームをプレイしたり、Webをブラウズしたり、マルチ・タスクで実行可能
・32GBか64GBの内部ストレージ(最大1TBまでサポート可能)を、オプションで搭載可能
・すべてのAmazonのコンテンツや写真を保存するために、無制限の容量のクラウド・ストレージ・サービスを無料で利用可能
・最高12時間、Webをブラウズしたり、ビデオを視聴したり、音楽を聞いたりできる、バッテリー寿命を持っている。

・ゲーム・モード:ゲームに集中できるよう、通知を止めることができる、ゲーム・モードで、最適化された、ゲーム経験を体験可能

・さまざまな、数100万種類のコンテンツ:映画、TV番組、楽曲、Kindle電子書籍、雑誌、アプリ、および、ゲームを利用可能

 Prime Video、Disney、Netflix、Hulu(広告なし)、あるいは、SHOWTIMEを契約することで、ビデオをダウンロードして、TwitchとRed Bull TVのような、アプリで、ビデオを楽しむことができる。

 ユーザと家族が、Fireタブレット上の、新しい目的地である、「#AtHome」で、家族的な映画、補助的な、オンライン学習と、接続して、楽しんだり、学んだりできるようになる。

 Amazonによると、「#AtHome」は、100社以上のパートナーからのコンテンツをまとめて、ユーザと家族を楽しませたり、教育したり、通知したりするのに役立つ、新しい目的地だという。

 Zoomといった、ビデオ・チャットやビデオ会議用のアプリをダウンロードして、コミュニケートしたり、ビデオ通話をしたり、Fire HD 8を使用して、家族や友達とつながったりすることを、Alexaデジタル・アシスタントに、ハンズフリーの音声コマンドで、依頼することもできるようになる。

    (続く)

デル株式会社

2020年5月19日 (火)

浜松市が、デジタル・スマートシティを構築するための、実証実験プロジェクトを開始するようです。'20.05.19

浜松市が、デジタル・スマートシティを構築するための、実証実験プロジェクトを開始するようです。】'20.05.19

 浜松の市長さんが、現在の状況を、機会にして、デジタル・スマートシティを構築するための、実証実験プロジェクトを開始することを、FBで紹介していました。

 鈴木市長は、仕事の仕方や、学習の仕方などに、柔軟性を持たせ、どのような状況にも、対応できるよう、変革していくことを模索されているようです。

 浜松市は、プロジェクトへの参加者を募集しています。

 

2020年2月26日 (水)

第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windowsベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。(4)'20.02.26

【第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windowsベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。(4)】'20.02.26

 Qualcommの、第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windows(Windows on ARM)ベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。2020年2月4日

 By Rahoul Varma、ARM

Dt13q_20200226211001


 2018年の秋に、筆者らは、第2世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 850を搭載した、Windows(Windows on ARM)ベースの、2-in-1ラップトップ用の利点について話し合っていたことがある。

 ARMにより承認された、ベンチマークの結果によると、ARMのCortex-A76上に構築された、ARMアーキテクチャのプロセッサ、Qualcomm Snapdragon 8cx(5Gモデム内蔵)を搭載した、2-in-1ラップトップは、バッテリー寿命、常時オン、接続性、および、温度管理といった機能が、同じ価格帯の、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、2-in-1ラップトップよりも優れているとしている。

 筆者らは、第3世代の、ARMアーキテクチャのCortex-A76上に構築された、QualcommのSnapdragon 8cx 5Gプロセッサを搭載した、2-in-1ラップトップの革新を確認した。

    (続き)

 次回、購入する、ラップトップに必要な機能について、2,000人を超える、米国の消費者を対象とした調査の結果を紹介する。

 このアンケート調査によると、消費者は、バッテリーの寿命、インターネットへの常時接続、および、即時起動性が、ラップトップに必要な機能になるという。

 消費者は、日常的な使用方法で、1回の充電で、1日中、ラップトップを利用できるようになることを望んでいる。

 事実、このアンケート調査で重要なことは、ラップトップにおける、より長い、バッテリー寿命と、より良い性能における、トレードオフを調査することである。

 また、消費者は、自分たちのラップトップを、移動中でも、外出先でも、利用できるようになり、スマートフォンとも連携できるようになることを望んでいる。

 革新は、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップを通して発生している。

 革新で、ラップトップは、さらに、エキサイティングになツールになるだろう。

 技術市場の調査会社、IDCやGartnerは、2011年以来、減少していた、世界のPCの出荷台数が、2019年に、増加に転じたと報告しているた。

 また、代表的な技術アナリスト、Patrick Moorhead氏は、CES 2020において、PCに革新が、もたらされていると述べた。

 他の代表的な技術アナリスト、Bob O’Donnell氏は、USA Todayの記事において、最初の、5G通信システムに対応したラップトップは、「LenovoのYoga 5G」ラップトップになると述べた。

 技術アナリスト、Bob O’Donnell氏によると、PC市場における革新は、QualcommのSnapdragon 8cxのような、より改善された、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、第3世代の「Windows on ARM」ラップトップにより、もたらされるという。

 この革新は、コンスタントな生産性、電源オンで即時利用可能、インターネットへの常時接続、および、1回の充電で、1日中利用できる、バッテリー寿命といった、特徴を、ラップトップにもたらすだろう。

 ちなみに、第1世代の「Windows on ARM」で、ユーザは、従来のx86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPCで使用されていた、Win32アプリを、ARMアーキテクチャの、QualcommのSnapdragon 835プロセッサを搭載したラップトップの、Windows上のエミュレータで実行し、利用できるようになった。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、第1世代のラップトップは、2017年4Qに、リリースされた。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、第2世代のMicrosoftのSurface技術は、システムの処理、スキャニング、および、解釈技術の進歩により、商用利用に、受け入れられ、広く導入されることが期待されていた。

 さらに、QualcommのSnapdragon 8cxのようなARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、第3世代の「Windows on ARM」で、ユーザは、より低消費電力、より長いバッテリー寿命、4G LTEや5Gでの、インターネットへの常時接続性、電源オンで即時利用可能、および、より発熱を抑えることが、できるようになるようだ。

 同時に、第3世代の「Windows on ARM」の処理性能は、急速に改善されているように見える。

 Microsoftが、Qualcommと共同で、設計した、Snapdragon 8cxをベースにした、「SQ1と呼ばれる」カスタム・プロセッサを搭載した、Microsoftの「Surface Pro X」ラップトップには、長寿命バッテリー、4G LTEや5Gでの、インターネットへの常時接続、即時起動などだけでなく、音声対応デジタル・アシスタントや生体認証といった、AI技術を使用した、新たな能力が、ラップトップの、全体的なユーザ経験を向上させるために、追加されている。

 これにより、一般的な消費者は、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップで、これらの機能のすべてを、利用できるようになるようだ。

デル株式会社

第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windowsベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。(3)'20.02.26

【第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windowsベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。(3)】'20.02.26

 Qualcommの、第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windows(Windows on ARM)ベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。2020年2月4日

 By Rahoul Varma、ARM

 2018年の秋に、筆者らは、第2世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 850を搭載した、Windows(Windows on ARM)ベースの、2-in-1ラップトップ用の利点について話し合っていたことがある。

 ARMにより承認された、ベンチマークの結果によると、ARMのCortex-A76上に構築された、ARMアーキテクチャのプロセッサ、Qualcomm Snapdragon 8cx(5Gモデム内蔵)を搭載した、2-in-1ラップトップは、バッテリー寿命、常時オン、接続性、および、温度管理といった機能が、同じ価格帯の、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、2-in-1ラップトップよりも優れているとしている。

 筆者らは、第3世代の、ARMアーキテクチャのCortex-A76上に構築された、QualcommのSnapdragon 8cx 5Gプロセッサを搭載した、2-in-1ラップトップの革新を確認した。

    (続き)
 
3)Samsung Galaxybook S

Dt13d_20200226153701


 Samsungは、2019年8月に開催された、「Unpacked」イベントで、新しいARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、「Galaxybook S」ラップトップを発表した。

 Samsungの「Galaxybook S」ラップトップは、新しい「Snapdragon 8cx」SoCを使用しているため、「Windows on ARM」ラップトップに関連する、従来の利点と機能を備えている。

 Windows 10ベースの2-in-1ラップトップである、Samsungの「Galaxybook S」ラップトップで、ユーザは、Microsoftストアで提供されている、従来の32ビットの、x86アーキテクチャのプロセッサ用のWindowsアプリ(Win32)を、エミュレータで実行し、利用できるようになる。

 また、Samsungの「Galaxybook S」ラップトップで、ユーザは、Microsoftストアで提供されている、従来の64ビットの、ARMアーキテクチャのプロセッサ用の、ネーティブなWindowsアプリを実行し、利用できるようになる。

 Windowsアプリの開発者は、従来の64ビットの、x86アーキテクチャのプロセッサ用のWindowsアプリを、再コンパイルして、動作確認テストを実施し、動作を保証することで、64ビットのARMアーキテクチャのネーティブなアプリとして、Microsoftストアで提供できるようになる。

 Samsungの「Galaxybook S」ラップトップには、特に、一般的なモバイル・ユーザ向けの、次のような特徴がある。

・ARMアーキテクチャの、Qualcommの「Snapdragon 8cx」プロセッサを搭載しており、低消費電力で、発熱も少ない。

・1回の充電で、一般的な使用方法で、1日利用できる。

・4G LTE通信システムをサポートしており、どこでも、インターネットに接続できる。

・「即時オン」機能や「常時接続」機能がある。

・薄くて軽く、コンパクトで、携帯性がよい。

・スタイラスペンをサポートしている。

・Androidベースのスマートフォンと連携できる。

 Samsungは、「Galaxybook S」ラップトップを、基本価格、999.99ドルで、予約注文を受け付けており、アクセサリーも注文できるようにしている。

 また、Samsungは、通信事業者の「Sprint」や「Verizon」と提携し、内臓されたLTEモデムを通して、接続性と利便性のメリットを実現している。

 Samsungによると、「Galaxybook S」ラップトップの形状は、ノートPCのように見えるが、スタイラスペンのサポートといった、タブレット的な特徴も持っているという。

 また、ARMベースのラップトップの重要な特徴として、タブレットのような、ユーザ経験を体験したい、消費者をサポートし、Androidベースのスマートフォンと連携できるようにしている。

   (続く)

デル株式会社

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2