プレスリリースの紹介

2018年2月18日 (日)

Panasonicが、CES 2018で、車載システムに、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを統合すると発表した。 '18.02.18

【Panasonicが、CES 2018で、車載システムに、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを統合すると発表した。】 '18.02.18

Pana2
 Panasonicが、CES 2018で、同社の車載システム、Panasonic Skip Generation IVIプラットフォームに、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを統合すると発表した。2018年1月8日

 by Panasonic Corporation of North America

 Panasonicが、CES 2018で、同社の車載システム、Panasonic Skip Generation IVIプラットフォームに、Amazonの音声対応Alexaデジタル・アシスタントを組み込み、統合することで、Amazonと提携すると発表した。

 これにより、ドライバーや乗客は、車載システムに、Panasonic Skip Generation IVIプラットフォームに組み込まれた、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントと会話して、さまざまなアプリ、サービス、コンテンツを利用できるようになる。

 このデモは、Panasonic CES 2018プレス・コンファレンスで披露された。

 PanasonicとAmazonは、自動車メーカが、ドライバーや乗客と、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントの有用な能力と接続できるようにするよう、促していく。

 AmazonのAlexa Onbord技術は、Panasonic Skip Generation(Skip Gen)IVI技術と連携する。

 AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを組み込んだ、Panasonicの、車載システムの、Skip Gen IVIプラットフォーム技術は、昨年の、CES 2017で、発表されていた。

 このSkip Gen IVI技術は、ドライバーが、空調(HVAC)、メディア、コミュニケーション、および、カーナビといった、車載システムの機能、サービス、コンテンツを、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントとの会話を通して、音声コマンドで、制御したり、利用したりできるようにする。

 この統合の一部として、PanasonicとAmazonは、AmazonのAlexa Onboard技術を使用して、IVI機能を提供していき、Alexaデジタル・アシスタントの能力を、ドライバーや乗客が、利用できるようにする。

 PanasonicとAmazonは、自動車メーカや、販売代理店などに、両社の技術を統合した、車載システムを提供していく。

 「CES 2018-PANASONICの車載システムの紹介」ビデオ

 AmazonのAlexaは、Amazon Echoスピーカなどで利用できる、クラウド・ベースの音声対応デジタル・アシスタントである。

 Alexa Onboard技術は、PanasonicのSkip Gen技術に統合され、車載システムのユーザに、音声対応デジタル・アシスタントを通して、さまざまな、機能、サービス、コンテンツを利用できるようにする。

 Alexa Onboard技術は、インターネットに接続されていない時にも、車載システムで、Alexaデジタル・アシスタントを利用できるようにする。

 AmazonのAlexa Onboard技術は、ドライバーが、車載システムに組み込まれた、Alexaデジタル・アシスタントと会話し、さまざまなことを依頼できるようにする。

 ドライバーや乗客が、Alexaデジタル・アシスタントに、さまざまなことを尋ねることができるようにする。

・カーナビ:ドライバーや乗客は、「Alexa、最寄りのコーヒ・ショップを見つけて」ということで、近くの喫茶店を探し出して、道案内してくれる。

・音楽:選択した、ストリーミング・サービスから、音楽を再生するよう、Alexaデジタル・アシスタントに、依頼することができる。

・スマート・ホーム:ドライバーや乗客は、例えば、通勤中や出先からでも、Alexaデジタル・アシスタントに、「家の空調を付けて、部屋を暖めておいて」とか、「玄関のドアが、開いていないか、確認して」とか、「部屋の明かりを付けておいて」とか、依頼することができる。

・ニュース:毎日の出来事の要約を聞くために、「Alexa、今日のニュースは何?」と、尋ねることで、ユーザの興味に合った話題のニュースを聴くことができる。

・注文:外出先から、家に戻る前に、GruHubやAmazon Restaurantのような、食事の配達サービスに、食事を届けてくれるよう、依頼することもできる。

 Alexaデジタル・アシスタントは、ドライバーや乗客に、カーナビの道案内、ストリーミング音楽の再生、オーディオ書籍などの朗読など、さまざまなことを支援することができる。

 これは、ユーザが、何時でも、何処にいても、Alexaデジタル・アシスタントを通して、さまざまな機能、サービス、コンテンツを利用できるようにするための、大きなステップになるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Panasonicが、Android 8.0搭載、車載システムを発表した。 '18.02.18

【Panasonicが、Android 8.0搭載、車載システムを発表した。】 '18.02.18

 Panasonicが、Android 8.0オペレーティング・システムを搭載した、車載インフォテインメント・システムを発表した。 2018年1月8日

Pana1png
 By Panasonic Corporation of North America

 Panasonicは、CES 2017で紹介した、同社の、車載インフォテインメント・システム、「Panasonic Skip Generation (SkipGen) IVI」プラットフォームに、搭載されているオペレーティング・システムを、最新版のAndroid OSである、Android 8.1 Oreoに、アップグレードしたと発表した。

 これにより、ドライバーは、車載システム、「Panasonic Skip Generation (SkipGen) IVI」で、標準で提供されている、Android Automotive Application、Googleマップなどの、Googleアプリ(G-Suite)、カー・ナビゲーション、ストリーミング・メディア、車内の空調の設定といった、アプリ、サービス、および、コンテンツを、Google Assistantデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドや、他の簡単な操作で、利用できるようになる。

 Panasonicによると、最新のAndroid 8.1 Oreoオペレーティング・システムを搭載し、Google Assistantデジタル・アシスタントを組み込んだ、この車載システム、「Panasonic Skip Generation (SkipGen) IVI」は、スマートフォンなどの、モバイル・デバイスを必要とせず、単体でも、利用できるという。

 この車載システムで、ユーザは、Android 8.1 Oreoを搭載した、Panasonic Skip Generation (SkipGen) IVIプラットフォームで、ネーティブに、Google Assistantデジタル・アシスタントや、Googleマップといった、Googleアプリ(G Suite)などを利用できるようになる。

 ドライバーは、「Panasonic Skip Generation (SkipGen) IVI」プラットフォームに組み込まれた、Google Assistantデジタル・アシスタントに、「Hey Google」と、語りかけることで、スマートフォンを使用することなく、音声コマンドなどで、Googleマップを利用したり、音楽を再生したり、HVACといった、車の機能を制御したり、できるようになる。

 Panasonicによると、これにより、Panasonic Skip Generation (SkipGen) IVIプラットフォームは、概念の段階から、OEM生産の段階に入り、次世代の車載経験を提供できるようになったという。

 このPanasonic Skip Generation (SkipGen) IVIプラットフォームと、Google Assistantデジタル・アシスタントや、Googleアプリ(G Suite)との統合は、PanasonicとGoogleのパートナーシップの歴史における、最新の成果である。

 「CES 2018のPanasonicのプレス・コンファレンス」紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年12月13日 (水)

AWSとNingxia(NWCD)が、中国に、2番目のAWSリージョンを開設すると発表した。 '17.12.13

【AWSとNingxia(NWCD)が、中国に、2番目のAWSリージョンを開設すると発表した。】 '17.12.13

 Amazon Web Services(AWS)とNingxia Western Cloud Data Technology(NWCD)は、中国のNingxia自治区に、2番目のAWS China Region(Ningxia自治区)データセンターを開設すると発表した。 2017年12月11日

Idc1
 By Amazon Web Services(AWS)

 Amazon Web Services(AWS)は、中国において、クラウド・コンピューティング基盤を広げるために、中国のクラウド・サービス・プロバイダ、Ningxia Western Cloud Data Technology(NWCD)と、戦略的な技術パートナーシップを確立し、NWCDにより運用される、AWS China Region(Ningxia自治区)データセンターを開設すると発表した。

 Ningxia自治区は、経済を発展させるための、マイルストンとして、AWSが、この地域に、クラウド・コンピューティング基盤を提供するための、データセンターを構築し、サービスを提供することを歓迎している。

 現在、Sinnetにより、運用されている、AWS China Region(北京)データセンターのサービスを利用している、中国のアクティブ・ユーザは、Aucma、BGI、BSH、Changyou.com、Cheetah Mobile、EF、Envision Energy、Hikvision、Hisense、iQIYI、Kunlun.com、Lenovo、Lianjia.com、Liulishuo、MangoTV、MaryKay、Meitu、Mengniu Dairy Group、Midea、musical.ly、OPPO、Oriental Pearl Group、Samsung Electronics、Sengled、Suzhou Daily、Sixth Tone、Sunshine Paper、TCL、Thermo Fisher Scientific、Top Score Fashion Shoes、TP-LINK、TuSimple、Unipus、VIPKID、Xiaomi、Xiaoshouyiを含み、数千社いる。

 NWCDにより、運用される、AWS China Region(Ningxia自治区)データセンターは、AWS China Region(北京)に次ぐ、中国で2番目のAWS China Regionデータセンターになり、アジア/パシフィックでは、北京、ムンバイ、ソウル、シンガポール、シドニー、東京に次ぐ、7番目のAWSリージョンのデータセンターになる。

 AWSは、現在、世界の17ヶ所の技術基盤リージョンに、46ヶ所のアベーラビリティ・ソーンを提供している。

 さらに、AWSは、バーレン、フランス、香港、スウェーデン、および、米国の、5ヶ所のAWSリージョンに渡り、他の15ヶ所のアベーラビリティ・ゾーンを提供することを計画している。

 中国の開発者、スタートアップ、企業、政府、教育機関などは、NWCDにより運用される、AWS China Region(Ningxia自治区)データセンターのクラウド・コンピューティング基盤に、データを保存したり、アプリを実行させたりできるようになる。

 各アベーラビリティ・ゾーンは、独立の電力システム、冷却設備、および、物理セキュリティを持っており、地域の通信ネットワーク・キャリヤの、高速光ファイバー・ネットワークを経由して、国内のバックボ-ン・ネットワークに接続される。

 高アベーラビリティなクラウド・サービスを利用したい、AWSの顧客は、より高いフォールトトレランスを実現するために、北京とNingxia自治区の両方に渡り、複数のアベーラビリティ・ゾーンにおいて、実行する、アプリを構築することができる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月10日 (金)

SalesforceとGoogleが、グローバルな、戦略的パートナーシップを形成する。 '17.11.10

【SalesforceとGoogleが、グローバルな、戦略的パートナーシップを形成する。】 '17.11.10

 SalesforceとGoogleが、新たなグローバルな、戦略的パートナーシップを組む。 2017年11月06日

 By Ryan Aytay、salesforce

 世界の各企業は、顧客の情報を管理し、顧客と対話することで、顧客のニーズを理解し、問題を解決して、ビジネス機会を特定したいと思っている。

 顧客関係管理(CRM)における、グローバルなリーダとしての、Salesforceの使命は、企業が、顧客と、新たな方法で、つながるのを支援することである。

 この使命を達成するために、Salesforceは、顧客に、よりコラボレーティブな経験を提供する上で、Googleと、新たな戦略的なパートナーシップを組む。

 特に、このパートナーシップは、Salesforceの、販売とマーケティング・ソリューションと、Googleのマーケティング統合スイート、Google Analytics 360、および、Googleの生産性統合スイート、G Suiteを、シームレスに結合する。

Sf0
 Google Analytics 360には、データ管理プラットフォーム(DMP)、テスト&パーソナライズ、データ分析&視覚化、タグ管理、アクセス解析、アトリビューションの、6つのツールが含まれている。
Sf3
 G Suiteには、カレンダ、ドキュメント、シート、スライド、シートといった、生産性アプリや、メールのGmail、ストレージのGoogleドライブなどがある。

 企業は、広告、ホーム・ページ、アプリ、メール、SNSサイト、コールセンター、営業チームを含む、さまざまな、販売とマーケティング・ソリューションを利用して、新たな顧客経験を提供すると共に、顧客を理解する必要がある。

 Salesforceと、Google Analytics 360との統合で、企業は、Salesforce Sales Cloud、Salesforce Marketing Cloud、および、Google Analytics 360に渡る、データを活用して、販売、マーケティング、および、広告を、シームレスに結合できるようになる。

 この統合で、企業は、完全な顧客の分析結果を得られるようになり、顧客の満足度や、忠誠度を、向上させることができるようになる。

Sf1
 企業は、以下のようなデータを使用して、顧客の分析を行い、販売やマーケティングに活用できるようになる。

1)Salesforce Marketing Cloudにおいて、活性化に利用できる、Analytics 360の、顧客やキャンペーンのデータ:

 マーケッタは、Analytics 360に、カスタマイズされた、顧客データを作成し、メールやモバイルといった、ダイレクト・マーケティング・チャンネルにおいて、活性化するために、Marketing Cloudに、顧客データを転送することができるようになる。

2)ターゲティング広告を、より最適化するために、Analytics 360において、利用できる、Sales Cloudの販売データ:

 Sales Cloudの販売データを、Analytics 360へ、統合することにより、マーケッタは、販売サイクルへの、新たな視覚性を得て、より最適化された広告を提供できるようになる。

 この統合で、広告主は、Googleの広告プラットフォームを活用することにより、新たな顧客を見つけることができるようになる。

 両社の統合で、ユーザは、G Suiteと、Salesforce LightningとQuipの間で、シームレスに、強力な顧客インテリジェンスを利用できるようになる。

Sf4
3)Gmail用の、Salesforce Lightning:

 Salesforce LightningとGmailは、深く統合され、顧客が、Gmailにおいて、SalesforceのCRMデータを利用できるようにする。

4)Googleシート用の、Salesforce Lightning:

 Googleシートと、Salesforce Lightningの統合は、顧客が、Salesforce内に、シートを組み込むことができるようにする。

5)GoogleドライブとGoogleカレンダ用の、Quip Live Apps:

 Quip Live Appsと、GoogleドライブやGoogleカレンダの統合で、チームは、Googleドキュメント、スライド、および、シートを含む、Googleドライブ・ファイルのリスト、あるいは、Googleカレンダを、Quipの内部に、組み込むことができるようになる。

 これにより、ユーザは、よりコラボレーティブで、オープンなクラウド環境にある、情報をアクセスできるようになる。

6)GoogleのHangouts Meet用の、Salesforce:

 ユーザは、Hangouts Meetインタフェース内で、Salesforce CRMからの、サービス・ケースの履歴や、適切な顧客やアカウントの詳細を、表示できるようになる。

 これにより、マーケッタは、顧客のサービスの要求を処理するために、エスカレーションしたり、解決したりすることを促すために必要な、洞察を得ることができるようになる。

 さらに、Salesforceの顧客が、これらのソリューションで、生産性の向上を、迅速に実現できるようにするために、Salesforceの顧客は、Googleの生産性ツール、G Suiteを、無償で、最大1年間使用できるようになる。

 この契約の一部として、Googleは、クラウド顧客と関わるための、好ましい、顧客関係管理(CRM)ソリューション・プロバイダとして、Salesforceを指名し、同社の、販売とマーケティングや、CRMソリューションを、使用し続ける。

 また、Salesforceは、好ましい、メールや、生産性ツールのプロバイダとして、Googleを指名し、同社の、GmailやG Suiteを、使用し続ける。

 さらに、Salesforceは、好ましい、パブリック・クラウド・プロバイダとして、Googleを指名した。

 Salesforceは、同社のコンピューティング基盤を拡張する、一部として、コア・サービス用に、Google Cloudプラットフォーム(「サービスとしての基盤(IaaS)」)を使用する計画である。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年10月20日 (金)

Mobile Helixが、ローカルな編集とデジタル版権管理機能を持つ、セキュアなコンテナ・アプリ、LINK 3.3のリリースを発表した。'17.10.20

【Mobile Helixが、ローカルな編集とデジタル版権管理機能を持つ、セキュアなコンテナ・アプリ、LINK 3.3のリリースを発表した。】 '17.10.20

Mobilehelix
 Mobile Helixが、ローカルな編集とデジタル版権管理機能を持つ、セキュアなコンテナ・アプリ、LINK 3.3のリリースを発表した。 2017年8月9日

 By Markets.Insider

 弁護士向けのLINKアプリを作成する、Mobile Helixは、Microsoft Wordアプリを使用して、ローカルに、ドキュメントを編集できるようにする、セキュアなコンテナ・アプリ、LINK 3.3を、2017年8月14日に、ラスベガスで開催される、ILTACON 2017で発表する。

 LINK 3.3は、より軽く、高速な、ユーザ・インタフェース(UI)を提供する。

 LINKアプリは、スマートフォンやタブレットから、セキュアな、エンドツーエンドのドキュメント・ワークフローを可能にする。

 LINK 3.3は、Azure AD IRMやiOS Mailとの統合も特徴にしている。

 LINK 3.3の新たな特徴を以下に示す。

・ユーザは、Microsoft Word、Excel、PowerPointアプリを使用して、ローカルに編集できる。

・LINK 3.3は、ユーザが、iOS Mailを使用して、ドキュメントを送るための、オプションを持っている。

・ユーザは、iOS MailのNRLリンクを読むことができる。

・MicrosoftのAzure AD情報版権管理(IRM)と統合されており、Azure ADユーザだけが、ドキュメントを復号化し、編集することができる。

・ユーザは、LINKで、セキュアに、PDFなどのドキュメントに注釈を付けることができる。

・LINK 3.3は、ユーザ・インタフェースが、より軽く、より高速になっている。

 「LINKアプリの紹介ビデオ」

 Mobile Helixによると、Microsoft Wordアプリとの、LINKの直接統合は、CIOからの、主な要求を満足させるという。

 LINK 3.3で、ユーザは、クラウド・サービスを使用できない環境でも、Microsoft Wordアプリを使用して、ローカルに、ドキュメントを編集できるようになる。

 また、LINK 3.3は、iOS Mailを、主に使用している、弁護士の要求にも対応する。

 LINKは、iManage WorkとNetDocuments DMSを、OutlookとMicrosoft Wordアプリと結合する。

 Mobile Helixによると、LINK 3.3は、弁護士が、常に、モバイル・デバイスを使用して、ドキュメントをレビューしたり、編集したり、共有したりできるようにする、重要なステップだという。

 LINKは、データを、常に、AES-256で、暗号化し、TLS over HTTPSを使用して、転送する、セキュアなコンテナ・アプリである。

 LINK 3.3は、ドキュメントの版権を保護するために、Azure AD Information Rights Managementとの統合を提供する。

 LINKは、弁護士が、シングル・サインオンで、DMS、Outlook、SharePoint、企業のポータル、クラウド・ストレージ、および、Webアプリを、アクセスできるようにする。

 LINKは、第1要素認証に、Active Directoryを使用し、Touch ID、または、PINコードの第2要素認証を内蔵している。

 弁護士は、LINKを使用することで、容易に、企業データを保護することができる。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年10月 1日 (日)

ヤマハが、MusicCasオーディオ・システムと、Amazon Alexaを統合する。 '17.10.01

【ヤマハが、MusicCasオーディオ・システムと、Amazon Alexaを統合する。】 '17.10.01

 ヤマハが、MusicCasオーディオ・システムと、Amazon Alexaデジタル・アシスタントとの統合を加速させる。2017年8月31日

Yama2_2
 ヤマハは、同社のMusicCastオーディオ・システムにリンクできる、40種類以上の製品と、Alexaスキルを通した、Amazon Alexaデジタル・アシスタントとの統合を加速させ、オーディオ愛好家が、家庭で、新たな音楽経験を体験できるようにする。

 Amazon Alexaデジタル・アシスタントをサポートし、AmazonのEchoスピーカなどを通して、音声で制御できるようにするための、MusicCasオーディオ・システムの、ファームウェアのアップデートは、2017年10月初めに、予定されている。

 AmazonのAlexa用のMusicCastスキルが、Amazon Echo、Echo Dot、Tap、および、Echo Showスピーカといった、Alexaデジタル・アシスタント搭載デバイスで、同時に、利用できるようになる。

 Alexa用のMusicCastスキルは、ユーザが、MusicCastオーディオ・システム製品を、オン・オフしたり、基本的な再生機能を制御したり、好みの楽曲のプレイリストから選択できるようにしたり、複数のMusicCastオーディオ・システム製品を、同時に、再生するために、リンク機能を使用できるようにする。

 このアップデートで、ユーザは、例えば、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、Echoスピーカなどを通して、音声コマンドで、MusicCastオーディオ・システムにリンクされた、第4世代のDisklavierピアノ、Yamaha Disklavier ENSPIREを、制御できるようになる。

 これにより、ユーザは、家の、どこに居ても、音声コマンドで、第4世代のDisklavierピアノを、制御できるようになり、聴きたい楽曲を、自動演奏させることができるようになる。

 ヤマハは、製品のファームウェアの更新と、Alexaスキルだけでなく、今冬に、同社のAV製品と、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントの、より深い統合を実現することで、新たなユーザ経験を提供し、家庭で、本格的な音楽を楽しむことができるようにしていく。

 MusicCastオーディオ・システムは、無線スピーカ、サウンド・バー、AVレシーバー、ストリーミング・アンプ、Hi-Fiレシーバなどで構成され、第4世代のDisklavierピアノなどをリンクし、連携させることができる。

Yama1_3
 既存の家庭のWi-Fiネットワークに接続することで、MusicCastオーディオ・システムは、さまざまなソースから、さまざまなオーディオ・コンテンツへのアクセスを提供する。

 MusicCastオーディオ・システムで利用できる、オーディオ・コンテンツには、ストリーミング・サービス、インターネット・ラジオ、デジタル音楽のダウンロード、Bluetoothデバイス、および、MusicCastオーディオ・システムにリンクされた、外部ソース(例えば、第4世代のDisklavierピアノなど)がある。

 30年近い、歴史のある、Yamaha Disklavierピアノも、バランスの取れた、魅力的な音色、優れたマルチメディア機能、MusicCastオーディオ・システムとの連携能力など、進化を続け、ライフスタイルの多様性に対応している。

 Amazon Alexaデジタル・アシスタント用の、MusicCastスキルについては、MusicCastのサイトを参照のこと。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年9月21日 (木)

VIA Technologiesが、360度ビデオ・カメラ・プラットフォーム、Vpai Slideを提供する。 '17.09.21

【VIA Technologiesが、360度ビデオ・カメラ・プラットフォーム、Vpai Slideを提供する。】 '17.09.21

 台湾のVIA Technologiesが、360度ビデオ・カメラ・プラットフォーム、Vpai Slideの提供を開始する。2017年9月12日

 By VIA Technologies

 台湾のVIA Technologiesが、360度ビデオ・カメラ・プラットフォーム、Vpai Slideを発表した。
Vpa
 VIA Technologiesは、360度ビデオ・カメラ、Vpai Slideで、パノラマ・カメラ市場へ参入するために、AppleのiPhoneスマートフォンと互換性のある、360度ビデオ・カメラ・ソリューションを提供する。
Vpa2
 VIA Technologiesは、360度ビデオ・カメラと共に、リアルタイムな撮影、編集、共有などの機能を持つ、ソフトウェアや、カスタマイズ用のオプションも提供する。

 360度ビデオ・カメラ、VPai Slideを、AppleのiPhoneスマートフォンに接続して、ユーザは、最大、5MPの解像度で、360度の写真やビデオを撮影することができる。

 VPai Slideソフトウェアは、パノラマ、アステロイド、水晶玉、および、VRといったモードを持つ、ビュアーと共に、ユーザが、ビデオや写真を、撮影、編集、加工、構成、および、共有できるようにする機能を提供する。

 VPai Slideソフトウェアには、以下の機能がある。

・撮影した、ビデオや写真を、プレビューしたり、編集したりするのに使用できる、12色のフィルタを提供する。

・写真やビデオを、VPaiクラウドにアップロードし、VPaiコミュニティで、友達などと共有できる。

・360度ビデオや写真のコマドリを作成できる。

・360度ビデオや写真に、アステロイドや水晶玉などの効果を付けて、代表的なSNSサイトにアップロードして、共有できる。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年9月20日 (水)

IFA 2017で、Z-Waveは、スマート・ホームにおける、プレゼンスを拡大させる。 '17.09.20

【IFA 2017で、Z-Waveは、スマート・ホームにおける、プレゼンスを拡大させる。】 '17.09.20

 IFA 2017の、Z-Waveパビリオンは、21社の代表的な、スマート・ホーム・ブランドと共に、Z-Wave EuropeとZ-Wave Allianceが、共同で主催する。

 By Z-Wave Alliance

Zwave
 出展者は、新たな製品を紹介し、Z-Waveエコシステムにおいて、さまざまな種類の製品を披露する。

 Z-Waveパビリオンで、20社以上の出展者と、Z-Waveは、2017年後半に、再度、スマート・ホーム分野において、無線技術を支配するだろう。

 Z-Wave Allianceによると、600社以上のメンバー企業と、認定されたデバイスのポートフォリオは、このスマート・ホーム分野の無線ネットワーク市場において、Z-Wave認定デバイスの台数は、2100台を超えるという。

 世界のスマート・ホーム市場の機会が増え、企業は、スマート・ホームを提供するために、広範で、将来的な互換性を持つ、強力なメッシュのネットワーキングの必要性を理解している。

 相互運用性、互換性、および、セキュリティに焦点を合わせ、自分たちの製品で、Z-Wave技術を使用する、多くのメーカが、Z-Wave Allianceに参加し、Z-Wave技術を評価する。

 IFA 2017の展示会において、さまざまな分野で、約20社のメーカが、Z-Wave技術を使用した、スマート・ホーム・デバイスやサービスを紹介する。

・Oomiは、IFA 2017で、スイッチ、センサー、照明技術などを含む、新たなスマート・ホーム・デバイス製品のポートフォリオを紹介する。

 Oomiは、多機能なカメラと、タッチ・ディスプレーを持つ、ポータブルなリモコン、Oomi Touchを紹介する。
Oomi
 Z-Wave技術を使用した、Oomi Touchは、Bluetooth LE、統合センサー、スピーカ、マイク、および、360度の赤外線機能を持つ、リモコンを特徴にしている。

 Oomi Touchリモコンは、Z-Wave技術をサポートした、さまざまなメーカの、さまざまなデバイスやデバイス・ハブと互換性がある。

・Swiidは、デバイスの制御を可能にする、Z-Wave技術に焦点を合わせた、フランスの会社である。

 IFA 2017で、Swiidは、Z-WaveとIRコマンド用のリモコン、ZURCといった、スタティックで、ポータブルなリモコンを紹介する。

 SwiidのZURCで、ユーザは、照明、エアコン、シャッター、赤外線コントローラといった、Z-Wave対応デバイスを制御できるようになる。

・ヒーティング制御技術のプロバイダ、DanfossとEurotronicは、自分たちの新たなサーモスタットを紹介する。

 Spirit Z-Wave Plusは、スチーム・ラジエータ用に設計された、サーモスタット・ラジエータ・バルブ(TRV)である。
Zwave2
 サーモスタット・ラジエータ・バルブ(TRV)は、上部とローカルな制御ボタンで、明確で、視覚的に表示される、コンパクトで、円筒形をしている。

 このバルブには、リアルタイムなリアクションを可能にする、FLIRSと呼ばれる機能がある。

・Danfossは、上部に、ディスプレーを持つ、第2世代のサーモスタット・ラジエータ・バルブ(TRV)を紹介する。
Zwave5_2
 このバルブは、通常のラジエータのバルブのようにひねって回す、直感的なコントローラを持っている。

 さらに、来場者は、ショーで、新たな新しい床暖房のコントローラを見ることができる。

 この床暖房のコントローラは、今年の冬に、Z-Wave Europeを通して提供される。

・スマート・ホームのパイオニア、POPPは、ドアのアクセス制御用の、新たなKeypadを紹介する。
Zwave3
 ドアのアクセス制御用の、Keypadは、高品質なアルミ製の住宅用に、屋外の設置に使用される。

 完全なZ-Waveスマート・ホーム・ネットワーク内の、アクセス制御として、機能の他に、Keypadは、Z-Wave経由で、ドアのコントローラに接続される。

・GOAPは、Qubinoと呼ばれる、3相電力用の、スマートな電力メータを紹介する。

Zwave4
 制御キャビネットに、取り付けられる、DINレール上に設置される、この電力メータは、ユーザが、ヒート・ポンプのような、3相デバイスと共に、住宅のトータルな電力消費を測定し、監視できるようにする。

・Z-Wave対応メーカのSensativeは、製品のポートフォリオを拡張し、2つの新たな極めて薄い、Stripsセンサーを発表する。

 「Strips Guard」は、ドアや窓の内側の、フレーム上に、取り付けることができる、コンタクト・センサーである。Zwave6
 「Strips Comfort」は、温度や明るさを測定する、センサーである。

 「Strips Drip」は、水道のパイプが破損した時に、水漏れの被害から保護する、水漏れセンサーである。

 「Strips Drip」センサーは、極めて薄い形をしているので、直接、洗濯機の下に設置することができる。

・Connection Technology Systems(CTS)は、iCPE Z-Wave Plus認定のスマート・ゲートウェイを含む、自分たちのブランドの、IoTソリューションを紹介する。

・Saykey Technologyは、スマート・ホーム・キット、ドアや窓のセンサー、動きセンサー、リモコン、および、スマート・リモートを含む、自分たちのZ-Waveスマート・ホーム製品のラインアップを紹介する。

・Schwaigerは、クラウド・ベースの音声対応デジタル・アシスタント、Amazon Alexaを通して、制御できる、ホーム・ゲートウェイ、Gateway HA101を紹介する。

Zwave5
 ユーザは、Amazon Echoスピーカなどに組み込まれた、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドで、音楽などのアプリやサービスと共に、SchwaigerのGateway HA101ホーム・ゲートウェイを制御できるようになる。

・Thermofloorは、新たなサーモスタットや、スマートな温度制御デバイスの、Z-Wave Plus認定製品の、Heatitラインを紹介する。

Zwave7
・Visionは、異なったサイレンの音で、警告する事象を区別できるようにする、スマートなアラーム製品、U-Bell Keypad & Outdoor Sirenを紹介する。

Zwave8
 U-Bell Keypad & Outdoor Sirenは、屋外で使用でき、温度、明るさ、動きなどを検出できる、センサー機能を持つ、ホーム・セキュリティ・システムや屋外のサイレン用のシーン・コントローラであり、発生した事象に応じて、異なったサイレン音で、ユーザに警告する。

・Gerber Homeは、動き、温度、光センサーを持つ、プラグ&プレーの、PrimeSwitchドングルと、組み込みゲートウェイ・コンポーネントを持つ、PrimeBoxスタンドアロンのリレーボックスを紹介する。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年9月 7日 (木)

Alexaデジタル・アシスタントとCortanaデジタル・アシスタントが出会う。 '17.09.07

【Alexaデジタル・アシスタントとCortanaデジタル・アシスタントが出会う。】 '17.09.07

 AmazonとMicrosoftは、AlexaとCortanaの両デジタル・アシスタントが、互いに会話し、シームレスに連携できるようにする。2017年8月30日

 AmazonとMicrosoftは、AlexaとCortanaの両デジタル・アシスタントが、互いに会話し、シームレスに連携できるようにすることで、パートナーを組むと発表した。

 例えば、ユーザは、Echoスピーカに、「Alexa、Cortanaをオープンして」、あるいは、Windows 10デバイスに、「Cortana、Alexaをオープンして」と言うことができるようになる。

 Alexaユーザは、Cortanaを介して、会議を予約したり、予定表の利用を支援したり、用事を通知したり、メールを朗読したりしてくれる、Cortanaの機能やサービスを利用できるようになる。
Ama2
 同様に、Cortanaユーザは、Alexaを介して、スマート・ホーム・デバイスを制御したり、Amazon.comでオンライン・ショッピングしたり、3rdパーティの開発者により作成された、2万以上のスキルの多くと対話したり、できるようにする、Alexaの機能やサービスを利用できるようになる。
Ama1
 Microsoftは、Cortanaデジタル・アシスタントの知識、Office 365オフィス・スイートの統合、メール、リマインダーといった機能を、Alexaユーザが、シームレスに利用できるようにすることを、最初の、主な目標にする。

 2017年後半に、AlexaとCortanaは、対話できるようになるだろう。

 「AmazonとMicrosoftが、デジタル・アシスタントで、チームを組む。」ニュースのビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月13日 (木)

Harmanが、MicrosoftのCortanaを搭載した、スマート・スピーカ、Harman Kardon Invokeを明らかにする。 '17.07.13

【Harmanが、MicrosoftのCortanaを搭載した、スマート・スピーカ、Harman Kardon Invokeを明らかにする。】 '17.07.13

 By HARMAN International

 Samsungの子会社、HARMAN Internationalは、Microsoftのデジタル・アシスタント、音声コマンド対応スマート・スピーカ、Harman Kardon Invokeを紹介した。2017年5月8日

Hk1
 Harman Kardonのオーディオ技術と、MicrosoftのCortanaの知性を結合した、Invokeスピーカは、仕事にも、家庭の日常生活にも、余暇にも使用できる、スマート・スピーカを探している、ユーザ向けに、開発されている。

 Harman Kardonは、Microsoftと協調し、Cortanaの知性と、Harman Kardonの360度サウンドで、新たなユーザ経験を提供する、高級スピーカを開発している。

 Microsoftのデジタル・アシスタント、Cortanaを組み込んだ、音声対応スピーカ、Invokeで、ユーザは、好みの音楽を再生したり、カレンダーや行動を管理したり、リマインダーを設定したり、最新のニュースや天気予報をチェックしたり、できるようになる。

 Invokeスピーカには、Microsoftのインターネット電話サービス、Skypeが統合されており、ユーザは、Invokeスピーカを使用して、携帯電話、固定電話、および、他のSkype対応デバイスのユーザと、会話することができる。

 Invokeスピーカのユーザは、音声コマンドで、スマート・ホーム・デバイスを制御することもでき、音声コマンドで、照明やサーミスタットなどを操作できるようになる。

 自然言語認識と、深層学習を統合した、MicrosoftのCortanaデジタル・アシスタントは、これを組み込んだ、デバイスやプラットフォームに渡る、1億4500万人のユーザにより、使用されている。

 Invokeスピーカは、洗練されたデザインをしており、パールシルバー(白)と、グラファイト(黒)の2色がある。

 プレミアム素材で作成された、Invokeスピーカは、Harman Kardonの360度サウンドで、広い部屋や空間を満たす。

 Harman Kardonの優れたサウンドは、音楽を、美しく、忠実に、再現する。

 Invokeスピーカは、スピーカ、対話型のCortana照明、および、直感的なボタンのトップに、「touch to surprise」ユーザ・インタフェース・パネルのような、使い易い機能を装備している。

 Invokeスピーカは、Skypeの統合を特徴にしており、ユーザは、携帯電話、固定電話、および、他のSkype対応デバイスのユーザと、明瞭な音質で、ハンズフリーで、電話をすることができるようにする。

 Invokeスピーカには、HARMANの音声認識技術、SONIQUEが装備されている。

 このSONIQUE音声認識技術は、周囲の雑音が多い環境でも、音声コマンドの詳細を、すべて認識できるようにする、7つのマイクを装備した、360度サウンド技術である。

 この音声認識技術は、HARMANのビーム・フォーミング、エコー・キャンセラー、および、ノイズ低減アルゴリズムを使用しており、Cortanaが、ユーザの、音声コマンドを、確実に、聞けるようにする。

 Microsoftのデジタル・アシスタント、Cortanaを搭載した、Harman Kardon Invokeスピーカは、特定の小売店と、Microsoft Storeで、2017年秋に、米国でのみ、提供される予定である。

 「Cortanaを搭載した、Harman Kardon Invokeスピーカの紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

より以前の記事一覧

ウェブページ

広告2