文化・芸術

2019年4月16日 (火)

Berkeley Kite Festivalに、日本の凧揚げチームが、参加する。'19.04.16

【Berkeley Kite Festivalに、日本の凧揚げチームが、参加する。】 '19.04.16

 今年のBerkeley Kite Festivalには、日本の浜松市の早出町の凧揚げ協会の代表団が、参加する。

 By Berkeley Kite Festival

 伝統的な「浜松の凧揚げ」の凧には、町のシンボルが、描かれている。

 浜松市の大凧は、上質紙と竹で作られている。

 浜松には、凧職人がおり、何世紀にも渡り、受け継がれた技で、伝統的な、大凧をデザインし、作成している。

 また、大空に、大凧を揚げることにも、長年の知識や経験が必要である。

 International Association of Tako Ageと、Berkeley Kite Festivalの、地元の主催者は、2010年に、Berkeley Kite Festivalに参加した、日本凧揚げ協会の会長、モデギ・マサアキ氏に敬意を表す。

Tako1


 浜松の凧揚げは、市の毎年恒例の祭り「はままつ祭り」の、昼間の中心になっており、主に、町を単位とする、170のチームが、大凧を、空高く揚げることや、糸切り合戦で、相手の凧を落とす、ケンカ凧で、激しく競い合うことを、特徴にしている。

 浜松の凧揚げ祭りは、本来、初孫の誕生を祝うことを、目的としており、初子が生まれた家が、お祝いに、大凧を作成し、町として、凧揚げ合戦に参加する。

 浜松の凧揚げ合戦の起源は、448年前までさかのぼるが、本格的に、戦うようになったのは、1887年からのようだ。

Tako2


 浜松市民は、伝統的な凧揚げ合戦に誇りを持っているが、凧揚げ合戦の、危険に悩まされてもいるが、今日の浜松まつりは、初孫という、新たな生命の誕生と、地域の精神の確認を祝うものである。

 初孫の名前と、その家の名前が書かれている、特別なお祝いの、大凧を揚げるために、町内の若者が、伝統を引き継ぎ、凧揚げ合戦に参加する。

 浜松まつりは、昼は、凧揚げ合戦、夜は、御殿屋台や激練りで、毎年、150万人以上の人々を魅了している。

 浜松の凧揚げが、「Berkeley Kite Festival」の特別な部分となったことには、「International Association of Tako Age」のチームリーダーである、角直樹氏とトマ・ショウコ氏のたゆまぬ努力によるものである。

 Berkeley Kite Festivalでは、何百人もの子供たちと、家族が、無料の凧作りと、凧揚げを楽しんでいる。

Tako5


 「Berkeley Kite Festival 2012の紹介」ビデオ

 「International Association of Tako Age」サイトも、訪問しよう。

 「International Association of Tako Age」は、日本の凧揚げ文化を、バークレーの人たちに紹介すると共に、日本のお祭りへの関心を高めることにも貢献している。

 また、「International Association of Tako Age」は、「Berkeley Kite Festival」で、「GANBARE日本」と書かれた、大凧を揚げ、元気を発信している。

Tako7

デル株式会社

 

 

ウェブページ

広告2