« CES 2021に期待すること:自動運転車、電気自動車(EV)、そして、心を読むバイク?(1)'21.01.13 | トップページ | CES 2021に期待すること:自動運転車、電気自動車(EV)、そして、心を読むバイク?(2)'21.01.14 »

2021年1月13日 (水)

Lenovoは、スマート・グラス、ThinkReality A3を紹介した。(1)'21.01.13

【Lenovoは、スマート・グラス、ThinkReality A3を紹介した。(1)】'21.01.13

 殆どの多機能なスマート・グラスは、企業向けに、デザインされている。2021年1月10日

Cnet6b_20210113205201


 新たなスマート・グラスは、オフィスの専門家や、中小企業の産業ワーカが、生産性を向上できるようにする。

 CES(Consumer Electronics Show)で、Lenovoは、より軽量なスマート・グラス、ThinkReality A3を紹介した。

 Lenovoは、最も先進的で、多機能な、企業向けの、スマート・グラスの1つを、ビジネス分野にもたらす。

 スマート・グラス、ThinkReality A3は、ビジネスにおいて、知的な変革を提供する、包括的なデジタル・ソリューションの1つであり、よりスマートな技術を、人々にもたらす。

 現在のコロナウィルスのパンデミンクの状況において、家やローカル・オフィスで仕事をしたり、オフィスに出勤して、仕事をしたり、ハイブリッドな生活をすることが、ニュー・ノーマル(新たな日常生活)になってきた。

 世界中の企業は、スマートなコラボレーション、効率の向上、および、システムの停止時間の低減のための、新たな技術を採用することを模索している。

 カスタマイズされた、仮想モニタや、3D視覚化から、拡張現実(AR)支援のワークフロー、および、没入的なトレーニングまで、スマート・グラス、「ThinkReality A3」は、さまざまなレベルの企業に渡り、仕事を変革するのを支援する。

Cnet6c


 どこででも、仕事ができるようにしたい、ワーカのニーズに対応して、スマート・グラス、ThinkReality A3を、USB-Cケーブル経由で、Windows搭載PCや、Motorola smartphones1スマートフォンに接続して、仮想ディスプレイにすることで、ワーカは、大画面の仮想ディスプレイで、アプリを利用できるようになる。

 多機能性、携帯性、および、使い良さを特徴にしている、スマート・グラス、ThinkReality A3は、サングラスのような感覚で、顔にかけることができる。

 また、ユーザは、このスマート・グラス、「ThinkReality A3」を、安全で、より作業しやすくするために、産業フレーム・オプションで、強化できるようになる。

 この拡張現実(AR)スマート・グラス、「ThinkReality A3」は、高性能で、高解像度の1080ピクセルの仮想ディスプレイを特徴とし、Qualcomm Snapdragon XR1 Platformを搭載しており、ユーザは、このスマート・グラスをかけることで、最高、5台の仮想ディスプレイを表示させることができるようになる。

 8MPの解像度の、RGBカメラは、リモートで作業する、ワーカ向けに、1080ピクセルのビデオを提供し、例えば、ビデオ会議に参加できるようにする。

 このスマート・グラス、「ThinkReality A3」は、2つの魚眼レンズを持つ、カメラを搭載することができ、例えば、このスマート・グラスをかけたユーザが、部屋を追跡できるようにする。

 スマート・グラス、「ThinkReality A3」は、次世代の拡張現実(AR)ソリューションを提供し、軽くて、強力で、多機能である。

 スマート・グラスは、先進のARデバイス、ThinkRealityソフトウェア、および、Motorolaのスマートフォンを含む、Lenovoからの、包括的な統合デジタル・ソリューションの一部である。

 スマート・グラス、「ThinkReality A3」は、デジタル・アシスタントをサポートし、ワーカが、家でも、ローカル・オフィスでも、本社のオフィスでも、作業できるようにしている。

 「CES 2021で紹介される、ThinkRealityスマート・グラス」のビデオ

1.ラップトップ用の仮想ディスプレイになる、「ThinkReality A3 PC Edition」

 ユーザは、スマート・グラス、「ThinkReality A3 PC Edition」を、ラップトップやモバイル・ワークステーションに接続して、仮想ディスプレイとして、利用できるようになる。

 ユーザは、「ThinkReality A3 PC Edition」のスマート・グラスをかけ、仮想ディスプレイにすることで、ラップトップや、モバイル・ワークステーションを使用して、最大5台の大きな仮想ディスプレイで、Windows用のアプリやツールを利用できるようになる。

 仮想ディスプレイは、ラップトップやモバイル・ワークステーションの価値を拡張し、より生産性を向上させ、プライバシーを向上させて、金融、建設、および、エンジニアリングのような産業のユーザだけでなく、モバイル・ワーカやリモート・ワーカに、没入的な経験を提供できるようにする。

 仮想ディスプレイは、IntelやAMD Ryzenプロセッサを搭載した、Lenovoの代表的な、ThinkPadラップトップや、モバイル・ワークステーションと互換性がある。

        (続く)

デル株式会社

« CES 2021に期待すること:自動運転車、電気自動車(EV)、そして、心を読むバイク?(1)'21.01.13 | トップページ | CES 2021に期待すること:自動運転車、電気自動車(EV)、そして、心を読むバイク?(2)'21.01.14 »

CNET」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2