« CES 2021と、その前後に、紹介されることが、期待されている、モバイル分野の製品や技術には、Galaxy S21、フォルダブル、および、5Gがある。(2)'20.01.08 | トップページ | 最初のオンラインCES 2021ショーに、期待すること(2)'21.01.08 »

2021年1月 8日 (金)

誰もが、準備しなければならない、2021年における、IoTのトレンド(2)'20.01.08

【誰もが、準備しなければならない、2021年における、IoTのトレンド(2)】'20.01.08

 誰もが、準備しなければならない、2021年における、「モノのインターネット(IoT)」の動向を紹介する。2020年10月26日

 By Bernard Marrforbes、forbes

 「モノのインターネット(IoT)」は、最近、出現した、最も目立った、技術のトレンドの1つである。

 インターネットという用語は、当初、大規模なネットワークに接続された、コンピュータ同士を、相互に接続する、ネットワーク技術のことだった。

 最近では、インターネットという用語は、車から、スマート家電、産業機械まで、あらゆるモノを、相互に接続し、相互運用でき、情報をデジタルに共有できるようにする、ネットワーク技術のことになっている。

 インターネットが、発展して、あらゆるモノを相互に接続し、互いに連携できるようにする、「モノのインターネット(IoT)」と呼ばれる技術が、出現した。

 IoTの出現により、さまざまな、IoT対応デバイスが、作成され、相互に連携できるようになってきた。

     (続き)

2.IoTは、より生産的な、在宅学習(WFH:Work-From-Home)を意味する。

 在宅勤務は、オフィスや市内中心部に集まる、多数の人々の安全上の懸念から、最近、新しい常識になってきた。

 AmazonのAlexaのような、AIを利用した、デジタル・アシスタントを組み込んだ、デバイス(例えば、スマート・スピーカ、スマート・ディスプレイ、PC、タブレット、スマートフォンなど)が、多くの家庭で、利用されるようになり、家で作業したり、1日を管理したりするのに役立つように、作成されたアプリが、さらに増えるだろう。

 このようなアプリの例には、よりインテリジェントな自動スケジューリング、カレンダー・ツール、より対話的なビデオ会議、および、仮想会議技術などがある。

 例えば、高品位のビデオを作成し、プレゼンテーションの背景に投影できるようにする、Microsoftの「Virtual Stage」プラットフォームは、「Azure Kinect」センサーを使用して、没入型のAIを利用した、魅力的なプレゼンテーションを可能にする。

 IoTは、資産をより効果的にリモートで監視できることを意味し、自動化された機械が作業を継続するという安心感を与え、人間の技術者や保守担当者の介入が必要になったときに、警告を受けられるようにすることができる。

     (続く)

デル株式会社

« CES 2021と、その前後に、紹介されることが、期待されている、モバイル分野の製品や技術には、Galaxy S21、フォルダブル、および、5Gがある。(2)'20.01.08 | トップページ | 最初のオンラインCES 2021ショーに、期待すること(2)'21.01.08 »

IT関連の記事」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2