« CES 2021のトレンド:オンラインの仮想ショーで、見ることが期待されているモノ(2)'21.01.17 | トップページ | CES 2021でベストな、パンデミックス技術、グリーン技術、空飛ぶタクシー、および、多くのロボット(2)'20.01.18 »

2021年1月17日 (日)

誰もが、準備しなければならない、2021年における、IoTのトレンド(6)'20.01.17

【誰もが、準備しなければならない、2021年における、IoTのトレンド(6)】'20.01.17

 誰もが、準備しなければならない、2021年における、「モノのインターネット(IoT)」の動向を紹介する。2020年10月26日

Iota_20210117210701

 By Bernard Marrforbes、forbes

 「モノのインターネット(IoT)」は、最近、出現した、最も目立った、技術のトレンドの1つである。

 インターネットという用語は、当初、大規模なネットワークに接続された、コンピュータ同士を、相互に接続する、ネットワーク技術のことだった。

 最近では、インターネットという用語は、車から、スマート家電、産業機械まで、あらゆるモノを、相互に接続し、相互運用でき、情報をデジタルに共有できるようにする、ネットワーク技術のことになっている。

 インターネットが、発展して、あらゆるモノを相互に接続し、互いに連携できるようにする、「モノのインターネット(IoT)」と呼ばれる技術が、出現した。

 IoTの出現により、さまざまな、IoT対応デバイスが、作成され、相互に連携できるようになってきた。

   (続き)

5.都市の規模のIoT

 「スマート・シティ」の概念は、近年、人気が上昇してきた。

 IoT技術は、道路の渋滞状況を監視したり、公共交通を利用したり、歩行者の動きを監視したり、リサイクルセンターなどの施設を使用したりするといった、さまざまなことに、使用されている。

 スマートメータは、家庭や企業での、エネルギーの使用を記録するため、ピーク時の需要に対応し、不要な場所での無駄を省くために、供給のバランスを取ることができるようにする。

 2021年に、筆者らは、将来可能になる、新たな技術を使用するために、デジタル技術を構築するのに、多くのリソースが、必要になることを予想している。

 公共交通、市のセンター・オフィス、および、レジャー・センターや公園といった、リクレーション施設で、IoT技術は、地方自治体や企業が、使用のパターンを、理解できるようにする。

 IoT技術は、地方自治体や企業が、使用のパターンを、より良く理解できるようにすると共に、より効果的な計画の安全対策や、緊急応答戦略を立てることを可能にする。

6.エッジでのIoT

 エッジ・コンピューティングは、コロナウィルスのパンデミックの状況に関わらず、強力なトレンドである。

 他のトレンドを以下に紹介する。

 エッジ・コンピューティングが、可能にする、変更は、これまで以上に、関連性が高くなり、革新の採用と革新の速度が向上しがちである。

 エッジ・コンピューティングでは、IoTデバイスが、収集した、データのすべてを、クラウドに送るのではなく、IoTデバイスの近くで、収集したデータを処理するようになる。

 明確な利点は、IoTデバイスの近くで、収集したデータを処理することで、クラウドに送る必要を減少させることができ、ネットワークの使用を節約できるようになる。

 このため、ネットワークを流れる、パケットを減少でき、コストを削減できるようになり、環境にやさしく、支出を減らすことができるようになる。

 アウトブレークの検出やコンタクトの追跡といった、プロアクティブで、リアクティブなイニシアティブは、健康や位置データといった、個人的なデータに頼っている。

 この情報において、取る行動や、処理の方法は、パーソナル・デバイスとクラウドのサーバ間で、転送する情報を減少させるために、エッジ・コンピューティングを活用するだろう。

 IoTは、今後、数年間で、我々の社会を変えると信じている、25種類の技術のトレンドの1つである。

 これら25種類の技術のトレンドは、「Tech Trends in Practice: The 25 Technologies That Are Driving The 4th Industrial Revolution.」という書籍で、解説している。

 これら25種類の技術のトレンドを、次に、リストする。

1.人工知能(AI)と機械学習(ML)

2.「モノのインターネット(IoT)」と、スマート・デバイスの登場

3.ウェアラブルから、拡張人間

4.ビッグデータと拡張分析

5.知的な空間とスマート・プレイス

6.ブロックチェーンと分散台帳

7.クラウドと、エッジ・コンピューティング

8.デジタルに拡張される現実

9.デジタル・ツイン

10.自然言語処理

11.音声インタフェースとチャットボット

12.コンピュータ・ビジョンと顔認識

13.ロボットとコボット(協働ロボット)

14.自動運転車

15.5Gと、より高速な、スマート・ネットワーク

16.ゲノミクスと遺伝子の編集

17.機械との共同的な創造と拡張デザイン

18.デジタル・プラットフォーム

19.ドローンと無人航空機

20.サイバー・セキュリティとサイバー・レジリエンス

21.量子コンピューティング

22.ロボットのプロセス自動化

23.大量のパーソナライゼーションとマクロ・モーメント

24.3Dと4Dの印刷と、付加的な製造

25.ナノ技術と、材料科学

デル株式会社

« CES 2021のトレンド:オンラインの仮想ショーで、見ることが期待されているモノ(2)'21.01.17 | トップページ | CES 2021でベストな、パンデミックス技術、グリーン技術、空飛ぶタクシー、および、多くのロボット(2)'20.01.18 »

IT関連の記事」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2