« 英国のトラクターや農機具のメーカ、John Deereは、スマート農業を実現するために、IoTに注目する。'21.01.16 | トップページ | CES 2021のトレンド:オンラインの仮想ショーで、見ることが期待されているモノ(2)'21.01.17 »

2021年1月16日 (土)

CES 2021でベストな、パンデミックス技術、グリーン技術、空飛ぶタクシー、および、多くのロボット(1)'20.01.16

【CES 2021でベストな、パンデミックス技術、グリーン技術、空飛ぶタクシー、および、多くのロボット(1)】'20.01.16

 今年の、オンラインで開催された、最初のデジタルなCES 2021で、筆者らが、最も印象に残った、製品を紹介する。2021年1月15日


Cnet1l_20210116210501


 By Jason Hiner、CNET

 筆者らは、2021年に、最もポピュラーなTVやラップトップのいくつかになる、製品を、実際に見ることができた。

 CES 2021の「Media Days」では、終日の記者会見が行われる。

 トップ出展者は、ラスベガスのCES Media Daysで通常行うように、メディアのみの視聴者に、ニュースを伝える。

 Media Dayは、世界をリードするハイテク・ブランドから、最新ニュース、製品発表、技術トレンドを聞く機会になる。

 筆者らは、CES 2021で、実際に、製品に成りそうもない、アイデアやコンセプトの、プロトタイプも、実際に見ることができた。

 また、筆者らは、将来の製品デザイナーが、夢を維持することができる、興味深い、コンセプト製品を、実際に見ることもできた。

 勿論、筆者らは、何種類かのロボットや、空飛ぶタクシー、および、筆者らを悩ませる、奇妙なコンセプト製品も、見ることができた。

 CES 2021において、多くの企業は、世界のコロナウィルスのパンデミックに対応するための、さまざまな取り組みや、製品を紹介している。

 筆者らが、CES 2021で、実際に見た、「パンデミック対応の技術や製品」、「環境にやさしいグリーン技術や製品」、「空飛ぶタクシーのような、夢のある技術や製品」、および、「さまざまな、家庭用のロボット技術や製品」などを簡単に紹介する。

1.RazerのハイテクのN95マスク

Cnet1a_20210116210701


 ゲーム会社の、Razerは、Project Hazelと呼ばれる、ハイテクマスクのコンセプト製品を紹介した。

 「スマートマスク、Project Hazelの紹介」ビデオ

 このハイテクマスクは、電動の換気扇を持っており、透明なシールドで覆われ、このマスクのケースは、充電器になっており、マスクの換気扇を充電することができる。

 また、このマスクのケースには、紫外線消毒機能があり、換気扇の充電中に、マスクを消毒することもできる。

2.HPの強力なラップトップ、HP Dragonfly Max

Cnet1b_20210116210801


 このHPのラップトップ、HP Dragonfly Maxは、家で、仕事をするのに適しており、5MPの解像度のWebカメラや高感度マイクを装備している。

 このHPのラップトップは、「内臓Tileトラッカー」、「魅力的なブルーのデザイン」、「5メガピクセルのWebカメラ」、「4台の高感度マイク」を特徴にしており、ビデオ会議やビデオ通話などに、利用するのに適している。

 このHPのラップトップ、HP Dragonfly Maxは、ビデオ会議アプリ、「Zoom」を使用するのに適している。

3.LGの曲げることのできる、ディスプレイ

Cnet1c_20210116211101


 CES 2021の最初のプレス・コンファレンスの1つにおいて、筆者らは、ディスプレイ画面の領域を、上に広げることができ、曲げることもできる、ディスプレイを持つ、スマートフォンを除き見ることができた。

 ディスプレイを開閉できる、フォルダブルなスマートフォンのように、LGの広げることのできる、ディスプレイを持つ、LG Rollableスマートフォンは、極めて未来的に見えるが、ディスプレイ画面が広くなるだけで、フォルダブルなスマートフォンと比較して、特に、多目的で、使いやすいようには、見えなかった。

 「LG Rollableスマートフォンの紹介」ビデオ

 ただし、このディスプレイを広げることのできる、LG Rollableスマートフォンは、LGのコンセプト製品ではなく、2021年に、LGが、実際に、市場に投入する計画のある、製品である。

4.「Cadillac eVTOL」空飛ぶタクシー

Cnet1d_20210116211601


 General Motors(GM)は、CES 2021を使用して、自社が、電気自動車(EV)を生産する、自動車メーカに、シフトしていくと発表した。

 今回のCES 2021において、最も興味深い、電気自動車(EV)は、「Cadillac eVTOL」と呼ばれる、空飛ぶタクシーであった。

 この空飛ぶ電気タクシーは、空飛ぶ車というより、巨大なドローンのように見えた。

 「Cadillac eVTOL、空飛ぶタクシーの紹介」ビデオ

 GMは、空飛ぶ電気自動車の分野に投資しており、比較的、近距離用に、オンデマンドで利用できる、空飛ぶ、「タクシー」、「配車サービス」、「配送サービス」、「配達サービス」などに、利用できるようにすることを模索している、自動車メーカである。

5.Samsungのソーラー発電のリモコン

 Samsungは、CESで、さまざまな、多くの製品を紹介する、代表的なメーカである。

 例えば、Samsungは、TVのリモコンのような製品も、CESで、紹介している。

 このTVリモコンは、ミニ・ソラー・パネルで発電でき、アルカリ電池を取り換える必要はない、グリーンな製品である。

 このTVリモコンは、ミニ・ソーラー・パネルから充電できるだけでなく、USB-Cポートに接続することで、充電することも可能である。

       (続く)

デル株式会社

« 英国のトラクターや農機具のメーカ、John Deereは、スマート農業を実現するために、IoTに注目する。'21.01.16 | トップページ | CES 2021のトレンド:オンラインの仮想ショーで、見ることが期待されているモノ(2)'21.01.17 »

CNET」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2