« Lenovoは、スマート・グラス、ThinkReality A3を紹介した。(1)'21.01.13 | トップページ | ホンダが、二輪車のマインドリーディング技術の特許を申請した。'21.01.14 »

2021年1月14日 (木)

CES 2021に期待すること:自動運転車、電気自動車(EV)、そして、心を読むバイク?(2)'21.01.14

【CES 2021に期待すること:自動運転車、電気自動車(EV)、そして、心を読むバイク?(2)】'21.01.14

 自動車の世界は、世界的に有名な自動車ショーの影が薄くなり、CESで、新しい自動運転車や電気自動車(EV)が、披露されるようになってきた。2020年12月30日。

 By Jeremy Kaplan、digital trends

 世界最大のガジェット・ショーである、CES(Consumer Electronics Show)は、世界最大の自動車ショーの1つになり、数10社の自動車メーカや、アクセサリー・メーカが、最新の製品を披露するようになった。

 過去数年間、CESでは、自動運転車、自律型トラクター、未来的な自律型バスなどのデモに驚かされてきた。

 また、大手技術企業の、何社かが、自動車の世界に、暫定的に、足を踏み入れてるのを見てきた。

 今回、オンラインで開催される、CES 2021では、自動車関連の、どの様な話題が紹介されるのだろう?

    (続き)

2.電気自動車

 昨年、筆者は、Faraday Future FF91のハンドルを握ってことがあった。

 Faraday Future FF91は、停止状態から時速60マイルまで、2.3秒で加速できる、1000馬力を超える、全電気式のスポーツカーである。

 昨年のCES 2020で、話題になったのは、Sonyの電気コンセプト・カー、「Vision-S」に関するものもあった。

 2020年8月に、Sonyが、実際に、この電気コンセプト・カー、「Vision-S」の、ロードテストを実施していることが明らかになった。

 「Sonyの電気自動車のコンセプト・カー「Vision-S」の公道での走行テスト」の紹介ビデオ

 今回の、オンラインで開催される、CES 2021では、Sonyから、電気自動車ビジネスに関する、何らかの発表があることが期待される。

 「Sonyの電気自動車、VISOON-Sの進捗状況の紹介」ビデオ

 2021年の初めに、筆者らは、ゼロから設計された、Hyundaiの電気自動車の、「E-GMP」プラットフォームについて記事を書いた。

 Hyundaiは、以前、2021年の「E-GMP」プラットフォームの発売に先立ち、最終的に、いくつかの具体的な詳細を提供した。

 また、筆者らは、2020年8月に、「loniq」と呼ばれる、新しいEVブランドの、Hyundaiの計画について学んだ。

 GMのMary Barra氏は、CES 2021で、基調講演を行い、トラックにおける、電気自動車(EV)技術を紹介する予定のようだ。

3.心を読むバイク

  筆者は、オンラインで開催される、CES 2021において、ホンダが、心を読むバイクに取り組んでいるという、話題に期待している。

デル株式会社

« Lenovoは、スマート・グラス、ThinkReality A3を紹介した。(1)'21.01.13 | トップページ | ホンダが、二輪車のマインドリーディング技術の特許を申請した。'21.01.14 »

Digital Trends」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2