« 企業が、チャットボットを必要とする理由(3)'21.01.09 | トップページ | 誰もが、準備しなければならない、2021年における、IoTのトレンド(3)'20.01.10 »

2021年1月 9日 (土)

CES 2021で、見るべき、最大のトレンド(1)'21.01.09

【CES 2021で、見るべき、最大のトレンド(1)】'21.01.09

 CES 2021において、見るべき、最大のトレンドを紹介する。

 By Mike Prospero、tomsguide

 これまで、50年間以上、実際に、コンベンション・センターで、毎年、開催されていた、CESショーを、初めて、CES 2021として、今年、オンラインで、デジタルに開催される。

 このCES 2021で、見ることが、期待される、製品、サービス、技術などを紹介する。

 これまで、毎年、Las Vegasで、1週間に渡り開催されていた、世界中から数10万人もの来場者がいる、CESショーの、コンファレンスやミーティングも、今回は、オンラインで開催される。

 コロナウィルスの問題が、有っても、無くても、技術の進歩は続く。

 病気を、検出したり、予防したりするのを支援する、ウェアラブル・デバイスから、マイクロLED TV、および、音声対応デジタル・アシスタントまで、革新的な製品、サービス、技術が、今回の、オンラインで開催される、CES 2021でも紹介される。

 筆者は、CES 2021で、期待されているものを、見るために、数人のアナリストと会話した。

 筆者が、アナリストと会話して、選択した、CES 2021で、見るべき、最大のトレンドは、2021年に、影響を与えることが期待されている。

 LGは、CES 2021で、折り曲げることのできる、OLEDディスプレイを発表することが期待される。

 コロナウィルスの世界において、個人の健康が奪われている。

 世界のコロナウィルスのパンデミックは、技術セクターに、影響を与えた。

 例えば、家庭用のジム器具を採用したり、家庭用のネットワーク技術(メッシュ・ルータのような)を構築したり、音声で、開閉したり、カギをかけたりできる、ドアを設置したりすることができるようになる。

 コロナウィルスには、ワクチンがないが、ワクチンがあるからといって、状況が、すぐに変わるわけではない。

1.よりスマートなウェアラブル・デバイス

 Creative Strategiesの技術アナリストは、スマートウォッチよりも、個人の健康状態を、より適切に監視できる、スマートなウェアラブル・デバイスが、今回の、CES 2021で、紹介されると予想している。

 ブレスレット・タイプの「Oura Ring」と呼ばれる、ウェアラブル・デバイスは、身に着けた人の、心拍数、体温、血圧、眠りの状態などを、適切に測定することができる。

Dt2a_20210109213401


 これらのウェアラブル・デバイスは、平均的なフィットネス追跡デバイスよりも、正確に、詳しく、健康状態を教えれくれる。

 家庭の衛生管理に重点を置いているため、手で触れる必要がないように、音声コマンドで、操作できるようになっている、家電や他のアプライアンスが、今回の、オンラインで開催される、CES 2021で、紹介されるだろう。

 AmazonのAlexaやGoogleのAssistantデジタル・アシスタントを使用して、スマート冷蔵庫や、スマート・レンジといった、家電を、音声コマンドや、手のジェスチャーで、手で触れることなく、操作できるようになることが期待される。

 これらのスマート・デバイス、ウェアラブル・デバイス、および、デジタル・アシスタントは、統合され、相互に接続でき、互いに連携できるようになるだろう。

 2021年における、最大の革新は、Google AssistantやAmazon Alexaといった、音声対応デジタル・アシスタントを通して、一般ユーザに、利用されるようになる、人工知能である。

 一般ユーザは、音声対応デジタル・アシスタントと会話することで、知りたいことを聞いたり、他のスマート・デバイスを操作したり、できるようになる。

 Amazonは、「Amazon Loop」と呼ばれる、指輪型のウェアラブル・デバイスと、「Amazon Frame」と呼ばれる、メガネ型のウェアラブル・デバイスを、CES 2021で、紹介することが期待される。

 これらのAmazonのウェアラブル・デバイスには、Alexaデジタル・アシスタントが組み込まれており、スマートフォンと、Bluetoothで、接続することにより、ユーザが、音声コマンドで、Alexaを通して、会話できるようにする能力がある。

 Alexaのようなデジタル・アシスタントは、利便性と必要性の両方で、一般ユーザから、人気を得ている。

 人工知能(AI)は、倉庫の在庫管理のような複雑な作業を支援したり、買い物リストに、追加する商品を示唆したりすることに、役に立っている。

     (続く)

デル株式会社

« 企業が、チャットボットを必要とする理由(3)'21.01.09 | トップページ | 誰もが、準備しなければならない、2021年における、IoTのトレンド(3)'20.01.10 »

レポートの紹介」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2