« 世界の主な市場における、電気自動車の販売台数の推移 '21.01.12 | トップページ | CES 2021に期待すること:自動運転車、電気自動車(EV)、そして、心を読むバイク?(1)'21.01.13 »

2021年1月12日 (火)

好むと、好まざるとも関わらず、Amazon Go Groceryは、ショッピングの未来である。'21.01.12

【好むと、好まざるとも関わらず、Amazon Go Groceryは、ショッピングの未来である。】'21.01.12

 好むと、好まざるとも関わらず、レジのない、スーパーマーケット、Amazon Go Groceryは、ショッピングの未来である。2020年2月27日

By Enrique Dans、forbes

 Amazonは、レジのない、コンビニの初期の概念を拡張し、シアトルに、スーパーマーケットの「Amazon Go Grocery」を開店した。

 Amazonは、初期のレジのない、販売している商品の種類が少なく、シンプルなコンビニから、実用的で、生鮮食品を含む、完全なスーパーマーケットに、レジのない店舗の概念を進化させた。

 この「商品を持って店舗を出る(Just walk out)」技術は、ショッピングを、さらに、単純にする。

 買い物客は、商品を棚から取り出し、買い物バッグに入れて、店舗を出て、家に持って帰ることができる。

 これは、買い物客が、スーパーマーケットで、レジの待ち行列に並ぶことなく、欲しい商品をバッグにいれ、店舗から出ることができることを意味する。

 それ以上に、店舗の運営コストを削減し、Amazonが、買い物客に、ライバル店よりも、安い価格で、商品を販売できることを意味する。

 しかし、Amazonは、商品を安く売ることよりも、新たな技術を利用して、買い物客に、より良い買い物経験を体験できるようにしたいと、思っている。

 「United Food and Commercial Workers International Union(UFCW)」は、Amazonに、より多くの、スーパーマーケットのキャッシャーが、他の仕事に変わる必要があると、苦情をいっている。

 ただし、Amazonは、この数年で、米国において、実際に、50万以上の仕事を作成しており、従業員に、業界の平均の給料よりも多くの給料を支払っている。

 Amazonは、従業員向けに、ベータ・モードで、最初のストアを開店したとき、筆者が調べてところ、米国には、1時間に、10.78ドルを支払っている、350万人以上の、スーパーマーケットのキャッシャーがいることが分かった。

 これに対し、Amazonは、スーパーマーケットのスタッフに、1時間に、15ドルの給料を支払っている。

 人間のスタッフが、繰り返し的な作業を行う場合、ロボットが行うよりも、生産性が低く、疲れるとミスも多くなり、続けて作業することができない。

 結局のところ、このような技術は、単純な作業を、ロボットに任せ、人間のスタッフには、付加価値のある、より人間的な仕事に、配置することを目的にしている。

 Amazonが、小さなコンビニから、大規模なスーパーマーケットに、レジなし店舗をスケールアップすることは、それが、消費者や従業員にとって、適切かどうかに関わらず、店舗の進化と呼ばれる過程の、次のステップになる。

 しかし、さまざまな単純作業を、ロボットや、他の機械を使用して、行うようになることは、以前は、人間が行っていた、多くの仕事が、消滅していく可能性がある。

 このため、世界は、ますます多くの仕事の失踪に、対応する必要があるだろう。

 人間は、これまでの単純作業が、機械により、行われるようになり、他の仕事にシフトしなければならない状況になった場合、別の、より人間的な仕事が、作成されると、考えて、自分を慰めるようになるのだろうか?

 スーパーマーケットなどが、作業の効率を上げるために、単純な作業を自動化することで、例えば、レジ係は、商品を配達したり、商品の在庫を適切に管理したり、買い物客をサポートしたり、顧客に対応したりする、より人間的な仕事にシフトするようになるだろう。

 一方、社会は、企業や小売店が、機械を使用して、人間のスタッフを削減すると、失業者が増え、問題が発生する可能性があるという、パラドックスに対処する必要があるだろう。

 これを防ぐには、社会契約を再定義する必要があるだろう。

デル株式会社

« 世界の主な市場における、電気自動車の販売台数の推移 '21.01.12 | トップページ | CES 2021に期待すること:自動運転車、電気自動車(EV)、そして、心を読むバイク?(1)'21.01.13 »

CNET」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2