« 2020年/2021年における、将来のITトレンドと予測(6)'21.01.02 | トップページ | 2020年/2021年における、将来のITトレンドと予測(7)'21.01.03 »

2021年1月 2日 (土)

2020年に、有り方が、定義された、ラップトップと、代表的なメーカ(1)'21.01.02

【2020年に、有り方が、定義された、ラップトップと、代表的なメーカ(1)】'21.01.02

 代表的なメーカが、2020年における、ラップトップの有り方を定義した。2020年12月22日

 By Rob Enderle、eWEEK

 2020年は、コロナウィルスのパンデミックにより、社会の状況が、激変した結果、家庭で仕事をしたり、学習をしたりすることが、ニューノーマル(新たな、日常のこと)になった。

 例えば、在宅学習や在宅勤務が増えてきて、新たな生活が、定義され、それに対応して、ラップトップの有り方も、新たに定義されてきた。

 このような状況で、人々は、多くの時間を、自分の家で過ごし、必要に応じて、会社や学校などにいくようになってきたので、特に、モバイル・ユーザ向けの、会社や学校でも、利用できる、携帯性が良く、移動中にも、どこでも使える、ラップトップの、有り方が定義されてきた。

 2020年における、最良なラップトップPCのリストを紹介する。

1.Dell XPS 15-17

Eweek1a_20210102210501


 筆者は、セグメントの定義に役だった、代表的なラップトップPCを、振り返りたいと思う。

 また、筆者は、2021年における、ラップトップPCの、新たな定義に期待している。

 2020年は、コロナウィルスのパンデミックにより、定義された年であった。

 しかし、2021年に、新に登場する、ラップトップ製品は、それらの仕様が、ポピュラーになる前に、ほとんど定義されていた。

 筆者は、最大手のPCベンダである、Dell、HP、Lenovo、および、Microsoftの、ラップトップ製品に、焦点を合わせていく。

 筆者は、これらのPCベンダが、新たに定義された、ラップトップPCの市場に、どのように参入したかを示したいと思う。

 筆者は、Dell XPS 15-17が、現在の状況において、仕事をするのに、最適なラップトップ製品の1つだと思う。

 このDell XPS 15-17は、薄くて、軽く、持ち運びができるだけでなく、15インチと17インチの、ラップトップPCとしては、大きなディスプレイを特徴にしている。

 「Dell XPS 15-17のレビューの紹介」ビデオ

2.HP Elite Dragonfly

Eweek1b_20210102210601


 HP Elite Dragonflyは、革新的な製品であったが、2020年に、5G移動通信システムや、Windowsの「タイル」表示のサポートが、追加された。

 HP Elite Dragonflyは、デザイン、携帯性、機能、性能の、最もバランスの取れた、薄くて、軽く、コンパクトな、ラップトップPCの1つである。

 また、HP Elite Dragonflyは、13.3インチのタッチ・ディスプレイを装備し、さまざまな形(テント型、スタンド型、クラムシェル型、タブレット型、フラット型)になる、コンバーチブル・タイプの、2-in-1ラップトップPCである。

Eweek1c_20210102210701


 HP Elite Dragonflyは、HPのジェネラル・マネージャー、Andy Rhodes氏の、個人的なプロジェクトにより、開発された。

 同氏は、この製品の開発において、AppleのSteve Jobs氏のような役割を演じていた。

 筆者は、製品が、できるだけ多くの人々のニーズに合うよう、デザインされた、ラップトップPC製品だと感じた。

 HP Elite Dragonflyは、ユニークなカラーの、洗練されたデザインを特徴にしており、HPのセキュリティ製品のスイートが、組み込まれている。

 「HP Elite Dragonflyのレビューの紹介」ビデオ

    (続く)

デル株式会社

« 2020年/2021年における、将来のITトレンドと予測(6)'21.01.02 | トップページ | 2020年/2021年における、将来のITトレンドと予測(7)'21.01.03 »

IT関連の記事」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2