« オリンピックが、オンラインで開催されるとしたら '21.01.16 | トップページ | CES 2021でベストな、パンデミックス技術、グリーン技術、空飛ぶタクシー、および、多くのロボット(1)'20.01.16 »

2021年1月16日 (土)

英国のトラクターや農機具のメーカ、John Deereは、スマート農業を実現するために、IoTに注目する。'21.01.16

【英国のトラクターや農機具のメーカ、John Deereは、スマート農業を実現するために、IoTに注目する。】'21.01.16

 英国のトラクターや農機具のメーカ、「John Deere」は、革新の能力を高めるために、「モノのインターネット(IoT)」に注目した。

Ag1a

 By internet of business

 英国のトラクターや農機具のメーカ、「John Deere」は、新しい農業技術を開発し、既存のソリューションを利用して、作物を植えたり、農地を耕したり、肥料を散布したり、収穫したりする作業を支援することに取り組んでいる。

 その一環として、John Deereは、工場の運営で、Telitの「deviceWISE Industrial IoT(IioT)」プラットフォームの使用を開始し、リアルタイムのアセンブリ情報を、収集&分析して、生産ラインの効率を改善し、不測のダウンタイムを防止し、サプライチェーン全体の効率を改善した。

 「Network World」によると、英国のトラクターや農機具のメーカ、「John Deere」は、移動通信システム、クラウド・ソリューション、IoTセンサー、精密パスをガイドできる、ハンドルの交換といった、多くの技術を、自社のスマート農業製品に、取り入れることを模索しているという。

 John Deereによると、スマート農業の実験することを、恐れてはいけないという。

 John Deereは、農家が、システム・インテグレータ(SI)になり、さまざまな技術を導入し、信頼できる、システム構築ツールを使用することで、より少ない費用で、より多くのことを、実現できるようになると考えている。

 John Deereによると、農家は、IoT技術のトレンドを、無視するのではなく、新しいIoT対応デバイスを導入し、評価すべきだという。

 「John Deereのオペレーション・センターの紹介」ビデオ

 John Deereのスマート農場システムは、主に「IoT」に焦点を当てており、モバイル技術を使用して、新しいビジネス機会を生み出すことを模索している。

 例えば、John Deereは、農作業を追跡するために、複数のマッピング・レイヤを備えた、「iPad」アプリを設計した。

 この「iPad」アプリを使用すると、農家は、1エーカー当りに植えた、種子の量を監視したり、種子が互いに、どれだけ離れているかを計算したりできるようになるという。

 また、John Deereは、農家が、種子を植えるときに、種子にかかる圧力を計算できる、ユニット用の「IoT対応センサー」ソリューションも設計している。

 John Deereによると、農家は、この計算結果に基づいて、種子にかかる圧力と、種子を植える間隔を調整できるようになるという。

 すべてのデータは、クラウドに送信される。

 John Deereによると、畑に、作物や種を植えるときや、作物に、水や肥料や農薬などを与えるときに、あるいは、作物を収穫するときに、どのように作業すべきかを考える、巨大な物流システムがあるという。

 John Deereによると、これにより、農家は、「種を蒔いたり、作物を植えたりする作業」、「作物に、水や肥料や農薬などを与える作業(量や時期など)」、「作物を収穫する作業」などを、最適化し、コストを削減したり、倉庫を有効に活用したり、できるようになるという。

 また、農家は、いつ、どれぐらいの作物を植え、いつ、どれぐらいの水や肥料をやり、いつ、どれぐらいの作物を収穫するかといったことを、「IoT対応センサー」を使用して、より正確で、リアルタイムに、把握できるようになる。

Ces1d_20210116084701


 John Deereによると、「IoT対応センサー」は、酪農にも、適用されているという。

デル株式会社

« オリンピックが、オンラインで開催されるとしたら '21.01.16 | トップページ | CES 2021でベストな、パンデミックス技術、グリーン技術、空飛ぶタクシー、および、多くのロボット(1)'20.01.16 »

IT関連の記事」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2