« 2020年/2021年における、将来のITトレンドと予測(3)'21.01.01 | トップページ | 2020年/2021年における、将来のITトレンドと予測(5)'21.01.02 »

2021年1月 1日 (金)

2020年/2021年における、将来のITトレンドと予測(4)'21.01.01

【2020年/2021年における、将来のITトレンドと予測(4)】'21.01.01

 2020年/2021年における、将来のITトレンドと予測を紹介する。

 By finances online

 これまでの59年間に、コンピューティング・パワーは、1兆倍も向上した。

 これまで、従来の技術を基礎にして、新しい技術が、開発され、革新されて、他の技術の基礎になってきて、不要になった技術が、市場から消えていった。

 このサイクルは、これからも続くだろう。

 この記事は、「モノのインターネット(IoT)」、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、および、人工知能(AI)を含む、2019年における、最新の情報技術(IT)をカバーしている。

 これらの技術の殆どは、何年にも渡って、他の技術を牽引力してきた。

 筆者らは、各技術が提供する利点と、ユーザが遭遇する、いくつかの欠点についても、説明する。

      (続き)

2.モノのインターネット(IoT)

Fn202c


 このIoT Statisticsの編集で、明らかなように、「モノのインターネット(IoT)」は、急速に、成長している。

 2019年には、約260億台の、IoTデバイスが、世界中に、インストールされてきた。

 専門家によると、IoTデバイスの台数は、754億4000万台に、増加するという。

 これは、トレンドの定義であり、ドレンドの変化は、留まるところを知らない。

 IoTは、近代の世界において、実質的に、任意の場所で、見つかっている。

 2020年までに、各人は、平均で、4台の、コネクティッド・デバイスを持つようになり、平均で、15デバイスを、所有するようになるだろう。

 IoTが、さまざまな業界の最大手の企業において、採用されている。

 事実、いくつかの調査によると、IoTは、約1500億ドル規模の市場になってきた。

 IoTデバイスは、インターネットに接続された照明、スマート冷蔵庫といった形態で、スマート・ホームに、見られる。

 スマート・グラスや、行動トラッカーといった、ウェアラブル技術が、IoT技術の、極めてポピュラーなアプリである。

 さらに、交通や無駄の管理、都会の安全監視、および、上下水道の管理は、スマート・シティにいおいて、IoT技術の適用事例になる。

 セキュリティは、IoT技術の適用分野に関わらず、この技術を利用する上で、主な課題になる。

 IoTのユーザは、ハッカーの脅威、データの漏洩、情報のリークなどの問題に、直面しなければならないだろう。

 この問題は、殆どのIoTデバイスが、購入して、すぐに利用できる、セキュリティ機能を搭載していないことである。

 このIoT技術を、引き続き、楽しめるように、セキュリティ機能を、強化する必要がある。

 2018年に設置された、IoTデバイスの台数の、分野ごとの、1年間の増加率、トップ5アプリ

分野                  年間増加率

スマート・ホーム・デバイス      100%
ウェアラブル・デバイス         63%
スマート・シティ向けIoTデバイス    34%
スマート・グリッド向けIoTデバイス   28%
産業向けIoTデバイス          25%

ソース:IoT Analytics 2018

「トップのIoTベンダ」

VironIT
R-Style Lab
ScienceSoft
HQSoftware
Magneto IT Solutions
TP-Link
Eastern Peak

    (続く)

デル株式会社

« 2020年/2021年における、将来のITトレンドと予測(3)'21.01.01 | トップページ | 2020年/2021年における、将来のITトレンドと予測(5)'21.01.02 »

レポートの紹介」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2