« RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(3)'20.11.30 | トップページ | 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例の紹介(2)'20.12.01 »

2020年12月 1日 (火)

「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例の紹介(1)'20.12.01

【「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例の紹介(1)】'20.12.01

Rpa0


 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例を紹介する。 2020年11月16日

 by TECHSLANG

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術は、「ロボット」または「人工知能(AI)」システムを構成する能力で、人間の従業員を支援し、「トランザクションの処理」、「データの操作と分析」、「レスポンスの自動化」、および、「他のシステムとのコミュニケーション」といったことを、簡単に行えるようにする。

 これにより、人間の従業員は、反復作業から解放され、自動化できない作業に集中できるようになる。

 この投稿では、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術について、説明すると共に、実際の適応事例を紹介する。

1.ロボット・プロセス自動化(RPA)のパワー:現在の適応事例

 ロボットが、製造業に、革命を起こしているのと同様に、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」も、「ビジネス・プロセス」を変革している。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術は、作業の精度が改善し、作業の処理時間を短縮し、作業の生産性を向上させる。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の、最も重要な機能の1つは、「プロセスを自動化」することである。

 これにより、人間の従業員は、退屈で反復的な作業を、AIシステム、あるいは、ロボットに委任できるようになる。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、「サプライ・チェーン管理(SCM)」、「調達」、「財務」、さらには、「人事(HR)」などに関連した、「バックオフィス」作業を自動化することもできる。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)の紹介」ビデオ

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」で、例えば、「プレゼンテーション層」を自動化することができる。

 「プレゼンテーション層」は、データを認識して、人間が解釈できる「モノ」に変換する。

 「プレゼンテーション層」とは、例えば、フォームに、データを入力するときに、名前、生年月日、および、その他のデータを認識して、それに対応した、適切なフィールドに、データを入力する層のことである。

 プレゼンテーション層を自動化するには、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術が役に立つ。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ロボットは、人間と同じように動作し、ソフトウェアのプレゼンテーション層とも対話することを目的としている。

 また、ソフトウェア開発者は、プレゼンテーション層を、手動で改善する必要がなくなったので、他の作業に集中することができる。

 プレゼンテーション層の自動化は、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の、以下のような、適応事例において、重要な役割を演じる。

    (続く)

デル株式会社

« RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(3)'20.11.30 | トップページ | 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例の紹介(2)'20.12.01 »

レポートの紹介」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2