« 「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(4)'20.12.23 | トップページ | マーケッターは、マーケティングに、どのような、新技術を使用している、あるいは、使用することを計画しているか?'20.12.23 »

2020年12月23日 (水)

「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(5) '20.12.23

【「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(5)】'20.12.23

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析した。

 By StartUs-Insights

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析し、5社の有望なスタートアップを紹介した。

 これら、Agroapps、Ekylibre、iDrone Services、Farmlyplace、Ninjacartは、注目すべき、5つの「農業技術(AgriTech)」ソリューションを開発している。

 「Global Startup Heat Map!」作成し、提供している、Innovation Analystsは、最近、「農業界技術(AgriTech)」ソリューションの提供に取り組んでいる、新進気鋭のスタートアップを調査した。

 この調査では、195件の「農業技術(AgriTech)」に関連する、ソリューションを特定した結果を分析し、今回は、5社の有望な、「サービスとしての農業(FaaS)」のスタートアップを紹介する。

   (続き)

6)Ninjacart:新鮮な食品のサプライ・チェーン・ソリューション

Faas2h3


 従来、世界中の多くの人たちが、近所の、小さなスーパーや小売店で、生鮮食品(野菜や魚や肉など)を、毎日のように買っていた。

 現在は、大手のスーパーや、デパートのような、大型店舗が、増えてきたにも関わらず、多くの消費者は、近所の小さなスーパーや小売店で、生鮮食品などを、購入することを好んでいる。

 しかし、地元の小さなスーパや小売店は、高品質の農産物を入手することは難しいので、近所で、買い物をしたい、従来の消費者は、品質のよい、生鮮食品を、手にいれることが難しくなった。

 このため、地元の農家が、その地域の小さなスーパーや小売店に、新鮮な、農産物や海産物などを、販売することを支援するための、Webベースや、スマートフォン・ベースのソリューションを開発している、Ninjacartといった、スタートアップが出現した。

 インドの農業サプライ・チェーンのスタートアップ、Ninjacartは、農家や酪農家といった、食品の生産者が、地元の、小さなスーパーや小売店、レストラン、および、地元の消費者などに、直接、生鮮食品を、販売し、配達することで、生産者、小売店、消費者をつなげる。

 現在、Ninjacartは、農家や酪農家などから、毎日、特に、地元のスーパーや小売店に、農産物や畜産物を、何1000トンも、流通させる能力を持っている。

Faas2h4


 Ninjacartは、分析を使用して、サプライ・チェーンの仲介業者を排除し、農家や酪農家などが、より新鮮な食品を、より良い価格で、販売できるようにするのを支援することで、地元の生産者と小売店と消費者を、直接、つなげる。

 同時に、農家や酪農家などの生産者は、生鮮食品を、競争力のある価格で、地元の小売店や、小さなスーパーに、販売し、直接、配達できるようになる。

 これにより、地域の消費者は、近所の小売店や、小さなスーパーで、質の良い、地元の農家や酪農家が、生産する、生鮮食品を、適正価格で、購入できるようになる。

「Ninjacartが、地方のビジネスをサポートする。」紹介ビデオ

デル株式会社

« 「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(4)'20.12.23 | トップページ | マーケッターは、マーケティングに、どのような、新技術を使用している、あるいは、使用することを計画しているか?'20.12.23 »

IT関連のブログの紹介」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2