« さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(1)'20.12.02 | トップページ | さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(2)'20.12.03 »

2020年12月 2日 (水)

Gartnerによると、2020年の3Qに、世界のスマートフォンの売上が、前年同期よりも、5.7%減少したという。'20.12.02

【Gartnerによると、2020年の3Qに、世界のスマートフォンの売上が、前年同期よりも、5.7%減少したという。】'20.12.02

 2020年の3Qに、中国のXiaomiは、世界のスマートフォンの販売台数で、Appleを抜いて、世界のスマートフォンのベンダで、3位になった。

 By Gartner

 Gartnerによると、世界のスマートフォンの、エンドユーザへの、販売台数の合計は、2020年3Qに、前年同期から、5.7%減少して、3億6600万台になったという。

 世界のスマートフォンの販売台数は、前年から、1年間で、8.7%減少して、合計で、4億100万台になった。

2四半期連続して、世界のスマートフォンの販売台数が、20%減少した後に、序々に、販売台数が、増加してきた。

 しかし、2020年3Qにおける、世界のスマートフォンの販売台数は、何種類かの、5G対応のスマートフォンが、何社かのベンダから紹介されたが、5Gに対する需要が伸びていないので、前年同期と比較して、世界のスマートフォンの販売台数は、あまり増加していない。

 Gartnerによると、消費者は、ロックダウンの状況が改善されてき始めた後に、スマートフォンへの支出を制限しているという。

 世界のスマートフォの販売台数は、2020年2Qから、2020年3Qに、緩やかな増加を経験した。

 これは、2020年2Qから、消費者の、スマートフォンに対する、需要が伸びていないためである。

 経済の不確実性と、パンデミックの次の波が、続いているので、2020年の末まで、消費者は、不要な支出を控えるだろう。

 消費者の、5G対応スマートフォンへの、アップグレードの需要が、伸びていないので、スマートフォン・ベンダの機会が、制限されていた。

 スマートフォンの販売台数の、トップ5のスマートフォンのベンダの間で、Samsungは、スマートフォンの販売台数で、22%のシェアを占めて、1位を維持した。

 2020年3Qに、Xiaomiは、Appleのスマートフォンの、販売台数を抜いて、初めて、3位になった。

 2020年3Qに、Xiaomiは、スマートフォンの販売台数が、4440万台になり、Appleは、スマートフォンの販売台数が、4050万台になった。

表1)2020年3Qに、世界のトップ5の、スマートフォンの、エンドユーザへの、販売台数

(単位:1000台)

      2020年3Q  2020年3Q  2019年3Q  2019年3Q  年間
ベンダ   販売台数   シェア   販売台数    シェア    増加率

Samsung   80,816.0   22.0%   79,056.7   20.3%    2.2%

Huawei    51,830.9   14.1%   65,822.0   16.9%   -21.3%

Xiaomi    44,405.4  12.1%    32,927.9     8.5%    34.9%

Apple     40,598.4  11.1%    40,833.0    10.5%    -0.6%

OPPO     29,890.4   8.2%    30,581.4     7.9%    -2.3%

その他    119,117.4  32.5%    139,586.7   35.9%    -14.7%

合計     366,658.6  100.0%   388,807.7   100.0%    -5.7%

 ソース:Gartner、2020年11月

 成熟した、アジア・パシフィックとラテンアメリカの一部の市場において、スマートフォンの販売台数が、回復する、兆しがあった。

 スマートフォンの販売台数は、2020年に、インド、インドネシア、および、ブラジルにおいて、それぞれ、9.3%、8.5%、3.3%増加した。

 SamsungとXiaomiは、2020年に、初めて、スマートフォンの販売台数が、増加を記録した。

 2020年3Qに、SamsungとXiaomiだけが、それぞれ、2.2%と34.9%、スマートフォンの販売台数を増加させていた。

 Samsungは、スマートフォンの販売台数が、808万台を記録し、依然として、トップを維持している。

 Xiaomiは、2020年3Qに、34.9%も、スマートフォンの販売台数が増加し、12.1%のシェアを獲得した。

 Xiaomiは、2020年3Qに、Appleを抜いて、3位になった。

 Xiaomiは、中国において、Huaweiから、スマートフォンの販売台数を奪った。

 Appleは、スマートフォンの販売台数が、2020年3Qに、前年同期から、0.6%減少して、4050万台になった。

デル株式会社

« さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(1)'20.12.02 | トップページ | さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(2)'20.12.03 »

Gartner」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2