« 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例の紹介(2)'20.12.01 | トップページ | Gartnerによると、2020年の3Qに、世界のスマートフォンの売上が、前年同期よりも、5.7%減少したという。'20.12.02 »

2020年12月 2日 (水)

さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(1)'20.12.02

【さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(1)】'20.12.02

Rpa1_20201202133401


  「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、さまざまな業界の企業が、効率的な運用を実現し、収益性を高めるための、頼りになるソリューションになっている。

 By nuummite

 反復的で時間や手間のかかる作業は、すべて「ソフトウェア・ロボット」によって処理されるようになるため、従業員は、他の重要な問題に集中するのに、より多くの時間を費やすことができる。

 ヘルスケア、小売、銀行といった、さまざまな業界の企業が、導入し、成功している、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の、代表的な適用事例のトップ12を紹介する。

1.「小売業」における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の導入

Rpa2

1)注文処理における自動化

 「顧客の注文処理」に関連した、「データ入力プロセス」を自動化すると、多くの「eコマース」業界で、売上と、リピート・ビジネスが急増する可能性がある。

 顧客の注文処理における 「データ入力プロセスを自動化することの、主な利点」には、次のものがある。

・顧客経験を向上させる。

・データの制御を改善する。

・コストを削減し、投資利益率(ROI)を向上させる。

・より高い柔軟性を持たせる。

2)小売業における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例

 小売業において、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用して、「需要と供給の計画」を自動化することで、情報の収集と分析業務を、効率化することができる。

 これにより、生産性が向上し、資産管理が改善される。

 その他の主な利点には、次のものがある。

・正確な製品予測

・効率的なキャッシュフロー管理

・サプライチェーンのスケジューリングの増加

・労務管理の最適化

・ロジスティクスとサプライチェーン管理

3)ロジスティクスとサプライ・チェーン管理を自動化する。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用して、ロジスティクスとサプライ・チェーンの管理を自動化すると、サプライヤ、顧客、および、流通業者間の、コラボレーションを改善できるようになる。

 自動化できる、工程には、在庫レベルの監視、出荷、注文ステータスの追跡、顧客サポートなどが含まれる。

 ロジスティクスとサプライ・チェーン管理を自動化することの利点のいくつかを、次に示す。

・処理時間の短縮

・生産性の向上

・リアルタイムな視覚性

・顧客満足度の向上

     (続く)

デル株式会社

« 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例の紹介(2)'20.12.01 | トップページ | Gartnerによると、2020年の3Qに、世界のスマートフォンの売上が、前年同期よりも、5.7%減少したという。'20.12.02 »

レポートの紹介」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2