« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月31日 (木)

誰もが、準備しなければならない、2021年における、IoTのトレンド(1)'20.12.31

【誰もが、準備しなければならない、2021年における、IoTのトレンド(1)】'20.12.31

 誰もが、準備しなければならない、2021年における、「モノのインターネット(IoT)」の動向を紹介する。2020年10月26日

 By Bernard Marrforbes、forbes

 「モノのインターネット(IoT)」は、最近、出現した、最も目立った、技術のトレンドの1つである。

 インターネットという用語は、当初、大規模なネットワークに接続された、コンピュータ同士を、相互に接続する、ネットワーク技術のことだった。

 最近では、インターネットという用語は、車から、スマート家電、産業機械まで、あらゆるモノを、相互に接続し、相互運用でき、情報をデジタルに共有できるようにする、ネットワーク技術のことになっている。

 インターネットが、発展して、あらゆるモノを相互に接続し、互いに連携できるようにする、「モノのインターネット(IoT)」と呼ばれる技術が、出現した。

 IoTの出現により、さまざまな、IoT対応デバイスが、作成され、相互に連携できるようになってきた。

 世界的なコロナウィルスのパンデミックの危機的な状況において、我々の生活に、大きな影響が与えられた。

 これにより、我々の日常生活において、人々が、互いに、社会的距離を置くようになり、家庭で、仕事をしたり、学習したり、するようになった。

 人間同士が、直接、会うことのできない、状況において、我々は、さまざまな、パーソナル・デバイスを通して、離れている、家族や友達や同僚などと、互いに会話できるようになった。

 例えば、我々は、スマートフォン、タブレット、PCなどの、パーソナル・デバイスを使用して、チャット(テキスト、音声、ビデオ)アプリ、ビデオ会議アプリ、メッセージ交換アプリ、SNSなどで、離れた場所にいる、家族や友人や、会社の同僚などと、相互に会話できるようになってきた。

 また、我々は、さまざまなデバイスやツールとも、相互に対話できるようになってきた。

 例えば、我々は、デジタル・アシスタントや、チャットボットのようなアプリと、テキストや音声で、相互に会話できるようになってきた。

 この大きなトレンドは、我々の、生活、仕事、および、遊ぶ方法を、大きく変えた。

1.IoTにおける、ヘルスケアへの投資は、急増する。

 高齢者の、遠隔医療から、自動化された、家庭での介護まで、ウェアラブル・デバイス、センサー、および、コネクティッド・デバイスなどは、ヘルスケアの方法を、変え続けるだろう。

 例えば、介護施設や医療施設は、互いの接触を最小にするために、家庭でも、介護や診察ができるようにすることに取り組んでいる。

 コロナウィルスの感染が、さらに拡大して、技術駆動型のヘルスケアの採用が加速された。

 2020年に、米国において、オンラインで、医療施設やヘルスケア施設を利用したり、オンラインで、医療提供者を予約したりする、患者の人数は、3600万人になる、見込みである。

 米国において、これら、オンラインで、医療施設やヘルスケア施設を利用したり、オンラインで、医療提供者を予約したりする、患者の人数は、2021年には、10億人近くになることが予想されている。

 このオンラインで、医療機関を利用する人数は、医療機関と患者の利点に対する、認識が深まった今、2021年も、間違いなく、増加を続けるだろう。

 オンラインの遠隔医療技術のおかげで、自分の家で、診察を受ける、高齢者の人数が、増加する。

 オンラインの遠隔医療技術は、AI技術を使用して、高齢者や、コロナウィルスの感染者などが、動けなくなったような状態を、検出できるようになり、現在の状況を、医療施設にいる、医師などの医療提供者に、通知できるようになる。

 このオンラインの遠隔医療技術は、家に隔離されている、高齢者や、コロナウィルスの感染者を、医療施設から、オンラインで、リモート診察できるようにすると共に、家に隔離されている、患者の健康状態が、急速に悪化したことを検出し、対応を決定するために使用される。

 高齢者やコロナウィルス感染者は、しばしば、数時間の内に、自分で、助けを求めることができない状態になる可能性があるので、医療提供者は、家にいる患者を、常時、監視できるようにし、健康状態の変化を検出して、迅速に、対応できなければならない。

    (続く)

デル株式会社

2020年/2021年における、将来のITトレンドと予測(2)'20.12.31

【2020年/2021年における、将来のITトレンドと予測(2)】'20.12.31

 2020年/2021年における、将来のITトレンドと予測を紹介する。

 By finances online

 これまでの59年間に、コンピューティング・パワーは、1兆倍も向上した。

 これまで、従来の技術を基礎にして、新しい技術が、開発され、革新されて、他の技術の基礎になってきて、不要になった技術が、市場から消えていった。

 このサイクルは、これからも続くだろう。

 この記事は、「モノのインターネット(IoT)」、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、および、人工知能(AI)を含む、2019年における、最新の情報技術(IT)をカバーしている。

 これらの技術の殆どは、何年にも渡って、他の技術を牽引力してきた。

 筆者らは、各技術が提供する利点と、ユーザが遭遇する、いくつかの欠点についても、説明する。

      (続き)

 ただし、単に、他のものよりもずっと長く持続し、成長を続けている、ITには、1960年代末に出現した、インターネットがある。

 ARPANETから、World Wide Webまで、長い道のりを歩んできた。

 インターネットは、他の多くの技術的進歩の基礎となり、これまで、これ対する改善が行われている。

 インターネットのように、他にも、しばらくの間、続いている技術開発がある。

 finances onlineは、そのいくつかを、リストする。

1.人工知能(AI)

 以前から、過剰に期待されていた、人工知能(AI)は、依然として成長傾向にある。

 10年前の人々が、SF映画でのみ可能だと考えたであろう、多くのAIの機能が、既に、実現されており、1950年代に生まれた、AI技術の進歩は、勢いが止まる兆候は、今のところ見られない。

 個人的、専門的、および、ビジネス目的の、新しいアプリが、AI用に、毎日発見されている。

 例えば、スマートフォン、タブレット、PCなど用の、パーソナル・デバイスに搭載された、AmazonのAlexaや、Google Assistantのような、デジタル・アシスタントは、人間と、自然な言葉で、会話でき、ユーザの要求や質問に、人間のように、対応してくれる。

 例えば、最近のデジタル・アシスタントは、音声コマンドで、今日の予定、気になるニュースや天気予報、目的地までの行き方などを、教えてくれたり、受信したメールを読んでくれたりすることができ、リアルタイムな翻訳もできるようになっている。

 AI技術は、家庭用アプライアンス、パーソナル・デバイス、一般的な企業、医療機関、交通機関など、あらゆる分野で、利用されている。

 AI技術は、文字認識、音声認識、画像認識、顔や指紋などの生体認証、ビッグデータ&分析など、数多くの技術革新の基盤にもなっている。

 さらに、AI技術は、顧客サービス、顧客サポート、コールセンターなどのビジネス・フロントにも活用され、人間を補佐している。

 現在の機械は、覚えることや、計算すること、規則に基づいて判断すること、あるいは、反復的な作業が得意であるが、考えたり、応用したりすることは、苦手である。

 さらに、機械は、新しいこと(例えば、顧客の情報や、判断のための規則など)を覚えて、何らかの判断することは、得意なので、その分野の専門家が、作成した、プログラムのアルゴリズムが適切ならば、機械の方が、新しいこと(例えば、顧客の情報や、判断のための規則など)を覚えて、規則に基づいて、何通りかの判断をすることが、瞬時にできるので、人間を補佐して、例えば、顧客に合った、より適切なアドバイスを提供できるようになるかも知れない。

 ロボットの反乱は、AI技術の進歩に関して、おそらく最も人気のある懸念事項だろうが、多くの仕事が、奪われる可能性があることの方が、差し迫った問題になるだろう。

 これまで、機械は、疲れることなく、反復作業を、正確に行うことを、得意にしていたが、現在、一部の専門家は、2030年までに、世界で、何かを判断する必要にある、7300万人以上の人が、機械に職を奪われる可能性があると、主張している。

 ただし、自動化や、AIの導入によって、新しい仕事が生まれるので、すべてが悪いニュースというわけではない。

 開発者、テスター、プログラマー、技術スペシャリストなどの仕事は、さらに、増えるだろう。

     (続く)

デル株式会社

2020年12月30日 (水)

2020年/2021年における、将来のITトレンドと予測(1)'20.12.30

【2020年/2021年における、将来のITトレンドと予測(1)】'20.12.30

 2020年/2021年における、将来のITトレンドと予測を紹介する。

 By finances online

 これまでの59年間に、コンピューティング・パワーは、1兆倍も向上した。

 これまで、従来の技術を基礎にして、新しい技術が、開発され、革新されて、他の技術の基礎になってきて、不要になった技術が、市場から消えていった。

 このサイクルは、これからも続くだろう。

 結果として、ITトレンドは、ついていくのが難しくなってきた。

 この記事は、「モノのインターネット(IoT)」、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、および、人工知能(AI)を含む、2019年における、最新の情報技術(IT)をカバーしている。

 これらの技術の殆どは、何年にも渡って、他の技術を牽引力してきた。

 筆者らは、各技術が提供する利点と、ユーザが遭遇する、いくつかの欠点についても、説明する。

 また、これらのトレンドが、将来、どのように動くと、予想されるかも、示している。

 知っておくべき、3つの主なITトレンド

グラフ1)2020年における、AIチャットボットへの支出の、サービス分野ごとの、前年からの増加率(%)の見込み

F1








・2020年における、AIチャットボットへの支出の、サービス分野ごとの、前年からの増加率(%)の見込み

分野            増加率の見込み

オンライン小売         34%
ヘルスケア           27%
テレコミュニケーション     25%
銀行               20%
金融アドバイザー        20%
保険               15%
ディラー             15%
政府               10%

グラフ2)2020年における、IoTデバイスの分野ごとの適用事例の、前年からの増加率(%)の見込み

F2

・2020年における、IoTデバイスの分野ごとの適用事例の、前年からの増加率(%)の見込み

分野               増加率

スマート・ホーム・デバイス  100%
ウェアラブル・デバイス      63%
スマート・シティ          34%
スマート・グリッド         28%

グラフ3)2020年における、IT管理者の、代表的な、パブリック・クラウドの課題の、前年からの増加率(%)見込み

F3

パブリック・クラウドの課題    増加率

セキュリティ             66%
政府&コンプライアンス       60%
クラウド経験の欠如        58%
プライバシー            57%
ベンダのロックイン         47%

 基礎を築く、トップのITトレンドのリスト

1)人工知能(AI)
2)モノのインターネット(IoT)
3)サイバー・セキュリティ
4)クラウド・コンピューティングの代替
5)5Gネットワーク
6)仮想現実(VR)
7)拡張現実(AR)
8)チャットボット
9)ブロックチェーン

 「Mooreの法則」によると、プロセッサ・チップの集積率は、18ヶ月ごとに、2倍になるという。

 昔の1世紀全体の技術の進歩のスピードと、過去10年間の技術の進歩のスピードを比較することはできない。

 多くのトレンドが、新たに出現し、影響を与え、従来の技術に置き換わる。

 2020年における、世界の「情報技術(IT)」への支出は、5兆ドルになる見込みである。

 「情報技術(IT)」には、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、テレコミュニケーション、および、新たに出現した技術が含まれる。

グラフ4)2019年における、地域ごとのITへの支出の割合(%)

Fn2021b_20201230213601

地域     ITへの支出の割合

米国        31%
カナダ       2%
南米        6%
ヨーロッパ     19%
ロシア       3%
アフリカ      5%
中国        26%
日本        7%

      (続く)

デル株式会社

Microsoftの、将来のオペレーティング・システム「Windows 10X」について説明する。(4)'20.12.30

【Microsoftの、将来のオペレーティング・システム「Windows 10X」について説明する。(4)】'20.12.30

 筆者らは、Microsoftの、将来のオペレーティング・システム、「Windows 10X」について、入手した情報に基づいて説明する。2020年12月22日

Dt1h_20201230163201

 By Arif Bacchus、digital trends

 2019年末に開催された、Microsoftの「Surface」イベントで、Microsoftは、Windows 10オペレーティング・システムの軽量版になる予定の、「Windows 10X」を発表していた。

 当初「Windows 10X」は、Microsoftの「Surface Neo」や、Lenovoの「ThinkPad X1 Fold」といった、スクリーンを折り畳むことのできる、新たな「デュアル・スクリーン・デバイス」で動作するよう、設計されていた。

Dt1k


 ただし、2019年に、最初に発表されて以来、コロナウィルスのパンデミックの状況もあり、Microsoftは、「Windows 10X」オペレーティング・システムと、フォルダブルな、デュアル・スクリーン・デバイス、「Surface Neo」のリリースを延期した。

 代わりに、2021年の春に、「Windows 10X」が、新しい商用のシングル・スクリーンの、Windowsベースのラップトップ、および、タブレットに搭載される、可能性があるという、噂がある。

 それが、読者を混乱させるかも知れないが、筆者らは、Windows 10Xについて、知っていることを紹介する。

     (続き)

4.Windows 10Xを、どこで見ることができるか?

 Windows 10Xは、最終的に2021年には、Chrome OSを搭載することを目的にしたような、軽量のPCに搭載されるという噂がある。

 Microsoftは、これらの計画の技術的な詳細については、議論していないが、主要なアイデアである。

 MicrosoftのPanay氏は、2020年5月のブログ投稿で、「Windows 10Xを搭載した、シングル・スクリーン・デバイスを、デュアル・スクリーン・デバイスよりも先に、市場に提供するかも知れない。」と述べていた。

 Microsoftが、「デュアル・スクリーン・デバイス」のビジョンを前進させるときは、いつでも、当初の意図どおり、Windows 10Xの話題も出てくる。

 Windows 10Xは、発売が、2021年以降に遅延された、デュアル・スクリーン・デバイス、「Surface Neo」に搭載されていた。

 MicrosoftのPanay氏によると、適切な時期に、Microsoftは、製造パートナーと連携して、デュアル・スクリーン・デバイスを市場に投入する意向であるという。

5.Windows 10Xは、「Windows Core OS(WCOS)」と、どのように関連しているか?

Dt1a2_20201230163301


 「Windows Core OS(WCOS)」は、Windows 10Xの独自の設計を可能にする、核となる、モジュラー・タイプのコア・オペレーティング・システムである。

 Windows Core OS(WCOS)は、「ゲーム機のXbox」、「仮想現実(AR)スマート・グラスのHoloLens 2」、「対話型ホワイトボードのSurface Hub 2」などにも使用されている。

Dt1e_20201230170101


 Windows Core OS(WCOS)は、さまざまな形態のデバイス向けに、さまざまな種類のWindowsを作成して、さまざまな機能を追加できる、モジュラー・タイプのコア・オペレーティング・システムである。

 つまり、Windows Core OS(WCOS)を採用することで、さまざまなフォームファクタのデバイス向けに、機能を追加することができるようになる。

 「C-Shell」は、Windows CoreOS(WCOS)の最上位の機能で、Windows CoreOS(WCOS)に深く結びついている、モジュラー・タイプのユーザ・インターフェイスである。

 これにより、デバイス(例えば、Xbox、HoloLens 2、Surface Hub 2、Surface Neoなど)の使い方に合った、ユーザ・インタフェースを構築できるようになる。

 Windows 10Xは、これらの新しいWindows10経験の1つに過ぎず、Windows 10の代わりになるようには設計されていない。

 現在の所、Windows 10Xは、Surface Neoのような、デュアル・ディスプレイPC用と、デュアル・ディスプレイ用の機能を除いた、より軽量な、シングル・ディスプレイPC用のオペレーティング・システムになるようだ。

デル株式会社

トヨタが、実用的な、MaaSアプリ向けに、「e-Palette」を披露する。(2)'20.12.30

【トヨタが、実用的な、MaaSアプリ向けに、「e-Palette」を披露する。(2)】'20.12.30

 トヨタ自動車は、「サービスとしての自律移動(Autono-MaaS)」アプリ向けの、自動運転の電気自動車である、「e-Palette」の実用化を可能にする、移動サービスの提供をサポートする、運用管理システムを紹介する。2020年12月23日

 By greencarcongress

 さまざまな分野のパートナーと連携して、トヨタは、複数の地域で、商用利用することを目的にしながら、インターネットにつなげられた、実験都市である、「Woven City」において、乗り物を運営することを計画している。

Maas0a_20201230100401


 2018年1月に開催された、CES 2018において、トヨタが、モビリティ企業に、移行する意向があることを発表した時に、トヨタの豊田章男社長は、実験都市、「Woven City」において、住人に、移動サービスや、配達サービスを提供する、モビリティのシンボルとして、e-Paletteも発表した。

Maas0b

    (続き)

 「トヨタ生産システム(TPS)」のアプローチに合わせて、ビジュアル管理機能として、「e-TAP」が導入された。

 車両の異常を可視化することで、1人の監視者が、1台の車両を、継続的に、遠隔管理するのではなく、1人の監視者で、複数の車両を遠隔管理できるため、少ない監視者での運用が可能になる。

 作業指示は、保守要員を含む、運用に必要な作業者に、自動的に提供される。

 遅延やフロント・ローディングを含む、作業管理により、限られた作業者で、保守作業の時間を短縮し、高品質の保守サービスを提供できるようになる。

 人間中心の「Woven City」は、「自動運転」、「サービスとしての移動(MaaS)」、「パーソナル・モビリティ」、「ロボット」、「スマート・ホーム」、「人工知能(AI)」などの技術を開発し、テストするための、実験都市であり、「e-Palette」車両の運用も計画されている。

 人々が生活する、現実社会の環境において、試験運用することで、顧客に、安全、安心、快適さを提供する、「移動サービス」を提供できるようにするために、継続的に進化する、「移動サービス・プラットフォーム(MSPF)」を通して、さまざまな教訓がもたらされるだろう。

Maas0c


 トヨタは、さまざまな業界のパートナーと連携して、2020年代初頭に、複数の地域で、「e-Palette」車を商品化することを目指している。

デル株式会社

2020年12月29日 (火)

トヨタが、実用的な、MaaSアプリ向けに、「e-Palette」を披露する。(1)'20.12.29

【トヨタが、実用的な、MaaSアプリ向けに、「e-Palette」を披露する。(1)】'20.12.29

 トヨタ自動車は、「サービスとしての自律移動(Autono-MaaS)」アプリ向けの、自動運転の電気自動車である、「e-Palette」の実用化を可能にする、移動サービスの提供をサポートする、「運用管理システム」を紹介する。2020年12月23日

 By greencarcongress

 さまざまな分野のパートナーと連携して、トヨタは、複数の地域で、商用利用することを目的にしながら、インターネットにつなげられた、実験都市である、「Woven City」において、乗り物を運営することを計画している。

Maas0a_20201229205901


 2018年1月に開催された、CES 2018において、トヨタが、モビリティ企業に、移行する意向があることを発表した時に、トヨタの豊田章男社長は、実験都市、「Woven City」において、住人に、移動サービスや、配達サービスを提供する、モビリティのシンボルとして、e-Paletteも発表した。

 トヨタは、同社の祖業が織物(WOVEN)であることから、この実験都市を、Toyota Woven Cityと命名した。

 この実験都市には、移動サービスに関連した、さまざまなサービスが、織りなされる。

 「トヨタの実験都市、Woven Cityの紹介」ビデオ

 自動運転機能を持つ乗り物、e-Paletteは、昨年の東京モター・ショーで、デビューした。

 トヨタは、e-Paletteを使用して、2021年7月に開催される予定の、東京オリンピック・パラリンピックにおて、オリンピック・パラリンピック村の選手やスタッフ用に、循環バス移動サービスを提供する予定である。

 コロナウィルスの感染拡大のため、2020年に、我々の暮らしは、大きく変化した。

 例えば、乗り物でも、乗客間に、適切な距離をおくことが、必要になった。

 また、現在の状況において、人を移動させるよりも、食品や商品やサービスを運搬することが、多くなるだろう。

 現在、人口が、減少すると共に、社会の老齢化が進んでいることが、移動サービスにおける、問題になってきた。

 このため、コミュニティは、e-Paletteや、他の「Autono-MaaS」オプションといった、移動サービスを必要とするようになるだろう。

 トヨタは、高齢化社会の期待に合わせて、ジャストインタイムの移動サービスを実現することに、取り組んでいる。

 高齢化社会では、必要な時に、必要な場所(例えば、医療施設や買い物など)に、安全で、容易に移動できることが必要になる。

 また、逆に、現在のような状況において、必要な時に、必要な物(例えば、食品、医薬品、日用品など)が、容易に、家まで配達して貰えるようになる。

 このため、トヨタは、「トヨタ生産システム(TPS)」方式に基づいた、自動運転車、e-Palette用の「運用管理システム」を開発した。

 この運用管理システムは、トヨタの「移動サービス・プラットフォーム(MSPF)」に、新たな機能として、提供されるだろう。

 この運用管理システムは、人に接続するために、乗り物と、e-Palette作業割当てプラットフォームを、つなぐための、「自動移動管理システム(AMMS)」で構成される。

 この運用管理システムは、移動サービスが、安全、安心、快適さを提供するのを確かにするために、顧客の待ち時間や、渋滞を緩和するだろう。

 トヨタは、究極の「トヨタ生産システム(TPS)」方式ベースで、ジャスト・インタイムの移動サービスを提供する意向であり、「自動移動管理システム(AMMS)」で、必要な時に、必要な場所に、必要な台数だけ、e-Paletteを配車できるようにする。

 運用スケジュールは、必要に応じて、e-Paletteを、自動的に、配車したり、戻したりできる、柔軟性を持っている。

 乗り物が、移動サービスに、追加された時に、乗り物間の間隔が、均等になるように、調整される。

 乗り物の異常が、自動的に、検出され、問題が発生した、乗り物は、自動的に、停車場に戻され、別の乗り物に交換される。

 乗客の安全のため、緊急時に、管理者は、遠隔地から、自動運転車を停止させ、停車場に戻すことができるようになる。

    (続く)

デル株式会社

日本は、「サービスとしての移動(MaaS)」を革新し、610億ドル規模の市場の創出を模索している。(3)'20.12.29

【日本は、「サービスとしての移動(MaaS)」を革新し、610億ドル規模の市場の創出を模索している。(3)】'20.12.29

 Forbesによると、日本は、「サービスとしての移動(MaaS)」を革新し、610億ドル規模の市場の創出を模索しているという。

Maas1b_20201229083201  By Forbes、MaaS-alliance

 日本の鉄道会社は、大きな駅のショッピング・センターも運営しており、日本の都市の成長に大きな役割を果たしてきた。

 しかし、人口減少や、コロナウィルスの影響による、移動する人の減少で、鉄道会社の収益は、影を落としている。

 これを補うために、鉄道会社は、コロナウイルスに関する、乗客の懸念に対処すると共に、観光客、女性、高齢者が、移動しやすくしようとしている。

 「サービスとしての移動(MaaS)」を促すために、日本は、ユニークな取り組みをしている。

    (続き)

2.「サービスとしての移動(MaaS)」市場の創出

 Hidaka Yosuke氏は、12年間、列車の運転士、車掌、保守のスペシャリストとして働いた後、交通の再考を専門とする会社を設立して、起業家になることを決意した。

 2018年に設立された、「MaaS Tech Japan」は、企業や政府向けに、「MaaS」の価値を最大にする、ソリューションを構築する。

 Hidaka Yosuke氏が、設立し、CEOに就任した、「MaaS Tech Japan」は、「輸送」と「支払い」に関する、ビッグデータを編集し、ノーブランドのMaaS用のアプリを開発する。

 JR東日本(東北本線)で、列車の運転手として、働いていた、Hidaka Yosuke氏は、多くの高齢者が、移動の課題に直面しているのを見てきたという。

 Hidaka Yosuke氏は、急速に高齢化する社会における、移動の課題は、1社だけで解決できるような問題ではないことを確信した。

 現在、日本は、大都市における渋滞・混雑、過疎地域での交通維持、および、移動や交通分野における様々な課題を抱えており、これらの社会的課題の解決に、「MaaS」の活用が期待されている。

 ただし、これら課題を解決するには、鉄道、バス、タクシーなど、様々な交通手段横断の取組みが必要であり、その実現に向けて、各事業者は、個別に保有する、交通データを連携させ、分析・予測を行う必要がある。

 そこで、「MaaS Tech Japan」は、移動や交通分野における、社会的な課題を解決するために、日本マイクロソフト、ISAOなどと共同で、各交通事業者のデータを連携させ、分析・予測を可能にする、「移動情報統合データ基盤」の開発を開始している。

 「移動情報統合データ基盤の構築紹介」ビデオ

 「MaaS Tech Japan」は、自らを、移動ソリューションを提供する、鉄道、バス、タクシーなどの交通機関が、個別に保有する、交通データを連携させ、分析・予測を行う、「データ・インテグレータ」と呼んでいる。

 「MaaS Tech Japan」は、東京都、広島県、北海道上士幌町、石川県加賀市などの、交通機関のプレーヤ、地方自治体、および、他の分野の企業と連携している。

 「MaaS Tech Japan」は、鉄道、バス、タクシーなどの、交通機関に関連する、さまざまな種類のデータを組み合わせ、乗客の流れのシミュレーションを実行して、顧客の輸送ニーズに、最適に対応できる方法を提示する。

 例えば、「MaaS Tech Japan」は、東京都と連携して、大量輸送システムの混雑を緩和したり、コロナウイルスの拡散を緩和したりする方法を提案している。

 「MaaS Tech Japan」は、地方自治体のほかに、国が支援する新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、日本マイクロソフト、東京海上日動火災など、「MaaS」の推進に熱心な機関や企業と提携している。

 「MaaS Tech Japan」は、自動運転車、CO2の削減、省エネ、スマート・シティを含む、包括的な「MaaS」ソリューションの構築への貢献も検討している。

 Hidaka Yosuke氏によると、コラボレーションは、移動ソリューションの鍵であるため、企業、消費者、政府と協力していきたいと考えており、「MaaS Tech Japan」は、MaaS分野において、貢献をすることを目指しているという。

デル株式会社

日本は、「サービスとしての移動(MaaS)」を革新し、610億ドル規模の市場の創出を模索している。(2)'20.12.29

【日本は、「サービスとしての移動(MaaS)」を革新し、610億ドル規模の市場の創出を模索している。(2)】'20.12.28

 Forbesによると、日本は、「サービスとしての移動(MaaS)」を革新し、610億ドル規模の市場の創出を模索しているという。

 By Forbes、MaaS-alliance

 日本の鉄道会社は、大きな駅のショッピング・センターも運営しており、日本の都市の成長に大きな役割を果たしてきた。

 しかし、人口減少や、コロナウィルスの影響による、移動する人の減少で、鉄道会社の収益は、影を落としている。

 これを補うために、鉄道会社は、コロナウイルスに関する、乗客の懸念に対処すると共に、観光客、女性、高齢者が、移動しやすくしようとしている。

 「サービスとしての移動(MaaS)」を促すために、日本は、ユニークな取り組みをしている。

1.日本の「サービスとしての移動(MaaS)」

    (続き)

 国土交通省によると、MaaSは、既に、日本のさまざまな地域に根付いているという。

 また、MaaSの目的には、地域の住民、特に農村部の高齢者の交通手段を改善することや、外国人観光客が、簡単に、移動できるようにすることがあるという。

Maas0a_20201229133301


 福岡市と北九州市では、トヨタ自動車と西日本鉄道(西日本)が、一般ユーザが、スマートフォンで利用できる、「マイルート」と呼ばれる、移動サービスが開始された。

 この「マイルート」は、一般ユーザが、スマートフォンを使用して、目的地を入力して、目的地までの最適な、ルートや移動手段を選択できるようにして、徒歩、バス、電車、タクシーなどを、自分に合ったペースで、スムーズに利用できるようにすることを狙っている。

Maas1b_20201229083201

 「マイルート」には、支払いサービスだけでなく、レストランやカフェなどの目的地情報もある。

 2019年に、福岡市と北九州市は、「マイルート」という、移動サービスを開始し、通勤者が、大都市の複雑な、交通ネットワークをナビゲートするのに役立つ、人気のアプリを含む、日本の初期の「MaaS」基盤に参加した。

 日本には、多くの交通機関があり、互いに競争することで、より良いサービスが、もたらされている。

 例えば、競争により、日本の交通機関は、時間厳守で、安全になっている。

 これらの各側面は、それ自体が洗練されているが、それらを組み合わせることにより、日本の「MaaS基盤」が確立され、その基盤の上に、さまざまな移動手段だけでなく、目的地情報や、注文や支払いなどのサービスが、シームレスに連携し、スムーズに利用できるようになる、可能性がある。

 さらに、人の移動に関連した、配車サービス、乗合サービスだけでなく、モノの移動に関連した、輸送サービス、配達サービスなどが、「MaaS基盤」の上に構築される。

      (続く)

デル株式会社

2020年12月28日 (月)

日本は、「サービスとしての移動(MaaS)」を革新し、610億ドル規模の市場の創出を模索している。(1)'20.12.28

【日本は、「サービスとしての移動(MaaS)」を革新し、610億ドル規模の市場の創出を模索している。(1)】'20.12.28

 Forbesによると、日本は、「サービスとしての移動(MaaS)」を革新し、610億ドル規模の市場の創出を模索しているという。

 By Forbes、MaaS-alliance

 日本の電車は、清潔さと時間厳守で有名である。

 日本では、新幹線が、5分遅れると、全国的なニュースになるという。

 日本の鉄道会社は、大きな駅のショッピング・センターも運営しており、日本の都市の成長に大きな役割を果たしてきた。

 しかし、人口減少や、コロナウィルスの影響による、移動する人の減少で、鉄道会社の収益は、影を落としている。

 これを補うために、鉄道会社は、コロナウイルスに関する、乗客の懸念に対処すると共に、観光客、女性、高齢者が、便利で、安全に、移動しやすくしようとしている。

 「サービスとしての移動(MaaS)」を促すために、日本は、ユニークな取り組みを開始している。

 日本の「サービスとしての移動(MaaS)」

 一般的に、「サービスとしての移動(MaaS)」は、乗合サービス、配車サービス、配達サービス、輸送サービスといった、人や動物やモノを輸送するサービスを、オンデマンドで、必要な時に利用できるようにすることだと、考えられている。

 MaaSは、バス、電車、トラック、船舶などが、連携して、よりスムースに、人や動物やモノを、輸送できるようにする。

Maas1b_20201229083201


 日本の国土交通省によると、「MaaS」は、オンデマンドの輸送サービスだけでなく、複数の公共交通機関や旅行サービス会社などが、連携して、消費者が、適切な、電車やホテルやレンタカーなどを、見つけて、予約し、決済することなどを含む、総合的なサービスを、オンデマンドで、提供できるようにすることだという。

 「MaaS」は、ユーザが、例えば、医療機関、コンサート・ホール、レストランなどを予約して、決済し、自分に合った方法で、行けるようにすることも、狙っている。

 また、「MaaS」は、移動や旅行の便利さや、快適さを改善したり、地域の移動に関する問題を解決したり、観光や医療などの目的で利用できる、輸送以外のサービスも、オンデマンドで、利用できるようにすることだとも、考えられている。

 日本の国土交通省は、全国の都市に住む、できるだけ多くの人たちを、毎日、効率的で、正確で、安全に、移動させる方法を考えている、運輸の専門家を活用して、「MaaS」の発展を促している。

 「MaaS」は、日本の交通システムの成長や発展を促している。 

 2019年に、矢野経済研究所は、日本の「MaaS」市場の規模を、2016年から、年間平均増加率、44.1%で成長して、2018年の8億1300万ドル(845億円)から、2030年には、610億ドル(6兆3000億ドル)に増加すると予測していた。

 2019年に、日本の政府は、「MaaS」のポリシーの確立に、取り組み始めた。

 日本の政府は、標準化された、「MaaS」のルールとプラットフォームを構築するために、データを共有することの、必要性を強調している。

 また、さまざまな移動モードと、基盤データを結合し、キャッシュレス決済を実装することにより、効果的で、効率的な移動サービスを提供する、必要があるという。

 さらに、日本の政府は、乗り物の、新たなタイプにより、提供される、新たな移動サービスや輸送サービスに、焦点を合わせている。

  「自立移動管理システム(AMMS)の紹介」ビデオ

 また、MaaSにおける、新たに出現した、交通手段には、電気自動車(特に、配達サービスや運搬サービスに利用される電動の小さな乗り物)、自動運転車、自律移動ロボット、および、これらの移動手段や輸送手段に使用される、人工知能(AI)技術を搭載した乗り物が含まれる。

Maas0a


 日本は、「日本のMaaS」として知られる、コンセプトを育成するための、アプローチを使用している。

 日本は、公共交通システムが、主に、民間企業によって運営されている。

 これは、地方自治体、公共交通機関、自動車業界、建設業界、IT業界といった、さまざまな分野のプレーヤが、連携して、MaaSを、可能な限り効果的に実装し、利用できるようにすることに、取り組んでいることを意味する。

    (続く) 

デル株式会社

Amazon Echo Frames(第2世代)のレビュー(2)'20.12.28

【Amazon Echo Frames(第2世代)のレビュー(2)】'20.12.28

 Alexaデジタル・アシスタントが、Amazon Echo Framesで、いつでも、利用できるようになる。2020年12月16日

 By John Velasco、digital trends

 Digital Trends(DT)は、このスマート・グラス製品、Amazon Echo Framesを推奨した。


Dt2d_20201228082601


 スマート・グラス、Amazon Echo Framesは、Alexaデジタル・アシスタントを、いつでも、どこでも、利用できるようにする、良いスタートになるかも知れない。

 スマート・グラス、Amazon Echo Framesの特徴

・デザインは、普通のメガネである。

・オープン・イヤー・オーディオ技術を使用している。

・バッテリーの寿命が長い。

 筆者は、このスマート・グラスの価格が、Amazonで、250ドルと、見た目よりは、少し高いと感じた。

 スマート・グラス、Amazon Echo Frames 2をかけることで、ユーザは、Alexaデジタル・アシスタントを、どこでも、使用することができるようになる。

    (続き)

 Alexaデジタル・アシスタントが、スマート・グラスのAmazon Echo Framesで、いつでも、利用できるようになる。

Dt2c_20201228082901

 Amazon Echo Framesの中心にあるのは、Alexaデジタル・アシスタントである。

 スマートフォンのような、モバイル・デバイスに、Bluetooth接続している限り、ユーザは、常に、スマート・グラス、Amazon Echo Framesに組み込まれた、デジタル・アシスタントと、対話することができる。

 Amazon Echo Framesは、Wi-Fi接続機能を持っていない。

 筆者は、iPhone XSスマートフォンに、Amazon Echo Framesを、Bluetoothで接続したが、特に、問題はなかった。

 ユーザが、Amazon Echo Framesで、Alexaデジタル・アシスタントの使用を開始するために、しなければならないのことは、「Alexa」と、話しかけることだけである。

 正直なところ、このユーザ経験は、スマートフォン、スマート・スピーカ、または、市場に出回っている、他のAlexaデバイスに組み込まれた、Alexaに、話しかけるのと同じである。

 Googleのスマート・グラス、「Google Glass」が、「ライトフィールド技術」と呼ばれる技術を使用し、現実のように見える、3Dのデジタル映像を、メガネのレンズに投影するのに対し、Amazonのスマート・グラス、「Amazon Echo Frames」は、メガネのレンズを通して、デジタル映像が見えるわけではなく、「マイク」、「スピーカ」、「Bluetooth接続」、「静電容量式タッチセンサー」しか付いておらず、「カメラ」は、付いていないようだ。

 他のAlexa搭載デバイスと同様に、ユーザは、例えば、音声コマンドで、スマート照明を制御したり、動きを検出するたびに、家庭用の監視カメラ、Ring Indoor Camから、送られてくる、アラートを受けたりすることができる。

 Amazon Echo Framesの内蔵スピーカには、ユーザが、耳に向けて指向性のある音を出すことで、音漏れを最小限にしつつ、耳を覆うことなく、音楽、音声通話、および、音声対応デジタル・アシスタントなどを利用できるようにする、「オープン・イヤー・オーディオ」と呼ばれる技術が、使用されている。

 Amazonは、この第2世代版、「Amazon Echo Frames 2」で、「オープン・イヤー・オーディオ」技術の音漏れ防止能力を、さらに向上させたという。

 確かに、筆者の経験によると、ハンズフリーで、電話をかけたり、皿洗いをしながら、音楽を聴いたりするのに、問題はなかったが、音漏れが気になる、ユーザには、通常のBluetoothイヤフォンも、利用できるようだ。

 Alexaデジタル・アシスタントを使用すると、聞きたいメッセージとアプリ通知に、優先順位を付けることができる。

 「Amazon Echo Frames 2」の「250ドル」という価格は、「70ドル」の「Echo Dot」スピーカの機能と同じ様な割に、高額のように思えるかもしれない。

主な違いは、

・メガネ型のウェアラブル・デバイスである。

・バッテリー寿命が、極めて長く、1日中使用できる。

・モバイル・デバイス(スマートフォンなど)に、Bluetooth接続している限り、Alexaデジタル・アシスタントと、どこでも、ハンズフリーで、会話することができる。

・IPX4防水仕様に準拠している。

 このため、例えば、装置や設備などの点検・保守作業、検針作業、営業などを行う、リモート・ワーカは、ハンズフリーで、Alexaを介して、音声コマンドで、オフォスのワーカと音声通話したり、Alexaに、何かを要求したり、質問したり、できるようになる。

 ただし、Googleのスマート・グラス、Google Glassのように、作業をしながら、ハンズフリーで、マニュアルを見たり、オフィスのワーカとビデオ通話したり、拡張現実(AR:Augmented Reality)機能を利用したり、することはできない。

Dt2i_20201228162901


 ちなみに、Googleのスマート・グラス、「Google Glass Enterprise Edition 2」の価格は、「999ドル」である。

デル株式会社

2020年12月27日 (日)

Amazon Echo Frames(第2世代)のレビュー(1)'20.12.27

【Amazon Echo Frames(第2世代)のレビュー(1)】'20.12.27

 Alexaデジタル・アシスタントが、スマート・グラス、Amazon Echo Framesで、いつでも、利用できるようになる。2020年12月16日

Dt2d_20201228082601

 By John Velasco、digital trends

 Digital Trends(DT)は、このスマート・グラス製品、Amazon Echo Framesを推奨した。

 スマート・グラス、Amazon Echo Framesは、Alexaデジタル・アシスタントを、いつでも、どこでも、利用できるようにする、良いスタートになるかも知れない。

Dt2a_20201227210801


 スマート・グラス、Amazon Echo Framesの特徴

・デザインは、普通のメガネである。

・オープン・イヤー・オーディオ技術を使用している。

・バッテリーの寿命が長い。

 筆者は、このスマート・グラスの価格が、Amazonで、250ドルと、見た目よりは、少し高いと感じた。

 スマート・グラス、Amazon Echo Frames 2をかけることで、ユーザは、Alexaデジタル・アシスタントを、どこでも、使用することができるようになる。

 Amazonデジタル・アシスタントを搭載した、スマート・グラス、Amazon Echo Frames 2には、「モノのインターネット(IoT)」技術が、採用されている。

 IoT技術により、Amazonデジタル・アシスタントは、家庭用の監視カメラ、スマート冷蔵庫、スマート・レンジなどにも、組み込まれるようになるかも知れない。

 Amazonは、ウェアラブル・デバイス向けに、より実用的なアプリを提供することを模索している。

 今回、Amazonは、スマート・グラスの第2世代の、Amazon Echo Frames 2を発表した。

 2020年に、初旬に発表された、第1世代の、Amazon Echo Framesは、Alexaデジタル・アシスタントを、いつでも、どこでも、利用できるようにした、新しい、ウェアラブル・デバイスであった。

 第1世代のAmazon Echo Framesは、暫定的に、リリースされていたが、先週、改善された、第2世代のAmazon Echo Frames 2が、発表された。

 筆者らは、オーディオ機能やバッテリー寿命が改善された、第2世代のスマート・グラス、Amazon Echo Frames 2を評価する機会を得た。

 この第2世代のAmazon Echo Frames 2は、実用的なガジェットだろうか?

 筆者は、メガネをかけていないので、スマート・グラス、Amazon Echo Framesに、馴染むのに、少し時間がかかった。

 この第2世代の、Amazon Echo Frames 2は、ハードウェアが、メガネのツルやフレーム内に埋め込まれているので、前から見ると、普通のメガネだが、横から見ると、メガネのツルが、少し厚い。

Dt2c_20201228082901


 一般ユーザが、このスマート・グラスを最初に見たときに、これが、スマート・グラスであることに、気付かないだろう。

 このAmazon Echo Frames 2は、TR90(サーモプラスチックの素材)、カーボン・ファイバー、および、チタニュームといった素材を活用しており、軽くて、丈夫である。

 一般的なユーザが、初めて、このAmazon Echo Frames 2を見ると、それが、スマート・グラスであることに、気付かないだろう。

 このスマート・グラスのレンズは、ポリカーボネートという、普通のメガネで、使用されている、素材でできている。

 このポリカーボネートという、素材は、普通のメガネで使用されている、ガラスのレンズよりも、傷が付きやすく、弾力性がない。

 このため、このスマート・グラスのレンズは、傷が付きやすいでで、マイクロファイバーの布を使用して、拭く必要があり、ハードシェルのケースにしまう必要がある。

 スマート・グラス、Amazon Echo Framesは、度付きのレンズに、交換することができるようだ。

 Amazon Echo Framesを評価した後に、筆者は、ブルーライトを通しにくいレンズに、換えたいと思った。

 「スマート・グラス、Echo Framesの紹介」ビデオ

    (続く)

デル株式会社

Facebookのスマート・ディスプレイのPortalシリーズ '20.12.27

【Facebookのスマート・ディスプレイのPortalシリーズ】'20.12.27

 Facebookのスマート・ディスプレイのPortalシリーズには、Portal、Portal Mini、Portal TV、および、Portal+がある。

Fbp1z

 By Facebook

 Facebookのスマート・ディスプレイ、「Portal」には、Amazonの「Alexa」デジタル・アシスタントが組み込まれており、ユーザは、音楽を聴いたり、玄関のドアをチェックしたり、自分の気に入った写真を表示したり、拡張現実(AR)効果を利用して、物語を、子供に読んで聞かせたり、できるようになる。

 Facebookの、スマート・ディスプレイ、Portalは、ビデオ通話などを行うための、よりスマートな方法を提供する。

1.Portal TV

Fbp1x_20201227151001


1)特徴:通常の大画面TVで、Facebook Portalの機能を利用できるようにする。

 例えば、ユーザは、スマート・ビデオ通話機能を、通常のTVで、利用可能になる。

2)価格:149ドル

3)機能(通常の大画面TVで、利用できる)

・スマート・ビデオ通話で、例えば、人の動きを検出し、自動的に、被写体を追跡することが可能になる。

・Story Timeで、ユーザは、音楽、アニメ、拡張現実(AR)効果を持たせて、物語を、朗読することが可能になる。

・拡張現実(AR)体験で、ユーザは、映像に、ARマスクなどの効果を付けたり、さまざまな情報を付加したり、できるようになる。

・Facebook Watchで、ユーザは、プロや企業や団体が作成した、「Facebookページ」の動画を、まとめてチェックできるようになる。

4)利用できるビデオ通話アプリ

・Messenger
・WhatsApp

・@workplace

5)スマート・カメラ

・12.5 MP
・120度の視野

6)サイズ:1.25” h x 7.5” w x 2.25” d

2.Portal
Fbpa1b2


1)特徴:10インチのHDディスプレイで、Facebook Portalの機能を利用することができる。

2)価格:179ドル

3)機能

・スマート・ビデオ通話で、例えば、人の動きを検出し、自動的に、被写体を追跡することが可能になる。

・Story Timeで、ユーザは、音楽、アニメ、拡張現実(AR)効果を持たせて、物語を、朗読することが可能になる。

・拡張現実(AR)体験で、ユーザは、映像に、ARマスクなどの効果を付けたり、さまざまな情報を付加したり、できるようになる。

・Facebook Watchで、ユーザは、プロや企業や団体が作成した、「Facebookページ」の動画を、まとめてチェックできるようになる。

 部屋の照明と色に、マッチする、10インチHDアダプティブ・ディスプレイに加え、前面のポーティング・ステレオ・スピーカと、背面のウーファが、装備されている。

4)利用できるビデオ通話アプリ

・Messenger
・WhatsApp

・Zoom
・@workplace
・BlueJeans
・GoToMeeting

5)スマート・カメラ

・13 MP
・114度の視野

6)サイズ:7.03” h x 10.23” w x 5.56” d (landscape)

3.Portal+

Fbpa1c


1)特徴:15.6インチの、比較的大きな、HDディスプレイで、Facebook Portalの機能を利用することができる。

2)価格:279ドル

3)機能

・スマート・ビデオ通話で、例えば、人の動きを検出し、自動的に、被写体を追跡することが可能になる。

・Story Timeで、ユーザは、音楽、アニメ、拡張現実(AR)効果を持たせて、物語を、朗読することが可能になる。

・拡張現実(AR)体験で、ユーザは、映像に、ARマスクなどの効果を付けたり、さまざまな情報を付加したり、できるようになる。

・Facebook Watchで、ユーザは、プロや企業や団体が作成した、「Facebookページ」の動画を、まとめてチェックできるようになる。

15.6インチで、HDの回転スクリーンに加え、4インチのウーファが、部屋を、重低音と豊かなサウンドで満たす。

4)利用できるビデオ通話アプリ

・Messenger
・WhatsApp

・Zoom
・@workplace
・BlueJeans
・GoToMeeting

5)スマート・カメラ

・12.5 MP
・114度の視野

6)サイズ:17.71” h x 5.73” w x 8.78” d (portrait)

4.Portal Mini
Fbpa1d


1)特徴:8インチの、小さなHDディスプレイで、Facebook Portalの機能を利用することができる。

2)価格:179ドル

3)機能

・スマート・ビデオ通話で、例えば、人の動きを検出し、自動的に、被写体を追跡することが可能になる。

・Story Timeで、ユーザは、音楽、アニメ、拡張現実(AR)効果を持たせて、物語を、朗読することが可能になる。

・拡張現実(AR)体験で、ユーザは、映像に、ARマスクなどの効果を付けたり、さまざまな情報を付加したり、できるようになる。

・Facebook Watchで、ユーザは、プロや企業や団体が作成した、「Facebookページ」の動画を、まとめてチェックできるようになる。

 部屋の照明と色に、マッチする、8インチHDアダプティブ・ディスプレイに加え、前面のポーティング・ステレオ・スピーカと、背面のウーファが、装備されている。

4)利用できるビデオ通話アプリ

・Messenger
・WhatsApp

・Zoom
・@workplace
・BlueJeans
・GoToMeeting

5)スマート・カメラ

・13 MP
・120度の視野

6)サイズ:5.91” h x 8.45” w x 5.0” d (landscape)

デル株式会社

2020年12月26日 (土)

FacebookのPortalは、ビデオ通話などを行うための、よりスマートな方法を提供する。(2)'20.12.26

【FacebookのPortalは、ビデオ通話などを行うための、よりスマートな方法を提供する。(2)】'20.12.26

 Facebookの、スマート・ディスプレイ、Portalは、ビデオ通話などを行うための、よりスマートな方法を提供する。

 By Facebook

 ユーザは、Amazonの「Alexa」デジタル・アシスタントが組み込まれた、Facebookのスマート・ディスプレイ、「Portal」を使用して、音楽を聴いたり、玄関のドアをチェックしたり、自分の気に入った写真を表示したり、拡張現実(AR)効果を利用して、物語を、子供に読んで聞かせたり、できるようになる。

   (続き)

 拡張現実(AR)を使用して、他のユーザと、一緒に体験する。

 Facebook Portalスマート・ディスプレイを使用して、「Story Time」で、ユーザは、幼児に、音楽、アニメ、および、拡張現実(AR)効果を使用して、子供が気に入っている、物語を、より効果的に、読んで聞かせることができるようになる。

 また、ユーザは、Facebook Portalを使用して、拡張現実(AR)マスクや、ゲームを活用して、ビデオ通話を、より面白く体験できるようになる。

5.物語を、単に読むだけではなく、物語の登場人物になろう。

Fbp1a_20201226211301


 ユーザは、「Story Time」で、音楽、アニメ、AR効果を持たせて、例えば、Oge Moraさんの、心温まる物語を、子供に、読んで聞かせることができる。


Fbp1x


 このOge Moraさんの、多くの物語の1つを、Facebookの「ストーリー・ライブラリ」で見つけよう。

 「FacebookのPortalの、Story Timeの事例の紹介」ビデオ

6.拡張現実(AR)経験を体験しよう。

 常に、増加する、Facebook Portalスマート・ディスプレイの、AR体験ライブラリを探索しよう。

 面白いARマスクと、さまざまな効果で、相手の人と、ビデオ通話を楽しくしよう。

Fbp1g


7.フォト・ブースで、AR効果を持たせた、写真を送ろう。

 フォト・ブースを使用して、面白い、テーマのカードを作成して、送ろう。

 写真やビデオを撮影して、Messengerで、共有しよう。

8.Portal TVのNetflix

 Portal TVで、好みのショーや映画を、大きなスクリーンで、容易に視聴することができる。

 ただし、ユーザは、Netfliのビデオ・ストリーミング・サービスのアカウントを取得し、メンバーになる必要がある。

9.家庭で、働くことができるようになる。

 ユーザは、好みの仕事用のアプリで、Portalで、活用することができるようになる。

10.家族や友だちと、「Facebook Watch」を一緒に、視聴しよう。

 「Facebook Watch」は、プレミアム・コンテンツで、ビデオ共有機能の、側面を結合する、Facebookのビデオ・オン・デマンド・サービスである。

11.Facebook Watchを、一緒に、視聴しよう。

 家族や友だちと、「Facebook Watch」ビデオ・オン・デマンド・サービスを、同じ部屋で、一緒に楽しもう。

 Facebook Portalスマート・ディスプレイには、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントが、組み込まれているので、音声コマンドで、操作することもできる。

 例えば、「ヘイ、Portal」と呼んで、ハンズフリーで、ビデオ通話を開始することができる。

 また、「ヘイ、Portal、おはよう」というだけで、ハンズフリーで、朝のニュースを確認できるようになる。

12.Messenger Roomsで、ビデオ通話を開始しよう。

 「Messenger Room」は、家族や友だちと、最大、50人で、ビデオ・チャットする、新しい方法である。

 ユーザは、Portalを使用して、「Messenger Room」に参加して、最大50人の人たちと、ビデオ・チャットすることができるようになる。

 「Messenger Roomの紹介」ビデオ

13.Portalで、ノートを取ろう。

 ユーザは、Noteを使用して、家族全体で、備忘録やビデオ・メッセージを、最新に、維持できるようになる。

14.仮想リモコン

 Portal TVを、Portalのモバイル・アプリを使用して、仮想リモコンを使用して、操作することができる。

15.写真を転送し、共有する。

 ユーザのPortalに、写真を転送するために、Portalモバイル・アプリを使用する。

 ユーザは、ビデオ通話中に、写真を共有することができるようになる。

16.Instagramフォト

 ユーザは、Portalモバイル・アプリを使用して、Instagramフォトを、直接、Portalに、転送することができる。

17.更新された、Portalモバイル・アプリ

 更新された、Portalモバイル・アプリには、写真の共有、写真の転送、および、仮想リモコン機能がある。

18.サウンド

 Portal、Portal Mini、および、Portal+は、ハイファイ・サウンドを提供するための、前面、ステレオ・スピーカ、および、背面のウーファーを持っている。

デル株式会社

Microsoftの、将来のオペレーティング・システム「Windows 10X」について説明する。(3)'20.12.26

【Microsoftの、将来のオペレーティング・システム「Windows 10X」について説明する。(3)】'20.12.26

 筆者らは、Microsoftの、将来のオペレーティング・システム、「Windows 10X」について、入手した情報に基づいて説明する。2020年12月22日

 By Arif Bacchus、digital trends

 2019年末に開催された、Microsoftの「Surface」イベントで、Microsoftは、Windows 10オペレーティング・システムの軽量版になる予定の、「Windows 10X」を発表していた。

 当初「Windows 10X」は、Microsoftの「Surface Neo」や、Lenovoの「ThinkPad X1 Fold」といった、スクリーンを折り畳むことのできる、新たな「デュアル・スクリーン・デバイス」で動作するよう、設計されていた。


Dt1c_20201226131001


 ただし、2019年に、最初に発表されて以来、コロナウィルスのパンデミックの状況もあり、Microsoftは、「Windows 10X」オペレーティング・システムと、フォルダブルな、デュアル・スクリーン・デバイス、「Surface Neo」のリリースを延期した。

 代わりに、2021年の春に、「Windows 10X」が、新しい商用のシングル・スクリーンの、Windowsベースのラップトップ、および、タブレットに搭載される、可能性があるという、噂がある。

Dt1h_20201226162801


 それが、読者を混乱させるかも知れないが、筆者らは、Windows10Xについて、知っていることを紹介する。

    (続き)

3.Windows 10Xで、アプリは、どのように機能するか?

Dt1i_20201226132401


 噂によると、シングル・スクリーン・デバイス用のWindows 10Xでは、このオペレーティング・システムが、最初に紹介されて以来、Microsoftの計画は、大きく変化した。

 現在、Windows 10Xのシングル・スクリーン版では、Google Chromeブラウザといった、「32ビットのWindows(Win32)アプリ」は、サポートされておらず、最初は、Microsoftストアから、Windows 10X搭載デバイスに、ダウンロードして、利用できる、「64ビットのWindows(Win64)アプリ」しか、利用することはできないようだ。

 筆者は、「Windows 10X」は、主に、新しい「Microsoft Edge」ブラウザに依存する、「軽量のWebベースのオペレーティング・システム」であることが、意図されていると考えている。

 噂によると、「Windows 10X」における、「32ビットのWindows(Win32)アプリ」のサポートは、「後日」、Microsoftから、提供される予定だという。

 ただし、「32ビットのWindows(Win32)アプリ」が、利用可能になると、これらの「Win32アプリ」は、専用の「コンテナ」で実行され、ユーザ・ファイルと、アプリ・ファイルは、オペレーティング・システム自体から分離されると、考えられている。

 また、Microsoftが、「Windows Cloud PC」と呼ばれる、新たなクラウド・サービスの提供に取り組んでいる、可能性があるという、別の噂もある。

 この「Windows Cloud PC」と呼ばれる、クラウド・サービスにより、ユーザは、「Windows 10」の仮想化バージョンを、クラウドに配置し、「Win32アプリ」を、インターネット経由で、PCにストリーミングできるようになるようだ。

 Microsoftは、「Windows Cloud PC」と呼ばれる、仮想化された「Windows PC経験」を提供する、クラウド・サービスをリリースしようとしており、ユーザが、自分のマシンを、ある種のシンクライアントのように利用し、リモート環境にある、「Windowsデスクトップ」にアクセスして、「Microsoft Office」などのアプリを利用できるようにする、手段を提供しようとしているようだ。

 「Windows Cloud PC」は、「Windows Virtual Desktop」上に構築される、「Microsoft Azure」の、「Windowsデスクトップ・サービス」であり、Microsoftは、このクラウド・サービスを、マネージド型の「Microsoft 365」経験として、定額料金で提供する予定のようだ。

Dt1l


 Microsoftによると、「Windows Cloud PC」クラウド・サービスで、最新の弾力性のある、クラウド・ベースのWindows経験により、企業は、より単純で、スケーラブルな方法で、最新のWindows経験を維持できるようになるという。

 「Windows Cloud PC」サービスは、「Windows 10X」にうまく適合するが、これが実現することを意図しているかどうかは、定かではない。

 本来、「Windows 10X」の最も重要な部分は、遅延した「Surface Neo」のようなデバイスの、デュアル・スクリーン画面を、Windowsアプリが、どのように利用できるかということであったが、それは、現在、保留になっているようだ。

    (続く)

デル株式会社

Microsoftの、将来のオペレーティング・システム「Windows 10X」について説明する。(2)'20.12.26

【Microsoftの、将来のオペレーティング・システム「Windows 10X」について説明する。(2)】'20.12.26

 筆者らは、Microsoftの、将来のオペレーティング・システム、「Windows 10X」について、入手した情報に基づいて説明する。2020年12月22日

 By Arif Bacchus、digital trends

 2019年末に開催された、Microsoftの「Surface」イベントで、Microsoftは、Windows 10オペレーティング・システムの軽量版になる予定の、「Windows 10X」を発表していた。

 当初「Windows 10X」は、Microsoftの「Surface Neo」や、Lenovoの「ThinkPad X1 Fold」といった、スクリーンを折り畳むことのできる、新たな「デュアル・スクリーン・デバイス」で動作するよう、設計されていた。

Dt1c_20201226131001


 ただし、2019年に、最初に発表されて以来、コロナウィルスのパンデミックの状況もあり、Microsoftは、「Windows 10X」オペレーティング・システムと、フォルダブルな、デュアル・スクリーン・デバイス、「Surface Neo」のリリースを延期した。

 代わりに、2021年の春に、「Windows 10X」が、新しい商用のシングル・スクリーンの、Windowsベースのラップトップ、および、タブレットに搭載される、可能性があるという、噂がある。

 それが、読者を混乱させるかも知れないが、筆者らは、「Windows 10X」について、知っていることを紹介する。

    (続き)

2.「Windows 10X」は、どのように見えるか?

Dt1b_20201226131201


 筆者らが、知っていることは、Windows 10Xのデュアル・スクリーン版が、どのように見えるかということである。

Dt1i_20201226132401

 Microsoftは、一般ユーザが、Windows 10Xのプロトタイプを、テストできるようにしているので、そのユーザ経験について解説する。

 通常のWindows 10と比較して、Windows 10Xには、いくつかの重要な変更があった。

 繰り返しになるが、これから説明する、ユーザ経験は、デュアル・スクリーン・デバイスのみで、基本的に、2019年に紹介された、本来の形態のWindows 10Xを対象としている。

 Microsoftが、詳細を説明していないため、確信は持てないが、これらのユーザ経験の、いくつかが、Windows 10Xの「シングル・スクリーン版」にも適用される可能性があるという噂もある。

 まず、Windows10 Xのデュアル・スクリーン・セットアップ用の新しい「スタート・メニュー」がある。

 デュアル・スクリーン・デバイス用の「Windows 10X」の「スタート」メニューは、生産性を重視するように、再設計された。

 スクリーンの上部に、「検索」バーがあり、Windows 10に見られるような、「ライブ・タイル」はない。

 代わりに、「静的アイコンのリスト」と、「最も頻繁に使用されるアプリのリスト」があり、下部には、動的に更新される「推奨事項」がある。

 Windows 10Xには、新しい「タスクバー」と「アクション・センター」もある。

 「アクション・センター」に関しては、遥かに簡素化されている。

 サウンドと明るさを調節できる、スライダーがあり、さまざまな「システム設定」用の小さなアイコンがある。

 デザインは、角が丸く、ガラスのようなエアロルックで、Microsoftの「Fluent Designスタイル」に、影響を受けている。

 「Fluent Designの影響を受けた、Windows 10Xの紹介」ビデオ

 Windows 10Xで改善された特徴には、新しいロック画面がある。

 Windows 10Xデバイスの電源を入れると、このロック画面には、「Windows Hello認証」が自動的に表示される。

 その他の機能には、「動的な壁紙」や、OneDriveに直接プラグインし、よりモダンな外観を持つ「モダンファイル・エクスプローラー」がある。

 また、デュアル・スクリーン・デバイス向けの、さまざまな「型」のサポートがある。

 Microsoftが、2019年に紹介したように、Windows 10Xのキーボードを上に上げて、スクリーン画面下部にセットすると、2番目のディスプレイの残りの部分が「ワンダーバー」になり、「ツール」、「ショートカット」、「ユーザ設定」に、素早くアクセスできるようになる。

 Microsoftは、Windows 10Xが、更新などを、どのように処理するかについても、少し話していた。

   (続く)

デル株式会社

2020年12月25日 (金)

FacebookのPortalは、ビデオ通話などを行うための、よりスマートな方法を提供する。(1)'20.12.25

【FacebookのPortalは、ビデオ通話などを行うための、よりスマートな方法を提供する。(1)】'20.12.25

 Facebookの、スマート・ディスプレイ、Portalは、ビデオ通話などを行うための、よりスマートな方法を提供する。

 By Facebook

 ユーザは、Amazonの「Alexa」デジタル・アシスタントを組み込んだ、Facebookのスマート・ディスプレイ、「Portal」を使用して、音楽を聴いたり、玄関のドアをチェックしたり、自分の気に入った写真を表示したり、拡張現実(AR)効果を利用して、物語を、子供に読んで聞かせたり、できるようになる。

1.Facebook Portalのスマート・カメラとスマート・サウンドの機能

 スマート・カメラは、パンとズームをして、人の動きを捉え、誰もが写るように、自動的に調整する。

 スマート・サウンドは、バックグラウンドの雑音を、最小限にして、人が話している声を、良く聞こえるようにする。

 スマート・カメラは、「チョット、あなたが見えないけど」と、言われる前に、自動的に、カメラの前にいる人の動きを検知し、パンやズームして、見えるように調節する。

 スマート・カメラは、自動的に、人の動き(例えば、キッチンを動き回ったり、居間で、幼児を追いかけたりする)に合わせて、ちゃんと写るように調節する。

 このため、ユーザは、室内で自由に動き回っても、常に、フレーム内に、留まるようになる。

 スマート・カメラは、誰かが、部屋に入ると、スマート・カメラは、自動的に、誰もが、被写体に収まるよう、パンやズームして、調節する。

 スマート・サウンドで、ユーザは、他のユーザや、Alexaと、自由に会話できるようになる。

 スマート・サウンドは、バックグラウンドの雑音を最小限にして、誰かが話す声を、よく聞こえるようにする。

 ユーザは、FacebookのPortalの、スクリーンをタップしたり、スライド・スイッチを切り換えたりすることで、カメラとマイクを、オン/オフすることができる。

 カメラとマイクが、オフになっていることは、レンズの横の、ライトが赤く点灯することで、確認できる。

Fbp1a

2.MessengerとWhatsAppで、ビデオ通話を行う。

 FacebookのPortalユーザは、Portalを持っていない、家族や友達とも、スマートフォンやタブレットで、MessengerやWhatsAppを使用して、容易に、ビデオ通話できるようになる。

 FacebookのPortalユーザは、最新の「Messenger Rooms」機能を使用して、最大50人の人たちと、ビデオ通話を開始できるようになる。

Fbp1b


3.FacebookのPortalには、Amazonの「Alexa」デジタル・アシスタントが、組み込まれている。

 FacebookのPortalには、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントが、組み込まれているので、Portalユーザは、音声コマンドを使用して、玄関のドアを確認したり、スマート・ホームを制御したり、気に入った音楽を聴いたり、気になるニュースや天気予報を確認したり、タイマーをセットしたり、できるようになる。

 FacebookのPortalで、Amazonの「Alexa」デジタル・アシスタントと会話しよう。

 ユーザは、Alexaデジタル・アシスタントを使用すると、1日の生活が、より容易になる。

 Facebookの「Portal」に組み込まれた、「Alexa」との対話を通して、ユーザは、スマート・ホームを制御したり、自分の生活を管理したり、できるようになる。

 Portalに組み込まれた、Alexaデジタル・アシスタントとの対話を通して、ユーザは、スケジュールを確認するために、カレンダーをチェックしたり、交通情報を確認したり、Ringドアベルを玄関に設置して、ドアの前にいる、来訪者を確認したりできるようになる。

 「Facebook Portalの紹介」ビデオ

 スマート・ディスプレイを購入する人が、知っておくべきこと。

 FacebookのPortalに組み込まれた、Alexaを通して、ユーザは、最新の天気予報やニュースを確認したり、スポーツの試合のスコアや株価をチェックしたり、することができる。

 また、FacebookのPortalユーザは、Alexaデジタル・アシスタントに、質問することもできる。

 Alexaを搭載した、FacebookのPortalを使用して、気に入った、Spotify、Pandora、および、IHeartRadioの音楽、ポッドキャスト、オーディオ書籍を聴くこともできる。

 Amazon Musicで、歌詞や歌のアルバムを見ることもできる。

 また、ユーザは、旅行のスキルをテストしたり、レシピを見つけたり、眠りにつく、音楽を聞いたりすることもできる。

Fbp1c


4.FacebookのPortalは、写真をきれいに表示する、フォト・フレームにもなる。

 ユーザは、ビデオ通話したり、Alexaを使用したり、していない時に、Portalを、FacebookやInstagramの写真を表示する、フォト・フレームとして使うことも、できるようになる。

 また、ユーザは、誕生日のリマインダーを確認したり、友だちが、いつ、ビデオ通話できるかを確認したり、することもできるようになる。

5.Facebook Liveで、Portalから、配信する。

 ユーザは、Portalのスマート・カメラを使用して撮影した、ライブ映像を、「Facebook Live」を使用して、家族や友だちに、Portalから、配信できるようになる。

  「Facebook Liveのストリーミング・チュートリアルの紹介」ビデオ

     (続く)

デル株式会社

Facebook Portal対Amazon Echo Show(2)'20.12.25

【Facebook Portal対Amazon Echo Show(2)】'20.12.25

 スマート・ディスプレイを購入する場合、Facebook PortalとAmazon Echo Showの、どちらが良いだろう。2020年12月23日

 By Michael BizzacoとAlina Bradford、digital trends

 Facebook PortalとAmazon Echo Showで、どちらが、ビデオ通話に、適しているのだろう。

 Facebook PortalとAmazon Echo Showの両スマート・ディスプレイ共、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントが、搭載されており、どちらも、約10インチの、タッチ・ディスプレイが、装備されている。

 両方のスマート・ディスプレイを近くで、良く見ると、いくつかの主な特徴があるのが分かるだろう。

 筆者らは、Facebook PortalとAmazon Echo Showを、横に並べて、デザイン、サウンド、ディスプレイ、カメラ、ビデオ通話、および、価格を比較した。

     (続き)

5.ビデオ通話

 「Facebook Portal」対「Amazon Echo Show」の、筆者らの評価によると、「デザイン」は「タイ」、「サウンド」は「Echo Show」、「ディスプレイ」は「Facebook Portal」、「カメラ」は「Facebook Portal」であるが、「ビデオ通話」は、どうだろう。

 Amazonの「Echo Show」のユーザは、「Alexa」デジタル・アシスタントを使用して、「Alexa」を搭載した、任意のデバイス(Echo Show、スマートフォン、タブレット、PCなど)のユーザと、ビデオ通話や音声通話を行うことができる。

 このため、「Alexaデジタル・アシスタント」を搭載した、「Echo Show」のユーザが、「Alexa」を使用して、他のユーザと、ビデオ通話や音声通話するには、相手のユーザも、「Alexa」を使用する必要があり、相手のデバイス(Echo Show、スマートフォン、タブレット、PCなど)にも、「Alexa」が、搭載されていなければならない。

 また、Amazonの「Echo Show」のユーザは、「Skype」通話アプリを使用して、任意のデバイス(Echo Show、スマートフォン、タブレット、PCなど)の、「Skype」ユーザと、チャット(ビデオ、音声、テキスト)を行うこともできる。

Dt2b_20201225114201

 これに対し、「Facebook Portal」のユーザは、「Facebook」の「Messenger」アプリか、「WhatsApp」アプリを使用して、任意のデバイス(Facebook Portal、スマートフォン、タブレット、PCなど)の、「Facebook」ユーザや、「WhatsApp」ユーザと、チャット(ビデオ、音声通話、テキスト)を行うことができる。

 ただし、「Alexa」デジタル・アシスタントを搭載した、「Facebook Portal」のユーザも、「Alexa」を使用して、「Alexa」を搭載した、任意のデバイス(Echo Show、スマートフォン、タブレット、PCなど)のユーザと、ビデオ通話や音声通話を行うことができるかどうかは、不明である。

6.価格

 Amazon Echo Showは、当初、230ドルだったが、Best Buyでは149ドルという低価格に値下げされた。

 第3世代のEcho Showのリリースに伴い、Amazonは、第2世代モデルの提供を終了した。

 Facebook Portalは、現在、170ドルで販売されている。

 また、Amazonの、8インチのEcho Show 8が99ドル、10インチのEcho Show 10が129ドルである。

7.結論

 筆者は、Facebook Portalを、Echo Showよりも、高く評価したが、どれを購入するかは、ユーザの使い方にも、依存するので、ユーザは、スマート・ディスプレイを、どのように使用するかを、明確にしてから、どのデバイスを購入するか決めよう。

 Facebookユーザ以外の、ユーザと、チャット(ビデオ、音声、テキスト)したり、スマートフォンに電話をかけたりすることができる、スマート・ディスプレイを探している場合は、Amazonの「Echo Show」の方が、適しているだろう。

 これに対し、より高度なスクリーン機能や、より優れたカメラ機能を持つ、低価格のスマート・ディスプレイを探している場合、「Facebook Portal」の方が、良いだろう。

Dt2h_20201225084501

 どちらも、Amazonの「Alexa」デジタル・アシスタントを搭載しているため、Alexaとの対話を通して行うことができる、スマート・ホーム・デバイスの制御といった機能は、どちらも同じである。

 ただし、「Echo Show」は、さまざまなスマート・ホーム・ガジェットのハブとして機能し、ユーザは、音声コマンドだけでなく、「Echo Show」の、タッチ・スクリーン画面上の「コントロール」を操作して、スマート照明などの、スマート・ホーム・デバイスを制御することができる。

デル株式会社

2020年12月24日 (木)

Facebook Portal対Amazon Echo Show(1)'20.12.24

【Facebook Portal対Amazon Echo Show(1)】'20.12.24

 初めて、スマート・ディスプレイを購入する場合、Facebook PortalとAmazon Echo Showの、どちらが良いだろう。2020年12月23日

 By Michael BizzacoとAlina Bradford、digital trends

 Facebook PortalとAmazon Echo Showで、どちらが、ビデオ通話に、 適しているのだろう。

 Facebook PortalとAmazon Echo Showの両スマート・ディスプレイ共、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントが、搭載されており、どちらも、約10インチのディスプレイが、装備されている。

 両方のスマート・ディスプレイを近くで、良く見ると、いくつかの主な特徴があるのが分かるだろう。

 筆者らは、Facebook PortalとAmazon Echo Showを、横に並べて、デザイン、サウンド、ディスプレイ、カメラ、ビデオ通話、および、価格を比較した。

1.デザイン



Dt2a_20201225082601


Dt2f_20201225083101


 これら、2つのスマート・ディスプレイの外見は、そんなに変わらない。

 ユーザが、Facebook Portalのディスプレイに写真を表示すると、フォトフレームのように見える。

Dt2g_20201225083801


 Facebook Portalには、白と黒のフレーム・オプションが、用意されている。

 Facebook Portalのサイズは、縦7.06インチ、横10.25インチである。

 これに対し、Amazon Echo Showは、背面に、大きなスピーカを持ち、タブレットのような形をしているが、テーブルの上に立てかけることができる。

 Amazon Echo Showのフレームは、黒であるが、背面は、サンドストーンとチャコールの2色がある。

 Amazon Echo Showの大きさは、縦6.9インチと、9.7インチである。

 両スマート・ディスプレイのデザインは、どちらも、あまり変わらず、一般的なデザインになっている。

2.サウンド

Dt2a1


 Facebook Portalも、Amazon Echo Showも、ユーザの好みに合わせて、サウンドを調節することができる。

 また、Facebook PortalとAmazon Echo Showの、どちらのスピーカも、部屋全体に広がる、豊かな低音と、クリアーなサウンドを提供する。

 Amazon Echo Showで、ボリュームを上げて、大きな音にしても、Facebook Portalほど、音が歪まない。

 Amazon Echo Showには、10ワットで、2インチのネオディミム・ドライバーと、Dolby処理を特徴とする、スピーカ・システムが装備されている。

 ユーザが、より大きな部屋に、スマート・ディスプレイを置く場合、ユーザは、曲をクランクするのが好きなら、Amazon Echo Showの方が、適している。

3.ディスプレイ
Dt2b_20201224212101 筆者らは、これらのスマート・ディスプレイの両方共、気に入っている。

 どちらのスマート・ディスプレイも、大きくて、極めて鮮明で、映像を、自然な色で表示する。

 Amazon Echo Showは、1280 x 800の解像度の、10.1インチのHDスクリーンを持っており、Facebook Portalも、1280 x 800の解像度の、10.2インチのHDスクリーンを持っている。

 Facebook Portalは、部屋の明るさに合わせて、ディスプレイの明るさを、自動的に調整することができ、映像を、よりリアルに表示することができる。

 このFacebook Portalのディスプレイを、フォトフレームにして、写真を表示すると、プロの写真のように見えるかも知れない。

4.カメラ

 家族や友だちと、ビデオ通話を行うなら、カメラの性能や機能が、重要になる。

 ユーザは、ビデオ通話を行う場合、自分をハッキリと見えるようにしたいと思うだろう。

 これには、高解像度で、優れた性能のカメラと、カメラ・アプリが必要になる。

 Amazon Echo Showは、5MPの解像度のカメラを装備しているのに対し、Facebook Portalは、13MPの解像度のカメラを装備し、2倍以上、高解像度である。

 Facebook Portalは、ユーザが、ビデオ・チャットをする時などに、自分の顔に、面白い、フィルターや効果を付けたり、情報を付加したりできるようにする、拡張現実(AR)能力を持っている。

Dt2h_20201225084501


 例えば、ユーザは、自分の顔と、アニメーションを、オーバーラップさせ、スクリーン上で、物語を朗読することもできる。

 「Facebook Portalの紹介」ビデオ

      (続く)

デル株式会社

Microsoftの、将来のオペレーティング・システム「Windows 10X」について説明する。(1) '20.12.24

【Microsoftの、将来のオペレーティング・システム「Windows 10X」について説明する。(1)】'20.12.24

 筆者らは、Microsoftの、将来のオペレーティング・システム、「Windows 10X」について、入手した情報に基づいて説明する。2020年12月22日

 By Arif Bacchus、digital trends

 2019年末に開催された、Microsoftの「Surface」イベントで、Microsoftは、Windows 10オペレーティング・システムの軽量版になる予定の、「Windows 10X」を発表していた。

 当初「Windows 10X」は、Microsoftの「Surface Neo」や、Lenovoの「ThinkPad X1 Fold」といった、スクリーンを折り畳むことのできる、新たな「デュアル・スクリーン・デバイス」で動作するよう、設計されていた。

 ただし、2019年に、最初に発表されて以来、コロナウィルスのパンデミックの状況もあり、Microsoftは、「Windows 10X」オペレーティング・システムと、フォルダブルな、デュアル・スクリーン・デバイス、「Surface Neo」のリリースを延期した。

 「Microsoft Surface Neoの紹介」ビデオ

 代わりに、2021年の春に、「Windows 10X」が、新しい商用のシングル・スクリーンの、Windowsベースのラップトップ、および、タブレットに搭載される、可能性があるという、噂がある。

 それが、読者を混乱させるかも知れないが、筆者らは、Windows10Xについて、知っていることを紹介する。

1.Windows10Xの価格と、リリース日

Dt1a_20201224143201


 「Windows 10X」は、元々、それ自体が、新しいオペレーティング・システム・ソフトウェアではなく、デュアル・スクリーン・デバイス用に、特別に作成された、Windows 10の、新しい「表現」として、設計された。

 筆者らが、知る限り、「Windows 10X」は、ある時点で、「デュアル・スクリーンのWindowsベースのデバイス」(例えば、現在、遅延している、「Surface Neo」ラップトップなど)に搭載することを目的として、開発されていたが、Microsoftの新たな焦点は、代わりに、「シングル・スクリーン」のユーザ経験も、実現することのようだ。

 当初、「Windows 10X」は、コアになる、「WCOS(Windows Core OS)」と、ユーザ・インタフェースを提供する、「C-Shell(Composable Shell)」を組み合わせた新しいOSとして、「デュアル・スクリーン・デバイス」向けに開発されていた。

 AppleのiPadやiPhoneに、iOSやiPadOSが、プレインストールされているのと同じように、Microsoftは、教育やビジネス向けの商用の「Windows」ベースのラップトップには、「Windows 10X」が、プレ・インストールされることが、噂されている。

 ただし、当初、「Windows 10X」は、新しいPCやタブレットにのみ、プレインストールされ、既存の、PCやタブレットの「Windows 10」を、「Windows 10X」に、更新することは、できないようだ。

 現在、Microsoftは、「Windows 10X」の詳細な情報だけでなく、いつ頃リリースするかについても、明確にしていないが、「Windows Central」のZacBowden氏によると、「Windows 10X」は、公開テストなしで、Microsoftの内部でテストされており、2021年春(3月から6月)のリリースに向けて、準備が整う可能性があるという。

    (続く)

 <参考>: 【Windows 10XとWindows 10の違いは、何だろう?(1)】 '19.11.13

デル株式会社

2020年12月23日 (水)

マーケッターは、マーケティングに、どのような、新技術を使用している、あるいは、使用することを計画しているか?'20.12.23

【マーケッターは、マーケティングに、どのような、新技術を使用している、あるいは、使用することを計画しているか?】'20.12.23

 2020年1月と2020年6月に、米国の小売業界のマーケッターを対象に実施した、アンケート調査における、「マーケティングに、どのような、新技術を使用している、あるいは、使用する計画があるか?」という質問に対する、回答の割合を紹介する。2020年8月26日

 by eMarketer

グラフ1)2020年1月と2020年6月に実施した、米国の小売業界のマーケッターを対象に実施した、アンケート調査における、「マーケティングに、どのような、新技術を使用している、あるいは、使用する計画があるか?」という質問に対する、回答の割合(%)

                                     2020年1月  2020年6月
マーケティングで使用すると回答した、新たな技術       回答の割合  回答の割合

メッセージング/SMSプラットフォーム                  51%      56%
顧客データ・プラットフォーム                       57%      49%
先進的な属性&測定技術                        48%      43%
AIと他の技術(例えば、顧客サービス用)               44%      43%
代替決済(例えば、Apple Payや暗号通貨など)            52%      40%
セキュリティ/プライバシー・コンプライアンス              50%      32%
デジタル店舗向けの、AR/VR(例えば、仮想的な製品の展示)   8%       21%
デジタルTVの広告枠取引を自動化する、プログラマチックTV    31%      21%
ビジュアルな検索                             15%       16%
音声対応検索や音声コマンド(デジタル・アシスタント)        8%       4%

Em1_20201223205701

  ソース:CommerceNext、2020年7月24日

デル株式会社

「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(5) '20.12.23

【「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(5)】'20.12.23

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析した。

 By StartUs-Insights

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析し、5社の有望なスタートアップを紹介した。

 これら、Agroapps、Ekylibre、iDrone Services、Farmlyplace、Ninjacartは、注目すべき、5つの「農業技術(AgriTech)」ソリューションを開発している。

 「Global Startup Heat Map!」作成し、提供している、Innovation Analystsは、最近、「農業界技術(AgriTech)」ソリューションの提供に取り組んでいる、新進気鋭のスタートアップを調査した。

 この調査では、195件の「農業技術(AgriTech)」に関連する、ソリューションを特定した結果を分析し、今回は、5社の有望な、「サービスとしての農業(FaaS)」のスタートアップを紹介する。

   (続き)

6)Ninjacart:新鮮な食品のサプライ・チェーン・ソリューション

Faas2h3


 従来、世界中の多くの人たちが、近所の、小さなスーパーや小売店で、生鮮食品(野菜や魚や肉など)を、毎日のように買っていた。

 現在は、大手のスーパーや、デパートのような、大型店舗が、増えてきたにも関わらず、多くの消費者は、近所の小さなスーパーや小売店で、生鮮食品などを、購入することを好んでいる。

 しかし、地元の小さなスーパや小売店は、高品質の農産物を入手することは難しいので、近所で、買い物をしたい、従来の消費者は、品質のよい、生鮮食品を、手にいれることが難しくなった。

 このため、地元の農家が、その地域の小さなスーパーや小売店に、新鮮な、農産物や海産物などを、販売することを支援するための、Webベースや、スマートフォン・ベースのソリューションを開発している、Ninjacartといった、スタートアップが出現した。

 インドの農業サプライ・チェーンのスタートアップ、Ninjacartは、農家や酪農家といった、食品の生産者が、地元の、小さなスーパーや小売店、レストラン、および、地元の消費者などに、直接、生鮮食品を、販売し、配達することで、生産者、小売店、消費者をつなげる。

 現在、Ninjacartは、農家や酪農家などから、毎日、特に、地元のスーパーや小売店に、農産物や畜産物を、何1000トンも、流通させる能力を持っている。

Faas2h4


 Ninjacartは、分析を使用して、サプライ・チェーンの仲介業者を排除し、農家や酪農家などが、より新鮮な食品を、より良い価格で、販売できるようにするのを支援することで、地元の生産者と小売店と消費者を、直接、つなげる。

 同時に、農家や酪農家などの生産者は、生鮮食品を、競争力のある価格で、地元の小売店や、小さなスーパーに、販売し、直接、配達できるようになる。

 これにより、地域の消費者は、近所の小売店や、小さなスーパーで、質の良い、地元の農家や酪農家が、生産する、生鮮食品を、適正価格で、購入できるようになる。

「Ninjacartが、地方のビジネスをサポートする。」紹介ビデオ

デル株式会社

「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(4)'20.12.23

【「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(4)】'20.12.23

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析した。

 By StartUs-Insights

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析し、5社の有望なスタートアップを紹介した。

 これら、Agroapps、Ekylibre、iDrone Services、Farmlyplace、Ninjacartは、注目すべき、5つの「農業技術(AgriTech)」ソリューションを開発している。

 「Global Startup Heat Map!」作成し、提供している、Innovation Analystsは、最近、「農業界技術(AgriTech)」ソリューションの提供に取り組んでいる、新進気鋭のスタートアップを調査した。

 この調査では、195件の「農業技術(AgriTech)」に関連する、ソリューションを特定した結果を分析し、今回は、5社の有望な、「サービスとしての農業(FaaS)」のスタートアップを紹介する。

   (続き)

5)Farmlyplace:都市型のコンテナ農業

Faas2h


 世界中の都市が、拡大し続けるにつれて、都市部での、新鮮な農産物の需要は、さらに増加している。

 世界の大都市では、土地の価格が、上昇しているが、地元のスーパーや小売店に、新鮮な農産物が、届くよう、都市型の農業も、必要だろう。

 大都市には、新鮮な農産物の需要があるので、「都市型農家」には、地元のスーパーなどへ、すぐに、新鮮な農産物を供給できると共に、農産物の輸送コストを下げることができるという、利点がある。

 ただし、都市部の土地の値段は、高いので、「都市型農家」には、建物の中で、作物を栽培している、農家もあり、できる限り、効率的に、農作物を生産する必要がある。

 ドイツのスタートアップ、「Farmlyplace」は、モジュール化された、農場システムの運用と共に、概念設計、計画、建設、マーケティング、および、営業販売、において、企業間取引(B2B)パートナーを指導している。

 このスタートアップ、「Farmlyplace」自体も、自社の技術を使用した、ロジスティクス用のコンテナを利用して、新鮮な農産物を生産し、地元で、流通&販売している。

 「Farmlyplaceの都市型農業の紹介」ビデオ

 Farmlyplaceは、自社の技術を使用して、建物やコンテナの中で、土壌ではなく、水耕栽培で、1年を通して、野菜を栽培している。

Faas2h2


 さらに、Farmlyplaceは、生産した農作物を、地元のスーパーなどに出荷するので、長距離輸送する必要がなく、流通における、二酸化炭素の排出量を削減することにも、貢献している。

 Farmlyplaceのロジスティクス用コンテナは、学校、流通倉庫、大手スーパーなどにも、簡単に設置することができる。

   (続く)

デル株式会社

2020年12月22日 (火)

Zoom対Microsoft Teams対Google Meet:トップのビデオ会議アプリの比較(2)'20.12.22

【Zoom対Microsoft Teams対Google Meet:トップのビデオ会議アプリの比較(2)】'20.12.22

 筆者らは、Zoom対Microsoft Teams対Google Meetの、代表的なビデオ会議アプリの比較を行う。2020年11月9日

 by John Hughes、codeinwp

 2020年に、コロナウィルスのパンデミックが、世界に、停止をもたらした。

 旅行の制限や社会的距離のガイドラインで、ビデオ会議が、ビジネス、学校、家族、および、友だちのグループの、新たな日常になった。

 ユーザが、在宅勤務したり、在宅学習したりするような状況にあれば、ユーザは、多分、ビデオ会議が必要になり、Zoomか、Microsoft Teamsか、Google Meetの導入を検討するだろう。

   (続き)

2.Microsoft Teams
Zoom0b2


 チームが、既に、Microsoft 365を使用している場合、Microsoft Teamsは、最適な、ビデオ会議ソリューションに成るだろう。

 Microsoft Teamsは、Skype、Outlook、および、Officeを含む、他のMicrosoft製品と、統合されている。

 Microsoft Teamsは、チャット・ベースのコラボレーション・ツールであるが、その強固なビデオ会議機能は、毎日、4400万人以上のユーザが使用する、アプリになっている。

 Microsoft Teamsの主な機能と特徴:

・スクリーンを共有することができる。
・スケジューリングのオプションがある。
・顧客の背景を管理している。
・共有された背景を持つ、「一緒モード」がある。
・即時に、ファイルを共有でき、リアルタイムに編集できる。
・仮想待合室がある。
・ビデオの録画ができる。
・ライブ・キャプション機能がある。
・先進のセキュリティとプライバシーの対策をしている。
・EvernoteやTrelloといった、ビジネス・アプリと統合されている。

・使いやすさ:

 Microsoft Teamsは、大きなグループと、コラボレートしている時、モノをシンプルにする、直感的なインタフェースを持っている。

 ユーザは、数回、クリックするだけで、チャネルをセットアップできるようになり、組織が、個別のスレッドにおいて、容易に会話できるようになる。

 Microsoft Teamsのユーザは、3種類のチャット機能のすべてが、1つのツールに統合されているので、テキスト・チャットから、音声チャットや、ビデオ・チャットへ、スムースに移行できるようになる。

・価格:Microsoft Teamsは、追加料金なく、Microsoft 365に、バンドルされている。

 Microsoft Teamsには、無制限のチャットとビデオ通話、および、10GBのチーム・ファイル・ストレージを、ユーザが、利用できるようにする、フリーミアム版もある。

 Microsoft Teamsの、有料版は、ユーザ当り、1ヶ月の使用料は、5ドルからである。

 Microsoft Teamsの有料版には、1TBのストレージと、企業レベルのセキュリティ、および、コンプライアンスが、含まれている。

 「Microsoft Teamsの紹介」ビデオ

3.Google Meet

Zoom0b3


 Microsoft Teamsとは異なり、Google Meet(以前のHangouts)は、単独で、ビデオ会議ソリューションであり、毎日、1億人以上の参加者がいる。

 Google Meetは、Gmail、Googleドライブを含む、Google Workspace(以前のGスイート)製品と、統合されている。

 ビデオ会議の主催者と、他の参加者は、Googleアカウントを持っている、必要がある。

 Google Meetの、主な機能や特徴:

・リアルタイムに、字幕を表示する、ライブ・キャプション機能を持っている。
・会議室サポート用の、オプションのハードウェアが用意されている。
・スクリーンを共有することができる。
・ライブで、チャット(テキスト、音声、ビデオ)することができる。
・Google Workspaceや、Microsoft Officeのカレンダーなどと、統合することができる。
・高度な暗号化とセキュリティの機能がある。
・ユーザ・インタフェースが、他のGoogle製品と同じであり、直感的で、分かりやすい。

 ただし、Google Meetのユーザは、自分のアカウントで、ログインした後、Google Meetページに、ナビゲートし、ミーティングを開始する必要がある。

 ユーザは、Google Meetを使用する場合、ソフトウェアをインストールする、必要はないが、モバイル・ユーザは、最良のユーザ経験(UX)を提供する、Android用のGoogle Meetアプリをダウンロードして、利用すべきである。

・価格:ユーザ当り、毎月、8ドルからである。

 Google Meetの、フリーミアム版も利用でき、最大、100人の参加者が、60分間のミーティングを主催することができる。

 「Google Meetの紹介」ビデオ

 それでは、ZoomとMicrosoft TeamsとGoogle Meetは、どれが、ベストだろう。

 最良のビデオ会議アプリを選択することは、ユーザのニーズに依存するだろう。

 例えば、基本的なビデオ通話機能のみが、必要な場合、Google Meetが、ユーザの理想的な、ビデオ会議ソリューションになるかも知れない。

 Google Meetは、無料で、使いやすいが、ビデオ会議の参加者は、Googleアカウントで、ログインする必要がある。

 他方、ユーザが、企業レベルの機能を持つ、強固なコラボレーション・ツールを必要としていれば、Microsoft Teamsは、多分、最良の選択肢になるだろう。

 Microsoft Teamsは、他の製品と統合できるので、競合他社のビデオ会議製品を凌駕している。

 Microsoft Teamsは、ユーザが、チャットから、ビデオ通話へ、シームレスに移行できるようになっており、多数の参加者がいる、グループを管理する場合、有用だろう。

 しかし、チームが、Microsoftのエコシステム以外の、プラットフォームに依存するなら、他のソリューションを考慮したいと思うかも知れない。

 学校か、小企業のユーザにとって、Zoomは、多分、最良のプラットフォームになるだろう。

 Zoomは、簡単で、ユーザ・フレンドリなので、ビデオ会議の参加者は、アカウントで、ログインする必要さえない。

 Zoomは、対話的な機能を持ち、簡単に、スクリーン画面を共有できるので、オンライン・クラスやプレゼンテーション用に、適している。

 Zoomは、過去に、いくつかのセキュリティの問題を経験していたので、プライバシーの重要な作業に、適切なアプリではないことに、注意しよう。

 しかし、Zoomは、データを保護するための取組みを強化しているので、全体として、好ましい、ビデオ会議アプリなっている。

 結論

 家庭で仕事ができるようにすることは、多くの企業に取って、挑戦的である。

 事業を続けるために、企業は、一般的に、Zoom、Microsoft Teams、あるいは、Google Meetといった、ビデオ会議アプリを、利用するようになるだろう。

 企業は、確実に、自分たちのニーズに合った、ビデオ会議プラットフォームを選択し、導入するために、これらのプラットフォームを、十分、比較する必要があるだろう。
デル株式会社

「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(3)'20.12.22

【「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(3)】'20.12.22

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析した。

 By StartUs-Insights

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析し、5社の有望なスタートアップを紹介した。

 これら、Agroapps、Ekylibre、iDrone Services、Farmlyplace、Ninjacartは、注目すべき、5つの「農業技術(AgriTech)」ソリューションを開発している。


Faas2a_20201222104601


 「Global Startup Heat Map!」作成し、提供している、Innovation Analystsは、最近、「農業界技術(AgriTech)」ソリューションの提供に取り組んでいる、新進気鋭のスタートアップを調査した。

 この調査では、195件の「農業技術(AgriTech)」に関連する、ソリューションを特定した結果を分析し、今回は、5社の有望な、「サービスとしての農業(FaaS)」のスタートアップを紹介する。

   (続き)

3)Ekylibre:「農場管理ソフトウェア」
Faas2g


 「農業技術(AgriTech)」ソリューションが、着実に増加しているのは、人工知能(AI)と機械学習(ML)アルゴリズムを組み合わせた、「モノのインターネット(IoT)」の進歩の結果である。

 「家畜の状態監視」や「作物のトレーサビリティ」や「農作業のトレーサビリティ」などのための、「無線周波数識別(RFID)」タグは、農家が、「見える化」を推進し、生産性や利益を向上させるのに役立つ、いくつかの、新しいIoTベースのソリューションである。

 フランスの「農業技術(AgriTech)」のスタートアップ、「Ekylibre」は、いくつかの農業ソリューションを組み合わせて、農家が、農場の管理を改善できるよう、支援している。

 スタートアップの名を冠した、「Ekylibre」プラットフォームは、作物や家畜の生産性を最大化するための運営情報を、農家に提供する。

 「Ekylibreの農業技術ソリューションの紹介」ビデオ

 Ekylibreは、在庫管理、会計、販売、購入のほか、農場のマッピングや、地図作成サービスも提供している。

4)iDrone Services:「Aerial Farm Mapping(空中農場マッピング)」

Faas2g3


 ドローンを使用した、航空測量とマッピングにより、農家は、自分たちの農地を、よりよく理解し、農地の利用率を向上できるようになる。

 「空中マッピング」には、肥沃度の低い土地を特定したり、効率的に、種子を蒔いたり、肥料や農薬を散布したりして、生産量を最大化したり、散布する、肥料や農薬の量を、最小にしたりするといった、いくつかの利点がある。

 ドローンはまた、作物の遠隔検査を可能にし、害虫や雑草を、早期段階に検出して、排除できるようにする。

 東アフリカの「Zambia」を拠点とする、ドローンのスタートアップ、「iDrone Services」は、農場が、作物のマッピングと、航空測量を実施できるようにし、ドローンを操作できるようにするためのトレーニングも提供する。

 「Zambia」を拠点とする、このスタートアップは、「マルチスペクトル・センサー」を利用して、2次元(2D)、および、3次元(3D)の「作物マッピング」サービスと、正確な施肥のための、「正規化植生指数(NDVI)」を提供する。

 このスタートアップ、「iDrone Services」は、ドローンに搭載された、4Kカメラを使用して、農家向けの、「フィールド・マッピング」や「資産検査サービス」を実施している。

 これにより、ドローンのスタートアップ、「iDrone Services」は、畑の害虫や雑草を、早期段階に検出したり、農地に水や肥料や農薬を散布する、適切な場所や量を決めるためのデータを収集したり、できるようにする。

 「iDrone Servicesの空中農場マッピングの紹介」ビデオ

     (続く)

デル株式会社

「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(2)'20.12.22

【「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(2)】'20.12.22

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析した。

 By StartUs-Insights

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析し、5社の有望なスタートアップを紹介した。

Faas2a_20201222104601


 これら、Agroapps、Ekylibre、iDrone Services、Farmlyplace、Ninjacartは、注目すべき、5つの「農業技術(AgriTech)」ソリューションを開発している。

 「Global Startup Heat Map!」作成し、提供している、Innovation Analystsは、最近、「農業界技術(AgriTech)」ソリューションの提供に取り組んでいる、新進気鋭のスタートアップを調査した。

 世界中で、137万9000社以上のスタートアップをカバーする、「StartUs Insights Discovery Platform」を使用して、筆者らは、「農業技術(AgriTech)」分野における革新を検討した。

 この調査では、195件の「農業技術(AgriTech)」に関連する、ソリューションを特定した結果を分析し、今回は、5社の有望な、「サービスとしての農業(FaaS)」のスタートアップを紹介する。

1)Agroapps:「農業情報通信技術(Agricultural ICT)」

Faas2b_20201222104901


 農業は、無線技術や、カスタマイズされた農場ソリューションの進歩により、急速な変化を遂げている。

 人工衛星からの電波で、地球上の現在位置を測定するためのシステムである、「全地球測位システム(GPS)」や、「スマート・センサー」といった技術を含む、情報通信技術(ICT)は、スマート農業を実装する、機会を提供する。

 ギリシャのスタートアップ、「Agroapps」は、農業に、ICTを活用して、さまざまな「サービスとしての農業(FaaS)」ソリューションに取り組んでいる。

 ギリシャのスタートアップ、「Agroapps」は、農家が、農作業を改善し、管理するのに役立つ、サービスのスイートを提供している。

 Agroappsは、農家が、最も理想的な、農業サイクルをスケジュールするのに役立つ、アドバイザリー・サービスを提供する。

 Agroappsは、また、季節的な気候予報や、正確な天気予報といった、サービスを提供している。

 Agroappsは、さらに、「mylocalfarm」や「Turn2bio」といった、サプライ・チェーン・ツールを提供して、農家同士が、互いにつながり、自分たちの農産物を、オンラインで販売できるようにする。

  「myAgoroAppの紹介」ビデオ

      (続く)

デル株式会社

2020年12月21日 (月)

Zoom対Microsoft Teams対Google Meet:トップのビデオ会議アプリの比較(1)'20.12.21

【Zoom対Microsoft Teams対Google Meet:トップのビデオ会議アプリの比較(1)】'20.12.21

 筆者らは、Zoom対Microsoft Teams対Google Meetの、代表的なビデオ会議アプリの比較を行う。2020年11月9日

 by John Hughes、codeinwp

Zoom0a


 2020年に、コロナウィルスのパンデミックが、世界に、停止をもたらした。

 旅行の制限や社会的距離のガイドラインで、ビデオ会議が、ビジネス、学校、家族、および、友だちのグループの、新たな日常になった。

 ユーザが、在宅勤務したり、在宅学習したりするような状況にあれば、ユーザは、多分、通常のビデオ会議に、Zoomか、Microsoft Teamsか、Google Meetを考慮するだろう。

 しかし、ユーザに取って、どれか1つに決めることは、難しいだろう。

 適切なビデオ会議プラットフォームを選択することは、ユーザのニーズに、大きく依存するだろう。

 例えば、大企業は、先進的なセキュリティ対策を要求するだろう。

 ユーザは、ビデオ会議以外に、ファイルの共有、チャット(テキスト、音声、ビデオ)、あるいは、カレンダといった、ツールも、利用したいと思うだろう。

 ビデオ会議のストリーミングや、同僚や同級生などが、ビデオ会議に参加できるようにすることの、使いやすさは、重要な要素になっている。

 この記事において、筆者らは、機能、価格、および、使いやすさの観点で、Zoom、Microsoft Teams、Google Meetを比較する。

 筆者らは、自分たちの状況に、最適に依存している、いくつかのガイダンスを共有する。

 代表的なビデオ会議アプリ、Zoom、Microsoft Teams、Google Meetの比較

 筆者らは、ユーザが、自分たちのビデオ会議プラットフォームに、必要に成るかも知れないことを議論した。

 ユーザに、最適なものは、少なくとも部分的に、適用事例に依存するが、似たような機能を提供する。

1.Zoom Meeting

Zoom0b_20201224104001


 Zoomは、ビデオ会議や、音声会議に、人気のある、プラットフォームであり、毎日、世界で、3億人のユーザに、使用されている。

 Zoomは、ユーザが、プライベート、グループ・チャット、および、ファイルを交換するために、コミュニケートできるようにする。

 ユーザは、自分たちの会議を記録することができ、ライブ・セッションに参加できない人に、利用できるようにする。

 Zoomは、「Zoom Meeting」や「Zoom Room」を含む、いくつかの製品を提供する。

 後者は、無線オーディオとビジュアル機能、および、Zoomクラウド・プラットフォームへのアクセスを提供する、堅牢な会議室システムである。

 しかし、「Zoom Meeting」は、通常、ほとんどのユーザに対して、十分である。

「Zoom Meeting」の主な機能や特徴

・カレンダーの同期(Outlook、Gmail、あるいは、iCalとの)
・暗号化とパスワードの保護
・仮想的な「待合室」
・高品位(HD)ビデオとオーディオ
・スクリーンの共有
・記録と証明書
・ライブ・チャット(テキスト、音声、ビデオ)
・従業員満足度を向上させる、エンゲージメント・ツール(例えば、「手を上げる」、「反応する」、「投票する」など)

・使いやすさ:

 Zoomは、極めて、使いやすい、ビデオ会議のプラットフォームである。

 参加者は、デスクトップPCや、スマートフォンなどの、モバイル・デバイスと、互換性がある、招待リンク経由で、任意の場所から、ビデオ会議に参加することができる。

 ビデオ会議を主催することも、簡単である。

 ユーザが、行う必要のあることは、自分のZoomアカウントに、ログインして、会議の詳細を入力するだけである。

・価格:Zoom Meetings Basicは、無料で、最大、100人まで、40分のセッションに参加するために、使用できる。

 Zoom Meetings Proは、ユーザに、無制限のミーティング、ソーシアル・メディア・ストリーミング、1GBのクラウド・ストレージを、ユーザに与えることを、計画している。

 ユーザは、Zoom Meetings Proで、1GBのクラウド・ストレージを、年間、149.90ドルで、ビデオ会議などを、記録するために使用することができる。

 「基本的な、Zoomの使い方」ビデオの紹介

  

デル株式会社

「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(1)'20.12.21

【「サービスとしての農業」のスタートアップのトップ5(1)】'20.12.21

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析した。

 By StartUs-Insights

 Digital FastForwardが、農業部門に影響を与える、195社の「サービスとしての農業(FaaS)」分野のスタートアップを分析し、5社の有望なスタートアップを紹介した。

 これら、Agroapps、Ekylibre、iDrone Services、Farmlyplace、Ninjacartは、注目すべき、5つの「農業技術(AgriTech)」ソリューションを開発している。

 「Global Startup Heat Map!」作成し、提供している、Innovation Analystsは、最近、「農業界技術(AgriTech)」ソリューションの提供に取り組んでいる、新進気鋭のスタートアップを調査した。

 さまざまな「農業技術(AgriTech)」ソリューションに取り組んでいる、スタートアップが多数いるため、我々は、読者と、洞察を共有することにした。

 今回は、5社の有望な、「サービスとしての農業(FaaS)」のスタートアップを紹介する。

図1)ヒートマップ:「サービスとしての農業(FaaS)」関連のスタートアップのトップ5

Faas2a_20201221163701


 世界中で、137万9000社以上のスタートアップをカバーする、「StartUs Insights Discovery Platform」を使用して、筆者らは、「農業技術(AgriTech)」分野における革新を検討した。

 この調査では、195件の「農業技術(AgriTech)」に関連する、ソリューションを特定した結果を分析し、以下に示す、5社を選択した。

 これらのスタートアップは、場所、設立年、技術の関連性などの要素を考慮して、データ主導のスタートアップ・スカウト・アプローチに基づいて選択された。

 以下の「世界のスタートアップのヒート・マップ(Global Startup Heat Map)」は、革新的な「サービスとしての農業(FaaS)」ソリューションを開発している、5社のスタートアップを強調している。

 「ヒートマップ」は、高いスタートアップの活動を観察する地域を明らかにし、この特定のトピックについて分析した、195社すべての地理的分布を示している。

    (続く)

デル株式会社

2020年に、500ドル未満で買える、ベストなラップトップ(4)'20.12.21

【2020年に、500ドル未満で買える、ベストなラップトップ(4)】'20.12.21

 500ドル未満で購入できる、ベストなラップトップは、Lenovoの「Chromebook Flex 5」である。2020年12月17日

 By Mark Coppock、digital trends

 この500ドル未満という、価格ポイントで販売される、ラップトップ、Lenovoの「Chromebook Flex 5」は、性能、スクリーンの画質、あるいは、バッテリー寿命において、他の上位機種と競争できるが、他の仕様は、妥協している。

  <参考>

 500ドル未満のラップトップとユーザの特徴

 500ドル未満のラップトップは、基本的に、画像編集アプリや対話型3Dグラフィクス・ゲームのような、重いアプリを使うのには、あまり適していない。

 特に、「Windows」ベースの、500ドル未満のラップトップは、コンピューティング・パワーが必要な、重いWindowsアプリを、快適に利用することはできないが、Webブラウザや、一般的な生産性アプリは、あまり問題なく、利用できるだろう。

 また、軽量化された、「Windows 10S」という、OSも用意されているが、利用できる、Windowsアプリは、「Microsoftストア」で提供されている、アプリに限定される。

 コスト・パフォーマンスに優れているのは、軽量の「Chrome OS」ベースのChromebookであるが、あまり、Windowsユーザ向きではなく、初めてラップトップを使うユーザや、Androidベースのタブレットに馴染みのある、ユーザ向きだろう。

 「Chrome OS」は、軽量なため、実行に必要な、CPU性能、RAM容量、ストレージ容量は、ある程度低くても、実用的な性能を達成できるため、ハードウェアのコストを、「Windows」搭載ラップトップよりも、比較的、安く抑えることができる。

 ただし、「Chrome OS」ベースのChromebookの、マルチウィンドウ、マルチスレッドの使い勝手や、キーボードのキー配列の微妙な違いは、Windowsユーザとって、使いにくいかも知れない。

・ディスプレイのサイズは、大きな15インチの方が、見やすく、ポピュラーである。

・通常のディスプレイで十分なユーザもいれば、スタイラスペンでも操作できる、タッチ・ディスプレイを好む、ユーザもいる。

・Windows文化を好むユーザもいれば、Chrome文化を好むユーザもおり、Androdアプリも利用できる、Chromebookを好むユーザもいる。

 500ドル未満のラップトップの購入を検討している、ユーザは、ラップトップで、何を、どのように使用したいかを、明確にしてから、ラップトップを選択するとよいだろう。

 この【2020年に、500ドル未満で買える、ベストなラップトップ】の記事で、リストされた、ラップトップのリストを次に示す。

1)「Chrome OS」ベースの、「15インチのディスプレイ」、プロセッサは、「Intel Core i3」:「Samsung Chromebook 4+」、本体価格は、285ドルである。

2)「Chrome OS」ベースの、「13インチのタッチ・ディスプレイ」の「2-in-1」タイプ、プロセッサは、「Intel Core i3」:「Lenovo Chromebook Flex 5」、本体価格は、408ドルで、スタイラスペンは、別売で、20ドルぐらい。

3)「Windows」ベースの、「15インチのディスプレイ」、プロセッサは、「Intel Core i3」:「Acer Aspire 5」、本体価格は、480ドルでドルぐらい。

4)「Windows」ベースの、「10.5インチのタッチ・ディスプレイ」の「2-in-1」タイプ、プロセッサは、「Intel Core m3」:「Microsoft Surface Go 2」、本体価格は、399ドルだが、キーボード、キックスタンド・カバー、スタイラスペンなどは、別売で、これらのオプションを購入すると、900ドルぐらい。

 <コメント>

 キーボードとマウスパッド、あるいは、マウスか、スタイラスペンが使用でき、ある程度、大きなスクリーンを持つ、ラップトップを使用する場合、個人的には、

・300ドル未満のラップトップは、13インチ以上のディスプレイを持ち、Webブラウジングが主体で、Webベースのアプリを利用でき、デジタル・アシスタント、テキスト編集などの生産性ツール、電子書籍リーダ、および、簡単なゲームができる、Chromebook(例えば、Samsung Chromebook 4+)

・300ドルから500ドルのラップトップは、13インチ以上のタッチ・ディスプレイを持ち、Webブラウジングが主体で、Webベースのアプリを利用でき、デジタル・アシスタント、テキスト編集などの生産性ツール、電子書籍リーダ、および、簡単なゲームができる、2-in-1のChromebook(例えば、Lenovo Chromebook Flex 5)

・300ドルから500ドルのラップトップで、マルチウィンドウを利用したければ、13インチ以上のディスプレイを持ち、Webブラウジングが主体で、Webベースのアプリを利用でき、デジタル・アシスタント、テキスト編集などの生産性ツール、電子書籍リーダ、簡単なゲームができる、Windows 10ベースのラップトップ(例えば、Acer Aspire 5)

・500ドル以上のラップトップで、マルチウィンドウを利用したければ、13インチ以上のタッチ・ディスプレイを持ち、Webブラウジングが主体で、Webベースのアプリを利用でき、デジタル・アシスタント、テキスト編集などの生産性ツール、オーサリング・ツール、電子書籍リーダ、簡単なゲームができる、2-in-1のWindows 10ベースのラップトップ(例えば、Microsoft Surface Go 2)

 だと思います。

デル株式会社

2020年12月20日 (日)

2020年に、500ドル未満で買える、ベストなラップトップ(3)'20.12.20

【2020年に、500ドル未満で買える、ベストなラップトップ(3)】'20.12.20

 500ドル未満で購入できる、ベストなラップトップは、Lenovoの「Chromebook Flex 5」である。2020年12月17日

 By Mark Coppock、digital trends

 この500ドル未満という、価格ポイントで販売される、ラップトップ、Lenovoの「Chromebook Flex 5」は、性能、スクリーンの画質、あるいは、バッテリー寿命において、他の上位機種と競争できるが、他の仕様は、妥協している。

 Lenovo Chromebook Flex 5は、500ドル未満という、手頃な価格の、最新のラップトップで、Windowsではなく、Chrome OSを搭載しているが、ユーザが望んでいる、ほとんどすべての基本的な機能は、持っている。

 筆者らは、500ドル未満の、ベストなラップトップ、500ドル未満の、ベストな2-in-1、および、300ドル未満の、ベストなラップトップのリストを作成した。

   (続き)

5)300ドル未満の、ベストな、Chrome OSベースのChromebook:Lenovo Chromebook Duet

Dt0d_20201220214901


 「Lenovo Chromebook Duet」は、信じられないほど、安い、Chromebookであり、BEST BUYで、299ドルで販売されている。

 ユーザが、Webブラウジングしたり、簡単な生産性ツールを利用したりする、ニーズに合うことのできる、デタッチャブル・ラップトップを望んでいるのなら、筆者は、Lenovoの「Chromebook Duet」を推奨する。

 Lenovoは、比較的、魅力的な価格(基本価格が279ドルで、128GBのストレージを装備した価格が299ドル)で、「Lenovo Chromebook Duet」を販売する。

 この基本価格には、フル・キーボードとタッチパッドが付いた、キックスタンド・カバーが、含まれる。

 このため、筆者は、「Lenovo Chromebook Duet」を、最良の価値の、Chromebookだと思っている。

 LenovoのChromebook Dueの価格は、競合する、ラップトップよりも、数100ドルも安く、キックスタンド・カバーやキーボードも、同梱されている。

 Chromebook Dueは、基本的な機能を利用できる、平凡なChromebookであるが、性能と、ディスプレイのサイズや解像度は、価格と比較して、驚くほど良い。

 Chromebook Dueは、制限はあるが、ユーザが、Androidアプリを実行することができ、優れたWebブラウジング経験を体験できるようにする。

6)300ドル未満の、ベストな、Chrome OSベースのChromebook、Samsung Chromebook 4+

 300ドル未満と、低価格のラップトップで、Webブラウジングや、簡単な生産性ツールを使用したい、ユーザは、外観のデザインよりも、より良い性能や、構成に対して、対価を支払う。

 Samsung Chromebook 4+は、MacBook Proに似た、アルミニューム製のデザインを特徴にしており、ユーザが、外部ディスプレイが、無くても、大きなディスプレイを必要としている場合に、比較的、見やすい、15インチの、ディスプレイを装備している。

 この手頃な価格の、Samsung Chromebook 4+は、セカンダリー・ディスプレイを利用できない、学生やホームワーカ向けの、適切なオプションになる。

 筆者は、300ドル未満の、低価格のラップトップを購入したい、ユーザで、大きなディスプレイが必要な、ユーザに、15インチのディスプレイを装備した、Samsung Chromebook 4+を推奨する。

 Samsung Chromebook 4+は、手頃な価格の割に、MacBook Proに似た、洗練されたデザインになっている。

 このSamsung Chromebook 4+は、Amazonで、基本価格、286ドルで販売されている。

 このSamsung Chromebook 4+は、基本価格が、300ドル未満と、極めて手頃な値段であるが、Webブラウジングや、簡単な生産性ツールを利用するだけなら、1080ピクセルの解像度のスクリーンや、4GBのRAMといった、低い仕様でも、ユーザが、ストレスなく、アプリを実行し、利用できるようにする。

 実用性の観点から、一般のユーザが、ラップトップを購入するときの、コツを紹介する。

・1080ピクセルよりも低い、ディスプレイの解像度を持つ、ラップトップの購入は避ける。

・Pentiumプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのラップトップの購入は避ける。

・ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)を装備していない、ラップトップの購入は避ける。

 Androidベースの、スマートフォンやタブレット主体のユーザには、Chromebookを推奨する。

 ただし、500ドル未満のラップトップを購入する、ユーザは、ビデオの編集、あるいは、3Dグラフィクス・ゲームのような、重たいアプリを、ストレスなく、利用できないだろう。

 基本的に、500ドル未満の、Chromebookでは、ワープロなどの簡単な生産性ツール、および、メールやWebブラウザといった、基本的なアプリや、簡単なゲームしか利用できず、マルチウィンドウ、マルチスレッドにも、向いていおらず、Webブラウジング主体になるだろ。

 それでは、Chromebookを購入すべきだろうか?

 Chromebookのユーザは、Windowsアプリを実行して、利用することはできない。

 Chromebookは、機能が向上するにつれ、より低価格の、エントリ・レベルのラプトップの分野で、Webブラウジングや、生産性ツールのようなアプリを利用する、ユーザにとって、Windows PCの代替になる。

 Chrome OSは、よりシンプルで、より軽量のオペレーティング・システムである。

 Chromebookは、軽量なオペレーティング・システム、Chrome OSを搭載しているので、しばしば、同じ価格帯の、Windowsを搭載した、ラップトップよりも、高速にアプリを実行し、低消費電力なので、バッテリーの寿命が長い。

 Chromebookのユーザは、Androidベースのスマートフォンやタブレット用のアプリを、「Google Play」ストアを通して、ダウンロードし、実行して、Chrome OSを搭載した、Chromebookで、利用できようになる。

 ただし、Chromebookで、Androidアプリを、利用するには 制限もある。

 例えば、ディスプレイに、Androidアプリが、適切に表示されない。

 それでは、ユーザは、500ドル未満で、ゲーミング・ラップトップを購入することは、可能だろうか?

 答えは、「No」である。

 最も安い、ゲーミング・ラップトップは、600ドルから650ドルである。

 これらのゲーミング・ラップトップは、既に、最近の重たいゲームを実行することも可能である。

 この500ドル未満のラップトップには、3Dグラフィクスのゲームを実行できる、十分な性能を持つ製品はない。

 殆どの500ドル未満のラップトップは、上位機種のようなアルミや合金製ではなく、プラスチック製である。

 高価なラップトップは、バッテリーの寿命が長いか、グラフィクスの性能に、優れているかの、どちらかである。

 例えば、Dell XPS 13は、1回の充電で、1日利用できる、バッテリーの寿命がある。

 これに対し、Razer Bladeは、高いフレーム・レートで、最近の重いゲームをプレイすることができる。

 ユーザは、3Dグラフィクス・ゲームや、写真やビデオの編集といた、重たいアプリを利用するのに、500ドル未満の、Chromebookを使用すべきではないだろう。

   (続く)

デル株式会社

2020年に、500ドル未満で買える、ベストなラップトップ(2)'20.12.2019

【2020年に、500ドル未満で買える、ベストなラップトップ(2)】'20.12.2019

 500ドル未満で購入できる、ベストなラップトップは、Lenovoの「Chromebook Flex 5」である。2020年12月17日

 By Mark Coppock、digital trends

 この500ドル未満という、価格ポイントで販売される、ラップトップ、Lenovoの「Chromebook Flex 5」は、性能、スクリーンの画質、あるいは、バッテリー寿命において、他の上位機種と競争できるが、他の仕様は、妥協している。

 Lenovo Chromebook Flex 5は、500ドル未満という、手頃な価格の、最新のラップトップで、Windowsではなく、Chrome OSを搭載しているが、ユーザが望んでいる、ほとんどすべての基本的な機能は、持っている。

 筆者らは、500ドル未満の、ベストなラップトップ、500ドル未満の、ベストな2-in-1、および、300ドル未満の、ベストなラップトップのリストを作成した。

   (続き)

4)500ドル未満の、ベストなWindowsベースの2-in-1タイプのラップトップ:Microsoft Surface Go 2

Dt0c2


 手頃な価格で、コンパクト、かつ、高性能な、「Surface Go 2」は、500ドル未満の、2-in-1タイプのラップトップに最適な、選択肢である。

 Microsoftで、基本価格、399ドルで、販売されているが、タイプカバー、キーボード、スタイラスペン、マウスなどは、オプションで、別売になっている。

 現在、第2世代になっている、Microsoftの「Surface Go 2」は、Windows搭載ラップトップのローエンド市場をターゲットにした、一般的なモバイル・ユーザ向けの、手頃な価格の、Windowsベースの2-in-1タイプのラップトップであり、画像編集アプリや、対話型3Dグラフィクス・ゲームを利用するにな、パワー不足であるが、一般的なユーザには、十分な機能や性能を持っている。

 「Surface Pro 7」のような、高価な上位モデルから、多くの優れた機能を取り入れた、「Surface Go 2」は、ラップトップとしても、タブレットとしても、利用できる、頑丈でしっかりした作りになっており、タイプカバーやキーボードが取り外し可能な、2-in-1タイプのラップトップである。

Dt0c1


 Microsoftの「Surface Go 2」2-in-1タイプのラップトップの仕様

・基本価格:399ドル(オプションの、キックスタンド・カバーとキーボードを付けると、859ドル)

・CPU:Intel Core m3-8100Y
・GPU:Intel UHD 615
・RAM:8GB
・ストレージ:128GB(SSD)
・タッチディスプレイ:10.5インチ、1920 x 1280ピクセルの解像度
・バッテリー:11:39
・サイズ:9.7 x 6.9 x 0.3 インチ
・重さ:1.2 ポンド(キーボードを付けると、1.8 ポンド)

 ただし、キックスタンド・カバー、キーボード、スタイラスペン、マウスといった、オプションを購入すると、900ドルぐらいになる。

 Microsoftの「Surface Go 2」2-in-1タイプのラップトップは、筆者が見た中で、ベストな、コンバーチブル・ラップトップの1つである。

 「Microsoft Surface Go 2の紹介」ビデオ

     (続く)

デル株式会社

2020年12月19日 (土)

2020年に、500ドル未満で買える、ベストなラップトップ(1)'20.12.19

【2020年に、500ドル未満で買える、ベストなラップトップ(1)】'20.12.19

 500ドル未満で購入できる、ベストなラップトップは、Lenovoの「Chromebook Flex 5」である。2020年12月17日

 By Mark Coppock、digital trends

 この500ドル未満という、価格ポイントで販売される、ラップトップ、Lenovoの「Chromebook Flex 5」は、性能、スクリーンの画質、あるいは、バッテリー寿命において、他の上位機種と競争できるが、他の仕様は、妥協している。

 Lenovo Chromebook Flex 5は、500ドル未満という、手頃な価格の、最新のラップトップで、Windowsではなく、Chrome OSを搭載しているが、ユーザが望んでいる、ほとんどすべての基本的な機能は、持っている。

 筆者らは、500ドル未満の、ベストなラップトップ、500ドル未満の、ベストな2-in-1、および、300ドル未満の、ベストなラップトップのリストを作成した。

1)500ドル未満の、ベストな、Chrome OSベースの、15インチのラップトップ:「Samsung Chromebook 4+」

 筆者らは、500ドル未満で買える、ベストなラップトップのリストのトップに、Windowsではなく、Chrome OSを搭載した、Chromebookを置く。


Dt0a_20201219210201


 500ドル未満で販売されている、Windowsを搭載した、ディスプレイのサイズが、15インチのラップトップを見つけることは難しいが、「Windows」ではなく、軽量なオペレーティング・システムである、「Chrome OS」を搭載することで、同レベルのハードウェアを使用しても、Webブラウザや、生産性アプリなどを、あまりストレスなく、利用できるようにした、ラップトップ(Chromebook)が、500ドル未満で、販売されている。

 例えば、Chrome OSを搭載した、Samsungの「Chromebook 4+」は、Amazonにおいて、405ドルで販売されている。

 しかし、Windowsを搭載した、500ドル未満で販売されている、15インチのディスプレイを持つ、ラップトップを見つけることは、極めて難しい。

 15インチは、ラップトップのディスプレイの、最も人気の高いサイズである。

2)500ドル未満の、ベストな、Chrome OSベースの、13インチの、2-in-1ラップトップ:「Samsung Chromebook Flex 5」

Dt0a2_20201220091301


 軽量のChrome OSを搭載した、13インチのタッチディスプレイを持つ、「Lenovo Chromebook Flex 5」も、500ドル未満で販売されており、優れた性能を持ち、2-in-1の柔軟な多機能性を特徴とし、Webブラウザを使用したり、簡単なツールやアプリを使用したりするための、どちらかというと、Androidベースのスマートフォンやタブレットのユーザ向けの、ラップトップである。

 筆者らは、500ドル未満で買える、ベストなラップトップのリストのトップに、Windowsではなく、Chrome OSを搭載した、Chromebookを置く。

 また、13インチのタッチディスプレイを持つ、「Lenovo Chromebook Flex 5」には、第10世代の、Intel Core i3-10110U プロセッサが搭載されており、より高い性能を持ち、2-in-1の多機能性を特徴にしている。

 軽量なChrome OSを搭載しており、高速なネットワークに接続し、クラウド・サービスを使用していれば、「Lenovo Chromebook Flex 5」は、4GBのRAMと、64GBのストレージだけで、十分な性能がでる。

 「Lenovo Chromebook Flex 5のレビューの紹介」ビデオ

3)500ドル未満の、ベストなWindowsベースのラップトップ:Acer Aspire 5

Dt0a_20201219210201


 2019年版の、AcerのAspire 5は、480ドルの、Windowsベースのラップトップであるが、最近、アップデートされ、性能、品質、および、バッテリー寿命が、大幅に向上した、最新のモデルは、Amazonで、500ドル未満で、販売されている。

 WindowsベースのAcer Aspire 5の、最新のモデルは、以前の機種より、僅かに、価格が高いが、第10世代のCore 13-1005GUプロセッサ、4GBのRAM、128GBのSSD、および、15.6インチのフルHDディスプレイを搭載して、500ドル未満で、販売されている。

 Acer Aspire 5は、あまり多くのメモリや、ストレージを持っていないが、より上位クラスの、ラップトップと同様の、キーボードとタッチパッドを装備した、手頃な価格の、ラップトップである。

 15インチと、比較的大きな、1080ピクセルの解像度の、ディスプレイを搭載した、Acer Aspire 5は、使いやすい、ラップトップである。

 15インチのタッチディスプレイを搭載した、2-in-1タイプのラップトップは、500ドル以上の価格で販売されている。

     (続く)

デル株式会社

2021年における、5つのIoTのトレンドを見る。(3)'20.12.19

【2021年における、5つのIoTのトレンドを見る。(3)】'20.12.19

 過去、数年間に、筆者らは、IoTと適用事例が、増えるのを見てきた。2020年11月25日

Iota_20201219114901

 By Daniel Newman,forbes

 コロナウィルスのパンデミックの発生による、危機で始まった、2020年に、デジタル変革が、急速に加速された。

 このデジタル変革の背景には、次のことがある。

・高速な4Gや5Gの移動通信ネットワークや、より高速な、Wi-Fi無線ブロードバンドが、整備されて、普及してきたこと。

・AIと機械学習における、改善が進んでいること。

・IoTが、我々の暮らしや、産業に普及してきたこと。

 2021年には、IoT分野における、適用事例が、さらに増加だろう。

 IoTは、AmazonのAlexa, Ring, Nest、および、他のスマート・ホーム・デバイスが、一般の利用者に普及したことにより、身近なものになった。

 2021年における、IoTの主なトレンドを紹介する。

     (続き)

5.エッジでのデータ処理が、改善される。

 全体的に改善された、データ分析に加えて、今日では、エッジでの、IoTデータ処理が増えている。

 IoTの時代は、IoT対応デバイスで収集されたデータが、クラウドに転送されて処理されるのではなく、エッジ(ネットワークの端)で、処理されるようになるだろう。

 企業は、ネットワーク上のIoT対応デバイスの価値を最大限に引き出すために、IoT対応デバイスで収集されたデータに基づいて、迅速に意思決定を行う必要があるだろう。

 第5世代の移動通信ネットワーク(5G)が整備され、IoTやIIoT対応デバイスが増加し、IoT対応デバイスで収集されるデータの量が、劇的に増加するだろう。

 Intelのような企業は、5Gネットワークの構築を通して、デジタル変革(DX)を促しており、エッジ・コンピューティングとIoTが、デジタル変革(DX)の推進において、大きな役割を演じるだろう。

 クラウド・サービス・プロバイダのAWSと、半導体メーカのNXPは、NXPの「スマート・ビークル・コントローラ」と、AWSの「エッジ・コンピューティング」および「クラウド・サービス」を利用する、新しい「スマート・ビークル・パートナーシップ」で、別のIoTの適用事例を発表した。

 5G、クラウド・コンピューティング、および、より高速なWi-Fiネットワークの普及は、IoTの成長を促し続けるだろう。

 コロナウィルスのパンデミックの危機において、在宅勤務、在宅学習、リモートワーク、データの共有、あるいは、コラボレーション&コミュニケーションの必要性が、増えている。

 このため、在宅勤務、遠隔医療、リモートワークといった、IoTの適用事例が、さまざまな業界や分野で増え続けており、2021年は、IoTにとってエキサイティングな年になるかも知れない。

デル株式会社

2021年における、5つのIoTのトレンドを見る。(2)'20.12.19

【2021年における、5つのIoTのトレンドを見る。(2)】'20.12.19

 過去、数年間に、筆者らは、IoTと適用事例が、増えるのを見てきた。2020年11月25日

Iota_20201219114901

 By Daniel Newman,forbes

 コロナウィルスのパンデミックの発生による、危機で始まった、2020年に、デジタル変革が、急速に加速された。

 このデジタル変革の背景には、次のことがある。

・高速な4Gや5Gの移動通信ネットワークや、より高速な、Wi-Fi無線ブロードバンドが、整備されて、普及してきたこと。

・AIと機械学習における、改善が進んでいること。

・IoTが、我々の暮らしや、産業に普及してきたこと。

 2021年には、IoT分野における、適用事例が、さらに増加だろう。

 IoTは、AmazonのAlexa, Ring, Nest、および、他のスマート・ホーム・デバイスが、一般の利用者に普及したことにより、身近なものになった。

 2021年における、IoTの主なトレンドを紹介する。

     (続き)

3.IoTは、デジタルツインの構築を支援するようになる。

 IoTは必ずしも、デジタルツイン・デザイナーではない。

 デジタルツインとは、現実の世界に実在しているものを、デジタル空間で、できる限り、リアルに表現したものである。

 ただし、製品ライフサイクル全体で情報を収集し、その情報をリアルタイムで処理し、同じように迅速に最適化する機能を考えると、IoTは、ほとんどすべてのアプリで、デジタルツインの開発に最適なパートナーになる可能性がある。

 特に建設、エンジニアリング、建築などの業界において、デジタルツインは、大幅なコストと時間の節約を意味する可能性がある。

 Siemensは、IoTとAI技術を活用して、デジタルツインを作成し、顧客が製品の設計、製造、革新のために、データを活用できるように支援している。

4.IoTで、データを分析するようになるだろう。

 IoTは、もはや行動を監視して、データを収集して、クラウドに、転送するだけではない。

 IoTは、データを迅速に処理し、それらの調査結果に基づいて推奨事項を作成したり、アクションを実行したりする。

 これにより、「モノのインターネット(IoT)」は、人工知能(AI)や、機械学習(ML)技術と連携して、受信した、膨大な量のデータを迅速に処理できるようになる。

 例えば、Honeywellは、「Connected Life Safety Services(CLSS)」と呼ばれる、IoTプラットフォームを提供している。

 Honeywellの「Connected Life Safety Services(CLSS)」は、消防技術者が、生命安全システムの設計、設置、試運転、検査、保守、および、報告に必要な時間を短縮するのに役立つ、IoTプラットフォームである。

 「Connected Life Safety Services(CLSS)」IoTプラットフォームは、情報を収集するだけではなく、情報を統合して、情報に基づいた、推奨や決定を行うことができる。

 Honeywellは、Microsoftとの、最近のパートナーシップを通して、強化された、組織の環境から、収集し、合成できる、データと分析に基づいて構築された、「エンタープライズ・パフォーマンス管理(EPM)」と呼ばれる、カテゴリを定義しようとしている。

    (続く)

デル株式会社

2020年12月18日 (金)

2021年における、5つのIoTのトレンドを見る。(1)'20.12.18

【2021年における、5つのIoTのトレンドを見る。(1)】'20.12.18

 過去、数年間に、筆者らは、IoTと適用事例が、増えるのを見てきた。2020年11月25日

Iota

 By Daniel Newman、forbes

 コロナウィルスのパンデミックの発生による、危機で始まった、2020年に、デジタル変革が、急速に加速された。

 このデジタル変革の背景には、次のことがある。

・高速な4Gや5Gの移動通信ネットワークや、より高速な、Wi-Fi無線ブロードバンドが、整備されて、普及してきたこと。

・AIと機械学習における、改善が進んでいること。

・IoTが、我々の暮らしや、産業に普及してきたこと。

 2021年には、IoT分野における、適用事例が、さらに増加だろう。

 IoTは、AmazonのAlexa, Ring, Nest、および、他のスマート・ホーム・デバイスが、一般の利用者に普及したことにより、身近なものになった。

 調査によると、2021年までに、インターネットに接続された、スマート・デバイスの台数は、350億台になり、2025年までに、750億台に増加する見込みだという。

 ただし、IoT対応のスマート・デバイスが増えても、まだ、成熟していない、IoT分野には、セキュリティ、プライバシー、および、安全性の課題がある。

 2021年における、IoTの主なトレンドを紹介する。

1.IoTのセキュリティやプライバシーへの対応が、強化される。

 企業において、IoT対応デバイスの数が、増加してきたので、ITマネージャーは、実際に、インターネットに接続された、デバイスの数や、サイバー攻撃に対する脆弱性を、理解することに苦労している。

 IoT対応デバイスが、アクティブになり、データを収集するようになると、セキュリティやプライバシーの問題が、増加してくる。

 IoTデバイスに対する、ネットワークをスキャンするための、AI駆動の自動化された能力を含む、IoT対応のスマート・デバイスに関連した、セキュリティにおける、課題が増加するだろう。

 IoT分野のリーダは、ユーザが、より容易にデータを制御できるようにする、最新技術を、より安全にすることに、取り組んでいる。

 Amazonも、Alexa Liveイベントで、同社のIoT対応のスマート・デバイスの、セキュリティやプライバシーの課題への対応を強化していることを紹介した。

 Appleも、同社のIoT対応のスマート・デバイスの、セキュリティやプライバシーの課題への対応を強化することに対する、キャンペーンを展開している。

 このように、Amazon、Google、Appleなどのビッグテックは、アプリや経験に対する、消費者の信頼を築くことを模索している。

2.より多くの産業において、新しい、さまざまな、IoTの適用事例が、出現するだろう。

 最初に、スマート・ホーム、スマート・ウォッチ、フィットネス・アプリが、一般の消費者に普及してきて、IoTの認知度が上昇した。

 「産業モノのインターネット(IIoT:Industrial Internet of Thing)」は、1960年代後半に出現した、プログラマブル・ロジック・コントローラーにまでさかのぼる。

 筆者らは、現在、産業IIoTから、ヘルスケア業界や、医療業界「医療モノのインターネット(IoMT:Internet of Medical Thing)」へと、シフトしていると感じた。

 この「医療モノのインターネット(IoMT)」は、医師が、患者を、遠隔地から、診察できるようにした。

 例えば、IoMTは、医師が、家庭にいる人の、心拍数や血圧などを、チェックできるようにする。

 他の産業も、IoT技術の採用を開始している。

 近い将来、筆者らは、次のような、IoT分野を見るだろう。

・「小売モノのインターネット(IoRT:Internet of Retail Thing)」

・「物流モノのインターネット(IoLT:Internet of Logistics Thing)」

・「労働力管理のインターネット(IoWM:Internet of Logistics Thing)」

 ビッグテックは、IoT技術を使用して、監視できることを実現した。

 例えば、「小売モノのインターネット(IoRT)」は、IoT技術を使用して、誰が、どこで、何を購入したかを、追跡できるようにし、消費者が、適切な時間に、適切な場所で、適切な商品を購入できるようにする。

 言い換えると、IoTは、ほとんどすべての業界にとって、売上を増加させることの役に立つということができる。

     (続く)

デル株式会社

スマートフォンで、操作を制御できる、スマート農業(2)'20.12.18

【スマートフォンで、操作を制御できる、スマート農業(2)】'20.12.18

 多くの人にとって、スマートフォンの重要性は、専門的な分野だけでなく、日常生活においても、絶えず高まっている。2020年3月17日

 By 365farmnet

 デジタル技術は、これまで以上に、作業のプロセスや日常生活に、大きな影響を与えている。

 「スマートホーム」の概念は、現在、米国の多くの家庭で使用されている。

 ユーザは、家の窓の開閉、暖房の調整、照明のオン/オフなどを、スマートフォン、スマート・ディスプレイ、スマート・スピーカなどで、デジタル・アシスタントを介して、制御できるようになる。

 農業でも、農作業の記録や管理に、スマートフォンを使用する機会が、増えている。

 スマート農業は、農家が、より持続可能な方法で、資源を節約し、収穫量を増やし、農地の管理を、より適切で、容易にする。

Faas2a


 スマート農業向けの、スマートフォン用アプリ

1)365Cropアプリ
Faas2b


 作物の生産活動を、素早く、簡単に、スマートフォン用のアプリで、文書化することができる。

2)365Cattleアプリ

Faas2c


 家畜に関連する、すべての行動を、それらが、発生した場所、例えば、ストールや牧草地で、スマートフォン用のアプリで、文書化することができる。

3)365Pocketアプリ
Faas2d


 スマートフォン用のアプリで、付加的な、エクスポート機能を備えた、すべての操作手順に関する、独立した、フリーの文書化が可能である。

 365Pocketアプリの新機能には、事前にフォーマットされた、Excelのエクスポート機能がある。

 農家のスタッフは、農作業中に、これらのスマートフォン用のアプリを使用して、畑や作物や家畜などの状況や行動などを、文書化し、クラウド・ストレージに保存できるようになる。

デル株式会社

スマートフォンで、操作を制御できる、スマート農業(1)'20.12.18

【スマートフォンで、操作を制御できる、スマート農業(1)】'20.12.18

 多くの人にとって、スマートフォンの重要性は、専門的な分野だけでなく、日常生活においても、絶えず高まっている。2020年3月17日

 By 365farmnet

 デジタル技術は、これまで以上に、作業のプロセスや日常生活に、大きな影響を与えている。

 「スマートホーム」の概念は、現在、米国の多くの家庭で使用されている。

Faas2a


 ユーザは、家の窓の開閉、暖房の調整、照明のオン/オフなどを、スマートフォン、スマート・ディスプレイ、スマート・スピーカなどで、デジタル・アシスタントを介して、制御できるようになる。

 農業でも、農作業の記録や管理に、スマートフォンを使用する機会が、増えている。

 スマート農業は、農家が、より持続可能な方法で、資源を節約し、収穫量を増やし、農地の管理を、より適切で、容易にする。

 スマート農業において、農家は、肥料の供給に関して、結論を出すために、クロロフィルの含有量の測定、GPS制御のマシン、スマートフォンのアプリ・マップ、および、センサーといった、技術を使用する。

 肥料、水、家畜の餌などの、適切な供給を可能にすることで、農家は、より資源(肥料、水、家畜の餌など)を節約できるようにする。

 例えば、農家は、実用的なアプリ・マップを作成して、適切な肥料を、適切な箇所に、適切な量だけ、正確に、施肥できるようになり、資源(肥料や水など)を節約できるようになる。

 スマート農業において、情報通信技術にも、焦点が当てられる。

 スマート農業では、独立したデバイス間で、標準化された通信手段を通して、データ交換できるようになり、スマートフォンのアプリを介して、表示できるようになる。

 農家は、さまざまなセンサーで、収集されたデータの分析結果を参考にして、例えば、最も適切な、施肥する時期、施肥する肥料、施肥する場所、および、肥料の量などを、決定できるようになり、より精密な農業が可能になる。

 例えば、農家は、収集された情報で、土壌や作物の状態(水分やpHなど)を把握でき、適切に散水したり、施肥したり、できるようになる。

      (続く)

デル株式会社

2020年12月17日 (木)

2021年における、ビジネスの予測(3)'20.12.17

【2021年における、ビジネスの予測(3)】'20.12.17

 筆者は、顧客から、学んだこと、最新の書籍、および、多くの記事を読んだことを、参考にして、調査した結果を紹介する。2020年11月29日

For1a

 By Shep Hyken、Forbes

 筆者(顧客サービスや顧客経験の専門家である、ForbesのShep Hyken氏)が、興味のあることは、2021年のトレンドの、いくつかが、ここ数年間も、続いていることである。

 筆者の、1番の来年の予想は、これまでの5年間、同じであった。

 2021年の予想の、筆者のトップ10の内、ラスト5を紹介する。

     (続き)

 顧客サービスや顧客経験の専門家である、ForbesのShep Hyken氏によると、コロナウィルスのパンデミックの結果として、企業は、人工知能(AI)を含む、新しいポリシーや技術の採用を余儀なくされたという。

 AIは、数年前には想像もしなかった機能を提供すると共に、改善され続けている。

 Forbesの、Shep Hyken氏による、2021年の、ラスト5の予想を、以下に示す。

6.2021年の言葉は、「共感」になるだろう。

 顧客は、直感的で使いやすい、Webサイトを通して、セルフサービス・ソリューションとオンライン販売体験を受け入れてきた。

 コロナウィルスのパンデミックの後、さらに、顧客は、必要に応じて、企業の顧客サポート部門に、連絡するようになってきた。

 これまで以上に、共感は、人と人とのやりとりを成功させるための根源になり、それを、知識が豊富で、問題を解決したり、質問に答えたりする人と組み合わせると、顧客の満足度や、忠実度を向上させることができるようになる。

 多くの従業員や、企業の顧客が、在宅勤務に移行しているため、共感は、現在の状況に、不安を感じている、従業員や、企業の顧客に、安心感を与える、役割を果たすだろう。

7.チャットボットは、顧客とのコミュニケーション以上のことを行うようになるだろう。

 多くの企業が、顧客サポートを管理する方法として、チャットボットを使用している。

 これまでのところ、チャットボットでの成功は主に、銀行の残高の確認、配達の追跡といった、顧客からの、基本的な、要求や問合せに、対応できることだった。

 チャットボットも、継続的に、スマートになり、次のステップへ進化していくだろう。

 チャットボットは、顧客サポート・プロセスの自動化や、人間の担当者への、適切な自動エスカレーションを、行うようになるだろう。

 簡単にいうと、チャットボットは、自動化ツールであると共に、コミュニケーション・ツールでもある。

 チャットボットは、顧客サポートのプロセスを自動化するだけでなく、顧客とのコミュニケーションを円滑にして、顧客と人間のサポート・スタッフをつなげ、顧客の満足度とと顧客の忠実度を向上させることに貢献するだろう。

8.デジタル化による、パーソナライゼーションは、よりパーソナルになる。

 洗練された、顧客関係管理(CRM)システムに、人工知能(AI)技術が、組み込まれると、顧客経験を作成するのを支援するために、生成されたデータで、企業は、顧客経験をパーソナライズできるようになる。

 これは、CRMシステムが、よりスマートになると、顧客の好み、嗜好、年齢、住んでいる地域といった、顧客のデータで、企業は、それぞれの顧客に合った経験を、顧客が体験できるようにすることを意味する。

 顧客は、企業の、顧客サポート担当者が、自社や自社の製品やサービスなどに関して、正しく理解していれば、顧客は、企業とのつながりを感じ、信頼感を持ち、自分に合った、顧客経験を体験できることを楽しんでおり、満足している。

 AIは、このような、顧客サポートのトレンドを、後押している。

 コンピュータは、顧客の望み、ニーズ、および、類似点を比較することができるようになると、コンピュータは、AI技術を活用して、顧客が、何を望んでおり、何を必要としているかを、より正確に、予測できるようになるだろう。

 最近の、顧客サポート用のツールは、手頃な価格になり、一般的になりつつあるので、顧客サポートの、予算が、あまりない、より小さな企業や、中規模な企業でも、顧客に、適切な顧客サポートを提供できるようになる。

9.企業は、自動化し過ぎたり、デジタル化し過ぎたりする。

 企業が、顧客サポートを、自動化し過ぎたり、デジタル化し過ぎたりすることは、予想であると共に、警告でもある。

 また、予想であると共に、警告でもあることは、チャットボット、および、自動化された、顧客との会話を含む、自動化やデジタル化に関連した、予想に基づいて、起きることの結果である。

 顧客サポートを、自動化し過ぎると、企業の顧客サポートの人間のスタッフの、顧客への対応で、競合会社から、差別化を図れないことを意味する。

 このギャップは、顧客の、自動化された経験や、顧客の人と人の経験間の距離であり、このギャップは、より広がっている。

 顧客は、使いやすさ、利便性、セルフ・サービス・ソリューション、および、人と人との対話を必要としていない、他の概念を、望んでおり、期待していることは、事実である。

 ただし、顧客と企業との、つながりが少ないほど、顧客の忠誠心を促す、感情的に、つながる機会が少なくなる。

 賢い企業は、デジタルな世界と、人間と人間の世界間に、必要とされる、バランスを認識するだろう。

 デジタルの便利さ、効率、正確さ、カスタマイズ性といった利点を活用し、人と人(顧客と人間のスタッフ)との感情的なつながりを大切にする、バランスの取れた、顧客サポートを提供できる、企業が、勝つだろう。

デル株式会社

Marvellが、「ThunderX3」チップと、Armサーバのロードマップについて語る。(2)'20.12.17

【Marvellが、「ThunderX3」チップと、Armサーバのロードマップについて語る。(2)】'20.12.17

 Marvellが、「ThunderX3」チップと、Armアーキテクチャのプロセッサを搭載したサーバの、ロードマップについて説明する。2020年3月17日

Arm1b_20201217115201
 By John Russell、hpcwire

 ファブレス半導体メーカのMarvellは、コードネーム「Triton」で呼ばれていた、次世代Armアーキテクチャ・ベースのプロセッサ・チップ(7nm)、「ThunderX3」の詳細を発表した。

Arm1_20201217115001

 Armアーキテクチャ・ベースの「ThunderX3」プロセッサ・チップは、現在サンプリング出荷中であり、2020年後半に、広く利用できるようになる予定になっている。

 Marvellによると、この新しい「ThunderX3」チップは、最大96個のArm v8.3 +コアを備え、コア当り、4スレッドをサポートするため、ソケットあたり最大384スレッドをサポートすることができるという。

Arm1c

 この「ThunderX3」チップは、Armアーキテクチャのプロセッサが得意とする、「モバイル・デバイス」や「パーソナル・デバイス」や「組み込みデバイス」分野ではなく、「高性能コンピューティング(HPC)」や「クラウド用サーバ」分野を、ターゲットにしている。

 Armは、そのRISCプロセッサの特徴である、低消費電力の特徴を活かして、組み込みデバイス、モバイル・デバイス、および、アプライアンス向けの、Armアーキテクチャのプロセッサの設計で、長い間、力を発揮してきた。

   (続き)

 Marvellは、Caviumの買収(2016年に発表、2018年に完了)を通して、Armアーキテクチャの「ThunderX」プロセッサ製品ラインを搭載したサーバで、ようやく成功を収め始めている。

 例えば、Armアーキテクチャの「ThunderX2」プロセッサは、Sandia研究所(Astra)、Los Alamos国立研究所、GW4(Met Office)、および、フランスのCEAにおいて、注目を集めている、スーパーコンピューティング・プロジェクトなどの、「高性能コンピューティング(HPC)」に搭載されている。

 Microsoftは、Azureクラウド・サービス用の一部のサーバで、「ThunderX2」ベースのクラスターを、内部目的で使用している。

 富士通のArmアーキテクチャの「A64FX」プロセッサは、2021年に、理研に展開される、「富岳(Fugaku)」と呼ばれる、スーパーコンピュータに搭載される。

Arm1d


 また、2020年11月に、Cray(2019年5月に、HPEにより買収された)は、富士通とのコラボレーションによる、富士通のArmアーキテクチャの「A64FX」プロセッサを搭載した、スーパーコンピュータ・システムの開発を発表した。

 現在、Armアーキテクチャのプロセッサは、HPCや、クラウドのサーバ用だけでなく、ミッドレンジやローエンドのサーバ用にも、着実に、ターゲットを広げている。

 Intelのx86アーキテクチャの「Skylake」と比較して、MarvellのArmアーキテクチャ「ThunderX2」を見ると、同じプロセス・ノード技術が使用されているが、プロセッサ・チップのサイズが、「ThunderX2」の方が、「Skylake」よりも、約20%から25%小さくなっている。

 このように、RISCベースのArmアーキテクチャを採用した、Marvellの「ThunderX2」の方が、CISCベースのx86アーキテクチャを採用した、Intelの「Skylake」よりも、サイズが小さく、より低消費電力を実現している。

 また、Marvellの「ThunderX3」の7nmと、AMDの「Rome」の7nmのプロセッサ・チップと比較すると、「ThunderX3」の方が、コアが約30%小さい。

 Marvellは、1995年に設立されており、2020年度の収益は、27億ドルだった。

 Marvellには、現在、約5000人の従業員がいる。

 Marvellのルーツは、ストレージ技術にあるが、提供される製品ポートフォリオと市場は、長年に渡って拡大している。

 Marvellは、現在、3つの主要な事業(プロセッサ、ネットワーキング、および、ストレージ)を持っており、Armアーキテクチャのサーバ用チップの、最大のサプライヤであると自負している。

 Armアーキテクチャで、サーバ指向の「ThunderX」ラインは、HPC、クラウド用のサーバ、および、エッジ用のデバイスなどに、採用され始めており、Linuxのような、オープンソースのオペレーティング・システム(OS)を搭載し、Armアーキテクチャのプロセッサの、ネイティブ・アプリを実行する。

 しかし、Armアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップには、Armアーキテクチャのプロセッサ用のオペレーティング・システムには、64ビットのWindowsが搭載されており、32ビットWindowsで動作する、x86アーキテクチャ用アプリは、x86エミュレータで実行され、64ビットWindowsで動作する、x86アーキテクチャ用アプリを実行する、x86エミュレータは、開発中であり、2021年にリリースされる予定である。

 64ビットのWindows用の、x86アーキテクチャ用アプリは、再コンパイルして、Armアーキテクチャ用のアプリに移植し、動作確認してから、Microsoftストアを通して、提供する必要がある。

 また、低消費電力を特徴にしている、Armアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップには、32ビットのWindows用の、x86アーキテクチャ用アプリのエミュレーションにおける、実行性能の低下や互換性といった課題がある。

デル株式会社

Marvellが、「ThunderX3」チップと、Armサーバのロードマップについて語る。(1)'20.12.17

【Marvellが、「ThunderX3」チップと、Armサーバのロードマップについて語る。(1)】'20.12.17

 Marvellが、「ThunderX3」チップと、Armアーキテクチャのプロセッサを搭載したサーバの、ロードマップについて説明する。2020年3月17日

Arm1b_20201217115201

 By John Russell、hpcwire

 ファブレス半導体メーカのMarvellは、コードネーム「Triton」で呼ばれていた、次世代Armアーキテクチャ・ベースのプロセッサ・チップ(7nm)、「ThunderX3」の詳細を発表した。

Arm1a

 Armアーキテクチャ・ベースの「ThunderX3」プロセッサ・チップは、現在サンプリング出荷中であり、2020年後半に、広く利用できるようになる予定になっている。

Arm1c


 Marvellによると、この新しい「ThunderX3」チップは、最大96個のArm v8.3 +コアを備え、コア当り、4スレッドをサポートするため、ソケットあたり最大384スレッドをサポートすることができるという。

 この「ThunderX3」チップは、Armアーキテクチャのプロセッサが得意とする、「モバイル・デバイス」や「パーソナル・デバイス」や「組み込みデバイス」分野ではなく、「高性能コンピューティング(HPC)」や「クラウド用サーバ」分野を、ターゲットにしている。

 Armは、そのRISCプロセッサの特徴である、低消費電力の特徴を活かして、組み込みデバイス、モバイル・デバイス、および、アプライアンス向けの、Armアーキテクチャのプロセッサの設計で、長い間、力を発揮してきた。

 現在、低消費電力で、高度なチップ機能、利用可能なシリコン、新たなアクセラレータ戦略、および、大幅に拡張されたエコシステムで、Armは、HPCやクラウド用サーバ分野をターゲットとする、Armアーキテクチャのプロセッサの採用を促すことを模索している。

   (続く)

デル株式会社

2020年12月16日 (水)

Amazonは、Echoデバイス用の、ライブ通訳機能を発表した。'20.12.16

【Amazonは、Echoデバイス用の、ライブ通訳機能を発表した。】'20.12.16

 Amazonは、Echoデバイス用に、リアルタイムに通訳する、「Live Translation」機能を発表した。2020年12月15日

 By Kelly Hodgkins、digital trends

 Amazonは、異なった言語を使用して、会話している、2人の人同士が、会話できるように、リアルタイムな通訳機能を、Alexaデジタル・アシスタントに組み込んで提供する。

 新たなLive Translationサービスは、AmazonのEchoホーム・デバイスの製品ラインに、提供される。

Dt0a_20201216205801


 Echoホーム・デバイスの所有者は、音声コマンドで、「Live Translation」機能を使用することができる。

 例えば、英語とスペイン語間で、通訳して貰いたい、所有者が、「Alexa、スペイン語に、通訳して」と英語でいうと、Alexaデジタル・アシスタントが通訳してくれる。

 Echoホーム・デバイスは、通訳の準備ができると、ビープ音で、応答する。

 Echoホーム・デバイスの所有者は、Alexaデジタル・アシスタントを通して、異なった言語で話す、相手と、どちらの国の言語(例えば、英語かスペイン語)でも、抑揚やアクセントをつけて、極めて自然に、会話することができるようになる。

 AmazonのAlexaデジタル・アシスタントは、自動的に、所有者や相手が話す、言語を検出し、双方向に通訳して、互いに会話できるようになる。

 Echoホーム・デバイスの所有者は、通訳の結果を聞くことができるようになり、Echo Showスマート・ディスプレイの所有者は、通訳の結果を、見ることも、聞くこともできるようになる。

 所有者は、相手との会話を終了し、通訳の必要がなくなると、「Alexa、ストップ」ということで、通訳のセッションを終了させることができる。

 Alexaデジタル・アシスタントの、新たな「Live Translation」機能は、自然な話言葉を認識する技術や、ニューラル機械通訳技術を利用している。

 Alexaデジタル・アシスタントの通訳機能は、英語と、フランス語、スペイン語、ヒンズー語、ポルトガル語、ドイツ語、あるいは、イタリア語間での、通訳をサポートしている。

 Amazonは、Live Translation機能を、Alexaデジタル・アシスタントに追加することで、AmazonのEchoホーム・デバイスを、Google Assistantデジタル・アシスタントと競合する、デバイスにする。

 GoogleのAssistantデジタル・アシスタントは、2019年以来、いくつかのデバイスで、人間同士の会話を、通訳できるようにしている。

 ユーザは、この通訳サービスを、互換性のある、Androidベースのスマートフォンや、Androidベースのタブレットだけでなく、Googleのスマート・スピーカ、スマート・ディスプレイ、および、スマート・クロックで、利用することができる。

 Amazonは、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、Echoホーム・デバイス上で、自然言語のサポート機能を組み込んだ。

 2019年に、Amazonは、米国のEchoホーム・デバイスの所有者向けに、マルチリンガル・モードを追加した。

 このマルチリンガル・モードは、Alexaデジタル・アシスタントのユーザが、英語やフランス語を含む、複数の国の言語で、自然な話言葉で、Alexaと会話できるようにする。

 Alexaデジタル・アシスタントは、50種類以上の言語をサポートし、単語かフレーズ単位で、通訳・翻訳することができるようになった。

 Amazonは、同社の新しい言語の機能を使用して、ユーザが、家族、友だち、同僚などの間で、基本的な会話を可能にする。

 AmazonのAlexaデジタル・アシスタントは、新しい言語を学習している人たちを、支援することができる。

 AmazonのAlexaデジタル・アシスタントは、旅行者や医療関係者などが、新しい国の言語を覚えることなく、また、通訳者に頼ることなく、他の国の言語を話す人と、自然に会話できるようにする。

 「Amazonが、Live Translation機能を紹介した。」ビデオ

デル株式会社

2021年における、ビジネスの予測(2)'20.12.16

【2021年における、ビジネスの予測(2)】'20.12.16

 筆者は、顧客から、学んだこと、最新の書籍、および、多くの記事を読んだことを、参考にして、調査した結果を紹介する。2020年11月22日

Forb1a

 By Shep Hyken、Forbes

 筆者が、興味のあることは、2021年のトレンドの、いくつかが、ここ数年間も、続いていることである。

 筆者の、1番の来年の予想は、これまでの5年間、同じであった。

 2021年の予想の、筆者のトップ10の内、トップ5を紹介する。

   (続き)

3.利便性が、オプションではなくなった。

 利便性や顧客経験は、企業が、競合他社から、優位に立つのに役立つ可能性のある、差別化要素だった。

 コロナウィルスのパンデミックの問題により、多くの便利な戦略が、付加価値から、顧客から期待される、やり方になるだろう。

 例えば、以前、顧客への商品の配達は、特定の企業が提供する、便利なオプション・サービスだったが、現在の状況において、多くの企業が、配達サービスを、標準のビジネスに組み込むことを試みている。

 顧客サービスや顧客経験の専門家である、「Shep Hyken」氏の、2020年の「Achieveing Customer Amazement Survey」レポートによると、

・顧客の67%が、利便性のために、もっと、支出しても構わないと回答した。

・企業の利便性に、配達サービスが含まれる場合、顧客の90%が、この利便性のために、もっと支出しても構わないと思っていると回答した。

・顧客の96%は、顧客サービスが悪いと、企業のフォローをやめて、他の競合ベンダに、切り替えるだろうと回答した。

・顧客の62%は、優れた顧客サービスには、対価を払う意向だと回答した。

4.仮想とリモートの従業員が、一般的になる。

 コロナウィルスのパンデミックの問題で、多くの企業が、従業員に、自宅で働く方法を学ぶことを強制するようになった。

 これは、コロナウィルスのパンデミックの問題で、企業が、オフィスを閉鎖する必要があり、従業員に、自宅で働いて貰うことが、必要になったからである。

 すべての企業が、100%リモートになる訳ではないが、企業が、必要に応じて、在宅勤務や、リモート作業のレベルを、より快適で、効率的、かつ、効果的にする上で、段階的に、改善するできるようにするためのオプションがある。

5.企業やブランドは、経験を、自動化、および、デジタル化するための、より多くの方法を見つけている。

 デジタル化された、経験は、仕事のプロセスを、可能な所から自動化し、効率化できるだろうが、従業員に、自宅でも働くことのできる方法を、学ぶことを強制したり、実際の、上司や同僚やパートナーとの、精神的なつながりが、稀薄になる可能性もある。

 このため、企業は、仕事のプロセスの自動化を促すと共に、従業員が、自宅や、遠隔地で、作業できるようにすると共に、上司や同僚、あるいは、ビジネス・パートナーや顧客とも、いくつかの方法で、コミュニケート(テキスト、音声、ビデオ・チャットなど)したり、コラボレート(ビデオ会議、SNSやグループウェアなどでの、コンテンツやデータの共有など)したり、できるようにする必要がある。

 これらのForbesの予測が現実のものとなったことを、具体的に、知りたい場合は、コロナウィルスのパンデミックの、最初の数ヶ月で、実際に、何が起こったかを見てみよう。

 企業は、従業員が、自宅でも、仕事ができるよう、Webベースや、クラウド・ベースの、ビデオ会議、グループウェア、企業SNS、職場SNS、生産性ツール、業務アプリといった、アプリを採用し、従業員を訓練し、支援することが必要になった。

       (続く)

デル株式会社

2020年12月15日 (火)

2021年における、ビジネスの予測(1)'20.12.15

【2021年における、ビジネスの予測(1)】'20.12.15

 筆者は、顧客から、学んだこと、最新の書籍、および、多くの記事を読んだことを、参考にして、調査した結果を紹介する。2020年11月22日

Forb1a

 By Shep Hyken、Forbes

 筆者が、興味のあることは、2021年のトレンドの、いくつかが、ここ数年間も、続いていることである。

 筆者の、1番の来年の予想は、これまでの5年間、同じであった。

 2021年の予想の、筆者のトップ10の内、トップ5を紹介する。

1.顧客は、継続して、以前よりも、賢くなり続けている。

 顧客は、顧客サービスや顧客経験に関して、より賢くなり続けている。

 顧客は、あらゆるタイプのビジネスから、期待している、より優れた、顧客サービスを受けている。

 顧客の標準的な、期待に合うよう、顧客サービスや顧客経験を改善することが、難しくなってきた。

 顧客は、直接、競合する企業と、比較するのではなく、顧客が、これまで受けた、最も優れた、サービスと比較する、傾向がある。

 個人的に、筆者は、最も気に入った、顧客サービスと比較することは、良いことだと思う。

 自分の顧客サービスに対し、対価を得ることを期待している、企業は、期待されたレベルの顧客サービスを提供すべきである。

 顧客は、より高い期待を満足させる、顧客サービスを提供する、ブランドに、継続的に期待をしている。

 ブランドや企業は、より良い顧客経験を提供する方法への、投資を続けている。

 顧客は、より賢くなるので、顧客サービスや顧客経験が、企業にとって、価格や製品と共に、重要になる。

2.最近の顧客は、せっかちになる。

 最近の顧客は、「今すぐ(NOW)」を望む、傾向がある。

 2020年初めに、筆者らは、「2020 Achieving Customer Amazement Survey」レポートをリリースした。

 この調査レポートによると、顧客の96.2%は、「顧客サービスや顧客経験が、思わしくない企業から、離れる。」と回答していた。

 顧客サービスや顧客経験は、コロナウィルスのパンデミック発生の後に、より重要になってきた。

 顧客は、コロナウィルスのパンデミック発生の、最初の数カ月の間に、取引した企業に対して、より我慢強くなる、傾向が見られた。

 顧客は、何社かの企業が、コロナウィルスのパンデミックの発生前のレベルに、顧客サービスや顧客経験のレベルが戻ったのを見たので、顧客の満足度が低下してきた。

 このような状況において、顧客は、忍耐力が低下し、よりせっかちになった。

 また、このような状況において、顧客は、「今すぐを望む顧客」になる傾向があり、すぐに欲しいものが手に入ることを期待している。

 「今すぐを望む顧客」は、レジなどの待ち行列に並んだり、保留したりする、忍耐に欠けている。

 顧客は、オンラインで、注文することができ、すぐに配達して貰ったりすると、顧客経験を楽しむために、頭脳を訓練しており、各ビジネスから、優れた顧客経験を得ることを望むようになる。

 コロナウィルスのパンデミックの発生の後、顧客は、商品が配達されるのを、長い間まったり、保留したり、レジなどの待ち行列に並んで待ったりすことを、望んでおらず、「今すぐを望む顧客」になる傾向がある。

   (続く)

デル株式会社

2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンド(4)'20.12.15

【2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンド(4)】'20.12.15

 2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンドを紹介する。2020年12月7日

 By eWeek Editors

 eWEEKは、2社のトレンディーな企業、EY AmericasとAlgorithmiaが示した、考察から、2021年に対する、洞察を提供する。

 2020年の、eWEEKの予測における、最新の洞察は、EY AmericasのDave Padmos氏と、AlgorithmiaのCEOの、Diego Oppenheimer氏からの、情報に基づいている。

 IBMに買収された、EYは、IBM Watson Discoveryにより、サポートされた、IBM Cloudに、ホストされた、人工知能(AI)プラットフォーム、EY Diligence Edgeを作成している。

 Algorithmiaは、組織のために、「MLOps」を自動化する、機械学習モデルの展開と管理ソリューションである。

 2社のトレンディな会社、EY AmericasとAlgorithmiaの考えに基づいて、2021年に対する、洞察を紹介する。

    (続き)

6.EY Americasの考える、トレンド:データ保護と廃棄は、重要性を増すだろう。

 ITセキュリティが、これまで以上に重要になった時代は、ないだろう。

 データのプライバシーとセキュリティに対する懸念は、2021年に、さらに、増加するだろう。

 EY Americasが調査した、米国の消費者の75%は、信頼できるWebサイトを使用している場合でも、個人情報や財務情報の開示に、慎重であると回答していた。

 ただし、米国の他の消費者は、最近のデータ・プライバシー規制と、その影響に、気づいていなかった。

 データの配置は、企業の全体的な、ガバナンスの取り組みにとって、ますます重要になるだろう。

 堅牢な、データ処理プログラムを構築するには、戦略的な意思決定と考慮、および、さまざまな主な利害関係者との入力と統合が、要求される。

 データの処分には、データの所有者、コンプライアンス、法務、IT、サイバー・セキュリティが、データの廃棄と保持の要件を同時に満たしながら、業務を行えるようにするための戦略を立案する必要がある。

7.EY Americasの考える、トレンド:データ処理プラットフォームが、中心になるだろう。

 すべての企業は、ビッグデータに取り組む必要があるだろう。

 ただし、ビッグデータは、1980年代に造られた用語で、今では、あまり使われていない。

 現在、データの維持と保存のためのコストは、クラウド・ストレージ・サービスが、一般的になってきたので、他のコストと比較して、取るに足らないものになりつつある。

 ただし、データを理解して、利用しようとするときに生じる、複雑さは、デジタル変革ンを成功させる上で、最大の障害となることがよくある。

 単純明快で、ほとんどの企業は、データを無視しているため、複雑さが生じており、データ自体を管理し、理解するだけでなく、データを処理するために構築された基盤となる、多面的なシステムに、複雑さが、もたらされる。

 レガシー・ビジネスにおける、データの価値は、数10億ドル規模のエンティティとして、出現している、最近のスタートアップによって、さらに明白にされている。

 皮肉なことに、これらのスタートアップは、レガシー・ビジネスに代わって、複雑なセット、プール、データのレイクへの洞察を得るための、基盤、アプリ、および、ツールを提供している。

 今後、企業は、データ、ビジネス・プロセス、および、システム間の関係を、より明確に理解する必要があるだろう。

 エコシステムを実現し、分析と洞察を導き出し、さらに、自動化と新しい技術(機械学習やブロックチェーンなど)を提供するための、費用効果が高く、効率的なソリューションを提供する、データ固有のプラットフォームの必要性は、効率的なデータ処理プラットフォームとソリューションを設計することによって達成されるだろう。

 「2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンドのリスト」

1.EY Americasの考える、トレンド:消費ビジネス・モデルの使用が、増加するだろう。

2.EY Americasの考える、トレンド:販売とマーケティングは、新たな営業モデルをサポートするために、変革するだろう。

3.EY Americasの考える、トレンド:信頼できる、より多くの「サービスとしての、ソフトウェア(SaaS)」製品が開発され、クラウドで提供される。

4.EY Americasの考える、トレンド:クラウドへの投資が、さらに加速し、クラウドが、さらに進化するだろう。

5.EY Americasの考える、トレンド:サプライチェーンの迅速な対応が、より重要になるだろ。

6.EY Americasの考える、トレンド:データ保護と廃棄は、重要性を増すだろう。

7.EY Americasの考える、トレンド:データ処理プラットフォームが、中心になるだろう。

デル株式会社

2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンド(3)'20.12.15

【2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンド(3)】'20.12.15

 2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンドを紹介する。2020年12月7日

 By eWeek Editors

 eWEEKは、2社のトレンディーな企業、EY AmericasとAlgorithmiaが示した、考察から、2021年に対する、洞察を提供する。

 2020年の、eWEEKの予測における、最新の洞察は、EY AmericasのDave Padmos氏と、AlgorithmiaのCEOの、Diego Oppenheimer氏からの、情報に基づいている。

 IBMに買収された、EYは、「IBM Watson Discovery」により、サポートされた、IBM Cloudに、ホストされた、人工知能(AI)プラットフォーム、「EY Diligence Edge」を作成している。

 Algorithmiaは、組織のために、「MLOps」を自動化する、機械学習モデルの展開と管理ソリューションである。

 2社のトレンディな会社、EY AmericasとAlgorithmiaの考えに基づいて、2021年に対する、洞察を紹介する。

    (続き)

5.EY Americasの考える、トレンド:サプライチェーンの迅速な対応が、より重要になるだろ。

 サプライチェーンとは、製品の原材料・部品の調達から、製造、在庫管理、物流、販売までの、一連の流れのことである。

 コロナウィルスのパンデミックは、サプライチェーンに、可能な限り、回復力のあることが、重要なことを教えてくれた。

 完全に変革された、サプライチェーンが、どのように見えるか、サポートするために必要な技術は何か、を理解するために、企業は、サプライチェーンの「迅速対応チーム(RRT)」を結成するだろう。

 「迅速対応チーム(RRT)」は、製造、運輸、部品やコンポーネントの混乱、および、需要の減少、あるいは、増加に備えるために、複数のシナリオを想定しよう。

 サプライチェーンのコストを削減しなければならないことが、2021年の企業にとって、おそらく、最も差し迫った課題になるだろう。

 サプライチェーンのコストを削減するために、企業は、調達戦略、製造と物流のフットプリントを、合理化し、最適化して、サプライチェーンを、機敏で、ネットワーク化されたエコシステムに変換するようになるだろう。

 高度にスケーラブルなシナリオ・プランニングは、サプライチェーンのオペレータにとって、不可欠になるだろう。

 また、5G移動通信ネットワークは、設備や装置などの、保守や維持管理、品質管理、在庫管理といった、さまざまな業務を、より効率化し、スマート工場ソリューションを可能にするのに、有効だろう。

 例えば、企業は、各種センサーから、インターネットを介して収集した、データを活用して、生産プロセスから、物流、販売まで、各項目を監視し、管理者が、隠れたダウンタイム・リスクを、より確実に理解し、歩留まり、在庫、および、物流などの効率を、さらに向上させることが、可能になる。

    (続く)

デル株式会社

2020年12月14日 (月)

Nvidiaが、Armアライアンスを深める。(2)'20.12.14

【Nvidiaが、Armアライアンスを深める。(2)】'20.12.14

 Nvidiaは、プロセッサ・チップの知的所有権(IP)ベンダである、Armを買収するという、画期的な契約を結ぶことを見越して、「AI」、「HPC」、および、「ネットワーク・エッジ」に、ビジネスの範囲を拡大し、パートナーのエコシステムを広げようとしている。2020年10月8日

 By George Leopold、HPCwire

 Nvidiaの、Armアライアンスは、すべて、モバイル・デバイスや、エッジ・アプリだけでなく、サーバ用やHPC用のプロセッサに、Armベースのアーキテクチャを使用することを模索している。

 2020年10月中旬に開催された、「Arm開発者イベント」で、NvidiaのCEO、Jensen Huang氏は、GPUチップのパートナーを増やすと共に、Armのビジネス・モデルを維持しながら、統合していく戦略を打ち出した。

   (続き)

 2020年5月にリリースされた、NvidiaのAmpere A100 GPUには、フランスの物理学者である、Ampereの名前が付いている。

 Huang氏は、同じ、Ampereの名前が付いた、Ampere Computingという、Armアーキテクチャのチップを作成している、スタートアップとの、コラボレーションを発表した。

 2年前に、設立されて以来、Ampere Computingは、より多くのArmアーキテクチャのコアを詰め込んだ、クラウド・ネーティブの「Altra」プロセッサを構築し、合計で、128コアを、プロセッサに詰め込んだ。

 2020年末までに、Ampere Computingは、128コアを詰め込んだ、「Altra」プロセッサのサンプルの出荷を開始することを、計画している。

Arm1b


 Nvidiaのディレクター、Duncan Poole氏は、Ampere ComputingとNvidiaは、Armアーキテクチャの、CPUとGPUを結合するための、Cuda-Xツールを使用している、参照設計を作成することで、協調していると述べた。

 最近、Nvidiaは、同社の「Mt.Jade」サーバのプラットフォームを、クラウドに拡張することで、Ampere Computingと、パートナーを組む。

 「Altra」プロセッサをベースにしたシステムは、「2つの、80コアを持つ、Armアーキテクチャ・ベースのSoC(CPU)」、「4つのNvidia T4(GPU)」、および、「Nvidia Mellanox BlueField-2(DPU)」で構成されている。

Arm1

 チップのパートナー関係の殆どは、Nvidiaが、400億ドルで、Armを買収する、数カ月前に、築かれていた。

 Mellanoxとの契約と共に、Nvidiaとのアライアンスは、データセンターでの、Intelのx86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの優位性に挑戦し、NvidiaのリーチをHPCにまで拡大しながら、ハードウェア、ソフトウェア、開発ツールを支配するという、Huang氏の包括的な戦略への手がかりになるだろう。

 英国のプロセッサ・チップのIPベンダである、Armは、これまでの、モバイル・デバイス向け主体の、Armアーキテクチャのプロセッサだけでなく、ラップトップなどのPC、サーバ、さらに、高性能コンピューティング(HPC)まで、さまざまな種類のデバイス向けの、Armアーキテクチャのプロセッサにも、ビジネスを拡大させていく意向である。

 Huang氏によると、Nvidiaは、CPU、GPU、DPUで構成された、「Altra」プロセッサをベースにしたシステムが、特に、「高性能コンピューティング(HPC)」、「クラウド」、「エッジ・コンピューティング」、「自律マシン」といった分野で、利用されるようになることを、模索していくという。

 エッジ・コンピューティングとは、ネットワークの端点でデータ処理を行うことで、負荷を分散させると共に、トラフィックを減らし、通信遅延を解消するための技術である。

 ArmのSegars氏は、「IoTでは、データがある場所で、処理が実行されるようになるだろう。」と述べた。

デル株式会社

2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンド(2)'20.12.14

【2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンド(2)】'20.12.14

 2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンドを紹介する。2020年12月7日

 By eWeek Editors

 eWEEKは、2社のトレンディーな企業、EY AmericasとAlgorithmiaが示した、考察から、2021年に対する、洞察を提供する。

 2020年の、eWEEKの予測における、最新の洞察は、EY AmericasのDave Padmos氏と、AlgorithmiaのCEOの、Diego Oppenheimer氏からの、情報に基づいている。

 IBMに買収された、EYは、IBM Watson Discoveryにより、サポートされた、IBM Cloudに、ホストされた、人工知能(AI)プラットフォーム、EY Diligence Edgeを作成している。

 Algorithmiaは、組織のために、「MLOps」を自動化する、機械学習モデルの展開と管理ソリューションである。

 2社のトレンディな会社、EY AmericasとAlgorithmiaの考えに基づいて、2021年に対する、洞察を紹介する。

   (続き)

3.EY Americasの考える、トレンド:信頼できる、「サービスとしての、ソフトウェア(SaaS)」製品を開発して、クラウドで提供する。

 「サービスとしての、ソフトウェア(SaaS)」製品と営業のリーダにとって、重要なことは、ソフトウェアの開発と、同様の厳密さで、SaaS製品のパッケージを開発し、クラウドで提供することである。

 代表的な、700社の技術企業を対象とした、最近のEY Americasのグローバルな調査によると、より良いパッケージを作成することが急務になっていることが分かった。

 ソフトウェア・ベンダの回答者は、購読ベースの販売へ移行し、SaaSとして提供する上での、上位3つの課題は、価格設定モデルの適応、ソリューション、または、統合サービスの定義、および、顧客への説得力のある価値の提案であると述べた。

 これら3つの課題は、すべて、売り手のニーズを満たすために、顧客への説得力のある、価値の提案が、できるようにする、SaaSパッケージをデザインすることを中心に、展開される。

 2021年には、ソフトウェア・ベンダは、SaaSパッケージ市場に適合させるための、準備をすることにより、収益を改善する機会を、より適切に特定できるようになる。

 これらのSaaSパッケージ製品は、引き続き改善されているため、営業チームの再トレーニングが、引き続き必要になる。

4.EY Americasの考える、トレンド:クラウドへの投資が、さらに加速し、クラウドが、さらに進化する。

 COVID-19の危機以前のEYの調査によると、企業の60%が、2018年と2019年に、技術への投資の、最も大きな割合を、クラウドへの投資が占めていると回答し、企業の53%が、今後、2年間に、最も大きな割合を、クラウドへの投資が、占める可能性が高いと回答している。

 COVID-19の危機が続き、在宅勤務が、一般的になり、遠隔地での作業をサポートする、技術への支出と、クラウドへの投資が急増している。

 クラウド・サービスは、進化を続けるので、成熟したデジタル企業でさえ、コストを最適化し続けながら、クラウドへの支出を効率的に管理しなければならない、という課題を持っている。

 クラウドは、もはや最先端の技術の実験ではない。

 実際、クラウドは、ビジネス要件であり、より優れた経済性と、さらなる革新を促している。

 次に、企業は、データ分析、人工知能(AI)、ソフトウェア・ロボットといった、クラウド対応機能を利用して、コストを削減したり、新しいクラウド・サービスから収益を生み出したりすることに、取り組んでいる。

   (続く)

デル株式会社

Nvidiaが、Armアライアンスを深める。(1)'20.12.14

【Nvidiaが、Armアライアンスを深める。(1)】'20.12.14

 Nvidiaは、チップIPベンダである、Armを買収するという、画期的な契約を結ぶことを見越して、「AI」、「HPC」、および、「ネットワーク・エッジ」に、ビジネスの範囲を拡大し、パートナーのエコシステムを広げようとしている。2020年10月8日

 By George Leopold、HPCwire

 Nvidiaの、Armアライアンスは、すべて、モバイル・デバイスや、エッジ・アプリだけでなく、サーバ用やHPC用のプロセッサに、Armベースのアーキテクチャを使用することを模索している。

 2020年10月中旬に開催された、「Arm開発者イベント」で、NvidiaのCEO、Jensen Huang氏は、GPUチップのパートナーを増やすと共に、Armのビジネス・モデルを維持しながら、統合していく戦略を打ち出した。

 Huang氏によると、Nvidiaは、AI分野において、ハードウェアとソフトウェア間の相乗効果を生み出す、取り組みにおいて、富士通、Marvell Technologies、Ampere Computingとのパートナーシップに注目しているという。

 Huang氏によると、この3社(富士通、Marvell、Ampere)には、CPU(Central Processing Unit)、GPU(Graphics Processing Unit)、および、データ・ストリームを処理する、DPU(Data Processing Unit)のアレイを組み合わせて、「一般的なコンピューティング・プラットフォームを完成させる」ための、最初のパートナーとしての役割を期待しているという。

Arm1

 Nvidiaと富士通のコラボレーションは、現在、世界のスーパー・コンピューティング・ランキングで、トップになっている、「富岳(Fugaku)」スーパー・コンピューターに、採用されている、富士通の、Armベースの「A64FX」プロセッサに焦点を合わせている。

 Huang氏によると、Nvidiaは、パートナーと共に、数10ミリワットの組み込みコントローラから、最速のスーパー・コンピュータまで、さまざまな規模のデバイスに、Armアーキテクチャのプロセッサが、採用されるようになることに、注力していくという。

 Huang氏によると、Nvidiaの技術者は、富士通の「A64FX」の「Scalable Vector Extensions(SVE)」をサポートすることに、取り組んでいるという。

 昨年11月に、「Marvell」は、Armアーキテクチャ互換のサーバ・プロセッサの「ThunderX」ファミリで、NvidiaのGPUをサポートする意向を表明していた。

 また、Marvellは、Nvidiaの「Cuda-X AI」ツール、HPCライブラリ、AIフレームワーク、ソフトウェアを、「ThunderX」プラットフォームに移植している。

 Huang氏によると、Nvidiaは、「Arm v8-A」アーキテクチャに基づく、GPUで高速化された、64ビットのサーバ・プロセッサを、HPC、クラウド、および、エッジ・コンピューティングで、採用されることを目指しているという。

   (続く)

デル株式会社

2019年から2024年までの、世界の高性能コンピューティング(HPC)サーバで使用するために販売された、あるいは、販売される、Armアーキテクチャのプロセッサの数 '20.12.14

【2019年から2024年までの、世界の高性能コンピューティング(HPC)サーバで使用するために販売された、あるいは、販売される、Armアーキテクチャのプロセッサの数】'20.12.14

 2019年から2024年までの、世界の高性能コンピューティング(HPC)サーバで使用するために販売された、Armアーキテクチャのプロセッサの個数の実績と見積りを紹介する。2020年7月7日

 by Thomas Alsop、Statista

表1)2019年から2024年までの、世界の高性能コンピューティング(HPC)サーバで使用するために販売された、Armアーキテクチャのプロセッサの個数の実績と見積り

年     販売個数

2019年  50万個
2020年  23万3000個
2021年  35万1000個
2022年  54万4000個
2023年  50万6000個
2024年  61万個

 ソース:Statista、2020年7月

 Statistaは、世界中のHPCサーバで使用するために販売された、Armアーキテクチャのプロセッサの個数は、2019年後半の時点で、2024年には、約61万個になると、見積もっている。

 ちなみに、2024年に、世界中のHPCサーバで使用するために販売される、Armアーキテクチャのプロセッサの個数は、前年の2023年よりも、10万個以上多くなる、見込みである。

 Statistaは、2019年から2024年までの、世界中のHPCサーバで使用するために販売される、Armアーキテクチャのプロセッサの個数の、年間増加率(CAGR)は、64.7%になると予測している。

<参考>

 スーパーコンピュータ「富岳」に採用された、高性能プロセッサ、「FUJITSU Processor A64FX」は、Armv8.2-A命令セットアーキテクチャーを、実装しているようだ。

デル株式会社

2020年12月13日 (日)

世界のサーバの売上が、2020年3Qに、前年同期から、2.2%増加した。'20.12.13

【世界のサーバの売上が、2020年3Qに、前年同期から、2.2%増加した。】'20.12.13

 IDCによると、世界のサーバの売上は、2020年3Qに、前年同期から、2.2%増加したという。2020年12月9日

 By businesswire、IDC

 IDC Worldwide Quarterly Server Trackerによると、世界のサーバの売上は、2020年3Qに、前年同期から、2.2%増加して、226億ドルになる見込みである。

 世界のサーバの出荷台数は、2020年3Qに、前年同期から、0.2%減少し、310万台近くになった。

 2020年3Qに、ボリューム・サーバの売上は、前年同期から、5.8%増加して、190億ドルになった。

 これに対し、ミッドレンジ・サーバの売上は、前年同期から、13.9%減少して、26億ドルになり、ハイエンド・サーバの売上は、前年同期から、12.6%減少して、9億3700万ドルになった。

 地域的な観点から、2020年3Qに、中国における、サーバの売上は、前年同期から、14.2%増加した。

 「AMDのx86アーキテクチャ互換のプロセッサ」を搭載した、サーバの、2020年3Qにおける、世界の売上は、前年同期から、112.4%も増加した。

 これに対し、「ARMアーキテクチャ互換のプロセッサ」を搭載した、サーバの、2020年3Qにおける、世界の売上は、前年同期から、430.5%も増加したが、売上自体は、そんなに多くない。

 2020年3Qにおける、ベンダごとの、サーバの売上

 DellとHPEのサーバの売上は、統計的タイの、トップであり、Dellの売上シェアは、16.7%で、HPEの売上シェアは、15.9%であった。

 Inspurのサーバの売上シェアは、9.4%になり、3位であった。

 Lenovoは、サーバの売上シェアが、5.9%になり、Huaweiは、サーバの売上シェアが、4.9%になり、統計的タイの、4位になった。

 ODM直接のグループは、サーバの売上シェアが、28.0%を占めており、売上の年間増加率が、8.4%であった。

表1)2020年3Qにおける、世界のサーバの売上、売上シェア、年間増加率

  (単位:100万ドル)

       2020年3Q 2020年3Q 2019年3Q 2019年3Q  年間
ベンダ     売上    シェア   売上    シェア   増加率

Dell     $3,757.8  16.65%  $3,779.1   17.12%   -0.6%

HPE     $3,596.9  15.94%  $3,737.9   16.93%   -3.8%

Inspur    $2,114.7  9.37%  $1,973.3   8.94%    7.2%

Lenovo    $1,326.0  5.88%  $1,189.8   5.39%   11.4%

Huawei    $1,098.9  4.87%   $916.7   4.15%   19.9%

ODM直接   $6,303.3  28.03%  $5,816.0  26.34%  8.4%

その他    $4,367.9  19.36%  $4,663.8  21.13%  -6.3%

合計     $22,565.6  100.00%  $22,076.6  100.00%  2.2%

ソース:IDC Worldwide Quarterly Server Tracker、2020年12月8日

グラフ1)2020年3Qにおける、世界のサーバの売上の、トップ5ベンダの売上シェア

Idc1_20201213202401

表2)2020年3Qにおける、世界のサーバの出荷台数、売上シェア、年間増加率

  (単位:100万ドル)

       2020年3Q 2020年3Q 2019年3Q 2019年3Q  年間
ベンダ     売上    シェア    売上    シェア   増加率

Dell     502,409   16.39%   502,306   16.36%    0.0%

HPE     425,117   13.87%   459,395   14.96%    -7.5%

Inspur    296,121  9.66%   314,975   10.26%    -6.0%

Huawei    177,729  5.80%   156,150   5.08%    13.8%

Lenovo    163,908  5.35%  204,040   6.64%    -19.7%

ODM直接    989,024  32.26%  896,625  29.19%  10.3%

その他    511,482   16.68%   537,752  17.51%   -4.9%

合計l    3,065,791  100.00%  3,071,244  100.00%  -0.2%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Server Tracker, December 8, 2020

 世界のサーバ市場の調査で、分かったこと

 2020年3Qに、中国は、サーバの売上が、前年同期から、14.2%と、最も、増加した。

 2020年3Qに、アジア・パシフィック(中国と日本を除く)は、サーバの売上が、前年同期から、3.0%増加していた。

 これに対し、ラテン・アメリカと、北米における、サーバの売上は、前年同期から、それぞれ、1.5%と1.8%増加していた。

 ちなみに、カナダにおける、サーバの売上は、前年同期から、13.1%増加していたが、米国における、サーバの売上は、前年同期から、1.5%増加していた。

 2020年3Qに、EMEAと日本における、サーバの売上は、前年同期から、それぞれ、4.9%、21.4%増加していた。

 2020年3Qに、x86サーバの売上は、前年同期から、1.6%増加して、210億ドル近くになっており、非x86サーバの売上は、前年同期から、10.4%増加して、16億ドル近くになった。

デル株式会社

農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(9)'20.12.13

【農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(9)】'20.12.13

 「モノのインターネット(IoT)」を採用した、「スマート農業」の適用事例を紹介する。2020年7月7日


Faas0i_20201213114501

 By Eastern Peak

 コンサルティング会社、Eastern Peakが、「スマート農業」の適用事例を紹介する。

 「モノのインターネット(IoT)」の採用が進むにつれ、インターネットに接続されたデバイス(コネクティッド・デバイス)は、健康&フィットネス、ホーム・オートメーション、乗り物、ロジスティクスから、スマート・シティや産業用IoTまで、我々の生活に浸透してきており、農業の分野においても、「IoT」、「コネクティッド・デバイス」、および、「自動化」の、適用事例を見つけることができる。

 コンサルティング会社、Eastern Peakは、農業における、「スマート農業」の適用事例を調査し、そのメリットを検証している。

3.スマート農業における、IoTの適用事例

 IoTで、農業を改善できる、スマート農業における、「モノのインターネット(IoT)」の適用事例を紹介する。

   (続き)

4.農業ソリューション

 デジタル変革のコンサルティング・サービスやソフトウェア開発ソリューションのプロバイダ、「Eastern Peak」の「スマートIoTソリューション」で、農業ビジネスを成長させる。

 国連食糧農業機関(FAO)は、世界の人口が、2050年までに、90億人を超えると予想している。

 FAOによると、2050年までに、世界の人口が、90億人を超えると、十分な食料を供給するには、農業生産量を、現在(2020年)から、50%増加させる必要があるという。

 コンサルティング会社、「Eastern Peak」によると、農業経営のための資源は、限られているため、農業生産量を増やす、唯一の方法は、生産効率を改善することだという。

 スマート農業が、この課題への取り組みに、どの程度役立つかについて、疑問の余地はないだろう。

 Eastern Peakは、農家の特定のニーズに合わせた、スマート農業向けのカスタムIoTソリューションを開発している。

 それでは、スマート農業を、どのように開始したら、いいだろう?

 家畜や作物や土壌の追跡から、高度なフィールド・マッピングまで、スマート農業における、IoTの適用例は、市場セグメント、気候、地域に応じて、農場ごとに異なる。

 このため、農場ごとに、カスタマイズされた、スマート農業向けの、IoTソリューションが必要になることがある。

 Eastern Peakは、顧客固有のニーズを満たすために、各顧客に、個別にアプローチし、顧客が、カスタムIoTソリューションを構築するのを、全面的に支援している。

 Eastern Peakによると、顧客固有のニーズを特定することが、IoTアプリ開発の強固な基盤を築くための、最初のステップだという。

 これには、「機能仕様」、「ユーザ経験(UX)とユーザ・インタフェース(UI)の設計」、および、「最終製品の明確なビジョンを提供する、ビジュアル・プロトタイピング」が含まれる。

 Eastern Peakによると、顧客固有のニーズを特定する、フェーズは、平均して、4~6週間かかるという。

 「顧客固有のニーズを特定する」フェーズは、次のことに役に立つ。

・作業の全体的な範囲を定義し、プロジェクトのロードマップを作成する。
・現実的な予算を設定し、リソースを計画する。
・ビジュアルなプロトタイプを使用して、参加者と一緒に、テストを実施する。
・説得力のある投資ピッチを作成する。
・チームを知る。

 Eastern Peakは、既に、多くのスタートアップや、フォーチュン500企業を支援しており、技術の助けを借りて、業務のデジタル化と合理化を行っている。

 Eastern Peakは、コンサルティングだけでなく、ハードウェアの設計から、ソフトウェア開発、テスト、システム統合まで、さまざまなビジネス・ドメインに渡り、顧客の要件に適合した、IoTソリューションを構築する、エンドツーエンドのサービスを提供している。

デル株式会社

農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(8)'20.12.13

【農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(8)】'20.12.13

 「モノのインターネット(IoT)」を採用した、「スマート農業」の適用事例を紹介する。2020年7月7日

Faas0i_20201213114501

 By Eastern Peak

 コンサルティング会社、Eastern Peakが、「スマート農業」の適用事例を紹介する。

 「モノのインターネット(IoT)」の採用が進むにつれ、インターネットに接続されたデバイス(コネクティッド・デバイス)は、健康&フィットネス、ホーム・オートメーション、乗り物、ロジスティクスから、スマート・シティや産業用IoTまで、我々の生活に浸透してきており、農業の分野においても、「IoT」、「コネクティッド・デバイス」、および、「自動化」の、適用事例を見つけることができる。

 コンサルティング会社、Eastern Peakは、農業における、「スマート農業」の適用事例を調査し、そのメリットを検証している。

3.スマート農業における、IoTの適用事例

Faas0i1_20201213115301


 IoTで、農業を改善できる、スマート農業における、「モノのインターネット(IoT)」の適用事例を紹介する。

   (続き)

6)インターネットへの接続性

 多くの農業施設にとって、データを送受信する必要のあることは、スマート農業を採用する上で、依然として課題になっている。

 農業施設間の接続は、悪天候に耐え、無停止での運用を保証するのに十分な、信頼性と保守性が必要である。

 現在、IoT対応デバイスは、さまざまな「接続プロトコル」を使用していますが、IoTの分野で、統一された標準を開発する取り組みが、現在進行中である。

 5G移動通信サービスや、宇宙ベースのインターネット接続のような技術の出現は、うまくいけば、IoT対応デバイスにおける、課題の解決策を見つけるのに役立つだろう。

7)データ収集の頻度

 農業界でも、データのタイプが多種多様であるため、最適なデータ収集頻度を確保することは、課題になる可能性がある。

 農場ベースの空中センサーや環境センサーなどで、収集されたデータや、処理され、分析されたデータは、制限や規制の対象となる可能性もある。

 今日、安全で、タイムリーな、データの配信や共有は、現在のスマート農業の課題の1つである。

8)農業における、データ・セキュリティ

 精密農業とIoT技術は、大量のデータを処理することを意味しており、これにより、加害者が、データの盗難やハッキング攻撃に使用できる、潜在的なセキュリティの抜け穴の数が増加する。

 現在、農業において、機密性のあるデータが、少ないので、データ・セキュリティは、依然として、あまり重要視されていない。

 しかし、最近では、多くの農場で、例えば、データを農業機械に送信する、ドローンを使用しているが、インターネットに接続されている、現在の農業機械には、ユーザID、パスワード、あるいは、リモート・アクセス認証などの、セキュリティ保護が、あまり、されていない。

 基本的な「IoTセキュリティ」の推奨事項には、「データ・トラフィックの監視」、「暗号化方式を使用した、機密データの保護」、「AIベースのセキュリティ・ツールの活用した、疑わしい行動の痕跡のリアルタイムな検出」などがある。

 IoT対応デバイスを、最大限に活用するには、農家は、データ・セキュリティの概念に精通し、内部セキュリティ・ポリシーを設定し、それらを順守する必要があるだろう。

    (続く)

デル株式会社

2020年12月12日 (土)

農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(7)'20.12.12

【農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(7)】'20.12.12

 「モノのインターネット(IoT)」を採用した、「スマート農業」の適用事例を紹介する。2020年7月7日

 By Eastern Peak

 コンサルティング会社、Eastern Peakが、「スマート農業」の適用事例を紹介する。

 「モノのインターネット(IoT)」の採用が進むにつれ、インターネットに接続されたデバイス(コネクティッド・デバイス)は、健康&フィットネス、ホーム・オートメーション、乗り物、ロジスティクスから、スマート・シティや産業用IoTまで、我々の生活に浸透してきており、農業の分野においても、「IoT」、「コネクティッド・デバイス」、および、「自動化」の、適用事例を見つけることができる。

 コンサルティング会社、Eastern Peakは、農業における、「スマート農業」の適用事例を調査し、そのメリットを検証している。

3.スマート農業における、IoTの適用事例

 IoTで、農業を改善できる、スマート農業における、「モノのインターネット(IoT)」の適用事例を紹介する。

   (続き)

7)精密農業と予測的なデータ分析が、連携していく。

 IoTとスマート・センサー技術は、高度に関係した、リアルタイムなデータに対する、金脈になる。

 データ分析の使用は、農家が、それを理解し、作物の収穫時期、病気のリスク、収穫量などを、予測するのに、役立つだろう。

 データ分析ツールは、天候や気象条件、管理性、予測可能性に、高く依存している、農家を支援する。

 例えば、Crop Performanceプラットフォームは、農家が、洪水や干ばつの予測と共に、それに関連した、作物の収穫量や品質を予測する、情報を利用できるよう支援する。

 Crop Performanceプラットフォームは、農家が、作物の品質を改善するために、水や肥料を、作物に供給するのを、最適化できるようにして、水や肥料を削減できるようにする。

 農業に適用される、SoilScoutのソリューションは、農家が、農業用水を、最大50%節約できるようにする。

 SoilScoutのソリューションは、農家が、季節や天候の条件に関わらず、農業用水が、作物に、適切な量だけ、供給できるようにする。

 「Soil Scoutのソリューションの紹介」ビデオ

8.スマート農場の「生産性管理システム」を構築する。

 農業における、IoT製品への、より複雑なアプローチは、いわゆる、農場の「生産性管理システム」で、表現することができる。

 スマート農場の「生産性管理システム」には、通常、分析能力、会計とレポート処理機能を持つ、強力なダッシュボードと共に、農場に設置されている、さまざまな農業用のIoTデバイスやセンサーが、含まれている。

 このスマート農場の「生産性管理システム」は、遠隔地から農場を監視する能力を提供し、農作業の多くを、効率化できるようにする。

 似たような、スマート農場の「生産性管理システム」のソリューションは、FarmLogsやCropioにより、提供されている。

 リストされている、スマート農業の適用事例に加え、他の目立った、生産性管理システムの適用事例には、乗り物の追跡、ストレージの管理、ロジスティックなどが含まれる。

Faas0h


 スマート農業ソリューションを構築する前に、考慮すべきこと。

 筆者は、スマート農業の適用事例も、限りなく、増えていくと思っている。

 しかし、スマート農業における、IoT対応アプリの開発は、あまり容易な作業ではない。

 スマート農業への投資を考えている人には、考慮すべき課題がある。

1)ハードウェア(センサー)

 農業向けの、IoTソリューションを構築するために、スマート農業への投資を考えている、デバイス・メーカは、農業用のIoT対応デバイスを構築するために、用途や目的に、最も合った、センサーを選択する必要がある。

 農業用のIoT対応デバイスに組み込む、センサーの品質(精度、信頼性、応答性、低消費電力、頑丈さ、保守作業の容易さなど)は、スマート農業用の製品として、成功するために、重要である。

 2)ブレイン(データ分析)

 データ分析は、すべてのスマート農業ソリューションの核に、成るべきである。

 スマート農場のソリューション・プロバイダは、収集されたデータの、意味が理解できるよう、エンドユーザを、支援できるなければならない。

 スマート農業のソリューションのプロバイダは、強力なデータ分析能力を持つ必要があり、収集されたデータに基づいた、洞察を得るために、予想アルゴリズムと機械学習を、適用する必要がある、

3)保守

 ハードウェアの保守は、ダメージに弱い、センサーが、多いので、農業向けに、IoT対応デバイス製品を供給する上で、重要な課題になっている。

 このため、IoT対応デバイス製品は、継続して、利用できるよう、頑丈で、保守作業も容易でなければならない。

4)移動性

 スマート農家向けのアプリは、農場で、使用するために、仕立てられているべきである。

 農場のオーナーや、管理者が、スマートフォンやデスクトップPCを使用して、サイトの情報に、アクセスできるようにすべきである。

 各コネクティッド・デバイスは、自律的であるべきであり、他のIoT対応デバイスと、相互に、コミュニケートしたり、クラウドに、データを送ったりできるよう、高速な無線通信サービスをサポートしている。

Faas0i

5)基盤

 IoTデバイスのメーカは、スマート農業向けのアプリの性能や、データを処理できることを、確かにするために、強固な基盤を必要にしている。

 さらに、内部システムは、安全でなければならない。

 誰かが、内部システムに侵入して、データを盗めないよう、あるいは、自動運転トラクターの制御を奪われないように、スマート農業向けのシステムの、セキュリティを強化する必要がある。

   (続く)

デル株式会社

農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(6)'20.12.12

【農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(6)】'20.12.12

 「モノのインターネット(IoT)」を採用した、「スマート農業」の適用事例を紹介する。2020年7月7日

 By Eastern Peak

 コンサルティング会社、Eastern Peakが、「スマート農業」の適用事例を紹介する。

 「モノのインターネット(IoT)」の採用が進むにつれ、インターネットに接続されたデバイス(コネクティッド・デバイス)は、健康&フィットネス、ホーム・オートメーション、乗り物、ロジスティクスから、スマート・シティや産業用IoTまで、我々の生活に浸透してきており、農業の分野においても、「IoT」、「コネクティッド・デバイス」、および、「自動化」の、適用事例を見つけることができる。

 コンサルティング会社、Eastern Peakは、農業における、「スマート農業」の適用事例を調査し、そのメリットを検証している。

3.スマート農業における、IoTの適用事例

 IoTで、農業を改善できる、スマート農業における、「モノのインターネット(IoT)」の適用事例を紹介する。

    (続き)

6)農作業に、ドローンを利用する。

Faas0g_20201212085701

 恐らく、最も有望な農業技術の進歩の1つは、スマート農業での、「ドローン」の利用だろう。

 小型飛行機、ヘリコプター、あるいは、衛星からよりも、ドローンや、小さな気球からの方が、より正確で、よりコスト効果的に、農場の地理的なデータを収集できるようになるだろう。

 データの収集や監視機能とは別に、ドローンは、肥料や農薬などの散布、作物の状態の監視、家畜の監視といった、作業を行うこともできるようになるだろう。

 また、農家は、「SenseFly」の農業用ドローン、「eBeeSQ」を使用して、他の方法よりも、手頃な価格で、マルチ・スペクトル画像分析を使用して、作物の健康状態を推定し、作物を監視できるようになる。

 「eBee Xの空中撮影ドローンの紹介」ビデオ

 「DroneSeed」は、森林破壊された地域に、植樹することを目的にした、ドローンを構築している。

    (続く)

デル株式会社

農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(5)'20.12.12

【農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(5)】'20.12.12

 「モノのインターネット(IoT)」を採用した、「スマート農業」の適用事例を紹介する。2020年7月7日

 By Eastern Peak

 コンサルティング会社、Eastern Peakが、「スマート農業」の適用事例を紹介する。

 「モノのインターネット(IoT)」の採用が進むにつれ、インターネットに接続されたデバイス(コネクティッド・デバイス)は、健康&フィットネス、ホーム・オートメーション、乗り物、ロジスティクスから、スマート・シティや産業用IoTまで、我々の生活に浸透してきており、農業の分野においても、「IoT」、「コネクティッド・デバイス」、および、「自動化」の、適用事例を見つけることができる。

 コンサルティング会社、Eastern Peakは、農業における、「スマート農業」の適用事例を調査し、そのメリットを検証している。

3.スマート農業における、IoTの適用事例

 IoTで、農業を改善できる、スマート農業における、「モノのインターネット(IoT)」の適用事例を紹介する。

      (続き)

5)精密農業

 「精密農業(precision agriculture)」は、効率と正確なデータ主導の意思決定が、すべてである。

 また、「精密農業」は、農業における、「モノのインターネット(IoT)」の最も普及した、効果的な、適用例の1つである。

 「IoT」センサーを使用することで、農家は、照明、温度、土壌の状態、湿度、CO2レベル、カビ、害虫、ウィルスの感染など、あるいは、農場の気候や生態系の変化といった、あらゆる側面に関する、膨大な数の指標を収集できるようになる。

 収集されたデータにより、農家は、作物に必要な水、肥料、農薬、あるいは、家畜に必要な水や餌などの、最適量、および、最適な肥料や農薬や餌などを決定し、トータル費用を削減し、より健康的な作物や家畜を育てることができるようになる。

 例えば、「CropX」は、農家が、温室栽培において、土壌の水分、温度、電気伝導率などを測定するための、「IoT土壌センサー」を設置して、各作物の成長に、最も適した、水分や温度や土壌の質(酸性度(Ph))などを、調節できるようにする。

Faas0i1


 「CropX」の技術は、地理空間データと組み合わせて、作物の成長に最適な土壌を維持できるようにするための、「土壌マップ」を作成するのに役立つ。

 「CropX製品の紹介」ビデオ

 「Mothive」は、農家が、畑や温室などで、作物を育てる上で、廃棄物を削減し、作物の品質や収穫量を向上させ、持続可能性を高めるのに役立つ、最適な土壌を維持できるようにするための、ソリューションやサービスを提供している。

Faas0h3

   (続く)

デル株式会社

2020年12月11日 (金)

農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(4)'20.12.11

【農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(4)】'20.12.11

 「モノのインターネット(IoT)」を採用した、「スマート農業」の適用事例を紹介する。2020年7月7日

 By Eastern Peak

 コンサルティング会社、Eastern Peakが、「スマート農業」の適用事例を紹介する。

 「モノのインターネット(IoT)」の採用が進むにつれ、インターネットに接続されたデバイス(コネクティッド・デバイス)は、健康&フィットネス、ホーム・オートメーション、乗り物、ロジスティクスから、スマート・シティや産業用IoTまで、我々の生活に浸透してきており、農業の分野においても、「IoT」、「コネクティッド・デバイス」、および、「自動化」の、適用事例を見つけることができる。

 コンサルティング会社、Eastern Peakは、農業における、「スマート農業」の適用事例を調査し、そのメリットを検証している。

 それでは、「スマート農業」の利点とは何だろう?

   (続き)

3.スマート農業における、IoTの適用事例

 IoTで、農業を改善できる、スマート農業における、IoTの適用事例を紹介する。

 農業向けの、IoT対応アプリと共に、農業用のIoTセンサーには、多くのタイプがある。

1)天候の状態を監視する。

Faas0c


 多分、最も、一般的な、スマート農業用の器具には、さまざまなスマート・センサーが、装備された、気象観測機器がある。

 農地に渡り、位置付けられた、スマート農業用の、気象観測機器は、農地の環境から、さまざまなデータを収集して、クラウドに転送する。

 スマート農業用の、測定器は、天候の状態をマッピングしたり、適切な作物を選択したり、土壌を改善するために、必要な測定をしたり、するのに使用される。

 これにより、気候や土壌の状態を把握することで、それに合った、作物を栽培したり、土壌の水分や成分を測定して、水や肥料を、最適な量、散布したりできるようになる。

Faas0e


 農業用のIoTデバイスといった、いくつかの例には、allMETEO、Smart Elements、および、Pycnoがある。

2)温室を自動化する。
Faas0d


 通常、農家は、温室の環境を測定することで、手作業で、温室の温度や湿度、土壌の水分などを調節している。

 IoTセンサーの使用は、農家が、照明、温度、土壌の状態、湿度といった、温室の状態に関する情報を、リアルタイムで、正確に、得ることができる。

 温室に設置された、気象観測装置は、環境データを得ることに加え、自動的に、与えられたパラメータに合うよう、温室の状態(温度、湿度、土壌の水分など)を調整できるようになる。

 特に、温室自動化システムは、農場の気象観測装置と同じような、原理を使用して、温度、湿度、土壌の水分などの状態を測定し、調節することができる。

 例えば、FarmappとGrowlinkは、温室の環境データを取得でき、温室の状態を調節できる、IoTを採用した、農業用の装置である。

Faas0f2

 GreenIQは、また、センサーを使用する、興味深い製品である。

Faas0f3

 GreenIQは、土壌の水分や照明システムを管理できるようにする、スマートなスプリンクラー制御装置である。

Faas0f

 「GreenIQスモール・ガーデン・ハブの紹介」ビデオ

3)作物の状態を管理する。

 農業における、別のタイプの、IoT製品と、精密農業の他の要素は、作物管理装置である。

 気象観測装置のように、これらの装置は、作物を管理するために、データを収集して、分析することで、作物の状態を最適に維持する。

 作物管理装置は、センサーで、温度、降水量、葉の水分などを測定し、分析することで、農家が、全体的な作物の健康を管理できるようにする。

 これにより、農家は、作物の成長や、作物の異常を監視できるようになり、カビや菌の感染を早期に発見できるようになり、作物の病気を、効果的に防ぐことが可能になる。

 ArableとSemiosは、実際の生活に、どのように適用できるかの、適切な事例として、役に立つことができる。

Faas0g3
Faas0g2


4)家畜を監視したり、管理したりする。
Faas0h2


 農家は、作物を監視するように、家畜に付けた、IoT対応のセンサーで、家畜の健康(体温、心拍数、血圧など)や、記録の性能を、監視できるようになる。

 Livestockは、農家が、家畜に関する、データを収集するのを支援し、家畜の健康、物理的な位置などを、追跡し、監視できるようにする。

 例えば、家畜に取り付けた、センサーで、病気の家畜を特定し、農家が、群れから、病気の家畜を、分離できるようにして、他の家畜が、感染しないようにする。

 リアルタイムに、家畜を追跡し、監視するために、IoTデバイスを使用することで、農家は、スタッフの人数を減らすことができるようになる。


Faas0g1


 この家畜を監視する作業に、IoT対応デバイスを使用することは、ペットを監視する作業に、IoTデバイスを使用するのと、似ている。

 例えば、AllflexとCowlarによる、SCRは、センサーを使用して、群れに関する、情報を収集すると共に、各家畜の、体温、健康状態、行動などを監視し、家畜に関する洞察を提供する。

 「CowlarのIoT対応デバイスの紹介」ビデオ

     (続く)

デル株式会社

農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(3)'20.12.11

【農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(3)】'20.12.11

 「モノのインターネット(IoT)」を採用した、「スマート農業」の適用事例を紹介する。2020年7月7日

 By Eastern Peak

 コンサルティング会社、Eastern Peakが、「スマート農業」の適用事例を紹介する。

 「モノのインターネット(IoT)」の採用が進むにつれ、インターネットに接続されたデバイス(コネクティッド・デバイス)は、健康&フィットネス、ホーム・オートメーション、乗り物、ロジスティクスから、スマート・シティや産業用IoTまで、我々の生活に浸透してきており、農業の分野においても、「IoT」、「コネクティッド・デバイス」、および、「自動化」の、適用事例を見つけることができる。

 コンサルティング会社、Eastern Peakは、農業における、「スマート農業」の適用事例を調査し、そのメリットを検証している。

 それでは、「スマート農業」の利点とは何だろう?

   (続き)

2.「スマート農業」の利点:「モノのインターネット(IoT)」が、農業を変革し、改善する。

 技術とIoTは、多くの面で、農業を変革する可能性を持っている。

 「IoT」が、農業を改善できる、5つの方法がある。

 スマート農業は、さまざまなセンサーによって収集された、さまざまな大量のデータ(例えば、気象条件、土壌の質、作物の成長の進行状況、家畜の健康など)を分析し、対応を示唆することで、農作業を支援する。

 スマート農業は、作業スタッフの行動や、農業機械の状態などを、追跡するためにも、さまざまなセンサーで収集されたデータを分析し、対応を示唆することで、農作業を支援する。

 スマート農業は、内部プロセスを、より適切に制御することで、生産リスクを低減させることを可能にする。

 スマート農業は、倉庫に残っている、作物の量を確認して、これから収穫する、作物の、より適切な、量を決定するために必要な情報を作成し、さらに、より適切な、作物の流通を計画できるようにすることで、農作業を支援する。

Faas0b_20201211141601


 スマート農業は、作物の在庫や、消費者の需要の推移などを、適切に管理し、作物の収穫量を決定することで、廃棄されることになる、作物の量を、極力削減し、無駄をなくすことを支援する。

 スマート農業は、作物の成長や家畜の健康状態に、異常が見られる場合に、収穫を失うリスクを軽減できるようにする。

・プロセスの自動化による、ビジネス効率の向上

 スマート農業は、スマート・デバイスを使用することで、生産サイクル(例えば、灌漑、施肥、害虫駆除など)に渡り、複数のプロセスを、自動化できるようにする。

・製品の品質と量の向上

 スマート農業は、自動化により、生産プロセスを、より適切に制御し、作物の品質と成長能力の基準を、高く維持できるようにする。

 結果として、スマート農業を導入した、農家は、これらすべての要因が、最終的に、より高い収益につながる可能性がある。

 それでは、このような利点を持つ、スマート農場の、適用事例を、簡単に紹介する。

    (続く)

デル株式会社

2020年12月10日 (木)

2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンド(1)20.12.10

【2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンド(1)】'20.12.10

 2021年に、期待される、7種類の重要な技術のトレンドを紹介する。2020年12月7日

 By eWeek Editors

 eWEEKは、2社のトレンディーな企業、EY AmericasとAlgorithmiaが示した、考察から、2021年に対する、洞察を提供する。

 2020年の、eWEEKの予測における、最新の洞察は、EY AmericasのDave Padmos氏と、AlgorithmiaのCEOの、Diego Oppenheimer氏からの、情報に基づいている。

 IBMに買収された、EYは、IBM Watson Discoveryにより、サポートされた、IBM Cloudに、ホストされた、人工知能(AI)プラットフォーム、EY Diligence Edgeを作成している。

 Algorithmiaは、組織のために、「MLOps」を自動化する、機械学習モデルの展開と管理ソリューションである。

 2社のトレンディな会社、EY AmericasとAlgorithmiaの考えに基づいて、2021年に対する、洞察を紹介する。

1.EY Americasの考える、トレンド:消費ビジネス・モデルの使用が、増加するだろう。

 技術会社のための、「従来の販売モデル」から、「消費ベースの販売モデル」への、業界の移行は、加速を続けるだろう。

 「消費ベースの販売モデル」への移行は、顧客と技術会社の両方が、利益を得られる、「ウィン・ウィン」の関係にあることを意味する。

 「消費ベースの販売モデル」への移行には、顧客は、消費した分だけ、対価を支払うだけでよく、初期の導入コストや、移行コストや、維持管理コストは、ほとんどかからず、最新の技術を維持することもできるという、利点がある。

 技術会社は、新たな製品に投資するために、キャッシュ・フローを生む、継続的な売上の流れと、持続可能性を、得ることができる。

 「消費ベースのビジネス・モデル」は、使用した量や、使用した時間だけ、対価を支払う、「ペイパーユース・モデル」に基づいている。

 「消費ベースのビジネス・モデル」市場は、2021年にも、進化を続けるだろう。

2.EY Americasの考える、トレンド:販売とマーケティングは、新たな営業モデルをサポートするために、変革するだろう。

 消費者ベースのビジネス・モデルは、データ駆動型の見込み顧客(リード・ジェネレーション)を獲得する上で、より強力な役割を持つため、営業、マーケティング、外部のパートナー、および、バックオフィス間に、より強力なコラボレーションが要求される。

 EY Americasの調査によると、殆どの企業は、消費モデルに、移行しているが、マーケッターの56%だけが、「マーケティング部門は、デジタル市場へ参入する準備をしている。」と回答していた。

 消費者ベースのビジネス・モデルを、効果的に採用するために、企業は、自分たちの販売とマーケティング機能、財務計画と分析、売上の認識、および、デジタル・サプライ・チェーンといった、変革プロセスを、再調整するだろう。

 筆者らは、企業が、トランザクション販売モデルから、長期的な顧客の成功、継続的な採用、および、新たなパートナーシップに、焦点を合わせられる、継続的な関係管理に、移行するのを見るだろう。

 技術会社の成功は、顧客が、製品を使用することによる成功と、これまで以上に、密接に関係するだろう。

 言い換えると、顧客が、製品を使用して、便利になったり、利益を出したりして、製品に満足すると、技術会社の評価が上がり、成功する可能性がある。

   (続く)

デル株式会社

農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(2)'20.12.10

【農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(2)】'20.12.10

 「モノのインターネット(IoT)」を採用した、「スマート農業」の適用事例を紹介する。2020年7月7日

 By Eastern Peak

 コンサルティング会社、Eastern Peakが、「スマート農業」の適用事例を紹介する。

 「モノのインターネット(IoT)」の採用が進むにつれ、インターネットに接続されたデバイス(コネクティッド・デバイス)は、健康&フィットネス、ホーム・オートメーション、乗り物、ロジスティクスから、スマート・シティや産業用IoTまで、我々の生活に浸透してきており、農業の分野においても、「IoT」、「コネクティッド・デバイス」、および、「自動化」の、適用事例を見つけることができる。

 コンサルティング会社、Eastern Peakは、農業における、「スマート農業」の適用事例を調査し、そのメリットを検証している。

 それでは、「スマート農業」とは何だろう?

     (続き)

1.「スマート農業」とは何だろう?

 例えば、「AgriTech(農業技術)」という用語は、一般的な農業における、技術の適用を指している。

 一方、「スマート農業」という用語は、主に、農業における、「IoT」ソリューションの適用を示すのに、使用されている。

 それでは、「IoT」ソリューションを使用した、「スマート農業」とは何だろう?

 「IoT」対応のセンサーを使用して、「農場の環境(家畜や作物や土壌や天候などの状態)」、あるいは、「農場の機械(農業機械の状態)」などに関する、情報を収集し、分析することで、農家は、情報の分析結果に基づいて、意思決定を行い、農業の、あらゆる側面を改善できるようになる。

 例えば、「スマート農業」センサーを使用して、家畜、作物、土壌、天候などの状態を監視することにより、農家は、餌、肥料、水、農薬などの、種類や量などを、より正確で、適切に決定できるようになり、コストも削減できるようになる。

Faas0a_20201210132101


 現在、世界的に、「IoT」ソリューションを使用した、「スマート農業」や「スマート産業」は、まだ、それほど、一般的ではないが、農業向けの「IoT」ソリューションの採用は、増加している。

 Eastern Peakによると、世界の農業における、「スマート農業」関連の売上は、2020年に、56億ドルに達する見込みであり、2021年には、62億ドルに達する見込みだという。

 また、世界の「スマート農業」関連の売上は、2016年の50億ドルから、2025年には、3倍になり、153億ドルに達することが、予想されているという。

 世界の「スマート農業」関連市場は、まだ発展途上であるため、積極的に参加する企業には、まだ十分なビジネス機会があるだろう。

 しかし、そもそもなぜ、農業向けの、「IoT」ソリューションを使用した、「スマート農業」の構築を検討する、必要があるのだろう?

     (続く)

 <コメント>

 機械は、さまざまなセンサーやカメラなどを使って、必要なデータを収集して、判断し、人間に助言するのでしょうが、最終的に決断するのは、人間だと思います。

 ただし、機械は、その分野の専門家の考え方に従って作成された、プログラムを実行して、センサーなどで収集した情報を分析し、どうするのが最適かを判断し、人間に示唆するだけで、そのアルゴリズム(考え方)は、その分野の専門家が、考えたものだと思います。

 機械は、アルゴリズムに従って、プログラムを実行し、正確に、結果を導き出します。

 よく理解していませんが、機械に学習能力があるとしても、機械は、記憶するのが得意で、計算が速いだけで、アルゴリズムを考えるのは、人間であり、最終的に、判断して、決断するのも、人間だと思います。

 ただし、機械の助言に従って、決断し、対処した農家と、機械の助言を参考にして、自分たちの要件を満たすよう、カスタマイズして、対処した農家を比較した場合、カスタマイズして対処した農家には、改善が見られた農家もあれば、あまり変わらない、あるいは、悪化した農家もあると思います。

 機械の助言を参考にした後、カスタマイズしたい、農家は、獣医などの資格を持つ、専門家に、助言を求めた方が、いいと思います。

デル株式会社

農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(1)'20.12.10

【農業におけるIoT:「スマート農業」の適用事例を紹介する。(1)】'20.12.10

 「モノのインターネット(IoT)」を採用した、「スマート農業」の適用事例を紹介する。2020年7月7日

 By Eastern Peak

 コンサルティング会社、Eastern Peakが、「スマート農業」の適用事例を紹介する。

 「モノのインターネット(IoT)」の採用が進むにつれ、インターネットに接続されたデバイス(コネクティッド・デバイス)は、健康&フィットネス、ホーム・オートメーション、乗り物、ロジスティクスから、スマート・シティや産業用IoTまで、我々の生活に浸透してきており、農業の分野においても、「IoT」、「コネクティッド・デバイス」、および、「自動化」の、適用事例を見つけることができる。

 自動運転車や仮想現実(VR)が、最早、SFファンタジーではなく、日常の出来事になってきたので、農業の分野も、自動化が模索されている。

Faas0a_20201210132101


 米国において、農業は、過去数十年間に、多くの技術的変化を遂げ、より工業化され、技術主導型になった。

 例えば、さまざまなスマート農業ガジェットを使用することで、農家は、家畜の飼育や、作物の栽培のプロセスを、より適切に制御できるようになり、作業効率が改善された。

 現在、依然として、農産物に対する、世界の消費者の需要が高まっており、生産性を、さらに向上させるために、「スマート農業」に対する、期待も高まっている。

 「Inforsysのスマート農業ソリューションの紹介」ビデオ

 Eastern Peakによると、2020年の、世界の農業における、「スマート農業」関連の売上は、56億ドルに達する見込みだという。

 コンサルティング会社、Eastern Peakは、農業における、「スマート農業」の適用事例を調査し、そのメリットを検証している。

 それでは、「スマート農業」とは何だろう?

    (続く)

デル株式会社

2020年12月 9日 (水)

さまざまな規模の企業のための、9種類の仮想イベント・プラットフォーム(4)'20.12.09

【さまざまな規模の企業のための、9種類の仮想イベント・プラットフォーム(4)】'20.12.09

 さまざまな規模の企業向けの、9種類の仮想イベント・プラットフォームを紹介する。2020年11月25日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 世界的なCOVID-19パンデミックで、多くのイベントやコンファレンスが、中止され、仮想的なオンライン・イベントやオンライン会議が、開催された。

 企業が、仮想的なイベントを主催することを考慮していれば、これから紹介する、9種類のイベント・プラットフォームの採用を考慮しよう。

 仮想イベント、あるいは、仮想会議を主催することは、楽しく、興味深い顧客経験を提供できるようにする方法を提供する、優れたプラットフォームになる。

 しかし、これから紹介する、9種類のプラットフォームは、自分たちのイベントを、スムーズに運営する方法が、すべて異なっている。

 仮想的なイベントや会議を運営する、担当者は、要件を整理して、以下の仮想イベント・プラットフォームの採用を検討しよう。

    (続き)

7.SpotMe

Eweek07


 SpotMeは、仮想イベントで、参加者の興味や期待を向上させる方法を探している、企業の担当者に対する、選択肢の1つになる、仮想イベント・プラットフォームである。

 このSpotMe仮想イベント・プラットフォームは、ライブのQ&A、会議室、評価、および、調査のような、参加者の興味を引くための、エンゲージメント・ツールを提供する。

 参加者は、仮想ブースで、さまざまなベンダと会話したり、他の参加者と、デジタルな名刺を交換したり、できるようになる。

 また、SpotMeは、参加者に、個人的な、アラートを送るので、アラートを受け取った参加者は、再度、SpotMeのブースに戻ってくる可能性が高くなる。

 SpotMeは、個人化された、ブランディング・オプションで、企業の製品やサービスを、よく理解し、アピールできるような、イベントを作成できるようにする。

 仮想イベントの、さまざまなタイプの、テンプレートが用意されているので、ユーザは、最初から、仮想イベントを作成する必要はない。

 「SpotMeの仮想イベントのデモの紹介」ビデオ

8.Communique Conferencing

Eweek08


 Communique Conferencingは、仮想イベントの主催者が、仮想ブースで、参加者が、気に入るような、3次元(3D)のユーザ経験を提供できるようにする。

 参加者は、仮想ブースを訪問して、デモを見たり、対話的なライブのセッションに参加したり、することができる。

 Communique Conferencingは、信じられないほど、リアルに、ディスプレイに、仮想ブースに展示された、製品などを表示できるようにして、実際のトレード・ショーと、同じように、仮想ブースで、製品などを展示して、デモを披露したり、解説したり、質問に答えたり、できるようにする。

 このCommunique Conferencingは、仮想イベントで、参加者が、展示されている製品の解説を聞いたり、製品に関する質問をしたり、仮想ブースのスタッフと会話したり、できるようにして、参加者の関心を引くための、エンゲージメント・ツールを提供する。

 参加者は、仮想イベントの基調講演やセミナーを、リアルタイムに、ライブで視聴できるだけでなく、ポッドキャスト、あるいは、ウェビナーを通して、録画された、基調講演やセミナーを、都合に良い時に、視聴することもできる。

 ただし、ライブで、リアルタイムに、仮想イベントの基調講演とセミナーを視聴する場合、参加者は、質問することができるが、ポッドキャストやウェビナーを通して、録画された、仮想イベントの基調講演とセミナーを視聴する場合、参加者は、リアルタイムに質問することは、できず、質問は、適切な人(例えば、セミナーの講師など)に、エスカレーションされる。

 Communique Conferencingは、24時間365日、仮想イベントを作成する、ユーザをサポートすることができる。

 また、Communique Conferencingは、仮想イベントを作成するために必要な、ツールやリソースを、ユーザに提供する。

 ただし、仮想イベントを作成するユーザは、価格の見積りなど、具体的なことを知るために、仮契約を交わす必要がある。

 「Communique Conferencingの仮想イベント・プラットフォームの紹介」ビデオ

9.BigMarker

 Web会議やウェビナーを通して、学習したり、共有したりするための、Webブラウザ・ベースのオンライン・プラットフォーム、BigMarkerは、今後、仮想イベント、または、仮想コンファレンスを作成する、ユーザにとって、優れた選択肢になる。

 BigMarkerは、仮想イベントの分野における、リーダとして、知られている。

 BigMarkerは、仮想イベントを作成する、ユーザが、1日だけでなく、数日間の仮想イベントを開催できるようにする。

 このBigMarkerは、Google、McDonald’s、および、SoFiのような、よく知られたブランドと連携している。

 このBigMarkerは、HubspotやSalesforceのような、ポピュラーな顧客関係管理(CRM)などの業務ソフトと、統合されているので、ユーザは、シームレスに、利用できるようになる。

 このBigMarkerは、マーケティング・ツール、自動化機能、および、対話的なビデオを含む、さまざまな機能を持っている。

 BigMarkerは、顧客の満足度や、顧客のサポートに関して、高い評価を得ている。

 「BigMarkerのウェビナー・ソフトウェアの紹介」ビデオ

デル株式会社

さまざまな規模の企業のための、9種類の仮想イベント・プラットフォーム(3)'20.12.09

【さまざまな規模の企業のための、9種類の仮想イベント・プラットフォーム(3)】'20.12.09

 さまざまな規模の企業向けの、9種類の仮想イベント・プラットフォームを紹介する。2020年11月25日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 世界的なCOVID-19パンデミックで、多くのイベントや、コンファレンスが、中止され、仮想的なオンライン・イベントや、オンライン会議が開催された。

 企業が、仮想的なイベントを主催することを考慮していれば、これから紹介する、9種類のイベント・プラットフォームの採用を考慮しよう。

 仮想イベント、あるいは、仮想会議を主催することは、楽しく、興味深い顧客経験を提供できるようにする、方法を提供する、優れたプラットフォームになる。

 しかし、これから紹介する、9種類のプラットフォームは、自分たちのイベントを、スムーズに運営する方法が、すべて異なっている。

 仮想的なイベントや会議を運営する、担当者は、以下の仮想イベント・プラットフォームの採用を考慮しよう。

     (続き)

5.Whova
Eweek05


 Whovaは、「オンラインの仮想イベント」を、高度に対話的にすることに焦点を当てた、「仮想イベント」プラットフォームである。

 Whovaで、「仮想イベント」への参加者は、「ライブQ&A」、「ディスカッション掲示板」、「仮想交流会」、および、「セッション・フィードバック」といった機能を、利用できるようになる。

 「仮想イベント」への参加者は、どのデバイスからでも、仮想的なセッションに、参加できるようになる。

 「仮想イベント」の参加者間の、より深いつながりを育むための、コミュニティ・ボードや、参加者同士のチャット機能もある。

 これにより、「仮想イベント」の主催者や参加者は、この「仮想イベント」プラットフォームで優れた、投資利益率(ROI)を得られるようになる。

 「仮想コンファレンスと仮想イベント用のWhovaの紹介」ビデオ

6.6Connex

Eweek06


 6Connexは、2009年から存在している、「仮想環境」プラットフォームの、代表的な、プロバイダであり、最近では、「音声会議」、「Webキャスティング」、および、「仮想イベント」分野へと、機能を拡大させている。

 6Connexの「仮想環境」プラットフォームにより、企業は、世界中の顧客、パートナー、および、社内の従業員のコミュニティに、到達できるようになる。

 6Connexは、堅牢なトレードルームのショーフロアを提供し、参加者がブースをカスタマイズできるようにしている。

 6Connexは、参加者が、事前に、「仮想イベント」に登録できるようにしており、「仮想イベント」終了後に、主催者や、他の参加者と、容易にコミュニケートできるようにしている。

 また、6Connexは、「仮想イベント」が終了したときに、主催者が、「仮想イベント」の性能を追跡した結果、得られたデータを、分析できるようにしている。

 これにより、「仮想イベント」の主催者は、何がうまくいったかを評価し、改善する上で、役立てることが、できるようにする。

  参加者は、「仮想ブース」にアクセスし、デモを表示し、対話的なライブ・セッションに参加できるようになる。

 「仮想環境ソフトウェア、6Connexの紹介」ビデオ

    (続く)

デル株式会社

さまざまな規模の企業のための、9種類の仮想イベント・プラットフォーム(2)'20.12.09

【さまざまな規模の企業のための、9種類の仮想イベント・プラットフォーム(2)】'20.12.09

 さまざまな規模の企業向けの、9種類の仮想イベント・プラットフォームを紹介する。2020年11月25日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 世界的なCOVID-19パンデミックで、多くのイベントや、コンファレンスが、中止され、仮想的なオンライン・イベントや、オンライン会議が開催された。

 企業が、仮想的なイベントを主催することを考慮していれば、これから紹介する、9種類のイベント・プラットフォームの採用を考慮しよう。

 仮想イベント、あるいは、仮想会議を主催することは、楽しく、興味深い顧客経験を提供できるようにする、方法を提供する、優れたプラットフォームになる。

 しかし、これから紹介する、9種類のプラットフォームは、自分たちのイベントを、スムーズに運営する方法が、すべて異なっている。

 仮想的なイベントや会議を運営する、担当者は、以下の仮想イベント・プラットフォームの採用を考慮しよう。

    (続き)

4.Accelevents
Eweek0c


 2014年に設立され、Acceleventsは、手頃な価格の、オールインワンの「仮想イベント」プラットフォームを提供している。

 このAcceleventsの、「仮想イベント」プラットフォームは、24時間年中無休で、音声通話、ビデオ通話、テキスト通話、電話、および、メールといった、サービスを提供する。

 Acceleventsの「仮想イベント」プラットフォームは、何100種類もの、他の3rdパーティのアプリを統合しているので、ユーザは、仮想イベントの準備に、さまざまなアプリを利用できるようになる。

 Acceleventsの「仮想イベント」プラットフォームは、使いやすく、ナビゲートも容易であるが、オンラインの「仮想イベント」をホストするために必要な、すべての主な機能と、堅牢性を備えている。

 Acceleventsの「仮想イベント」プラットフォームには、「オンライン・チケット販売」、「仮想ブース」、「ブレイクアウト・セッション」、「AI」、「ゲーミフィケーション」といった機能が、用意されている。

 Acceleventsの「仮想イベント」プラットフォームは、従来の実イベントに参加することに慣れているユーザで、仮想イベントへの参加を躊躇しているユーザのために、実イベントと同様に、主催者と参加者、および、参加者同士が関係を築き、実イベントに参加したような、ユーザ経験を体験できるよう、支援することに重点を置いている。

 「仮想イベント」が終了すると、参加者は、詳細な分析にアクセスできるようになる。

 これは、どのセクションが最も魅力的であったかを判断し、イベントの全体的な、投資利益率(ROI)を測定するのに役立つだろう。

 「Acceleventsで、ハイブリッドなイベントを主催する。」紹介ビデオ by Accelevents

      (続く)

デル株式会社

2020年12月 8日 (火)

さまざまな規模の企業のための、9種類の仮想イベント・プラットフォーム(1)'20.12.08

【さまざまな規模の企業のための、9種類の仮想イベント・プラットフォーム(1)】'20.12.08

 さまざまな規模の企業向けの、9種類の仮想イベント・プラットフォームを紹介する。2020年11月25日

Faas3a_20201208203001

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 世界的なCOVID-19パンデミックで、多くのイベントやコンファレンスが中止され、仮想的なオンライン・イベントやオンライン会議が開催された。

 企業が、仮想的なイベントを主催することを考えているなら、これから紹介する、9種類のイベント・プラットフォームの採用を考慮しよう。

 仮想イベント、あるいは、仮想会議を主催することは、楽しく、興味深い顧客経験を提供できるようにする方法を提供する、優れたプラットフォームになる。

 しかし、これから紹介する、9種類のプラットフォームは、自分たちのイベントを、スムーズに運営する方法が、すべて異なっている。

 仮想的なイベントや会議を運営する、担当者は、以下の仮想イベント・プラットフォームの採用を考慮しよう。

1.Zoom
Faas3d_20201208203501


 2020年1月に、Zoomは、約1300万人の人たちにより、使用されていたが、ビジネス用途に限られていた。

 現在、Zoomは、世界で、3億人以上の参加者により、使用されている。

 Zoomが、人気が出たのは、容易にダウンロードして、インストールし、無制限の数のユーザが、仮想イベントに、容易に参加できるためである。

 Zoomのオーディオや視覚的な品質は、一般的に、優れている。

 現在、Zoomは、人気No.1の「仮想イベント&仮想会議」プラットフォームであるが、多くの競合ベンダがいる。

2.Cisco Webex

Faas3f

 Ciscoにより、数年前に、買収された、Webexは、最初の、広く利用されている、ビデオ・コラボレーション・サービスであった。

 CiscoのWebexは、チャット(テキスト、音声、ビデオ)、ビデオ会議、電話(外線と内線)、ホワイトボード、および、ファイル共有機能を持つ、クラウド・ベースのコミュニケーション&コラボレーション・プラットフォームである。

 CiscoのWebexは、Outlook、Office 365、Googleなどのアカウントとの連携が可能で、Salesforce、Microsoft Teams、Slackといったビデオ会議ツールや、eラーニング・プラットフォームなどとの連携が可能なことを特徴にしている。

 「MicrosoftやGoogleなどのツールと連携できる、CiscoのWebexの紹介」ビデオ

 Webexは、既に、企業のシステムに組み込まれた、コミュニケーション・システムなので、既存のユーザは、他のコミュニケーション・システムに移行するのは難しいだろう。

 一般的に、Zoomは、簡単に使用でき、品質的にも優れていると信じている人にも、Webexも、信頼できる、「仮想イベント&仮想会議」プラットフォームであり、殆どのユーザにとって、どちらも、機能的には、あまり違いはないだろう。

3.On24

Faas3g


 サンフランシスコ・ベースの、ON24の製品とサービスは、「Webキャスティング」、「仮想イベント」、および、「環境技術」をベースにしている。

 2003年に、ON24は、ユーザが、ライブやオンデマンドで、Webキャストを制作できる、Webベースのビデオ制作プラットフォームを紹介していた。

 ON24 Webcast Centerは、出版、医療教育、および、企業に渡り、採用されてきた。

 ON24は、2011年に、「Platform 10」コミュニケーション・プラットフォームをリリースした。

 「ON24 Platform 10」は、魅力的で、データが豊富なデジタル経験を作成して、視聴者に提供できるようにする、世界で最も革新的な、「Webキャスティング」ソリューションを提供する、Webベースのビデオ制作プラットフォームの1つである。

 「ON24 Platform 10」は、ソーシアル・メディアとの統合や、モバイル・デバイスへの配信などを特徴にしている。

 すべてのON24製品は、2011年に、提供が開始された、「Webキャスティング」ソリューション、「Webcast Elite」を含む、ビデオ制作プラットフォームをベースにしている。

 ON24は、Marketo、Eloqua、Exact Target、Hubspot、Microsoft CRM、NetSuite、Salesforce、Silverpop、および、Act-Onといった、マーケティング自動化パートナーと連携し、これらの製品やサービスを統合する。

 「ON24のWebキャスティング・ソリューションの紹介」ビデオ

 ON24は、マーケッタ向けの、Webビナーをベースのソリューションを提供することに、焦点を合わせている。

    (続く)

デル株式会社

農業における、デジタル変革のトレンドのトップ6(4)'20.12.08

【農業における、デジタル変革のトレンドのトップ6(4)】'20.12.08

 農業における、デジタル変革のトレンドのトップ6を紹介する。2018年5月14日

Faas3a_20201208113501

 By Daniel Newman、forbes

 近年、「AgTech」としても知られる、農業技術は、急速に業界を変えた。

 2015年に、農業における、技術への投資は、46億ドルに達していた。

 最近の調査では、農業の生産量は、2030年までに、60%増加する必要があることが分かった。

 これに対応するには、農業と食品生産会社が、「デジタル変革(DX)」のトレンドを受け入れる必要があるだろう。

 農業における、デジタル変革のトレンドのトップ6を概説する。

   (続き)

6.機械学習と分析

 恐らく、デジタル変革の、最も革新的な部分の1つは、機械学習と高度な分析を使用して、トレンドのデータをマイニング(採掘)する機能だろう。

 例えば、データのマイニングは、食物や植物の種子を最適化するために、「育種家」の協力を得て、種子を植える前に、農家が、自分たちの場所や気候に最適な、品種(種子)を決定するのを支援する。

 機械学習アルゴリズムは、どのような作物が、どれぐらい、購入されているかを示すことができる。

 また、将来の農業のための、効果的な予測を作成できるようにする。

 筆者は、農業の未来は、「デジタル変革(DX)」に、かかっていると、感じている。

 農家は、農業における、これらのデジタル変革のトレンドの、それぞれから恩恵を受け、作物の収穫量を増やし、新しい効率的な方法で、作物を管理できるようになる。

 地球の人口が増え続けるにつれ、高品質の作物の、生産量を増やし、利益を上げながら、より手頃な価格で、消費者に、作物を提供できるようにする必要があるので、農家は、「デジタル変革(DX)」のトレンドを受け入れる必要があるだろう。

Faas3e


 「農業の未来の紹介」ビデオ by TDC 



 「農業における、デジタル変革のトレンドのトップ6のリスト」

1.農場でのIoTとセンサーの導入

2.農業用の機械における、IoTとセンサー

3.ドローンと作物の監視

4.農業とロボット

5.RFIDセンサーと追跡

6.機械学習と分析

デル株式会社

農業における、デジタル変革のトレンドのトップ6(3)'20.12.08

【農業における、デジタル変革のトレンドのトップ6(3)】'20.12.08

 農業における、デジタル変革のトレンドのトップ6を紹介する。2018年5月14日

Faas3a_20201208113501

 By Daniel Newman、forbes

 近年、「AgTech」としても知られる、農業技術は、急速に業界を変えた。

 2015年に、農業における、技術への投資は、46億ドルに達していた。

 最近の調査では、農業の生産量は、2030年までに、60%増加する必要があることが分かった。

 これに対応するには、農業と食品生産会社が、デジタル変革のトレンドを受け入れる必要があるだろう。

 農業における、デジタル変革のトレンドのトップ6を概説する。

   (続き)

5.RFIDセンサーと追跡

 作物が収穫された後、作物に、「ICタグ」が付けられ、「RFID(Radio Frequency IDentification)センサー」を使用して、収穫してから、店舗に並ぶまで、作物を追跡できるようになる。

Faas3d


 消費者は、スーパーなどで購入した、作物に付けられた、ICタグを、スマートフォンなどの、タグ・リーダ(従来は、バーコード・リーダ)アプリを使用して、農場から、送られてきた、作物に関する、詳細な情報を得て、足跡をたどることができる。

 農業における、RFIDセンサー技術は、農家の信頼性と、新鮮な農産物を、消費者に提供する上での責任を、向上させる可能性がある。

 これにより、農家は、農作物が、最終的に、消費者に渡るまでに、万が一、有害なバクテリアや、有害な物質に、感染、あるいは、汚染された場合、それが、どこで、発生したかを、追跡できるようになる。

 すべての作物に、RFIDセンサーが付いていれば、問題が発生した後のパニックを、最小限に抑えることができる。

 収穫された後の作物が、消費者に渡るまでの、すべての工程を追跡でき、作物の安全性が、適切に管理されていれば、消費者の、アレルギーや健康に関する、不安を軽減させることができる。

 また、農家にとっても、自分たちの作物が、追跡管理されているという考えは、問題が発生したときの、責任の所在を明確にできる可能性があるので、安心感があるだろう。

   (続く)

デル株式会社

2020年12月 7日 (月)

農業における、デジタル変革のトレンドのトップ6(2)'20.12.07

【農業における、デジタル変革のトレンドのトップ6(2)】'20.12.07

 農業における、デジタル変革のトレンドのトップ6を紹介する。2018年5月14日

Faas3a_20201207205301

 By Daniel Newman、forbes

 近年、「AgTech」としても知られる、農業技術は、急速に業界を変えた。

 2015年に、農業における、技術への投資は、46億ドルに達していた。

 最近の調査では、農業の生産量は、2030年までに、60%増加する必要があることが分かった。

 これに対応するには、農業と食品生産会社が、デジタル変革のトレンドを受け入れる必要があるだろう。

 農業における、デジタル変革のトレンドのトップ6を概説する。

   (続き)

2.農業用の機械における、IoTとセンサー

 自動運転車や運転手補助車で使用されている技術のように、機械の状態や、周囲の状況を追跡するために、トラクターやコンバインなどの、農業用の機械にも、IoT技術やセンサーが、使用されるようになってきた。

 このように、最近のトラクタや、他の農業用の機械にも、さまざまなセンサーや、カメラや、ナビゲーション・システムが、搭載されるようになってきた。

 例えば、「全地球測位システム(GPS)」というセンサーを使用して、農地の状態を、極めて正確に測定することが、可能になった。

 また、トラクターなどの、農業用の機械に設置された、センサーで、保守の必要がないか、常に監視して、自律的に、機械の故障を早期に見つけることで、故障停止の状態を、できるだけ短くすることが、可能になった。

3.ドローンと作物の監視

 これまで農場では、何100エーカもの広さの農地を、飛行機を使用して、上空から写真を撮影し、見取り図を作成してきた。

 しかし、農家が、航空写真を撮るために、飛行機をチャーターするには、コストがかかり過ぎる。

 このため、飛行機の代わりに、ドローンを使用して、農地や作物の、航空写真を撮って、見取り図を作成する方が、コストがかからない。

 米国において、農地や作物の状態を監視するために、ドローンが、広く利用されている。

 ドローンを使用して、農地や作物の航空写真を撮り、パターンを分析して、種子や水をまく計画を立てたり、肥料や農薬をまく計画を立てたり、できるようになる。

 また、ドローンは、農作物に、農薬や肥料を散布するためにも、使用されている。

 最近の調査は、農薬や肥料を撒くために、他のタイプの機械と比較して、ドローンの方が、5倍以上、効率的に、農薬や肥料を散布することができることが分かった。

4.農業とロボット

 他の業界において、ロボットや、人工知能(AI)を使用している、多くの分野のように、農業においても、ロボットを使用することで、農作業を、より効率的で、効果的に、実施できるようになる。

 John Deere氏によると、除草剤や肥料などを散布する、ドローンを作成している、スタートアップのドローンを使用することで、農薬の量を、従来よりも、90%も減らすことが、可能になったという。

 また、同氏によると、ロボットを作成している、他のスタートアップは、人間の介在なく、作物の間を自律的に移動して、カメラで、農地の雑草を特定し、レーザーで、雑草だけを除去できるような、農業ロボットを開発しているという。

 また、従来の植物の移植方法をベースにして、より効率的に、植物を移植するロボットを作成している、ロボット会社ある。

 さらに、これまで、人間が、手作業でしか行えなかった、さまざまな種類の、果物やナッツを収穫できる、収穫ロボットを作成し、テストしている、ロボット会社もいる。

    (続く)

デル株式会社

農業における、デジタル変革のトレンドのトップ6(1) '20.12.07

【農業における、デジタル変革のトレンドのトップ6(1)】'20.12.07

 農業における、デジタル変革のトレンドのトップ6を紹介する。2018年5月14日

Faas3a

 By Daniel Newman、forbes

 近年、「AgTech」としても知られる、農業技術は、急速に業界を変えた。

 2015年に、農業における、技術への投資は、46億ドルに達していた。

 最近の調査では、農業の生産量は、2030年までに、60%増加する必要があることが分かった。

 これに対応するには、農業と食品生産会社が、デジタル変革のトレンドを受け入れる必要があるだろう。

 農業における、デジタル変革のトレンドのトップ6を概説する。

1.農場でのIoTとセンサーの導入

 「モノのインターネット(IoT)」は、農業業界を、いい意味で、混乱させている。

 Ciscoによると、「モノのインターネット(IoT)」とは、インターネットに接続された、さまざまな「モノ」が、各階層(インターネット層、トランスポート層、アプリ層など)の業界標準のプロトコルを使用して、相互に接続され、互いに会話し、情報を交換して、相互運用できるようにする、仕組みのことだという。

Faas3b


 IoTは、「モノ(デバイス)」、「センサー」、「ネットワーク(通信手段)」、「アプリ」の、4つの要素で構成されている。

Faas3c


 実際、食品生産会社で、IoTを使用する可能性が、非常に高い。

 農場に、IoTとセンサーを導入することで、農業資源の収集、検査、および、全体的な流通が、簡素化され、効率化される。

 農場の周りに配置された、さまざまなセンサーやカメラで、さまざまなデータが収集&分析され、農場に問題があると、農家に、通知してくれるようにすることも可能になる。

 また、農家は、離れた場所から、どこからでも、農場や作物の状態を、確認できるようになる。

 これらのセンサーやカメラは、農家が、リアルタイムに、農場や作物の最新の情報を得られるようにするので、必要に応じて、変更を加えることもできるようにする。

 例えば、何時、種子を蒔いたらよいか、あるいは、何時、畑の作物や、庭の植物などに、水や肥料を、どれぐらい散布したらよいかを、教えてくれるような、システムを構築することも、可能になる。

    (続く)

デル株式会社

2020年の、さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例、トップ5(4)'20.12.07

【2020年の、さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例、トップ5(4)】'20.12.07

 財務や会計から、ヘルスケアまで、企業が、今日使用できる、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例が、増えてきた。2020年8月28日

Rpa3a_20201207091501

 By Medium

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の進化は、さまざまなビジネス・プロセスに、価値のあるソリューションを提供する。

 企業の意思決定者は、短期間で、正確なデータを取得するための、面倒な手作業を嘆いている。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)とは、ソフトウェア・ロボットと呼ばれる概念に基づいた、業務プロセスを自動化するための技術のことであり、例えば、データ入力といった、定型的な作業を自動化できるようにする。

 企業の意思決定者は、短期間で、正確なデータを取得するための、面倒な手作業を嘆いており、この「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用して、実現される、作業の自動化に期待している。

    (続き)

5.製造業界

Rpa3e


 製造部門の工場は、人件費を削減しながら、作業の効率を向上させ、信頼性の高い製品を製造することにより、自動化のメリットを享受している。

 人間のスタッフは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を活用して、製造工程や保守作業の効率を、さらに改善したり、顧客の技術サポートに注力したり、できるようになる。

 製造業における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応例には、次のものがある。

・完璧な部品表(BOM)の作成

・顧客サポートやヘルプデスク

・データの移行

・請求書の処理

・在庫管理

・規制コンプライアンス

・製造工程管理の改善

・正確なレポートの作成

 提携する適切な、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術のプロバイダを見つけて、ビジネスの課題に対応して、プロセスを改善し、収益を改善しよう。

デル株式会社

2020年12月 6日 (日)

2020年の、さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例、トップ5(3)'20.12.06

【2020年の、さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例、トップ5(3)】'20.12.06

 財務や会計から、ヘルスケアまで、企業が、今日使用できる、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例が、増えてきた。2020年8月28日

Rpa3a

 By Medium

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の進化は、さまざまなビジネス・プロセスに、価値のあるソリューションを提供する。

 企業の意思決定者は、短期間で、正確なデータを取得するための、面倒な手作業を嘆いている。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)とは、ソフトウェア・ロボットと呼ばれる概念に基づいた、業務プロセスを自動化するための技術のことであり、例えば、データ入力といった、定型的な作業を自動化できるようにする。

 企業の意思決定者は、短期間で、正確なデータを取得するための、面倒な手作業を嘆いており、この「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用して、実現される、作業の自動化に期待している。

   (続き)

2.販売とマーケティング


Rpa3b


 販売とマーケティングは、ビジネスでリードし、売上を向上させ、顧客を引き付ける上で、重要な役割を演じる。

 素晴らしい結果を生むために、この販売とマーケティング部門には、大きなプレッシャーと期待がある。

 McKinseyの発行したレポートによると、セールス・オートメーションが、販売とマーケティングのコストを削減しながら、売上を上げるために重要であるという。

 これらの自動化は、次の適応事例での作業により、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術による、真の潜在性を利用できるようにする。

・競争力のある価格付けと監視

・販売とマーケティング市場のインテリジェンス

・ビジネス統合レポート処理

・データの収集と管理

・顧客関係管理(CRM)のアップデート

・売上の見積もりの自動化

・企業向けの統合業務ソフト(ERP)の自動化

・請求書の作成と流通

・ソーシアル・メディアの監視

3.財務と会計

Rpa3c


 EYは、企業の財務部門において、自動化を実装するために、多くの可能性が、あることを推奨している。

 企業の財務部門は、特に、銀行におる照合プロセス、注文書と請求書、固定資産の管理、財務レポートと外部レポート、在庫管理、および、売掛金の管理、税金の計画などを、維持管理している。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、正確で、手早く、次の重要な作業を行うことができる。

・顧客のオンボーディングとメンテナンス

・ベンダのオンボーディングとメンテナンス

・ベンダのポータルでの問合せ

・資金の転送

・クレーム処理

・競争力のある価格付け

・販売と注文処理

・コレクションと、レポートの集約

4.ヘルスケア業界

Rpa3d


 McKinseyのレポートによると、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」とデジタル・プロセス自動化が、患者、ヘルスケア・プロバイダ、および、医師の、データ・プールの、より良い洞察を得るために、ヘルスケア経験を仮想化するのに使用されるという。

 患者の記録、関連した、データを適切に最適化することで、組織の性能が向上すると共に、コストを削減したり、患者に、個人的なケアを提供したり、できるようになる。

 ヘルスケア分野の自動化により、実装された、適応例を、次に示す。

・フロント・オフィスのサポートの効率化

・強化された、データの気密性

・優れたシステムの互換性

・より良いコスト管理

・患者のオンライン・スケジュール管理

・クレームや請求書の効果的な管理

・売上サイクル機能の改善

・健康計画の大規模な実装

・ケア・サイクルの改善

・監査と規制準拠への対応

   (続く)

デル株式会社

2020年の、さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例、トップ5(2)'20.12.06

【2020年の、さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例、トップ5(2)】'20.12.06

 財務や会計から、ヘルスケアまで、企業が、今日使用できる、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例が、増えてきた。2020年8月28日

 By Medium
Rpa3a


 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の進化は、さまざまなビジネス・プロセスに、価値のあるソリューションを提供する。

 企業の意思決定者は、短期間で、正確なデータを取得するための、面倒な手作業を嘆いている。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)とは、ソフトウェア・ロボットと呼ばれる概念に基づいた、業務プロセスを自動化するための技術のことであり、例えば、データ入力といった、定型的な作業を自動化できるようにする。

 企業の意思決定者は、短期間で、正確なデータを取得するための、面倒な手作業を嘆いており、この「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用して、実現される、作業の自動化に期待している。

    (続き)

 ロボット・プロセス自動化(RPA)技術に目を向ける、きっかけになる、世界中のさまざまな業界や分野に渡る、2020年における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術のトップ10の適応事例を見てみよう。

1.IT作業の自動化

Rpa3b


 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ベンダは、効率を改善し、世界中のデジタル変革に対応するために、「自然言語処理(NLP)」や「機械学習(ML)」を使用している。

 主な「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ベンダは、インターネット接続技術のベンダと提携して、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用し、顧客の要件を満たす。

 例えば、「IBM」と「Blue Prism」は、パートナーを組み、顧客に、知的な自動化機能を提供している。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術は、次の適応例によって、顧客の人間のスタッフのIT関連作業を自動化できるようにする。

「インストール作業」の自動化

・サーバとアプリの監視

・FTPでの、ダウンロード、アップロード、および、バックアップ

・ファイルとドキュメントの管理

・ユーザのセットアップと構成

・アプリの統合

・データとコンテンツの集約と移行

・ERPと他の統合

・バッチ処理

・フォルダの同期と削除

    (続く)

デル株式会社

2020年の、さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例、トップ5(1)'20.12.06

【2020年の、さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例、トップ5(1)】'20.12.06

 財務や会計から、ヘルスケアまで、企業が、今日使用できる、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例が、増えてきた。2020年8月28日

 By Medium

Rpa3a


 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の進化は、さまざまなビジネス・プロセスに、価値のあるソリューションを提供する。

 企業の意思決定者は、短期間で、正確なデータを取得するための、面倒な手作業を嘆いている。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)とは、ソフトウェア・ロボットと呼ばれる概念に基づいた、業務プロセスを自動化するための技術のことであり、例えば、データ入力といった、定型的な作業を自動化できるようにする。

 企業の意思決定者は、短期間で、正確なデータを取得するための、面倒な手作業を嘆いており、この「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用して、実現される、作業の自動化に期待している。

 「Globe Newswire」の、最近のレポートによると、世界の「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の市場規模は、2027年までに、年間平均増加率(CAGR)、40.6%で拡大し、256億6000万ドルに達する見込みだという。

 「Globe Newswire」によると、世界の「ロボット・プロセス自動化(RPA)」市場の成長を促す、主な理由は、反復的で構造化されたプロセスを自動化し、より創造的で、人的な資源を活用ことを、多くの企業が望んでいるからだという。

 多くのビジネス・リーダが、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用した、ソフトウェア・ロボットを、効果的に利用することで、人間の従業員の生産性を向上させることに、取り組んでいる。

 また、COVID-19の影響で、家庭でも、効率よく、仕事ができるように、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用した、コラボレーション・プラットフォームや、生産性ツールといった、作業環境を整備する、需要が高まっている。

 「在宅勤務」や「リモート作業」のための、作業環境を構築するための、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用した、クラウド・ベースのソフトウェア・ツールが、手頃な価格で、利用できるようになったので、ビジネス・リーダは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用した、作業環境の導入と展開が、以前よりも、遥かに容易になってきた。

 それでは、世界中のさまざまな業界の、2020年における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用した、トップ10の適応事例の概要を紹介する。

    (続く)

デル株式会社

お題の記事を書いてポイントGETに応募してみます。

 今後のことは、分かりませんが、最近、日経平均株価が上がり、株価の変動も、少なくなってきました。

 もしも、1億円が当たったら、配当利回りが高い、何社かの大手の東証1部上場企業の株を買いたいと思います。

 例えば、医薬品メーカ、化学メーカ、商社、電力の、あまり株価が、下がらないと思う、会社の株を、分散させて、買ってみたい気がします。

 そうすれば、配当金だけで、何とか、生活できるようになるかも知れません。(^_^;

 こんな記事で、「お題(1億円が当たったら)の記事を書いてポイントGET」に応募して、入賞し、500円相当のポイントが貰えたら、ラッキーですね。

デル株式会社

2020年12月 5日 (土)

Lenovo X1 Foldラップトップは、PCの次の新たな種類のマシンへの、最初のステップである。(2)'20.12.05

【Lenovo X1 Foldラップトップは、PCの次の新たな種類のマシンへの、最初のステップである。(2)】'20.12.05

 スクリーンを折り畳むことのできる、最初のPCである、Lenovo X1 Foldラップトップは、さまざまな目的に利用できる、極めて、有用なアイデアの、モバイル・ユーザ向けのマシンである。2020年11月30日

 By Dan Ackerman、cNET

 Lenovo X1 Foldラップトップは、筆者が、見たことのある中で、最も革新的な、マシンであり、最も興味のある、新たな技術を使用した、製品の1つである。

 Lenovo X1 Foldは、どこでも、利用したい、モバイル・ユーザが、購入したくなるような、第1世代の、フォルダブルなラップトップ製品である。

   (続き)

 このWindowsベースのタブレットである、Lenovo X1 Foldの外側には、キックスタンドが組み込まれた、革製のカバーが付いている。

 Lenovo X1 Foldを、横向きのモードにして、折り畳み可能なスクリーンを、フラットに開き、キックスタンドを取り付け、前に、Bluetoothキーボードを置くと、13インチの画面のスクリーンを持った、ミニ・デスクトップPCになる。

Cnet2d


 筆者は、このLenovo X1 Foldを使用してみて、キーボードを持つ、タッチパッドをサポートした、iPad OSを搭載した、AppleのiPadを使用しているように感じた。

 Lenovoは、システムが、ユーザが、スクリーンを折り畳むことを検出すると、何が起きるかを制御するための、ソフトウェア・オーバーレイを追加した。

 スクリーンを折り畳むことができるようになると、新しいユーザ経験を体験できるようになる。

 Windowsでは、フォルダブル・デバイスを、ネーティブにサポートしていないので、Lenovoは、X1 Foldの折り畳み可能な、スクリーンを、ユーザが開閉すると、何が起きたかを制御するための、ソフトウェア・オーバーレイを付加する。

 ユーザは、小さなポップアップのメニューで、スクリーンに、ウィンドウを、どのように配置するかを、尋ねられる。

 ユーザは、折り畳むことのできる、スクリーンの、上半分を、通常の、スクリーンとして、使用し、下半分を、「ソフトウェア・キーボード」として、使用できるようになる。

Cnet2a_20201205211901


 また、ユーザは、折り畳み可能な、スクリーンを、フラットに開いて、Lenovo X1 Foldを、大きな、スクリーンを持つタブレットとして、利用することもできる。

 さらに、ユーザは、フラットに開いた、スクリーンの前に、Bluetooth接続の「物理キーボード」を置くことで、Lenovo X1 Foldを、小さなデスクトップとして、使用することもできるようになる。

 タッチスクリーン上に、表示された、ソフトウェア・キーボードを、実際に、使ってみて、使いやすいと感じるだろうか?

 筆者は、このソフトウェア・キーボードを使用してみて、あまり入力しやすいとは思わなかった。

 筆者は、Bluetoothキーボードを接続して、このLenovo X1 Foldタブレットを、ミニ・ラップトップに変えて、使用してみて、使いやすいと思った。

 ただし、このLenovo X1 Foldタブレットには、標準で、Bluetoothキーボードは、添付されておらず、オプションとして、別売になっている。

 タッチ・スクリーン上に、表示される、ソフトウェア・キーボードの代わりに、物理キーボードを使用できることが、筆者が、Lenovo X1 Foldタブレットを気に入っている、理由の1つである。

 この薄い、Bluetoothキーボードは、Lenovo X1 Foldタブレットの、下半分のスクリーンの上に被せて、使用することのできる、サイズになっており、スクリーンを折り畳んで、クラムシェル型にして、使用することもできる。

Cnet2c

 この時、Bluetoothキーボードは、磁石で、Lenovo X1 Foldタブレットの、下半分のスクリーンの上に、取り付けることができる。

 Bluetoothキーボードは、筆者が、気に入っている、Lenovo X1 Foldの、アクセサリの1つである。

 このBlutooth接続できる、物理キーボードは、タッチスクリーン上の、ソフト・キーボードよりも、実際に、入力のし易さが、大きく向上していた。

 このキーボードには、小さなタッチパッドも、付いている。

 このLenovoの X1 Foldタブレットの、気に入っていることは、スクリーンを、蓋のように閉じると、物理キーボードが、完全に、内側に収まり、ユーザは、持ち運びやすくなることである。

 Lenovo X1 Foldには、ユーザが、折り畳み可能なスクリーンを開閉したときに、どのようなことが起きるかを検出するような機能が、組み込まれている。

 例えば、Lenovoの X1 Foldタブレットを、横向きに置いて、上下に開くと、自動的に、上半分のスクリーンを、実際のスクリーンにして、下半分のスクリーンに、ソフト・キーボードを表示して、仮想キーボードとして利用できる、モードになる。

デル株式会社

さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(4) '20.12.05

【さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(4)】'20.12.05

Rpa1_20201205141401


  「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、さまざまな業界の企業が、効率的な運用を実現し、収益性を高めるための、頼りになるソリューションになっている。

 反復的で時間や手間のかかる作業は、すべて「ソフトウェア・ロボット」によって処理されるようになるため、従業員は、他の重要な問題に集中するのに、より多くの時間を費やすことができる。

 ヘルスケア、小売、銀行といった、さまざまな業界の企業が、導入し、成功している、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の、代表的な適用事例のトップ12を紹介する。

   (続き)

4.ヘルスケア業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の導入例

Rpa5


 病院には毎日膨大な数の患者が訪れている。

 患者は、手書きで、病状などを入力し、登録したり、治療を受けるために並んで待ったりする、必要がある。

 病院は、患者の情報を毎日維持するために、人手を使う余裕がないので、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用した、ソフトウェアを使用して、患者の登録作業を自動化し、患者の情報を収集している。

 患者の登録作業を自動化する、主な利点のいくつかを、次に示す。

・患者の登録作業時のデータ入力エラーを減らす。

・患者の登録作業における、人間のスタッフの工数を削減する。

・患者の登録情報の一貫性や品質を向上させる。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ソフトウェアを使用すると、患者への請求額を、正確に計算することもできる。

  これらのソフトウェア・ロボットは、患者の支払いに関する情報を簡単に収集し、検査、薬、病棟、医師の費用、および、食事の費用などを、正確に計算できる。

病院での、患者の登録作業を自動化する、他のいくつかの利点を、次に示す。

・患者による、登録情報の入力エラーを削減する。

・患者経験を向上させる。

・処理時間を短縮させる。

・患者のデータへのアクセスを改善する。

・ヘルスケアのサイクルを改善する。

デル株式会社

さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(3)'20.12.05

【さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(3)】'20.12.05

Rpa1_20201205141401


  「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、さまざまな業界の企業が、効率的な運用を実現し、収益性を高めるための、頼りになるソリューションになっている。

 反復的で時間や手間のかかる作業は、すべて「ソフトウェア・ロボット」によって処理されるようになるため、従業員は、他の重要な問題に集中するのに、より多くの時間を費やすことができる。

 ヘルスケア、小売、銀行といった、さまざまな業界の企業が、導入し、成功している、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の、代表的な適用事例のトップ12を紹介する。

    (続き)

3.保険業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の導入例

Rpa4


1)保険金の請求処理

 保険金の請求において、実際に、保険金を要求する、顧客に関するデータの作成作業をするのは、顧客と保険会社の顧客対応スタッフ、および、保険会社の保険金等支払管理部門である。

 保険金の請求処理において、保険会社の保険金等支払管理部門は、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用して、データの収集やデータの入力といった作業を自動化することができる。

 「保険金の請求処理」における、「データの収集」や「データの入力」といった作業を自動化する上での利点を、次に示す。

・時間を節約し、作業効率を向上させる。

・顧客の「保険金の請求」手続きへの対応を、より迅速にして、顧客満足度を向上させる。

・「保険金の請求処理」における、入力ミスを低減させる。

2)見込み顧客の記録の維持作業

 「見込み顧客」の記録の維持作業は、手動で行う場合、面倒なプロセスになる可能性がある。

 見込み顧客の記録の維持には、保険商品、または、保険会社の詳細を要求する、すべての見込み顧客の情報を、会社の顧客になるまで、維持することが含まれる。

 見込み客を顧客に変えるプロセスを、完全に自動化する上での利点を、次に示す。

・精度とスループットを、向上させる。

・投資利益率(ROI)を向上させる。

・見込み顧客や、既存の顧客に関する情報を入手し、コミュニケーションを改善する。

・顧客満足度を向上させる。

    (続く)

デル株式会社

「サービスとしての農業(FaaS)」モデルは、インドにおける、農業復興への道のりに成るのだろうか?(2) '20.12.05

【「サービスとしての農業(FaaS)」モデルは、インドにおける、農業復興への道のりに成るのだろうか? (2)】 '20.12.05

Faas1a

 By Shruti Kedia

 「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」モデルは、革新と生産性を通して、IT分野を変革した。

 インドが、主に、農業経済であるということは、よく知られており、農業が、国のGDPの、17%を占めている。

 インドの農村世帯の60%は、農業と、農業に関連した産業に、依存している。

 インドは、世界で、米国に次いで、2番目に広い、1億6000万ヘクタールの耕地を持っているが、全体の45%しか、灌漑施設を利用できていないので、生産性が、あまり思わしくない。

 今日、インドの農業世帯の約70%は、耕地の面積が、1ヘクタール未満の、小規模農家で構成されており、農業活動において、金銭的に苦労している。

Faas1_20201205092301


 「サービスとしての農業」(FaaS)モデルを提唱し、「Farming-as-a-Service」の共著者であもある、Bain and Companyの、Christopher Mitchell氏が、発行したレポートによると、この「サービスとしての農業」(FaaS)ソリューションは インドの農業の効率と生産性を向上さるという。

Faas1b

 「サービスとしての農業」(FaaS)モデルは、クラウド・ベースの、「データ収集」、「データ融合」、「データ分析」、「意思決定」といった、アプリを実装し、利用できるようにする。

 「農場管理」ソリューションの提供に必要なデータは、各種センサー、ドローン、人工衛星などのハイテク機器から得られる。

 収集された、これらのデータは、処理され、技術、革新、ビッグデータ&分析のサポートにより、欠点や問題点が分析される。

    (続き)

 現在、「サービスとしての農業」(FaaS)モデルによって提供されている、ソリューションを、いくつか紹介する。

1)「農場管理」ソリューションは、購読、または、従量制で、3つの大きな(分類情報共有、分析、および、精密農業ツール)で利用できる。

 「農場管理」ソリューションには、農民、政府、企業、金融機関、諮問機関の間の情報管理が含まれる。

2)「生産支援」ソリューションは、機器のレンタルなど、生産を支援するための、オンサイト・リソースを提供する。

3)「市場へのアクセス」ソリューションは、農家と、種子、肥料、農薬などの、サプライヤーをつなぐための、プラットフォームを提供する。

 多くのスタートアップが、「サービスとしての農業(FaaS)」モデルを採用している。

 インドの「サービスとしての農業(FaaS)」に対する、投資家の総資金は、現在、1億500万ドルから1億1500万ドルである。

 「サービスとしての農業(FaaS)」分野の、スタートアップには、「Accel」が資金を提供する「AgroStar」、「Aspada」が資金を提供する「EM3」、および、「AnkurCapital」が資金を提供する「CropIn」がいる。

 主な投資家には、Accel Partners、IDG Ventures、Aavishkaar、Ankur Capital、Aspada、Global Innovation Fund、IvyCap Ventures、Sophia Investment ApS、および、Infuse Venturesがいる。

 さらに、インドの中央政府と州政府の両方が、資金提供、政策立案、および、サービスの提供を通して、「サービスとしての農業(FaaS)」を積極的に推進している。

 「サービスとしての農業(FaaS)」は、生産性の低さ、農場の機械化の欠如、非効率な市場へのアクセスといった、農業分野のサプライ・チェーン全体の弱点に対処するのに役立つ。

 「サービスとしての農業(FaaS)」は、リアルタイムな、データの収集や分析のための、農業機器や、クラウド・ベースのツールといった、製品の革新を促す。

 「サービスとしての農業(FaaS)」モデル全体は、すべての「直接的な利害関係者(スタートアップ、投資家、政府、企業など)」と、「間接的な利害関係者(地元の起業家、サプライヤー、農学者、ITベンダーなど)」の間の強固な調整に依存している。

 この「サービスとしての農業(FaaS)」で、農家は、基盤、技術、および、資金の不足といった、構造上の課題に対処できるようになる。

 要するに、「サービスとしての農業(FaaS)」は、「農作機器」、「リアルタイムなデータ収集技術(センサーや装置)」、「データ分析用のツール」、「農地や農産物の集約」、「農家のための金融技術」といった、インドの農業において、切望されているプロセスと製品の革新を推進することが期待されている。

 「Shruti Kedia」氏は、議会、政策、政治について議論することを目的とした、オンラインの立法意見ニュース・ポータルである、「Decent Neta」の共同創設者兼編集者である。

 ソース:YourStory.com

デル株式会社

2020年12月 4日 (金)

Lenovo X1 Foldラップトップは、PCの次の新たな種類のマシンへの、最初のステップである。(1)'20.12.04

【Lenovo X1 Foldラップトップは、PCの次の新たな種類のマシンへの、最初のステップである。(1)】'20.12.04

 スクリーンを折り畳むことのできる、最初のPCである、Lenovo X1 Foldラップトップは、さまざまな目的に利用できる、極めて、有用なアイデアの、モバイル・ユーザ向けのマシンである。2020年11月30日

Cnet2a_20201204203101

 By Dan Ackerman、cNET

 Lenovo X1 Foldラップトップは、筆者が、見たことのある中で、最も革新的な、マシンである。

 筆者が、妻に、スクリーンを折り畳むことのできる、Lenovo X1 Foldラップトップのデモを見せると、気に入ってくれた。

 妻は、以前、技術とゲームの分野のジャーナリストであり、同様の、スクリーンを折り畳むことのできる、他のパーソナル・デバイスも見ていた。

 妻は、誇大広告をするような、ジャーナリストではない。

 このLenovo X1 Foldラップトップは、マシンの新たな方向を示す、実際の次のステップであり、従来のWindowsベースのラップトップに、特に、モバイル・ユーザ向けの、新しいアイデアが、盛り込まれている。

 筆者は、Lenovo X1 Foldを、Windowsを搭載した、2-in-1ラップトップの、アップデート版のように感じた。

 Samsung Galaxy Fold、あるいは、Motorola Razrのように、Lenovo X1 Foldのスクリーンは、折り曲げることのできる、柔軟な素材で、作成されている。

 スクリーンを折り畳むことのできる、他のデバイスには、スクリーンを開閉して、スマートフォンとしても、タブレットとしても、利用できる、Androidを搭載した、Samsung Galaxy FoldやMotorola Razrがある。

 これに対し、Lenovo X1 Foldは、物理キーボードを使用でき、スクリーンを開閉でき、大きな画面にできるだけでなく、さまざまな形(テント型、スタンド型、クラムシェル型、タブレット型など)にして、目的に合った方法で、使用することができる、モバイル・ユーザ向けの、2-in-1ラップトップである。

 筆者は、実際に、2019年5月に、初めて、Lenovo X1 Foldの試作機を見ていた。

 2019年に、オリジナルのSamsung Foldの、折り畳むことのできる、スクリーンの強度不足を、評価者から指摘され、Samsungは、このフォルダブル・スマートフォンの発売を見送っていた。

 このため、フォルダブル・デバイス、Samsung Foldの、耐久性に関して、懸念があると共に、高価過ぎて、普及することはなかった。

 筆者は、CES 2020で、1月に、いくつかの他の興味のある、新しいラップトップやPCの試作機を見ていた。

 Lenovo X1 Foldは、最初に、実際に、販売された、最初の、スクリーンを、折り畳むことのできる、基本価格が、2499ドルの、フォルダブルな、2-in-1ラップトップである。

 Lenovo X1 Foldは、2020年の、最も興味のある、新たな技術を使用した、製品の1つである。

 Lenovo X1 Foldは、どこでも、利用したい、モバイル・ユーザが、購入したくなるような、第1世代の、フォルダブルなラップトップ製品である。

 しかし、スタイラス・ペンや、Bluetoothキーボードなどの、アクセサリは、300ドルで、別売になっている。

 Lenovo X1 Foldは、13インチのOLEDスクリーンを特徴とする、Windowsタブレットであり、低消費電力の、Intel Core i5-L16G7プロセッサを搭載している。

 Lenovo X1 Foldは、8GBのRAM、256GBか512GBのストレージ・オプションを搭載している。

   (続く)

デル株式会社

「サービスとしての農業(FaaS)」モデルは、インドにおける、農業復興への道のりに成り得るか?(1)'20.12.04

【「サービスとしての農業(FaaS)」モデルは、インドにおける、農業復興への道のりに成り得るか?(1)】'20.12.04

 「サービスとしての農業(FaaS)」モデルは、インドにおける、農業復興への道のりに、成ることができるのだろうか?

Faas1

 By Shruti Kedia

 「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」モデルは、革新と生産性を通して、IT分野を変革した。

 インドが、主に、農業経済であるということは、よく知られており、農業が、国のGDPの、17%を占めている。

 インドの農村世帯の60%は、農業と、農業に関連した産業に、依存している。

 インドは、世界で、米国に次いで、2番目に広い、1億6000万ヘクタールの耕地を持っているが、全体の45%しか、灌漑施設を利用できていないので、生産性が、あまり思わしくない。

 今日、インドの農業世帯の約70%は、耕地の面積が、1ヘクタール未満の、小規模農家で構成されており、農業活動において、金銭的に苦労している。

 「サービスとしての農業」(FaaS)モデルを提唱し、「Farming-as-a-Service」の共著者であもある、Bain and Companyの、Christopher Mitchell氏が、発行したレポートによると、この「サービスとしての農業」(FaaS)ソリューションは インドの農業の効率と生産性を向上さるという。

 「サービスとしての農業」(FaaS)モデルによって提供される、「農場管理」ソリューションは、既存の組織化された、効率的な再発明と、技術主導の革新を組み合わせたものである。

 この「農場管理」ソリューションは、利害関係者が、データ駆動型の決定を下して、生産性と効率を高めることを可能にする。


Faas1b

 例えば、サプライ品の品質(種子や肥料など)、関連するコスト、作物の状態、土壌の品質、天候などに関するデータは、農家、代理店、政府機関により、収集される。

 「サービスとしての農業」(FaaS)ソリューションは、クラウド・ベースの、「データ収集」、「データ融合」、「データ分析」、「意思決定」といった、アプリを実装し、利用できるようにする。

 「農場管理」ソリューションの提供に必要なデータは、各種センサー、ドローン、人工衛星などのハイテク機器から得られる。

 収集された、これらのデータは、処理され、技術、革新、ビッグデータ&分析のサポートにより、欠点や問題点が分析される。

 その後、情報は、モバイル・アラート、あるいは、ダッシュボードを介して配布され、利害関係者により、使用される。

 これにより、例えば、農場は、作物の生産量をリアルタイムで監視できるようになる。

 さらに、情報は、リスク管理を評価したり、作物保険の請求を迅速に行ったりするのに、役に立つだろう。

 また、「サービスとしての農業」(FaaS)モデルにより、提供される、「農場管理」ソリューションは、専門家が、農家に、リアルタイムに、アドバイスを提供できるようにする。

    (続く)

デル株式会社

2020年12月 3日 (木)

Echo Show 5が、たった45ドルで販売されている。'20.12.03

【Echo Show 5が、たった45ドルで販売されている。】'20.12.03

 Amazonのサイバー・マンデーの、大幅値引きで、スマート・ディスプレイ、Echo Show 5が、45ドルで販売される。2020年12月1日

Dt1a_20201203204401

 By Nishka Dhawan、digitaltrends

 Amazonは、サイバー・マンデーに、いくつかの製品を、大幅に値引きして、販売する。

 消費者は、現在、Amazonのスマート・ディスプレイ、「Echo Show 5」を、本来の90ドルから、45ドル値引きして、45ドルで購入することができるようになる。

 今回、45ドルで購入できるように、値引きされた、AmazonのEcho Show 5は、スマート・ホーム・デバイス用のハブとして、利用できる、初めて、スマート・ホーム・デバイスを使用する、ユーザ向けの、エントリー・デバイスとして最適である。

 ただし、45ドルで、今年中に購入できる、消費者の数は、限定されており、来年にならないと、入手できないかも知れない。

 Echoデバイス・シリーズは、現在のスマート・ホーム・デバイス市場で、最良のスマート・ホーム・ガジェットである。

 今回のサイバー・マンデーは、今年、AmazonのEchoデバイスを、最も安く、購入できる、最後の機会の1つである。

 今回、Echo Show 5は、50%オフで販売されており、2021年の1月までに、入手できるようになる。

 50%オフで、早めに、Echo Show 5を手に入れたい、消費者は、直ぐに、注文しよう。

 Echo Show 5は、あらゆることに利用できる、エンターテインメント・バブになる、5.5インチの画面を持つ、スマート・ディスプレイである。

 ユーザは、Echo Show 5を使用して、家族や友達とつながったり、毎日の予定表を管理したり、ストリーミング・ビデオを見たり、できるようになる。

 ユーザは、Echo Show 5に、自分の気に入ったデザインの時計を表示して、時計として、使うこともできるので、通常の時計を必要としない。

 他のEchoデバイスと同様に、Echo Show 5には、Amazon Alexaデジタル・アシスタントが、組み込まれており、ユーザは、ハンズフリーで、音声コマンドでも、Alexa対応スマート・ホーム・デバイスを操作できるようになる。

 例えば、ユーザは、Alexaデジタル・アシスタントに、スマート照明を、オンオフしたり、好みのラジオ放送局を選局したり、友人や家族とビデオ通話したり、できるようになる。

 ユーザは、スマート・ディスプレイのスクリーンに、気に入った写真やビデオを表示して、例えば、フォト・フレームとして、使うこともできる。

 また、ユーザは、スマート・ディスプレイで、自分の友達や家族と、気に入った思い出を共有することができるようになる。

 Echo Show 5デバイスには、カメラやマイクも付いているので、ビデオ・チャットや、家庭用の監視カメラとしても、利用できるが、Amazonは、プライバシー制御機能を、このデバイスに持たせているので、誤って、家庭の状況をスパイされることはない。

 また、Amazonは、Echo Show 5デバイスのセキュリティも、強化しているので、共有されたくない、コンテンツやデータが、外部に漏れる、心配もない。

 初めて、スマート・ホーム・デバイスを、スマート・ディスプレイで、操作したいユーザは、この機会に、45ドル値引きされ、45ドルになった、Echo Show 5を、購入しよう。

 ユーザは、友だちや、家族用にも、Echo Show 5を、まとめて購入することもできる。

 ユーザは、コロナウィルスのパンデミックの状況において、社会的距離のガイドラインに従って、友だちや家族と、ビデオ・チャットや、ビデオ会議といったアプリで、つながりを維持することができる。

 ユーザは、このEcho Show 5デバイスを使用して、Alexaデジタル・アシスタント対応のスマート・ホーム・デバイスに接続して、音声コマンドで、操作することもできるようになる。

 初めての、スマート・ホーム・デバイスのユーザでも、比較的容易に、セットアップできるので、すぐに、Alexa対応スマート・ホーム・デバイスを、音声コマンドで、ハンズフリーでも、操作できるようになる。

 「AmazonのEcho Show 5の紹介」ビデオ

デル株式会社

素人考えの「サービスとしての酪農」 '20.12.03

 「サービスとしての酪農」を、素人的に、考察してみました。

さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(1)】'20.12.02、というブログの記事に、親戚の獣医さんが、次のようにコメントしてくれました。

 「酪農でもロボット搾乳、ロボット哺乳があります。私はロボット搾乳になれば、特に人がどうかかわるかが農場のパフォーマンスを決めているような気がします。いや確信しています。」と、酪農における、自動化と、人の役割との関係の簡単な考察を投稿してくれました。

Rakuno1


 「サービスとしての」という「バズワード」があります。

 素人考えですが、高価な設備や機器(例えば、ロボット搾乳やロボット哺乳)を購入できない場合、大手のレンタル会社が、特定の地域に、ロボット哺乳などの機器を貸し出し、複数の酪農家で、施設を含め、共有できるようにし、利用した分だけ、料金を支払い、設備の保守作業も、レンタル会社に、委託することもできると思います。

 バズ風にいうと、例えば、「サービスとしての酪農」あるいは、「サービスとしての畜産」という用語になります。

 酪農家が、施設や機器を共有して、利益を出せるかどうかは、分かりませんし、このようなレンタル会社が、存在するかどうかも知りませんが、人間は、乳牛の健康状態を管理したり、餌を最適化したり、することに、注力できるようになるかも知れません。

 また、乳牛を管理する上で、必要になる、収集したデータの、面倒な入力作業や、各種伝票の処理作業なども、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用した、ソフトウェア・ロボットで、自動化できるようになるのかも知れません。

デル株式会社

さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(2)'20.12.03

【さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(2)】'20.12.03

Rpa1_20201203113701


  「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、さまざまな業界の企業が、効率的な運用を実現し、収益性を高めるための、頼りになるソリューションになっている。

 By nuummite

 反復的で時間や手間のかかる作業は、すべて「ソフトウェア・ロボット」によって処理されるようになるため、従業員は、他の重要な問題に集中するのに、より多くの時間を費やすことができる。

 ヘルスケア、小売、銀行といった、さまざまな業界の企業が、導入し、成功している、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の、代表的な適用事例のトップ12を紹介する。

   (続き)

2.銀行業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の導入例

Rpa3

1)口座の管理や取引明細書の処理

 銀行や保険業界は、取引明細書の処理に対し、多くの要求を受け取る。

 ソフトウェア・ロボットは、銀行の取引明細書の処理といった作業において、予め定義されたルールを使用して、要求を処理することができる。

 口座の管理や取引明細書の処理を自動化する利点には、次のようなものがある。

・重複決済の削減

・処理効率の向上

・プロセスの高速化

 これにより、人間のスタッフは、主要な買掛金業務に集中して、より多くの時間をかけることが可能になる。

2)クレジットカードの申し込み

 顧客から、必要な情報を取得したり、すべての重要なクレジットや、バックグラウンドをチェックするといった、手順を含む、「クレジットカードの申し込み手続き」を開始するよう、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用した、ソフトウェア・ロボットに委託できるようになる。

 申請者が、クレジットカードの資格があるかどうかを判断するように、ソフトウェア・ロボットを、プログラムすることもできる。

 「クレジットカードの申し込み手続き」を自動化する、他の利点を、次に示す。

・従業員の生産性の向上

・オンライン・ドキュメントへの即時アクセス

・ターンアラウンド・タイムの短縮

・顧客満足度の向上

3)銀行業務における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の導入例

 銀行業務における、最も一般的な「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の例の1つは、「例外処理」である。

 銀行、または、保険業界における「例外処理」は、予め定義された、一連のルールを使用して識別することができる。

 ソフトウェア・ロボットは、人間の介入なしに、例外を分類して処理することができる。

   (続く)

デル株式会社

2020年12月 2日 (水)

Gartnerによると、2020年の3Qに、世界のスマートフォンの売上が、前年同期よりも、5.7%減少したという。'20.12.02

【Gartnerによると、2020年の3Qに、世界のスマートフォンの売上が、前年同期よりも、5.7%減少したという。】'20.12.02

 2020年の3Qに、中国のXiaomiは、世界のスマートフォンの販売台数で、Appleを抜いて、世界のスマートフォンのベンダで、3位になった。

 By Gartner

 Gartnerによると、世界のスマートフォンの、エンドユーザへの、販売台数の合計は、2020年3Qに、前年同期から、5.7%減少して、3億6600万台になったという。

 世界のスマートフォンの販売台数は、前年から、1年間で、8.7%減少して、合計で、4億100万台になった。

2四半期連続して、世界のスマートフォンの販売台数が、20%減少した後に、序々に、販売台数が、増加してきた。

 しかし、2020年3Qにおける、世界のスマートフォンの販売台数は、何種類かの、5G対応のスマートフォンが、何社かのベンダから紹介されたが、5Gに対する需要が伸びていないので、前年同期と比較して、世界のスマートフォンの販売台数は、あまり増加していない。

 Gartnerによると、消費者は、ロックダウンの状況が改善されてき始めた後に、スマートフォンへの支出を制限しているという。

 世界のスマートフォの販売台数は、2020年2Qから、2020年3Qに、緩やかな増加を経験した。

 これは、2020年2Qから、消費者の、スマートフォンに対する、需要が伸びていないためである。

 経済の不確実性と、パンデミックの次の波が、続いているので、2020年の末まで、消費者は、不要な支出を控えるだろう。

 消費者の、5G対応スマートフォンへの、アップグレードの需要が、伸びていないので、スマートフォン・ベンダの機会が、制限されていた。

 スマートフォンの販売台数の、トップ5のスマートフォンのベンダの間で、Samsungは、スマートフォンの販売台数で、22%のシェアを占めて、1位を維持した。

 2020年3Qに、Xiaomiは、Appleのスマートフォンの、販売台数を抜いて、初めて、3位になった。

 2020年3Qに、Xiaomiは、スマートフォンの販売台数が、4440万台になり、Appleは、スマートフォンの販売台数が、4050万台になった。

表1)2020年3Qに、世界のトップ5の、スマートフォンの、エンドユーザへの、販売台数

(単位:1000台)

      2020年3Q  2020年3Q  2019年3Q  2019年3Q  年間
ベンダ   販売台数   シェア   販売台数    シェア    増加率

Samsung   80,816.0   22.0%   79,056.7   20.3%    2.2%

Huawei    51,830.9   14.1%   65,822.0   16.9%   -21.3%

Xiaomi    44,405.4  12.1%    32,927.9     8.5%    34.9%

Apple     40,598.4  11.1%    40,833.0    10.5%    -0.6%

OPPO     29,890.4   8.2%    30,581.4     7.9%    -2.3%

その他    119,117.4  32.5%    139,586.7   35.9%    -14.7%

合計     366,658.6  100.0%   388,807.7   100.0%    -5.7%

 ソース:Gartner、2020年11月

 成熟した、アジア・パシフィックとラテンアメリカの一部の市場において、スマートフォンの販売台数が、回復する、兆しがあった。

 スマートフォンの販売台数は、2020年に、インド、インドネシア、および、ブラジルにおいて、それぞれ、9.3%、8.5%、3.3%増加した。

 SamsungとXiaomiは、2020年に、初めて、スマートフォンの販売台数が、増加を記録した。

 2020年3Qに、SamsungとXiaomiだけが、それぞれ、2.2%と34.9%、スマートフォンの販売台数を増加させていた。

 Samsungは、スマートフォンの販売台数が、808万台を記録し、依然として、トップを維持している。

 Xiaomiは、2020年3Qに、34.9%も、スマートフォンの販売台数が増加し、12.1%のシェアを獲得した。

 Xiaomiは、2020年3Qに、Appleを抜いて、3位になった。

 Xiaomiは、中国において、Huaweiから、スマートフォンの販売台数を奪った。

 Appleは、スマートフォンの販売台数が、2020年3Qに、前年同期から、0.6%減少して、4050万台になった。

デル株式会社

さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(1)'20.12.02

【さまざまな業界における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の適用事例のトップ12(1)】'20.12.02

Rpa1_20201202133401


  「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、さまざまな業界の企業が、効率的な運用を実現し、収益性を高めるための、頼りになるソリューションになっている。

 By nuummite

 反復的で時間や手間のかかる作業は、すべて「ソフトウェア・ロボット」によって処理されるようになるため、従業員は、他の重要な問題に集中するのに、より多くの時間を費やすことができる。

 ヘルスケア、小売、銀行といった、さまざまな業界の企業が、導入し、成功している、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の、代表的な適用事例のトップ12を紹介する。

1.「小売業」における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の導入

Rpa2

1)注文処理における自動化

 「顧客の注文処理」に関連した、「データ入力プロセス」を自動化すると、多くの「eコマース」業界で、売上と、リピート・ビジネスが急増する可能性がある。

 顧客の注文処理における 「データ入力プロセスを自動化することの、主な利点」には、次のものがある。

・顧客経験を向上させる。

・データの制御を改善する。

・コストを削減し、投資利益率(ROI)を向上させる。

・より高い柔軟性を持たせる。

2)小売業における、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例

 小売業において、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用して、「需要と供給の計画」を自動化することで、情報の収集と分析業務を、効率化することができる。

 これにより、生産性が向上し、資産管理が改善される。

 その他の主な利点には、次のものがある。

・正確な製品予測

・効率的なキャッシュフロー管理

・サプライチェーンのスケジューリングの増加

・労務管理の最適化

・ロジスティクスとサプライチェーン管理

3)ロジスティクスとサプライ・チェーン管理を自動化する。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用して、ロジスティクスとサプライ・チェーンの管理を自動化すると、サプライヤ、顧客、および、流通業者間の、コラボレーションを改善できるようになる。

 自動化できる、工程には、在庫レベルの監視、出荷、注文ステータスの追跡、顧客サポートなどが含まれる。

 ロジスティクスとサプライ・チェーン管理を自動化することの利点のいくつかを、次に示す。

・処理時間の短縮

・生産性の向上

・リアルタイムな視覚性

・顧客満足度の向上

     (続く)

デル株式会社

2020年12月 1日 (火)

「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例の紹介(2)'20.12.01

【「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例の紹介(2)】'20.12.01

Rpa0


 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例を紹介する。 2020年11月16日

 by TECHSLANG

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術は、「ロボット」または「人工知能(AI)」システムを構成する能力で、人間の従業員を支援し、「トランザクションの処理」、「データの操作と分析」、「レスポンスの自動化」、および、「他のシステムとのコミュニケーション」といったことを、簡単に行えるようにする。

 これにより、人間の従業員は、反復作業から解放され、自動化できない作業に集中できるようになる。

 この投稿では、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術について、説明すると共に、実際の適応事例を紹介する。

    (続き)

2.顧客サービス

 顧客サービスのチームは、問題に対して、解決策を提供する、必要がある。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)は、即座に、問題を認識する、自動化された、顧客ケア・システムを作成できるようにする。

 調査によると、顧客サービスにおける、顧客からの質問や要求などに対する、応答の80%以上は、ルール・ベースだという。

 例えば、企業は、顧客からの問い合わせをフィルタリングしたり、顧客からのメッセージを、適切な部門に、転送したり、するために、ロボット・プロセス自動化(RPA)対応のソフトウェアを使用することができる。

3.給与の計算処理

 給与の計算処理は、企業において、最も時間を費やす、作業の1つだろう。

 給与の計算処理の作業には、人事の担当者が、多くの時間を費やす、データ入力などの、繰り返し作業が含まれる。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)技術は、給与の計算処理機能を自動化したり、データの入力作業の正確さを、改善したり、できるようにする。

 例えば、ロボット・プロセス自動化(RPA)は、複数のシステムに渡り、データの一貫性を、チェックすることが、できるようになる。

 給与の計算処理において、ロボット・プロセス処理(RPA)は、タイムカードを確認したり、収入と控除を計算したり、給与の明細書を作成したり、する作業を自動化する。

 これにより、一連の給与の計算処理において、データの正当性、データ入力の正確さ、および、作業の効率が、向上することが期待される。

4.注文を受ける準備

 企業の営業の担当者が、行わなければならない、面倒な作業には、受注処理がある。

 営業の担当者は、顧客関係管理(CRM)や、統合業務ソフトウェア(ERM)システムに、大量のデータを入力する作業に、多くの時間を費やしている。

 ロボット・プロセス処理(RPA)技術で、ユーザは、受注伝票を作成するときの、データ入力作業を、自動化することができる。

 ロボット・プロセス処理(RPA)技術で、ユーザは、データベースの保守業務や管理業務を改善することができる。

 これにより、営業の担当者は、商品やサービスの売上や利益を向上させるために、調査に焦点を合わせることができるようになる。

5.顧客の情報ストレージ

 ロボット・プロセス処理(RPA)は、ユーザが、顧客情報を、容易にアクセスできることを確実にするために、顧客の情報を保存する上で、有用である。

 例えば、ロボット・プロセス処理(RPA)は、顧客の名前、連絡先の詳細、購入履歴、および、製品の好みなどによる、顧客データの、自動的な分類を、支援することができる。

6.請求書の処理

 多くの請求書を処理することは、その繰り返し作業の性質のため、データ入力のエラーが、発生しやすい。

 繰り返し作業のような退屈な作業は、精神的な疲労が、発生する要因になる。

 請求書には、間違いがあっては、ならない。

 ロボット・プロセス処理(RPA)は、データ入力や、ルール・ベースの意思決定などにおいて、営業スタッフを支援できるようになる。

 ロボット・プロセス処理(RPA)は、営業スタッフの、精神的な疲労を伴う作業を行う上での、ストレスを取り除くことができる。

 これにより、営業スタッフは、注意力が、必要な作業に、焦点を合わせることができるようになる。

 営業部門は、請求書の処理を自動化することで、処理コストを低減させ、正確さや、処理効率を向上させることができるようになる。

デル株式会社

「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例の紹介(1)'20.12.01

【「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例の紹介(1)】'20.12.01

Rpa0


 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例を紹介する。 2020年11月16日

 by TECHSLANG

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術は、「ロボット」または「人工知能(AI)」システムを構成する能力で、人間の従業員を支援し、「トランザクションの処理」、「データの操作と分析」、「レスポンスの自動化」、および、「他のシステムとのコミュニケーション」といったことを、簡単に行えるようにする。

 これにより、人間の従業員は、反復作業から解放され、自動化できない作業に集中できるようになる。

 この投稿では、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術について、説明すると共に、実際の適応事例を紹介する。

1.ロボット・プロセス自動化(RPA)のパワー:現在の適応事例

 ロボットが、製造業に、革命を起こしているのと同様に、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」も、「ビジネス・プロセス」を変革している。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術は、作業の精度が改善し、作業の処理時間を短縮し、作業の生産性を向上させる。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の、最も重要な機能の1つは、「プロセスを自動化」することである。

 これにより、人間の従業員は、退屈で反復的な作業を、AIシステム、あるいは、ロボットに委任できるようになる。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、「サプライ・チェーン管理(SCM)」、「調達」、「財務」、さらには、「人事(HR)」などに関連した、「バックオフィス」作業を自動化することもできる。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)の紹介」ビデオ

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」で、例えば、「プレゼンテーション層」を自動化することができる。

 「プレゼンテーション層」は、データを認識して、人間が解釈できる「モノ」に変換する。

 「プレゼンテーション層」とは、例えば、フォームに、データを入力するときに、名前、生年月日、および、その他のデータを認識して、それに対応した、適切なフィールドに、データを入力する層のことである。

 プレゼンテーション層を自動化するには、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術が役に立つ。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ロボットは、人間と同じように動作し、ソフトウェアのプレゼンテーション層とも対話することを目的としている。

 また、ソフトウェア開発者は、プレゼンテーション層を、手動で改善する必要がなくなったので、他の作業に集中することができる。

 プレゼンテーション層の自動化は、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の、以下のような、適応事例において、重要な役割を演じる。

    (続く)

デル株式会社

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

ウェブページ

広告2