« Gartnerによると、組織の49%だけ、マーケティング運営のリーダを持っているという。'20.11.28 | トップページ | 2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(3)'20.11.29 »

2020年11月29日 (日)

2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(2)'20.11.29

【2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(2)】'20.11.29

 ロボット・プロセス自動化(RPA:Robotic Process Automation)は、いつまでも、自動化の未来になるだろう。2020年11月24日

Rpa1

 by Preetipadma、analytics insight

 経営幹部の間で、興味深い課題である、ロボット・プロセス自動化(RPA)は、製造、小売、電気通信、BFSI(銀行、金融サービス、保険)、および、医療など、いくつかの業界で、急速に進歩している。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)とは、バックオフィスなどの業務を、ソフトウェア・ロボットを使用して、自動化する取り組み、および、その概念のことである。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)の進歩は、まだ、開始されたばかリである。

 ビジネスの運営を簡単にするための、高度な進歩の1つは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」だろう。

 ビジネスの運営の効率について、継続的にストレスを感じている場合、企業にとって、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を検討し、導入することは、理想的な決定となる可能性がある。

     (続き)

2.「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の分野には、次のような動向がある。

1)「ロボット・プロセス自動化(RPA)」が、新しい「基幹業務システム(ERP)」になる。

 「グローバル・システム・インテグレータ(GSI)」と、「監査ベース」のカウンセリング組織のコミュニティは、自動化を採用するために、膨大な数の労働者を動機付けし、訓練するようになる。

 さらに、「グローバル・システム・インテグレータ(GSI)」は、1990年代に、「基幹業務システム(ERP)」ソフトウェアで行ったのと同じように、さまざまな業界の、さまざまな業務に、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ソフトウェアを、適応させていく、ビジネスを展開していくだろう。

2)「スマート・プロセス自動化(SPA)」が台頭する。

 「スマート・プロセス自動化(SPA)」は、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の拡張である。

 前世代の「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、構造化データを自動化するために、事前に特性化された、一連のルールを備えていた。

 「スマート・プロセス自動化(SPA)」では、「機械学習-SPAボット」の単純な組み込みで、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の「If-Then」ルールとステートメントの代わりに、「機械学習-SPAボット」で入力される。

 「スマート・プロセス自動化(SPA)」は、基本的に、「RPAボット」が、人工知能、膨大な情報、ビッグデータ、機械学習などを含む、自動化サークル全体の能力によって、利益を得られるようにする。

3)「手動」と「自動化」の取り組みが、混在するようになる。

 ソフトウェア・ロボットは、予測不可能で、退屈で、単調な作業を実行することにより、ほとんどの人の作業を自動化できるようになるだろう。

 これにより、人間による、「手動」と「自動化」の両方の取り組みが、混在する可能性がある。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の最終的な運命は、高度なデータ、分析的なビジネス・プロセス自動化、人工知能、ブロックチェーン、あるいは、光学式文字認識(OCR)といった技術と、RPAを組み合わせて使用することで、強力な自動化を提供できるようになる。

 また、ロボット・プロセス自動化ソリューションのプロバイダによる、開発の拡大も期待される。

     (続く)

デル株式会社

« Gartnerによると、組織の49%だけ、マーケティング運営のリーダを持っているという。'20.11.28 | トップページ | 2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(3)'20.11.29 »

IT関連の記事」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2