« 2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(2)'20.11.29 | トップページ | RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(1)'20.11.29 »

2020年11月29日 (日)

2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(3)'20.11.29

【2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(3)】'20.11.29

 ロボット・プロセス自動化(RPA:Robotic Process Automation)は、いつまでも、自動化の未来になるだろう。2020年11月24日

Rpa0a

 by Preetipadma、analytics insight

 経営幹部の間で、興味深い課題である、ロボット・プロセス自動化(RPA)は、製造、小売、電気通信、BFSI(銀行、金融サービス、保険)、および、医療など、いくつかの業界で、急速に進歩している。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)とは、バックオフィスなどの業務を、ソフトウェア・ロボットを使用して、自動化する取り組み、および、その概念のことである。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)の進歩は、まだ、開始されたばかリである。

 ビジネスの運営を簡単にするための、高度な進歩の1つは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」だろう。

 ビジネスの運営の効率について、継続的にストレスを感じている場合、企業にとって、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を検討し、導入することは、理想的な決定となる可能性がある。

   (続き)

3.代表的な「ロボット・プロセス自動化(RPA:Robotic Process Automation)」ベンダは、どのように差別化しているか?

 大手の企業は、現在、150社を超える、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ブランドの、さまざまな製品の選択に、直面している。

 各RPAソリューションを提供している、ブランドの、収益性、設計品質、信頼性、および、アプローチは、さまざまである。

 従って、これらの重要な技術的ニュアンスを理解するには、自分たちの、RPAに対する、要件を明確に整理し、評価項目や評価基準を、決める必要がある。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」製品の、より明確な概要は、2021年に登場し始めるだろう。

 RPAソリューション・プロバイダは、2つの一般的なクラス(デスクトップ環境全体で、迅速な戦略的利点をもたらす、RPAソリューション・プロバイダと、大手の企業全体で、より戦略的な変革をもたらす、RPAソリューション・プロバイダ)に、分類される。

1)事務処理(ペーパー・ワーク)を排除する。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、データ駆動型の自動化プロセスであり、企業が、単調な作業、演習、および、人間が処理する、日常的な時間のかかる作業の監視を中心に実施するのに、役立つだろう。

 「自動化」が急速に発展しているため、「ソフトウェア・ロボット」は、生産的かつ強力な方法で、作業に必要な知識やノウハウなどを学習して、作業の仕方を、人間のように、学習し、再スキル化して、作業できるようすることが、可能になる。

 2025年までに、「自動化市場」は、企業の、さまざまな「事務処理を自動化」するために、予め構築された機能を備え、容易に導入できる、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」モデルにより、圧倒されるだろう。

2)雇用者は、ソフトウェア・ロボットに、依存するようになる。

 現在のような状況において、在宅勤務やリモート・ワークへのシフトは、フルタイムの雇用から、パートタイムや単発的な働き方への変化を促している。

 また、大手の企業は、雇用者、各人に、ソフトウェア・ロボット(例えば、業務に最適なデジタル・アシスタント)を、所有させることを、構想している。

 このビジョンは、近い将来、各人が、独自のソフトウェア・ロボットを所有するようになる、可能性を示している。

 このように、在宅勤務やリモート・ワークへの継続的なシフトを支援する、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」市場は、新たな雇用形態にも適応するよう、変化していくことが予想される。

    (続く)

デル株式会社

« 2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(2)'20.11.29 | トップページ | RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(1)'20.11.29 »

IT関連の記事」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2