« RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(2)'20.11.30 | トップページ | 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例の紹介(1)'20.12.01 »

2020年11月30日 (月)

RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(3)'20.11.30

【RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(3)】'20.11.30

 私たちは、データ駆動の世界で、生活しており、Clive Humby氏は、「データは、新しい石油である。」と述べていた。2020年11月6日

 By silvertouch

 殆どの業界の大手の企業は、リアルタイムに、意思決定するための、洞察を得るために、データを収集して、分析することに、焦点を合わせている。

 これにより、大手の企業は、従来のプロセスを、デジタル変革させてきた。

 IDCのレポートによると、世界の大手企業は、2023年までに、デジタル変革に、約2兆3000万ドルを投資する予定だという。

 このような、先進的なITソリューションの1つが、ビジネス・プロセスを単純化し、自動化をもたらして、生産性を向上させる、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」である。

Rpa1_20201130211901

      (続き)

 ロボット・プロセス自動化(RPA)に対する、未来を予測する。

 先ずは、Gartnerの予測から、紹介を始めよう。

 Gartnerは、プロセス自動化(RPA)への支出が、2022年までに、世界全体で、24億ドルに達すると予測している。

 さまざまな企業は、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の開発者を雇用して、自分たちのシステムにおいて、適切な方法で、このプロセス自動化(RPA)技術を実装することを模索している。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)に関する、未来の予測のいくつかを紹介する。

1.スマート・プロセス自動化(SPA)の台頭

 ロボット・プロセス自動化(RPA)は、予め定義された、ルールのセットで、構造化されたデータを自動化するように、設計されている。

 しかし、技術が進歩すると、機械学習の要素、あるいは、機能で、「スマート・プロセス自動化(SPA)」ボット用の道が整備され、「プロセス自動化(RPA)」ソリューションに、統合される。

 「スマート・プロセス自動化(SPA)」は、「ロボット・ プロセス自動化(RPA)」が、人工知能(AI)やビッグデータを含む、他の新たに出現した技術や、能力から、利益を得られるようにする。

 コロナウィルスのパンデミックの状況において、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」に支出することで、自分たちのビジネスに、なぜ、利益がもたらされるのだろう?

2.ペーパーワークを排除する。

 ペーパーワークを排除することは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」実装における、最も大きな利益の1つである。

 ITサービ部門は、データ駆動型の技術として、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を提供し、企業が、反復的な作業や、手間や時間を費やす作業に、焦点を合わせることを支援する。

 「自動化」市場は、2025年までに、企業における、ペーパーワークの自動化を、容易に展開できる、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」モデルで、急成長することが、期待されている。

3.集中自動化プラットフォーム

 移動通信と固定通信サービス会社で、通信機器のメーカでもある、Ericssonは、すべての従業員に、個人用のソフトウェア・ロボット(ボット)を実装することにより、大規模に、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を展開した、パイオニアの1社である。

 YouTubeが、「ビデオ用のリポジトリ」としての役割を持っているように、将来、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、「自動化のリポジトリ」になることが、期待されている。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、このパンデミックの状況が収束した後でも、中央、あるいは、単体の、自動化プラットフォームになるだろう。

4.RPA 2.0の出現

 通常の「ロボット・プロセス自動化(RPA)」に、ソフトウェア・ロボット(ボット)、人工知能(AI)、機械学習(ML)、デジタル変革(DX)、および、リモート・ワークプレイスを含めた、 よりスマートなプロセス自動化である、「RPA 2.0」が出現した。

 今回のコロナウィルスのパンデミックを、触媒として、リモート・ワークへのシフトが、促されるだろう。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」開発者は、「スマート・プロセス自動化(SPA)」を通して、リモート・ワークや、デジタル変革の殆どを作成できるようになる。

 「RPA 2.0」は、あらゆる部門に渡り、生産性、革新、および、効果の観点において、ゲーム・チェンジャーになるだろう。

5.結論

 最近、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」や、「知的な自動化(IA)」ソリューションを、調査することが、必要になった。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、より良い、パーソナライズされた、顧客経験を提供するための、新たな潜在能力を、企業にもたらすだろう。

 「Silver Touch」は、最も複雑な、ビジネスの要件に適合するために、エンドツーエンドのITソリューションを提供する、ソフトウェア開発会社である。

 Silver Touchは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ソリューションのプロバイダとして、高品質な「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ソリューションを、世界の企業顧客に提供している。

デル株式会社

« RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(2)'20.11.30 | トップページ | 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術の適応事例の紹介(1)'20.12.01 »

レポートの紹介」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2