« Microsoftは、「Microsoft Teams」を、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用の、ネーティブなWindowsアプリに移植した。'20.11.28 | トップページ | Gartnerによると、組織の49%だけ、マーケティング運営のリーダを持っているという。'20.11.28 »

2020年11月28日 (土)

2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(1)'20.11.28

【2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(1)】'20.11.28

 ロボット・プロセス自動化(RPA:Robotic Process Automation)は、いつまでも、自動化の未来になるだろう。2020年11月24日

 by Preetipadma、analytics insight

 経営幹部の間で、興味深い課題である、ロボット・プロセス自動化(RPA)は、製造、小売、電気通信、BFSI(銀行、金融サービス、保険)、および、医療など、いくつかの業界で、急速に進歩している。

Gartner_20201128172401


 ロボット・プロセス自動化(RPA)とは、バックオフィスなどの業務を、ソフトウェア・ロボットを使用して、自動化する取り組み、および、その概念のことである。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)の進歩は、まだ、開始されたばかリである。

 革新への要求は、過去数年間に、急速に満たされてきたが、自動化や人工知能など、他の関連する画期的な進歩を含めた議論もある。

 自動化ツールと、自動化技術やAI技術が、どのように密接に絡み合っているかを、考えて見ると、自動化ツールを理解しやすいかも知れない。

1.ロボット・プロセス自動化(RPA)は、いつまでも、自動化の未来になり、進化を続けていくだろう。

 IDCのレポートによると、世界中の大手の企業は、2023年以内に、ITの活用を通して、ビジネス・モデルや組織を変革する、「デジタル変革(DX)」に、約2.3兆ドルもの、投資を行うことが、予想されている。

 長年に渡り、世界は、既に、デジタル化されている。

 ビジネスの運営を、効率化し、信頼性や正確さを向上させるための、高度な進歩の1つは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」だろう。

 ビジネスの運営の効率について、継続的にストレスを感じている場合、企業にとって、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を検討し、導入することは、理想的な決定となる可能性がある。

    (続く)

デル株式会社

« Microsoftは、「Microsoft Teams」を、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用の、ネーティブなWindowsアプリに移植した。'20.11.28 | トップページ | Gartnerによると、組織の49%だけ、マーケティング運営のリーダを持っているという。'20.11.28 »

IT関連の記事」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2