« RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(1)'20.11.29 | トップページ | 受験生(の親?)が好きな、大学ランキングの紹介 '20.11.30 »

2020年11月30日 (月)

2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(4)'20.11.30

【2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(4)】'20.11.30

 ロボット・プロセス自動化(RPA:Robotic Process Automation)は、いつまでも、自動化の未来になるだろう。2020年11月24日

 by Preetipadma、analytics insight

 経営幹部の間で、興味深い課題である、ロボット・プロセス自動化(RPA)は、製造、小売、電気通信、BFSI(銀行、金融サービス、保険)、および、医療など、いくつかの業界で、急速に進歩している。

Rpa0a_20201130103401

 ロボット・プロセス自動化(RPA)とは、バックオフィスなどの業務を、ソフトウェア・ロボットを使用して、自動化する取り組み、および、その概念のことである。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)の進歩は、まだ、開始されたばかリである。

 ビジネスの運営を簡単にするための、高度な進歩の1つは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」である。

 ビジネスの運営の効率について、継続的にストレスを感じている場合、企業にとって、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を検討し、導入することは、理想的な決定となる可能性がある。

   (続き)

3)ソフトウェア・ロボットとデジタル・ワーカを、明確に分離する。

 企業は、現在、市場に出回っている、さまざまなソフトウェア・ロボットと、その機能や特徴の違いを、より明確に理解しよう。

 さまざまなソフトウェア・ロボットの、機能や特徴の違いを、理解することは、企業のデジタル変革(DX)を促す上で、極めて重要である。

 現在、記録されたプロセス・ステップに依存して、戦術的な作業を完了する、ソフトウェア・ロボットは、存在するが、自発的に、変化に順応することはできまない。

 これに対し、現在、人間のように動作する、「デジタル・ワーカ」の開発が、さらに続けられている。

 これらの、「デジタル・ワーカ」は、人と同様のITフレーム・ワークやシステムを使用して、作業を行い、予め構築された、スマートで生産性が高く、自己編成された、人間のように動作する、さまざまな他のソフトウェア・ロボットとは、まったく異なっている。

4)従業員経験(EX)が、さらに重要になるだろう。

 ここ数年に、顧客経験(CX)が、スポットライトを浴びてきたが、企業は、今後、従業員経験(EX)に対し、同様のアプローチを取ることが、予想されている。

 2020年における、コロナウィルスの感染拡大の状況において、なぜ、従業員経験(EX)が、注目されるようになるのだろうか?

 このような状況において、多くの従業員が、不況と戦い、不安と懸念の高まりに耐えている。

 これに対し、例えば、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用した、コールセンターで、顧客経験(CX)を向上させてきた、企業は、「ロボット・プロセス自動化(RPA)技術」を使用した、ヘルプデスクで、従業員経験(EX)を向上させて、従業員を支援し、士気、エンゲージメント、および、生産性を向上できることを期待している。

デル株式会社

« RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(1)'20.11.29 | トップページ | 受験生(の親?)が好きな、大学ランキングの紹介 '20.11.30 »

IT関連の記事」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2