« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月30日 (月)

RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(3)'20.11.30

【RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(3)】'20.11.30

 私たちは、データ駆動の世界で、生活しており、Clive Humby氏は、「データは、新しい石油である。」と述べていた。2020年11月6日

 By silvertouch

 殆どの業界の大手の企業は、リアルタイムに、意思決定するための、洞察を得るために、データを収集して、分析することに、焦点を合わせている。

 これにより、大手の企業は、従来のプロセスを、デジタル変革させてきた。

 IDCのレポートによると、世界の大手企業は、2023年までに、デジタル変革に、約2兆3000万ドルを投資する予定だという。

 このような、先進的なITソリューションの1つが、ビジネス・プロセスを単純化し、自動化をもたらして、生産性を向上させる、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」である。

Rpa1_20201130211901

      (続き)

 ロボット・プロセス自動化(RPA)に対する、未来を予測する。

 先ずは、Gartnerの予測から、紹介を始めよう。

 Gartnerは、プロセス自動化(RPA)への支出が、2022年までに、世界全体で、24億ドルに達すると予測している。

 さまざまな企業は、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の開発者を雇用して、自分たちのシステムにおいて、適切な方法で、このプロセス自動化(RPA)技術を実装することを模索している。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)に関する、未来の予測のいくつかを紹介する。

1.スマート・プロセス自動化(SPA)の台頭

 ロボット・プロセス自動化(RPA)は、予め定義された、ルールのセットで、構造化されたデータを自動化するように、設計されている。

 しかし、技術が進歩すると、機械学習の要素、あるいは、機能で、「スマート・プロセス自動化(SPA)」ボット用の道が整備され、「プロセス自動化(RPA)」ソリューションに、統合される。

 「スマート・プロセス自動化(SPA)」は、「ロボット・ プロセス自動化(RPA)」が、人工知能(AI)やビッグデータを含む、他の新たに出現した技術や、能力から、利益を得られるようにする。

 コロナウィルスのパンデミックの状況において、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」に支出することで、自分たちのビジネスに、なぜ、利益がもたらされるのだろう?

2.ペーパーワークを排除する。

 ペーパーワークを排除することは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」実装における、最も大きな利益の1つである。

 ITサービ部門は、データ駆動型の技術として、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を提供し、企業が、反復的な作業や、手間や時間を費やす作業に、焦点を合わせることを支援する。

 「自動化」市場は、2025年までに、企業における、ペーパーワークの自動化を、容易に展開できる、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」モデルで、急成長することが、期待されている。

3.集中自動化プラットフォーム

 移動通信と固定通信サービス会社で、通信機器のメーカでもある、Ericssonは、すべての従業員に、個人用のソフトウェア・ロボット(ボット)を実装することにより、大規模に、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を展開した、パイオニアの1社である。

 YouTubeが、「ビデオ用のリポジトリ」としての役割を持っているように、将来、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、「自動化のリポジトリ」になることが、期待されている。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、このパンデミックの状況が収束した後でも、中央、あるいは、単体の、自動化プラットフォームになるだろう。

4.RPA 2.0の出現

 通常の「ロボット・プロセス自動化(RPA)」に、ソフトウェア・ロボット(ボット)、人工知能(AI)、機械学習(ML)、デジタル変革(DX)、および、リモート・ワークプレイスを含めた、 よりスマートなプロセス自動化である、「RPA 2.0」が出現した。

 今回のコロナウィルスのパンデミックを、触媒として、リモート・ワークへのシフトが、促されるだろう。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」開発者は、「スマート・プロセス自動化(SPA)」を通して、リモート・ワークや、デジタル変革の殆どを作成できるようになる。

 「RPA 2.0」は、あらゆる部門に渡り、生産性、革新、および、効果の観点において、ゲーム・チェンジャーになるだろう。

5.結論

 最近、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」や、「知的な自動化(IA)」ソリューションを、調査することが、必要になった。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、より良い、パーソナライズされた、顧客経験を提供するための、新たな潜在能力を、企業にもたらすだろう。

 「Silver Touch」は、最も複雑な、ビジネスの要件に適合するために、エンドツーエンドのITソリューションを提供する、ソフトウェア開発会社である。

 Silver Touchは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ソリューションのプロバイダとして、高品質な「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ソリューションを、世界の企業顧客に提供している。

デル株式会社

RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(2)'20.11.30

【RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(2)】'20.11.30

 私たちは、データ駆動の世界で、生活しており、Clive Humby氏は、「データは、新しい石油である。」と述べていた。2020年11月6日

 By silvertouch

 殆どの業界の大手の企業は、リアルタイムに、意思決定するための、洞察を得るために、データを収集して、分析することに、焦点を合わせている。

 これにより、大手の企業は、従来のプロセスを、デジタル変革させてきた。

 IDCのレポートによると、世界の大手企業は、2023年までに、デジタル変革に、約2兆3000万ドルを投資する予定だという。

 これは、大手の企業が、自分たちのシステムに、IT統合ソリューションを統合する、用意ができていることを意味する。

 このような、先進的なITソリューションの1つが、ビジネス・プロセスを単純化し、自動化をもたらして、生産性を向上させる、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」である。

Rpa0a_20201130103401

   (続き)

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の現在の傾向を紹介する、数字は、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の実装が、増加していることを示している。

 Grand View Researchの調査によると、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の年間売上は、現在、11億ドルと、見積もられており、2020年から2027年の間に、年間平均増加率(CAGR)、33.6%で、増加する見込みだという。

 中小企業(SME)、および、確立された企業は、ビジネス・プロセスを、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」および、他の自動化技術と整合させる傾向がある。

 これは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」が定着しているという事実を示しています。

 今日、COVID-19のパンデミックのおかげで、我々は、不況の危機に瀕しており、失業率は世界で、記録的なレベルに達している。

 このような状況において、企業が、ソフトウェア開発会社に相談して、従業員のスキルが、ソフトウェア・ロボットと同期して使用される、エコシステムを確立しても、驚くことはないだろう。

 企業は、ソフトウェア・ロボットで、自宅や遠隔地にいる、従業員の作業を支援することで、作業の効率や、作業の質を、向上できるようになるだろう。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を実装することで、COVID-19のパンデミックの状況にある時に、企業を運営し続けるだけでなく、競合他社よりも、優位に立つことができるようになる。

   (続く)

デル株式会社

受験生(の親?)が好きな、大学ランキングの紹介 '20.11.30

 受験生(の親?)が好きな、大学ランキング「QS Asia University Rankings 2021」が、FBで、紹介されていたので紹介します。2020年11月30日

 このランキングは、「研究者・企業人からの評判」「教員ひとりあたりの論文数」「論文あたりの引用数」等、11の基準で大学の総合力を評価するもので、QS社が毎年発表しています。だそうです。

デル株式会社

2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(4)'20.11.30

【2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(4)】'20.11.30

 ロボット・プロセス自動化(RPA:Robotic Process Automation)は、いつまでも、自動化の未来になるだろう。2020年11月24日

 by Preetipadma、analytics insight

 経営幹部の間で、興味深い課題である、ロボット・プロセス自動化(RPA)は、製造、小売、電気通信、BFSI(銀行、金融サービス、保険)、および、医療など、いくつかの業界で、急速に進歩している。

Rpa0a_20201130103401

 ロボット・プロセス自動化(RPA)とは、バックオフィスなどの業務を、ソフトウェア・ロボットを使用して、自動化する取り組み、および、その概念のことである。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)の進歩は、まだ、開始されたばかリである。

 ビジネスの運営を簡単にするための、高度な進歩の1つは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」である。

 ビジネスの運営の効率について、継続的にストレスを感じている場合、企業にとって、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を検討し、導入することは、理想的な決定となる可能性がある。

   (続き)

3)ソフトウェア・ロボットとデジタル・ワーカを、明確に分離する。

 企業は、現在、市場に出回っている、さまざまなソフトウェア・ロボットと、その機能や特徴の違いを、より明確に理解しよう。

 さまざまなソフトウェア・ロボットの、機能や特徴の違いを、理解することは、企業のデジタル変革(DX)を促す上で、極めて重要である。

 現在、記録されたプロセス・ステップに依存して、戦術的な作業を完了する、ソフトウェア・ロボットは、存在するが、自発的に、変化に順応することはできまない。

 これに対し、現在、人間のように動作する、「デジタル・ワーカ」の開発が、さらに続けられている。

 これらの、「デジタル・ワーカ」は、人と同様のITフレーム・ワークやシステムを使用して、作業を行い、予め構築された、スマートで生産性が高く、自己編成された、人間のように動作する、さまざまな他のソフトウェア・ロボットとは、まったく異なっている。

4)従業員経験(EX)が、さらに重要になるだろう。

 ここ数年に、顧客経験(CX)が、スポットライトを浴びてきたが、企業は、今後、従業員経験(EX)に対し、同様のアプローチを取ることが、予想されている。

 2020年における、コロナウィルスの感染拡大の状況において、なぜ、従業員経験(EX)が、注目されるようになるのだろうか?

 このような状況において、多くの従業員が、不況と戦い、不安と懸念の高まりに耐えている。

 これに対し、例えば、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」技術を使用した、コールセンターで、顧客経験(CX)を向上させてきた、企業は、「ロボット・プロセス自動化(RPA)技術」を使用した、ヘルプデスクで、従業員経験(EX)を向上させて、従業員を支援し、士気、エンゲージメント、および、生産性を向上できることを期待している。

デル株式会社

2020年11月29日 (日)

RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(1)'20.11.29

【RPAの未来に関する、現在のトレンドと、2021年における、予測を紹介する。(1)】'20.11.29

 私たちは、データ駆動の世界で、生活しており、Clive Humby氏は、「データは、新しい石油である。」と述べていた。2020年11月6日

 By silvertouch

 殆どの業界の大手の企業は、リアルタイムに、意思決定するための、洞察を得るために、データを収集して、分析することに、焦点を合わせている。

 これにより、大手の企業は、従来のプロセスを、デジタル変革させてきた。

 IDCのレポートによると、世界の大手企業は、2023年までに、デジタル変革に、約2兆3000万ドルを投資する予定だという。

 これは、大手の企業が、自分たちのシステムに、IT統合ソリューションを統合する、用意ができていることを意味する。

 このような、先進的なITソリューションの1つが、ビジネス・プロセスを単純化し、自動化をもたらして、生産性を向上させる、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」である。

Rpa1


 それでは、さまざまな業界の大手企業における、重要で、最新の、RPA実装のトレンドを、少し詳しく見てみよう。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、複雑なビジネスの、反復的な作業に、自動化をもたらすだろう。

 この「ロボット・プロセス自動化(RPA)」における、ロボットは、実際の物理的なロボットとは違い、ソフトウェア的なロボットのことである。

 事実、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、繰り返しの多い作業、時間を費やす作業、24時間年中無休で行われる、および、構造化された作業を自動化する、ビジネス・クリティカルな、ソフトウェア・ボットである。

 ソフトウェア開発会社は、機械学習、コンピュータ・ビジョン、および、他の未来的な技術を結合することにより、RPAソリューションを開発することができる。

 コピー&ペースト作業や、大量のデータを入力するような作業は、人間が行うと、大分時間がかかるが、ソフトウェア・ボットは、数秒で、行うことができる。

 このコピー&ペーストや、データ入力のような、手間や時間のかかる作業を、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、短時間で、行うことができるので、RPAが、さまざまな業界において、需要が多い理由である。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)の紹介」ビデオ

 例えば、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の、適応事例には、ヘルプデスク、コールセンター、顧客関係管理などを、自動化することがある。

 自分たちのプロセスに、デジタル変革をもたらすことを望んでいる、大手企業は、RPAの実装を、先延ばしにすることはできない。

 この未来的な技術は、大手の企業が、手間や時間のかかる作業の、生産性を向上させ、コストを最小にすることにより、付加価値を付けることが可能になる。

 RPAが、自動化の未来であるというのは、誇張ではない。

 しかし、「RPAは、自動化の未来」であるが、「RPA自体の未来」は、どうだろう?

 この質問への回答を、見つけてみよう。

 その前に、企業における、RPAの現在の立場を見つけてみよう。

    (続く)

デル株式会社

2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(3)'20.11.29

【2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(3)】'20.11.29

 ロボット・プロセス自動化(RPA:Robotic Process Automation)は、いつまでも、自動化の未来になるだろう。2020年11月24日

Rpa0a

 by Preetipadma、analytics insight

 経営幹部の間で、興味深い課題である、ロボット・プロセス自動化(RPA)は、製造、小売、電気通信、BFSI(銀行、金融サービス、保険)、および、医療など、いくつかの業界で、急速に進歩している。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)とは、バックオフィスなどの業務を、ソフトウェア・ロボットを使用して、自動化する取り組み、および、その概念のことである。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)の進歩は、まだ、開始されたばかリである。

 ビジネスの運営を簡単にするための、高度な進歩の1つは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」だろう。

 ビジネスの運営の効率について、継続的にストレスを感じている場合、企業にとって、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を検討し、導入することは、理想的な決定となる可能性がある。

   (続き)

3.代表的な「ロボット・プロセス自動化(RPA:Robotic Process Automation)」ベンダは、どのように差別化しているか?

 大手の企業は、現在、150社を超える、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ブランドの、さまざまな製品の選択に、直面している。

 各RPAソリューションを提供している、ブランドの、収益性、設計品質、信頼性、および、アプローチは、さまざまである。

 従って、これらの重要な技術的ニュアンスを理解するには、自分たちの、RPAに対する、要件を明確に整理し、評価項目や評価基準を、決める必要がある。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」製品の、より明確な概要は、2021年に登場し始めるだろう。

 RPAソリューション・プロバイダは、2つの一般的なクラス(デスクトップ環境全体で、迅速な戦略的利点をもたらす、RPAソリューション・プロバイダと、大手の企業全体で、より戦略的な変革をもたらす、RPAソリューション・プロバイダ)に、分類される。

1)事務処理(ペーパー・ワーク)を排除する。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、データ駆動型の自動化プロセスであり、企業が、単調な作業、演習、および、人間が処理する、日常的な時間のかかる作業の監視を中心に実施するのに、役立つだろう。

 「自動化」が急速に発展しているため、「ソフトウェア・ロボット」は、生産的かつ強力な方法で、作業に必要な知識やノウハウなどを学習して、作業の仕方を、人間のように、学習し、再スキル化して、作業できるようすることが、可能になる。

 2025年までに、「自動化市場」は、企業の、さまざまな「事務処理を自動化」するために、予め構築された機能を備え、容易に導入できる、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」モデルにより、圧倒されるだろう。

2)雇用者は、ソフトウェア・ロボットに、依存するようになる。

 現在のような状況において、在宅勤務やリモート・ワークへのシフトは、フルタイムの雇用から、パートタイムや単発的な働き方への変化を促している。

 また、大手の企業は、雇用者、各人に、ソフトウェア・ロボット(例えば、業務に最適なデジタル・アシスタント)を、所有させることを、構想している。

 このビジョンは、近い将来、各人が、独自のソフトウェア・ロボットを所有するようになる、可能性を示している。

 このように、在宅勤務やリモート・ワークへの継続的なシフトを支援する、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」市場は、新たな雇用形態にも適応するよう、変化していくことが予想される。

    (続く)

デル株式会社

2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(2)'20.11.29

【2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(2)】'20.11.29

 ロボット・プロセス自動化(RPA:Robotic Process Automation)は、いつまでも、自動化の未来になるだろう。2020年11月24日

Rpa1

 by Preetipadma、analytics insight

 経営幹部の間で、興味深い課題である、ロボット・プロセス自動化(RPA)は、製造、小売、電気通信、BFSI(銀行、金融サービス、保険)、および、医療など、いくつかの業界で、急速に進歩している。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)とは、バックオフィスなどの業務を、ソフトウェア・ロボットを使用して、自動化する取り組み、および、その概念のことである。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)の進歩は、まだ、開始されたばかリである。

 ビジネスの運営を簡単にするための、高度な進歩の1つは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」だろう。

 ビジネスの運営の効率について、継続的にストレスを感じている場合、企業にとって、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を検討し、導入することは、理想的な決定となる可能性がある。

     (続き)

2.「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の分野には、次のような動向がある。

1)「ロボット・プロセス自動化(RPA)」が、新しい「基幹業務システム(ERP)」になる。

 「グローバル・システム・インテグレータ(GSI)」と、「監査ベース」のカウンセリング組織のコミュニティは、自動化を採用するために、膨大な数の労働者を動機付けし、訓練するようになる。

 さらに、「グローバル・システム・インテグレータ(GSI)」は、1990年代に、「基幹業務システム(ERP)」ソフトウェアで行ったのと同じように、さまざまな業界の、さまざまな業務に、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」ソフトウェアを、適応させていく、ビジネスを展開していくだろう。

2)「スマート・プロセス自動化(SPA)」が台頭する。

 「スマート・プロセス自動化(SPA)」は、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の拡張である。

 前世代の「ロボット・プロセス自動化(RPA)」は、構造化データを自動化するために、事前に特性化された、一連のルールを備えていた。

 「スマート・プロセス自動化(SPA)」では、「機械学習-SPAボット」の単純な組み込みで、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の「If-Then」ルールとステートメントの代わりに、「機械学習-SPAボット」で入力される。

 「スマート・プロセス自動化(SPA)」は、基本的に、「RPAボット」が、人工知能、膨大な情報、ビッグデータ、機械学習などを含む、自動化サークル全体の能力によって、利益を得られるようにする。

3)「手動」と「自動化」の取り組みが、混在するようになる。

 ソフトウェア・ロボットは、予測不可能で、退屈で、単調な作業を実行することにより、ほとんどの人の作業を自動化できるようになるだろう。

 これにより、人間による、「手動」と「自動化」の両方の取り組みが、混在する可能性がある。

 「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の最終的な運命は、高度なデータ、分析的なビジネス・プロセス自動化、人工知能、ブロックチェーン、あるいは、光学式文字認識(OCR)といった技術と、RPAを組み合わせて使用することで、強力な自動化を提供できるようになる。

 また、ロボット・プロセス自動化ソリューションのプロバイダによる、開発の拡大も期待される。

     (続く)

デル株式会社

2020年11月28日 (土)

Gartnerによると、組織の49%だけ、マーケティング運営のリーダを持っているという。'20.11.28

【Gartnerによると、組織の49%だけ、マーケティング運営のリーダを持っているという。】'20.11.28

 Gartnerの新しい調査レポートは、マーケティング運営リーダを持っている、組織は、マーケティング運営のリーダを持っていない、組織よりも、効果的であることを明らかにした。2020年9月2日

 By Gartner

 Gartnerによる、最近の調査によると、マーケティングの組織の、49%だけが、専用のマーケティング運営のリーダを持っているという。

 また、Gartnerによると、マーケティング運営のリーダがいる、組織は、マーケティング技術(マーテック)を含む、自分たちの投資を、より効果的に、より適切に、使用しているという。

 「Gartner Marketing Operations Survey 2020」のレポートによると、マーケティング運営のリーダがいるという、組織の52%だけが、作業の効果や効率に、焦点を合わせているという。

 2020年5月から、2020年6月を通して、Gartnerは、調査の429人の回答者が、マーケティングの予算、リソース、プロセス、および、マーケティングの運営などに関連する、決定における要件を、要求していることが分かった。

 Gartnerが調査した、大手企業の回答者の91%は、「マーケティングの運営や、マーケティング技術に、1年間に、10億ドルの支出をしている。」という。

 マーケティング運営のリーダは、多くの、大きな組織における、ゲーム・チェンジャーになる。

 マーケティング運営のリーダの役割は、効率と効果の間における、トレードオフを減らすことである。

 マーケティング運営のリーダは、マーケティング技術を使用して、作業の効率を上げながら、効果や、作業の質も向上させることに、取り組んでいる。

 Gartnerの調査によると、マーケティング運営のリーダのいない、マーケティングの組織の81%が、「効率化に、努めるときに、自分たちのイニシアティブの影響を、完全に最大化することは、できないと思っていた。」という。

 Gartnerによると、マーケティング技術への投資が、マーケティングの予算の、26%を占める、世界において、マーケッターは、自分たちのマーケティング技術スタックの可能性の、58%を使用しているという。

 大手企業のマーケティング部門において、マーケティング運営のリーダの役割は、これまで以上に、差し迫っていた。

 マーケティング運営のリーダがいる、マーケティング部門は、マーケティングの効果を上げることを、試みながら、自分たちのイニシアティブの影響を、継続して、最大にすることに、取り組み続けるだろう。

 マーケティング運営のリーダの役割を確立する時に、Gartnerは、マーケティング運営のリーダが、次のフレームワークのステップに、焦点を合わせることを、推奨している。

 マーケティング運営のリーダは、マーケティング部門の、効率と有効性の、優先順位の重み付けを中心に、マーケティングの業務を構築する。

 マーケティング部門の弱点である、コミュニケーションやコラボレーションの欠如といった、最大の運営上の弱点を修正する。

 マーケティング部門の、マーケッターは、影響を計測し、目標や戦略に照準を合わせている。

 マーケティング作業の管理や、マーケティング技術を、組織のニーズに適合させ、時代遅れの手作業を、統合され、自動化された、システムやプラットフォームと置き換える。

デル株式会社

2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(1)'20.11.28

【2021年に注目すべき、トップ8のロボット・プロセス自動化(RPA)のトレンド(1)】'20.11.28

 ロボット・プロセス自動化(RPA:Robotic Process Automation)は、いつまでも、自動化の未来になるだろう。2020年11月24日

 by Preetipadma、analytics insight

 経営幹部の間で、興味深い課題である、ロボット・プロセス自動化(RPA)は、製造、小売、電気通信、BFSI(銀行、金融サービス、保険)、および、医療など、いくつかの業界で、急速に進歩している。

Gartner_20201128172401


 ロボット・プロセス自動化(RPA)とは、バックオフィスなどの業務を、ソフトウェア・ロボットを使用して、自動化する取り組み、および、その概念のことである。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)の進歩は、まだ、開始されたばかリである。

 革新への要求は、過去数年間に、急速に満たされてきたが、自動化や人工知能など、他の関連する画期的な進歩を含めた議論もある。

 自動化ツールと、自動化技術やAI技術が、どのように密接に絡み合っているかを、考えて見ると、自動化ツールを理解しやすいかも知れない。

1.ロボット・プロセス自動化(RPA)は、いつまでも、自動化の未来になり、進化を続けていくだろう。

 IDCのレポートによると、世界中の大手の企業は、2023年以内に、ITの活用を通して、ビジネス・モデルや組織を変革する、「デジタル変革(DX)」に、約2.3兆ドルもの、投資を行うことが、予想されている。

 長年に渡り、世界は、既に、デジタル化されている。

 ビジネスの運営を、効率化し、信頼性や正確さを向上させるための、高度な進歩の1つは、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」だろう。

 ビジネスの運営の効率について、継続的にストレスを感じている場合、企業にとって、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」を検討し、導入することは、理想的な決定となる可能性がある。

    (続く)

デル株式会社

Microsoftは、「Microsoft Teams」を、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用の、ネーティブなWindowsアプリに移植した。'20.11.28

【Microsoftは、「Microsoft Teams」を、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用の、ネーティブなWindowsアプリに移植した。】'20.11.28

 Microsoftは、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのマシン用の、コラボレーション&コミュニケーション・プラットフォーム、「Microsoft Teams」を、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのマシン用の、ネーティブなWindowsアプリに移植した。2020年10月16日

Dt1_20201128113301


 By tomtalks

 MicrosoftのシニアPMである、Bill Weidenborner氏により、導かれたチームが、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのマシン用の、コラボレーション&コミュニケーション・プラットフォーム、「Microsoft Teams」を、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用の、ネーティブなWindowsアプリに移植した。

Dt1b_20201128113401


 Microsoftは、この、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用の、ネーティブなWindowsアプリとして、移植された、「Microsoft Teams」を、「Microsoftリリースした。

Microsoftは、2019年に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、マシン用のオペレーティング・システムである、「Windows 10 on ARM」をリリースしている。

 RISCタイプの、ARMアーキテクチャのプロセッサは、低消費電力で、軽くて、コンパクトな、マシンを構築可能にし、さらに、移動通信サービスのサポート機能を、組み込んでいるので、Microsoftは、「Surface Pro X」のような、モバイル・ユーザ向けの、Windowsベースの、ラップトップのような市場を狙っている。

 「Windows 10 on ARM」を搭載した、PCは、現在、「Microsoftストア」で提供されている、「32ビットx86」、「32ビットARM」、および、「64ビットARM」ベースの、Windowsアプリを実行することができる。

 「Windows 10 on ARM」上で、「32ビットARM」と「64ビットARM」ベースのネーティブなWindowsアプリを、エミュレータなしで実行できるが、現在、「32ビットx86」ベースのWindowsアプリだけ、エミュレータで実行でき、「64ビットのx86」ベースのWindowsアプリは、現在、性能や互換性の問題があり、エミュレータで実行させることができない。

 Microsoftは、2021年に、提供する予定で、「64ビットのx86」ベースのWindowsアプリを、エミュレータで実行させることができるよう、ARMアーキテクチャのプロセッサを供給している、Qualcommと連携し、継続して、エミュレータを改善しているようだ。

 また、ARMを買収した、Nvidiaとの、Microsoftの関係も、注目されている。

 当初、Microsoftは、「Windows 10 on ARM」向けに、「32ビットのx86」ベースの「Microsoft Teams」を提供し、エミュレータで、実行させて、ユーザに利用して貰っていたが、今回、Microsoftは、「64ビットのARM」ベースの「Microsoft Teams」を提供し、ネーティブなWindowsアプリとして、エミュレータなしで、実行させて、利用できるようにした。

 ネーティブなWindowsアプリとして、「64ビットのARM」ベースの「Microsoft Teams」を、「Windows 10 on ARM」上で、実行させて、利用できるようにすることで、Microsoftは、性能と信頼性を向上させ、かつ、低消費電力のため、バッテリーの寿命を大幅に向上させることができた。

 「64ビットのARM」ベースの「Microsoft Teams」は、「MicrosoftのWebサイト」で、提供されている。

デル株式会社

2020年11月27日 (金)

スマートフォンの出荷台数が、ホリデーシーズンに、回復して、増加に転じるだろう。 '2020.11.27

【スマートフォンの出荷台数が、ホリデーシーズンに、回復して、増加に転じるだろう。】'2020.11.27

 IDCによると、スマートフォンの出荷台数が、5Gの普及に促され、ホリデーシーズンに、回復し、緩やかな増加に転じるだろうという。2020年11月25日

 以前、期待された、2020年3Qにおける、世界のスマートフォンの出荷台数は、今年の、ホリデーシーズン中に、回復し、緩やかに増加することが期待されている。

 IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Trackerによると、世界のスマートフォンの出荷台数が、2020年4Qに、前年同期から、2.4%増加するという。

 また、世界のスマートフォンの出荷台数が、2021年に、前年から、4.4%増加する見込みだという。

 この世界のスマートフォンの出荷台数は、新しい5Gサポート製品の、OEMとチャネルの両方に促されると共に、サプライ・チェーンの復旧により、促され、2020年4Qに、緩やかに増加する見込みである。

 IDCは、世界のスマートフォンの出荷台数が、2024年まで、年間平均増加率(CAGR)、1.3%で、緩やかに、増加していくと、予測している。

 IDCのWorldwide Mobile Device Trackersによると、5G移動通信サービスに対する需要が低迷しているにも関わらず、2020年3Qにおける、世界のスマートフォンの出荷台数は、ホリデー・シーズンに向かって、増加していく見込みであるという。

 コロナウィルスの感染による、ロックダウンと、経済の問題にも関わらず、世界の多くの市場において、消費者は、旅行、外食、一般的なレジャーに、お金と、時間を費やしていたが、2020年3Qには、消費者向けのエレクトロニクス製品のような、モノに、支出を増やす、傾向がある。

 スマートフォンも、現在の状況における、この変化と同様の恩恵を受けて、出荷台数を伸ばしている。

 地域的には、中国は、5Gに対する需要の伸びは、期待していたよりも、かなり緩やかである。

 中国において、メジャーなブランドが、自分たちのスマートフォンのポートフォリオを、5Gに移行すると、消費者は、選択肢が少なくなる。

 結果として、IDCは、中国における、平均販売価格(ASP)が、2020年に、前年よりも、11.4%増加すると、期待している。

 中国において、期待された、需要よりも、弱くなり、平均販売価格(ASP)が、増加すると、いくつかの市場を生成し、2020年に、11.4%減少すると予測されている。

 北米、西欧、および、日本を含む、先進諸国の地域では、サイバー・ウェンズデーなどの、ショッピング・デーに促され、スマートフォンの出荷台数が増えることが期待されている。

 これから普及が、期待されている、より高速な移動通信サービスである、5Gは、今後、スマートフォンの出荷台数を伸ばす、原動力になる可能性はあるが、現在、世界的に、まだ、5Gの需要は伸びていない。

 IDCは、世界のスマートフォンの出荷台数の増加率は、2020年に、10%近くに達すると期待しており、2024年に、29%増加すると期待している。

 5Gに対する、需要が、あまり伸びていないにも関わらず、モバイル業界を、次世代の移動通信ネットワーク技術へ移行するための、動きがあることは確かである。

 今後、5G環境が整備され、利用料金も適切で、かつ、5Gをサポートした、スマートフォンの価格が、従来の、4Gをサポートした、スマートフォンの価格に近づけば、5Gの普及が開始される可能性はある。

 IDCは、世界のスマートフォンの平均販売価格(ASP)が、2020年に、前年から、25%減少し、611ドルになり、2024年には、453ドルになる。

 競争力のある、価格付けは、5Gの展開を形成する上で、全体的な役割を演じるだろう。
 
 コロナウィルス感染の拡大の危機は、より予算にやさしい、スマートフォンの需要を増す要因になり、消費者のスマートフォンに関する、行動に影響を与えている。

 代表的なスマートフォン・ベンダから提供される、より手頃な価格の、5G対応のスマートフォンは、近い将来、スマートフォン市場に、影響を及ぼすことが期待されている。

グラフ1)2019年から、2024年における、世界のスマートフォンの出荷台数、各世代(4Gと5G)の平均販売価格(ASP)の推移と、サポートしている、移動通信サービスの世代(2.5G、3G、4G、5G)の割合(%)

Idc1_20201128081601

デル株式会社

Microsoftは、ARMベースの、Windowsマシン用の「64ビットx86」エミュレータを開発している。'20.11.27

【Microsoftは、ARMベースの、Windowsマシン用の「64ビットx86」エミュレータを開発している。】'20.11.27

 Microsoftは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsマシン用の、「64ビットx86」エミュレータを開発している。2020年10月02日

 By Sean、gizmochina

 現在の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsマシン用の、x86エミュレータは、「32ビットのx86ベースのWindowsアプリ」を実行できるが、「64ビットのx86ベースのWindowsアプリ」は、まだ、性能や互換性に課題があり、実行できない。

 このため、薄くて、軽く、コンパクトで、低消費電力で、携帯性に優れ、移動通信サービスのサポートを組み込んだ、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Microsoftの「Surface Pro X」のような、Windowsラップトップは、特に、モバイル・ユーザに向いている。

Dt0a_20201127140101


 ただし、現在のところ、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsマシン「Microsoftストア」で提供されている、「32ビットのx86ベースのWindowsアプリ」、および、「32ビットと64ビットの、ARMベースのネーティブなWindowsアプリ」を実行できるが、「64ビットのx86ベースのWindowsアプリ」を実行できない。

 「64ビットのx86ベースのWindowsアプリ」を、問題なく、実行できるようにするには、リファインしたエミュレータと、より高性能な、マシンが、必要になるようだ。

 このため、Microsoftは、Windowsアプリの開発者に、アプリのソースコードを再コンパイルして、ARMベースの、ネーティブなWindowsアプリに移植し、動作確認してくれるよう、依頼している。

 移植作業を促すために、Microsoftは、移植に必要なツール、ライブラリ、移行環境、ドキュメントなどを、Windowsアプリ開発者に提供している。

 しかし、ARMベースのネーティブなWindowsアプリに、移植することは、開発者にとって、多くの時間と作業とコストがかかり、リスクも伴うので、移行は、あまり進んでいない。

 このため、Microsoftは、継続して、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows上で、「32ビットと64ビットの、x86ベースのWindowsアプリ」を、問題なく、実行できる、エミュレータの開発にも取り組んでいる。

・ネーティブなWindowsアプリへの移植には、Windowsアプリの開発者に、負担(時間、労力、コスト)がかかり、リスクを伴う。

 このため、Microsoftは、Windowsアプリの開発者を、全面的(環境、リソース、技術サポート、資金など)に、支援する必要がある。

・「64ビットのx86ベースのWindowsアプリ」を、問題なく、実行できるようにする、エミュレータの開発には、Microsoftに、負担(時間、労力、コスト)がかかり、リスクを伴う。

 このため、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップは、モバイル・ユーザに取って、理論的に、優れたソリューションを提供できるが、まだ完全に実用的なソリューションにはなっていない。

 Microsoftは、実用的なソリューションにするための手段の1つとして、「64ビットx86」エミュレータを実行するのに、必要な性能を持つ、ARMアーキテクチャのプロセッサ、「Qualcomm Snapdragon 8cx Gen 2(5G対応)」をベースにした、カスタムSoCである、「Microsoft SQ2」を、Qualcommと共に開発した。
Dt3a_20201127140001

 Microsoftは、ユーザが、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsマシンで、「64ビットのx86ベースのWindowsアプリ」を実行できるようにする、エミュレータを完成させ、モバイル・ユーザ向けの市場に、新たな選択肢を提供することを模索していくようだ。

 新しいARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsの版は、まもなく公開され、インサイダー・テストは、2020年11月から開始され、安定したビルドは、2021年中に、リリースされる予定である。

 さらに、Microsoftは、新しいEdgeブラウザを、ネーティブなWindowsアプリとして、最適化し、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、低消費電力なWindowsマシンで、さらに高速に動作できるようにする意向を表明している。

デル株式会社

2020年11月26日 (木)

Gartnerによると、ロボット・プロセス自動化(RPA)ソフトウェアの売上が、2021年に、20億ドル近くになるという。'20.11.26

【Gartnerによると、ロボット・プロセス自動化(RPA)ソフトウェアの売上が、2021年に、20億ドル近くになるという。】'20.11.26

 ロボット・プロセス自動化(RPA)市場の売上は、コロナウィルスのパンデミックによる、経済の停滞にも関わらず、2024年までに、2桁増加して、2021年に、20億ドル近くに増える見込みである。2020年9月21日


Gartner

 By Gartner

 Gartnerによると、世界のロボット・プロセス自動化(RPA)ソフトウェアの売上は、2021年に、前年から、19.5%増加して、18.9億ドルに達すると予測されているという。

 コロナウィルスのパンデミックによる、経済的なプレッシャーにも関わらず、RPA市場の売上は、2024年まで、2桁増加する。

 大企業における、RPAプロジェクトの、主な推進者は、プロセスの品質、スピード、および、生産性を改善することができる。

 コロナウィルスのパンデミック中に、企業が、コストを削減する、自分たちのニーズに合うよう、取り組むことの、重要性が増加している。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)には、コールセンター、データの移行、顧客関係管理、ヘルプデスクなどの、ソフトウェアによる、自動化がある。

 世界のRPAソフトウェアの売上は、2019年から、11.9%増加して、2020年に、15億8000万ドルに達することが、期待されている。

 平均RPAの価格は、2021年と2022年に、年間平均、5%から10%減少し、2024年を通して、10%から15%減少することが、期待されている。

表1)世界のRPAソフトウェアの売上(単位:100ドル)


        2019年  2020年   2021年

売上     1,411.1  1,579.5  1,888.1

増加率   62.93%   11.94%   19.53%

ソース:Gartner、2020年9月

 コロナウィルスのパンデミックの危機的な状況において、多くの大企業が、RPAへの興味を増した。

 Gartnerは、世界の大企業の、90%が、2022年までに、いくつかの形態で、RPAを採用すると、予測している。

 世界の大企業が、人間の労働力や、手作業の努力を再調整しながら、スケーラビリティを向上させることを通して、重要なビジネス・プロセスに、デジタル技術を採用するように見える。

 ルーチン、デジタル・プロセスに、人間の労働力への依存が、増えることで、エンドユーザが、コストを削減する利便性だけでなく、このコロナウィルスのパンデミックのような、将来の影響に対し、自分たちのビジネスを保証できるようになる。

 大企業は、自分たちのRPAの採用が増加することが、予想され、ビジネス・ユーザ間で、RPAに対する、認識が高まるだろう。

 事実、2024年までに、Gartnerは、新たなRPAの顧客の、半分近くが、IT部門以外の、ビジネス・バイヤーから、もたらされることが、予測される。

 代表的な、RPAソフトウェアのベンダは、IT部門だけでなく、最高財務責任者(CFO)と最高執行責任者(COO)を、ターゲットにした。

 これらの人たちは、低コードと、コーディングを必要としない、RPAの、手早い展開を好んでいる。

 Gartnerの顧客は、「Forecast Analysis: Robotic Process Automation, Worldwide」で、より詳細を読むことができる。

デル株式会社

ユーザは、任意のデバイスで、「Facebook Messenger Rooms」を使用して、友人や家族とビデオ・チャットすることができる。 '20.11.26

【ユーザは、任意のデバイスで、「Facebook Messenger Rooms」を使用して、友人や家族とビデオ・チャットすることができる。】'20.11.26

 ユーザは、任意のデバイスで、「Facebook Messenger Rooms」を使用して、友人や家族とビデオ・チャットすることができる。2020年10月24日

 By Business Insider

Bi1


 ユーザは、モバイル用か、デスクトップ用の、Messengerアプリ、または、Webブラウザで、FacebookのWebサイトから、「Facebook Messenger Rooms」を使用して、一度に、最大50人と、ビデオ・チャットすることができるようになる。

 ユーザは、Facebook(SNS)を使用しているか、否かに関わらず、「Facebook Messenger Rooms」のビデオ・チャットに、友人や家族などを、招待することができる。

 ユーザは、PCでも、タブレットでも、スマートフォンでも、任意のパーソナル・デバイスで、「Facebook Messenger Rooms」を使用して、「部屋」を作成したり、「部屋」をスケジュールしたり、することができる。

 ユーザは、スマートフォンなどの、パーソナル・デバイスを使用して、家族や友人と、連絡を取り合うときに、相手の顔を見ながら、会話したいと思う場合もあるだろう。

 このようなユーザの要件を満たすために、現在、さまざまなビデオ・チャット・アプリが登場している。

 この1つが、FacebookのMessengerプラットフォームの拡張である、「Facebook Messenger Rooms」である。

 「Facebook Messenger Rooms」を使用すると、ユーザは、一度に最大50人と、特定の「部屋」で、「ビデオ・チャット」することができるようになる。

 「Facebook Messenger Rooms」は、モバイル・アプリ、デスクトップ・アプリ、または、デスクトップのWebブラウザから、利用することができる。

 「Mark Zuckerberg氏が、Facebook Messenger Roomsを紹介した。」ビデオ

デル株式会社

2020年11月25日 (水)

Windows on ARMは、新しいx64エミュレータのおかげで、多くのアプリを、実行して、利用できるようになった。'20.11.25

【Windows on ARMは、新しいx64エミュレータのおかげで、多くのアプリを、実行して、利用できるようになった。】'20.11.25

 Microsoftは、Windows on ARMに、モバイル・ユーザのニーズに合った、機能や特徴を持たせることを模索している。2020年9月30日

Arm0_20201125094901

 By Tom Warren@tomwarren、theverge

 Microsoftは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップなど用の、Windowsである、「Windows on ARM」をサポートする、64ビットのx86アーキテクチャのプロセッサ用のアプリをエミュレートする、エミュレータを提供することに取り組んでいる。

 現在、Surface Pro Xのような、「Windows on ARM」を搭載したデバイスは、32ビットのx86アーキテクチャ用のアプリをエミュレートすると共に、32ビットのARMアーキテクチャ用のネーティブなアプリと、64ビットのARMアーキテクチャ用の、ネーティブなアプリを、実行できるようになっている。

 しかし、まだ、64ビットのx86アーキテクチャ用のアプリをエミュレートできないので、64ビットのx86アーキテクチャ用のアプリに移行した、Adobeの「Creative Sute」を含む、クリエーティブなアプリを、エミュレートできない。

 このため、64ビットのx86アーキテクチャ用のアプリを、使用したいユーザは、「Windows on ARM」を搭載した、Surface Pro Xのような、ラップトップに移行することができない。

 このような、64ビットのx86アーキテクチャ用のアプリを使用したいユーザ向けに、Microsoftは、アプリのベンダに、64ビットのx86アーキテクチャ用のアプリを、再コンパイルして、64ビットのARMアーキテクチャ用のアプリに移植するよう、依頼している。

 しかし、x86用のアプリを、ARMようのアプリに、移植して、動作を確認するには、コストがかかり、すべてを移植することは、不可能に近いので、Microsoftは、64ビットのx86アーキテクチャのWindows用の、アプリをエミュレートする、エミュレータを作成し、評価のために、提供する意向を表明した。

 Microsoftの新しい、エミュレータで、「Windows on ARM」を搭載した、Surface Pro Xのような、ラップトップは、「64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリ」を実行して、利用できるようになる。

 これまで、「64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリ」を実行するための、エミュレータは、互換性と性能の問題があり、「32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリ」しか、エミュレートできなかった。

 新しいエミュレータは、2020年11月に、「Windows Insider」のテスターに提供され、評価される。

 テスターや、アプリ開発者により、評価された、新しい「64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリ」を実行するための、エミュレータは、2021年に、次版の「Windows on ARM」が、提供されるときに、組み込まれるようだ。

 Microsoftは、今日の、ブログの投稿で、この新しいエミュレータで、「64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリ」を、サポートする意向を示した。

 ただし、新しいエミュレータは、「Windows on ARM」上で、「64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリ」を実行する上での、互換性の問題と性能の問題が、実用的なレベルで、解決されているかに関しては、明確になっていないようだ。

 また、Microsoftは、この性能の問題から、代表的な、64ビットのx86アーキテクチャ用の、Windowsアプリを、64ビットのARMアーキテクチャ用の、Windowsアプリに移植することを促している。

 例えば、Microsoftは、「Microsoft Office」などの生産性ツールだけでなく、「Microsoft Edge」ブラウザや「Microsoft Teams」コラボレーション・プラットフォームといった、64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、再コンパイルして、64ビットのARMアーキテクチャ用の、ネーティブなWindowsアプリに移植している。

 移植された、あるいは、新たに構築された、64ビットのARMアーキテクチャ用の、ネーティブなWindowsアプリは、「Microsoftストア」で、「Windows on ARM」を搭載した、マシン向けに提供される。

 64ビットのARMアーキテクチャ用の、ネーティブなWindowsアプリに移植することで、性能の問題は、解決するので、モバイル・ユーザは、薄くて、軽く、コンパクトで、携帯性に優れた、低消費電力で、バッテリーの寿命が長く、移動通信サービスをサポートした、ラップトップを利用できるようになり、いつ、どこにいても、ラップトップを使用できるようなる。

 「Visual Studio Code」も、ARMアーキテクチャ用の、ネーティブなWindowsアプリに移植され、最適化された。

 MicrosoftのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、デバイス向けの、「Windows on ARM」を搭載した、Surface Pro Xラップトップは、2020年秋に、提供が開始される。

 「Microsoft Surface Pro Xの紹介」ビデオ

 Surface Pro Xには、Microsoftのアップデートされた、ARMアーキテクチャの、「SQ2」と呼ばれる、カスタム・プロセッサが搭載されている。

Dt0b_20201125210101

 この「SQ2」は、Microsoftが、Qualcommと共同で、作成した、QualcommのSnapdragon 8cx Gen 2 5Gをベースにし、第2世代の5Gをサポートした、ARMアーキテクチャのカスタム、プロセッサである。

デル株式会社

ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場する。(5)'20.11.25

【ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場する。(5)】'20.11.25

 Microsoftのブログによると、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。2020年10月1日

Arm0_20201125094901

 By Joel Hruska、extremetech

 この数年間に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC(主に、ラップトップ)を購入できるようになったが、低消費電力で、軽くて、コンパクトでも、Windowsアプリの互換性や性能に、課題があり、特に、普及することはなかた。

 64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPC上で、次のことが可能になる。

・32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「32ビットのx86エミュレータ」上で実行する。

・64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「64ビットのx86エミュレータ]上で実行する。

・32ビットのARMアーキテクチャ用のWindowsアプリを、ネーティブで実行する。

・64ビットのARMアーキテクチャのWindows用アプリを、ネーティブで実行する。

 ただし、2012年に提供された、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、「Windows RT」ベースのラップトップPC上では、32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、あまり問題なく、エミュレータ上で実行できたが、64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、サポートされておらず、実行させることは、できなかった。

   (続き)

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載したPC用の、Windowsの次版での、Microsoftの最大の目標の1つは、可能な限り、多くの低レベルの障害や「落とし穴」を排除することである。

 Microsoftは、クリントン政権の後に書かれた、OpenGLの版に、ゲーム・サポートを拡張する方法を見つける必要があるだろう。

 Microsoftは、ソフトウェアを改善するだけでなく、システムのハードウェア(例えば、CPU、GPU、メモリ、ストレージ、ネットワーク)の性能も、改善する必要があるだろう。

 しかし、「64ビットのx86エミュレータ」の性能を向上させることは、極めて困難だろう。

 このため、より多くの、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサ用の、ネイティブ・アプリと、ドライバー、および、APIサポートが利用可能になるにつれて、このプレッシャーは軽減されるだろう。

 例えば、筆者らの「Surface Pro X」のレビューにおいて、x86をエミュレートすると、動きが途切れたり、不規則に動作したりすることが、よくあった。

 Microsoftによると、これらの問題を解決するには、より高速な、ARMアーキテクチャのプロセッサ(SoC)が、役に立つという。

 Microsoftは、「Surface Pro X」向けに、Qualcommと共同で、「Microsoft SQ1」と呼ばれる、ARMアーキテクチャのSnapdragon 8cxベースの、Microsoftブランドの、カスタムSoCを開発した。

Dt0b_20201126091901


 Microsoftは、ソフトウェアの全体的な可用性の観点から、ARMを完全なパートナーにすることに、積極的に取り組み始め、特に、モバイル・ユーザ向けに、いつでも、どこでも、利用できる、携帯性に優れた、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップを提供している。

 DirectXのサポート、および、将来のゲームのリリースで、ソフトウェアとハードウェアの両方をアップグレードすることで、x86アーキテクチャとARMアーキテクチャが、直接競合するようになるかも知れない。

 これは、「Nvidia」が、「Microsoft」と提携して、ARMの知的所有権(IP)を使用して、IntelやAMDに挑戦することを目的とした、ARMアーキテクチャのプロセッサを構築するなら、可能性があるだろう。

 「Microsoft」が、「ARM」を、どのように扱うかによって、x86とARMの競争の展開が、変わると思う。

 また、新しい知的所有権(IP)を最大限に活用する方法に関する、ARMを買収した、Nvidiaの決定も、x86とARMの競争の展開に影響するだろう。

 このため、RISC(縮小命令セットコンピュータ)の原則に基づいた、オープンな標準のISA(命令セットアーキテクチャ)である、「RISC-V」の知的所有権(IP)は、使用料がかからないので、「RISC-V」アーキテクチャの採用は、勢いを増す、可能性もある。

 また、「Windows on ARM」システムに関して、Microsoftは、Acer、HP、Lenovo、Samsung、および、自社のSurface部門と協力して、「Windows 10 on ARM」を、顧客に提供していく意向を表明した。

デル株式会社

ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場する。(4)'20.11.25

【ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場する。(4)】'20.11.25

 Microsoftのブログによると、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。2020年10月1日

Arm0_20201125094901

 By Joel Hruska、extremetech

 この数年間に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC(主に、ラップトップ)を購入できるようになったが、低消費電力で、軽くて、コンパクトでも、Windowsアプリの互換性や性能に、課題があり、特に、普及することはなかた。

 64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPC上で、次のことが可能になる。

・32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「32ビットのx86エミュレータ」上で実行する。

・64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「64ビットのx86エミュレータ」上で実行する。

・32ビットのARMアーキテクチャ用のWindowsアプリを、ネーティブで実行する。

・64ビットのARMアーキテクチャのWindows用アプリを、ネーティブで実行する。

 ただし、2012年に提供された、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、「Windows RT」ベースのラップトップPC上では、32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、あまり問題なく、エミュレータ上で実行できたが、64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、サポートされておらず、実行させることは、できなかった。

   (続き)

 Microsoftには、現在の、「64ビットのx86エミュレータ」の制限に関する、完全なリストが、あるようだ。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、「64ビットのx86エミュレータ」を実用化するために、Microsoftは、4つの特定のものを提供する必要があるだろう。

 「64ビットのx86エミュレータ」の、互換性の問題が、解消されれば、性能の問題が、若干あっても、特定のモバイル・ユーザに、受け入れられるだろう。

 特定のモバイル・ユーザを、安心させるには、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC(特に、ラップトップ)を、より魅力的にするために、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、Windowsアプリを、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、Windowsアプリ(ARMのネイティブ・アプリ)に、再コンパイルして移植し、動作確認してくれるよう、3rdパーティのアプリ・ベンダに依頼し、ネーティブ・アプリの数を増やし、エコシステムを拡大させる必要がある。

 そうすれば、特定のモバイル・ユーザが、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップで、自分が使用する、Windowsアプリが、ネーティブ・アプリとして、「Microsoftストア」で提供されており、性能に満足すれば、薄くて、軽く、コンパクトで、移動通信機能を持つ、低消費電力の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップを利用するようになるだろう。

 ただし、「x86のネイティブ・アプリ」の総数に関して、x86アーキテクチャは、ARMアーキテクチャよりも、40年ものリードを持っており、「ARMのネーティブ・アプリ」を増やすには、アプリのベンダに投資する必要があるだろう。

 また、周辺機器やアクセサリのメーカは、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用に、ドライバーやAPIを提供する必要があるだろう。

   (続く)

デル株式会社

2020年11月24日 (火)

2020年における、最良のスマート・ディスプレイを紹介する。(4)'20.11.24

【2020年における、最良のスマート・ディスプレイを紹介する。(4)】'20.11.24

 2020年における、最良のスマート・ディスプレイのベンダには、Amazon、Google、Lenovoなどがある。

 by cNET

 Amazon、Google、Lenovoなどの、スマート・ディスプレイが、このホリデー・シーズンに、最良のスマート・ディスプレイである。

 コロナウィルスによる、ロックダウンのおかげで、音声アシスタントは、以前よりも、頻繁に使用されるようになり、学習して、より使いやすくなってきた。

 今秋に、AmazonやGoogleから、新製品が、発表され、AmazonのAlexaや、Google Assistantといった、エキサイティングな、新機能が、紹介された。

 両社のスマート・ディスプレイには、ビデオ・チャット、タッチ制御、ストリーミング・ビデオやオーディオなど、さまざまな機能があり、音声コマンドや、タッチ操作で、できるようにしている。

 それでは、どちらのスマート・ディスプレイが、良いのだろう。

      (続き)

2)Amazon Echo Show 8

Ama

 最良のAlexa搭載ディスプレイ

価格:100ドル(米国でのみ販売される)

スクリーンのサイズ:8インチ(203.2㎜)

スクリーンの解像度:720p(1280dpi x 800dpi)

サイズ(WxHxD):7.9 x 5.4 x 3.9インチ、(200.7 x 137.2 x 99.1 mm)

重さ:2.29ポンド(1038グラム)

無線接続:Wi-Fi(802.11b/g/n/ac, 2.4GHzと5GHz)、Bluetooth

音声対応デジタル・アシスタント:Amazon Alexa

通話とメッセージ:Alexa Messaging、Skype、直通ダイヤル(米国とメキシコ)

スマート・キッチン:Food Network GO、レシピ・アシスタンス、Amazon Meal Kits統合

タッチ・スクリーンでの、スマート・ホームの制御:可能

内臓カメラ:有り、(1MP)

プライバシー・シャッター:有り

マイク:4台のマイク(前面2台、背面2台)

プライバシー・シャッター:有り

スピーカ:1.75-/2-インチ、10Wフルレンジのスピーカ、2台のツィータ

ストリーミング音楽サービス:iHeartRadio、Pandora、Spotify、YouTube Music

ストリーミング・ビデオ・サービス:YouTube、YouTube TV、Google Play Movies、CBS All Access、HBO Now

互換性のある、スマート・ホーム・カメラ:D-Link、EZVIZ、Nest Cam、Netgear Arlo、 Skybell Video Doorbell、Smartcam、Swann、TP-Link Kasa Cam、Vivitar

 他の主な特徴:

YouTube TVで、ライブTVを視聴できる。

スマートフォンに直接、送信できる。

スマートフォンからレシピを選択し、ディスプレイに表示する。

親が、子供の見る、TV番組や映画やビデオを制限する。

保証:1年間

3)Lenovo Smart Display

価格:250ドル(米国でのみ販売される)

スクリーンのサイズ:10.1インチ(256.5 mm)

解像度:1080p(1920 dpi x 1200 dpi)

サイズ:(WxHxD) 6.8x12.3x0.5~5.4 インチ(173.87x311.37x12.5~136.02 mm)

重さ:2.6ポンド(1,200グラム)

無線接続:Wi-Fi(802.11ac、2.4GHz、および、5GHz)、Bluetooth

音声デジタル・アシスタント:Google Assistantを組み込んでいる。

通話とメッセージ:直通ダイヤル(米国、英国、および、カナダ)呼び出しのみ

Google Duoで、ビデオ通話可能

スマート・キッチン機能:YouTubeチュートリアルでの、レシピ・アシスタンス

オンスクリーンのスマート・ホーム制御機能:有り

内臓カメラ:有り(5MP)

プライベート・シャッター:有り

マイク:4マイク・アレイ(前面2台、背面2台)

スピーカ:1.75-/2インチ、10Wフルレンジのスピーカ、2台のツィータ

ストリーミング音楽サービス:HeartRadio、Pandora、Spotify、YouTube Music

ストリーミング・ビデオ・サービス、YouTube、YouTube TV、Google Play Movies、CBS All Access、HBO Now

互換性のある、スマート・ホーム・カメラ:D-Link、EZVIZ、Nest Cam、Netgear Arlo、 Skybell Video Doorbell、Smartcam、Swann、TP-Link Kasa Cam、Vivitar

カラー・オプション:竹

保証:1年間

 その他のスマート・ディスプレイ

・Google Nest Hub Max:

 229ドルで、Nest Hub Maxは、Google Assistantのスクリーン・サイズを、前機種の7インチから10インチに広げ、サウンドの音質を改善した。

 実際、 Nest Hub Maxには、動きを追跡したり、ジェスチャーを認識したり、顔を認識したりできるように、高機能のカメラが、追加されており、これにより、パーソナライズされた情報が、スクリーンに表示されるようになる。

 ハードウェアとソフトウェアの組み合わせを使用して、プライバシーに関連することを改善する。

 Amazon Echo Show 5は、Amazonのスマート・ディスプレイの、最も安い機種であるが、Amazon Echo Show 8と、同じような機能を持っている。

 Show 5の解像度は、Show 8の解像度よりも低く、スクリーンは、より小さい。

 Amazon Echo Show 5は、ベッドの近くに置く、目覚まし時計のように、スヌーズ機能を持っているので、目覚まし時計として、使用できるようになる。

 Amazon Echo Show(第2世代)

 本来のEcho Showは、2017年に、スマート・ディスプレイ分野の市場を広げることに、貢献した。

 また、現在の、第2世代の、Echo Showは、デザイン、音質、および、より有用なスクリーンが、改善されている。

 第2世代のEcho Showは、より良い音質と、10インチのスクリーンを持っている。

 第2世代のEcho Showのタッチ・スクリーンは、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、同等のモデルのスマート・ディスプレイ程、有用ではない。

デル株式会社

ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。(3)'20.11.24

【ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。(3)】'20.11.24

 Microsoftのブログによると、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。2020年10月1日

Arm0

 By Joel Hruska、extremetech

 この数年間に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC(主に、ラップトップ)を購入できるようになったが、低消費電力で、軽くて、コンパクトでも、Windowsアプリの互換性や性能に、課題があり、特に、普及することはなかた。

 64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPC上で、次のことが可能になる。

・32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「32ビットのx86エミュレータ」上で実行する。

・64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「64ビットのx86エミュレータ」上で実行する。

・32ビットのARMアーキテクチャ用のWindowsアプリを、ネーティブで実行する。

・64ビットのARMアーキテクチャのWindows用アプリを、ネーティブで実行する。

 ただし、2012年に提供された、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、「Windows RT」ベースのラップトップPC上では、32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、あまり問題なく、エミュレータ上で実行できたが、64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、サポートされておらず、実行させることは、できなかった。

    (続き)

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、「64ビットのx86エミュレータ」を実用化するために、Microsoftは、4つの特定のものを提供する必要があるだろう。

 「64ビットのx86エミュレータ」の、互換性の問題が、解消されれば、性能の問題が、若干あっても、特定のモバイル・ユーザに、受け入れられるだろう。

 特定のモバイル・ユーザを、安心させるには、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC(特に、ラップトップ)を、より魅力的にするために、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、Windowsアプリを、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、Windowsアプリ(ARMのネイティブ・アプリ)に、再コンパイルして移植し、動作確認してくれるよう、3rdパーティのアプリ・ベンダに依頼し、ネーティブ・アプリの数を増やし、エコシステムを拡大させる必要がある。

 そうすれば、特定のモバイル・ユーザが、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップで、自分が使用する、Windowsアプリが、ネーティブ・アプリとして、「Microsoftストア」で提供されており、性能に満足すれば、薄くて、軽く、コンパクトで、移動通信機能を持つ、低消費電力の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップを利用するようになるかも知れない。

 ただし、「x86のネイティブ・アプリ」の総数に関して、x86アーキテクチャは、ARMアーキテクチャよりも、40年ものリードを保っており、「ARMのネーティブ・アプリ」を増やすには、アプリのベンダに投資する必要があるだろう。

 また、周辺機器やアクセサリのメーカは、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのマシン用に、ドライバーやAPIを提供する必要があるだろう。

    (続く)

デル株式会社

ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。(2)'20.11.24

【ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。(2)】'20.11.24

 Microsoftのブログによると、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。2020年10月1日

Arm0

 By Joel Hruska、extremetech

 この数年間に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC(主に、ラップトップ)を購入できるようになったが、低消費電力で、軽くて、コンパクトでも、Windowsアプリの互換性や性能に、課題があり、特に、普及することはなかた。

 64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPC上で、次のことが可能になる。

・32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「32ビットのx86エミュレータ」上で実行する。

・64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「64ビットのx86エミュレータ]上で実行する。

・32ビットのARMアーキテクチャ用のWindowsアプリを、ネーティブで実行する。

・64ビットのARMアーキテクチャのWindows用アプリを、ネーティブで実行する。

 ただし、2012年に提供された、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、「Windows RT」ベースのラップトップPC上では、32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、あまり問題なく、エミュレータ上で実行できたが、64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、サポートされておらず、実行させることは、できなかった。

   (続く)

 64ビットのx86アプリは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPCの、「64ビットのx86エミュレータ」で、どれぐらい、効果的に実行できるかは、まだ、明確になっていない。

 Surface Pro Xのレビューを確認すると、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPCの、「64ビットのx86エミュレータ」について、非常に良いことを言っている人は、いないことに気付くだろう。

 うまく動作する、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、ネイティブ・アプリは、いくつかあり、以前から、既に「Microsoftストア」で提供されている。

 当初、「32ビットのx86エミュレータ」で、実行する、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、32ビットのアプリには、性能と互換性に課題があり、動作確認してから、利用する必要があった。

 エミュレータのサポートは、OGL 1.1に限定されているので、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の多くのゲームは、正しく機能していなかった。

 ただし、現在、「32ビットのx86エミュレータ」で実行する、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、「32ビットのアプリ」は、問題なく動作している。

 それでは、現在、「64ビットのx86エミュレータ」で実行する、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、「64ビットのアプリ」は、どうだろう?

 Microsoftには、現在の、「64ビットのx86エミュレータ」の 制限に関する、完全なリストが、あるようだ。

    (続く)

デル株式会社

2020年11月23日 (月)

2020年における、最良のスマート・ディスプレイを紹介する。(3)'20.11.23

【2020年における、最良のスマート・ディスプレイを紹介する。(3)】'20.11.23

 2020年における、最良のスマート・ディスプレイのベンダには、Amazon、Google、Lenovoなどがある。

 by cNET

 Amazon、Google、Lenovoなどの、スマート・ディスプレイが、このホリデー・シーズンに、最良のスマート・ディスプレイである。

 コロナウィルスによる、ロックダウンのおかげで、音声アシスタントは、以前よりも、頻繁に使用されるようになり、学習して、より使いやすくなってきた。

 今秋に、AmazonやGoogleから、新製品が、発表され、AmazonのAlexaや、Google Assistantといった、エキサイティングな、新機能が、紹介された。

 両社のスマート・ディスプレイには、ビデオ・チャット、タッチ制御、ストリーミング・ビデオやオーディオなど、さまざまな機能があり、音声コマンドや、タッチ操作で、できるようにしている。

 それでは、どちらのスマート・ディスプレイが、良いのだろう。

      (続き)

「スマート・ディスプレイの比較」

 全体的に、最も良い、スマート・ディスプレイ

1)Google Nest Hub

価格:129ドル

スクリーンのサイズ:7インチ(177.8 mm)

解像度:リストされていない

サイズ(幅x高さx 厚さ):7.02x4.65x2.65インチ(178.5x118x67.3 mm)

重さ:1.1ポンド、(480 グラム)

無線接続:Wi-Fi(802.11b/g/n/ac、2.4GHz、5GHz)、Bluetooth 5.0

音声対応デジタル・アシスタント:Google Assistant

通話とメッセージ:直通ダイヤル(米国、英国、カナダ)電話をかけるだけ

ビデオ通話:Google Duo

タッチスクリーンでのスマート・ホーム・デバイスの制御:可能

内臓カメラ:なし

プライバシー・シャッター:なし

マイク:2マイク・アレイ

スピーカ;フルレンジのスピーカ(80 dB SPL)

ストリーミング音楽サービス:iHeartRadio、Pandora、Spotify、YouTube Music

ストリーミング・ビデオ・サービス:YouTube、YouTube TV、Google Play Movies、CBS All Access、HBO Now

互換性のある、スマート・ホーム・カメラ:D-Link、EZVIZ、Nest Cam、Netgear Arlo、Skybell Video Doorbell、Smartcam、Swann、TP-Link Kasa Cam、Vivitar

 「他の注目すべき特徴」

・Ambient EQで、自動的に、画面の明るさを調節できる。

・Live Albumを持つ、Googleフォト経由で、デジタル写真フレームを表示する。

・YouTube TVで、ライブのTVを見る。

・スマートフォンから、レシピを選択して、ディスプレイに表示する。

・親が、子供が見る、ビデオなどのコンテンツを制限できる。

・カラー・オプション:チャコール、アクア、チョーク、サンド

・利用できる国:米国、英国、オーストラリア、および、他の12か国

・予定出荷日:直ぐに利用できる。

・保証:1年間

      (続く)

デル株式会社

ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。(1)'20.11.23

【ARMアーキテクチャのプロセッサ搭載マシン向けのWindows用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。(1)】'20.11.23

 Microsoftのブログによると、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用に、「64ビットのx86エミュレータ」が、正式に登場するようだ。2020年10月1日

Arm0

 By Joel Hruska、extremetech

 この数年間に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC(主に、ラップトップ)を購入できるようになったが、低消費電力で、軽くて、コンパクトでも、Windowsアプリの互換性や性能に、課題があり、特に、普及することはなかた。

 平均的なユーザ経験は、PCで、Windowsベースのアプリを使用して、行う必要のある作業の種類に応じて、「許容できる」から「許容できない」まで、さまざまである。

 64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPC上で、次のことが可能になる。

・32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「32ビットのx86エミュレータ」上で実行する。

・64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリを、「64ビットのx86エミュレータ]上で実行する。

・32ビットのARMアーキテクチャ用のWindowsアプリを、ネーティブで実行する。

・64ビットのARMアーキテクチャのWindows用アプリを、ネーティブで実行する。

 ただし、2012年に提供された、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、「Windows RT」ベースのラップトップPC上では、32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、あまり問題なく、エミュレータ上で実行できたが、64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリは、サポートされておらず、実行させることは、できなかった。

 また、2012年に提供された、「Windows RT」ベースのラップトップでは、32ビットのx86アーキテクチャのWindows用アプリは、「Microsoftストア」で、提供されている、Windowsアプリだけ、実行させることができ、互換性と性能に、まだ、若干の課題があった。

 また、64ビットのx86アーキテクチャのWindows用アプリを実行できる、「64ビットのx86エミュレータ]は、性能と互換性の問題があり、実装されていなかった。

 また、「Windows RT」ベースのラップトップでは、「Microsoftストア」で、提供されている、32ビットと、64ビットのARMアーキテクチャ用のWindowsアプリを実行させることができた。

 ARMアーキテクチャのプロセッサ用の、Windows 10が、今日取り組んでいる、問題のいくつかは、「Windows RT」が、2012年に苦しんだのと同じ問題である。

 2020年の「Windowson ARM」には、2012年の「Windows RT」にはなかった、「x86エミュレーション機能」があるが、この機能には、ソフトウェア・サポートに関する、特定の制限がある。

 32ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリのみが、サポートされていたが、現在、これらの制限の、いくつかは、解除されているようだ。

 最近のブログ投稿で、Microsoftは、Microsoft Edgeブラウザの将来のバージョンでは、バッテリーの使用量が少なくなり、ARMアーキテクチャ向けのWindows用に最適化された、64ビットのARMアーキテクチャ用のWindowsで実行できる、64ビットのネイティブの「Teams」アプリを構築していると述べていた。

 最後に、Microsoftは、ブログで、「x64アプリの実行のサポートも拡張し、2020年11月に、x64エミュレータが、Windows Insider Programに展開を開始する。」と書いていた。

 ARMアーキテクチャのプロセッサが、「64ビットのx86エミュレータ」を処理できるなら、大したことである。

 「64ビットのx86エミュレータ」を、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップPCなどに組み込むことは、依然として、課題が多いと思う。

 顧客は、実行する必要のある、ソフトウェアが、「64ビットのx86エミュレータ」で、問題なく、利用できるかどうか、明確にならなければ、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップを、購入することはないだろう。

 低消費電力で、コンパクトで、軽い、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップの購入を、検討している、ユーザは、64ビットのARMベースのネーティブなアプリが、利用できるようになるまで、待つ方がよいかも知れない。

   (続く)

デル株式会社

IoTの将来:2021年の予測(6)'20.11.23

【IoTの将来:2021年の予測(6)】'20.11.23

 Forresterの調査では、大規模なネットワーク接続の混沌、ウェアラブルとセンサーを介した、ヘルスケア・エンゲージメント、および、オフィスに戻るための、スマート・オフィス・イニシアチブなどを予測している。2020年10月28日

Boia_20201123105301

 By N.F. Mendoza、Forrester

 コロナウイルスの感染拡大の間に、劇的に変化した、一般的なライフスタイルと共に、在宅勤務やリモート・ワークが標準になるかどうか、オフィスがいつ再開されるかどうかは、依然として不明である。

 Forresterは、仕事や生活が、どのように変化するかを見て、「Predictions 2021:Internet of Things(IoT)」レポートをリリースした。

 Forresterの調査によると、2021年には、IoT関連市場の成長は、ヘルスケア、スマート・オフィス、位置情報サービス、リモート資産の監視や管理、および、ネットワーキング基盤によって推進されるという。

 いくつかの分野における、IoTの将来を、紹介する。

    (続き)

5)位置データ(情報)

 どの分野でも、大量の、さまざまなデータ(例えば、位置情報など)を収集し、分析することは、極めてに重要である。

 Forresterによると、COVID-19のため、例えば、顧客や従業員の位置に関する情報(位置データ)は、顧客や従業員に、社会的距離を提供するために、重要になっているという。

 例えば、宅配業者の場合、自分が、現在いる位置に関するデータを、顧客に提供することで、顧客は、宅配業者の、現在の正確な位置を確認できるようになる。

 例えば、保守担当者に、修理する箇所(例えば、設備や施設の故障した箇所や、パイプの水漏れやガス漏れの箇所といった)に関する、適切な情報を、提供できるようになる。

 例えば、車載システムは、目的地に近い、駐車場の空き状況をチェックして、ドライバーを、適切な駐車場に、導いてくれるようになる。

 また、ドライバーは、車載システムで、目的地に近い、レストランを探して、予約できるようになったり、現在いる位置に、最も近い、ガソリンスタンドに、導いて貰ったり、できるようになる。

デル株式会社

2020年11月22日 (日)

2020年における、最良のスマート・ディスプレイを紹介する。(2)'20.11.22

【2020年における、最良のスマート・ディスプレイを紹介する。(2)】'20.11.22

 2020年における、最良のスマート・ディスプレイのベンダには、Amazon、Google、Lenovoなどがある。

 by cNET

 Amazon、Google、Lenovoなどの、スマート・ディスプレイが、このホリデー・シーズンに、最良のスマート・ディスプレイである。

 コロナウィルスによる、ロックダウンのおかげで、音声アシスタントは、以前よりも、頻繁に使用されるようになり、学習して、より使いやすくなってきた。

 今秋に、AmazonやGoogleから、新製品が、発表され、AmazonのAlexaや、Google Assistantといった、エキサイティングな、新機能が、紹介された。

 両社のスマート・ディスプレイには、ビデオ・チャット、タッチ制御、ストリーミング・ビデオやオーディオなど、さまざまな機能があり、音声コマンドや、タッチ操作で、できるようにしている。

Cnet0_20201122211601


 それでは、どちらのスマート・ディスプレイが、良いのだろう。

      (続き)

1)Google Nest Hub

Cnet0b_20201122211701

 最良のスマート・ディスプレイ

 Googleのスマート・ディスプレイ、Nest Hub(旧名、Google Home Hub)は、100ドル以下で、値引き販売されている。

 Nest Hubは、最も賢い、スマート・ディスプレイであり、より値引き販売することで、消費者にアピールしている。

 このNest Hubは、Google Assistantデジタル・アシスタントを組み込んでおり、Google Home Miniスマート・スピーカと、同様に、ユーザが、音声コマンドで、操作できるようにする。

 Google Assistantは、人間の様に、自然言語で応答することができる。

 このGoogle Assistantの、タッチスクリーンは、7インチと、少し小さいが、明るくて、見やすい。

 Googleは、スクリーン・セイバーとして、家族の写真のスライドショーを表示することもできる。

 ユーザは、このGoogle Assistantを通して、音声コマンドか、タッチ操作で、スマート・ドアベルのような、スマート・ホーム・デバイスを制御することもできる。

 他のスマート・ディスプレイの、殆どと異なり、プライバシーを考慮して、Google Nest Hubは、カメラを持っていない。

 カラフルな、布で覆われた、デザインは、デバイスを、どのような部屋にも、違和感なく、置けるようにする。

 また、音声コマンドでも、タッチスクリーンでも、操作でき、例えば、キッチンで、レシピを参照することもできるようになる。

2)他のベストな、スマート・ディスプレイ

 「Amazon Echo Show 8」

 長い間、Nest Hubは、写真をスライド・ショーとして表示したり、使いやすい、ユーザ・インタフェースを提供したり、より人間に近い、自然言語と、思考で、しゃべったり、できるので、スマート・ディスプレイの分野で、トップを占めていた。

 Amazon Echo Show 8には、カメラが、装備されているので、ユーザは、ビデオ・チャットや、ビデオ会議をしたり、自撮りしたりすることができる。

 Amazon Echo Show 8の、評価を上げるために、Amazonは、Alexaデジタル・アシスタントを、よりスマートにすることに、取り組んでいる。

 Echo Show 8で、AmazonのAlexaは、音声制御や音声コマンドに、応答することで、ユーザは、ゲームをしたり、レシピをブラウズしたり、映画やビデオを観たり、スマート・ホーム・デバイスを制御したり、できるようになる。

 Echo Show 8の、スクリーンは、8インチなので、サイズ的に、邪魔にならないが、ユーザは、斜めから、スクリーンを見ることはできない。

 Echo Show 8には、プライバシーのために、物理的なカメラのシャッターが付いている、

 通常のトリックに加え、例えば、AmazonのAlexaは、予定の時間に近づくと、スクリーンを、より明るくしたり、アラームを上げたりして、ユーザに通知する。

 ユーザは、新しい、ハウツー・ビデオを見たり、ビデオ通話をしたりすることができる。

 Google Assistantは、Amazonよりも、特に調理方法を知りたい時や、スマート・ホーム・デバイスを制御する時に、タッチスクリーンを、使いやすくする。

 ただし、ユーザが、既に、Alexaを使用しているなら、買い替える、あるいは、買い足すときに、Echo Show 8の購入を、検討しよう。

 Echo Show 8は、Nest Hubには、装備されていない、カメラを持っているので、ユーザは、ビデオ・チャッチや、ビデオ会議をすることができる。

 ユーザが、Google Assistantを組み込んだ、10インチの、タッチスクリーンを装備した、スマート・スクリーンを購入したいならば、搭載した、Lenovo Smart Displayは、Google Nest Hubと同じ能力や機能を持ち、スクリーンのサイズが、大きく、エレガントなデザインをしている。

Lenoa


 Lenovoは、実際に、10インチ、8インチ、7インチの、スクリーン・サイズを持つ、3つのモデルの、Lenovo Smart Displayを提供している。

 10インチの、Lenovo Smart Displayは、250ドルで、キッチンに置くのに適した、竹の模様のスキンで、覆われている。

 Lenovo Smart Displayは、実際に、Google Assistantを組み込んだ、最初の、スマート・ディスプレイである。

 Lenovo Smart Displayのユーザは、Googleのスマート・ホームのコントロール・パネルやレシピのガイドを手に入れることができる。

 また、Lenovo Smart Displayは、ビデオ通話用のカメラと、プライバシーに配慮した、カメラを覆うための、物理的なシャッターを持っている、

    (続く)

デル株式会社

IoTの将来:2021年の予測(5)'20.11.22

【IoTの将来:2021年の予測(5)】'20.11.22

 Forresterの調査では、大規模なネットワーク接続の混沌、ウェアラブルとセンサーを介した、ヘルスケア・エンゲージメント、および、オフィスに戻るための、スマート・オフィスイ・ニシアチブなどを予測している。2020年10月28日

Boia

 By N.F. Mendoza、Forrester

 コロナウイルスの感染拡大の間に、劇的に変化した、一般的なライフスタイルと共に、在宅勤務やリモート・ワークが標準になるかどうか、オフィスがいつ再開されるかどうかは、依然として不明である。

 Forresterは、仕事や生活が、どのように変化するかを見て、「Predictions 2021:Internet of Things(IoT)」レポートをリリースした。

 Forresterの調査によると、2021年には、IoT関連市場の成長は、ヘルスケア、スマート・オフィス、位置情報サービス、リモート資産の監視や管理、および、ネットワーキング基盤によって推進されるという。

 いくつかの分野における、IoTの将来を、紹介する。

    (続き)

4)オンライン診断と訪問修理

 インターネットに接続され、相互運用できる機械は、従来のビジネスを混乱させる、可能性がある。

 消費者は、産業用に、相手先ブランド供給(OEM)が販売している、接続可能なデバイスに接続することに消極的であるが、COVID-19で、状況が変わってきた。

 製造業者、流通業者、公益事業者、製薬会社などは、リモート運用に切り替えると、以前、接続されていなかった、資産を接続し始めた。

 OEMの技術者による、定期的な訪問保守が、必要だと感じていた、顧客は、リモートで、機械の状態を看視して貰うことが可能になるので、OEMの技術者は、オンライン診断で、修理の必要性を感じたときにだけ、訪問修理を行うことが、可能になる。

 これにより、OEMの技術者は、顧客の機械を、リモート看視することで、訪問保守作業を実施する回数を、減らすことが、できるようになる。

 また、顧客は、出張修理して貰う、回数を減らすことができ、修理を行う際の、長時間のダウンタイムを回避することもできる。

 2021年に、フィールド・サービス会社やOEMは、インターネットに、機械を接続して、リモートから看視し、オンライン診断することで、機械の異常を早期に発見し、訪問修理できるようになり、ダウンタイムを減らしたいという、顧客の要求に応えることができるようにすることに取り組むだろう。

     (続く)

デル株式会社

IoTの将来:2021年の予測(4)'20.11.22

【IoTの将来:2021年の予測(4)】'20.11.22

 Forresterの調査では、大規模なネットワーク接続の混沌、ウェアラブルとセンサーを介した、ヘルスケア・エンゲージメント、および、オフィスに戻るための、スマート・オフィスイ・ニシアチブなどを予測している。2020年10月28日

Boia

 By N.F. Mendoza、Forrester

 コロナウイルスの感染拡大の間に、劇的に変化した、一般的なライフスタイルと共に、在宅勤務やリモート・ワークが標準になるかどうか、オフィスがいつ再開されるかどうかは、依然として不明である。

 Forresterは、仕事や生活が、どのように変化するかを見て、「Predictions 2021:Internet of Things(IoT)」レポートをリリースした。

 Forresterの調査によると、2021年には、IoT関連市場の成長は、ヘルスケア、スマート・オフィス、位置情報サービス、リモート資産の監視や管理、および、ネットワーキング基盤によって推進されるという。

 いくつかの分野における、IoTの将来を、紹介する。

    (続き)

3)スマート・オフィス:

 現在のコロナウィスルの感染拡大の状況において、多くの従業員が、自宅で仕事をすることを、余儀なくされているが、先進的な企業は、従業員経験を変革するための、スマート・オフィス・イニシアチブを検討するようになるだろう。

 先進的な企業は、オフィスを分散させ、一極集中を解消するのでし、高価な企業不動産は、過去のものになるだろう。

 先進的な企業の意思決定者の48%は、コロナウィスルの感染拡大の結果として、在宅勤務や、リモート・ワーカーの割合が高くなると予想している。

 コロナウィスルの問題が、解消された後も、オンラインで、コラボレートしながら、仕事ができる職種の従業員は、在宅勤務か、各地域に分散された、リモート・オフィスに、勤務できるようになるかも知れない。

 Forresterによると、先進的な企業の少なくとも80%が、スマート・ビル管理、エネルギーや環境の監視、セキュリティ管理などを改善し、従業員の安全性を高め、資源の利用効率を向上させる、IoTアプリを含む、将来のスマート・オフィス向けの、包括的な戦略を開発することを計画しているという。

 スマート・オフィスは、オフィスを清潔に保ち、混雑したエリアを管理し、社会的距離を保つために、オフィスのレイアウトを最適化するようになる。

    (続く)

デル株式会社

2020年11月21日 (土)

2020年における、最良のスマート・ディスプレイを紹介する。(1)'20.11.21

【2020年における、最良のスマート・ディスプレイを紹介する。(1)】'20.11.21

 2020年における、最良のスマート・ディスプレイのベンダには、Amazon、Google、Lenovoなどがある。

 by cNET

 Amazon、Google、Lenovoなどの、スマート・ディスプレイが、このホリデー・シーズンに、最良のスマート・ディスプレイである。

 コロナウィルスによる、ロックダウンのおかげで、音声アシスタントは、以前よりも、頻繁に使用されるようになり、学習して、より使いやすくなってきた。

 今秋に、AmazonやGoogleから、新製品が、発表され、AmazonのAlexaや、Google Assistantといった、エキサイティングな、新機能が、紹介された。

Cnet0_20201121203401


 両社のスマート・ディスプレイには、ビデオ・チャット、タッチ制御、ストリーミング・ビデオやオーディオなど、さまざまな機能があり、音声コマンドや、タッチ操作で、できるようにしている。

Cnet0b_20201121203701


 それでは、どちらのスマート・ディスプレイが、良いのだろう。

 このスマート・ディスプレイ市場は、Amazon Echo Show 8やGoogle Nest Hub(以前のGoogle Home Hub)などで、近年、繁栄していた。

 さらに、Amazonの新Echo Show 10は、このスマート・ディスプレイ市場における、新しい候補になるだろう。

 現在、この市場には、何十種類もの、スマート・ディスプレイがある。

 スマート・ディスプレイは、音声コマンドで、デジタル・アシスタントと会話することができると共に、タッチスクリーンで、タッチ操作することもでき、ビデオなどを見ることができるようになる。

 また、ユーザは、音声コマンドや、タッチ操作で、スマート・ホーム・デバイスを制御することや、ストリーミング・コンテンツを再生したり、Webをナビゲートしたり、できるようになる。

 Google Nest Hub Maxは、カメラを持っており、ユーザの顔を追跡して、認識し、ディスプレイに表示する情報を、パーソナライズすることができる。

 また、ユーザが、デバイスを離れるときに、デバイスをロックし、ユーザが、戻ると、顔を認証して、デバイスのロックを解除したり、することができる。

 AmazonやGoogleなどの、代表的な、スマート・ディスプレイは、同様の、高度な機能を持っており、さまざまなことができると共に、それぞれ、特徴のある機能を持っている。

 それでは、どのスマート・ディスプレイが、ユーザに、最良なのだろう?

 スマート・ディスプレイを、購入したい、ユーザが、考慮すべきことを、次に示す。

1)ビデオ・チャットや、ビデオ通話を利用したいか、ビデオ会議に利用したいか?

2)AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを使用しているか、Googl Assistantデジタル・アシスタントを使用しているか?

3)音声コマンドやタッチ操作で、どのようなアプリ(例えば、メール、マップ、カレンダーなど)を利用したいか?

4)Amazonで買い物をしたり、コンテンツを利用したり、することが多いか、YouTubeを利用することが多いか?

5)AmazonのEcho Showなどの、Fire OS用のアプリを使用したいか、GoogleのGoogle Nest Hubなどの、Android OS用のアプリの、どちらを使用したいか?

6)AmazonのEcho Showなどの、スマート・ディスプレイで、制御できる、スマート・ホーム・デバイスを持っているか、GoogleのNest Hubなどの、スマート・ディスプレイで、制御できる、スマート・ホーム・デバイスを持っているか?

7)大きな音量を持つ、ダンス・パーティなどにも使用できる、オーディオ機能を持つているか?

 ユーザは、スマート・ディスプレイを購入する前に、自分の状況を、明確にしよう。

1)現在のスマート・ディスプレイを、アップグレードしたいか?

2)現在のスマート・スピーカを、アップグレードしたいか?

3)スマート・ディスプレイで、スマート・ホームを制御することを開始したいか?

 このようなことを考慮して、ユーザのやりたいことに、最良のスマート・ディスプレイを見つけるための、情報を紹介する。

    (続く)

デル株式会社

IoTの将来:2021年の予測(3)'20.11.21

【IoTの将来:2021年の予測(3)】'20.11.21

 Forresterの調査では、大規模なネットワーク接続の混沌、ウェアラブルとセンサーを介した、ヘルスケア・エンゲージメント、および、オフィスに戻るための、スマート・オフィスイ・ニシアチブなどを予測している。2020年10月28日

Dt0a_20201121131101

 By N.F. Mendoza、Forrester

 コロナウイルスの感染拡大の間に、劇的に変化した、一般的なライフスタイルと共に、在宅勤務やリモート・ワークが標準になるかどうか、オフィスがいつ再開されるかどうかは、依然として不明である。

 Forresterは、仕事や生活が、どのように変化するかを見て、「Predictions 2021:Internet of Things(IoT)」レポートをリリースした。

 Forresterの調査によると、2021年には、IoT関連市場の成長は、ヘルスケア、スマート・オフィス、位置情報サービス、リモート資産の監視や管理、および、ネットワーキング基盤によって推進されるという。

 いくつかの分野における、IoTの将来を、紹介する。

   (続き)

2)ヘルスケア:

 確かに、COVID-19には、世界が、悩まされ続けており、調査によると、IoT対応デバイスのメーカは、ヘルスケアへの取り組みを、2倍にするだろう。

 しかし、COVID-19は、感染した可能性のある人が、必要な診察や治療を遅らせることを余儀なくされた。

 これにより、慢性的な状態は、改善されず、癌は検出されず、予防可能な状態は、見過ごされている。

 COVID-19の、経済的影響は、消費者、健康保険会社、医療提供者、および、医療従事者にとって、大きなものである。

 Forresterのレポートによると、在宅中に、自分や家族の健康状態を検出できる、「ウェアラブル・デバイス」や「センサー」といった、対話的で、プロアクティブな、「IoT対応デバイス」が急増するという。

 COVID-19後のヘルスケアは、「デジタル・ヘルス経験」によって支配され、仮想的なケアの有効性を向上させるだろう。

 ヘルスケアの分野における、在宅モニタリングの利便性は、消費者が、自分の健康について、より深い洞察を得るにつれて、デジタル・ヘルス・デバイスに対する、消費者の認識と関心を刺激する。

 デジタル・ヘルス・デバイスの価格は、より手頃な価格になり、消費者に優しいものになるだろう。

 FDAによって設立された「Digital Health Center of Excellence」は、デジタル・ヘルスの進歩と受容の基盤になっている。

 健康保険会社によって考案された、「コネクテッド・ヘルス・デバイス戦略」は、データを活用して、患者の、自分の健康に対する理解、パーソナライズ、および、ヘルスケアの結果に対する理解を向上させる。

   (続く)

デル株式会社

IoTの将来:2021年の予測(2)'20.11.21

【IoTの将来:2021年の予測(2)】'20.11.21

 Forresterの調査では、大規模なネットワーク接続の混沌、ウェアラブルとセンサーを介した、ヘルスケア・エンゲージメント、および、オフィスに戻るための、スマート・オフィスイ・ニシアチブなどを予測している。2020年10月28日

Dt0a_20201121131101

 By N.F. Mendoza、Forrester

 コロナウイルスの感染拡大の間に、劇的に変化した、一般的なライフスタイルと共に、在宅勤務やリモート・ワークが標準になるかどうか、オフィスがいつ再開されるかどうかは、依然として不明である。

 Forresterは、仕事や生活が、どのように変化するかを見て、「Predictions 2021:Internet of Things(IoT)」レポートをリリースした。

 Forresterの調査によると、2021年には、IoT関連市場の成長は、ヘルスケア、スマート・オフィス、位置情報サービス、リモート資産の監視や管理、および、ネットワーキング基盤によって推進されるという。

 いくつかの分野における、IoTの将来を紹介する。

     (続き)

1)ネットワーク接続:

 Forresterによると、同社が「ネットワーク接続の混乱」と表現しているように、2021年には、よりさまざまな、IoT対応デバイスが、よりさまざまな、無線通信ネットワークに、接続されるようになるという。

 Forresterによると、モバイル・デバイスやIoT対応デバイスには、5Gをサポートする代わりに、さまざまな無線技術の選択肢が、存在するという。

 現在、IoT対応デバイスで、サポートされている、近距離の無線通信技術には、「Bluetooth」、「Zigbee」、および、「近距離無線通信(NFC)」などがある。

 長距離の無線通信接続の場合、低軌道(LEO)衛星が、400機を超える、「Starlink衛星」の、オプションを提供する。

 Amazonと中国は、低軌道(LEO)の衛星ベースのインターネット接続分野に、投資している。

 CBRSは、新たなプライベート、4Gまたは5G移動通信ネットワークを、米国に紹介した。

 Forresterは、「低軌道(LEO)の衛星」や、その他の「低電力ネットワーク技術」への、米国のインターネット・ユーザの関心が、20%増加するため、2021年における、5GとWi-Fi技術の採用が、2020年よりも、遅くなると予想している。

     (続く)

デル株式会社

IoTの将来:2021年の予測(1)'20.11.21

【IoTの将来:2021年の予測(1)】'20.11.21

 Forresterの調査では、大規模なネットワーク接続の混沌、ウェアラブルとセンサーを介した、ヘルスケア・エンゲージメント、および、オフィスに戻るための、スマート・オフィスイ・ニシアチブなどを予測している。2020年10月28日

Dt0a_20201121131101

By N.F. Mendoza、Forrester

 コロナウイルスの感染拡大の間に、劇的に変化した、一般的なライフスタイルと共に、在宅勤務やリモート・ワークが標準になるかどうか、オフィスがいつ再開されるかどうかは、依然として不明である。

 Forresterは、仕事や生活が、どのように変化するかを見て、「Predictions 2021:Internet of Things(IoT)」レポートをリリースした。

 Forresterの調査によると、2021年には、IoT関連市場の成長は、ヘルスケア、スマート・オフィス、位置情報サービス、リモート資産の監視や管理、および、ネットワーキング基盤によって推進されるという。

 米国において、人工衛星、移動通信ネットワーク、Wi-Fi、Bluetooth、Zigbee、Z-Wave、および、Citizens Broadband Radio Service(CBRS)など、さまざまなネットワーク基盤のオプションが展開され、さまざまな環境や地域で、さまざまなIoTの適応事例が作成されている。

 2021年に、提供される、新たなIoTの適応事例には、次のものがあるだろう。

・ウェアラブル・デバイスやヘルスケア・デバイスの、他のスマート・デバイスとの連携
・患者の健康に関するデータの収集や分析
・スマート・オフィスにおける、従業員経験の向上
・ホーム・オフィスやリモート・オフィスにおける、従業員同士の、コミュニケーション&コラボレーションの改善
・インターネットに接続されたマシンの、遠隔監視や管理機能の強化など
・乗り物や交通システムで収集される、データの分析やフィードバック

 消費者や従業員の位置データは、「魅力的で便利なユーザ経験」を提供する上で、不可欠なものとして使用される。

 しかし、今日、位置情報を使用して、消費者エンゲージメントをトリガーする、米国のブランドは、全体の、わずか23%である。

 いくつかの分野における、IoTの将来を、紹介する。

   (続く)

デル株式会社

2020年11月20日 (金)

Dell Latitude 9510レビュー '20.11.20

【Dell Latitude 9510レビュー】'20.11.20

 筆者は、Dellの、大きなスクリーンを持ち、移動性に優れた、ラップトップをレビューした。2020年11月11日

Cnet4a_20201120205001

 By Joshua Goldm、cNET

 Intelの支援を受けて、デザインされた、DellのLatitude 9510は、スリムで、軽く、モバイル・ユーザが、何時でも、どこでも、ラップトップで、さまざまなことができるようになる。

 Dell Latitude 9510は、今後、1年以上、仕事のニーズに合うような、ビジネス・ラップトップになるよう、設計されている。

 家庭でも、オフィスでも、出先でも、移動中にも仕事をしている、ビジネス・ユーザは、ビジネス・ラップトップに、さまざまなデバイスとの接続性、高音質のオーディオ、明確な音質のビデオ会議、および、メールやカレンダーや通知などを含む、アプリのバックグラウンド・アップデート、大きなディスプレイ、高度なセキュリティ機能といった、特徴があることを望んでいる。

 また、よく移動する、ビジネス・ユーザは、バッテリの寿命が長いことや、4Gか5G移動通信サービスに接続できること、および、頑丈で、信頼性が高く、性能は良いことも、望んでいる。

 ビジネス・ユーザが、Latitude 9510で、得るものは、現在でも、将来でも、利用できる、ラップトップを望んでいる。

 完全なモバイル・オフィス

 Latitude 9510は、IntelのProject Athenaの1部として、モバイル・ユーザの要求に合うような、ラップトップ・デバイスとして、共同で、作成された、プログラムを使用して開発された。

 Intelと、共同で、Project Athenaの1部として、ラップトップを開発していた、他のメーカは、13インチと14インチのラップトップを作成することに、焦点を合わせていた。

 これに対し、Intelと共同で、.Dellは、サイズを、より小さくしながら、ディスプレイのサイズを、大きくすることに、取り組んでいた。

 Dellの目標は、ビジネス・ユーザに、15インチのディスプレイを装備した、より小さな、ラップトップのモデルを、提供することである。

 移動の多い、モバイル・ユーザは、机の上、公園のベンチ、飛行機のトレイ・テーブルといった、どこでも使用できる、比較的ディスプレイの大きな、ラップトップを望んでいる。

 Dell Latitude 9510 2-in-1ラップトップの特徴

価格設定:2749ドル

ディスプレイ:15インチ、1,920x1,080ピクセルのタッチ・ディスプレイ

プロセッサ:1.1GHz Intel Core I7-10810U vPro

メモリ:16GB LPDDR3 2,133MHz(デュアル・チャンネル)

グラフィクス:Intel UHDグラフィクス

ストレージ:512GB NVMe PCIe SSD

ポート:USB-C x 2、USB-A、HDMI 2.0、オーディオ・マイク・ジャック、microSDカード・スロット、オプションの、SmartCardリーダ

ネットワークキング:Intel Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1

オペレーティング・システム:Windows 10 Pro

重さ:3.5ポンド(1.6Kg)

 しかし、Dellは、Latitude 9510を、プレミアムな経験を体験できる、ビジネス・ユーザにアピールできる、ラップトップにしたいと思っていた。

 Dellは、CES 2020で、アップデートされた、XPS 13を発表していた。

 Latitude 9510のプレミアムな経験は、1849ドルという、プレミアムな価格で、提供される。

 ちなみに、筆者がテストした、従来のクラムシェルか、2-in-1として、利用できる、DellのLatitude 9510の価格は、2749ドルであった。

 このビジネス・ユーザ向けに作成された、DellのLatitude 9510は、全体的なセキュリティ管理するために、企業のIT部門により、サポートされる必要がある。

 Latitude 9510には、サインインを安全にするための、セキュリティ機能用の、小さな指紋認証センサーを、電源ボタンの位置に持っている。

 DellのLatitude 9510は、顔認証と、近接センサーで、サインインできるようにする、IRカメラを装備しているので、ユーザが、このLatitude 9510を離れる時に、自動的に、ロック状態になり、戻ると、ユーザの顔を認証し、自動的に、アンロック状態になる。

  デル株式会社

IDCが、2021年の世界的なデジタル変革(DX)の予測を明らかにする。(3)'20.11.20

【IDCが、2021年の世界的なデジタル変革(DX)の予測を明らかにする。(3)】'20.11.20

 IDCの、2021年における、世界のデジタル変革(DX)の予測によると、2022年までに、DXへの支出は、世界のGDP(国内総生産)の65%を占め、2020年から2023年までに、6兆8000億ドルを超えるという。2020年10月29日

 By IDC

 IDCは、2021年における、世界のデジタル変革(DX)市場の予測レポート、「IDC FutureScape: Worldwide Digital Transformation 2021 Predictions (IDC #US46880818)」を発表した。

 IDCの新しいレポートによると、世界的な、コロナウィスルの感染拡大にも関わらず、企業のデジタル化が、推進されており、直接的な、世界の企業の、「デジタル変革(DX)への支出」は、2020年から2023年まで、年間平均増加率(CAGR)、15.5%で成長しており、6兆8000万ドルに近づくという。

    (続き)

予測7:

 2022年までに、グローバル2000企業の大多数は、デジタル変革(DX)と持続可能性を組み合わせることでより、大きな価値を実現し、事実上の標準として、デジタル主導で、持続可能に対応した、プロジェクトを生み出すようになるだろ。

予測8:

 デジタル覇権経済で繁栄するために、グローバル2000企業の50%は、顧客(特に、デジタル・ネーティブ)指向と、データ駆動に基づいて、2025年に、DXに最適化された、組織的な、デジタル文化を実装し、構築するようになるだろう。

予測9:

 2022年までに、グローバル2000企業の70%が、デジタル技術の使用を加速し、既存のビジネス・プロセスを変革して、顧客エンゲージメント、従業員の生産性、および、ビジネスの回復力を促すようになるだろう。

予測10:

 2023年までに、グローバル2000企業の60%が、新たな通常になる、革新と成長をサポートするための、独自のビジネス革新プラットフォームを構築する予定のようだ。

 Worldwide Digital Transformation Strategiesの、Shawn Fitzgerald氏によると、新しいデジタル・ビジネスモデルを中核として、デジタル・プラットフォームで、企業全体の戦略を成功裏に実行している企業は、デジタル・プラットフォーム経済において、継続的に成功する上で、適切な立場にあるという。

 今年の「IDC FutureScape」レポートとウェビナーの詳細については、「このWebページ」を参照のこと。

デル株式会社

IDCが、2021年の世界的なデジタル変革(DX)の予測を明らかにする。(2)'20.11.20

【IDCが、2021年の世界的なデジタル変革(DX)の予測を明らかにする。(2)】'20.11.20

 IDCの、2021年における、世界のデジタル変革(DX)の予測によると、2022年までに、DXへの支出は、世界のGDP(国内総生産)の65%を占め、2020年から2023年までに、6兆8000億ドルを超えるという。2020年10月29日

 By IDC

 IDCは、2021年における、世界のデジタル変革(DX)市場の予測レポート、「IDC FutureScape: Worldwide Digital Transformation 2021 Predictions (IDC #US46880818)」を発表した。

 IDCの新しいレポートによると、世界的な、コロナウィスルの感染拡大にも関わらず、企業のデジタル化が、推進されており、直接的な、世界の企業の、「デジタル変革(DX)への支出」は、2020年から2023年まで、年間平均増加率(CAGR)、15.5%で成長しており、6兆8000万ドルに近づくという。

     (続き)

予測3:

 2023年までに、グローバル2000企業のリーダの60%が、管理の方針を、過程から結果にシフトさせ、より機敏で、革新的で、共感的な、運用モデルを確立するようになるだろう。

予測4:

 2025年までに、不安定な世界情勢に促され、ビジネス・リーダーの75%が、デジタル・プラットフォームとエコシステム機能を活用して、価値の連鎖を、新しい市場、業界、エコシステムに適応させるようになるだろう。

予測5:

 あらゆる分野において、「デジタル・ファースト(さまざまなユーザ経験のデジタル化)」が普及しているが、グローバル2000企業の60%は、2021年に、「従業員経験のデジタル化(例えば、さまざまな手続きのデジタル化)」に多額の投資を行い、雇用主と従業員の関係を、デジタル変革(DX)するようになるだろう。

予測6:

 2021年までに、グローバル2000企業の少なくとも30%が、デジタル革新(DX)を加速させ、ビジネスと運用モデルの再発明をサポートし、ビジネスを将来にわたって保証するための、変革プログラムを迅速に追跡するようになるだろう。

   (続く)

デル株式会社

IDCが、2021年の世界的なデジタル変革(DX)の予測を明らかにする。(1)'20.11.20

【IDCが、2021年の世界的なデジタル変革(DX)の予測を明らかにする。(1)】'20.11.20

 IDCの、2021年における、世界のデジタル変革(DX)の予測によると、2022年までに、DXへの支出は、世界のGDP(国内総生産)の65%を占め、2020年から2023年までに、6兆8000億ドルを超えるという。2020年10月29日

 By IDC

 IDCは、2021年における、世界のデジタル変革(DX)市場の予測レポート、「IDC FutureScape: Worldwide Digital Transformation 2021 Predictions (IDC #US46880818)」を発表した。

 IDCの新しいレポートによると、世界的な、コロナウィスルの感染拡大にも関わらず、グローバル2000企業のデジタル化が、推進されており、直接的な、世界の企業の、「デジタル変革(DX)への支出」は、2020年から2023年まで、年間平均増加率(CAGR)、15.5%で成長しており、6兆8000万ドルに近づくという。

予測1:

 グローバル2000企業のデジタル変革(DX)への支出が促されており、2022年までに、「DXへの支出」は、世界のGDPの65%を占め、2020年から2023年までに、6兆8000億ドルを超える見込みである。

予測2:

 2023年までに、現在の27%から増加して、グローバル2000企業の75%が、デジタルな組織構造と、包括的な「デジタル変革(DX)実装のロードマップ」を持つようになり、ビジネスと社会のあらゆる側面に渡り、真の変革が、もたらされるだろう。

    (続く)

デル株式会社

2020年11月19日 (木)

Gartnerは、2021年に、世界のエンドユーザの、パブリック・クラウド・サービスへの支出は、18%増加すると予測している。'20.11.19

【Gartnerは、2021年に、世界のエンドユーザの、パブリック・クラウド・サービスへの支出は、18.4%増加すると予測している。】'20.11.19

 Gartnerによると、2021年における、世界のエンドユーザの、パブリック・クラウド・サービスへの支出は、3049億ドルに増加する見込みだという。2020年11月17日

 By Gartner

 Gartnerは、世界のエンドユーザの、パブリック・クラウド・サービスへの支出が、2021年に、前年から、18.4%増加して、2020年の2575億ドルから、2021年には、3049億ドルになると予測している。

 コスト効果や、ビジネスの持続性を達成するために、オンデマンドと、スケーラブルなクラウド・モデルを使用する能力は、自分たちのデジタル・ビジネスの変革計画を、加速させるために、組織に、推進力を提供している。

 クラウド・サービスの使用が、COVID-19の危機で加速され、クラウド・サービスへの支出の割合は、2024年に、世界のエンタープライズITへの支出全体の、14.2%を占めるようになる見込みである。

 ちなみに、2020年に、世界のエンタープライズITへの支出全体における、クラウド・サービスへの支出が、占める割合は、9.1%であった。

 2021年の世界のクラウド・サービス市場において、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」の売上は、前年の1014億ドルから、1177億ドルに増加して、最も大きな市場セグメントになることが、予想される。

 2021年に、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」の売上は、クラウド・サービス市場全体の中で、最も増加し、前年の438億ドルから、26.6%増加して、554億ドルになることが、予想される。

 「PaaS」への支出の増加は、ビデオ・ストリームのような、データ量の多い、コンテンツや、スケーラブルな基盤へ、アクセスする必要のある、リモート・ワーカの、ニーズにより、促されている。

 スケーラブルな基盤(オペレーティング・システム、ストレージ、ネットワーク、および、開発環境やツールなど)は、新しく作成された、クラウド・ネーティブな、「PaaS」の形態で、提供される。

表1)世界のパブリック・クラウド・サービスへの、エンドユーザの支出(単位:100ドル)の、実績と予測

分類    2019年  2020年  2021年  2022年

BPaaS   45,212  44,741  47,521   50,336
PaaS    37,512  43,823   55,486  68,964
SaaS   102,064  101,480 117,773  138,261
SECaaS   12,836  14,880  17,001   19,934
IaaS     44,457  51,421  65,264   82,225
DaaS     616    1,204    1,945   2,542

合計   242,696  257,549 304,990  362,263

BPaaS:サービスとしてのビジネス・プロセス
PaaS  :サービスとしてのプラットフォーム
SaaS  :サービスとしてのソフトウェア
SECaaS:サービスとしてのセキュリティ
IaaS   :サービスとしての基盤
DaaS  :サービスとしてのデスクトップ

 ソース:Gartner、2020年11月

 事実、最近のGartnerの調査データによると、COVID-19が要因になっている、混乱の状況において、クラウド・サービスを使用している、組織の約70%は、自分たちのクラウドへの支出を増加させることを、計画しているという。

 移動性、協調、および、他のリモート・ワーキング技術と基盤における、投資が増加しているので、Gartnerは、2024年まで、継続される、パブリック・クラウドにおける、成長を期待している。

 通信サービス会社との、パートナー関係で、クラウド・サービス・プロバイダは、エッジへのリーチを拡張し、ハイブリッドな労働力をサポートする、傾向が高まっていることも、さらなる成長につながる。

デル株式会社

「デジタル・ビジネスモデル研究所」の紹介 '20.11.19

【「デジタル・ビジネスモデル研究所」の紹介】'20.11.19

 新たなサービスを検討する際には、ビジネスモデルをどう構築するかを考える必要があるようです。

 このために、独自の方法論で、ビジネスモデルの構築を支援する、「デジタル・ビジネスモデル研究所」を紹介します。

デル株式会社

Samsung Galaxy Z Fold2 5Gを、3週間レビューした。(3)'20.11.19

【Samsung Galaxy Z Fold2 5Gを、3週間レビューした。(3)】'20.11.19

 2020年10月の初めに、Samsung Galaxy Z Fold2 5Gスマートフォンが、購入できるようになった。2020年10月5日
Dt0a_20201119112401

 By Patrick MoorheadSenior Contributor

 第2世代の、Samsung Galaxy Z Fold2 5Gは、Samsungの第1世代の、Galaxy Foldと比較して、いくつかのデザインが、改善されている。

 Samsungは、いくつかの課題を改善した、スクリーンを折り畳むことのできる、フォルダブルな、斬新なデザインの、第2世代のダブル・スクリーン・デバイスを、スマートフォン市場に投入した。

 筆者は、第2世代のGalaxy  Z Fold2 5Gを試用して、企業ユーザ向けの、生産性デバイスだと感じている。

 筆者は、Galaxy Z Fold2 5Gを、1週間試用して、プライマリ・モバイル・デバイスとして、使用できそうだと思った。

    (続き)

 バッテリー寿命

 Galaxy Z Fold 2 5Gには、4,500mAhのバッテリーが、搭載されており、バッテリーを大量に消費する、120Hzディスプレイと5Gを使用しているにも関わらず、筆者は、1回の充電で、通常使用で、1日使用することができた。

 筆者は、Galaxy Z Fold 2 5Gのバッテリーを完全に使い切ってから、完全に充電するのに約1時間半かかった。

 また、Galaxy Z Fold 2 5Gは、USB-C(USBの次世代規格「USB 3.1」で制定された、新しいコネクタ規格)をサポートしている。

 まとめ

 Galaxy Z Fold2 5Gは、第1世代のGalaxy Z Foldよりも、優れた蝶番を持ち、応答性の高い、メイン・ディスプレイ、優れたフロント・ディスプレイなど、フォルダブル・デバイスに必要とされる、蝶番やスクリーンの耐久性の向上といった、改善がなされている。

・軽くて、コンパクトで、携帯性に優れている。
・構成のなプロセッサを搭載している。
・開閉できる、大きくて、見やすく、応答性のよい、タッチ・スクリーンを装備している。
・スタイラスペンをサポートしている。
・比較的入力しやすい、キーボードが添付されている。
・高速な5G通信サービスをサポートしている。

 このため、モバイル・ユーザは、スマートフォンのように、片手で操作することは、難しいが、Galaxy Z Fold2 5Gで、メール、Webナビゲーション、チャット(テキスト、音声、ビデオ)、ビデオ会議、生産性ツール、クリエーティブなアプリなどを、必要に応じて、デジタル・アシスタントを介して、比較的、大きなスクリーンで、あまりストレスなく、利用できるようになることが期待される。

 スマートフォンが提供できる、最高の生産性とエンターテインメント体験を探している、モバイル・ユーザにとって、Galaxy Z Fold2 5Gを試用してみる価値はあるだろう。

 しかし、1999ドルという高価格に設定され、Galaxy Z Fold2 5Gは、市場で最も高価なスマートフォンの1つになった。

 筆者は、5G接続をサポートした、Galaxy Z Fold2 5Gを、あらゆる作業に対応できるデバイスのように感じられた。

 <コメント>

 スクリーンを開閉できる、折り畳み式のスマートフォンは、手頃な価格になれば、新しい分野のモバイル・デバイス(フォルダブレット?)として、新たな市場を形成するのかも知れない。

デル株式会社

2020年11月18日 (水)

2020版のHP Spectre x360 15のレビュー '20.11.18

【2020版のHP Spectre x360 15のレビュー】'20.11.18

 2020年版のHP Spectre x360 15は、強力なパワーを持ち、より小さな筐体に、より大きく、鮮明に見える、ディスプレイを特徴にしている。2020年10月8日

 By Mark Coppock、digital trends

 筆者は、2020年版のHP Spectre x360 15をレビューした。

Dt4a_20201118205101


 2020年版のHP Spectre x360 15は、多くのパワーを持ち、より小さな筐体に、より大きく、鮮明に見える、ディスプレイを特徴にしている。

・15インチの小さな、2-in-1
・洗練されたデザイン
・入力しやすい、キーボード
・見やすいOLEDディスプレイ
・クリエーティブなアプリの利用に適した性能

・平均小売価格:14万ドル

 2020年版のHP Spectre x360 15は、以前の機種よりも、小さくした、蝶番を360度回転できる、2-in-1ラップトップである。

 また、この2-in-1ラップトップは、強力なコンポーネントや、OLEDディスプレイの、オプションを持っている。

 筆者は、次の仕様を持つ、ハイエンド・モデルのレビューを実施した。

・第10世代の、6コアの、Intel Core i7-10750H CPU
・16GBのRAM
・1TBのソリッド・ステイト・ドライブ(SSD)
・Nvidia GeForce GTX 1650 Ti Max-Q
・4K OLEDディスプレイ

 この構成の、2020年版の、HP Spectre x360 15は、HP.comで、1850ドルで、販売されている。

 このHP Spectre x360 15は、15インチのスクリーンを持つ、柔軟で、高性能で、軽い、2-in-1ラップトップを望んでいる、クリエーティブな専門家向けに、作成されている。

 HP Spectre x360 15のデザイン

 HPは、2019年に、提供されていた、Spectre x360 13の、余分な部品を、削ったり、小さな部品を使用したりして、より軽くて、より小さくした。

 また、HPは、Spectre x360 13のベゼルを狭くして、スクリーンの割合を、全体の90%にした。

 2020年初旬に、HPは、2019 Spectre x360 15と同様に、15インチの2-in-1を、より軽くし、より小さくした。

 HPは、スクリーンの、本体に対する比率を、90%にすることで、前機種よりも、小さくした。

 筆者は、2020年版の、Spectre x360 15のサイズのスクリーンを持つ、この小さな、2-in-1を気に入っている。

 ただし、2020年版のSpectre x360 15の厚みは、0.79インチであり、2019年版のSpectre x360 15の厚みは、0.75インチであり、Dell XPS 15の厚みは、0.71インチであり、2020年版のSpectre x360 15が、この中では、最も、厚みがある。

 15インチのサイズのスクリーンを持つ、2-in-1ラップトップが欲しい、ユーザは、薄いタブレットとして、使用できることを、特に、望んでいる訳ではなく、持ち歩くことができるよう、軽くて、頑丈に作られていることを、望んでいる。

 HPは、2020年版のSpectre x360 15の、2-in-1ラップトップを、より軽くて、頑丈にできるよう、部品を減らしたり、より小さな部品を使用したりすると共に、アルミ製の筐体でを採用した。

 Spectre x360 15、2-in-1ラップトップの筐体は、頑丈な、アルミで出来ており、たわんだり、曲がったり、ねじれたりすることはないようだ。

 Spectre x360 15、2-in-1ラップトップは、現在、存在する、2-in-1ラップトップの中で、最も、堅牢なラップトップの1つである。

 このSpectre x360 15、2-in-1ラップトップの蝶番は、硬いので、蝶番を開閉する時に、少し力が必要で、両手を使用するだろう。

 ただし、極めて、頑丈にできており、何回開閉しても、十分な耐久性がある。

 ユーザは、このSpectre x360 15、2-in-1ラップトップは、360度回転できる、蝶番を持ち、スクリーンを開閉することで、目的に応じて、ノートPC、テント、スタンド、タブレットといった、さまざまな型にして、使用することができるようになる。

 例えば、ユーザは、メールを書いたり、メモを取ったり、キーボードを使用する時は、ノートPC型にしたり、ストリーミング・ビデオを見るときは、テント型にしたり、スタイラスペンで、描画したりする時は、タブレット型にしたりすることができる。

 Spectre x360 15、2-in-1ラップトップは、さまざまなデバイスとの接続性も強みである。

 Spectre x360 15、2-in-1ラップトップの、左側にはフルサイズのHDMI2.0ポートと3.5mmオーディオ・ジャックがあり、右側に、Thunderbolt 3を搭載した、USB-Cポート、USB-A 3.1ポート、microSDカード・リーダがある。

 無線接続は、Wi-Fi 6とBluetooth 5.0を介して行われる。

 性能

 Spectre x360 15は、クリエイティブな専門家をターゲットとして、提供されている、もう1つのラップトップであるが、他の15インチのノートPCほど、クリエイティブな性能を重視していない。

 DellのXPS15や、HPのEnvy15は、より高速なCPU(および、Envy 15の場合はGPU)、より多くのRAM、および、より多くのストレージを提供する。

 基本的に、Spectre x360 15は、高性能の2-in-1であるが、今日の最速の15インチのクラムシェル・ノートPCと同じクラスではなく、携帯性を重視した、モバイル・ユーザ向けの、2-in-1ラップトップであり、コンパクトだが、見やすい、15インチの、大きなディスプレイ、頑丈さ、軽さを特徴にしている。 

デル株式会社

Samsung Galaxy Z Fold2 5Gを、3週間レビューした。(2)'20.11.18

【Samsung Galaxy Z Fold2 5Gを、3週間レビューした。(2)】'20.11.18

 2020年10月の初めに、Samsung Galaxy Z Fold2 5Gスマートフォンが、購入できるようになった。2020年10月5日

Dt0a_20201118165601

 By Patrick MoorheadSenior Contributor

 第2世代の、Samsung Galaxy Z Fold2 5Gは、Samsungの第1世代の、Galaxy Foldと比較して、いくつかのデザインが、改善されている。

 Samsungは、いくつかの課題を改善した、スクリーンを折り畳むことのできる、フォルダブルな、斬新なデザインの、第2世代のダブル・スクリーン・デバイスを、スマートフォン市場に投入した。

 筆者は、第2世代のGalaxy  Z Fold2 5Gを試用して、企業ユーザ向けの、生産性デバイスだと感じている。

 筆者は、Galaxy Z Fold2 5Gを、1週間試用して、プライマリ・モバイル・デバイスとして、使用できそうだと思った。

   (続き)

 筆者は、生産性を最大化するために、アプリとマルチタスクを分割し、スクリーンの領域を十分に確保して、一度に、複数のタスクを実行してみた。

 筆者が、最もよく使用するアプリの組み合わせの1つは、「Microsoft Outlook」と「Google Chrome」を、同時に実行することである。

 メイン・ディスプレイは、一度に分割される、3つの異なるアプリをサポートする。

 3つのアプリを同時に使用すると、Z Fold2の外部ディスプレイに表示された、アプリは、筆者には、少し押しつぶされたように見えた。

 筆者は、DocuSignのようなアプリには、スタイラスペンがあれば良かったと思った。

Dt0c_20201118165501

「Samsung Galaxy Z Fold2 5Gの主な仕様」

・Android 10オペレーティング・システム

・Qualcomm Snapdragon 865+プロセッサ

・12GBのRAM

・256GBのストレージ

 ただし、Galaxy Z Fold2 5Gでは、MicroSDカードは、サポートされていないかった。

 このため、筆者は、最低でも、512GBのストレージが、搭載されているとよいと思った。

 筆者は、T-Mobileの5G接続を利用しているが、Samsungは、AT&TとVerizonの5G接続も、利用できるようにしている。

 YouTubeとNetflixから、コンテンツをストリーミングしている場合、筆者は、5G接続で使用した方が、4G接続で使用したときよりも、著しく速いと感じた。

 Galaxy Z Fold 2 5Gには、デバイス上に、5つの異なるカメラがある。

 1つは、外部ディスプレイにある、自撮りカメラで、もう1つは、メイン・ディスプレイにある、前面カメラであり、両方とも、10MPの解像度で、ビデオ通話にも利用できる。

 このGalaxy Z Fold 2 5Gには、3台の背面カメラ(12MPのプライマリ・カメラ、12MPの超広角カメラ、および、12MPの望遠カメラ)もある。

 筆者は、鮮明な画像で、家族やペットや風景(夕日)の写真を撮ることができた。

 ただし、Galaxy Z Fold 2 5Gには、5倍の光学ズームと、50倍のデジタル・ズームといった、高度な機能はなく、2倍の光学ズームと、50倍のデジタル・ズーム機能を提供している。

    (続く)

デル株式会社

Microsoft Teamsは、「協調作業のハブ」としての地位を確立し、ビデオ通話に、新たな統合機能を追加した。'20.11.18

【Microsoft Teamsは、「協調作業のハブ」としての地位を確立し、ビデオ通話に、新たな統合機能を追加した。】'20.11.18

Bi0_20201118112501

 By usa-newsposts

 「Microsoft Teams」は、「Slack」や「Zoom」と競合する、コラボレーション・プラットフォームであり、「協調作業のハブ」としての地位を確立しており、ビデオ通話に、新たな統合機能を追加した。2020年11月16日

 Microsoftは、協調作業のハブとしての地位を向上させるために、ビデオ会議やチャットといった、コラボレーション・ツールを提供する、Teamsに、新しい統合機能を追加した。

 ユーザは、新しい、3rdパーティ製アプリを、Teamsに、追加できるようになり、ビデオ通話中に、連携できるようになる(以前は、Teamsのチャット機能のみが、外部のアプリンと統合できていた)。

 Microsoftのゼネラル・マネージャー、Nicole Herskowitz氏によると、ユーザは、ビデオ会議のチャネルで、使用するのと同じアプリを使用したいと考えているという。

 同氏によると、「進化するビジネス環境のニーズに合わせて、簡単にカスタマイズできる、拡張可能なプラットフォームを用意することが、極めて重要になっている。」という。

 Teamsに、外部のアプリを追加できるようになり、ビデオ通話中に、連携できるようになった。

 Teamsと連携できるようになった、外部のアプリには、Atlassianが、Slack用に構築していた、「ヘルプデスク・チケット」を簡単に作成できるようにする、対話型の「ヘルプデスク・チケット管理ソリューション」、「Halp」といった、新しいアプリもある。

 Microsoftによると、「ヘルプデスク・チケット管理ソリューション」とは、電話やメール、チャット(テキスト、音声、ビデオ)、SNSといった、いろいろな手段で届いた、顧客からの要求を、オンライン上にチケットを発行して登録し、管理するための、「ヘルプデスク・チケット」を、簡単に作成し、管理できるようにする、ソリューションのことだという。

 また、3rdパーティのアプリだけでなく、Microsoftのローコード・プラットフォームである、「Power Platform」を使用して、独自のアプリを直接、Teams用に構築し、統合して、自動化できるようになっているようだ。

 これは、「Teams」を「協調作業のハブ」として位置付けるという、Microsoftの取り組みの一環であると、CCS Insightsのアナリスト、Angela Ashensen氏は述べている。

 Microsoftは、ユーザが、3rdパーティのアプリやプロセスを、Teamsに統合できるようにして、Teamsを、自分たちの働き方に、組み込めるようにすることに、この1年間、取り組んできた。

 Microsoftによると、Teamsの使用量は、コロナウィスルのパンデミックの間に、大幅に増加し、1日当たりのアクティブ・ユーザ数は、2020年3月中旬の4,400万人、4月下旬の7,500万人から、10月には、1億1,500万人に増加したという。

 Power Platformの使用量も増加し、月間アクティブ・ユーザ数は、1,000万人を超え、2019年後半の3倍になったようだ。

 Slackは、ユーザ数が、1,200万人であると発表していたが、2019年10月以降、ユーザの更新を行っていない。

 Microsoftは、「Teams」で、「チャットとコラボレーション」の分野において、「Slack」と、「ビデオ会議」の分野において、「Zoom」と、ますます競争している。

 2020年の初めの、Microsoftの経営幹部のボーナスの提供方法の変更によると、「Teams」が、社内で重要性を増していることを示していた。

 ちなみに、Slackには、以前から、Asana、Atlassian、G Suite、さらに、Microsoft 365などの、代表的な、3rdパーティのアプリとの連携を備えた、堅牢なアプリストアが、あった。

 ソース:Business Insider

 <コメント>

 ビデオ会議、コミュニケーション&コラボレーション・プラットフォームにも、さまざまなデバイスで、利用できることや、3rdパーティのアプリと、連携して、シームレスに利用できることが、重要なようです。

デル株式会社

2020年11月17日 (火)

Samsung Galaxy Z Fold2 5Gを、3週間レビューした。(1)'20.11.17

【Samsung Galaxy Z Fold2 5Gを、3週間レビューした。(1)】'20.11.17

 2020年10月の初めに、Samsung Galaxy Z Fold2 5Gスマートフォンが、購入できるようになった。2020年10月5日

 By Patrick MoorheadSenior Contributor

 第2世代の、Samsung Galaxy Z Fold2 5Gは、Samsungの第1世代の、Galaxy Foldと比較して、いくつかのデザインが、改善されている。

 Samsungは、いくつかの課題を改善した、スクリーンを折り畳むことのできる、フォルダブルな、斬新なデザインの、第2世代のダブル・スクリーン・デバイスを、スマートフォン市場に投入した。

 筆者は、第2世代のGalaxy  Z Fold2 5Gを試用して、企業ユーザ向けの、生産性デバイスだと感じている。

 筆者は、Galaxy Z Fold2 5Gを、1週間試用して、プライマリ・デバイスとして、使用できそうだと思った。

Dt0a_20201117212601

 Galaxy Z Fold2 5Gの、構築品質と、最初の印象

 このデュアル・スクリーン・デバイス、Galaxy Z Fold2 5Gは、従来のスマートフォンのデザインとは、大きく、異なっており、スクリーンを開閉することができる。

 このフォルダブルな、デュアル・スクリーン・デバイス、Galaxy Z Fold2 5Gは、縦に細長くて、厚く、従来のスマートフォンとは、デザインが、大きく、異なっている。

 Galaxy Z Fold2 5Gは、自撮りカメラを持つ、6.2インチのディスプレイを、装備している。

 筆者が、このGalaxy Z Fold2 5Gを試用してみて、第1世代のGalaxy Foldよりも、使い勝手は良いと感じた。

 筆者は、このGalaxy Z Fold2 5Gを試用して、テキストを入力したり、電話をかけたり、メールを読んだり、ビデオ通話したり、問題なく、できたが、折り畳んだ、小さなディスプレイでは、疲れるので、あまり長く使用しない方がよいと思う。

 筆者は、Galaxy Z Fold2 5Gのメインのタッチ・ディスプレイの、応答性が、極めてよいと感じた。

 筆者は、Galaxy Z Fold2 5Gの、スクリーンを、平に開いて、使用したときに、小さなタブレットを使用しているように感じた。

 3つの背面カメラが、ベゼルに、埋め込まれており、Samsung Galaxy Note20 Ultraの、背面カメラのように、スクリーンの表面から、飛び出ていない。

 筆者は、9.25オンスの重さの、Galaxy Z Fold2 5Gを、重いと感じた。

 ちなみに、Samsung Galaxy Note20 Ultraの重さは、7.3オンスであった。

 筆者が、デュアル・スクリーンを平に開いた、Galaxy Z Fold2 5Gを、両手で持つと、特に、重いと感じなかった。

 筆者が、レビューした、Galaxy Z Fold2 5Gの、カラーは、ブロンズだったが、ブラックのオプションもある。

 ユーザは、Samsungから、直接購入する場合、Galaxy Z Fold2 5Gの、カラーを、ブラック、シルバー、メタル・ブルー、メタル・イエロー、メタル・レッドのどれかに、カスタマイズすることができる。

 Galaxy Z Fold2 5Gには、ボリューム・ボタンと、スクリーン・アンロック・ボタンが、装備されている。

 ユーザは、アンロック・ボタンを押すことで、即座に、ログインできるようになり、指紋認証でも、ログインできるようになる。

 筆者は、第2世代のGalaxy Z Fold2 5Gの方が、第1世代のGalaxy Foldよりも、手早く、ログインできると感じた。

 この第2世代のGalaxy Z Fold2 5Gのスピーカは、ディスプレイの最上部と、最下部に、2つあり、オーディオ品質は、良かった。

Dt0b_20201117212701


 デュアル・スクリーンを、開閉できるようにする、蝶番は、第1世代の蝶番よりも、頑丈にできており、耐久性もあるようだ。

 第1世代の外側のディスプレイは、4.6インチであるのに対し、第2世代の外側のディスプレイは、6.2インチで、60Hzであり、見やすくなっている。

 筆者は、第2世代の外側のディスプレイを使用して、テキスト処理、音声通話、ビデオ通話などを、問題なく、行うことができた。

 メインのディスプレイは、オリジナルのGalaxy Foldから、大幅に、改善されていた。

 メインのAMOLEDディスプレイは、Galaxy Z Foldの7.3インチと比べて、現在、7.6インチと、少し大きくしている。

 このメインのAMOLEDディスプレイは、2208 x 1768の解像度であり、374PPIであった。

 Galaxy S20シリーズのような、他の多くのスマートフォンのように、Galaxy Z Fold2は、120Hzのメイン・ディスプレイを提供する。

 筆者が、このディスプレイを使用した時に、このタッチ・ディスプレイの、応答性は、極めてよいと思った。

 ユーザは、このGalaxy Z Fold2を使用して、YouTubeで、ビデオを見たり、Netflix上で、Blacklistの、最新のシーズンを見たりすることができる。

 筆者は、Galaxy Z Fold2で、スクリーンを、広げて、ビデオを見ると、スマートフォンではなく、タブレットで、ビデオを見ているような感じになり、あまり疲れを感じなかった。

 平に広げた、メインのディスプレイは、スマートフォンよりも、没入的な、エンタータインメント経験を、ユーザに、与えてくれるだろう。

 フォルダブルなデザインのおかげで、筆者は、スマートフォンよりも、大幅に大きな、ディスプレイを利用することができ、折り畳むと、ポケットに入れて、持ち歩くこともできる。

 広げると、大きなディスプレイになる、Galaxy Z Fold2で、ユーザは、Outlook、PowerPoint、Word、あるいは、Edgeのような、生産性アプリを使用することもできる。

 ユーザは、Bluetoothのキーボードを使用して、Excelで、表処理を、より容易に行うことができるようになる。

   (続く)

デル株式会社

自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(9)'20.11.17

【自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(9)】'20.11.17

 自動運転車の分野は、現在、不安な状態になっている。2020年10月15日

 BY SAM FRANCIS、Automation News

 車が自分で運転するという考えは、レールの上を走行する、乗り物は、別として、一般のユーザは、高速道路を含む、公道で、完全自動運転車に、安心して乗ることは、できないと思う。

 ただし、自動運転シャトルは、人が運転する、ミニバスの数分の1のコストで、乗客や荷物などを、離れた場所に、運ぶことができる。

 Automation Newsは、自動運転シャトルのメーカのリストを公開し、最も活発で最も成功している、自動運転技術開発者を紹介している。

 また、Automation Newsは、自動運転シャトルの分野に集中し、その分野に参入した、スタートアップを際立たせた。

    (続き)

24. Sensible4

Aa4u


 フィンランドを拠点とする企業、「Sensible4」は、世界的な自動車メーカである、トヨタと提携しており、気温が定期的に、摂氏温度が、マイナス40度まで下がる、厳しいフィンランドの冬でも、稼働し続けることができるようにするための、強靭さや、特別なセンサーを開発した。

 Sensible4の、自動運転シャトルは、「Gacha」と呼ばれ、人間の運転手から、監督されながら、運用してきた。

 Sensible4によると、フィンランドにおける、雪、風、大雨などの厳しい気象条件での、自動運転シャトルの走行テストは、無事に完了したという。

 このリストの他の自動運転シャトルと同様に、自動運転シャトル、「Gacha」は、フリート管理ネットワークと、乗客が乗車を予約して車両の位置を監視できるアプリに、接続されている。

 「フィンランドの自動運転シャトル、Gachaの紹介」ビデオ

25. Cleveron

Aa4v


 Estoniaに本社を置く、「Cleveron」は、旧ソビエト連邦にある会社で、荷物や部品などを運ぶ、運搬車をはじめ、自動運転車や自動運転シャトルといった、さまざまな技術を生み出してきた。

 「ロボット宅配便」と呼ばれる、「Cleveron」の自動運転シャトルには、車内から伸びて、荷物や商品などを受け取るための、「ロボット・アーム」が、備えられている。

 Cleveronは、人やモノを運ぶ、自動運転シャトルを開発する、具体的な計画を、持っていないように見えるが、特にこの地域での競争がないことを考えると、将来のある時点で、開発するようになると思われる。

デル株式会社

自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(8)'20.11.17

【自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(8)】'20.11.17

 自動運転車の分野は、現在、不安な状態になっている。2020年10月15日

 BY SAM FRANCIS、Automation News

 車が自分で運転するという考えは、レールの上を走行する、乗り物は、別として、一般のユーザは、高速道路を含む、公道で、完全自動運転車に、安心して乗ることは、できないと思う。

 ただし、自動運転シャトルは、人が運転する、ミニバスの数分の1のコストで、乗客や荷物などを、離れた場所に、運ぶことができる。

 Automation Newsは、自動運転シャトルのメーカのリストを公開し、最も活発で最も成功している、自動運転技術開発者を紹介している。

 また、Automation Newsは、自動運転シャトルの分野に集中し、その分野に参入した、スタートアップを際立たせた。

    (続き)

21. Optimus Ride

Aa4r


 このMITのスタートアップ、「Optimus Ride」は、主に、その変わった形状と伝統的な外観のドアのために、都市の景観や、その周辺の他の車両に馴染むと共に、モダンで、かつ、伝統的なデザインに見える、自動運転シャトルを設計した。

 Optimus Rideは、BostonのSeaportエリア、マサチューセッツ州South Weymouthの多目的開発、および300エーカーの工業団地である、Brooklyn Navy Yardに、自律輸送システムを、既に展開している。

 さらに、Optimus Rideが、システムを実装できる、100ヶ所以上の場所を所有する、Brookfield Propertiesとの、パートナーシップを通して、同社は、2020年末までに、10以上の編隊を運用することを目指している。

22. National Electric Vehicles Sweden(NEVS)

Aa4s


 「National Electric Vehicles Sweden(NEVS)」は、基本的に、以前は、有名なスウェーデンの自動車メーカ、「Saab」にいたメンバーが中心になっており、おそらく、このリストの中で、最も未来的な外観の、自動運転シャトルを設計している。

 スタートアップ、「NEVS」の、「InMotion」と呼ばれる、自律型のコンセプト・カーは、レジャーや通勤のための、人の運搬から、商品や荷物の輸送まで、さまざまな適応分野向けに構成できる、柔軟性がある。

 「NEVS InMotionのコンセプト・カー」の紹介ビデオ

23. Ohmio

Aa4t


 このニュージーランドの会社、「Ohmio」は、自動運転シャトルの、3つの異なる版を構築しており、このリストの他のすべての会社と同様に、すべての版が電動式である。

 メインは、6人乗りのピープルキャリアとして、内装が施され、さらに別の版には、2台の車両を連結して、最大40人の輸送を可能にする、自動運転シャトルもある。

 Ohmioによると、同社のガイダンス・システムの重要な特徴の1つは、走行ルートの決定や変更が容易で、自動運転シャトルの、より柔軟な展開を可能にすることだという。

   (続く)

デル株式会社

2020年11月16日 (月)

消費者は、メールから、何を望んでいるのだろう? '20.11.16

【消費者は、メールから、何を望んでいるのだろう?】'20.11.16

 ブランドが、消費者に、メールを送る場合、どのようなことに、気を付けたら良いのだろう?2020年10月12日

 by eMarketer Editors

 ブランドのマーケッターは、メールを受け取る、顧客が、欲しい情報を持つ、メッセージを考慮して、メールを送ることを考えるべきである。

 顧客指向のメールは、顧客の信頼を得て、顧客の満足度を向上させるために、最も適切である。

 2020年8月に、メール製品のプラットフォームのプロバイダ、DyspatchとSurveyMonkeyからの調査によると、米国の消費者は、マーケティングから送られてきたメールを参考にして、何かを購入する時に、適切な、新しい商品に関する情報を参考にすることが分かった。

マーケティングからのメールで、説明された製品を購入する、米国の大人が、回答した結果を紹介する。

メール製品のプラットフォームのプロバイダ、Dyspatch and SurveyMonkeyは、企業のマーケッターが、顧客に、マーケティングのメールを送ったときの、米国の大人の、回答した結果を分析した。

 米国の企業のマーケッターが、推奨した製品のタイプは、何かを尋ねた時に、

・米国の大人の59.4%が、自分の購入履歴に基づいた、情報を期待していると回答した。

・米国の大人の22.7%が、新たに出荷された製品に関する情報を期待していると回答した。

グラフ1)マーケティング・メールで紹介されている、製品を購入する、米国の大人は、どのような情報を期待しているか?

 2020年6月における、「マーケティング・メールに期待している情報は何か?」に関する質問に対する、マーケティング・メールで紹介されている、製品を購入する、米国の大人の回答の割合(%)

・購入履歴に基づいて、示唆した情報を要求している。59.4%

・新たに出荷された製品に関する情報を要求している。22.7%

・ランダムに選択された、製品に関して、まとめた情報を要求している。17.9%

Em1a_20201116213501


 ソース:Dyspatch、2020年8月7日

 消費者にとって、最も重要なのは、自分に関連した製品などの情報、個人的な利益(例えば、割引やクーポンなど)、および、何らかの行動を取る機会である傾向がある。

 マーケティング・メールを送る、企業のマーケッタが、すべて正しく行ったとしても、消費者は、しばしば、行動を起こすことを控える、傾向がある。

 2020年9月の、市場調査会社、Fluentの調査によると、米国の消費者の45%が、過去6ヶ月間に、プロモーショナルなメールを受け取ることはないと回答した。

グラフ2)プロモーショナルなメールを受け取った後に、米国の消費者が、取る行動は何か?

 2020年9月における、「プロモーショナルなメールを受け取った後に、米国の消費者が、取る行動は何か?」の質問に対する回答の割合(%)

取った行動と割合(%)

メールを送った、店舗や企業のWebサイトを訪問した。:20%

メールを送った、店舗の商品やサービス、企業の製品やサービスを購入した。:12%

メールを送った、店舗や企業を訪問した。:12%

プロモーションを共有した。:10%

何もしていない。:45%

Em1b_20201116213601

 ソース:Fluent,2020年9月16日

 米国の消費者が、マーケティングのメールを受け取ったときの行動に関する、Fluentの調査によると、

・米国の消費者の42%は、マーケティング用のメールは、時には有用、あるいは、常に有用である、と考えていると回答した。

・米国の消費者の33%は、これらのメールが、決して有用ではなかったと回答した。

・米国の消費者の64%は、メールの主題に、プロモーションと書かれている時に、そのメールを開くと回答した。

・米国の消費者の33%は、製品のレビューに関する、メールを受け取りたいと回答した。

 これは、消費者が、明確に定義された目的を持つ、メールを探している、事実により、信じられていると、Jeremy Goldman氏は述べた。

 詳細は、eMarketerのアナリストの、Insider Intelligenceでの、最新のレポート、「Email Marketing 2020」を参照のこと。

 ブランドは、メールで、コミュニケートすることについて、賢明でなければならない。

 米国の消費者の19%だけが、新しい製品に関する、情報を取得するために、「企業のマーケッタからの歓迎メール」を使用していると回答した。

 SparkPost and SurveyMonkeyによると、米国の消費者の60%が、新しい製品に関する、情報を取得するために、「Google検索」を使用しているという。

 ただし、Google検索で、見つけてもらう確率は、極めて低いので、マーケッタにとって、メールは、依然として重要である。

 米国の消費者は、ブランドから送られる、主要な製品の変更に関する通知に、期待している。

 米国の消費者の36%は、メールが、製品の変更について、知るための主要な方法であると述べている。

 これに対し、米国の消費者の約50%が、メールには、有用な情報や、興味のある情報が含まれていないので、メールの購読を解約したと回答した。

 ブランドは、マーケティング・メールで送る、自分たちのコンテンツに、注意しなければならない。

 ユーザは、マーケティング・メールに対し、質問や要望などに関するメールを返信したり、マーケッターに、質問や要望などに関する、メールを送信したり、できるようにする、対話的なメールを望んでいる。

 メールで、やりとりする、メッセージの長さは、通常、チャットで、やりとりする、メッセージの長さよりも、長いので、応答に時間がかかるが、メールの方が、マーケッターとの間で、詳細な情報をやり取りできるという、利点がある。

 これに対し、チャットには、すぐに、応答があるという、利点があるので、ユーザは、メールとチャットを、うまく使い分ける、必要がある。

 また、チャットには、テキスト・チャットの他に、音声チャットや、ビデオ・チャットがあるので、ユーザは、さまざまな方法で、マーケッターと対話できるようになってきた。

 さらに、AIマーケッター(チャットボット)が、ユーザと会話して、必要に応じて、適切な担当者に、エスカレーションするようにも、なってくるのだろう。

デル株式会社

自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(8)'20.11.16

【自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(8)】'20.11.16

 自動運転車の分野は、現在、不安な状態になっている。2020年10月15日

 BY SAM FRANCIS、Automation News

 車が自分で運転するという考えは、レールの上を走行する、乗り物は、別として、一般のユーザは、高速道路を含む、公道で、完全自動運転車に、安心して乗ることは、できないと思う。

 ただし、自動運転シャトルは、人が運転する、ミニバスの数分の1のコストで、乗客や荷物などを、離れた場所に、運ぶことができる。

 Automation Newsは、自動運転シャトルのメーカのリストを公開し、最も活発で最も成功している、自動運転技術開発者を紹介している。

 また、Automation Newsは、自動運転シャトルの分野に集中し、その分野に参入した、スタートアップを際立たせた。

    (続き)

18. Milla Pod

Aa5a


 NavyaやEasyMileのような、フランスの会社で、おそらくあまり知られていない、「Milla Pod」は、4人を非常に快適に運ぶ、おしゃれな外観の、小さな自動運転シャトルを開発している。

 主に、シャトル・メーカである、Milla Podは、自動車業界、特に、自動運転車分野で、数十年の経験を持つ、2人によって設立された、独立した会社のようだ。

 商業化は、おそらく競合他社と比較して、少し遅れているが、自動運転車の分野は、ごく初期の段階であり、さまざまな企業が、自動運転車市場に参入し、独自のニッチを切り開こうとしている。

 Milla Podは、「オフロードを、自律モードで走行できる、自動運転車を開発する、最初の、シャトル・メーカである」と、述べており、自動運転での、オフロードの走行に興味を持っているようだ。

19. May Mobility

Aa5b


 このMichigan大学のスタートアップ、「May Mobility」は、トヨタやBMWなどから、合計で、数千万ドルの資金を集めており、特に、自動運転シャトルの分野における、競争に参加する。

 May Mobilityは、現在、特に、米国の都市部において、「ファースト・マイル」と「ラスト・マイル」の輸送手段に焦点を当てている。

 これらのサービス・ルートは、高密度のエリアにあり、ライダーと都市の両方が、交通渋滞、待ち時間、アクセシビリティ、可用性の問題を解決するのに役立つ。

 May Mobilityの現在の電気自動運転シャトルは、ミシガン州のDetroitとGrand Rapids、および、ロードアイランド州のProvidenceの、公共と民間の顧客と連携する、エンタープライズ・サービスで、既に、17万台以上、販売されている。

20. Next Future Mobility

Aa5c


 「Next Future Mobility」は、最も型破りな外観の車両であるだけでなく、最も技術的に挑戦的な、自動運転シャトル・システムを設計し、開発している。

 Next Future Mobilityの自動運転シャトルは、メイン・モジュールに、オプション・モジュールを追加したり、メイン・モジュールから、オプション・モジュールを取り外したりできる、箱型の自動運転シャトルで、列車のように、連結することもできる。

 明らかに、Next Future Mobilityの自動運転シャトルは、必要に応じて、スケールアップ、または、スケールダウンできる、モジュラー・システムであるが、現在のところ、設計は、まだ、デジタル製図板上にあり、プロトタイプの段階にいる。

 Next Future Mobilityは、予約注文を受け付けており、人を運ぶように設計されているが、商品などを輸送するようにも変更できる、実用的なプロトタイプを発表している。

 カリフォルニア州のSan Joseに本社を置き、アラブ首長国連邦の投資家に支えられている、Next Future Mobilityは、顧客のほとんどが、空港、テーマパーク、観光地、あるいは、ホテルなどの、シャトルバスとして、利用することを想定している。

     (続く)

デル株式会社

2020年11月15日 (日)

Gartnerによると、2021年に、世界のデータセンターの基盤への支出が、6%増加するという。'20.11.15

【Gartnerによると、2021年に、世界のデータセンターの基盤への支出が、6%増加するという。】'20.11.15

 2020年に、データセンターの基盤への支出が、10%減少しているにも関わらず、データセンターの基盤への支出は、次の4年間に、リバウンドする見込みである。2020年10月7日

 By Gartner

 Gartnerの最新の予測によると、世界のデータセンターの基盤への、エンドユーザの支出は、2020年から、6%増加し、2021年に、2000億ドルに達することが予測されている。

 2020年における、データセンターへの支出が、パンデミック中のキャッシュ・フローの制限のために、前年から、10.3%減少したにも関わらず、データセンターの基盤への支出は、2024年まで、増加することが期待されている。

 COVID-19からの、ロックダウンで、会社のオフィスで、仕事をすることが減り、データセンターの利用が減少するので、2020年に、企業は、新しいデータセンターの基盤への投資を、これまで計画していた、データセンターの基盤への投資の60%以上、減らす見込みである。

 このため、エンドユーザの、世界のデータセンターの基盤への支出は、2020年に、前年から、10.3%減少することが予測される。(表1を参照)

 エンドユーザの、世界のデータセンターの基盤への支出は、2021年に、前年から、6.2%と、一桁増加することが、予測されている。

表1)2019年から2021年における、世界のデータセンターの基盤への支出

               2019年   2020年   2021年

エンドユーザの支出  2100億ドル 1880億ドル  2000億ドル

成長率(%)                0.7%    -10.3%    6.2%

 ソース:Gartner、2020年10月

 Mishra氏によると、2020年に、減少した、世界のデータセンターの基盤に対する、需要の多くは、来年、スタッフが、企業のオフィスに、実際に、戻ることが、できるようになったときに、需要が戻ることが期待されているという。

 すべての、データセンターの基盤の分野は、コスト抑制の対象になり、企業のIT部門の管理者は、データセンターの基盤への支出を減らすために、現在、使用している、データセンターの基盤の設備(サーバ、ストレージ、ネットワークなど)の、ライフ・サイクルを長くすることに取り組むことが、期待されている。

 データセンターの基盤への支出が回復する、3つの行動

 コロナウィルスのパンデミックにより、停滞した経済の成長が、緩やかに、改善され、データセンターの基盤を担当している、管理者は、既存の顧客や、新規の顧客の選択された、セットに、優先順位を付けるよう、努める必要があるだろう。

 特別な、Gartnerの推奨

 企業は、営業スタッフを、トレーニングして、最高財務責任者(CFO)や最高調達責任者(CPO)と連携して、ITの契約を再交渉し、クラウドのコストを最適化し、ITを統合する必要があるだろう。

 技術のプロバイダが、COVID-19の、異なった業界への影響を理解するのを助ける、業界プレイブックを作成し、各業界による、プロバイダ向けの、中長期的な、アクション・アイテムを推奨する。

 革新を促すために、デジタル・ネーティブ(学生時代から、インターネットやパソコンのある生活環境の中で育ってきた世代)向けの、新たな市場モデルに投資する。

 デジタル・ネーティブの、マインドシェア(どの程度、好ましい地位を得ているかを、比率の形で示したもの)を向上させるために、ハイブリッドIT(クラウドとオンプレミスのハイブリッドな利用環境に向けた、新たなITサービス群)と、消費ベースの価格設定モデル(顧客が、使用したリソースに応じて、料金を支払う、サービス提供方式)を中心に、ビジネスを展開する。

 Gartnerのクライアントは、「General Manager Insight: Data Center Infrastructure Spending Downturn and 3 Actions for Recovery」レポートで、詳細を読むことができる。

デル株式会社

Lenovo Smart Displayとは何か?(2) '20.11.15

【Lenovo Smart Displayとは何か?(2)】'20.11.15

 Lenovo Smart Displayは、デジタル・アシスタントと、音声コマンドで、会話できる、スマート・スピーカの特徴と、タッチスクリーンを持たせ、タッチ操作と、結果の視覚的な表示を可能にする特徴の、両方の特徴を、備えている。

Gartner3a
 By Lenovo

 2018年に、出荷が、開始された、Lenovo Smart Displayは、Google Assistantデジタル・アシスタントを組み込んだ、最初のスマート・ディスプレイである。

 Lenovo Smart Displayは、GoogleのAndroidオペレーティング・システムを搭載し、Alexaデジタル・アシスタントを組み込んだ、Amazon Echo Show、スマート・ディスプレイと競合する、スマート・ディスプレイである。

 Lenovoは、スマート・スピーカに、ディスプレイを持たせ、どのような部屋にも、置けるようなデザインにし、Androidを搭載し、Google Assistantデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・ディスプレイを最初に作成した、メーカである。

 家庭の、どの部屋にも、合うようデザインされた、Lenovo Smart Displayで、Googleは、AmazonのEcho Showスマート・ディスプレイに対抗し、この市場に参入した。

   (続き)

 Lenovo Smart Displayの違いは何だろう?

 Lenovo Smart Displayは、Google Assistantデジタル・アシスタントを、スマート・ディスプレイ市場に、もたらしただけでなく、その独特の寸法や、外装のデザインも、注目された。

 Lenovo Smart Displayは、以前の、より「箱型」のスマート・ディスプレイにはなかった洗練された、デザインになっており、ファミリールーム、キッチン、さらには、オフィスにも収まるように、設計されていた。

Len2a_20201116141501


 Lenovo Smart Displayの仕様:

・ディスプレイ:8インチHD、または、10インチ・フルHDのタッチスクリーン

・外装:ほとんどの家庭やオフィスの装飾に適した、竹、または、ソフトグレーの布地

・適応性:10インチのモデルは、デュアル・スタンディング・ポジション(横向きにも、縦向きにも置ける)なので、どこにでもフィットする。

・プライバシー:カメラをブロックするプライバシー・シャッターと、マイクをミュートするトグル設定(10インチのモデル)

・サウンド:2つのツイーターとマルチルームのオーディオ・サポートを備えた、フルレンジのスピーカ

 より視覚的で、魅力的なデザインへの、このシフトは、新世代の、音声対応機能と、デジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・デバイスと自動化ツールを、日常の家庭やオフィスに統合するための、大きな一歩として、説明されている。

デル株式会社

自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(7) '20.11.15

【自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(7)】'20.11.15

 自動運転車の分野は、現在、不安な状態になっている。2020年10月15日

 BY SAM FRANCIS、Automation News

 車が自分で運転するという考えは、レールの上を走行する、乗り物は、別として、一般のユーザは、高速道路を含む、公道で、完全自動運転車に、安心して乗ることは、できないと思う。

 ただし、自動運転シャトルは、人が運転する、ミニバスの数分の1のコストで、乗客や荷物などを、離れた場所に、運ぶことができる。

 Automation Newsは、自動運転シャトルのメーカのリストを公開し、最も活発で最も成功している、自動運転技術開発者を紹介している。

 また、Automation Newsは、自動運転シャトルの分野に集中し、その分野に参入した、スタートアップを際立たせた。

    (続き)

14. Polaris

Aa4n


 この米国の会社、「Polaris」は、以下に述べる、MITの車両に少し似ている、小型の自動運転車で、選択した市場に、静かに、大きな進歩をもたらした。

 このリストの、他の自動運転車の、ほとんどよりも小さい、「Polaris Gem」は、4人の乗客を輸送でき、貨物を運べるように、適合させることもできる。

 厳密に言えば、「Polaris Gem」は、現在、自動運転車ではなく、ただの電気自動車である。

 「Polaris」は、しかし、自動運転車として、構築するために、「Perrone Robotics」によって選択された。

 つまり、「Perrone」は、「Polaris」の電気自動車に、車載システムや、ソフトウェアを、組み込んで、統合することで、自動運転車にするようだ。

 また、「Polaris」は、実際には、より多くの乗客や商品を運ぶために、車両のサイズを、大きくするようだ。

 「Polaris」は、自動運転配達サービスや、小型の自動運転シャトルを、構築することに、焦点を合わせている。

15. Neolix

Aa4o


 中国のスタートアップ、Neolixは、自動運転車の規則や規制が、他の先進国よりも自由である、中国内で、成功している。

 Neolixの小型自動運転シャトルは、商品を運ぶ車として、作成されていたが、現在も、主に使用されている。

 ただし、最近では、Neolixは、工業生産市場を狙っており、同社の小型自動運転シャトルは、工場の施設内で、工具や部品、出来上がった製品、および、他のアイテムを運ぶために、使用されている。

16. SoftBank

Aa4p


 SoftBankは、多くのレベルで、興味深い会社である。

 社名に、「銀行」という言葉が含まれているが、実際には、銀行ではない。

 創業時に、パソコンのソフトウェアの卸売業を、主な事業にしていたので、「ソフトウェアの銀行」といった意味なのだろうか?

 現在、SoftBankは、移動通信サービスで、大部分の収益を上げており、何らかの理由でロボット工学に、強い関心を持っている。

 最近、SoftBankは、自動運転車市場に参入し、実際には「Navya」製の車両が改造され、ブランド名が変更された、「SB Drive」の自動運転シャトルを発表した。

 SoftBankは、過去数年間、買収の道を歩んでいる。

 最近、「SoftBank」は、ロボットを開発している、「Nao Robotics」や、プロセッサ・チップのデザインなどの、知的所有権(IP)をライセンスしている、「ARM」を買収したので、自動運転車を開発している、「Navya」も買収する可能性がある。

17.Auro Robotics

Aa4q


 主に、自動運転車プラットフォームを開発した、ソフトウェア会社である、「Auro Robotics」は、配車サービス・アプリのスタートアップである、「Ridecell」に買収された。

 現在、「Auro Robotics」と「Ridecell」は、共同で、「自動運転シャトル」を含む、多くの自動運転車技術の、実証実験を実施している。

 「Auro Robotics」は、多くの自動車メーカと提携し、主に、人を移動させることを目的とした、さまざまなデザインの、「キャンパス」、「テーマパーク」、「観光地」、「リゾート地」、「ビジネス・パーク」などの内で、人々を運んで、次の目的地まで、移動できるようにする、「自動運転シャトル」を開発してきた。

 「Auro」対応の自動運転シャトルは、カリフォルニア州の「Santa Clara」大学のキャンパスで、日常的に運用された、最初の自動運転シャトルの1つであった。

     (続く)

デル株式会社

2020年11月14日 (土)

自動運転車は、どのように機能しているか?(5)'20.11.14

【自動運転車は、どのように機能しているか?(5)】'20.11.14

 自動運転車は、最近、話題になっているが、それは、産業革命以来最大の社会革命をもたらす可能性があるからだろう。

Atb1a_20201114204401

 By Landmark Dividend

 Appleの自動運転車の噂から、LyftやUberなどの企業による、実際の自動運転車のアプリまで、自動運転車は、数年で自動車業界の定番になる準備ができている。

    (続き)

4)自動運転車の適用

 自動運転車は、海運業、公共交通、緊急輸送のような、世界中の、さまざまな業界に、良くも悪くも、影響を与えるようになるだろう。

5)配送や配達

 配送業界は、自動運転車から、多くの利益を得ている。

 特に、さまざまな企業が、製品を、ある場所から、他の場所に、移動させるために、人間の労働者に、以前として、頼っている。

 例えば、配送業者は、標準的な配送トレーラを使用して、米国における、州から州に、移動させている。

 自動運転配送トレーラは、人間のドライバーのように、空腹になり、食事をしたり、疲れたり、眠くなったり、トイレに行ったりする、必要がないので、配送時間を短縮することができる。

 また、自動運転車は、最適に走行できるので、消費エネルギーを節約することができ、渋滞を緩和させることもできるようになる。

6)公共輸送

 自動運転車は、通勤者に、シャトルバスや、配送サービスを、利用できるようにし、現在の場所から、次の目的地まで、運ぶことができるようになり、より多くの選択肢を提供できるようになる。

 例えば、通勤者は、自動運転車を使用した、配送サービスを使用して、オフィスや、次の目的地に行くこともできる。

 また、通勤者は、比較的、遠くに行く時や、休日だけ使用する、自分の自動運転車を、配送サービス業者に、貸し出すこともできるようになる。

 これにより、自動運転車を所有している、通勤者は、自分の車を、ガレージに入れたままにすることなく、配車サービス会社に、貸し出して、使用してもらうことで、新たな収益を得られるようになる。

7)救急車などの緊急車両

Atb1e


 最終的に、米国では、自動運転車を、救急車などの、緊急車両に使うことができるようになるので、以前よりも、速く、緊急医療を受けることができるようになる。

 自動運転車を使用することで、今よりも、公道の渋滞を減らすことが、できるようになり、緊急車両は、より速く、目的地に到着できるようになる。

 将来、緊急車両に、個々の緊急医療が必要な人に、適切な処置を施す能力を提供するために必要な、さまざまな技術が搭載されていることをイメージしてみよう。

 例えば、自動運転の救急車は、適切な、最寄の緊急医療施設を決定し、その施設に、最も速く行けるルートを使用して、緊急医療を受ける人を、送り届けることができるようになり、人間のスタッフは、医療機関の医師などと連絡を取りながら、緊急医療を受ける人の処置に、専念できるようになる。

8)障害物を検知して、回避する。

 自動運転車が、利益をもたらすことは、事実であるが、この記事で、前述したように、自動運転車は、まだ、試用中の段階である。

 自動運転車で、現在のADAS技術が、高速道路でも、確実に作用するようになるには、まだ、長い時間がかかるだろう。

 例えば、ADASを装備した、多くの車は、車の前方にあるものを、識別し、調節することができるが、現在のシステムは、まだ、高速走行中に、確実に、前方の障害物を検知し、調節するのが、まだ、困難である。

 さらに、交通事故が発生し、ハイウェイが、衝突した車の部品がちらばって、危険な場合、自動運転車の前方に設置されている、センサーで、道路に飛散した、金属、合成樹脂、ガラスなどの破片を、適切に、検出できないこともあり、タイヤがパンクして、車の制御を、失う可能性もある。

10)5Gネットワークの展開に関連した問題もある。

 5Gネットワークは、結局、需要の多い、先進国の都市に展開され、利用できるようになるが、直ぐには、世界の、あらゆる場所で、利用できるようにはならない。

 一貫性のある、スループットで利用できるように、5Gネットワークを構築するには、小さなセルを、高密度に、さまざまな場所に設置する必要があるようだ。

 これは、5Gネットワークのサービス・プロバイダが、現在の4Gネットワーク用のアンテナを設置した、ビルの持ち主を訪問して、5G用のアンテナを設置することの承諾を得るか、新しく設置するビルの持ち主に、5G用のアンテナを設置することの承諾を得る必要があることを意味する。

 5Gネットワーク用のアンテナを設置する場所は、4Gネットワーク用のアンテナを設置した場所よりも、多くなるので、設置場所を借りるための料金や、維持管理費が、より高くなる。

デル株式会社

自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(6)'20.11.14

【自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(6)】'20.11.14

 自動運転車の分野は、現在、不安な状態になっている。2020年10月15日

 BY SAM FRANCIS、Automation News

 車が自分で運転するという考えは、レールの上を走行する、乗り物は、別として、一般のユーザは、高速道路を含む、公道で、完全自動運転車に、安心して乗ることは、できないと思う。

 ただし、自動運転シャトルは、人が運転する、ミニバスの数分の1のコストで、乗客や荷物などを、離れた場所に、運ぶことができる。

 Automation Newsは、自動運転シャトルのメーカのリストを公開し、最も活発で最も成功している、自動運転技術開発者を紹介している。

 また、Automation Newsは、自動運転シャトルの分野に集中し、その分野に参入した、スタートアップを際立たせた。

     (続き)

12. Transdev

Aa4l


 「Transdev」は、ヨーロッパの大手運送業者であり、従業員数は、8万人を超え、年間収益は約70億ドルである。

 Transdevは、自動運転シャトル・メーカの「e.GO Mobile」および「EasyMile」と提携して、自動運転シャトルを開発し、利用している。

 運送業者である、Transdevは、必然的に、自動運転シャトルの供給を、専門の車両メーカに求めているが、同社は、自律移動ネットワークに必要な技術の開発に、多額の投資を行っており、独自の自動運転電気ミニバスの構築に、容易に取り掛かることができた。

 さらに、ロッテルダムの「Rivium」ビジネス地区に、自動運転シャトルの編隊を展開する、最初の国際協定に署名し、比較的長い間、このビジネスに関与した。

 Transdevの自動運転シャトルには、燃料として、バイオメタンを使用している、車もある。

 「Transdevの、バイオメタンを燃料にしたバスの紹介」ビデオ

13. e.Go

Aa4m


 ドイツのスタートアップの「e.Go」は、自動車部品大手の「ZF」および「Bosch」とのパートナーシップを築いてきた。

 e.Goは、自動運転シャトルだけでなく、自動運転貨物輸送車も製造している。

 どちらの車両も、電気式で、主な設計上の違いは、「e.Go」の自動運転貨物輸送車には、あまり窓がないことであり、人間が運転する必要がある場合に備え、窓は、前面にしかない。

 「e.Go」は、この車両を、「プラットフォーム」と表現しており、さまざまなサイズにスケールアップ、あるいは、スケールダウンできる、モジュール化されたシステムであると、説明している。

 このため、「e.Go」の、「自動運転貨物輸送車プラットフォーム」は、商品や荷物などの配達車や、移動店舗、ゴルフ・カートなど、さまざまな目的や用途に利用できるようになる。

 これとは別に、「e.Go」は、「e.Go Life」という、4台の小型の自動運転車が、現在、ドイツ西部の都市、Aachenの警察によって使用されていることを明らかにした。

 「e.GOの移動電気バスの紹介」ビデオ

    (続く)

デル株式会社

 

2020年11月13日 (金)

自動運転車は、どのように機能しているか?(4)'20.11.13

【自動運転車は、どのように機能しているか?(4)】'20.11.13

 自動運転車は、最近、話題になっているが、それは、産業革命以来最大の社会革命をもたらす可能性があるからだろう。

Atb1a_20201113205701

 By Landmark Dividend

 Appleの自動運転車の噂から、LyftやUberなどの企業による、実際の自動運転車のアプリまで、自動運転車は、数年で自動車業界の定番になる準備ができている。

   (続き)

9.自動運転車で移動する、ユーザは、移動中に、どのようにしているか?

 我々の殆どは、外出するときにも、スマートフォンなどを携帯し、インターネットに接続して、移動中にも、外出先でも、使用している。

 インターネットに接続して、利用できる、デバイスには、スマートフォンだけでなく、
スマートウォッチ、タブレット、電子ブックリーダなどがある。

 ユーザは、どこでも、インターネットに接続して、これらのデバイスを利用することができるようになる。

 スマートフォンのような、デバイスの多くは、GPSを使用して、ユーザの位置を、正確に決定することができる。

 高速な5Gネットワークを通して、この情報は、近くを走行している、自動運転車に、即座に、伝達されるようになる。

 また、この情報には、自分の位置だけでなく、カメラや、さまざまなセンサーで、収集した、歩行者や障害物などの情報も含まれている。

 このインターネット接続のレベルで、自動運転車は、衝突を避けるために、ブレーキやハンドルなどの衝突防止策により、歩行者などの位置に、動的に、反応できるようになり、これにより、通りを歩く、歩行者を、より安全できるようになる。

10.自動運転車の利点

 自動運転車には、渋滞の緩和、衝突の減少、死傷者の減少といった、いくつかの利点がある。

 また、自動運転車には、次のような利点もある。

1)道路の基盤への支出の減少

 Los Angelesのような、米国の、いくつかの場所では、自動車を所有することが、必要になる。

 しかし、人口が増えて、道路を走行する、車の台数が、多くなると、高速道路を含む、道路の基盤を整備(例えば、道路を増やしたり、広げたり)する必要があるので、基盤への支出が増える。

 これまで、一般的に、このような基盤への支出を増やして、フリーウェイ、ハイウェイ、一般道の、容量を拡張することで、さらに増加する、車に対応してきた。

 しかし、このプロセスは、循環的で、人口が増えると、数年間で、また、道路の基盤の整備が必要になり、基盤への支出が、再度、増加する。

 しかし、自動運転車は、自分自身を管理することができるようになり、車の流れを、最適化できるようになるので、自動運転車を増やすことで、渋滞を緩和させることができるようになる。

 このため、地方自治体は、道路の基盤の整備への支出を減らすことができるようになる。

2)道路を走行する、車のエネルギーの保全

 燃料の消費や、燃料の価格は、毎年、変化しており、多くの米国人の、関心事である。

 さらに、通勤者のドライバーの運転方法は、自分の車の、燃費に、劇的な影響を与える可能性がある。

 例えば、同じ車を運転していても、ハイウェイを走行するときに、より燃費のよい、走り方をする、ドライバーもいれば、より燃費効率の悪い、ドライバーもおり、人により、さまざまである。

 この燃費の違いは、渋滞の状況だけでなく、ドライバーの運転スキルにも、依存している。

 しかし、自動運転車なら、自分の走行を、常に、追跡し、制御しているので、周囲の状況に応じて、燃費が良くなるように、走行することができる。

 このため、自動運転車を増やせば、全体的な燃費を改善できるようになり、結果として、長期的に、燃料への支出を減らすことができるようになる。

 さらに、自動運転車の多くは、ハイブリッド車や電気自動車なので、燃料への支出を減らすことができるだろう。

3)生産性の向上

 道路の渋滞で、通勤時間がかかることを好まない、通勤者も、自動運転車を利用することで、通勤中の時間を、仕事の準備や、情報の収集などに、有効に活用することができるようになる。

 例えば、通勤者は、自動運転車で、本を読んだり、眠ったり、メールやニュースや予定などを確認したり、できるようになる。

 さらに、渋滞で、オフィスに着くまで、時間がかかると、運転で、疲れて、仕事に影響するだろう。

 このため、自動運転車を使用すれば、渋滞を減らすことも、通勤時間を有効に使用することもできるようになる。

     (続く)

デル株式会社

自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(5)'20.11.13

【自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(5)】'20.11.13

 自動運転車の分野は、現在、不安な状態になっている。2020年10月15日

 BY SAM FRANCIS、Automation News

 車が自分で運転するという考えは、レールの上を走行する、乗り物は、別として、一般のユーザは、高速道路を含む、公道で、完全自動運転車に、安心して乗ることは、できないと思う。

 ただし、自動運転シャトルは、人が運転する、ミニバスの数分の1のコストで、乗客や荷物などを、離れた場所に、運ぶことができる。

 Automation Newsは、自動運転シャトルのメーカのリストを公開し、最も活発で最も成功している、自動運転技術開発者を紹介している。

 また、Automation Newsは、自動運転シャトルの分野に集中し、その分野に参入した、スタートアップを際立たせた。

    (続き)

8.Yutong

Aa4h


 Yutongという、会社について、あまりよく分かりませんが、バスなどの商用車を製造している、中国のメーカであることが、判明した。

 自動運転シャトルは、金銭的な意味で、当初、あまりビジネスにならないが、Yutongは、この市場は、これからであると、信じている。

 Yutongは、最近、中国の公道で、「世界初の自動運転シャトルの試運転」を完了し、その過程で、独自のコンピューティング、および、センシング・システムを開発した。

 Yutongによれば、一般的な自動運転シャトルの、約2~3倍の大きさの無人バスは、今後、「基本的な移動制御」、「平均的な道路状況での運転」、「レースレーンでの運転」という、3つの開発段階を経る予定です。

9.LeddarTech

Aa4i


 このリストは、車両を製造する、メーカだけにしようと思ったが、筆者は、光検出や距離センサーなどの、「センシング・ソリューション」を提供している、自動運転車向けの部品メーカ、「LeddarTech」も、リストに追加することにした。

 センシング・ソリューションは、車両が、いつでも周囲の状況を「確認」できるようにする、重要な技術である。

 「Velodyne」、「SICK」など、自動運転車用のセンシング・ソリューションのプロバイダーは、他にも多数あるが、「LeddarTech」は、特に、「自動運転シャトル市場」を対象としているため、このリストで紹介した。

 「LeddarTech」によると、同社は、「デッドゾーン」を排除する、独自のセンシング・ソリューションを開発したと言っている。

10.Coast Autonomous

Aa4j


 Coast Autonomousは、「マッピングとローカリゼーション」、「ロボット工学と人工知能」、「フリートの管理と監視」を含む、「同社独自の、6レベル自動運転車システム」を開発したと主張している。

 ほとんどの自動車メーカ、が「SAE」の「0から5レベルの自動化」を採用していることを考えると、これが何を意味するのか正確には分からない。

 しかし、詳細がどうであれ、上の写真に示すように、「Coast Autonomous」には、魅力的な外観の、自動運転シャトルがある。

 Coast Autonomousは、自社独自の「自動運転車システム」と、参照設計になる、「自動運転シャトル」を提供するだけでなく、「サービスとしてソフトウェア(SaaS)」も提供している。

 つまり、他の自動車メーカが、Coast Autonomousの「自動運転車システム」と「サービスとしてソフトウェア(SaaS)」を使用して、自動運転シャトルを構築することができる。

 「Coast Autonomousの自動運転車システムの紹介」ビデオ

11.トヨタ

Aa4k

 トヨタは、世界中の何億人もの人々とともに、今年初めに、東京で開催される予定だった、オリンピック大会に、自動運転シャトルを投入する計画だったが、コロナウイルス感染の危機的な状況のため、オリンピック大会が延期されので、この計画も中止した。

 トヨタは、特に、オリンピック大会のために開発した、多数の新技術を披露できると考えていた。

 その内の1つは、「e-Palette」と呼ばれる、「自動運転シャトル」だった。

 トヨタは、東京オリンピック大会のために、特別に設計された、「Tokyo 2020」バージョンの自動運転シャトル、「e-Palette」を、20台製造することを計画していた。

 2021年に、東京オリンピックが、開催されれることが決まれば、トヨタが、自動運転シャトル、「e-Palette」を使用して、どのようなことが、実現されるか、明らかになるだろう。

 「トヨタのe-Paletteのコンセプトの紹介」ビデオ

    (続く)

デル株式会社

自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(4)'20.11.13

【自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(4)】'20.11.13

 自動運転車の分野は、現在、不安な状態になっている。2020年10月15日

 BY SAM FRANCIS、Automation News

 車が自分で運転するという考えは、レールの上を走行する、乗り物は、別として、一般のユーザは、高速道路を含む、公道で、完全自動運転車に、安心して乗ることは、できないと思う。

 ただし、自動運転シャトルは、人が運転する、ミニバスの数分の1のコストで、乗客や荷物などを、離れた場所に、運ぶことができる。

 Automation Newsは、自動運転シャトルのメーカのリストを公開し、最も活発で最も成功している、自動運転技術開発者を紹介している。

 また、Automation Newsは、自動運転シャトルの分野に集中し、その分野に参入した、スタートアップを際立たせた。

    (続き)

5.EasyMile

Aa4e


 フランスの企業、EasyMileは、人を運ぶ、自動運転シャトルで成功を収めている。

 これまでの資金総額は、2,200万ユーロを超えており、EasyMileには、非常に強力な支援者がいる。

 タイヤで最も有名な、世界最大の自動車システム・サプライヤーの1社である、「Continental」は、しばらくの間、「EasyMile」の株主になり、両社は、ドイツのリーダーであった、Angela Merkel氏が乗車した、自動運転車の開発で、パートナーになっていた。

 「自動運転シャトル、EasyMile EZ10の紹介」ビデオ

 EasyMileは、技術の面で急速に進歩し、最近、Groupe PSAと共同で開発、および、構築した、自動運転トラクターを発売した。

 この記事は、人を移動させる、自動運転車に、焦点を合わせているが、EasyMileの、自動運転トラクターについて話しているので、構内作業用の、Outriderの自動運転車について言及する。

 ヤードトラックは、商用貨物ヤード内、または、その周辺でトレーラーを移動するために設計された車両である。

6.2GetThere

 オランダの「2GetThere」という、ベンダは、「people movers」と呼ばれる、自動運転車を開発している。

 「2GetThere」は、ライドシェアの分野に焦点を合わせているが、「レベル3」以上の自動運転車が、普及するまでには、しばらく時間がかかるだろう。

 最大手の自動車部品メーカ、「ZF Fiedrichshafen」に買収された、「2GetThere」によると、同社のシステムは、さまざまな環境における、自動運転車に関する、30年以上の経験に基づいていると言う。

 「2GetThere」は、長年に渡り、工場や倉庫の無人搬送車を、開発してきたが、当初の、無人搬送車は、あまりコンピュータ化、あるいは、センサー化されていなかった。

 自動運転車とは、自律的に、さまざまな方向に、自由に移動できる車を指し、マッピングやナビゲーション・システムや、衝突回避センサーを使用して、目的地に移動する、車のことである。

7.Baidu

Aa4g


 中国のハイテク大手、「Baidu」は、2000年に設立され、インターネット関連のサービスや製品、および、AI技術を専門としている。

 Baiduは、2013年に、自動運転車の開発を開始していた。

 Baiduは、最近、北京で、自動運転タクシーの配車サービスを開始し、新しい自動運転バス「Apolong」を開発し、提供していくことで、50社のパートナーと提携した。

 自動運転ミニバス「Apolong」の設計と製造は、Baiduと提携した、中国の自動車メーカである、「King Long」が、行っている。

 2018年7月に、Baiduは、100台目の「Apolong」を発表し、自動運転シャトルバスを商品化した能力を示した。

     (続く)

デル株式会社

2020年11月12日 (木)

自動運転車は、どのように機能しているか?(3)'20.11.12

【自動運転車は、どのように機能しているか?(3)】'20.11.12

 自動運転車は、最近、話題になっているが、それは、産業革命以来最大の社会革命をもたらす可能性があるからだろう。

Atb1a

 By Landmark Dividend

 Appleの自動運転車の噂から、LyftやUberなどの企業による、実際の自動運転車のアプリまで、自動運転車は、数年で自動車業界の定番になる準備ができている。

5.5Gは、どれぐらい速いか?

 ピークのスループットで、5Gは、4G LTEよりも、1000%高速になることが、約束されている。

 4G LTEには、遅延、および、長いレスポンス・タイムといった、接続上の問題が発生する。

 自動運転車に、装備された、5Gネットワークは、ある車から、別の車に、シームレスに、相互にコミュニケーションできるようにする。

 我々は、IoTデバイスにより、支配された世界へ、アプローチしている。

 IoTは、自動車や交通信号などが、高速な無線ネットワークに接続され、新しい、エキサイティングな機能を有効にする。

6.乗り物と乗り物(V2V)

Atb1b

 遅延のない、高速なネットワークの、主な利点の1つは、自動運転車が、互いに、コミュニケートできるようにする、能力である。

 シームレスなコミュニケーションのタイプは、自動運転車同士が、現在の位置、ルート、および、道路の危険に関する、情報を交換できるようにする。

 例えば、2台の車が、シングル・レーンのハイウェイを走行しているなら、前方の車は、センサーを通して、道路の危険な状態を検出して、その情報を、後方の車に、通知することができるようになり、さらに、安全のため、自動的にブレーキをかけ始め、走行ルートを調整できるようになる。

 相互接続された車の、ネットワークで、自動運転車は、現在の状況に基づいて、走行ルートを、知的に決定することで、車の流れを維持できるようになり、渋滞を緩和できるようになる。

7.乗り物と基盤(V2I)

 乗り物(自動運転車)は、他の乗り物(自動運転車)とコミュニケートすることに加え、5Gに接続された、乗り物(自動運転車)は、他の交通システムや道路を構成している、異なった基盤要素(例えば、駐車場のシステム)と、コミュニケートできるようになる。

 例えば、自動運転車は、駐車を探して、空き領域を予約できるようになる。

 運転手のいない、自動運転車は、A地点から、B地点へ、乗客を運ぶことができるが、どこに駐車したらよいのだろう。

 将来の自動運転車は、目的地の、最寄の駐車場を予約できるようになる。

 自動運転車は、道路の車の流れを維持するため、事前に、走行ルートを計画できることが要求される。

 そのため、利用できる、駐車場の空きに関する情報が、その駐車場のシステムから、無線ネットワークを通して、自動運転車に送られるので、その場所を確保し、そこまでの、最適な走行ルートを計画することができる。

 この駐車場の空きに関する情報が、自動運転車により、受け取られると、自動運転車は、その駐車場所を、予約することができる。

 この予約は、クラウドを介して、転送されるので、駐車場は、複数の自動運転車から、同じ、駐車場の空きを、2重に予約を受け付けることはない。

8.乗り物と歩行者(V2P)

Atb1c

 乗り物(自動運転車)と基盤間のコミュニケーションは、重要であるが、乗り物が、歩行者や正確な位置に、気づくことは、極めて重要である。

 米国において、自動車は、毎日、約15名の人間を、ひき殺している、原因となっている。

 筆者は、この数字は、毎日、約7名でも、多いと思っている。

 自動運転車は、これらの、人身事故のすべてを、回避できるようになることはないかも知れない。

 しかし、自動運転車は、将来、人身事故に件数を、大幅に、低減できるようになる可能性がある。

 現在、事故の責任は、交通ルールを破った人、道路の整備状態が要因の場合や、交通信号などの交通システムの故障が要因の場合は、地方自治体など管理している所に、責任がある。

 しかし、将来、自動運転車の欠陥が要因で、交通事故を起こした場合、明確に、切り分けることは難しいが、事故の責任は、自動運転車のメーカにもあるだろう。

   (続く)

デル株式会社

自動運転車は、どのように機能しているか?(2)'20.11.12

【自動運転車は、どのように機能しているか?(2)】'20.11.12

 自動運転車は、最近、話題になっているが、それは、産業革命以来最大の社会革命をもたらす可能性があるからだろう。

 By Landmark Dividend

 Appleの自動運転車の噂から、LyftやUberなどの企業による、実際の自動運転車のアプリまで、自動運転車は、数年で自動車業界の定番になる準備ができている。

   (続き)

3.自動運転車を受け入れる。

 自動運転車が、街中を走るという見通しは、実に恐ろしいことのように思えるかもしれないが、世界は、既に、私たちの生活を、より簡単に、より安全に、より楽しくするための、多くの自動化システムで満たされていることを、認識しておく必要がある。

 例えば、世界で最大の、オンライン小売業者の1つである、Amazonは、現在、配送センターの倉庫業務、出荷作業、配達業務に、10万台を超える、ロボット・システム(自律レベルは、2、3、あるいは、4)を利用している。

 これにより、顧客は、非接触で、比較的早く、商品を受け取ることが、可能になり、Amazonは、顧客の満足度を向上させると共に、ロジスティクスの、作業コストを低減させ、作業効率を向上させることが可能になる。

 Amazonの場合、倉庫業務(倉庫内の移動ロボット)や、輸送業務(中長距離の輸送)、配達業務(ラストマイルの配達作業)などで、自動運転車が、利用されている。

 自律倉庫ロボットには、ルーチン的な作業の、正確さ、速さ、運用コスト、持続性(作業に飽きたり、疲れたりしない)といった、メリットがあり、自動運転車(輸送や配達)には、速さ、運用コスト、持続性といった、メリットがある。

4,自動運転車は、どのように機能するか?

 自動運転車は、レーダー、カメラ、赤外線、超音波、ジャイロスコープといった、各種センサー、高速無線通信ネットワークやアンテナといった、さまざまな技術やコンポーネントを利用して、道路を安全にナビゲートできるようにしている。

Atb1a

 最新の自動運転車には、これらの技術が、相互に関連して使用されている。

 各技術は、システム全体の信頼性と堅牢性を高めるのに役立つ、自律性の層を提供する。

 例えば、「オートパイロット」として知られる、Teslaの自動運転車技術は、8台のカメラを使用して、360度の視野を提供し、12台の超音波センサーと、前面レーダーで、車両の周囲の潜在的な危険を分析できるようにしている。

 これらのカメラやセンサーなどで、収集された、大量のデータは、高速通信ネットワークを通して、クラウドに転送され、処理されて、フィードバックされるか、より応答性を向上させるために、エッジで処理され、フィードバックされる。

 このため、自動運転車の信頼性を高めるために開発中の、重要なコンポーネントの1つには、高速な、5G移動通信ネットワークがある。

     (続く)

デル株式会社

自動運転車は、どのように機能しているか?(1)'20.11.12

【自動運転車は、どのように機能しているか?(1)】'20.11.12

 自動運転車は、最近、話題になっているが、それは、産業革命以来最大の社会革命をもたらす可能性があるからだろう。

 By Landmark Dividend

 Appleの自動運転車の噂から、LyftやUberなどの企業による、実際の自動運転車のアプリまで、自動運転車は、数年で自動車業界の定番になる準備ができている。

1.自動運転車への、関心の原動力は何だろう?

 自動運転車は、ドライバーのミスによる、交通事故や交通渋滞といった問題を、解決する可能性がある。

 また、自動運転車には、自家用車だけでなく、レンタカー、タクシー、乗合バス、配達車、輸送車といった、まざまな業界向けの、あらゆる種類の、適用分野がある。

 自動運転車は、どのように機能し、我々の社会に、どのようなメリットをもたらすのだろう?

2.自動運転車とは、何だろう?

Atb1a


 現在の「先進運転支援システム(ADAS)」は、衝突前警告、ステアリング・アシスト、自動ブレーキなどの重要な安全機能を提供するが、「自動運転車」は、ドライバーの必要性を完全に排除することで、これらの技術を次のレベルに引き上げる。

 実際のところ、自動運転車には「レベル」があり、次のように分類されている。

「レベル0(自動化なし)」 :従来の車であり、人間のドライバーが、ステアリング、ブレーキ、アクセルなど、すべてを操作する。

「レベル1(ドライバー補助)」 : ステアリング、ブレーキ、アクセルが、適切に操作されるよう、補助し、異常な状況を検出すると、ドライバーに警告したり、車を安全に停止させたりする(ADASを搭載した、ほとんどの車)。

「レベル2(部分的自動運転車)」 : ドライバーが、周囲の環境を監視し、手をハンドルに載せたままにすることで、部分的自動運転車は、ステアリングと加速の両方を、同時に制御することができる。

「レベル3(条件的自動運転車)」 : この自動運転車は、車を完全に制御し、周囲の状況を監視するが、特定の状況では、ドライバーに、介入を要求する場合がある。

「レベル4(高度な自動運転車)」 : レベル3の自動運転車と比較して、レベル4の自動運転車は、より複雑な運転操作を、処理することができ、ドライバーは、注意を運転作業から安全にそらし、自動システムに完全に制御させることができる。

 「レベル4」の自動運転車は、極端な天候に遭遇するような、まれな状況において、人間のドライバーに、介入を求めるかもしれない。

「レベル5(完全自動運転車)」 : 人間が介入する必要がなく、完全に自律した、自動運転車であり、緊急事態にも対応することができる。

   (続く)

デル株式会社

2020年11月11日 (水)

Lenovo Smart Displayとは何か?(1)'20.11.11

【Lenovo Smart Displayとは何か?(1)】'20.11.11

 Lenovo Smart Displayは、デジタル・アシスタントと、音声コマンドで、会話できる、スマート・スピーカの特徴と、タッチスクリーンを持たせ、タッチ操作と、結果の視覚的な表示を可能にする特徴の、両方の特徴を、備えている。

Len2a

 By lenovo

 2018年に、出荷が、開始された、Lenovo Smart Displayは、Google Assistantデジタル・アシスタントを組み込んだ、最初のスマート・ディスプレイである。

 Lenovo Smart Displayは、GoogleのAndroidオペレーティング・システムを搭載し、Alexaデジタル・アシスタントを組み込んだ、Amazon Echo Show、スマート・ディスプレイと競合する、スマート・ディスプレイである。

 Lenovoは、スマート・スピーカに、ディスプレイを持たせ、どのような部屋にも、置けるようなデザインにし、Androidを搭載し、Google Assistantデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・ディスプレイを最初に作成した、メーカである。

 家庭の、どの部屋にも、合うようデザインされた、Lenovo Smart Displayで、Googleは、AmazonのEcho Showスマート・ディスプレイに対抗し、この市場に参入した。

 「Lenovo Smart Display」の利点

 スマート・ディスプレイとは、Google Nest、あるいは、Amazon Echoといった、スマート・スピーカに、ディスプレイを装備し、デジタル・アシスタントを組み込んだ、Google Home、あるいは、Amazon Echoといった、音声コマンド、タッチ操作、および、視覚的に表示される、ディスプレイを持つ、デバイスのことである。

 オーディオの音と、ディスプレイの視覚性の、利点を結合した、Lenovo Smart Displayは、家庭でも、オフィスでも、使用することのできる、機能とデザインを持っている。

 ユーザは、Lenovo Smart Displayを使用して、Webを検索したり、交通情報を確認したり、プレイリストから、楽曲を選択したり、さまざまなことを、音声コマンドや、タッチ操作で、操作して、結果を、視覚的に、見ることができる。

 これまで、スマート・スピーカを使用してきたユーザによると、音声だけで操作するよりも、タッチ操作でも、操作でき、視覚的に、利用できる、スマート・ディスプレイの方が、利用しやすいという。

 ただし、Webの検索結果のリストを、リファインしたり、旅行のルートの代替を調べるために、マップと対話したりするとき、タッチ操作よりも、音声コマンドの方が、使いやすいという、ユーザもいる。

 このため、音声コマンドとタッチ操作の両方を利用できる、スマート・ディスプレイを、好むユーザが、増えている。

 ちなみに、Lenovo Smart Displayスマート・ディスプレイの価格は、59.99ドルからであり、Google Homeスマート・スピーカの価格は、99ドルであり、Google Nest Hubスマート・ディスプレイの価格は、90ドルである。

 Lenovo Smart Displayスマート・ディスプレイが、デビューした時に、スマート・スピーカよりも、いくつかの利点を持っていた。

 Lenovo Smart Display「対」他のスマート・スピーカ

・音楽:楽曲を選択するときに、プレイリストを見ることができる。
・通話:音声通話だけでなく、ビデオ通話ができる。
・検索:検索結果を視覚的に、確認することができる。
・カレンダー:自分のスケジュールを、聞くだけでなく、見ることもできる。

 Google Assistantを搭載した、Lenovo Smart Display「対」Google Assistantを搭載していない、他のスマート・ディスプレイ

・写真:よく利用されている、Google Photosサービスと、統合されている。
・ビデオ:YouTubeの大きなビデオ・ライブラリをアクセスし、視聴することができる。
・ビデオ通話:Google Duoビデオ通話アプリと、統合されている。

 2018年に、出荷されたときに、Lenovo Smart Displayは、Google Assistantデジタル・アシスタントを、初めて、組み込んだ、スマート・ディスプレイであった。

 「Lenovo Smart Displayの紹介」ビデオ

   (続く)

デル株式会社

自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(3)'20.11.11

【自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(3)】'20.11.11

 自動運転車の分野は、現在、不安な状態になっている。2020年10月15日

 BY SAM FRANCIS、Automation News

 車が自分で運転するという考えは、レールの上を走行する、乗り物は、別として、一般のユーザは、高速道路を含む、公道で、完全自動運転車に、安心して乗ることは、できないと思う。

 ただし、自動運転シャトルは、人が運転する、ミニバスの数分の1のコストで、乗客や荷物などを、離れた場所に、運ぶことができる。

 Automation Newsは、自動運転シャトルのメーカのリストを公開し、最も活発で最も成功している、自動運転技術開発者を紹介している。

 また、Automation Newsは、自動運転シャトルの分野に集中し、その分野に参入した、スタートアップを際立たせた。

    (続き)

3.Local Motors

Aa4c


 「Local Motors」の自動運転シャトルは、「Olli」と呼ばれ、人間の乗客を運ぶように、設計されている。

 「Local Motors」は、IBMと提携して、12人乗りの自動運転シャトルを開発した。

 IBMは、人工知能(AI)のWatsonを、この自動運転シャトル「Local Motors」に組み込んで、統合した。

 「Local Motors」の、もう1つの注目すべきパートナーシップは、シカゴで開催される、隔年のイベントである、「International Manufacturing Technology」ショーの主催者とのパートナーシップであった。

 ショーへの訪問者は、自動運転シャトル、「Olli」に、試乗することができた。

 「Olliが、Peachtreeで、自動運転シャトル・サービスで開始された。」紹介ビデオ

 Local Motorsは、米国企業だが、Crunchbaseによると、これまでの資金調達は比較的控えめで、現在までに約25万ドルであったという。

4.Navya

Aa4d


 自動運転シャトルを提供している、最も話題のプロバイダの1社である、「Navya」は、フランスの企業であり、Navyaの「Autonom」車は、遠隔地の居住者向けに、新しいモビリティ・オプションを検討する際に、多くの地方自治体や組織のリストのトップ、または、その近くにある。

 このスタートアップの「Navya」は、アラブ首長国連邦の小さな首長国である、Sharjahに建設されている、超近代的でハイテクで、環境に配慮した町、Masdar Cityや、Henry Ford財団を含む、いつかの組織に、多くの自動運転シャトルを販売した。

 Crunchbaseによると、これまでに「Navya」が調達した総資金は、ほぼ、6500万ドルであり、同社は、2020年上半期に、470万ユーロの収益を上げたが、2019年上半期と比較して、収益は23%減少していた。

    (続く)

デル株式会社

自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(2)'20.11.11

【自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(2)】'20.11.11

 自動運転車の分野は、現在、不安な状態になっている。2020年10月15日

 BY SAM FRANCIS、Automation News

 車が自分で運転するという考えは、レールの上を走行する、乗り物は、別として、一般のユーザは、高速道路を含む、公道で、完全自動運転車に、安心して乗ることは、できないと思う。

 ただし、自動運転シャトルは、人が運転する、ミニバスの数分の1のコストで、乗客や荷物などを、離れた場所に、運ぶことができる。

 Automation Newsは、自動運転シャトルのメーカのリストを公開し、最も活発で最も成功している、自動運転技術開発者を紹介している。

 また、Automation Newsは、自動運転シャトルの分野に集中し、その分野に参入した、スタートアップを際立たせた。

    (続き)

1.Nuro



Aa4a_20201111085301


 サンフランシスコを拠点とする、自動運転シャトルのメーカ、「Nuro」は、コロナウイルスのパンデミックによる、封鎖の最中にも、最近、非常に忙しくしている。

 実際、Nuroは、CVS薬局チェーンや、多くの病院や医療センターに、医薬品などを、同社の自動運転配達車で配達するサービスを、医薬品メーカから、請け負っている。

 コロナウィルスの状況が発生する前から、Nuroは、食料品チェーンの「Kroger」や「Domino」のピザを、顧客としており、同社の自動運転配達車で、食料品やピザを配達するサービスを、請け負っていた。

 Crunchbaseによると、このスタートアップ、Nuroは、これまでに10億ドルの資金を調達し、250人以上の従業員を抱えているという。

 Nuroは、同社の自動運転配達車が、人間ではなく、商品を運ぶため、国道交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration)から、同社の自動運転配達車は、サンフランシスコ地区で、公道を走行して、医薬品を配達するための、許可を受けた、最初の企業であると言われている。

2.Udelv

Aa4b

 世界最大の食料品チェーンである、「Walmart」は、既に、Udelvの顧客であり、中国のGoogleに相当する、「Baidu」に商品の配達バンを提供している。

 Udelvは、これらを「主要な契約」と表現している。

 Topio Networksによると、サンフランシスコを拠点とする、「Udelv」は、「Nuro」の数分の1の規模で、最大50人の従業員を擁し、これまでに135万ドルの資金を調達しているという。

 しかし、WalmartやBaiduのような、最大手の企業とパートナーを組むことで、Udelvは、規模を拡大させることができるだろう。

 Udelvの自動配達車、「ADV(Autonomous Delivery Vehicle)」は、360Kgの荷物を運び、ロジスティクスの継続的な合理化を可能にする、運用データを収集することができる。

     (続く)

デル株式会社

2020年11月10日 (火)

LenovoのSmart Tabとは何か? '20.11.10

【LenovoのSmart Tabとは何か?】'20.11.10

 Amazon Alexaデジタル・アシスタントを組み込んだ、LenovoのSmart Tabは、2-in-1スマート・タブレットの新たな種類である。

 By lenovo

 LenovoのSmart Tabタブレットは、音声対応デジタル・アシスタントを組み込んだ、ポータブルな、Androidベースのタブレットを、Lenovo Smart Dockドッキング・ステーションに組み込んで、スマート・スクリーンとして使用し、他のスマート・ホーム・デバイスを制御することもできる。

 Lenovo Smart Tabタブレットを、Lenovo Smart Dockドッキング・ステーションに取り付けて、スマート・ホーム・ハブとして、使用することができ、取り外すと、通常のタブレットとして、使用することができるようになる。

Len1a

 ユーザは、このLenovo Smart Tabタブレットを、Lenovo Smart Dockドッキング・ステーションに取り付けて、音声対応、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを起動し、「Showモード」にすることで、Amazon Echo Showデバイスのように使用して、ドアベルや、照明を制御できるようになる。

 Lenovo Smart Dockに取り付けた、Lenovo Smart Tabで、ユーザは、自分の家に設置した、スマート・ホーム・デバイスを制御できるようになり、レシピを表示したり、カレンダーを確認したり、できるようになる。

 Lenovo Smart Displayや、Lenovo Smart Plug、Lenovo Smart Bulb、および、Lenovo Smart Clockといった、スマート・アクセサリーのリストを紹介する。

 Lenovo Smart Tabコンポーネント

 Lenovo Smart Tabは、プレミアムな、Androidベースのタブレットであり、Alexaデジタル・アシスタントが、組み込まれており、スマート・ディスプレイとして、他のスマート・ホーム・デバイスを、音声コマンドで、操作できるようになる。

 例えば、ドアベルが鳴ったら、訪問者と会話したり、部屋の照明や空調などを調節したり、家庭用の監視カメラを制御したり、できるようになる。

 Lenovo Smart Tabは、3種類の強力なコンポーネントの、ユニークな組み合わせである。

 Lenovo Smart Tab 10.1インチの、Androidベースのタブレット

 このタブレットで、ユーザは、映画を観たり、アプリを実行したり、メールを読んだり、ゲームをしたり、できるようになる。

 このタブレットに組み込まれた、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを通して、Alexa「スキル」を実行し、ユーザは、ドアベルに出たり、食料品を注文したり、渋滞情報を確認したり、できるようになる。

 Lenovo Smart Dockドッキング・ステーションのチャージャ

 タブレットを、Lenovo Smart Dockドッキング・ステーションに、取り付けて、Alexaデジタル・アシスタントを起動し、「Showモード」にすることで、ユーザは、さまざまなことができるようになる。

 また、ユーザは、低音に強い、スピーカと、高感度マイクを取り付けることで、広い場所でも、高質な音で、音楽を聴いたり、高感度のマイクを使用して、他のユーザと、ビデオ通話したり、できるようになる。

 ユーザは、Lenovo Smart Tabを、新たな、2-in-1のアプローチとった、タブレットとしても、スマート・ホーム・タブとしても、利用できるようになる。

 Lenovo Smart Tabで、ユーザは、何ができるようになるか?

 新たなLenovo Smart Tabは、ユーザに、オプションを提供する。

 ユーザは、新たなLenovo Smart Tabを、パーソナル・エンターテインメント・デバイスとして、あるいは、Amazon Alexa搭載、スマート・ディスプレイとして、使用することができる。

 ユーザは、スタンドアロンの、Androidタブレットとして、Lenovo Smart Tabを、以下のように使用することができる。

・メールをチェックしたり、Facebookをフィードしたりできる。

・ソーシアル・メディア・メッセージを、読んだり、投稿したりできる。

・気に入ったアプリやゲームを実行して、使用することができる。

・写真を撮ったり、ビデオを撮影したりできる。

・映画などの、ストリーミング・コンテンツを、再生することができる。

・フル機能の、Androidベースのタブレットとして、利用できる。

・Amazon Alexaを組み込んだ、スマート・スクリーンとして、使用することができる。

・ビデオ・ドアベルに、応答し、訪問者と会話することができる。

・照明や、カメラ・フィードを、オン・オフできる。

・レシピや、ハウツー・ビデオを見つけたり、参照したりできる。

・ニュース、天気予報、渋滞情報などをチェックできる。

・友だちや家族と、ビデオ通話を行うことができる。

・新たなAlexaスキルを使用することができる。

 Lenovo Smart Tabの仕様の詳細

 Lenovoは、Lenovo Smart Dockを含む、2つの版の、新しいLenovo Smart Tabを提供した。

 Lenovo Smart Tab M10は、標準のSmart Tab機能の、フルセットを提供する。

 このLenovo Smart Tab P10には、プレミアムな本体のデザイン、外部メモリ、ストレージ、強化された、オーディオ、および、特別なセキュリティ機能が、追加されている。

 いくつかのLenovo Smart Tabの仕様

1)Lenovo Smart Tab P10

・ディスプレイ:10.1インチの、FHD (1920 x 1200) LCD IPS

・サイズ:242 x 167 x 7mm

・重さ:440グラム

・プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 450

・オペレーティング・システム:Android Oreo

・バッテリーの寿命:10時間以上

・デジタル・アシスタント:Amazon Alexa

・ストレージ: 最大64 GB

・メモリ:4 GB

・オーディオ:前面、Dolby Atmosスピーカ x 4

・カメラ:前面 5MP固定、背面 8MP自動

・スピーカ:3ワットのフルレンジのスピーカ x 2

・マイク:高感度マイク

・特別な機能:I/O、ボリューム、ミュート・ボタン、Bluetoothペアリング・ボタン

2)Lenovo Smart Tab M10

・ディスプレイ:10.1インチの、FHD (1920 x 1200) LCD IPS:

・サイズ:243 x 168 x 8 mm

・重さ:480グラム

・プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 450

・オペレーティング・システム:Android Oreo

・バッテリーの寿命:8時間以上

・デジタル・アシスタント:Amazon Alexa

・ストレージ: 最大32GB

・メモリ:3GB

・オーディオ:前面、Dolby Atmosスピーカ x 2

・カメラ:前面 2MP固定、背面 5MP自動

・他の特徴:デュアル・ガラス・デザイン

・スピーカ:3ワットのフルレンジのスピーカ x 2

・マイク:高感度マイク

・特別な機能:I/O、ボリューム、ミュート・ボタン、Bluetoothペアリング・ボタン

デル株式会社

自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(1)'20.11.10

【自動運転シャトルのメーカ、トップ25社(1)】'20.11.10

 自動運転車の分野は、現在、不安な状態になっている。2020年10月15日

 BY SAM FRANCIS、Automation News

 車が自分で運転するという考えは、レールの上を走行する、乗り物は、別として、一般のユーザは、高速道路を含む、公道で、完全自動運転車に、安心して乗ることは、できないと思う。

 この不安感は、自動運転車が、公道を走ることを妨げる可能性があるが、閉じた領域を移動する、シャトルのメーカは、既に、自動運転シャトルの、活発な取引を行っている。

 例えば、空港は、ターミナルと飛行機の間で乗客を輸送できる、自動運転シャトルの、最も熱心な顧客の1つである。

 過去に、空港は、レールの上を走行する、自動運転輸送システムを提供していた。

 空港、工業団地、テーマパーク、ゴルフコース、ハノーバーメッセやIMTSなどの、大きな展示会場といった、広い閉じたエリア内では、自動運転車を運用する上で、規制が少ないので、施設内を移動する、自動運転シャトルを展開することを試みている施設も、序々に増えてきた。

 自動運転シャトルは、人が運転する、ミニバスの数分の1のコストで、乗客や荷物などを、離れた場所に、運ぶことができる。

 Automation Newsは、自動運転シャトルのメーカのリストを公開し、最も活発で最も成功している、自動運転技術開発者を紹介している。

 また、Automation Newsは、自動運転シャトルの分野に集中し、その分野に参入した、スタートアップを際立たせた。

 自動運転トラックのメーカにとって、高速道路でも、荷物を輸送できる、自動運転トラック自体が、魅力的な分野であるが、トラックのメーカは、現在、自動運転トラックのテスト段階にあり、市場に即した技術を優先するよう努めている。

 筆者は、人を運ぶ、自動運転シャトルだけでなく、商品や荷物や料理などを運ぶ、自動運転シャトルにも関心がある。

Aa4a


 自動運転シャトルのメーカのリストを紹介する。

    (続く)

デル株式会社

2020年11月 9日 (月)

小さな電気タクシーのメーカは、同社の電気タクシーで、5年間に、交通量を半分にすることに貢献できるという。'20.11.09

【小さな電気タクシーのメーカは、同社の電気タクシーで、5年間に、交通量を半分にすることに貢献できるという。】'20.11.09

 (EAV:Electric Assisted Vehicles)は、同社が、5年間に、交通量を半分にすることができるという、排気ガスを排出しない、小さな電気タクシーを発表した。2020年11月7日

 By Brittany Chang、Business Insider

Bi2a_20201109210201


 この小さな電気タクシーは、自動車の走行レーンと、自転車の走行レーンの両方を走行できるよう、改善された、電動自転車の一種である。

 EAVの会長、Nigel Gordon-Stewart氏によると、同社は、ハイブリッド車のタクシーを、EAVの電気タクシーに、置き換えることで、CO2の排出量を、約10.14トン減量させることができるという。

 EAVタクシーは、ニューヨークの、従来のイエロー・キャブとは違う。

 この小さな、EAVタクシーは、軽量で、電動自転車を、アップグレードしている。

 EAVのWebサイトによると、このEAVタクシーは、自動車のレーンと、自転車のレーンの両方を走行できるようになるという。

 英国を拠点にしている、EAV(Electric Assisted Vehicles)は、自転車よりも、大きく、バンよりも、小さく作られた、「マイクロ・モビリティ貨物配達車」と呼ばれる、省エネで、CO2を排出しない、エコカーをベースにした、タクシー用の乗り物を開発している。

 「マイクロ・モビリティ貨物配達車」には、新しいEAVタクシー用のベースとして、役割を果たす、ラストマイルの電気貨物配達車、「EAV 2cubed」が、含まれる。

 EAVによると、すべてのタクシーと、自家用車の、約65%は、英国において、乗客を乗せて、1回の走行に、約8キロ未満しか移動していないという。

 EAVの創設者で、CEOの、Adam Barmby氏によると、EAVタクシーは、電気自動車、バン、タクシーに関連した問題(渋滞やCO2の排気など)を解決できるようになるという。

 現在の電気自動車は、大きくて、重く、多くのエネルギーを消費するので、バッテリーをすぐに使い果たし、走行距離が、あまり長くならない。

 EAVによると、都会の環境において、EAVタクシーは、タクシーと自家用車の両方と同様に、より効果的で、クリーンで、快適になる可能性があることが判明したという。

 EAVタクシーの導入で、乗合タクシーが増えるので、1度に、複数の乗客を、移動させることができ、結果として、渋滞を減らすことができるようになる。

 新たなEAVタクシーは、従来のバンや自動車よりも、エネルギー効率が、良いので、利用されるようになる。

 電動自転車を進化させ、大きくした、EAVタクシーは、ハイブリッド車や、従来の電気自動車よりも、90%も軽いので、消費エネルギーも、極めて少なくなる。

Bi2c


 EAVの会長の、Nigel Gordon-Stewart氏によると、極めて軽くできたので、エネルギーの消費が少なく、CO2を排出しないので、CO2の排出量を、約10.14トン抑えることができるようになるという。

 EAVによると、将来の「Fisker Ocean SUV」に似て、EAVタクシーには、屋根の上に、ソーラーパネルが、取り付けられているという。

 EAVのGordon-Stewart氏によると、EAVタクシーは、乗客を、従来のタクシーや乗用車のように、早くて、安全で、快適に、目的地まで、運ぶことができるようになるという。

 「EAV第2世代車プラットフォーム」の紹介ビデオ

運ぶことができるようになるという。

 現在のタクシーや自家用車の多くは、CO2の排出規制で、英国において、まもなく、運行できなくなるかも知れない。

 「EAV(Electric Assisted Vehicles)」は、一時的に、「EAVGo!」と命名された。

 最初のプロトタイプは、今月に、構築され、試験的に、荷物の配達車として、2021年の春に、運用が開始される予定である。

 このプロトタイプのEAV(電動アシスト車)は、重さが、837.8ポンド、全長9フィート、幅3.4フィート、高さ6.4フィートである。

 このプロトタイプのEAVは、バッテリーのサイズに依存するが、18マイルから60マイル移動でき、15.5マイル/時(約25キロ/時)で、走行することができる。

 このEAV(電動アシスト車)は、荷物の運搬に利用できるだけでなく、低反発シートや、クッションを敷いて、最大、2名の乗客を運ぶこともできる。

 乗客のキャビンには、車椅子対応のスロープがあり、乗客を、より快適に、移動できるよう、室内の温度を調節することもできる。

Bi2b


 このEAV(電動アシスト)には、情報を表示する、大きなスクリーンがあり、シートの下には、荷物を収納できる空間がある。

 また、このEAVは、ラストマイルの配達にも、最適である。

 <参考>

1)交通手段に、重要になること

・排気ガスの低減(電動車の利用)
・省エネ
・バッテリー容量の拡大
・安全性や信頼性
・ライドシェアや交通制御の最適化

2)交通手段のエネルギーの生成に、重要になること

・効率のよい発電
・クリーンな発電(水力、風力、太陽光など)
・化石燃料の代替になる、安全な人工燃料

3)発電に使用されている、燃料の割合(2019年日本)

 石炭(27.8%)、LNG(36.0%)、石油(2.6%)、その他火力(8.7%)、原子力(6.5%)、水力(7.4%)、太陽光(7.4%)、風力(0.8%)、地熱(0.2%)、バイオマス(2.7%)

 

Bi1d_20201110090001

デル株式会社

トヨタの豊田章男社長が、先週のプレゼンテーションで、Elon MuskとTeslaを直撃した。'20.11.09

【トヨタの豊田章男社長が、先週のプレゼンテーションで、Elon MuskとTeslaを直撃した。】'20.11.09

 祖父が、伝説的な日本の自動車メーカ、「トヨタ」を設立した、豊田章男社長は、「Teslaは、レシピを持ったシェフのようなものだ。」と言った。2020年11月08日

 By business insider

Bi0a_20201109150901


 豊田章男社長によると、Teslaは、まだ、現実のビジネスや現実の世界を作っていないという。

 「自動車会社を運営することが、レストランを運営するようなものであるなら、トヨタは、完全なビジネスを持っているのに対し、Teslaは、いくつかのレシピを持った、単なるシェフである。」とトヨタの豊田社長は述べた。

 豊田章男社長は、金曜日のトヨタの第2四半期の財務プレゼンテーションで、ラインナップ全体を電化する計画について話し合いながら、比較を行った。

 豊田社長は、「私たちが持っているものと、Teslaが持っていないものは、稼働中のユニットだろうか?」と、料理の配達サービスの直喩を紹介する前に語った。

 豊田社長によると、「Teslaは、まだ、実際のビジネスや現実の世界を作り上げていないが、レシピを交換しようとしている。」という。

 そして、シェフ(Tesla)は、「Teslaのレシピは、将来的に、世界の標準になるだろう。」と言っている。

 豊田社長は、「このレシピ(ノウハウ)を売ることが、Teslaのビジネスだと思う。」と述べた。

 一方、豊田社長は、「トヨタには、本物のキッチンがあり、本物のシェフがいる。」と語り、通年の利益見通しが倍増したと、主張していた。

 比較のために、Teslaは、今年、50万台の自動車を生産すると述べているが、トヨタの年間生産台数は、2019年に、世界全体で、1000万台を超えていた。

 Teslaは、2019年に、ビジネスの規模は、まったく異なるが、トヨタのほぼ2倍の市場価値を獲得していた。

 豊田社長は、「現在の株価を見ると、Teslaの方が、トヨタよりも、高く評価されているが、実際の製品に関しては、顧客の選択肢は、極めて多い。」と語った。

 トヨタは、ハイブリッドカーでは、Teslaよりも、優位に立っているが、実際に、多くのレガシー自動車メーカが、ゆっくりと電気自動車の開発を、全面的に推進し始めている。

<コメント>

 素人的には、ハイブリッド車の方が、燃費、性能、価格、維持費、および、設備費用などで、電気自動車よりも、将来的に、優位に立っているような気がする。

 電気は、現在、どのようなエネルギー(火力(石炭、ガス、石油)、原子力、水力、太陽光、風力、地熱、バイオマスなど)で、発電されているのだろう?

 発電に使用されている、燃料の割合(2019年日本)

 石炭(27.8%)、LNG(36.0%)、石油(2.6%)、その他火力(8.7%)、原子力(6.5%)、水力(7.4%)、太陽光(7.4%)、風力(0.8%)、地熱(0.2%)、バイオマス(2.7%)

Bi0c_20201109151001


 遠い将来、石炭、ガス、石油のような、化石燃料が、人工的に生成できるようにならないのだろうか?

デル株式会社

2020年11月 8日 (日)

「Lenovo Smart Tab」対「Lenovo Smart Display」の違いは何だろう? '20.11.08

【「Lenovo Smart Tab」対「Lenovo Smart Display」の違いは何だろう?】'20.11.08

 「Lenovo Smart Tab」と「Lenovo Smart Display」は、どのように違うのだろう?

 By lenovo

 「Lenovo Smart Tab」と「Lenovo Smart Display」は、家庭を運用し、生活を管理し、娯楽を楽しむことを助ける、音声対応デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・ホーム・デバイスである。

 これらの新しいスマート・ホーム・ハブは、ユーザの特定のニーズに適合するために、基本的に、異なったユーザ経験を提供する。

 「Lenovo Smart Tab」タブレットには、「Amazon Alexa」デジタル・アシスタントが、「Lenovo Smart Display」スマート・ディスプレイには、「Google Assistant」デジタル・アシスタントが、組み込まれている。

 「Lenovo Smart Display」は、ユーザの家庭の、どの部屋にもフィットする、スタンドアロンのデバイスとして、構築されている。


Len0b_20201109081301


 「Lenovo Smart Tab」は、Androidベースのタブレットとしても、「Lenovo Smart Dock」ドッキングステーションに取り付けることで、スマート・ディスプレイとしても、利用できる、多機能デバイスとして、構築されている。

Len0a_20201109081401


 同じ部屋にいる、ユーザの要求や質問などを、聞くために、これらのデバイス(「Lenovo Smart Display」と「Lenovo Smart Tab」)は、複数の高感度なマイクを持っている。

 「Lenovo Smart Tab」には、10ワットのスピーカが、1つ搭載されており、「Lenovo Smart Display」には、3ワットのスピーカが、2つ搭載されており、部屋を、高音質なサウンドで満たすこともできる。

 ユーザは、これらのスマート・デバイスに組み込まれた、デジタル・アシスタントを介して、スマート・プラグ、スマート電球、スマート・ライト・スイッチ、スマート・クロック、スマート監視カメラといった、スマート・ホーム・デバイスを、音声コマンドでも、操作できるようになる。

 音声対応デジタル・アシスタンが組み込まれた、「スマート・ホーム・ハブ」として、利用できる、「Lenovo Smart Display」と「Lenovo Smart Tab」を比較する。

 ユーザは、自分が好んでいる、音声対応デジタル・アシスタントと、部屋のテーブルの上に置くデバイスが欲しいか、テーブルの上にも置け、タブレットとして、持ち歩くことのできる、デバイスが欲しいかで、どちらを購入したらよいかを決めることができる。

1)「Google Assistant」デジタル・アシスタントを組み込んだ、「Lenovo Smart Display」スマート・ディスプレイ

 「Google Assistant」デジタル・アシスタントを組み込んだ、「Lenovo Smart Display」は、タッチスクリーンを装備した、スマート・ディスプレイである。

 ユーザは、「Lenovo Smart Display」スマート・ディスプレイを、テーブルの上に置いて、タッチ操作、あるいは、音声コマンドで、料理のレシピを見たり、ビデオ通話をしたり、部屋の照明を調節したり、ストーミング・ビデオを視聴したり、Webを閲覧したり、さまざまなことが、できるようになる。

 「Google Assistant」デジタル・アシスタントは、既に、何100万台もの、スマートフォンにも組み込まれており、ユーザは、既に、Google Assistantを使うことに慣れている。

 「Lenovo Smart Display」のなめらかなデザインは、どのような部屋にもフィットするだろう。

Len0b


 また、この「Lenovo Smart Display」は、プライバシーのために、カメラやマイクに、シャッターが付いている。

2)「Amazon Alexa」デジタル・アシスタントを組み込んだ、「Lenovo Smart Tab」+「Lenovo Smart Dock」

 「Amazon Alexa」デジタル・アシスタントを組み込んだ、「Lenovo Smart Tab」は、タブレットにも、「Lenovo Smart Dock」ドックキング・ステーションに取り付けることで、スマート・ディスプレイにもなる、Androidベースのタブレットであり、スマート・ホーム・ハブとして、利用することもできる。

 この「Lenovo Smart Dock」ドックキング・ステーションには、Amazon Alexaデジタル・アシスタントに、聞かれないようにするための、マイクのミュート・ボタンが付いている。

 ユーザは、メールをチェックしたり、Webを閲覧したり、Androidアプリを利用したり、ストリーミング・ビデオを視聴したり、するための、タブレットとして、「Lenovo Smart Tab」を使用することができる。

 ユーザは、「Lenovo Smart Dock」ドッキング・ステーションに、「Lenovo Smart Tab」タブレットを取り付けて、「Showモード」にすることで、スマート・ディスプレイとして、利用することができる。

 また、「Lenovo Smart Dock」ドックキング・ステーションに、「Lenovo Smart Tab」タブレットを取り付けることで、タブレットを充電することもできる。

 「Lenovo Smart Tab」の紹介ビデオ

デル株式会社

2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(5)'20.11.08

【2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(5)】'20.11.08

 インフォテインメント・システムは、新しい車の心臓部である。2020年10月1日

Dt2a_20201108161201

 By Stephen Edelstein、digital trends

 ブランド固有の、ユーザ経験を提供するために、最良のインフォテインメント・システムを作成するのに、各メーカの、インフォテインメント・システムは、少しづつ異なっている。

 どの自動車メーカが、最良の、インフォテインメント・システムを持っているのだろう?

 現在、完璧なユーザ経験の提供に期待するのは、まだ早いだろう。

 インフォテインメント・システムは、自動車メーカの、ニューフロンティアである。

      (続き)

9)Tesla Model 3

Dt2f_20201108154101


 Tesla Model SとModel Xのインフォテインメントのセットアップは、マッスルカーのボンネットの下に、巨大なV8エンジンを詰め込むのと同じであり、理論的には、大きいほど良いということである。

 すべての機能が、大画面のスクリーンを必要とするわけではないが、どちらの車も、ほぼすべての制御機能を、17インチのタッチスクリーンに依存している。

 Teslaは、インフォテインメント・システムのオーディオに、高度なノイズ除去技術を使用し、音声による、システムの操作の精度も、向上させている。

 Tesla Model 3で、テスラは、従来のゲージ・クラスターも排除し、すべてに、中央スクリーンを使用した。

 Teslaは、また、無線ソフトウェア・アップデートを可能に、必要に応じて、ソフトウェアを、最新の状態に、維持できるようにしている。

10)Volvo Sensus

Dt2g_20201108154201


 Volvo Sensusを使用すると、通話とそのすべてのメディア・システムを、完全に制御できるようになる。

 このインフォテインメント・システムの最新世代は、ほとんどの車載システムとは異なり、ポートレート・モードで方向付けられた、タブレットのようなタッチスクリーンを使用している。

 鮮明で高品質のグラフィックを搭載し、設置されている、Volvoのダッシュボードに、シームレスに溶け込む。

 また、高機能にも関わらず、Volvo Sensusは、理解しやすく、習得するのが、さらに快適である。

 タッチパッドには、ドアをロックしたり、車のヒーターを始動したり、車の目的地を計画したりする機能があり、スマートフォンからでも、操作することもできる。

 Volvoは、Apple CarPlayとAndroid Autoを統合した、最初の自動車メーカの1社であり、その新しい車には、組み込みのWiFiホットスポットのメリットがある。

 Volvoは、今後、数年間で、インフォテインメント・システムを、大幅にオーバーホールする予定であり、新しいデザインは、Androidベースになるようだ。

 また、Volvoの子会社である、Polestarも、同じ新しいシステムを使用するという。

デル株式会社

2020年11月 7日 (土)

自動配達ロボットの需要が、今回の、パンデミック中に、急増している。 '20.11.07

【自動配達ロボットの需要が、今回の、パンデミック中に、急増している。】'20.11.07

 自動配達ロボットの需要が、今回の、コロナウィルスのパンデミック中に、急増している。2020年5月29日

Bio2a

 by Bernard Marr、forbes

 コロナウィルスの、COVID-19の状況において、人々は、新しい方法で、仕事をしたり、学習をしたり、することが必要になり、外出することが減ってきた。

 以前、ビデオ会議をしたことがなかった人々が、在宅勤務を余儀なくされ、結果として、仕事の方法が変化してきた。

 このパンデミックの状況で、レストランなどで、食事をする機会や、買い物に行く機会が減り、レストランやスーパーなどで、自動配達ロボットの需要が増えてきた。

 ソーシアル・ディスタンス中に、人々は、混んでいる店で、買い物をする機会を減らし、、昨年から、自動配達ロボットを使用してきた、家族のように、人々は、コロナウィルスのパンデミックの状況が終わっても、自動配達ロボットのような、便利な技術を使用したいと思うようになるかも知れない。

 自動配達ロボットの需要は、コロナウィルスのパンデミックの状況において、急増している。.

 コロナウィルスのパンデミックは、多くの企業の、事業を制限しているかも知れないが、「Starship Technologies」のように、配達サービス用のロボットを提供することを、ビジネスにしている、ベンダが増えてきた。

 ロボットを使用した、配達サービスは、接触の無い、配達を可能にする。

 このような自律ロボットを使用した、配達サービスは、ソーシアル・ディスタンスの状況において、求められている。

 自動配達ロボットは、大都市の特定地域、空港、大学のキャンパス、大きなホテル、大企業のキャンパス、テーマパークなどで、序々に使用されるようになってきた。

 自動配達ロボットが、利用されるのは、自動配達ロボットが、人間の配達ドライバーのように、コロナウィルスに感染する、心配がないからという、理由もある。

 アリゾナ州の、Phoenixにおいて、Veneziaの「New York Style Pizza」の、半径、ハーフマイル内に住む、住人は、配達ロボットで、ピザを配達して貰うことが、可能になった。

 食事や医薬品は、コロナウィルスのパンデミックの状況において、自動配達ロボットにより、配達される。

 6車輪の配達ロボットを開発した、「Starship Technologies」は、2014年に、2人のSkypeの共同設立者により、設立された。

 筆者の家族は、コロナウィルスのパンデミックによる、ロックダウンの状況において、食事を配達してくれる、サービスを利用していた。

 これらの配達ロボットは、人間のドライバーが居なくても、公共の場や、公道を移動して、食事や医療品などを配達することができる。

 最近の配達ロボットは、顧客からの、注文に応じて、小さな料理、食品、医薬品などを、レストラン、スーパー、薬局などから、配達できるようになってきた。

 「Starship Technologies」の配達ロボットは、数年前から、大学のキャンパスや、空港などで、食品などの配達に利用されていたので、その状況を見て、レストランやスーパーは、人間の配達スタッフでは、コロナウィルスなどに感染する可能性があるので、配達ロボットに興味を持っている。

 これらの配達ロボットは、既に、10万回以上、食料品や医療品などを、配達しており、移動距離は、50万マイル以上になった。

 スタートアップの「UDI」により、作成された、自動配達ロボットは、中国が、パンデミック中に、ロックダウンしていた時に、食料品を配達していた。

 バンの形をした、自動配達ロボットは、カメラ、ライダー、および、深層学習アルゴリズムといった、技術を利用している。

 「自動配達ロボットの例」紹介ビデオ

 自動配達ロボットは、接触のない、配達方法を提供することができる。

 レストラン、スーパー、薬局などは、パンデミックの状況において、世界の人たちが、望んでいる、配達サービスで、自動配達ロボットを使用することを検討している。

 例えば、中国のAlibabaのような、最大手のオンライン販売店は、1日に、10億パッケージを、処理できるよう、自動配達ロボットなどの準備している。

 これを可能にするには、Alibabaのような企業でも、労働力が不足するので、自律ロボットを使用することを模索している。

 また、中国のWebサービス会社、「JD.com」は、医薬品を配達するために、ミニバンに似た、自動配達ロボットを使用している。

 近い将来、配達ロボットが、近所にやって来る、時代になるかも知れない。

 コロナウィルスのパンデミックのおかげで、人々は、自動配達ロボットを利用することに、興味を持つようになってきたことも事実である。

 Amazonは、2019年に、南カリフォルニアで、ラストマイルを、自動配達ロボットを使用して、商品を配達しており、ワシントンで、ラストマイルを、自動配達ロボットを使用して、商品を配達していた。

 Amazonの「Scout」と呼ばれる、ロボットは、大きなクーラーのサイズの、自動配達ロボットであり、小さなサイズから、中ぐらいのサイズのパッケージを配達することができる。

 この自動配達ロボットには、歩行者や障害物と衝突しないように、道路を移動できるようにするための、強力なセンサーが、装備されている。

 Amazonは、自動配達ロボットを、全米に展開することに取り組んでおり、米国の都市の仮想地図を使用して、配達のシミュレーションを行うことで、ロボットに学習させ、テストしている。

 Amazonだけが、自動配達ロボットを開発している、ベンダではない。

 多くのベンダが、既に、大学のキャンパス、大きなホテルや医療機関、空港、テーマパークなどで、人、荷物、商品、料理などを運ぶ、自動配達ロボットを作成している。

 これらのベンダの何社かは、トヨタやThyssenKruppといった、大企業により、バックアップされており、また、小さなベンダは、特定の目的や、特定の分野の、ニッチな市場向けの、自動配達ロボットを開発している。

 パンデミックが抑制された後に、正常に戻ることはないかも知れないが、新たな状態に落ち着いた、状況において、公共の場や公道で、自動配達ロボットが、利用されるようになるだろう。

デル株式会社

フロント・オフィス用の、オートメーションの適用事例(4)'20.11.07

【フロント・オフィス用の、オートメーションの適用事例(4)】'20.11.07

 フロント・オフィスは、営業、顧客サービス、フィールド・マーケティング、および、アドバイス・サービス係といった、顧客に直接、対応する、役割を演じている。2020年7月13日

 By Ritu Kapoor、automationanywhere

 営業や顧客サービスなどの、フロント・オフィスのチームは、顧客の需要、売上の増加、マーケティング、および、アフター・マーケット・サービスに、責任を持っている。

 例えば、投資銀行において、フロント・オフィス部門は、営業、投資バンキング、投資銀行、プライベート・イクイティ、イクイティ・リサーチ、および、ウェルス管理などから成る。

 病院において、フロント・オフィスにおける、仕事は、職場や施設の規模で、変わるだろう。

 一般的に、診察の予約サービス、診察などの行先を案内する、受付サービス、および、必要に応じて、セキュリティといった部門のスタッフが、患者さんや訪問者に、直接対応する。

 ホテル業界の、営業、マーケティングといった、フロント・オフィスは、管理、飲料、ハウスキーピング、人事、保守、セキュリティといった、バック・オフィスの、すべての部門への連絡窓口として機能する。

Bio1a_20201107143701


 ロボット・プロセス自動化(RPA)は、フロント・オフィスとバックオフィス間の、リアルタイムのやり取りを促し、フロント・オフィスの平均通話処理時間(AHT)、と顧客満足度(CSAT)のスコアを向上させ、効率を改善させることが可能になる。

 フロント・オフィス・プロセスの、5つの代表的な自動化の事例を紹介する。

    (続き)

3.企業に渡る、コミュニケーション&コラボレーション

 フロント・オフィスのスタッフが、単独で活動することはめったにない。

 問題を解決し、顧客に、パーソナライズされた、経験を提供するために、バック・オフィスには、強力なサポート力が必要になり、フロント・オフィスとバック・オフィスの、コミュニケーション&コラボレーションが、重要になる。

 フロント・オフィスのスタッフは、顧客先に出向くことも、多いので、いつ、どこに居ても、スマートフォンなどを利用して、バック・オフィスと、情報を共有でき、バック・オフィスのスタッフと、コミュニケーション&コラボレーションを行うことが、できなければならない。

 バック・オフィスを、リアルタイムに、いつ、どこに居ても、活用できることは、フロント・オフィスの成功の、重要な要素になるだろう。

 フロント・オフィスとバック・オフィスを自動化することで、会社を統合して、顧客のために働くことで、顧客経験を、次のレベルに引き上げることができるようになるだろう。

 これにより、顧客満足度や、顧客忠実度を、向上させることが、可能になる。

 さらに、自動化により、会社全体に渡る、従業員の関与が高まり、コミュニケーションが円滑になるので、企業は、従業員の生産性を向上させたり、総所有コストを低減させたり、従業員経験を向上させたりすることが、可能になるだろう。

 自動化は、企業に、次のステップのガイダンスを提供し、承認と例外ワークフローを自動化し、すべてのチャネルに渡って、コーチングを実施できるようにする。

デル株式会社

2020年11月 6日 (金)

「サービスとしてのファンクション(FaaS)」市場の売上は、2026年までに、240億ドルに達する見込みである。'20.11.06

【「サービスとしてのファンクション(FaaS)」市場の売上は、2026年までに、240億ドルに達する見込みである。】'20.11.06

 「Allied Market Research (AMR)」によると、「サービスとしてのファンクション(FaaS:Function-as-a-Service)」市場の売上は、2026年までに、240億ドルに達する見込みである。

 By globenewswire

 アプリ開発市場における、売上の増加、サーバの管理の課題を排除する必要があるDevOpsから、サーバレス・コンピューティングへのシフト、および、世界の「サービスとしてのファンクション(FaaS)」市場の成長を促す。

 開発(Dev)とオペレーション(Ops)を組み合わせた、「DevOps」は、顧客に価値を与え続けるための、人、プロセス、および、技術の連合である。

 チームのための、DevOpsは、何を意味するか?

 DevOpsは、より良い、信頼性のある、製品を作成するために、以前、サイロ化された役割(開発、IT運用、品質工学、および、セキュリティ)を演じることがができた。

 DevOpsプラクティスやツールと共に、DevOps文化を採用することにより、チームは、顧客のニーズに、より良く対応するための能力を持つことができるようになっていた。

 チームは、自分たちが構築する、アプリの信頼性を向上させ、ビジネスの目標を、より速く、達成する、能力を獲得できるようになっていた。

 「サービスとしてのファンクション(FaaS)」は、アプリ開発者が、マイクロサービス・アプリを構築し、起動することに関連する、複雑な基盤を持つことなく、イベントに応答するための、プログラムのコードを実行できるようにする、クラウド・コンピューティング・サービスのタイプである。

 インターネット上の、アプリをホストすることは、通常、仮想的、または、物理的なサーバを管理し、オペレーティング・システムや、Webサーバのホスティング・プロセスを管理することを要求する。

 FaaSで、物理ハードウェア、仮想マシン、オペレーティング・システム、および、Webサーバのソフトウェア管理は、すべて、クラウド・サービス・プロバイダにより、自動的に処理される。

 これは、アプリ開発者が、自分たちのアプリの、プログラム・コード内の、個別のファンクション(関数)に、焦点を合わせることを可能にする。

 北米は、2019年に、FaaS市場において、最も高いシェアを占めており、2026年に、FaaS市場における、支配を維持するだろう。

 Allied Market Researchにより、発行される、レポートによると、この世界のFaaS市場の売上は、2018年に、30億1000万ドルに達していたという。

 また、このレポートによると、2026年までに、世界のFaaS市場の売上は、240億ドルに達する見込みであり、2020年から、2026年までに、世界のFaaS市場の売上は、年間平均増加率(CAGR)、29.7%で増加する見込みであるという。

 このレポートは、変化する市場の力学、主な勝利戦略、ビジネスの業績、主なセグメント、および、競争のシナリオの、広範な分析を提供する。

 アプリ開発の行動の増加、DevOpsから、サーバレス・コンピューティングへの移行、サーバ管理の課題を排除する、ニーズの高まりが、世界のFaaS市場の成長を促している。

 しかし、3rdパーティのAPIに関連した問題は、FaaS市場の成長を妨げる。

 他方、IoTの景観の成長における、FaaSアプリの出現と、クラウド基盤サービス市場の成長は、今後、数年間に、新たな機会を提供する。

 「サンプルのレポートのダウンロード

 コロナウィルスのパンデミックの状況中に、「在宅勤務」施設で、基盤を構築し、維持するための、複雑さを伴わず、アプリの機能を開発、実行、および、管理するための、プラットフォームを提供するために、FaaSに対する需要は、高まってきた。

 FaaSは、あらゆるオペレーションを、スムースで、安全に、続けられるよう、IT業界により、採用されている。

 しかし、FaaSは、ロックダウン中に、サーバレス・アーキテクチャ経由で、サーバレス・コンピューティングを提供する。

 このレポートは、ユーザのタイプ、開発モデル、組織の規模、垂直業界、地域などに基づいて、世界のFaaS市場の、詳細なセグメンテーションを提供し、FaaS市場における、分析のCOVID-19の影響の詳細を紹介する。

 パブリック・クラウド・サービスのセグメントの売上は、2019年における、世界のクラウド・サービスの売上全体の、3/5近くを占めていた。

 ただし、ハイブリッド・クラウド・サービスのセグメントの売上は、2019年から、2026年までに、年間平均増加率(CAGR)、34.8%で増加することが、予想される。

 また、オペレータ中心のセグメントの売上は、2019年から、2026年までに、年間平均増加率(CAGR)、31.3%で増加することが、予想される。

 地域的には、2019年における、北米のクラウド・サービスの売上が、世界のクラウド・サービスの売上全体の、半分近くを占めていた。

 しかし、アジア・パシフィックにおける、クラウド・サービスの売上は、2019年から、2026年までに、年間平均増加率(CAGR)、34.1%で増加することが、予想される。

 このレポートで、紹介されている、クラウド・サービス市場の、代表的なクラウド・サービス・プロバイダには、「Amazon Web Services(AWS)、「Tibco Software」、「Google」、「SAP」、「IBM」、「Infosys」、「Microsoft」、「Rogue Wave Software」、「Oracle」、および、「Dynatrace」などがいる。

デル株式会社

「サービスとしてのファンクション」(Faas:Function-as-a-Service)とは? '20.11.06

【「サービスとしてのファンクション」(Faas:Function-as-a-Service)とは?】'20.11.06

 「サービスとしてのファンクション」(FaaS:Function-as-a-Service)とは何だろう? 2019年6月30日

 By IBM Cloud Education

 IBMによると、「サービスとしてのファンクション」(FaaS:Function-as-a-Service)とは、クラウド・ベースのアプリの開発者が、「マイクロ・サービス」アプリを、実行したり、管理したり、できるようにする、「クラウド・コンピューティング・サービス」の一種だという。

Faas0b


 IBMによると、「マイクロ・サービス」とは、ソフトウェア開発の技法の1つであり、1つのアプリを、ビジネス機能に沿った、複数の小さいサービスのコンポーネントの、疎結合された集合体として構成する、「サービス指向アーキテクチャ」の一種だという。

図1)FaaSの構成要素
Faas0a


 FaaSは、「マイクロ・サービス」、「実行した分だけ、料金を支払う(pay-per-execution)」、「イベント駆動」、「自動スケーリング」、「エコシステム」で構成される。

 「マイクロ・サービス」アーキテクチャにおいて、各サービスは、小さなコンポーネントから成り、軽量なプロトコルを用いて、コミュニケーションを行う。

 通常、「FaaS(Function-as-a-Service)」は、アプリの開発や起動に関連する、基盤の構築や、保守を行う必要なく、アプリ開発者が、アプリを開発、実行、管理できるようにする、プログラミング・プラットフォームを提供する。

 IBMによると、複雑な基盤なしに、「FaaS(Function-as-a-Service)」は、「マイクロ・サービス」アプリの構築や起動と関連する、イベントに応答して、コードを実行できるようにする、クラウド・コンピューティング・サービスの一種だという。

 例えば、「Functions-as-a-Service(FaaS)」プログラミング・プラットフォームである、「IBM Cloud Functions」は、「Apache OpenWhisk」をベースにし、多言語対応の、オンデマンドで、スケーラブルに実行される、軽量のコード開発を目的としている。

 インターネット上で、アプリをホストするには、通常、仮想サーバ、または、物理サーバのプロビジョニングと管理、および、オペレーティング・システム(OS)とWebサーバのホスティング・プロセスの管理が要求される。

 FaaSで、物理ハードウェア、仮想マシン、オペレーティング・システム、および、Webサーバ・ソフトウェアの管理は、すべて、クラウド・サービス・プロバイダによって、自動的に行われる。

 IBMによると、これにより、アプリ開発者は、アプリのコードにおける、個々のファンクションに、集中できるようになるという。

 「IBM Cloud、FaaSで、アプリを作成する方法」紹介ビデオ

デル株式会社

2020年11月 5日 (木)

クラウド・サービス市場の成長率は、前年同期よりも、大幅に向上している。'20.11.05

【クラウド・サービス市場の成長率は、前年同期よりも、大幅に向上している。】'20.11.05

 世界のクラウド・サービス市場の売上において、AmazonとMicrosoftが、大きくリードしている。2020年11月2日

 By eWEEK Editors

 2020年3Qにおける、世界のクラウド・サービス市場において、「Amazon」と「Microsoft」が、依然として、大きな売上シェアを獲得しており、Google、Alibaba、Tencentが、前年同期から、売上シェアを大きく伸ばし、速く成長している。

 2020年3Qに、世界のクラウド・サービス市場において、「Google」、「Alibaba」、「Tencent」の売上の合計は、全体の、17%を占めていた。

 2020年3Qにおける、世界のクラウド・サービス市場での、売上トップ10の、他のクラウド・サービス・プロバイダには、「IBM」、「Salesforce」、「Oracle」、「NTT」、および、「SAP」がいる。

Eweek0a_20201105213601


 2020年10月29日にリリースされた、市場調査会社、「Synergy Research Group」のデータによると、2020年3Qにおいて、企業が、クラウド基盤サービスに費やした、金額は、330億ドル近くになったという。

 Synergy Research Groupによると、2020年3Qに、企業の、クラウド基盤サービスへの支出は、前年同期から、33%と、堅実に増加したという。

 ちなみに、2019年3Qにおける、企業の、クラウド基盤サービスへの支出の、前年同期からの増加率は、32%であった。

 2020年3Qに、AmazonとMicrosoftの売上の合計は、世界のクラウド・サービス市場の、売上の半分以上を占め続けていた。

 2020年3Qに、世界のクラウド・サービス市場における、「Amazonの売上のシェア」は、33%であり、「Microsoftの売上のシェア」は、18%であった。

 ちなみに、どちらかというと、Amazonは、「サービスとしての基盤(IaaS)」や「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」の売上が多く、Microsoftは、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」の売上が多いという、特徴がある。

 「IaaS」(サーバ、ストレージ、ネットワークなど)と「PaaS」(OS、ミドルウェア、開発環境など)を提供している、クラウド・サービス・プロバイダは、3rdパーティのアプリ・ベンダや企業に、特に、データベース、アプリ開発ツール、ライブラリなどを提供することで、売上を上げている。

 また、「PaaS」を提供している、クラウド・サービス・プロバイダは、サービス(仮想サーバ、ストレージ、データベース、ネットワーキングなど)を充実させると共に、3rdパーティのアプリ・ベンダーのアプリや、企業のカスタム・アプリを増やすことに取り組んでいる。

 Google、Alibaba、および、Tencentは、2020年3Qに、世界のクラウド市場において、クラウド・サービスの売上が、他のクラウド・サービス・プロバイダよりも、速く増加していた。

 ちなみに、Google、Alibaba、および、Tencentの、クラウド・サービスの売上は、この市場の17%を占めていた。

 トップ10にランクされた、他のクラウド・プロバイダには、IBM、Salesforce、Oracle、NTT、および、SAPがいる。

 IBMは、PaaS(データベースなど)と、SaaS(業務アプリ、カスタム・アプリ、AI分野)を特徴にしている。

 Oracleは、PaaS(データベースなど)と、SaaS(業務アプリ、カスタム・アプリ)を特徴にしている。

 Salesforceは、特に、SaaS(CRM分野)を特徴にしており、SAPは、SaaS(ERP分野)を特徴にしている。

 NTTは、クラウドの導入コンサルティングを特徴にしており、ネットワーク・サービス、Amazon Web Service(AWS)、Microsoft Azureなどを販売している。

 2020年3Qに、トップ10のクラウド・サービス・プロバイダの売上は、世界のクラウド・サービスの売上全体の、80%を占めていた。

 トップ10の、クラウド・サービス・プロバイダの、2020年3Qにおける、クラウド基盤サービス(「サービスとしての基盤(IaaS)」、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)、および、プライベート・クラウド基盤サービスを含む)の売上の合計は、328億ドルであった。

 2020年3Qに、トップ10の、クラウド・サービス・プロバイダの優勢な分野は、パブリック・クラウド・サービスであり、世界市場の売上全体の、80%を占めていた。

 地理的には、クラウド・サービス市場は、世界の、あらゆる地域において、堅調に成長を続けている。

 Synergy Research Groupの、主席アナリスト、John Dinsdale氏によると、2020年3Qにおける、クラウド・サービスの売上は、2019年3Qから、25億ドルに増加したという。

 John Dinsdale氏によると、2020年に、クラウド・サービスの売上が、堅調に、増加したのは、COVID-19が、要因になっていることは、明らかだという。

 AmazonとMicrosoftは、独自のクラウド基盤サービス(IaaSとPaaS)を提供しているが、他のクラウド・サービス・プロバイダは、特定のサービス、地域、顧客グルーピングに、焦点を合わせている。

・Synergy Research Group:RenoベースのSynergyは、2020年3Qの、市場セグメントごと、および、地域ごとの、売上を含む、クラウド・サービスの売上のサイズや、セグメンテーションのデータを提供している。

デル株式会社

フロント・オフィス用の、オートメーションの適用事例(3) '20.11.05

【フロント・オフィス用の、オートメーションの適用事例(3)】'20.11.05

 フロント・オフィスは、営業、顧客サービス、フィールド・マーケティング、および、アドバイス・サービス係といった、顧客に直接、対応する、役割を演じている。2020年7月13日

 By Ritu Kapoor、automationanywhere

 営業や顧客サービスなどの、フロント・オフィスのチームは、顧客の需要、売上の増加、マーケティング、および、アフター・マーケット・サービスに、責任を持っている。

 例えば、投資銀行において、フロント・オフィス部門は、営業、投資バンキング、投資銀行、プライベート・イクイティ、イクイティ・リサーチ、および、ウェルス管理などから成る。

 病院において、フロント・オフィスにおける、仕事は、職場や施設の規模で、変わるだろう。

 一般的に、診察の予約サービス、診察などの行先を案内する、受付サービス、および、必要に応じて、セキュリティといった部門のスタッフが、患者さんや訪問者に、直接対応する。

 ホテル業界の、営業、マーケティングといった、フロント・オフィスは、管理、飲料、ハウスキーピング、人事、保守、セキュリティといった、バック・オフィスの、すべての部門への連絡窓口として機能する。

Bio1a_20201105130101


 ロボット・プロセス自動化(RPA)は、フロント・オフィスとバックオフィス間の、リアルタイムのやり取りを促し、フロント・オフィスの平均通話処理時間(AHT)、と顧客満足度(CSAT)のスコアを向上させ、効率を改善させることが可能になる。

    (続き)

 フロント・オフィスにおける、5つの代表的な自動化の適用事例を紹介する。

2.顧客とのコミュニケーション

 フロント・オフィスのスタッフは、自動化技術を使用して、顧客とのタイムリーなコミュニケーションを促すことができるようになる。

 自動アラート、または、通知を使用して、ワークフロー内に、顧客とのコミュニケーションを展開できるようにすることで、企業は、従業員が、顧客に、フォローアップする必要がある時、または、会社と顧客の間の、新しいコミュニケーションについて、警告する必要がある時に、リマインダー、または、通知をスケジュールすることが可能になる。

 顧客の要件や関心事に合わせて、自動化されたメッセージを送信することにより、企業は、新しい製品やサービス、新しい取引、または、既存の製品やサービスのオファーなどに関する情報を、顧客に通知することもできるようになる。

 このような情報を、顧客に通知することで、フロント・オフィスのスタッフは、顧客のニーズ、望み、欲求、および、顧客を満足させるために、オファーを、どのように位置づけるか、といったことに関する理解を深めることができるようになる。

 コミュニケーションが、より容易で、より深く、より一貫している場合、企業の、フロント・オフィスのスタッフは、企業内の、個人、または、部門間の、コラボレーションの機会を増やすことが可能になり、顧客に関する、より良い洞察を得ることができるようになる。

    (続く)

デル株式会社

フロント・オフィス用の、オートメーションの適用事例(2) '20.11.05

【フロント・オフィス用の、オートメーションの適用事例(2)】'20.11.05

 フロント・オフィスは、営業、顧客サービス、フィールド・マーケティング、および、アドバイス・サービス係といった、顧客に直接、対応する、役割を演じている。2020年7月13日

 By Ritu Kapoor、automationanywhere

 営業や顧客サービスなどの、フロント・オフィスのチームは、顧客の需要、売上の増加、マーケティング、および、アフター・マーケット・サービスに、責任を持っている。

 例えば、投資銀行において、フロント・オフィス部門は、営業、投資バンキング、投資銀行、プライベート・イクイティ、イクイティ・リサーチ、および、ウェルス管理などから成る。

 病院において、フロント・オフィスにおける、仕事は、職場や施設の規模で、変わるだろう。

 一般的に、診察の予約サービス、診察などの行先を案内する、受付サービス、および、必要に応じて、セキュリティといった部門のスタッフが、患者さんや訪問者に、直接対応する。

 ホテル業界の、営業、マーケティングといった、フロント・オフィスは、管理、飲料、ハウスキーピング、人事、保守、セキュリティといった、バック・オフィスの、すべての部門への連絡窓口として機能する。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)は、フロント・オフィスとバックオフィス間の、リアルタイムのやり取りを促し、フロント・オフィスの平均通話処理時間(AHT)、と顧客満足度(CSAT)のスコアを向上させ、効率を改善させることが可能になる。

Bio1a_20201105130101

    (続き)

 フロント・オフィスにおける、5つの代表的な自動化の適用事例を紹介する。

1.顧客サービス

 顧客サービスの成功は、競争力を維持するために不可欠である。

 すべてのデジタル・チャネルと音声チャネルに渡り、シームレスな顧客サービスを提供することは、顧客満足度を向上させ、競争力を維持するために、不可欠である。

 顧客は、迅速な対応と、適切なソリューションの提供を期待している。

 世界が、よりデジタル化されるにつれて、顧客は、即座の満足を期待している。

 フロント・オフィスの自動化により、企業は、顧客が望む結果を提供することが可能になり、最終的に、高い顧客満足度を達成できるようになる。

 あらゆるモノへの、即時ソリューションの提供が必要になり、企業は、顧客ケア・システムを自動化して、人間のスタッフと顧客の対話を改善することが可能になる。

 フロント・オフィス部門は、データの入力、検証、抽出といった、反復的な作業を自動化できるようになる。

これにより、人間のスタッフは、データ入力などの、反復的な作業や、単調な作業を、機械に任せ、顧客との対話を通して、顧客との絆の育成に集中できるようになり、顧客を満足させることが可能になるが、データに基づいた、適切な判断力が必要になる。

 例えば、顧客ケアのスタッフが、過去のやり取りに基づいて、顧客との会話のトーンを設定する、銀行では、自動化によって、コンタクト・センターが変革され、顧客が、最適な経験を確実に体験できるようになる。

 フロント・オフィスの自動化により、企業は、顧客経験を改善し、生産性を向上させ、運用コストを削減させ、人的なエラーを低減させ、顧客の問合せに対し、迅速に対応できるようになる。

    (続く)

デル株式会社

2020年11月 4日 (水)

フロント・オフィス用の、オートメーションの適用事例(1)'20.11.04

【フロント・オフィス用の、オートメーションの適用事例(1)】'20.11.04

 フロント・オフィスのスタッフには、営業、顧客サービス、フィールド・マーケティング、および、アドバイス・サービス係といった、顧客に直接対応する、役割がある。2020年7月13日

 By Ritu Kapoor、automationanywhere

 営業や顧客サービスなどの、フロント・オフィスのチームは、顧客の要求への対応、売上の拡大、マーケティング、および、アフター・マーケット・サービスなどに、責任を持っている。

 例えば、投資銀行において、フロント・オフィス部門は、営業、投資バンキング、投資銀行、プライベート資産、資産リサーチ、および、財産管理などから成る。

 医療機関における、フロント・オフィスの仕事は、職場や施設の規模により、異なるだろう。

 一般的に、診察の予約サービス、診察などの行先を案内する、受付サービス、および、必要に応じて、セキュリティといった部門のスタッフが、患者さんや訪問者に、直接対応する。

 ホテル業界の、営業、マーケティングといった、フロント・オフィスは、施設や設備の維持管理、ハウスキーピング、人事、セキュリティといった、バック・オフィス部門への連絡窓口として機能する。

 バック・オフィスの各部門は、顧客サービスを提供している、フロント・オフィス・チームと接続される。

 例えば、ホテルの、営業、マーケティングといった、フロント・オフィスは、連絡先情報、顧客の訪問頻度、予約状況、顧客の特別なニーズ、および、顧客の履歴といった、各顧客に関するデータを収集するための窓口として、機能している。

 収集した、顧客のデータの分析結果は、ターゲットのマーケティング・メッセージを提供したり、プロモーションやキャンペーンを開発したり、自分たちの顧客に到達するために、適切な広告媒体を選択したりするのに、使用されている。

 他方、バンケット・マネージャは、セミナー、宴会、会議、展示会といった目的で、ホテルの部屋を予約する、顧客の要求に関する、情報を得るために、フロント・オフィスに頼っている。

 ハウスキーピング・スタッフは、ホテルの部屋の利用状況、部屋の清掃点検、備品のチェック、顧客の要求への対応などを担当しており、フロント・オフィスと連携しながら、顧客に対応している。

 フロント・オフィスは、自律的に、運用しているが、会計、人事、インターネット技術サポート部門といった、バック・オフィスのサポートを受けている。

 なぜ、フロント・オフィスの自動化か?

Bio1a


 Gartnerによると、営業、顧客サポート、顧客サービスといった、フロント・オフィスの機能の自動化のために、2023年までに、「ロボット・プロセス自動化(RPA)」の利用が、30%増加するという。

 フロント・オフィスの自動化は、企業と顧客間の対話を円滑にすると共に、効率的な営業や、効果的な顧客サービスを、提供することにより、顧客の満足度を、向上させることを意味している。

 顧客のデータの収集、顧客の問い合わせの更新、登録、および、セキュリティのチェックといった機能は、フロント・オフィスのスタッフが、関与している。

 スピードと正確さは、顧客サービスを提供するために、重要であるが、これらの運用は、以前として、手作業で行われている。

 フロント・オフィスのスタッフは、繰り返し作業や、単調な作業が多く、飽きることがあり、高額で、費用のかかる、レベルの売上とエラーが発生する。

 フロント・オフィスの作業を自動化することには、エラーを減らす、処理の時間を短縮する、応答時間を、より速くし、顧客経験を改善するといった、利点があり、スタッフは、顧客の対応に専念できるようになるが、スタッフの仕事のシフトを、さらに、促す要因になる。

 ロボット・プロセス自動化(RPA)は、フロント・オフィスとバック・オフィス間の、リアルタイムのやり取りを促し、フロント・オフィスの平均通話処理時間(AHT)や、顧客満足度(CSAT)のスコアを向上させ、作業効率を改善できるようにする。

   (続く)

デル株式会社

2020年における、最良のラップトップ(3)'20.11.04

【2020年における、最良のラップトップ(3)】'20.11.04

 クリエータ、ゲーマ、および、予算にやさしい、手頃な価格の、ラップトップを探している、一般的なユーザなど、それぞれの要件に合った、2020年における、最良のラップトップを購入する上で、参考になることを紹介する。2020年11月1日

 By Joshua Goldman、cnet

 クリエータ、ゲーマ、ビジネスマン、学生、および、一般のユーザなどの、それぞれに、最良のラップトップを探している人が、参考になる、情報を紹介する。

 ブラックフライデーやサイバーマンデーには、手頃な価格で、十分な機能や性能を持つ、自分たちの要求に合った、ラップトップが、さらに、安くなるので、それまでに、購入に必要な情報を集めよう。

 筆者らは、自分たちの要求に合った、ラップトップを決めるための、リストを提供する。

     (続き)

8.スタイラス・ペンを持つ、最良の、2-in-1ラップトップ

Cnet1e_20201104154101

 Lenovo Yoga C940

 HPとDellは、13.3インチと13.4インチの、タッチスクリーンを搭載した、プレミアム、2-in-1、コンバーチブル・ラップトップを提供している。

 仕事や娯楽のために、もう少し広い、スクリーン画面が必要な場合は、14インチの、タッチスクリーンを搭載した、2-in-1ラップトップ、「Lenovo Yoga C940」が、最良である。

  Intelの「Project Athena」ラップトップの1つである、「Lenovo Yoga C940」は、応答性が高く、バッテリー寿命が長くなるよう、調整されている。

 2-in-1ラップトップ、「Lenovo Yoga C940」(Best Buyで、1000ドル)には、「スタイラスペン」が、添付されており、本体に格納され、充電される。

9.ビジネス用に最良のラップトップ

Cnet1f_20201104154201

 Dell Latitude 9510(Dellで、2119ドル)

 AsusとLenovoは、今年、ビジネス用に最良の、ラップトップを発表したが、現時点では、この「Dell Latitude 9510」が、筆者らが、選択した、ビジネス用に最良のラップトップである。

 Dellが、Intelと共同で設計した、「Dell Latitude 9510」は、14インチの本体に、15インチのタッチスクリーンを搭載し、20時間以上のバッテリー寿命を実現し、セキュリティとリモート管理のための、「vPro」を備えた、強力な「Corei 7」プロセッサを搭載している。

 「Dell Latitude 9510」は、4G、または、5Gモバイル接続で利用でき、バッテリーを使用しているか否かに関わらず、最高の性能を提供するために、ユーザが、どのように作業しているかを学習するのに、AI技術を使用している。

 また、「Dell Latitude 9510」は、従来のクラムシェル型のラップトップ、または、2-in-1ラップトップのいずれかとして利用できる。

デル株式会社

2020年における、最良のラップトップ(2) '20.11.04

【2020年における、最良のラップトップ(2)】'20.11.04

 クリエータ、ゲーマ、および、予算にやさしい、手頃な価格の、ラップトップを探している、一般的なユーザなど、それぞれの要件に合った、2020年における、最良のラップトップを購入する上で、参考になることを紹介する。2020年11月1日

 By Joshua Goldman、cnet

 クリエータ、ゲーマ、ビジネスマン、学生、および、一般のユーザなどの、それぞれに、最良のラップトップを探している人が、参考になる、情報を紹介する。

 ブラックフライデーやサイバーマンデーには、手頃な価格で、十分な機能や性能を持つ、自分たちの要求に合った、ラップトップが、さらに、安くなるので、それまでに、購入に必要な情報を集めよう。

 筆者らは、自分たちの要求に合った、ラップトップを決めるための、リストを提供する。

    (続き)

6.最良の、比較的安い、ゲーミング・ラップトップ

Cnet1dell


 Dell G5 15(Dellで、900ドルから)

 DellのGシリーズ・ゲーミング・ラップトップは、Alienware部門のラップトップよりも安いが、それでも最新のAAAタイトルを再生することができる。

 15インチと17インチのサイズで利用可能な、3つのモデル(G3、G5、G7)がある。

 15インチのスクリーンを持つ、ミッドレンジの、ゲーム用ラップトップ、「Dell G5 15」は、優れた価格性能比、ビルド品質、および、デザインで、注目を集めている。

 「Dell G5 15」の最新版は、900ドルからで、AMDの「Ryzen 54600H」プロセッサを搭載した、特別版のモデルも、用意されている。

7.大きなスクリーンで、軽量、かつ、コンパクトで、バッテリー寿命が長く、高性能なラップトップ

Cnet1dell2


 LG Gram 17(Amazonで、1660ドルから)

 LG Gram 17のような、薄くて、コンパクトで、軽く、バッテリー寿命が長く、17インチと、スクリーンの大きな、ラップトップは、他に、あまりないだろう。

 筆者らのテストで、LG Gram 17の新モデルは、ストリーミング・ビデオのテストで、13時間、ビデオを再生することができ、同じテストで、2019年のモデルは、47分、短かった。

 2020年のモデルは、第10世代、「Intel Core i7」プロセッサを搭載し、プロセッサの性能を、いくらか向上させている。

 LGは、Intelの「Iris Plus Graphics」を採用しており、写真やビデオの編集や、カジュアルなゲームの実行性能を、「UHD Graphics 620」などと比べて、向上させている。

 薄くて、軽く(1350グラム)、コンパクトで、スクリーンが、17インチと大きく、高性能なプロセッサを搭載している、「LG Gram 17」のような、ラップトップを探している、モバイル・ユーザも多いだろう。

 「LG Gramラップトップの紹介」ビデオ

     (続く)

デル株式会社

2020年11月 3日 (火)

2020年における、最良のラップトップ(1)'20.11.03

【2020年における、最良のラップトップ(1)】'20.11.03

 クリエータ、ゲーマ、および、予算にやさしい、手頃な価格の、ラップトップを探している、一般的なユーザなど、それぞれの要件に合った、2020年における、最良のラップトップを購入する上で、参考になることを紹介する。2020年11月1日

 By Joshua Goldman、cnet

 クリエータ、ゲーマ、ビジネスマン、学生、および、一般のユーザなどの、それぞれに、最良のラップトップを探している人が、参考になる、情報を紹介する。

 ブラックフライデーやサイバーマンデーには、手頃な価格で、十分な機能や性能を持つ、自分たちの要求に合った、ラップトップが、さらに、安くなるので、それまでに、購入に必要な情報を集めよう。

 筆者らは、自分たちの要求に合った、ラップトップを決めるための、リストを提供する。

 筆者らの、リストには、Dell、HP、Apple、Microsoft、Acer、Asus、Lenovoといった、最良のラップトップのブランドが提供している、仕事、学校、ゲーム、あるいは、娯楽向けの、ラップトップのトップ・モデルが、掲載されている。

 筆者らのように、多くのユーザが、家庭などで、在宅学習や、在宅勤務を行っているなら、このリストは、ユーザが、自分のニーズに合った、最良のラップトップを見つけることを、支援できるだろう。

 筆者らが、レビューした、すべてのラップトップを、ここに紹介する。

 ユーザは、最良のゲーム用ラップトップ、2-in-1ラップトップ、15インチのラップトップ、あるいは、Chromebookに関する、情報を取得することができる。

 さらに、クリエータ用のラップトップ、大学生用のラップトップ、あるいは、MacBook Proの代わりになる、Windowsラップトップなどに関する、情報も読むことができる。

 また、ユーザは、純粋な性能、機能、バッテリーの寿命、サイズ、重さ、耐久性、防水性などといった、他の特徴に関する、情報を読むこともできる。

1)最良の、小さなラップトップ

Eweek1a_20201103213601
 「Dell XPS 13 2020」

 Dell XPS 13は、モバイル・ユーザの、好みに合った、サイズ、重さ、および、性能と、全体的な見た目を特徴にしている。

 2020年に、Dellは、スクリーンが大きく、CPUとグラフィクスの性能が良く、さらに、全体的に、より小さいサイズのラップトップ、Dell XPS 13を作成した。

 最新のIntelプロセッサを望む、ユーザ用の、Dell XPS 13 2-in-1には、Intelの、11世代のCoreプロセッサが搭載されている。

 Dell XPS 13の価格は、Dellで、1000ドルである。

2)ウルトラポータブルな、ラップトップ

Eweek2b


 HP Spectre x360 13(2019年後半版)

 HPは、2019年後半に、最新のウルトラポータブルな、プレミアム、2-in-1ラップトップ、HP Spectre x360 13を提供した。

 HPは、このHP Spectre x360 13の、プロセッサに、第10世代のIntel CPUを採用して、性能を向上させると共に、ラップトップのサイズを、より小さくした。

 HPは、他のプライバシーや、セキュリティを向上させるために、マイクのミュートボタン、赤外線(IR)カメラ、および、指紋認証用リーダー、Webカメラを無効にするスイッチ、といった機能を実装した。

 また、HP Spectre x360 13は、4G LTE無線サービスをサポートし、利用できるようにしたので、モバイル・ユーザは、何時でも、どこでも、仕事をすることが、可能になる。

3)最良のSurfaceラップトップ
Eweek2c_20201103220101


 「Microsoft Surface Pro 7」

 ユーザが、Windowsラップトップを兼ねる、Windowsタブレットを探しているのなら、このSurface Pro 7は、Surfaceラップトップではないが、より大きな、ノートPCとしての特徴を持っている。

 この強力なラップトップは、第10世代のIntel Coreプロセッサ、高速なWi-Fi 6無線、および、長いバッテリー寿命を特徴にしている。

 このMicrosoft Surface Pro 7は、USB-Cポートを採用していることも、特徴にしている。

4)最良の、予算にやさしい、ラップトップ

Eweekd

 「Acer Swift 3」

 メールや、ワープロなどの、シンプルな作業を行うなら、AMD Ryzen 5やRyzen 7プロセッサを搭載した、Acer Swift 3の性能で、十分だろう。

 この手頃な価格の、ラップトップは、バックライト付きのキーボード、指紋認証用リーダー、および、USB Type-Cポートを持っている。

 このラップトップは、重さが、3ポンド(約1400グラム)未満で、700ドル未満である。

 筆者らは、より大きな、15.6インチのディスプレイを持つ、Acer Aspire 5を、気に入っている。

 Acer Swift 3は、400ドル未満で、さまざまな構成で、利用できるが、基本的なゲームと、コンテンツの作成用に、エントリ・レベルのディスクリート・グラフィクスを望むなら、最大で、830ドルになる可能性がある。

 このAcer Swift 3は、Amazonで、678ドル、Best Buyで、601ドル、Walmartで、759ドルである。

5)最良のChromebook
Dt1g_20201104071901


 「LenovoのIdeaPad Duet Chromebook」

 これは、基本的に、最初のMicrosoft Surface Goの、Chrome版である。

 Surface Goのように、Duetは、取り外し可能な、キーボードや、10インチのタッチスクリーンを持つ、タブレットである。

 MicrosoftのSurface Goとは、異なり、LenovoのIdeaPad Duet Chromebookには、取り外し可能な、キーボードが付いている。

 このLenovoのIdeaPad Duet Chromebookのコストは、Surface Goよりも、かなり安く、64GBのストレージ付きで、279ドル、128GBのストレージ付きで、299ドルである。

 このIdeaPad Duet Chromebookは、基本的に、より小さく、プロセッサの性能は、あまり強力ではないが、軽量のオペレーティング・システム、Chrome OSを搭載しており、ほとんどのアプリは、クラウドで実行するので、プロセッサの性能が低くても、ユーザは、アプリを、ストレスなく、利用することができる。

 このIdeaPad Duet Chromebookは、小さな、10インチのスクリーンを持っているが、机の上で、使用するときは、外付けのモニタを、USB-Cポートに接続することで、デスクトップのように、使用することができる。

 ユーザは、無線のキーボードとマウスを、「IdeaPad Duet Chromebook」に接続するこができる。

 ユーザが、従来のラップトップ経験を望むなら、「Lenovo Chromebook Flex 5」は、適切な選択肢に成り得るだろう。

     (続く)

デル株式会社

2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(4)'20.11.03

【2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(4)】'20.11.03

 インフォテインメント・システムは、新しい車の心臓部である。2020年10月1日

 By Stephen Edelstein、digital trends

 ブランド固有の、ユーザ経験を提供するために、最良のインフォテインメント・システムを作成するのに、各メーカの、インフォテインメント・システムは、少しづつ異なっている。

 どの自動車メーカが、最良の、インフォテインメント・システムを持っているのだろう?

 現在、完璧なユーザ経験の提供に期待するのは、まだ早いだろう。

 インフォテインメント・システムは、自動車メーカの、ニューフロンティアである。

    (続き)

7)Kia UVO

Dt2f_20201103154501


 親会社のHyundaiのように、Kiaは、インフォテインメント・システムに、賢明なアプローチを取っている。

 自動車メーカ、Kiaの「UVO」システムは、タッチ・スクリーンと、アナログ・コントロールのバランスが取れているため、どのような技術的なスキルのレベルのドライバーでも、簡単に、操作することができる。

 一部のモデルでは、「Apple CarPlay」と「Android Auto」が利用可能であり、「Amazon Alexa」との互換性もある。

8)Mercedes-Benz MBUX

Dt2g_20201103154601


 Mercedes-Benzという名前は、限りない贅沢のイメージを呼び起こすかもしれないが、自動車メーカ、Mercedes-Benzの、最高のインフォテインメント・システムは、より質素なエントリー・レベルのモデルに端を発しています。

 Mercedes-Benzは、「MBUX(Mercedes-Benz User eXperience)」と呼ばれる、対話型インフォテインメント・システムを、関連するCLAおよびGLBコンパクト、および、より高価なモデルに移行する前に、Aクラスでデビューさせた。

 Mercedes-Benzの対話型インフォテインメント・システム、「MBUX(Mercedes-Benz User eXperience)」は、かつてないほどの使いやすさを、実現させていた。

 「MBUX(Mercedes-Benz User eXperience)」は、自動車アプリにおいて、自然言語での会話に、実際に確実に応答できる、音声対応デジタル・アシスタントを採用している。

 エントリー・レベルのモデルの1つであろうと、より洗練されたモデルであろうと、スクリーンのグラフィックは、適切に設計されており、シャープで個性的である。

 Mercedesは、Apple CarPlayとAndroid Autoの両方との、互換性を提供する。

    (続く)

デル株式会社

2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(3)'20.11.03

【2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(3)】'20.11.03

 インフォテインメント・システムは、新しい車の心臓部である。2020年10月1日

 By Stephen Edelstein、digital trends

 ブランド固有の、ユーザ経験を提供するために、最良のインフォテインメント・システムを作成するのに、各メーカの、インフォテインメント・システムは、少しづつ異なっている。

 どの自動車メーカが、最良の、インフォテインメント・システムを持っているのだろう?

 現在、完璧なユーザ経験の提供に期待するのは、まだ早いだろう。

 インフォテインメント・システムは、自動車メーカの、ニューフロンティアである。

       (続き)

5)Ford Sync 3
Dt2b3


 インフォテインメントに関して、Fordのシステムは、「最も改善されている」と思う。

 これまでの、「MyFord Touch」システムは、伝説的に、あまり良くなかったが、現在の「Ford Sync 3」システムは、それらの欠点を改善している。

 「Ford Sync 3」システムは、「応答性の高いタッチスクリーン」、「直感的なメニュー」、および、「ユーザが、より自然に話すことを可能にする、音声コマンド・システム」を特徴にしている。

 これら強固な基盤の上に、Fordは、「Apple CarPlay」、「Android Auto」、「Wi-Fiホットスポット」、および、特定の車用の「Amazon Alexa」スキルを追加している。

 「Ford Sync 3」は、まもなく、「Ford Sync 4」に置き換えられ、「Apple CarPlay」と「Android Auto」の無線バージョン、および、無線ソフトウェア・アップデートが、追加される。

 Fordのインフォテインメント・システム、「Ford Sync 4」は、電気自動車、「Mustang Mach-E」の、大きなタッチスクリーンで、デビューする。

6)Hyundai BlueLink

Dt2d_20201103093101


 Hyundaiのインフォテインメント・システム、「BlueLink」は、最も洗練されたものではないが、基本的な機能は、装備されている。

 「BlueLink」は、高速プロセッサ、メニュー・レイアウト、および、適切なバックアップ・アナログ・コントロールを備えている。

 「BlueLink」の小さなスクリーンは、それほど印象的ではないが、より大きなタッチスクリーンは、優れた解像度を提供する。

 Hyundaiは、また、新技術の早期採用者としての評判もある。

 「BlueLink」は、「Apple CarPlay」、「Android Auto」、または、「Amazon Alexa」と互換性があり、ドライバーがドアをロックしたり、解除したり、エンジンを始動したりできる、モバイル・アプリを展開した、最初の自動車メーカの1社であった。

     (続く)

デル株式会社

2020年11月 2日 (月)

Samsungが、スマートフォンの出荷台数で、トップを維持した。'20.11.02

【Samsungが、スマートフォンの出荷台数で、トップを維持した。】'20.11.02

 IDCによると、2020年3Qに、スマートフォンの出荷台数は、期待よりも増加し、3億5360万台になったという。2020年10月29日

 By IDC

 IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Trackerによると、2020年3Qにおける、世界のスマートフォンの出荷台数は、前年同期から、1.3%だけ減少しており、コロナウィルスのパンデミックの状況で出荷台数が、大きく減少した後、少しづつ増えてきたという。

 2020年3Qにおける、世界のスマートフォンの出荷台数は、IDCの以前の予測の、9%よりも、増加して、1.3%の減少になり、3億5360万台になった。

 これは、COVID-19による制限が、序々に、緩和され、世界の経済が、再開されてきたことによる。

 世界のスマートフォン市場における、主なトレンドは、いくつかの新興市場において、市場が回復し、出荷台数が増えていることである。

 世界で、2番目に大きな、インドは、COVID-19による制限にも関わらず、2020年3Qに、スマートフォンの出荷台数を伸ばしていた。

 ブラジル、インドネシア、および、ロシアといった、他の新興市場の国は、2020年3Qにおける、スマートフォンの出荷台数で、4位、5位、および、6位にランクされていた。

 中国、西欧、および、北米のような、より成熟した市場における、スマートフォンの出荷台数は、2020年3Qに、最も減少した。

 スマートフォン・ベンダのハイライト

・「Samsung」は、2020年3Qに、スマートフォンの出荷台数が、前年同期から、2.9%増加し、8040万台になり、スマートフォンの出荷台数全体の、22.7%のシェアを占めていた。

 Samsungの、最大の市場である、インドにおける、スマートフォンの出荷台数全体の、15%のシェアを占めていた。

 2020年3Qにおける、インドの市場は、250ドル未満の、エントリーレベルのスマートフォンの出荷台数が、前年同期から、15%増加していた。

 2020年3Qに、インドでは、オンライン販売チャネルにおいて、SamsungのMシリーズ・モデルの出荷が好調であった。

 2020年3Qに、Samsungの、2番目に大きな市場である、米国において、Note 20とNote 20 Ultraスマートフォンの出荷台数が好調で、出荷台数が、約20%増加していた。

・「Huawei」は、2020年3Qに、世界のスマートフォンの出荷台数が、5190万台になり、14.7%のシェアを占めていた。

 世界市場において、スマートフォンの出荷台数を、大きく、22%も減少させた、ベンダは、中国において、出荷台数を、15%増加させた。

 Huaweiは、米国における、制裁の影響が、増加したので、引き続き課題に直面し続けていた。

・Xiaomiは、世界市場で、スマートフォンの出荷台数を、4650万台にし、世界における、スマートフォンの出荷台数で、3位になった。

 Xiaomiは、世界のスマートフォンの出荷台数が、13.1%のシェアを占め、前年同期から、42.0%増加した。

 これは、インドにおける、スマートフォンの出荷台数が、好調のためであり、中国における、スマートフォンの出荷台数は、この市場における、出荷台数全体の、53%を占めていた。

 インドにおいて、スマートフォンの需要の増加に応え、Xiaomiは、製造能力を向上させ、スマートフォンの出荷台数は、パンデミック前のレベルの、85%近くに、回復した。

 Xiaomiの、ローエンドのスマートフォンのポートフォリオ(特に、Redmi 9シリーズ)は、インドと中国で、好調だった。

 Xiaomiは、中国において、消費者の注目を集めた、ミッドレンジのスマートフォン、「Redmi K30 Ultra」と、ハイエンドのスマートフォン、「MI 10 Ultra」を出荷した。

・Appleは、2020年3Qに、前年同期から、10.6%出荷台数を減少させ、4160万台の、iPhoneを出荷した。

・vivoは、2020年3Qに、前年同期から、8.9%市場シェアを伸ばし、前年同期から、4.2%出荷台数を伸ばし、トップ5に戻った。

 vivoは、他の市場において、同社の存在感を向上させることを試みている。

 インドは、200ドル未満の、ローエンドのスマートフォンのモデルにおいて、前年同期から、30%近く、出荷台数を伸ばしていた。

 中国において、vivoブランドは、S、iQ00、および、Xシリーズのスマートフォンの、出荷台数を増加させ、存在感を向上させた。

表1)2020年3Qにおける、トップ5のスマートフォン・ベンダ、世界の出荷台数、市場シェア、年間増加率   (単位:100万台)

ベンダ     2020年3Q   2020年3Q   2019年3Q   2019年3Q   年間
         出荷台数    シェア     出荷台数     シェア    増加率

Samsung     80.4     22.7%       78.2      21.8%      2.9%

Huawei      51.9     14.7%       66.6      18.6%     -22.0%

Xiaomi      46.5     13.1%       32.7       9.1%      42.0% 

Apple       41.6      11.8%      46.6      13.0%     -10.6%

vivo       31.5      8.9%       30.2       8.4%      4.2%

その他     101.7     28.8%      104.2      29.1%     -2.4%

合計      353.6     100.0%      358.5      100.0%     -1.3%

グラフ1)2019年3Qから2020年3Qにおける、世界のトップのスマートフォン・ベンダの出荷台数シェア

Idc1_20201102211801

 ソース:IDC Quarterly Mobile Phone Tracker, Oct 29th, 2020

デル株式会社

2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(2)'20.11.02

【2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(2)】'20.11.02

 インフォテインメント・システムは、新しい車の心臓部である。2020年10月1日

 By Stephen Edelstein、digital trends

 ブランド固有の、ユーザ経験を提供するために、最良のインフォテインメント・システムを作成するのに、各メーカの、インフォテインメント・システムは、少しづつ異なっている。

 どの自動車メーカが、最良の、インフォテインメント・システムを持っているのだろう?

 現在、完璧なユーザ経験の提供に期待するのは、まだ早いだろう。

 インフォテインメント・システムは、自動車メーカの、ニューフロンティアである。

   (続き)

3)Chevrolet MyLink

Dt2c_20201102115101


 「Chevrolet」の「MyLink」は、大きくて読みやすいアイコンとテキスト、および、適切な量のアナログ・コントロールを備えている。

 同じ基本設定が、「General Motors(GM)」の仲間のブランドである、BuickとGMCの、IntelliLinkシステムで使用される。

 直感的なユーザ・インターフェイスは、GMの主力ブランドである、「Cadillac」が、より複雑なCUE(Cadillac User Experience)システムとのマッチングに苦労している。

 「Apple CarPlay」と「Android Auto」は、すべてのブランドで利用でき、事実上、すべてのGM車は、最大7台のデバイスをサポートすることができる、Wi-Fiホットスポットが組み込まれている。

 GMは、最近、「Amazon Alexa」デジタル・アシスタントとの互換性を、車に追加し始めた。

 MyLinkを搭載した車は、ダッシュボードから、レストランを予約したり、最寄りのガソリン・スタンドを見つけたり、GMマーケットプレイスを使用したり、することもできる。

4)Chrysler Uconnect

Dt2d_20201102115101


 「Chrysler」の「Uconnect」は、非高級車で利用できる、最高のシステムの1つであるが、最高の経験を得るには、トップ・バージョンを入手する必要がある。

 ChryslerのUconnectには、通常、8.4インチのタッチスクリーンが搭載されるが、Ramピックアップ・トラックには、12.0インチの縦向きのスクリーンが搭載される。

 Uconnectは、読みやすいグラフィック、論理的な音声コントロール、および、応答性の高いタッチスクリーンを特徴とし、Apple CarPlayかAndroid Autoを搭載することができる。

 しかし、Chryslerは、Dodgeマッスルカーの「パフォーマンス・ページ」アプリや、「Chrysler Pacifica」ミニバンの、後部座席のエンターテインメント・システムを統合する機能など、モデル固有の機能も、利用できるようにする。

    (続く)

デル株式会社

2020年11月 1日 (日)

2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(1)'20.11.01

【2020年に、ベストな、インフォテインメント・システムの紹介(1)】'20.11.01

 インフォテインメント・システムは、新しい車の心臓部である。2020年10月1日

 By Stephen Edelstein、digital trends

 ブランド固有の、ユーザ経験を提供するために、最良のインフォテインメント・システムを作成するのに、各メーカの、インフォテインメント・システムは、少しづつ異なっている。

 どの自動車メーカが、最良の、インフォテインメント・システムを持っているのだろう?

 現在、完璧なユーザ経験の提供に期待するのは、まだ早いだろう。

 インフォテインメント・システムは、自動車メーカの、ニューフロンティアである。

 車を運転するときの、ドライバーは、車の前方に、注意を集中する必要があるため、インフォテインメント・システムの、ユーザ・インタフェースを、極めて、シンプルにする必要がある。

 ドライバーは、視点を、前方に集中させ、ハンドルに載せた手を、操縦に、最優先させる必要がある。

 しかし、現在のインフォテインメント・システムは、ドライバーが、運転中に、操作するのに、まだ、手間がかかる。

 筆者は、さまざまな自動車メーカの、さまざまな価格の、代表的な、インフォテインメント・システムを紹介する。

 インフォテインメント・システムの、あらゆる機能は、標準ではないことを、覚えておこう。

 ユーザは、次の車を購入する場合、これらの代表的な、インフォテインメント・システムをチェックしよう。

1)Audi MMI

Dt2b_20201101212201

 Audiの車に、搭載される、インフォテインメント・システムの、マンマシン・インタフェース(MMI)は、うまく設計されていて、使いやすい。

Dt2a_20201101211401


 AudiのMMIは、ロータリー・コントローラを特徴にしている。

Dt2b2


 また、AudiのMMIには、手書きを認識できる、タッチパッドも、含まれる。

 Audiは、MMIとして、タッチパッドや、タッチスクリーンで、できた、「仮想コックピット・ディスプレイ」を提供している。

 この「仮想コックピット・ディスプレイ」は、デジタル・スピード・メータから、「Google Map」の衛星画像まで、すべての、モノを表示できる、インストルメント・クラスタに代わるものである。

 「Apple CarPlay」と「Android Auto」は、新しい、Audiモデルの殆どで、利用できるようになる。

 最近、Q8や、すべて電子化された、E-Tronのような、モデルで、Audiは、殆どのアナログ制御に加え、デュアル・タッチ・スクリーンを採用した。

 「AUDI MMI Android Autoの紹介」ビデオ

2)BMW iDrive

 BMWは、包括的な、インフォテインメント・システムを提供する、最初の自動車メーカの1社である。

 iDriveシステムは、最良の、インフォテインメント・システムの一つである。

 BMWは、ドライバーが、さまざまなメニュー、および、サブメニューをナビゲートするのを支援する。

 あらゆる、All BMWモデルは、各モデルの標準ではないが、「Apple CarPlay」を提供する。

自動車のメーカは、2016年以来、最初の年間使用料で、無線で、「Apple CarPlay」を提供してきた。

 BMWは、Android Autoを採用せず、新しい「iDrive 7」インフォテインメント・システムを採用した、2021年モデルの無線版を、利用できるようにした。

 いくつかのBMWのモデルは、ドライバーが、手のジェスチャーで、オーディオのボリュームを調節したり、電話にでたり、できるようにしている。

 BMWのインフォテインメント・システムは、2021年に、5G接続を、サポートすることが、計画されている。

  (続く)

デル株式会社

Google Pixel 4a 5Gの購入者の手引き(2)'20.11.01

【Google Pixel 4a 5Gの購入者の手引き(2)】'20.11.01

 スマートフォンの購入者が、知っておくべきことを紹介する。

 By Bogdan Petrovan、android authority

 Google Pixel 4a 5Gスマートフォンは、既存のGoogle Pixel 4aスマートフォンよりも、大きく、機能的にも優れている。

Aa1a_20201101143501


 ユーザは、スマートフォンの購入を決定する上で、いくつかの質問に、答えることで、最適なスマートフォンを決定することができる。

 新しい、Pixel 4a 5Gは、最良のスマートフォンだろうか?

 ユーザは、5G対応モデルを購入すべきだろうか?

 以下に、Google Pixel 4a 5Gの、購入者の手引きを紹介する。

 Pixel 4a 5Gスマートフォンは、Pixel 5スマートフォン、Google Nest Audioスマート・スピーカ、および、最新のChromecastと共に、2020年9月30日に、発表された。

 Pixel 4a 5Gは、2020年8月3日に、発売された、Pixel 4aの、5G対応版である。

 しかし、Pixel 4a 5Gスマートフォンへ、よりアップグレードした、モデルもある。

     (続き)

1)499ドルの「Google Pixel 4a 5G」と、349ドルの「Google Pixel 4a」の違いは、なんだろう。

・「Pixel 4a 5G」は、「Pixel 4a」よりも、大きくて、重い。

・スクリーン画面のサイズは、「Pixel 4a 5G」が、6.2インチで、「Pixel 4a」が、5.81インチである。

・「Pixel 4a 5G」と「Pixel 4a」スマートフォンの、どちらのディスプレイも、60Hzのリフレッシュレートである。

・「Pixel 4a 5G」は、「Pixel 4a」よりも、強力なプロセッサを特徴にしており、ユーザが、殆どの日常作業を、十分速く、実行できる、「Snapdragon 730G」プロセッサが、搭載されている。

・「Pixel 4a 5G」のバッテリーの寿命は、「Pixel 4a」のバッテリーの寿命よりも、24%長い。

・「Pixel 4a 5G」は、5G接続をサポートしている。

2)499ドルの「Google Pixel 4a 5G」と、699ドルの「Pixel 5」は、どのように違うのだろう?

・「Pixel 4a 5G」のスクリーンは、「Pixel 5」のスクリーンよりも、0.2インチ大きい。

・「Pixel 5」のスクリーンは、90Hzのリフレッシュ率を、特徴にしている。

・「Pixel 5」のスクリーンは、強化ガラス、「Gorilla Glass」で保護されている。

・「Pixel 5」には、8GBのRAMが、搭載されており、「Pixel 4a 5G」には、6GBのRAMが、搭載されている。

・メインのカメラは、両方のスマートフォンで、似ており、16MPの超広角のカメラを持ち、「Pixel 4a 5G」は、8MPのカメラを搭載している。

・「Pixel 4a 5G」は、ヘッドフォン・ジャックを持っているが、「Pixel 5」には、ヘッドフォン・ジャックがない。

「Pixel 4a 5G」のバッテリーの容量は、4,080mAhで、「Pixel 5」のバッテリーの容量は、3,885mAhである。

3)Google Pixel 4a 5Gの仕様

・ディスプレイ:6.2インチのOLED(解像度:2,340 x 1080)、リフレッシュレート(60Hz)、Gorilla Glass 3

・プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 765G(2.4 GHz + 2.2 GHz + 1.8 GHz, 64-bit)

・Adreno 620
・Titan M Security Module
・RAM:6GB
・ストレージ:128GB

・microSDカードスロット:なし

・背面主カメラ:12.2 MPデュアル・ピクセル
・デュアル・ピクセル位相検出機能を持つ、オートフォーカス
・光学+電子画像安定化

・背面副カメラ:16MP超広角、視野角107度

・前面カメラ:8MPセンサー、f/2.0、視野角83度

・バッテリー容量:3,800mAh
・USB-C USB-PD 2.0
・高速充電
・無線充電は、なし

・ヘッドフォン・ポートは、あり

・ソフトウェア:Android 11
・3年、OSとセキュリティのアップデート

・サイズ:153.9mm x 74mm x 8.2mm
・重量:168グラム
・カラー:黒、白

 「Google Pixel 4a 5G」は、5Gを利用したい、ユーザに適した、499ドルのミッドレンジのスマートフォンである。

「Google Pixel 4a 5Gと、Pixel 5Gの比較」紹介ビデオ

 ただし、筆者は、今年も、11月27日に開催される、ブラックフライデー/サイバーマンデー(割引率の上昇や、大幅な値下げで有名)まで、購入を待つことを推奨する。

4)「Google Pixel 4a 5G」スマートフォンの競合機種

・「Google Pixel 4a」:349ドル
・「Google Pixel 5」 :699ドル

・「Samsung Galaxy A71 5G」と「A51 5G」:500ドル
・「Motorola One 5G」:445ドル
・「OnePlus Nord」  :410ドル
・「Poco F2 Pro」  :375ドル

デル株式会社

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

ウェブページ

広告2