« ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」の比較(1)'20.10.17 | トップページ | ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」の比較(3)'20.10.18 »

2020年10月17日 (土)

ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」の比較(2)'20.10.17

【ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」の比較(2)】'20.10.17

 Business Insiderは、ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」を比較して、どちらが、リモート・ワーク、在宅勤務、在宅学習に適しているかを、レビューした。2020年7月31日

 By Business Insider

 Business Insiderで、筆者らが、「Google Meet」と「Zoom」を比較して、どちらが、リモート・ワーク、在宅勤務、在宅学習に適しているかを、レビューした結果、「Zoom」の方が、「Google Meet」よりも、包括的なビデオ会議ツールだと思った。

Bi0a_20201017151001

 特に、コロナウイルスの蔓延と闘うために、講じられている継続的な対策に対応して、ますます多くの人たちが、在宅勤務をしている。

 その結果、優れた「ビデオ会議プラットフォーム」を利用することが、必要になる可能性がある。

 代表的な、ビデオ会議プラットフォームには、「Google Meet」と「Zoom」がある。

 どちらのビデオ会議プラットフォームにも、利点があるが、「Zoom」は、より包括的なビデオ会議ソリューションである。

     (続き)

1.Google MeetとZoomで、どちらが、より良いか?

 Google MeetとZoomは、どちらも、ビデオ会議サービスを提供する、プラットフォームであり、基本的に、似たような機能を提供する。

 各プラットフォームは、それぞれ、長所と、短所を持っているが、筆者は、使用する予定の、他のアプリや、チームの規模のニーズに、より良く、適合した方の、ビデオ会議サービスを採用することを薦める。

 純粋に、基本的なビデオ会議の機能を比較すると、Zoomは、Google Meetよりも、優れており、さまざまな価格で、オプションの機能を提供し、より包括的な、ビデオ会議サービスと、プラットフォームを提供する。

 Zoomには、より多くの、ビデオ会議への参加者をサポートする、最も高価なプランだけでなく、より小さなチームに、ビデオ会議の参加者を限定し、有用な基本機能だけを提供する、無料のプランもある。

Bi0b_20201017152901

 使用したい、アプリと、統合され、連携できる、ビデオ会議プラットフォームを、探している、ユーザには、Google Meetの方が、適しているだろう。

 以前、Google Hangouts Meetと呼ばれていた、ビデオ会議プラットフォームのGoogle Meetは、同社のG Suite購読の一部として、Googleサービスと、バンドルされる。

 また、新しい無料のオプションは、すべてのGoogleユーザに、利用できるようになる。

 Google MeetとZoomは、異なった月額料金の、さまざまなプランで、利用できるようになる。

 Zoomの、最も基本的な版は、無料で、利用できるようになるが、このオプションには、いくつかの限定がある。

 Zoomで、ユーザは、最大100人の、ビデオ会議を主催でき、最長、40分間の、グループ会議を行うことができる。

 ただし、より小さなチームには、これらの制限は、あまり問題にならないだろう。

 Zoomの価格付けは、少し、複雑であり、無料版で、不十分な、機能を追加したり、会議の時間を延長したりして、その分だけ、料金を支払うことができるようになっている。

 基本プランからの、ステップアップは、「Pro」プランで、14.99ドル/月で、ビデオ会議を、最長、24時間、行うことができるようになる。

 次のステップアップは、「Business」プランで、19.99ドル/月で、最低、10時間、ビデオ会議を行うことができるようになる。

 このオプションは、最大、300名の参加者を可能にし、必要に応じて、いくつかの先進的な管理機能を追加できるようになる。

 次のステップアップは、「Enterprise」プランで、会議の主催者は、19.99ドル/会議で、ビデオ会議を、100会議まで、行うことができる。

 「Enterprise」プランは、最大で、500名の、会議の参加者へのサポートを提供し、より先進的な機能が、含まれている。

 「Enterprise Plus」アップグレードは、最大、1000名の参加者への、サポートを提供できるようにする。

 「企業の職場の以外」プランで、Zoomは、教育分野向けに、特定のソリューションを用意している。

 「Education」プランは、教育機関の会議の主催者は、最低、20会議を開催できるようにする。

 「Education」プランは、最低、20会議を、最高、149会議を主催することができる。

 ビデオ会議の主催は、最大、300名の参加者をサポートできる、ビデオ会議を開催することができる。

 Google Meetでは、ビデオ会議の主催者が、選択できる、若干異なった、オプションを持っている。

Bi0c

 Meetの無料版は、オリジナルに、利用できなかったが、Googleは、サービスの、限定された版への、無料アクセスを提供している。

 Google Meetの無料版は、60分間のビデオ会議中に、最大、100名の参加者をサポートすることができる。

 より多くの機能を使えるようにするために、ビデオ会議の主催者は、サービスの、GoogleのG Suiteの購読の一部として、支払う必要があるだろう。

 G Suiteは、6ドル/ユーザで、利用することができ、「Enterprise」プランの一部として、25ドル/ユーザで、利用することもできる。

 G Suiteの基本版は、6ドル/月で、利用でき、最大、100名の会議の参加者が、ビデオ通話できるようにする。

 「Business」プランは、最大、150名の会議の参加者が、ビデオ通話できるようになる。

 「Enterprise」プランは、ビデオ会議の録画や、ライブ中継の様に、他の先進的な機能に対する、サポートを提供する。

 Googleは、コロナウィルスの感染の危機に、対応して、特別なプロモーションを提供している。

 企業や教育機関のユーザが、緊急事態中に、互いに、コミュニケートするのを支援するために、Googleは、G Suiteの購読者に、追加のコストなしに、Google Meetの「Enterprise」版へのアクセスを提供する。

 追加機能は、2020年9月30日までに、利用できるようになる。

   (続く)

デル株式会社

« ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」の比較(1)'20.10.17 | トップページ | ビデオ会議プラットフォーム、「Google Meet」と「Zoom」の比較(3)'20.10.18 »

Business Insider」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2