« Amazon Echo Show(第2世代)の、アップデート版を、レビューの紹介(2)'20.10.08 | トップページ | Amazon Fire TV Stick Liteのレビューの紹介(1)'20.10.09 »

2020年10月 8日 (木)

Microsoftは、ArmベースのSurface Pro Xラップトップを、より高速なプロセッサで、更新する。'20.10.08

【Microsoftは、ArmベースのSurface Pro Xラップトップを、より高速なプロセッサで、更新する。】'20.10.08

Msarm


 Microsoftは、Armアーキテクチャの、より高速なプロセッサで、Surface Pro Xラップトップを更新する。2020年10月1日

 By Frederic Lardinois、techrunch

 Microsoftは、Armアーキテクチャの、プロセッサを搭載した、Surface Pro Xラップトップの、第2世代を発表した。

 2019年10月に、出荷された、Surface Pro Xの、第1世代版には、Microsoftと、Qualcommが、共同で、設計して、作成した、Armアーキテクチャの、カスタム・プロセッサ、SQ1が搭載されていた。

 その次に、MicrosoftとQualcommは、より高性能の、第2世代の、Armアーキテクチャの、カスタム・プロセッサを設計した。

 SQ2プロセッサは、第1世代の、SQ1プロセッサに、完全に、置き換わるものではない。

 Microsoftは、Surface Pro Xの、トップ・エンドの、SKU(バージョン)用にのみ、SQ2プロセッサを使用している。

 新しい、Armアーキテクチャのプロセッサ以外で、2020年10月に、提供される、Surface Pro Xの第2世代版で、新しくなった仕様には、内臓LTE接続、2つのUSB-Cポート、13インチのタッチ・スクリーンがある。

 Microsoftは、また、マットブラック仕上げの、筐体の他に、新たなプラチナ仕上げの、筐体も提供する。

 Microsoftは、新たな、3つの色(アイス・ブルー、ポピー・レッド、プラチナ)の、Surface Pro X用のキーボードも提供する。

 他の更新には、いくつかのソフトウェアを改善したり、最大15時間に、バッテリーの寿命を延ばしたりしたことがある。

 より重要なことは、Microsoftが、Armアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPCで、動作する、アプリを最適化するために、より多くの、ソフトウェア・ベンダと、パートナーを組むことである。

 Microsoftは、Intelのx86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPCで、動作する、アプリを作成している、ソフトウェア・ベンダに、Armアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPCで、動作できるよう、アプリを移植して貰うために、ソフトウェア・ベンダを支援している。

 「最新のSurface Pro Xラップトップの紹介」ビデオ

 Microsoftは、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPCに、接続する、デバイス用のドライバーを作成している、メーカに、Armアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPCに接続する、デバイス用のドライバーを作成して貰うよう、メーカを支援している。

 また、Microsoftは、Armアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用に、Windowsアプリを、移植してくれない、ソフトウェア・ベンダの、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、Windowsアプリを、使用できるようにするために、エミュレータを作成しているが、実行性能が、あまり良くなかった。

 このため、Microsoftは、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC用の、Windowsアプリを、Armアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPCの、エミュレータ上で、より高速に、実行できるよう、エミュレータを、より最適化することに取り組んでいる。

 今週、初めに、Microsoftは、同社のEdgeブラウザを、Armアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC上で、実行させることができるよう、移植した。

 Edgeブラウザを、Armアーキテクチャ用のプロセッサを搭載した、低消費電力の、WindowsベースのPC上で、動作できるように、移植することで、バッテリーの消耗を抑えることができる。

 さらに、Microsoftは、新たな、64ビットのArmアーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPC上で、64ビットのx86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのアプリを実行させるために、新しい、x64エミュレータを、2020年11月に、「Windows Insiders」に提供し、サポートを強化すると述べた。

 また、Microsoftの、統合開発環境、Visual Studioも、Armアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10用に、アップデートされ、最適化された。

デル株式会社

« Amazon Echo Show(第2世代)の、アップデート版を、レビューの紹介(2)'20.10.08 | トップページ | Amazon Fire TV Stick Liteのレビューの紹介(1)'20.10.09 »

IT関連の記事」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2