« コロナウィルスの感染に関する、危機的な状況において、スマートフォンで、より時間を費やしている、特定の国の、大人の割合 '20.10.14 | トップページ | 7種類の、配達ロボットを提供している、メーカ同士が、商品を、顧客の家のドアまで、配達する、競争をしている。(2)'20.10.15 »

2020年10月14日 (水)

7種類の、配達ロボットを提供している、メーカ同士が、商品を、顧客の家のドアまで、配達する、競争をしている。(1) '20.10.14

【7種類の、配達ロボットを提供している、メーカ同士が、商品を、顧客の家のドアまで、配達する、競争をしている。(1)】'20.10.14

 7種類の、配達ロボットを提供している、メーカ同士が、自律的に動作する、ロボットを使用して、顧客の家まで、食べ物などの、注文された、商品を配達する、競争をしている。2020年7月8日

 By gearbrain

 2020年までに、自動運転車が、オフィスまで、ユーザを運び、帰りも、家まで、送り届けてくれるようになると、考えていた人も、多いだろう。

 ユーザは、オフォスに着く前に、メールを確認したり、必要な情報を取得したり、できるとよいと思っていた。

 また、ユーザは、SFの世界のように、自律ロボットが、食べ物などを、自宅まで、配達してくれると、思っていただろうが、現在、既に、自動運転ロボットが、家のドアをノックしている。

 現在、小さな、スタートアップから、Amazonのような、オンライン小売店の巨人まで、現在、米国で、食べ物を配達する、自律ロボットが、7社により、作成され、配達サービスを提供している。

 配達ロボットのベンダの多くは、ビジネス・パークや、大学のキャンパスの歩道を、移動して、食べ物などを配達する、6輪車の自動運転ロボットを、設計し、提供している。

 その他の、配達ロボットのベンダは、公道を走行する、自動運転ロボットを、設計し、提供している。

 以下に、現在、実験中や、実際に、仕事をしている、7種類の、移動ロボットを紹介する。

1.Nuroの自動運転配達ロボット

Dt0b_20201014210201


 歩道を移動する、自動運転配達ロボットを提供している、Starship Technologiesとは、異なり、Nuroは、公道を走行する、自動運転配達ロボットを作成することを選択した。

 同社の配達ロボットは、冷蔵庫を搭載し、新鮮な食物でも、配達できるようになっている。

 Nuroの配達ロボットは、完全に、自律しているので、人間のスタッフが、一緒に、配達する必要がない、完全自動運転配達ロボットである。

 R2と呼ばれる、配達ロボットは、2020年4月に、カリフォルニア州の、Los Altos、Menlo Park、Mountain View、Sunnyvale、および、Palo Altoの公道を走行する、テストを開始していた。

 このR2配達ロボットは、果物や野菜を配達できるよう、車の内側の空間を、カスタマイズできるようになっており、車の内側の温度を、調節することができ、惣菜やピザなどを配達することもできる。

 配達ロボットのR2の編成は、食物、医薬品、パッケージなど、さまざまな性質の商品を、運ぶために、カスタマイズして、公道を走行し、顧客の家まで、安全に、配達できるようになる。

 「Nuroの配達ロボットの紹介」ビデオ

2.Amazonの自動運転配達ロボット

Dt0c_20201014210301

 Amazonは、自動運転配達ロボットを使用して、商品を配達することを模索している。

 Amazonは、既に、何年間も、ドローンを使用して、顧客の家まで、商品を開発することにも、取り組んでいた。

 Amazonは、現在、Scoutと呼ばれる、自動運転配達ロボットを、作成し、通りや、歩道を移動して、商品を配達できるようにすることにも、取り組んでいる。

 2019年1月に、Scoutは、社内で、設計され、構築された。

 電動の6輪車の、配達ロボット、Scoutは、Starship Technologiesにより、構築された、配達ロボットと、よく似ており、歩道を移動して、商品を配達し、顧客の家の玄関に着くと、玄関のドアの前に、荷物を置くことができる。

 2019年の初めに、6台の自動運転配達ロボット、Scout、の編隊は、Amazonの本社に近い、ワシントン州のSnohomishの、Amazon Primeの顧客に、商品を配達できるようになる。

 顧客は、従来と、同じ方法で、商品を注文することができ、人間の運転手や、配達スタッフが、付いていなくても、Scoutは、顧客の家に、商品を配達できるようになる。

 自動運転配達ロボットのテスト中は、Amazonの従業員が、Scoutに伴って、商品を配達する。

 Amazonによると、コロナウィルスのパンデミックの状況においても、同社の、自動運転配達ロボットは、安全な方法で、顧客の家に、商品の配達を続けているという。

 2020年7月から、Amazonは、同社の、自動運転配達ロボット、Scoutを、Atlanta、Georgia、Franklin、および、Tennesseeに、展開し、試験的な運用を開始した。

 Amazonは、米国の、それぞれの都市で、数台のScoutを使用して、昼間の時間だけ、配達サービスを展開している、

 Amazonは、信頼できる、人間のパートナーを伴って、自動運転配達ロボット、Scoutを使用して、顧客に、注文された商品を配達する。

 「Amazonの、自動運転配達ロボット、 Scoutの紹介」ビデオ 」

     (続く)

デル株式会社

« コロナウィルスの感染に関する、危機的な状況において、スマートフォンで、より時間を費やしている、特定の国の、大人の割合 '20.10.14 | トップページ | 7種類の、配達ロボットを提供している、メーカ同士が、商品を、顧客の家のドアまで、配達する、競争をしている。(2)'20.10.15 »

IT関連の記事」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2