« IDCは、2020年に、PCとタブレットの出荷台数が、前年から、3.3%増加すると予測している。'20.09.02 | トップページ | Google Pixel 4aのレビュー、手頃な価格スマートフォン(1)'20.09.03 »

2020年9月 3日 (木)

人工知能(AI)には、現在、7つのタイプがある。(5)'20.09.03

【人工知能(AI)には、現在、7つのタイプがある。(5)】'20.09.03

 人工知能(AI)には、現在、7つのタイプがあると言われている。2019年6月19日

 By Naveen Joshi、forbes

 人工知能(AI)は、恐らく、最も複雑で、驚くべき人類の創造物だろう。

 また、AIの分野は、無限にあり、現在、目にする、AIアプリは、AI氷山の一角に過ぎないだろう。

 勿論、将来のAIの潜在的な影響(プラスになるか、マイナスになるか、プラスにも、マイナスにもなるか)について、包括的に把握することは、依然として困難である。

 現在、AIは、どのような種類に、分類されているのだろう?

 これを、知ることで、AI機能や、AI研究の、長い道のりを、把握できるようになるだろう。

 「AIのタイプ」

1)「リアクティブ・マシン」:記憶がなく、異なる刺激に対してのみ反応する。

2)「制限された、記憶マシン」:応答を学習し、改善するために、記憶を使用する。

3)「心の理論」:他の知的なエンティティのニーズを理解している。

4)「自己認識AI」:人間のような知性と自己認識能力がある。

Ai1a_20200903091001


    (続き)

3.心の理論(マインドレベルの理論)

 「リアクティブ・マシン」と「制限された、記憶マシン」の、2種類のAIアプリは、豊富に存在しており、さらに、進化し、新規のAIアプリも増えているが、次の「心の理論」と「自己認識AI」の、2種類のAIアプリは、現時点では、概念、あるいは、開発中の段階にある。

 「心の理論」は、研究者が、現在、革新に取り組んでいる、次のレベルのAIシステムである。

 AIのマインドレベルの理論は、AIが、対話している、相手(人間)の、ニーズ、感情、信念、および、思考プロセスを認識することで、よりよく、相手を理解できるようにする。

 人工感情知能は、既に、新進の産業であり、AI研究者にとって、関心のある分野である。

 人間のニーズを真に理解するために、AIマシンは、本質的に、複数の要因によって、形成される、心を持つ、個人として、人間を認識し、理解する必要があるだろう。

      (続く)

デル株式会社

« IDCは、2020年に、PCとタブレットの出荷台数が、前年から、3.3%増加すると予測している。'20.09.02 | トップページ | Google Pixel 4aのレビュー、手頃な価格スマートフォン(1)'20.09.03 »

IT関連の記事」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2