« 今日の状況において、マーケッタが、直面している、最大の課題 '20.09.18 | トップページ | 筆者は、Samsungの、新しい、2000ドルの、フォルダブル・スマートフォンを、1日利用した。(1)'20.09.19 »

2020年9月19日 (土)

Chromebooks対ラップトップ(2)'20.09.19

【Chromebooks対ラップトップ(2)】'20.09.19

 Chromebookは、従来のラップトップよりも、シンプルで、軽量なオペレーティング・システム、Chrome OSを搭載している。2020年9月2日

Dt5_20200919152501

 By Jon Martindale、digital trends

 Chromebookは、従来のラップトップよりも、シンプルで、軽量なオペレーティング・システム(OS)である、Chrome OSを搭載している。

 Chromebookは、通常、あまり高価でないので、ユーザは、通常のラップトップと比較して、どのように違うのか、不思議に思っている。

 Digital Trendsチームは、Chromebookが、無駄な買い物か、手頃な価格のダイヤモンドか、読者に告げる

    (続き)

3.Chromebookでは、何ができないのだろう?

 Chromebookのキーボードは、WindowsベースのPCのキーボードとは、キーの配列が、微妙に異なっており、また、Chromebookで、コピー&ペーストなどをするための、ショートカット・キーの操作も、WindowsベースのPCとは、微妙に異なっている。

 また、マルチウィンドウ、マルチタスクで、Windowsベースのアプリを利用している、ユーザが、Chromebookで、Webベースのアプリを使用する場合、操作に慣れる必要があるだろう。

 Chrome OSの制限により、ユーザは、WindowsやMacで利用できる、代表的なソフトウェア(例えば、Adobeのアプリ)を、Chrome OS上で、利用することができない。

 このような、WindowsやMacのアプリを利用している、ユーザには、Chromebookは、適切な選択肢ではない。

 これに対し、殆ど、Webベースのアプリしか使用せず、マルチウィンドウ、マルチタスクを、あまり利用しない、ユーザは、300ドル未満の、ローエンドのChromebookでも、Chromeブラウザを通して、あまりストレスなく、Webベースのアプリを利用することができる。

 軽量OS(Chrome OS)を搭載し、ローエンドのプロセッサでも、「Webブラウザ」を通して、Webベースのアプリ(Webサービス)や、クラウド・サービスを、ある程度、快適に利用できるので、Webブラウザ中心のユーザには、200ドルから300ドルの、Chromebookが、選択肢になるだろう。

 このような、エントリーレベルの、Chromebookは、米国の学校で、広く採用されており、コロナウィルスの感染拡大の状況において、オンラインで在宅学習することが、必要になったために、一般の家庭でも、Chromebookが、購入されるようになってきた。

 また、ハイエンドのChromebookには、「HP Chromebook x2」や「Pixelbook」などがあり、4コアと十分なパワーを備えた、第8世代のCore i5といった、プロセッサが、搭載されている。

 新しいChromebookも登場し、Intelの最新の第10世代プロセッサが搭載されているため、Chromebook、MacBook、Windows 10のラップトップのギャップは、さらに縮まっている。

 重要な注意点の1つは、Chromebookが、Linuxをサポートしていることである。

 デスクトップ・アプリを、どうしても、利用したい場合、Linuxのインストールは、確かに、選択オプションになるだろう。

 ただし、Audacity、Firefox、GIMP、OBS Studio、Steam、VirtualBoxといった、Linux版は、あるが、ユーザが、利用したいアプリが、Linuxベースの派生向けに、提供されていない場合もある。

    (続く)

デル株式会社

« 今日の状況において、マーケッタが、直面している、最大の課題 '20.09.18 | トップページ | 筆者は、Samsungの、新しい、2000ドルの、フォルダブル・スマートフォンを、1日利用した。(1)'20.09.19 »

Digital Trends」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2