« オンライン学習プラットフォームの紹介(Google Classroom)'20.09.07 | トップページ | オンライン学習プラットフォームの紹介(Blackboard Collaborate)'20.09.08 »

2020年9月 7日 (月)

小売メディアで、将来、より利益を上げる。'20.09.07

【小売メディアで、将来、より利益を上げる】'20.09.07

 この記事は、Googleにより、貢献され、スポンサーになっている。2020年9月4日

 By Sarah Travis、Google

 小売業界は、コロナウィルスのパンデミックにより、さらに変化してきた。

 小売業者は、e-コマースで、爆発的に、成長しているが、オンライン注文に関連した、コストを、低減させることを、模索している。

 現在の状況は、e-コマースに取り組む、小売業者が、新しい、革新的な方法で、クリエイティブな収入源を得ることを促している。

 筆者らが、今日、見ている、より説得力のある戦術の1つは、人気のある製品の販売と、利益を促すために、小売メディア・プログラムの成長である。

 小売業者は、未開拓の、自社の情報を活用することにより、高利益の売上を、促している。

 小売業者は、購入する場所に近い、極めて関連した、メディアを、ブランドに、提供している。

 Googleは、現在のような状況で、行き詰まった、小売業者が、方向転換や路線変更するのを支援している。

1)洞察

 小売店は、何百、何千もの、ブランドと連携している。

 メディアを、ブランドに、提供する機会を発見することは、容易な作業ではない。

 小売店は、Google検索コマンドの傾向に基づいて、メディアを、ブランドに提供する機会が、どこにあるか、どのブランドを優先するかを、発見することができる。

 これらのことは、小売業者が、次のことを可能にする。

・最大のブランドとカテゴリーの機会を、発見する。

・特定の地域において、需要の高い、ブランドの店舗への、トラフィックを促す。

・さまざまな買い物客の要求に合わせ、ショッピング経験を、パーソナライズする。

・地元の機会を活用する。

2)メディア

 販売を増やすために、新しい製品を発売することを、より多くの、消費者に、気付かせることを促す。

 ブランドは、明確な目標を念頭に置いて、小売業者に提供される。

 歴史的に、小売業者は、実店舗での、プロモーションと、従来のメディアで、ブランドの成果を高めてきた。

 小売業者には、デジタル化で、ブランドの認知度、考慮、および、購入を促すことが、重要になる。

 Googleは、ブランドの目的を達成するために、YouTubeの広告、ディスプレイ広告、および、検索広告を含む、広告メディア・プランを提供する上で、小売業者と、パートナーを組んでいる。

3)データ

 小売業者は、ブランドが、買い物客を、より良く、理解するのを支援する上で、貴重な、買い物客の情報に、頼っている。

 買い物客は、パーソナライズされた広告とコンテンツの経験から、利益を得ると、同時に、デジタルな店舗において、パーソナライズされた広告を参考にして、購入を決定する。

 事実、買い物経験が、高度に、パーソナライズされると、買い物客は、ショッピング・カートに商品を追加する可能性が、2倍以上高くなり、買い物客の、40%が、予定以上に、買い物をする可能性が高くなっている。

 Googleマーケティング・プラットフォームのような、ツールは、小売業者とブランドを、より良い買い物客と接続する。

デル株式会社

« オンライン学習プラットフォームの紹介(Google Classroom)'20.09.07 | トップページ | オンライン学習プラットフォームの紹介(Blackboard Collaborate)'20.09.08 »

eMarketer」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2