« Google Pixel 4aのレビュー、手頃な価格のスマートフォン(2)'20.09.05 | トップページ | オンライン学習プラットフォームの紹介(Pear Deck)'20.09.06 »

2020年9月 5日 (土)

Lenovo IdeaPad Slim 7は、AMDのモバイル・プロセッサを搭載した、最初のラップトップである。'20.09.05

【Lenovo IdeaPad Slim 7は、AMDのモバイル・プロセッサを搭載した、最初のラップトップである。】'20.09.05

 Lenovo IdeaPad Slim 7は、AMDのモバイル・プロセッサを採用した、Lenovoの、最初のラップトップである。2020年8月27日


Eweek0a_20200905212601

 By Rob Enderle、eWEEK

 コロナウィルス感染の拡大による、懸念で、家庭で、仕事や学習をすることが、必要になったので、ラップトップの需要が増えたが、部品が足りなくなって、十分に生産できないので、ラップトップの在庫が不足してきた。

 このような状況で、Intelのプロセッサの供給不足で、価格が上昇したので、AMDのプロセッサの採用を考慮する、ラップトップのベンダが出てきた。

 AMDは、従来から、Intel x86プロセッサと互換性のある、デスクトップPC用のプロセッサを製造していたが、最近は、ラップトップ向けの、モバイル・プロセッサを製造している。

 AMDのモバイル・プロセッサは、Intelのモバイル・プロセッサよりも、低コストで、軽量であるが、性能は、あまり良くない。

 AMDの最新のプロセッサは、LenovoのIdeaPad Slim 7ラップトップに採用され、低コストで、以前のAMDのプロセッサよりも、性能を向上している。

 筆者は、LenovoのIdeaPad Slim 7ラップトップを、1週間、使用してみたが、このIdeaPad Slim 7は、ラップトップの分野における、ゲームを変える可能性があると感じた。

 家庭で、仕事や学習をすることが、必要になり、現在、良いラップトップの在庫が、足りなくなってきた。

 このため、AMDのモバイル・プロセッサの性能が、改善されてきたので、AMDを搭載した、ラップトップを購入することを、考慮しよう。

 AMDのプロセッサを搭載した、Lenovo IdeaPad Slim 7ラップトップの印象

 筆者は、ラップトップには、「性能」、「バッテリー寿命」、「コンパクトで軽量」、「低コスト」の、バランスが取れていると良いと思った。

 AMDのプロセッサを搭載した、Lenovo IdeaPad Slim 7は、これらの内、2つの特徴を持ち、他の特徴を犠牲にする必要があった。

 AMDのプロセッサを搭載した、Lenovo IdeaPad Slim 7は、低コストで、軽さという、特徴を持っているが、性能、低消費電力で、長いバッテリー寿命で、Intelのプロセッサを搭載した、ラップトップよりも、劣っている。

 高性能で、良いバッテリー寿命の、ラップトップが、欲しいなら、Intelのプロセッサを搭載した、ラップトップを購入する、必要があるが、製品は、重くて、高価になる。

 軽くて、低コストの、ラップトップが、欲しいなら、AMDのプロセッサを搭載した、ラップトップを、購入する必要があるが、性能とバッテリー寿命は、良くない。

 ユーザは、4つのすべての特徴を持つ、ラップトップが、欲しくても、通常は、この内、2つしか、得られない。

 Lenovo IdeaPad Slim 7、ラップトップは、軽くて、低コストであると共に、従来のAMDプロセッサよりも、性能と消費電力が改善された、AMDのプロセッサを搭載しており、4つの特徴(軽量、低コスト、性能、低消費電力)を、ある程度、バランスよく、提供している。

 Lenovo IdeaPad Slim 7の主な特徴

・高価なゲーム機と同じ性能を発揮する。

・コストは、ミッドレンジのラップトップ並みの、900ドル未満である。

・重さは、3ポンドと、超軽量である。

・バッテリー寿命は、フル充電で、14時間である。

 Lenovo IdeaPad Slim 7の主な仕様と特徴

・デザインは、そんなに悪くなく、カラーの選択は、スレートグレーに設定されている。

・超軽量で、コンパクトで、持ち運びに適している。

・14インチの、300ニット・スクリーンを装備している。

・8GBのメモリを搭載している。

・バッテリー寿命は、最大、17.5時間である。

・低コストである。

・先行機種よりも、高性能である。

・セキュリティ向けに、赤外線(IR)カメラや、指紋認識リーダー(Windows Hello互換)が付いている。

・2つのUSB 3.2ポート、USB-Cポート、および、SDカード・スロットを持っている。

・サウンドには、Dolby Atmosが、採用されており、高音質で、映画を視聴できる。

・ラップトップの厚さは、0.58インチと薄い。

 ちなみに、最も薄い、Apple MacBook Airラップトップの、厚さは、0.63インチである。

・最もスリムな、Lenovoの、最新の電源アダプターが、同梱されている。

・高速充電できる。

・Radeonグラフィック・プロセッサを搭載している。

・8コアで、8MBのキャッシュを持つ、Ryzen 7 4700Uプロセッサ(2.00 GHz)を搭載している。

・最新のWi-Fi 6技術をサポートしている。

・キーボードは、従来のLenovoの優れた、ショーケースを使用している。

 このLenovo IdeaPad Slim 7の価格は、900ドル以下である。

 筆者は、家庭やオフィスで、作業するために、17インチのラップトップを好んでいるが、このLenovo IdeaPad Slim 7は、14インチで、どちらかというと、モバイル・ユーザ向けである。

デル株式会社

« Google Pixel 4aのレビュー、手頃な価格のスマートフォン(2)'20.09.05 | トップページ | オンライン学習プラットフォームの紹介(Pear Deck)'20.09.06 »

IT関連の記事」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2