« 2020年における、デジタル変革の、役員向けのガイド(1)'20.09.01 | トップページ | 人工知能(AI)には、現在、7つのタイプがある。(4)'20.09.02 »

2020年9月 2日 (水)

人工知能(AI)には、現在、7つのタイプがある。(3)'20.09.02

【人工知能(AI)には、現在、7つのタイプがある。(3)】'20.09.02

 人工知能(AI)には、現在、7つのタイプがあると言われている。2019年6月19日

 By Naveen Joshi、forbes

 人工知能(AI)は、恐らく、最も複雑で、驚くべき人類の創造物だろう。

 また、AIの分野は、無限にあり、現在、目にする、AIアプリは、AI氷山の一角に過ぎないだろう。

 勿論、将来のAIの潜在的な影響(プラスになるか、マイナスになるか、プラスにも、マイナスにもなるか)について、包括的に把握することは、依然として困難である。

 現在、AIは、どのような種類に、分類されているのだろう?

 これを、知ることで、AI機能や、AI研究の、長い道のりを、把握できるようになるだろう。

 「AIのタイプ」

1)「リアクティブ・マシン」:記憶がなく、異なる刺激に対してのみ反応する。

2)「制限された、記憶マシン」:応答を学習し、改善するために、記憶を使用する。

3)「心の理論」:他の知的なエンティティのニーズを理解している。

4)「自己認識AI」:人間のような知性と自己認識能力がある。

Ai1a_20200902141901

   (続き)

1)リアクティブ・マシン

 リアクティブ・マシンは、機能が非常に制限されている、最も古いタイプのAIシステムである。

 リアクティブ・マシンは、さまざまな種類の刺激に反応するために、人間の思考をエミュレートする。

 リアクティブ・マシンには、記憶に基づいて行動する能力はない。

 つまり、そのようなマシンは、以前に取得した経験を使用して、現在のアクションを通知することができず、「学習」する能力がない。

 リアクティブ・マシンは、限られた入力のセット、または、入力の組み合わせに、基づいて、自動的に応答するためにのみ、使用でき、記憶に依存する、オペレーションを改善するために、使用することは、できない。

 リアクティブ・マシンの、有名な例には、1997年に、チェスのチャンピオン、Grandmaster Garry Kasparov氏との、チェスの試合に勝った、「IBMのDeep Blue」がある。

デル株式会社

« 2020年における、デジタル変革の、役員向けのガイド(1)'20.09.01 | トップページ | 人工知能(AI)には、現在、7つのタイプがある。(4)'20.09.02 »

IT関連の記事」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2