« 人工知能(AI)には、現在、7つのタイプがある。(3)'20.09.02 | トップページ | IDCは、2020年に、PCとタブレットの出荷台数が、前年から、3.3%増加すると予測している。'20.09.02 »

2020年9月 2日 (水)

人工知能(AI)には、現在、7つのタイプがある。(4)'20.09.02

【人工知能(AI)には、現在、7つのタイプがある。(4)】'20.09.02

 人工知能(AI)には、現在、7つのタイプがあると言われている。2019年6月19日

 By Naveen Joshi、forbes

 人工知能(AI)は、恐らく、最も複雑で、驚くべき人類の創造物だろう。

 また、AIの分野は、無限にあり、現在、目にする、AIアプリは、AI氷山の一角に過ぎないだろう。

 勿論、将来のAIの潜在的な影響(プラスになるか、マイナスになるか、プラスにも、マイナスにもなるか)について、包括的に把握することは、依然として困難である。

 現在、AIは、どのような種類に、分類されているのだろう?

 これを、知ることで、AI機能や、AI研究の、長い道のりを、把握できるようになるだろう。

 「AIのタイプ」

1)「リアクティブ・マシン」:記憶がなく、異なる刺激に対してのみ反応する。

2)「制限された、記憶マシン」:応答を学習し、改善するために、記憶を使用する。

3)「心の理論」:他の知的なエンティティのニーズを理解している。

4)「自己認識AI」:人間のような知性と自己認識能力がある。

Ai1a_20200902141901

       (続き)

2.制限された、記憶マシン

 「制限された、記憶マシン」は、リアクティブなマシンの機能に加えて、履歴データから、学習し、決定を行うことができる、AIシステムである。

 現在、良く知られている、既存のAIシステムは、この「制限された、記憶マシン」のカテゴリに分類される。

 深層学習を使用するシステムなど、現在の、殆どの、AIシステムは、大量のトレーニング・データを使って、学習し、記憶する、将来の問題を解決するための、参照モデルを形成する。

 「制限された、記憶マシン」のカテゴリには、「文字認識」、「音声認識」、「画像認識」などがあり、これらの応用分野には、「テキスト朗読」、「翻訳」、「通訳」、「指紋認証」、「顔認証」、「画像検索」などがある。

 例えば、画像認識AIシステムは、スキャンしたオブジェクトに名前を付けるよう、教えるため、何千もの画像とラベルを使用して、トレーニングされる。

 画像認識AIによって、画像がスキャンされると、表示される画像のコンテンツを理解するために、トレーニング画像を参照し、その「学習経験」に基づいて、新しい画像に、精度を高める、ラベルを付ける。

 より人間的で、高度で、包括的な、自律能力を持つ、現在の、包括的な、AIアプリには、「チャット・ボット」、「音声対応デジタル・アシスタント」、「自動運転車」、「自動配達ロボット」などがある。

 このような、最近の、包括的なAIアプリ(音声対応デジタル・アシスタント、自動運転車、自動配達ロボットなど)は、クラウド・ベースで、限られたメモリの、パーソナル・デバイスや、車載システムなどで、動作できるよう、設計されている。

デル株式会社

« 人工知能(AI)には、現在、7つのタイプがある。(3)'20.09.02 | トップページ | IDCは、2020年に、PCとタブレットの出荷台数が、前年から、3.3%増加すると予測している。'20.09.02 »

IT関連の記事」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2