« Lenovo IdeaPad Slim 7は、AMDのモバイル・プロセッサを搭載した、最初のラップトップである。'20.09.05 | トップページ | Microsoft Surface Duoのレビューの紹介 '20.09.06 »

2020年9月 6日 (日)

オンライン学習プラットフォームの紹介(Pear Deck)'20.09.06

【オンライン学習プラットフォームの紹介(Pear Deck)】'20.09.06

 代表的な、オンライン学習プラットフォーム、「Pear Deck」紹介する。

 By edsurge

1.Pear Deck

対象:小学校(K-4学年)、中学校(5-8学年)、高校(9-12学年)

価格プラン:無料

動作プラットフォーム:Webブラウザ

 Pear Deckは、教師が、対話的な評価や、プレゼンテーションを作成して、生徒が、自分のデバイスで、フォローできる、Webベースの、コミュニケーション・プラットフォームである。

 「オンライン学習プラットフォーム、Pear Deckの紹介」ビデオ

 <概要>

 Pear Deckは、生徒が、個人学習や社会学習に、積極的に取り組むために、使用できる、対話型のプレゼンテーション・ツールである。

 Pear Deckは、Webベースなので、比較的、大きなスクリーンを持つ、任意のデバイス(タブレット、ラップトップ、ノートPC、デスクトップPCなど)で実行する、Webブラウザで、利用することができる。

 教師は、Googleドライブ・アカウントを使用して、Pear Deckを使って、プレゼンテーションを作成し、オンラインで、プレゼンテーションを開催することができる。

 生徒は、独自のアクセス・コードで、プレゼンテーションにログインし、プレゼンテーションに参加しながら、質問したり、議論したり、メモを取ったり、できるようになる。

 教師は、生徒とクラス全体の進捗状況を監視しながら、質問に答えたり、生徒と議論したり、生徒同士の議論を促したり、できるようになる。

 Pear Deckは、Webベースの、フリーミアム・サービスなので、ユーザは、基本機能を、無料で使用することができ、また、必要な拡張機能を有料で使用することができ、使用した分だけ、料金を支払うようになる。

 教師や学校は、さまざまなツールやリソースに、無料でアクセスしたり、プレミアム・アカウントに登録したりできる。

 Pear Deckは、スライド・プレゼンテーションと、対話的な、質疑応答を組み合わせた、プレゼンテーション・ツールである。

 2014年に設立された、同社の目標は、探究ベースの学習を促進し、個人学習と社会学習のギャップを埋めることであった。

1)「教師向けのPear Deck」

 教師は、Pear Deckを使用して、対話的なプレゼンテーションを作成し、生徒が、「Deck」全体の、さまざまな質問に、答えることができるようにする。

 Pear Deckの各プレゼンテーションは、スクリーン画面に表示される、アクセス・コードから始まる。

 生徒は、Pear DeckのWebサイトにアクセスすると、独自のアクセス・コードを接続するよう、求められる。

 教師は、オンラインで、プレゼンテーションを行うだけでなく、家から、オンラインで参加している生徒の様子を確認したり、対話したり、質問したり、議論したり、できるようになる。

 生徒の回答が、リアルタイムに、教師のデバイスの、スクリーンに表示される。

 教師は、生徒のデバイスの、スクリーン画面をロックすることもできる。

 Pear Deckでは、教師が、メインのプレゼンテーション画面を介して、クラス全体と共有する、時間と内容を決定することもできる。

 教師は、特定の生徒の回答を強調表示したり、生徒の回答を共有したり、することができる。

 Pear Deckを使用すると、教師は、PCやタブレットから、対話的な「Deck」を構築することができる。

 教師は、Googleアカウントで、「Pear Deck」にログインすると、Pear Deckの資料がGoogleドライブで利用できるようになる。

 「Pear Deck」プレゼンテーションは、Googleドライブで作成され、「Google Docs」ドキュメントと同じように、保存されるので、それらを整理して、他のGoogleユーザと、共有することもできる。

 教師には、各「Deck」を、自分のPCやタブレットから、直接提示、および、制御するオプションがある。

 「Deck」を構築する際、教師は、4つの質問タイプから選択できる。

 ドラッグ可能な質問は、賛成/反対、または賛成/反対の形式を取る。

 描画問題により、生徒は、空白、または、グリッド上で、自由に描画できる。

 無料回答の質問には、短いテキスト、長いテキスト、および、番号の入力機能がある。

 複数選択式の質問は、はい/いいえ、真/偽、または、A、B、C、Dの形式を取る。

 これらの追加機能により、教師は生徒の関与、理解度、およびレッスンの効果を分析できます。

2)「生徒向けのPear Deck」

 生徒は、Pear Deckを使用して、教師のプレゼンテーションやレッスンに参加して、質問したり、議論したり、することができる。

 生徒は、各「Deck」を開始する場合、固有のアクセス・コードを使用して、プレゼンテーションにログインして、教師のプレゼンテーションに参加することができる。

 生徒は、Pear Deckを使用して、メインのプレゼンテーションのスクリーンと、自分のデバイスのスクリーンの両方を見ることができる。

 生徒は、Pear Deckを使用して、自分の個人用デバイスでのみ、情報を見ることができ、教師が、クラスの回答を共有することを選択した場合、メインのプレゼンテーション画面には、名前が匿名で、表示される。

3)料金

 Pear Deckは、無料版とアップグレード版を含む、いくつかの製品オプションを、ユーザに提供する。

 ユーザが、無料で使用できる、ツールとリソースには、Googleドライブへのアクセス、Google Appsの統合、3種類の対話的な質問スライド、限られた数のPDF、Googleスライドのインポート、および、セッション参加30人が含まれる。

 「プレミアム」または「グループ」の料金は、教育者が、年間99.99ドル(月額11.99ドル)、専門家が月額249.99ドル(月額29.99ドル)である。

 拡張機能には、以下のものがある。

・描画、および、ドラッグ可能な質問スライド
・Google Classroomの統合
・セッション・ダッシュボード
・セッション・レビュー
・PDFやGoogleスライドのインポート
・優先ヘルプデスク
・セッション参加者50人

デル株式会社

« Lenovo IdeaPad Slim 7は、AMDのモバイル・プロセッサを搭載した、最初のラップトップである。'20.09.05 | トップページ | Microsoft Surface Duoのレビューの紹介 '20.09.06 »

IT関連のブログの紹介」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2