« Google Marketing Platformについて、知る必要のあること(5)'20.09.11 | トップページ | Google Marketing Platformについて、知る必要のあること(6)'20.09.12 »

2020年9月11日 (金)

Samsung Galaxy Z Fold 2スマートフォンと、最初の印象 '20.09.11

【Samsung Galaxy Z Fold 2スマートフォンと、最初の印象】'20.09.11

 フォルダブルなデバイスの、新たな標準である、Samsung Galaxy Z Fold 2スマートフォンの最初の印象 2020年9月1日

 By Andrew Martonik、digitaltrends

 SamsungのGalaxy Foldは、2019年に提供され、興味を持たれた、最初のフォルダブルなスマートフォンであった。

Dt0a_20200912153401


 しかし、Samsungは、耐久性の問題で、正式な提供が、遅れたが、折り畳み可能なスクリーンを持つ、フォルダブル・スマートフォンの分野で、前進を続けている。

 Samsungは、2020年2月に、新しい、クラムシェル・タイプの、フォルダブル・スマートフォン、Galaxy Z Flipを発売した。

Dt0b_20200912153601


 さらに、Samsungは、フォルダブルな、新たな版である、Galaxy Z Fold 2と、5Gをサポートした、Galaxy Z Fold 2 5Gを紹介した。

Dt0c_20200912154301


 Galaxy Z Fold 2は、最初のフォルダブルなスマートフォンとは、異なった世界に、提供される。

 フォルダブルは、現在、主流のデバイスになるのは難しいが、同様のタイプの、フォルダブルなスマートフォンは、2019年から、存在していた。

 フォルダブルなスマートフォンである、Galaxy Foldは、1年前から、提供されており、Motorola Razrは、数カ月前から、提供されていた。

 今回、Samsungは、フォルダブルなスマートフォン、Galaxy Z Fold 2の提供を開始する。

 さらに、Microsoftも、同社の最初の、フォルダブルなスマートフォン、Microsoft Surface Duoを発表している。

 このSurface Duoは、Microsoftが、初めて、Androidを搭載した、フォルダブルなスマートフォンであり、Samsungなどの、先行している、フォルダブルなスマートフォンに、プレッシャーを与えている。

 Samsungは、このフォルダブル・デバイスという、カテゴリに対する、消費者の期待に応えて、5Gをサポートした、Galaxy Z Fold 2 5Gを提供する。

 筆者は、Galaxy Z Fold 2を、初めて、手にした時の、印象を紹介する。

Dt2a_20200911220601


 Samsungは、Galaxy Z Fold 2の基本的な形状や、機能は、Galaxy Foldから、表面的な外観を、すべて新しくした。

 Galaxy Z Fold 2の、新しいデザインは、閉じると、通常のスマートフォンと同様の形状になり、Galaxy S20とNote 20シリーズのデザインと、フィットしている。

 Galaxy Z Fold 2は、ミスティック・ブロンズ色で、フラットな側面を持つ、シャープな角度を持った、デザインになっている。

 Galaxy Z Fold 2は、16㎜の厚みがあり、280gの重さを持っている。

Dt2b_20200911220701


 筆者は、Galaxy Z Fold 2の概略図を見たときに、まったく、新しい、レイアウトになっていることを知った。

 筆者が、最初に、Galaxy Z Fold 2を開いたときに、スクリーンを、さまざまな角度で、広げることができるため、閉じるとスマートフォン、開くとタブレット、90度以上広げると、ラップトップのように置くことができた。

 しかし、Galaxy Z Fold 2が、どれぐらい有用であるか、明確ではないが、筆者は、Galaxy Foldから、劇的に良くなったと感じた。

 Samsungは、Galaxy Z Fold 2を開くと、平らなタブレットになることに、信念を持っている。

 Galaxy Z Fold 2には、スクリーンの開閉を可能にする、蝶番が付いており、内側は、電気掃除機のブラシ・ローラーのような形状で、コーティングされており、蝶番の動きで、埃が中に入らないようなっている。

 これにより、Samsungは、埃を防いで、蝶番の安全に維持し、いつまでも、スクリーンをスムーズに開閉できるよう、耐久性を持たせている。

 最も大きな変更を、容易に、見つけることができる。

 外部の「カバー・ディスプレイ」は、現在、劇的に、より大きくなった。

 オリジナルの、Galaxy Foldの、カバー・ディスプレイは、極めて、小さいので、通知されたメッセージを見たり、カメラのビュー・ファインダーになったりするだけで、あまり有用ではなかった。

 このGalaxy Z Fold 2の、スクリーンのサイズは、6.2インチで、モダンなデザインになっており、ベゼルも狭くなっている。

 Samsungは、最初のGalaxy Foldを、2020年の、適切なフォルダブル・スマートフォンにするために、必要な修正を施して、Galaxy Z Fold 2を作成した。

 ユーザは、カバー・ディスプレイで、ホーム・スクリーンを通して、ナビゲートしたり、アプリを起動したり、Twitterを通して、スクロールしたり、できるようになる。

 しかし、Galaxy Z Fold 2のキーボードは、Galaxy Note 20 Ultraのキーボードより、まだ、かなり窮屈で、使いにくかった。

 Galaxy Z Fold 2の、折り畳むことのできる、7.6インチのディスプレイは、モダンなデザインで、劇的に改善されていた。

 Galaxy Z Fold 2の、折り畳むことのできる、ディスプレイのベゼルは、25%以上、狭められており、大きなコーナーのカメラのノッチは、取り除かれている。

 筆者は、折り畳んだときに、スクリーンの安全を維持する、ベゼルのエッジがあり、コンセプト・モデルよりも、完成されたと感じた。

Dt2c_20200911220801


 このディスプレイは、Samsung技術の最新版である、変更できる、最大120Hzのリフレッシュ・レートを持っているので、極めて、スムーズで、目にやさしい。

 フォルダブルなディスプレイの蝶番は、特に、画面が、白か、明るい画像では、依然として、少し目立つ。

 Samsungは、2つのアプリを、別々のディスプレイに表示するという方法を、2つの画面を、1つの大きなディスプレイにするという方法の、どちらも、できるようにしている。

 Galaxy Z Fold 2の、フォルダブルなスクリーン・カバーは、極めて、強固である。

 Galaxy Z Fold 2は、Galaxy Z Flipに、最初に、採用されていた、Samsungの最新のUTG(Ultra Thin Glass)フォルダブルなスクリーン技術を、採用している。

 Galaxy Z Flipに、採用されている、スクリーン技術、UTGは、実際に、強固であることが、証明されていた。

 オリジナルのGalaxy Foldのプラスチックのカバーの、少なくとも、2版は、信頼性がある。

 Galaxy Foldのディスプレイのプラスチックのカバーは、Gorilla Glass 6の強固なパネルより、傷が付きやすいが、ディスプレイを、安全に保護することができた。

 Galaxy Z Fold 2には、バッテリーの寿命から、カメラのアレイまで、さらに多くの機能と、高度な仕様になっている。

 Samsungは、最初のフォルダブルなスマートフォンの、2020年の改定版に、多くの価値のある、変更を加えた。

デル株式会社

« Google Marketing Platformについて、知る必要のあること(5)'20.09.11 | トップページ | Google Marketing Platformについて、知る必要のあること(6)'20.09.12 »

IT関連の記事」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2