« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月31日 (火)

Samsung Galaxy Book Sのレビュー(1)'20.03.31

【Samsung Galaxy Book Sのレビュー(1)】'20.03.31

 Samsung Galaxy Book Sには、優れたバッテリー寿命と、スリムなデザインの特徴があるが、キーボードは、薄すぎて、あまり入力しやすくない。2020年3月13日

 Samsungの最新の超スリムなUltrabooは、1回の充電で、一般的な利用で、1日中使用でき、4G LTEをサポートし、極めて軽量なデザインになっているが、キーボードは、あまり使いやすくない。

 By DANIEL RUBINO、windowscentral

 Windows 10 on ARMは、コンパクトで、低消費電力であるが、性能や互換性の課題があり、進化を続けている。

 Samsung Galaxy Book Sは、(MicrosoftのSurface Pro Xに次ぎ)、ARMアーキテクチャの、Qualcommの「Snapdragon 8cx」プロセッサを搭載している、2番目のラップトップである。

Dt6a_20200331203801


 より従来のクラムシェルのデザインに従い、このSamsung Galaxy Book Sは、常時、インターネットに接続できるよう、4G LTE、移動通信ネットワークをサポートした、ラップトップである。

 筆者は、この数週間、Samsung Galaxy Book Sラップトップを使用し、誰が、この1000ドルと高価で、超スリムなラップトップを購入するのだろうと思った。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Samsung Galaxy Book Sラップトップは、極めて薄くて軽い、プレミアムなラップトップであり、10時間以上のバッテリ寿命があり、4G LTEをサポートしている。

Dt6b_20200331203901

 このSamsung Galaxy Book Sラップトップは、優れたオーディオと、見やすいディスプレイを特徴にしているが、キーボードは、あまり入力しやすくない。

利点

・洗練された、スリムなデザイン
・オールメタルのシャーシー
・1回の充電で、通常の利用で、11時間以上利用可能
・優れたオーディオ
・見やすいフルHDの高品位なスクリーン画面
・microSD拡張

欠点

・キーボードは、入力しにくい
・ARMアーキテクチャのプロセッサ用のARM64アプリは、まだ、充実していない
・まぶしさを抑えた、16対9のアスペクト比の、スクリーン画面ではない

 「Samsung Galaxy Book Sラップトップ」の紹介ビデオ

 Surface Pro Xラップトップに似た、Galaxy Book Sラップトップは、プレミアムなラップトップを必要としている、企業のモバイル・ユーザ向けの製品であり、移動通信ネットワークを通して、常時、インターネットに接続される。

 Samsungは、以前のGalaxy Book2ラップトップに似た、Galaxy Book Sラップトップを構築していた。

 このGalaxy Book Sラップトップは、役員や企業のモバイル・ユーザ向けに作成されており、移動時にも、利用することができる。

 このGalaxy Book Sラップトップは、学生、ジャーナリスト、ライター、および、オフィスの生産的な作業を行っている、ユーザ向けではない。

 Windows 10 on ARMは、現在、x86アーキテクチャのプロセッサ用の、64ビットの従来のWindowsアプリを実行させることはできない。

 また、Windows 10 on ARMは、CADプログラム、ゲーム、ビデオの編集といった、コンピューティング・パワーを必要とする、アプリには、あまり適していない。

 ただし、Windows 10 on ARMは、生産性スイート、Microsoft Office、コミュニケーション・ツール、Slack、ビデオ会議プラットフォーム、Microsoft Teams、コミュニケーション・ツール、Skype、Webブラウザ、メール、マップ、コラボレーション・ソフトウェアといった、広く利用されているアプリは、問題なく、実行させることができる。

 ただし、Windows 10 on ARMは、即時オン、4G LTE接続サポート、および、長寿命なバッテリーを特徴にしている。

     (続く)

デル株式会社

FBへの会社の先輩の投稿で、学生時代のことを思い出しました。'20.03.31

【FBへの会社の先輩の投稿で、学生時代のことを思い出しました。】'20.03.31

 FBへの会社の先輩の投稿で、学生時代に聴いた、楽曲を思い出しました。

 大学の先輩が、オスカーピーターソン演奏のピアノジャズのカセット・テープを貸してくれたので、聴いた記憶があります。

「Oscar Peterson - C Jam Blues」のビデオの紹介

 また、大学の同級生が、ヴァンクライバーン演奏のラフマニノフのピアノ協奏曲第2番のレコードを貸してくれたので、カセット・テープに録音したことを、思い出しました。

「Rachmaninoff Piano Concerto No. 2 - Van Cliburn - Part 1」のビデオの紹介

「Rachmaninoff: Piano Concerto no.2 op.18 - Anna Fedorova - Complete Live Concert」のビデオの紹介

 「南こうせつとかぐや姫」も、レコードを借りて、カセットに、録音していました。

「夏川りみ×南こうせつ 僕の胸でおやすみ」のビデオの紹介

 年齢を重ねると、昔の記憶を、思い出すことが、よくあります。

デル株式会社

スマート・ファームは、どのように、農業を革新するのだろうか?(2)'20.03.31

【スマート・ファームは、どのように、農業を革新するのだろうか?(2)】'20.03.31

 最初に、スマートフォンが普及し、次に、スマート・ホームが、普及する兆しを見せている。

 現在、筆者は、スマート農業の先端技術に注目している。

 さまざまな業界の製品は、よりスマートになった。

 完全に、自動化された、自動運転車から、ホーム・オートメーション・システム、および、デジタル・アシスタントまで、より広く利用されるようになる。

 これらの製品のコアには、「モノのインターネット(IoT)」がある。

 IoT技術は、物理とデジタルの世界を接続し、人間の作業を簡素化し、効率化する。

Dt9a_20200331111701


 IoTは、多くの産業や、さまざまな業界に、浸透しており、現在では、農業機械などに、影響を与え、スマート農業の普及を促し、予測的な保守を可能にしている。

Dt9b_20200331112001

       (続き)

 クラウド・ベースの「予測的な保守」は、保守サービス会社やメーカが、顧客の機械の停止時間を短縮し、顧客満足度を向上させると共に、部品の在庫を最適化でき、競合他社よりも優位に立つ上で重要である。

 最適な価格で部品を販売し、予測的な保守サービスを提供することは、競争力のある差別化を生み出す方法であるが、新しいITに投資する必要があるので、多くの保守サービス会社や部品メーカは、部品の在庫管理に、コストプラスやスプレッドシートのような、従来の方法を使用しており、機械の定期点検や、機械が故障してから修理するような、方法を取っている。

 しかし、これからの保守サービス(アフター・マーケット)ビジネスには、競争力のある価格での部品の供給や、予測的な保守サービスが、これまで以上に重要になるだろう。

 予測的な保守サービスには、機械製品に、IoTに対応した、スマートセンサーが装備されていることが必要になる。

 部品メーカや保守サービス会社は、顧客の機械に付けられた、スマートセンサーから、得られるデータを収集し、クラウド・ベースの分析サービスで、分析することで、機械が故障する前に、予防的に修理できるようになり、機械の停止時間を、大幅に短縮できるようになる。

 予測的な保守サービスや、予測的な部品の在庫管理技術で、部品メーカや保守サービス会社は、顧客満足度を向上させ、売上や利益を上げることができるようになる。

 部品メーカや機械メーカは、予測的な保守サービスを提供したり、予測的な保守サービスを提供している、3rdパーティの保守サービス会社と提携することで、エコシステムを拡大できるようになる。

 機械メーカ、部品メーカ、保守サービス会社は、パートナーを組み、顧客の機械製品のアップタイムを最大化することに焦点を当てた、契約ベースの、「予測的な保守サービス・モデル」にシフトしよう。

 機械メーカや部品メーカは、予測的な保守サービスで、機械の停止時間を短縮し、部品の在庫を最適化できるようになり、部品の価格を下げることができるようになる。

 McKinseyによると、米国の農業機械メーカは、予測的な保守サービスで、顧客のニーズに応え、現在の利益の4倍から6倍の価値を生み出すことが可能になるという。

 農家のニーズと期待が、今後、何年間にも渡り、満たされることを保証するために、農業機械メーカや部品メーカは、予測的な保守を可能にし、農作業を効率化する、技術やプロセスに、投資する必要があるだろう。

<コメント>

 センサーやIoT技術、クラウド・ベースのデータ分析は、自動車や工作機械などだけでなく、電気、ガス、水道、ビルなど、あらゆる分野の、機器や設備やシステムの、予測的な保守を可能にし、システム全体の停止時間を、大幅に短縮できるようになることが期待されており、システムを維持・管理する、保守サービスのビジネスは、大きな市場になるようだ。

デル株式会社

2020年3月30日 (月)

スマート・ファームは、どのように、農業を革新するのだろう?(1)'20.03.30

【スマート・ファームは、どのように、農業を革新するのだろう?(1)】'20.03.30

 最初に、スマートフォンが普及し、次に、スマート・ホームが、普及する兆しを見せている。

 By syncron

 現在、筆者は、スマート農業の先端技術に注目している。

 さまざまな業界の製品は、よりスマートになった。

 完全に、自動化された、自動運転車から、ホーム・オートメーション・システム、および、デジタル・アシスタントまで、より広く利用されるようになる。

 これらの製品のコアには、「モノのインターネット(IoT)」技術がある。

 IoT技術は、物理とデジタルの世界を接続し、人間の作業を簡素化し、効率化する。

Dt9b_20200330202901


 IoTは、さまざまな産業に浸透しており、現在では、農業機械といった、農業の分野に影響を与え、スマート農業の普及を促している。

 IoTは、さまざまな業界で、利用されるようになり、IDCによると、2020年までに、スマート農業市場は、1兆2000億ドルの規模になるという。

 農業の分野は、通常、新しい技術を導入するのが、比較的緩やかである。

 調査会社のMcKinsey & Companyによると、農村部における、長期的な実験サイクル、および、移動通信ネットワークが未整備なために、IoTの導入のが遅れているという。

 天候、栄養、土壌の状態(酸性やアルカリ性、成分など)を、さまざまなセンサーを用いて、IoT技術を使用して、調べることは、複雑で難しいことである。

Dt9a_20200330203101


 自分たちの顧客の需要に合わせるために、農業機械のメーカは、新たな技術の採用を加速しなければならない。

 変革に対する、準備が整った業界において、メーカは、以下の戦略を考慮すべきである。

 新たな技術と、デジタル化への、新たなアプローチを採用する。

 モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、機械学習(ML)、および、予測的な分析における、投資は、農業機械メーカの将来の成功に、役立っている。

 企業や機関は、自分たちのニーズに適合するために、適切な技術を採用し、ビジネス・プロセスを検証する必要がある。

 IoT技術と、畑に埋め込んだ、センサーの導入で、より多くのデータが利用できるようになるので、メーカは、データを収集し、分析し、この結果に基づいて行動するための、基盤を持つ必要がある。

 顧客の要求が、発展し、増大するので、メーカのサービス組織の、積極的な性質が、これらの新しい技術の統合を要求するだろう。

 このサービス部品のサプライ・チェーンを最適化する。

 現在、多くのメーカが使用している、「故障してから修理する」サービス・モデルは、部品が不足する可能性が高いため、顧客の待ち時間が長くなったり、部品の在庫が過剰になったりする。

 この「故障してから修理する」方法では、機械の保守サービス会社やメーカが、機械の停止時間を短くすることができず、顧客満足度や収益を向上させることができない。

 クラウド・ベースの部品管理ソリューションは、保守サービス会社やメーカが、顧客の機械を保守する上で、部品を追跡できるようにし、部品の使用や、新しい部品のニーズなどを予測して、部品の在庫を最適化できるようにし、予測的な保守を可能にする。

       (続く)

デル株式会社

デジタルで購入する場合、最も重要な要素は何だろう?'20.03.30

【デジタルで購入する場合、最も重要な要素は何だろう?】'20.03.30

 2019年10月に、Retail TouchPointsが、米国のインターネット・ユーザを対象に、「デジタルで、商品やサービスなどを購入する場合、ショッピング経験で、最も重要な要素は、何か?」の、アンケート調査を実施した、結果を紹介する。2020年1月21日

 By eMarketer

グラフ1)米国のインターネット・ユーザにとって、ショッピング経験において重要な要素

ショッピング経験において重要な要素         回答の割合

無料配達サービス                       85%
無料で返品可能                        55%
スムースなチェックアウト・プロセス             54%
正確な製品の情報や説明を利用可能           51%
強力で、適切な、商品やサービスの検索機能       39%
小売店などのクーポン券を使用可能            32%
顧客サポート担当者と会話でき、質問可能 注1)    25%
「今すぐ購入して後で支払う」を利用可能 注2)     16%

注1)顧客サポート担当者と、音声チャット、テキスト・チャット、ビデオ・チャット、電話などを利用できる。

注2)「今すぐ購入して後で支払う」と一般に呼ばれる無利子の金融は、買い物客が購入に対して支払うための、ますます人気のある方法(Afterpay、Zip、Openpay、Humm、Payright、Klarnaなどの支払いプラットフォームを使用すると、利息を支払うことなく、購入コストを長期にわたって分散可能)になっている。

 ソース:Retail TouchPoints、2019年10月31日

デル株式会社

デュアル・スクリーン・デバイス向けの、新しい「Windows 10X」オペレーティング・システムの紹介(2)'20.03.30

【デュアル・スクリーン・デバイス向けの、新しい「Windows 10X」オペレーティング・システムの紹介(2)】'20.03.30

 Microsoftは、デュアル・スクリーン・デバイス用のWindowsを、クリーンアップした。2020年2月11日

 By Tom Warren@tomwarren、theverge

Dt1a_20200330110001


 Microsoftは、開発者が、デュアル・スクリーン・デバイス用の、新しいオペレーティング・システムが、どのようなものかを、分かるようにする、Windows 10X用の、最初のエミュレータをリリースした。

 Microsoftは、開発者に、デュアル・スクリーン・デバイスが、実際に、出荷される前に、Windows 10X用に、アプリの最適化を開始できるようにする。

 筆者が、このエミュレータを入手して、調べた結果、Windows 10Xを、未来のデュアル・スクリーン・デバイス用に、クリーンアップされた、Windows 10の、より近代版のように感じた。

    (続き)


Dt1b_20200330110401

 Windows 10Xのファイル・エクスプローラは、ファイル転送用の外部デバイスをサポートする、最新の「ファイル・エクスプローラ」に置き換えられた。

 Windows 10Xの、もう1つの新しい追加機能は、「ワンダー・バー」である。

 ワンダー・バーは、OSのソフトウェア・キーボードの一部として表示されるように設計されている。

 ワンダー・バーは、Appleの「タッチ・バー」と似ており、GIF、絵文字、ソフトウェア・トラックパッドのような、入力オプションを提供する。

 ジャーナリストなどが、「Windows 10X」を疑似的に体験できる、エミュレータ版は、かなり基本的なものであり、これに最適化された、Windowsアプリ以外の、Windowsアプリでテストするのは困難である。

 「Windows Calculator」のように、常にトップモードの、Windowsアプリも「ワンダー・バー」にドッキングできる。

 筆者は、現在、ジャーナリストなどが、試用できる、評価用の「Windows 10X」を、Windows 10の、より洗練された、最新版のように感じた。

Dt1d_20200330110101

 Microsoftは、Windows 10Xの正式版を、2020年後半のホリデーシーズンまでに、提供する予定であるが、デュアル・スクリーン・デバイス専用であり、今の所、従来のPC向けには、提供しないようだ。

 Microsoftによると、「Windows 10X」は、アップデートのインストールを、約90秒以内に、完了させることができるという。

 Microsoftは、32ビットのWindowsアプリ(Win32)や、64ビットのWindowsアプリ(Win64)を実行するための、コンテナ技術を、「Windows 10X」に組み込んでいる。

 ただし、このコンテナのアプローチには、一部のアプリ開発者が、対処する必要のある、Windowsアプリ(Win32とWin64)の互換性の問題があるようだ。

 筆者は、2020年5月に開催される予定の、Build開発者コンファレンスで、「Windows 10X」に対する、Microsoftの野心について、もっと多くのことを知りたいと思っている。

デル株式会社

2020年3月29日 (日)

Windows on ARMラップトップは、2020年にどうなるのだろう?'20.03.29

【Windows on ARMラップトップは、2020年にどうなるのだろう?】'20.03.29

 x86アーキテクチャの代わりに、ARMアーキテクチャのプロセッサ・チップを搭載した、Windows on ARMラップトップは、まだ、あまり市場に、販売されていないが、Microsoftは、性能や互換性の課題を改善した、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップをリリースする。2020年3月18日

 By Kyle Johnson, brianmadden

 BrianMaddenで、筆者らは、2012年に、ARMアーキテクチャのプロセッサ・チップ用のオペレーティング・システムである、「Windows RT」を最初にデビューさせて以来、10年間近く、Windows on ARMラップトップを使用してきた。

 2017年に、筆者らは、Windows 10のS Modeで動作する、ARMアーキテクチャのプロセッサ・チップを搭載した、ラップトップを入手し、興味を持ったが、購入することはなかった。

 筆者らは、2018年に発表された、Always Connected PCラップトップを含む、ARMベースのラップトップに注目した。

 2020年に、筆者らは、Microsoftから、最近、発表された、ARMベースのラップトップに、興味を持った。

 Microsoftは、この2年間に、「Windows on ARM」ラップトップの発表を続けていた。

 RSA 2020で、筆者は、MicrosoftのDavid Weston氏から、Windows on ARMラップトップを入手できる、機会があった。

 個人的に、筆者らは、優れたバッテリー寿命、低消費電力、常時オンのセキュリティを提供する、Microsoftの「Windows on ARM」ラップトップを気に入っていた。

 Microsoftが、最近、発表した、Windows on ARMラップトップは、「Surface Pro X」であった。

 「Surface Pro」 Xラップトップは、QualcommとMicrosoftが、パートナーを組んで作成した、ARMアーキテクチャのQualcomm 8cxプロセッサをベースにした、カスタム・プロセッサ、SQ1を搭載し、オペレーティング・システムには、ARMプロセッサ用の、Windows 10を採用している。

 他の「Window for ARM」ラップトップには、Qualcommの8cxプロセッサとX55 5Gモデムを搭載した、「Lenovo Yoga 5G」がある。

 Lenovoの、Windows on ARMの欠点は、仕様が、最良ではないことと、価格が、1499ドルと、高価なことである。

 最近、リリースされた、「Samsung Galaxy Book S」ラップトップは、LenovoのWindows on ARMラップトップと、同等の仕様であるが、価格は、500ドル未満と、極めて手頃な価格である。

 「Lenovo Yoga C630」ラップトップは、ユーザに、通常のARM経験、長寿命のバッテリーを提供するが、アプリの実行性能は、同じ価格帯のx86ベースのラップトップよりも、劣っている。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースの、Windows on ARMラップトップは、最初のラップトップが、発売されてから、10年以上経つが、エミュレータで、x86アーキテクチャのプロセッサ用の、32ビットWindowsアプリを実行する上での、性能の課題、x86アーキテクチャ用の、64ビットWindowsアプリ(Win64)は、実行できないこと(エミュレータの計画はある)、および、ARMアーキテクチャ用のネーティブな、64ビットWindowsアプリ(ARM64)が、少ない、といった問題があり、まだ、あまり売れていない。

 筆者は、Windows on ARMラップトップの販売台数のデータと、Windowsベースのラップトップで、どれぐらいのシェアがあるかのデータを、見つけることができなかった。

 筆者は、Qualcommが、ARMアーキテクチャ・ベースの、8cxプロセッサよりも、低価格の、8cと7cプロセッサををリリースすると、これらのプロセッサを搭載した、Windows on ARMラップトップの価格が、下がることを期待している。

 筆者は、ARMアーキテクチャ・ベースの、Windows on ARMラップトップの出荷台数は、緩やかに増加していくと見ている。

 パワーユーザは、自分が利用する、x86アーキテクチャ向けの、64ビットのWindowsアプリ(Win64)が、Windows on ARMラップトップ上で、実行できないので、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップを購入することはないだろう。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップの、最も大きな課題は、Windowsアプリの互換性であるが、この問題は、改善されつつある。

 しかし、Microsoftストアで提供されている、ネーティブな64ビットのARMアーキテクチャ・ベースのWindowsアプリ(ARM64)の数は、まだ、あまり多くない。

 また、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップでは、32ビットのx86アーキテクチャ・ベースのWindowsアプリ(Win32)を実行させることはできるが、64ビットのx86アーキテクチャ・ベースのWindowsアプリ(Win64)を実行させることはできない。

 Microsoftは、64ビットのx86アーキテクチャ・ベースのWindowsアプリ(Win64)を、実行するための、エミュレータを作成していると、2019年末に報告していたが、このエミュレータは、2021年まで、提供されないだろう。

 Windowsアプリの性能や互換性の課題を改善するために、MicrosoftとQualcommは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows on ARMラップトップの開発への投資を続けている。

デル株式会社

2020年における、スマート農業:IoTセンサーは、農業を、より効率化し、より精度を向上させるのだろうか?(3)'20.03.29

【2020年における、スマート農業:IoTセンサーは、農業を、より効率化し、より精度を向上させるのだろうか?(3)】'20.03.29

 これは「Business Insider Intelligence Internet of Things」プレミアム・レポートのプレビューである。2020年1月25日

 By businessinsider

 このレポートは、ここで購入できる

 農業は、今後、数10年間で、より重要になる。

 国連は、世界の人口が、2050年までに、97億人に達するので、世界の農作物の生産量は、2010年から2050年の間に、69%増加することが期待されている。

 この需要に適合するために、農家や農場は、食物の生産能力を分析し、向上させるために、「モノのインターネット(IoT)」技術の採用を開始している。

    (続き)

 ドローンが、農作業で使用されてきた。

Dt10d_20200329141001


 ドローン・メーカ、「DroneFly」によると、ドローンを使用すると、人手で行うよりも、40倍から60倍速く、作物に「肥料」や「水」や「農薬」を噴霧できるようになり、さらに、「農薬散布」時の、身体への危険を回避できるようになるという。

 ドローンを使用すると、農家は、作物が、成長期に、どれぐらいの量があるかを、定期的に監視できるようになり、収穫時の量を、より正確に予測できるようになる。

Dt10c


 農家は、ドローンで、作物の状態を撮影し、画像を解析して、作物の発芽率や繁茂率を、把握できるようになる。

 農家は、ドローンで、作物に、農薬を散布することで、作物を治療したり、病気を予防したり、できるようになる。

 また、農家は、ドローンで、作物に、適切な、水や肥料を、効果的に、散布することで、作物の質や量を向上できるようになる。

 「DroneFlyの、農業向けのドローンの紹介」ビデオ

デル株式会社

2020年における、スマート農業:IoTセンサーは、農業を、より効率化し、より精度を向上させるのだろうか?(2)'20.03.29

【2020年における、スマート農業:IoTセンサーは、農業を、より効率化し、より精度を向上させるのだろうか?(2)】'20.03.29

 これは「Business Insider Intelligence Internet of Things」プレミアム・レポートのプレビューである。2020年1月25日

 By businessinsider

 このレポートは、ここで購入できる

 農業は、今後、数10年間で、より重要になる。

 国連は、世界の人口が、2050年までに、97億人に達するので、世界の農作物の生産量は、2010年から2050年の間に、69%増加することが期待されている。

 この需要に適合するために、農家や農場は、食物の生産能力を分析し、向上させるために、「モノのインターネット(IoT)」技術の採用を開始している。

     (続き)

 John Deere(最大手の農業機械メーカ)は、トラクターを、インターネットに接続し始め、農家の作物の収量に関するデータを表示する方法を作成した。

Dt10a_20200329101601


 John Deereは、従来のトラクターを使用して、行ってきた、農作業を、より効率的に行えるようする、よりスマートな、自動運転トラクターを開発している。

 農家は、トラクターで、取り付けるアタッチメントを変えることにより、「土壌づくり」、「肥料・農薬・種の散布」、「草刈り」、「収穫した作物の運搬」など、さまざまな農作業を行うことができるようになる。

 さらに、よりスマートな自動運転トラクターを、導入することで、農家は、従来のトラクターで行っていた、農作業を、より少ない人数で、行うことが可能になる。

 「John Deereの自動運転電気トラクターの紹介」ビデオ

 また、さまざまなセンサーを、自動運転トラクターに、取り付けることで、農家は、土壌や作物の状態を、より精密に把握できるようになる。

 これらの技術は、「精密農業」を構成するのに役立ち、コストを抑えて、リソースを節約しながら、作物の生産量を向上させることが可能になる。

 よりスマートな、精密農業が、開始されているが、それらは、農業の世界で、技術をさらに活用するための、先駆けとなる可能性がある。

 ブロックチェーン技術は、作物に関する重要なデータを提供する能力があるため、農業部門で重要になる可能性がある。

 農家は、センサーを使用して、ブロックチェーンに書き込まれる、作物に関するデータ(特定要素、塩分、糖分、pHレベルなど)を、収集できるようになる。

 「Business Insider Intelligence」は、2023年までに、全世界で、1200万台近くの農業用センサーが設置されると、予測している。

 さらに、IBMは、平均的な農場が、1日当り、50万の「データポイント」を生成できるようになると推定しており、これにより、農家が、収穫量を向上させ、利益を増やすのを支援している。

      (続く)

デル株式会社

2020年3月28日 (土)

デュアル・スクリーン・デバイス向けの、新しいWindows 10Xオペレーティング・システムの紹介(1)'20.03.28

【デュアル・スクリーン・デバイス向けの、新しいWindows 10Xオペレーティング・システムの紹介(1)】'20.03.28

 Microsoftは、デュアル・スクリーン・デバイス用のWindowsを、クリーンアップした。2020年2月11日

 By Tom Warren@tomwarren、theverge

Dt1a_20200328212401


 Microsoftは、開発者が、デュアル・スクリーン・デバイス用の、新しいオペレーティング・システム、Windows 10Xが、どのようなものかを体験できるようにする、Windows 10Xのエミュレータをリリースした。

 また、Microsoftは、デュアル・スクリーン・デバイスが、実際に、出荷される前に、アプリ開発者が、Windows 10X用に、アプリの最適化を開始できるようにする。

 筆者が、このエミュレータを入手して、調べた結果、Windows 10Xを、将来のデュアル・スクリーン・デバイス用に、クリーンアップされた、Windows 10の、より近代版のように感じた。

 Windows 10Xは、フォルダブルな、デュアル・スクリーン・デバイス専用に設計されており、また、Microsoftは、このOSのユーザ・インタフェース(UI)を、カスタマイズした。

 最も注目すべき、変更の1つは、新しいWindows 10Xの「スタート」メニューである。

 Windows 10Xには、Windows 10、Windows 8、および、Windows Phoneにあった、「アニメーティッド・ライブ・タイル」は、含まれておらず、よりシンプルなデザインになっている。


Dt1b_20200328212601
 Windows 10Xの「スタート・メニュー」は、所定の位置に、ピンで留めることのできる、アプリと、最近のドキュメントのリストを含んでいる。

 Windows 10Xの「スタート・メニュー」は、Windows 10の既存の「スタート・メニュー」よりも、「タスク・ラウンチャー」に、より似ている。

 ユーザは、「スタート・メニュー」から、アプリ、ドキュメント、あるいは、Webコンテンツを検索することができ、Windows 10Xは、基本的な音声入力をサポートする。

 ただし、「Cortana」音声対応デジタル・アシスタントは、Windows 10Xの設定セクションにもない。

 新たな「スタート」メニューを除けば、Windows 10Xは、Windows 10に、極めてよく似ていると感じた。

 周囲の明るさに応じて選択できる、ダークモードとライトモードがあるが、Windows 10Xでの最大のユーザ経験(UX)の変更は、アプリでマルチタスクする方法にある。

 Windows 10とは異なり、ユーザは、スクリーン画面上の任意の場所に、アプリを漂わせることはでないようだ。

 アプリは、デフォルトで、1つのスクリーン画面で開き、ユーザは、マウス、または、タッチ操作で、アプリをドラッグし、2つのスクリーン画面に渡り、完全に広げることができる。

 Microsoftは、マルチタスキングにも、ジェスチャーを利用できるようにし、その一部は、Windows 10とWindows 8において、存在するものに似ている。

 ただし、筆者は、Windows 10Xにある、「最小化」ボタンと「閉じる」ボタンは、小さくて、タッチするのが難しい場合があると感じた。

Dt1c_20200328212901

 ユーザは、音量、スクリーン画面の明るさ、Bluetooth、回転ロックなどの設定に、手早く、アクセスできるようにする、「タスクバー」から、アップデートされた「Action Center」を、アクセスすることもできる。

 Windows 10X上で実行する、アプリを見られるようにする、「Task View」も、アップデートされており、ユーザは、特定のスクリーン画面に、アプリを呼び出すために使用できるようだ。

 ユーザが、Windows 10Xの、Windowsデスクトップを、右クリックすると、設定の背景を変更できる機能が表示される。

        (続く)

デル株式会社

コロナウイルス感染の心配で、学校が閉鎖されても、教師はリモートで授業を続けることができるようになる。(4)'20.03.28

【コロナウイルス感染の心配で、学校が閉鎖されても、教師はリモートで授業を続けることができるようになる。(4)】'20.03.28

 コロナウイルス感染の心配で、学校が閉鎖されても、生徒は、PCやタブレットで、遠隔学習ツールを使用して、家庭で授業を受けることが、できるようになる。2020年3月5日

Dt0b_20200328102801
 By Jennie Magiera、Google

 筆者は、学校で、教師や管理者として、10年以上働いてきた。

 筆者は、コロナウイルス感染の危機といった、学校を閉鎖させるような出来事があったときにも、生徒が貴重な学習時間を無駄にしないようにする方法を見つけた。

 筆者らは、これを「遠隔学習」と呼び、仮想的な学校で働いているか、ユニークなイベントに直面しているか、に関わらず、多くの教師は、「遠隔学習」を、効果的に機能させる方法を模索している。

 現在、我々は、そのような状況に直面している。

 新型コロナウイルス(COVID-19)感染の危機で、世界中の学校が閉鎖され、何100万人もの生徒が、実際に、学校に通うことができなくなっている。

     (続き)

4)先生は、生徒の気持ちを確認しよう。

 先生は、遠隔学習環境でも、生徒の感情的な状態を、ある程度、把握して、対応できるようになる。

 例えば、先生は、ビデオ会議ツール、「Hangouts Meet」を使用して、遠隔学習環境でも、生徒と、感情を共有し、学校で面談している感じで、ある程度、対応できるようになる。

 また、教師は、調査管理ツール、「Google Form」を使用して、遠隔学習環境でも、生徒の、毎日の感情的な状態を、アンケート形式で、ある程度、チェックできるようになる。

 教師の支援が必要な場合、生徒は、「Google Form」内で、教師に、面談を要求することもできる。

5)家庭で、授業を受けられる、遠隔学習の利点は、学校での授業よりも、時間の制約が、少ないことである。

 次の授業を担当する先生の都合もあるが、リアルタイムな遠隔学習では、先生は、生徒を教室に急いで入れたり、ベルが鳴る前に、急いでレッスンを終了させたりする必要は、実際の学校での授業と比べれば、極めて少なくなる。

 遠隔学習を利用すれば、先生も生徒も、通常の学校の授業のような、時間的な制約を、あまり受けることはない。

 また、先生やクラスメイトとの、リアルタイムな会話が必要な、遠隔授業では、次の遠隔授業の先生に、迷惑がかからなければ、先生も生徒も、学校での授業程、時間の制約を受けないだろう。

 ただし、先生にも、生徒にも、次の遠隔授業の準備のためなどに、休憩の時間は、必要だろう。

 理解度をチェックする、アンケート形式の遠隔学習のように、先生やクラスメイトとの会話を必要としない、まったく時間の制約を受けないタイプのレッスンもある。

 教材を読んだり、インターネットで、調べたりしながら、質問に答える、アンケート形式の遠隔学習も、先生やクラスメイトとの会話が必要でなければ、時間の制約はない。

 生徒は、家庭で受けることのできる、アンケート形式の、遠隔学習のレッスンを、好きな時間に、受けることができる。

 ただし、従来のアンケート形式のレッスンの欠点の1つは、暫く学習していると、生徒が、飽きてくることだろう。

6)遠隔学習への、より多くのアプローチを探ろう。

 教育者と管理者が、ウイルスの感染といった、危機管理計画を立て、教室を完全に仮想化し、生徒が、家庭で、授業を受けられるようにすることを検討しているなら、Googleの教育グループは、学校や教育機関を支援する。

 現在の、コロナウイルス感染の危機的状況において、米国の教育リーダーらは、Google Educator Group、および、他のソーシャル・ネットワークを通して、アイデアを共有し、互いに、手を差し伸べている。

 教育者と管理者が、ウイルスの感染といった、危機管理計画を立て、教室を完全に仮想化し、生徒が、家庭で、授業を受けられるようにすることを検討しているなら、Googleの教育グループは、学校や教育機関を支援する意向である。

デル株式会社

コロナウイルス感染の心配で、学校が閉鎖されても、教師はリモートで授業を続けることができるようになる。(3)'20.03.28

【コロナウイルス感染の心配で、学校が閉鎖されても、教師はリモートで授業を続けることができるようになる。(3)】'20.03.28

 コロナウイルス感染の心配で、学校が閉鎖されても、生徒は、PCやタブレットで、遠隔学習ツールを使用して、家庭で授業を受けることが、できるようになる。2020年3月5日

 By Jennie Magiera、Google

 筆者は、学校で、教師や管理者として、10年以上働いてきた。

 筆者は、コロナウイルス感染の危機といった、学校を閉鎖させるような出来事があったときにも、生徒が貴重な学習時間を無駄にしないようにする方法を見つけた。

 筆者らは、これを「遠隔学習」と呼び、仮想的な学校で働いているか、ユニークなイベントに直面しているか、に関わらず、多くの教師は、「遠隔学習」を、効果的に機能させる方法を模索している。

 現在、我々は、そのような状況に直面している。

 新型コロナウイルス(COVID-19)感染の危機で、世界中の学校が閉鎖され、何100万人もの生徒が、実際に、学校に通うことができなくなっている。

Dt0b_20200328102801

     (続き)

3)ビデオ会議ツール、Hangouts Meetで、生徒とつながりを続けよう。

 生徒の日常生活が混乱すると、学校で、先生やクラスメイトと、一緒に学んでいることに気づくだろう。

 学校が閉鎖されているような状態でも、先生やクラスメイトとの、一体感や安心感を維持することが重要である。

 生徒の家庭に、Wi-Fi環境があれば、生徒は、Hangouts Meetのようなビデオ会議プラットフォームを使用して、仮想的に、教師やクラスメイトとコミュニケートできるようになる。

 ビデオ会議プラットフォームを使用して、生徒は、先生やクラスメイトと、互いに関わり合い、発言したり、発表したり、互いに助け合ったり、議論したり、できるようになる。

 スケジューリングは、発生する可能性のある、別の課題である。

 「Calendar Appointment Slots」を使用することで、支援が必要な生徒は、1対1、または、少人数のグループで、先生と会うために、サインアップすることもできる。

 ただし、遠隔学習には、家庭に、Wi-Fiアクセス環境が、整備されており、インターネットに接続して、PCやタブレットを利用できる必要がある。

 また、先生は、ビデオ会議ツール、「Hangouts Meet」の高度な機能を使用すると、レッスンを記録し、生徒と共有することも可能になる。

4)生徒の気持ちを確認しよう。

 先生は、遠隔学習環境でも、生徒の感情的な状態を、ある程度、把握して、対応できるようになる。

 ビデオ会議ツール、「Hangouts Meet」を使用して、先生は、遠隔学習環境でも、生徒と、感情を共有し、学校で面接している感じで、ある程度、対応できるようになる。

 また、教師は、調査管理ツール、「Google Form」を使用して、遠隔学習環境でも、生徒の、毎日の感情的な状態を、アンケート形式で、ある程度、チェックできるようになる。

 教師の支援が必要な場合、生徒は、「Google Form」内で、教師に、面談を要求することもできる。

    (続く)

デル株式会社

2020年3月27日 (金)

2020年における、スマート農業:IoTセンサーは、農業を、より効率化し、より精度を向上させるのだろうか?(1)'20.03.27

【2020年における、スマート農業:IoTセンサーは、農業を、より効率化し、より精度を向上させるのだろうか?(1)】'20.03.27

 これは「Business Insider Intelligence Internet of Things」プレミアム・レポートのプレビューである。2020年1月25日

 By businessinsider

 このレポートは、ここで購入できる

 農業は、今後、数10年間で、より重要になる。

 国連は、世界の人口が、2050年までに、97億人に達するので、世界の農作物の生産量
は、2010年から2050年の間に、69%増加することが期待されている。

 この需要に適合するために、農家や農場は、食物の生産能力を分析し、向上させるために、「モノのインターネット(IoT)」技術の採用を開始している。

 農業や農場における、技術的な革新は、最近のことではない。

 数100年前には、手動の道具が、標準であり、第1次産業革命は、自動紡績機をもたらした。

 1800年代には、エレベータ、化学肥料、および、最初のガソリン自動車が、もたらされた。

 1900年代末には、農場は、人工衛星を使用して、例えば、食物の水分や温度などを分析して、適切な収穫時期を予測てするシステムを検討していた。

 IoTは、農業の未来を、次のレベルに進める。

Dt10a_20200327204501


 スマート農業は、既に、農場の間で、より一般的になっており、ハイテク農場は、農業用のドローンやセンサーのおかげで、一般的になってきた。

Dt10d

 以下に、農業における、IoT技術の適用事例と、IoT農業が、今後、数年間に、世界の食料品の需要に適合するのを支援する方法を概説する。

 ハイテク農業:精度の高い農場とスマート農業

 「農業の未来」紹介ビデオ

 農場は、既に、ハイテクの農業技法の採用を開始しており、毎日の農作業の効率を改善するために、ハイテクの農業技法や技術えお採用している。

 例えば、農場に設置された、センサーは、農場が、地形と資源の両方の詳細な地図や、土壌の酸性度や温度などの、詳細なデータを得ることができるようにする。

 農場は、数日後や、数週間後の、天候パターンを予測するために、気候の予測を利用できるようになる。

 農場は、自分たちのスマートフォンを使用して、農場の設備、作物、家畜などを、遠隔監視したり、自分たちの家畜に関する、統計データを得たり、するために、スマートフォンを使用することができる。

 農場は、自分たちの作物や家畜に対する、統計的な予測を得るために、このスマートフォンを使用した技術を使用できる。

 また、ドローンは、農場の土壌の質や、作物の出来具合などを、調査するために、価値のあるツールになっている。

     (続く)

デル株式会社

Trump大統領は、Googleが、コロナウイルスに感染しているかどうかを、検査するのを助けるための、Webサイトを作成すると述べた。(2)'20.03.27

【Trump大統領は、Googleが、コロナウイルスに感染しているかどうかを、検査するのを助けるための、Webサイトを作成すると述べた。(2)】'20.03.27

 By Will Nicol

 Donald Trump大統領は、金曜日に、Googleが、コロナウイルスとして知られている、COVID-19に感染しているかどうかを判断するための、テストを効率化するのを支援する、「Project Baseline」と呼ばれる、Webサイトを、政府が開発するのを、支援していると発表した。2020年3月13日
Dt2a_20200327152001 Trump大統領は、「COVID-19に感染している疑いのある、個人が住んでいる場所の近にある、便利な医療施設で、テストするのを促すための、このWebサイトが、コロナウイルスに感染しているかどうかのテストが、保証されているかを決定するのを支援する。」と、プレス・コンファレンス中に述べた。

 また、Trump大統領は「、Googleが、このWebサイトを、従来と比べて、極めて手早く、構築するためのプロジェクトには、1700名の技術者がいると述べた。」と発言していた。

 しかし、これは、真実とは、異なってり、実際には、「Googleの子会社のVerillyが、主体となって、このWebサイトを構築している、プロジェクトに、ボランティアとして、参加したいという、Googleの従業員の人数が、1700名であった。」という。

 Googleは、Alphabet傘下のライフサイエンス研究機関、「Verily」からの、次のような声明をツイートした。

 Verilyは、コロナウイルスに感染しているかも知れない、個人が、感染しているかどうかを調べるのを支援するための、「Project Baseline」と呼ばれる、Webサイトを構築すると共に、検査ツールを開発しているが、まだ、開発の初期段階だという。

 Verilyによると、何人かのGoogleの従業員が、ボランティアとして、このプロジェクトに参加していることを確認したという。

     (続く)

 米国の医師、Birx氏によると、「Project Baseline」という、Webサイトは、ユーザが、自分たちの症状をリストできるようにし、COVID-19感染の可能性が高い場合は、近くの検査サイトにユーザを導くことができるという。

 ただし、現在、コンファレンスで使用されている、フローチャートが、Verilyが開発している検査ツールと関係があるという証拠はない。

 世界保健機関(WHO)の最新の状況レポートによると、集団感染が始まって以来、新型コロナウイルスは、世界中に広がり、2020年3月13日現在、13万2000人を超える、感染確定患者と、5000人近くの死者が出ているという。

 この新型コロナウイルス(COVID-19)は、多くの主要国の医療システムを驚かせ、世界中の保険機関や医療機関が、学校を含む大規模な人々の集まりを阻止するように導いた。

 特に、米国では、COVID-19感染検査キットの大幅な不足により、対応が遅くなっている。

 推定によると、検査された、COVID-19感染の疑いがある米国人は、1万人未満であり、韓国で検査された、1日あたりの、2万人の約半分だとしている。

 このウイルス感染の拡大は、国際的なサプライ・チェーンを破壊し、Uberのような、移動サービスの共有を妨げ、さまざまなイベントを中止に追い込み、世界の経済活動を停滞させ、公衆衛生だけでなく、世界経済にも、大きな打撃を与えている。

デル株式会社

コロナウイルス感染の心配で、学校が閉鎖されても、教師は、リモートで授業を続けることができるようになる。(2)'20.03.27

【コロナウイルス感染の心配で、学校が閉鎖されても、教師は、リモートで授業を続けることができるようになる。(2)】'20.03.27

 コロナウイルス感染の心配で、学校が閉鎖されても、生徒は、PCやタブレットで、遠隔学習ツールを使用して、家庭で授業を受けることが、できるようになる。2020年3月5日

 By Jennie Magiera、Google

 筆者は、学校で、教師や管理者として、10年以上働いてきた。

 筆者は、コロナウイルス感染の危機といった、学校を閉鎖させるような出来事があったときにも、生徒が貴重な学習時間を無駄にしないようにする方法を見つけた。

 筆者らは、これを「遠隔学習」と呼び、仮想的な学校で働いているか、ユニークなイベントに直面しているか、に関わらず、多くの教師は、「遠隔学習」を、効果的に機能させる方法を模索している。

 現在、我々は、そのような状況に直面している。

 新型コロナウイルス(COVID-19)感染の危機で、世界中の学校が閉鎖され、何100万人もの生徒が、実際に、学校に通うことができなくなっている。

     (続き)

 新型コロナウイルス(COVID-19)感染の危機で、学校の閉鎖の準備をしている、または、現在、閉鎖している、教育者のために、遠隔学習を処理する、他の方法をいくつか紹介する。

1)学校は、家にいる生徒を魅了し続ける授業を、家庭で受けられるようにする必要がある。

 一般的に、教師や友達と会話を交わしたり、質問したり、意見を述べたりすることのできない、仮想学習ツールは、生徒を孤立させ、やる気をなくすだろう。

 生徒は、家庭で、PCやタブレットなどで、遠隔学習の教材のビデオを、何時間も見ているだけでは、飽きてしまい、ビデオを早送りしたり、レッスン全体をスキップしたりすることになるだろう。

 生徒の関心を維持するために、遠隔学習の教材で、遠隔学習中に、質問したり、質問を聞いたり、回答や意見を聞いたり、するだけでなく、生徒が学んでいることについて、クラスの他の生徒を交え、ディスカッションを開くとよいだろう。

Dt0b_20200327133201


 例えば、水の循環を探求するレッスンで、生徒に、教材のビデオの再生を一時停止させ、雷雨を経験したときのことについて、「Google Classroom」で(Streamを使用して)、クラスの他の生徒との、ディスカッションに参加するように促す。

 Googleによると、「Google Classroom」は、Googleが、学校の教師向けに開発した、無料のクラウド・ベースのアプリであり、学校の先生が、課題の作成、配布、採点をペーパーレス化し、簡素化できるようにするために、作成されており、主な目的は、教師と生徒の間でファイルを共有する過程を合理化することだという。

 また、先生は、「Googleドキュメント」や「Google Classroom」のコメントを使用して、生徒の課題についてフィードバックするときに、家庭にいる生徒たちと、相互に、ディスカッションすることもできる。

2)家庭での、生徒の遠隔学習状況を頻繁に評価する。

 形成的評価は、生徒が、家庭にいる間も、進歩し続けていることを、確認するのに役立つだろう。

 教師は、レッスンの途中で、生徒たちに質問をして、結果をリアルタイムで表示することにより、指導中に、生徒たちの理解を確認できるようになる。

 これは、生徒が、遠隔学習の授業への出席を促すためにも、役立つだろう。

 調査管理ツール、「Google Forms」で作成した、クイズには、自動採点機能を持たせることができるようになっており、家庭にいる生徒が、教材の動画や画像に、回答を埋め込むことができるようになっている。

 また、教師は、課題管理ツール、「Google Classroom」で、生徒たちに、段階的なディスカッションを割り当てることもでき、生徒が、プレゼンテーション・ツールの「Slide」、文書作成ツールの「Docs」、あるいは、ホームページ作成ツール、「Sites」などを使用して、自分のペースで、遠隔学習を行い、どの程度、理解や知識を深めているかを、確認できるようになる。

      (続く)

デル株式会社

2020年3月26日 (木)

Trump大統領は、Googleが、コロナウイルスに感染しているかどうかを、検査するのを助けるための、Webサイトを作成すると述べた。(1)'20.03.26

【Trump大統領は、Googleが、コロナウイルスに感染しているかどうかを、検査するのを助けるための、Webサイトを作成すると述べた。(1)】'20.03.26

 By Will Nicol

 Donald Trump大統領は、金曜日に、Googleが、コロナウイルスとして知られている、COVID-19に感染しているかどうかを判断するための、テストを効率化するのを支援する、「Project Baseline」と呼ばれる、Webサイトを、政府が開発するのを、支援していると発表した。2020年3月13日
Reu3a_20200326094301


 Trump大統領は、「COVID-19に感染している疑いのある、個人が住んでいる場所の近にある、便利な医療施設で、テストするのを促すための、このWebサイトが、コロナウイルスに感染しているかどうかのテストが、保証されているかを決定するのを支援する。」と、プレス・コンファレンス中に述べた。

 また、Trump大統領は、「Googleが、このWebサイトを、従来と比べて、極めて手早く、構築するためのプロジェクトには、1700名の技術者がいると述べた。」と発言していた。

 しかし、Googleによると、Trump大統領の発言は、真実とは異なり、実際には、「Googleの子会社のVerillyが、主体となって、このWebサイトを構築している、プロジェクトに、ボランティアとして、参加したいという、Googleの従業員の人数が、1700名であった。」という。

 Googleは、Alphabet傘下のライフサイエンス研究機関、Verilyからの、次のような声明をツイートした。

 Verilyは、コロナウイルスに感染しているかも知れない、個人が、感染しているかどうかを調べるのを支援するための、「Project Baseline」と呼ばれる、Webサイトを構築すると共に、検査ツールを開発しているが、まだ、開発の初期段階だという。

 Verilyによると、何人かのGoogleの従業員が、ボランティアとして、このプロジェクトに参加していることを確認したという。

 このWebサイトは、カリフォルニアで、COVID-19のスクリーニングと検査を支援する。

 我々は、特定の地域を対象に、COVID-19の検査ツールとWebサイトを開発している。

 カリフォルニアに住み、COVID-19の検査を受けることに、関心があれば、保険当局から、ガイドラインをベースに、オンライン・スクリーナを完成させ、現時点で、このプログラムを通じて、検査が利用できるかどうかを確認できるようになる。

 Verilyは、何人かのGoogleの従業員が、ボランティアとして、このプロジェクトに参加していることを確認した。

 Verilyは、「我々は、Covid-19に感染している、疑いのある個人が、本当に感染しているかどうかをテストを支援するための、検査ツールとWebサイトを開発している。」と述べた。

 Verilyは、この検査ツールの開発の、初期の段階にあり、Bay Areaにおいて、実際に、Covid-19に感染しているかどうかを判断するための助けになる、検査ツールやWebサイトを、当初、特定の地域(最初は、Bay Area)の住人だけが、利用できるようにし、さらに、対象を、米国の他の地域に拡大させていく計画である。

 Vergeは、当初、このWebサイトを、公開Webサイトにする意向はないと報告していたが、Trump大統領の発言の、ストーリが報告されたときに、このWebサイトを、地域の住人の健康のために、利用できるようにすると述べた。

 「Project Baselineの紹介」ビデオ

 我々は、Googleからの詳細な情報が得られれば、このストーリを更新する意向である。

 Trump大統領の発言は、国家の緊急事態の、公式な宣言の一部であった。

   (続く)

デル株式会社

コロナウイルス感染の心配で、学校が閉鎖されても、教師はリモートで授業を続けることができるようになる。(1) '20.03.26

【コロナウイルス感染の心配で、学校が閉鎖されても、教師はリモートで授業を続けることができるようになる。(1)】'20.03.26

 コロナウイルス感染の心配で、学校が閉鎖されても、生徒は、PCやタブレットで、遠隔学習ツールを使用して、家庭で授業を受けることが、できるようになる。2020年3月5日

 By Jennie Magiera、Google

 筆者は、学校で、教師や管理者として、10年以上働いてきた。

 筆者は、コロナウイルス感染の危機といった、学校を閉鎖させるような出来事があったときにも、生徒が貴重な学習時間を無駄にしないようにする方法を見つけた。

 筆者らは、これを「遠隔学習」と呼び、仮想的な学校で働いているか、ユニークなイベントに直面しているか、に関わらず、多くの教師は、「遠隔学習」を、効果的に機能させる方法を模索している。

 現在、我々は、そのような状況に直面している。

 新型コロナウイルス(COVID-19)感染の危機で、世界中の学校が閉鎖され、何100万人もの生徒が、実際に、学校に通うことができなくなっている。

 閉鎖された学校などの教育機関が、遠隔学習を運用するのを、支援するために、Googleは、最近、同社の生産性スイート、「G Suite」を使用している、世界中の教師や生徒が、高度なビデオ会議ツール、「Hangouts Meet」を、無料で、利用できるようにしたと発表した。

 ビデオ会議ツール、「Hangouts Meet」は、クラス全体、または、クラスのグループが、同時に、最大250名、遠隔学習機能を使用して、家庭に居ながら、同時に、授業を受けられるようにする。

 ビデオ会議ツール、「Hangouts Meet」を使用して、教師は、最大250名の生徒に、話しかけるだけでなく、実際の教室での授業と同じように、家庭にいる、生徒と会話することができるようになる。

 「Hangouts Meet」を使用することで、教師が、生徒に質問したり、生徒が、教師に質問したり、あるいは、教師と生徒が、意見を述べあったり、できるようになり、生徒同士が、意見を述べあい、議論することも可能になる。

 ただし、教室での、先生と生徒たちの会話、および、生徒同士の会話は、ビデオ会議ツールを通すと、慣れるまで、ぎこちない会話になるかも知れない。

 また、学校などの教育機関は、仮想的な教室で、最大10万人の生徒に、授業のライブ・ストリーミングや、教材のストリーミング・コンテンツを提供できるようになる。

 さらに、教育機関は、授業のライブ・ストリーミングを録画して、Googleドライブに保存することも可能になる。

 また、生徒が、ライブ・ストリーミングで、授業に参加できなかった場合は、後で、保存された、ストリーミング・コンテンツを、家庭で、利用できるようになる。

     (続く)

デル株式会社

Alphabetによると、全国的なコロナウイルスの感染の危機に対処できるよう支援するための、Webサイトを開発しているという。'20.03.26

【Alphabetによると、全国的なコロナウイルスの感染の危機に対処できるよう支援するための、Webサイトを開発しているという。】'20.03.26

 Alphabetは、土曜日に、米国政府と、コロナウイルスの症状、リスク要因、および、テストについての質問に対し、市民を助ける、全米的なWebサイトを開発するために、米国政府と連携していると述べた。2020年3月15日

 By Reuters

 Alphabetのライフサイエンス事業部の、Verilyは、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しているか否かの、ふるい分けとテストをサポートするための、「Project Baseline」と呼ばれる、Webサイトを、地域ごとに構築することで、米国政府と引き続き連携している。

 Googleと同様に、同社のライフサイエンス事業部のVerilyは、カリフォルニア州マウンテンビューに拠点を置く、Alphabetの子会社である。

 この「Project Baseline」と呼ばれる、Webサイトは、新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延を抑制し、市民の健康を保護するために、市民に、コロナウイルス関連の情報や、ウイルスに感染しているかどうかを、市民が判断するのを支援する。

 「Project Baseline」は、市民が、健康のマップの作成に貢献し、臨床研究に、容易に参加できるようにする、イニシアチブである。
Reu3a_20200326094301

 「Project Baseline 2019の紹介」ビデオ

 Donald Trump大統領は、金曜日に、コロナウイルス検査が必要かどうかを、市民が判断するのに役立つことを目的にした、Webサイトを開発してくれている、Googleに感謝し、「Googleの、1700人の技術者が、Webサイトの構築に取り組んでいる。」と述べた。

 Googleによると、同社のライフサイエンス事業部のVerilyは、コロナウイルスの検査を必要とする可能性のある市民が、検査が必要かどうかの判断を支援するツールの開発の、初期段階にあるという。

 また、Googleは、「Project Baseline」と呼ばれる、Webサイトが、支援の対象とする地域を、Bay Areaから、他の地域へ拡大させていく。

 Donald Trump大統領の金曜日の発表後、Alphabetの株価は、9%以上、上昇した。

 コロナウイルスの感染が、ほぼすべての米国の州に広がってきたので、米国当局は、ウイルスの広がりを阻止するために、学校を閉鎖し、数千のスポーツ・イベント、会議、コンサートなどの中止を余儀なくすると共に、ウイルスのテストを増やし、改善するよう、圧力をかけている。

 Trump政権との連携は、AlphabetのGoogleが、とりわけ、検索とデジタル広告ビジネスに関する、連邦政府と州政府による、独占禁止法の調査に直面しているためのようだ。

 ちなみに、Trump大統領は、AlphabetのGoogleを、「検索結果を歪曲し、自分を否定的に表現している。」と非難していた。

 また、AlphabetのGoogleは、軍用ドローン・プログラムに、人工知能技術を提供する契約を更新しないことに対し、米国政府の怒りをかっていた。

デル株式会社

2020年3月25日 (水)

トヨタとNTTが、スマート・シティの事業で、パートナーを組む。'20.03.25

【トヨタとNTTが、スマート・シティの事業で、パートナーを組む。】'20.03.25

 トヨタとNTTは、次世代の技術の統合を活用する、スマート・シティの事業で、パートナーを組む。2020年3月24日

 By autonews

 トヨタとNTTは、ビッグデータ、クラウド・サービス、ロボット、自動運転車、および、人工知能(AI)といった、技術の統合を活用する、スマート・シティの事業で、パートナーを組む。

図)スマート・シティにおける、より良い暮らしに貢献する。

  サービス NTTのサービス トヨタのサービス

  分野 (環境エネルギ 輸送 医療や健康 地方自治体 工業 教育など)

       情報とコミュニケーションのネットワーク

開発環境 AIの使用    スマート・シティ・プラットフォーム

    セキュリティ データ管理   デジタル・ツイン   他のシステムや
           情報の流通 スマート・シティ開発の  プラットフォーム
                   シミュレータ         との調整

        情報とコミュニケーションのネットワーク

 都市の資産 NTTのデバイスやデータ トヨタのデバイスやデータ 
       燃料ステーション 家 ビル 病院 工場など

Dt8a_20200325203101

 こららの新たな技術は、トヨタが、日本に、構築することを計画している、「織り込まれた都市(Woven City)」といった、実世界の実験的なスマート・シティに展開される。

 これらの新たな技術は、ソーシアル基盤の一部である、コネクティッド・カーの周囲に展開される。

 トヨタとNTTのパートナー関係を、密にするために、互いの株を、購入する。

 トヨタは、NTTの株の、2.07%を取得し、NTTは、トヨタの株を、0.9%取得する。

 トヨタは、2020年1月に、「織り込まれた都市」を発表した。

 トヨタは、このスマート・シティを、富士山の裾野にある、東富士の、175エーカの土地に構築する。

 トヨタは、他のITベンダと提携して、ビッグデータ、クラウド・サービス、ロボット、自動運転車といった、さまざまな先進技術を研究し、実際に実験しながら、開発する。

 トヨタによると、2000名の従業員と家族、退職者と家族、外部から来た研究者、および、パートナー企業の従業員と家族が、この実験的なスマート・シティで生活する予定だという。

 このスマート・シティの構築は、2021年に開始され、5年以内に、ビジネス向けに公開される。

 NTTは、既に、ラスベガス、横浜、および、札幌を含む、いくつかの都市で、その地方自治体と、ビッグデータを収集し、解釈し、管理することで、連携している。

 NTTは、さまざまなサービスや技術を、他の都市に、拡大させていく。

 トヨタとNTTは、いわゆる、「スマート・シティ・プラットフォーム」を共同で開発していく。

 この「スマート・シティ・プラットフォーム」技術は、最初に、東富士に構築される、「織り込まれた都市」と、東京のNTTのオフィスの周囲に展開される。

 トヨタは、新たな「モビリティ」の概念を、Web接続された、都会の基盤に統合する方法に、注力している。

 NTTは、超高速な無線技術を通して、接続性を提供することが、期待されている。

 例えば、NTTのモバイル・サービスは、2020年3月に、日本で、5G移動通信サービスの提供を開始する。

デル株式会社

人工知能(AI)が、水をどのように変えているか?(3)'20.03.25

【人工知能(AI)が、水をどのように変えているか?(3)】'20.03.25

 人工知能(AI)が、クリーンテック業界に与える影響の広がりを探る。2019年5月20日

Dt1a_20200325140501

 By worldfutureenergysummit

 すべての人々に、安全に、水を供給するために、人工知能(AI)が、世界で最も貴重な水資源を保護、処理、供給するプロセスの活性化に、どのように役立つかを調べる。

 AIを利用した、クリーンテックは、今日の世界の、水に対する見方と利用方法を、どのように変化させ、将来の、我々の暮らしに、どのように影響するのだろう?

 AIは、より効率的な「デジタルな水道システム」の、より良い基盤を構築できるようにする。

     (続き)

3)スマート農業:AIは、次世代の農業における、効率的な水の利用に、重要になるだろう。

 世界銀行(World Bank)によると、農業は、世界のすべての取水量の約70%を占めているという。

 さらに驚くべきことに、国連の「Food and Agriculture Organisation(FAO)」の報告によると、農業で取水されている、すべての水の60%が、利用されず、無駄になっている可能性があるという。

 これは、本質的に、農業が、推定で、全世界のすべての取水量の42%も、無駄にしている、可能性があることを意味する。

 このため、AIソリューションを利用した、スマート農業技術の加速が、促されている。

 典型的な、最近出現した、AIベースのソリューションを、以下に示す。

・衛星画像、気候、気温、湿度、天気予報といった、一連のデータを使用して、より少ない水を利用し、無駄にすることのない、最適な作物の管理の意思決定を提案する、「精度ベース」のAI分析システムを利用できるようにする。

・土壌や光のセンサーが、AIソリューションにデータを送り、作物の水やり、肥料の使用などに最適な時期に関する、戦略的な洞察を提供できるようにする。

・水漏れなどを、先制的に処理しながら、作物に、極めて正確な水量を提供できるようにする、総合的な「スマート灌漑」システムを利用できるようにする。

4)AIは、水の未来を変革できるだろう。

 先月、PWCは、AIが、水が、最も重要である、4つの分野(農業用水、工業用水、生活用水、都市用水)で、正しく活用されれば、AIは、はるかに持続可能な未来を人類にもたらすことが、できるようになるとした、レポートを発表している。

 また、PWCによると、水処理における、AIの利用は、世界経済への、5.2兆ドルの貢献と、2030年までの、GHG(温室効果ガス)の4%削減をもたらす、可能性があるという。

 明らかに、特定の水関連の問題(水不足、水質汚染、水の浪費など)に取り組むための、差し迫った、特定のニーズと、より大きな持続可能性への取り組みを通じて、地球環境を修復する、幅広いニーズと共に、水ベースのコンテキストにおける、AIソリューションの広範な採用が、推進されている。

 AIソリューションの採用により、世界で最悪の水ストレス地域にいる人々にとっても、安全で確実な、水の供給ラインを提供できるようになると共に、より持続可能で、長期的で、グローバルな見通しを確保できるようになるだろう。

 やがて、2030年代の初めまでに、AI技術の採用で、水関連の問題が改善され、数兆ドルに相当する経済的利益をもたらし、無数の命を救うようになるかも知れない。

デル株式会社

人工知能(AI)が、水をどのように変えているか?(2)'20.03.25

【人工知能(AI)が、水をどのように変えているか?(2)】'20.03.25

 人工知能(AI)が、クリーンテック業界に与える影響の広がりを探る。2019年5月20日

 By worldfutureenergysummit

 すべての人々に、安全に、水を供給するために、人工知能(AI)が、世界で最も貴重な水資源を保護、処理、供給するプロセスの活性化に、どのように役立つかを調べる。

 AIを利用した、クリーンテックは、今日の世界の、水に対する見方と利用方法を、どのように変化させ、将来の、我々の暮らしに、どのように影響するのだろう?

 AIは、より効率的な「デジタルな水道システム」の、より良い基盤を構築できるようにする。

     (続き)

1)Silo.AIやRambollによる、AIを使用した、「水道システム」

 Silo.AIとRambollが、最近示したように、実験プロジェクトは、AIを使用した、アプローチの可能性を示している。

 Silo.AIとRambollのパイロット・システムは、既存のIoT基盤の上に構築されており、日常的な水道システムの運用を最適化すると同時に、予測的な保守作業を可能にし、潜在的な事故を、未然に防ぐことができるようにする。

 次のステップは、AIが、データを分析し、人間のスタッフが、分析の検証や説明といった、より業務に集中できるようにする、「Human-in-the-loop AI」システムの作成を想定している。

 このアプローチは、需要に合わせ、水質管理された、水を供給するために使用される。

 例えば、最近、オーストラリアの水処理事業者である、「Melbourne Water」は、人間の介入や監視を必要とせずに、需要に合わせて、ポンプの使用を最適化する、AIプラットフォームの試行の成功を明らかにした。

 この実験プログラムは、この水道システムが、20%以上の省エネ効果を達成するのに役立つことを示唆している。

2)源での水質管理への取り組み

 AIは、ポンプから水道のパイプまでの、水の保全を可能にする。

 水の需要を正確に評価して供給するだけでなく、AIは、水質管理においても、不可欠な技術になりつつある。

 AIは、例えば、人口の60%が、清潔な飲料水を得られていない、中東と北アフリカ(MENA)地域の多くの、水にストレスを感じている、国において、特に重要である。

 また、パイプの水漏れを監視し、速やかに、対応できるようにすることで、水の浪費を、極力排除することにも、AIが利用されるようになる。

 勿論、パイプの水漏れは、単なる地域的な問題ではなく、世界的な問題である。

 最近の報告の1つは、米国だけで、1日当り、70億ガロンの飲料水を浪費していることを示唆している。

 AIは、リアルタイムに、水の流れを分析するために、より広く採用されており、漏れや異常が発生したときに、アラートを送信し、システムを自動的にシャットダウンする。

     (続く)

デル株式会社

2020年3月24日 (火)

トヨタとNTTが、スマート・シティ向けのデータ・プラットフォームを開発することで、チームを組む。'20.03.24

【トヨタとNTTが、スマート・シティ向けのデータ・プラットフォームを開発することで、チームを組む。】'20.03.24

 トヨタとNTTは、スマート・シティ向けのデータ・プラットフォームを開発することで、パートナーを組み、連携していくことに合意した。2020年3月24日

Reu2a_20200324211501

 By Reuters

 トヨタとNTTは、提携関係を強化するために、それぞれ、2000億円(18億ドル)を投資するようだ。

 トヨタとNTTは、共同で、家庭、車、および、公共機関などから得られる、情報を分析するための、スマート・シティ向けの、データ・プラットフォームを開発する。

 このデータ・プラットフォームは、輸送、健康、クリーン・エネルギーに焦点を合わせた、新しいサービスを作成するために、使用される。

 この契約下で、トヨタは、日本の最大手の通信会社、NTTの株の、2.07%を取得し、NTTは、日本で最大の自動車メーカ、トヨタの株の、0.9%を取得する。

 この家庭や車などから得られる、情報を分析するための、データ・プラットフォームは、富士山のふもとの東富士に、実験的に構築される、スマート・シティ向けに提供される。

Reu2b_20200324211401


 トヨタが、実験的に構築する、スマート・シティには、スマート・ホーム、ロボット、自動運転車、および、AI技術が、組み込まれ、結合され、相互に接続され、連携する。

 「トヨタの織り込まれた実験都市の紹介」ビデオ

 トヨタは、数10年間に渡り、車を生産し、販売することに、焦点を合わせてきた後に、技術会社と、パートナーを組んで、コストのかかる、自動運転車技術の開発を支援していく。

 さらに、トヨタは、「サービスとしての移動(MaaS)」関連のビジネスに、移行することを模索している。

 トヨタとNTTは、それぞれのプロジェクトに従事するだけでなく、スマート・シティのプラットフォームを、共同で、構築し、運用していく。

 「トヨタとNTTの、スマート・シティでの提携」記者会見のビデオ

 中国のTencent Holdingsが、江蘇省に、米国のAlphabetが、トロントに、および、パナソニックが、吹田市に、スマート・シティを構築することを計画している。

 他にも、Samsungを含む、世界の技術の巨人は、まだ、計画の段階であるが、インターネットを介して、さまざまなコンポーネントが、相互に接続された、スマート・シティを構築することを模索している。

 トヨタとNTT間のパートナーシップは、インターネットに接続された、「コネクティッド・カー」向けの技術を、共同で、開発している、既存のコラボレーションの上に構築される。

 トヨタは、NTT以外の、ソフトバンクを含む、他の通信会社とも、提携している。

 トヨタは、既に、オンデマンドの、自動運転サービス・プラットフォームを設計し、構築することで、ソフトバンクとパートナーを組んでいる。

 このオンデマンドの自動運転サービス・プラットフォームは、トヨタの実験的なスマート・シティ(Toyota Woven City:織り込まれた都市)において、使用される。

 NTTは、家庭向けの電話サービスの使用量が、横ばいになってきたので、スマート・シティ関連のソリューションを、今後、成長が期待される、分野と見ている。

 NTTは、車の流れや、車の渋滞情報を、リアルタイムに分析するための、データ・プラットフォーム技術を使用して、ラスベガス市と提携して、スマート・シティにおける、交通の安全を向上させる。

 「NTTのスマート・シティ技術の紹介」ビデオ

デル株式会社

人工知能(AI)が、水をどのように変えているか?(1)'20.03.24

【人工知能(AI)が、水をどのように変えているか?(1)】'20.03.24

 人工知能(AI)が、クリーンテック業界に与える影響の広がりを探る。2019年5月20日

 By worldfutureenergysummit

 すべての人々に、安全に、水を供給するために、人工知能(AI)が、世界で最も貴重な水資源を保護、処理、供給するプロセスの活性化に、どのように役立つかを調べる。

 AIを利用した、クリーンテックは、今日の世界の、水に対する見方と利用方法を、どのように変化させ、将来の、我々の暮らしに、どのように影響するのだろう?

 AIは、より効率的な「デジタルな水道システム」の、より良い基盤を構築できるようにする。

 毎日、水道のパイプや蛇口を流れるのは、水だけではない。

 現在の、水道システムの非効率性の多くは、「IoT対応センサー」を搭載した、AIベースの分析システムの使用を通して、着実に対処されている。

 AI技術は、例えば、「水の需要」を継続的に、追跡して、予測し、効率良く、供給するために、使用されている。

 このような「水道システム」は、「スマート・ウォータ管理」または、「デジタル・ウォータ」と呼ばれるようになり、AIを、新しい「水の管理方法」の中心に置き、スマート・ウォータ・ソリューションを提供できるようになる。

Dt1a_20200324152001


 このような「水道システム」の処理能力は、システム全体で発生している、すべてを効果的に分析し、機械学習の要素により、最適な対処方法の理解を継続的に改善できる。

 AIを使用すると、政府や公益事業者は、特定の状況や不測の事態に、常に、適応できるようになる、水基盤を構築できるようになる。

 このような「水道システム」は、水道局や水処理事業者が、継続的な水の運用の、費用対効果と持続可能性を大幅に改善できるようにする。

 「スマート・ウォータ、IoTソリューションの概念」紹介ビデオ

     (続く)

デル株式会社

Berkeley Kite Festival & West Coast Kite Championships 2020 '20.03.24

【Berkeley Kite Festival & West Coast Kite Championships 2020】'20.03.24

Fbtako


 「BERKELEY KITE FESTIVAL」も、コロナウイルス感染の危機で、中止になるかも知れませんが、絶対に、無理しないで、「オリンピック凧」を制作して欲しいと思います。

Fbtako_20200324141001


 「Berkeley Kite Festival & West Coast Kite Championships 2020

 バークレイも、浜松も、凧あげへの思いは、同じだと思いますが、安全ファーストで行きましょう。

 もし、開催できなかったら、今年だけ、FBの「IATA(International Association of Tako Age」グループで、残念会を開きましょう。

トヨタ、日産、Hyundaiなどが、コロナウイルス感染の危機で、工場を閉鎖する。(2)'20.03.24

【トヨタ、日産、Hyundaiなどが、コロナウイルス感染の危機で、工場を閉鎖する。(2)】'20.03.24

 トヨタ、日産、Hyundaiなどが、コロナウイルス感染の危機で、北米の工場を閉鎖すると発表した。2020年3月19日

 By Stephen Edelstein、digital trends

 政府が、正式に、「COVID-19」として知られる新型のコロナウイルスの拡散を遅らせるために、より厳しい社会的な措置を実施するにつれて、自動車メーカは、北米とヨーロッパの工場を閉鎖し始めている。

    (続き)

 日産は、2020年3月20日から4月6日まで、すべての北米工場を閉鎖し、トヨタも、3月23日から3月25日までの2日間のみ、すべての北米工場を閉鎖すると発表した。

・Hyundaiは、2020年3月18日の「COVID-19」の確定事例に従い、アラバマ州のモンゴメリー工場を閉鎖し、消毒していると述べた。

・Teslaは、カリフォルニア州フリーモントの工場を閉鎖し、現地の「シェルターインプレース」命令に従って、すべての重要でないビジネスを閉鎖する予定だという。

 Teslaは、セキュリティ、給与の支払い、従業員の福利厚生、および、関連する機能を確保するための、最低限必要な活動を行い、従業員が、在宅勤務できるよう、支援する。

 Teslaは、中国での、コロナウィルスの感染を阻止するための、全国的な取り組みの一環として、2020年1月に、中国の工場を一時的に閉鎖した。

・Rolls-Royceは、英国のGoodwoodの工場での生産を、3月23日から、2週間中断することを発表した。

 Rolls-Royceによると、工場の閉鎖は、パンデミックだけでなく、予想される、自動車の販売台数の減少に、対応するためでもあるという。

 これは、パンデミックによる、経済的な影響で、車の購入を見合わせる、消費者が、増えることも、要因になるようだ。

デル株式会社

2020年3月23日 (月)

世界のラージ・フォーマット・プリンタ市場は、2019年4Qに、出荷台数を増やす。'20.03.23

【世界のラージ・フォーマット・プリンタ市場は、2019年4Qに、出荷台数を増やす。】’20.03.23

 IDCによると、2019年4Qに、世界のラージ・フォーマット・プリンタの出荷台数が、増加したという。2020年2月28日

 By IDC

 IDC Worldwide Quarterly Large Format Printer Trackerによると。2019年4Qに、世界のラージ・フォーマット・プリンタもの出荷台数が、増加した

 ヨーロッパ中東&アフリア地域における、ラージフォーマット・プリンタの出荷台数が、増加した。

 これに対し、米国と、アジア・パシフィック地域における、ラージフォーマット・プリンタの出荷台数は、減少した。

・地域のハイライト

 ヨーロッパ中東&アフリカ(EMEA)地域における、ラージ・フォーマット・プリンタの出荷台数は、2019年4Qに、前年同期から、14%増加した。

 2019年4Qに、西ヨーロッパ地域における、ラージ・フォーマット・プリンタの出荷台数は、前年同期から、14%増加した。

 2019年4Qに、カナダとラテンアメリカにおける、出荷台数は、前年同期から、10%増加したが、北米地域における、出荷台数は、前年同期から、3.5%減少した。

 アジア・パシフィック地域(日本を除く)における、出荷台数は、2019年4Qに、序々に、減少した。

 また、日本における、出荷台数は、2019年4Qに、16%減少した。

 「ラージ・フォーマット・プリンタ」のメーカのハイライト

 2019年に、最も一般的な、ラージ・フォーマット・プリンタは、水性のインクジェット・プリンタであった。

 水性のインクジェット・プリンタのリーダには、HP、キャノン、エプソン、がいる。

 HPは、世界のラージ・フォーマット・プリンタの出荷台数全体の、31%を占めていた。

 キャノンの、ラージ・フォーマット・プリンタの出荷台数のシェアは、2019年4Qに、22%であった。

 エプソンは、2019年4Qにおける、世界のラージ・フォーマット・プリンタの出荷台数の、17%以上を占めていた。

グラフ1)2019年4Qにおける。世界のラージ・フォーマット・プリンタの、出荷台数とシェア

メーカ     出荷台数のシェア   出荷値のシェア

HP             31%        21%
Canon Group      22%        13%
Epson          17%         8%
Mimaki          3%         7%
Roland          3%         4%
その他          24%        37%

合計         100.0%       100.0%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Large Format Printer Tracker、2020年2月

 IDCは、ラージ・フォーマット・プリンタ(LFP)市場における、A2~A0+のサイズの用紙に印刷ができる、プリンタ・デバイスを追跡する。

 ラージ・フォーマット・プリンタ(LFP)市場には、多機能プリンタ・システムと共に、単機能プリンタ・システムも含まれる。

デル株式会社

トヨタ、日産、Hyundaiなどが、コロナウイルス感染の危機で、工場を閉鎖する。(1)'20.03.23

【トヨタ、日産、Hyundaiなどが、コロナウイルス感染の危機で、工場を閉鎖する。(1)】'20.03.23

  トヨタ、日産、Hyundaiなどが、コロナウイルス感染の危機で、北米の工場を閉鎖すると発表した。2020年3月19日

 By Stephen Edelstein、digital trends

 政府が、正式に、「COVID-19」として知られる新型のコロナウイルスの拡散を遅らせるために、より厳しい社会的な措置を実施するにつれて、自動車メーカは、北米とヨーロッパの工場を閉鎖し始めている。

 ホンダは、2020年に、3月23日から6日間、米国、カナダ、メキシコのすべての、組立工場で、生産を停止すると発表した。

 ホンダの声明によると、生産の停止は、パンデミックに関連した、「従業員の健康への配慮」と、「北米市場の需要の減少が予想される」ことによるものだという。

 ホンダは、北米の組立工場に供給する、エンジンとトランスミッションの生産工場を、同じ期間中に閉鎖するようだ。

 ホンダは、閉鎖の影響を受けた、2万7600人の労働者全員に対して、継続して、全額給与を提供し、ダウンタイムを使用して、すべての施設を清掃すると述べた。

 ホンダは、2020年3月31日に、エンジンとトランスミッションの生産を再開する予定であり、「車の生産を、市場の需要に合わせる、アプローチを取る」と述べた。

 FordとGeneral Motors(GM)は、ホンダと同様に、北米のすべての工場での、一時的な生産停止を発表した。

 Fiat Chrysler Automobiles(FCA)、および、United Auto Workers(UAW)と共に、米国の、最大手の自動車メーカの2社は、以前、労働者に、より良い保護を提供するために、コロナウイルス・タスクフォースを作成していたが、これらの計画は、主に、工場の閉鎖により、無効になった。

 Fiat Chrysler Automobiles(FCA)は、労働者間の社会的距離を維持するために、交代勤務を開始すると述べた。

 Fordは、シフト勤務を実施した後に、米国、カナダ、および、メキシコの、すべての工場で、生産を停止し、3月30日まで、工場を閉鎖すると述べた。

 Fordによると、工場の施設は、閉鎖中に、清掃されるという。

 GMも、3月30日まで、生産を停止しており、停止を続けるかどうかの、状況は、1週間ごとに再評価するようだ。

 Fordとホンダと同様に、GMは、工場が、生産停止状態のときに、工場の施設を清掃する計画である。

 GMは、操業停止の理由として、従業員の健康への懸念に加えて、「市場の需要状況」を挙げた。

   (続く)

デル株式会社

2020年の水処理業界の技術トレンド(2)'20.03.23

【2020年の水処理業界の技術トレンド(2)】'20.03.23

 Bluefieldが、2020年に、最も革新的で影響力のある、水処理業界の技術トレンドの展望を紹介する。2019年12月12日

 By Reese Tisdale、Bluefield

 水処理業界の専門会社として、Bluefieldは、今後1年間で、最も革新的で影響力のある、水処理業界の技術トレンドになると思うものの見通しを紹介する。

     (続き)

2)鉛と銅のルール(LCR)」の監視と報告の

 米国は、1986年に、新しい配管システムでの鉛の使用を禁止したが、鉛汚染は、引き続き全国のコミュニティにとって、大きな課題である。

 ニュージャージー州ニューアークは、飲料水に含まれる鉛の量が多いことで、全国的に注目されている、米国の都市である。

 鉛管理は、いくつかの理由により、米国の自治体にとって扱いにくい問題のままである。

 住宅所有者と市町村は、水道サービス・ラインの所有権を共有しているため、鉛パイプの交換に対する、支払いの責任者について不確実性が発生する。

 多くの場合、自治体の水道局は、「鉛サービス・ライン(LSL)」の場所に関するデータが不十分であり、主に住宅所有者が実施する、タップサンプルに依存しているため、EPAの「鉛と銅のルール(LCR)」に準拠することは、自治体の水道局が達成することは困難だろう。

 4,600以上のコミュニティの「水道システム」(国内のすべての水道システムのほぼ10%)は、過去3年間に、EPAの「鉛と銅のルール(LCR)」の監視と報告の要件に違反していた。

 「鉛と銅のルール(LCR)」の監視と報告の開示要件に違反した場合の制裁として、所有者に罰金が、課せられる。

 「鉛サービス・ライン(LSL)」の、「鉛のパイプ交換プログラム」は、資金不足の地方自治体にとって、非常にコストがかかるという問題がある。

 EPAは、650万から1000万ヵ所の、米国内のすべての「鉛サービス・ライン(LSL)」を交換する費用は、160億ドルから800億ドルになると見積もっており、今後、10年間に、「水道システム(機器、設備、施設)」の、保守や維持管理に必要なコストの合計、6290億ドルの、ほぼ13%に相当すると見積もっている。

 米国において、上水道の利用料金と、下水道の利用料金の合計は、2019年は、前年から3.6%、2018年は、前年から1.5%増加していた。

Dt1c_20200323140601


 水道局や水処理事業者は、鉛試験を実施し、鉛含有配管を特定する作業を、できる限り、自動化し、効率化する必要があるだろう。

 老朽化した、「水道システム」の基盤と、資金不足に対処するために、民間の水処理事業者と地方自治体の間で、M&A活動が続けられている。

 また、民間の水処理事業者が、地方自治体の水道局の「水道システム(機器、設備、施設)」の、運用、保守、維持管理などを請け負い、デジタル技術を使用して、効率化、あるいは、自動化し、これにかかった費用を、水道局から徴収する、「サービスとしての水処理」の形態のビジネス・モデルも出現している。

 例えば、民間の水処理事業者は、さまざまなセンサーを使用して、水質を検査したり、パイプの水漏れを発見したり、スマート・メータで、検針を自動化したりすることで、確実に試験したり、処理したりできるようにし、人件費などのコストを削減している。


Dt1d_20200323140701

デル株式会社

2020年の水処理業界の技術トレンド(1)'20.03.23

【2020年の水処理業界の技術トレンド(1)】'20.03.23

 Bluefieldが、2020年に、最も革新的で影響力のある、水処理業界の技術トレンドの展望を紹介する。2019年12月12日

 By Reese Tisdale、Bluefield

Dt1a_20200323095201


 水処理業界の専門会社として、Bluefieldは、今後1年間で、最も革新的で影響力のある、水処理業界の技術トレンドになると思うものの見通しを紹介する。

1)ビッグテックが、水処理業者を混乱させ、主要な水処理業界の課題に対応する。

 水処理業者は、主要な水処理の問題や課題に対処するために、ますます、ITソリューションに注目している。

 主な水処理の課題には、「水質管理」、「手頃な価格」、「水漏れ」、「サイバー・セキュリティ」、「水の供給におけるリスク」、「水処理設備や施設の保守&維持管理コスト」、「水の使用に対する課金コスト」などがある。

 水処理業者は、これらの課題に、より安全かつ確実に、より低コストで、対処するために、適切なITソリューションを導入することを模索している。

・「水質管理」には、さまざまなセンサー技術、データ分析技術、有毒物質の除去技術などが必要になる。

・「水の供給におけるリスク」には、水の需要と供給を、的確に予測する技術が必要になる。

・「水処理設備や施設の保守&維持管理コスト」には、自律ロボットやドローンを利用した、保守技術が、模索されている。

・「水の使用に対する課金コスト」には、スマート・メータなどによる、自動課金技術が、利用されるようになってきた。

 Bluefieldの調査によると、「デジタル・ウォーター・ソリューション」を提供している、技術ベンダの61%は、2000年以降に設立されているという。

 これに対し、Microsoft、IBM、Oracleなどの、最大手のITベンダは、水処理に利用できる、クラウド・サービスや、クラウド・ベースの分析機能を、水処理に特化した、技術ベンダに提供したり、最大手の水道会社に販売したりしている。

 Microsoft、IBM、Oracleなどの最大手のITベンダは、スマートシティの基盤を構築する、一貫として、水処理向けの基盤やソリューションを開発し、提供し続けており、他のITベンダや、水処理会社と連携して、さまざまな水処理関連の技術を確立している。

 例えば、現時点で、主に吸着媒体のような粒状活性炭(GAC)やイオン交換樹脂を介して、飲料水源から、PFAS(フッ素化合物の総称)を除去する技術が、確立されている。

 Bluefieldは、米国の湖や貯水池の半分以上が、2022年までに、PFASやCyanoHABなどの影響を受けると予想している。

 米国では、1億4000万人を超える人々が、地表水を利用しているため、シアノトキシンの監視と処理は、コミュニティの水システムにとって避けられないのが、現実である。

 飲料水源から、有毒な科学物質を除去する技術が、既に存在するため、水処理業界にとって大きなビジネス・チャンスになるだろう。

 技術プロバイダ(活性炭、高分子膜など)は、すぐに利用可能な、さまざまな水処理ソリューションを提供しており、水質の監視やテストといった分野から、330億ドル規模の利益を得ようとしている。

Dt1b_20200323095401

   (続く)

デル株式会社

2020年3月22日 (日)

Gartnerは、2019年4Qに、世界のサーバの売上が、前年同期から、5.7%だけ、増加したという。'20.03.22

【Gartnerは、2019年4Qに、世界のサーバの売上が、前年同期から、5.7%だけ、増加したという。】'20.03.22

 Gartnerは、2019年4Qに、世界のサーバの出荷台数を、11.7%増加させ、売上が、前年同期から、5.7%だけ、増加したという。2020年3月19日

 By Gartner

 世界のサーバの売上は、2019年の1年間に、前年から、2.5%減少し、出荷台数が、3.1%だけ減少した。

 Gartnerによると、2019年4Qにおける、世界のサーバの売上が、5.1%増加し、出荷台数が、11.7%増加していたという。

 2019年の1年間に、世界のサーバの出荷台数が、前年から、3.1%減少して、売上が、2.5%減少していた。

・Dell EMCは、2019年4Qにおいて、世界のサーバの売上で、1位を維持していた。

 2019年の1年間に、サーバの売上が、前年から、9.9%減少したにも関わらず、Dellは、サーバの売上で、2019年に、17.3%のシェアを占めていた。

・HPは、2019年の1年間の、サーバの売上で、15.4%のシェアを占め、2位であった。

・IBMは、2019年4Qに、サーバの売上が、前年同期から、28.6%も増加し、10.0%のシェアを占め、3位であった。

表1)2019年4Qにおける、世界のサーバ・ベンダの売上の見積り(単位:ドル)

        2019年4Q   2019年4Q  2018年4Q   2018年4Q  年間
ベンダ      売上    シェア    売上     シェア  増加率

Dell EMC   3,986,574,446  17.3%  4,426,376,226  20.2%   -9.9%

HPE      3,551,891,310  15.4%  3,887,881,501  17.8%   -8.6%

IBM       2,294,258,503  10.0%  1,783,691,221   8.1%   28.6%

Inspur     1,831,676,801  8.0%   1,801,622,141   8.2%   1.7%

Huawei     1,488,740,004  6.5%   1,815,071,726   8.3%  -18.0%

その他     9,860,302,857  42.8%  8,186,405,788  37.4%   20.4%

合計     23,013,443,922  100.0%  21,901,048,604  100.0%   5.1%

 ソース:Gartner、2020年3月

・Dell EMCは、2019年4Qに、サーバの出荷台数シェアで、14.2%を占め、1位であった。

・HPEは、2019年4Qに、サーバの出荷台数シェアで、10.8%を占め、2位であった。

 ただし、Dell EMCとHPEは、2019年4Qに、それぞれ、-5.3%と-1.6%、サーバの出荷台数を減少させた。

 これに対し、Lenovoは、2019年4Qに、前年同期から、22.4%も、出荷台数を増加させた。

表2)2019年4Qにおける、世界のサーバ・ベンダの出荷台数の見積り(単位:台)

        2019年4Q   2019年4Q  2018年4Q    2018年4Q   年間
ベンダ     出荷台数  シェア    出荷台数    シェア   増加率

Dell EMC    549,552    14.2%   580,580     16.7%   -5.3%

HPE       417,699    10.8%   424,422     12.2%   -1.6%

Inspur     296,934    7.7%    293,702      8.5%    1.1%

Huawei     267,157    6.9%    260,193      7.5%    2.7%

Lenovo      233,893    6.0%    191,032      5.5%   22.4%

その他    2,113,167    54.5%   1,723,032     49.6%   22.6%

合計      3,878,402   100.0%   3,472,961    100.0%   11.7%

 ソース:Gartner、2020年3月

 2019年の1年間における、サーバ市場の状況

 2019年に、世界のサーバの出荷台数は、前年から、3.1%減少し、売上は、2.5%減少した。

 2019年4Qに、Dell EMCは、売上シェアが、20.5%になり、出荷台数シェアが、16.3%になった。

 2019年4Qに、HPEは、売上シェアが、17.3%になり、出荷台数シェアが、12.3%になった。

 Inspurは、2019年に、世界のサーバの売上のトップ5ベンダの中で、売上と出荷台数の両方共、増加させた、唯一のベンダである。

 より詳細な情報は、Gartnerの「四半期ごとのサーバの統計」データベースに、アクセスできる、顧客に、利用可能である。

 このデータベースは、世界のサーバ市場の規模、売上シェア、出荷台数、および、ベンダごとの、売上と出荷台数を提供する。

 Gartnerの「Servers Quarterly Statistics(四半期ごとのサーバの統計)」データベースに保存されている、分野には、地域、ベンダ、ベンダのブランド、サーバのCPUのタイプ、サーバのオペレーティング・システム(OS)、サーバの価格帯、流通チャンネルなどがある。

デル株式会社

Bill Gates氏は、Microsoftの取締役を辞任している。'20.03.22

【Bill Gates氏は、Microsoftの取締役を辞任している。】'20.03.22

 By Christian de Looper、digital trends

 Bill Gates氏は、ゆっくりと、しかし、確実に、Microsoftを去るようだ。2020年3月13日

Dt4a_20200322110201


 伝説の、Microsoftの創業者のBill Gates氏は、2000年に、同社のCEOを辞任し、2014年に、同社の会長を辞任したが、まだ、取締役会のメンバーであった。

 現在、Bill Gates氏は、Microsoftの取締役を辞任し、ブログへの投稿も、やめているようだ。

 Bill Gates氏は、1975年に、2018年に亡くなった、Paul Allen氏と共に、Microsoftを共同で設立した。

 Bill Gates氏は、現在、まだ、「技術アドバイザー」として、Microsoftに、ある程度、関与しているようだが、その役割は、あまり明確ではない。

 Bill Gates氏は、取締役会長を辞任したとき、MicrosoftのCEO、Satya Nadella氏から、技術顧問の称号を与えられていた。

 MicrosoftのCEO、Satya Nadella氏は、「長年に渡り、Billと協調し、学んだことは、非常に名誉なことであり、特権だった。」と述べた。

 Bill Gates氏は、ソフトウェアの民主化に対する信念と、社会の最も差し迫った課題を解決する情熱を持って、Microsoft社を設立した。

 Satya Nadella氏は、「Microsoftと世界は、Bill Gates氏の、リーダーシップとビジョンの恩恵を受けた。」と、プレスリリースで述べている。

 FactSetによると、Bill Gates氏は、依然として、Microsoftの上位株主の1人であり、現在、同社の株の、1.36%を所有している。

 Microsoftは、現在の時価総額が、1.21兆ドルで、世界で最も価値のある企業の1つである。

 では、Bill Gates氏は、なぜMicrosoftを辞めたのだろう?

 Bill Gates氏は、2000年に設立した、「Bill&Melinda Gates」財団での、慈善活動に、より多くの時間を費やしたいようだ。

 この「Bill&Melinda Gates」財団は、世界の健康、教育、気候変動に関連する問題に取り組むことを目的としている、慈善基金団体である。

 最近、「Bill&Melinda Gates」財団は、「コロナウイルス」として一般に知られている「COVID-19」の感染の拡散を防ぐために、世界保健機関(WHO)と連携しており、「COVID-19 Therapeutics Accelerator」に、最大5000万ドルを寄付し、ワクチンの開発に貢献しているようだ。

 <参考>

 MicrosoftとBill Gates氏は、デスクトップPCやノートPCの、オペレーティング・システム(Windows)と、生産性ツール、Officeスイートで、世界の一般ユーザ(エンドユーザ)に貢献しており、世界のPCベンダと、ソフトウェア・ベンダで、エコシステムを拡大させてきた。

 Windowsは、エンドユーザ向けの、使いやすい、「グラフィカル・ユーザ・インタフェース(GUI)」の先駆けであると共に、複数のアプリを、同時に、実行し、利用できるようにする、「マルチスレッド」と「マルチウィンドウ」という、特徴があり、Windows文化を形成してきた。

1)世界のパーソナル・デバイスのOSシェア(%)、2020年2月

OS       シェア

Android      38.90%
Windows    35.29%
iOS       14.97%
OS X       8.07%
Linux      0.89%
不明      0.83%

2)世界のデスクトップのOSシェア(%)、2020年2月

OS       シェア

Windows     77.26%
OS X       17.69%
Linux       1.89%
不明        1.68%
Chrome OS   1.47%
FreeBSD       0%

3)世界のタブレットのOSシェア(%)、2020年2月

OS       シェア
iOS      60.51%
Android    39.24%
Windows    0.15%
Linux      0.07%
不明      0.01%
BlackBerry  0.01%

4)世界のスマートフォンのOSシェア(%)、2020年2月

OS      シェア

Android    73.30%
iOS       25.89%
KaiOS      0.23%
Samsung    0.18%
不明       0.13%
Windows    0.12%

デル株式会社

2020年3月21日 (土)

GoogleとYouTubeは、教師と家族を支援し、家庭で、生徒が教育を受けるのを助ける、新たなリソースの提供を開始する。'20.03.21

【GoogleとYouTubeは、教師と家族を支援し、家庭で、生徒が教育を受けるのを助ける、新たなリソースの提供を開始する。】'20.03.21

 GoogleとYouTubeは、コロナウイルスの感染の危機のために、学校が閉鎖され、生徒が、家庭で、授業を受けられるよう、教師や家族を支援するための、教材などの、新たなリソース・ページの提供を開始した。2020年3月20日

 By Jay Peters@jaypeters、theverg

 「家庭で教える(Teach From Home)」と呼ばれる、Googleのページは、教師が、Googleの製品を使用して、生徒が遠隔学習できるようにする方法の、推奨を提供する。

Dt1a_20200321214401


 この「家庭で教える(Teach From Home)」ページ機能のアイデアは、ビデオ会議ツール、「Hangouts」を使用して、仮想的なクラスで、教師と生徒が、および、生徒同士が、ビデオ・チャットやビデオ会議機能で、コミュニケートできるようにする。

 Googleによると、この「家庭で教える(Teach From Home)」ページは、展開を続けるという。

 この「家庭で教える(Teach From Home)」ページは、ビデオ会議やコミュニケーション・ツール、「Hangouts」を使用して、教師や生徒が、ビデオ・チャットを行うことができるようにするような、アイデアを紹介している。

 また、この「家庭で教える(Teach From Home)」ページでは、「Google Forms」を使用して、オンライン・クイズを作成できるようにするような、アイデアも紹介している。

Dt0b_20200321214701

 Googleによると、このページは、発展を続けているという。

 このページには、スライドを使用して、リモートで、家庭で教える方法に関する、リソースを提供する、「家庭で教える、ツールキット」も提供されている。

 「家庭で教える」ページは、現在、英語版しかないが、ユーザは、この「家庭で教える、ツールキット」(英語版、デンマーク版、ドイツ語版、スペイン語版、フランス語版、イタリア語版、ポーランド版)をダウンロードすることができる。

 また、Googleによると、他の国語版の「家庭で教える、ツールキット」を、近い将来、提供するという。

 YouTubeの教育向けのYouTubeチャネル

 YouTubeのリソース、「Learn@Home」は、生徒が、家庭で、見ることのできる、教育向けのYouTubeチャネルを、強調表示する。

 この「Learn@Home」ページは、13才以上の子供、5才以上の子供、および、幼稚園児を持つ、家族に推奨する、YouTubeチャネルを分類している。

 YouTubeは、「Khan Academy」、および、教育に焦点を合わせた、教材の制作者などと、パートナーを組んでいる。

 YouTubeチャネルには、「CrashCourse」、「Discovery Education」、「Cool School」、「PBS Kids」、および、「Sesame Street」などがある。

 「Learn@Home」チャネルのコンテンツは、英語版で、提供されており、イタリア語版、フランス語版、韓国語版、スペイン語版、日本語版などでも、提供されるようになる。

 Googleは、コロナウイルス感染の危機への対応の取り組みに対する、慈善団体である、Google.orgを通して、5000万ドルの寄付の一部として、1000万ドルの遠隔学習基金を開始している。

 Google.orgは、コロナウイルス感染の危機に関連した、学校の閉鎖により、影響される、生徒に、遠隔学習の機会を与えるのを支援する、「Khan Academy」に、基金から、100万ドルを寄付している。

デル株式会社

コロナウイルス感染の危機で、Google、Amazon、Microsoftが、在宅勤務を推進する。'20.03.21

【コロナウイルス感染の危機で、Google、Amazon、Microsoftが、在宅勤務を推進する。】'20.03.21

 世界最大手のITベンダ、Google、Amazon、Microsoftは、自社のハイテク技術を利用して、コロナウイルスに感染しないよう、自宅で仕事をするよう、スタッフに依頼している。2020年3月6日

Dt0a_20200321175001

 By WILLIAM SMITH、gigabitmagazine

 ワシントン州で、コロナウイルスの感染者が、2020年3月5日の時点で、70人になったので、ワシントン州に、本拠地を置く、AmazonとMicrosoftは、従業員に、在宅勤務を求めている。

 Vergeによると、シアトルを拠点とする、FacebookとGoogleも、コロナウイルスへの感染を心配して、従業員に、在宅勤務を示唆しているという。

 Microsoftは、グループウェアとしても利用可能な、自社のリモート作業&コラボレーション・ソリューション、「Microsoft Teams」や、ビデオ会議や、ビデオ&音声&テキスト・チャットといった、コミュニケーション・ソリューション、「Skype」を提供しており、従業員の在宅勤務を支援している。

 Googleは、自社のコミュニケーション・ツールと、コラボレーション・ツールがセットになった、グループウェアとしても利用可能な、オンライン・アプリケーション・パック、「Google Apps」や、ビデオ会議や、ビデオ&音声&テキスト・チャットといった、コミュニケーション・ソリューション、「Google Hangouts Meet」を提供しており、従業員の在宅勤務を支援している。

 イタリアなどで、既に学校が閉鎖されているため、混乱しているのは親だけではない。

 Googleの教育ソリューションを担当する、Jennie Magiera氏によると、学校を閉鎖する事象が発生するたびに、貴重な学習時間を、生徒が失わないようにする方法を見つけたという。

 GoogleのJennie Magiera氏は、この方法を、「遠隔学習」あるいは、「リモート学習」と呼び、実際の学校の教師が、仮想的な学校のクラスで、インターネットを介して、オンラインで、実際の生徒と、互いに会話し、議論しながら、授業を行えるようにする、方法を模索している。

 現在、コロナウイルス感染の危機で、世界の多くの学校が、このような事象に直面しており、何100万人もの生徒が、学校に物理的に通うことができないでいる。

 これに対し、Googleは、これまで、「Googleハングアウト」コミュニケーション・ツールのプレミアム機能を、無償で提供しており、「遠隔学習」を、より便利にすることに、貢献している。

 この「Googleハングアウト」は、1回の通話で、最大250人のユーザが、ビデオ・チャット、音声チャット、テキスト・チャットできるようにする。

デル株式会社

GoogleとYouTubeが、保護者と教師向けの、リモート学習ツールの提供を開始した。'20.03.21

【GoogleとYouTubeが、保護者と教師向けの、リモート学習ツールの提供を開始した。】'20.03.21

 GoogleとYouTubeが、コロナウイルス感染危機の状況において、保護者と教師向けの、リモート学習ツールの提供を開始した。2020年3月20日

 By digital trends

 Googleは、コロナウイルス感染危機の状況において、子供を、家庭で教育することに苦労している、親や教師の負担を軽減するために、リモート学習サービスやコンテンツを提供する、「Teach From Home」の新機能と、YouTubeの「Learn@Home」の提供を開始した。

 「COVID-19」として知られる、コロナウイルス感染の危機で、ここ数週間で、世界中の学校や大学が閉鎖された。

 これは、ますます多くの生徒や学生が、家庭で、リモート学習することが、必要になることを意味する。

 このため、教師、保護者、生徒や学生が、容易に利用できる、適切なリモート学習ツールが、必要とされている。

 多くの保護者は、子供たちが、「ホーム・スクーリング」を、困難だと感じていることが、分かった。

 Googleのリモート学習サービス、「Teach From Home」を使用すると、教育者は、Googleのすべてのツールと製品にアクセスできるようになる。

Dt1b_20200321142501


 Googleのリモート学習サービス、「Teach From Home」を使用することで、教師は、「Google Meet」を使用して、生徒とビデオ・チャットしたり、「Google Forms」で、生徒に、宿題やオンライン・テストを割り当てたり、「Google Classroom」で、ライブストリーミング学習セッションを開始したり、できるようになる。

 「Teach From Home」サイトによると、このリモート学習サービスは、拡大し続けるという。

 Googleは、「Teach From Home」サイトに、リモート学習ソリューションに対する、教師や、パートナーからの、フィードバックを受け取り、リストの作成を続ける。

 「Teach From Home」サイトで、自分たちの要件に適合した、リモート学習ツールを発見しよう。

 Googleのリモート学習サービス、「Teach From Home」ツールは、現在、英語版しかないが、他の言語も、近い将来、提供されるようだ。

Dt1a_20200321141601


 「Khan Academy」との提携により、開発された、YouTubeのリモート学習サービス&コンテンツ、「Learn@Home」は、Googleの「Teach From Home」に、よく似ているが、ビデオ・コンテンツに焦点を当てている。

 YouTubeのリモート学習サービス&コンテンツ、「Learn@Home」は、リモート学習プラットフォームの、プレミアム・コンテンツ・クリエータから提供される、数10の「チャンネル」を備えており、各チャネルは、就学前の子供たちや、低学年の生徒を教育することを目的とした、ビデオ・プログラムを備えている。

 「Khan Academy」チャネルは、リモート学習用のコンテンツを提供する。

 「Amoeba Sisters」のようなチャンネルは、「ユーモアで、科学を分かりやすくすること」を、使命にしている。

 言語学習の定番である、「Duolingo」は、さまざまな方言の一般的なフレーズの読み方に関するビデオを、ユーザに提供している。

 「Learn@Home」以外の注目チャンネルには、「PBS」、「Sesame Street」、「Discovery Education」など、以前から提供されている、クラシックなチャネルがある。

 Googleのブログ投稿によると、同社は、、コロナウイルス感染症(COVID-19)との戦いに向けた、5000万ドルの寄付のうち、「Khan Academy」に、最初の100万ドルの助成金を与えることを計画している。

 この助成金は、リモート学習への移行を進める教育者に、「コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連した、学校閉鎖の影響を受けた生徒に、リモート学習の機会を提供するのを支援するとため」や、「リモート学習関連の、付加的な技術サポートを提供するため」に、与えられる。

デル株式会社

再設計された、Facebookの、新しい高速なデスクトップ版の、アクセス方法の紹介 '20.03.21

【再設計された、Facebookの、新しい高速なデスクトップ版の、アクセス方法の紹介】'20.03.21

 新しく、デザインされた、Facebookの、高速なデスクトップ版の、アクセス方法を紹介する。2020年3月19日

 By Hillary K. Grigonis、digital trends

 再設計されている、Windowsベースの、デスクトップ版のFacebookは、スマートフォン版のFacebookに、より近いデザインになっている。

Dt1a_20200321092801


 2020年3月19日に、Facebookは、より高速に、利用できるよう、デザインされ、「ダーク・モード」などの新機能を持ち、新たに、最適化された、デスクトップ版のFacebookを、オプションとして、提供することを開始した。

 新しいデザインは、2020年後半に、ソーシアル・ネットワーク、facebook.comのデフォルトの外観になる予定だと、Facebookは、Digital Trendsに語った。

 Facebookは、F8開発者コンファレンスで、facebook.comが、再設計された、Windowsベースの、デスクトップ版のFacebookに、「ホーム」、「ウォッチ」、「マーケットプレイス」、「グループ」などのタブを持つ、スマートフォン版のFacebookと同様の、デザインを採用していると発表した。

 ただし、スクリーン画面のサイズが大きくなると、左側のサイドバーに、ショートカットが追加され、ストーリーも、最上部にジャンプするようだ。

 新たに再設計された、デスクトップ版のFacebookのデザインは、Facebookを使用している時に、ユーザが、探している情報を、より速く見つけられるよう、支援する。

 また、Facebookによると、新たに再設計された、デスクトップ版のFacebookでは、「ホーム」ページや、他のページが、より速くロードされるようになったという。

 ユーザが、新しい「イベント」、「ページ」、または、「グループ」を作成すると、作業中に、Webサイトに、リアルタイムに、プレビューが表示されるようになる。

 新しいデザインに、オプトインすると、ユーザは、画面の明るさを調節できるよう設計された、新しい「ダークモード」を、早期に、利用できるようになる。

 2020年後半に、Facebookの、新しいデザインが、デフォルトになるが、ユーザは、従来のデザインに戻すこともできる。

 新しいデザインをオンにするには、「設定」メニューに移動して、「新しいFacebookを見る」というオプションを選択する。

 元に戻すには、同じ「設定」メニューに移動し、「従来のFacebookに切り替える」を選択する。

 Facebookの、新しいデザインには、「グループ」への、より簡単なアクセスと、「ニュースフィード」を離れることなく、「グループ」への投稿を、共有するための「オプション」もある。

デル株式会社

2020年3月20日 (金)

オフォスから、家庭で働くために、調節するための、8つのヒント '20.03.20

【オフォスから、家庭で働くために、調節するための、8つのヒント】'20.03.20

 オフィスから、家庭で働くようになることは、同僚、上司、および、一緒に暮らしている、家族との関係も、調整するようになる。2020年3月19日

 By Laurie McCabe、eWeek

 コロナウイルスの感染の危機に陥ったことで開始された、在宅勤務の実験は、この危機が、終わってか後も、これが通常の働き方になるのかも知れない。

 コロナウイルスが、ニュースを支配し、我々の暮らしも支配してきたので、多くの人たちは、自宅で働くようになるだろう。

 良い、悪いは、別として、どこでもできる職業の人たちは、家庭で仕事をするようになるだろう。

 筆者は、この20年間、家庭で、仕事をしてきたので、経験に基づいて、在宅勤務をするときの、ヒントやコツを紹介する。

Eweek1


1)1日のバランスを取るために、スケジュールを作成する。

 筆者は、在宅勤務が、最も難しいことを見つけた。

 ワーカは、いつでも、家庭で、PCを使用して、仕事をすることが、できるようになる。

 ワーカは、1日のバランスを取るために、スケジュールを作成しよう。

 例えば、筆者は、通常、書斎で、仕事を開始し、1時間の昼食を取り、洗濯をし、買い物をしている。

 1日の仕事が終わると、PCを、シャットダウンし、夕食を始める。

 筆者は、再度、PCを開く必要はなく、生活のバランスを取っている。

2.家族や同僚と、会話をする。

 配偶者が、既に、家庭で仕事をしている、かも知れない、あるいは、これから、家庭で仕事をするようになるかも知れない。

 家庭には、子供がいるかも知れず、退職した、親がいるかも知れない。

 家庭を共有する人と、必要な時に、仕事に焦点を合わせることができるよう、状況に関して話し合い、基本的なルールに合意する必要があるだろう。

 家庭で働く場合、家族がいれば、洗濯や料理を行う必要があるだろう。

 筆者は、家族と、子供に、自分の役割をするよう、依頼していた。

3.幼い子供には、遊ぶものを用意しよう。

 家庭で働く人は、積み木、ぬり絵本、マンガなどを用意しよう。

 また、気分転換に、買い物に行ったり、自転車に乗ったり、散歩したりして、エネルギーを消費しよう。

 小さな子供の世話は、スケジュールを決め、家族で、順番に見よう。

 テーブルをセットしたり、オモチャを片づけたり、できるよう、子供をしつけよう。

4.気分転換に、キャビンを自由に移動しよう。

 家庭の書斎に、PC、プリンタ、文房具などを備えよう。

 筆者は、家庭のオフィスを、生産性が高い場所だと感じることができ、仕事のモチベーションが、上がった。

 例えば、筆者は、キッチンや居間で、気分を変えて、仕事をすることもできた。

 筆者は、さまざまな種類の作業をするために、最も良いと感じるものを見つけた。

5.家庭で、仕事をする場合、同僚とオシャベリしよう。

 殆どのオフィスにおいて、仕事に関係のない、カジュアルな会話を交わしているだろう。

 家庭で、仕事をする時も、上司や同僚と、カジュアルな会話を交わし、チームワークを促進しよう。

 例えば、「Microsoft Teams」を使用して、家庭において、上司や同僚とコラボレートしながら、ドキュメントやデータを共有し、仕事を進めることができるようになる。

Eweek1c_20200320214501


 コロナウイルスの感染に、不安を感じている状況において、家庭で仕事をする時に、同僚と軽い会話を交わすことは、精神的にも重要である。

 家庭で、ビデオ会議や、コラボレーション・ツールで、同僚と協調する場合、オシャベリすることにも、時間をかけよう。

 「Microsoft Teamsの紹介」ビデオ

6.ビデオ会議を受け入れよう。

 家庭で仕事をするようになると、Skypeや、Googleハングアウトといった、ビデオ会議アプリが必要なり、PCのカメラで、ビデオ・チャットする機会が多くなるだろう。

 「Googleハングアウトの使い方の紹介」ビデオ

 このため、ビデオ写りが良くなるよう、気を付けよう。

 ビデオ会議を始める前に、自分が、どのように写るか、確認しよう。

 また、カメラを、見下ろすことがないよう、PCの置き方に注意しよう。

 ビデオに、うまく映るよう、明るい場所に座るか、うまく、顔にスポットライトを当てるようにしよう。

7.ビデオ会議をする必要があれば、専門家から、ヒントやコツを聞こう。
 
 Googleは、ビデオ会議をうまく運営する方法を提供する、「how to run a great virtual meeting」を公開している。

 ビデオ会議ソリューションを必要とするなら、Microsoft、Google、Cisco、および、Zohoを含む、ベンダが、提供している、ビデオ会議ソリューションを参考にしよう。

8.ペットや幼児が、ビデオ会議の邪魔をしても、パニックになってはいけない。

 オフィスから、家庭で仕事をする状況になると、同僚、上司、家族、および、ペットとの調整が必要になる。

 このような在宅勤務は、コロナウイルス感染の危機が終わったあとも、通常のことになるのかも知れない。

デル株式会社

2019年と2020年における、米国ブランド価値のトップ25と、ブランド価値の変化の割合(%)'20.03.20

【2019年と2020年における、米国ブランド価値のトップ25と、ブランド価値の変化の割合(%)】'20.03.20

 ブランド価値が高いことは、顧客が、ブランドに忠誠心を持ち、ブランドが持つ、魅力や信頼を感じるようになり、商品やサービスを繰り返し購入するようになることである。

 By eMarketer

グラフ1)2019年&2020年における、ブランド・バリューによる、トップ25米国ブランド(ブランド・バリューの単位:10億ドル)と、変化の割合(%)

  ブランド           2019年    2020年    変化(%)

1.Amazon          $279.33   $334.65     20%
2.Apple           $316.07   $303.38     -4%
3.Google           $313.27   $303.22       -3%
4.Microsoft        $215.50   $261.09     21%
5.Visa                   $163.89     $187.91        15%
6.Facebook              $161.15     $159.70         -1%
7.McDonald's           $124.94     $143.79         15%
8.Mastercard            $91.91     $106,26         16%
9.AT&T                  $106.43      $99.43         -7%
10.Verizon                $91.81      $98.38            7%
11.IBM                    $95.33      $82.88        -13%
12.Coca-Cola            $75.92      $80.34          6%
13.Marlboro              $75.73      $63.47        -16%
14.The Home Depot        $52.22      $53.82           3%
15.Nike                   $47.07       $53.75           14%
16.Disney                $53.90       $52.93          -2%
17.PayPal                $43.59       $50.88          17%
18.UPS                   $57.03       $49.99         -12%
19.Xfinity                $40.19       $47.20           18%
20.Starbucks           $42.23       $46.90          11%
21.Accenture            $36.85       $44.22         20%
22.Spectrum           $38.81       $37.31          -4%
23.Walmart              $30.74       $36.14          18%
24.American Express     $34.10       $35.65           5%
25.Wells Fargo          $49.50       $35.27        -29%

Em2_20200320153801

 ソース:BrandZ、2019年11月14日

デル株式会社

クラウドIT基盤の売上は、2019年3Qに、1.8%減少した。(2)'20.03.20

【クラウドIT基盤の売上は、2019年3Qに、1.8%減少した。(2)】'20.03.20

 IDCによると、2020年には、クラウドIT基盤への支出が、非クラウドIT基盤への支出を、上回る見込みだという。2020年1月15日

Idc3_20200320090901  By IDC

 IDC Worldwide Quarterly Cloud IT Infrastructure Trackerによると、2019年における、パブリックとプライベートを含む、クラウド環境向けの、「クラウドIT基盤」製品(サーバ、エンタープライズ・ストレージ、および、イーサーネット・スイッチ)の、ベンダの売上は、前年同期から、1.8%減少し、168億ドルになったという。

    (続く)

 2020年は、「クラウドIT基盤」への支出が、世界の「IT基盤」への支出全体の50%以上を占めるようになる、転換点になることが予測される。

 2019年3Qに、クラウドIT基盤ドメイン全体において、「イーサネット・スイッチ」への支出は、11.2%増加し、「コンピューティング・プラットフォーム」への支出は、3.1%減少し、「ストレージ」への支出は、0.8%だけ増加した。

 2019年3Qにおける、「コンピューティング・プラットフォーム」への支出は、341億ドルで、「クラウドIT基盤」への支出の最大のカテゴリになる。

 2019年3Qに、従来の「非クラウドIT基盤」への支出は、2019年3Qに、前年同期から、7.7%減少した。

 2019年の1年間に、従来の「非クラウドIT基盤」への支出は、前年から、5.3%減少する見込みである。

 2023年までに、IDCは、従来の「非クラウドIT基盤」への支出は、世界全体のIT基盤への支出の41.9%になると予想している。

 2018年における、従来の「非クラウドIT基盤」への支出は、IT基盤への支出全体の、51.6%であった。

 2019年3Qにおける、「クラウドIT基盤」への支出の増加率は、カナダが4.9%、中央&東ヨーロッパが4.6%、および、中東&アフリカが18.1%であった。

表1)2019年における、世界のクラウドIT基盤ベンダの売上、シェア、年間成長率

  (売上の単位:100万ドル)

         2019年3Q  2019年3Q  2018年3Q  2018年3Q   年間
ベンダ       売上      シェア     売上      シェア   増加率

Dell        $2,616    15.5%     $2,684     15.7%     -2.6%
HPE        $1,846   11.0%     $1,708     10.0%      8.0%
Inspur       $1,215     7.2%     $1,058     6.2%     14.8%
Cisco       $1,133     6.7%     $1,079     6.3%      5.0%
Lenovo       $723     4.3%     $906      5.3%     -20.2%
ODM直接    $5,687    33.8%     $6,087     35.5%    -6.6%
その他       $3,607   21.4%     $3,607     21.1%      0.0%
合計       $16,827   100.0%    $17,129   100.0%    -1.8%

Idc2a_20200330114001


 IDC's Quarterly Cloud IT Infrastructure Tracker、2019年3Q

デル株式会社

2020年3月19日 (木)

クラウドIT基盤の売上は、2019年3Qに、1.8%減少した。(1)'20.03.19

【クラウドIT基盤の売上は、2019年3Qに、1.8%減少した。(1)】'20.03.19

 IDCによると、2020年には、クラウドIT基盤への支出が、非クラウドIT基盤への支出を、上回る見込みだという。2020年1月15日

Idc3_20200320090901

 By IDC

 IDC Worldwide Quarterly Cloud IT Infrastructure Trackerによると、2019年における、パブリックとプライベートを含む、クラウド環境向けの、「クラウドIT基盤」製品(サーバ、エンタープライズ・ストレージ、および、イーサーネット・スイッチ)の、ベンダの売上は、前年同期から、1.8%減少し、168億ドルになったという。

 IDCは、2019年における、クラウドIT基盤への支出の見積りを、以前の見積りから、654億ドルへ、僅かに増やした。

 クラウドIT基盤への支出における、減少額は、1年間に、3.7%減少した、パブリック・クラウド・セグメントにより促され、119億ドルに達した。

 パブリック・クラウドIT基盤への支出は、クラウドIT基盤への支出の殆どを占め続けるだろう。

 しかし、プライベート・クラウドIT基盤に対する需要は、増えているので、パブリック・クラウドIT基盤のシェアは、2019年に、減少を続け、予測期間を通して、僅かに減少していくだろう。

 2019年3Qにおける、プライベート・クラウドIT環境向けの、「クラウドIT基盤」の売上は、1年間に、3.2%だけ増加し、50億ドル近くに達した。

 IDCによると、このプライベート・クラウドIT環境のセグメントにおける、「クラウドIT基盤」への支出は、2019年に、前年から、7.2%増加し、214億ドルに達したという。

 クラウドIT基盤における、投資が、増加を続けると、2020年に、IT基盤業界は、「クラウドIT基盤」への支出が、「非クラウドIT基盤」への支出を上回る、転換点になることが、期待される。

 2019年3Qにおける、クラウドIT基盤への支出は、IT基盤への支出全体の、53.4%に達していたが、2019年の、1年間における、クラウドIT基盤への支出は、IT基盤への支出全体の、49.8%に留まることが予想される。

     (続く)

デル株式会社

フォルダブルな、デュアル・スクリーン画面を持つ、ラップトップは、Windows 10Xを必要としている。(2)'20.03.19

【フォルダブルな、デュアル・スクリーン画面を持つ、ラップトップは、Windows 10Xを必要としている。(2)】'20.03.19

 筆者は、MicrosoftのWindows 10の異形オペレーティング・システム(OS)を、まだ、ミステリアスに感じている。2020年1月8日

 By Tom Warren@tomwarren、theverge

 Microsoftは、公式に、Windows 10Xを、2019年に、Surface Neoデュアル・スクリーン・デバイスのオペレーティング・システム(OS)として発表した。

Dt1a_20200319191001

 Windows 10Xは、デュアル・スクリーン画面や、フォルダブルな、スクリーン画面を特徴とする、デバイスのオペレーティング・システム(OS)である。

 筆者らは、CES 2020において、デュアル・スクリーンや、フォルダブルなスクリーンを持つ、ハードウェアが紹介されるが、主なソフトウェア要素に欠けていると感じた。

 Microsoftは、Dell、HP、Lenovo、および、Asusから、Windows 10Xを搭載したデバイスが、提供される予定であると、発表したが、これらのメーカは、まだ、Windows 10Xを搭載する予定を発表する準備ができていない。

    (続く)

 Intelの折り畳み可能な、デュアル・スクリーン画面のコンセプトを取り入れた、Asus、Dell、および、HPのWindowsベースのデバイスは、現在、この新しいハードウェアの特徴を念頭に置いて設計されていない、Windows 10の標準バージョンを、ベースにしている。

 この折り畳み可能な、デュアル・スクリーン画面の、ハードウェアのデモでは、Windows 10が、ぎくしゃく、実行して見えると言っても、過言ではない。

 筆者は、タッチスクリーンのラップトップの初期の頃を思い出す。

 Windows 7は、タッチスクリーンの画面を中心に、設計、および、構築されていなかったので、ユーザには、あまり馴染めず、使用する利点が、あまりないものになっていた。

 その後、Microsoftは、Windows 8のタッチスクリーン機能を、全面的に再構築し、現在では、Windows 10Xで、新たなアプローチを取っている。

 「フォルダブルなPCの将来の紹介」ビデオ

 PCメーカは、2020年に、新しい、折り畳み可能な、デュアル・スクリーン・デバイスを、発表する予定であるが、これらのマシンに搭載する、オペレーティング・システム(OS)を、まだ、明確にしていない。

 Microsoftは、Windows 10Xを実行することで、折り畳み可能な、デュアル・スクリーン・デバイス、Surface Neoの、さまざまな潜在的な課題を解決したことは、明らかであるが、リリースされるのは、2020年のホリデーシーズンのようだ。

Dt1c_20200320112101


 また、PCメーカとMicrosoftは、折り畳み可能な、デュアル・スクリーン・デバイスが、バッテリーの寿命、Windowsアプリの実行方法、デバイスの重量や厚さ、スタイラスペンを使用する、オーサリング・ツールなどに、どのように影響するかを検討する必要があるだろう。

Dt1d_20200319191501

 モバイル・ユーザにとって、モバイル・デバイスは、軽量、かつ、コンパクトで、携帯性に優れ、頑丈であることが、要求されている。

 スマートフォンにもなる、Samsungの、Androidベースの、折り畳み可能な、デュアル・スクリーンのタブレット、Galaxy Foldが、店頭に並ぶ前に、フォルダブルな、スクリーン画面の脆弱性を指摘され、再設計されることになっていたこともあり、折り畳み可能な、スクリーン画面の開閉の耐久性も、課題になっており、Windows 10Xベースのデュアル・スクリーン・デバイスにも、耐久性が重要である。

 LenovoのようなPCメーカは、Windows 10Xなしで、折り畳み可能な、デュアル・スクリーン・デバイスを、市場に投入する場合、ハードウェアの特徴を引き出す、ソフトウェアを、Intelと連携して、Windows 10に付加する、必要があるだろう。

 ただし、Windows 10へ、付加された機能が、必要なWindowsアプリのサポート受けることは、保証されない。

 Microsoftは、折り畳みたたみ可能な、デュアル・スクリーン・デバイスの特徴を、完全に活かせる、オペレーティング・システム(OS)、アプリの開発環境と、ユーザ経験を提供する必要がある。

 2020年5月に開催される、MicrosoftのBuild開発者カンファレンスや、2020年6月に開催される、Computexで、折り畳みたたみ可能な、デュアル・スクリーン・デバイスや、Windows Xに関連した、さらに詳細な情報が得られるだろう。

デル株式会社

自動配達ロボット市場の、成長、トレンド、および、予測(4)'20.03.19

【自動配達ロボット市場の、成長、トレンド、および、予測(4)】'20.03.19

 自動配達ロボット市場の、2020年から2025年までの、成長、トレンド、および、予測に関するレポートの概要を紹介する。

 By mordorintelligence

 この自動配達ロボット市場は、エンドユーザ(ヘルスケア、ホテルやリゾート施設、輸送、物流、小売など)、プレーヤ、および、地域などで、分類される。

 この「AUTONOMOUS DELIVERY ROBOTS MARKET - GROWTH, TRENDS AND FORECASTS (2020 - 2025)」レポートは、自動配達ロボット市場は、2020年から2025年までの、成長、トレンド、および、予測を紹介する。

    (続く)

4)自動配達ロボット市場の状況

 自動配達ロボット市場は、自動運転車と同じように、まだ、プロトタイプを使用して、試験的に運用し、本格的な実用化に取り組んでいる段階である。

 北米は、現在、自動配達ロボット分野の、最大の市場である。

 他の地域と比較して、北米には、用途に合った、自動配達ロボット技術の改善に取り組んでいる、多くのスタートアップやメーカがいる。

 また、北米は、エンドユーザへの、自動配達ロボットの利用率は、世界の他の地域に比べて、比較的高くなっている。

 特に、「小売」、「物流」、「ホテルやリゾート施設」の分野では、自動配達ロボットの需要が非常に高くなっており、メーカと提携して、プロトタイプを構築し、試験運用を開始している。

 「小売」は、ラストマイルの、商品などの配達サービスに、「物流」は、倉庫でのパッケージのピックアップや移動、あるいは、ラストマイルの配達に、「ホテル」では、顧客の部屋への、食事などの配達サービスに、自動配達ロボットを使用することを、模索している。

 実際、E-commerce財団によると、2017年における、北米のソーシャル・ネットワークの普及率は、世界で最も高く、66%であり、2017年の世界の平均の普及率は、37%だった。

 このため、特に、北米では、「ホテルやリゾート施設」が、人件費を減らすと共に、顧客の評判を上げるために、顧客が、ソーシアル・ネットワークに、ホテルの評判を投稿することを促すのに、自動配達ロボットといった、顧客サービスを提供することを模索している。

5)自動配達ロボット市場における、競争

 自動配達ロボット市場は、非常に、競争が激しく、いくつかの主要なプレーヤで構成されており、独占的なプレーヤは、まだ、存在していないが、数社の主要なプレーヤが、この市場を支配している。

 何社かの、主要なプレーヤは、世界中に、顧客を広げることに焦点を合わせ、優れた技術を持つ、スタートアップを買収している。

 2018年8月に、スーパーマーケットの「Kroger」と、自動配達ロボットのベンダ、「Nuro」は、自動配達ロボットのプロトタイプを使用して、注文された、商品(主に食料品)をテストするための都市として、アリゾナ州Scottsdaleを選択したと発表した。

Dt0c_20200319140901


 自動配達ロボット分野における、他の主要なプレーヤには、Kiwi、Aethon、Dispatch、TeleRetail、Marble Robotがいる。

 自動配達ロボット・ソリューションを提供する、Nuroは、最初は、自動運転車のトヨタのプリウスを使用して、試験運用を実施していたが、最終的な段階で、自動配達ロボットのプロトタイプ、「Nuro R1」で、試験運用を実施する予定である。

 「配達ロボットのトップ6の紹介」ビデオ

デル株式会社

2020年3月18日 (水)

フォルダブルな、デュアル・スクリーン画面を持つ、ラップトップは、Windows 10Xを必要としている。(1)'20.03.18

【フォルダブルな、デュアル・スクリーン画面を持つ、ラップトップは、Windows 10Xを必要としている。(1)】'20.03.18

 筆者は、MicrosoftのWindows 10の異形オペレーティング・システム(OS)を、まだ、ミステリアスに感じている。2020年1月8日

 By Tom Warren@tomwarren、theverge

 Microsoftは、公式に、Windows 10Xを、2019年10月に、フォルダブルな、デュアル・スクリーン・デバイス、Surface Neoのオペレーティング・システム(OS)として発表した。

Dt1a_20200318205801


 Windows 10Xは、デュアル・スクリーン画面や、フォルダブルな、スクリーン画面を特徴とする、デバイスのオペレーティング・システム(OS)である。

 筆者らは、CES 2020において、デュアル・スクリーンや、フォルダブルなスクリーンを持つ、ハードウェアが紹介されるが、主なソフトウェア要素に欠けていると感じた。

 Microsoftは、Dell、HP、Lenovo、および、Asusから、Windows 10Xを搭載したデバイスが、提供される予定であると、発表したが、これらのメーカは、まだ、Windows 10Xを搭載する予定を発表する準備ができていない。

 Lenovoは、折り畳むことのできる、OLEDスクリーン画面を持つ、2499ドルの、フォルダブル・ラップトップ、「ThinkPad X1 Fold」を発表したが、このラップトップには、Windows 10Xではなく、「Windows 10 Pro」を搭載している。

 また、Lenovoは、「Windows 10X」を搭載した、ラップトップ、ThinkPad X1 Foldを提供することも約束しているが、いつ頃、提供を開始するかは、明確にしていない。

Dt1b_20200318205901

 LenovpのThinkPad X1 Foldは、Windows 10Xを搭載する、最初の候補となる、フォルダブル・ラップトップになるかも知れない。

 しかし、中国のPCメーカ、Lenovoは、Windows 10Xを搭載することなく、最初は、Windows 10 Proを搭載して、ThinkPad X1 Foldフォルダブルな、ラップトップの出荷を開始する。

 Microsoftは、フォルダブルなデバイス分野において、Windows 10Xで遅れているか、あるいは、Lenovoが、Windows 10に、フォルダブルな、デュアル・スクリーン・デバイス用の機能を追加し、この分野で、先行していることを示唆している。

 Windows 10Xとは、何だろう?

 Microsoftが、複数のスクリーン画面に渡り、アプリを処理できるようにする、さまざまな仕組を、Windows 10Xオペレーティング・システム(Os)に組み込んでいるので、Windows 10Xは、ThinkPad X1 Foldラップトップにとって重要になる。

 Lenvoは、Windows 10Xで、ネーティブな機能として提供される、複数のスクリーン画面で、アプリを、よりユーザ・フレンドリに実行できるようにした、独自のソフトウェアを、Windows 10の上に構築した。

 「CES 2020で、紹介された、フォルダブルPCの紹介」ビデオ

 Microsoftは、何年間も、Windows 10Xオペレーティング・システム(OS)の開発に取り組んできた。

 これに対し、Intelと、他のPCベンダも、フォルダブルな、デュアル・スクリーン画面を持つ、ラップトップの開発を進めていた。

 Microsoftは、Windows 10Xを、PCベンダが、ハードウェアの、新たな波(フォルダブルな、デュアル・スクリーン画面)を活用できるようにするための、準備している。

 ただし、Microsoftが、他のPCベンダ向けに、Windows 10Xを準備できるようになるには、まだ、数カ月かかるだろう。

Dt1d_20200318210101

 Asus、Dell、および、HPは、デュアル・スクリーン、あるいは、フォルダブルな、Windows 10Xベースのデバイスの計画を、まだ、明らかにしていない。

 現時点で、これらのPCベンダは、まだ、フォルダブルな、デュアル・スクリーン画面を持つ、デバイスの利点を提示する、コンセプト・デバイスを開発している段階である。

 Dellは、今週、フォルダブルな、デュアル・スクリーンのラップトップの、コンセプト・デバイス、「Concept Duet」と「Concept Ori」を紹介した。

Dt0b_20200319093101


 Asusは、より小さな、14インチのデュアル・スクリーンを持つ、ラップトップ、「Project Precog」を紹介した。

Dt0a_20200319093201

   (続く)

デル株式会社

自動配達ロボット市場の、成長、トレンド、および、予測(3)'20.03.18

【自動配達ロボット市場の、成長、トレンド、および、予測(3)】'20.03.18

 自動配達ロボット市場の、2020年から2025年までの、成長、トレンド、および、予測に関するレポートの概要を紹介する。

Av1a_20200318115401

 By mordorintelligence

 この自動配達ロボット市場は、エンドユーザ(ヘルスケア、ホテル、リゾート施設、輸送、物流、小売など)、プレーヤ、および、地域などで、分類される。

 この「AUTONOMOUS DELIVERY ROBOTS MARKET - GROWTH, TRENDS AND FORECASTS (2020 - 2025)」レポートは、自動配達ロボット市場は、2020年から2025年までの、成長、トレンド、および、予測を紹介する。

      (続き)

3)主な自動配達ロボット市場のトレンド

 小売、および、物流分野は、大幅な成長を記録する見込みであり、自動配達ロボットの世界最大のエンドユーザである。

 現在、世界中のeコマース・プレーヤと、オムニチャネル小売業者が増加していることが、特に、ラストマイルの配達で、自動配達ロボットの採用を促す、主な要因になっている。

 自動配達ロボットは、自動運転車よりも、経済的なコストで、より多くの顧客に、より安全な方法で、配達サービスを提供できる。

 現在の配達サービス市場のシナリオでは、自動配達ロボット用に作成された、実験プログラムと革新の殆どは、「ラストマイルの配達」の問題や課題に対処することを目的にしている。

 現在、世界中の多くの国の、いくつかの都市で、自動配達ロボットを使用した、配達サービスの、実験プログラムが、開始されている。

 米国、日本、中国、および、ヨーロッパの、いくつかの国では、ラストマイルの配達に、既に、自動配達ロボットが、使用されている、いくつかの事例もある。

グラフ)2019年から2024年までの、地域による、自動配達ロボット市場の成長率

Av2

自動配達ロボット市場の成長率、緑:比較的高い 黄:中間 赤:比較的低い

自動配達ロボットの採用率、緑:比較的低い、黄色:中間、赤:比較的高い


   ソース:Mordor Intelligence

 例えば、2018年6月、現在、「Alibaba」に次いで、中国で、2番目に大きな、e-コマース業者である、「JD.com」は、北京で、自動配達ロボットを使用した、ラストマイルの配達サービスを開始している。

 以前、「JD.com」は、大学のキャンパスや、産業コミュニティといった、いくつかの閉じた場所で、自動配達ロボットを使用して、配達サービスを提供していた。

 「JD.comの自動配達ロボットの紹介」ビデオ

     (続く)

デル株式会社

自動配達ロボット市場の、成長、トレンド、および、予測(2)'20.03.18

【自動配達ロボット市場の、成長、トレンド、および、予測(2)】'20.03.18

 自動配達ロボット市場の、2020年から2025年までの、成長、トレンド、および、予測に関するレポートの概要を紹介する。

 By mordorintelligence

 この自動配達ロボット市場は、エンドユーザ(ヘルスケア、ホテル、リゾート施設、輸送、物流、小売など)、プレーヤ、および、地域などで、分類される。

 この「AUTONOMOUS DELIVERY ROBOTS MARKET - GROWTH, TRENDS AND FORECASTS (2020 - 2025)」レポートは、自動配達ロボット市場は、2020年から2025年までの、成長、トレンド、および、予測を紹介する。

    (続き)

 Marbleの最初の自動配達ロボットが、歩道を転がり落ちた直後の、2019年5月に、サンフランシスコ市のスーパーバイザー、Norman Yee氏は、公共の場での安全性を懸念して、同市において、自動配達ロボットの技術の使用を禁止することを提案した。

 配達ロボットが、混雑した道路で、簡単に使用できるようになるとは思われない。

 自動運転車と同様、配達ロボットには、安全性などの課題があり、ラストマイルの配達に、広く利用されるようになるかどうかは、分からない。

 しかし、現在、自動運転車のように、自動配達ロボットの、多くの試験的な運用が実施されている。

 自動配達ロボットは、雪、氷、または、雨といった、さまざまな条件で、安全かつ、確実に、配達できなければならない。

 また、自動配達ロボットが、顧客の個人情報や位置情報を使用する場合、セキュリティやプライバシーにも配慮しなければならない。

 ただし、自律配送ロボット(ADR)は、郵便配達、宅配便、新聞配達、オンラインで購入した商品や、ピザなどの食料品などの、さまざまな配達システムに、革命をもたらし、より安価で、効率的な、配達方法を提供することが期待されている。

 ラストマイルの配達ロボットは、現在、あまり採用されていないが、さまざまな利点があるため、課題が解決されれば、将来的には、実用化が進むだろう。

 配達ロボットを、レストランや、スーパーなどに、レンタルするような、「サービスとしての移動(MaaS)」ソリューションを提供する、ビジネスも出現するだろう。

2)このレポートの記述項目の例

 配達ロボットのエンドユーザ

・ヘルスケア
・医療機関
・小売店
・物流業者

 地域

・北米(米国、カナダ)
・ヨーロッパ(英国、ドイツ、スイスなど)
・アジアパシフィック(中国、日本、韓国など)

 この「AUTONOMOUS DELIVERY ROBOTS MARKET - GROWTH, TRENDS AND FORECASTS (2020 - 2025)」レポートは、要求に応じて、カスタマイズできる。

   (続く)

デル株式会社

2020年3月17日 (火)

自動配達ロボット市場の、成長、トレンド、および、予測(1)'20.03.17

【自動配達ロボット市場の、成長、トレンド、および、予測(1)】'20.03.17

 自動配達ロボット市場の、2020年から2025年までの、成長、トレンド、および、予測に関するレポートの概要を紹介する。

Av1a_20200318115401


 By mordorintelligence

 この自動配達ロボット市場は、エンドユーザ(ヘルスケア、ホテル、リゾート施設、輸送、物流、小売など)、プレーヤ、および、地域で、分類される。

 この「AUTONOMOUS DELIVERY ROBOTS MARKET - GROWTH, TRENDS AND FORECASTS (2020 - 2025)」レポートは、自動配達ロボット市場は、2020年から2025年までの、成長、トレンド、および、予測を紹介する。

・自動配達ロボット市場のスナップショット
・自動配達ロボット市場の概要
・レポートの範囲
・自動配達ロボット市場の主な動向
・競合の景観
・自動配達ロボット市場における、主なプレーヤ

・基本年:2019年
・最も成長している、自動配達ロボット市場:アジア/パシフィック
・最も大きな自動配達ロボット市場:北米
・自動配達ロボットの、年間平均成長率(CAGR):49.5%

・自動配達ロボット市場の主なプレーヤ:

 我々の顧客の、80%は、自分の注文通り、カスタマイズできる、レポートを探している。

 我々は、顧客が、「どのように、レポートを、仕立てて貰いたいか?」といった、要件に対応し、レポートをカスタマイズすることができる。

 「AUTONOMOUS DELIVERY ROBOTS MARKET - GROWTH, TRENDS AND FORECASTS (2020 - 2025)」レポートの概要を紹介する。

1)自動配達ロボット市場の概要

 自動配達ロボット市場は、2020年から2025年までの、予測期間中に、49.5%の年間平均増加率(CAGR)で、成長することが期待されている。

 スマート・メータは、ガス会社などの、ユーティリティが、使用されたガスに対する、使用料金を、正確かつタイムリーに、顧客に請求できるようにする。

 遠隔地から、ユーティリティ会社が、短い間隔で、ガスなどの使用量を、正確に読み取り、使用料金を計算して、請求書を作成できるようにする。

 これにより、ガス会社などの、ユーティリティ会社は、将来の売り上げの流れを理解できるようになる。

 例えば、スマート・ガス・メータは、1日に、30分ごとに、ガスの使用量を、読み取ることができるようになり、測定結果を、自動的に得られるようになり、使用料金を、手早く、正確に計算して、請求書を発行できるようになる。

 サプライ・チェーン管理と、輸送計画において、重要なのは、地域の配送センターから、顧客の家庭への商品の配達を表す、輸送コストが高い、最後の1マイルである。

 通常、配送業者は、個人の家庭に、商品を配達したり、組み立てを必要とする大きくてかさばる商品を配達したりしている。

 顧客は、最後の1マイルの配達から、自分たちの要求するものが、ますかす洗練され始めていると感じている。

 顧客の20%から25%は、低コストで、商品の即時配達サービスを利用できるようになる。

 それ以上に、e-コマース業界は、停止することなく、成長を続けており、止まる気配を見せていない。

 e-コマース業界は、世界の異なった地域に渡り、国際宅配便、エキスプレス、および、小包サービスが、成長を続けてきた。

 家庭への配達サービスは、特に、ミレニアル世代に、人気のある、パッケージなどの配達方法である。

 さらに、いくつかの国において、市町村は、迷惑や危険に感じる歩行者もいるので、歩道で、ロボットを使用して、商品などを配達するのを、規制することを検討している。

 例えば、2017年12月に、サンフランシスコ市は、歩道の殆どで、配達ロボットを使用することを禁止していた。

 このため、e-コマース会社は、サンフランシスコ以外の市で、ロボット使用した、商品などの配達をテストせざるを得なくなった。

 2017年に、配達ロボットを開発する、Marbleは、食事や食料品の配達サービスを提供する、Yelp Eat 24と、パートナーを組んで、サンフランシスコにおいて、顧客に、自動配達ロボットを使用して、食べ物を運ぶ事業を開始した。

 この4輪の自動配達ロボットは、オフィスの複写機のサイズである。

  「Yelp Eat 24の配達サービスの紹介」ビデオ

 しかし、サンフランシスコの、何人かの歩行者が、歩道を、ロボットが移動することに、不満を持っていた。

   (続く)

デル株式会社

ウェアラブル・デバイスの出荷台数は、2019年4Qに、1億1890万台に達する。(3)'20.03.17

【ウェアラブル・デバイスの出荷台数は、2019年4Qに、1億1890万台に達する。(3)】'20.03.17

 IDCによると、ウェアラブル・デバイスの出荷台数は、2019年4Qに、1億1890万台に達し、2019年の1年間に、3億3650万台に達するという。2020年3月10日

 By IDC

 IDC Worldwide Quarterly Wearable Device Trackerのデータによると、2019年4Qにおける、ウェアラブル・デバイスの、世界の出荷台数は、前年同期から、82.3%増加し、1億1890万台に達したという。

 ウェアラブル・デバイスの出荷台数は、2019年に、3憶3650万台に達した。

   (続く)

「2019年における、ウェアラブル・デバイス製品のハイライト」

・「イヤーウェア」は、引き続き、出荷台数を伸ばし続け、2019年の1年間に、世界で、1億7050万台が出荷された。

 これは、2018年に出荷された、ウェアラブル・デバイスの台数、4860万台から、250.5%も、増加したことになる。

 「イヤーウェア」の焦点は、高品質のオーディオや、ノイズキャンセルを含む、オーディオ経験にあるが、適用事例には、言語の通訳、音声対応デジタル・アシスタント、ボイス・チャットといった、他の機能も含まれる。

・2019年における、世界の「リストバンド」の出荷台数は、2018年の5050万台から、37.4%増加して、6940万台になった。

 「リストバンド」には、スマートフォンなどに、何かの事象を通知したり、メッセージを送ったり、「スマート・ウォッチ」の機能を模倣している、製品も、増えてきたが、殆どの「リストバンド」は、シンプルな、歩数カウンターと心拍数トラッカーといった基本的な機能しか持っていない。

・2019年に、「スマートウォッチ」の出荷台数は、2018年における、7530万台から、22.7%増加して、9240万台に達した。

・2019年に、Appleは、世界の「スマートウォッチ」の出荷台数全体の、28.5%のシェアを占めていたが、HuaweiやSamsungなどが、「スマートウォッチ」の出荷台数を伸ばした。

 Appleの年間市場シェアが、40%を下回った。

表3)ウェアラブル・デバイス製品の分類ごとの、出荷台数(単位:100万台)、シェア、年間増加率

ウェアラブル      2019年   2019年   2018年   2018年     年間
製品の分類      出荷台数  シェア   出荷台数   シェア    増加率

 (出荷台数の単位:100万台)

イヤウェア       170.5    50.7%     48.6     27.3%    250.5%

リストバンド       69.4    20.6%     50.5     28.4%     37.4%

スマートウォッチ    92.4    27.5%      75.3     42.3%     22.7%

その他         4.2      1.3%       3.5       2.0%     19.5%

合計         336.5    100.0%      178.0     100.0%     89.0%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Wearable Device Tracker、2020年3月

 イヤウェアとは、耳に付ける、ウェアラブル・デバイスのことである。

 IDCの定義では、イヤウェアは、無線で、他のデバイスと接続できる、デバイスだけを対象にしており、ステレオ・サウンドを提供する。

 IDCの定義では、イヤウェアは、以下の機能を、1つ以上持っている、デバイスだけを対象にしている。

・健康やフィットネスの追跡
・ノイズの除去といった、オーディオの機能
・言語の翻訳
・デジタル・アシスタントとの連携

デル株式会社

ウェアラブル・デバイスの出荷台数は、2019年4Qに、1億1890万台に達する。(2)'20.03.17

【ウェアラブル・デバイスの出荷台数は、2019年4Qに、1億1890万台に達する。(2)】'20.03.17

 IDCによると、ウェアラブル・デバイスの出荷台数は、2019年4Qに、1億1890万台に達し、2019年の1年間に、3億3650万台に達するという。2020年3月10日

 By IDC

 IDC Worldwide Quarterly Wearable Device Trackerのデータによると、2019年4Qにおける、ウェアラブル・デバイスの、世界の出荷台数は、前年同期から、82.3%増加し、1億1890万台に達したという。

 ウェアラブル・デバイスの出荷台数は、2019年に、3憶3650万台に達した。

     (続く)

・Samsungは、強力な製品ポートフォリオと、JBLやInfinityを含む、複数のブランドにより、ウェアラブル・デバイスの出荷台数で、3位であった。

 Samsungが、ウェアラブル・デバイスの出荷台数で、3位になった要因は、健康とフィットネスに重点を置いた、スマート・ウォッチ、Galaxy Active、および、Galaxy Active 2の出荷台数が、伸びたことである。

 ただし、Samsungのウェアラブル・デバイスの出荷台数には、キャリアを介して、販売される、スマートフォンにバンドルした、ウェアラブル・デバイスの台数も含まれている。

・政治的な圧力にも関わらず、Huaweiは、2020年4Qに、ウェアラブル・デバイスの出荷台数を、前年同期から、63.4%増加させた。

 リストバンドは、出荷台数の大部分を占めていたが、最も増加しているのは、子供用のスマートウォッチと、GT2を搭載したスマートウォッチだった。

表1)2019年4Qにおける、トップ5ベンダの、ウェアラブル・デバイスの出荷台数、シェア、年間増加率 (出荷台数の単位:100万台)

ベンダ    2019年4Q  2019年4Q  2018年4Q  2018年4Q    年間
        出荷台数   シェア   出荷台数    シェア     増加率

Apple      43.4     36.5%     19.7      30.2%     119.9%

Xiaomi      12.8     10.8%      7.5      11.5%     71.1%

Samsung     10.5     8.8%      4.6       7.0%      127.6%

Huawei      9.3      7.8%      5.7       8.7%       63.4%

Fitbit       6.0      5.0%      5.5       8.5%       7.8%

その他      37.0     31.1%     22.2      34.0%     66.7%

合計      118.9     100.0%     65.3      100.0%     82.3%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Wearable Device Tracker、2020年3月

表2)2019年の1年間における、トップ5ベンダの、ウェアラブル・デバイスの出荷台数、シェア、年間増加率 (出荷台数の単位:100万台)

ベンダ    2019年   2019年   2018年    2018年     年間
       出荷台数   シェア   出荷台数    シェア    増加率

Apple     106.5    31.7%     48.0      27.0%     121.7%

Xiaomi     41.7    12.4%     23.3      13.1%      78.8%

Samsung     30.9     9.2%     12.2       6.9%     153.3%

Huawei     27.9     8.3%     11.2       6.3%     148.8%

Fitbit      15.9      4.7%     13.8       7.8%      14.8%

その他     113.5    33.7%     69.4      39.0%      63.7%

合計      336.5    100.0%     178.0      100.0%      89.0%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Wearable Device Tracker、2020年3月

    (続く)

デル株式会社

2020年3月16日 (月)

米国において、コロナウイルスの感染が、広がっているときに、米国のインターネット・ユーザは、どの場所に行くのを避けるか?'20.03.16

【米国において、コロナウイルスの感染が、広がっているときに、米国のインターネット・ユーザは、どの場所に行くのを避けるか?】'20.03.16

 by eMarketerの編集者

 調査会社、Coresight Researchは、18才以上の大人の、米国のインターネット・ユーザを対象に、「米国で、コロナウイルスの感染が悪化したときに、米国のインターネット・ユーザが、「現在、行くのを避けている、あるいは、今後、行くのを避ける、公共の場所はどこか?」に関する、アンケート調査を実施した。

 このアンケート結果によると、532名が、「現在、行くのを避けている」と回答し、1121名が、「今後、行くのを避ける」と回答していた。

グラフ1)米国で、コロナウイルスの感染が、広がったときに、米国のインターネット・ユーザは、どこに行くのを避けるか?

行くのを避ける場所          現在避けている これから避ける

公共の移動手段(電車やバスなど)   49.3%      73.1%
海外旅行                   47.4%      68.2%
ショッピング・センター            47.2%      74.6%
映画館                    41.9%      66.6%
医療センター・病院             38.9%      50.6%
コミュニティ・センター            35.5%      56.9%
レストランや喫茶店やバー         35.3%      60.5%
普通の店舗                 32.7%      52.7%
スポーツ・イベント              32.0%      58.8%
他の娯楽施設                21.6%      40.7%
学校・大学                  21.1%      39.3%
自分の職場                 11.1%      17.0%
その他                     2.4%       1.4%

 ソース:Coresight Research、2020年2月28日

デル株式会社

ウェアラブル・デバイスの出荷台数は、2019年4Qに、1億1890万台に達する。(1)'20.03.16

【ウェアラブル・デバイスの出荷台数は、2019年4Qに、1億1890万台に達する。(1)】'20.03.16

 IDCによると、ウェアラブル・デバイスの出荷台数は、2019年4Qに、1億1890万台に達し、2019年の1年間に、3億3650万台に達するという。2020年3月10日

 By IDC

 IDC Worldwide Quarterly Wearable Device Trackerのデータによると、2019年4Qにおける、ウェアラブル・デバイスの、世界の出荷台数は、前年同期から、82.3%増加し、1億1890万台に達したという。

 ウェアラブル・デバイスの出荷台数は、2019年に、3憶3650万台に達した。

 ウェアラブル・デバイスの出荷台数が、大きく増加し、「ヒアラブル・デバイス」が、広く使われるようになり、ウェアラブル市場における、出荷台数の、55.3%を占めるようになった。

 2019年4Qに、出荷台数が、2桁増加した、ウェアラブル・デバイスの分野は、スマート・ウォッチ(1年間に、出荷台数が、15.3%増加)と、リストバンド(1年間に、出荷台数が、17,7%増加)である。

 2019年4Qに、「リストバンド」は、ウェアラブル・デバイスの出荷台数の合計の、43.8%を占めた。

 ちなみに、昨年のホリデー・シーズンに、「リストバンド」は、ウェアラブル・デバイスの出荷台数の合計の、69.6%を占めていた。

 2019年4Qにおける、「リストウェア」の出荷台数のシェアは、前年同期から、減少したが、リストウェアの出荷台数は、前年同期から、16.3%増加していた。

 2019年の1年間に、世界のウェアラブル・デバイスのベンダは、前年よりも、89.0%増加し、合計で、3億3650万台のウェアラブル・デバイスを出荷している。

 ちなみに、2018年の1年間に、世界のウェアラブル・デバイスのベンダは、合計で、1億7800万台のウェアラブル・デバイスを出荷していた。

 ウェアラブル・ベンダのハイライト

・Appleは、Beats製品と共に、改善された、AirPods、AirPods Pro、および、Apple Watchが、好調だったので、2019年4Qに、出荷台数は、4340万台になった。

 しかし、2019年4Qに、Apple Watchの出荷台数は、前年同期から、5.2%減少していた。

・Xiamiは、2019年4Qにおける、世界のウェアラブル・デバイスの出荷台数は、1280万台であり、その内の、73.3%を占めていたのは、リストバンド(出荷台数は940万台)であった。

     (続く)

デル株式会社

Microsoftが、教育市場向けに、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPCを紹介する。(2)'20.03.16

【Microsoftが、教育市場向けに、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPCを紹介する。(2)】'20.03.16

 Microsoftが、教育市場向けに、4G LTEをサポートした、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPCを紹介する。2020年1月16日

 By Mary Jo Foley、zdnet

 2020年の夏に開催される、Bett UK教育コンファレンスで、Microsoftは、教育市場向けに、4G LTEをサポートした、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPCを紹介する計画である。

 Microsoftは、米国の特定の学区に、4G LTE移動通信ネットワークを提供する、T-Mobileとパートナーを組み、教育市場向けに、4G LTEをサポートした、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPCを提供することを計画している。

 Microsoftは、特に、教育市場向けに構築し、価格設定し、4G LTEをサポートした、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、最新のWindows 10ベースのPC(2モデル)、 「JP.IK Turn T101」と「Positivo Wise N1212S」を、2020年の夏に発売する予定である。

Dt1a_20200316103501     (続く)

 これらのPC、「JP.IK Turn T101」と「Positivo Wise N1212S」は、両方ともARMアーキテクチャのプロセッサを搭載しており、Microsoftの教育ポートフォリオの、Windows 10ベースのPCになる。

Dt1b_20200316103601

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Microsoftの教育ポートフォリオの、Windows 10ベースの、他のPCには、「Microsoft Surface Pro X」、「Samsung Galaxy Book S」、「Maibenben Xioamai X228」、「Lenovo C630 Yoga」、「Samsung Galaxy Book 2」、「Huawei Matebook E」がある。

 Microsoftは、また、教育市場向けに、移動通信ネットワークをサポートしていない、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPCの提供も、引き続き促していく。

 Acer、Dell、HP、Lenovoの、教育市場向けのPC(一部は199ドルから)には、PCが充電され、インターネットに接続されているかどうかを示すための、新しいインジケーターライト、アップデートされたプロセッサ、より大型のスクリーン画面、ペン・ガレージなどが、搭載されている。

 Microsoftは、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、「Windows 10 S」ベースのラップトップ、「Surface Go」を、2018年の夏に紹介していた。

 Microsoftは、2020年に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、「Windows 10 S」ベースのラップトップ、「Surface Go 2」を紹介するようだ。

 Microsoftは、また、Chromebookの潜在的な競合ベンダとして、今後登場する、「Windows 10X」オペレーティング・システムや、Windows 10Xを採用する、3rdパーティのWindowsベースのPCについても、まだ、詳細を話していない。

 MicrosoftとOEMパートナーは、2020年に、「Windows 10X」を搭載した、最初の、フォルダブルなスクリーン画面を持つ、デュアル・スクリーン・デバイスを発売することを、計画している。

 最終的に、Microsoftは、「Windows 10X」を、通常のクライムシェルPCで、利用できるようにすることが期待されている。

Dt11a_20200316144201


 「Windows 10X」は、よりシンプルな、ユーザ・インタフェース(UI)を備えており、学校向けのラップトップを、より魅力的にすることができる。

 「Windows 10X」を採用し、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Microsoftの「Surface Neo」の、より手頃な価格の、教育市場向け、フォルダブルなスクリーン画面を持つ、ラップトップが、現れるのだろうか?

 Microsoftは、「Windows 10X」または、「Windows 10」を搭載した、ラップトップで、教師や生徒が、プレゼンテーション・ツールの「PowerPoint Live」や、Streamビデオ・サービスや、ビデオを制作するためのツール、「Flipgrid Camera」、「Edge」ブラウザ、「OneNote Live Captions」といった、アプリを利用できるようにするようだ。

<コメント> 

 教育分野向けの、2-in1のラップトップには、主に、5つの選択肢があるようだ。

1)手頃な価格の、ARMプロセッサを搭載した、「Chrome OS」ベースのラップトップ、Chromebook(「Android」用のアプリも利用できる)

2)4G LTEをサポートしていない、手頃な価格の、x86プロセッサを搭載した、「Windows 10 S」ベースのラップトップ

3)4G LTEをサポートした、手頃な価格の、ARMプロセッサを搭載した、「Windows 10 S」ベースのラップトップ

4)4G LTEをサポートした、ミッドレンジから、ハイエンドの、x86プロセッサを搭載した、「Windows 10」ベースのラップトップ、または、「Windows 10X」ベースの、フォルダブルなラップトップ

5)Appleの、macOSベースのラップトップ、MacBook

デル株式会社

Microsoftが、教育市場向けに、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPCを紹介する。(1)'20.03.16

【Microsoftが、教育市場向けに、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPCを紹介する。(1)】'20.03.16

 Microsoftが、教育市場向けに、4G LTEをサポートした、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPCを紹介する。2020年1月16日

 By Mary Jo Foley、zdnet

 Bett UK教育コンファレンスで、Microsoftは、教育市場向けに、4G LTEをサポートした、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPCを紹介する計画である。

 Microsoftは、米国の特定の学区に、4G LTE移動通信ネットワークを提供する、T-Mobileとパートナーを組み、教育市場向けに、4G LTEをサポートした、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのPCを提供することを計画している。

 また、Microsoftは、Bett UK教育コンファレンスで、一般的なモバイル・ユーザだけでなく、ブロードバンドのインターネット接続基盤が整備されていない地域のユーザにも、4G LTEをサポートした、Windows 10ベースのPCの利点があることも紹介する。

 Microsoftは、特に、教育市場向けに構築し、価格設定し、4G LTEをサポートした、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、最新のWindows 10ベースのPC(2モデル)、 「JP.IK Turn T101」と「Positivo Wise N1212S」を、2020年の夏に発売すると発表した。

Dt1a_20200316103501

 4G LTEのパケットの利用料金が、光ファイバー・ネットワークの利用料金よりも、安く、ネットワークの性能も、一般的なWindowsアプリ、Webサービス、コンテンツなどを、ストレスなく利用できれば、一般的なユーザも、Wi-Fi環境が整備されていない家庭でも、手頃な価格で、Windows 10ベースのPCを、4G LTE通信ネットワークを介して、インターネットに接続し、利用できるようになる。

 Microsoftは、4G LTEをサポートし、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、最新のWindows 10ベースのPC(2モデル)、 「JP.IK Turn T101」(基本価格が299ドル)と、「Positivo Wise N1212S」(基本価格が575ドル)を、2020年の夏に、特に、教育市場向けに発売する。

Dt1b_20200316103601


 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、これらのWindows 10ベースのPCには、次のような、利点と欠点がある。

<利点>

・x86アーキテクチャのプロセッサを搭載したPCよりも、低消費電力である。

・軽くて、コンパクトであり、携帯性もある。

・4G LTEモデムが内臓されており、どこでも、インターネットに接続できる。

・比較的、手頃な価格で、販売される(「JP.IK Turn T101:基本価格が299ドル」と、「Positivo Wise N1212S:基本価格が575ドル」)

・タッチ操作も可能で、スタイラスペンもサポートしている。

<欠点>

・x86アーキテクチャのプロセッサ用の、32ビットWindowsアプリを、エミュレータで、実行することもあり、同し価格帯のx86アーキテクチャのプロセッサを搭載したPCよりも、比較的、処理性能が低く、互換性の課題もある。

・アプリの開発者は、x86アーキテクチャのプロセッサ用の、64ビットWindowsアプリは、再コンパイルして、ARMアーキテクチャのプロセッサ用の、ネーティブな、64ビットWindowsアプリにして、動作の確認テストを実施する必要がある。

   (続く)

デル株式会社

2020年3月15日 (日)

IDCによると、世界のサーバ市場の売上が、2019年の4Qに、7.5%増加するという。'20.03.15

【IDCによると、世界のサーバ市場の売上が、2019年の4Qに、7.5%増加するという。】'20.03.15

 IDCによると、世界のサーバの売上が、前年同期から、7.5%増加して、2019年4Qに、254万ドルになったという。2020年3月12日

 By IDC

 世界のサーバの出荷台数は、2019年4Qに、前年同期から、14.0%増加し、340万台に達した。

 サーバのカテゴリでは、

・ボリューム・サーバの売上は、前年同期から、12.1%増加して、197億ドルに達した。

・ミッドレンジ・サーバの売上は、前年同期から、14.1%減少し、33億ドルになった。

・ハイエンド・システムの売上は、前年同期から、8.9%増加し、24億ドルになった。

 サーバ市場は、2019年4Qに、超大規模なデータセンターにおける、需要が増えると共に、非x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの売上が増加し、ODM直のベンダの利益が上がった。

 2019年4Qにおける、世界のサーバの売上の、1位は、統計的タイの、HPEとDellであり、HPEの売上シェアは、16.3%で、Dellの売上シェアは、15.7%であった。

 ただし、2019年4Qにおける、HPEの、世界のサーバの売上は、前年同期から、3.4%減少し、Dellの、世界のサーバの売上は、前年同期から、9.9%減少していた。

 2019年4Qにおける、世界のサーバの売上の3位は、IBMであり、IBMの売上シェアは、9.1%になり、売上は、前年同期から、17.6%増加した。

 2019年4Qにおける、世界のサーバの売上の4位は、Inspurであり、前年同期から、売上を12.1%増加させ、6.8%の売上シェアを獲得した。

 LenovoとHuaweiは、統計的タイで、世界のサーバの売上で5位になり、売上シェアは、それぞれ、5.6%と5.1%になった。

 2019年4Qにおける、Lenovoの売上は、前年同期から、2.6%減少し、Huaweiの売上は、前年同期から、1.8%増加した。

 ベンダのODM直のグループの売上は、サーバの売上の合計の、25.5%を占め、前年同期から、37.9%増加し、64億7000万ドルになった。

 Dellは、2019年4Qにおける、世界のサーバの出荷台数のシェアで、16.1%を占めた。

表1)世界のサーバ・ベンダの売上の、トップ5ベンダの、売上,売上シェア、年間増加率

2019年4Qにおける、世界のサーバ・ベンダの売上(単位100万ドル)

サーバ・   2019年4Q 2019年4Q  2018年4Q 2018年4Q  年間
ベンダ      売上    シェア    売上    シェア    増加率

HPE      $4,137.2   16.3%   $4,281.0   18.2%    -3.4%

Dell       $3,986.6   15.7%   $4,426.4   18.8%    -9.9%

IBM      $2,295.2    9.1%   $1,951.0   8.3%    17.6%

Inspur     $1,736.1    6.8%   $1,548.8    6.6%    12.1%

Lenovo     $1,417.6    5.6%   $1,455.8    6.2%   -2.6%

Huawei     $1,284.5    5.1%   $1,262.3    5.4%    1.8%

ODM直      $6,470.9    25.5%   $4,693.3   19.9%   37.9%

その他     $4,023.7     15.9%     $3,963.9    16.8%     1.5%

合計     $25,351.9   100,0%    $23,582.4    100.0%    7.5%

ソース:IDC Worldwide Quarterly Server Tracker、2020年3月12日

表2)世界のサーバ・ベンダの売上の、トップ5ベンダの、売上シェア、年間増加率

 2019年4Qにおける、世界のサーバ・ベンダの出荷台数

サーバ・   2019年4Q  2019年4Q  2018年4Q  2018年4Q  年間
ベンダ    出荷台数    シェア     売上    シェア    増加率

Dell     549,488    16.1%    580,579   19.4%     -5.4%

HPE     507,228    14.9%     484,668   16.2%     4.7%

Inspur      270,567     8.0%    247,600    8.3%      9.3%

Lenovo    233,896     6.9%    190,721    6.4%     22.6%

Huawei    216,734     6.4%    211,618    7.1%     2.4%

ODM直    1,054,743    31.0%     689,394   23.1%    53.0%

その他    570,667    16.8%     582,070   19.5%    -2.0%

合計    3,403,323    100%     2,986,651   100%    14.0%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Server Tracker、2020年3月12日

 トップ・サーバ市場

 2019年4Qにおける、サーバの売上の増加率は、地理的には、カナダ、ラテンアメリカ、および、米国が、それぞれ、19.3%、19.0%、および、15.5%であった。

 2019年4Qにおける、サーバの売上の増加率は、日本が5.2%で、アジア/パシフィック(日本を除く)が、4.2%であった。

 中国は、2019年4Qに、サーバの売上は、アジア/パシフィック(日本を除く)(APeJ)で、6.7%増加した。

 ヨーロッパ、中東&アフリカ(EMEA)は、サーバの売上が、前年同期から、5.2%減少した。

 x86サーバにより、生まれる、売上は、2019年4Qに、6.3%増加して、224億ドルになった。

 非x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの売上は、2019年4Qに、前年同期から、17.7%増加した。

デル株式会社

折り畳み式のデバイスは、技術の未来である。(2)'20.03.15

【折り畳み式のデバイスは、技術の未来である。(2)】'20.03.15

 ユーザは、それぞれ、パーソナル・デバイスに対する、明確なイメージを持っているだろう。2020年3月14日


Dt0a_20200315115001


 By Shubham Agarwal、digital trends

 スマートフォン、タブレット、ラップトップ、スマートTVといった、一般的な、パーソナル・デバイスのイメージを作り上げてきたのは、メーカであるが、消費者は、それぞれの、パーソナル・デバイスに関して、明確なイメージを持っているだろう。

 この1年間に、新しい種類の、折り畳み可能な、パーソナル・デバイスが、いくつかのメーカから、提案されてきた。

 例えば、折り畳むことのできる、柔軟なディスプレイ技術は、過去10年間業界を支配してきた、デザインとは異なる、フォームファクターを可能にした。

 折り畳み可能なデバイスの、フォームファクターを標準化することで、ベンダ間や世代間で、部品を交換できるようになる。

   (続き)

 折り畳み可能な、スクリーン画面は、スマートフォンやタブレットだけではなく、ラップトップにも、採用されている。

 CES 2020で、Lenovoは、世界初の、折り畳み可能な、Windowsベースのラップトップ、「ThinkPad X1」を紹介した。

 このWindowsベースのラップトップ「ThinkPad X1」は、書籍のような小さなケースに折り畳むことのできる、本格的な、13.3インチのスクリーン画面を備えており、携帯性に優れたデザインになっている。

 一般的に、折り畳み可能な、スクリーン画面を持つ、「スマートフォン」にもなる、「タブレット」には、Googleの「Android」オペレーティング・システムが、搭載されている。

 例えば、Samsungの「Galaxy Fold」のような、折り畳み可能な、スクリーン画面を持ち、「スマートフォン」にもなる、フォルダブルな「タブレット」は、「スマートフォンとタブレット」の両方を利用しがちな、「Android」文化のユーザ向けである。

 これに対し、折り畳み可能な、スクリーン画面を持つ、「タブレット」にもなる、「ラップトップ」には、通常、Microsoftの「Windows 10」、あるいは、将来、提供される予定の、デュアル・スクリーン画面やフォルダブルなスクリーン画面を持つ、デバイス向けのOSである、Microsoftの「Windows 10X」が搭載される。

Dt0b_20200315115201


 例えば、Lenovoの「ThinkPad X1 Fold」のような、折り畳み可能な、スクリーン画面を持ち、「タブレット」にもなる、フォルダブルな「ラップトップ」は、「タブレットとラップトップ」の両方を利用しがちな、Windows文化のユーザ向けである。

 Windows 10を搭載した、Lenovoの「ThinkPad X1 Fold」ラップトップには、モニタのように支えて、外部キーボードを接続したいときのための、「キックスタンド」さえ、用意されている。

 Lenovoの「ThinkPad X1 Fold」ラップトップは、半分に折り畳むと、スマートフォン画面の一部が、ワイドな「仮想タッチ・キーボード」になる。

 または、必要に応じて、適切な「物理キーボード」を、この仮想タッチ・キーボード上に配置することもできる。

 Lenovoは、「ThinkPad X1 Fold」ラップトップのスクリーン画面を、より便利な角度に配置するための、イーゼル・スタイルのスタンドのオプションも計画している。

 Microsoftの、フォルダブルな、デュアル・スクリーン・デバイスへの取り組みには、は、スマートフォンの「Surface Duo」や、ラップトップの「Surface Neo」がある。

 スマートフォンの「Surface Duo」には、Andoid OSが搭載され、Android文化のユーザ向けデバイスになる。

Dt0c_20200315165701


 ラップトップの「Surface Neo」には、「Windows 10」ではなく、デュアル・スクリーン・デバイス向けの、「Windows 10X」が搭載され、デュアル・スクリーン・モードに、簡単に切り替えることができるようになる、このようなデバイスに合った、ユーザ経験が提供される。

 2020年は、「フォルダブルなスクリーン画面を持つ、デバイスの時代」が始まるかも知れない。

 例えば、エレクトロニクス・メーカのSamsunは、2011年から、(例えば、スクリーン画面を、折り畳んだり、丸めたりできる)「フォルダブルなスクリーン画面を持つ、デバイス」の構築を模索していた。

 柔軟で、フォルダブルなスクリーン画面は、スマートフォン、タブレット、ラップトップ、モニタ、ホワイトボード、TV、店舗などのディスプレイや掲示板など、さまざまなデバイスに、応用することができる。

 今後、数年間で、さまざまなメーカが、フォルダブルなスクリーン画面を応用した、デバイスの構築に取り組み、これにより、デバイスがより洗練され、信頼性が高まるにつれて、フォームファクターが標準化され、価格が下がることが期待される。

 フォルダブルなスクリーン画面を持つ、これらのスマート・デバイスに合った、オペレーティング・システムも、(Windowsユーザ向けには、Windows 10Xか、Windows 10、Androidユーザ向けには、Android、Appleユーザ向けには、iOSに)なるのだろうか?

デル株式会社

折り畳み式のデバイスは、技術の未来である。(1)'20.03.15

【折り畳み式のデバイスは、技術の未来である。(1)】'20.03.15

 ユーザは、それぞれ、パーソナル・デバイスに対する、明確なイメージを持っているだろう。2020年3月14日

Dt0a_20200315115001

 By Shubham Agarwal、digital trends

 スマートフォン、タブレット、ラップトップ、スマートTVといった、一般的な、パーソナル・デバイスのイメージを作り上げてきたのは、メーカであるが、消費者は、それぞれ、パーソナル・デバイスに関して、明確なイメージを持っているだろう。

 この1年間に、新しい種類の、折り畳み可能な、パーソナル・デバイスが、いくつかのメーカから、提案されてきた。

 例えば、折り畳むことのできる、柔軟なディスプレイ技術は、過去10年間業界を支配してきた、デザインとは異なる、フォームファクターを可能にした。

 折り畳み可能なデバイスの、フォームファクターを標準化することで、ベンダ間や世代間で、部品を交換できるようになる。

 しかし、発表された、折り畳み可能な、ディスプレイやデバイスには、デザインや耐久性といった問題が発生し、発売が、延期されていた。

 例えば、Samsungの折り畳み可能なタブレット、Galaxy Foldは、業界のジャーナリストから、ディスプレイのデザインと耐久性の問題が、指摘されていた。

 Motorolaの折り畳み可能なスマートフォン、Motorola Razrのプラスチック製スクリーンは、その層の1つが剥がれ、ヒンジが壊れているかのように、きしむ音がすることで、有名である。

 Samsungの2番目の折り畳み可能なスマートフォン、Galaxy Z Flipでさえ、YouTuberの1人から、ディスプレイの耐久性の問題を指摘されいた。

 これらの失敗により、多くのユーザは、折り畳み式技術の耐久性と、折り畳み可能なデバイスが、自分たちのニーズを満たしているかどうかに、疑問を投げかけている。

 フォルダブル・デバイスの技術は、次の10年を形成する、より汎用性の高い、パーソナル・コンピューティングを可能にする。

 筆者は、フォルダブル・デバイスは、さまざまな形態(スマートフォン、タブレット、テント、クラムシェル、スタンド)での、デバイスの利用を可能にし、ユーザが、さまざまな目的に、最も適した形態で、デバイスを利用できるようにすると考えている。

Dt0b_20200315115201


 これを理解するために、折り畳み可能な、タブレットとスマートフォンの例を見てみよう。

 Samsungの「Galaxy Fold」と、最新のHuaweiの「Mate Xs」は、スマートフォンのサイズに合わせて折り畳むことのできる、タブレットである。

 Motorolaの「Razr」とGalaxyの「Z Flip」は、ポケットに入れやすい、コンパクトな形に折り畳むことのできる、大画面のスマートフォン(ファブレット)である。

 TCLの最新のコンセプトは、スマートフォンから、ミニタブレットへ、スクリーン画面を展開できるようにする、3つ折りの方法を提示している。

   (続く)

デル株式会社

2020年3月14日 (土)

次世代のGoogle Assistant 2.0デジタル・アシスタントについて、知る必要のあること '20.03.14

【次世代のGoogle Assistantデジタル・アシスタントについて、知る必要のあること】'20.03.14

 次世代のGoogle Assistantデジタル・アシスタントは、英語で、米国と、他の5ヵ国で、利用できるようになる。2019年12月13日

Dt0a_20200314203101

 By JASON ENGLAND、androidcentra

 次世代のGoogle Assistant 2.0を利用できる国には、米国、オーストラリア、カナダ、シンガポール、英国、および、アイルランドがある。

 Googleは、次世代のAssistant 2.0デジタル・アシスタントを、軽量化して、スマートフォンで、ローカルに実行することにより、10倍高速に実行できるようにする。

 2019年5月に、Googleは、新しい次世代のAssistant 2.0デジタル・アシスタントを発表した。

 この次世代のGoogle Assistant 2.0デジタル・アシスタントの、主な利点は、新たなユーザ経験をもたらす、実行速度の向上である。

 Googleは、アルゴリズムを改善することで、新しい次世代のAssistant 2.0のサイズを、100GBから、たった500MBに、1/200に圧縮させ、クラウドで実行させる代わりに、スマートフォンで、実行できるようにした。

 Googleは、新しい次世代のAssistant 2.0デジタル・アシスタントをスマートフォンで、ローカルに実行できるようにすることで、以前よりも、10倍高速に実行できるようにした。

 「Google Assistant 2.0の紹介」ビデオ

 残念なことに、次世代のAssistant 2.0は、当初、英語しか喋らず、米国でしか、利用できない。

 ただし、近い将来、次世代Assistant 2.0は、より多くの国で、広く利用できるようになる。

 Google Assistanコミュニティのマネージャーの投稿したブログによると、次世代Assistant 2.0は、英語版しかなく、米国だけでなく、オーストラリア、カナダ、アイルランド、シンガポール、英国で、2019年12月に、利用できるようになる。

 次世代のAssistant 2.0デジタル・アシスタントは、Pixel 4スマートフォンでしか、利用できないし、現時点では、G Suiteのアカウントをサポートしていない。

Dt0b_20200314205301


 将来的に、Googleは、次世代版の、Google Assistant 2.0デジタル・アシスタントを、より多くの国、より多くのスマートフォンへ、および、G Suiteアカウントをサポートした、より多くの言語で、提供すると共に、軽量化して、スマートフォンで、ローカルに実行することで、10倍高速に実行できるようにする。

デル株式会社

Googleの4足ロボットは、2時間で、自分で、歩き方を学習した。(2)'20.03.14

【Googleの4足ロボットは、2時間で、自分で、歩き方を学習した。(2)】'20.03.14

 Googleの4足ロボットは、2時間で、誰の助けも借りず、自分で、歩き方を覚えた。2020年3月5日

 By Luke Dormehl、digital trends

 小鹿が、生まれた後に、自分の力で、立ち上げリ、歩くことを覚えた、Walt Disneyの映画「バンビ」のシーンを、思い出して欲しい。

 他の実録映画で、豚やキリンから、小鹿まで、生まれたばかりの、さまざまな動物が、数分間以内に、立ち上がり、歩けるようになるのを見たことがあるだろう。

 生まれた後の、最初の数時間で、これらの動物は、自分たちの動きを、完全に、制御できるようになるまで、運動能力を、自分で学習する。

 これに対し、人間は、生まれてから、7カ月ぐらいで、物をつかむことを学習し、1年以上かけて、歩くことを覚える。

 Googleの研究者により、実施された、新たな研究において、Minitaurロボットが、技術者の助けを借りて、4つ足で、歩くことを学習する実験が行われた。

Dt5g


      (続き)

 2013年に、Googleにより、買収された、人工知能ベンダ「DeepMind」は、クラシックなAtariのビデオ・ゲームを、ロボットが、人間のようにプレーする方法を、学習するのを紹介する、レポートをリリースした。

 ビデオ・ゲームのシミュレーションは、しばしば、他のロボットの研究者により、使用されている。

 このビデオ・ゲームのシミュレーションは、ロボットが、仮想世界において、ビデオ・ゲームのプレイ方法を学習できるようにするので、理論的には、理にかなっている。

 このビデオ・ゲームのプレイ方法を学習する、ロボットの例は、人間が、運転シミュレータで、車の運転を学習する方法に似ている。

 確かに、運転シミュレータは、運転の訓練者が、実際の車にダメージを与えたり、何かにぶつかったりすることなく、安全に、車の操作方法を、手早く、学習できるようにしている。

 しかし、車の運転シミュレータは、初期の訓練者が、車の基本的な操作方法や、交通ルールを、学習することができるが、車の運転スキルを、訓練するのには、向いていない。

 運転シミュレータで、実際に、車の運転スキルを訓練できるよう、実世界と、同じ感じ方で、運転できるよう、実世界をモデル化するのは、かなり難しいことであり、そのような、運転シュミレータを、実現させることは、不可能に近い。

 Googleの研究者は、より少ない試行回数で、ロボットが、実世界において、より迅速に学習できるようにする、改善されたアルゴリズムの開発を開始していた。

 2018年に公開された、以前のGoogleの研究に基づいて、作成された、アルゴリズムを採用した、「Minitaur」と呼ばれる、4足ロボットは、わずか数時間で、歩くことを学習できたという。

 これまで、多くの、自己学習、または、強化学習アルゴリズムが、シミュレーションで実証されているが、実際の、歩行ロボットに、これらのアルゴリズムを適用することは、極めて困難であることが分かっていた。

 第1に、強化学習アルゴリズムは、大量のデータを必要とし、歩行ロボットのデータの収集し、分析するには費用がかかることである。

 第2に、ロボットを訓練させるには、誰かが、ロボットを監視するのに、多くの時間を費やす必要があることである。

 実際、人間が、ロボットを監視し、ロボットが、つまずくたびに、手動でリセットする必要があったので、さまざまな環境での、ロボットの訓練には、多くの労力と、時間がかかっていた。

 改善されたアルゴリズムを採用した、「Minitaur」と呼ばれる、4足ロボットを使った、この研究は、より迅速に、さまざまな地形に適応できる、より機敏な探査ロボットを作成するのに役立つ時が来るだろう。

 「Googleの4足ロボットの紹介」ビデオ

 ただし、Googleによると、歩行ロボットの実験は、まだ初期段階にあり、克服すべき、多くの課題があるという。

デル株式会社

3つの変革技術が、2020年に、最も大きな影響を与えるだろう。(5)'20.03.14

【3つの変革技術が、2020年に、最も大きな影響を与えるだろう。(5)】'20.03.14

 2020年も、IT業界において、技術革新が続けられ、世界に、大きな影響を与えるだろう。2019年12月31日

 By Jeremy Kaplan、digital trends

 次の3つの分野が、今後1年間で、技術的に、世界で最も期待されるだろう。

・「モノのインターネット(IoT)」

・「人工知能(AI)」(例えば、音声対応デジタル・アシスタントや、顔認証など)

・「5G移動通信システムや、5G対応デバイス」

 今後1年間で、これらのトレンドの組み合わせが、本当に、力を解き放つだろう。

 筆者らは、Samsung、Qualcomm、LG、Huaweiなどの最大手の技術メーカから、「5G + AI + IoT」という、キャッチフレーズを、何度も耳にしている。

 2020年に見られるものについての、筆者の見解を、以下に示す。

   (続き)

3)第5世代(5G)移動通信システム

Dt2d_20200314112401


 2020年には、先進諸国で、5G移動通信システムが展開されるのだろうか?

 ARMアーキテクチャのプロセッサ・チップを作成し、供給している、Qualcommは、5Gの必要性を認識し、業界における、5G + AI + IoTの展開を促している。

 2019年に、AT&T、T-Mobile、Sprint、および、Verizonが、5Gの展開を開始した。

 舞台裏では、ハイテク・ベンダが、5Gを活用した、実際のアプリを構築している。

 2020年に、米国全土に、5G移動通信システムが、大規模に展開され、モバイル・ユーザに、利便性がもたらされ、さまざまなIoT対応デバイスや車載システムなどで、広く利用され始めることが期待される。

 Qualcommなどから、5Gモデムを組み込んだ、ARMアーキテクチャの、比較的低価格のプロセッサ・チップセットが提供されるようになったので、デバイス・メーカは、より手頃な価格の、5Gをサポートした、スマートフォンやIoT対応デバイスなどを作成できるようになった。

 5Gモデムを組み込んだ、Qualcommの「Snapdragon 865」プロセッサ・チップが、供給されることで、2020年には、プレミアム・スマートフォンの殆どが、5Gをサポートするようになるだろう。

 また、5G移動通信システムが、整備されることで、高速なインターネット接続を、どこでも利用できるようになり、世界のさまざまなIoT対応デバイス(各種センサー、計測機器)や、モバイル・デバイスなどにより、生成される、膨大な量のデータを、クラウド・ベースのビッグデータ&分析に、高速に、転送し、処理して、応答を返すことができるようになる。

 このように、5Gで、IoT対応デバイスやモバイル・デバイスは、高速なインターネットを介して、相互に接続され、相互に連携できるようになり、情報を高速に転送できるようになり、クラウド・サービスを、高レスポンスで、利用できるようになる。

 アプリは、IoT対応デバイスや、モバイル・デバイス上ではなく、データセンターのクラウド・コンピューティング処理基盤上で実行され、クラウド・ストレージなどと共に、モバイル・デバイスや、IoT対応デバイスなどから、利用できるようになるので、モバイル・デバイスや、IoT対応デバイスには、従来ほど、コンピューティング処理性能や、ストレージ容量が、不要になる。

 このように、IoT対応デバイス、モバイル・デバイス、車載システムなどが、AI技術や、他のソフトウェア技術を、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」として、高速レスポンスで、利用できるようにするために、情報を高速に移動できる、5Gが必要になる。

 ただし、車載システムのように、リアルタイムな、高速レスポンスが要求される、システムでは、各種センサーで得られる、膨大なデータを、クラウドに転送するには、遅延が発生するので、ネットワークやクラウドの負荷を緩和する、「エッジ・コンピューティング」にも、期待が集まっており、「クラウド・コンピューティング」と「エッジ・コンピューティング」の間で、負荷に応じて、最適化されるようになるのかも知れない。

デル株式会社

3つの変革技術が、2020年に、最も大きな影響を与えるだろう。(4)'20.03.14

【3つの変革技術が、2020年に、最も大きな影響を与えるだろう。(4)】'20.03.12

 2020年も、IT業界において、技術革新が続けられ、世界に、大きな影響を与えるだろう。2019年12月31日

 By Jeremy Kaplan、digital trends

 次の3つの分野が、今後1年間で、技術的に、世界で最も期待されるだろう。

・「モノのインターネット(IoT)」

・「人工知能(AI)」(例えば、音声対応デジタル・アシスタントや、顔認証など)

・「5G移動通信システムや、5G対応デバイス」

 今後1年間で、これらのトレンドの組み合わせが、本当に、力を解き放つだろう。

 筆者らは、Samsung、Qualcomm、LG、Huaweiなどの最大手の技術メーカから、「5G + AI + IoT」という、キャッチフレーズを、何度も耳にしている。

 2020年に見られるものについての、筆者の見解を、以下に示す。

    (続き)

2)AI+音声で、よりスマートになる。(2)

 Googleは、2019年5月に、音声対応デジタル・アシスタントのアップグレード版である、Google Assistant 2.0をリリースした。

 Google Assistantデジタル・アシスタントは、3つの複雑なアルゴリズムを使用して、ユーザが言っていることを理解し、予測したり、要求に対応したり、できるようになるようだ。

 ただし、Googleによると、これには、100GBのデータ・ストレージと、ARMアーキテクチャの「Cortex A」クラスの、より高速なプロセッサが必要になるという。

 Googleは、クラウド・サービスの深層学習を使用して、これらのアルゴリズム・モデルを、500MBにまで、縮小する計画を発表したが、これには、高速なインターネット接続環境が、必要になるようだ。

 Googleも、Google Assistantデジタル・アシスタントを、さらに改善し、あらゆるスマート・デバイスに、クラウド・ベースのGoogle Assistantを組み込むことが、期待されている。

 2番目の改善点は、機能にある。

 GoogleとAmazonの両方共、「聴覚能力」に、多くの時間とエネルギーを注ぎ込み、音声コマンドだけではないものを、デジタル・アシスタントに聞こえるようにした。

 これには、足音、ガラスが割れる音、水が落ちる音、水が流れる音、犬の遠吠え、鳥の鳴き声などがあり、これらのデジタル・アシスタントは、さまざまな音を、記憶しているようだ。

 AmazonとGoogleは、ホーム・セキュリティ分野の本当の変革の先駆けになる、Alexa GuardとNest Secureを提供する。

 「Alexa Guard」は、Amazon Echoスピーカが、自宅を安全に保ってくれる機能であり、「Nest Secure」は、Google Homeスピーカが、自宅を安全に保ってくれる機能である。

 例えば、警報機の音などを特定したり、監視カメラと連携し、留守中に、人の動きを検出したり、ドアや窓が開けられたりすると、ユーザに通知してくれるような機能である。

 これは、多くの分野、特に、スマート・ホームやホーム・セキュリティに大きな影響を与えるだろう。

    (続く)

デル株式会社

2020年3月13日 (金)

Windows 10Xとは何だろう?20.03,13

【Windows 10Xとは何だろう?】'20.03,13

 Windows 10Xとは何だろう?(ユーザが、知る必要のあることを、簡単に紹介する)2020年2月21日

By Leah Williams、lifehacker

Dt4a_20200313211801

   
 Windows 10Xは、新しいWindowsオペレーティング・システムであるが、まったく新しいオペレーティング・システム(OS)という訳ではない。

 Windows 10Xは、これから提供される予定の、デュアル・スクリーン・デバイスや、フォルダブル・デバイス向けに開発された、OSであり、Windows 10の合理化された版である。

 2019年10月に発表された、Windows 10Xは、2020年のホリデー・シーズンに発売される予定のデュアル・スクリーン・デバイスや、フォルダブル・デバイス向けに開発された、OSである。

 「Windows 10Xの紹介」ビデオ

 Twitter上にリークされた、Microsoftのドキュメントには、Windows 10とWindows 10Xの差異が、簡単に説明されている。

 Windows 10とWindows 10Xの差異は何だろう?

 Windows 10とWindows 10Xの、主な差異は、ユーザ・インタフェースのようだ。

 Windows 10を合理化した、Windows 10Xは、デュアル・スクリーン・デバイス、または、フォルダブル・デバイス用に設計されているので、アイコンの位置や、全体的なスクリーン画面のデザインに、大きな違いがある。

Dt4b_20200313211901


 Windows 10では、ユーザは、スクリーン画面の下部に、タスクバーが表示され、タスクバーの上には、空白のデスクトップが表示される。

 ユーザが、利用できる、アプリの、より包括的なリストを持つ、タスクバーは、スクリーン画面の、左側に表示される。

Dt4c_20200313212201

 Windows 10Xにおいて、タスクバーは、必要に応じて、タスクバーを引き上げることのできる、「レバー」を持つ、スクリーン画面の左側にある。

 現在、Windows 10Xにおいて、好みのWebサイトや、好みのアプリが、推奨ファイルと共に、左側のタスクバーに表示され、スクリーン画面の右側は、他のタスク用に解放される。

 Windows 10Xは、必要だろうか?

 オンラインに投稿された、Microsoftのドキュメントによると、Windows 10Xは、他ベンダの、フォルダブルな、デュアル・スクリーン画面を持つ、ラップトップにも搭載される予定だという。

 しかし、Microsoftが、公式に、詳細を発表するまで、筆者らは、この新しいオペレーティング・システム(OS)、Windows 10Xについて、それ以上のことは、分からない。

 デュアル・スクリーン・デバイス、あるいは、フォルダブル・デバイスを購入する計画がないユーザは、Windows 10Xを必要としないだろう。

 事実、デュアル・スクリーン・デバイスや、フォルダブル・デバイスには、Windows 10Xが、プレインストールされて出荷されるだろう。

 Windows 10Xについて、詳細を知りたいならば、正式なアップデートが出るまで待とう。

デル株式会社

Amazonは、小売業者に、自動チェックアウト・ソリューションを販売する。(2)'20.03.13

【Amazonは、小売業者に、自動チェックアウト・ソリューションを販売する。(2)】'20.03.13

 Amazonは、他の小売業者に、自動チェックアウト・ソリューションを販売する。2020年3月9日

Dt4b_20200313113101

 By Jeffrey Dastin、Reuters

 Amazonは、同社のレジ係りがいない、コンビニ店を構築するための、自動チェックアウト技術を、他の小売業者に販売すると、Reutersに語った。

 世界の最大のオンライン小売業者である、Amazonは、他の小売業者と、自動チェックアウト・ソリューションを提供することで、契約を交わしたが、顧客の小売業者の名前は、発表していない。

 新たなAmazonのWebサイトで、Amazonは、「Just Walk Out」技術と呼ばれる、このAmazonの自動チェックウト技術やサービスに関して、他の小売業者に説明している。

Dt4a_20200313113201


 他の小売業者は、商品のパッケージの配達を支援するための倉庫や、オンライン販売するための、Webサイトをサポートする、クラウド技術といった、内部的な能力を構築するために、Amazonの戦略を反映する。

   (続き)

 ただし、Amazonの「Just Walk Out」と呼ばれる、自動チェックアウト・ソリューションに対する、小売業者の需要は、まだ少ない。

 Amazon以外には、GrabangoやAiFiといった、ベンダが、小売業者に、自動チェックアウト・ソリューションを提供している。

 メディアの報道によると、Amazonは、「Walmart」や「Target」といった、最大手の小売業者ではなく、空港のキオスクなどの店舗に対し、同社の自動チェックアウト・ソリューションを導入して貰うための、交渉を進めているという。

 Amazonの副社長、Dilip Kumar氏によると、この自動チェックアウト・ソリューションの、ビジネス・モデルや価格について、コメントすることを控えており、このソリューションの多くの部分は、特注だという。

 この自動チェックアウト・ソリューションにおいて、発生する可能性のある問題の1つは、買い物客の個人データの扱いである。

 買い物客の個人データは、小売業者の、マーケティングに使用されたり、顧客の満足度や、忠誠心を向上させるために、使用される。

 この「Just Walk Out」と呼ばれる、自動チェックアウト・ソリューションにおいて、例えば、キオスクで商品を購入した、買い物客は、Amazonから、メールで、領収書を受け取ることができる。

 e-コマース業務を代行している、Amazonは、小売業者に関係なく、「Just Walk Out」ソリューションを導入した店舗で、クレジット・カードが使用されるたびに、買い物客のメール・アドレスに、領収書を送信する。

 Amazonの副社長、Dilip Kumar氏によると、Amazonは、買い物客のメール・アドレスなどの情報を保存し、それをクレジット・カード情報と結び付けるが、e-コマース業務だけに使用し、他の目的に、買い物客の情報を使用することはないという。

 Kumar氏は、Amazonが、「Just Walk Out」ソリューションを、小売業者のロイヤルティ・プログラムに、どのように統合するかに関しては、明言しておらず、「Just Walk Out」ソリューションを導入する、小売業者をサポートする以外の目的で、このソリューションで得られる、買い物客の情報を使用することはないと述べた。

デル株式会社

2020年3月12日 (木)

Googleの4足ロボットは、2時間で、自分で、歩き方を学習した。(1)'20.03.12

【Googleの4足ロボットは、2時間で、自分で、歩き方を学習した。(1)】'20.03.12

 Googleの4足ロボットは、2時間で、誰の助けも借りず、自分で、歩き方を覚えた。2020年3月5日

Dt13b_20200312211601

 By Luke Dormehl、digital trends

 小鹿が、生まれた後に、自分の力で、立ち上げリ、歩くことを覚えた、Walt Disneyの映画「バンビ」のシーンを、思い出して欲しい。

 他の実録映画で、豚やキリンから、小鹿まで、生まれたばかりの、さまざまな動物が、数分間以内に、立ち上がり、歩けるようになるのを見たことがあるだろう。

 生まれた後の、最初の数時間で、これらの動物は、自分たちの動きを、完全に、制御できるようになるまで、運動能力を、自分で学習する。

 これに対し、人間は、生まれてから、7カ月ぐらいで、物をつかむことを学習し、1年以上かけて、歩くことを覚える。

 Googleの研究者により、実施された、新たな研究において、Minitaurロボットが、技術者の助けを借りて、4つ足で、歩くことを学習する実験が行われた。

 この4足ロボットは、前後に歩き、左右に曲がる方法を、学習するために、目標指向の人工知能(AI)技術を使用していた。

 Googleによると、この4足ロボットは、平らな地面、柔らかいマットレス、および、隙間のある玄関マットを含む、異なった地形の上を、歩く方法を学習することに成功した。

 この4足ロボットは、舗装されていない道路や、人間が歩くように設計されている場所を、うまく歩けるよう、学習し、移動できるようになった。

 探査ロボットは、複雑な実世界の環境や、さまざまな地形を、移動できるようになる必要があるので、自分で、歩いて、移動する方法を学習できることが、重要である。

 Googleの研究者は、同社の学習システムを使用すると、例えば、4足の探査ロボットが、さまざまな地形を、歩く方法を、うまく学習できることを披露した。

 この探査ロボットが、歩く方法を、自分で学習できるようにする、プロジェクトが、開発している技術は、深層強化学習技術と呼ばれている。

 この探査ロボットは、思考錯誤で、さまざまな地形を、歩く方法を学習するために、深層学習への、特定のアプローチを取っている。

 2013年に、Googleが買収した、人工知能ベンダ「DeepMind」は、クラシックなAtariのビデオ・ゲームを、ロボットが、人間のようにプレーする方法を、学習するのを紹介する、レポートをリリースした。

 ビデオ・ゲームのシミュレーションは、しばしば、ロボットの研究者により、使用される。

 このビデオ・ゲームのシミュレーションは、ロボットが、仮想世界において、自分たちのマシンを訓練できるようにするので、理論的には、完全に理にかなっている。

 このゲームのプレイ方法を学習する、ロボットの例と同様に、運転シミュレータで、運転を学習する方法に似ている。

 この運転シミュレータは、ドライバーが、安全で、車にダメージを与えないように、より手早く、学習できるようにする。

 ユーザは、より手早く、運転のレッスンを受けるために、待つ必要なく、運転方法を学ぶことができるようになる。

   (続く)

 

3つの変革技術が、2020年に、最も大きな影響を与えるだろう。(3)'20.03.12

【3つの変革技術が、2020年に、最も大きな影響を与えるだろう。(3)】'20.03.12

 2020年も、IT業界において、技術革新が続けられ、世界に、大きな影響を与えるだろう。2019年12月31日

 By Jeremy Kaplan、digital trends

 次の3つの分野が、今後1年間で、技術的に、世界で最も期待されるだろう。

・「モノのインターネット(IoT)」

・「人工知能(AI)」(例えば、音声対応デジタル・アシスタントや、顔認証など)

・「5G移動通信システムや、5G対応デバイス」

 今後1年間で、これらのトレンドの組み合わせが、本当に、力を解き放つだろう。

筆者らは、Samsung、Qualcomm、LG、Huaweiなどの最大手の技術メーカから、「5G + AI + IoT」という、キャッチフレーズを、何度も耳にしている。

 2020年に見られるものについての、筆者の見解を、以下に示す。

   (続き)

3)AI+音声で、よりスマートになる。(1)

 AIは、メーカにより製造される、あらゆるアプライアンスに組み込まれ、気候の変動を、より適切に理解したり、がんを検出したりするなど、さまざまな生活を根本的に変革する。

 しかし、一般のユーザにとって、AIの顔は、実際には、音声(自然言語)になるだろう。

 ユーザは、スマート・スピーカ、スマート・ディスプレイ、スマートフォン、タブレット、PC、車載インフォテイメント・システムなどに搭載された、AmazonのAlexaや、Google Assistantといった、音声対応デジタル・アシスタントと会話することにより、知りたいことを尋ねたり、やって欲しいことを依頼したり、最新のニュースをチェックしたり、できるようになる。

 傾向として、スマート・スピーカやスマート・ディスプレイの利用方法は、平凡であり、音楽を再生したり、ビデオを見たり、幼児を楽しまたりするために、使用されがちである。

 これに対し、タブレットやスマートフォンのユーザは、読んでみたい電子書籍や雑誌を見つけて、読書するだけでなく、音楽を聴いたり、ビデオを見たり、さまざまなことに、音声対応デジタル・アシスタントを利用しがちである。

 また、車載インフォテイメント・システムのユーザは、音声コマンドで、カーナビを利用したり、音楽やニュースなどを聞いたりしがちである。

 2020年には、Amazonは、Alexaデジタル・アシスタントを、よりスマートにすると共に、より多くの種類のデバイスで、利用できるようにしていくようだ。

Dt2a_20200312113101


 Amazonによると、以前は、このようなスマート・デバイスには、少なくとも100MBのRAMと、ARMアーキテクチャの「Cortex A」クラスのプロセッサが必要だったという。

 しかし、現在、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントの、より多くの機能が、AWSのクラウド環境で実行され、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」として、提供されるようになり、より高速なインターネット接続環境が整備されてきたので、このようなデバイスの、AWS IoT Core用のAlexa Voice Service統合の要件は、1MBになり、ARMアーキテクチャの、より安価な「Cortex-M」プロセッサで充分になった。

 Amazonによると、これにより、ユーザは、スマート・スピーカなどを介さず、音声コマンドを使用して、さまざまなスマート・デバイス(例えば、電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機など)で、直接、特定のAlexaスキルを実行できるようになるという。

Dt1b_20200312113201

  (続く)

デル株式会社

2020年3月11日 (水)

Amazonは、小売業者に、自動チェックアウト・ソリューションを販売する。(1)'20.03.11

【Amazonは、小売業者に、自動チェックアウト・ソリューションを販売する。(1)】'20.03.11

 Amazonは、他の小売業者に、自動チェックアウト・ソリューションを販売する。2020年3月9日

 By Jeffrey Dastin、Reuters

 Amazonは、同社のレジ係りがいない、コンビニ店を構築するための、自動チェックアウト技術を、他の小売業者に販売すると、Reutersに語った。

 世界の最大のオンライン小売業者である、Amazonは、他の小売業者と、自動チェックアウト・ソリューションを提供することで、契約を交わしたが、顧客の小売業者の名前は、発表していない。

 新たなAmazonのWebサイトは、「Just Walk Out Tecnology」と呼ばれる、このAmazonの自動チェックウト技術やサービスに関して説明するために、他の小売業者を招待する。

Dt4b_20200311210001


 他の小売業者は、商品のパッケージの配達を支援するための倉庫や、オンライン販売するための、Webサイトをサポートする、クラウド技術といった、内部的な能力を構築するために、Amazonの戦略を反映する。

 Amazonのコンビニ・チェーン店の、「Amazon Go」は、チェックアウト・ラインのない、ショッピングを主流にした。

 米国で、最も一般的な職業の1つである、レジ係のいない、小売店の市場規模は、500億ドルに成長する可能性があると、米国のベンチャー企業の、Loup Venturesは、見積もっている。

Dt4c_20200311210201


 「Amazon Go」コンビニ店の、自動チェックアウト・ソリューションは、買い物客が、店舗に入るための、ゲートの改札口に、スマートフォンをかざす。

 「Amazon Goの自動チェックアウト・サービスの紹介」ビデオ

 他の小売店のゲートには、「Just Walk Out technology by Amazon」のロゴが表示されるが、他のブランディングは、このAmazonのソリューションを使用する、小売店により、制御される。

 他の小売店のゲートには、スマートフォンをかざす、「Amazon Go」コンビニ店とは異なり、買い物客が、店舗に入るための、ゲートの改札口に、クレジットカードを挿入する。

 「Amazonが、他の小売店に提供する、自動チェックアウト・サービスの紹介」ビデオ

 このような、レジのない店舗に入った、買い物客により、店の棚から取り出された、商品は、買い物客の仮想カートに追加されるようだ。

 この店舗は、買い物客が、商品を持って、店舗を離れると、その顧客のクレジットカードに請求する。

 この店舗には、バーコード・スキャナーも、チェックアウト・ラインもなく、レジ係りもいない。

 Kumar氏によると、Amazonは、店舗の天井に監視カメラを設置し、店舗の棚に、重さなどのセンサーを取り付けてあるという。

 これらの監視カメラやセンサーが、新たに設置されたか、後付けされた、店舗の自動チェックアウト・ソリューション、「Just Walk Out technology」は、Amazonにより、24時間年中無休で提供され、サポートされる。

 この店舗の自動チェックアウト・ソリューションの副産物は、このソリューションで使用される、Amazon Web Services(AWS)のクラウド・サービスの利用が増え、AWSの売上が上がることである。

   (続く)

デル株式会社

3つの変革技術が、2020年に、最も大きな影響を与えるだろう。(2)'20.03.11

【3つの変革技術が、2020年に、最も大きな影響を与えるだろう。(2)】'20.03.11

 2020年も、IT業界において、技術革新が続けられ、世界に、大きな影響を与えるだろう。2019年12月31日

 By Jeremy Kaplan、digital trends

 次の3つの分野が、今後1年間で、技術的に、世界で最も期待されるだろう。

・「モノのインターネット(IoT)」

・「人工知能(AI)」(例えば、音声対応デジタル・アシスタントや、顔認証など)

・「5G移動通信システムや、5G対応デバイス」

 今後1年間で、これらのトレンドの組み合わせが、本当に、力を解き放つだろう。

 筆者らは、Samsung、Qualcomm、LG、Huaweiなどの最大手の技術メーカから、「5G + AI + IoT」という、キャッチフレーズを、何度も耳にしている。

 2020年に見られるものについての、筆者の見解を、以下に示す。

   (続き)

2)人工知能(AI)

Dt1a_20200311171801


 一般的なユーザにとって、AIの顔は、実際には、Amazon Alexa、あるいは、Goole Assistantといった、代表的な、音声対応のデジタル・アシスタントである。

 紙の地図の時代から、現在の対話型のデジタル地図の時代への、進歩を考えてみよう。

 現在では、例えば、スマートフォンなど用の、Googleマップや、車載インフォテイメント・システムのカーナビ用の地図などが、利用されている。

 しかし、現在、および、将来のカーナビの地図が、真の力を発揮するのは、複数の車載インフォテイメント・システムのカーナビ用の地図が、ネットワーク化されたときだろう。

 何100万台もの、車載インフォテイメント・システムのカーナビ用の、「Waze」といった、地図アプリ同士が、インターネットを介して連携し、スピード違反のトラップや、現在、発生している事故を特定したり、渋滞している場所を迂回したり、できるようになる。

 さらに、都市計画者や連邦政府が、すべての情報に、データ分析を適用し始めると、驚くべきことが起こる可能性がある。

 「Waze」のクラッシュ・データと、状態データセットを組み合わせることで、車の衝突を予測できるようになる。

 また、車載インフォテイメント・システムから得られる、データのおかげで、速度制限と衝突の関係を、よりよく理解できるようになる。

 2020年には、これらの大まかなIoT駆動の洞察が、さらに見られることが期待される。

    (続く)

デル株式会社

3つの変革技術が、2020年に、最も大きな影響を与えるだろう。(1)'20.03.11

【3つの変革技術が、2020年に、最も大きな影響を与えるだろう。(1)】'20.03.11

 2020年も、IT業界において、技術革新が続けられ、世界に、大きな影響を与えるだろう。2019年12月31日

 By Jeremy Kaplan、digital trends

 次の3つの分野が、今後1年間で、技術的に、世界で最も期待されるだろう。

・「モノのインターネット(IoT)」

・「人工知能(AI)」(例えば、音声対応デジタル・アシスタントや、顔認証など)

・「5G移動通信システムや、5G対応デバイス」

 今後1年間で、これらのトレンドの組み合わせが、本当に、力を解き放つだろう。

筆者らは、Samsung、Qualcomm、LG、Huaweiなどの最大手の技術メーカから、「5G + AI + IoT」という、キャッチフレーズを、何度も耳にしている。

 2020年に見られるものについての、筆者の見解を、以下に示す。

1)「モノのインターネット(IoT)」

Dt2b_20200311145301

 「モノのインターネット(IoT)」は、家庭用の監視カメラ、煙探知器、ドアロックといった、スマート・ホーム対応デバイスを、インターネットに、オンライン接続し、相互に会話したり、相互連携したり、できるようにする。

 例えば、スマート・ホーム分野では、監視カメラやドアロックといった、スマート・ホーム対応デバイスが、ユーザのスマートフォンの、音声対応デジタル・アシスタント、Amazon AlexaやGoogle Assistantと、会話し、相互連携できるようになる。

 スマート・ホームだけでなく、スマート・シティ、スマート・ビル、コネクティッド・カーなどで使用される、スマート・デバイスが、2025年までに、合計、1000億台以上、インターネットに接続されるようになることが予想される。

 しかし、今後1年間で、IoTの夢が実現することは、ほとんどないだろう。

 2020年に、ユーザは、スマート・ドアベル、スマート・スプリンクラー、スマート・トースターといった、スマート・ホーム・デバイスを、遠隔アクセスできるようになり、スマートフォンを使用して、制御したり、より多くのことが、できるようになるだろう。

 これらの技術は、以前よりも、優れているが、革新が、そこで止まることはないだろう。

 IoTデバイスの「ステップ2」は、ネットワーク化だろう。

 インターネットで、相互接続された、スマート・ホーム・デバイスの、ビジョンを考えてみよう。

 例えば、インターネットに接続された、「スマート煙探知機」は、煙、CO、CO2、温度などを検査し、基準を超えると、ユーザのスマートフォンなどに、警告メッセージを送ることができるようになる。

 「スマート煙探知器」は、煙やCOや熱を検知すると、例えば、音で警告するだけでなく、例えば、オーブンや炉の電源を切ったり、部屋の電源を切ったり、ユーザのスマートフォンなどに、警告メッセージを送ったり、消防署に電話したり、できるようになるようだ。

 筆者は、自分たちの暮らしにおける、問題を修正したり、暮らしを、より便利で、快適にしたりする、スマート・ホーム・システムを望んでいる。

 2020年は、IoT変革の「フェーズ3」と呼ばれるものに、大きな進歩をもたらすだろう。

 また、AIを使用して、これらのIoT対応デバイスから、収集される、膨大な量のデータを分析し、意味のある方法で活用できるようになる。

   (続く)

デル株式会社

2020年3月10日 (火)

Lenovoの最初の5G対応のノートブックは、PCの新時代のパイオニアである。'20.03.10

【Lenovoの最初の5G対応のノートブックは、PCの新時代のパイオニアである。】'20.03.10

 LenovoのYoga 4Gノートブックは、バッテリー寿命が長く、薄くて、軽く、コンパクトである。2020年2月27日

 By Rob Enderle、eWEEK

 4G LTEをサポートした、LenovoのYoga 4Gノートブックは、バッテリー寿命が長く、薄くて、軽く、コンパクトであるが、間もなく、5Gをサポートするようになる。2020年2月27日

Dt0a_20200311083901

 LenovoのYoga 4Gノートブックは、バッテリー寿命が長く、軽くて、携帯性に優れているが、間もなく、5Gをサポートするようになる。

1)Lenovo Yoga 5Gノートブック

 Qualcommは、今月、Lenovo Yogaノートブックに搭載される、ARMアーキテクチャのプロセッサを、5G移動通信システムをサポートできるよう、アップデートしたことを発表していた。

 5Gは、4Gから、帯域幅、セキュリティ、および、信頼性を改善し、ケーブルや、固定電話を使用した、インターネット・サービス・プロバイダのユーザが、インターネット接続サービスを、5Gに切り替える、機会を提供する。

 最終的に、5Gは、光ファイバーを使用した、インターネット接続サービスと同等の、アップロードとダウンロードのスピードを提供できるようになるようだ。

 QualcommとMicrosoftが、共同で作成した、「常時、インターネットに接続されるPC」と呼ばれる、サービスやソリューションを作成し、インターネット接続サービスを提供できるようにし、5G技術は、LenovoのYogaのような、ノートブックを、モバイル・ユーザが、利用できるようにする。

 Lenovoは、Qualcommの、ARMアーキテクチャの、新たな、より高性能なプロセッサを搭載した、5G対応ノートブックを提供する、最初のベンダになる。

Dt0b_20200311091901


 Lenovoは、5G対応ノートブック、Yoga 5Gを、数週間後に、出荷する予定である。

 筆者は、これまで、Lenovoの4G対応ノートブック、Yoga 4Gを使用しており、筆者の友人の、アナリストも、主なノートブックとして、4G対応ノートブックを使用していた。

 しかし、4G対応ノートブックは、帯域幅が狭く、遅延も多いので、移動通信ネットワーク性能が制限されていた。

 これに対し、5G対応ノートブックは、バッテリーの寿命が長く、遅延も少なく、軽くて、コンパクトで、携帯性にも、優れている。

 Lenovoの、5G対応ノートブック、Yoga 5Gは、ネットワーク性能、グラフィクス性能、および、コンピューティング処理性能が向上したので、ポータブルな、ワークステーション、あるいは、ゲーム用のノートブックとしても、利用できるようになる。

 どのようなユーザが、この新しい、5G対応ノートブックを使用すべきだろうか?

 5G対応ノートブックは、ユーザが、アクセスできる、5G移動通信サービスがなければ、あまり意味がない。

 Qualcomによると、5G移動通信サービスを提供する、ネットワーク・サービス・プロバイダは、50社以上になるという。

 また、2020年の春には、45社以上の、スマートフォン・ベンダが、5G対応のスマートフォンを出荷するようだ。

 Qualcomによると、50社以上の、ネットワーク・サービス・プロバイダは、5Gで、4Gの帯域幅を使用できるようになるという。

 例えば、楽天は、積極的に、OpenRAN仮想クラウド・ネーティブな、5Gソリューションを展開する。

 楽天は、わずか130人で、Sprintの規模の移動通信ネットワークを、短期間で展開し、高速な移動通信サービスを提供するようだ。

 このように、展開スピードの利点で、楽天のような、新たなベンダが、5G市場に参入できるようになる。

 これは、5Gが、業界のゲーム・チェンジャーになる可能性があることを示している。

 5Gが、ノートブックにもたらすものは、極めて高い、帯域幅を持ち、より低遅延で、インターネットに接続する能力である。

 これにより、5G対応ノートブックは、アプリをローカルで実行するのと同じぐらいの速度で、アプリをクラウドで実行できるようになる。

 ローカルでアプリを実行するように、クラウドでアプリを実行する、この利点は、5G対応ノートブックが、モバイル・ユーザに、理想的であることを意味する。

 5G対応ノートブックは、よりポータブルな、ノートブックを望む、ユーザに適しており、ユーザは、コンピュータ支援設計(CAD)、画像エディター、あるいは、Triple-Aゲーム・オフといった、アプリを実行できるようになる。

 これらのWebサービスに、アクセスすることは、PCを、オンにするのと、同じぐらい、容易になるだろう。

 薄くて、軽く、コンパクトな、5G対応ノートブックは、常に、高速な、5G移動通信システムに接続して、「常時、高速なインターネットに接続される」ので、モバイル・ユーザに、適している。

「常時、高速なインターネットに接続される」ノートブックは、クラウドで、アプリを実行できる、クラウド・デスクトップの未来を予測している。

 ユーザは、このLenovo Yoga 5Gノートブックを、価値のある、ものにする、3種類のコンポーネントを必要にしている。

 ユーザは、Lenovo Yoga 5Gノートブックを、高速な5G移動通信ネットワークで、インターネットに接続し、アプリを、ラップトップではなく、遅延することなく、クラウドで、実行できるようになる。

 これには、クラウド・サービスが、従来よりも、遥かに使いやすく、高速にアプリを実行できるという要件を満足させる必要がある。

 5Gを利用できる地域にいる、ユーザにとって、このLenovo Yoga 5Gノートブックは、最良なモバイル・デバイスになるだろう。

 今後、5年間で、通常のユーザも、5Gを利用するようになるだろうが、2020年に、一般的なユーザが、5Gに移行することはないだろう。

 一般的なユーザは、5G移動通信サービスが、より手頃な料金プランで利用できるようになったら、先進ユーザの評価や評判などを参考にして、自分の利用目的に最も適合した、5G対応ノートブックの購入を検討するとよいだろう。

 特に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、5G対応ノートブックの購入を検討している、ユーザは、先進ユーザの評価や評判や、携帯性だけでなく、自分の使いたいアプリが、性能や互換性の問題なく、利用できることを確認しよう。

デル株式会社

新しいGoogle Assistantデジタル・アシスタントに追加された機能により、インターネットが、1冊の巨大なオーディオ書籍に変わる。'20.03.10

【新しいGoogle Assistantデジタル・アシスタントに追加された機能により、インターネットが、1冊の巨大なオーディオ書籍に変わる。】'20.03.10

 Googleは、音声対応デジタル・アシスタントである、「Google Assistant」に、インターネットを1冊の巨大なオーディオ書籍に変える機能を追加したと発表した。2020年3月8日

 By Digital Trends

 「Google Assistant」デジタル・アシスタントの巨大なオーディオ書籍機能は、「Read It」と命名され、「Google、このページを読んで」というと、Webページを朗読してくれるようだ。

Dt1_20200310144501


 Webブラウザと、Androidスマートフォン用のアプリとして利用できる、「Read It」は、読み上げている、Webページを自動的にスクロールし、読み上げている単語を、強調表示する。

 ユーザは、読み取り速度を調整して、速くしたり、遅くしたりできる。

 また、ユーザは、表示されるボタンを使用して、読み取りを「一時停止」したり、テキストを前後に「スキップ」したりできる。

 Googleの、音声対応デジタル・アシスタント、「Google Assistant」に、「表現力豊かで自然な声でWebページを読み上げる機能」が、追加された。

 この機能は、人間がテキストを読み上げるときに使用する、イントネーションとリズムで、Webページを読み上げるので、ユーザは、自然な感じで、違和感なく、聴くことができるようだ。

 読み上げる、Webページ上のテキストが、ユーザの母国語ではない場合、ユーザは、「Read It」機能の翻訳メニューを使用して、希望の翻訳言語を選択できる。

 Google Assistantは、Webページを、読み上げる前に、テキストを自動的に翻訳するようだ。

 Googleは、Webサイトが、「Read It」を有効にするために、特別なコーディングを必要としないが、Webページの制作者は、「nopagereadaloud」タグを使用して、このオーディオ書籍機能、「Read It」をブロックすることができると付け加えた。

 一方、Webページの制作者は、Google Assistantの、Webページを読み上げる、新しいオーディオ書籍機能を、モバイル・アプリに統合することができる。

 フリーハンドで、Webページのニュースを、読み上げて貰うことができる。

 「Read It」は、車の運転中に、Webページで提供される、ニュースを聞いたり、キッチンで、料理中に、Webページのレシピを、読み上げたり、できるようにする。

 このGoogle Assistantデジタル・アシスタントに追加された、朗読機能は、視覚障害や読書障害のある人の役に立つことができる。

 「Google Assistantに、Webページを朗読する機能が追加された。」ビデオの紹介

 また、このGoogle Assistantデジタル・アシスタントに追加された、朗読機能は、ユーザが、音声でWebを検索し、見つけたWebサイトを、すべて読み見上げて貰うのに役立つ。

 Google Assistantデジタル・アシスタントの機能と組み合わせることで、ユーザは、「Read It」が読み上げる、声色やアクセントや抑揚などを変更できるようになる。

 例えば、シンガーソングライターのJohn LegendとHBOのInsecureのスターであるIssa Raeの声で、Webページを読み上げて貰うこともできる(ただし、John Legendの声は、2020年3月23日以降は、利用できなくなる)ようだ。

デル株式会社

Appleは、コロナウイルスの蔓延に伴い、シリコンバレーの従業員に、自宅で仕事をするよう要求している。'20.03.10

【Appleは、コロナウイルスの蔓延に伴い、シリコンバレーの従業員に、自宅で仕事をするよう要求している。】'20.03.10

 金曜日、Appleのシリコンバレー本社の従業員に、可能であれば、予防策として、在宅勤務をしてくれるよう、依頼したと、同社の広報担当者が、Reutersに伝えた。2020年3月7日

 By Reuters

 Appleの1万2000人の従業員がいる、Apple Parkキャンパスがある、サンタクララ郡の役人は、以前、郡内で、コロナウイルスの感染者が見つかった時に、大企業に、従業員が、在宅勤務するよう依頼すると共に、密接な接触を制限する、他の方法を見つけることを検討するよう依頼した。

 2020年3月5日、現在、サンタクララ郡内で、コロナウイルス感染の確定症例が、20件あったと、同郡の保健担当者は述べている。

 Appleは、また、シアトル地域の従業員にも、自宅で仕事をするよう求めている。

 Appleは、先月、中国での、コロナウイルスの感染拡散により、3月に終了する、第1四半期の収益目標を逃す、原因になると述べた。

デル株式会社

2020年3月 9日 (月)

Gartnerによると、中東や北アフリカにおける、IT支出が、2020年に、前年から、2.4%増加するという。'20.03.09

【Gartnerによると、中東や北アフリカにおける、IT支出が、2020年に、前年から、2.4%増加するという。】'20.03.09

 Gartnerは、中東と北アフリカにおける、ITへの支出は、2020年には、2.4%増加するという。2020年3月8日

 By Gartner

 エンタープライズ・ソフトウェアへの支出は、2020年に、最も速く、増加する見込みであるという。

 Gartnerによると、中東と北アフリカ(MENA)地域における、ITへの支出は、2020年に、前年から、2.4%増加して、合計で、1600億ドルになる見込みであるという。

 Gartnerによると、サウジアラビアの、Red Sea ProjectとNeom研究所は、IT支出に影響する、中東と北アフリカ(MENA)地域における、ビジネス活動を促しているという。

 2019年に、MENAの企業は、データセンター、デバイス、および、通信サービスに、あまり投資ししておらず、ITへの支出は、2.8%減少した。

 2020年に、MENAの企業は、自分たちのIT予算を、あらゆるセグメントで、増加させる見込みである。

表1)中東と北アフリカ(MENA)地域の、セグメントごとの、IT支出の予測(単位:10億ドル)

2019年の支出 2019年の増加率(%) 2020年の支出 2020年の増加率(%)

1)データセンターのシステム

2019年の支出 2019年の成長率 2020年の支出 2020年の成長率

  4,743       -3.9%       4,793       1.1%

2)エンタープライズ・ソフトウェア

2019年の支出 2019年の成長率 2020年の支出 2020年の成長率

  6,612        8.6%         7,425       12.3%

3)デバイス

2019年の支出 2019年の成長率 2020年の支出 2020年の成長率

  27,487     -10.4%       28,475        3.6%

4)ITサービス

2019年の支出 2019年の成長率 2020年の支出 2020年の成長率

 12,105       7.3%        13,125        8.4%

5)通信サービス

2019年の支出 2019年の成長率 2020年の支出 2020年の成長率

 105,551      -2.2%       106,420       0.8%

6)ITへの支出の合計

2019年の支出 2019年の成長率 2020年の支出 2020年の成長率

 156,499       -2.8%       160,239       2.4%

ソース:Gartner、2020年3月

 企業のデバイスへの支出は、2019年に、前年から2桁減少したのに対して、2020年には、3.6%の増加を達成するだろう。

 ソフトウェアへの企業の支出は、2020年に、2桁の増加を達成する見込みである。

 より多くの企業が、クラウド・ベースの製品と、サービスへ移行するので、この傾向は、次の3年間も、続くことが予想される。

 デジタル変革イニシアティブに、より多くのリソースと、IT予算を投資を続けるので、地方の企業間で、技術的なコンサルティングが、増加するだろう。

 2020年に、ITサービスへの支出は、前年から、8.4%増加して、合計で、131億ドルになることが期待されている。

 中東と北アフリカ(MENA)地域における、ITサービスへの支出は、世界で、最も高い、3地域である、中国、新興アジア・パシフィック、および、ラテン・アメリカに次いで、4位である。

 IT産業への投資の、より詳細な分析は、「IT Spending Forecast, 4Q19 Update: Emerging Technologies in 2020」という、補足的なウェビナーで、提供される。

デル株式会社

Facebookは、コロナウイルスのため、月曜日まで、ロンドンのオフィスを閉鎖するようだ。'20.03.09

【Facebookは、コロナウイルスのため、月曜日まで、ロンドンのオフィスを閉鎖する。】'20.03.09

Reu2a_20200309111801


 Facebookは、コロナウイルスのため、月曜日まで、ロンドンのオフィスを閉鎖するようだ。2020年3月7日

 by Sarah Young、reuters

 Facebookは、金曜日に、シンガポールから来た、従業員が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染していると診断された後、月曜日まで、ロンドンのオフィスを閉鎖すると発表した。

 「COVID-19に感染していると診断された、シンガポール事務所の従業員が、Facebookのロンドン事務所を訪問しました。」と、Facebookは、述べている。

 このため、深夜清掃するために、Facebookは、月曜日まで、ロンドンのオフィスを閉鎖し、それまで従業員は、自宅で働くようだ。

 Facebookは、また、シンガポール事務所の影響を受けた地域に住む、従業員に、3月13日まで、自宅で仕事をするよう助言した。

デル株式会社

2020年3月 8日 (日)

PCの世界市場は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、影響が与えられるだろう。'20.03.08

【PCの世界市場は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、影響が与えられるだろう。】'20.03.08

 IDCによると、PCの世界市場は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、影響が与えられるという。2020年2月27日

 By IDC

 IDCによると、2019年に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が発生したので、2020年の、PCの出荷台数が、予測よりも低くなるという。

 PCには、デスクトップ、ノートブック、ワークステーション、および、タブレットが含まれる。

 IDCのWorldwide Quarterly Personal Computing Device Trackerレポートの、新たな予測によると、PCの出荷台数は、2020年に、前年から、9.0%減少して、3億7420万台になる見込みだという。

 しかし、長期的な予測によると、2024年までの、5年間に、年間平均増加率(CAGR)、0.2%で増加し、2024年には、3億7720万台に増加するという。

 IDCのWorldwide Quarterly Personal Computing Device Trackerによると、2020年に、PC(デスクトップ、ノートブック、ワークステーション、および、タブレット)の出荷台数は、前年から、9.0%減少して、3億7420万台になるという。

 2020年における、PCの出荷台数の減少は、Windows 7を搭載していたPCの、Windows 10への移行が、ほぼ終了したことと、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の広がりが原因であった。

 結果として、IDCは、2020年1Q中に、PCの出荷台数が、前年同期から、8.2%減少する見込みだという。

 また、IDCは、2020年2Qに、PCの出荷台数が、前年同期から、12.7%減少すると予測している。

 2020年の後半に、PCの出荷台数は、予測台数よりも、増加する見込みである。

 2020年に、コロナウイルスの感染が、収まれば、IDCは、2021年には、PCの出荷台数が、増加することを期待している。

 また、2020年には、薄くて、軽く、携帯性のある、ノートブック、デタッチャブル・タブレット、および、コンバーチブル・ラップトップといった、モバイル・ユーザ向けのPCの出荷台数が増加する見込みである。

 2020年には、ゲーム用のPCと、4G LTEや5Gといった、移動体通信システムに対応した、モバイルPCやタブレットも、PCの出荷台数の増加に貢献する、見込みである。

表1)世界のPCの出荷台数、2020年の年間増加率、および、2021年の年間増加率

製品のカテゴリ、予測のバージョン、2020年の出荷台数、年間増加率、2021年の出荷台数

・従来のPC
                   2020年    2020年    2021年   2021年
予測のバージョン        出荷台数   増加率   出荷台数   増加率
2019年4Q-2020年2月      248.0     -7.1%     251.2     1.3%
2019年3Q-2019年11月      252.4    -4.6%     248.3     -1.6%

・タブレット

                    2020年    2020年   2021年    2021年
予測のバージョン        出荷台数   増加率   出荷台数   増加率
2019年4Q-2020年2月      126.2     -12.4%   125.4    -0.6%
2019年3Q-2019年11月      127.8     -10.8%   125.2    -2.0%

・PCデバイスの合計

                    2020年    2020年   2021年    2021年
予測のバージョン        出荷台数  増加率   出荷台数   増加率
2019年4Q-2020年2月     374.2    -9.0%    376.6     0.6%
2019年3Q-2019年11月     380.2    -6.8%    373.5    -1.8%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Personal Computing Device Tracker、2020年2月19日

表2)世界のPCの出荷台数、2020年の年間増加率、および、2021年の年間増加率

製品のカテゴリ  予測のバージョン 2020年の出荷台数 年間増加率 2021年の出荷台数

・従来のPC

                  2020年   2020年  2021年    2021年
予測のバージョン       出荷台数  増加率  出荷台数  増加率
2019年4Q-2020年2月    -6.4%   -10.3%    -6.4%    -5.6%
2019年3Q-2019年11月    -2.0%   -6.8%    -5.7%    -3.5%

・タブレット

                 2020年1Q  2020年2Q  2021年3Q  2021年4Q
予測のバージョン       出荷台数   増加率   出荷台数    増加率
2019年4Q-2020年2月     -11.8%   -17.5%   -15.0%     -6.6%
2019年3Q-2019年11月     -8.1%   -10.7%   -16.3%     -7.8%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Personal Computing Device Tracker、2020年2月19日

注)分類:

・従来のPCには、デスクトップ、ノートブック、および、ワークステーションが含まれる。

・タブレットには、スレート型のタブレットと、デタッチャブル型のタブレットが含まれる。

・2-in-1デバイスには、コンバーチブルPCと、デタッチャブル型のタブレットが含まれる。

 コンバーチブルPCは、従来のノートブックにも、スレート型にもなる、統合キーボードとディスプレイを装備した、ノートブックPCである。

 デタッチャブル型のタブレットは、スレート型のタブレットであり、このデバイス向けに、デザインされた、キーボードが添付されている。

 このレポートには、デスクトップ、ノートブック、デタッチャブル型タブレット、スレート型タブレット、および、ワークステーションへの、洞察やデータが含まれる。

デル株式会社

Microsoftは、インドネシアのデータセンターへの投資を望んでいるようだ。'20.03.08

【Microsoftは、インドネシアのデータセンターへの投資を望んでいるようだ。】'20.03.08

 インドネシアの大統領によると、Microsoftは、インドネシアのデータセンターへの投資を望んでいるという。2020年2月27日

 By Reuters

 インドネシアのJoko Widodo大統領によると、Microsoftは、間もなく、規制が変更される、インドネシアのデータセンターに投資することを望んでいるという。

 インドネシアのデジタル経済の規模は、東南アジアで、最も急速に成長しており、Google、シンガポールの国営投資家のTemasek Holdings、Bain & Companyのレポートによると、2025年までに、1,300億ドルに達すると予想されている。

 インドネシアのJoko Widodo大統領は、「一週間以内に、投資を支援し、促すための、新たな規制を決定する」と述べた。

 インドネシア政府は、デジタル時代の消費者データの保護を目的として、2020年1月に、議会に法案を提出したが、まだ承認されていない。

 Microsoftは、コメントの要求、すぐに対応しなかった。

デル株式会社

2020年3月 7日 (土)

ドローンが、日本の地下を飛んでいる。'20.03.07

【ドローンが、日本の地下を飛んでいる。】'20.03.07

 ドローンが、日本の地下を飛んでいる、理由を紹介する。2020年1月26日

 By Trevor Mogg、digitaltrends

 ドローンが、日本の地下鉄のトンネルの中を飛んでいる、理由を紹介する。

 通常、ドローンは、上空の高い所を飛行する、マシンだと考えられているが、日本では、地下を飛行している。

Dt8a_20200307212001


 東京の地下鉄ネットワークの殆どを運営している、東京メトロは、地下鉄のトンネルの状態を調べるために、ドローンの技術を使用していると、Japan Newsが、最近、報告した。

 地下鉄のトンネルの、さまざまな部分を保守するために、現在の状態を調べるのに、通常は、人が点検するために、保守点検車を使用したり、足場を組んだりしていたが、ドローンを使用すれば、容易に、地下鉄のトンネルの、さまざまな部分の状態を、ビデオ・カメラで撮影できるようになる。

 これにより、ドローンは、地下鉄のトンネルの各部分の映像を撮影して、オペレータに、ライブのビデオ・フィードを送信できるようになる。

 また、後で分析するために、ドローンは、撮影した、地下鉄のトンネルのさまざまな部分の、高解像度の静止画像を、オペレータに転送する。

 東京メトロの、保守点検ドローン

 リモコンで制御できる、地下鉄のトンネルの保守点検用に構築されたドローンは、狭い、地下鉄のトンネルの中を飛行するので、衝突などの衝撃から保護するために、22cmのプラスチックのかごに包まれている。

 「保守点検ドローンの紹介」ビデオ

 このドローンの重さは、2.5ポンド(約1.15kg)で、DJIのMavic 2 Proクワドコプターよりも、少し重い。

Dt8b_20200307212101


 このシステムのデモは、オペレータが、ドローンを巧みに、操縦し飛行させているのを紹介している。

 このドローンは、小さいので、構造的に壊れている部分や、水漏れといった、問題を探すためん、地下鉄のトンネルのコンクリートの隙間や、柱の間を、飛行することができる。

 地下鉄のトンネルの、視覚的な検査は、通常、人間の目視により、行われているが、これには、足場を組む必要があり、トンネルの、故障カ所や、水漏れなどを、ピンポイントで、見つける作業を、効率化するために、東京メトロは、このドローンを採用している。

 また、地下鉄のトンネルの、各部分を、近くから見ることで、より詳細な視覚的な検査を可能にするために、保守点検車を使用するには、昇降プラットフォームを展開する必要があるので、作業効率が悪いだけでなく、エネルギーを消費し、運用コストがかかる。

 このため、保守点検に、ドローンを使用すれば、従来の方法よりも、詳細なデータを収集できるようになり、さらに、運用コストを下げ、作業効率を向上させることも、可能になる。

 このドローンを使用すれば、より詳細なデータを、より短時間に、収集できるようになる。

 Japan Newsが、報告したように、東京メトロの、9路線の、121マイル(約195km)を、ドローンで、保守点検できるようにする予定であり、これは、9路線の地下鉄のトンネルの全長の、85%にあたる。

 このドローンは、現在、東京の地下鉄の路線の1つに使用されている。

 しかし、この東京メトロは、2020年の末までに、9路線の全線に、ドローンを配備し、地下鉄のトンネルの保守点検作業に利用する計画である。

 ドローンを、地下鉄のトンネルの保守点検の作業に展開することは、筆者から見ると、これまでにない、珍しい適応事例である。

 このドローンの利用方法は、技術が、どのように、作業の方法を変え、改善できるようになるかを示す、事例になるだろう。

デル株式会社

コロナウイルスの感染を防ぐために、学校が閉鎖されており、教育の、デジタルな未来が、ほのめかされている。(2)'20.03.07

【コロナウイルスの感染を防ぐために、学校が閉鎖されており、教育の、デジタルな未来が、ほのめかされている。(2)】'20.03.07

 現在、14ヵ国や、クルーズ船で、コロナウイルス感染の危機に関することが、話題になっており、このため、何ヵ国かで、学校が閉鎖されている。2020年3月5日

Dt14b
 By Maya Shwayder、digital trends

 香港政府は、コロナウイルスの感染を心配して、2020年1月に、香港のすべての学校を閉鎖し、2020年3月中旬まで、閉鎖を維持する意向を示した。


Dt6a_20200308084201


 2020年2月に、日本政府は、国内の学校を、1カ月間閉鎖すると述べた。

 APによると、2500以上のクラスを閉鎖した、イタリア政府は、10日間、全国のすべての学校を閉鎖すると発表した。

 コロナウイルスの感染の心配がなくなると、閉鎖された、学校のシステムは、再開され、教師や生徒の生活が、通常の生活に戻ることが期待されるが、影響を受けた生徒は、臨時的な休校を、楽しんでいる

 New York Timesのカラムニストは、コロナウイルスの「爆発的な感染の時代」は、世界中の国に、感染が広がっていく可能性があると述べている。

   (続き)

・Homeschooling 2.0

 リモートでの、デジタルなオンライン学習は、取り立てて新しいものではない。

 Khan Academyのようなプログラムは、10年以上に渡り、成人教育や企業教育で、人気が高まっている。

 しかし、感染の危機が、絶え間なく続くような、状況が現実になったら、オンラインのデジタル教室と、従来の物理的な教室を、絶えず切り換えて、成長する世代が、世界的に存在する可能性がある。

 これには、次の2点が、要求されるだろう。

 学校は、子供たちが、一貫したコンテンツを利用できることを、確実にする必要があるだろう。

 学校は、オンライン学習環境の一貫性を確保する必要があるだろう。

・タブレットを使用して、オンライン学習を受講する。

 2020年2月9日に、中国の山西省の運城で、コロナウイルスの感染者が発生したため、その地域の学校では、マルチメディアの、オンライン遠隔教育システムを使用して、家庭でのデジタル授業が、開始された。

 コロナウイルス感染の心配で、教室が閉鎖された、中国の学校では、認定された教師の指導の下で、生徒に、Khan Academyのような、3rdパーティの、オンライン学習コンテンツを、使用させているようだ。

Dt5c_20200308084401


 学校システムとカリキュラムが、遥かに集中されている、中央集権的な、中国のような国では、政府が大きな力を入れると、アナログの学習システムから、デジタルの学習システムへの切り替えが、容易になる可能性がある。

 しかし、米国の基盤は、中央集権的には機能せず、コロナウイルスをきっかけに、全国的な学校閉鎖は、ほとんど避けられないだろう。

 中国のように、中央集権的ではない、米国の教育システムには、家庭に、Wi-fi(無線ブロードバンド)環境と、ラップトップ(あるいは、タブレット)を所有していないような、低所得者の子供に対する、支援の問題がある。

 オンライン学習への、移行を容易にするために、学校ができることには、「教師が、どこからでもアクセスできる、学習記録システム、あるいは、学習管理システムを、デジタル化すること」と、オンライン学習システムや、ソーシアル・メディアなどを介して、教師、生徒、保護者間の、コミュニケーションを、円滑に維持することがある。

Dt14a_20200307164001


 Burton Paul氏は、ユーザは、インターネットで提供されている、医療的なアドバイスや情報が信頼できるかどうかを、真剣に考えるべきであり、情報の信頼性に関する、認定機関や認定機構が必要であると述べた。

 ヘルスケアの専門家、Burton Paul氏によると、コロナウイルスの感染の脅威をきっかけに、在宅勤務や、在宅学習の人気が高まっているという。

<コメント>

 家庭でも、授業が受けられる生徒や、家庭でも、仕事ができる職種のワーカが増え、毎日、学校や会社に行く、必要がなくなると、それに合った、クラウド・ベースの学習システムや、グループウェアのようなシステムが、さらに進歩するだろう。

 また、遠隔医療も、さらに進化し、普及していくのだろうが、在宅勤務で、ワーカは、運動不足にもなるので、家庭や地域でできる、運動方法も、進歩していくと思う。

デル株式会社

Windows 10Xに関して、知る必要のあること(5)'20.03.07

【Windows 10Xに関して、知る必要のあること(5)】'20.03.07

 Windows 10Xは、フォルダブルなPCの、新たな波になるだろう。2020年3月

Dt7e_20200307112001

 By Windows Central、Zac Bowden

 Windows 10Xに関して、筆者らが、知っていることを紹介する。

 Windows 10Xは、デュアル・スクリーンとシングル・スクリーンを持つ、フォルダブルPC向けに、ゼロから構築された、Windows 10の新版である。

 このWindows 10は、同じようなユーザ経験や、強化されたセキュリティを特徴にしており、従来のコンポネントもサポートする。

 これは、Windows Shellから、OSまでの、あらゆるものが、新しい技術で、再構築されていることを意味する。

 このWindows Shellは、ユーザが、必要とする従来のWindowsアプリを、利用できるようにする。

    (続き)

・動的な壁紙

 まだ公式には発表されていないが、Windows 10Xには、カスタマイズ・オプションとして、さまざまな要因で、コンテンツを変更する、「動的な壁紙」が、組み込まれているようだ。

 例えば、Windows 10Xには、実際の時間に基づいて表示される、朝、午後、夕方、および、夜のバリエーションがある、マウンテンビューの壁紙や、動的に表れる、雲の壁紙がある。

Dt7h


 Windows 10Xは、2020年後半に、発売される予定の、折り畳み可能なスクリーン画面を特徴にしている、Microsoftの「Surface Neo」ラップトップに搭載されるようだ。

Dt11a_20200307111801


 将来的には、Microsoftは、Windows 10Xを、スクリーン画面を折り畳むことのできる、PC以外にも、搭載できるようにするかも知れないが、当初は、Windows 10Xを使用する場合、Windows 10Xがプレインストールされた、新しいPCを購入する必要があるようだ。

デル株式会社

2020年3月 6日 (金)

コロナウイルスの感染を防ぐために、学校が閉鎖されており、教育の、デジタルな未来が、ほのめかされている。(1)'20.03.06

【コロナウイルスの感染を防ぐために、学校が閉鎖されており、教育の、デジタルな未来が、ほのめかされている。(1)】'20.03.06

 現在、14ヵ国や、クルーズ船で、コロナウイルスの危機に関することが、話題になっており、このため、何ヵ国かで、学校が閉鎖されている。2020年3月5日

 By Maya Shwayder、digitaltrends

 香港政府は、2020年1月に、コロナウイルスの感染を心配して、すべての学校を閉鎖し、2020年3月中旬まで、閉鎖を維持するだろう。

 2020年2月に、日本政府は、学校を、1カ月間閉鎖すると述べた。

 APによると、2500以上のクラスを閉鎖した、イタリア政府は、10日間、全国のすべての学校を閉鎖すると発表した。

 コロナウィルスの感染の心配がなくなると、閉鎖された、学校のシステムは、再開され、教師や生徒の生活が、通常の生活に戻ることが期待されるが、影響を受けた生徒は、臨時的な休校を、楽しんでいる

 New York Timesのカラムニストは、コロナウイルスの「爆発的な感染の時代」は、世界中の国に、感染が広がっていく可能性があると述べている。

 コロナウイルスの「爆発的な感染」で、社会的な閉鎖が、当たり前になり、例えば、学校のシステムは、通常のプログラムに、完全に戻ることは、できないかも知れない。

・コロナウイルス感染の心配で、中国の教室から、教師と生徒がいなくなった。

 中国広東省広州の、Guangzhou外国語学校の、教師は、2020年2月24日に、生徒と、オンライン教室で、クラス・ミーティングを開始した。

 コロナウイルス感染の心配のため、Guangzhouの、何校かが、閉鎖した教室を、オンラインのデジタル教室に移行した。


Dt4b_20200306211801

・中国のニュース・サービス

 北京を拠点にしている、オンライン教育会社、New Oriental Education & Technology Groupは、対話型のストリーミング・プラットフォームを提供する、Agora.ioと、パートナーを組み、オンラインのデジタル教室を可能にした。

Dt5c_20200313130201


 このパートナーは、約1週間、24時間無休で、作業した後、中国各地で、オンラインのデジタル教室向けの、対話型ストリーミング・プラットフォームを構築することができた。

 Agora.ioによると、このパートナーは、中国の100万人の生徒が、オンラインのデジタル教室で、授業を受けられるようにしたという。

 筆者は、このパートナーが、オンラインのデジタル教育システムで、教師や生徒が、コロナウィルス感染のような危機に、苦しまないようにしたことを確認できたことに興味を持った。

 このパートナーは、コロナウイルス感染の心配のために、現在、通常の生活や教育から、隔離されている、学生の生活に、新たな、オンラインのデジタル教室をもたらす。

 学生と教師は、互いに、および、クラスメイト同士が、オンラインのデジタル教室で、通常の教室で行うように、議論できるようになる。

 このパートナーは、コロナウイルスの感染の心配がなくなった後も、自分たちのオンラインのデジタル教室サービスのブラッシュアップを続けていく。

 実際に、このコロナウイルス感染の危機は、教育システムに、大きな影響を与えるが、オンラインのデジタル教室サービスは、危機の時代に、ビジネスを成長させる。

   (続く)

デル株式会社

Windows 10Xに関して、知る必要のあること(4)'20.03.06

【Windows 10Xに関して、知る必要のあること(4)】'20.03.06

 Windows 10Xは、フォルダブルなPCの、新たな波になるだろう。2020年3月

 By Windows Central、Zac Bowden

 Windows 10Xに関して、筆者らが、知っていることを紹介する。

 Windows 10Xは、デュアル・スクリーンとシングル・スクリーンを持つ、フォルダブルPC向けに、ゼロから構築された、Windows 10の新版である。

 このWindows 10は、同じようなユーザ経験や、強化されたセキュリティを特徴にしており、従来のコンポネントもサポートする。

 これは、Windows Shellから、OSまでの、あらゆるものが、新しい技術で、再構築されていることを意味する。

 このWindows Shellは、ユーザが、必要とする従来のWindowsアプリを、利用できるようにする。

   (続き)

・レガシー・アプリのサポート

Dt7f_20200306142401


 Windows 10Xは、最新のOSであるため、従来のWindowsアプリのサポートは、ユーザが、従来のWindowsアプリを実行したいと思うたびに、新しいコンテナー化モードを通して、行われる。

 これは、Windows 10Xが、従来のレガシーのWindowsアプリを実行していないとき、レガシー・コンポーネントによる、影響を受けないことを意味する。

 これにより、消費電力を低減させて、バッテリーの寿命を伸ばし、システム全体の性能を向上させる。

 従来のレガシーの「Windowsアプリ」とは異なり、最新の「ユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)アプリ」と「Webアプリ」は、Windows 10Xでネイティブに実行される。

 Microsoftは、従来のレガシーの「Windowsアプリ」と、新しい「UWPアプリ」や「Webアプリ」の性能に、顕著な違いがないことを実証することに、懸命に取り組んできた。

 それでも、他のレガシーの「Windowsアプリ(Win32アプリ)」が、実行されていない場合、レガシーの「Windowsアプリ」の起動時に、わずかな遅延が発生する可能性があるようだ。

 Microsoftによると、コンテナ化の仕組みにより、Windows 10Xプラットフォーム上で実行する、従来の32ビットの「Windowsアプリ(Win32アプリ)」は、サンドボックス化されるので、システム全体に影響を与えることはないという。

 これは、システム・ファイルに影響を与える、プログラムや、ハード・ドライブのパーティションは、使用できないことを意味する。

・改善された、Windowsアップデート

Dt7g_20200306142601


 また、Microsoftは、「Windowsアップデート」を、Windows 10Xで、遥かに高速になるよう、改善している。

 機能のアップデートは、アップデートが完了するまで、再起動を必要とせずに、バックグラウンドで行われるため、Windows 10の場合ほど、機能のアップデートに、時間がかからない。

 Windows 10Xでは、再起動して、アップデートするのに、90秒もかからないようだ。

 ちなみに、Windows 10では、再起動し、アップデートを完了するのに、5分から20分も、かかっている。

    (続く)

デル株式会社

2020年3月 5日 (木)

Gartnerによると、世界のスマートフォンの売上が、2019年4Qに、わずかに減少したという。'20.03.05

【Gartnerによると、世界のスマートフォンの売上が、2019年4Qに、わずかに減少したという。】'20.03.05

 AppleとXiamiは、トップ5に入った、スマートフォン・ベンダであった。2020年3月3日

 By Gartner

 2019年4Qにおける、エンドユーザへの、世界のスマートフォンの売上は、前年同期から、0.4%減少し、1年間の売上は、前年から、1.0%減少した。

 2019年末に、北米とアジア/パシフィック地域のスマートフォン売上は、予測よりも、わずかに増加していた。

 しかし、2019年に、1億5190万台のスマートフォンを販売した、インドは、米国を追い越して、販売台数で、2位になった。

 中国では、1年間に、3億9080万台のスマートフォンが販売された。

 AppleとXiamiは、2019年4Qにおいて、スマートフォンの売上が、増加した、売上のトップ5のベンダである。

 Samsungは、前年から、売上を減少させたが、スマートフォンの売上シェアを17.3%確保して、トップを維持した。

 Appleは、スマートフォンの売上シェアを、17.1%確保して、2位を維持した。

表1)2019年4Qにおける、世界のスマートフォンの、ベンダごとの、エンドユーザへの販売台数(単位:1000台)

      2019年4Q  2019年4Q  2018年4Q  2018年4Q 
ベンダ   販売台数  シェア   販売台数  シェア

Samsung   70,404.4   17.3%    70,782.5   17.3%

Apple    69,550.6  17.1%    64,527.8   15.8%

Huawei    58,301.6  14.3%    60,409.8   14.8%

Xiaomi    32,446.9   8.0%    27,843.6   6.8%

OPPO     30,452.5   7.5%    31,589.9   7.7%

その他      145,482.1  35.8%    153,312.9  37.5%

合計     406,638.1  100.0%    408,466.4  100.0%

 ソース:Gartner、2020年3月

 4四半期に、連続して、販売台数が減少した後、AppleのiPhoneスマートフォンの売上は、7.8%増加した。

 iPhoneスマートフォンの売上は、特に、中国で、前年同期から、39%増加し、好調であった。

 Appleは、英国、フランス、ドイツ、ブラジル、および、インドといった、成熟市場や開発市場で、スマートフォンの売上が好調であった。

 Gartnerのアナリストは、Appleが、2020年3Qにおいて、最初に、5Gスマートフォンを発売すると期待している。

 これは、ユーザが、5Gネットワーク・サービスが利用できるようになると、スマートフォンを、5Gをサポートした、スマートフォンに買い替えるためである。

 Xiaomiのスマートフォンの販売台数は、2019年4Qに、前年同期から、16.5%増加し、合計で、3240万台になった。

 Xiaomiのスマートフォンの販売台数は、OPPOのスマートフォンの販売台数を抜いて、4位になった。

 中国において、Xiamiは、利益を増やすために、スマートフォンの価格を上げ始めた。

 中国における、コロナウィルスの発生で、OPPOやVivoといった、小売に焦点を合わせたベンダに、いくつかの課題を提示しているが、オンライン・チャネル戦略を拡張した、Xiaomiに、機会を提供している。

 2019年に、Samsung、HuaweiとXiaomiは、スマートフォンの販売台数を増加させたが、売上を減少させた。

 2019年4Qに、Samsungは、スマートフォンの売上は、0.5%だけ、減少し、1位を維持した。

 Samsungは、1年間に、売上を、0.4%増加させ、2億9620万台にした。

表2)2019年における、世界のスマートフォンの、ベンダごとの、エンドユーザへの販売台数(単位:1000台)

      2019年   2019年   2018年   2018年 
ベンダ   販売台数  シェア   販売台数  シェア

Samsung  296,194.0  19.2   295,043.7   19.0

Huawei   240,615.5  15.6   202,901.4  13.0

Apple   193,475.1  12.6   209,048.4  13.4

Xiaomi   126,049.2  8.2   122,387.0  7.9

OPPO    118,693.2  7.7   118,787.1  7.6

その他   565,630.0  36.7  607,445.4   39.0

合計   1,540,657.0 100.0  1,555,613.0 100.0

 ソース、Gartner、2020年3月

 Samsungは、2019年に、ミッドレンジとエントリ・レベルのスマートフォンの販売台数を伸ばした。

 Samsungは、プレミアムなスマートフォンを、購入者に、魅力的な価格にした。

 Samsungは、2019年1月初旬に、Galaxy S10 Liteスマートフォン、および、Galaxy Note 10 Liteスマートフォンを出荷した。

 さらに、Samsungは、Huaweiからの脅威を受け、新たなフォルダブルなスマートフォンを発表した。

 Huaweiは、2019年に、1年間に、世界のスマートフォンの販売台数を、18.6%と、最も増加させた。

 Huaweiは、Appleを抜いて、1年間の、世界のスマートフォンの販売台数で、2位になった。

 Huaweiは、米国市場で、スマートフォンの販売を禁止され、2019年に、中国市場に、積極的に、スマートフォンの販売台数を増加させて、シェアを37%にした。

 2020年1Qに、中国における、コロナウィルスの影響で、中国市場において、スマートフォンの需要に、マイナスの影響を受けた。

 Gartnerの「Market Share: PCs, Ultramobiles and Mobile Phones」というタイトルのレポートで、より詳細な情報が得られる。

デル株式会社

Windows 10Xに関して、知る必要のあること(3)'20.03.05

【Windows 10Xに関して、知る必要のあること(3)】'20.03.05

 Windows 10Xは、フォルダブルなPCの、新たな波になるだろう。2020年3月

Dt7e_20200305112201  By Windows Central、Zac Bowden

 Windows 10Xに関して、筆者らが、知っていることを紹介する。

 Windows 10Xは、デュアル・スクリーンとシングル・スクリーンを持つ、フォルダブルPC向けに、ゼロから構築された、Windows 10の新版である。

 このWindows 10は、同じようなユーザ経験や、強化されたセキュリティを特徴にしており、従来のコンポネントもサポートする。

 これは、Windows Shellから、OSまでの、あらゆるものが、新しい技術で、再構築されていることを意味する。

 このWindows Shellは、ユーザが、必要とする従来のWindowsアプリを、利用できるようにする。

   (続き)

・新たな「セットアップ経験」

Dt7d_20200305165001

 すべての部分が、再設計され、最新のルック&フィールで更新された、Windows 10Xにおける、「セットアップ・プロセス」、「言語の選択」、「Microsoftアカウントでのサインイン」、および、「契約条件への同意」について、順を追って説明する。

 Windows 10Xの、セットアップ・プロセス全体において、音声対応のデジタル・アシスタント、「Cortana」は、存在しなくなったと言われている。

 Windows 10Xの、セットアップ経験は、従来のWindows 10のセットアップ経験よりも、洗練されているようだ。

・「作成モード(Compose Mode)」

Dt7e_20200305112201

 「アクション・センター」の新しいボタンである、「作成モード(Compose Mode)」ボタンは、ユーザが、Windows 10Xで得られる、ユーザ経験を、「消費ベース」から「生産性ベース」に、切り替えられるようにする。

 「作成モード(Compose Mode)」は、タブレットPC、「Surface Neo」などのデバイスにおいて、スクリーン画面の前に、キーボードを置くと、自動的に、「タッチ」中心の入力から、「キーボード&マウス」中心の入力に、切り替わるようにする。

 Windows 10Xを搭載した、物理キーボード、または、物理トラック・パッドを持たないデバイスでは、「作成モード」では、下側のスクリーン画面に、仮想キーボードや、仮想トラックパッドが、表示されるようになる。

 また、Windows 10Xを搭載した、「Surface Neo」の、下側のスクリーン画面では、「絵文字」や「GIF」、および、「スタイラス・ペン」や「仮想インク」などがサポートされるようになる。

 また、新しい「タスク・バー」を最小化した状態から、スワイプする必要のない、従来の「タスクバー」に切り替わるようだ。

 デフォルトでは、Windows 10Xのアプリは、全画面で動作し、従来のマルチ・ウィンドウとして、操作することはできないようだ。

 ただし、スクリーン画面が大きいデバイスでは、「作成モード」を有効にすると、通常のラップトップのように、Windowsアプリを、「マルチウィンドウ」で実行できるようになるようだ。

     (続く)

デル株式会社

Windows 10Xに関して、知る必要のあること(2)'20.03.05

【Windows 10Xに関して、知る必要のあること(2)】'20.03.05

 Windows 10Xは、フォルダブルなPCの、新たな波になるだろう。2020年3月

 By Windows Central、Zac Bowden

 Windows 10Xに関して、筆者らが、知っていることを紹介する。


Dt7e_20200305112201

 Windows 10Xは、デュアル・スクリーンとシングル・スクリーンを持つ、フォルダブルPC向けに、ゼロから構築された、Windows 10の新版である。

 このWindows 10は、同じようなユーザ経験や、強化されたセキュリティを特徴にしており、従来のコンポネントもサポートする。

 これは、Windows Shellから、OSまでの、あらゆるものが、新しい技術で、再構築されていることを意味する。

 このWindows Shellは、ユーザが、必要とする従来のWindowsアプリを、利用できるようにする。

     (続き)

 Windows 10Xには、デバイスの形態や用途、あるいは、ユーザの設定に応じて変更できる、柔軟性があり、適応性のある、新しい「タスクバー」もある。

Dt7b_20200305112501


 Microsoftのマーケティング用の資料によると、「スタート」ボタン、固定されたアプリ、実行中のアプリなどのアイテムは、「タスクバー」の中央に配置されるという。

 この新しい「タスクバー」は、柔軟性があり、カスタマイズ可能で、ユーザは、Windows 10のように、必要に応じて、アイコンを左揃えにすることもできるようだ。

 また、Windows 10Xには、アプリを実行するときに、最小限に抑え、「スタート」メニューや「アクション・センター」などにアクセスするために、スワイプできる、タッチ指向の、新しい「タスクバー」経験がある。

 キーボードとマウスが接続されている場合、Windows 10Xの、新しい「タスクバー」は、従来の「タスクバー」のように動作するようになり、アプリの実行中に、最小化されないようだ。

 Windows 10Xには、新しい「スタート」と「タスクバー」経験に加えて、それらを補完する、新しい「アクション・センター」もある。

Dt7c_20200305112401

 Windows 10Xの新しい「アクション・センター」では、この「アクション・センター」を離れることなく、より詳細に制御できるようにするために、特定のクイック・アクションにジャンプするための機能を持つ、「クイック・アクション」が、より重視されているようだ。

 また、Windows 10Xの新しい「アクション・センター」には、「コントロール・センター」を模倣するように設計されており、この「アクション・センター」上に、通知が格納されるという。

 Windows 10Xの新しい「アクション・センター」には、「ボリューム・コントロール」、「電源オプション」、「バッテリーの残量」などが、表示されるようだ。

      (続く)

デル株式会社

2020年3月 4日 (水)

Windows 10Xに関して、知る必要のあること(1)'20.03.04

【Windows 10Xに関して、知る必要のあること(1)】'20.03.04

 Windows 10Xは、フォルダブルなPCの、新たな波になるだろう。2020年2月18日

 By Windows Central、Zac Bowden

 Windows 10Xに関して、筆者らが、知っていることを紹介する。

Dt4_20200304211801


 Windows 10Xは、デュアル・スクリーンとシングル・スクリーンを持つ、フォルダブルPC向けに、ゼロから構築された、Windows 10の新版である。

 このWindows 10Xは、同じようなユーザ経験や、強化されたセキュリティを特徴にしており、従来のコンポネントもサポートする。

 これは、Windows Shellから、OSまでの、あらゆるものが、新しい技術で、再構築されていることを意味する。

 このWindows Shellは、ユーザが、必要とする従来のアプリを、利用できるようにする。

 Windows 10Xは、新たなユーザ経験を提供する。

 Windows 10Xは、新たな技術で、構築された、新たなユーザ・インタフェース(UI)を提供する、新たなシェルを特徴にしている。

 Windows 10Xは、デバイスの形態や用途などに応じた、ユーザ・インタフェース(UI)を提供するよう調整できる、適応型のユーザ経験を提供する。

 例えば、Windows 10Xと、新たなシェルは、スクリーン画面を折り畳むことのできる、フォルダブルPCに、ラップトップ、タブレット、および、テント型といった、複数のデバイスの形態に合った、ユーザ・インタフェース(UI)を提供できるようにする。

 ちなみに、Windows 10Xのベースとなる、Windows Core OS(WCOS)は、対話型ホワイトボードの「Surface Hub 2」や、ゲーム機の「Xbox Series XのOS」のベースにもなるようだ。

 Windows 10Xと、新たなシェルは、例えば、大きなスクリーン画面を持つ、対話型ホワイトボードに、用途に合った、ユーザ・インタフェース(UI)を提供できるようにする。

 このように、ユーザ・インタフェース(UI)は、デバイスの形態や、デバイスが使用される方法や用途に合った、最良のユーザ経験を提供できるよう、適応できなければならない。

 これは、コントロール・パネル、エクスプローラー、エラー・ダイアログ、および、アイコンといった、従来のWindows 10のシェルの要素を、Windows 10Xのシェルにも継承できるようにすることを意味する。

 Microsoftは、すべてのシェルを、再構築したために、ユーザ・インタフェース(UI)に関して、Windows 10の一貫性が失われる、従来の古いユーザ・インタフェース(UI)は、含まれていない。

 Windows 10Xの、Windows Shellは、より一貫性を持つようにすべきだろう。

 Windows 10の、Windows Shellには、Windows 10Xの、新しい、「スタート」メニューが、導入されている。

Dt7a_20200305111001


 Microsoftは、生産性に焦点を合わせて、Windows 10Xの、「スタート」メニューのユーザ・インタフェース(UI)を、デザインし直した。

 「スタート」メニューには、システム全体の検索バーがあり、Webも検索でき、ライブ・タイルの代わりに、その下に、インストールされたアプリのグリッドがあることを特徴にしている。

 「スタート」メニューには、ユーザが、最近のOfficeドキュメントや、訪問したWebサイトなどに、すぐに、容易にアクセスしたい場合があるので、動的にアップデートされる、推奨エリアも、持っている。

 アプリのリストは、最初の数行に表示される、アプリを再配置するために、ユーザ向けの能力で、カスタマイズできるようになる。

 Windows 10Xは、Windows 10の既存の「スタート」メニューのように、「スタート」メニューで、アプリ・フォルダをサポートし、ユーザが、フォルダ内に、複数のアプリをグループ化できるようになるようだ。

    (続く)

デル株式会社

5種類の、スマートフォン用の監視カメラのアプリの紹介(2)'20.03.04

【5種類の、スマートフォン用の監視カメラのアプリの紹介(2)】'20.03.04

 古いスマートフォンを、家庭用の監視カメラに変えることができるのだろうか? 2020年1月10日

 By geckoandfy

 ユーザは、シンプルな家庭用の監視カメラのアプリで、古いスマートフォンを、動きや音を検知できる、Wi-Fi対応の家庭用の監視カメラに変えることができる。

 ユーザは、Androidベースの、Samsung Galaxy、Huawei Mate、Oppo、Vivo、XiaoMi、Nokiaといったスマートフォンや、AppleのiOSベースのiPhoneスマートフォンを、家庭用の監視カメラにすることができるようになる。

    (続き)

4.Manything:iOSかAndroidベースのスマートフォンで利用できる。

Cnet3d_20200304143101


 Manything監視カメラ・アプリで、家、ペット、赤ちゃんなどを監視しよう。

 Manything監視カメラ・アプリは、従来の監視カメラを購入することなく、古い、使用していない、iPhoneスマートフォンか、iPadタブレットを、洗練された、無線の監視カメラに変える。

 使用していない、予備のiPhoneスマートフォンか、iPadタブレットと、通常、使用している、スマートフォンに、Manythingアプリをインストールするだけで、ライブストリームを視聴したり、モーションで活性化されたクリップを表示したり、どこからでも相手の人と会話したり、できるようになる。

 ユーザは、2台のスマートフォンに、Manything監視カメラ・アプリをインストールし、簡単な、セットアップを行うことで、このアプリを利用できるようになる。

 このManything監視カメラ・アプリの機能

・ライブ・ビデオ・ストリーミングで、現在の映像を見ることができる。

・動きを検出すると、カメラは、自動的に、録画を開始する。

・過去のイベントは、自動的に、クラウドに保存される。

・動きを検出すると、警告メッセージを送る。

・双方向の音声と映像による会話ができる。

・調整可能な、動き検出感度で、重要な事象のみをキャプチャできるようなる。

・動き検出ゾーンを設定すると、そのゾーンに焦点を合わせて、監視するようになる。

・IFTTT統合で、3rdパーティの、スマート・ホーム・ソリューションに、接続できるようになり、他のスマート・ホーム・デバイスと連携できるようになる。

・静止画専用モードで、コマ送りのための画像をキャプチャできるようになる。

5.IP Phone Camera:iOSかAndroidベースのスマートフォンで利用できる。

Cnet3e_20200304143201


 IP Phone Camera監視カメラ・アプリは、古い、あまり使用していない、スマートフォンを、IP監視カメラにする。

 Webブラウザとインターネット接続を備えたデバイスを使用して、ユーザは、IP Phone Camera監視カメラ・アプリを搭載し、IP監視カメラにした、スマートフォンで捉えた映像を、リモートで表示できるようになる。

 専用のIP監視カメラと同様に、このIP Phone Camera監視カメラ・アプリは、次のようなビデオ監視用のビューア・アプリと連携する。

 IP Phone Camera監視カメラ・アプリの特徴を以下に示す。

・Security Monitor Proや、IP Camera Viewerビューア・アプリで表示し、制御できる。

・Webブラウザ、または、ビデオ監視アプリで、モバイル・カメラの映像を表示する。

・USBケーブルで接続する必要はなく、Wi-Fiで接続する。

・ONVIF IPカメラをサポートする。

・映像を見られないよう、パスワードで保護する。

・アスペクト比を維持しながら、PCのフルスクリーン画面で、監視カメラの映像を表示する。

・Webブラウザからの、監視カメラの明るさを調節できる。

・薄暗い場所では、フラッシュをオンにする。

 「IP Phone Camera監視カメラ・アプリの紹介」ビデオ

デル株式会社

2020年3月 3日 (火)

5種類の、スマートフォン用の監視カメラのアプリの紹介(1)'20.03.03

【5種類の、スマートフォン用の監視カメラのアプリの紹介(1)】'20.03.03

 古いスマートフォンを、家庭用の監視カメラに変えることができるのだろうか? 2020年1月10日

 By geckoandfly

 ユーザは、シンプルな家庭用の監視カメラのアプリで、古いスマートフォンを、動きや音を検知できる、Wi-Fi対応の家庭用の監視カメラに変えることができる。

 ユーザは、家庭用の監視カメラのアプリで提供される、機能や、アプリのベンダが、提供する、クラウド・サービスやストレージを契約する必要がある。

 このスマートフォンの監視カメラ・ソリューションは、古いスマートフォンを使用して実装することができるが、専用の監視カメラとは異なり、必ずしも、24時間年中無休で実行できるよう、頑丈に設計されておらず、熱い夏にも使用できるよう、設計されている訳ではない。

 ユーザは、Androidベースの、Samsung Galaxy、Huawei Mate、Oppo、Vivo、XiaoMi、Nokiaといったスマートフォンや、AppleのiOSベースのiPhoneスマートフォンを、家庭用の監視カメラにすることができるようになる。

1.WardenCam:iOSかAndroidベースのスマートフォンで利用できる。


Cnet3a_20200303212701


 WardenCamは、インターネットに接続して、先進のビデオ・カメラの機能や、センサーを持っている、スマートフォンやタブレットを、家庭用の監視カメラとして利用できるようにする、アプリである。

 ただし、この監視カメラのアプリ、WardenCamの使い方は、決して、容易ではない。

 まず、この監視カメラのアプリ、WardenCamを、2台のスマートフォンに、インストールする。

 この監視カメラのアプリ、WardenCamで、ユーザは、一方のスマートフォンを、監視カメラとして、もう片方のスマートフォンを、ビューアやコントローラとして使用できるようになる。

 同じ、Googleアカウントで、ログインすることで、ユーザは、Wi-Fi、または、3G/4G経由で、一方の監視カメラ用のスマートフォンと、もう片方の、ビューア用のスマートフォンを結合することができるようになる。

 WardenCamの動きの検出機能と、Googleドライブと、Dropbox統合で、ユーザは、スマートフォンを、家庭用の監視カメラにすることができるようになる。

 ユーザは、家庭用の監視カメラ・ソリューション、幼児監視用カメラ、あるいは、ペット監視用カメラを探しているなら、筆者は、WardenCamアプリを推奨する。

 このWardenCamアプリの特徴

・動き検知&アラート(もう片方のビューア用のスマートフォンに通知する)

・クラウド・ストレージ(直接、Googleドライブか、Dropboxに保存できる)

・スケジュールされた、動き検知(動きを検知する、日時を指定できる)

・ナイト・ビジョン・モード(薄暗い場所でも、監視することができる)

・極めて高い解像度の高品位のビデオと、高音質のオーディオ能力を持っている。

2.Presence Security:iOSかAndroidベースのスマートフォンで利用できる。

Cnet3b_20200303212801


 ユーザは、iOSベースか、Androidベースのスマートフォンを、Wi-Fi対応の監視カメラとして、使用できるようになる。

 ユーザは、どこにいても、通常、使用する、スマートフォンで、監視カメラ用のスマートフォンを、制御できるようになる。

 Presence Securityアプリで、ユーザは、外出中に、家で、重要な事象が発生したときに、信頼できる、友達や家族のサークルに通知できるようにする、無線のセンサーをインストールして、容易に追加できるようになる。

 このPresence Securityアプリには、月額料金が、発生しない。

 ユーザは、スマートフォンを、監視カメラにすることで、手頃な価格で、保護したい、家庭、人、価値のあるモノを、監視することで、保護できるようになる。

 「Presence Security監視カメラ・アプリ」の紹介ビデオ

3.Alfred:iOSかAndroidベースのスマートフォンで利用できる。

Cnet1d_20200303151801


 ユーザは、使用していない、スマートフォンを、Alfredアプリを使用して、無料で、家庭用の監視カメラにすることができるようになる。

 ユーザのスマートフォンは、専用の監視カメラよりも、多用途で、さまざまなセンサーも付いており、動きを検知できたり、強力である。

 ユーザは、家庭用の監視カメラ・ソリューション、幼児の監視、ペットの監視を探しているなら、このAlfredアプリで、自分たちのスマートフォンを、監視カメラに変えることができるようになる。

 スマートフォン用の、ビデオ監視カメラのアプリは、これまでにないほど、容易になってきた。

 Alfredアプリを、2台のスマートフォンに、インストールしよう。

 このAlfredアプリには、家庭用の監視カメラの機能があり、動きを検知することができる。

 スマートフォンのカメラが動きを検知すると、もう片方のスマートフォンに、すぐに通知を送るようになる。

 この監視カメラのアプリ、Alfredの特徴

・ペットを監視できる。
・双方向で会話できる。
・泥棒を阻止できる。
・訪問者と会話できる。
・幼児を監視できる。
・薄暗い場所も監視できる。

 「AlfredCameraのWebViewer」で、PCをビューアにすることもできる。

 「Alfred監視カメラ・アプリの紹介」ビデオ

    (続く)

デル株式会社

古いスマートフォンを、家庭用の監視カメラに変える方法(2)'20.03.03

【古いスマートフォンを、家庭用の監視カメラに変える方法(2)】'20.03.03

 古いスマートフォンを、無償で、家庭用の監視カメラに変え、新たな命を与える方法を紹介する。2020年2月25日

 By Megan Wollerton、CNET

 ユーザは、ManythingSalient Eyeといった、無償の監視カメラのアプリを使用して、古いスマートフォンを、家庭の監視カメラに変えることができる。

 引き出しの中に、古いスマートフォンがあれば、家庭用の監視カメラに変えてみよう。

 例えば、ユーザは、古いスマートフォンを、家庭用の監視カメラに変えることで、幼児を監視したり、Google Homeスピーカの代わりとして使用したり、できるようになる。

 これらは、良いアイデアだが、ユーザは、他の使い方を見つけることができるだろう。

 古いスマートフォンを、再利用する、最も有用な方法の1つは、家庭用の監視カメラにすることである。

   (続き)

 スマートフォンを、家庭用の監視カメラとして利用できるようにする、アプリである、「Alfred」は、監視カメラ機能のオプションを簡素化して、ユーザあ、容易に、設定できるようにしている。

・iOS搭載スマートフォンを使用する場合、動きの検出のみを有効にし、前面カメラと背面カメラを選択し、オーディオを有効、または、無効にすることができる。

・Android搭載スマートフォンを使用する場合、これらのオプションの他に、ユーザは、連続フォーカスを可能にしたり、スマートフォンの起動時に、Alfredアプリを自動的に起動して、解像度を設定したり、パスコード・ロックを有効にしたりできる。

 通常、使用している、スマートフォンから、通知のオン・オフ、カメラの設定、他のユーザの追加、動きを検知するときの感度など、いくつかの設定を変更できる。

 スマートフォンを、家庭用の監視カメラにするアプリには、他にも、「Salient Eye」や「Presence」、あるいは、Android専用の「IP Webcam」といった、選択肢もある。

ステップ2)スマートフォンの監視カメラを設置する場所を決定する。

 スマートフォンに、監視カメラのアプリ、「Alfred」のセットアップが完了したら、設置する場所を決める必要がある。

 ユーザは、自宅の玄関、裏庭、貴重品を保管する場所、幼児やお年寄りのいる部屋などに焦点を合わせて、スマートフォンの監視カメラを設置するとよいだろう。

 古いスマートフォンが、複数ある場合は、家庭用の監視カメラとして、複数の場所に設置し、ユーザは、家庭の複数の場所を、通常、使用する、スマートフォンから、コントローラのアプリで、制御できるようになる。

ステップ3)古いスマートフォンを、家庭用の監視カメラとして使用する。

Cnet1e_20200303151401


 スマートフォンを、家庭用の監視カメラとして使用するには、スマートフォン用の三脚やフォルダーに取り付けたり、スマートフォンをコップに入れて、立てかけたりして、目立たない場所に設置するとよいだろう。

 視野を広げるには、スマートフォンのカメラ用の広角レンズを購入することを検討しよう。
Cnet1ca

 ユーザは、スマートフォンのカメラ用の広角レンズを、Amazonのような、オンライン小売店で、5~20ドルで購入することができる。

 ストリーミング・ビデオは、非常に電力を消費するので、家庭用の監視カメラとして使用する、古いスマートフォンを、常時、充電する必要があるので、設置する場所に、電源コンセントがあることが要求される。

Cnet1d_20200303151801


 家庭用の監視カメラとして利用できる、スマートフォンは、Wi-Fiで、インターネットに接続できる必要があり、インターネットを経由して、コントローラのアプリから、制御できるようになり、映像をストリーミングしたり、動きを検知すると、警告メッセージで、スマートフォンなどに通知したり、映像を、クラウド・ストレージに録画したり、できるようになる。

 「スマートフォンを、Wi-Fi監視カメラに変える方法」の紹介ビデオ

デル株式会社

2020年3月 2日 (月)

古いスマートフォンを、家庭用の監視カメラに変える方法(1)'20.03.02

【古いスマートフォンを、家庭用の監視カメラに変える方法(1)】'20.03.02

 古いスマートフォンを、無償で、家庭用の監視カメラに変え、新たな命を与える方法を紹介する。2020年2月25日

 By Megan Wollerton、CNET

 ユーザは、ManythingSalient Eyeといった、無償の監視カメラのアプリを使用して、古いスマートフォンを、家庭の監視カメラに変えることができる。

 引き出しの中に、古いスマートフォンがあれば、家庭用の監視カメラに変えてみよう。

 例えば、ユーザは、古いスマートフォンを、家庭用の監視カメラに変えることで、幼児を監視したり、Google Homeスピーカの代わりとして使用したり、できるようになる。

 古いスマートフォンを、再利用する、最も有用な方法の1つは、家庭用の監視カメラにすることである。

ステップ1)スマートフォンで、無償の監視カメラのアプリを入手し、インストールして、起動し、設定する。

 これを開始するには、ユーザは、スマートフォン用の、家庭用の監視カメラのアプリを選択する必要がある。

 殆どの家庭用の監視カメラのアプリは、ローカル・ストリーミング、クラウド・ストリーミング、録画、ローカルか、クラウドのストレージへの保存、動きの検出、および、通知や警告といった、多くの機能を提供する。

 ユーザは、古いスマートフォンに、家庭用の監視カメラのアプリをインストールして、起動し、設定すれば、日常的に使用している、スマートフォンで、監視カメラのコントローラのアプリを使用して、どこに居ても、家庭用の監視カメラのアプリを制御し、玄関やリビング・ルームなどを監視できるようになる。

 筆者は、スマートフォン用の、最も良い、監視カメラのアプリは、Alfredだと思っている。

Cnet1b_20200302210301


 「古いスマートフォンを、家庭用の監視カメラに変える」紹介ビデオ

 

 このAlfredは、クロス・プラットフォームなので、古いスマートフォンが、Androidを搭載していても、iOSを搭載した、AppleのiPhoneスマートフォンのどちらでもよい。

 ユーザは、古いスマートフォンに、監視カメラのアプリをインストールして、監視カメラとして、利用することができ、日常的に使用する、新しいスマートフォンに、監視カメラのコントローラ・アプリを、インストールすることで、どこからでも、監視カメラを制御することができるようになる。

 ユーザは、コントローラのアプリで、監視カメラの映像を見たり、必要に応じて、録画したり、監視カメラの前にいる人を、会話したり、できるようになる。

 また、監視カメラのアプリは、動きを検知し、コントローラのアプリに、通知したり、警告したり、できるようになる。

 このAlfredアプリをセットアップすると、ユーザは、無料で、クラウド・ストレージに、録画できるようになる。

 ユーザは、スマートフォンの前面カメラとマイクを通して、監視カメラの前にいる人と、双方向の会話をすることができるようになる。

 さらに、ユーザは、付加機能を使用するには、有償のAlfred Premiumに、アップグレードすることで、より高い解像度で、表示したり、録画したり、ズームしたり、30日間分の映像をクラウドに録画したりすることもできるようになる。

 古いスマートフォンか、タブレットに、Alfredアプリをダウンロードし、監視カメラにし、新しいスマートフォンを、コントローラにしよう。

・新しいスマートフォンで、コントローラのアプリを使用する方法

 ユーザは、新しいスマートフォンで、アプリの紹介をスワイプし、「スタート」をタップそ、「ビューアの選択」選択して、「次ぎ」をタップする。

 ユーザは、サインイン・ページに行き、Googleアカウントで、「サインイン」をクリックすることで、コントローラのアプリから、監視カメラのアプリを制御できるようになる。

・古いスマートフォンで、監視カメラのアプリを使用する方法

 上記と同じステップを繰り返すが、ユーザは、「ビューア」を選択する代わりに、「カメラ」を選択する。

 ユーザは、Googleアカウントで、サインインすることができる。

 両方のスマートフォンで、Alfredアプリに、サインインすると、ユーザは、セットアップで、多くのことを行うことができるようになる。

    (続く)

デル株式会社

2020年は、ついにARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの年になるのだろうか?(5)'20.03.02

【2020年は、ついにARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの年になるのだろうか?(5)】'20.03.02

Dt14a_20200302092101


 2020年は、ついにARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの年になるのだろうか? 2019年12月13日

 by Robert Graham、securityboulevard

 命令セットを簡素化した、「縮小命令セットコンピュータ(RISC)」チップは、プロセッサ・チップ(CPU)のトランジスタ数が、10万個未満だった、1980年代からの、重要なアーキテクチャだった。

 命令セットを簡素化することにより、10万個未満のトランジスタ数で、レジスタを増やし、パイプラインを改善できるようになる。

 これにより、より多くの簡素化された命令を、パイプラインで、より効率的に実行できるようになるようだ。

 しかし、1995年頃に、プロセッサ・チップ(CPU)のトランジスタ数が、100万個を超えると、RISCアーキテクチャから、スーパースカラー・アーキテクチャに移行して行き、最早、「命令セットの削減」は、重要ではなくなった。

 それでも、プロセッサ・ベンダは、プロセッサ・チップのアーキテクチャに固執し続けている。

 その理由は、従来のハードウェアやソフトウェア資産の継承だろう。

     (続き)

 以前は、独自のCPUを持つということは、独自の設計、独自の命令セット、独自のサポート基盤(コンパイラなど)、および、そのようなプロセッサ・チップを製造する、独自の設備を持つことを意味していた。

 しかし、現在では、ITベンダにとって、独自のCPUとは、このような完全に、プロプライアトリなプロセッサ・チップのことではなく、ARMのようなCPUの設計会社が作成した、アーキテクチャをベースにし、Qualcommのような、半導体ベンダと提携して、自社のサーバに最適化した、カスタム・プロセッサを構築することを意味している。

 例えば、AmazonのGraviton1チップは、Raspberry Pi 4と同じCPUコア(ARM Cortex A72)をベースにしていた。

 また、Microsoftの最新の、Surface Pro Xラップトップには、第2世代のGraviton2チップをベースにした、CPUコア(ARM Cortex A76)が採用されている。

 最近、SonyとMicrosoftは、次世代ゲーム機を発表しているが、前世代と同様に、x86アーキテクチャをベースにした、AMDのカスタム・プロセッサを採用している。

 このように、世界の最大手のITベンダは、Intelのx86アーキテクチャのプロセッサだけでなく、自社のデバイスに最適化した、独自のカスタム・プロセッサを作成し、採用するようになるだろう。

 ARMアーキテクチャのプロセッサをベースにした、カスタム・プロセッサを搭載するために、Qualcomm、Samsung、TSMCのような半導体メーカとパートナーを組む、ITベンダもいれば、x86アーキテクチャのプロセッサをベースにした、カスタム・プロセッサを搭載するために、AMDのような半導体メーカとパートナーを組む、ITベンダもいる。

・IBMは、レガシー市場向けに、POWERプロセッサや、メインフレーム用のプロセッサ・チップを、引き続き採用するだろう。

 Intelのプロセッサ・チップは、依然として、非常に優れているため、今後も、世界のサーバ市場を、支配し続けるだろう。

・DellやHPといった、従来のサーバ・メーカが、焦点を合わせている、サーバ市場は、明らかにレガシー市場であり、大手のITベンダは、x86アーキテクチャのプロセッサの機能や性能を、最大限に、利用できるようにすることに、焦点を合わせるだろう。

 勿論、DellもHPも、2013年には、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載したサーバを発表しており、RISCプロセッサによる、低消費電力化やコンパクト化も、模索しているが、処理性能や、従来アプリとの互換性の課題があり、従来アプリの移行の手間を考えると、サーバ市場に、あまり受け入れられていない。

 比較的、安価で、低消費電力で、コンパクトなARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバは、コスト&パフォーマンスが改善され、従来のソフトウェア資産を、容易に移行できれば、コンピューティング処理の負荷に合わせて、サーバの台数を増減させることが可能になり、特に、クラウド・サービスを提供する、データセンター向けの、サーバ市場において、Intelから、シェアを奪うことができるかも知れない。

デル株式会社

2020年は、ついにARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの年になるのだろうか?(4)'20.03.02

【2020年は、ついにARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの年になるのだろうか?(4)】'20.03.02

Dt14a_20200302092101


 2020年は、ついにARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの年になるのだろうか? 2019年12月13日

 by Robert Graham、securityboulevard

 命令セットを簡素化した、「縮小命令セットコンピュータ(RISC)」チップは、プロセッサ・チップ(CPU)のトランジスタ数が、10万個未満だった、1980年代からの、重要なアーキテクチャだった。

 命令セットを簡素化することにより、10万個未満のトランジスタ数で、レジスタを増やし、パイプラインを改善できるようになる。

 これにより、より多くの簡素化された命令を、パイプラインで、より効率的に実行できるようになるようだ。

 しかし、1995年頃に、プロセッサ・チップ(CPU)のトランジスタ数が、100万個を超えると、RISCアーキテクチャから、スーパースカラー・アーキテクチャに移行して行き、最早、「命令セットの削減」は、重要ではなくなった。

 それでも、プロセッサ・ベンダは、プロセッサ・チップのアーキテクチャに固執し続けている。

 その理由は、従来のハードウェアやソフトウェア資産の継承だろう。

    (続き)

 これまでの評価では、ARMアーキテクチャのサーバ・プロセッサの、処理性能と電力効率は、Intelの競合チップ程、良くないので、さらに改善されなければ、Intelの競合チップとして、ARMベースのプロセッサは、サーバ市場に受け入れられないだろう。

 ただし、Microsoft、AmazonのAWS、Googleといった、最大手のクラウド・サービス・プロバイダは、QualcommのARMアーキテクチャをベースにした、カスタム・プロセッサを、自社のデータセンターのサーバに採用することを模索している。

・Microsoftは、2017年に、「ARMv8」をベースにした、カスタム・プロセッサ、「Centriq 2400」を、自社のデータセンターのサーバに採用していた。

 ちなみに、2019年に、Microsoftは、ラップトップのSurface Pro Xに、Qualcommの、ARMアーキテクチャのSnapdragonをベースにした、カスタム・プロセッサ、Microsoft SQ1を採用している。

・AmazonのAWSは、2019年に、ARMアーキテクチャをベースにした、カスタム・プロセッサ、「Neoverse N1」を、自社のデータセンターのサーバに採用していた。

 また、Amazonは、2020年1月に、AWS向けに独自設計した、次世代ARMアーキテクチャをベースにした、カスタム・プロセッサ、「Graviton 2」を発表している。

・Googleは、クラウド・コンピューティング・サービス、「Google Cloud Platform(GCP)」用のサーバに、当初、ARMアーキテクチャのカスタム・プロセッサの採用を検討していたが、実際には、x86アーキテクチャの、AMDの第2世代のCPU、「EPYC」を採用している。

 従来のサーバ市場は、チップ・メーカ(Intel、AMDなど)が、x86アーキテクチャのプロセッサを、サーバ・メーカ(Dell、HPなど)に販売し、サーバ・メーカは、ITベンダ(Amazon、Rackspaceなど)に、サーバを販売していた。

 これに対し、最近のサーバ市場において、最大手のクラウド・サービス・プロバイダ(AmazonのAWS、Google、Microsoftなど)は、独自のサーバを構築し始めている。

 このような最大手のクラウド・サービス・プロバイダ(AmazonのAWS、Google、Microsoftなど)は、ARMアーキテクチャをベースにした、カスタム・プロセッサを開発して、サーバに採用することを模索すると共に、x86アーキテクチャのプロセッサを採用した、独自のサーバも構築している。

 他のITベンダの傾向と事例を次に示す。

・最大手のITベンダは、半導体メーカと提携して、独自のカスタム・プロセッサを開発している。

・Appleは、iPhone用に、ARMアーキテクチャをベースにした、カスタム・プロセッサを作成した。

・Samsungは、自社のスマートフォン用に、ARMアーキテクチャをベースにした、カスタム・プロセッサを作成した。

・IBMは、自社のメインフレームに、POWERアーキテクチャをベースにした、カスタム・プロセッサを採用している。

・Oracleは、x86アーキテクチャだけでなく、SPARCアーキテクチャをベースにした、カスタム・プロセッサを採用した、サーバも開発している。

    (続く)

デル株式会社

2020年3月 1日 (日)

米国のe-コマース市場における、Amazonの売上シェアは、40%近くになった。'20.03.01

【米国のe-コマース市場における、Amazonの売上シェアは、40%近くになった。】'20.03.01

 米国のe-コマース市場における、オンライン販売ソリューションを提供する、Amazonの売上シェアは、40%近くになった。2020年2月28日

 by eMarketer

 米国の大手小売り業者、「Target」は、e-コマース・ビジネスを構築することに焦点を合わせている。

 e-コマース販売の分野の売上において、2019年末に、11位にランクされていた、大手小売業者、Targetは、競合する、3社の小売店を抜いて、現在、8位にランクされている。

 米国の大手小売業者Targetの、e-コマース・ビジネスの売上は、強力に成長し、最新のランクは、QVCやHSNが所有する、Qurate Retail Groupを抜いて、8位になった。

 2020年に、Targetのe-コマース・ビジネスの売上は、2019年から、24.0%増加して、83億4000万ドルになった。

 米国のe-コマース市場の売上全体における、Targetの売上シェアは、2019年における、1.1%から、2020年には、1.2%に微増する見込みである。

 2020年に、Targetのe-コマース・ビジネスの売上は、2019年から、24.0%増加して、83億4000万ドルになった。

 Targetの、米国のe-コマース市場における、売上シェアは、2019年の1.1%から、2020年には、1.2%に増加する見込みである。

グラフ1)米国の大手小売業者、Targetの米国における、2016年から2020年までの、小売e-コマースの売上(単位:10億ドル)と増加率(%)

                 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年

小売e-コマースの売上   $3.08   $3.98   $5.25   $6.73   $8.34

増加率(%)                 28.9%   32.1%   28.1%   24.0%

米国の小売e-コマース
の売上の割合(%)       0.8%   0.9%   1.0%   1.1%   1.2%

Em2a_20200301205301

ソース:eMarketer、2020年2月

 店舗の改修や、実店舗での商品のピックアップ、商品の配達サービスといった、同日フルフィルメント・オプションは、報われている。

 米国の大手小売店のTargetは、顧客の利便性や、顧客に商品を配達するスピードといった、顧客の要求に応えながら、オンライン注文を処理するために、実店舗を使用する方法を見つけた。

 2020年に、Targetは、e-コマースの売上において、83億3000万ドルを生みだし、Costcoの売上を抜く、見込みである。

 Masyのe-コマースの売上シェアは、2019年の、1.2%から、2020年には、1.1%に減少する見込みである。

 しかし、Qurateは、同社のオンライン販売の売上シェアが、2019年の1.2%から、2020年には、1.0%に減少するだろう。

 結果として、Qurateは、初めて、トップ10のリストから、外れる。

 トップ10リストにおける、1位のAmazonと、8位のTarget以外の小売業者は、e-コマースの売上シェアを失う見込みである。

 eBayとAppleは、米国における、e-コマースの売上シェアが、2020年に、僅かに減少する見込みである。

 Amazonの、e-コマース市場における、売上シェアは、2019年の37.3%から、38.7%に微増する見込みである。

 2020年における、小売店の米国の小売店のトップ10社の、e-コマースの売上シェアの予測

米国の小売店    e-コマースの売上シェア

Amazon            38.7%
Walmart            5.3%
eBay              4.7%
Apple             3.7%
The Home Depot      1.7%
Wayfair            1.5%
Best Buy            1.3%
Target            1.2%
Costco            1.2%
Macy's             1.1%

Em2b_20200301205401

 ソース:eMarketer、2020年2月

 2020年に、Amazonは、米国における、小売店の売上全体(実店舗でのオフラインの売上とオンライン販売の売上の合計)の、4.6%を占める見込みである。

デル株式会社

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

ウェブページ

広告2